更新スケジュール

・当該週出走予定馬:毎週木曜日

・トレセン、NF小野町および外厩在厩馬:毎週金曜日

・北海道(NF新ひだか町、オカダスタッド)在厩馬:月2回

・レース後コメント:出走レースで入手できた場合のみ騎手コメントを随時更新

1.ワンダーウォール

2021/5/14(須藤ステーブル)馬体重:498
「現在は馬場でダクとハッキングを5000m(18秒ペース)のメニューで調整中です。トモに負った擦過傷はもうほとんど気になりませんし、亢進症状もありませんよ。右前のソエに若干反応があるかないかといったところですが、大きな問題はなさそう。固まってきた感じがします。ここからしっかり乗り込んでいけそうなので、更なる良化を促していくつもりです」(担当者)

2.アンカシャムローグ

2021/5/14(吉澤ステーブルWEST)馬体重:458
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター1500m、600mの坂路を2本(17秒ペース)のメニューで調整中です。今週から騎乗運動に移行していますが、反動などなく順調に乗り込めています。前回滞在時よりも体の戻りが良いので、このままどんどん進めていけそう。トレセンに入ればまた減らしてしまうでしょうし、体重は増やせるだけ増やしたいと思っています」(担当者)

3.レイデルマール

2021/5/14(ノルマンディーファーム小野町)馬体重:521
現在は馬場2周と坂路1本もしくは馬場1周と坂路2本を16~18秒ペースのメニューで調整しています。この中間も順調に乗り込めており、徐々に体も引き締まってきました。11日(火)には坂路で終いを16秒近くまで伸ばした調教もおこなっており、上がりも問題ありません。この感じなら、コンスタントに15~18秒ペースもこなしていけるのではないかと思います。

4.シルバーファーン

2021/5/14(松風馬事センター)馬体重:491
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18秒ペース)のメニューで調整中です。ハミ受けが安定してきたことから、少しペースを上げて調教をおこなっています。しっかりと修正できていますし、ここまではいい感じに進められています。この中間、スピード調教を入れてどうなるか見てみましたが、このままいけそうな感じ。しっかりと乗り込みながら積み重ねていくつもりです」(担当者)

5.アウスヴァール

2021/5/13(栗東トレセン)馬体重:
☆5/15(土)中京・あずさ賞(芝2000m・混)古川吉洋騎手

12日(水)にCWコースで6ハロンから0.8秒先行して、80.6-65.6-50.9-37.4-12.1を馬ナリに追い切りました。「先行したとはいえ、格上古馬を相手に楽々と併入。見た目以上に好時計が出ていますし、状態面に関しては申し分ありません。メチャメチャ具合がいいですよ。あとは前走のように初めての場所で雰囲気がガラッと変わらなければ。自分の形で競馬できないとまだ脆い現状ですし、今回はテンから積極的に行ってもらいます」(昆貢調教師)

6.アレッサンドロ

2021/5/14(東京競馬場)馬体重:
★5/09(日)東京・3歳未勝利(芝1800m)石川裕紀人騎手 結果11着

「今日、石川に会ったので改めて話をしたところ、『スタートからスピードに乗って行けて、道中の感触も悪くはありませんでしたが、ずっとワンペースでしたし、最後も脚は上がってしまいました。この感じであればダートの方が良さそうですし、そちらであればもっとやれそうな感じがします』と話していました。ジョッキーのコメントも参考にして今後のことを考えてみましたが、当初行こうと思っていた2100mだと距離が少し長いかもしれず、次にその条件が組まれているのはダービー当日で、2場開催にもなるので適性の高い馬達が集まる可能性が高いところ。使い込んでいるのでテンションが高くなっていますが、変に体重は減っていないので、来週のダート1600m戦を最短の目標とすることにしました。この条件は今週連闘馬でも入っていますし、来週は牝馬限定戦を含めると3鞍あるので、出走させられる可能性は高いと見ています。新潟にもダート1800m戦がありますし、両睨みで予定しておくつもりです」(高柳瑞樹調教師)

7.ソニックムーヴ

2021/5/14(美浦トレセン)馬体重:
★5/08(土)新潟・3歳未勝利(ダ1200m・混)菅原明良騎手 結果4着

「レース後のダメージが思いのほか少なく、水曜日からもう通常メニューで立ち上げを開始しました。今朝も坂路でキビキビと動けていましたし、この感じであれば中一週で来週の競馬に行けると思います。5/22(土)新潟・3歳未勝利(ダ1200m・若手)は菅原明良を押さえていますが、想定段階であまりにもメンバーが揃うようなら、日曜日の一般戦に回ることも検討するつもりです」(宮田敬介調教師)

8.アイルビーザワン

2021/5/14(美浦トレセン)馬体重:
★5/13(木)浦和・ツインベスト特別(ダ1400m)張田昂騎手 結果:優勝

「レースでの大きなダメージはないようで、飼い食いが落ちるようなこともありません。昨日の今日ですので、数日たって疲労が出てくる可能性は否定できないものの、変わらない様子であればこのまま続戦と考えています。現状でどれだけやれるのかまずは見てみましょう」(田島俊明調教師)

9.カンティーユ

2021/5/14(ノルマンディーファーム小野町)馬体重:529
現在は角馬場と馬場3周(ハッキング)のメニューで調整しています。今週も角馬場で軽く体をほぐした後、周回コースで長めをジックリ乗り込んでいますが、だいぶ硬さも解消されてきた印象を受けます。他にこれといって気になるところもなく、来週以降はどんどんペースを上げていく予定です。

10.グレートフォーユー

2021/5/14(ノルマンディーファーム小野町)馬体重:483
現在は馬場2~3周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。まだハミ受けが安定せず、走りがバラけてしまうことがあるため、修正しながら進めています。レースで力を発揮するには、少なくとも口向きは直しておかなくてはならないところ。5月末には札幌競馬場へ入厩予定とのことなので、それまでに安定してハミを取れるような状態に持っていきたいと考えています。

11.シェーンシュタット

2021/5/14(美浦トレセン)馬体重:
12日(水)にWコースで5ハロンから0.4秒追走して併せ、66.0-52.2-37.9-13.2を直線一杯に追い切りました。「レース1週間前なので、先週よりも負荷を強めて追い切りをおこないました。相手を追走し、いい形で追い上げて同入に持ち込んでいます。来週に向けて予定通りきていますが、今週の東京・芝1400m戦は10節がボーダーライン。今週末は特殊な条件の芝1000m戦を除くと、新潟で芝1600m、東京では芝1400mと、短距離戦が2鞍しか組まれておらず、必然的に出走のボーダーラインが高くなったのだと思いますが、来週9節のシェーンシュタットにとっては少し心配なところ。芝1600m戦もあるので、場合によってはそちらも検討するつもりです」(加藤士津八調教師)

12.レヴォリオ

2021/5/14(美浦トレセン)馬体重:
9日(日)に坂路コースで4ハロンから0.6秒先行して併せ、55.7-40.7-26.7-12.8を強めに追われ、12日(水)にはWコースで5ハロンから1.0秒先行して併せ、67.9-52.7-38.8-13.0を強めに追い切りました。「来週の本番に備えてしっかりめに負荷をかけています。三頭併せの一番外側を走らせました。動きそのものも悪くありませんでしたし、何よりも乗り手が順調に進めてこれているのを肌で感じています。うちの厩舎のオルダージュ、チェアリングソングのように2、3段階奥がありそうなタイプなので、何とか期間内に結果を出したいところ。来週に向けてさらなる良化を促せるよう努めます」(青木孝文調教師)

13.リッターヴォルト

2021/5/13(美浦トレセン)馬体重:
5/16(日)東京・3歳未勝利(ダ1400m)団野大成騎手 除外(非抽選)

12日(水)にPコースで5ハロン68.3-53.2-39.6-13.7を単走で馬ナリに追い切りました。「追い切りは単走でしたが、きちんと折り合ってスピードに乗った走りを披露。操縦性が高くなってきましたし、しっかり負荷を掛けた内容で稽古を消化できている。ゲートもゴネる素振りなくスムーズに練習がおこなえており、だいぶ常識にかかってきた印象を受けます。中一週の競馬でも行ける態勢は整っていたのですが、今週は締め切り直前でリッターより節持ちの馬に入られてしまい、残念ながら除外となってしまいました。土曜日の同じ条件に比べるとメンバーが断然薄く、こちらの番組を狙って賭けに出たのですが申し訳ありません。来週5/23(日)東京・3歳未勝利に向かう予定です。上積みが見込める状態ですから、もう一本やればさらに中身は良くなってくると思います」(伊坂重信調教師)

14.ワザモノ

2021/5/14(須藤ステーブル)馬体重:
★5/09(日)中京・橘ステークス(芝1400m)丸田恭介騎手 結果5着
この後は美浦近郊の須藤ステーブルで調整することになり、本日14日(金)に移動しました。

「前半でモタつく部分があったので、位置取りの差が出てしまいましたね。ここまでが精一杯でした。ただ、これまでに経験したことのないハイペースの流れを、なんとか上手く立ち回り、底力を見せてくれたと思いますよ。この経験は今後に生きてくるはずです。左前肢の骨瘤の治療をおこない、これまでのパターンと同様、須藤ステーブルに移動させていただきました。次走については、7/04(日)福島・ラジオNIKKEI賞(G3・芝1800m・ハンデ)を予定したいと考えています。3歳限定戦ですし、距離もピッタリだと思いますので、是非とも出走したいですね。これまで7戦に出走しましたが、全てワンターン。コーナー4回のコースを1周する競馬は初めてになりますので、そこがカギになるでしょうね」(尾関知人調教師)

15.エルプシオン

2021/5/4(引退)馬体重:
★5/01(土)阪神・3歳未勝利(ダ1800m)酒井学騎手 結果10着

これまでの戦歴、レース内容および現状を踏まえて、羽月友彦調教師と協議をおこなった結果、誠に残念ではございますが、ここで中央登録を抹消し、匿名組合契約を終了することといたしました。
なお、本馬は今週5月6日(木)に開催されるサラブレッドオークションに出品する予定です。出資会員の皆様には追って書面にてご連絡させていただきます。
エルプシオン号にお送りいただいたこれまでの温かいご声援、誠にありがとうございました。

「出走制限が明けても未勝利戦終了までまだ時間は残されていますが、これまでのレース振りから考えると、期間内に大きな変わり身は見込めないのではないかと思い、このタイミングで判断させていただきました。ここまで脚元などに不安はなかったですし、地方競馬へ移籍すれば下のクラスに格付けされるでしょうから、コンスタントに使っていけば早いうちに2勝を挙げて戻れる可能性もあります。かと言って中央で通用するかというと、気性面含めてもっと成長が見られない限りは厳しいと思います。クラブ所属の半姉2頭が勝ち上がり、エルプシオンも募集を開始して即満口となった人気馬と聞いていましたが、ご期待に応えることが出来ず、申し訳ありませんでした」(羽月友彦調教師)

16.スノークォーツ

2021/5/14(松風馬事センター)馬体重:471
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。思っていたよりも脚元には問題がありませんでしたが、全体的に体に張り感が出ています。今回は体重の戻りが遅いのでまだ軽めに乗り込んでいるところですが、対処療法を取りながら進めていきます。様子を見ながらペースを上げていくつもりです」(担当者)

17.プリュムドール

2021/5/14(吉澤ステーブルWEST)馬体重:460
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター1500m、600mの坂路を2本(17秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。コンスタントに15-15を消化できていますし、体重も大きく減らすことなく順調に進められています。元気があって行きっぷりもいい状態。帰厩に向けてほぼ態勢は整ったと思います。奥村調教師からは、6月の中京で使う予定と聞いていますが、この感じであれば十分に余裕を持って仕上げていけそうですよ」(担当者)

18.ディスタンボヌール

2021/4/30(オカダスタッド)馬体重:442
現在は坂路2本(上限23~25秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「予定をやや早めて丸馬場でのロンジングを開始し、試し乗りもおこなった後、下旬からは坂路入りして調教を進めています。まだジックリと立ち上げている段階になりますが、今のところ右前を気にする素振りは見受けられません。久しぶりで最初のうちは前捌きに硬さがあったものの、それも徐々にほぐれてスムーズに走れるようになってきています」と話していました。

19.ブレリア

2021/5/14(美浦トレセン)馬体重:
9日(日)に坂路コースで4ハロン58.0-43.0-27.8-13.7を単走で馬ナリに追われ、12日(水)にもPコースで5ハロンから0.6秒先行して併せ、69.6-53.7-39.2-12.1をゴール前仕掛けて追い切りました。「今週はポリトラックコースで古馬との併せ馬をおこなっています。ゴール前仕掛けてはいるものの、格上馬に対して食らいついていましたし、抜かせなかったのは良かったですね。動きもなかなかでしたよ。来週には態勢が整うと思いますが、新潟開催は最終週になるので出走状況が掴めないところ。また、ダート1800m戦は長いと思いますし、芝でなければまだ1200m戦の方が良さそう。ただ、この条件は来週4節のブレリアでは何とも言えないところですが、若手騎手限定戦であればジョッキーさえ押さえておけば出走枠に入る可能性が高くなることから、服部寿希騎手に声を掛けてあります。来週の想定を見て、最終的な番組を決めるつもりです」(粕谷昌央調教師)

20.ピッツベルニナ

2021/5/13(美浦トレセン)馬体重:
☆5/15(土)新潟・3歳未勝利(ダ1200m)服部寿希騎手

12日(水)にWコースで5ハロンから併せ、 68.1-54.1-40.5-12.9を馬ナリに追い切りました。「この中間にゲート練習をおこないました。1頭だったことも作用してか俊敏な反応とまではいきませんでしたが、練習と今回2戦目であることを考えると慣れは見込めるでしょう。昨日は坂路を駆け上がらせてからのWコースで、直線だけパートナーと併せるイメージ。想定していた時計よりも気持ち少しばかり速かったものの許容範囲。態勢は整えられました。デビュー戦までの過程では一頓挫ありましたが、今回は順調にここまでこれています。雰囲気もいいですし、フックラまとまったシルエットも悪くありません。前進を期待して送り出します」(松山将樹調教師)

21.クイントン

2021/5/14(吉澤ステーブルWEST)馬体重:448
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター1500m、600mの坂路を2本(17秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。元気は戻ってきましたが、まだ毛艶がもう一つといった感じ。もう少し内面からコンディションを上げていきたいところですが、徐々に良くなってきているのは確か。明日15日(土)に帰厩が決まりましたが、トレセンに入ればグッと上向くと思います」(担当者)

23.ルムロン

2021/5/14(ノルマンディーファーム小野町)馬体重:540
現在は馬場2周と坂路1本を18秒ペース(週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。今週も坂路を併用しながら進めており、15-15も織り交ぜていますが、脚元の状態は変わらず安定しています。引き続きゲート練習もおこなっており、入りから駐立までとてもスムーズで、馬も流れを理解しているようです。明日15日(土)に帰厩することが決まりましたが、この様子なら環境が変わっても上手く対応してくれるのではないかと思います。

24.スイートフェンネル

2021/4/30(オカダスタッド)馬体重:462
現在は坂路2本(上限23~25秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「今月下旬から丸馬場でロンジングを開始して、試し乗りもおこなった後、坂路調教へ移行しています。久々とあって最初のうちは若干テンションが高かったものの、すぐに落ち着きが出てきて、単走でもリラックスして走ることが出来ています。ここまで患部の状態も変わりありませんが、念のため調教後には水冷によるケアを継続していきます」と話していました。

27.プレシアンス

2021/5/14(川崎競馬場小向厩舎地区)馬体重:
「今朝の小向は馬場状態が良くなかったですし、追い切りはこの後のコースの回復具合を見ておこなう予定です。2回川崎開催(5/24~)では自己条件に向かうつもりで、今後の南関東での試金石のレース。この一戦に進退がかかっていると思いますので、きっちりと仕上げて万全の態勢で臨む考えです」(内田勝義調教師)

28.フェイダウェイ

2021/5/14(美浦トレセン)馬体重:
★5/11(火)浦和・ツインメイト特別(ダ1400m)本橋孝太騎手 結果5着

「完全に納得のいくレースができたわけではありませんが、前進が感じられる収穫のある一戦だったかと思います。レースを終えて脚元含め大きなダメージはなく、疲労の度合いも濃くありません。間隔を空けずにもう一戦したいところです。二場開催となる前にと考えているため、来週の出走を目指して調教を再開させましょう」(中川公成調教師)

29.デクラーク

2021/5/13(美浦トレセン)馬体重:
☆5/15(土)東京・3歳未勝利(芝1400m・混)岩田康誠騎手

12日(水)にWコースで4ハロンから0.8秒先行して併せ、53.5-39.5-12.4を馬ナリに追い切りました。「時計に派手さはなくマズマズといった追い切り内容でしたが、かといって動き自体が悪いわけではありません。だいぶ息遣いが良くなってきましたし、休み明けで数字は多少プラスの出走でも、力を出せるデキにあると思います。距離延長と坂をこなせるかが今回カギになるものの、今の荒れた新潟芝よりは東京コースのほうがデクラに合っている。この後は札幌開催に向かえたらと考えているので、最低でも権利は確保してもらいたいですね」(矢野英一調教師)

30.エストラテーガ

2021/5/13(美浦トレセン)馬体重:
☆5/16(日)東京・3歳未勝利(ダ1400m)永野猛蔵騎手

12日(水)に坂路コースで4ハロンから0.4秒先行して併せ、54.1-39.9-26.9-14.1を一杯に追い切りました。「昨日はブリンカーを着用して時計消化をおこない、劇的な変化とまではいかないまでも、これまでよりも反応を見せていました。終いは時計がかかっていて、なかなか踏ん張りきれないところはあるものの、体の使い方が良くなっています。それが直ちに時計という目に見える形になってはいませんが、着実な成長が感じられます。脚元も気にかけて進めている分、反動が出るようなこともありません。今回は減量騎手起用とブリンカー着用での前進を期待しています」(稲垣幸雄調教師)

31.シンシアハート

2021/5/13(美浦トレセン)馬体重:
☆5/15(土)新潟・3歳未勝利(芝1000m直・混)秋山稔樹騎手

9日(日)に坂路コースで4ハロン57.2-41.4-26.7-12.9を単走で馬ナリに追い切り、12日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.6秒先行して併せ、56.0-41.5-27.0-13.0を馬ナリに追い切りました。「先週でも使える状態にあったので、今週は本番前にテンションを上げないよう、サッと息を整える程度の内容にしています。今の千直はいつも以上に外枠有利というのは重々承知していますが、芝は以前から試してみたいと思っていましたし、もしかしたら相手関係が手薄になるのではないかと睨んでいた通り、シンシアの他に権利持ちは1頭のみ。上手く外枠を引ければ、チャンスは大きいのではないかと見ています」(清水英克調教師)

32.ラヴィネルージュ

2021/5/14(ケイツーステーブル)馬体重:456
「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター3000m(18~20秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。全体的な硬さが取れて、入場当初よりも状態が上向いてきました。乗り込みながら体重が増加傾向にあるのも良いところ。このまま速めを織り交ぜながら、更なる良化を促していくつもりです」(担当者)

33.アステルカーラ

2021/5/14(須藤ステーブル)馬体重:484
「現在は馬場でダクとハッキングを4000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。まだ体がゴトゴトしていますが、乗りほぐすためにも今週より少しペースを上げて乗り込んでいます。毛艶がもう一つで、いい頃と比べると覇気が足りない印象。乗っていてもガツンとくるようなパンチ力もないので、本当に良くなるのはもう少し先のような感じがします。良化を求めてこのまま進めていきます」(担当者)

34.グラスピレ

2021/5/13(美浦トレセン)馬体重:
☆5/16(日)東京・3歳未勝利(ダ1600m・牝)永野猛蔵騎手

12日(水)にCコースで5ハロンから併せ、68.2-52.7-38.7-12.8を強めに追い切りました。「当初は来週のレースを見据えていましたが、状態としても申し分ないため今週も視野に入れさせてもらいました。永野を背にしての昨日の時計消化での動きも悪くありません。前走は連戦の疲れもあったかもしれませんし、様々な要因が考えられる中で1800という距離も影響があったとも考えられます。それに輸送はないにこしたことはありません。色々と考えを巡らせた結果、今回は東京を選びました。これでコース適性というのも見れますし、この先につながることは間違いないでしょう」(伊藤圭三調教師)

35.ガガク

2021/5/14(須藤ステーブル)馬体重:438
「現在は馬場でダクとハッキングを4000m(18秒ペース)のメニューで調整中です。今週からペースアップをして乗り込みを重ねています。辻調教師からは、予定通り来週には入厩させると言われています。体重は徐々に増えているものの、もう少し増えてきてほしいところ。時間があればもう少し増やせそうなんですが、現状でも力強さが感じられますし、先々はもっと良くなりそう。少しでも上積みをつくって送り出したいと思っています」(担当者)

36.ジャルベラロッサ

2021/5/14(吉澤ステーブルWEST)馬体重:418
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター1500m、600mの坂路を2本(17秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。コンスタントに15-15を織り交ぜながら乗り込んでいますが、体重を減らすことなく、むしろ少しずつ増えています。チャカチャカするくらい元気ですし、状態は良いですよ。もう何本か消化すれば仕上がるでしょうし、送り出しに向けて態勢は整いつつあります」(担当者)

37.メリス

2021/5/14(栗東トレセン)馬体重:464
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター1500m、600mの坂路を2本(17秒ペース)のメニューで調整中です。先週末にこちらに入場してきてまだ1週間も経っていませんが、体重は既に10kg増えているように、牝馬にしては体重を気にしなくて良いのは安心できるところ。吉村調教師からは、『そう間隔を空けずに使うつもりです』と聞いているので、すぐに乗り出しています。北海道予定とのことなので、体重のアドバンテージもつくっておきます」(担当者)

38.キトゥンズマーチ

2021/5/14(吉澤ステーブルWEST)馬体重:
★5/08(土)新潟・3歳未勝利(芝1800m・若手)坂井瑠星騎手 結果:優勝
この後はトレセン近郊の吉澤ステーブルWESTで調整することになり、13日(木)に移動しました。

「本質的には新潟外回りのコースが向いているタイプではないと思います。それでも粘り腰を見せて勝ち切ってくれたように、牝馬ながら根性が据わっている。皮膚もどんどん薄くなってきた印象を受けますし、競走馬としてまだ伸びしろが大きいのは間違いありません。このタイミングで未勝利を脱出できてホッとしています。レース後も馬体や脚元に異常は見られませんが、一息入れてやって、次走は7/04(日)小倉・3歳上1勝クラス(芝1800m・牝)を予定しましょう」(吉岡辰弥調教師)

39.マスタリーピーク

2021/5/14(ゴリンファーム)馬体重:513
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター4500mのメニューで調整中です。今週から外馬場での調教をおこなっていて、問題なく乗り込めています。まだフォームをきっちり整えるように進めているところですが、ここまでは問題ありません。この感じで、徐々に負荷を掛けていくつもりです」(担当者)

40.アヴァンツァーレ

2021/5/13(栗東トレセン)馬体重:
☆5/15(土)中京・3歳未勝利(芝2200m)古川吉洋騎手

9日(日)に坂路コースで4ハロンから0.5秒先行して併せ、60.1-43.0-27.0-13.3を馬ナリに追われ、12日(水)にはCWコースで6ハロンから併せ、85.4-69.0-53.5-39.8-12.8を末強めに追い切りました。「古川騎手からの進言があり、今週はブリンカーを外して追い切りに臨みました。『相手に並ばれからても集中力が持続でき、先週に比べると随分気が入ってきた』と上々のコメント。最後までしっかり動けていましたし、この感じなら今回もう一度ノーマル仕様の馬具でいってみたいと思います。今朝の計量で490kg。良い感じに体が絞れて、デビュー戦の頃とはシルエットも違います。土曜日までは傘マークが付いていない予報なので、馬場コンディションもそれほど悪くはならないしょう。稽古レベルではここまで十分負荷を掛けて調整してきただけに、本音を言えばガラリ内容一変。前進を期待しています」(吉岡辰弥調教師)

41.ヴィオマージュ

2021/5/13(美浦トレセン)馬体重:
☆5/16(日)新潟・3歳未勝利(ダ1200m)津村明秀騎手

12日(水)にWコースで5ハロンから0.4秒追走して併せ、66.9-52.2-39.0-12.5を強めに追い切りました。「乾いた馬場より脚抜きのいい馬場のほうが稽古でもよく動けているタイプ。雨予報はヴィオマージュに味方すると見込んで、日曜日の番組を選択させてもらいました。今回も同型との先行争いがカギを握るものの、そこは無理して逃げずに番手からでも上手に競馬できると思います。2着はもういりません。状態は変わらずいいですし、何とかここで結果を出したいですね」(牧光二調教師)

42.アラハバキ

2021/5/14(栗東トレセン)馬体重:
吉澤ステーブルWESTで調整され、13日(木)に帰厩しました。

「前走後より1回札幌開催(6/12~)の芝1200m、芝1500m戦での出走プランに変更なく、昨日こちらに戻しています。早速ですが、本日5/14(金)に坂路コースで4ハロン68.9-50.2-32.3-15.8の時計で登坂しました。走ることに対して、これまでと変わらずの前向きな姿勢、本当に感心しますね。3月開業の自厩舎としては初めての滞在競馬となりますので、状態に合わせながら、きっちりと調教スケジュールを調整していきたいと考えています」(田中克典調教師)

43.ブレッシングライト

2021/5/14(美浦トレセン)馬体重:
9日(日)に坂路コースで4ハロン59.8-44.8-30.0-15.2を単走で馬ナリに追い切り、12日(水)にはPコースで5ハロンから0.3秒先行して併せ、70.7-53.9-39.2-12.3を馬ナリに追い切りました。「水曜日は3頭併せの中に入れて追い切りました。以前は他馬を気にするところがありましたが、この日は左右に馬を置いても真面目に走っていましたね。チークピーシーズを着けなくても綺麗なフォームで動けていましたし、次走に向けてこのままの雰囲気で進めていきたいところです。今週末が締切りとなる川崎の交流競走が2つありますが、南関東でも川崎だと地元勢が強いことから今のところ申込みはせず、2回東京開催後半(5/15~)のダート短距離戦を本線と考えています」(田中清隆調教師)

44.エスタンピージャ

2021/5/13(美浦トレセン)馬体重:
☆5/15(土)新潟・3歳未勝利(ダ1200m・牝)小林凌大騎手

12日(水)に坂路コースで4ハロン55.5-40.6-26.3-12.7を単走で一杯に追い切りました。「交流競走には多数の申し込みがあり、先週も選出されませんでした。出走予定を今週末に定めて、水曜日に坂路コースで負荷を掛けています。いい動きでしたし、これで態勢は整ったと思います。ただ、想定が出た当初は頭数が多くて除外が濃厚だったため、来週へのスライドも検討していましたが、今日になると頭数がバラけてこの番組でも出走枠に入れることに。芝で掲示板まできている馬ですが、ダートの方が良いのではないかとも思っていたので、この条件で前進を期待しています。前に行くと終いの脚がなくなるところがありますが、先行有利なこのコースで後方から行っては勝負にならないので、ある程度ゲートを出たなりで運んでもらうつもりです。行き過ぎず、構えすぎずで、先行集団を見るくらいの位置取りが理想的。そのあたりは小倉でずっと乗っていた小林君も分かっていると思いますが、再度打ち合わせをおこなっておきます」(加藤和宏調教師)

45.ザベストデイ

2021/5/14(川崎競馬場小向厩舎地区)馬体重:
「昨日5/13(木)に地方競馬の馬登録を済ませました。来週5/21(金)に川崎競馬での出走申込をおこない、南関東競馬への移籍登録手続きを完了させましょう。体調面も含めて、これまでは予定通りに進めることが出来ていますので、あとは無事に北海道に送り届けるだけですね」(今井輝和調教師)

46.ラストアプローズ

2021/5/13(栗東トレセン)馬体重:
☆5/16(日)中京・3歳未勝利(芝2000m・混)松本大輝騎手

13日(木)に坂路コースで4ハロンから0.3秒先行して併せ、55.5-40.9-27.0-13.5を馬ナリに追い切りました。「今朝の追い切りが良かったんですよね。4ハロンの自己ベストを更新しましたし、併走馬に差を詰められたものの、最後までスムーズな動きでした。前走のデビュー戦を経験したことで、いい具合に上向いているところで、間違いなく前走以上のデキにあると判断し、今週の出走に踏み切らせていただきました。メンバーも薄めかなと思います。ゆったりと運べる距離でと鞍上も言っていますから、前進に期待しましょう」(宮徹調教師)

47.アコルダール

2021/5/14(美浦トレセン)馬体重:
須藤ステーブルで調整され、11日(火)に帰厩しました。

13日(木)にWコースで5ハロンから0.6秒追走して併せ、68.8-52.5-38.0-12.7を馬ナリに追い切りました。「程よく気合が乗っていて元気いいですね。昨日の稽古にも跨らせてもらいましたが、1本目の追い切りからしっかりと動けている。体も450kgくらいあって成長が感じられますし、夜の飼い葉もぺろりと完食。逞しさが出てきましたよね。こういう成長力のある馬は強くなっていくと思います。さすがに10日競馬はという気もするのでまだ番組は流動的ですが、いまの馬場が荒れた新潟芝コースはアコルダールに合っていそう。来週の追い切り内容や出馬状況次第では、5/22(土)新潟・3歳未勝利(芝1200m・混)も検討することにしましょう」(菊沢隆徳調教師)

49.オラクトゥール

2021/5/14(フォレストヒル)馬体重:489
「現在は角馬場でのフラットワークで入念に体をほぐした後、1100mの坂路コースを1本(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。先週末の調教後に軽度でしたが疝痛を発症したため様子を見ましたが、すぐに治まったので、週明けから通常メニューで乗り込んでいます。反動はありませんし、飼い葉もしっかり食べているので、今週末からまた15-15を織り交ぜていく予定。まだ動きが重めですし、単走だと気が入らないところがあるので、今後は併せ馬をおこなっていくつもりです」(担当者)

50.ユーベルント

2021/5/14(栗東トレセン)馬体重:
12日(水)に坂路コースで4ハロンから0.5秒追走して併せ、54.4-39.1-25.4-12.9を一杯に追い切りました。「体つきは細く映りますが、この中間も元気いっぱいの様子。時間がかかりながらも与えた分は飼い葉を完食してくれています。追って瞬時に反応はできなくても、心臓の良さからかバテないスタミナを備えている馬。力の要る馬場をさほど苦にしませんし、ダートもこなせそうですね。来週5/23(日)新潟・3歳未勝利(ダ1800m・牝)に横山和生で予定します」(昆貢調教師)
リスト


上へ