更新スケジュール

(2月までは月1回、3月以降は月2回更新)

8.シュヴァルノワール(ブラックカシミールの22)

2024/6/14(ノルマンディーファーム小野町)502kg
現在は馬場1周と坂路2本を16~18秒ペースのメニューで調整しています。まだトモの踏み込みがもう一つといったところなので、坂路主体にしっかり負荷を掛けて鍛えています。16秒あたりだと少ししんどいとは思いますが、大人しい性格とあって強めの調教を織り交ぜていくことでピリッとした面が出てくれば、体の使い方も変わってくるはず。それに伴い筋肉量も増えてくるのではないかと思います。

29.ロワゾブルー(ヘレナモルフォの22)

2024/6/14(ノルマンディーファーム小野町)
この後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整を進めることになり、本日14日(金)に移動しました。

輸送熱などの異常もなく、無事到着しています。明日15日(土)からウォーキングマシンでの運動を開始し、輸送の疲れと馬体が回復するのを待って騎乗へ移行する予定です。

34.ラーシャローム(アンジェリカスの22)

2024/5/31(ノルマンディーファーム)475kg

写真

現在は坂路2本(上限16~18秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「この中間も馬体や体調面に気になるところはなく、順調に乗り込みを進めていますが、ペースをセーブする前の走りと比べるとまだフォームが窮屈な印象を受けます。伸び伸びとしたフットワークに変えていくには、小野町の広い周回コースを使用した方がいいかもしれません。1~2回ほど15-15を試して状態に問題がなければ、移動を検討したいと思います」と話していました。

40.マンダレーヒル(バーミスキャットの22)

2024/5/31(ノルマンディーファーム)518kg

写真

現在は坂路2本(上限16~18秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「馬体重が増加し、成長が窺える一方で、全体的に緩い印象を受けます。フォームもまだ安定しておらず、動きも重たい感じです。それでも首を上手く使って力強い走りを見せており、脚力が鍛えられてきた様子。前進気勢があるので、距離はマイル前後かもしれません。体力的には問題ないため、今後は15秒ペースも取り入れていきます」と話していました。

42.ロイヤルテール(マダムストーリーの22)

2024/6/14(ノルマンディーファーム小野町)462kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。坂路での追い切りでロイヤルテールが先行し、後ろから相手に併せに来られたときに、やや気にしてブレーキを掛けるところがあります。周回コースではダク、キャンターともに集中して走れていますし、体力的にも問題なくこなせているので、いろいろと工夫しながら進めていこうと思います。

44.パルジファル(ルトルヴェールの22)

2024/5/31(ノルマンディーファーム)475kg

写真

現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。担当者は、「左前の怪我は完治したものの、まだ背腰の状態はもう一つのようで、押すと反応を示すことから、この中間もマシン運動を継続しています。騎乗を控えている分には歩様にも見せず、スムーズにこなしていますし、毛ヅヤなどから体調自体は良好そうですが、もう少しの間は現状メニューで様子見していきます」と話していました。

49.シャイニーセーラー(ハッピーセーラーの22)

2024/5/31(ノルマンディーファーム)484kg

写真

現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。担当者は「左トモの傷口が塞がってきたため、マシンでの運動を開始しました。運動の様子に違和感を覚えるところはなく、体調も良さそうです。引き続き経過を観察しながら騎乗再開のタイミングを計っていきます。馬体に余裕が出てきたことは、今後の調教に向けてプラスでしょう」と話していました。

51.ウィステリアカフナの22

2024/6/14(ノルマンディーファーム小野町)461kg
現在は馬場2周と坂路1本を18~20秒ペースのメニューで調整しています。到着時と比べて馬体も回復傾向で、飼い葉食いも安定しているため、10日(月)から騎乗を開始しました。まずはこちらの調教に慣れてもらうところからになりますし、見た目にはもっと馬体重が増えて良さそうに映るため、数字の増減にも気を配りながら進めていきます。

52.ギャラクシーセレブの22

2024/5/31(オカダスタッド)480kg

写真

現在はウッドチップ坂路2本(上限16~18秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「体力やトモの強化とともに、良質な筋肉が付いて体つきもしっかりしてきました。それに伴い坂路での動きも良化していますが、前進気勢に欠ける面が見られます。課題であった息遣いは改善傾向にあるものの、まだ良い時と悪い時に差がある状態です。ハミをかけて集中させることを意識しながら課題の改善に取り組んでいきますが、そろそろ15秒ペースも取り入れる予定です」と話していました。

53.ブルーロゼットの22

2024/5/31(オカダスタッド)445kg

写真

現在はウッドチップ坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「課題の改善を意識して順調に乗り込みを続けていましたが、この中間には背腰に疲れがたまっている様子でした。その影響で頭が少し高い走りになり息遣いもいま一つだったため、ペースアップは控えて様子を見ています。今のところペースを緩めるほどの疲労ではないので、定期的にレーザー治療を施しつつ調教を重ねていく予定です」と話していました。

54.ラステラの22

2024/6/14(ノルマンディーファーム小野町)487kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。登坂本数を増やしてからも順調に進められており、脚元や体調面などに気になるところもありません。ただ、走行フォームにはまだ良化の余地が残るように、さらなる筋力強化は必要そうです。気性面もまだ幼くシャキッとした感じではないので、乗り込んでいくなかで変わってくるよう調整していきます。

57.ネオヴェリーフェズの22

2024/6/14(ノルマンディーファーム小野町)419kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。現状のメニューで進めても体力的に問題はなく、飼い葉をしっかり食べながら乗れているので、お腹回りは数字以上にフックラと見せるようになってきました。ただ、まだお尻は寂しく映るように、トモに力が付ききっていないとあって、ハミに頼りながら走るところがあります。引き続き坂路メインに乗り込み、バランスを起こしたフォームに改善していく考えです。

58.ルミナスレッドの22

2024/5/31(ノルマンディーファーム)453kg

写真

現在は坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「課題であったハミ受けが改善され、左右均等で手綱を持って抑えられるようになりました。調教ではこちらの指示を待つ従順さも出てきており、以前と比較するとかなり乗りやすくなっています。ただ、坂路の2本目では抑えが利かない面も見られ、精神面はまだ成長途上でしょう。乗り込みは順調に進められていますが、遅生まれも考慮し、引き続き北海道で心身のさらなる成長を促していきたい考えです」と話していました。
リスト


上へ