ログイン
  • 21.シュエットアムール カタログPDF

    年齢 2歳 生月日 5/12
    性別 毛色
    ゴールドシップ
    シュエットヌーベル
    母の父 スマートファルコン
    一口 35,000円
    総額 1,400万円(400口)
    厩舎 美浦・西田雄一郎
    生産 新ひだか・岡田スタッド
    クラス
    戦績
    血統図 牝系図
    馬名 シュエットアムール
    綴り Chouette Amour
    由来・意味 素敵な愛(仏)。母名より連想

近況 詳細へ戻る  

2024/5/24(ケイツーステーブル)馬体重:428
「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター3000m(17~18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。今週は雨の影響で馬場が悪かったため坂路コースで速いところを消化しています。大きな変わり身こそありませんが、この馬なりに順調に積み重ねられているところ。もう少し肉付きが良くなってくれると良いんですけどね。しっかり食べさせながら調教をおこなっていきます」(担当者)
2024/5/17(ケイツーステーブル)馬体重:425

写真

「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター3000m(17~18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。坂路中心に速いところをおこなっていて、この中間もコンスタントに積み重ねられています。これくらいのメニューならしっかりこなせていますし、体力も付いてきていますよ。この感じをキープしながら乗り込みを重ねていきます」(担当者)
2024/5/10(ケイツーステーブル)馬体重:426
「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター3000m(17~18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。先々週末から15-15を始め、この中間も同様のメニューで進めています。ペースを上げた直後は少ししんどかったのですが、苦しいところは乗り越えてだいぶ体力面がしっかりしてきた感じ。背中の筋肉も付いてきて、いい流れに乗れています」(担当者)
2024/4/26(ケイツーステーブル)馬体重:414
「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター3000m(18秒ペース)のメニューで調整中です。先週から大きな変化こそないものの順調にきています。全体的にまだ物足りなさは残るものの、徐々に体力は付いてきているところ。このくらいのペースであればしっかりついてこられるので、この感じをキープしながら進めていきます」(担当者)
2024/4/19(ケイツーステーブル)馬体重:412
「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター3000m(18秒ペース)のメニューで調整中です。飼い葉をしっかり食べているのですが、まだ体重が物足りないですし、体力的にもしんどい感じ。坂路入りさせない日も設けて、徐々に負荷を掛けています。このまましっかり食べさせながら体力を付けていきたいと考えています」(担当者)
2024/4/12(ケイツーステーブル)馬体重:
この後は茨城県・ケイツーステーブルで調整することになり、9日(火)に移動しました。

「現在は1時間のウォーキングマシン運動をおこなっています。火曜日に無事に到着しています。輸送熱もありませんし、下痢などもしておらず、大きな問題は見られませんでした。翌日からウォーキングマシン運動で動かし、昨日から軽めに乗っているところ。普通に対応できていますが、まだ結構乗り込みが必要そうなので、様子を見ながら徐々にピッチを上げていきたいと思っています」(担当者)
2024/3/31(ノルマンディーファーム)馬体重:419

写真

現在は坂路2本(上限17~18秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「この中間も徐々にペースアップを図っていますが、ここまで進めてきてもテンションが上がることはありません。相変わらず乗りやすく、こちらが軽く動作しただけですぐに反応してくれるので、賢い馬だと思います。ただ、調教で苦しくなると左手前だけで走りきろうとするため、手前変換やバランスを意識しながら乗って改善を促していきます」と話していました。
2024/3/16(ノルマンディーファーム)馬体重:
現在は坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。遅生まれとあって体つきはまだシャープに映りますが、調教では全身を大きく使ったフットワークに変わってきました。以前より体力面が強化されてきたこともあり、ゴール地点まで伸び伸びとしたフォームで走りきることができています。暖かくなってきて馬に活気も感じられるので、食べたものがしっかり身になってくれば馬体面にもいい変化が表れてきそうです。
2024/2/29(ノルマンディーファーム)馬体重:418

写真

現在は坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「今月下旬に1週間ほどリフレッシュ休養を挟んだのち、騎乗を再開しました。その甲斐あって乗り出し初日から元気いっぱいの様子ですが、正直、体もフックラさせたかったところです。それでも先月から体高は伸びていますし、調教後も飼い葉食いは旺盛なので、ここから筋肉量の増加とともに馬体重の数値も徐々に増えてくるのではないかと思います」と話していました。
2024/1/31(ノルマンディーファーム)馬体重:414

写真

現在は坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「今月上旬に坂路主体のメニューに切り替えてからも疲労が蓄積してくることはなかったため、その後も休むことなくトレーニングを継続しています。ただ、坂路2本目をハロン18秒までペースアップするとまだ体力的にしんどいようなので、しっかり対応できるようになるまでは焦らずに進めていくつもりです。柔らか味のあるフットワークで乗り心地が良く、芝で力を発揮してくれるタイプだと思います」と話していました。
2023/12/30(ノルマンディーファーム)馬体重:414

写真

現在は夜間放牧と並行して馬場1周と坂路1本もしくは坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「現時点では馬体のサイズ感に課題を残していますが、母も競馬に使いつつ徐々に力を付けて、体も成長していったタイプ。本馬は遅生まれでもありますし、大きく変わってくるのは早くて来春以降とみています。ここまで乗り込んできても疲労の兆候などは窺えませんが、冬場はジックリ進めるつもりなので、この後は一旦リフレッシュ休養を挟むことも検討しています」と話していました。
2023/11/30(ノルマンディーファーム)馬体重:417

写真

現在は夜間放牧と並行して馬場1周と坂路1本もしくは坂路2本(上限22~23秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「キリッとした顔立ちから性格的にキツい一面がありそうに思われがちですが、調教でこれといったクセなどはありません。まだ幼さは残るものの、従順なタイプですし、乗り出した当初に比べるとハミ受けが良くなって操縦性が向上しています。これで体つきにボリュームが出てくれば走りのバランスも安定してきて、坂路を真っすぐ上がれるようになると思います」と話していました。
2023/10/31(ノルマンディーファーム)馬体重:414

写真

現在は夜間放牧と並行して馬場1周と坂路1本もしくは坂路2本(ハッキング)のメニューで調整しています。担当者は「普段から落ち着きがありますし、騎乗中も物見したり急な動きをしたりすることはありません。まだ小柄ながらもフットワークがいい1頭なので、これから体の成長が伴ってくれば楽しみです」とのことで、この中間に来場した西田雄一郎調教師は「騎手時代に勝たせてもらったシュエットの初仔を預けていただき、大変光栄です。顔つきなんかはお母さんによく似ていると思います」と話していました。


上へ