• 26.フラワーロックの20 カタログPDF

    年齢 2歳 生月日 4/3
    性別 毛色
    ダンカーク
    フラワーロック
    母の父  アッミラーレ
    一口 34,000円
    総額 1,360万円(400口)
    厩舎 美浦・尾関知人
    生産 浦河・酒井牧場
    クラス
    戦績
    血統図 牝系図
    馬名 デイジーロック
    綴り Daisy Rock
    由来・意味 白い花+母名の一部。本馬の毛色と母名より連想

近況 詳細へ戻る  

2022/6/24(ノルマンディーファーム小野町)馬体重:482
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。追い切り開始後も脚元を含め、馬体や体調面に気になるところはありません。ここまで乗り込んできて、着実な体力強化も窺えます。全体的に筋肉量が増えて欲しいところは変わらずですが、走り自体も素軽さを感じさせるタイプなので、こういった体つきでも中身は詰まってきているのかもしれません。7月上旬の入厩を目標に、この後も追い切りを交えながらしっかりと負荷を掛けていきます。
2022/6/17(ノルマンディーファーム小野町)馬体重:489
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も順調にメニューを消化しており、14日(火)からは追い切りも開始しました。まずはハロン15秒あたりを目処におこないましたが、上がりの息の戻りも問題はなく、その日の飼い葉食いも落ちることはありませんでした。フットワークが良くて、騎乗者の感触としては15-15ではまだ余裕がありそうとのことでしたので、この後もだんだんとペースを上げていけそうです。
2022/6/10(ノルマンディーファーム小野町)馬体重:478
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗開始時の印象だと物見が多く、精神的にそれほど強くなさそうなイメージを抱いていましたが、ここまで乗り込んできて気性面でも順調な成長ぶりが窺えます。来週からは追い切りを開始することも検討しており、強めのメニューをこなしながら肩回り、背腰の筋肉の付き方にいい変化が出てくれればと考えています。
2022/6/3(ノルマンディーファーム小野町)馬体重:483
現在は馬場2周と坂路1本もしくは馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今週からは坂路2本の日も交えつつ、これまで同様にいろいろなパターンで調教をおこなっています。騎乗者とのコンタクトの取り方などにもいい変化が見えており、走りにも安定感が出てきました。飼い葉食いも良く馬体重も480kgを超えてきましたが、肩回りやトモの筋肉はもっとはっきりとラインが浮き上がってくるくらいまで増やしていきたいところです。この後は坂路2本を主体に追い切りも開始する予定です。
2022/5/27(ノルマンディーファーム小野町)馬体重:479

写真

現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今週からはまた同じ2歳馬をパートナーに併走で調教をおこなっています。騎乗担当者の話では「単走よりも併走の方が見た目以上にスムーズに走れていると思いますが、良くも悪くもパートナーを頼りすぎているところがあります」とのことです。ただ、最初の頃に比べれば単走でもしっかりした脚取りになってきたので、併走スタートから後半は前に出してみるなど、いろいろと試しながら成長してくれるのではないかと見ています。
2022/5/20(ノルマンディーファーム小野町)馬体重:478
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。物見は以前ほど気にならなくなりましたが、今週はあえて単走で調教をおこない、パートナーに頼らずに走りきることを目標にしました。先週末と週明けに降った雨の影響で馬場内に水溜まりがある状態でしたが、そういった状況でも問題なく走れるようになっていて、少しずつでも着実に成長しているのを感じ取ることが出来ています。ハミに関してはまだ課題もあるので、引き続きいろいろと教えていきます。
2022/5/13(ノルマンディーファーム小野町)馬体重:474
現在は馬場2周と坂路1本を18~20秒ペースのメニューで調整しています。騎乗開始後ここまで順調にメニューをこなしていますし、環境にも慣れて物見も少なくなってきたため、この中間からは坂路も1本上がっています。ただ、ハミに関してはまだ課題が残っており、キャンターも右手前で走りきろうとするところがあります。そういった辺りも右へ張っていく原因の一つになっているようなので、もうしばらくはジックリ乗り込み、軸をしっかり固めていければと考えています。
2022/5/6(ノルマンディーファーム小野町)馬体重:476
現在は馬場3周(ハッキング)のメニューで調整しています。3日(火)から騎乗を開始しました。ここまでハッキングをおこなっていますが、まだコース周辺環境に慣れていないこともあって物見が多く、ハミも左の反応が敏感なところがあります。まずは周回コースを長めに乗って、しっかり体を使って走ることを教えていきます。
2022/4/29(ノルマンディーファーム小野町)馬体重:469

写真

この後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整を進めることになり、27日(水)に移動しました。

現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。輸送熱などの異常もなく、到着翌日からは早速マシンでの運動をおこなっています。輸送で少し馬体重を減らしたものの、飼い葉食いは良好なので、数日楽をさせれば順調に回復してくるのではないかと思います。馬体の戻り具合を見ながら、騎乗開始時期を検討していきます。
2022/4/15(ノルマンディーファーム)馬体重:
現在は坂路2本(上限16~18秒ペース)のメニューで調整しています。予定をやや早めて、今月初旬より騎乗調教を再開しました。休養効果で心身ともにフレッシュな状態にありますし、順調にペースを上げることが出来ています。一度15-15も試してみたところ、重心の低いフォームで全身を使った走りを披露。この後も問題がなければ、少しずつ速めを織り交ぜていく予定です。
2022/3/31(ノルマンディーファーム)馬体重:476

写真

現在は日中放牧をおこなっています。担当者は「以前は通常ペースでも唸るような手応えで走っていたのですが、ここ最近は疲れからか反応がもう一つだったため、無理せず休養を挟むことになりました。28日(月)からは日中放牧のみにとどめて楽をさせており、来月上旬から乗り出す予定です。スピード調教開始前のタイミングとあって、ちょうどいいリフレッシュになると思います」と話していました。
2022/3/15(ノルマンディーファーム)馬体重:
現在は坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。坂路ではスラッと伸びた脚長の四肢から、ストライドの大きな走りを披露しています。欲を言えばもう少し力強さが出てきて欲しいところですが、以前よりもトモを使って走れるようになってきました。このままスピード調教開始に向けて、下地づくりをおこなっていきます。
2022/2/28(ノルマンディーファーム)馬体重:479

写真

現在は坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「キックバックにも慣れてきたようなので、この中間からは徐々にペースアップを図っています。乗り込みを進めつつ、馬体重も480kg近くまで増えてきました。それでも全体のフォルムからするとまだ寂しく映りますし、春になって良質な青草を摂取するようになれば、もっと張りのあるシルエットに変わってくると思います」と話していました。
2022/2/15(ノルマンディーファーム)馬体重:
現在は坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。まだキックバックを気にしながら走っている様子が見受けられますが、現状で他にこれといった課題はなさそう。乗り込みが進んで、徐々に体力も付いてきているようです。坂路で急にブレーキを掛けたりすることがなくなれば、更にペースを上げていく予定です。
2022/1/31(ノルマンディーファーム)馬体重:467

写真

現在は馬場1周と坂路2本(上限22~23秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「この中間に1週間ほどリフレッシュ休養を挟み、下旬より騎乗を再開しています。グループ調教では少し神経質なところを見せていて、前の馬のキックバックに反応し、ブレーキを掛けるときがあります。今のうちに慣らしておいた方がいいので、意図的にキックバックを受ける練習を重ねていこうと思います」と話していました。
2021/12/29(ノルマンディーファーム)馬体重:488

写真

現在は夜間放牧と並行して馬場1周と坂路1本(上限22~23秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「綺麗なダクを踏みますし、キャンターのフットワークも全身をしっかり使って動けています。この時期でも馬体重が大きく増えている点は好感が持てますが、ここ最近はいくらか疲れも窺えます。タイミングを見て一度リフレッシュを図り、更なる成長を促したいと考えています」と話していました。
2021/11/30(ノルマンディーファーム)馬体重:476

写真

現在は夜間放牧と並行して馬場1周と坂路1本(ハッキング)のメニューで調整しています。担当者は「すでに馴致を終了し、今月下旬から騎乗調教へ移行しました。まだ本格的に乗り出したばかりですが、見た目のイメージ通り跳びが大きく、柔らかいフットワークに好感触を得ていたところ、半兄ジャスティンロックが京都2歳S(G3)に優勝。本馬は父がダンカークで、ファミリーには砂の女王ホクトベガもいますが、走りからは芝もこなしてくれそうです」と話していました。
2021/10/31(ノルマンディーファーム)馬体重:468

写真

現在は夜間放牧をおこなっています。担当者は「21日(木)にえりも分場から移動してきました。脚長で背が高いですし、適度に胴伸びもあって、体全体を大きく見せる馬。体型からは芝もこなせそうな印象を受けます。普段の様子から気性は穏やかだと思いますが、まだこちらの環境には慣れていないようなので、馴致はもう少し様子を見て開始する予定です」と話していました。
リスト


上へ