現在表示しているページの位置

フレイムジョーカー
牡馬 鹿  2019/3/19生
カタログPDF

父:ロージズインメイ × 母:オヒア(母の父:ブラックタイド)

生産:新ひだか・岡田スタッド  所属:大井・荒山勝徳厩舎

 

総口数 40口 募集総額 1,800万円
募集状況 満口 1口出資額 450,000円

近況

詳細

2024/3/1 (大井競馬小林分厩舎)
★2/26(月)大井・C1 (五)(六)(七)(ダ1600m)森泰斗騎手 結果6着

「もともと叩き良化型のジョーカーですから、久々で少し実戦勘が鈍っていたのは間違いないところ。ただ、今回は休み明けでも凄く状態が良かっただけに、レースのパフォーマンスにまだ納得がいっていません。昨年12月に砂を入れ替えてから、馬場の合う馬と合わない馬の差がめっきり出ているので、次走でそれをしっかり確かめたいと思います。次開催(3/18~)に向けて、週末からまた徐々にピッチを上げていきます」(荒山勝徳調教師)
2024/2/26 (大井競馬場)
馬体重:493kg
★2/26(月)大井・C1 (五)(六)(七)(ダ1600m)森泰斗騎手 結果6着


『返し馬の雰囲気なんかは休ませて見違えるように良く感じられました。スタートも決まってそのままレースの流れに乗れていればまたプランも違っていたのでしょうが、アレアレッといった感じで馬場に脚を取られてしまい、なかなか前へ推進していけません。もしかすると昨年末の開催から入れ替えた大井の砂質が、この馬には合っていないかもしれません。ただ、今日のような脚抜きいい馬場コンディションはもともと苦手にしていましたし、今回は休み明けでしたので、一概にそこだけが問題と決めつけなくていい。良馬場でもう一回乗って確かめたいですね」(森泰斗騎手)
2024/2/23 (大井競馬小林分厩舎)
「来週2/26(月)大井・C1 (五)(六)(七)(ダ1600m)に森泰斗ジョッキーで出走を予定しています。併せた馬にゴール前で遅れはしたものの、最終追いで半マイル49.6秒をマークし、これまでの自己ベストを更新している。やはり一開催スキップさせてもらって正解でした。休み明けでも状態はいいですし、しっかり動ける態勢が整いましたよ。C1のなかでも骨っぽいメンバー構成にはなりましたが、力はここでも十分通用するはず。あとは本来叩いて良化するタイプのジョーカーだけに、久々で実戦勘がどうかだけでしょう。期待しています」(荒山勝徳調教師)
2024/2/16 (大井競馬小林分厩舎)
「今朝は半マイルから併せ馬で時計消化を行いました。ジョーカー自身だいぶ気合も乗ってきてか、50.3-37.0の好時計をマークし、動きの良さが目に付きます。硬さもだいぶほぐれてきましたし、この感じであれば、次開催(2/26~)には十分間に合いそうですね。休養前はなかなか勝ち切れなかったものの、C1クラスでは実力上位の存在。休み明けでも初戦から力を出し切れるようにしっかり乗り込んでいくつもりです」(荒山勝徳調教師)
2024/2/9 (大井競馬小林分厩舎)
「今朝は帰厩して1本目の時計消化を行っています。5ハロン67.4-52.4-38.9を単走で馬ナリの内容。手応えにまだ余裕が感じられましたし、動き自体は悪くありません。ただ、背中がガチガチで肩の出もあまりスムーズとは言いがたく、全体的にもう少しほぐしながら進めていったほうが良さそうですね。来週からの開催に登録するのは時期尚早な印象を受けました。週末にショックウェーブ治療を施し、しっかり背腰のケアをしてやるつもり。第18回開催(2/26~)に向けてじっくり乗り込んでいきます」
2024/2/2 (大井競馬小林分厩舎)
ブルーステーブルで調整され、1月29日(月)に帰厩しました。

「背腰に疲れのたまれやすいジョーカーですが、この期間しっかり充電できたようで良い意味で煩さが窺えますね。休み明けでもあり、まだ体付きや息遣いはだいぶ重め感が残るものの、ここからビシビシ乗り込んで絞っていくつもり。間に合うようなら17回大井開催(2/11~)、仕上げにもう少し時間が必要と判断すれば、18回開催(2/26~)目標で進めていきましょう。心身ともにパワーアップした姿をお見せできればと思います」
2024/1/26 (ブルーステーブル)
馬体重:498kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3600~4000m(18~20秒ペース、週2回は16~17秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から強めのところも織り交ぜていて、7ハロンから16~17秒まで脚を伸ばしています。腰の疲れはすっかり取れて、このまま負荷を掛けていけそう。そろそろ帰厩となりそうなので、少しでもいい状態にして送り出せればと思っています」(担当者)
2024/1/19 (ブルーステーブル)
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3600~4000m(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も問題なくきていて、ボディコンディションもまずまずいい感じですよ。再来週あたりには帰厩となる予定なので、週末から15-15を織り交ぜていこうと考えています」(担当者)
2024/1/12 (ブルーステーブル)
馬体重:498kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3600~4000m(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。状態は大分良くなってきたため、今週は周回コースで長めに乗っています。その後も問題はなさそうなので今週末に速めのところを消化するつもり。このまま帰厩に向けて態勢を整えていきます」(担当者)
2024/1/5 (ブルーステーブル)
馬体重:499kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m、坂路1本(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。乗り込んできたことで再度右腰に疲れが出てきたため、昨年末にもショックウェーブ治療を施しています。その後2~3日休ませ、大分良くなってきたことから坂路調教も織り交ぜています。2/11からの大井開催を目指して来週より速いところもおこなっていく予定です」(担当者)
2023/12/22 (ブルーステーブル)
馬体重:493kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。先週末に速いところをおこなったら右股関節を少し気にしたため、ショックウェーブ治療を施しています。元々弱いところがあるのでしっかりケアできたのは良かったです。火曜日から軽めに乗り出していますが今のところ反動などもないですし、帰厩に向けてしっかり乗り込みを重ねていきます」(担当者)
2023/12/15 (ブルーステーブル)
馬体重:493kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400~3200m(17~20秒ペース)、週2~3回は坂路1本(16~17秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も順調に乗り込みを重ねられていますが、引き続き数字以上に馬体をフックラと見せています。無駄肉が付かないタイプですが、コンスタントに負荷を掛けても減らさない点は好感が持てます。この感じをキープしながらしっかりと積み重ねていきます」(担当者)
2023/12/8 (ブルーステーブル)
馬体重:492kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3200m(17~20秒ペース)、週3回は坂路1本(16~17秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き同様のメニューで進めていますが、何も問題なくきていますね。数字こそ大きな変化はありませんが、体付きはフックラと見せているところ。いつ声が掛かってもいい状態なので、送り出しに向けて準備をしておきます」(担当者)
2023/12/1 (ブルーステーブル)
馬体重:490kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3200m(17~20秒ペース)、週3回は坂路1本(16~17秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から坂路調教をおこなう日を増やして調教を進めています。体重こそ増えてこないものの、大きな問題もなく進められていて順調そのものといった感じ。そろそろ強めのところも織り交ぜながら進めていくつもりです」(担当者)
2023/11/24 (ブルーステーブル)
馬体重:490kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3200m(17~20秒ペース)、週2回は坂路1本(16~17秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から少しずつピッチを上げて乗り進めています。なかなか体重が増えにくいところがありますが、態勢を整えるべくそろそろ負荷を強めていくつもり。帰厩を意識して積み重ねていく予定です」(担当者)
2023/11/17 (ブルーステーブル)
馬体重:498kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3200m(17~20秒ペース)、週2回は坂路1本(20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間もしっかりと乗り込めていて、体は大分しっかりとしてきました。脚元は問題ありませんし、疲れも段々と抜けてきていますよ。この感じをキープしながら、しっかりと乗り込みを重ねていきたいと思っています」(担当者)
2023/11/10 (ブルーステーブル)
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400~3200m(17秒ペース)、週2回は坂路1本(20秒ペース)のメニューで調整中です。涼しくなってきたこともあり、体調が良くなってきましたし、元気も戻ってきています。少しずつ調教進度を上げていて、もう少しの間はこのペースで進めていこうと考えているところ。乗り込みを重ねながら、更なる良化を促していきます」(担当者)
2023/11/3 (ブルーステーブル)
馬体重:498kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400~3200m(17秒ペース)のメニューで調整中です。大分疲れが取れてきたことから、少しずつピッチを上げて乗り進めています。体も楽になってきたのか、体重が一気に増えてきたのは良い傾向。もう少ししたら坂路調教も織り交ぜていこうと考えています。このまましっかりと積み重ねていきます」(担当者)
2023/10/27 (ブルーステーブル)
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400~3200m(20秒ペース)のメニューで調整中です。先週見られた疲れは、ショックウェーブ治療の効果もあり大分薄れてきましたが、疲労感が完全に抜けるまではもう少し掛かりそうです。少しずつピッチを上げていて、今週は長めからじっくりと乗り込んでいます。ほぐすようなイメージで進めていくつもりです」(担当者)
2023/10/20 (ブルーステーブル)
馬体重:484kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで1600mのメニューで調整中です。コンスタントに使ってきたことで、かなり疲れが溜まっている状態だったため、ショックウェーブ治療を施しています。背腰もかなり参っている感じでしたよ。まだ軽めのメニューにとどめていますが、体重は少しずつ増えてきましたし、タイミングを見て徐々にピッチを上げていく予定です」(担当者)
2023/10/13 (ブルーステーブル)
★10/05(木)大井・C1(二)(三)(四)(ダ1600m)森泰斗騎手 結果3着
この後は茨城県・ブルーステーブルで調整することになり、11日(水)に移動しました。

「レース後も馬体や脚元に異常は見られませんが、今回はトモの運びがややぎこちなく映ります。背腰の状態もカチコチに硬くなっていますので、一旦ここはリフレッシュ期間を設けてやりましょう。放牧先とも密にコンタクトを取りながら、回復次第でまた年末の番組を目標にしていくつもりです」(荒山勝徳調教師)
2023/10/6 (大井競馬場)
★10/05(木)大井・C1(二)(三)(四)(ダ1600m)森泰斗騎手 結果3着

「不良馬場とはいえ、C1クラスで1分40秒台の決着ですから、勝ち馬は素直に強かったと思います。ただ、両サイドから囲まれる場面はあったにしても、比較的早めに今回外へ出せていたので、ゴール前で甘くなった点は腑に落ちません。森ジョッキーは『もともとそういった渋いところがあるし、調子自体は良かったと思う』と話していましたが、やはり使い詰めで目に見えない疲れはあるのかもしれませんね。ひとまず週明けまでは様子を見るなかで、今後の方針を決めることにしましょう」(荒山勝徳調教師)
2023/10/5 (大井競馬場)
馬体重:489kg
★10/05(木)大井・C1(二)(三)(四)(ダ1600m)森泰斗騎手 結果3着

「マズマズのスタートを決めて、先団を見ながら進める形。2コーナーを過ぎたあたりで両サイドから囲まれてしまい、窮屈な場面もありましたが、比較的早めに外へ持ち出せたと思います。今日に関して言えば、御神本の勝ち馬が強い内容の競馬をしました。それでも2着は十分あった内容ですので、最後ゴール前で脚色同じとなった点は不満が残る。使い詰めでも変わらず状態は安定しているものの、目に見えない疲れなどないか、この後しっかり確認していきましょう」(荒山勝徳調教師)
2023/9/29 (大井競馬小林分厩舎)
「来週10/05(木)大井・C1(二)(三)(四)(ダ1600m)に森泰斗ジョッキーで投票を予定しています。飼い葉食い旺盛で体調面は良好。稽古の動きにも活気が感じられますし、使い詰めでもデキ落ちはないと判断できる。前走もチグハグな内容で勝ち馬とあまり差がなかったように、このクラスでは実力上位の存在です。まともに競馬してくれば、まず勝ち負けになると思いますよ」(荒山勝徳調教師)
2023/9/22 (大井競馬場)
馬体重:488kg
★9/22(金)大井 中央区賞 C1(三)(四)(五)(ダ1600m)和田譲治騎手 結果3着

「和田ジョッキーには、途中掛かるくらいでも馬の行く気に任せて、あまり抑え込まず運んでほしいと指示を出しました。前半は先団5頭を見ながらいい感じのリズムで走れていたものの、向正面で江里口のレベルクリアが外から捲り気味に上がって行くと、少し気難しさを出してハミを取るのをやめている。4角では前が狭くなって、一旦外へ持ち出すロスもありましたし、今日はチグハグな競馬の内容です。前2頭との着差を考えても、まともなら勝てていたレースだと思います」(荒山勝徳調教師)
2023/9/15 (大井競馬小林分厩舎)
「本来あまり夏場は得意としないタイプに映りますが、前走後も崩れることなく状態面が安定している。充実一途。緩さも徐々に解消されてきましたし、ジョーカー自身ようやく芯が入ってきた印象を受けますね。週末に速めを1本やればレースを使える態勢にありますから、9/22(金)大井・中央区賞 C1(三)(四)(五)(ダ1600m)に投票させてもらいます。組は上がっても、C1クラスなら断然上位の存在。ここもしっかり決めてほしいですね。なお、森泰斗が当日は浦和で騎乗することになったため、鞍上は追えるタイプの和田譲治ジョッキーに依頼しました」(荒山勝徳調教師)
2023/9/8 (大井競馬小林分厩舎)
★9/06(水)大井・C1 (五)(六)(七)(ダ1600m)森泰斗騎手 結果:優勝

本馬は中央競馬1勝クラスへの再登録要件(3勝)を満たしましたが、これまでの戦歴およびレース内容を踏まえて、引き続き荒山勝徳厩舎に在籍のまま、南関東競馬での運用を継続することとなりました。
中央競馬1勝クラスでの再登録(1着本賞金合計500万円以下)、同時に南関東競馬再転入要件(5歳:地方競馬総賞金800万円以上)を満たすことを新たな目標とし、目標達成後に中央競馬への再登録を検討する予定といたします。

「レース後も馬体や脚元に異常はなく、無事に上がってきています。まだ乗り出してはいないものの、特にグダッときている感じもしませんし、問題なければまた中一週で次開催(9/17~)に向かうつもり。移籍してから今回3勝目を挙げましたが、ひとまずは南関東継続のままジョーカーの面倒を見させていただくことになりましたので、次の目標に向かってしっかりやっていくだけです」(荒山勝徳調教師)
2023/9/6 (大井競馬場)
馬体重:488kg
★9/06(水)大井・C1 (五)(六)(七)(ダ1600m)森泰斗騎手 結果:優勝

「予定していたR.クアトロが負傷により騎乗できなくなったため、森に急遽依頼させていただきました。本人からの志願もあって今回再コンビ結成となったわけですが、上がってきて『以前とは馬が見違えるように成長して、だいぶ力を付けている』と絶賛していましたね。前半思いのほか位置取りが後ろとなり、少し心配しながら見ていたものの、こちらの不安をよそにかなり余裕ある内容の競馬だったようです。今後については、ひとまず厩舎で馬の様子を見てからまた相談していくことにしましょう」(荒山勝徳調教師)
写真
2023/9/1 (大井競馬小林分厩舎)
「来週9/06(水)大井・C1 (五)(六)(七)(ダ1600m)にR.クアトロ騎手で投票を予定しています。使い詰めできているものの、前走時に比べるといくらかピリッとした感が出てきており、ここにきて状態はむしろ上向いている。登録メンバーとの比較でも、持ち時計は断然優位に立っていますので、ここはしっかり決めておきたいところです。週末もう1本強めの負荷を掛けて追い切りを消化し、態勢を整えるつもりです」(荒山勝徳調教師)
2023/8/18 (大井競馬小林分厩舎)
★8/15(火)大井・C1 (八)(九)(ダ1600m)R.クアトロ騎手 結果2着

「いつも終いが甘くなりがちなジョーカーだけに、ジョッキーには今回、トモをしっかり使わせながら追ってきてほしいと指示を出しました。3コーナー過ぎからまた馬の気持ちが少し途切れかけていたようですが、直線で外に持ち出してからは、これまでになく鋭い伸び脚を見せてくれている。外へ持ち出すタイミングがもうワンテンポ早かったら、勝ち馬との差は逆転できていたかもしれませんね。使い詰めできていますから、できればここで勝っておきたかった。クアトロ本人も相当悔しがっており、『できればもう一度騎乗機会を与えてほしい』とのこと。レース後ガタっときている感じはしないものの、暑さがまだ続いていますので、もう少し様子を見ながらこの後のことを決めることにしましょう」(荒山勝徳調教師)
2023/8/15 (大井競馬場)
馬体重:489kg
★8/15(火)大井・C1 (八)(九)(ダ1600m)R.クアトロ騎手 結果2着

「前半少しキックバックを気にして口を割る場面があったものの、道中は前を見ながら理想的なポジションから競馬を運べていたと思います。初騎乗のクアトロともうまく手が合いましたし、ジョーカー自身気を抜くような場面も今日は見られませんでした。直線外へ持ち出して、あとは前を捉えるだけだったんですけどね。着差が差だけに、あそこまでいったら正直勝っておきたかった。一番人気に指示されましたが、期待に応えることができず申し訳ありません」(荒山勝徳調教師)
2023/8/11 (大井競馬小林分厩舎)
「来週8/15(火)大井・C1 (八)(九)(ダ1600m)にR.クアトロで投票を終えています。上積みこそありませんが、この中間は前走時に比べていくらか落ち着きが見られます。疲れは残っていませんし、いまのところ暑さが堪えている様子もなく力は出せる状態。あとは週明け台風接近が予想されるので、馬場状態が懸念材料になるでしょうか。実戦に行くと時折フワッと気を抜くタイプのジョーカーだけに、今回は腕っぷしの強い外国人ジョッキーで、そういった面をビシッと矯正させたい。勝ちきれない競馬が続いており、新味を求めての乗り替わりですが、ここで結果も出せればと期待しています」(荒山勝徳調教師)
2023/8/4 (大井競馬小林分厩舎)
★8/01(火)大井 瀬戸内バーガー賞 C1 (七)(八)(九)(ダ1600m)西啓太騎手 結果4着

「レース後も脚元など特に異常はなく上がってきています。今週いっぱいは楽をさせて様子見するつもりですが、それほど疲れている感じはなく、思いのほか雰囲気も落ち着いている。このまま続戦していって問題なさそうですね。中一週で8回大井開催(8/13~)を予定しており、都合が付くようなら、次は短期免許できているR.クアトロに騎乗依頼したいと考えています」(荒山勝徳調教師)
2023/8/1 (大井競馬場)
馬体重:489kg
★8/01(火)大井 瀬戸内バーガー賞 C1 (七)(八)(九)(ダ1600m)西啓太騎手 結果4着

「上空の寒気の影響で、午前中にゲリラ豪雨がありました。昨日までとは馬場コンディションが打って変わってしまいましたし、ジョーカー自身あまりこういった馬場を得意としないのは、鞍上の西も百も承知だったはず。切れ味のあるタイプじゃないのだから向正面で流れが落ち着いた際、半ば強引にでもポジションを上げていくべきだったと思います。使い詰めでも状態面は悪くなかっただけに勿体ない。鞍上に学習能力がなく、消化不良の競馬をさせてしまって申し訳ありません。本当はここで放牧に出す予定だったのですが、週明けまで少し様子を見させてください。レース後のダメージさえ残っていなければ、ジョッキーも替えて中一週で競馬に向かうことも検討します」(荒山勝徳調教師)
2023/7/28 (大井競馬小林分厩舎)
「27日(木)に5ハロンから併せ、66.1-50.4-37.8を一杯に追い切りました。使ってきている分、さすがに上がり目はありませんが、具合は変わらずいいですよ。ジョーカーの場合、ゲート内での駐立を我慢できるかどうかですからね。今回もスタートさえ決まれば好勝負は必至。あとはいかにして、当日落ち着いた雰囲気でレースに臨めるかがカギになると思います。来週8/01(火)大井・瀬戸内バーガー賞 C1 (七)(八)(九)(ダ1600m)に西啓太ジョッキーで出走を予定しています」(荒山勝徳調教師)
2023/7/21 (大井競馬小林分厩舎)
「この中間は稽古でも時折立ち上がってみせたり、少しピリピリしだして煩いところが目に付きます。もともと気性面に難しさを抱えるジョーカーだけに、間隔を詰めて使っていることが影響して、やや煮詰まってきた様子。そのためまだ本格的な時計消化は行っていません。立ち上げてからも動き自体は特に変わりありませんし、週明けまでよく馬の状態をチェックしたうえで、第7回開催(7/31~)に向かうかどうか判断したいと思います」(荒山勝徳調教師)
2023/7/14 (大井競馬小林分厩舎)
★7/11(火)大井・ディキ・ディキ賞 C1 (八)(九)(ダ1600m)西啓太騎手 結果3着

「指示どおり番手から競馬を進められていれば、ゴール前はもっと際どい勝負になっていたと思います。いつもゲートの中がやや不安定なタイプではあるものの、今回はスタートの失敗が本当にもったいなかった。結果にかかわらずここで一息入れるつもりでいたのですが、レース後も使ったなりの疲れが窺える程度の状態です。特にダメージは残っておらず、中三週あれば十分ケアできるようにも思えるので、ひとまず立ち上げてみてから第7回開催(7/31~)に続戦できるかを判断させてください」(荒山勝徳調教師)
2023/7/11 (大井競馬場)
馬体重:486kg
★7/11(火)大井・ディキ・ディキ賞 C1 (八)(九)(ダ1600m)西啓太騎手 結果3着

「尾っぽ持ちしているのですが、ゲートのなかでモサモサ座り込もうとする素振り。タイミング悪く出もいまひとつで、ポジションがやや後ろからになってしまいました。それでも向正面から外めを回って進出。前を射程圏に入れて直線勢いよく脚を使ってくれたものの、今日のような先行有利な馬場状態では、あそこまでの追い上げで精一杯。ゴール前はあまり差がなく、まったく悲観する内容の走りではないだけに、スタートの遅れが本当に勿体なかったと思います」(荒山勝徳調教師)
2023/7/7 (大井競馬小林分厩舎)
「来週7/11(火)大井・ディキ・ディキ賞 C1 (八)(九)(ダ1600m)に西啓太ジョッキーで投票を終えています。さすがにもう上積みこそ感じられませんが、前走後の立ち上げもスムーズでしたし、状態面は特に変わらず順調そのもの。ここを使って一息入れる予定なので、しっかり決めてほしいですね。今回もテンから積極的に出して行くよう指示を出すつもりです」(荒山勝徳調教師)
2023/6/30 (大井競馬小林分厩舎)
★6/28(水)大井・C1 (六)(七)(ダ1600m)西啓太騎手 結果3着

「レース後も馬体や脚元に異常は見られません。なかなか勝ち切れずに歯痒い結果が続いていますが、競馬の内容自体は徐々に良くなっている。ようやくジョーカー本来の行きっぷりも戻ってきたので、とにかく次も前々から積極的に運ぶ姿勢でチャンスを伺うつもりです。中一週で6回大井開催(7/10~)に向かう予定です」(荒山勝徳調教師)
2023/6/28 (大井競馬場)
馬体重:485kg
★6/28(水)大井・C1 (六)(七)(ダ1600m)西啓太騎手 結果3着

「絶好の内枠が引けたため、今日は行けるようなら積極的に前々で運ぶようにと指示を出していました。被されないように外の三番手に付けて、前を見ながら進める形。4角早めに先頭に並べましたし、これならばという手応えの良さでしたが、前が止まらない馬場状態で捉えることができませんでした。前のレースも行った行ったの形で人気薄が勝ち切っていたように、結果的には無理してでも早めに捲って押し切る競馬が正解だったかもしれません。今日の馬場もジョーカーには合っていただけに、チャンスをモノにできず申し訳ない気持ちです」(荒山勝徳調教師)
2023/6/23 (大井競馬小林分厩舎)
「来週6/28(水)大井・C1 (六)(七)(ダ1600m)に西啓太騎手で投票させていただきました。状態はいい意味で平行線。むしろフレイムジョーカーの場合は叩かれつつ、徐々に状態面も上向いているように映ります。梅雨時だけに馬場状態が気になるものの、予報では今のところ晴れマークが付いている。ようやく稽古でも本来の活気よさが戻ってきましたし、あとは実戦でうまく力を発揮できさえすれば、勝ち負けになる手応えを感じています」(荒山勝徳調教師)
2023/6/16 (大井競馬小林分厩舎)
「この中間は稽古でも唸るような気合乗りを見せており、ようやくジョーカー本来の行きっぷりが戻ってきましたね。在厩のまま3戦使ってきましたので、そろそろ疲労が出てもおかしくない頃ですが、状態面はむしろ上向いているように感じられる。5回大井開催(6/26~)はまだ概定番組しか発表になっていませんが、このクラスのマイル戦は間違いなく組まれるはずですから、あとは相手関係と馬場状態がどうかだけでしょう。そこでしっかり決めれるように調整していきます」(荒山勝徳調教師)
2023/6/9 (大井競馬小林分厩舎)
★6/05(月)大井・C1(八)(九)(十)(ダ1600m)西啓太騎手 結果3着

「レース後まだ乗り始めてはいないものの、とりわけ大きなダメージは見られません。休みを挟んで3戦使ってきましたが、レースの内容は徐々に良くなってきている。まだ以前のような唸るくらいの行きっぷりには及ばないまでも、このクラスではもう順番待ちだと思います。中二週空けて、5回大井開催(6/26~)の番組に続戦させるつもりでいます」(荒山勝徳調教師)
2023/6/5 (大井競馬場)
馬体重:486kg
★6/05(月)大井・C1(八)(九)(十)(ダ1600m)西啓太騎手 結果3着

「競馬の内容は徐々に良くなっているのですが、休養を挟んでからどうにも行きっぷりが良くありませんね。馬に刺激を与える目的から今日はブリンカーを着用してレースに臨んだものの、『以前のような唸るくらいの前進気勢には欠けており、促さないとすぐに手応えが怪しくなって下がってしまいそうだった』とジョッキーも口にしています。ただ、そこは良く言えば雰囲気も大人びて落ち着きが出てきたようにも思えるので、もう少し長い目で見てやりたいところ。このクラスはもういつ勝ってもおかしくないはずですし、しっかり態勢を整えて次戦に向かえればと思います」(荒山勝徳調教師)
2023/6/2 (大井競馬小林分厩舎)
「6/05(月)大井・C1(八)(九)(十)(ダ1600m)に西啓太ジョッキーで投票させていただきました。前走後もダメージはまったくなかったですし、状態も使いながらようやく上向いてきたところ。以前のような唸るくらいの行きっぷりにはまだ及びませんが、少しずつジョーカー本来の活気が戻ってきた印象です。今回レース本番はブリンカーを着けて臨むので、その効果にも期待したい。ジョッキーには、スタートを決めて前々から運ぶように指示を出します」(荒山勝徳調教師)
2023/5/26 (大井競馬小林分厩舎)
★5/22(月)大井・C1(八)(九)ヘルメス賞(ダ1600m)西啓太騎手 結果4着

「良い頃のジョーカーは稽古でも唸るくらいの気合い乗りを見せていたので、それに比べるとまだ気配は少々物足りなさを感じています。それでも前走は復調が窺えるレース内容でしたし、中間試しているブリンカーも効果は得られそう。気ムラなタイプでも、このクラスを勝ち切るだけの力は十分持っている馬なので、キッカケひとつだと思います。4回大井開催(6/05~)に向けて態勢を整えていきましょう」(荒山勝徳調教師)
2023/5/22 (大井競馬場)
馬体重:485kg
★5/22(月)大井・C1(八)(九)ヘルメス賞(ダ1600m)西啓太騎手 結果4着

「この中間は稽古から馬の後ろで我慢させて怒らせ、気合が乗ってくるように調整しました。その甲斐あってか闘志に点火してからは気持ちの面でも違いましたし、前半もう少し前めに付けられていたら、勝ち負けの競馬になっていた思います。上りの状態に問題がなければ、中一週で6/08~の大井開催に向かう予定。そこで変わり身がお見せできるように、次はブリンカーを装着してレースに臨むつもりです」(荒山勝徳調教師)
2023/5/19 (大井競馬小林分厩舎)
「この中間も順調に調整を進められていますが、思いのほか中身が上向いてきません。連勝したころのジョーカーは稽古でももっと唸るような勢いが感じられましたし、どこか大人しく覇気に欠けている。地力はこのクラスでも十分通用するはずですから、使いつつなんとか状態面を上げていければ。来週5/22(月)大井・C1(八)(九)ヘルメス賞(ダ1600m)に西啓太ジョッキーで投票する予定です」(荒山勝徳調教師)
2023/5/12 (大井競馬小林分厩舎)
★5/08(月)大井・C1(八)(九)(十)(ダ1600m)西啓太騎手 結果12着

「トモに多少疲れが残っているものの、レース後も特に大きなダメージは見られません。昨日からまた乗り始めたところですが、次開催(5/22~)に向けてこのまま立ち上げていけると思います。ここ2走は以前のような唸るほどの勢いが感じられないため、稽古でも今回馬具から替えて馬に刺激を与えてみるつもり。多少掛かっても無理には抑えず、次は出たなりの位置で競馬させたいと考えています。中一週でもしっかり力が出せるように調整していきます」(荒山勝徳調教師)
2023/5/8 (大井競馬場)
馬体重:487kg
★5/08(月)大井・C1(八)(九)(十)(ダ1600m)西啓太騎手 結果12着

「けっしてバテているわけではないのですが、向正面からジョッキーがステッキを入れてもまったく反応が見られませんでした。休み明けを叩いて変わり身を期待していたものの、この中間はどこかピリッとせずあまり上積みが感じられなかったのも正直なところ。普段から攻め馬を付けている西ジョッキーは『以前はもっと唸るような勢いで気迫に満ちた走りだっただけに、馬自身少し調子を崩しているように思えます。こちらが無理に気持ちを抑えすぎているかもしれませんので、スイッチを入れる意味でも次はテンから出して行く競馬を試みてはどうでしょうか』とコメントしています。C1クラスでやれない馬ではないはずですが…。上りの状態に問題がなければ、そのまま次開催(5/22~)に向かうつもりです」(荒山勝徳調教師)
2023/4/28 (大井競馬小林分厩舎)
「この中間も順調です。一度使って気持ちの面が多少カリカリしてきたのは気がかりですが、稽古の動きにも素軽さが出て中身はガラッと変わってきている。前走は休み明けの分まだ体に余裕も感じられたので、今度はもっとシュッと反応できるはずですよ。週末また速いところをやる予定。2回大井開催(5/08~)目標にピッチを上げて乗り進めていきます」(荒山勝徳調教師)
2023/4/21 (大井競馬小林分厩舎)
★4/18(火)大井・C1(七)(八) (ダ1600m)西啓太騎手 6着

「レース後も馬体や脚元に異常はありません。お預かりした当初は稽古でも唸るような気合乗りを見せていたので、その点はまだ多少物足りなさが感じられますね。ただ、数字の変動が大きく、この馬はもともと叩いて良化するタイプと見ていますので、次は変わってくるはずです。2回大井開催(5/08~)に向けて、体ももうひと絞りさせられるように調整していきましょう」(荒山勝徳調教師)
2023/4/18 (大井競馬場)
馬体重:484kg
★4/18(火)大井・C1(七)(八) (ダ1600m)西啓太騎手 6着

「今日は五分のスタートを切ることができ、出ムチをくれて前へ。門別から転入してきた連勝馬が相手と見ていましたので、西ジョッキーもその馬を徹底マークしながら競馬を運んでいます。道中は折り合いも付いて仕掛けのタイミングなど悪くなかったものの、勝負どころでスーッと反応できず、直線も少し苦しがって内へモタれてしまいましたからね。そのあたりは休み明けもいくらか影響があったように思えます。ジョッキーも『レースに行って今日はカッとなるようなこの馬本来の煩さが感じられませんでした。休み明けの分まだ本調子になかった印象ですし、次までにはもっと中身が良化してくるよう普段の稽古からしっかり心掛けていきます』と話していました。結果が振るわずに申し訳ありません。ただ、6着とはいえ勝ち馬を除けばそれほど差がなく入線しており、ジリジリとでもゴールまでバテずに伸びていた点は評価できます。一度使った上積みも大きいはずし、次開催で巻き返したいと思います」(荒山勝徳調教師)
2023/4/14 (大井競馬小林分厩舎)
「来週4/18(火)大井・C1(七)(八) (ダ1600m)に西啓太騎手で投票を予定しています。この中間さらに負荷を強めて調整していますが、動きは徐々に素軽さが出てきましたね。一旦リフレッシュさせてやったことが良かったようで、今回稽古では以前のような気ムラな面も見せていません。あとはもう少し体を絞ってやれば、力を発揮できる状態に持っていけると思います。休み明けでも当然人気はするでしょうし、ここを勝ち切れるようにしっかり仕上げてレースに臨みましょう」(荒山勝徳調教師)
2023/4/7 (大井競馬小林分厩舎)
「今朝は半マイルから単走で時計を消化。この中間も西啓太ジョッキーに跨ってもらっていますが、『時計自体は出せていても、まだ芯が入りきっていない』と少々辛口のコメントで報告を受けました。たしかに帰厩当初は少しユルさが感じられたものの、乗り込みを進めるにつれ、だいぶその点も解消されてきている。本追い切りは併せ馬でビッシリやるつもりですから、レースまでには問題なく仕上がってくると思います。予定どおり1回大井開催(4/17~)に向かうつもりです」(荒山勝徳調教師)
2023/3/31 (大井競馬小林分厩舎)
「レースまで少し時間があるため、まだ息を整える程度の調整ですが、この中間も順調に乗り進められています。前走後いいリフレッシュ期間を過ごせたようで、背腰の弱さやトモに抱えるウィークポイントも、今はそれほど気になりません。メンタルの部分にもいくらか成長が窺えますし、まだまだ良化の余地は大きいと思います。1回大井開催(4/17~)に向けて徐々にペースを上げていきましょう」(荒山勝徳調教師)
2023/3/24 (大井競馬小林分厩舎)
ケイツーステーブルで調整され、先週18日(土)に帰厩しました。

「1回大井開催(4/17~)を目標に先週末に帰厩させています。放牧先でもしっかりケアを施してもらい、背腰からトモにかけて馬自身だいぶ楽になった様子。疲れも抜けて精神的に落ち着きが見られ、雰囲気良好に映りますよ。フレイムジョーカーにとって、JRA再転入まであと1勝が課せられた要件のノルマとなります。少し足踏みしてお時間をいただき申し訳ない気持ちですが、しっかり次で達成できるように調整していきましょう。今回は癖を掴んでいる西啓太ジョッキーに稽古から依頼するつもりです」(荒山勝徳調教師)
2023/3/17 (ケイツーステーブル)
馬体重:510kg
「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター3000~4000m(17~18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。4/17からの大井開催を目標にする事となり、今週から速いところを週2回に増やしてますが、大分態勢が整ってきたところ。先ほど荒山調教師から連絡があり、明日18日(土)に帰厩の予定となりました」(担当者)
2023/3/10 (ケイツーステーブル)
馬体重:503kg
「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター3000~4000m(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。メニューは先週と変わらず同じものをこなしており、硬さが再度出てくることはありません。むしろ今ちょうどいい感じに仕上がってきた手応えです。4月の大井開催あたりが良さそうなので、そろそろ移動の打診を荒山調教師におこないます」(担当者)
2023/3/3 (ケイツーステーブル)
馬体重:499kg
「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター3000~4000m(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。3月1日(水)に坂路コースで15-15をこなすことができました。体調に変わりはなく入場してきた時の体の硬さは取れましたね。ここから帰厩に向けてペースアップして良化を促していきます」(担当者)
2023/2/24 (ケイツーステーブル)
馬体重:497kg
「現在は屋外ダートコースで、ダクとキャンター3000~4000m(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。この中間にペースを上げることができました。入場して一度ペースアップしたときには硬さが出て治療しましたが、そこからは順調に進めることができました。ここからもう少しペースを上げていけそうな手応えですね」(担当者)
2023/2/17 (ケイツーステーブル)
馬体重:495kg
「現在は屋外ダートコースで、ダクとキャンター3000m(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。先週末にショックウェーブをおこない、今週から軽めに乗っています。ペースダウンした分はここから徐々に取り戻していき、来月末の大井開催と言われても送り出せるよう、このままピッチを上げていきます」(担当者)
2023/2/10 (ケイツーステーブル)
馬体重:495kg
「現在は屋外ダートコースで、ダクとキャンター3000m(17~20秒ペース)のメニューで調整中です。ペースアップをしながら乗り進めていますが、反動などが出ることもなく順調に乗り込めています。もう少し乗ったら硬さが出てきそうなので、ショックウェーブ治療を施す予定。今の状態なら、大井開催(3/27~)に間に合いそうな感じもするので、荒山調教師と連絡を取りつつ、様子を見ながら進めていきます」(担当者)
2023/2/3 (ケイツーステーブル)
馬体重:490kg
「現在は屋外ダートコースでハッキングキャンター3000mのメニューで調整中です。体は傷んでおらず、競馬を使ったなりの硬さが気になるぐらいです。これからペースアップしたときの感じで、メンテナンスを施すか決める予定です」(担当者)
2023/1/27 (ケイツーステーブル)
★1/24(火)大井・地鶏の最高傑作 奥久慈しゃも賞 C1(七)(八)(ダ1600m)森泰斗騎手 結果5着
この後は茨城県・ケイツーステーブルで調整することになり、26日(木)に移動しました。

「道中引っ掛かってしまって、最後は末を甘くする内容の競馬。お預かりした当初のフレイムジョーカーが、稽古でもまさにそんな感じでした。ここまで5戦使い詰めてメンタルが少ししんどかったように思えますし、気難しさのあるタイプですから、テン乗りでヤネを替えた判断も今回失敗したかもしれません。一旦ここで抜いてやり、次は3月の大井開催(3/27~)を目標にできたら。 しっかり立て直したいと思います」(荒山勝徳調教師)
2023/1/24 (大井競馬小林分厩舎)
馬体重:485kg
★1/24(火)大井・地鶏の最高傑作 奥久慈しゃも賞 C1(七)(八)(ダ1600m)森泰斗騎手 結果5着

「大外枠で最後のゲート入り。あまり待たされなかったのが功を奏し、スタートも決まって先団のポジションから競馬を運ぶことができました。3~4角でも森ジョッキーは抱えたまま。あとは直線そのまま加速してくれればという形だったのですが、追ってから味がなく案外の伸びに。森ジョッキーは『失敗しました。最初のコーナーを回ってからもう引っ掛かってしまって制御できませんでした。前に壁を作ってタメを利かせられれば、終いの伸びは全然違ってきそう』とコメントしていました。道中やや口を割りながら走っていましたし、フレイムジョーカーは少し気難しさもあるタイプなので、今日はテン乗りも響いたかもしれません」(荒山勝徳調教師)
2023/1/20 (大井競馬小林分厩舎)
「来週1/24(火)大井・地鶏の最高傑作 奥久慈しゃも賞 C1(七)(八)(ダ1600m)を森泰斗ジョッキーで予定しています。まずは番組の関係上、自厩舎2頭出しとなりますことご勘弁ください。前走後少しトモに疲れが感じられたものの、中間の動きを見る限り、その点は特に心配要りません。状態は良い意味で平行線ですし、あとはスタートを決めて普段どおりにフレイムジョーカーの走りができれば。まともなら前走のような不甲斐ない結果にはならないはずです」(荒山勝徳調教師)
2023/1/13 (大井競馬小林分厩舎)
「前走後に少し疲れが窺えたため、中間ショックウェーブ治療でケアを施しました。その甲斐あって状態はだいぶ立ち直ってきていますが、如何せんゲート内での駐立が安定しません。尾持ちしてもスタートのタイミングが合わないのは致命的ですから、再度練習させる必要がある。稽古でも行きっぷりはいいでタイプですし、折り合い面などだいぶ付くようになってきたので、そこだけしっかり修正していきたいと思います。17回大井開催(1/23~)での出走を予定しています」(荒山勝徳調教師)
2023/1/6 (大井競馬小林分厩舎)
★12/28(水)大井・C1(十)(十一)(十二)(ダ1600m)西啓太騎手 結果6着

JRAへの再登録の要件(3勝以上)を満たすことを当面の目標として新たに設定し、今後のレース内容を鑑みて、JRA再登録の是非を検討することといたします。

「昨年暮れの敗戦を受け、引き続き大井競馬に在籍し、続戦することとなりました。まずは3勝目を目指します。改めて中間の調整内容とともに鞍上の変更も検討しましょう。17回大井開催(1/23~)に向かいたいと思います」(荒山勝徳調教師)
2022/12/28 (大井競馬場)
馬体重:491kg
★12/28(水)大井・C1(十)(十一)(十二)(ダ1600m)西啓太騎手 結果6着

「C1クラス昇級初戦ですから、鞍上には気を引き締めて騎乗して欲しかったですね。単勝1.5倍の断然の1番人気に支持されていましたし、前走の勝ちを思い描いての騎乗でしょうが、それほどあまいものではありません。前走よりスタートが良かったことで、どの位置からでも競馬ができると、安心してしまったよう。流れが落ち着いたと判断された瞬間に、臨機応変に対応して、もっと積極的に動かないと。いずれにしても、本当に残念な結果となり、申し訳ありませんでした」(荒山勝徳調教師)
2022/12/23 (大井競馬小林分厩舎)
「先週17日(土)に5ハロンから71.2-53.6-39.4の時計を出しています。少し内にモタれるような走りとなり時計も掛かりましたが、一週間追い切りですし、問題ないでしょう。来週12/28(水)大井・C1(十)(十一)(十二)(ダ1600m)での出走を予定しています。同日の12/28(水)大井・東京パラダイス賞 C1(十)(十一)(十二)(ダ1400m)にも申し込んでいますが、大本命は連勝を挙げているマイル戦。すでに前走で中央競馬復帰の資格を有しているものの、C1クラスでの昇級初戦でもありますし、まさに卒業前の力試しの一戦。もちろん無事に回ってくることが最優先ですが、格好良く3連勝を決めて、いい年越しにしたいですね」(荒山勝徳調教師)
2022/12/16 (大井競馬小林分厩舎)
「前走からやや間隔が詰まるとあって今週はまだ時計を出していませんが、状態面に気になるところはないため、予定どおり16回大井開催(12/26~)での出走に向けて乗り込みを進めています。ゲート練習もおこなって駐立を確認したところ、前走時に見せたような仕草もしなかったですし、大きく待たされることがなければ特に心配いらないのではないかと思います。連勝を決めてこちらをいい形で送り出せるよう、気を緩めずに調整していきます」(荒山勝徳調教師)
2022/12/9 (大井競馬小林分厩舎)
★12/08(木)大井・C2(四)(五)(六)(ダ1600m)西啓太騎手 結果:優勝

2勝目を挙げ、JRAへの再登録の要件を満たしましたが、16回大井開催(12/26~)での出走を予定し、その一戦を最後にNARの登録を抹消、来年明けにJRAへの再登録をおこないます。

「今朝の感じは前走後と変わりなく、歩様も問題ありません。もちろん状態最優先ですが、昨日の余勢を駆って、あと一戦こちらで出走を予定することとなりました。1ヵ月以上開催が空けば話は別ですが、中2週ですしね。まずは来週ゲート練習をしておきます。それにしても、一戦毎に良くなってきていますし、しっかりとしてきました。短期間ですが、たくましくなったと改めて思います。今回のような脚が使えるなら、外回りの1400m戦でも十分勝負になりそうですが、前半は忙しくなりますし、1600m戦といずれが良かったかの結論は、なかなか難しいところですね」(荒山勝徳調教師)
2022/12/8 (大井競馬場)
馬体重:488kg
★12/08(木)大井・C2(四)(五)(六)(ダ1600m)西啓太騎手 結果:優勝

「単勝1.6倍に支持された圧倒的1番人気が抜け出したところを、直線一気の追い込みで差し切ってしまいました。鮮やかというか、鋭かったですね。それにしても、一頭だけスタートで立ち遅れた時は、さすがに頭を抱えましたよ。鞍上の西啓太ジョッキーは『尾持ちをしてもらっていましたが、ゲートに入って一定時間が経つと、後ろ扉にお尻をくっ付けようと我慢がきかなくなって。リズム最重視で腹をくくりました。それが功を奏したと思いますが、勝手に脚が溜まっていく感じ。直線で弾ける確信がありました。相手関係から言えば1400m戦の方がといった意見もあるなか、連続で騎乗させていただいていることもあり、ここは負けられないと思っていました。連勝を決めることが出来て素直にうれしいです』と話していました」(荒山勝徳調教師)
2022/12/2 (大井競馬小林分厩舎)
「11/27(日)に5ハロン71.7-53.8-39.2を馬ナリで。併せ馬で最終追い切りをおこなって、15回大井開催(12/05~)4日目での出走を予定しています。12/08(木)大井・C2(四)(五)(六)(ダ1400m)もしくは同日のダ1600m戦となりますが、正直なところ、いずれにするか悩ましいところ。1400mという距離も魅力がありますし、スンナリと前走と同条件の1600mがいいかもしれませんしね。ただ、1400mが外回り、1600mが内回りとなり、最後の直線が100m違ってきます。そういった意味では、1600m戦の方がごまかしがききやすいですよね。最後は相手関係で決めたいと考えていますが、いずれにしても連勝といきたいですね」(荒山勝徳調教師)
2022/11/25 (大井競馬小林分厩舎)
★11/18(金)大井・スマイルシティ・しながわデー開催賞 3歳144万円以上(ダ1600m)西啓太騎手 結果:優勝

「テンよし中よし終いよしの完勝。片目があきましたね。まずは一安心です。激しい競馬ではなかったので、疲労回復も順調にいっていますね。中2週の15回大井開催(12/05~)に向かいたいと思います。仮に次も勝つことが出来れば、中央競馬再登録可の状況になりますからね。C2クラスに昇級しますが、スンナリと叶えたいところです」(荒山勝徳調教師)
2022/11/18 (大井競馬場)
馬体重:492kg
★11/18(金)大井・スマイルシティ・しながわデー開催賞 3歳144万円以上(ダ1600m)西啓太騎手 結果:優勝

「前走のゲート内で立ち上がろうとしたということで、尾持ちしました。その効果もあって、スタートがバッチリと切れたと思います。前走で出し抜けをくった反省から、鞍上がギリギリまで追い出しを我慢。前走と同じような展開にみえましたが、押し切れる脚が十分に残っていたようです。西啓太ジョッキーは『直線ではしっかりと反応、後続を突き放すことが出来ました。前走のリベンジのチャンスをいただき、ありがとうございました』と話していました。自厩舎もフレイムジョーカーの初勝利、しかも文句のつけようのない快勝に貢献できて、うれしい限りです」(荒山勝徳調教師)
2022/11/11 (大井競馬小林分厩舎)
「最終的に、来週14回大井開催(11/14~)でも、1200mと1600m戦のいずれかからの選択となりました。開催最終日11/18(金)大井・3歳144万円以上(ダ1600m)に出馬投票したいと思います。週明けに最終追い切りをおこなう予定。飼い葉食い良く、右トモの疲れなし。抜かりなく仕上げて、初勝利といきましょう」(荒山勝徳調教師)
2022/11/4 (大井競馬小林分厩舎)
★11/02(水)大井・3歳137.2万円以下(ダ1600m)西啓太騎手 結果2着

「3~4コーナーで一旦交わした勝ち馬に差し返されてしまいました。14kg増での出走が影響したのかもしれませんし、距離かもしれませんね。1200mと1600m戦しかチョイスがなく、1200mは出走頭数16頭のうえ少し忙しい印象があったので、今回は1600m戦を選択しました。1400m戦が組まれれば一択なのでしょうが、次走に予定している14回大井開催(11/14~)でも1200mか1600m戦のいずれか。今回の慣れを見込んで、再度1600m戦というのが本線になるでしょうか」(荒山勝徳調教師)
2022/11/2 (大井競馬場)
馬体重:494kg
★11/02(水)大井・3歳137.2万円以下(ダ1600m)西啓太騎手 結果2着

「最終コーナーでは楽勝するかと思いました。結果論ですが、先頭に立つタイミングが早過ぎましたね。手応えが良くて、スーッと行ってしまったところを、もうワンテンポ追い出しを我慢して、内にいた勝ち馬を閉じ込めておけばよかったかと。ただ、3着馬を4馬身離しました。すぐに順番が回ってきそうですね」(荒山勝徳調教師)
2022/10/28 (大井競馬小林分厩舎)
「当地デビューのスケジュールが決まりました。11/02(水)大井・3歳137.2万円以下(ダ1600m)です。今朝、最終追い切りをおこないました。5ハロンから66.5-51.0-37.4の時計を馬ナリで。併せた相手は連勝中の格上B3クラスですが、フレイムジョーカーの方が外を回りながら手応えが楽。最後までしっかりとしたフットワークをみせてくれました。いい感じで仕上がったのではないでしょうか。楽しみになってきましたね」(荒山勝徳調教師)
2022/10/21 (大井競馬小林分厩舎)
「19日(水)にダートコースにて5ハロンから69.8-54.0-40.4、ニューポリトラックの坂路コースにて2ハロン24.2-12.1の時計をそれぞれ馬ナリで出しました。現状でウィークポイントと感じている右トモをしっかりとケアしながら、順調に状態を上げることが出来ていると思います。予定通り、13回大井開催(10/31~)に向かいましょう」(荒山勝徳調教師)
2022/10/14 (大井競馬小林分厩舎)
「週を追うごとにスムーズに動けるようになってきましたね。先週7日(金)に5ハロンから69.7-52.9-39.1の時計を馬ナリで出していますが、手応えにも余裕が感じられました。普段の調教での気合い乗りも上々のようで、担当厩務員も鼻息が荒くなってきていますよ。13回大井開催(10/31~)での当地デビューに向けて、自厩舎なりの仕上げモードに入れていきます」(荒山勝徳調教師)
2022/10/7 (大井競馬小林分厩舎)
「先週1日(土)に4ハロンから追い切りをおこないました。54.0-39.4の時計を馬ナリで出しています。今月末からの13回大井開催(10/31~)での出走に向けて、上手く軌道に乗せることが出来た感じ。このまま右肩上がりに仕上げていきたいと思います」(荒山勝徳調教師)
2022/9/30 (大井競馬小林分厩舎)
「先週末にショックウェーブ治療をおこないましたが、その効果からか、週明けの26日(月)に自然と時計が出てしまいました。5ハロン73.2-55.2-40.4で動いています。心肺機能維持を目的にして、サッと流すつもりだったのですが。その後のトモの状態も安定してくれていますね。13回大井開催(10/31~)ではきっちりと仕上がりそうです」(荒山勝徳調教師)
2022/9/23 (大井競馬小林分厩舎)
「乗り込みが進むにつれ、トモがクタクタしてきました。歩様にも表れています。12回大井開催(10/03~)に間に合わせたいと考えていましたが、納得の状態で送り出すには時間的に少々厳しい感じ。いきなりから結果を求められていると思いますし、13回大井開催(10/31~)に目標を切り替えさせてください。まずはショックウェーブ治療をおこない、立ち上げ直していきましょう」(荒山勝徳調教師)
2022/9/16 (大井競馬小林分厩舎)
ブルーステーブルで調整され、12日(月)に大井競馬小林分厩舎・荒山勝徳厩舎に入厩しました。

「坂路も含め馬場入りをスタートしています。もうこちらの環境にも慣れたでしょうか。未勝利馬の体つきではない印象を受けていますし、トビも悪くありません。勝てなかった原因、修正すべき課題を、乗り込みを進めていきながら探り、自厩舎なりに分析したいと思います。今のところですが、カギはトモのパワーアップにあるとみています。まずは来月の12回大井開催(10/03~)での出走を目標にしていきます」(荒山勝徳調教師)
2022/9/9 (ブルーステーブル)
馬体重:492kg
転入先は大井競馬・荒山勝徳(アラヤマカツノリ)厩舎に決定いたしましたので、お知らせします。
来週大井競馬場に入厩する予定です。

「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も順調に乗り込まれていて、週を追うごとにいい体付きになってきました。それに伴って動きも良くなってきましたし、もう送り出してもいい状態。来週入厩となる予定なのでしっかり準備を進めておきます」(担当者)
2022/9/2 (ブルーステーブル)
馬体重:490kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(20秒ペース)のメニューで調整中です。体が戻ってきたことから、調教進度を上げて乗り込んでいます。背肉がもう少し戻ってきてほしいところですが、大きな問題もなく進められていますよ。元気も出てきましたし、この感じをキープしながら乗り込みを重ねていきます」(担当者)
2022/8/27 (ブルーステーブル)
馬体重:488kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400mのメニューで調整中です。馬体が寂しい感じで戻り切っていないと判断したため、坂路調教を取り入れる予定を見送りました。坂路入りするとどうしてもスイッチが入ってしまって、フックラとはさせにくくなりますからね。来週のいずれかのタイミングでスタートしていきます」(担当者)
2022/8/19 (ブルーステーブル)
馬体重:486kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400mのメニューで調整中です。先週いっぱいは軽めのペースで様子を見ていましたが、問題なさそうだったことから今週より乗り込み量を増やしています。じっくりと乗っていますが、しっかり対応できていますし、来週には坂路調教も織り交ぜながら進めていきます」(担当者)
2022/8/12 (ブルーステーブル)
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで1600mのメニューで調整中です。昨日こちらに入場し、馬体チェックで問題が見られなかったことから、今日軽く乗ってみました。このまま進めていけそうな感じがしますが、今週いっぱいは軽めのメニューにとどめるつもりです」(担当者)
2022/8/11 (ブルーステーブル)
★8/06(土)札幌・3歳未勝利(ダ1700m)岩田望来騎手 結果13着
この後はトレセン近郊のブルーステーブルで調整することになり、本日11日(木)に移動しています。

これまでの戦歴および現状を踏まえ、中川公成調教師と協議をおこなった結果、ここで中央競馬登録を抹消して地方競馬に移籍することとなりました。
今後については一旦、美浦近郊のブルーステーブルで馬体および疲労の回復を図った後、大井競馬から始動し、採算性等を考慮した運用継続(規定の条件を満たした際のJRA再登録を含む)をおこないます。

「これまでの稽古の様子からも動けていいはずであるにもかかわらず、大事な場面で結果につなげられず申し訳なく感じております。今回はジョッキーの感触からは距離の問題と言われていますし、適した舞台を用意できていれば調教通りのいいパフォーマンスをしてくれたはずです。出走制限により、未勝利期間内でのこれ以上の出走の機会は叶わない状況です。そのため地方に移籍ということになりますが、これまで交流戦で入着経験もあるように地方の砂も上手くこなしてくれるでしょう。扱いにくいようなところもなく、脚元にも不安な点はありません。自分のペースでいければ時間がかからずに結果が出てもいいはずです。手元で勝ち上がせたかったという思いを残しつつも、次の環境でフレイムジョーカーが自身の能力を余すことなく発揮できることを願っています」(中川公成調教師)
2022/8/6 (札幌競馬場)
馬体重:480kg
★8/06(土)札幌・3歳未勝利(ダ1700m)岩田望来騎手 結果13着

「ジョッキーは距離がきつかったと話しています。厳しい競馬だったのはあって、いい位置をとれたと思ったら外からこられてしまいました。揉まれるのはできれば避けたいのはあります。スンナリと進められていれば、また違う結果だったはずですが、思うような結果とならず申し訳ありません」(中川公成調教師)

※「3走成績による出走制限」のため,2022年10月6日まで平地競走に出走できません。
2022/8/4 (函館競馬場)
☆8/06(土)札幌・3歳未勝利(ダ1700m)岩田望来騎手

7月31日(日)に函館競馬場のWコースで4ハロン60.4-44.0-14.0を単走で馬ナリに追われ、8月3日(水)にもWコースで4ハロン53.4-39.7-13.4を単走で強めに追い切りました。「稽古での動きが目立ちますし、変わりなく順調に進めることができました。これまで同様に納得いく状態に仕上げられ、それが見た目にも表れているように感じます。今回は初めての1700m戦。以前跨っていいイメージを持ってくれているだろう岩田望来ジョッキーに依頼しました。前走に引き続いてブリンカー着用で、やはり前目の位置で運ぶのが理想ですね。普段の調教の動きからすると十分やれていいでしょう」(中川公成調教師)
2022/7/29 (函館競馬場)
27日(水)に函館競馬場のWコースで5ハロンから1.3秒先行して併せ、68.8-53.1-39.0-13.3を馬ナリに追い切りました。「函館に到着後も輸送熱が出るようなこともなく、問題なく現地での調教をスタートできています。今週も三頭併せで先行させてという形。動きを見てもまずまず悪くありません。さらにもう一段階上げての送り出しを目指して、来週の番組を目標とさせてもらいました。これまでも検討したことのあった1700m戦を考えており、来週は3つ組まれていますので、想定での相手関係を見ながら決めていくつもりです」(中川公成調教師)
2022/7/22 (函館競馬場)
17日(日)にWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、71.3-55.2-39.7-12.1を馬ナリに追われ、20日(水)にもWコースで5ハロンから0.9秒先行して併せ、68.7-53.2-38.8-12.4を馬ナリに追い切りました。「水曜は三頭併せの先頭を走らせています。やはり自分のペースだと楽に動けていて、おいでおいでするような内容でしたね。稽古での動きを見てももっとやれていいはずで、なかなか歯がゆいところです。この後の二場開催となるタイミングで新潟というのは節からすると現実的ではないため、札幌開催を目指して、本日函館競馬場に到着しています。到着後の状態を見ながら、来週か再来週かの出走を決めていくつもりです」(中川公成調教師)
2022/7/15 (美浦トレセン)
NSRで調整され、14日(木)に帰厩しました。

「今朝は坂路を駆け上がらせた後にダートコースといういつもの流れで調教を再開しています。NSRでも緩めずに乗ってもらっていましたし、もともと仕上がりにそこまで時間を要すタイプではありません。この後は札幌開催での出走を検討していますが、現地の馬房の調整に少し時間をください。場合によっては函館競馬場の馬房を使いながらというのも考えています」(中川公成調教師)
2022/7/8 (NSR)
馬体重:500kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2000~3000m(17秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。コンスタントに乗り込みを重ねていますが、問題が出てくることもなく、順調に進められています。今週より15-15を消化していますが、しっかり対応できていますよ。体も増加傾向ですし、もういつでも送り出せる状態。そろそろ声が掛かると思います」(担当者)
2022/7/1 (NSR)
馬体重:498kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2000~3000m(17秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き乗り進めていますが、どこかが気になるようなこともなく順調といって差し支えないでしょう。こちらにきてからの体調の良さも変わらずキープできています。中川調教師からも『近々帰厩させる予定です』と聞いていますので、いい形で送り出せそうです。暑さ対策も取りながら、こちらでできる限りのことをして備えます」(担当者)
2022/6/24 (NSR)
馬体重:490kg
先週18日(土)にNSRに移動しました。

「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2000~3000m(17秒ペース)のメニューで調整中です。土曜日にこちらに到着後にも特段大きな疲労感を見せることなく、週明けより乗り出しを開始しています。馬体の戻りも早いように体調面は良好ですね。福島開催中での出走も考えていると聞いていますので、いつでも送り出せるように引き続き緩めずに調整を進めておくつもりです」(担当者)
2022/6/17 (美浦トレセン)
★6/15(水)笠松・揖斐川特別(ダ1400m)渡邊竜也騎手 結果3着
この後はトレセン近郊のNSRで調整することになり、明日18日(土)に移動する予定です。

「レースを終えて脚元やどこかを痛めているようなところはなく、使ったなりの疲労感が見られる程度と言っていいでしょう。残される期間が少ない中で、よりベターな番組を選択すべく、必要な節を稼ぐために一旦放牧に出します。今朝の運動の様子からもそう大きなダメージはない印象を受けましたので、毎週の出馬状況を見ながら帰厩させる予定です」(中川公成調教師)
2022/6/15 (笠松競馬場)
馬体重:478kg
★6/15(水)笠松・揖斐川特別(ダ1400m)渡邊竜也騎手 結果3着

「ブリンカーの効果からか楽に馬ナリで前に行けています。最後はバテていることを考えると速いペースについていき過ぎたのかもしれません。補欠だったのが回ってきて出走にこぎつけたのもあり、その流れに乗ってここで決めておきたかったのはあります。戻っての状態を見ながらこの後向かうべきところを考えていくつもりです」(中川公成調教師)
2022/6/10 (美浦トレセン)
☆6/15(水)笠松・揖斐川特別(ダ1400m)渡邊竜也騎手

5日(日)にWコースで6ハロン89.7-72.9-56.8-40.6-11.9を単走で馬ナリに追われ、8日(水)にもWコースで5ハロンから0.5秒先行して併せ、69.8-54.0-38.9-11.9を馬ナリに追い切りました。「当初は今週末に交流戦に申込をかける予定でしたが、先週末の申込状況を見て念のため申込をさせてもらいました。補欠の一番手であったものが水曜になり順番が回ってきたと連絡があったため、相手関係やクラブ側とも意見を交わした上で笠松に向かうことにしています。水曜の時計消化ではブリンカーを着用してみました。先行する形をとったのもあるでしょうが、マイナスに作用している印象はありませんでした。もう少し素軽さが出てもと思うところはありつつも、それでも追い切りの動きはこれまで同様に悪くないですね。また週末ビッシリやって送り出しの態勢を整えます」(中川公成調教師)
2022/6/3 (美浦トレセン)
馬体重:500kg
NSRで調整され、本日6月3日(金)に帰厩しました。

「この中間も現状のメニューで進めてきましたが、動きに若干の硬さがある以外は問題なくきたと思います。体重も増えてきたように、体調面は良好。見栄えは良いですし、もっと走れておかしくない馬なんですけどね。いい状態で送り出せたと思います」(NSR・担当者)
2022/5/27 (NSR)
馬体重:498kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2500~3000m(17秒ペース)のメニューで調整中です。入場後も大きな問題は見られなかったことからすぐに乗り出し、緩めないように進めています。体重が増加傾向ですし、体調面は良さそう。気持ち硬さがありますが、進めていく上で支障とはならなそう。様子を見ながら徐々にピッチを上げていきます」(担当者)
2022/5/20 (NSR)
★5/15(日)東京・3歳未勝利(ダ1400m・混)坂井瑠星騎手 結果10着
この後はトレセン近郊のNSRで調整することになり、18日(水)に移動しました。

「調教での良さがレースに直結しない難しさがあります。レースでのダメージは使ったなりで、極端に大きく傷んでいる感はありません。この後は6/22(水)名古屋・ミント賞(ダ1500m)への申込を考えています。交流戦も混み合ってきていますので、抽選対象となる最低限の節を稼ぐための数週間の放牧予定です。いいリフレッシュにもなるでしょう」(中川公成調教師)
2022/5/15 (東京競馬場)
馬体重:484kg
★5/15(日)東京・3歳未勝利(ダ1400m・混)坂井瑠星騎手 結果10着

「ジョッキーは『ロスなく回ろうとしましたが、道中はついていくだけで精一杯でした。最後はバテてはいないですしジリジリ伸びてはいても、同じ脚しか使えていません』と話しています。今日の内容を見るともう一ハロン延ばすことを再度検討してもいいかもしれません」(中川公成調教師)
2022/5/12 (美浦トレセン)
☆5/15(日)東京・3歳未勝利(ダ1400m・混)坂井瑠星騎手

11日(水)にWコースで5ハロン67.4-52.5-38.0-12.1を単走で馬ナリに追い切りました。「前走からそう間隔が空いているわけではないので、昨日の時計消化は整える程度のものとしています。前走に向けての調教過程で、動きの良さが目立つようになってきていましたが、今回も状態面含めて大きな変わりなく送り出せるでしょう。前回の内容を踏まえて、無理して行かせるようなことはせずに、ジンワリとポジションを上げていくような競馬をイメージしています」(中川公成調教師)
2022/5/6 (美浦トレセン)
★5/01(日)東京・3歳未勝利(ダ1400m)松本大輝騎手 結果11着

「前で運びたい気持ちはあるものの、これまでを振り返ると岩田望来ジョッキーが跨ったレースのようにジワっと運んだ方がいいような印象です。レース後も特に大きな変わりはなく、疲労の色も濃くありません。状態面からすると来週からでもいけるでしょう。あとは2節で出走が叶うかどうかですが、今週の出馬状況からすると可能性はあるかと思います」(中川公成調教師)
2022/5/1 (東京競馬場)
馬体重:488kg
★5/01(日)東京・3歳未勝利(ダ1400m)松本大輝騎手 結果11着

「どうしても楽に前に行ききれません。最初の一歩目、二歩目が上手く力が伝わっていない印象です。ハミを取ってスッと行けてしまえば違うと思うのですが、今日の感じだと無理に行かせずに脚をためながら、ジワーっと動かした方がいいのかもしれません。ジョッキーは『ジワジワと伸びていますし決してバテてはいません。1400mがベストだと思います』と話していました」(中川公成調教師)
2022/4/28 (美浦トレセン)
☆5/01(日)東京・3歳未勝利(ダ1400m)松本大輝騎手

4月24日(日)にWコースで5ハロン71.8-55.1-40.1-12.6を単走で馬ナリに追われ、27日(水)にもWコースで5ハロン70.4-53.7-38.3-12.1を単走で馬ナリに追い切りました。「先週に引き続きいい動きを見せてくれています。全体の時計としてはそう目立つものではないものの、終いにしっかりと脚を使えていて悪くありません。見た目にも順当に態勢が整えられたのが感じられます。今週の計測で前走時より少しあるくらいの数字でしたので、輸送があることを考えると前走時とそう変わらないか、少し絞れているぐらいで臨めるのではないでしょうか。稽古の中でこれまでからの変わり身が見られましたので、本番での走りも期待して送り出します」(中川公成調教師)
2022/4/22 (美浦トレセン)
17日(日)にWコースで6ハロン86.1-70.7-55.7-40.7-13.0を単走で馬ナリに追われ、21日(木)にもWコースで5ハロンから1.0秒先行して併せ、66.4-51.8-37.2-11.8を馬ナリに追い切りました。「今週は先行する形での時計消化。稽古から動くタイプの相手でしたが、見劣りすることもありません。これまでは終い甘くなり、だらしないところがありましたが、最後までしっかり脚を使って伸びていました。今までと比較してもずいぶんといいのではないかと思います。体つきもだいぶ引き締まってきたので、来週にはちょうどいい塩梅に仕上がっているでしょう」(中川公成調教師)
2022/4/15 (美浦トレセン)
10日(日)にWコースで5ハロン69.8-53.6-38.4-12.2を単走で馬ナリに追われ、14日(木)にもWコースで5ハロンから0.7秒追走して併せ、67.7-52.1-38.1-12.6を馬ナリに追い切りました。「水曜は前を追い掛ける形での時計消化としました。相手が稽古から動くタイプではないにせよ、古馬相手に先着する内容は悪くありません。動きそのものも良かったですよ。これであれば来週のレースからでもという思いもありますが、体つきにはまだ余裕がある感は否めません。もう少し本数を重ねて仕上げたいと考え、再来週のレースを目標にしています」(中川公成調教師)
2022/4/8 (美浦トレセン)
NSRで調整され、6日(水)に帰厩しました。

7日(木)にWコースで5ハロン71.9-55.6-41.6-13.7を単走で馬ナリに追い切りました。「昨日からWコースに入れて調教を再開しています。まずは15-15程度からで、これまでと変わりない動きを見せてくれました。NSRでも緩めずに乗り込んでもらっていたのですが、体調がいいのもあるのでしょう、馬体重を増やして戻ってきています。引き締めることを意識しながら、東京開催に向けて進めていくつもりです」(中川公成調教師)
2022/4/1 (NSR)
馬体重:505kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2500~3000m(17~20秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。水曜日から15-15を織り交ぜ始めていますが、ここまでは順調に進められています。うるさいくらいヤンチャな面があるように、具合はすごく良さそう。若干捌きに硬さがありますが、もともとのものだと思うので、このまま乗り込みを重ねていきます」(担当者)
2022/3/25 (NSR)
馬体重:510kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2500~3000m(17~20秒ペース)のメニューで調整中です。背腰に疲れがあると聞いていましたが、状態は思いのほか悪くありません。毛艶は良好で元気もある感じ。前後がアンバランスな体型なので、後ろをもう少しつけていきたいと思います」(担当者)
2022/3/18 (NSR)
★3/15(火)浦和・ツインシャイン特別(ダ1400m)笹川翼騎手 結果3着
この後はトレセン近郊のNSRで調整することになり、本日18日(金)に移動しました。

「前での競馬という、狙っていた競馬はできました。本人も最後まで頑張っていましたので、今回はさすがに腰の辺りを中心に疲れが見られます。これから始まる福島、東京に備えて、このタイミングでキッチリと疲労を取りきってあげる方がいいでしょう。福島開催がどうなるかにもよりますが、出馬状況を見ても、その辺りには必要な節を持って番組を選べるかと思います」(中川公成調教師)
2022/3/15 (浦和競馬場)
馬体重:488kg
★3/15(火)浦和・ツインシャイン特別(ダ1400m)笹川翼騎手 結果3着

「内枠を心配していましたが、スタートを決めてジョッキーの促しに応える形で前に行けました。やりたかった競馬はできたものの、今日は相手が強かったですね。ジョッキーは『脚を溜めても切れるタイプではないように感じたため、その辺りを意識しながら動かしています。浦和は特殊なコースなので、この馬には合わなかったかもしれません。他の南関の競馬場であれば1600mまでなら対応できそうです』と話してくれました。他にはトモがまだ緩いことも指摘されています」(中川公成調教師)
2022/3/11 (美浦トレセン)
☆3/15(火)浦和・ツインシャイン特別(ダ1400m)笹川翼騎手

6日(日)にWコースで5ハロン72.0-56.2-40.6-12.7を単走で馬ナリに追われ、9日(水)にもWコースで6ハロンから0.6秒先行して併せ、85.2-68.4-53.1-38.4-12.1を直線強めに追い切りました。「なかなか予定が立てにくい中でも淡々と乗り込むことができています。先週末に申込をかけていた交流戦に選出されていましたので、出走を意識して今週は併せ馬で適度に負荷をかけながらの時計消化。想定を待って中山や中京の番組を見てみましたが、中山の1800mだとやはり長い印象があるし、かといって中京の1400mだと流れが速いのが気掛かりでした。それであれば、相手関係を考えて今回は交流に向かおうということに落ち着いています。火曜日のレースになりますので、日曜日には15-15程度でおこなう予定です」(中川公成調教師)
2022/3/4 (美浦トレセン)
3月3日(木)にWコースで5ハロン72.9-57.9-42.5-13.9を単走で馬ナリに追い切りました。「来週以降になれば多少は番組を選びながらの出走もできるようになるかと思いますので、それに合わせて昨日より時計消化を再開しています。さらっと軽めの内容ではありますが、悪くない動きを見せてくれました。気持ちの面で煮詰まるようなこともなく、状態面について変わりなくこれているといえます。来週を本線にしつつも、相手関係からすると魅力的に映る交流戦にも申込をかけておくつもりです」(中川公成調教師)
2022/2/25 (美浦トレセン)
「先週末に申込をかけた3/03(木)川崎・マーチフラワー賞(ダ1600m)は補欠の二番目。水曜の想定を見てみると、交流戦に選出されたメンバーの名前もありましたので、順番が回ってくることを願って、締切日の本日まで繰り上がるのを待っていましたが、残念ながらフレイムジョーカーまでは回ってきませんでした。今週で小倉開催も終わり、次の中京開催が始まる頃には出走しやすくなってくるでしょう。場合によっては再度の交流戦への申込も視野に入れながら、このまま出走のチャンスを狙っていきます」(中川公成調教師)
2022/2/18 (美浦トレセン)
★2/13(日)阪神・3歳未勝利(ダ1400m)M.デムーロ騎手 結果8着

「レース後もどこかを痛めているような大きなダメージはありません。この後どこに向かうかと考える中でジョッキーの意見を踏まえて距離を延ばすとしてローカルの1700mが頭に浮かびました。小倉というのも一つの手かもしれません。ただ、ここまでの出走間隔、長距離輸送や2節で出走が叶うかを考えると、容易に向かえるものではありません。ここで一旦仕切り直すかどうか。今週末に地方交流戦に申込をかけて、そこでの申込状況と申込結果をもとにあらためて考えてみるつもりです」(中川公成調教師)
2022/2/13 (阪神競馬場)
馬体重:500kg
★2/13(日)阪神・3歳未勝利(ダ1400m)M.デムーロ騎手 結果8着

「ジョッキーからはゲートでの反応がもう一つだったことを指摘されました。勝った馬の後ろにつけたのは悪くなかったものの、一本調子で前回跨った時のようにはファイトしなかったとも言っています。少しずつ距離を延ばしてみてもいいかもしれないという感触も伝えてくれました。東京と阪神とでは同じ1400でも流れが異なるのもあるでしょう。どこに向かうべきか検討させてください」(中川公成調教師)
2022/2/10 (美浦トレセン)
☆2/13(日)阪神・3歳未勝利(ダ1400m)M.デムーロ騎手

9日(水)にWコースで6ハロン83.7-68.1-53.0-39.1-12.6を単走で馬ナリに追い切りました。「前走での疲労も大きくなかったため、順調に調教を再開できています。昨日の追い切りでの動きも力強さが感じられて悪くありませんでした。想定を見てみると、東京が混み合っているのに対して阪神は頭数割れという状況。デビュー戦で跨ったデムーロ騎手を確保できたことも後押しとなり、阪神での出走を視野に入れていました。今日になってみても多少頭数が増えた程度で落ち着いていましたので、積極的にチャンスを掴みにいくことにしています」(中川公成調教師)
2022/2/4 (美浦トレセン)
★1/30(日)東京・3歳未勝利(ダ1400m)大野拓弥騎手 結果10着

「レースを終えて大きなダメージはない様子です。この後は可能であれば再び東京でという思いはありつつも、今回でさえある程度の節が必要だったことを考えると現実的とは言えません。関西であれば出走ができるのではと見ていますので、阪神の頭数を見ながら臨機応変に動けるように構えておくつもりです。同時に交流戦への申込もしてと出走のチャンスを積極的に狙っていきましょう」(中川公成調教師)
2022/1/30 (東京競馬場)
馬体重:504kg
★1/30(日)東京・3歳未勝利(ダ1400m)大野拓弥騎手 結果10着

「スタートはまずまず。途中砂を被ってハミをとらなくなる場面もありましたが、基本的には上手く立ち回ってくれたとは思います。ジョッキーから指摘されたのは緩さです。体形が変わってきている段階で、以前は芝も意識していた体つきでしたが今はいかにもダート。過渡期ということもあって体が上手く使えていないというのはあるのかもしれません」(中川公成調教師)
2022/1/27 (美浦トレセン)
☆1/30(日)東京・3歳未勝利(ダ1400m)大野拓弥騎手

26日(水)にWコースで6ハロンから0.9秒先行して併せ、84.3-68.0-53.4-39.3-12.8を馬ナリに追い切りました。「昨日は二頭併せの先行する形での時計消化。本数を重ねる毎に確実な良化が感じられて、納得いく最終調整といえますね。先週よりもかかり気味なところはありましたが、マイナスとは捉えずに予定している1400m戦という条件はピッタリと言っていいでしょう。鞍上に関しては早々に声をかけていたジョッキーも事情で乗れなかったりと少々時間を要しましたが、最終的に大野ジョッキーで落ち着いています。しっかりと態勢は整っていますので力を出してくれるはずです」(中川公成調教師)
2022/1/21 (美浦トレセン)
16日(日)にWコースで6ハロン90.2-73.3-58.0-42.2-13.2を単走で馬ナリに追われ、19日(水)にもWコースで5ハロンから0.8秒先行して併せ、66.6-51.7-38.1-12.6を一杯に追い切りました。「併せたパートナーが稽古から動くタイプだったのもあり相手に遅れたものの、時計も動きもまずまず良かったですよ。変に行きたがるような感じもなく、折り合いもついていましたし、レースを一週前に控えた内容としては良かったです。ここまで順調に進められていますが、この追い切りでいい負荷をかけられたので、さらなる良化を期待してもいいかもしれません」(中川公成調教師)
2022/1/14 (美浦トレセン)
ブルーステーブルで調整され、9日(日)に帰厩しました。

10日(月)にWコースで5ハロン72.8-57.8-43.1-14.6を単走で馬ナリに追われ、13日(木)にもWコースで6ハロンから1.1秒先行して併せ、84.8-68.1-53.2-39.2-12.4を馬ナリに追い切りました。「目標としていた東京開催を目指して帰厩させました。前走後は疲労が感じられましたが、ブルーステーブルでは治療も取り入れながら上手く状態が上がってきているのが感じられます。昨日は先行する形での時計消化で3、4コーナー辺りで行きたがるような面を見せましたが、動きそのものは良かったですよ。前回のレース内容からだけでなく、調教での動きを見ても東京のダ1400m戦はピッタリな印象。問題なく開幕週にはしっかりと態勢が整っているでしょう」(中川公成調教師)
2022/1/7 (ブルーステーブル)
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m、坂路2本(17~20秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。年末年始も速いところをコンスタントに織り交ぜながら乗り込んでいて、本数を重ねるごとに着実な良化が窺えます。元気があって体調面も良好。もういつ声が掛かっても良い状態に持ってこられたので、帰厩までこの感じをキープしていきたいと思っています」(担当者)
2021/12/24 (ブルーステーブル)
馬体重:494kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m、坂路2本(17~20秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も速いところを織り交ぜながら進めていて、今日も15-13を消化。次は東京開催が目標と聞いていますが、いい感じで進められていますよ。年明けの帰厩になりそうなので、このまま更にコンディションを上げていきます」(担当者)
2021/12/17 (ブルーステーブル)
馬体重:496kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m、坂路2本(17~20秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。順調にペースアップを図りながら進めています。明日も速いところを消化する予定。体もしっかり回復してきましたし、大分態勢が整ってきました。いつ声が掛かっても良いように更にコンディションを上げていきます」(担当者)
2021/12/10 (ブルーステーブル)
馬体重:490kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m、坂路2本(17~20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。ショックウェーブ治療の効果が見られ、トモの状態がすっかり良くなったことから、ペースを戻しています。この後は反動が出ないかを確認しながら進めていくつもり。目標はもう少し先なので、じっくりと乗り込んでいきます」(担当者)
2021/12/3 (ブルーステーブル)
馬体重:491kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m、坂路1本(20秒ペース)のメニューで調整中です。乗り進めてきたところ、左トモの股関節あたりに弱さを感じたためショックウェーブ治療を施し、少しペースを落としています。ただ、大きな問題はありませんでしたし、その後も反動が出たりすることはないので、来週からは15-15を再開しようと思っています」(担当者)
2021/11/26 (ブルーステーブル)
馬体重:489kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(17~20秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。入場当初は多少疲れが感じられましたが、今週になって体、状態が戻ってきました。左を起点にトモにも疲労感があったのですが、先週楽をさせたことで、治療をおこなわなくてもいいくらいの状態になっています。この感じであれば、そんなに時間を掛けずに状態を上げていけそうです」(担当者)
2021/11/19 (ブルーステーブル)
★11/13(土)東京・2歳未勝利(ダ1400m)岩田望来騎手 結果4着
この後はトレセン近郊のブルーステーブルで調整することになり、18日(木)に移動しました。

「レース後は全身に硬さが見られ、これまでと比較して疲労の度合いも濃いですね。今回はゲート内でのテンションが気になったのもありますし、うるさい面が見られるようになってきました。短期間であっても間隔をあけてあげた方がこの馬のためでもありますし、結果にもつながると見ています。間に合えば来月の中京というのも考えるつもりですが、あくまで状態優先で判断させてください」(中川公成調教師)
2021/11/13 (東京競馬場)
馬体重:484kg
★11/13(土)東京・2歳未勝利(ダ1400m)岩田望来騎手 結果4着

「ジョッキーは『1400がベストだと思います。1200は忙しい印象ですし、1600だとコーナーに行くまでに押さえつけてそこで嫌気を差してしまうでしょう。今回の1400という距離だと気持ち良く走れるのだと思います。内枠だったらもっと惜しい競馬ができたはずです』と話してくれました。レース後の状態優先でこの後の予定を考えるつもりです」(中川公成調教師)
2021/11/11 (美浦トレセン)
☆11/13(土)東京・2歳未勝利(ダ1400m)岩田望来騎手

10日(水)にWコースで6ハロン84.6-68.3-52.8-38.2-12.2を単走で馬ナリに追い切りました。「昨日は単走での時計消化。伸び伸びと走れていて良かったですよ。先週の段階で日を追う毎に疲労はとれていましたので状態としては問題なく、あとは2節で出走が叶うかどうかでした。来週、再来週と後半にいくにつれ出走しにくくなるのではと予想していましたので、このタイミングで出走できるのは大きいですね。今回のポイントとしてはやはり距離でしょう。東京なのでそこまで忙しい競馬にはならないだろうと考えます。自分のストライドで走れれば良さは出せるはずです」(中川公成調教師)
2021/11/5 (美浦トレセン)
★10/31(日)新潟・2歳未勝利(ダ1800m)菅原明良騎手 結果11着

「レースを終えて使ったなりの疲れはありますが、脚元を痛めているようなダメージはありません。日を追う毎に元気さを取り戻していますので、このまま次を目指しましょう。ジョッキーは1600より短い方がいいだろうと言っていたので、東京の1400mというのを考えています。状態次第では最短で来週からの投票というのも検討してみるつもりです」(中川公成調教師)
2021/10/31 (新潟競馬場)
馬体重:480kg
★10/31(日)新潟・2歳未勝利(ダ1800m)菅原明良騎手 結果11着

「まだ成長を期待したい部分はありながらも状態良く送り出せたかと思います。ジョッキーからは距離を縮めた方がいいのではないかと提案されました。確かにこの中間は折り合い面だったり、体つきだったりから考えることもあったのは確かです。レースぶりを見ても無理しないで行っても止まっています。レース後の状態を見ながらあらためて方向性を定めていきましょう」(中川公成調教師)
2021/10/28 (美浦トレセン)
☆10/31(日)新潟・2歳未勝利(ダ1800m)菅原明良騎手

24日(日)にWコースで6ハロン88.0-72.1-56.3-40.8-12.6を単走で馬ナリに追われ、27日(水)にもWコースで5ハロンから0.2秒追走して併せ、67.9-52.8-38.1-11.6を直線強めに追い切りました。「昨日はジョッキーを乗せての時計消化。切れるタイプではないものの良さも感じ取ってくれたはずで、事前に特徴を掴んでもらえたのはプラスでしょう。気になっていた折り合い面ですが、行きたがるところは見せるものの、ひっかかるほどではありません。体つき含めてまだ幼いところがあるので、これからまだまだ良くなってきそうですね。今回も前々での競馬を意識しています」(中川公成調教師)
2021/10/22 (美浦トレセン)
17日(日)にWコースで5ハロン71.3-54.5-38.8-12.0を単走で馬ナリに追われ、20日(水)にもWコースで6ハロンから1.0秒追走して併せ、85.8-68.8-53.8-39.7-13.2を強めに追い切りました。「調教での動きに大きな変わりはなく、これまで同様にワンペースであっても悪くはありません。今までと変化が見られるとしたら気持ちの面です。一度使ったからというのもあるのでしょう、かかるようになってきました。見た目にも胴がつまってきたような印象ですし、折り合い面からも将来的には距離を縮めることになるかもしれません。お母さんも短いところで成績を出してますからね」(中川公成調教師)
2021/10/15 (美浦トレセン)
ブルーステーブルで調整され、12日(火)に帰厩しました。

14日(木)にWコースで5ハロンから1.1秒先行して併せ、70.0-54.3-39.0-11.9を馬ナリに追い切りました。「新潟開催での出走を目指して帰厩させました。昨日は一本目なのでサラッと軽めの内容としています。短期間の放牧でしたのでガラっと大きな変わり身を見せることはないものの、これまで同様に悪くない動きを見せてくれました。これであれば目標としている最終週のレースの頃にはいい状態に仕上がっているでしょう」(中川公成調教師)
2021/10/8 (ブルーステーブル)
馬体重:482kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3600m、坂路1本(17~18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。大きなダメージはありませんでしたし、乗り進めても反動が出ることはなかったので、今週から15-15を織り交ぜています。一回レースを経験して馬がピリッとしてきた印象。来週には帰厩となる予定なので、送り出しに向けて準備を進めていきます」(担当者)
2021/10/1 (ブルーステーブル)
馬体重:482kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400~3000m、坂路1本(20秒ペース)のメニューで調整中です。入場後も大きな疲れなどはなく、逆に馬っ気を見せているほどです。元気もあり余っている感じですよ。前走は馬場が合わなかった印象。少し神経質なところがある馬なので、気を使ってしまったのではないでしょうか。調教は問題ないので、このまま進めていきます」(担当者)
2021/9/24 (ブルーステーブル)
★9/18(土)中山・2歳新馬(ダ1800m・混)M.デムーロ騎手 結果7着
この後はトレセン近郊のブルーステーブルで調整することになり、19日(日)に移動しています。

「脚元含めてレースでの大きなダメージは見受けられません。疲労の度合いも極端に大きくはありませんが、入厩からここまで一気に駆け抜けたので、ここで一旦リフレッシュさせましょう。そう長くは置かずに戻して、新潟開催での出走を目指せればと考えています。次は良馬場で走らせたいですね」(中川公成調教師)
2021/9/18 (中山競馬場)
馬体重:476kg
★9/18(土)中山・2歳新馬(ダ1800m・混)M.デムーロ騎手 結果7着

「ジョッキーは事前に調教VTRを見ていて、一本調子な印象を受けたということで早めに押し上げていったそう。ただ、そこで息を入れられずにきつく、苦しい競馬をさせてしまったと話しています。バテてはいないし、背中の感触も良くて力のある馬とも評していました。良馬場であればまた全く違ったと思います」(中川公成調教師)
2021/9/16 (美浦トレセン)
☆9/18(土)中山・2歳新馬(ダ1800m・混)M.デムーロ騎手

12日(日)に坂路コースで4ハロン61.0-43.0-27.9-13.3を単走で馬ナリに追われ、15日(水)にはWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、67.2-52.2-38.0-12.0を馬ナリに追い切りました。「昨日の時計消化での動きは悪くありません。終いまで楽に動けていましたし、本数を消化した分の良化が感じられました。デビューを控えてゲートの確認もおこない、無難にこなしてくれていますよ。入厩からここまで順調に態勢を整えることができたのではないでしょうか。大きなストライドが特徴的なフレイムジョーカー。自分の走りをして、いい競馬をしてくれることを期待します」(中川公成調教師)
2021/9/10 (美浦トレセン)
8日(水)にWコースで5ハロンから0.9秒先行して併せ、67.8-52.7-37.8-12.2を強めに追い切りました。「週末の動きからは今週の出走というのも考えていました。水曜にはジョッキーを乗せて、先行する形での時計消化。時計としてはまずまずかと思いますが、相手を待ってから追い出した際に加速するのに少しモタついた印象です。ここまで順調さを欠くことなく進めてこれました。今週でもという気持ちもありつつ、もう少し本数を重ねたいのもあってデビューは来週に切り替えています」(中川公成調教師)
2021/9/3 (美浦トレセン)
8月29日(日)にWコースで5ハロンから0.7秒先行して併せ、68.1-52.6-38.2-12.0を馬ナリに追われ、9月2日(木)にもWコースで5ハロンから1.5秒追走して併せ、67.4-53.2-39.1-12.2を馬ナリに追い切りました。「昨日は三頭併せの後ろからいかせました。他の馬のペースに合わせて走って、それからゴーサインを出すと、なかなかスピードに乗りきれなかった印象です。良さを出すには先行して、自分のペースで走る形が合いますね。いよいよデビューを意識していいところまできました。今週末もう一本追って、そこでの動きや内容を見て、ある程度番組をしぼるつもりです」(中川公成調教師)
2021/8/28 (美浦トレセン)
22日(日)にWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、71.0-55.3-40.0-12.5を馬ナリに追われ、26日(木)にもWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、71.0-54.5-39.6-11.7を馬ナリに追い切りました。「全体の時計は予定してものよりもかかってしまいましたが、終いは特にいい動きで内容としても悪くありません。この週末にもさらに時計消化を重なる予定です。ゲート試験合格からここまでは順調に進めていますので、中山開催でのデビューというのも意識してもいいかもしれません。芝かダートかというのはもう少し進めながら考えさせてください」(中川公成調教師)
2021/8/20 (美浦トレセン)
15日(日)にWコースで5ハロン68.3-54.1-39.7-13.0を単走で馬ナリに追われ、18日(水)にもWコースで5ハロンから併せ、67.8-52.9-39.1-12.7を馬ナリに追い切りました。「ゲートを無事にパスしましたので、いよいよ時計消化を開始しました。動きとしてはまずまずではないでしょうか。トビが大きくて綺麗なフォームで走れていますね。まだまだ序盤ですし、本人も余裕はある様子ですが、これから調教段階を上げていって、どれだけ対応できるかでしょう。普段からジタバタせずに余計なことはしないタイプなので、変に消耗しないのはいいことですね」(中川公成調教師)
2021/8/13 (美浦トレセン)
12日(木)にゲート試験を受験し、無事に合格しました。

「入厩からここまで練習を重ねた結果、ゲート試験をクリアしました。出が特別速いわけではありませんが、無難にこなしてくれましたので、現状では十分と言えるでしょう。ゲート練習以外には坂路とダートコースで乗っています。現時点ではまだ参っている感もありませんし、時計消化に向けて進めていっても問題ないでしょう。その時、その時の状態を見ながら着実に進めていければと考えています」(中川公成調教師)
2021/8/6 (美浦トレセン)
「今週もゲート練習をメインにおこなっています。昨日からは自動で扉が開くゲートに切り替えており、だいぶ出るようになってきました。もう少し練習が必要な現状ですので、試験を受けられるのは早くても来週の金曜日あたりの見込みです。非常に素直ですし、落ち着いて取り組めていますよ。バタバタすることもありませんので、暑い中でも無駄に消耗することもありません」(中川公成調教師)
2021/7/30 (美浦トレセン)
ブルーステーブルで調整され、28日(木)に美浦・中川公成厩舎に入厩しました。

「新しい環境への適応力はまずまずで、うるさくするようなこともなく落ち着いて過ごせています。今朝よりゲート練習を開始しました。さすがに最初は少し戸惑っているような様子を見せましたが、まずは第一段階として、ゲートを通過して駐立の確認まではクリアできています。来週からはさらに本格的な練習に移行して試験合格を目指しましょう」(中川公成調教師)
2021/7/23 (ブルーステーブル)
馬体重:480kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m、坂路1~2本(17~18秒ペース、週に2回は14~15秒ペース)のメニューで調整中です。今週もコンスタントに速いところを織り交ぜながら乗り込みを重ねています。体付きも引き締まってきて、いい雰囲気を醸し出しています。早ければ来週にも入厩になる予定と聞いているので、しっかり態勢を整えていきます」(担当者)
2021/7/16 (ブルーステーブル)
馬体重:478kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m、坂路1~2本(17~18秒ペース、週に2回は14~15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から少しピッチを上げて乗り込んでいますが、問題なく対応してくれています。まだ余裕がありそうな感じで、やっぱり良い馬ですね。数字こそ先週と大きな変化はありませんが、体が少しずつ大きくなっている印象。体、脚元ともに丈夫ですし、このまましっかり負荷を掛けていきます」(担当者)
2021/7/9 (ブルーステーブル)
馬体重:476kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m、坂路1~2本(17~18秒ペース、週に2回は15~16秒ペース)のメニューで調整中です。コンスタントに速いところを織り交ぜながら乗り込んでいますが、体重は増加傾向。馬体に幅も出てきて、しっかりしてきましたよ。タフそうな感じもしますし、日々いい調教をおこなえています。更なる良化を目指してこのまま乗り込んでいきます」(担当者)
2021/7/2 (ブルーステーブル)
馬体重:470kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m、坂路1~2本(17~18秒ペース、週に2回は15~16秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から速いところも織り交ぜながら進めています。決して煩いということではなく、いい意味で元気良く調教に取り組めています。暑さに強いタイプで、クタッとなるようなところもないのは良いところ。このまましっかり負荷を掛けていきます」(担当者)
2021/6/25 (ブルーステーブル)
馬体重:466kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m、坂路1本(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。今週から少しピッチを上げて乗り込んでいますが、ロージズインメイ産駒にしては素軽いですし、柔らかみもあっていい感じですよ。カリカリしたところもなく、落ち着いて調教に取り組めていることも好感が持てるところ。このままどんどん乗り込んでいきます」(担当者)
2021/6/18 (ブルーステーブル)
馬体重:466kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m、坂路1本(20秒ペース)のメニューで調整中です。昨日から坂路での調教も織り交ぜて進めています。調教を始めても落ち着きを保っていますし、今のところ性格に問題がありそうな感じもしませんよ。来週からピッチを上げて乗り込んでいくつもりです」(担当者)
2021/6/11 (ブルーステーブル)
馬体重:466kg
この後は茨城県・ブルーステーブルで調整することになり、本日11日(金)に移動しました。

「輸送熱などもなく、無事に到着しています。報告があったテンションの高さは、現状ではほとんど見せていませんし、問題ない感じ。輸送の疲れが取れたら急に元気になる可能性もあるので、そこは注意して見ていきたいと思います。今週いっぱいは楽をさせて、来週から騎乗運動をおこなっていくつもりです」(担当者)
2021/5/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:473kg
現在は坂路2本(上限17秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間は追い切りをセーブし、ソフトな調整を心掛けています。上がり運動の最中もチャカチャカして気持ちが散漫になっている様子。体力的にしんどくなってきたという訳ではありませんが、抜くところは抜いて、気持ちにゆとりを持たせたいと考えています」と話していました。
写真
2021/5/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本を18秒ペース(週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も15-15のメニューを必須課題としていますが、ルーティンに慣れてきた様子で飼い葉もしっかりと完食しています。ただ、色気が段々と強くなってきている点は少々気がかり。今のところ許容範囲に収まっていますが、無駄な部分にエネルギーを削がれることがないよう注意しながら進めていきます。
2021/4/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:457kg
現在は坂路2本を18秒ペース(週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「スピード調教を開始してから、少々ピリピリした面が出てきました。先月より馬体重が減りましたが、どの馬も一度は通る道。ルーティンに慣れてくれば、自ずと体が増えてくるでしょう。飼い葉を食わし込みながらジックリと進めていきます」と話していました。
写真
2021/4/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本を18秒ペース(不定期で15秒ペース)のメニューで調整しています。今月上旬より15-15を開始しました。涼しげな表情で坂路を駆け上がっており、馬体もいい感じで成長して力強い走りに変わってきました。今後は不定期ながらスピード調教を課して、更なるレベルアップを目指していきます。
2021/3/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:471kg
現在は坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間も順調に乗り込み、15-15の開始に向けて着々と態勢を整えています。春を迎えて色気がやや強くなってきましたが、過度に反応することもなく、気持ちが散漫になっている様子も見受けられません。理想的な調整過程を辿っていると言えるでしょう」と話していました。
写真
2021/3/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も順調に調整が進められており、一歩一歩の歩様にも力強さが増してきました。ロージズインメイ産駒らしく馬格に恵まれ、これから本格的に冬毛が抜けてくれば、筋肉の輪郭がもっとシャープに見えてくるはず。引き続きスピード調教の開始に向けて、準備を進めていきます。
2021/2/28 (ノルマンディーファーム)
馬体重:478kg
現在は坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間は悪天候の影響により、軽めにとどめる日があったものの、概ね順調に乗り込むことが出来ています。体の使い方が上達してきたことで、伸びやかなフォームで坂路を駆け上がっています」と話していました。
写真
2021/2/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。この中間から日中放牧へ切り替え、騎乗と並行しながら徐々にアスリートとしての飼養管理をおこなっています。やや力を要する馬場も苦にせず、しっかりとした脚取りで駆け上がっており、地道なトレーニングが実を結びつつあるようです。
2021/1/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:485kg
現在は夜間放牧と並行しながら、坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「去年の8月から立ち上げ、ここまで疲労が表面化することなく順調に乗り込んできました。この時期の2歳馬としては馬体の完成度が高いですし、気性も程よくピリッとしています。もうしばらくは基礎体力の向上に重点を置き、春のペースアップにつなげていきます」と話していました。
写真
2020/12/29 (ノルマンディーファーム)
馬体重:476kg
現在は夜間放牧と並行しながら、馬場1周と坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「トレーニングを重ねつつ自分からハミを取って走れるようになり、推進力が増している印象を受けます。現状のペースであれば楽な手応えで登坂できていますし、こちらの見立て以上に体力が向上しているようです。もうワンランクスケールアップさせるためにも、丹念に乗り込んでいきます」と話していました。
写真
2020/11/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:474kg
現在は夜間放牧と並行しながら、馬場1周と坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間から更にペースを上げていますが、へこたれている様子も見られず、むしろ力強さが出てきた印象を受けます。馬体重は先月よりも若干減っていますが、無駄肉が取れて筋肉が付いてくれば、ここからグンとボリュームを増してくるでしょう。気性も前向きですし、現時点では優に合格点を与えられる馬です」と話していました。
写真
2020/10/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:477kg
現在は夜間放牧と並行しながら、坂路2本(上限23~25秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「馴致を難なくクリアし、本格的なトレーニングをおこなっています。初仔ながらこの時期の1歳馬としては馬格があり、非常にしっかりとしている印象。まだハミ受けが安定してはいませんが、操縦性が向上していけばもっと体を使えるようになると思います」と話していました。
写真