現在表示しているページの位置

シーグラデーア
牝 鹿  2020/3/18生
カタログPDF

父:サトノアラジン × 母:テーマソング(母の父:ジャングルポケット)

生産:日高・川島正広  所属:北海道・佐々木国明厩舎

 

総口数 20口 募集総額 900万円
募集状況 申込受付終了 1口価格 450,000円

測尺(2021/12/24更新)

体高(cm)胸囲(cm)管囲(cm)体重(kg)
154.0  180.0 19.5 450

近況

詳細

2022/6/24 (門別競馬場)
「19日(日)に坂路で3ハロンから併せ、39.0-25.9-13.3の時計をマークしています。その後も左前ソエは落ち着いていますし、状態に関しても気になるところはありません。来週の出走も視野に入れつつ調整を進めていたのですが、今日降った大雨で馬場はグチャグチャ。週明けもスッキリしない天気が続く予報とあって、脚抜きの良すぎる馬場になることが考えられます。ソエへの影響も考慮して、6回門別開催後半(7/05~)を目標にする予定です」(佐々木国明調教師)
2022/6/17 (門別競馬場)
「今週からは徐々にペースを上げていますが、その後もソエが出た左前の状態は落ち着いていて、歩様に気になるところもありません。再来週から始まる6回門別開催(6/28~)のどこかで使いたいと考えており、具体的なレース目標についてはこの後の追い切りの動きも見て決めるつもりです。アタックチャレンジ競走が組まれるのは開催前半の1鞍(1200m戦)のみとなり、メンバーも強くなるので、未勝利の番組を検討していきます」(佐々木国明調教師)
2022/6/10 (門別競馬場)
「調教を立ち上げたあとも左前ソエがぶり返すことはないため、この中間は軽めながら距離をどんどん乗るようにしています。だいぶ固まってきたようですし、来週辺りからは徐々にペースアップも図る予定です。今週から始まった5回門別開催は3週間開催なので、あと2週ありますし、このまま順調なら次の6回門別開催(6/28~)には間に合いそうです」(佐々木国明調教師)
2022/6/3 (門別競馬場)
「今週から軽めに乗り出していますが、ソエが出たのは2回目とあって、前回よりも慎重に立ち上げています。状態としてはだいぶ良さそうですが、もう少し固まってくるまでは次走目標を決めずに進めていきます」(佐々木国明調教師)
2022/5/27 (門別競馬場)
「この中間はウォーキングマシンでの運動のみにとどめて、左前ソエには焼烙治療を施しています。今日27日(金)に最後となる3回目を終了していて、早ければ週明けから乗り出す予定です。脚元の状態を見ながらジックリ進めようと思います」(佐々木国明調教師)
2022/5/20 (門別競馬場)
★5/17(火)門別・JRA認定アタックチャレンジ競走(2歳未勝利・ダ1000m)五十嵐冬樹騎手 結果9着

「前走後に脚元を確認したところ、左前に再度ソエの症状が出てしまいました。触診反応も見せていますし、もしかしたらレースでも馬が気にしたのかもしれません。獣医の診察では『まだ体質がしっかりしていない部分もあるようですね。患部にはもう一度焼烙治療を施しましょう』とのことでした。近日中に1回目をおこなう予定ですが、今回は前回よりももう少しレース間隔を空けて治療を優先します」(佐々木国明調教師)
2022/5/17 (門別競馬場)
馬体重:416kg
★5/17(火)門別・JRA認定アタックチャレンジ競走(2歳未勝利・ダ1000m)五十嵐冬樹騎手 結果9着

「大外枠でしたが、新馬戦のときに枠入りに時間がかかったので、今回は先入れとなりました。騎乗した五十嵐ジョッキーは『今日も枠入りをかなり渋ったのですが、尻尾を持つとスンナリ入ってくれました。レース中も多少気の悪いところを見せていたものの、まだ精神的に幼くて競馬だということを理解していないようなので、使いつつ変わってくると思います』と話していました」(佐々木国明調教師)
2022/5/13 (門別競馬場)
「次走に向けて、9日(月)に坂路で3ハロン43.8-28.8-14.8を計時しています。15秒を切るくらいのペースにとどめましたが、追い切り後もソエがぶり返すことはありませんね。明日14日(土)にはもう少し速い時計を出し、来週5/17(火)門別・JRA認定アタックチャレンジ競走(2歳未勝利・ダ1000m)に臨む予定です」(佐々木国明調教師)
2022/5/6 (門別競馬場)
「治療の甲斐あって、先週末に調教再開後もソエは落ち着いているので、今週半ばからは坂路2本のメニューで進めています。動きからも気にしている素振りはありませんが、楽をさせた割に体は思ったほどフックラしてこないですね。少しずつでも増やしながら進めて態勢が整うようであれば、3回門別開催後半(5/17~)に組まれているアタックチャレンジ競走を目標にしようと考えています」(佐々木国明調教師)
2022/4/29 (門別競馬場)
「左前のソエには焼烙治療をおこなうことになり、先週末から治療を開始して、本日で最後となる3回目を終了しています。その間も乗っても良かったのですが、レース後とあって馬体重も増やしたかったので、ウォーキングマシンでの運動のみにとどめて楽をさせました。治療が完了して体も戻ってきたので、明日30日(土)からは坂路を軽めに1本乗っていく予定です」(佐々木国明調教師)
2022/4/22 (門別競馬場)
★4/21(木)門別・JRA認定フレッシュチャレンジ競走(2歳新馬・ダ1000m)五十嵐冬樹騎手 結果6着

「小柄な牝馬らしく素軽いスピードがあるところは魅力ですが、現状では馬体を減らさないよう気を配りながら進めていく必要がありますね。それにレース後は左前にソエの症状が出ていることから、ひとまず2回門別開催(4/27~)はスキップして、一旦ケアを優先した方が良さそうです。獣医にも診てもらい、必要であれば焼烙治療を施す予定です」(佐々木国明調教師)
2022/4/21 (門別競馬場)
馬体重:400kg
★4/21(木)門別・JRA認定フレッシュチャレンジ競走(2歳新馬・ダ1000m)五十嵐冬樹騎手 結果6着

「少し待たされたこともあってタイミングが合わず、ゲート入りを渋りましたね。若駒らしく幼い面が見られたのですが、いざゲートが開いたらダッシュよく飛び出してくれたので、スタートセンスはありそうです。ハナを奪ってそのまま押し切った1番人気馬を無理には追走せず、2番手を運んでくれたのですが、直線は内外から挟まれてやや怯んでしまったようです」(佐々木国明調教師)
2022/4/15 (門別競馬場)
「10日(日)に坂路で3ハロンから追い切り、38.0-25.6-13.2の時計をマークしています。来週のデビューに向けて攻め込んでいることもあって、体つきはかなりシャープになってきたのですが、テンションは特に変わりないですね。最終追い切りは明日16日(土)を予定しており、1000mのフレッシュチャレンジ競走へ投票をおこなうつもりです」(佐々木国明調教師)
2022/4/8 (門別競馬場)
「6日(水)に本馬場でゲートから出して、3ハロンからサッと流しています。騎乗した五十嵐冬樹ジョッキーは『ゲートは問題ありませんし、能検のときよりも気持ちが前向きで、動き・手応えともに良くなっていると思います。短い距離が合いそうですよ』とのことで、状態も上向きのようですね。このまま順調なら、1回門別開催後半(4/20~)の1000m戦でデビューさせようと考えています」(佐々木国明調教師)
2022/4/1 (門別競馬場)
「この中間も飼い葉食いなどは問題ないことから、昨日3月31日(木)には坂路でハロン15秒を切るくらいのところを上げています。本馬場で乗ってもしっかり走れていますし、来週半ばには本番さながらに一度ゲートから出してみる予定です。そこでの動きも見て、デビュー時期を検討したいと思います」(佐々木国明調教師)
2022/3/25 (門別競馬場)
「能検後は1日だけ飼い葉食いが落ちたものの、すぐに普段どおりに戻りましたし、馬体に関しても大きなダメージはなさそうですね。当初は今週いっぱいは楽をさせる予定でいたのですが、思ったよりも回復が早かったことから、23日(水)より調教を再開しています。跨ってみても特に気になるところはありませんし、テンションも上がってはいないので、ここからはデビューに向けて乗り込みを進めていきます」(佐々木国明調教師)
2022/3/17 (門別競馬場)
馬体重:424kg
本日17日(木)の競走能力・発走調教検査を受験し、51.9(ダ800m)のタイムで合格しました。

「五十嵐冬樹ジョッキーを背に、返し馬、ゲートの入りと問題なく、駐立もジッとしていましたね。各馬バラバラっとしたスタートでしたが、シーグラデーアはマズマズ出てくれましたし、二の脚も速くハナを切って運ぶ形になりました。不良の馬場コンディションではありましたが、直線でステッキが入ってからは真っすぐ伸びてくれて、6頭立ての2位入線。先週の発走練習(ゲート試験)後はやや飼い葉食いが落ちましたし、今回でまた馬体重も減るでしょうから、この後は1週間ほど楽をさせたいと思います」(佐々木国明調教師)
2022/3/11 (門別競馬場)
「8日(火)に受験した2回目の発走練習(ゲート試験)も無事合格。その後も特に疲れはなさそうなので、予定通り来週17日(木)の能力検査に向けて調整を進めています。例年よりも雪が多かった影響で、昨日10日(木)の能検初日は稍重で時計が出やすい馬場コンディションでした。来週も同じような傾向かと思われますが、あまり無理をさせたくはありません。普段の調教の様子から、他馬を怖がったりする心配はなさそうです」(佐々木国明調教師)
2022/3/4 (門別競馬場)
「3月1日(火)に1回目の発走練習(ゲート試験)を受験しました。課題だった駐立でも問題は見られず、無事合格しています。2回目は来週8日(火)に受ける予定で、そこもパスすれば再来週17日(木)の能力検査に臨むつもりです。先週末の追い切り後、ここまで疲れが出ることもなく、坂路で順調に乗り込めていますよ」(佐々木国明調教師)
2022/2/28 (門別競馬場)
馬体重:428kg
「まだ背腰に緩さはありますが、針治療の効果もあって調教再開後は疲れが出ることはありませんね。極端にペースを落としたわけでもないので、先週末にはハロン15秒を切るくらいのペースで坂路を上げています。ゲートに関しても駐立で我慢できるようになってきたので、明日3月1日(火)に1回目の発走練習(ゲート試験)を受験する予定です」(佐々木国明調教師)
2022/2/15 (門別競馬場)
「この中間もペースはハロン18秒程度で、週2回は坂路2本を上げています。ここまで順調に乗ってきましたが、トモを中心に疲れが溜まってきたようなので、この中間に三日針を施しました。その後すぐに調教を再開しており、並行してゲート練習も進めています。まだ駐立でソワソワした仕草を見せているため、この後も丹念に教えていくつもり。2回の発走練習(※ホッカイドウ競馬の場合、発走練習に都合2回受験し、合格することが義務付けられている。2回目は主催者が立ち会う)については、来月に入ってから受ける予定です」(佐々木国明調教師)
2022/1/31 (門別競馬場)
馬体重:434kg
「この中間も連日坂路入りして順調に乗り込みを進めています。ペースはハロン18秒程度で週1回は2本登坂させており、この後も徐々に乗り込み量を増やしていく予定です。プライドが高いところがあるように、調教では併走パートナーに抜かれまいと勝負根性のありそうな一面を見せていますよ」(佐々木国明調教師)
2021/12/29 (門別競馬場)
馬体重:450kg
オカダスタッドで調整され、17日(金)に門別競馬場・佐々木国明厩舎に入厩しました。

「現在は坂路1本をハロン22秒ペースで調整中です。入場後は環境の変化に戸惑う様子もなく、飼い葉も食べていますね。牧場で馴致を進めているときには、多少敏感なところもあったようですが、乗り出してからは特に問題なかったと聞いているように、こちらでの調教にも落ち着いて取り組んでいます。ただ、自分をしっかり持っているタイプのようで、プライドが高そうに感じられますね。その辺りを長所として上手く伸ばしていければと考えています」(佐々木国明調教師)