現在表示しているページの位置

ルーチェロッサ
牝馬 鹿  2020/3/24生
カタログPDF

父:ビーチパトロール × 母:ルミナスレッド(母の父:トーセンダンス)

生産:新ひだか・岡田スタッド  所属:美浦・相沢郁厩舎

 

総口数 400口 募集総額 880万円
募集状況 満口 1口出資額 22,000円

近況

詳細

2024/6/14 (グロースフィールド)
馬体重:476kg
「現在はダートコースでダクとハッキングを2000m(17~20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。先週末から速いところをおこなっていますが順調にきていますよ。具合が良いですし、十分に力を発揮できる状態ですよ。来週には帰厩予定とのことなので、週末に15-15を消化して送り出したいと思っています」(担当者)
2024/6/7 (グロースフィールド)
馬体重:473kg
「現在はダートコースでダクとハッキングを2000m(17~20秒ペース)のメニューで調整中です。先週は雨が多くて速めのところをおこなえませんでしたが、ダメージはかなり抜けてきました。体重も戻ってきて順調にきていますよ。早ければ再来週にはトレセンに戻る予定なので、少しずつピッチを上げつつ良化を促していきます」(担当者)
2024/5/31 (グロースフィールド)
馬体重:468kg
「現在はダートコースでダクとハッキングを2000m(17~20秒ペース)のメニューで調整中です。先週末から乗り出し、少しずつピッチを上げながら進めています。入場当初は多少疲れている様子でしたが、段々と元気が出てきていますよ。体重も増加してきていい流れの中で進められていますし、前走くらいの状態に持っていければと思っています」(担当者)
2024/5/24 (グロースフィールド)
馬体重:459kg
「現在はトレッドミルで調整しています。大きなダメージはありませんが、入場から1週間はトレッドミルで様子を見ました。その後も反動などが出てくることはないので、明日から乗り出す予定。相沢調教師からは『短期放牧予定』と聞いていますし、強めのところは必要ない馬なので、このまま緩めないように進めていきます」(担当者)
2024/5/17 (グロースフィールド)
★5/11(土)新潟・4歳上1勝クラス(芝1800m・若手)▲小林勝太騎手 結果2着
この後はトレセン近郊のグロースフィールドで調整することになり、15日(水)に移動しました。

「あそこまでいったら勝ちたかったですが、それでも久々に良い競馬を見せてくれてまずはホッとしました。長い距離も走れないことはないですが、ベストはこれくらいの距離なんでしょう。続戦させてもあまりいい結果が出ていなかったので、短期放牧を挟みながら使っていることもプラスに作用しているように感じますし、このまま勝利を狙っていきたいと思います。今回は権利を取ってきてくれましたし、レース後も大きなダメージは感じられないものの、再度短期でリフレッシュを図ることに。この後は福島開催や、昨年いい走りができた北海道開催も視野に入れながら進めていくつもりです」(相沢郁調教師)
2024/5/11 (新潟競馬場)
馬体重:452kg
★5/11(土)新潟・4歳上1勝クラス(芝1800m・若手)▲小林勝太騎手 結果2着

「ある程度前に行ってほしいとは伝えられていました。ゲートはしっかり反応できても、二の脚がそこまでという印象だったので、そこは気をつけています。並び、ポジションとしてはイメージ通りにいきましたし、リズム良く運べました。馬場が悪いのをそこまで苦にしないように感じましたし、外に出すのについてる勢いを殺す必要もないと判断して、ちょうど空いた内を選んでいます。内が極端に伸びないというわけではないですし。最後は相手の決め手が上回りはしましたが、いい競馬はできたと思います」(小林勝太騎手)
2024/5/9 (美浦トレセン)
☆5/11(土)新潟・4歳上1勝クラス(芝1800m・若手)▲小林勝太騎手

5日(日)にWコースで4ハロン59.5-42.9-12.7を単走で馬ナリに追われ、8日(水)にもWコースで5ハロンから0.5秒先行して併せ、67.9-52.9-38.4-12.2を馬ナリに追い切りました。「この中間も順調にきていて、最終追い切りは3歳1勝クラスの馬を先行する形でおこなっています。新潟までの輸送があるので、ルーチェはサッと流す程度でしたが、一杯に追われる相手に最後まで追い付かれることなくゴール。いい動きでしたし、状態も引き続き良いですよ。中2週と余裕のあるローテーションにしたのもプラスに働きそう。今回はデビュー戦以来の1800mという距離になりますが、今はむしろこれくらいの方が良さそうな感じがしますね。前走では復調気配が窺えましたし、8頭立てと頭数に恵まれたここは更に前進したいところです。3kgの減量も味方につけて、いい走りをさせたいと思っています」(相沢郁調教師)
2024/4/26 (美浦トレセン)
★4/21(日)福島・燧ケ岳特別(芝2600m)菊沢一樹騎手 結果6着

「いい感じで追走できていて、直線でも伸びそうなところを見せたのですが、直線半ばで止まってしまいました。あの感じを見ると、2600mは本質的には長いのかもしれません。それでも二桁着順続きだったのをふけだせましたし、今回も勝ち馬とは0.4秒差。距離を縮めれば十分にやれそうな手応えは掴めました。レース後も大きな問題はないことから、このまま続戦を考えていきたいと思います。あまり間隔を詰めても良くない馬なので、今のところ中2週か中3週の競馬を考えています。来週の感じを見てどちらに向かうかを決めたいと思っています」(相沢郁調教師)
2024/4/21 (福島競馬場)
馬体重:450kg
★4/21(日)福島・燧ケ岳特別(芝2600m)菊沢一樹騎手 結果6着

「ジョッキーには行けるようならある程度前目の位置から運ぶようにと伝えてありましたが、周りの馬が速かったのであの位置からになったようです。レース後は『道中の折り合いは付いていましたし、一瞬脚は使ったんですけどね。切れるタイプではないので、もう少しポジションを取りに行けば良かったです』とコメントをしてくれましたが、復調気配は窺えたと思います。長い距離でも走れていますが、今後はもう少し距離を短くして前目から行かせる形を取っても良いかもしれません」(相沢郁調教師)
2024/4/18 (美浦トレセン)
☆4/21(日)福島・燧ケ岳特別(芝2600m)菊沢一樹騎手

14日(日)にWコースで5ハロン69.3-53.8-38.7-11.6を単走で一杯に追われ、17日(水)にもWコースで5ハロンから0.2秒先行して併せ、67.2-52.3-38.0-11.9を馬ナリに追い切りました。「短期でしたがリフレッシュした効果があり、今回いい感じできていますよ。昨日の追い切りは3歳未勝利馬を先行する形で進め、最後まで余裕のある手応えで同入に持ち込んでいます。徐々に良化を見せていますし、続けて使っていくとパフォーマンスを落としていってしまう馬なので、この一息入れたローテーションでどれだけ走れるか見てみたいと思います。ここで良い走りができれば今後の参考になりますし、前進を見せてほしいですね。ここのところ変化のないレースをさせてしまっているので、今回は鞍上も替えてみてどれだけやれるかといったところ。2500mをこなせているように、この距離も対応可能と見ているので、鞍上には自信を持って乗ってくるようにと伝えておきます」(相沢郁調教師)
2024/4/12 (美浦トレセン)
グロースフィールドで調整され、9日(火)に帰厩しました。

11日(木)にWコースで5ハロンから0.5秒先行して併せ、71.4-55.3-40.1-12.4を馬ナリに追い切りました。「来週の福島での出走に向けて、今週トレセンに戻しています。早速昨日追い切りをおこなっていますが、育成場には10日競馬で行くことを伝えてあってしっかり乗り込んでもらっていたので、しっかり対応できていい動きでしたよ。続戦が利かないタイプなので、この形でいい走りをさせられればと思っています。4/21(日)福島・燧ケ岳特別(芝2600m)を本線に考えていますが、同日の飯盛山特別(芝2000m・混)にも一応登録を入れるつもりです」(相沢郁調教師)
2024/4/5 (グロースフィールド)
馬体重:465kg
「現在はダートコースでダクとハッキングを2000m(18~20秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。先週末から15-15を織り交ぜていますが、いい感じできていますよ。やはり前にいた時よりも状態は良いですし、飼い葉も引き続きしっかり食べてくれています。体調面も良好なので、週末はもっと負荷を掛けて来週の帰厩に備えるつもりです」(担当者)
2024/3/29 (グロースフィールド)
馬体重:456kg
「現在はダートコースでダクとハッキングを2000m(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。先週いっぱいはトレッドミルの運動で様子を見て、今週から乗り出しています。毛艶は悪くありませんし、飼い葉も食べているように、前回こちらにいた時に比べて感じが良いところ。短期予定と聞いているので、今週末からペースアップを図るつもりです」(担当者)
2024/3/22 (グロースフィールド)
★3/17(日)中山・4歳上1勝クラス(芝2000m・混)横山琉人騎手 結果10着
この後はトレセン近郊のグロースフィールドで調整することになり、20日(水)に移動しました。

「馬の雰囲気は凄く良くなっていましたし、いい状態で送り出せただけに期待していたんですけどね。枠順が良くなかったのはありますが、琉人もこの馬には何回も乗っているんだからもう少し乗り方があったように思います。いずれにしましても、今回もいい結果を出せずに申し訳ありませんでした。これまではこのまま続戦させてきましたが、使っていくごとにパフォーマンスを落としていく馬。これまでとパターンを変え、ここで一旦短期放牧を挟むことにしました。一旦リセットし、帰厩後は福島最終週の芝2000か2600m戦に行きたいと考えているところ。このローテーションでどういう内容になるかを見てみようと思います」(相沢郁調教師)
2024/3/17 (中山競馬場)
馬体重:452kg
★3/17(日)中山・4歳上1勝クラス(芝2000m・混)横山琉人騎手 結果10着

「休み明けで前走比+10kgの馬体重。今日は競馬場に着いてからもさほどテンションが高くなることはなく、落ち着いた雰囲気のままレースに臨めたと思います。大外13番枠でしたが、なるべく前々から勝負しにいきたいため、ある程度出していくようにとはジョッキーに指示。ただ、最初のコーナーを回るまでに内に進路を導くことが出ず、道中外々を回る形でロスの多い競馬をしています。あれでは最後ガス欠になってしまうのも仕方がなく、うまく乗れていません。状態良く私自身も今回期待していましたし、こんな着順に負ける馬ではないのですが申し訳ありません」(相沢郁調教師)
2024/3/14 (美浦トレセン)
☆3/17(日)中山・4歳上1勝クラス(芝2000m・混)横山琉人騎手

10日(日)にWコースで5ハロン74.3-57.6-42.2-13.5を単走で馬ナリに追われ、13日(水)にもWコースで5ハロンから0.2秒先行して併せ、71.2-55.6-40.1-11.8を強めに追い切りました。「1週前の先週にビッシリと追い切っているので、今週はそこまで負荷を掛けずにやっています。先週と同じ相手に遅れてしまったものの、ルーチェも無理はさせてはいないので問題ありません。前走後に見せたイライラしたところはなくなりましたし、立て直したことで雰囲気は明らかに良くなりました。いい状態でレースに臨めそうですよ。ここ2戦は全く見処のない走りですが、もともとこのクラスで入着まで来ていた馬ですしここは頭数やメンバーも手頃になった印象なので、良いところを見せてほしいと思っています」(相沢郁調教師)
2024/3/8 (美浦トレセン)
3日(日)にWコースで5ハロン71.5-55.6-40.1-12.6を単走で馬ナリに追われ、7日(木)にもWコースで6ハロンから1.1秒追走して併せ、82.3-66.6-52.1-38.1-12.3を強めに追い切りました。「今週はウッドコースで琉人を背に、相手を大きく追いかける形で追い切りをおこなっています。未勝利とはいえ調教で動く馬なので半馬身くらい追い付けませんでしたが、向こうも裕紀人が乗っていたので問題ないと思います。今回ビッシリとやりましたし、このひと追いで変わってくるでしょう。今週末、来週と追い切ってレースに臨む予定です。3/17(日)中山・4歳上1勝クラス(芝2000m・混)に琉人で向かいます」(相沢郁調教師)
2024/3/1 (美浦トレセン)
ノルマンディーファーム小野町で調整され、先週2月23日(金)に帰厩しました。

2月25日(日)にWコースで5ハロン75.8-58.8-42.8-13.4を単走で馬ナリに追われ、28日(水)にもWコースで6ハロンから0.4秒追走して併せ、83.9-67.5-52.5-38.0-12.0を強めに追い切りました。「3/17(日)中山・4歳上1勝クラス(芝2000m・混)での出走に向けて、先週末にこちらに戻しています。日曜日、今週水曜日とウッドコースに入って追い切っていますが、リフレッシュさせた甲斐あって雰囲気は良いですよ。体もフックラと見せています。まだ2週間あるのでしっかり乗り込めますし、この流れをキープしつつ仕上げていきたいと思っています。来週はもう少し負荷を強める予定です」(相沢郁調教師)
2024/2/23 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:472kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整しています。今週は4ハロンから負荷を掛けて乗っていますが、テンションが上がりすぎることもなく最後までしっかり動けており、状態は良さそうです。飼い葉も変わらず食べていて体もキープできているので、このまま帰厩へ向けしっかり乗り込んでいきます。
2024/2/16 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:474kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は13?15秒ペース)のメニューで調整しています。ハロン14秒を少し切るぐらいのペースでしっかり追い切りを消化しながらも飼い葉食いは良好で、馬体もフックラ見せており、状態は着実に上向いてきています。この馬らしい活気も戻ってきていますし、このままどんどん進めていって問題なさそうです。
2024/2/9 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:476kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。だいぶ体幹がしっかりしてきて、走りに余裕が出てきました。頭が上がり、トモが入りづらかったところも改善が見られるので、これなら坂路の本数を増やしてもしっかり負荷を掛けていけると思います。食欲が旺盛で毛ヅヤも良く、体調はすこぶる良好そうです。
2024/2/2 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:475kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。周回コースを長めに乗り、バランスを整えてから坂路という流れで調教を進めていますが、若干馬に余裕が出てきたのか、力みが抜ける場面も増えてきました。バランス面に関してはまだ課題も多く、坂路でトモが踏ん張りきれないところもあるため、今のメニューの流れでトモがしっかりしてくるのを待ちつつ、タイミングを見て負荷を強めていこうと考えています。
2024/1/26 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:469kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。今週からは坂路にも入れて調教を進めていますが、頭が上がってハミが効きにくい体勢になりがちで、背中を使った走りができておらず、勾配がキツくなると余裕がなくなってしまう様子。力が入ると右ハミが強くなったりもするように、バランス面に関しても良化の余地を残しています。調子が上がってくるのはまだこれからのようなので、しばらくはジックリと乗り込んでいきます。
2024/1/19 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:469kg
現在は馬場3周(ハッキング)のメニューで調整しています。16日(火)から周回コースでの調教を開始しました。まだ軽めのキャンターをおこなって状態を確認している段階になりますが、走りにぎこちなさがあり、あまりバランスがいいとは言えません。騎乗していても、もっと元気があって良さそうに感じられるものの、もしかしたら目に見えない疲れが残っているのかもしれません。ひとまず今週いっぱいは現状メニューを続けて様子を見たいと思います。
2024/1/12 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:474kg
現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。寒い日が続いており、まだ毛ヅヤは今ひとつといったところですが、馬体は回復傾向にあってフックラと見せ始めています。今週いっぱいは現状のメニューを継続し、来週からは馬体の状態を見ながら騎乗開始時期を検討していきます。
2024/1/5 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:468kg
現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。入場して2週間ほど経ちますが、まだ毛ヅヤがパッとせず、レースの疲れも抜けきってはいない様子。もうしばらくは疲労回復を重点に進め、馬体の良化を促していきます。
2023/12/22 (ノルマンディーファーム小野町)
★12/16(土)中山・2023ヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンド中山第1戦(芝2000m・混)浜尚美騎手 結果15着
この後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整することになり、20日(水)に移動しました。

「初めて乗った地方ジョッキーという事を差し引いても、全く見せ場のない内容となってしまいました。いい走りをさせられず、申し訳ありません。4コーナーではもう手応えがありませんでしたし、前走でブリンカーを着けてから何か変になってしまった感じがしますし、春に未勝利を勝った直後に2戦連続で凡走したように、詰めて使うのは良くないかもしれません。クラブ側とも、ここはしっかり立て直した方が良いという話になり、福島・ノルマンディーファーム小野町に移動させていただきました。これまでの走りから、ここ2戦がルーチェの本来の走りではないのは確かなので、まずはリフレッシュを図ってもらいましょう」(相沢郁調教師)
2023/12/16 (中山競馬場)
馬体重:442kg
★12/16(土)中山・2023ヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンド中山第1戦(芝2000m・混)浜尚美騎手 結果15着

「ある程度前目につけて運びましたが、1コーナーまでに出して行き過ぎてしまったこともあり、最後は脚がかなり甘くなってしまいました。折り合いに苦労するような感じはないので、もう少し楽に流して行かせてあげたほうがこの馬の良さを活かせたのかと思います」(浜尚美騎手)
2023/12/14 (美浦トレセン)
☆12/16(土)中山・2023ヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンド中山第1戦(芝2000m・混)浜尚美騎手

10日(日)にWコースで5ハロン73.4-56.5-40.9-12.1を単走でゴール前仕掛けて追われ、13日(水)にもWコースで6ハロンから0.7秒先行して併せ、82.0-66.6-52.1-37.7-11.9を強めに追い切りました。「今週はライラックを先行する形で運び、最後は一気に離されましたが、いい時計で走れていて中身の濃い追い切りを消化できました。相手は動く馬ですし、ルーチェも目一杯追ったわけではないので、遅れは全く心配ないですよ。登録していた中山・ヤングジョッキシリーズに無事に選出されましたし、あとはこの馬の走りをさせられればと思っています。鞍上は高知の浜騎手ということなので、上手く乗ってきてほしいですね。そんなに癖などがある馬ではありませんが、特徴などはしっかり伝えておき、少しでも好走できるようにしたいと思います。前走の事があるので、今回は何も馬具を着けずに臨む予定です」(相沢郁調教師)
2023/12/8 (美浦トレセン)
グロースフィールドで調整され、6日(水)に帰厩しました。

「来週の競馬に向けて、水曜日にこちらに戻しています。10日競馬になるので育成場で速いところをしっかり乗ってもらっていましたし、状態は問題なさそうですよ。週末からしっかりと追い切りをおこない、このまま態勢を整えていきます。12/16(土)中山・2023ヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンド中山第1戦(芝2000m・混)を本線にしつつ、同日の中京・高山特別(芝2200m・混)にも特別登録をおこなうつもりです。前走の失敗を踏まえて、次走は良い競馬をさせたいと思っています」(相沢郁調教師)
2023/12/1 (グロースフィールド)
馬体重:464kg
「現在はダートコースでダクとハッキングを2000~3000m(18秒ペース)のメニューで調整中です。この中間よりペースアップを図っていますが、飼い葉をしっかり食べていることで、体重が増加傾向にあります。来週には帰厩となる予定なので、今週末には14-14を消化する予定。前回在厩時より状態が良さそうなので、この感じで送り出したいと思っています」(担当者)
2023/11/24 (グロースフィールド)
馬体重:458kg
「現在はダートコースでダクとハッキングを2000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。入場当初は飼い葉食いが良くなかったのですが、徐々に食べるようになってきましたよ。大きなダメージも見られないのでこのまま進めていくつもり。相沢調教師からは『12月中旬のレースを目指して再来週には帰厩させる予定だし、速いところも織り交ぜながらどんどん進めておいて』と言われているので、15-15も消化しつつ態勢を整えていきます」(担当者)
2023/11/17 (グロースフィールド)
★11/11(土)福島・3歳上1勝クラス(芝2600m・混)横山琉人騎手 結果11着
この後はトレセン近郊のグロースフィールドで調整することになり、15日(水)に移動しました。

「先週はいい結果とならず申し訳ありませんでした。当該週の水曜日の追い切りではいい効果が感じられたブリンカーですが、思いのほか効きすぎてしまい、逆効果となってしまいました。これまでの走りからあんなに下がっていく馬ではないと思っていましたが、道中でかなり消耗してしまったんでしょうね。狙っていたレースでしたし、折り合いにも不安のないルーチェにあんな走りをさせてしまったことも、本当に悔いが残ります。レース後は結構消耗している状態で、週明けも飼い葉を残し気味。ここで一度リフレッシュを図りたいと思います。育成場での回復が早いようなら、12月後半のレースを考えていくつもり。状態をよく確認しながら次走のことを決めたいと思っています」(相沢郁調教師)
2023/11/11 (福島競馬場)
馬体重:448kg
★11/11(土)福島・3歳上1勝クラス(芝2600m・混)横山琉人騎手 結果11着

「ある程度の位置から運ぼうと思い、スタート後は少し出して行ったのですが、ブリンカーが効きすぎて掛かり気味になってしまいました。その分最後はバタバタでしたね。普段は落ち着いているので、こんなルーチェロッサは初めてでした。上手く乗れずに申し訳ありません」(横山琉人騎手)
2023/11/9 (美浦トレセン)
☆11/11(土)福島・3歳上1勝クラス(芝2600m・混)横山琉人騎手

5日(日)にWコースで5ハロンから1.0秒追走して併せ、72.9-56.1-40.6-12.4を馬ナリに追われ、8日(水)にもWコースで6ハロンから1.0秒追走して併せ、84.4-68.4-53.6-39.0-12.2を馬ナリに追い切りました。「ここまで順調に進められているのですが、少し集中力に欠ける部分も見受けられるため、昨日の追い切りはブリンカーを着用して臨みました。相手を大きく追走する形で進め、最後はほぼ同入でゴール。騎乗者は『道中の感じが凄く良かった』と話していたことから、レースもこの形で行ってみることにしました。リフレッシュの効果で馬体をフックラと見せていますし、いい状態で競馬ができそう。何頭か気になる馬はいるものの、前走の勝ち馬と比べたらやりやすいのではないかと思っています。前走で長距離適性があるところを見せてくれましたし、ここは勝ち負けを演じてほしいところ。折り合いに不安のある馬ではないので、ある程度前を射程圏に入れられる位置で運んでもらうつもりです」(相沢郁調教師)
2023/11/3 (美浦トレセン)
10月29日(日)にWコースで5ハロン72.5-56.4-40.5-12.5を単走で馬ナリに追われ、11月1日(水)にもWコースで5ハロンから0.1秒先行して併せ、64.5-50.2-36.7-12.3を一杯に追い切りました。「今週は来週のエリザベス女王杯に出走予定のライラックと併せ馬をおこなっています。相手に先行する形を取り、調教でも動く馬なので最後はさすがに離されてしまいましたが、この馬も最後までしっかりと走り切っています。かなり内目を回ったとはいえ時計もかなり速かったですし、いい感じできていますよ。このひと追いで状態がグンと上がった感じですし、いい状態で来週を迎えられそうです。輸送があるので、最終追い切りはサッと整える程度にするつもり。しっかり態勢を整えて送り出したいと思っています」(相沢郁調教師)
2023/10/27 (美浦トレセン)
グロースフィールドで調整され、25日(水)に帰厩しました。

「11/11(土)福島・3歳上1勝クラス(芝2600m・混)を目指して、水曜日にこちらに戻しています。馬体もフックラとしていますし、いいリフレッシュになったよう。直前に15-15を少し切るくらいのところまでやってもらっていたので、すぐに仕上がりそうな感じですよ。週末から負荷を強めていき、1週前の来週はしっかり追い切りたいと思っています。前走の内容から、この距離なら1勝クラスでは力上位でしょうし、次は結果を求めていきたいと思っています。最近クラブと相性の良い琉人で行かせていただきます」(相沢郁調教師)
2023/10/20 (グロースフィールド)
馬体重:465kg
「現在はダートコースでダクとハッキングを2000~2400m(17~20秒ペース)のメニューで調整中です。相沢調教師から『来週帰厩させる予定』と聞いているので、この中間よりピッチを上げて乗り込んでいます。それでも体重を減らすことはありませんし、毛艶も戻してきたところ。状態は少しずつ上向いているので、いい感じでバトンタッチができそうです」(担当者)
2023/10/13 (グロースフィールド)
馬体重:463kg
「現在はダートコースでダクとハッキングを2000~2400m(20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も順調に乗り込みが進められていますが、体がフックラとしてきました。もう少し膨らませたいところではありますが、先週気になった毛艶も悪くはなっていませんし、そこまで気にするほどではなさそう。再来週あたりに帰厩と聞いているので、来週からペースを上げていこうと思っています」(担当者)
2023/10/6 (グロースフィールド)
馬体重:456kg
「現在はダートコースでダクとハッキングを2000~2400m(20秒ペース)のメニューで調整中です。先週末から少しずつピッチを上げて進めていますが、飼い葉も大分食べるようになってきましたし、体重も少しずつですが増加傾向にあるのは良いですね。急に涼しくなってきたことで、少し冬毛が出始めて毛艶が今ひとつに映るので、体調面の変化には注意しながら進めていくつもりです」(担当者)
2023/9/29 (グロースフィールド)
馬体重:451kg
「現在はダートコースでダクとハッキングを2000~2400m(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。入場後はそこまでダメージを感じさせないことから、今週より騎乗運動をおこなっています。馬体も傷んでいる感じはしませんし、このまま進めていけそう。ただ、飼い葉をあまり食べないのでもっと食べてほしいところ。それ以外は問題ないので、週末からピッチを上げることを考えています」(担当者)
2023/9/22 (グロースフィールド)
★9/16(土)中山・3歳上1勝クラス(芝2500m・混)戸崎圭太騎手 結果3着
この後はトレセン近郊のグロースフィールドで調整することになり、20日(水)に移動しました。

「この距離でも上手に競馬ができていましたし、終いもしっかり脚を使えていたので収穫は十分にあったと思います。勝ち馬は強かったですが先に動かれてしまいましたし、こちらの仕掛けも少し遅らされてしまいましたからね。戸崎はもう少し切れるイメージで乗ったようなので、もしかしたら目に見えない疲れもあったかもしれません。マイナス8kgだったように馬体もギリギリでしたし、北海道から頑張ってくれているので、ここは無理せずに一息入れてあげることにします。1800~2000mでも走れますが、頭数が少なくなりがちなこれくらいの距離でも勝てる力はあるので、次は何とか決めたいところ。問題なければ、11/11(土)福島・3歳上1勝クラス(芝2600m・混)を目指すつもりです」(相沢郁調教師)
2023/9/16 (中山競馬場)
馬体重:450kg
★9/16(土)中山・3歳上1勝クラス(芝2500m・混)戸崎圭太騎手 結果3着

「思っていた通り長い距離にも適性がありましたね。初めての距離でも上手に走ってくれましたよ。前回の感じからもう少し切れるイメージだったのですが、使いながら着実に力をつけていると思います」(戸崎圭太騎手)
2023/9/14 (美浦トレセン)
☆9/16(土)中山・3歳上1勝クラス(芝2500m・混)戸崎圭太騎手

10日(日)にWコースで4ハロン60.6-44.1-13.7を単走で馬ナリに追われ、13日(水)にもWコースで5ハロンから0.5秒先行して併せ、69.2-53.8-39.0-12.3を馬ナリに追い切りました。「この中間も順調にきていて、昨日無事に最終追い切りを消化しています。先週の時点でほぼ仕上がっていたため、今週はサッと息を整える程度におこないました。格上の馬を先行する形で運んだのですが、最後までしぶとく脚を使い先着したままゴール。引き続きいい状態をキープできていますよ。今回はジョッキーやスタッフの進言で距離を延ばしてみることにしたので、どんな走りをしてくるか楽しみにしています。この中間はほとんど晴れていましたし、今週末も雨は降らない予報なので、馬場の心配はしなくて良いでしょう。ここでいい競馬ができれば今後の選択肢も広がりますし、頑張ってほしいですね」(相沢郁調教師)
2023/9/8 (美浦トレセン)
3日(日)にWコースで4ハロン55.4-39.6-12.3を単走で馬ナリに追われ、6日(水)にもWコースで5ハロンから0.8秒追走して併せ、66.8-52.2-38.4-12.3を馬ナリに追い切りました。「紫苑ステークスに登録をおこない抽選となりそうだったのですが、台風の影響があり週末の天気が不透明だったため、今週は回避することにしました。1勝クラスの身ではあるものの現状の力でどれだけやれるか見てみたかったところではありますが、開幕週とはいえ馬場が悪化するのは嫌でしたし、来週改めての気持ちで臨みたいと思っています。9/16(土)中山・3歳上1勝クラス(芝2500m・混)に戸崎で向かう予定です。スタートがそこまで速くないですし、折り合いも付くので、長い距離は合いそう。例年は少頭数になっているので、競馬もしやすいはずです」(相沢郁調教師)
2023/9/1 (美浦トレセン)
8月31日(木)にWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、70.7-54.6-39.1-11.9を馬ナリに追い切りました。「北海道から帰ってきても元気いっぱいで、昨日より時計を出し始めています。終い重点の内容でしたが、しっかりと動けていましたよ。中2週となりますが、来週でも問題なく出走できそうな感じです。新聞社の話だと、今年は1勝クラスの馬も出走できるのではないかとのこと。ただ、前回乗った戸崎や厩舎スタッフからは『長い距離も良いかもしれない』との話があり、再来週の芝2500mは戸崎を確保できそうなことから、そちらも視野に入れているところ。まずは今週末締め切りの紫苑ステークスに登録を入れて、状況を見てまだご相談させてください」(相沢郁調教師)
2023/8/25 (美浦トレセン)
★8/20(日)札幌・3歳上1勝クラス(芝2000m・牝)戸崎圭太騎手 結果4着

「いい競馬を見せてくれているだけにここ2戦は残念な結果に終わってしまっていますが、力を付けているのは確か。戸崎も『このクラスを卒業するのは時間の問題』と言ってくれています。ただ、まだ馬場状況に影響されてしまいますし、開催が進んで馬場の荒れてきた札幌ではいいパフォーマンスを発揮できなさそう。今週末は雨予報も出ていて天気が下り坂となりそうな北海道は諦め、美浦に戻しています。この後は馬場の綺麗な中山開催の始めの方を目指していく予定。フルゲートにならない可能性のある紫苑ステークスでの出走も視野に入れながら、馬の状態を見て今後のことを決めていくつもりです」(相沢郁調教師)
2023/8/20 (札幌競馬場)
★8/20(日)札幌・3歳上1勝クラス(芝2000m・牝)戸崎圭太騎手 結果4着

「春のミモザ賞もそうでしたが、馬場が渋ると良くないですね。スタートで踏ん張りが利かずに位置取りが後ろになってしまいましたし、道中も追っつけながら何とか追走という感じでした。ジョッキーも『洋芝適性は悪くないけど、渋った馬場はもちろん、荒れた馬場も良くなさそうですね』と話していました。それでも最後は伸びてきていますし、状態が良かっただけに雨が恨めしいです。結果を出せずに申し訳ありませんでした」(相沢郁調教師)
2023/8/17 (札幌競馬場)
☆8/20(日)札幌・3歳上1勝クラス(芝2000m・牝)戸崎圭太騎手

16日(水)に札幌競馬場のダートコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、71.3-55.6-41.6-13.2を一杯に追い切りました。「先週末に無事に札幌競馬場に入場し、その後も順調にきています。最終追い切りは3頭併せで他2頭に遅れを取っていたので心配しましたが、騎乗した琉人からは『ほぼ仕上がっていましたが、しっかり負荷を掛けました。以前重い馬場で力を出せなかったように、ダートも合わないようでしたが、変わりなくいい状態だと思いますよ』と言われています。前走は位置取りが悪くもったいない競馬になってしまったので、今回改めて期待したいところ。洋芝適性があるのは分かっているので、あとは戸崎騎手に任せたいと思っています。ある程度の位置につけて、脚を伸ばしてきてほしいですね」(相沢郁調教師)
2023/8/11 (美浦トレセン)
11日(金)にWコースで5ハロンから0.8秒追走して併せ、70.0-53.8-39.2-12.3を強めに追い切りました。「これから札幌競馬場への輸送を控えているため、今週は変則日程で追い切りを消化しています。今朝一番で馬場入りをしましたが、相手を追い掛ける形で最後少し仕掛けられて同入に持ち込んでいますよ。いい動きでしたし、このひと追いでほぼ仕上がった感じ。明日こちらを出発する予定です。日曜日に現地に到着する予定で、来週サッと追い切ってレースに臨むつもりです。ここまで手元でじっくりと進めてきて出来が良いのは分かっているので、あとはこの状態をキープしてレースに臨みたいと思っています」(相沢郁調教師)
2023/8/4 (美浦トレセン)
7月30日(日)にWコースで5ハロン73.1-56.3-41.3-12.7を単走で馬ナリに追われ、8月3日(木)にもWコースで5ハロン71.5-55.4-40.2-12.5を単走で馬ナリに追い切りました。「先週末から軽めに時計を出し始め、今週は少し負荷を強めて追い切っています。在厩で調整を進めているので、緩んだ様子はありませんし、夏バテを含む状態落ちなどもないですよ。昨日の追い切りもキビキビとした走りで、いい動きでした。順調に進められていますよ。来週美浦で追い切りをおこない、週末に札幌競馬場へ移動する予定です」(相沢郁調教師)
2023/7/28 (美浦トレセン)
「北海道への輸送が続きますが、十分な間隔がありますし、前走の疲れはすっかり抜けています。今週も毎日のようにウッドコースで乗り込んでしいますが、一度使った事で状態はかなり上がっていますよ。現時点でもかなり具合が良いので次走が楽しみです。まだ時間があるためピッチは上げていませんが、来週からはレースを睨んで乗り進めていこうと思っています。レース当日は札幌記念があり、上位騎手も札幌にいることから、今回は戸崎に声を掛けてあります」(相沢郁調教師)
2023/7/21 (美浦トレセン)
「帰ってきてからも問題はなく、軽めの乗り運動をおこなっています。まだ時計になるようなところはおこなっていませんが予定しているレースまではまだ時間があるため、緩ませないよう進めつつ、再度の輸送に向けて充電を図っていますよ。厳しい暑さが続きますが、クタッと来る様子はありませんし、元気いっぱいです。一度使って良くなってきた感じもしますしね。もう少しこの感じで進めて、8月に入ってから徐々にピッチを上げていこうと考えています。レースの前週に札幌入りする予定で調整を進めています」(相沢郁調教師)
2023/7/14 (美浦トレセン)
★7/09(日)函館・3歳上1勝クラス(芝2000m・牝)横山琉人騎手 結果5着

「当日は福島競馬場にいたので、開催が終わってから琉人に確認をしたのですが『うまく乗れずにすみませんでした。前に行くようにとの指示は出ていたのですが、外々を回らされているうちにポジションを悪くしてしまいました』と話していました。指示通りに乗ってこなかったのはもちろんですが、頭数が多くない中であの競馬はないですし、しっかり注意してあります。申し訳ありませんでした。レース後も問題はなく、一旦12日(水)に美浦に戻しています。翌日軽く跨っていますが問題なさそうですね。輸送のこともあるので、しっかり間隔を空けてあげることにします。権利期間外にはなってしまいますが、次は8/20(日)札幌・3歳上1勝クラス(芝2000m・牝)を目指すつもり。洋芝であれだけの走りができますし、当日は札幌記念の日でもあるので、鞍上変更も考えています」(相沢郁調教師)
2023/7/9 (函館競馬場)
馬体重:452kg
★7/09(日)函館・3歳上1勝クラス(芝2000m・牝)横山琉人騎手 結果5着

「もったいない競馬でした。いい走りをさせられずに申し訳ありません。琉人には前につけるよう指示を出してあったのですが、どうしてあそこまでポジションが悪くなってしまうのか...。あんな位置にいるから直線でも前が狭くなって立て直さなければならなくなりますし、馬が良い出来だっただけに本当に残念です。ただ、ひと休みの効果で良化していましたし、このクラスで目処が立ったのは収穫でした。この後は一旦美浦に戻しますが、洋芝適性を確認できたので、馬の状態次第で札幌開催での出走を考えるつもりです」(相沢郁調教師)
2023/7/6 (函館競馬場)
☆7/09(日)函館・3歳上1勝クラス(芝2000m・牝)横山琉人騎手

5日(水)に函館競馬場のWコースで5ハロンから1.0秒追走して併せ、69.7-55.3-41.5-12.9を馬ナリに追い切りました。「先週末に無事に函館競馬場に到着しました。すぐに現地の環境にも慣れ、昨日はウッドコースで最終追い切りを消化しています。3歳未勝利馬を大きく追走する形を取り、道中もスムーズに運んで馬ナリのまま先着。調教後に琉人から連絡があり『リフレッシュ効果で、全体的に以前よりも良くなっています。いい走りができそうです』との報告がありました。休養効果で馬体をしっかり戻せましたし、トレセン出発時点でも良いボディコンディションだったので、ルーチェロッサの力は十分に発揮できるはず。デビューから2戦の内容を見ると、1勝クラスで全く通用しないことはないと思うので、改めて期待したいところ。洋芝は合いそうな気がしていますし、好勝負をしてきてほしいですね」(相沢郁調教師)
2023/6/30 (美浦トレセン)
25日(日)にWコースで4ハロン55.2-39.3-11.7を単走で馬ナリに追われ、28日(水)にもWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、71.2-55.1-39.3-11.5をゴール前仕掛けて追い切りました。「水曜日の追い切りは、今週デビュー予定の新馬に胸を貸す形で消化しています。相手に対して先行し、向こうが追い付くのを待っていましたが、ルーチェロッサは軽く仕掛けた程度でしたが、なかなか差は詰まらずそのままゴール。年上ということもあり、貫禄のあるいい動きでしたよ。状態はかなり良いですし、相手関係にもよりますが、来週は勝ち負けしてもおかしくない出来にあると思います。明日の夕方こちらを出発し、日曜日に函館競馬場に到着する予定。現地でしっかり態勢を整えて、レースに臨みたいですね」(相沢郁調教師)
2023/6/23 (美浦トレセン)
18日(日)にWコースで3ハロン43.4-13.4を単走で馬ナリに追われ、22日(木)にもWコースで5ハロンから1.2秒先行して併せ、68.8-52.8-37.8-11.5を一杯に追い切りました。「今週から負荷を強めていて、昨日は5ハロンからビッシリと追い切っています。帰厩後本格的に追ったのはこれが初めてだったので少しモタモタした感じでしたが、格下馬相手にしっかり先着しましたし、悪くない内容でした。順調な調整過程を踏めていますよ。来週もしっかり追い切り、週末に函館競馬場に移動する予定。洋芝コースは合いそうですし、やれるのではないかと思っています」(相沢郁調教師)
2023/6/16 (美浦トレセン)
15日(木)にWコースで5ハロン70.6-54.8-39.9-12.4を単走で馬ナリに追い切りました。「クラブ側と洋芝コースで見てみたいという話になり、7/9(日)函館・3歳上1勝クラス(芝2000m・牝)を目標とすることにしました。レースまではまだ時間があるので、昨日の追い切りは単走で終いを少し伸ばす程度にしています。動き自体は問題ありませんでしたし、前走後からの休養で幾分馬がしっかりしてきたように感じますよ。体調面も問題ないですし、来週から徐々にピッチを上げて、レースに向けて仕上げていきましょう」(相沢郁調教師)
2023/6/9 (美浦トレセン)
ノルマンディーファーム小野町で調整され、7日(水)に帰厩しました。

「状態が戻ってきたとの報告を受けていたことから、今週トレセンに戻しています。連戦の影響で減ってしまっていた体重が30kg近く増え、大分フックラとした状態で帰ってきましたよ。成長も窺えますね。今週末から徐々に負荷を強めて、しっかり態勢を整えていきましょう。1ヵ月ほど乗り込めば仕上がるでしょうし、函館開催や福島開催での出走を視野に入れながら進めていきたいと思っています」(相沢郁調教師)
2023/6/2 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:470kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。ようやくいい頃の雰囲気に戻ってきて、馬に活気が出てきました。馬体の張りツヤも良くなり、動きに関しても追い切るごとに着実な良化が窺えます。それでもまだ良化の余地を残しているため、引き続きしっかりと乗り込み、更に状態を上げていこうと考えています。
2023/5/26 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:473kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。今週から追い切りを開始しました。だんだんと馬体が良化してきて、状態も上向きといった印象を受けますし、追い切り後の歩様や息遣い、飼い葉食いなども特に問題ありません。このままコンスタントに追い切りを重ねながら、帰厩時期を検討していければと考えています。
2023/5/19 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:470kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。だんだんと体調が上向いてきたようなので、今週からは登坂本数を増やして負荷を強めています。ただ、内臓面の問題なのか、食べたものが体に反映されきっていないように思います。体つきもどことなく寂しく映るため、体質改善も図っていきたいところです。
2023/5/12 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:470kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今月初旬から騎乗調教へ移行しました。その後も特に気になるところはなく、乗り込みながら馬体重も470kgまで増やすことが出来ています。ようやく本来の調子に戻ってきたようですが、牧場レベルとしてはもう少し余裕を持たせてもいいかと思うので、この後も数字を見ながら負荷を強めていきます。
2023/4/28 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:465kg
現在はトレッドミルで調整しています。ウォーキングマシンの運動を継続していましたが、こちらのイメージほど馬体に変化がないので、少し動かしてどうなるか見てみることにしました。飼い葉は催促してくるぐらい食べており、疲れた様子は感じないので、このまま進めて問題がないようなら騎乗運動への移行も検討していきます。
2023/4/21 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:463kg
現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。普段の仕草からもだいぶ活気が出てきたように見受けられますが、馬体にはまだ冬毛が目立っていて、生え変わりもあまり進んではいません。内臓面のケアもおこなっていますが、本来の調子に戻るまでにはもう少し時間がかかりそうです。引き続き状態を確認しながら進めていきます。
2023/4/14 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:462kg
現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。体調面に関しては少しずつ良化が窺え、先週見せていた疲労も日を追うごとに抜けてきた印象を受けます。毛ヅヤなどはまだこれから良くなってくると思うので、もう少しの間は現状メニューで様子を見ながら進めていきます。
2023/4/7 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:451kg
現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。到着翌日から早速マシンでの運動を開始していますが、牧場へ戻って張り詰めていたものが緩んできたのか、毛ヅヤや体の張りなどを見ると疲れが表面化してきた様子。前走は馬場コンディションが悪いなかでのレースでしたし、真面目な性格の馬とあって相沢調教師の話にもあったように、目に見えない疲れを隠していたのかもしれません。まずは馬体回復を最優先に進めていきます。
2023/3/31 (ノルマンディーファーム小野町)
★3/26(日)中山・ミモザ賞(芝2000m・牝)横山琉人騎手 結果11着
この後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整することになり、30日(木)に移動しました。

「今回は馬場が馬場だったのですが、ここ2戦いい走りをさせられずに申し訳ありません。今回も追い切りで良い走りを見せていたので楽しみにしていたんですけどね。体は前走からマイナス12kgでも細過ぎるという感じには見えませんでしたが、入厩からゲート試験合格を経て前走まで在厩で調整でしたし、短期放牧を挟んで今回と、見た目には問題なさそうでも、目に見えない疲れがあったのかもしれません。レース後の反動を心配していましたが、大きなダメージがなかったのはホッとしているところ。脚元を含めて問題ありません。ただ、ここでしっかり休みを取った方が良いかなと思い、クラブ側とも相談をして福島県で進めてもらうことにしました。まずはしっかり回復を図ってもらい、また夏に全力で行けるよう立ち上げてもらうつもりです」(相沢郁調教師)
2023/3/26 (中山競馬場)
馬体重:442kg
★3/26(日)中山・ミモザ賞(芝2000m・牝)横山琉人騎手 結果11着

「馬場がかなり悪化した影響で全然進んでいかなかったようです。新馬戦は稍重、勝った時も良馬場とはいえ雨が降っていたので、こなせるのではないかと見ていたのですが、返し馬でノメッていたので”これは駄目かもしれない”と思いました。田んぼみたいな馬場でしたし、今日は参考外です。また4コーナーで前の馬の脚に引っ掛かり躓いてしまいましたが、今のところ上がりの歩様などは問題ありません。いい走りをさせられず、申し訳ありませんでした」(相沢郁調教師)
2023/3/23 (美浦トレセン)
☆3/26(日)中山・ミモザ賞(芝2000m・牝)横山琉人騎手

19日(日)にWコースで4ハロン56.4-40.7-12.2を単走で馬ナリに追われ、22日(水)にもWコースで5ハロンから0.3秒先行して併せ、66.0-51.5-37.3-11.5を馬ナリに追い切りました。「水曜日は今週の日経賞に出走するライラックに胸を借りる形で追い切りをおこないましたが、最後までしっかりした手応えで同入。重賞馬に決して見劣ることのない動きでしたよ。この日は他の馬も結構タイムが出ていたので、この時計だけを鵜呑みにはできませんが、それでも併せた相手を考えると上々の内容。具合は良いですし、これなら楽しみを持ってレースに臨めそうなので今週の出走を決めています。メンバーはまずまず揃ったと思いますが、今回は初勝利を挙げた条件。前走は結果的に初めての左回りに戸惑ったこともあるかと思うので、相性の良い中山に戻って改めて見直したいところです」(相沢郁調教師)
2023/3/17 (美浦トレセン)
12日(日)にWコースで5ハロン73.5-56.7-41.6-13.1を単走で馬ナリに追われ、15日(水)にもWコースで5ハロンから0.8秒追走して併せ、68.5-53.1-38.3-11.8を一杯に追い切りました。「先週末にこちらに戻していますが、思いの外育成場で体重が増えなかったことから、3/26(日)中山 ・ミモザ賞(芝2000m・牝)に照準を定めても良いかなと考え、今週しっかり追ってみました。古馬を追走する形で、しっかりした脚取りで楽々と先着。乗っていた琉人も『いい具合でしたよ』と話していました。この感じであれば来週でも十分に態勢は整いそうなので、出走する方向で特別登録をおこなおうと思っています。相手関係などを見て最終的な判断をするつもりです」(相沢郁調教師)
2023/3/10 (美浦トレセン)
馬体重:450kg
グロースフィールドで調整され、本日10日(金)に帰厩しました。

「この中間から調教進度を上げて進めていました。その分体重が減ったのでしょう。ただ、飼い葉はしっかり食べていましたよ。冬毛がまだ生えていて見栄えはあまり良くありませんが、体調面は問題ありません。あとはトレセンで進めていくとのことだったので、今日送り出しています。向こうでも十分に対応できる出来にあります」(グロースフィールド・担当者)
2023/3/3 (グロースフィールド)
馬体重:458kg
「現在はダートコースでダクとハッキングを3000m(18秒ペース)のメニューで調整中です。入場当初は初めての環境に戸惑ったのか、飼い葉をあまり食べてくれませんでした。ですので、先週いっぱいはウォーキングマシンの運動にとどめ、今週から乗り出しています。その後は問題なく進められていますが、体はレース体重よりわずかにプラスなだけですし、腹回りがスッキリしているので、460~470kgに膨らませたいと思っています」(担当者)
2023/2/24 (グロースフィールド)
★2/18(土)東京・フリージア賞(芝2000m・混)横山琉人騎手 結果8着
この後はトレセン近郊のグロースフィールドで調整することになり、22日(水)に移動しました。

「このメンバーを相手に現状でどんな競馬ができるか楽しみにしていたのですが、4コーナーでスムーズにいかず、立て直したロスが響きました。こういう切れ味勝負の馬場も向かない感じがするので、もっとポジションを取るべきだったと思います。決して左回りがダメという感じはしなかったので、いろいろ経験させていくことで変わってきそうです。初入厩からここまでずっと在厩で調整してきたので、ここで一息入れてあげることにします。ただ、そう長くは休ませないつもりで、問題ないようなら3週間ほどリフレッシュを図った後に、4/08(土)中山の牝馬限定戦の自己条件か、福島、阪神の芝2000m戦などを検討するつもり。次は良い走りをさせてあげたいですね」(相沢郁調教師)
2023/2/18 (東京競馬場)
馬体重:454kg
★2/18(土)東京・フリージア賞(芝2000m・混)横山琉人騎手 結果8着

「今日は前残りの瞬発力勝負の決着になってしまい、この馬には少し厳しかったです。もっと前目につけたかったですしね。また、4コーナーで内にいた馬が外に出してきた時に外に張って逃げてしまいました。立て直した分のロスもありましたし、いろいろ厳しい条件が重なりました。もう少しやれると思っていただけに今日は残念な結果でしたが、経験を積んでいけばもっと良くなっていくはずです」(相沢郁調教師)
2023/2/16 (美浦トレセン)
☆2/18(土)東京・フリージア賞(芝2000m・混)横山琉人騎手

12日(日)にWコースで5ハロン74.5-57.5-41.3-12.6を単走で馬ナリに追われ、15日(水)にもWコースで5ハロンから0.4秒追走して併せ、70.2-55.0-40.1-12.6を馬ナリに追い切りました。「今週の追い切りは琉人を背におこなっています。70-40くらいのところを予定していましたし、終いを少し伸ばしていい感じで最終調整を終えています。併せた相手には少し遅れましたが、全く無理はさせておらず、余裕残しといった感じですよ。ずっと在厩しているのに馬は本当に元気いっぱいですし、本当にいい流れの中で進められました。今回はクラシックに出走したい骨っぽい牡馬達がいますが、この馬も今後を見据える上で試金石の一戦となるはず。これまでの内容からここでどんな走りができるか楽しみにしていますし、この条件で好勝負ができれば展望が開けるので、頑張ってきてほしいと思っています」(相沢郁調教師)
2023/2/10 (美浦トレセン)
5日(日)にWコースで5ハロン72.7-56.6-40.6-12.5を単走で馬ナリに追われ、8日(水)にもWコースで6ハロンから2.0秒追走して併せ、83.6-67.0-52.5-38.6-12.1を一杯に追い切りました。「レース1週前になるので今週はビッシリと負荷を掛けておこうと思い、古馬を大きく追走する形で運び、直線で一杯に追って同入でフィニッシュしています。非常にいい動きでしたし、休みなく使ってきている中でもまだ上積みがある感じ。疲れなどを見せずに全然変わらない様子なのは本当に頼もしいですね。来週は整える程度にサッと追ってレースに臨むつもりです。次もいい走りをさせられるよう、このまま入念に調整していきます」(相沢郁調教師)
2023/2/3 (美浦トレセン)
2月1日(水)にWコースで5ハロンから0.6秒追走して併せ、67.8-52.5-38.4-12.3を馬ナリに追い切りました。「全2走で乗っている琉人と次走の話をしたのですが、デビュー戦ということを差し引いても1800mより2000m、距離が延びた方が良いのではないかと言われたので、クラブ側とも話して、2/18(土)東京・フリージア賞(芝2000m・混)に目標を定めて進めていことにしました。相手関係についてはまだ見えてきませんが、頭数はそこまで揃わないでしょうし、ここで東京コースの走りも見ていたいところ。いい走りができるようなら今後の展望も開けますし、挑戦してみたいと思いました。次で3走目となりますが、疲れなどを見せていませんし、今週から追い切りをおこなっています。併せ馬で消化していますが、相手のペースで、この馬は終始馬ナリで楽な感じで走ってきました。軽快な動きでしたし、態勢を整えるべくここからピッチを上げていきます」(相沢郁調教師)
2023/1/27 (美浦トレセン)
「この中間も変わりなくきています。目標のレースまでまだ時間があるので、坂路コースを中心に毎日乗り込みを重ねています。平日は大体2本登らせていますが、レースの疲れは日を追うごとに抜けてきましたし、乗りながら体もほぐれてきて、もういつでも再度立ち上げていけそうです。体調面も良さそうですよ。来週まではこのメニューのまま緩ませないように進め、再来週からピッチを上げつつレースに向けて仕上げていきたいと思っています」(相沢郁調教師)
2023/1/20 (美浦トレセン)
★1/14(土)中山・3歳未勝利(芝2000m・混)横山琉人騎手 結果:優勝

「先週はありがとうございました。ゲート試験合格後も手元で進めさせていただいていましたが、当初から走りそうな感触がありましたし、2戦目で結果を出してくれて本当に良かったです。この距離に対応してくれたのも今後のことを考えたら収穫でした。まだまだ楽しみな馬ですよ。レース後に続戦の可能性をお話ししましたが、週が明けてからも大きな問題はないことから、このまま在厩で進めていくことにします。直近には結構適鞍があるのですが、少し間隔は空けてあげた方が良さそうなことから、2/18(土)東京・フリージア賞(芝2000m・混)か2/26(日)中山・デイジー賞(芝1800m・牝)を目標とすることに。牝馬限定の方が良さそうにも思えますが、新聞社の話では今のところフリージア賞の方が楽そうとの話ですし、一度東京コースを試してみたい気持ちもあるので流動的に考えていくつもりです」(相沢郁調教師)
2023/1/14 (中山競馬場)
馬体重:454kg
★1/14(土)中山・3歳未勝利(芝2000m・混)横山琉人騎手 結果:優勝

「やはり走る馬ですね。距離も延びて良いように思います。センスが良いですし、今後が楽しみですよ。琉人は『初戦もスタートセンスのいいところを見せていて、今日もうまく好位につけられました。少しエンジンのかかりが遅いので、4コーナーから早めに仕掛けていきましたが、何とか交わしてくれて良かったです』と話していました。今回マイナス10kgでしたが、初戦で太かったのが絞れた感じ。飼い葉を食べずに減っているわけではありませんし、もう少し絞れても良さそうです。この条件は頭数が少ないのでこの内容ならチャンスがありそうですし、週明けの状態が悪くなければ続戦も考えるつもりです」(相沢郁調教師)
写真
2023/1/12 (美浦トレセン)
☆1/14(土)中山・3歳未勝利(芝2000m・混)横山琉人騎手

9日(月)にWコースで5ハロンから0.1秒先行して併せ、67.1-51.6-37.8-12.5を強めに追われ、12日(木)にもWコースで5ハロン71.5-55.8-40.6-12.8を単走で馬ナリに追い切りました。「先週は変則開催だったこともあり、月曜日に本追い切りを消化。今日は息を整える程度に単走でサッと追っています。前走後も変わりなくきていますし、むしろ1回使って上積みがある感じですよ。ゲート試験合格後もずっと在厩で進めていますが、へこたれることはありませんし、牝馬ですがタフな馬です。いい状態に仕上がりましたし、前進を期待して送り出すつもり。調教ではそんなところを見せたことはなかったのですが、前走は直線でモタれてしまったようなので、今回は真っ直ぐに走ってほしいなと思っています」(相沢郁調教師)
2023/1/6 (美浦トレセン)
★12/24(土)中山・2歳新馬(芝1800m)横山琉人騎手 結果4着

1月5日(木)にWコースで5ハロンから併せ、71.0-54.9-39.6-12.3を馬ナリに追い切りました。「レース後も大きな疲れはなく、翌週の水曜日からすぐに乗り出しています。その後の年末年始も順調に過ごし、昨日はウッドコースで70-40くらいのところを消化しました。動きは良かったですし、1度レースを使って更にピリッとした感じがあって、雰囲気は良いですよ。権利内に前走と同条件戦がありませんし、この前の走りを見ていると2000mでも問題なさそうなことから、来週1/14(土)中山・3歳未勝利(芝2000m・混)に向かおうと思います。次もいい走りをさせたいですね」(相沢郁調教師)
2022/12/24 (中山競馬場)
馬体重:464kg
★12/24(土)中山・2歳新馬(芝1800m)横山琉人騎手 結果4着

「惜しかったですね。初戦と考えるとまずまずの競馬ができたと思います。ジョッキーは、道中は内でジッと我慢して直線もそのまま走らせるつもりだったようですが、直線でモタれてしまって外に行ってしまったとのこと。最後はもっとギュッと来てほしかったのですが、追いづらくもなったようです。それでも脚は使っていましたし、センスの良いところは見せてくれました。やっぱり走ってきそうですよ。権利を取ってくれたので、レース後の状態を見ながら基本的には続戦の方針でいく予定。距離はもう少しあっても良いように感じました」(相沢郁調教師)
写真
2022/12/22 (美浦トレセン)
☆12/24(土)中山・2歳新馬(芝1800m)横山琉人騎手

21日(水)にWコースで5ハロンから0.9秒追走して併せ、68.0-52.9-38.6-12.4を馬ナリに追い切りました。「最終追い切りもウッドコースにて併せ馬でおこなっています。相手を追走する形で最後はしっかり先着に持ち込みましたし、ここまで乗り込んできたことで着実に良化を見せていますよ。先週までよりは少し時計が掛かっていますが、琉人より体重の重たい助手が乗ってのものなので問題はありません。ゲート試験合格後からしっかり積み重ねてきましたし、へこたれることもなく、いい状態に仕上がったと思います。僅かながらも除外の可能性があった中、無事に出走枠に入ることができてまずはホッとしているところ。いいものを持っていそうな馬なので、初戦から楽しみを持っています。追い切り後は鞍を着けて470kgでしたし、460kg台で出走させられそうですよ」(相沢郁調教師)
2022/12/16 (美浦トレセン)
11日(日)に坂路コースで4ハロン61.5-45.4-29.8-14.7を単走で馬ナリに追われ、14日(水)にはWコースで5ハロンから0.3秒追走して併せ、68.0-53.0-38.3-11.7を強めに追い切りました。「今週も先週と同じ相手に終い重点の追い切りを消化。向こうは先週のレースを除外となってしまって軽めの調整だったということはありますが、気合いをつけられるとしっかり反応し先着を果たしています。ジョッキー騎乗とはいえ、手応え的にはまだ余裕があったとのことですし、やはり走ってきそうですよ。ここまで至って順調にきていますし、日曜日にはサラッとやって、来週ウッドコースでしっかり整えてレースに送り出すつもりです」(相沢郁調教師)
2022/12/9 (美浦トレセン)
7日(水)にWコースで5ハロンから0.5秒先行して併せ、68.8-53.1-38.4-11.7で追い切りました。「今週も横山琉人を背に追い切りをおこなっています。霧が掛かる中でしたが、今週末にデビュー予定の馬と併せ、馬ナリのまま同入しましたよ。いい感じの動きでしたし、やっぱり良さそうな雰囲気を持っています。ゲートの感触も上々ですし、デビューが楽しみです。まだ時間があるので、このまましっかり乗り込んで態勢を整えていきましょう。来週はもう少し負荷を強めて追い切ってみるつもりです」(相沢郁調教師)
2022/12/2 (美浦トレセン)
11月27日(日)にWコースで4ハロン59.0-42.2-13.1を単走で追われ、12月1日(水)にもWコースで5ハロンから0.5秒先行して併せ、67.0-52.0-37.8-11.8を馬ナリに追い切りました。「今週は先週より負荷を強めて追い切っています。同じ2歳新馬を先行する形で運び、最後まで手応え優勢に走って先着しています。横山琉人は『まだ余裕がある感じです』と話していて、すっかり気に入った様子。走ってきそうな雰囲気がありますよ。変な癖などもありませんし、お母さんやお父さんの成績を見ると、やはり芝の中距離くらいから下ろしてみたいところ。12/24(土)中山・2歳新馬(芝1800m)でのデビューを考えています」(相沢郁調教師)
2022/11/25 (美浦トレセン)
23日(水)にWコースで5ハロンから0.2秒先行して併せ、69.5-54.4-40.4-12.5を馬ナリに追い切りました。「今週はウッドコースで新馬3頭併せをおこなっています。ルーチェロッサにはうちの横山琉人を乗せましたが、追い切り後は『まだ余裕がありますよ』と話していました。入厩当初は少しスクんだこともありましたが、ここ最近は反動などありませんし、徐々に体力がついてきたんでしょうね。この感じであれば負荷を掛けていけそうなので、このまま進めていこうと思っています。今のところ芝の中距離くらいに適性がありそうな感じがしますが、追い切りを重ねていった様子を見てまた相談させてください」(相沢郁調教師)
2022/11/18 (美浦トレセン)
昨日17日(木)にゲート試験を受験し、無事に合格しました。

「今週からゲート練習を始め、水曜日にもしっかり確認してみて問題なさそうだったことから、昨日受けてみたところ一発で合格してくれました。入厩からまだ1週間ですし、非常に優秀ですね。入り、駐立はスムーズで、今回3頭で受けたのですが、発馬も一緒に並んでゲートを出ていきました。ここまで至って順調で、今のところ何も悪いところはありませんよ。まだ余力がありそうなので、来週1本時計を出してみるつもり。その動きやその後の様子次第で、そのままデビューまで行くか、一旦リフレッシュを図るかを判断したいと思っています」(相沢郁調教師)
2022/11/11 (美浦トレセン)
ノルマンディーファーム小野町で調整され、昨日10日(木)に美浦・相沢郁厩舎に入厩しました。

「昨日無事にこちらに入厩してきました。まだ1日しか経っていないので何とも言えませんが、馬房内で変なことをしませんし、大人しい馬だなというのが第一印象です。牝馬で馬格もまずまずありますし、進めていきやすそうですね。今週いっぱいはこちらの環境に少しずつ慣らしていきながら軽めの運動で体をほぐし、来週からゲート練習をおこなっていこうと考えています」(相沢郁調教師)
2022/11/4 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:469kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整しています。入厩に向けて、今週も強めの負荷を掛けた追い切りを消化しています。こちらでの騎乗開始時や追い切りへの移行時は煩さを垣間見せていたところもありましたが、そういった面がマイナスの方へ向いていくことなく成長してくれたのもこの馬の強さと言えそうです。この後も追い切りを交えつつ、しっかりと乗り込んでいきます。
2022/10/28 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:469kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整しています。体力的にも15-15は問題なくこなせるレベルで、その上を求めてもしっかり対応できています。ゲート練習も枠入り、駐立とスムーズにこなせており、これなら入厩後の試験も早めにクリアしてくれるのではないかと思います。追い切りを消化しながら体に張りもあり、乗り込みながら良化してきているので、このまま厩舎から声が掛かるまでしっかりと状態を整えていきます。
2022/10/21 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:469kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整しています。今週も順調に進めることが出来ており、追い切りのペースもハロン13秒くらいまで上げて負荷を強めています。気持ちの面でも程よく気合いが乗っているレベルをキープしていて、上がり運動でもしっかり常歩を踏めているのは、体力が付いてきて精神的にも余裕が持てるようになってきた証拠でしょう。そろそろ厩舎から声も掛かるかと思うので、このまま乗り込んでいきます。
2022/10/14 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:473kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。まだ追い切りだと焦ってしまうのか、やや落ち着かない様子を見せるときもありますが、パニックになっているわけではありません。追い切り後は飼い葉をしっかり食べていますし、以前よりも馬体を大きく見せるようになり、筋肉量も増えてきたように映ります。入厩に向けて、この後も現状メニューで乗り込みながら鍛えていきます。
2022/10/7 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:473kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。体幹の問題なのか、周回コースだとまだ真っすぐな姿勢で走りきれない感じがありますが、乗り込んでいくなかで徐々に形は整ってきた印象も受けます。そのため今週からは坂路で追い切りを開始しており、これでトモがパンとしてくれば周回コースでの動きにも安定感が出てきそうです。
2022/9/30 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:484kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。周回コースだとまだ集中力を欠く面が残っているため、今週からは登坂本数を増やし、スタートとゴールが決まっている坂路で最後まで集中して走らせることを意識しながら乗っています。精神面が成長してドッシリしてくればまだまだ変わってきそうな体をしているので、負荷を掛けてそれがしっかり身になるよう乗り込んでいきます。
写真
2022/9/23 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:485kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。調教を継続しながら数字が増えているのはいい傾向と言えますが、もう少しメリハリを出していきたいところ。調教では段々と集中力が増してきているので、そういった面が馬体にいい変化をもたらしてくれるのではないかと思います。ここまでは比較的順調にきていますし、引き続き乗り込みながら更に成長してくれればと考えています。
2022/9/16 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:482kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。まだ馬場に出ると周りを気にしてか、ダク、キャンターとキョロキョロしながら走っています。数字の割に馬体はまだ華奢に映りますし、これからの成長の余地も残しているようです。もうしばらくはジックリ乗り込み、馬体、精神面の成長を促していこうと思います。
2022/9/9 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:476kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗開始後ここまで順調に乗れていますが、まだ体幹がしっかりしていない感じで、周回コースも坂路もフラフラとした走りになりがちです。更に鍛えていく必要がありそうなので、もう少し良化が窺えるまでは現状メニューでジックリと進めていきます。
2022/9/2 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:474kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今週からは坂路にも入れて徐々に負荷を強めています。同じ2歳馬と併走させていますが、まだ物見が多いように、コース周辺環境に慣れてくるにはもう少し時間がかかりそうです。飼い葉は食べているので、乗り込み自体はこのまま順調に進めていけると思います。
2022/8/27 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:477kg
この後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整を進めることになり、21日(日)に移動しました。

現在は馬場3周(ハッキング)のメニューで調整しています。輸送熱などの異常もなく、到着翌日よりウォーキングマシンでの運動を開始しました。数日楽をさせて輸送の疲れも取れたようなので、25日(木)以降は騎乗調教を進めています。環境の変化に慣れてくれば、来週辺りからは坂路にも入れていこうと考えています。
写真
2022/8/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本を18秒ペース(週1~2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間もスピード調教を欠かしてはいませんが、飼い葉食いやテンションに影響を与えることもなく、意図したトレーニングを積むことが出来ています。もう少し身が入ってくると理想的ですが、馬自身は徐々に軌道に乗り始めているため、近日中に小野町へ移動予定。更なる変わり身を求めて、あちらでみっちりと鍛えていきます。
2022/7/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:467kg
現在は坂路2本を18秒ペース(週1~2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「いかにも牝馬らしいというか、暑くなってきてもコンディションを落とさず、むしろ具合の良さを感じるようになりました。余計な部分に気を取られずに自分から前へ進もうとしていますし、あとはもう少し中身がパンとしてくればといったところ。空気がひんやりと感じられる頃からグッと実が入ってくるのではないでしょうか」と話していました。
写真
2022/7/16 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本を18秒ペース(週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。引き続き週1回はスピード調教をコンスタントにこなしています。先日ビーチパトロール産駒が芝1800mで新馬勝ちを収めましたが、本馬もジワジワと脚を伸ばすタイプで距離は長い方がいいという見立て。もう少し筋力が強化されてくればパフォーマンスは向上するでしょうし、来月上旬を目処に小野町へ移動させる予定です。
2022/6/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:491kg
現在は坂路2本を18秒ペース(週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「ジワジワと加速するタイプで瞬時に反応しきれてはいませんが、定期的にスピード調教をこなすようになってから動きは着実に良化しています。右肩上がりの体重増もストロングポイントになっていますし、体幹がしっかりしてくるまでジックリと向き合っていきます」と話していました。
写真
2022/6/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本を18秒ペース(週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。引き続き週1回の頻度で15-15のスピード調教をおこなっています。馬体に張りがあり、体重が増えてきたことが全体的にいい作用をもたらしている様子。ひと夏を越して背腰にもっと筋力が備わってくれば、パフォーマンスが高まってくるでしょう。
2022/5/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:472kg
現在は坂路2本を18秒ペース(週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「この中間より週1回は15-15のメニューを試みています。ペースアップを図ってから馬に走る気が出てきており、飼い葉をしっかりと完食しつつ体が増えてきている点も心強いかぎりです。疲労の兆候には注意を払いながら、今後も負荷を強めていこうと考えています」と話していました。
写真
2022/5/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(上限16~18秒ペース)のメニューで調整しています。やや頭の高い点が課題ではありますが、ストライドが大きく距離が延びても力を発揮しそうなタイプに映ります。よりダイナミックな走りに近づけるためにも背腰の強化は必須。スピード調教も取り入れつつ、意図的にトモを使わせることをテーマに取り組んでいきます。
2022/4/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:459kg
現在は坂路2本(上限16~18秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「今月下旬より終いだけサラッと伸ばす日を設けていますが、まだ背腰に甘さを抱えているため、無理のない程度で調整しています。一時期減少した馬体が右肩上がりに回復してきたように、合間に摂取させている青草は効果てきめん。これから更なる良化が期待できます」と話していました。
写真
2022/4/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も後躯をしっかりと使わせることを意識しながら、安定感のあるフォームを目指しています。これからハロン15秒台のメニューも課していく予定ですが、穏やかな気性の持ち主ですし、負荷を強めてもテンションが上がってしまう心配はないと見ています。
2022/3/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:451kg
現在は坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「欲を言えばもう少し重心が下がってくると理想的ですが、これはトモの使い方が向上すれば改善するものと見ています。後躯を動かすことを意識しながら調教に臨んでおり、鍛錬を重ねていけば推進力が増してくるでしょう」と話していました。
写真
2022/3/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。心身の充電を図る目的で、一旦マシン運動にとどめていましたが、この中間より騎乗調教を再開しました。ひと息入れた効果で一つ一つの動作がキビキビとしており、スピード調教への移行に向けて、いい形で下地が整ってきていると思います。
2022/2/28 (ノルマンディーファーム)
馬体重:454kg
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。担当者は「目立ったトラブルもなく順調に乗り込んできたため、ご褒美として今月下旬より心身のリフレッシュを図っています。ウォーキングマシンによる軽めの運動は継続しており、しっかりと充電させて来月より騎乗調教を再開する予定です」と話していました。
写真
2022/2/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も休むことなく乗り込みが進められています。まだ冬毛が目立って肌ツヤもパッとしませんが、常歩を踏ませていても一歩一歩がキビキビ。素軽さが伝わってくるため、スピード調教を開始できる態勢になれば、目を惹く存在になるかもしれません。
2022/1/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:466kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「このファミリーの特長で、馬体重の割にややスリムに見えますが、動きはとてもキビキビとしています。春を迎えて代謝が上がってくれば、自ずと馬体に張りが出てくるでしょう。今はしっかりと体力を蓄え、中身の充実に努めていきます」と話していました。
写真
2021/12/29 (ノルマンディーファーム)
馬体重:461kg
現在は夜間放牧と並行して馬場1周と坂路1本(上限23~25秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「やや左に張る点が課題でしたが、ハミ受けのバランスが改善されたことで、坂路を真っすぐに駆け上がれるようになりました。スピードのありそうなタイプで、これから先しっかりと体力が付いてくれば、その能力にも磨きがかかってきそうです」と話していました。
写真
2021/11/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:451kg
現在は夜間放牧と並行して馬場1周と坂路1本(ハッキング)のメニューで調整しています。担当者は「今月から馴致を立ち上げ、トラブルもなくすんなりとクリアしてくれました。環境が変わっても動じることなく、とても素直で扱いやすい馬です。ビーチパトロール産駒は比較的小ぶりに出るようですが、本馬は理想的なサイズに収まっていますし、これからまだまだ大きくなるのではないでしょうか」と話していました。
写真
2021/10/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:443kg
現在は夜間放牧をおこなっています。担当者は「今月下旬にオカダスタッドから移動してきたばかり。そのため今は夜間放牧のみにとどめて、新しい環境に馴染ませています。あちらではウォーキングマシンと洗い場馴致を進めていたと報告がありましたし、来月上旬からは本格的な馴致に着手したいと考えています」と話していました。
写真