現在表示しているページの位置

ディナースタ
牡馬 栗  2019/4/17生
カタログPDF

父:ドゥラメンテ × 母:ラヴァリーノ(母の父:Unbridled's Song)

生産:日高・クラウン日高牧場  所属:栗東・辻野泰之厩舎

  •  
  •  
総口数 400口 募集総額 2,200万円
募集状況 満口 1口出資額 55,000円

近況

詳細

2021/7/23 (栗東トレセン)
ブルーステーブルで調整され、本日23日(金)に栗東・辻野泰之厩舎に入厩しました。

「コンスタントに速いところを織り交ぜながら順調に進められました。今週は厳しい暑さとなりましたが、へこたれる様子もなく、元気に調教をこなしていましたよ。馬体にはまだ緩さが残りますが、大分引き締まってきましたし、トレセンでも対応できそうな感じに持ってこられたと思います。向こうでも頑張ってほしいですね」(ブルーステーブル・担当者)
2021/7/16 (ブルーステーブル)
馬体重:466kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m、坂路1~2本(18~20秒ペース、週に2回は15~17秒ペース)のメニューで調整中です。この中間もいい意味で変わりなくきています。体に柔らかみがあるのですが、トモには緩さが残っているところ。坂路でしっかり乗り込みながら鍛えていきたいと思っています」(担当者)
2021/7/9 (ブルーステーブル)
馬体重:468kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m、坂路1~2本(18~20秒ペース、週に2回は15~17秒ペース)のメニューで調整中です。調教に余裕が出てきたからか、この中間も体重は徐々に増加傾向。体も柔らかみがありますし、いい感じで進められています。トモがまだ頼りないのですが、変わってきそうな雰囲気が感じられるところ。引き続きしっかり負荷を掛けていきます」(担当者)
2021/7/2 (ブルーステーブル)
馬体重:460kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m、坂路1~2本(18~20秒ペース、週に2回は15~17秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から調教進度を上げていて、速いペースも織り交ぜています。相変わらず緩さは残っていますが、乗り込むごとに良化が窺えるところ。このまま継続的に乗り込んでいきます」(担当者)
2021/6/25 (ブルーステーブル)
馬体重:462kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m、坂路1本(20秒ペース)のメニューで調整中です。今週から坂路調教も取り入れて乗り込んでいますが、まだ緩さが残っていて、馬がしっかりしていないですね。その分まだ伸びしろを秘めていそう。パンとさせたいので、このまましっかりと負荷を掛けていきます」(担当者)
2021/6/18 (ブルーステーブル)
馬体重:461kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。先週いっぱいは楽をさせて、今週から騎乗運動をおこなっています。気性面では問題ありませんし、今のところ進めやすい馬だなという印象。ここからの伸びしろもありそうで、この先が楽しみです。来週から坂路調教も織り交ぜながら進めていこうと思います」(担当者)
2021/6/11 (ブルーステーブル)
馬体重:452kg
この後は茨城県・ブルーステーブルで調整することになり、本日11日(金)に移動しました。

「輸送熱などもなく、無事に到着しています。まだ緩さが残っている感じがしますが、それだけ伸びしろも秘めていそうですし、ドゥラメンテ産駒ということで楽しみな馬ですね。そこまで輸送減りもなさそうですし、問題ないようなら来週には騎乗運動を開始するつもりです」(担当者)
2021/5/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:462kg
現在は坂路2本(上限17秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「ようやく毛ヅヤが冴えてきましたし、馬体に張りも出てきたように、ここにきて体調がグンと上向いてきた印象を受けます。一旦ペースを控えて数字は460kg台に戻ったところですが、以前のお腹回りに余裕があった体型とは違い、全体的に良質な筋肉が付いて逞しい体つきに変わってきました。このまま上手く軌道に乗せていけるよう、調整を進めていきます」と話していました。
写真
2021/5/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本を18秒ペース(不定期で15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も速いペースでの調教はややセーブして、ハロン18秒くらいのところを乗られています。牡馬にしては体のラインが細く映る現状ですし、全体のフォルムからもまだまだ増えてきて良さそうな馬。もっと肉づきが良くなってくるよう、飼い葉をしっかり食わし込みながら進める予定です。
2021/4/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:445kg
現在は坂路2本を18秒ペース(不定期で15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間は週1回の頻度で15-15を進めていましたが、相変わらず馬体重の変動が大きく、数字が減ってしまいました。まだ冬毛が残る現状ですし、もう少し体調が上向いてくるまではあまり攻めすぎず、コンスタントにハロン18秒くらいで乗っていくつもりです。先日の阪神・芝2000m戦で半兄ジャックドールが9馬身差で勝ち上がっていたように、この馬も楽しみです」と話していました。
写真
2021/4/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本を18秒ペース(不定期で15秒ペース)のメニューで調整しています。今月上旬より不定期ながら15-15を開始しました。ギアが上がるまで多少時間を要するため、坂路の入り口では相手にワンテンポ遅れ気味。ただ、スピードに乗ってからはしっかりくらいついて動けているように、勝負根性のありそうな一面を見せています。
2021/3/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:460kg
現在は坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「調教では手前を替えるのが上手ですし、左右にブレることなく坂路を上がっている点は好感が持てます。あとは促してからもう少しスムーズに加速できるようになればといったところです。ただ、その辺りはこれから速めを乗られるようになってピリッとした面が出てくると、徐々に解消されると思います」と話していました。
写真
2021/3/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も順調に乗り込まれており、15-15開始に向けての下準備が着々と進められています。乗り手の指示に従順な気性と、跳びの大きいキャンターで坂路を駆け上がっている姿からは、いかにも中長距離が合いそう。ドゥラメンテ産駒の初重賞勝ち馬タイトルホルダーは当場の育成馬でしたし、本馬も同様の活躍が出来るようしっかり育てていきます。
2021/2/28 (ノルマンディーファーム)
馬体重:461kg
現在は坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「毎月の馬体重の変動は大きいですが、この中間も体調面に不安はありません。まだ体のラインは細く映るものの、見た目から受けるイメージよりも中身はしっかりしてきています。全体的なボリュームアップを図りつつ、15-15開始に備えていこうと思います」と話していました。
写真
2021/2/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。トモが力強くなってきましたし、夜間放牧を終了した今月初旬以降は一段階ペースを上げて調教が進められています。その後も坂路をバリバリ駆け上がっているように、なかなかのパワーがありそう。このままどんどん乗り込んで、追い切り開始に向けての下地づくりをおこなっていこうと考えています。
2021/1/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:470kg
現在は夜間放牧と並行しながら、坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「こちらの期待に馬が応えてくれたようで、苦しい時期を難なく乗り越えてくれました。先月から馬体重が大幅に増加していますし、ひと山超えてトモの力強さも増しており、坂路では推進力のあるフットワークを見せています。このまま右肩上がりの成長曲線を描いていけるよう、引き続きしっかりと乗り進めていきます」と話していました。
写真
2020/12/29 (ノルマンディーファーム)
馬体重:452kg
現在は夜間放牧と並行しながら、馬場1周と坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「先月よりも馬体重が減っているように、調教の負荷を強めてきてちょうど苦しいタイミングに差し掛かっているところだと思います。それでも、現状メニューにしっかりと対応できていますし、以前と比べると動きも素軽くなってきました。ここは問題なく乗り越えてくれそうですし、今後はコンスタントに18秒ペースで登坂できるよう、基礎体力の更なる向上に努めていきます」と話していました。
写真
2020/11/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:478kg
現在は夜間放牧と並行しながら、馬場1周と坂路2本(上限23秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「まだ馬体に緩さがありますし、中身が詰まってくるのももっと調教が進んでからになるでしょうが、背中が柔らかく素軽いフットワークには好感が持てます。しっかりと負荷を掛けて乗っていけば、先々はグッと良くなりそうな馬。来月からは更にペースを上げて、調教メニューを強化していきます」と話していました。
写真
2020/10/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:468kg
現在は夜間放牧と並行しながら、坂路2本(上限23~25秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「早い時期に馴致を済ませて騎乗も進めていたので、2週間ほどリフレッシュ休養に充てた後、本格的に乗り出しています。リフレッシュ効果で馬体重が増えていますし、ここからは徐々にペースも上げていくつもり。普段から大人しいタイプの馬ですし、馬体や調教の動きからも比較的長めの距離が合いそうです」と話していました。
写真