現在表示しているページの位置

タキザクラ
牡馬 栗  2021/2/3生
カタログPDF

父:マインドユアビスケッツ × 母:レーヌルネサンス(母の父:ステイゴールド)

生産:新ひだか・斉藤スタッド  美浦・稲垣幸雄厩舎

 

総口数 400口 募集総額 2,480万円
募集状況 申込受付終了 1口出資額 62,000円
綴り Takizakura
由来・意味 日本三大桜のひとつ福島県の三春滝桜より。母母母名より連想
 父は2022年のファーストシーズンサイアーに輝き、種牡馬として上々の滑り出しです。本馬はブリーズアップセールの騎乗供覧で好時計を余力十分にマークしました。回転の速いフットワークは目を引くものがあり、しなやかで柔らかみのある筋肉をまとう好馬体、皮膚の薄さはG1を制した祖母の血も強く感じます。馬体が細化したことから、回復に専念するため一旦北海道で調整しますが、血統背景からも古馬になって更に良くなるタイプ。芝、ダート問わずにマイルから中距離で長くいい脚を使える馬と見ています。