現在表示しているページの位置

ブレイズガールの21
牡馬 鹿  2021/3/8生
カタログPDF

父:キズナ × 母:ブレイズガール(母の父:ローレルゲレイロ)

生産:新ひだか・岡田スタッド  美浦・林徹厩舎入厩予定

 

総口数 400口 募集総額 2,320万円
募集状況

残り104口

1口出資額 58,000円

近況

詳細

2023/1/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:415kg
現在は夜間放牧と並行して坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「馬体はコンパクトでもアグレッシブな点がこの馬のいいところ。背腰に力が付ききっていないせいか重心はやや高めですが、それでも乗り出した頃に比べれば少しずつ体を使えるようになってきています」と話していました。
写真
2022/12/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:418kg
現在は夜間放牧と並行して坂路2本(上限23~25秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「休ませたことで右前の歩様は良化し、この中間より騎乗を再開しました。馬体重が増えてきた点は歓迎材料ですが、まだトモの力が不足しているため、ハミを取ると重心がやや高くなる傾向にあります。前脚の捌きは軽快で悪くありませんから、後ろさえしっかりしてくれば推進力が増してくると思います」と話していました。
写真
2022/11/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:415kg
現在はパドックをおこなっています。担当者は「今月下旬に疲れからかやや右前を気にする素振りを見せたため、その後は一旦騎乗を控えて様子見しています。小柄な体つきでもハートが強く、一生懸命に走るところが本馬のストロングポイント。そういう特性も踏まえて、歩様に見せなくなるまでは無理をしない方針です」と話していました。
写真
2022/10/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:410kg
現在は夜間放牧と並行して馬場1周と坂路1本(ハッキング)のメニューで調整しています。担当者は「先日ひと通りの馴致を終えて同期生と合流し、本格的なトレーニングへ移行しています。お母さんは大きな馬でしたが、本馬が初仔ということもあってサイズはやや小ぶり。ただ、気のいいタイプですし、基礎体力さえ伴ってくれば早めに始動できそうな雰囲気です」と話していました。