現在表示しているページの位置

フォーミーの20
牡馬 鹿  2020/4/8生
カタログPDF
会員様からのPRはこちら

父:ディスクリートキャット × 母:フォーミー(母の父:アドマイヤマックス)

生産:日高・碧雲牧場  美浦・青木孝文厩舎入厩予定

 

総口数 400口 募集総額 1,600万円
募集状況

残り132口

1口出資額 40,000円

近況

詳細

2022/5/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(上限15~16秒ペース)のメニューで調整しています。引き続き終いを伸ばす形のメニューを交えていますが、乗り込みが進んでもピリピリした様子はなく、精神的にもいい状態でトレーニングに取り組んでいます。気性面での成長が窺えますし、動きも良化傾向にあるため、今月下旬からは本格的に15-15を開始する予定です。
2022/4/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:452kg
現在は坂路2本(上限15~16秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「今月下旬以降は終い重点にハロン15秒ペースで乗る日を設けています。丹念にトレーニングを重ねてきて、全身を使ったフォームに変わってきましたし、短い首を使って一生懸命に走る姿は好印象。まだコロンとした体型ですが、乗り込みが進んで良質な筋肉が増えて、体つきにメリハリが出てきています」と話していました。
写真
2022/4/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(上限16~18秒ペース)のメニューで調整しています。今月上旬以降は日によってハロン16秒ペースまで時計を詰めていますが、ペースアップにも難なく対応しています。体力的に余裕が出てきたことが気持ちの面でのゆとりに繋がっている様子。リラックスした雰囲気でグループ調教に励んでおり、以前よりも気性面での成長が窺えます。
2022/3/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:451kg
現在は坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「以前は調教後にチャカつくときもありましたが、今は落ち着いて上がりの常歩運動をおこなえています。短距離馬らしい気の良さはあるものの、調教中は操縦性が高く、こちらの指示に対しても素直。左右の走行バランスもかなり解消されてきました。体型的に首が使いにくそうなので、意識して使わせるようにしていこうと考えています」と話していました。
写真
2022/3/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。左手前でもバランスのいい走りが出来るよう、引き続き騎乗者が意識しながら乗って改善に取り組んでいます。動き自体はキビキビとしていて、いかにも短距離向きのスピードがありそう。追い切り開始に備えて、今は土台づくりをしっかりおこなっていきます。
2022/2/28 (ノルマンディーファーム)
馬体重:454kg
現在は坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「調教では少しずつ首を使えるようになって、以前より背中も使って走れています。ただ、左手前のキャンターだと走行バランスがもう一つなので、その辺りを改善していきたいと考えています。もっとトモもしっかりしてくれば、フットワークに安定感が増してくると思います」と話していました。
写真
2022/2/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(上限22秒ペース)のメニューで調整しています。一度リフレッシュ休養を挟むことも検討していましたが、現状メニューにも慣れてきたようで、すぐに活気も戻ってきたことから、このまま乗り進めていくことになりました。この後は徐々にペースも上げていく予定ですが、前のめり気味のフォームになっているため、上体を起こして走れるよう促していく考えです。
2022/1/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:457kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限22秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「今月上旬からは坂路の本数を増やし、徐々にペースも上げていますが、それもあってここ最近は疲れが溜まってきた様子が窺えます。まだ馬体も幼いことから、近日中に一度リフレッシュ休養を挟み、更なる成長を促す予定です。調教が進んだことで、以前よりも背中やトモを使って走れるようにはなってきています」と話していました。
写真
2021/12/29 (ノルマンディーファーム)
馬体重:452kg
現在は夜間放牧と並行して馬場1周と坂路1本(上限25秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「やや敏感な一面はありますが、人には慣れているようで、馴致は至ってスムーズに終了しました。今月中旬以降は他馬と一緒に馬場入りして、グループ調教を進めています。まだ乗り出したばかりとあって、背中やトモなどを上手に使えてはいませんが、柔らか味のあるフットワークは好感が持てます」と話していました。
写真
2021/11/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:449kg
現在は夜間放牧をおこなっています。担当者は「皮膚病は早期にケアしたこともあって、症状が全身に酷く出ることはなかったですし、顕著だった顔の鼻と口付近もだいぶ治まってきました。これならハミなどが当たっても嫌がることはなさそうです。普段の仕草から敏感な一面がありそうなので、馴致は様子を窺いながら丁寧に教えていった方がいいかもしれません」と話していました。
写真
2021/10/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:445kg
現在は夜間放牧をおこなっています。担当者は「今月上旬に馴致を立ち上げましたが、顔に皮膚病の症状が出てしまい、全身にも出始めているため、今は一旦休止して回復に専念し、治まるのを待っているところです。生産馬ではありませんが、昨日30日(土)の阪神ダ1800m(2勝クラス)で半兄ムエックスが優勝して3連勝を飾りました。クラブ所属の半兄グラウシュトラールもそうですが、きょうだいは堅実に走る馬が多いので、この馬も活躍できるようしっかり育てていきたいです」と話していました。
写真