現在表示しているページの位置

ルヴェルジェ
牝馬 鹿  2019/2/28生
カタログPDF

父:Maclean's Music × 母:Wine Train(母の父:Tiz Wonderful)

生産:米国  所属:栗東・小林真也厩舎

 

総口数 400口 募集総額 2,480万円
募集状況 満口 1口出資額 62,000円

近況

詳細

2024/4/12 (栗東トレセン)
7日(日)に坂路コースで4ハロン58.3-41.6-26.1-12.8を単走で馬ナリに追われ、11日(木)にも坂路コースで4ハロン51.9-37.5-24.7-12.8を単走で馬ナリに追い切りました。「レースの一週前となるため、木曜日はある程度しっかり負荷を掛けて追い切りました。体に多少余裕がある状態でこちらへ戻したわりには、軽快でスムーズな走りができており、動きに関しては特に心配いりません。前傾ラップを刻み、脚色は最後少し甘くなってしまいましたが、けっしてバテてはいませんよ。今のところ脚元も問題なく、飼い葉食いは少し残してはいるものの許容範囲に収まっています。順調にこれていますし、予定通り来週4/21(日)京都・4歳上2勝クラス(ダ1200m・混)に荻野琢真騎手で向かいます」(小林真也調教師)
2024/4/5 (栗東トレセン)
馬体重:490kg
チャンピオンヒルズで調整され、本日5日(金)に帰厩しました。

「先週末から13-13を織り交ぜ始め、今週も同様のところを消化しています。体があるぶん動きは少し重いものの、あとは厩舎で進めていってもらえれば大丈夫そうです。脚元も問題ありませんよ。過去最高体重での送り出しとなりましたが、小林調教師からはフックラさせて戻してほしいと言われていたので、良かったと思っています。次のレースでも頑張ってほしいですね」(チャンピオンヒルズ・担当者)
2024/3/29 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:486kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで3000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から調教進度を上げて乗り込んでいます。体調面は良好ですし、状態も思いのほか良さそう。小林調教師からは『京都で出走させることにしたので、来週末には帰厩させる予定です』と言われています。週末には13-13を入れていきます」(担当者)
写真
2024/3/22 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:482kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで3000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も変わりなくきています。テンションは保っていますし、乗り込みながらも体がフックラとしてきて、今のところいい感じ。この感じをキープしながら乗り込みを重ねていきます」(担当者)
2024/3/15 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:474kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで3000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間もあまりテンションを上げ過ぎないよう注意しながら進めています。小林調教師とは、レース2~3週前に13-13を入れようと打ち合わせをしました。今は落ち着いていますが、13秒を入れ始めると煩くなるので、そこは気をつけていくつもりです」(担当者)
2024/3/8 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:470kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで3000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。テンションは相変わらず高いですし、坂路に行ったらぶっ飛んでいってしまいそうですが、淡々と乗り進めています。小林調教師からは『少し間隔を空けて使う』と言われているので、上手くガス抜きをしながら調整していきます」(担当者)
2024/3/1 (チャンピオンヒルズ)
2月24日(土)にチャンピオンヒルズに移動しました。

「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで2000~3000mのメニューで調整中です。テンションは思ったよりは落ち着いていますし、脚元も問題ないので今週から乗り出しています。久々の割に頑張れていましたし、万全ならこのクラスでもまだ楽しみを持てそう。いい状態で出走できるよう、しっかりと進めていきます」(担当者)
2024/2/23 (小倉競馬場)
★2/18(日)小倉・伊万里特別(ダ1000m・混)荻野琢真騎手 結果7着
この後は滋賀県・チャンピオンヒルズで調整することになり、明日24日(土)に移動予定です。

「こう言ってはなんですが、頑張ってくれましたね。久々で馬体が仕上がりきっていない中、無理せず流れに乗っていけたのはこちらとしても予想外でした。さすがに最後は止まってしまったものの、見せ場があってのこの着順と、このクラスでも噛み合えばチャンスはあると思いますよ。レース後も脚元など特に変わりありません。一度使って筋肉も良くなってきそうで、続戦としてもよかったのですが、もともと一戦一戦の消耗が激しく煮詰まりやすい性格。欲を言えばもう少し精神面の成長を求めたいところですが、うまくガスを抜いてあげながら使っていくほかないでしょう。ここは無理をせず、節稼ぎも含め一旦放牧とさせてください」(小林真也調教師)
2024/2/18 (小倉競馬場)
馬体重:470kg
★2/18(日)小倉・伊万里特別(ダ1000m・混)荻野琢真騎手 結果7着

「パドックや馬場入りではいつも通りかなりイレ込んでいました。正直その点に関してはもう少し成長を求めたいところですが、返し馬から徐々にテンションが落ち着いてきて、体力を温存したままレースに臨めたことは良かったです。近2走の内容からスタートの心配があったものの、今日はスタートを五分に切れており、ジョッキーが無理に促さずとも前目のポジションを取りに行けている。休み明けの分最後は止まってしまいましたが、このクラスでも十分やっていけそうですね」(小林真也調教師)
2024/2/15 (栗東トレセン)
☆2/18(日)小倉・伊万里特別(ダ1000m・混)荻野琢真騎手

10日(土)に坂路コースで4ハロン58.7-42.0-27.6-14.1を単走で馬ナリに追われ、14日(水)にも坂路コースで4ハロン51.0-37.1-24.9-13.0を単走で馬ナリに追い切りました。「水曜の最終追いも荻野琢真騎手に跨ってもらい調整を行っています。終いに軽く仕掛ける程度で、先週同様気分よく走らせることを重視した内容。坂路は普段より時計が出やすい馬場でかつジョッキーが騎乗してのものではありますが、全体時計は申し分ないですね。一週前より動きもスムーズになっており、状態は確実に上がってきています。ジョッキーも「十分折り合いをつけて走れていますし、ラスト1ハロンの動きも良かったですよ」と好感触。休み明けで絶好調とまでは行かないものの、十分態勢は整ったといえるでしょう。久々の分、フレッシュな気持ちでレースへ臨めることはこの馬にとってはプラスになるはず。とはいえ、これまでと同様当日のテンションが鍵になることは間違いありません。レース直前まで気が入りすぎないよう、慎重に進めていきます」(小林真也調教師)
2024/2/9 (栗東トレセン)
4日(日)に坂路コースで4ハロン52.4-38.9-26.6-14.1を単走で馬ナリに追われ、8日(木)にも坂路コースで4ハロン52.6-37.1-24.7-12.8を単走で馬ナリに追い切りました。「昨日の追い切りは乗り慣れた荻野琢真騎手が跨り、調子などを確かめてもらっています。もともと口向きに課題のある馬のため、無理せず気分よく走らせることを優先しました。長く休んでいた分息の入りは遅かったものの、動き自体は問題ないですね。獣医師のチェックではまだ筋肉が戻り切っていないのとのことだったので、引き続きレースまでしっかり乗り込んでいきます。予定通り来週2/18(日)小倉・伊万里特別(ダ1000m・混)に向かう予定です」(小林真也調教師)
2024/2/2 (栗東トレセン)
馬体重:490kg
チャンピオンヒルズで調整され、本日2月2日(金)に帰厩しました。

「この中間も順調に乗り込みを重ねられ、水曜日には4ハロン54秒を消化しています。速いところを消化してさすがに少しテンションは上がってきましたし、体に硬さも出てきたのですが、許容範囲ですよ。あとはトレセンで負荷を掛けていけば目標のレースまでに十分仕上がるでしょうし、いい形でバトンタッチができたと思います」(チャンピオンヒルズ・担当者)
2024/1/26 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:490kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで3000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。今週から更にピッチを上げて乗り込んでいますが、テンションが上がる事はありませんし、体重も減らすことはなくむしろ増加傾向。いい流れの中で進められていますし、来週末には帰厩となる予定です」(担当者)
写真
2024/1/19 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:480kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで3000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き体調面は問題なく、今週も順調に乗り込めています。もう少し体のボリュームを増やしたいところなので意識していくつもり。2月初旬に帰厩し、2/18(日)小倉・伊万里特別(ダ1000m・混)に向かう予定と聞いています」(担当者)
2024/1/12 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:484kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで3000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から速めのところを織り交ぜながら進めています。大きな問題はないものの、体重の割に体を小さく見せるところ。体調面は良好なので、このまま乗り込みつつ筋肉量を増やしながらボリュームを増していきたいと思っています」(担当者)
写真
2024/1/5 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:484kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで3000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。年末年始はリフレッシュも兼ねて一旦ペースを落としましたが、一昨日からピッチを上げ始めています。引き続き脚元は安定していますし、そろそろ15-15を織り交ぜていく予定。このまま乗り込みを重ねていきます」(担当者)
2023/12/22 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:484kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで3000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。今週から通常メニューで乗り込んでいますが、坂路だとやはり力むところが見受けられます。普段は気持ちがオフになるんですけどね。右前球節は相変わらず張りやすいものの、現状そんなに気にする必要はなさそう。今後は15-15も織り交ぜながら進めていきます」(担当者)
2023/12/15 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:480kg
この後は滋賀県・チャンピオンヒルズで調整することになり、13日(水)に移動しました。

「現在は角馬場でダクとのメニューで調整中です。水曜日にこちらに無事に入場してきて、今日からフラットワークをおこなっています。今週いっぱいは軽めに乗り、来週から少しずつピッチを上げていく予定。脚元はいい意味で変わりありませんし、様子を見ながら進めていきます」(担当者)
2023/12/8 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:478kg
この後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整を進めることになり、6日(水)に移動しました。

現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。輸送熱などの異常もなく無事到着しており、翌7日(木)からマシンでの運動を開始しました。この後は輸送の疲れが取れるのを待ち、馬体の回復状況を見つつ騎乗へ移行する予定です。
2023/11/30 (オカダスタッド)
馬体重:493kg
現在はウッドチップ坂路1~2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「この中間は多少雪がチラつく日もありましたが、ウッドチップ坂路には屋根が付いているので、これくらいであれば調教に支障はありません。それもあって当初の移動スケジュールからスライドしたものの、馬自身は状態面に不安もなく、来月上旬には小野町へ送り出す予定です」と話していました。
写真
2023/11/15 (オカダスタッド)
現在はウッドチップ坂路1~2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。脚元含め馬体に気になるところはありませんが、あまり詰めすぎてテンションを上げてしまわないよう、この中間もジワジワとペースアップを図っています。充電期間をしっかり設けたことで、心身ともにフレッシュな状態にある様子。なお、早ければ今週末にも小野町へ移動する予定です。
2023/10/31 (オカダスタッド)
馬体重:489kg
現在はウッドチップ坂路1~2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「こちらで調教を進めるのは初めてになりますが、ハミ受けがもう一つに感じられたため口内をチェックしたところ、少し尖った歯がありました。すぐに整歯をおこないハミ受けに改善が窺えましたし、騎乗開始当初と比べればだいぶリラックスして調教に取り組めるようにもなっています。コースもダート坂路から勾配のキツいウッドチップ坂路へ切り替えて徐々に負荷を強めており、このまま本州への移動を見据えて進めていきます」と話していました。
2023/10/15 (オカダスタッド)
現在はダート坂路2本(上限23秒ペース)のメニューで調整しています。今月上旬にウォーキングマシンでの運動時間を延ばした後、坂路入りを開始しました。乗り出して数日が経ちますが、どうしても力んで走ってしまうところがあるようで、騎乗者がリラックスさせることを意識しながらジックリと進められています。そのあたりを考慮しつつ徐々にペースアップを図る予定です。
2023/9/30 (オカダスタッド)
馬体重:493kg
現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。担当者は「今月中旬に日中放牧を開始したところ、すぐに体が490kg台まで増えてきたので、今は短時間ながらマシンに入れて運動もおこなっています。来月上旬以降は運動時間を延ばし、騎乗調教開始のタイミングを探っていきます」と話していました。
写真
2023/9/16 (オカダスタッド)
現在はパドック放牧をおこなっています。夜間放牧を開始するにあたり蹄鉄を外したところ、蹄底が薄く歩様がチクチクしたため、引き続きパドック放牧にとどめています。裸足にも慣れて歩様は良化してきましたが、涼しい気候になってきたので、当初の予定を変更して日中放牧をおこなうことを検討しています。
2023/8/31 (オカダスタッド)
馬体重:485kg
現在はパドック放牧をおこなっています。担当者は「この中間も午前の短時間のみパドックに放し、リフレッシュに充てています。なお、このタイミングでしっかり英気を養うことなり、来月上旬からは夜間放牧を開始する予定です」と話していました。
2023/8/15 (オカダスタッド)
現在はパドック放牧をおこなっています。到着翌日の12日(土)からパドック放牧を開始しました。連日の暑さを考慮して午前の短時間のみになりますが、競馬場の雰囲気とは異なり、のんびりとした様子で過ごしています。今後しばらくは現状の生活を続けて、心身の充電期間に充てる予定です。
2023/8/11 (オカダスタッド)
本日11日(金)に北海道・オカダスタッドへ移動しました。

到着後の馬体チェックで脚元などに異常はありませんでしたが、連闘させたこともあって体つきは寂しく映ります。この後しばらくはパドック放牧のみにとどめて、休養に充てる予定です。
2023/8/6 (札幌競馬場)
馬体重:468kg
★8/06(日)札幌・札幌スポニチ賞(芝1200m・混)荻野琢真騎手 結果11着
この後はオカダスタッドで調整することになり、11日(金)に移動予定です。

「今日も装鞍所までは落ちつきを保っており、二人引きで臨んだパドックも、テンションの高さは許容範囲内に収まっていたと思います。発送委員から命じられて馬場へ先出しを行い、ジョッキーが乗って多少硬直はあったものの、スムーズに返し馬まで終えられました。ポケットに入ってからも落ち着いた雰囲気のまま輪乗りできていましたし、前半の行きっぷりであれば十分勝負できそうな走りに映ったのですが、勝負どころから失速。ジョッキーは『芝の走りも悪くなく、適性はあると思います。ただ、今日は途中から気持ちが完全に途切れてしまい、バテてはいないのに自分から走るのを止めてしまっている。メンタル面さえ伴えば、このクラスでも勝ち負けできる力はあるはずですが』とコメントしています。今日に関しては、精神的パニックにならぬままレースまで行けたことが大きい。着順結果に関して大変申し訳ない気持ちでいっぱいですが、今後また競馬に向かううえで、今回ここを使った意味もあったと思っています。一旦牧場でリセットさせてやり、またいいタイミングでトレセンに帰厩させられればと思います」(小林真也調教師)

※「タイムオーバーによる出走制限」のため、2023年9月6日まで平地競走に出走できません。
写真
2023/8/3 (札幌競馬場)
★7/29(土)札幌・3歳上2勝クラス(ダ1000m・混)古川奈穂騎手 結果8着
☆8/06(日)札幌・札幌スポニチ賞(芝1200m・混)荻野琢真騎手

「先週は人気を背負っていたにもかかわらず、期待を裏切ってしまい申し訳ありません。原因がハッキリとは掴めていないものの、パドックでミストの動きに敏感になり過ぎていたのは、現地で馬の雰囲気を見ていても感じられたところです。ここで一旦リセットさせることも考えたのですが、気持ちが後ろ向きなまま放牧に出すのは、今後を見据えるうえでも得策ではないように思えます。函館からの調整過程や、当日装鞍所までの流れはけっして悪くなかったので、ここでルヴェルジェ自身の競馬に対するイメージを変えてやれれば。芝を試してみたい気持ち云々よりも、今回はそういった意味合いが大きく、この連闘策を判断させていただきました。昨日からまた角馬場とダートコースに入れて乗り運動を再開していますが、状態面で特に問題はありません。普段から稽古でも乗り慣れているジョッキーに騎乗を依頼しましたので、なるべく平常心でレース本番に臨めればと思います」(小林真也調教師)
2023/7/29 (札幌競馬場)
馬体重:476kg
★7/29(土)札幌・3歳上2勝クラス(ダ1000m・混)古川奈穂騎手 結果8着

「今日もレース前は装鞍所からパシュファイヤー着用で臨み、パドックへ出るまでは馬に落ち着きも見られました。ところが、ミストであったり他馬を気にしだして雰囲気が一変し、精神的にもパニックに陥ってしまったよう。馬場入場してからもなかなか進んで行けませんでしたし、ゲート裏へ行くまでの間に膠着して、ジョッキーを振り落としてしまっています。レース前にかなり消耗したところでのあのスタート。中間の調整は凄くうまくいっていただけに、非常に残念ですし、レースで力を発揮させられず申し訳ない気持ちでいっぱいです」(小林真也調教師)
写真
2023/7/27 (函館競馬場)
☆7/29(土)札幌・3歳上2勝クラス(ダ1000m・混)古川奈穂騎手

26日(水)に函館競馬場のダートコースで3ハロン38.0-12.6を単走で馬ナリに追い切りました。「この中間も荻野琢真騎手が跨って丁寧に調教を付けてくれています。その甲斐あって、競馬場でも毎日中身の濃いメニューをこなせており、水曜日の追い切りも非常にスムーズな動きができていました。使った上積みも十分見込め、前走以上の状態でレースに臨めると思います。昇級緒戦で力関係や時計の短縮がカギとなりますが、今回も斤量面で4kg恩恵がありますからね。スタートを決めて前々から運べれば、差のない競馬ができるのではないでしょうか。札幌競馬場へは明日移動予定。今のデキでどれくらい通用するか、不安よりも期待のほうが大きく、私自身楽しみにしています」(小林真也調教師)
2023/7/21 (函館競馬場)
本日21日(金)に函館競馬場のダートコースで3ハロン41.2-12.8を単走で強めに追い切りました。「角馬場からダートコースをハッキングキャンターで一周半。普段は荻野琢真騎手が跨り、そのメニューでルーティンワークを行っています。操作性が難しく、油断すればオーバーペースになりがちなルヴェルジェだけに、達者な彼が調教を付けてくれているのは非常に助かっている。今朝の追い切りでも掛かることはなかったですし、馬自身も日に日に環境慣れしてきているので、このままレースに向けて中身を整えていければ。来週後半に札幌競馬場へ移動し、予定どおり7/29(土)札幌・3歳上2勝クラス(ダ1000m・混)に古川奈穂騎手で向かうつもりです」(小林真也調教師)
2023/7/14 (函館競馬場)
★7/08(土)函館・3歳上1勝クラス(ダ1000m・混)古川奈穂騎手 結果:優勝

「今回はなるべくテンションを上げないよう、下見所から馬具を工夫して、返し馬もおこなわずにレースに臨みました。奈穂さんも上手にエスコートしてくれましたし、斤量差があったとはいえ完勝の内容。強い競馬を見せてくれたと思います。滞在であっても、ルヴェルジェの場合あまり在厩期間が長くなるのは、メンタルの部分であまりプラスに働きません。脚元への負担を考えれば、競馬場での調整も限られてくることから、連闘させる可能性も視野に水曜日まで慎重に馬の様子を見てきました。当然この機会に一度芝を試してみたい気持ちもあるのですが、クラブ側とも相談し、今回は中二週で7/29(土)札幌・3歳上2勝クラス(ダ1000m・混)に向かわせていただきます。昇級して時計の短縮が必要になってくるでしょうから、現状どれだけやれるものか。ひとまずは角馬場を丹念に乗りながら、心身に無理のないよう進めていくつもりです」(小林真也調教師)
2023/7/8 (函館競馬場)
馬体重:478kg
★7/08(土)函館・3歳上1勝クラス(ダ1000m・混)古川奈穂騎手 結果:優勝

「普段から気持ちの入りやすいところがある馬ですし、馬場入場まではパシュファイヤー、今日はレースでも他馬を気にしないようメンコにチークピーシーズ着用で臨んでいます。ジョッキーは『行き切って押し切るような競馬をイメージして、乗っている自分が邪魔をしないように、リズムよく走らせることができました。厩舎の方々と工夫しながら調整してきましたし、担当の厩務員さんも馬を一生懸命なだめてくださって、そのおかげで勝つことができたレースだと思います』とコメントしていました。もちろん4kg減で斤量面の恩恵は大きかったと思いますが、滞在効果もあり、落ち着いて競馬に臨めたことは今後につながってくるはずです。今回はもともと芝に挑戦するプランもあっての函館遠征でしたので、この後は連闘も視野に番組を検討していくつもりです」(小林真也調教師)
写真
2023/7/6 (栗東トレセン)
☆7/08(土)函館・3歳上1勝クラス(ダ1000m・混)古川奈穂騎手

5日(水)に函館競馬場のダートコースで4ハロン49.0-36.0-12.5を単走で馬ナリに追い切りました。「函館到着後も元気いっぱいの様子。水曜日は角馬場でウォーミングアップした後、ダートコースに入れて追い切りを実施しています。向正面からやや引っ掛かり気味に飛ばして行った分、最後は少し手応えがあやしく映りました。ルヴェルジェの場合はやはり手綱を引っ張れば引っ張るだけロスになってしまいますし、コントロール性の難しさも跨ってみてジョッキーは十分理解してくれたと思います。芝、ダート両睨みで番組を検討してきましたが、今回はダ1000m戦のほうに向かわせてください。3歳馬との比較でも斤量4kg減は間違いなくプラスに働くはずです。前半スムーズに流れに乗れれば好勝負可能と見ています」(小林真也調教師)
2023/6/30 (栗東トレセン)
25日(日)に坂路コースで4ハロン53.8-38.4-25.6-13.1を単走で馬ナリに追われ、28日(水)にも坂路コースで4ハロン52.3-37.7-24.9-12.4を単走で強めに追い切りました。「今回はとにかく元気が良くて、普段から跨っている助手も抑えるのに苦労するほど。それでも追い切りではテンの入りもしっかり我慢が利いており、最後まで加速ラップを刻めています。春にお預かりしたばかりなので比較こそ付きませんが、馬体の張りや毛ヅヤもいいですし、牝馬らしく夏の暑い時期に調子を上げてくるタイプのように思えます。明日1日(土)に函館競馬場へ移動する予定。来週の競馬に向かうつもりです」(小林真也調教師)
2023/6/23 (栗東トレセン)
チャンピオンヒルズで調整され、22日(木)に帰厩しました。

「帰厩して稽古初日を無事に終えています。まだ軽めのところを乗ったばかりですが、動きは非常にスムーズでした。毛ヅヤや馬体の張りからも体調面は凄く良さそうですね。今回は体付きも程よくふっくらして映り、シルエットが尖っていない。なるべくこのアドバンテージを保ったまま輸送させられればと考えています。来週末には函館競馬場へ移動する予定となっており、7/08(土)函館・3歳上1勝クラス(ダ1000m・混)もしくは翌日組まれている芝1200m戦に向かう予定です。近走内容からなるべく斤量面での恩恵が欲しいと考え、どちらの場合も今回は4kg減の古川奈穂騎手に依頼しています」(小林真也調教師)
2023/6/16 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:490kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで3000m、坂路コースを1本(17秒ペース、週1回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。来週には帰厩となる予定なので、この中間より速いところも織り交ぜながら乗り込みを重ねています。飼い葉をしっかり食べているので、体付きは張りがあっていい感じです。リフレッシュも図れていますし、いい状態で送り出せそうですよ」(担当者)
写真
2023/6/9 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:486kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで3000m、坂路コースを1本(15~16秒ペース)のメニューで調整中です。切れてしまった右口が大分良くなってきたことから、今週より坂路コースにも入れて進めています。ただ、坂路に入れるとテンションが高くなってくるため、現状は週2回にとどめて、あとの日は周回コースで進めています。うまくコントロールしながら乗り込んでいきます」(担当者)
2023/6/2 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:470kg
5月27日(土)にチャンピオンヒルズに移動しました。

「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで3000mのメニューで調整中です。前走で右口が切れてしまっていて、これで坂路に行くのは怖いため、まだ周回コースのみの調教です。今はゴム銜を使用して刺激にならないよう調整しています。まずは口を治して、その後ピッチを上げていくつもりです。6月中旬以降に帰厩となる予定なので、しっかり態勢を整えていきます」(担当者)
2023/5/26 (栗東トレセン)
★5/20(土)京都・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)西村淳也騎手 結果4着
この後はトレセン近郊のチャンピオンヒルズで調整することになり、明日27日(土)に移動予定です。

「二番手に控えて自分のリズムで走ることはできましたが、勝負どころから追い出すとまた詰めの甘さが出てしまう内容でした。ジョッキーは『いいスピードはありますが、それをコントロールするのが難しいタイプ。それでも落ち着いて競馬に臨めさえすれば、すぐにチャンスが来ると思う』とコメントしています。レース後もとりわけ大きなダメージは見られず、今朝も普通キャンターで坂路を1本登板しました。状態面で特に気になるところはないのですが、トレセン在厩期間が長くなると、煮詰まってしまいテンションも高くなりがちに。一呼吸おいて次走は函館で競馬をさせたいと思っています。これまでの感じからダ1000m戦では距離が多少忙しいものの、洋芝適性を確認したい考えもある。輸送をするうえでもう少し体にアドバンテージが欲しいところですし、まずは慎重に帰厩のタイミングを図っていきましょう」(小林真也調教師)
2023/5/20 (京都競馬場)
馬体重:476kg
★5/20(土)京都・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)西村淳也騎手 結果4着

「短期放牧を挟んでの10日競馬となりましたが、落ち着きがあっていい状態でレースに臨めたと思います。今日はテンに主張してきた勝ち馬を見る形で二番手からの競馬。馬の後ろで我慢は利いていたものの、前半36秒0と流れがスローに落ち着きましたので、結果的に前を楽に行かせすぎた印象です。稽古同様どうしても一本調子になりがちですが、こういった競馬を続けていけば、終いまでしっかり脚を使えるようになると思います。週明けの状態次第ですが、できれば権利行使させたいところ。また次を検討していきましょう」(小林真也調教師)
2023/5/18 (栗東トレセン)
☆5/20(土)京都・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)西村淳也騎手

14日(日)に坂路コースで4ハロン51.2-37.5-24.9-12.7を単走で馬ナリに追われ、17日(水)にも坂路コースで4ハロン53.5-38.7-25.2-12.5を単走で馬ナリに追い切りました。「追い切りに跨った難波剛健ジョッキーからは『ハミを右しか噛まずに乗り難しいタイプ。それでも折り合いが付きましたし、スピードはこのクラスにいる馬ではありません。休み明けでも力を出せるデキにあると思う』と話されています。普段は大人しいルヴェルジェですが、人が跨った瞬間に雰囲気が豹変してしまいます。煮詰まっている状態でこちらがそれ以上踏み込めば、明後日の方向へ体をよじって拒絶しようとする。前走の失敗を経てソフト仕上げで今回レースに臨むため、そのあたりが上手くいけば。体が程よくフックラして映り、脚元の状態もいまのところ落ち着いている。稽古のように折り合いを付けて運べれば、十分勝負になっていいと思います」(小林真也調教師)
2023/5/12 (栗東トレセン)
チャンピオンヒルズで調整され、5月10日(水)に帰厩しました。

「帰厩して初日、二日目の調教を終えましたが、今のところ穏やかなテンションで馬場入りできています。週末から速いところを消化して、レースまで実質2本。やや急ピッチ気味の調整ではあるものの、チャンピオンヒルズでしっかり乗り込んでもらっているので、中身はだいぶ整っています。ルヴェルジェの場合、煮詰まると急に気配が一変する傾向にありますから、このフレッシュな状態のまま一度レースまで持っていきたい。それゆえに今回ソフトな調整過程とさせていただく旨、ご理解くださいますようお願い申し上げます。来週5/20(土)京都・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)を西村ジョッキーで予定しています」(小林真也調教師)
2023/4/28 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:478kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで3000m、坂路コースを1本(16秒ペース、週2回は13秒ペース)のメニューで調整中です。今週より速いところも織り交ぜながら進めています。小林調教師とも『この馬はフォームなどを変えない方が良い』という話になり、このまま進めていくことに。速いところは、良く言えばこの馬らしいフォームで走っていました。体は少し減らしましたが、楽をさせた効果かテンションは前回ほど煮詰まっていないのは良かったところ。来週帰厩となる予定です」(担当者)
写真
2023/4/21 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:484kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで3000m、坂路コースを1本(16秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から坂路コースでの調教を織り交ぜながら進めています。飼い葉食いが良好なように、体調面も問題ないので、このままペースを上げていくつもりです。今週来場した小林調教師は『体が良くなりましたね。5/20(日)京都・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)で使いたいと思います』と話していました。目標が決まったので、しっかり態勢を整えていきます」(担当者)
2023/4/14 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:484kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで3000mのメニューで調整中です。今週から本格的に乗り出していますが、大きな問題もなくきています。元気がありますし、飼い葉食いも悪くはありません。前回は気持ちが入り過ぎていたため、トレッドミルでの運動も織り交ぜながら、うまくガス抜きしつつ進めています。様子を見ながら徐々にピッチを上げていきます」(担当者)
2023/4/7 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:486kg
「現在はトレッドミルでの後に、角馬場でダクのメニューで調整中です。じっくりとフラットワーク中心のメニューで進めています。運動開始当初は小うるさかったのですが、大分落ち着いて調教に取り組めています。当初はいろいろ試すことも考えていたのですが、小林調教師とも、ハミなどあんまりいじらないで進めていこう、という話になったので、しばらくは今の感じで乗っていきます。この馬は時計を入れ始めてからが勝負なので、まずはそこに行くまでの下地作りをおこなっていきます」(担当者)
2023/3/31 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:486kg
「現在は90分のウォーキングマシン運動をおこなっています。今週も現状のメニューで進めていて、週末まではこの感じで行く予定。その甲斐あってか体重は大幅に増えてきて、いい感じになってきました。脚元も落ち着いていますし、いい休養に充てられたと思います。状態に問題がないようなら、週明けから騎乗運動をおこなう予定です」(担当者)
写真
2023/3/24 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:474kg
「現在は90分のウォーキングマシン運動をおこなっています。まだレース後の疲れが抜けてこないことから、回復をメインに進めています。まだ軽めの運動だからか、飼い葉食いは良くなってきました。この機会に体をしっかりと膨らまし、その後徐々に負荷を強めていこうと思っています」(担当者)
2023/3/17 (チャンピオンヒルズ)
★3/12(日)中京・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)松山弘平騎手 結果8着
この後はトレセン近郊のチャンピオンヒルズで調整することになり、16日(木)に移動しました。

「スタートから好ダッシュを決めてハナへ。自分の形で競馬は運べたのですが、直線で後続を引き離せずに、ゴール前は脚色が鈍ってしまいました。前走との斤量差もあったでしょうし、それ以上に今回はレース前の消耗が激しかったように思います。一番人気に支持されたにもかかわらず、いいところをお見せできずに申し訳ありません。一旦立て直して、新潟開催を目標とさせてください。ポテンシャルの高さが実戦でうまく発揮できていない現状、馬場入場の際も先出しするなど、いろいろまた策を練って次戦に臨むつもりです」(小林真也調教師)
2023/3/12 (中京競馬場)
馬体重:468kg
★3/12(日)中京・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)松山弘平騎手 結果8着

「転厩初戦、人気を背負って臨んだのですが結果を出せず申し訳ありません。スタートして無理なくハナに立ち、道中もそれほどオーバーペースで行ってはいないのですが、ゴール前は粘ることができませんでした。残り100m付近からジョッキーが後ろを振り返っていたのは、他馬が危ない進路に入ってきそうでそれを避けていたため。ルヴェルジェ自身に不利があったり、行儀悪く走ったりというのはなかったと話されています。今日は装鞍所から雰囲気が一変し、パドックから地下馬道でテンションがさらにヒートアップしてしまう状態。返し馬を終えてようやく落ち着きを取り戻したものの、そこまでにかなり体力を消耗していたと思います。前厩舎からも引継ぎされてはいたのですが、レース前のテンションの高さはこちらの予想値を超えていた。馬場に先出しするなど、次はしっかり対策を練っていこうと思います」(小林真也調教師)
2023/3/9 (栗東トレセン)
☆3/12(日)中京・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)松山弘平騎手

5日(日)に坂路コースで4ハロン57.2-40.6-26.5-13.2を単走で馬ナリに追われ、9日(木)にも坂路コースで4ハロン52.7-38.9-25.7-12.8を単走で馬ナリに追い切りました。「先週同様、今朝は松山ジョッキーが騎乗して追い切りを実施しました。時計云々よりも、いかにまっすぐ走れるかに重きを置く内容でしたが、先週とは行きっぷりからして違います。ジョッキーも『自分からスッと動けていた。ハミを替えて操縦性もだいぶ良くなりましたね』と好感触のコメントを伝えてくれましたよ。中間は飼い葉食いも安定してきており、脚元もいまのところ落ち着いている状態です。転厩初戦で前走との比較こそ付きませんが、いい状態でレースに臨めると思います」(小林真也調教師)
2023/3/3 (栗東トレセン)
3月2日(木)に坂路コースで4ハロン52.6-38.5-25.2-12.4を単走で馬ナリに追い切りました。「初めての環境に少し戸惑ったのか、先週入厩した際はあまり飼い葉桶に口を付けずといった様子でした。そのためこの中間にガストロガード(胃潰瘍予防及び治療薬)を投与。それが効果テキメンだったようで、だいぶ飼い葉食い旺盛になってきましたね。昨日の追い切りは松山弘平ジョッキーに騎乗を依頼し、口向きや手前変換、終いの伸び脚など確認してもらっています。ハミはより制御力の強いトライアビットで試したところ、『自分の感覚以上に時計が出ていましたし、スピードがありますね。口向きに課題があってたしかに乗り難しいタイプですが、何とかなるレベルです。稽古では手前もスムーズに替えて、最後まで気を抜かずしっかり走れていました』と感触も悪くありません。予定通り来週3/12(日)中京・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)に向かうつもりです」(小林真也調教師)
2023/2/24 (栗東トレセン)
チャンピオンヒルズで調整され、22日(水)に栗東・小林真也厩舎に入厩しました。

24日(金)に坂路コースで4ハロン55.9-40.0-26.3-13.6を単走で馬ナリに追い切りました。「良質な筋肉を纏っていて、皮膚の薄いアスリートタイプ。いい馬を預けていただき、本当にありがとうございます。さっそく稽古は初日、二日目とも坂路を1本登板しました。今朝は自分が跨って時計消化を実施。チャンピオンヒルズの担当者や、前走騎乗した永島ジョッキーからも聞いていたのですが、口向きの難しさがまず課題に挙げられますね。操縦性が良くなるように、明日から制御力の強いリングハミに替えてみようと思います。また、手前替えがあまりスムーズでないのもルヴェルジェの特徴です。そこは右前に弱さを抱えているのもあるでしょうし、手前をゴリゴリ替えてというよりは、左右のバランスだったり修正できるところを改善していくつもり。予定している3/12(日)中京・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)に向けて、しっかり態勢を整えていきましょう」(小林真也調教師)
2023/2/17 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:480kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで3000m、坂路コースを1本(18秒ペース、週2回は13秒ペース)のメニューで調整中です。調教強度を上げられたことは良かったのですが、ピッチを上げたことで飼い葉食いが減ってしまいました。思ったほど体重が増えないので、牝馬らしく繊細だなと感じるところがあります。今回競馬に使った後は、少し長い休みを入れてあげてもいいのかもしれませんね。体調は良いですし、早ければ来週には入厩となりそうです」(担当者)
2023/2/10 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:480kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで3000m、坂路コースを1本(18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。体重は増えたのですが、もう少しボリュームアップを求めたいところ。我慢させながら進めていて、角馬場でじっくりほぐしてから、周回コースを長めに乗っています。トモの使い方も良くなっていますよ。予定通りに来週か、再来週にはトレセンへ送り出しとなりそうです」(担当者)
2023/2/3 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:476kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで3000m、坂路コースを1本(18秒ペース)のメニューで調整中です。体をもっとボリュームアップさせたいと思っています。9日(木)に小林調教師が来場して『あと2~3週間ほどそちらで進めてください。もう少し我慢させる競馬を覚えさせれば、もっとやれていい馬だと思います』という話があったので、ハミ受けなどを修正していきます」(担当者)
2023/1/27 (チャンピオンヒルズ)
★1/22(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)永島まなみ騎手 結果4着
今後の出走方針およびスケジュールについて杉山晴紀調教師と協議した結果、ここで他厩舎に環境を変えて再出発を図ることになりました。
栗東・小林真也(コバヤシシンヤ)厩舎への転厩が決定しています。
この後はトレセン近郊のチャンピオンヒルズで調整することになり、26日(木)に移動しました。

「今回のレース内容から、1000m戦ではルヴェルジェにとって距離がやや忙しい印象を受けました。終始自分のリズムで走れていない。それでも3コーナーへ入る際、手前をスムーズに替えられていれば、もう少し際どい競馬になっていたはず。このクラスで力上位は間違いなく、適鞍の条件(ダ1200m)さえ狙っていけばすぐに順番が来ると思います。レース後も脚元など特に変わりはなく、直近の番組から選択するならば、次走は3/12(日)中京・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)を目標にということでクラブ側とも意見は一致しました。ただ、検疫が混み合っており、かつ自厩舎の都合からも、予定どおり帰厩させられるかお約束しがたい現状です。今後も活躍が見込めるルヴェルジェをここで手放すのは本当に心苦しいのですが、馬のためになればとこのタイミングで転厩を打診させていただきました。大変申し訳ありません」(杉山晴紀調教師)
2023/1/22 (小倉競馬場)
馬体重:472kg
★1/22(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)永島まなみ騎手 結果4着

「五分のスタートからスッと番手につけて、形だけ見れば前半うまく立ち回れていたように思えます。ただ、好転するのではとこの条件に向かったものの、1000m戦だとルヴェルジェには少々忙しかった。ジョッキーも『この距離でも対応できるスピードは持っていますが、走りのリズム自体は1200mの方がよかったです』とコメントしています。まだ脆い面もあるので、負けるとするならばこのパターン。絶好の内枠が引けましたし、流れのままハナに行って前走のような競馬がしたかったですね。ここのところ脚元や体調面はずっと安定しており、あまり間隔を空けずに使っている。今日も状態自体は良かったですが、上積みという点でそれほど大きくはなかったかもしれません。煮詰まりやすいタイプだけに、一旦ここで休ませて成長を促せればと考えています」(杉山晴紀調教師)
2023/1/19 (栗東トレセン)
☆1/22(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)永島まなみ騎手

15日(日)に坂路コースで4ハロン54.3-39.7-25.2-12.6を単走で馬ナリに追われ、19日(木)にも坂路コースで4ハロン52.9-38.6-25.7-13.0を単走で馬ナリに追い切りました。「前走同様、体が少しスッキリしすぎて映ります。そこはまだルヴェルジェが抱える体質面でのウィークポイントなのかもしれませんが、脚元に関しては今のところ変わりなく落ち着いている。絶好調とはいかないまでも、十分動ける態勢にあるので今週から投票していきます。今回は1F距離を短縮する点がどう出るか。けっしてスピード負けはしないはずですから、追ってから内へモタれる面を見せなければ。近2走悔しい競馬が続いていますし、ここでしっかり決めてきてもらいましょう」(杉山晴紀調教師)
2023/1/13 (栗東トレセン)
チャンピオンヒルズで調整され、12日(木)に帰厩しました。

「前走後なかなか数字が回復せずに、当初の予定より一週延ばして帰厩させています。検疫馬房の関係から昨日午後にトレセン移動。さっそく週末から時計を消化していきますが、近々にあまり混合の適鞍が組まれていないため、あとは節の関係でいつ番組を使えるかですよね。煮詰まりやすいタイプのルヴェルジェですし、今回もあまり攻め過ぎずに態勢を整えてレースまで持っていけたらと思います。馬の状態と出馬状況次第では、1/22(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)から投票していくつもりです」(杉山晴紀調教師)
2023/1/6 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:490kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで3000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。入場後も脚元の状態に問題が見られなかったことからすぐに乗り出し、ピッチを上げながら進めています。口向きの悪いところがあるので、そこが改善してくればもっと走っておかしくない馬です。今週末か来週には帰厩の予定と聞いています」(担当者)
2022/12/23 (チャンピオンヒルズ)
★12/17(土)中京・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)永島まなみ騎手 結果2着
この後はトレセン近郊のチャンピオンヒルズで調整することになり、21日(火)に移動しました。

「ゲートを出てジョッキーが軽く促しただけでハナへ。そこは前走で積極的に出して行った競馬がつながったと思います。もちろん主張してくる他馬(ラブミードール)との兼ね合いはありましたが、前半34.9で後半が37.7の前傾ラップでしたからね。今回は勝ち馬の決め手を褒めるべきでしょう。ルヴェルジェもゴールまでよく止まらず踏ん張ってくれました。力を付けています。レース後はテンションが高く、いつものように右前球節も少し張っている状態です。変則日程で権利期間内に合う条件の番組がありませんし、一旦また近郊でよくケアしてもらい、年明けの帰厩予定としましょう。例年の出馬状況からは、古馬1勝クラスならそれほど節を必要とせず使える公算です」(杉山晴紀調教師)
2022/12/17 (中京競馬場)
馬体重:472kg
★12/17(土)中京・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)永島まなみ騎手 結果2着

「相手が主張してくるのも分かってはいましたが、こちらも今日は1枠1番でしたからね。あの形からジョッキーは上手なペースで乗ってくれたと思います。勝ち馬の決め手にやられはしたものの、前走で出して行ったことが今回しっかりつながってくれている。こういう競馬ができればすぐにチャンスもくるはずです。-8kgと数字を今回戻しきれなかったので、週明けまた様子を見て、権利行使するかなど考えたいと思います」(杉山晴紀調教師)
2022/12/15 (栗東トレセン)
☆12/17(土)中京・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)永島まなみ騎手

11日(日)に坂路コースで4ハロン52.9-38.0-24.5-12.1を単走で馬なりに追われ、14日(水)にも坂路コースで4ハロン55.6-40.7-27.1-13.9を単走で馬なりに追い切りました。「最終追いは折り合い重点。サラッと流す程度の内容にとどめたものの、日曜日にもビシッと1本強い負荷を掛けていますので、仕上がりに関しての不安はありません。むしろだいぶスッキリして映りますから、この体付きでどれだけのパフォーマンスを示せるかが今回カギになると思います。稽古ではあまり追い詰めないようソフトに中身を整えたつもりですし、いまのところ煮詰まっている感じもしない。あとは当日のテンション次第でしょう。落ち着いた雰囲気のままレースに臨むことができれば、ここでは能力上位と思っています」(杉山晴紀調教師)
2022/12/9 (栗東トレセン)
チャンピオンヒルズで調整され、6日(火)に帰厩しました。

8日(木)に坂路コースで4ハロン58.4-42.8-28.0-13.5を単走で馬ナリに追い切りました。「あまり間隔を詰めると二番が利かないタイプのため、ガス抜き程度のイメージで一旦短期放牧を挟ませてもらいました。コロンとした体型のルヴェルジェだけに、余計にそう感じる部分もあるのかもしれませんが、前走時に比べると体の張りやトモのボリューム感にもやや欠ける。疲れがまだ完全には抜けきらない様子に映ります。依然テンションの高さも懸念材料となるだけに、今回はあまり攻め過ぎずにレースまで持っていくつもりです。来週12/17(土)中京・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)を永島まなみ騎手で予定しています」(杉山晴紀調教師)
2022/12/2 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:475kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで1000m、坂路コースを1本(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。まだレース体重にも戻っていないので、軽めのメニューで進めています。体付きが寂しく見えますし、戻しながら進めていきたいところ。そろそろ帰厩となりそうですし、しっかりリフレッシュさせて送り出したいと思っています」(担当者)
2022/11/25 (チャンピオンヒルズ)
★11/20(日)福島・3歳上1勝クラス(ダ1150m・混)永島まなみ騎手 結果2着
この後はトレセン近郊のチャンピオンヒルズで調整することになり、22日(火)に移動しました。

「最内枠を引いたので、スタートしてポンとハナへ行ければ理想的でした。ただ、こちらのプラン通りとはいかなかったものの、好位追走からキックバックにもめげず、直線はしっかり脚を使って伸びてきている。結果以外は上々の内容で、ルヴェルジェ自身の成長も感じられる一戦だったと思います。レース後も脚元含め状態に変わりありませんが、テンションが高くなりがちで、詰めて使うと二番の利かないタイプ。ガス抜きを兼ねて一旦短期で出させてもらい、次走は12/17(土)中京・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)を目標にします」(杉山晴紀調教師)
2022/11/20 (福島競馬場)
馬体重:480kg
★11/20(日)福島・3歳上1勝クラス(ダ1150m・混)永島まなみ騎手 結果2着

「上がってきてジョッキーは『調教でも前向きさを感じ取っていましたが、今日も跨ると気合い乗りが一変し、返し馬で止めるのに苦労するほど。内枠でしたし逃げられれば理想的だったのですが、ゲートをポンと飛び出たものの、外から被されてしまって二番手に。それでも道中は折り合いが付いて、砂を被ってもまったく問題ありませんでした。最後も右へ少しモタれながら、しっかり脚を使ってくれている。もう少し違った枠が引けていれば…』とコメントしていました。近2走で控える競馬をさせていたため、たしかに内枠がどうかという懸念は少しありました。今回はデビュー以来けっこう攻めた過程でレースに臨みましたから、ここは決めたかったんですけどね。この後は脚元への反動をよく確認してから決めさせてください」(杉山晴紀調教師)
2022/11/17 (栗東トレセン)
☆11/20(日)福島・3歳上1勝クラス(ダ1150m・混)永島まなみ騎手

16日(水)に坂路コースで4ハロン54.6-39.3-25.0-12.4を単走で馬ナリに追い切りました。「輸送もあるため、最終追いはサッと息を整える程度の内容にとどめています。先週ビッシリやっている分、体も絞れてだいぶ素軽さが増してきましたし、乗り手の指示に反応よく動けている。いい状態でレースに向かうことができますね。積極的に前々でと主張してくる馬もいるでしょうが、ポテンシャルの高さはここでも上位の存在です。斤量4kg減の恩恵もあり、今回どんな競馬をしてくれるか楽しみにしています」(杉山晴紀調教師)
2022/11/11 (栗東トレセン)
6日(日)に坂路コースで4ハロン57.1-41.6-26.7-13.2を単走で馬ナリに追われ、10日(木)にも坂路コースで4ハロン51.0-37.6-25.3-13.2を単走で馬ナリに追い切りました。「今週は永島ジョッキーを背に、ビシッと一本強めの負荷を掛けて追い切っています。全体時計が思いのほか速くなったものの、テンからリズム良く走れていましたし、最後までしっかり辛抱できていた。追い切り後も脚元は変わらず落ち着いており、ここまで順調に調整できています。予定どおり来週11/20(日)福島・3歳上1勝クラス(ダ1150m・混)に向かいたいと思います。斤量面で4kg恩恵がありますし、コース形態を考えても今回は前々で運ぶ競馬が理想でしょう。それでもスピード任せに行き切ってしまうのではなく、メリハリを利かせながら走れるよう稽古でも取り組んでいるところ。コロンとした体型も絞れてだいぶスッキリしてきたので、次はもっと動けていいはずです」(杉山晴紀調教師)
2022/11/4 (栗東トレセン)
チャンピオンヒルズで調整され、11月1日(火)に帰厩しました。

「以前に比べればだいぶ落ち着いてきたものの、速めをやると翌朝は四肢が浮腫みがちに。そういった感じでまだ脚元も固まりきっていないため、ルヴェルジェの場合はトレセンでも坂路主体で進めさせてもらっています。人が跨るとスイッチの入りやすい面は時折見受けられますが、ポテンシャルを考えればこのクラスはいつ勝ってもおかしくない馬。必要以上にテンションが高くなることのないよう、稽古から十分注意しながら進めていくつもりです。次走は11/20(日)福島・3歳上1勝クラス(ダ1150m・混)を4kg減の永島まなみ騎手で予定しています」(杉山晴紀調教師)
2022/10/28 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:490kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで1000~2000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。速いところを行くと右前脚に少し浮腫みが出る事はありますが、大きな問題はなく進められています。コンスタントに時計消化をおこなえていますし、そろそろ態勢が整いそう。来週には帰厩となる予定です」(担当者)
写真
2022/10/21 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:491kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで1000~2000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。今週から速いところを織り交ぜながら進めていて、ここまでは順調にきていますよ。日によって脚元に浮腫みが出る事もありますが、大きな問題はありません。しっかり乗り込めていますし、そろそろ帰厩となる予定です」(担当者)
2022/10/14 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:495kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで1000~2000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も変わりなくきていて、メニューこそ変わりありませんが順調な乗り込みを重ねられています。脚元は依然としてスッキリとしているわけではありませんが、問題が出てくることはないですよ。このまま帰厩に向けて乗り込んでいきます」(担当者)
2022/10/7 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:486kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで1000~2000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。入場後も大きなダメージは感じられないことから、本格的な調教をおこなっています。脚元には異常は見られませんし、このままどんどん乗り込んでいきたいところ。福島開催が目標と聞いているので、このまま緩ませないように進めていきます」(担当者)
2022/9/30 (チャンピオンヒルズ)
★9/24(土)中京・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)服部寿希騎手 結果9着
この後はトレセン近郊のチャンピオンヒルズで調整することになり、9月27日(火)に移動しました。

「最終追い切りでも動きに硬さはなく、自信をもって今回送り出したのですが、結果を出すことができずに申し訳ありません。中一週と間隔を詰めたことで、当日はイレ込み度合いもこれまで以上の様子に映り、気持ちが空回りしてしまっての凡走と見ています。生真面目過ぎる面があって燃焼しやすく、現状では少し間隔を空けながら使ってやった方が良さそう。レース後は一旦、チャンピオンヒルズへ27日(火)に放牧に出ています。今朝、現地で獣医チェックにも立ち会いましたが、脚元は特に変わりない状態です。それでも以前ダメージの見られた右前を庇ってというわけではないのでしょうが、レースに行くとずっと左手前だけで走っており、スムーズに手前を替えることができていない。一息入れて、次走は右回りの福島で競馬させたいと考えています」(杉山晴紀調教師)
2022/9/24 (中京競馬場)
馬体重:480kg
★9/24(土)中京・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)服部寿希騎手 結果9着

「内枠から好スタート。無論、そのままハナへ行けたのではという意見もあると思います。ただ、メイショウサトワやテイエムフェローが主張してくることは予想できましたし、あの場面で控えず出して行けばまた止まっていた可能性も否めません。パドック周回や馬場入場時のテンションが高かったとはいえ、この時計で早々と脱落し止まってしまった理由が何なのか。左手前を終始替えられないまま走っていた点、また初めて中一週で競馬させた影響があったとしか現時点では考えにくいところです。週明け馬の状態をよく見てあらためてご報告させていただきます。このような結果となり、大変申し訳ない気持ちでいっぱいです」(杉山晴紀調教師)
2022/9/22 (栗東トレセン)
☆9/24(土)中京・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)服部寿希騎手

21日(水)に坂路コースで4ハロン56.7-40.6-25.7-12.5を単走で馬ナリに追い切りました。「普段は従順で大人しい性格ではあるものの、人が跨ると一気にスイッチオンとなってしまう。良くも悪くもメリハリが利いていますよね。前走時に返し馬で向正面まで勢いが止まらなかったですし、そういった点も考慮に入れてなるべくソフトに中間も調整しています。脚元に関しては変わらず落ち着いていますし、中一週の競馬でも疲れはまったく残っていません。追って促すというよりも気持ちで走るタイプのルヴェルジェですから、今回も馬の機嫌を損なわずに道中運んでもらいたい。先行有利の馬場傾向にはありますが、出たなりで脚をタメて直線を伸ばすように指示を出します」(杉山晴紀調教師)
2022/9/16 (栗東トレセン)
★9/11(日)中京・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)服部寿希騎手 結果2着同着

「けっして太くは映らなかったものの、前走比+4kgの馬体重。追い切り後の計量で480kgを割っていましたので、ルヴェルジェ自身の回復力が増している。毛ヅヤや馬体の張りからも体調面は今、凄く良好に映りますね。レースをシビアに捉えれば、4角の入り方はもう少しタイトにコーナーを回ってきてもらいたかった。着順に満足はしていませんが、その他はほぼ今回こちらが意図していた騎乗をしてくれたと思います。ハイペースで運んでそのまま押し切り、勝ち馬は強い内容の競馬。以前管理していて勝手知ったる馬だっただけに、その成長ぶりに私自身驚かされたというのが正直なところです。レース後も脚元は落ち着いており、昨日から馬場入り再開。今朝は坂路を17秒ペースで1本登板していますが、続戦できそうな雰囲気ですね。来週9/24(土)中京・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)を予定させてください」(杉山晴紀調教師)
2022/9/11 (中京競馬場)
馬体重:484kg
★9/11(日)中京・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)服部寿希騎手 結果2着同着

「落ち着いた雰囲気でパドックを周回できていましたが、馬場に出てからは急にテンションが上がって、返し馬ではやや止まらなかった。それでも好スタートから掛かることなく収まりが付き、脚をタメる形で前を見ながら、イメージしていた通りの競馬は出来たと思います。ルヴェルジェもしっかり脚を使ってくれているのですが、逃げた馬は時計も速く、今日は強い競馬でしたね。加えて今週の中京ダートは前残り傾向がより強く感じられます。脚元の状態に変わりなければ、再度同じ条件に向かうつもりです』(杉山晴紀調教師)
2022/9/8 (栗東トレセン)
☆9/11(日)中京・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)服部寿希騎手

4日(日)に坂路コースで4ハロン57.4-42.2-27.6-13.9を単走で馬ナリに追われ、8日(木)にも坂路コースで4ハロン52.8-38.0-24.8-12.4を単走で馬ナリに追い切りました。「なるべくテンションを上げないよう中間も折り合い面重視の調整。今朝はハロー掛け直後の時間帯に、終いだけやや伸ばす内容で最終追いを消化しています。掛かって行きたがるところはまだ抜けきらないものの、稽古通り自分のリズムで走れさえすれば、ポテンシャルを発揮できる状態にあると思います。脚元も変わらず落ち着いていますし、馬っぷりの良さはこのクラスで抜けている存在ですからね。厩舎力も問われる一戦。相手云々や目先の着順よりも、こちらの意図を汲んだ騎乗をしてもらいたい。そのため今回は所属の服部を起用させていただきます。デビュー前からルヴェルジェに跨り、癖や性格をしっかり掴んでいますので、結果につなげられればと期待しています」(杉山晴紀調教師)
2022/9/2 (栗東トレセン)
チャンピオンヒルズで調整され、先週8月27日(土)に帰厩しました。

8月31日(水)に坂路コースで4ハロン54.1-39.5-25.3-12.5を単走で馬ナリに追い切りました。「脚元はいまのところ落ち着いていますし、毛ヅヤや馬体の張りから体調面も凄く良さそうです。ただ、この中間は稽古でもガツンとハミを噛んで、引っ掛かって行くくらいの前進気勢が感じられる。前向きさが出てきたとポジティブに捉える反面、我慢させることを覚えさせなければ、また前走のような内容の競馬になりかねません。上のクラスで戦っていくにはスピード一辺倒では通用しませんし、なるべく早めに修正していければと考えています。週末また大きめを乗って中身が整うようなら、予定通り9/11(日)中京・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)に向かうつもりです」(杉山晴紀調教師)
2022/8/27 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:482kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで1000m、坂路コースを1本(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。特に大きな問題はないのですが、体が膨らんでこないので、まだペースを上げていません。レース体重が480kgなので、もう少しふっくらとさせたいところ。体の戻り具合を見ながら、ペースアップのタイミングを探っていきます」(担当者)
写真
2022/8/19 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:480kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで1000m、坂路コースを1本(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。大きな疲れなどは感じられませんでしたが、先週いっぱいは軽めの調整にとどめ、今週から騎乗運動をおこなっています。まだペースは上げていませんが、脚元に反動が出てくることもありませんし、ケアを施しながら進めていきます」(担当者)
2022/8/12 (チャンピオンヒルズ)
★8/07(日)新潟・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)藤田菜七子騎手 結果11着
この後はトレセン近郊のチャンピオンヒルズで調整することになり、10日(水)に移動しました。

「ポンとゲートを出てダッシュよく飛び出し、昇級戦でも楽に先行できたものの、結果的に厳しい流れに巻き込まれてしまって失速。非常に勿体ない競馬をさせてしまいました。乗り方ひとつで着順は全然違っていたというのが本音のところ。こんなに負ける馬ではないし、正直このクラスで足踏みする器でもないと思っています。ただ、直線入り口ではもう外からプレッシャーを受けると抵抗できなかったのも事実で、今回はルヴェルジェ自身もレースキャリアの浅さが内容に出てしまっている。上に行けば素質や能力だけで補っていけるものではないですから、これがいい経験になればと割り切って作り直していきましょう。レース後も脚元は変わりない状態です。節稼ぎのイメージで一旦近郊に出して疲れを抜いてやり、5回中京開催(9/10~)を目指せれば。出馬状況が混み合わなければ開幕週からでもと考えており、そう間隔を空けずに帰厩させるつもりです」(杉山晴紀調教師)
2022/8/7 (新潟競馬場)
馬体重:480kg
★8/07(日)新潟・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)藤田菜七子騎手 結果11着

「前走比+6kgの馬体重。太く見えるのは体型的なものですし、久々でも十分仕上がった状態でレースに臨めたと思います。二度目となる新潟競馬場で、パドック周回や返し馬の際も雰囲気は落ち着いており、精神面での成長も窺えました。そういった状況のなかどういった走りができるか期待していたのですが、勿体ないというかちょっと残念な内容の競馬。前半32.9秒のハイペースを深追いしては、さすがに脚をなくして止まってしまう。焦らず出たなりの位置から運び、前走のようなタメる競馬をしてもらいたかったのですが…。馬自身はどんどん良くなっているので、次巻き返せるようにまた仕切り直します」(杉山晴紀調教師)
2022/8/4 (栗東トレセン)
☆8/07(日)新潟・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)藤田菜七子騎手

7月31日(日)に坂路コースで4ハロン60.6-43.8-29.0-14.3を単走で馬ナリに追われ、8月3日(水)にも坂路コースで4ハロン54.5-40.0-26.0-12.3を単走で馬ナリに追い切りました。「最終追いは開場直後の時間帯。他厩舎の馬たちも多く馬場入りするなか、落ち着いた雰囲気で稽古に臨めていました。先週でも使えたくらいで仕上がりに不安はありませんし、休養前に比べるとトモの入りがグンと良くなっている。脚元の状態もいまのところ安定しています。日曜日の新潟競馬場は早朝から雨が降る予報。先行有利な馬場傾向が予想され、昇級して時計の速い決着に対応できるかが今回カギとなるでしょう。それでも枠次第ですが前走同様あまり前半はポジションを主張せず、終いを生かす競馬ができたらと思います」(杉山晴紀調教師)
2022/7/29 (栗東トレセン)
24日(日)に坂路コースで4ハロン57.6-41.2-27.6-13.9を単走で馬ナリに追われ、28日(木)にも坂路コースで4ハロンから0.3秒追走して併せ、52.7-38.1-24.0-11.7を一杯に追い切りました。「追い切りはゴール前届かずやや遅れを取ったものの、併せた相手が思っていた以上に動いたもので心配要りません。前進気勢が強くしっかり推進できており、このひと追いでまたグンと気配も上向いてきそう。脚元もいまのところ安定していますから、いいパフォーマンスをまたレースで発揮してくれると思います。来週8/07(日)新潟・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)を藤田菜七子騎手で予定。二場開催だけに相手関係は強くなりそうですが、ポンポンと行きたいですね」(杉山晴紀調教師)
2022/7/22 (栗東トレセン)
チャンピオンヒルズで調整され、19日(木)に帰厩しました。

「暑さが堪えている様子はなく、むしろ体調面は凄くいいと思います。脚元に関しても前走時よりだいぶスッキリしてきましたし、まだまだ奥を感じさせる。パンとしてくれば、いずれ上のクラスでも期待してしまいますね。週末からピッチを上げていく予定。牧場でもしっかり乗り込んでもらっていたので、あとはこちらで中身を整えてレースに向かうことができれば。二場開催で混み合うこと必至ですが、節的に入るようなら8/07(日)新潟・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)から投票していきたいと考えています」(杉山晴紀調教師)
2022/7/15 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:483kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで1000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間もコンスタントに15-15を織り交ぜながら進めていますが、脚元を含めて反動が出ることはありません。来週には帰厩になると思うので、週末にもう1本速いところを消化することも検討しています」(担当者)
2022/7/8 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:473kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで1000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から15-15を織り交ぜていますが、順調にきています。右前球節の状態は相変わらずですが、ケアをおこなっていることもあり反動などは出てきません。この感じをキープしながら帰厩に向けて態勢を整えていきます」(担当者)
2022/7/1 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:474kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで1000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も脚元のケアをおこないながら乗り込みを重ねています。今のところ反動は出ていませんし、このまま進めていくつもり。そろそろ時計消化を織り交ぜながら、しっかり仕上げていきたいと思っています」(担当者)
写真
2022/6/24 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:482kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで1000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。右前脚を中心に、脚元のケアをおこないながら進めています。まだペースを上げていませんが、ここまでは問題なくきています。そろそろ時計消化を織り交ぜていくことを考えています」(担当者)
2022/6/17 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:475kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで1000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も同様のペースで乗り込んでいますが、脚元はケアをおこなっていることもあり反動が出るようなことはありません。ここまでは順調にきていますし、目標のレースに向けて逆算しながら進めていきます」(担当者)
2022/6/10 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:481kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで1000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。脚元が落ち着いているので今週から本格的な調教を始めましたが、反動などが出ることはありません。一回使ったことで状態が良くなっていますし、このまま進めていけそう。乗り込みを重ねてしっかり仕上げていきたいと思っています」(担当者)
2022/6/3 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:481kg
「現在は角馬場でダクのメニューで調整中です。脚元は小康状態を保っていますし、馬体なんかを見ると、レース前よりも良くなっているなと思います。戻ってきたばかりなので、まだ軽めのメニューにとどめているところ。日によっては周回コースや坂路コースに入ったりする日もあります。このまま様子を見ながら進めていきます」(担当者)
2022/5/27 (チャンピオンヒルズ)
★5/21(土)新潟・3歳未勝利(ダ1200m・混)藤田菜七子騎手 結果:優勝
この後はトレセン近郊のチャンピオンヒルズで調整することになり、24日(火)に移動しました。

「芝部分からのスタートで思いのほか行き脚が付かなかったものの、ハイペースを見越して前半じっくり構えたのは菜七子ジョッキーの好判断だと思います。道中しっかり脚をタメられて、直線は外へ持ち出すと抜群の反応で伸びてくることができた。まだ攻めきれない現状のなかで、あれだけのパフォーマンスが発揮できるのだから能力は高い。勝ち時計(1.12.1)も良かったですし、上のクラスに行っても楽しみですね。脚元の状態は週明け特に変わりありません。放牧先のチャンピオンヒルズには私も、自厩舎でお世話になっている開業獣医も毎週通っていますので、脚元をよくチェックしながら次走に向けて進めていくつもり。調整が順調にいくようならば、自ブロック制限のない2回新潟開催(7/30~)で、今回と同じ舞台をまた走らせられたらと考えています」(杉山晴紀調教師)
2022/5/21 (新潟競馬場)
馬体重:474kg
★5/21(土)新潟・3歳未勝利(ダ1200m・混)藤田菜七子騎手 結果:優勝

「良馬場で前半3ハロンが33.8秒。前がやり合ってハイペースのなか、菜七子ジョッキーはじっくり構える判断をし、揉まれない位置からうまく脚をタメて運んでくれたと思います。『ゲートに入るまでテンションが高かったのですが、中に入ってからは落ち着いてくれました。勝負どころを楽な手応えのままグングン加速して上がって行けて、直線外に出してからの伸びは素晴らしかったです。砂を被っても怯むことはなく問題なかったですし、まだまだ良くなりそうです』とコメントしていました。まだあまりビシッとは仕上げられない現状で勝ち切ってくれましたし、100点満点ですね。たくさん期待馬を任せていただいているなかで、こうしてまた良い結果を会員様に報告できるのが嬉しい。本日はありがとうございました」(杉山晴紀調教師)
2022/5/19 (栗東トレセン)
☆5/21(土)新潟・3歳未勝利(ダ1200m・混)藤田菜七子騎手

15日(日)に坂路コースで4ハロン60.5-44.8-28.7-14.5を単走で馬ナリに追われ、18日(水)にも坂路コースで4ハロン55.6-41.5-27.2-13.5を単走で馬ナリに追い切りました。「水曜日は開門直後、朝一番の時間帯に追い切りを消化しています。レース当該週ということもあってややセーブした内容でしたが、軽快なフットワークを披露し、最後まで楽な手応えのまま登板できていました。脚元が固まらずにまだ攻め切れない現状ではあるものの、トモの感じは初戦に比べて数段力強さが増している。メンバー次第でやれていいと思います。斤量2kg減とスピードを生かし、揉まれずスムーズな競馬ができるようなら。期待しています」(杉山晴紀調教師)
2022/5/13 (栗東トレセン)
チャンピオンヒルズで調整され、10日(火)に帰厩しました。

12日(木)に坂路コースで4ハロンから0.6秒先行して併せ、53.4-38.3-25.3-12.5を馬ナリに追い切りました。「帰厩して1本目の追い切りを消化。自厩舎の服部騎手が稽古を付けましたが、『以前跨らせてもらった際は少し非力な感じもあったのですが、トモに力が付いて正直抑えるのがしんどかったほど。追えばギュンと伸びそうな感触です』とルヴェルジェの変貌ぶりに驚いてる様子でした。牝馬らしからぬ逞しいシルエットで、やはり見栄えのする馬ですよね。ただ、右前球節部は依然として張りと熱感が残りスッキリしないため、現状あまり強い負荷を掛けては仕上げていけません。放牧先で乗り込んでもらい、息は今回しっかりできているだけに、あとは地力でどこまでやれるかだと思います。来週5/21(土)新潟・3歳未勝利(ダ1200m・混)を藤田菜七子騎手で予定しています」(杉山晴紀調教師)
2022/5/6 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:475kg
「現在は角馬場でダクと、坂路コースを1本(17~18秒ペース、週2回は15~16秒ペース)のメニューで調整中です。球節の状態は相変わらずなので、この中間より坂路主体のメニューで進め、ピッチを上げています。杉山調教師からは『脚元のことがあるので、今回はそちらでギリギリまで進めてください。来週前半に戻して、21日(土)の競馬に向かうつもりです』と言われているので、可能な限り仕上げて送り出すつもりです」(担当者)
2022/4/29 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:478kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで2000m、坂路コースを1本(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。調教メニューに大きな変わりはありませんが、今週より少しずつペースを上げて様子を見ています。右前球節は慢性的に浮腫んでいますが、水冷などのケアをおこなっていることで小康状態を保っています。そろそろ帰厩になると思うので、引き続き脚元の状態を確認しながら進めていきます」(担当者)
2022/4/22 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:475kg
「現在は角馬場でダクと、馬場をハッキングキャンターで2000m、坂路コースを1本(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。右前球節部の状態は小康状態を保っているので、今週から調教進度を上げて進めています。引き続き脚元をしっかり見ながら、徐々にピッチを上げていきたいと思っています」(担当者)
写真
2022/4/15 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:480kg
「現在は角馬場でダクとハッキングキャンターのメニューで調整中です。相変わらず右前球節部の浮腫みは残っていますが、乗れないわけではありませんし、時期も時期なので乗り込みを重ねています。まだ様子を見ながら進めているところなので軽めのメニューですが、この感じで進めても大きく反動が出ないようならペースアップを考えていくつもりです。本日杉山調教師が来場し『ひとまず5/21(土)新潟・3歳未勝利(ダ1200m・混)を目標とするので、状態を確認しながら進めていってください』と指示を受けています」(担当者)
2022/4/8 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:479kg
「現在は角馬場でダクとハッキングキャンターのメニューで調整中です。ウォーキングマシンの運動だけでは悪化が見られませんし、獣医師、杉山調教師とも相談をして、乗り出すことにしました。まだ軽めの運動ですが、乗るとやはり右前球節部の浮腫みが大きくなるところ。ただ、物凄く悪いかと言われると、そういうわけでもないので、うまく付き合っていかなければならないのかもしれません。様子を見ながら進めていきます」(担当者)
2022/4/1 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:482kg
「現在は1時間のウォーキングマシンの運動にとどめています。右前球節の状態は相変わらずですが、現状のメニューであれば小康状態を保っています。現状は浮腫んでいる程度ですが、騎乗運動をおこなうと腫れが出てしまうので、今は進められないところ。もう少し様子を見るつもりですが、獣医師、杉山調教師とも相談しながら今後のことを考えていきたいと思っています」(担当者)
2022/3/25 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:475kg
「現在は1時間のウォーキングマシンの運動にとどめています。軽めの騎乗運動をおこなっていたのですが、運動後に右前の球節が腫れることから、ペースを落として様子を見ています。現状のメニューだと少し浮腫みが出る程度なのでケアをおこなっているところ。近いうちに獣医師に診てもらおうと思っています」(担当者)
写真
2022/3/18 (チャンピオンヒルズ)
馬体重:475kg
「現在は角馬場でダクとハッキングキャンターのメニューで調整中です。まだ軽めに乗っている程度ですが、体が戻ってこないところ。右前を中心に脚元に気持ち悪さが残っているので、ケアもおこなっています。毎週のように来場している杉山調教師とも相談して進めていきたいと思っていますが、もう少しの間はこのまま長めにじっくりと乗って、まずは体重を増やしていきます」(担当者)
2022/3/11 (チャンピオンヒルズ)
★3/05(土)阪神・3歳未勝利(ダ1200m・混)横山武史騎手 結果7着
この後はトレセン近郊のチャンピオンヒルズで調整することになり、10日(木)に移動しました。
 
「理想の外枠が引けましたし、今回は横武ジョッキーに『砂を被らないようテンから駆け引きなく行ってほしい』とリクエストを出しました。経験馬相手にもスピード負けせず、正攻法から堂々たる競馬。悲観する内容ではありませんでしたし、平坦コースなら押し切れていい。能力の高さを示してくれる走りだったと思います。コーナーリングで外へ張ってしまい、直線では手前も替えられていなかったので、その点は坂路だけでなく今後コース追いも取り入れるなかで、しっかり課題修正していくつもりです。レース後も脚元含めて大きなダメージは見られなかったのですが、一旦短期で放牧に出させてもらいました。ルヴェルジェは体質面にまだ弱さを抱えているため、無理に在厩調整で詰めていかない方がいいタイプに映ります。チャンピオンヒルズで今朝も状態をチェックしたところ、ガタっときている感じはなく、程よくリラックスできていた。次走は4/23(土)福島・3歳未勝利(ダ1150m・混)あたりを目標に考えさせてください」(杉山晴紀調教師)
2022/3/5 (阪神競馬場)
馬体重:478kg
★3/05(土)阪神・3歳未勝利(ダ1200m・混)横山武史騎手 結果7着

「馬場入りしてからやや緊張している様子には映ったものの、今日が初出走と考えれば落ち着いた雰囲気で臨めていたと思います。互角のスタートから前々にポジションを押し上げていく形。経験馬相手でもセンスの良さとスピードのあるところは見せてくれたのですが、直線を向いて最後はやや苦しくなり止まってしまいました。武史ジョッキーは『まだコーナーを回るごとに外へ張って行くロスがあります。行け行けどんどんスピードで押し切るイメージもありますが、息を入れることを覚えれば、1400mまでは距離持ちするタイプに感じられました』とコメントしています。上りの状態を見てまた次を考えていきましょう」(杉山晴紀調教師)
2022/3/3 (栗東トレセン)
☆3/05(土)阪神・3歳未勝利(ダ1200m・混)横山武史騎手

2月27日(日)に坂路コースで4ハロン58.0-43.0-28.2-13.9を単走で馬ナリに追われ、3月2日(水)にも坂路コースで4ハロン56.0-41.4-26.4-12.6を単走で強めに追い切りました。「まだ弱いところもあってなかなか攻めきれない現状。やや余裕残しの仕上げではあるものの、メリハリを付けた調整で中身は十分整えられたと思います。ゲートがそれほど速くありませんが、二の脚は付くタイプ。既走馬相手となるだけに、今回はなるべく砂を被らずに走らせてやりたい。できれば真ん中から外めの枠が望ましいですね。水準以上のスピードを秘めており、揉まれずスムーズに運べれば、初戦からおかしな競馬にはならないはずです」(杉山晴紀調教師)
2022/2/25 (栗東トレセン)
20日(日)に坂路コースで4ハロン54.8-39.7-25.5-12.1を単走で馬ナリに追われ、24日(木)にも坂路コースで4ハロンから0.1秒先行して併せ、51.3-37.4-24.2-12.3を一杯に追い切りました。「追い切りはハロー掛け直後で二番の馬場。一杯に併せてやや劣勢のゴール前でしたが、全体51秒台の好時計が出せているように、マズマズ及第点を与えられる内容でした。ピッチ走法で回転数を上げてスピードを稼ぐタイプ。血統面から受けるイメージどおり、如何にもダートの短距離向きといった感じがします。ゲートは練習でまだ一完歩目をフワッと出てしまうものの、加速が付いて二の脚は速いタイプ。これなら経験馬相手でも気後れせず競馬ができるのではないでしょうか。体質面はしっかりしてきましたが、全体的にまだだいぶユルさが感じられてトモも頼りない現状。これから良くなってきそうですね。来週3/05(土)阪神・3歳未勝利(ダ1200m・混)に横山武史騎手で向かう予定です」(杉山晴紀調教師)
2022/2/18 (栗東トレセン)
宇治田原優駿ステーブルで調整され、先週12日(土)に帰厩しました。

16日(水)に坂路コースで4ハロン56.5-41.6-26.9-13.5を単走で馬ナリに追い切りました。「水曜日の追い切りはハロー掛け直後の時間帯。割と走りやすい馬場コンディションではあったものの、楽な感じで引っ張りきりの手応えのまま登板していました。まだ少し余裕のある体付きに映りますし、帰厩してこれが1本目の時計消化と考えれば悪くないですね。だいぶ芯が入ってきて、前回の入厩時より走りもしっかりしてきた印象を受けます。混合ダートの短距離戦が、直近の開催では2鞍しか組まれていない。できれば3/05(土)阪神・3歳未勝利(ダ1200m・混)から使っていくのが理想でしょう。来週は強めの追い切りを消化して、その内容次第で具体的なデビュー戦のプランを決められればと思います」(杉山晴紀調教師)
2022/2/11 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:475kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も速めのところを織り交ぜながらコンスタントに乗り込んでいます。体は相変わらずいい感じですし、皮膚が薄くて毛艶も良いですよ。状態は着実に上向いています。昨日来場した杉山調教師は、『近日中にトレセンに戻します』と話していました」(担当者)
2022/2/4 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:478kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間もコンスタントには速いところを織り交ぜながら進めていて、いい意味で変わりなくきています。昨日杉山調教師が確認していきましたが、『この感じであれば、そろそろ帰厩を考えられそうですね』と話していました。来週時計を消化すれば、ほぼ態勢が整いそうな感じです」(担当者)
2022/1/28 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:477kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。先週末にも15-15を消化しましたが、1本目よりも動けていましたし、調教を重ねるごとに充実してきています。昨日来場した杉山調教師も、『大分良くなってきましたね』と話していましたし、この後は帰厩に向けてしっかり積み重ねていく予定です」(担当者)
2022/1/21 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:473kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。今週からピッチを上げはじめ、水曜日には併せ馬で15-15を消化しています。相手にひるむことなく併走していましたし、1本目にしては動けていましたよ。問題なければ今週末も消化する予定で、来週からは週2に増やして進めていきます」(担当者)
2022/1/14 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:479kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本のメニューで調整中です。入場時は左トモの動きが良くなかったのですが、週が明けて問題なくなったことから、軽めに乗り出しています。週末から少しずつピッチを上げていき、様子を見ながら鍛えていく予定。可能であれば来週から時計消化をおこなう予定です」(担当者)
2022/1/7 (宇治田原優駿ステーブル)
この後はトレセン近郊の宇治田原優駿ステーブルで調整することになり、1月5日(水)に移動しました。

「ゲート試験をパスした後、坂路主体で徐々に負荷を強めながら乗り込んでいたのですが、年末あたりから左トモが踏ん張れず頼りない感じに。スムーズな歩様ではなく、後肢にあまり力が入っていない状態。脚元には問題ないものの、臀部付近の筋肉疲労からきていると獣医より見解を示されました。まだ体質面がしっかりしていませんし、ここで焦って進めるよりも、一旦回復を促してからまたペースアップしていくほうがデビューへの近道かもしれません。体もまだだいぶ絞っていく必要がありますので、育成場でもなるべく緩まないように調整していってもらいます」(杉山晴紀調教師)
2021/12/24 (栗東トレセン)
23日(木)にゲート試験を受験し、無事に合格しました。

「素直な性格で扱いやすく、枠入りから駐立にいたるまで問題はなし。抜群のスタートでゲートを飛び出し、一歩目こそ速かったものの、二の脚はひと息で思いのほかダッシュが付かずといった試験内容でした。連日入れている坂路コースでの動きからも、高いポテンシャルを秘めていることは間違いなさそう。ただ、体付きにまだ余裕が感じられ、全体的にだいぶ緩い印象を受けますね。鍛えていくことで体が絞れれば、変わってきそうな雰囲気にも映るため、様子を見ながらこのままデビューに向けて進めていくつもりです」(杉山晴紀調教師)
2021/12/17 (栗東トレセン)
ノルマンディーファーム小野町で調整され、15日(水)に栗東・杉山晴紀厩舎に入厩しました。

「今朝は角馬場で長めのウォーミングアップをした後、坂路コースを1本(17~18秒ペース)登板。入厩したてでまだ通常量のメニューではないものの、環境の変化に戸惑っている様子もなくしっかり対応できています。自厩舎の服部ジョッキーに稽古を付けてもらっていますが、『牝馬でも堂々として落ち着きが見られますし、初日からこんなにお利口さんな馬はいない』と褒めていましたよ。飼い葉もよく食べており順調です。ただ、小野町で何度かルヴェルジェを見させてもらった印象からは、進めていくとテンションがワーッと高くなりそうな雰囲気も感じているので、あまり煮詰めないように気を付けながら調整していくつもりです」(杉山晴紀調教師)
2021/12/10 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:485kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。以前はハミを掛けられるとテンションが上がって動きがバラバラになっていましたが、ここ最近はしっかり我慢できるようになってきました。週2回の追い切りでは軽快なスピードを見せており、あとは持続力をどれだけ伸ばしていけるかといったところ。馬体の伸縮を求めるためにも馬とのコンタクトを上手に取って、強い負荷を掛けていきたいと考えています。
2021/12/3 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:488kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。11月30日(火)の追い切りはしっかり負荷を掛けておこないましたが、いい動きを披露してくれました。ただ、傾斜のキツくなるところで重心が上がったり、負荷を掛けると上がりで動きが硬くなったりするところを見ると、体力面でまだ良化の余地があるようです。送り出しに向けて、更に鍛えていきます。
2021/11/26 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:492kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。今週も追い切りをキッチリ2本消化しています。馬体が締まってきて毛ヅヤは良く、見た目の印象も随分と変わってきました。ここまで順調にきていますが、まだ追い切りで終いが若干甘くなるところもあるので、更に本数を重ねて入厩態勢を整えていきます。
2021/11/19 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:496kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。連日坂路2本を乗り込み、週2回の追い切りを消化しながらも脚元は落ち着いていて、いい状態をキープしています。しっかりと負荷を掛けていますが、テンションが上がりすぎることもありません。適度な気の張りを保ちながら調教を進めることが出来ており、前向きな気性に体のコンディションが追いついてきた印象です。
2021/11/12 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:499kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。順調に進めることが出来ているので、今週からは更にペースを上げて15-15を始めています。登坂直後は少し気が急いているような状態にはなりますが、すぐに落ち着きますし、バランスも崩さずキープしているように、かなり安定してきました。このままコンスタントに時計消化も進めていければと考えています。
2021/11/5 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:498kg
現在は馬場1周と坂路2本を16~18秒ペースのメニューで調整しています。体調はすこぶる良さそうですし、少しずつ走りのバランスも良くなってきているので、坂路2本目はハロン16秒程度で上がっています。これくらいのペースでもバランスが崩れることはなく、テンションも特に変わりありません。いい感触で登坂することが出来ており、ここまで順調にきています。これで乗り始めの際の力みが抜けてくれば、更に良くなりそうです。
2021/10/29 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:502kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も体調面は良好ですし、右前の状態も安定しています。跨ると力が入りすぎるところは相変わらずですが、少しずつ不要な緊張感が抜けてきているようにも感じられます。まだ通常ペースで走らせている段階なので、様子を見つつ更なるペースアップを図っていければと考えています。
2021/10/22 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:497kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。落ち着いてダクを踏めるようになってきて、バランスもかなり改善されてきました。体型的にもそこまでバランスバックを要求できる感じではありませんが、焦って進みすぎるところがあるので、少しでも伸び伸び走れるようにしてあげたいと考えています。馬体は少しずつ締まってきて、体調もすこぶる良さそうなので、あとは引き続き脚元に注意しながら進めていきます。
2021/10/15 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:494kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。だいぶ落ち着きが出てきましたし、走りのバランスにも少しずつ変化が出て、ハミの取り方が良くなりつつあります。ここ最近はまた右前に疲れが窺え、熱感を持ったり腫れたりすることもありますが、獣医や装蹄師とも相談し、乗り固めていく方針になりました。前脚への負担も考えてキャンターは坂路でおこない、水冷などのケアも施しながら進めていきます。
2021/10/8 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:502kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。先週と比較しても随分と落ち着きが出てきました。乗ってすぐはチャカチャカする仕草を見せていたのが、初めからちゃんと歩けています。キャンターになると自分のバランスに持っていこうとするのは変わらずですが、落ち着いている分、我慢は利いている状態なので、今のうちに少しでも矯正していきたいところです。
2021/10/1 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:498kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。ややテンションの上がりやすい馬で、初めのうちはなかなか落ち着いてこないため、ガス抜きの目的で坂路1本をゆっくりめのキャンターで上がってから周回コースへ移行。その後にもう1本坂路を上がる流れで乗っています。徐々に落ち着いてきていますし、右前も問題ない状態。しばらくは馬体を絞りつつ、ペースアップするまでに少しでも落ち着いて走れるようにしていきたいと考えています。
2021/9/24 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:516kg
現在は馬場3周(ハッキング)のメニューで調整しています。21日(火)から騎乗調教を再開しました。周回コースで長めをジックリと乗っている段階ですが、今のところ右前は特に問題ありません。念のためもう少しの間は状態を確認しつつ、馬体のシェイプアップも図っていきます。
2021/9/17 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:514kg
現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。この中間は右前に熱感を持つこともなく、安定した状態を保っています。来週中にもう一度獣医の診察を受けたのち、立ち上げのタイミングを図っていく予定です。
2021/9/10 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:505kg
現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。先週末時点では今週から乗り出すつもりでいましたが、まだ右前に熱感を持つことがあるため、この中間もマシンでの運動のみにとどめています。獣医にも診察してもらい、これといった異常はなかったものの「あと1~2週間は焦らず我慢した方がいいでしょう」との見解でしたので、この後も運動は継続しながら様子見していく予定です。
2021/9/3 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:501kg
現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。右前は熱感も引いて、かなりスッキリしてきました。体調も良さそうで、元気いっぱいな様子を見せています。この分なら、来週辺りから乗り出せるのではないかと考えています。
写真
2021/8/28 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:495kg
現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。右前の腫れはだいぶ落ち着いてきましたし、歩様も問題ありません。僅かながら熱感を持つことがあるので、それが完全に収まるのを待っている状態です。休んでいる間に立派な体になってきたため、動かしてシェイプアップさせたいところですが、もう少しだけ我慢したいと思います。
2021/8/20 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:485kg
現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。右前に触診反応はありませんが、まだ疲れは抜けきっていないようで、若干モヤモヤした感じが残っている状態です。スッキリしてくるまではこのまま軽めのマシン運動のみにとどめて、リフレッシュに充てたいと思います。
2021/8/13 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:487kg
現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。ここまで順調に乗り込んできましたが、ここにきて右前に疲れが窺えるようになってきました。触診で気にする素振りはないものの、軽い腫れと熱感があります。騎乗を開始して1ヶ月が経ち、ちょうど疲れが出てくるタイミングだったと思うので、スッキリするまではマシンでの運動のみにとどめて楽をさせる予定です。
2021/8/6 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:481kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。少し皮膚病は出ていますが、暑さにも負けず食欲もあって、体調は安定しています。乗ってピリッとするところは相変わらずで、もう少し落ち着いてきて欲しいところ。走りに関してもバランスをなかなか変えようとしてくれない頑固な一面があります。重心が前に掛かって一本調子な走りになりがちなので、体の伸縮を伴った走りが出来るように教えていこうと思います。
2021/7/30 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:479kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。走りのバランスは少しずつ良くなってきましたが、それでもまだ左に傾いてしまうため、しっかり支えながらでないといい体勢をキープできない現状です。ペースを上げていくには時期尚早といったところですが、確実に変化は見られるので、焦らずに進めていきます。
写真
2021/7/23 (ノルマンディーファーム小野町)
現在は馬場2周と坂路1本を18~20秒ペースのメニューで調整しています。相変わらず乗ってすぐはピリッとするところがあるものの、走っているうちにリラックスすることが出来ている様子。まだ前がかりなバランスの走りをしてはいますが、少しずつ改善されてきているため、19日(月)からは坂路にも入れています。左にササるクセが強く、当面は口向きの修正が課題になりそう。全体のバランスが整って初めて口向きが良くなるので、ジックリ時間を掛けて取り組んでいきたいと思います。
2021/7/16 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:478kg
現在は馬場3周(上限23秒ペース)のメニューで調整しています。先週末から周回コースでの騎乗を開始しました。本格的に調教を始めたことで目を覚ましてきたようで、普段の扱いは相変わらず大人しいですが、乗ったときに少しバタつく面を見せるようになってきています。まだ緩いためにトモがついてこず、馬が慌ててしまっている様子。キャンターもかなり前がかりなので、まずは時間を掛けて体力強化に努めていきます。
2021/7/9 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:482kg
現在はウォーキングマシン30分と角馬場で調整しています。体調面が安定してきたので、7日(水)からは角馬場での運動も開始しました。今はロンジングで体をほぐした後に騎乗して、軽めの運動をおこなっています。普段からそうですが、とても大人しく扱いやすい馬。久々の運動なのでさすがに体は重たいものの、これから調教が進むにつれてどう変わってくるか楽しみです。父マクリーンズミュージックの日本での産駒数はまだ少ないようですが、本日の川崎競馬・スパーキングデビューで同産駒のエースストライカーが圧倒的支持に応えて新馬勝ちを収めています。
2021/7/2 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:472kg
現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。環境の変化によるものなのか、まだ体温や飼い葉食いが安定せず、体調面が万全とは言えない感じです。両前にソエも出ているため、ジックリ進めるつもりではいますが、今週いっぱいはマシン運動のみにとどめて、体調が上向いてから騎乗を開始する予定です。
2021/6/25 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:472kg
19日(土)に福島県・ノルマンディーファーム小野町へ移動しました。

現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。予定通り検疫が明けて、先週末にこちらへ移動してきました。事前に聞いていたように、両前の管骨にはソエによる突起が確認できたため、経過を確認しながら進める予定ですが、騎乗開始はもう少し体調が整うのを待ってからにしようと考えています。
写真
2021/6/15 (横浜検疫所)
現在は神奈川県・横浜検疫所にて着地検疫をおこなっています。先月のアメリカのセールで購買後、6月8日(火)に無事日本へ到着しており、この後19日(土)に検疫が明ければ福島県・ノルマンディーファーム小野町へ移動する予定です。セール時の馬体重は1,025ポンド(約465kg)。また、セール当日には両前にソエが出ていて触診反応があったものの、プレビューでは2ハロン21秒4を楽々とマーク。その走りからは類まれなスピード能力を秘めていそうです。父マクリーンズミュージックは現役時代1戦1勝のキャリアですが、その1戦でスピードの絶対値が違うパフォーマンスを披露して種牡馬入り。初年度の種付け料は6,500ドルだったものの、これまで3世代で4頭のG1馬を送り出しており、2021年度の種付け料は25,000ドルとなっています。