現在表示しているページの位置

ノースショアガール
牝馬 鹿  2019/4/25生
カタログPDF

父:ショウナンカンプ × 母:サマーロコガール(母の父:キングカメハメハ)

生産:新ひだか・岡田スタッド  所属:北海道・角川秀樹厩舎

  •  
  •  
総口数 100口 募集総額 720万円
募集状況 満口 1口出資額 72,000円

近況

詳細

2021/7/23 (門別競馬場)
「両前ソエには先週17日(土)に1回目の焼烙治療を施しました。計3回実施するため、治療が完了するまではウォーキングマシンでの運動のみにとどめる予定です。それから乗り出すことになるので、次走まで少し間隔が空くことになると思います」(角川秀樹調教師)
2021/7/16 (門別競馬場)
★7/13(火)門別・2歳未勝利(ダ1100m)阿部龍 結果5着

「レース後は両前にソエの症状が出ていて、触診で痛がる素振りを見せていますね。ここまでずっと中1週で使ってきましたし、来週から始まる8回門別開催(7/20~)は無理せずスキップすることにして、一旦治療に専念したいと思います。もう少し様子を見て、焼烙治療を施すことも検討します」(角川秀樹調教師)
2021/7/13 (門別競馬場)
馬体重:446kg
★7/13(火)門別・2歳未勝利(ダ1100m)阿部龍騎手 結果5着

「今日は外目の枠からのスタートで、道中は砂を被らず、楽に追走していたように見えました。それに4コーナーをいい手応えで回ってきたのですが。前走から距離を短縮して1100mを選択したものの、直線で思ったほど伸びなかったように、1000mの方が良かったかもしれません」(角川秀樹調教師)
2021/7/9 (門別競馬場)
「先週末に騎乗を再開してからも特に気になるところはないため、これまで通り週末に1本追い切り、中1週で7回門別開催後半(7/13~)に向かうつもりです。今のところ、距離は1000mもしくは1100mの二択と考えていますが、頭数が少なくなるようであれば、急きょ予定とは違うレースを選択する可能性もあります。まずは初勝利を目標に、慎重に番組を検討したいと思っています」(角川秀樹調教師)
2021/7/2 (門別競馬場)
★6/30(水)門別・2歳未勝利(ダ1200m・牝)阿部龍騎手 結果10着

「デビュー2戦の内容から、もう少し距離があった方がいいと見ていたのですが、実際に使ってみるとあのような結果となり、申し訳ありません。現状では1000mか、1100mがいいのかもしれませんが、砂をモロに被ったのも今回が初めてでしたので、嫌気がさしたことも考えられますね。やはりこの一戦だけでは判断は出来ないでしょう。そろそろ疲れが出るころかと思っていたのですが、前走はプラス体重でしたし、レース後も極端に馬体が減ったりすることはありません。テンションも特に問題ないため、このまま7回門別開催後半(7/13~)での出走を検討します」(角川秀樹調教師)
2021/6/30 (門別競馬場)
馬体重:452kg
★6/30(水)門別・2歳未勝利(ダ1200m・牝)阿部龍騎手 結果10着

「初めての1200mで、この一戦だけでは何とも言えないですが、距離が影響したかもしれません。1ハロン延長で道中の追走も楽になるかと思ったのですが、今日も前に行ききることが出来ませんでした。中1週で続けて3戦させたように、目に見えない疲れがあったかもしれないので、この後の状態をしっかり確認したいと思います」(角川秀樹調教師)
2021/6/25 (門別競馬場)
「前走後も特に変わりはないため、来週からの6回門別開催後半(6/29~)での出走を予定しています。牝馬限定の未勝利戦が2鞍組まれていて、一つはダ1100mになりますが、今のところ1ハロン延ばしてみたいと考えているので、もう一方のダ1200mが本線です。レース間隔が詰まるため、本追い切りは今週末にサッと流す程度でおこなうつもりです」(角川秀樹調教師)
2021/6/18 (門別競馬場)
★6/16(水)門別・DOユース25賞(ダ1000m)阿部龍騎手 結果3着

「初戦から体が絞れてマイナス6kgでの出走でしたが、能検時と比べるとデビュー2戦はスタートしてからの行き脚が思ったほどつきませんね。もうひと絞り出来そうですし、距離に関しても若干延ばしてみてもいいかもしれません。まだレースが終わって日が浅いため、再度の中1週で使うか、もう少し間隔を空けるかは、来週まで考えてから決めるつもりです」(角川秀樹調教師)
2021/6/16 (門別競馬場)
馬体重:448kg
★6/16(水)門別・DOユース25賞(ダ1000m)阿部龍騎手 結果3着

「まずは一つ勝たせようと思い、JRA認定のアタックチャレンジ競走ではなく、未勝利戦に出走させました。今日はスタートは良かったものの、二の脚がつかなかったですし、勝負処からもジリジリとしか伸びてくれず、上位2頭から離されてしまいました。申し訳ありません」(角川秀樹調教師)
2021/6/11 (門別競馬場)
「初戦は体つきに余裕がありましたし、レース後も脚元に問題はないため、次走は来週の5回門別開催後半(6/16~)か、再来週の6回門別開催前半(6/22~)での出走を検討中です。最終的には13日(日)に予定している追い切りの動きを見てから決めるつもりですが、距離についてはもう一度1000mを試してみようと考えているところです」(角川秀樹調教師)
2021/6/4 (門別競馬場)
★6/02(水)門別・JRA認定フレッシュチャレンジ競走(2歳新馬・ダ1000m・牝)阿部龍騎手 結果3着

「勝ち馬のタイム(1.00.8)はこの時期の2歳馬としては優秀で、この時計で走られてしまっては相手が悪かったように思います。それから離されはしたものの、直線は2着馬との差をジリジリと詰めていましたし、最後も後続を凌いで3着に粘ってくれたように、決して悲観する内容のデビュー戦ではありませんよ。中1週で5回門別開催後半(6/16~)に向かうかは、もう少しこの後の状態を確認してから決めるつもりです」(角川秀樹調教師)
2021/6/2 (門別競馬場)
馬体重:454kg
★6/02(水)門別・JRA認定フレッシュチャレンジ競走(2歳新馬・ダ1000m・牝)阿部龍騎手 結果3着

「ゲート練習や能検のときは抜群のロケットスタートを切ってくれたのですが、今日はいくらかモッサリした感じで出てしまいました。馬体に関してはここにきての成長分もあるでしょうが、まだ少し余裕があるくらいの数字でしたので、ひと叩きした次はもっと走れると思います」(角川秀樹調教師)
2021/5/28 (門別競馬場)
「22日(土)に坂路で3ハロン37.3-24.6-12.6の時計で追い切っていますが、ラストの反応がもう一つに感じられましたので、4回門別開催後半(6/02~)でのデビューを目標にすることにしました。今週は24日(月)に終いをサッと伸ばす形、また昨日27日(木)には15-15程度で坂路を上げており、本追い切りは明後日30日(日)におこなう予定です。そこでの動き次第で、最終的に番組を決めるつもりです」(角川秀樹調教師)
2021/5/21 (門別競馬場)
「16日(日)に坂路で3ハロン39.2-25.4-12.5を計時しており、デビュー戦については明日22日(土)に予定している追い切りの動きを見て、4回門別開催(5/25~)の前後半どちらにするか判断するつもりです。いずれにしても、フレッシュチャレンジ競走に牝馬限定の1000m戦が組まれているので、使うとしたらどちらかになると思いますよ」(角川秀樹調教師)
2021/5/14 (門別競馬場)
「12日(水)に本馬場でゲートから出し、5ハロン69.0-55.2-40.6-13.6を末強めに追い切っています。能検からしばらく経ちましたし、一旦調教を緩めていた分、やや重たい感じの走りに映りましたので、もう少し本数を重ねた方が良さそうですね。4回門別開催(5/25~)でのデビューを目標に、来週は坂路で時計を出す予定です」(角川秀樹調教師)
2021/5/7 (門別競馬場)
「今週からは坂路での負荷を強めていますが、馬体を減らすことなく順調に乗り込めていますよ。来週辺りからは速いところも乗り出す予定なので、具体的なデビュー目標についてはそれから決めたいと考えていますが、今のところ4回門別開催(5/25~)までにはいい仕上がりに持っていけるのではないかと思います」(角川秀樹調教師)
2021/4/30 (門別競馬場)
「引き続き馬の状態を見ながら軽めのメニューで調整していますが、今週に入ってからはだいぶ調子が上がってきたようで、活気が出てきましたね。毛ヅヤも良化傾向にありますし、来週から調教を強めてみて飼い葉食いも問題なければ、どんどん進めていこうと思います」(角川秀樹調教師)
2021/4/23 (門別競馬場)
「今週も軽めキャンターのメニューで進めながら、調子が上向いてくるのを待っているところです。見た目にも体が増えてきて欲しいところですし、まだ毛ヅヤももう一つに映りますが、脚元は特に心配ないですね。引き続き馬体の良化を促しながら乗り込んでいきます」(角川秀樹調教師)
2021/4/16 (門別競馬場)
「今週から調教の負荷を強めてみたところ、やや飼い葉食いが細くなってしまいました。そのため週の半ばからは先週同様、軽めキャンターのメニューで調整しています。まだ本調子にはないようですし、食いが安定して馬体の成長が伴ってくるまでは、焦らずジックリ進めていった方が良さそうですね」(角川秀樹調教師)
2021/4/9 (門別競馬場)
「この中間も軽めのメニュー内容になりますが、飼い葉食いが良くなって、だいぶ体も戻ってきましたね。ようやく体調が上向いてきたようなので、ここからは徐々に負荷を強めていけそうです。まだ馬体も大きくなりそうなので、成長具合も見ながら進めていくことにしましょう」(角川秀樹調教師)
2021/4/2 (門別競馬場)
「なかなか馬体重が戻ってこないため、この中間も調教は坂路1本にとどめて、軽めキャンターで登坂させています。動きに関しては特に気になるところはありませんが、飼い葉食いが良くなってくるまではあまり無理をさせない方が良さそうですね。引き続き馬体回復を優先に進めましょう」(角川秀樹調教師)
2021/3/26 (門別競馬場)
「先週の能検後はまだ体が完全には戻りきってはいませんが、本日26日(金)から調教を再開しており、坂路1本を軽めキャンターのメニューです。脚元にソエが出たりといったことはなかったのですが、満2歳を迎えてからでないと出走資格がありませんので、もう少しの間はジックリと進める予定です。具体的なデビュー目標については、馬体の回復具合も見ながら決めようと考えています」(角川秀樹調教師)
2021/3/18 (門別競馬場)
馬体重:434kg
本日18日(木)の競走能力・発走調教検査を受験し、52.6(ダ800m)のタイムで合格しました。

「今日は枠入りもスムーズでしたし、他馬があまり上手なスタートでなかったにしても、ゲートが抜群に速く、3位入線で合格してくれました。騎乗した阿部龍は『内ラチ沿いを通ったこともありますが、直線に向いてからも真っすぐ走ってくれました。これといったクセもなく乗りやすいですし、いいスピードがありそうですね』と話していました。まだ試験が終わったばかりなので、デビュー時期についてはもう少し調教を進めてから検討したいと思います」(角川秀樹調教師)
2021/3/12 (門別競馬場)
「すでに2回の発走練習(ゲート試験)をパスしていますし、来週18日(木)には能力検査を控えているので、この中間はややペースをセーブして坂路2本を上らせています。体調面などは特に変わりないように、このままいい状態で試験当日を迎えられそうですね。調教にはウチの阿部・桑村の両ジョッキーが跨っていますが、どちらで臨むかはもう少し検討したいと思います」(角川秀樹調教師)
2021/3/5 (門別競馬場)
「3月3日(水)に2回目の発走練習(ゲート試験)を受験しました。1回目と同様に、ゲート入りの際は少しゴネたものの、駐立やダッシュは問題なく、無事合格してくれました。この後は能力検査を目標に進めますが、あまり詰めすぎずに臨んだ方が良さそうなので、1週間隔を空けて18日(木)の試験に向かいたいと考えています」(角川秀樹調教師)
2021/2/28 (門別競馬場)
馬体重:438kg
「この中間に競走馬登録の手続きを完了し、26日(金)に1回目の発走練習(ゲート試験)を受験しました。ゲート入りは若干渋かったのですが、他はスムーズにこなしていましたよ。来週中に2回目の発走練習(※ホッカイドウ競馬の場合、発走練習に都合2回受験し、合格することが義務付けられている。2回目は主催者が立ち会う)を受ける予定ですが、そこも無事合格してくれるでしょう」(角川秀樹調教師)
2021/2/15 (門別競馬場)
「この中間も坂路2本のメニューで進めており、1本目は22~23秒ペース、2本目で18~19秒ペースですが、週1回は2本目をハロン15秒を切るくらいの追い切りも開始しています。問題なく対応できていますし、速めを乗られたあとも特に変わった様子はありませんね。並行してゲート練習も進めており、このまま順調なら2週間後と3週間後の発走練習(ゲート試験)を受けて、3月11日(木)におこなわれる能力検査を目標に進める予定です」(角川秀樹調教師)
2021/1/31 (門別競馬場)
馬体重:447kg
「予定通り今月上旬から登坂本数を2本に増やし、1本目は22~23秒ペース、2本目で18~19秒ペースくらいのところを乗っています。負荷が強まったことで一旦馬体は減りましたが、現状メニューにすぐに慣れたようで、順調に回復しました。きょうだいは中距離で走っている馬が多いようですが、種馬や体つきなどからノースショアガールは短いところに適性がありそうですよ」(角川秀樹調教師)
2020/12/29 (門別競馬場)
馬体重:446kg
オカダスタッドで調整され、5日(土)に門別競馬場・角川秀樹厩舎に入厩しました。

「入厩後ここまで問題なく調教をおこなうことが出来ており、現在は坂路1本(上限22秒ペース)のメニューで調整中です。年内いっぱいはこのまま現状メニューで進めて、1月上旬からは坂路2本を上がらせる予定でいます。飼い葉食いが極端に落ちたりすることもなく安定していますし、ショウナンカンプ産駒は気難しい馬も結構いるのですが、この馬に関しては今のところそういった面は見られません。この後も順調に乗り込んでいけそうです」(角川秀樹調教師)
2020/11/30 (オカダスタッド)
馬体重:440kg
今後はオカダスタッドで調整を進めることになり、9日(月)に移動しました。

現在は夜間放牧と並行しながら、坂路2本(上限23秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「門別競馬場へ移動する前に環境の変化にも慣らしておきたい考えから、一旦こちらで調整を進めることになりました。すぐに順応してくれたように、調教にも落ち着いた様子で取り組んでいます。飼い葉食いも良好ですし、馬体重も増加傾向にあるので、このまま基礎体力の向上に努めていきます」と話していました。なお、今後は預託先であるホッカイドウ競馬・角川秀樹厩舎で調整を進めることになり、12月5日(土)に移動する予定です。
写真
2020/10/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:429kg
現在は夜間放牧と並行しながら、坂路2本(上限23~25秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「ホッカイドウ競馬へ入厩予定と聞いていたので、早い時期に馴致を立ち上げました。その後、調教へ移行してからも順調に乗り込んでいます。背中の感触がいいですし、フットワークに硬さもないように、動きに気になるところはありません。馬体や気性面に関してはまだ幼さが残るため、その辺りの成長を促しながら進めていきます」と話していました。
写真