現在表示しているページの位置

アンカジャポニカの18
牝馬 鹿  2018/3/19生
カタログPDF

父:マツリダゴッホ × 母:アンカジャポニカ(母の父:Authorized)

生産:新ひだか・岡田スタッド  所属:栗東・松下武士厩舎入厩予定

  •  
  •  
総口数 40口 募集総額 1,360万円
募集状況

残り18口

1口出資額 340,000円

近況

詳細

2020/2/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。今月からややペースアップを図り、日によってはハロン18秒台で登坂させています。その後も多少うるさい一面を見せる時はあるものの、これまでと変わりない程度。調教に影響はありませんし、前向きな気性でキビキビとした小気味のいいフットワークは見ていて好感が持てます。馬体はお腹回りの無駄肉が取れて少しスッキリしましたが、相変わらず丸みを帯びたトモは立派に映ります。
2020/1/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:451kg
現在は坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間も変わりなく順調ですし、調教が進むにつれてだんだんと力強い走りに変わってきました。体力的にも問題はないため、来月からはもう少しペースを上げる予定です。ただ、時折うるさい面を見せるようになってきたことから、ここで一気に詰めすぎない方針です。血統や気性だけでなく、重心の低いフットワークからも、マイル以下の距離が合いそうです」と話していました。
写真
2019/12/27 (ノルマンディーファーム)
馬体重:461kg
現在は夜間放牧と並行しながら、坂路2本(上限22~25秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間から坂路主体のメニューに切り替え、ややペースを上げて調教を進めています。負荷を強めたこともあり、先月と比べると体は減ったものの、ゴッホ産駒の牝馬にしては幅がありますし、筋肉量も多いように思います。冬毛が伸びているために見栄えこそしませんが、馬っぷりが良く、跨った感触からも期待している1頭です」と話していました。
写真
2019/11/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:469kg
現在は夜間放牧と並行しながら、馬場2周(ダク)と坂路1本(ハッキング)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「ここまで休みなく進めてきたので、今月中旬に1週間ほどリフレッシュを挟みました。その効果もあって、馬体をフックラ見せています。現状の体つきからは父のゴッホというより、母に似ている印象を受けます」と話していました。また、この中間に来場した松下武士調教師は「お兄さんのシコウが早い時期にデビュー勝ちしているように、この馬も早期デビューが目標と伺いました。今から楽しみにしています」と話していました。
写真
2019/10/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:453kg
現在は夜間放牧と並行しながら、馬場1周(ダク)と坂路1本(ハッキング)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「すでに馴致を終了し、馬場と坂路を併用しながらトレーニングを進めています。最初のうちはややテンションが高めで、ゴッホ産駒らしいとも思いましたが、今は跨られることにも慣れたようで、落ち着いています。走りに硬さはありませんし、割としっかりしたタイプの馬という印象です」と話していました。
写真