現在表示しているページの位置

モンストルオーソ
牡馬 鹿  2017/5/31生
カタログPDF

父:フリオーソ × 母:ビービーバカラ(母の父:ゼンノロブロイ)

生産:日高・門別牧場  所属:南関東・佐藤裕太厩舎

  •  
  •  
総口数 100口 募集総額 880万円
募集状況 満口 1口出資額 88,000円

近況

詳細

2021/5/14 (船橋競馬場)
★5/13(木)浦和・サツキツツジ特別 C1(二)(ダ1400m)笹川翼騎手 結果:優勝

「初めての遠征競馬も克服。次走は昇級してB3クラスになるものの、この勢いで即通用といきたいところですね。今後の出走スケジュールについて、来月の自場開催の3回船橋開催(6/21~)はもちろん確定ですが、中6週の間隔となります。そこまでに2回川崎開催(5/24~)、3回浦和開催(5/31~)、3回川崎開催(6/14~)がありますので、そのいずれかで出走したいと考えています」(佐藤裕太調教師)
2021/5/13 (浦和競馬場)
馬体重:467kg
★5/13(木)浦和・サツキツツジ特別 C1(二)(ダ1400m)笹川翼騎手 結果:優勝

「機動力を生かせる小回りの浦和コースはピッタリではないかと思っていましたが、見事にハマりましたね。鞍上の笹川翼ジョッキーは『一つ内の森泰斗ジョッキーがハナを主張する感じだったので、それをマークする形を選択しました。放牧明けということがあったと思いますが、道中は少しフワフワしていましたね。だた、今日はそれが逆に良い方に出た感じで、余裕を持って脚を溜めることが出来て、最後の直線で弾けてくれました。単勝1.9倍という断然の1番人気に支持されていましたが、それに応えるような完勝劇でしたね』と話していました」(佐藤裕太調教師)
2021/5/7 (船橋競馬場)
「先週の5/1(土)に併せ馬で5ハロン68.7-50.6-37.3を強めに追い切りました。気持ちとともにようやく身が入ってきた感じで、この1本で右肩上がりの良化傾向を見せてくれたので、本来であれば今日の出走でしたが、それをパスさせていただきました。申し訳ありません。来週の5/13(木)浦和・サツキツツジ特別 C1(二)(ダ1400m)に向かいましょう。もちろん除外の可能性はありますが、コース形態も向くと思いますし、今後のことも踏まえると、ここで遠征競馬を経験しておくことはプラスになるはずです。明日5/8(土)もしくは明後日5/9(日)に最終追い切りをおこない万全を期し、スタンバイ完了といきたいところですね」(佐藤裕太調教師)
2021/4/30 (船橋競馬場)
「まずは先週4/24(土)に15-15をおこないました。そのひと追いで気持ちが入ってピリッとしてきてはいるのですが、なんだかそれが空回りしているような状態。一言でいうと、動きが重たいですね。中身の心肺機能がもうひとつ仕上がっていないのかもしれません。来週の開催最終日、5/07(金)船橋・鍾馗賞 C1(一)(ダ1600m)に出走申込を済ませてはいるものの、この中間の追い切り次第では、2回浦和開催(5/10~)へのスライドも検討しています」(佐藤裕太調教師)
2021/4/23 (船橋競馬場)
「この中間はまだ時計こそ出していませんが、馬自身はリフレッシュが完了していい状態にありますね。これといって気になるところもありませんし、目標の2回船橋開催(5/03~)に向けて、今週来週と2本速いところを消化すれば、十分態勢は整うと思います。明日4/24(土)に1週前追い切りをおこなう予定です」(佐藤裕太調教師)
2021/4/16 (船橋競馬場)
松風馬事センターで調整され、昨日15日(木)に帰厩しました。

「2回船橋開催(5/03~)での出走を目標に帰厩させました。早速、今朝から調教を開始していますが、前捌きに硬さもなく、フットワークに気になるところはなかったですね。明日17日(土)もしくは来週初めに帰厩後1本目の追い切りをおこなう予定で、レースに向けて態勢を整えていきます」(佐藤裕太調教師)
2021/4/9 (松風馬事センター)
馬体重:486kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。腕節が安定していることから、今週より調教進度を上げて乗り込んでいます。しっかり積み重ねられていることで、状態も上向いてきました。佐藤調教師からは、『来週あたりに戻すつもりです』と言われています。声が掛かるまで、この調子で良化を促していくつもりです」(担当者)
2021/4/2 (松風馬事センター)
馬体重:481kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。先週末に蕁麻疹が出たのですが、その日の午後には落ち着き、その後は問題ないところ。おそらく一時的なものだったと思います。前の出の硬さは解消してきてゴトゴトした感じがありません。この馬にしては柔軟性が出てきましたし、もしかしたら暖かい時期の方が良いタイプなのかもしれません。そろそろネジを巻いていくことも考えるつもりです」(担当者)
2021/3/26 (松風馬事センター)
馬体重:479kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。入場後は前捌きに硬さが見られたので、念の為レントゲン検査をおこないましたが、問題はありませんでした。動かしていくと硬さが抜けて解れていくので、このまま進めていけそう。以前より逞しさが出てきましたし、体幹もしっかりしているので、このままピッチを上げていくつもりです」(担当者)
2021/3/19 (松風馬事センター)
★3/15(月)船橋・アクアマリン賞 C1(三)(四)(五)ア(ダ1500m)笹川翼騎手 結果2着
この後は美浦トレセン近郊の松風馬事センターで調整することになり、本日19日(金)に移動しました。

「上がり3ハロン38秒フラットの脚を繰り出し、半馬身差まで追い込んだのですが。3連勝とはいきませんでしたね。長期休養明けから目一杯の競馬で4戦を消化しましたので、放牧に出させていただくことにしました。まずは疲労回復とリフレッシュに努めて、1回船橋開催(4/05~)での出走はパスしたいと思います」(佐藤裕太調教師)
2021/3/15 (船橋競馬場)
馬体重:470kg
★3/15(月)船橋・アクアマリン賞 C1(三)(四)(五)ア(ダ1500m)笹川翼騎手 結果2着

「ハナを切った勝ち馬を1馬身ほど後ろで見ながら、森ジョッキー騎乗の1番人気馬と並んで2、3番手を形成。直線を向いて伸びてきたときには逃げ馬を差し切れると思ったのですが。笹川ジョッキーと森ジョッキーで道中けん制し合った分、最後は届きませんでした。前走C2クラスだったとはいえ、強い勝ち方で昇級してきた相手を自分のペースで楽に行かせてしまったようです」(佐藤裕太調教師)
2021/3/12 (船橋競馬場)
「開催初日の3/15(月)船橋・アクアマリン賞 C1(三)(四)(五)ア(ダ1500m)という番組になったことから、昨日3/11(木)に最終追い切りをおこないました。4ハロンから馬ナリで50.6-37.7の時計です。先週の3/6(土)にも4ハロン50.9-37.9を馬ナリという同様の時計を出しており、コンディションはいい意味で平行線をキープできていると思います。鞍上も引き続き笹川翼ジョッキーで調整中。連勝街道の下地は整ったと思います」(佐藤裕太調教師)
2021/3/5 (船橋競馬場)
「先週2/27(土)に3ハロン40.4の時計を出し、今週も明日3/6(土)に馬ナリで追い切る予定です。目標の12回船橋開催(3/15~)に向けて、ここまで理想的な流れで調整を進められていますし、あまり攻めなくてもいい仕上がりに持っていけそうですね。前回と同じC1クラスになることからも、3連勝を狙っていますよ」(佐藤裕太調教師)
2021/2/26 (船橋競馬場)
「まずは明日2/27(土)に前走後からの初時計を出す予定です。順調にいけば、12回船橋開催(3/15~)まで3本の追い切りとなるでしょうか。ゆったりとしたローテーションですので、ここでじっくりと乗り込めることは、今後のモンストルオーソにとっても有効に働くと思います」(佐藤裕太調教師)
2021/2/19 (船橋競馬場)
「一戦ごとにたくましさが備わってきたようで、明らかにレース内容が良化してきていますよね。すでに乗り出しをスタートしていますが、ここまではスムーズに立ち上げられた印象を持っています。次走の目標を中4週で12回船橋開催(3/15~)に置いていますが、ローテーション的にちょうどいいと思いますよ」(佐藤裕太調教師)
2021/2/12 (船橋競馬場)
★2/08(月)船橋・馬い!?じじちゃんの燻り大根を食べよう C1(四)(五)(ダ1500m)笹川翼騎手 結果:優勝

「骨折長期休養明けから3戦して2勝、たいしたものだと思います。鞍上の笹川翼ジョッキーが追い出してからの力強いフットワークは頼もしさを感じましたし、完全復調といっても過言ではないですよね。まだまだ上を目指せると思いますので、大事にいきたいと考えています」(佐藤裕太調教師)
2021/2/8 (船橋競馬場)
馬体重:472kg
★2/08(月)船橋・馬い!?じじちゃんの燻り大根を食べよう C1(四)(五)(ダ1500m)笹川翼騎手 結果:優勝

「横綱相撲でこのC1クラスでも勝利を挙げることが出来ましたね。最終追い切り通りの走りでした。鞍上の笹川翼ジョッキーは『気合いが乗っていたというか、気迫のようなものを感じました。後ろから来る相手に反応して、ギアが一段上がりましたからね。おそらくもう100m長くても、抜かれることはなかったと思います。着差(半馬身)以上の強さを見せてくれました』とコメントしていました」(佐藤裕太調教師)
2021/2/5 (船橋競馬場)
「昨日2/4(木)に5ハロンから強めにやって、66.0-50.4-37.2の時計を出しています。この一本を最終追い切りとして、来週の開催初日2/08(月)船橋・馬い!?じじちゃんの燻り大根を食べよう C1(四)(五)(ダ1500m)での出走を予定したいと思います。一走一走の上積みを感じていますし、今回の追い切りも抜群の動きと言っても過言ではありません。C1クラスでの昇級初戦ですが、十分通用すると思いますよ」(佐藤裕太調教師)
2021/1/29 (船橋競馬場)
「先週1/23(土)に3ハロン43.0、昨日1/28(木)には4ハロン53台の時計での追い切りを消化しています。いい意味で変わりないですね。気持ち良くスムーズに動けていました。来週から更に調整のピッチを上げていき、11回船橋開催(2/08~)での出走態勢を整えていきましょう」(佐藤裕太調教師)
2021/1/22 (船橋競馬場)
「長期休養明けで2走した反動はなく、レース後も状態は安定しているので、予定通り11回船橋開催(2/08~)での出走に向けて調整を進めています。順調にきてはいますが、レース振りからはまだ能力だけで走っているようなところがありますし、ブランクが解消されて終いまでしっかり走れる力強さが出てくれば、C1クラスに昇級しても2連勝は可能ではないかと見ています」(佐藤裕太調教師)
2021/1/15 (船橋競馬場)
★1/11(月)船橋・C2(二)(ダ1500m)笹川翼騎手 結果:優勝

「課題も残る内容でしたが、まずは2勝目を挙げることが出来て、長いトンネルを抜けた感じでホッとしました。最後の直線でモタついたということは、まだまだ良化の余地を残している証拠でもあります。引き続き来月11回船橋開催(2/08~)での出走を予定していますが、次走でのさらなる変わり身や上積みに期待してください」(佐藤裕太調教師)
2021/1/11 (船橋競馬場)
馬体重:472kg
★1/11(月)船橋・C2(二)(ダ1500m)笹川翼騎手 結果:優勝

「4コーナーを回る際の手応えからは、もう少し2着以下を放しても不思議ではなかったと思います。そのあたりが、長期休み明け2戦目といったところでしょうか。鞍上の笹川翼ジョッキーは『最後の直線に向いてからの反応がいまひとつで、抜け出しても遊ぶ感じでした。追わせますね。ただ、その分、今後の伸びしろもあるということです』と話してくれました。次につながる内容のあるレースだったと思いますし、復帰2戦目で結果を出すことが出来て、本当に良かったです」(佐藤裕太調教師)
2021/1/8 (船橋競馬場)
「年末年始を緩めることなく乗り込みを進め、前走で長期休み明けをひと叩きしたこともあり、この中間の動きが格段と良くなりましたね。来週の開催初日、1/11(月)船橋 C2(二)(ダ1500m)での出走を予定しています。昨年12/31(木)に4ハロンから52.0-38.1、昨日1/7(木)にも4ハロンから50.5-37.3の時計で、いずれも馬なりで追い切りましたが、気持ちが乗っていることが手に取るように分かりました。態勢は万全です。あとは降級馬が混ざりますので、相手関係だけでしょう」(佐藤裕太調教師)
2020/12/25 (船橋競馬場)
「今週の12/21(月)浦和・ダ1400m戦に出走していても、いいところはあったと思いますよ。そのレースを除外された影響はありませんので、来年年明けの10回船橋開催(21/1/11~)に向かいましょう。来週の大晦日12/31(木)に追い切りを予定しています」(佐藤裕太調教師)
2020/12/18 (船橋競馬場)
「先週12/12(土)に4ハロン55.3-40.8を、昨日12/17(木)にも4ハロン51.4-38.0を馬なりで追い切って、12/21(月)浦和・なし・くり産地 東松山賞 C2(三)(ダ1400m)に笹川翼ジョッキーで出馬投票しました。結果は抽選漏れ、こればかりは仕方がありません。ここは気持ちを切り替えて、来年年明けの地元10回船橋開催(21/1/11~)に目標を切り替えましょう」(佐藤裕太調教師)
2020/12/11 (船橋競馬場)
「週明けより普通キャンターでの乗り込みを開始。ピリッとした雰囲気で、いい感じですね。思惑通り、変わってきたと思いますよ。9回浦和開催(12/21~)もしくは来年年明けの地元10回船橋開催(21/1/11~)を次走に予定したいと考えています。前走の復帰戦の上積みも見込めますし、本番での息の持ちや動きも違うはずです」(佐藤裕太調教師)
2020/12/4 (船橋競馬場)
★12/01(火)船橋・C2(二)(三)(ダ1200m)笹川翼騎手 結果3着

「帰厩してからの日が浅く、まして約1年ぶりとなる実戦。半信半疑の部分があったことは否めませんが、格好をつけてくれたというか、よく頑張ってくれました。次走は9回浦和開催(12/21~)もしくは来年年明けのの地元10回船橋開催(21/1/11~)を予定。来週より立ち上げていきますが、長期休養明けの分、ガラッと変わり身を見せてくれるでしょう」(佐藤裕太調教師)
2020/12/1 (船橋競馬場)
馬体重:465kg
★12/01(火)船橋・C2(二)(三)(ダ1200m)笹川翼騎手 結果3着

「笹川翼ジョッキーから『一年ぶりの重さはあったものの、馬体の成長を感じました。芯が出来てきましたね』とのコメントがありましたが、好評価でしたね。まずは、長期休養明けの一戦が無事に終わり、ひと安心しました。間違いなく次につながる競馬で、この一戦でさらなる良化を見せてくれるはずですよ。今夜はしっかりとねぎらってあげたいと思います」(佐藤裕太調教師)
2020/11/27 (船橋競馬場)
「本日11/27(金)に5ハロンから併せて、70.1-51.8-37.9の時計を馬ナリで出し、最終追い切りを無事に済ませました。来週の12/01(火)船橋・C2(二)(三)(ダ1200m)もしくは同日の12/01(火)船橋 馬い!? 江戸前ちば海苔を食べよう C2(二)(三)(ダ1500m)を予定しています。相手関係も見据えていずれに投票するか最終決定しますが、今のところはダ1200m戦が本線です。約1年ぶりの長期休養明けでの出走となりますので、実戦での息切れの不安がありますし、まずは短いところでビシッとやってみて、その効果を次につなげることが得策なのではないかとの考えからです。鞍上は初勝利を挙げてくれた笹川翼ジョッキーに声を掛けています」(佐藤裕太調教師)
2020/11/20 (船橋競馬場)
「11/17(火)に調教試験を受験し、無事に合格しました。馬体重は473kg(19/12/11の前走461kg)で、船場競馬場の本馬場930mの走破時計は1:00.4でした。5頭中3着でしたが、最後は流した感じです。まずまずのスタートを切って、鞍上の笠野雄大ジョッキーが促すと二の脚をきかせて、スッとハナへ立つことが出来ました。終始ハミをしっかりと取って、力強さあふれる動き。直線に向いて2頭に交わされたものの、手応えも残っていましたね。これで心肺機能も一層上がってくるでしょうし、来週ビッシリと負荷を掛けて追い切れば、9回船橋開催(11/30~)での出走態勢が整うと思います」(佐藤裕太調教師)
2020/11/13 (船橋競馬場)
「来週11/16(月)の能力検査に向けて、この中間で2本の追い切りを消化。先週11/7(土)に3ハロン43.0、本日11/13(金)には同じく3ハロン39.2を馬ナリという内容です。これならば、間違いなく能検は一発合格で、引き続き9回船橋開催(11/30~)での出走に向かえることでしょう。モンストルオーソの成長、パワーアップは感じることが出来るものの、あとは昨年の初勝利時の状態まで、残りの時間でどこまでリカバリーが図れるかどうかですね」(佐藤裕太調教師)
2020/11/6 (船橋競馬場)
松風馬事センターで調整され、2日(月)に帰厩しました。

「約11ヵ月ぶりにこちらに戻ってきましたね。早速ですが、キャンターでハロン18~22秒での乗り込みをスタートしていますが、ノルマンディーファームと松風馬事さんでしっかりと乗り込んでいただいているので、馬体の方はスッキリと映りますね。あとは、ここからペースアップをしていった際に心肺機能がどこまで仕上がっているかでしょう。まずは11/16(月)に調教試験を受験します。おそらくそこは普通にパスできるはずですので、合格後は9回船橋開催(11/30~)での出走を目標に進めていく予定で考えています」(佐藤裕太調教師)
2020/10/30 (松風馬事センター)
馬体重:482kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間より時計消化を織り交ぜていますが、その動きが本当に良いんですよね。カッコ良さを感じます。順調に進められていますし、脚元も問題ないところ。来週には帰厩との連絡をもらっているので、このまましっかりと態勢を整えていきます」(担当者)
2020/10/23 (松風馬事センター)
馬体重:480kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も速めのところを織り交ぜながらコンスタントに乗り込みを続けていますが、軽快な動きを見せていますよ。膝の状態もいい意味で変わりはありません。こちらに入場してきた時と同じくらいの体重ですが、今は中身が全然違うので、この感じであればいつ送り出しても問題なさそうです」(担当者)
2020/10/16 (松風馬事センター)
馬体重:481kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。先週末は馬場が悪かったため、ダク中心のメニューで進めていたところ、体重が490kgまで増えてしまったので、週明けからいつも通りのメニューに戻しています。体重は元に戻って安定してきたので、この感じであればいい感じで送り出せるのではないでしょうか」(担当者)
2020/10/9 (松風馬事センター)
馬体重:481kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き両前膝の状態は問題ありませんし、歩様にも硬さが出ることはありません。減りすぎてしまった体重は安定していますし、このくらいの感じがちょうど良さそうですね。蓄積度合いが高まってきましたし、そろそろ帰厩を考えても良さそうな状態になってきました」(担当者)
2020/10/2 (松風馬事センター)
馬体重:482kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。絞りに掛かったら絞りすぎてしまったため、戻しに掛かったら今度は一気に増えてしまいました。ただ、まだ腹袋はポコッとしているものの、ボディコンディションは悪くありませんよ。牧場レベルだったらこれくらいで送り出せたほうが良さそうなので、今感じをキープしていきます。両前膝の状態は問題ありませんし、このまま積み重ねていきます」(担当者)
2020/9/25 (松風馬事センター)
馬体重:467kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。少しいびつだった体型は大分良くなってきて、引き締りも出てきました。両前膝の状態も問題ありませんし、順調な乗り込み態勢が取れています。休んでいた割には、レース体重とそこまで変わりはありませんし、そろそろ送り出しを意識して進めていくつもりです」(担当者)
2020/9/18 (松風馬事センター)
馬体重:472kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。到着から1週間以上経ちましたが、腹袋だけボコッとしていて、背肉がまだ物足りない印象。一回引き締めに掛かっていて、ペースを上げていますが反動はありません。このまま乗り込んで、体のシルエットを良くしていきたいと考えています」(担当者)
2020/9/11 (松風馬事センター)
馬体重:479kg
この後はトレセン近郊の松風馬事センターで調整することになり、8日(火)に移動しました。

「現在は1時間のウォーキングマシンの運動で調整中です。到着後から、白血球の数値が高いのですが、元気いっぱいですし、体調面に悪いところはありません。輸送で少し背肉が落ちて、お腹だけ余裕がある体型をしていますが、これは調教を始めたら戻ってきそう。右前の出に少し硬さが見られるので、しっかり確認しながら進めていくつもりです」(担当者)
2020/8/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:484kg
現在は坂路3本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間も徐々にペースアップを図っているように、両前膝の状態に問題はありません。ただ、休養期間が長かったために、背腰にはまだ力が戻っていない印象です。筋肉が付いてくれば改善されると思うので、しっかり負荷を掛けて乗っていきます」と話していました。
2020/8/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路3本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。この中間からは乗り込み量を増やし、徐々にペースも上げています。普段の歩様はスムーズですが、坂路のキャンター動きからはまだ前脚の出があまり良くない様子。その辺りが改善されてくるまでは、現状メニューでジックリと進めた方が良さそうです。
2020/7/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:494kg
現在は坂路2本(上限23~25秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「今月下旬より騎乗調教を開始しました。脚元の状態を確認しながらトレッドミルで下地をつくっていたこともあり、ここまでスムーズに乗り進めることが出来ています。調教後も両前膝は変わりないですし、馬は元気が良すぎるくらいなので、このまま順調にペースアップを図っていけそうです」と話していました。
写真
2020/7/15 (ノルマンディーファーム)
現在はウォーキングマシン1時間とトレッドミルで調整しています。この中間もトレッドミル主体に進めていますが、同じメニューでも以前より汗を掻く量が増えてきました。代謝が上がってきたようですし、脚元の状態も変わらず安定しているため、この後も徐々に負荷を強めていく予定です。
2020/6/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:486kg
現在はウォーキングマシン1時間とトレッドミルで調整しています。担当者は「この中間も患部の状態は変わりないため、トレッドミルでのダクの走行距離を1500~2000mに延ばしています。ここ最近、パドックでは他馬を気にして煩い素振りが見受けられますが、トレッドミルがある小屋の中では大人しいですし、ベルトの上に乗るのも慣れているようで、スムーズに運動をこなしています」と話していました。
2020/6/15 (ノルマンディーファーム)
現在はウォーキングマシン1時間とトレッドミルで調整しています。今月初旬からはマシン運動をおこなった後、トレッドミルにも入れて運動を進めています。トレッドミルはダク1000mのメニューですが、その後も脚元は問題ないため、この後は徐々に走行距離を延ばしていく予定です。
2020/5/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:484kg
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。担当者は「ここまでマシン運動を継続してきても歩様はスムーズなことから、下旬以降は時間を30分延長しました。その後も特に変わりありません。この後はトレッドミルでの運動も取り入れていく予定です」と話していました。
写真
2020/5/15 (ノルマンディーファーム)
現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。今月初旬から軽めのマシン運動を開始しました。その後も脚元に気になるところはありませんが、しばらくはこれくらいのメニューにとどめて徐々に進めていく予定です。
2020/4/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:486kg
現在はパドック放牧をおこなっています。担当者は「この中間に獣医による両前膝のレントゲン検査をおこないました。診察した獣医からは『どちらも患部の経過は良好で、ウォーキングマシンで軽く運動をおこなう分には特に問題ないでしょう。ただ、両前ということもあって、騎乗開始までには少し時間を掛けてあげた方が良さそうです』とのことでした。来月初旬からまずは30分程度のマシン運動で様子見していく予定です」と話していました。
2020/4/15 (ノルマンディーファーム)
現在はパドック放牧をおこなっています。まだ運動は控えていますが、気温の上昇とともに代謝は上がってきたようで、冬毛はすっかり抜け落ちました。ポカポカと暖かい日が多くなり、パドックでは日光を浴びて気持ち良さそうに過ごしています。
2020/3/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:488kg
現在はパドック放牧をおこなっています。担当者は「パドック放牧だけだと煩くなってくなる馬も多いのですが、モンストルオーソに関してはそのような変化は見られません。寂しがりやの一面はあるものの、相変わらずのんびりした様子で過ごしています」と話していました。
写真
2020/3/15 (ノルマンディーファーム)
現在はパドック放牧をおこなっています。引き続き日中はサンシャインパドックに放して休養に充てています。だいぶ冬毛が抜けてきましたし、休んでいる割には毛ヅヤをよく見せていて、体調面はすこぶる良好そうです。
2020/2/29 (ノルマンディーファーム)
馬体重:486kg
現在はパドック放牧をおこなっています。担当者は「両前ともに患部の経過は良好です。周りに馬がいないとよく鳴いているように、寂しがりやの性格のようです」と話していました。
2020/2/15 (ノルマンディーファーム)
現在はパドック放牧をおこなっています。日中は気温がプラスに転じる日が多いこともあって、この中間はパドックに出す時間を長くしています。馬服は着せていますが、この時期でも馬にとっては過ごしやすいようです。
2020/1/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:479kg
現在はパドック放牧をおこなっています。担当者は「両前膝はまだ腫れてはいるものの、どちらも熱感はないことから、午前中はサンシャインパドックに出して経過を観察しています。もう近くを通る育成馬たちにも慣れたようで、のんびりした様子が窺えます」と話していました。
2020/1/15 (ノルマンディーファーム)
現在は舎飼されています。調教時間帯は育成馬たちが上がり運動で馬房前を通過するため、若干それらを気にする様子は見受けられますが、基本的には大人しく過ごしています。当面の間はこのまま舎飼で安静にさせて、患部の回復を促していく予定です。
2019/12/27 (ノルマンディーファーム)
馬体重:465kg
23日(月)にノルマンディーファームへ移動しました。

オカダスタッド到着後に再度レントゲン検査をおこない、念のため右前も詳しく調べたところ、右前脚橈骨遠位端の剥離骨折も判明したため、23日(月)に新ひだか町・三石家畜診療センターにて、両前膝の剥離した骨片の摘出手術および内部のクリーニングをおこないました。なお、手術後の同日午後にノルマンディーファームへ移動しており、今後しばらくは舎飼で経過を観察していく予定です。
2019/12/15 (オカダスタッド)
本日15日(日)に北海道・オカダスタッドへ移動しました。

長距離輸送による疲れや熱発もなく、無事到着しています。近日中に三石家畜診療センターにて、剥離した骨片の摘出手術および内部のクリーニングをおこなう予定です。
2019/12/12 (船橋競馬場)
★12/11(水)船橋・船橋競馬プレゼントキャンペーン賞 2歳(三)(四)(ダ1500m)笹川翼騎手 結果:優勝

本日12日(木)厩舎での歩様チェックの際に、左前脚に跛行の症状を見せました。わずかな腫れと熱感も確認されたことから、レントゲン検査を行ったところ、左前脚橈骨遠位端の剥離骨折が判明、全治6ヵ月の診断(競走復帰までの目安)を受けています。
今後は北海道・オカダスタッドへ移動の予定です。

「7月末にこちらに入厩し、9月末にデビュー。ここまで3戦に出走してきましたが、地元の船橋開催にきっちりと合わせ、無理のないローテーションだったと思います。競走中のアクシデントとはいえ、初勝利を挙げた翌日にこのような報告をしなければならなくなり、大変申し訳なく思っています。昨日はメンバーが揃うなか1番人気に支持され、前走から持ち時計を1秒以上詰め、能力の高さを改めて再認識した一戦でした。先行力があり、堅実な走りで距離が伸びてさらに良さが出てくるイメージを持っていたので、この春を棒に振らなければならなくなったことは本当に残念でなりません。患部の回復が順調にいき、1日も早くこちらに復帰できることを願っています」(佐藤裕太調教師)
2019/12/11 (船橋競馬場)
馬体重:461kg
★12/11(水)船橋・船橋競馬プレゼントキャンペーン賞 2歳(三)(四)(ダ1500m)笹川翼騎手 結果:優勝

「前走で跨った際に、返し馬が硬い印象を受けました。今回しっかりと返し馬をおこなったことで、体を暖めてほぐせたと思います。スタートが決まって内々で上手く脚を溜めることが出来ましたね。最終コーナーで前を行く2頭の外に出してからは、しっかりと脚を使ってくれて伸びてくれました。2着馬が内を突いてきているのはわかりましたが、押し切れると思っていましたよ。モンストルオーソの初勝利に貢献できて良かったです」(笹川翼騎手)
写真
2019/12/6 (船橋競馬場)
「来週の12/11(水)船橋・船橋競馬プレゼントキャンペーン賞(ダ1500m)を予定しています。鞍上は前走から引き続き笹川翼ジョッキーに依頼しました。先週30日(土)に4ハロン53.1-39.5を追い切っていますし、明日7日(土)には最終追い切りを予定。十分な出走態勢で臨めると思います。一戦ごとにレース内容が良化してきていますし、ユルさは依然としてあるものの、全体のパワーアップが図れていますので、楽しみですよ」(佐藤裕太調教師)
2019/11/29 (船橋競馬場)
「今週頭より降り続いた雨の馬場への影響を考慮して、明日30日(土)に実質的な一週前追い切りを予定しています。先週もサッとやっていますし、この中間の動きからも、自然と時計が出ると思いますよ。9回船橋開催(12/09~)での出走を予定しています」(佐藤裕太調教師)
2019/11/22 (船橋競馬場)
「本日、4ハロン57秒のところを併せ馬で追い切りました。息遣いを確認することを主体としたもので、終始馬ナリでした。その動きからは、トモのゆるさは一朝一夕には解消しないものの、成長分もあってか全体的にパワーアップしている印象を受けましたね。来月の9回船橋開催(12/09~)に向けて、至極順調といったところです」(佐藤裕太調教師)
2019/11/15 (船橋競馬場)
「厩舎で出来る限りの治療が完了し、雰囲気が良くなってきましたね。スムーズな歩様を見せてくれています。騎乗運動の際には少しピリッとスイッチが入りますし、来月の9回船橋開催(12/09~)ではもう一段階上のモンストルオーソをお見せできるのではないかと思いますよ」(佐藤裕太調教師)
2019/11/8 (船橋競馬場)
「この中間も背腰を中心にまだ疲れが残っているようなので、速いペースでの調教は控えて軽めの調整をおこなっています。9回船橋開催(12/09~)までにはまだ時間もあることから、今はケアを優先しつつ、目標に向け徐々に態勢を備えていきたいと考えています」(佐藤裕太調教師)
2019/11/1 (船橋競馬場)
★10/28(月)船橋・2歳(二)(ダ1500m)笹川翼騎手 結果2着

「デビューから2戦連続の2着。まだまだしっかりとしていない中で、良く頑張ってくれていると思います。距離の融通性も高そうですね。次走についてですが、自場の9回船橋開催(12/09~)まで中5週空きますので、他場への遠征も視野に入れたいところでした。ただ、前回同様に背腰に疲れが見られますね。特に腰にダメージが出ています。きっちりと余力を残して仕上げたうえで出走したいとの考えから、やはり自場を目標にしたいと思います」(佐藤裕太調教師)
2019/10/28 (船橋競馬場)
馬体重:457kg
★10/28(月)船橋・2歳(二)(ダ1500m)笹川翼騎手 結果2着

「ゲート内でも大人しく抜群のスタートを決めてくれましたね。今日は隣の馬が何がなんでもハナを主張してくるのは分かっていたので、テンは無理に競らずそれを見ながらの形で競馬しました。道中は折り合いがつき、砂を被っても怯まず上手に走ってくれたのですが、勝負どころで仕掛けた際の反応が若干鈍かった印象です。キャンターに行ってしまえば問題ないものの、返し馬でもダクだとまだフレームが安定せず乗っていて怖いくらいですし、そういった緩さが解消されてくれば走ってくる馬だと思うので、大事にいってやりたいですね。とにかく伸びしろは大きいように感じます。距離はもっと長くても問題ありませんよ」(笹川翼騎手)
2019/10/25 (船橋競馬場)
「昨日24日(木)に本馬場で4ハロンから併せて、52.1-38.1を追い切りました。直線で負荷を掛けてみましたが、それにしっかりと応えてくれましたね。現状の力は出せるデキに仕上がったと思いますし、デビュー戦を使った上積みが見込めるはずなので、よりスムーズなレース運びが可能でしょう。当初からの予定通り、来週の10/28(月)の船橋・ダ1500m戦に投票します。距離延長の変わり身にも期待できるでしょう」(佐藤裕太調教師)
2019/10/18 (船橋競馬場)
「8回船橋開催(10/28~)に向けて、引き続き普通キャンターでの調整をおこなっていますが、至って順調に来ていますね。天候不順が続いていますので、馬場コンディションのいいタイミングを見計らって、15-15を追い切ってみようと考えています。前走の疲れも抜けて、しっかりと動けるようになっていますよ」(佐藤裕太調教師)
2019/10/11 (船橋競馬場)
「この中間は普通キャンターで長めの乗り込みを継続。馬体をスッキリと見せており、先週から比べてボディコンディションは上がっていると思います。8回船橋開催(10/28~)を予定していますが、組まれているのが1200もしくは1500m戦。まずは1500m戦に投票を考えています」(佐藤裕太調教師)
2019/10/4 (船橋競馬場)
★9/27(金)船橋・紅葉葵デビュー 2歳新馬イ(ダ1000m)矢野貴之騎手 結果2着

「時間を掛ければ掛けるほど良くなってくるタイプと見ていたので、こちらの思っている以上に走ってくれたというのが正直なところです。良く頑張ってくれました。こちらに2ヵ月以上在厩していることもあり、さすがに週前半は背腰の疲れを見せていましたが、涼しく過ごしやすくなった気候も相まって、回復のスピードも上がっているようです。早速ですが、明日からの馬場入りを予定しています。次開催の地元8回船橋開催(10/28~)に向かいましょう」(佐藤裕太調教師)
2019/9/27 (船橋競馬場)
馬体重:462kg
★9/27(金)船橋・紅葉葵デビュー 2歳新馬イ(ダ1000m)矢野貴之騎手 結果2着

「追うとしっかりと反応してくれて、最後まで一生懸命走ってくれました。スタートも良かったですね。今日は完成度の違いで後塵を拝しただけ。まだ全体的に緩い印象で、使いながら良くなってくるはずです。距離はもう少しあった方がいいですかね」(矢野貴之騎手)
写真
2019/9/20 (船橋競馬場)
「いよいよ来週、9/27(金)船橋・紅葉葵デビュー2歳新馬(ダ1000m)にてデビューする運びとなりそうです。台風の接近が気に掛かるところですが、天候と馬場状態を見ながら、あと1本追い切って仕上げですね。成長途上で使いながらの印象もありますが、メンバー次第ではいきなりから好発進の可能性も十分にあり得ると思いますよ。鞍上は矢野貴之ジョッキーに声を掛けています」(佐藤裕太調教師)
2019/9/13 (船橋競馬場)
馬体重:467kg
「予定通り10日(火)に能力検査を受けました。4ハロン51秒8で見事に合格です。5頭立ての3着となり、欲を言えば1着が欲しかったところですが、ゲートを出て少しモタモタしてしまったのが痛かったですね。まだユルさも残していますので、加速力も少し見劣っていましたかね。ただ、変わり身が十分見込めそうですよ。当初からの青写真通り、7回船橋開催(9/23~)でのデビューを視野にギアを上げて調整していきます」(佐藤裕太調教師)
2019/9/6 (船橋競馬場)
「本日6日(金)に併せ馬で55秒のところを馬なりで追い切っています。2週続けて能力検査の合格ラインを上回る時計での追い切りをおこなっていましたし、9/10(火)の能力検査まで残り数日なので、これで十分。かえって気を入れ過ぎないように注意しているところですよ。ゲート練習の成果で、普通の2歳馬レベルでのスタートダッシュが出来るようになっていますし、能力検査については何も心配ないでしょう」(佐藤裕太調教師)
2019/8/30 (船橋競馬場)
「25日(日)に4ハロンから併せて、53.3-39.1を馬ナリで追い切っています。先週の追い切りから約1秒詰めましたが、楽な感じの走りで時計が出せましたね。追い切りごとに良化を辿っている印象を受けています。9/10(火)の能力検査まで追い切りはあと1本で大丈夫でしょう。それ以外の日はしっかりとゲート練習に時間を割きたいと思います」(佐藤裕太調教師)
2019/8/23 (船橋競馬場)
「予定通り、先週17日(土)に4ハロンから併せて、54.5-40.2を馬ナリで追い切りました。能力検査の合格ラインを上回っていますし、ゴールまでしっかりとした脚取りでしたね。ここからさらに乗り運動の距離を延長するなど調教のペースアップを図りますので、9/10(火)の能力検査にはきっちりと態勢は整うと思います。合わせて徐々に気持ちも入ってきていますよ。馬場状態と相談しながら、今週末も追い切りをおこなう予定です」(佐藤裕太調教師)
2019/8/16 (船橋競馬場)
「明日17日(土)に半マイルからの追い切りを予定、56~58秒の時計を出してみましょう。先週3ハロン42秒台の時計で追い切っていますので、問題なく動けると思います。引き続きゲート練習もおこなっていますが、スムーズに進入し、中で我慢がきいてしっかりと駐立できていますよ。9/10(火)の能力検査に向けて順調です」(佐藤裕太調教師)
2019/8/9 (船橋競馬場)
「予定している9/10(火)の能力検査に向けて、至って順調といったところです。先週からペースアップを図り、キャンター3000m(20~22秒ペース)のメニューで乗り込んでいます。この酷暑のなかでも、飼い葉をしっかりと食べてくれていますし、元気一杯ですね。脚元に関しても、今のところ不安な要素はありません。ゲート練習も並行して進めていますが、進入・駐立は問題ありませんので、あとは発進を磨くだけですね」(佐藤裕太調教師)
2019/8/2 (船橋競馬場)
「競馬場の馬場など自身を取り巻く環境にすっかりと慣れて、順応してくれている印象。キャンター3000m(20~24秒ペース)のメニューで調整していますが、この暑さの中でもシャキッとしているところは、非常に好感の持てる点です。基礎体力がしっかりとついている証拠でしょう。9/10(火)の能力検査に向けて、暑さに気をつけながら鋭意調整していきます」(佐藤裕太調教師)
2019/7/26 (船橋競馬場)
北海道・オカダスタッドで順調に調整され、25日(木)に船橋・佐藤裕太厩舎に入厩しました。

「昨日、こちらに入れさせていただきました。輸送熱とまではいきませんが、幾分、到着時の体温が高かったので、今日は厩舎周りの運動にとどめています。現在は平熱に落ち着いているので大丈夫でしょう。ですので、今週一杯は軽めの運動で輸送の疲れを抜いてあげて、来週より馬場入りをスタートしたいと思います。あくまで青写真ですが、9月上旬の能力検査、9月末の船橋開催での出走になるでしょう」(佐藤裕太調教師)
2019/7/15 (オカダスタッド)
現在は坂路2本を18秒ペース(週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整しています。引き続き、週に1回は終いを13秒台まで伸ばして乗り込まれています。変わりなく順調にきていますし、追い切りでも一歩一歩の脚取りがだんだんと力強くなってきました。見た目だけではなく、中身も詰まってきた印象で、馬体・動きともに順調な良化が窺えます。
2019/6/30 (オカダスタッド)
馬体重:467kg
現在は坂路2本を18秒ペース(週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間からは週2回の追い切りのうち、1回はラスト1ハロンを13秒台で登坂させています。体が増えていても重苦しさは感じられませんし、伸びのあるフットワークを披露。佐藤裕太調教師からは来月上旬には伺いたいとのことでしたので、そこで移動についての話も出てくると思います」と話していました。
写真
2019/6/15 (オカダスタッド)
現在は坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。体が増えてきただけではなく、この中間は馬体の張り、ツヤともに大幅に良化。暖かくなり体調もグッと上がっている印象ですし、ここにきての成長が著しいように感じられます。調教の動きも以前よりしっかりしてきたことから、今後は週1回程度はラストをハロン13秒ペースまで伸ばす予定です。
2019/5/31 (オカダスタッド)
馬体重:440kg
現在は坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。27日(月)には佐藤裕太調教師が来場して調教に騎乗し「先月と比べると馬体に幅が出ましたし、乗り込まれながら体が増えてきているのは何より。坂路2本目はハロン13秒くらい出ていたと思いますが、終始抑えたままで楽に上がっていたように、動きも一段階ステップアップしているのが感じ取れました。来月中にもう一度来場しようと思っていますので、移動についてはそこで考えることにしましょう」と話していました。
写真
2019/5/15 (オカダスタッド)
現在は坂路2本を18秒ペース(週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。コンスタントに追い切りを重ねてきたこともあって、ここ最近は前進気勢溢れる走りを見せるようになってきました。通常ペースの調教でも、以前にも増して前向きに取り組んでいます。放牧地での青草の摂取量も増えているようで、馬体は増加傾向にありますし、この先は成長曲線に弾みがついてくれそうです。
2019/4/30 (オカダスタッド)
馬体重:433kg
現在は坂路2本を18秒ペース(週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「ここまで追い切りを数本消化しましたが、特に疲れなどは窺えません。引き続き現状メニューで進めていきます」と話していました。また、22日(月)には佐藤裕太調教師が来場して調教に騎乗し「身のこなしが柔らかいですし、性格も素直でいかにもフリオーソの仔といった印象。ハンドルの操縦性も高いです。馬体にもう少しメリハリが出てきて欲しいところですが、これからもう一段階乗り込んでいけば徐々に変わってくると思います。引き続きこちらで乗り込みを進めてもらいましょう」と話していました。
写真
2019/4/15 (オカダスタッド)
現在は坂路2本を18秒ペース(週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間に反応を確かめる意味でハロン15秒ペースでの追い切りをおこないました。速いペースに対応できるだけの体力は付いているようで、調教後の息遣いも問題ありません。ただ、体がなかなか増えてこない現状を考えると、今はあまり詰めすぎない方が良さそう。もう少しの間は週1回程度にとどめる予定です。
2019/3/31 (オカダスタッド)
馬体重:436kg
現在は坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「もう少し体が増えてきて欲しいところですが、3月上旬の暖かさに比べると下旬は寒い日も多かったので、これから気温の上昇とともに馬体もまだまだ大きくなってくると思います。相変わらず調教は順調にこなしていますし、ここ最近は集中して走れており、遅生まれでも気性面での幼さは感じられません」と話していました。
写真
2019/3/15 (オカダスタッド)
現在は坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。この中間は馬体重が回復傾向にあることから、連日坂路を2本乗られ、更にペースアップも図って進められています。雪解け時期でもあって、坂路は水の含んだ重たい馬場になっているものの、2本目の最後までしっかりした脚取りで登坂。現状メニューに難なく対応できており、ここまで乗り込みは順調です。ただ、遅生まれの分、馬体はゆっくり良化している印象なので、引き続き成長を促しながら進める方針です。
2019/2/28 (オカダスタッド)
馬体重:435kg
現在は坂路1~2本(上限20~22秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間は少しずつペースアップを図っていますが、やや体が減ったこともあり、日によっては坂路1本の内容にセーブしています。ただ、飼い葉はきちんと食べていることから、特に心配する必要はないでしょう。現状ペースにも慣れてきたようなので、これから徐々に戻ってくると思いますし、この後も休ませることなく進めていきます」と話していました。
写真
2019/2/15 (オカダスタッド)
現在は坂路2本(ハッキング)のメニューで調整しています。グループの中では最も遅生まれで、本馬より体の大きな馬もいますが、調教の動きはこちらも負けていない様子。坂路では行きっぷりの良さが目立ちますし、見た目の印象よりも力強さを感じさせます。馬体にもう一回り成長が欲しいところですが、今後もまだまだ成長が見込めるでしょうし、暖かくなるまでは焦らず、基礎体力の向上に努めていく予定です。
2019/1/31 (オカダスタッド)
馬体重:442kg
現在は夜間放牧と並行しながら、坂路2本(ハッキング)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間も連日グループで調教を進めています。馬体の均整が取れていますし、容量が大きくドッシリしたトモに実が入ってきた印象。フットワークが徐々にしっかりしてきました」と話していました。また、26日(土)に来場した佐藤裕太調教師は「視察するのは二度目になりますが、順調そうですね。思い入れのあるフリオーソの産駒なので、お預かりするのが本当に楽しみです」と話していました。
写真
2018/12/28 (オカダスタッド)
馬体重:441kg
現在は夜間放牧と並行しながら、坂路2本のメニューで調整しています。騎乗担当者は「こちらに在厩している牡馬たちと一緒に、いつも3頭のグループで騎乗運動を進めています。坂路で乗り出した当初は両前の出に硬さが感じられましたが、徐々に解消されてきて、今では特に気になりません。だんだんと走りに力強さが出てきましたし、いかにもダートが合いそう。こちらで騎乗を進めていた際に、同じフリオーソ産駒のオープンシャッセの17にも跨りましたが、どちらも甲乙つけがたい馬だと思います」と話していました。
写真