現在表示しているページの位置

ミーハディビーナ
牝馬 青鹿  2017/2/11生
カタログPDF

父:スクリーンヒーロー × 母:マイネホコモモラ(母の父:ロージズインメイ)

生産:新ひだか・岡田スタッド  所属:美浦・和田雄二厩舎

 

総口数 400口 募集総額 1,360万円
募集状況 申込受付終了 1口出資額 34,000円

近況

詳細

2022/5/13 (美浦トレセン)
11日(水)にWコースで6ハロン83.7-67.3-52.2-38.0-12.3を単走で馬ナリに追い切りました。「今週もゲートに縛り付けて駐立の練習をおこないましたが、ジッと我慢していて観念した様子でしたので、次走に向けて水曜日には追い切りも消化しています。一度使ったあとですし、すぐに仕上がるタイプなので、来週5/21(土)新潟・栃尾特別(芝1200m)での出走を予定して問題はなさそうですね。過去のレースを踏まえると、ゲート練習のときは大人しくしていても本番でやるタイプなので、鞍上については乗り慣れた黛ジョッキーに戻したいと思います」(和田雄二調教師)
2022/5/6 (美浦トレセン)
「今週はゲート中心のメニューで、縛り付けて駐立の練習をおこなっています。これまで通り練習では一応我慢していますが、危うい雰囲気はありますね。観念するにはもう少し時間がかかりそうなので、来週も続けたいと思います」(和田雄二調教師)
2022/4/29 (美浦トレセン)
★4/23(土)福島・4歳上1勝クラス(芝1200m・牝)原優介騎手 結果13着

「今回はゲート内で何度もバタついたとあって、レース後に枠内駐立不良(暴れる)の注意を受けました。出走停止や発走調教再審査とはならなかったものの、さすがに次も同じような状況になると免れないかと思われます。あとはゲートに縛り付けて駐立の練習をおこなうしか方法がありませんので、来週半ばにも試してみる予定です」(和田雄二調教師)
2022/4/23 (福島競馬場)
馬体重:442kg
★4/23(土)福島・4歳上1勝クラス(芝1200m・牝)原優介騎手 結果13着

「申し訳ありません、今日はゲートが全てですね。最初は落ち着いていたのですが、中でかなり待たされましたし、隣の馬がバタついたのをキッカケに、ミーハもスイッチが入ってしまいました。これまで休み明けは問題なかったのですが、今日は我慢できなかったようです」(和田雄二調教師)
2022/4/21 (美浦トレセン)
☆4/23(土)福島・4歳上1勝クラス(芝1200m・牝)原優介騎手

20日(水)にWコースで5ハロン69.9-53.5-38.9-12.2を単走で馬ナリに追い切りました。「馬体は仕上り良好なので、最終追い切りは単走でサッと流す程度にしています。動きに関してもミーハの力を出せる状態にありますし、一旦放牧を挟んで精神的にもリラックス出来ているようですね。本番となるとまた違うかもしれませんが、中間のゲート練習では駐立も問題ありません。初騎乗となる原ジョッキーとのコンビですが、減量の恩恵がありますし、長距離輸送もない点はプラス材料でしょう。あとは当日も落ち着いて臨めればと考えています」(和田雄二調教師)
2022/4/15 (美浦トレセン)
13日(水)にWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、66.4-51.2-37.1-11.9を強めに追い切りました。「昨日はミーハが先行して最後は遅れたものの、相手は今週末に出走を予定しているオープン馬。それに向こうはジョッキーが騎乗していましたので、特に心配する必要はありません。状態としてはこちらも今週使えるぐらいの仕上がりにありますが、開幕週の前の止まらない馬場を避けて、来週4/23(土)福島・4歳上1勝クラス(芝1200m・牝)を本線と考えています。牝馬限定戦ではありますが、今週の福島芝1200mの登録状況を見るとスムーズに出走に漕ぎつけそうです」(和田雄二調教師)
2022/4/8 (美浦トレセン)
ブルーステーブルで調整され、2日(土)に帰厩しました。

6日(水)にWコースで5ハロン67.9-52.2-38.3-12.3を単走で馬ナリに追い切りました。「馬体重やテンションなどを考慮して、育成場では攻めすぎないように調整を進めてもらいました。水曜日が帰厩後1本目でしたが、久々に速いところを乗られてもしっかり動けていましたね。相変わらず仕上がりは早そうですし、再来週4/23(土)福島・4歳上1勝クラス(芝1200m・牝)を目標に進めましょう。かなり混み合うことが予想されますが、その週で11節ありますし、福島開催中に芝での出走が叶えばと考えています」(和田雄二調教師)
2022/4/1 (ブルーステーブル)
馬体重:452kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m(17~20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間より少しピッチを上げて乗り込んでいます。いい意味で変わりなくきていて、入場当初に感じられた疲れも大分取れてきました。明日4月2日(土)の検疫で帰厩となることが決まっています」(担当者)
2022/3/25 (ブルーステーブル)
馬体重:452kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3600m(20秒ペース)のメニューで調整中です。長めを乗り込んでいますが、大きく体重を減らすことはありませんし、全体的に安定してきました。元気があるように体調面も良好ですし、このままペースを上げていけそうです」(担当者)
2022/3/18 (ブルーステーブル)
馬体重:454kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3600m(20秒ペース)のメニューで調整中です。元気いっぱいの様子なので、この中間より調教量を増やして進めています。体重は増加傾向にありますし、脚元を含めて問題もありません。まだピッチこそ上げていませんが、しっかり乗り込み量を確保したいと思っています」(担当者)
2022/3/11 (ブルーステーブル)
馬体重:452kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400~3000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。乗り進めてきても体重が減少傾向にならないことから、この中間より調教量を増やしています。少しずつピッチも上げていますが、気の良い馬なのでバリバリ進めていかなくてもしっかり仕上がりそう。この感じをキープしながら乗り込んでいきます」(担当者)
2022/3/4 (ブルーステーブル)
馬体重:450kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。相変わらずまだ体が寂しいので、軽めに乗り進めています。飼い葉はしっかり食べているので、まずは体重を増やしたいところ。福島開催を目標にすると聞いているので、徐々にピッチを上げていくつもりです」(担当者)
2022/2/25 (ブルーステーブル)
馬体重:448kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。少しずつ調教量を増やしていますが、まだ疲れが抜け切らない様子。体も寂しい状態ですし、背肉の戻りも遅いので、しっかりと回復させていきたいと思っています。本調子になるにはもう少し時間が掛かりそうです」(担当者)
2022/2/18 (ブルーステーブル)
馬体重:444kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2000mのメニューで調整中です。入場後は背肉が落ちていますし、大分疲れている様子なので、オゾン治療をおこないました。今週から軽めに乗り出したところで、まだペースを上げずに進めています。様子を見ながら徐々にピッチを上げていきます」(担当者)
2022/2/11 (ブルーステーブル)
★2/06(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)原田和真騎手 結果12着
この後はトレセン近郊のブルーステーブルで調整することになり、昨日10日(木)に移動しました。

「小倉競馬場からトレセンへは9日(水)到着の便で戻しています。馬体に異常はありませんでしたが、昨年10月から在厩で調整してきて6戦させましたし、ゲートが我慢できなくなっていることからも、ここで一度ガス抜きを図った方が良さそうですね。まずは心身のリフレッシュを優先に進めてもらいます」(和田雄二調教師)
2022/2/6 (小倉競馬場)
馬体重:442kg
★2/06(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)原田和真騎手 結果12着

「使い詰めでも滞在効果で馬体はキープしていたのですが、ゲートは我慢が利かなくなっていますね。騎乗した原田ジョッキーは『金曜日のゲート練習では、多少緊張している様子は窺えたものの、駐立でバタついたりはしませんでした。今日はカリカリしながらゲートに入らないよう、ガスを抜く感じで長めに返し馬をおこなったのですが、いざ本番となるとジッと出来なかったです。スタートのタイミングは合いましたが、出てからもブレーキを掛けるとことがありました』と話していました」(和田雄二調教師)
2022/2/3 (小倉競馬場)
☆2/06(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)原田和真騎手

2月2日(水)に小倉競馬場のダートコースで4ハロン54.5-39.7-12.0を単走で一杯に追い切りました。「前走から中1週になりますが、目立った疲れや硬さもないので、昨日は脚色一杯の内容で追い切っています。終いは上々の伸び脚を見せてくれたように、状態面はいい意味で平行線をキープ。今週末の出走を検討することにし、稽古での動きから再度ダートを試してみたいと考えて投票したところ、確率1/4という抽選対象ではありましたが、それを無事突破して出走に漕ぎつけています。鞍上については黛騎手が怪我でしばらく休養となり、乗り替わりとなるとゲートが余計に不安。明日のゲート練習からしっかりやってくれて、本番でも怖がらずに乗ってくれるジョッキーを探し、原田騎手に依頼しています」(和田雄二調教師)
2022/1/28 (小倉競馬場)
★1/23(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)黛弘人騎手 結果10着

「ゲート内では煩かったのですが、滞在効果もあってレース後も特にテンションは上がっていないようですね。飼い葉も食べているとの報告も受けているので、再来週からの2回小倉開催(2/12~)でもう1戦させる予定です。芝でもダートでも終いは脚を使ってくれるので、あとはゲートをしっかり練習し、何とか駐立を我慢させたいと思います」(和田雄二調教師)
2022/1/23 (小倉競馬場)
馬体重:442kg
★1/23(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)黛弘人騎手 結果10着

「練習では問題なかったものの、本番となるとゲート内でゴソゴソと落ち着かない様子で、扉が開くとアオリ気味に出てしまいました。最終コーナーで上手くインを突いて、直線では脚を使っているのですが、今日のような前が止まらない展開だとさすがに厳しいです」(和田雄二調教師)
2022/1/20 (小倉競馬場)
☆1/23(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)黛弘人騎手

16日(日)に小倉競馬場のダートコースで3ハロン43.0-11.9を単走で強めに追われ、19日(水)にもダートコースで4ハロン56.0-40.0-12.5を単走で強めに追い切りました。「滞在効果もあって先週除外された影響もないことから、この中間の2本もしっかり負荷を掛けて追い切ることが出来ています。現地スタッフには念のためゲートも確認するよう伝えたところ『問題なく済ませることが出来ました』との報告を受けていますよ。昨日の想定を見ると、芝1200mの2鞍は5節だと出走できるかギリギリのラインで、メンバーの強い方にしか入らない可能性がある状況。そのため2走前に5着に好走した砂での走りと、小倉での追い切りの動きなども踏まえて、ダート戦を選択しました。初距離となる1000mに対応できれば、最後はいい脚を使ってくれると思います」(和田雄二調教師)
2022/1/13 (小倉競馬場)
1/16(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m)秋山稔樹騎手 除外(非当選)

12日(水)に小倉競馬場のダートコースで4ハロン59.6-43.4-11.8を単走で一杯に追い切りました。「先週8日(土)にトレセンを出発し、翌9日(日)に小倉競馬場へ移動。長距離輸送でやや馬体重は減ったものの、飼い葉食いやテンションは特別変わりないとの報告を受けたので、水曜日は今週末の出走を見据えて追い切りました。ダートコースで半マイルからビッシリ追って、ラスト1ハロンは11秒台をマーク。開幕週の芝へ向かうより、稽古の動きと相手関係を考慮してダートへ投票しましたが、1/2の抽選を突破できず除外されました。目標を来週の芝またはダートへ切り替えますが、滞在なので調整はしやすいと思います」(和田雄二調教師)
2022/1/7 (美浦トレセン)
「中1週で使った反動もありませんので、この中間も在厩のまま調整を進めていて、次走は来週から始まる1回小倉開催(1/15~)での出走を目標にすることにしました。今週末にも小倉競馬場へ移動する予定です。引き続き芝・ダートの両睨みで番組を検討していきます」(和田雄二調教師)
2021/12/25 (中山競馬場)
馬体重:440kg
★12/25(土)中山・ノエル賞(芝1200m・混)黛弘人騎手 結果9着

「道中の手応えは良さそうに見えたのですが、直線はスムーズに進路を確保できなかったように、最内枠が影響しましたね。それに今日はゲート内で待たされたこともあって、スタートは上手く出てくれたものの、潜ろうとする仕草が見られました。ギリギリ我慢してくれたようですが、以前も立ち上がることがあったので、気をつけた方が良さそうです」(和田雄二調教師)
2021/12/23 (美浦トレセン)
☆12/25(土)中山・ノエル賞(芝1200m・混)黛弘人騎手

22日(水)にPコースで5ハロン67.6-52.7-39.0-12.4を単走で一杯に追い切りました。「先週末の特別登録締切り時点でノエル賞の登録馬は17頭。権利持ちは前走ミーハと同じレースで4着とした牝馬の2頭だけで、ここはかなりチャンスが大きそうなことから、芝への出走を決めています。昨日はポリトラックで単走ながら一杯に追い切っているように、続戦の疲れも窺えません。テンションも上手くキープすることが出来ています。中山の芝1200m戦は久々になりますが、前走のダート戦以上の好結果を期待しています」(和田雄二調教師)
2021/12/17 (美浦トレセン)
★12/12(日)中京・3歳上1勝クラス(ダ1200m・牝)黛弘人騎手 結果5着

「レース後も状態は特に変わりないですし、今回は馬体重が2桁プラスだったこともあって、トレセンに戻ってきてからも体はあまり細くなっていませんね。これなら間隔を詰めて使って良さそうですし、優先出走権があっても期間内に組まれている芝の適鞍は来週中山の1鞍のみなので、次走は12/25(土)中山・ノエル賞(芝1200m・混)を本線と考えています。芝短距離の番組数の少なさからメンバーが揃う可能性もありますし、前走の走りからダートも問題なさそうなので、最終的には相手関係を見て芝ダートのどちらに向かうか決めるつもりです」(和田雄二調教師)
2021/12/12 (中京競馬場)
馬体重:444kg
★12/12(日)中京・3歳上1勝クラス(ダ1200m・牝)黛弘人騎手 結果5着

「直前の追い切りを控えたこともあるでしょうが、前走からプラス10kgでの出走だったように、輸送してもいい状態でレースを迎えることが出来ました。内枠でしたので砂を被ってどうかといったところでしたが、黛ジョッキーが勝負処から徐々に外目に持ち出して、直線は大外。後方からよく脚を伸ばし、優先出走権を獲得してくれました。結果的に芝からダートへ目標を切り替えて、今日はそれが功を奏す形になりました」(和田雄二調教師)
2021/12/9 (美浦トレセン)
☆12/12(日)中京・3歳上1勝クラス(ダ1200m・牝)黛弘人騎手

「輸送による馬体重の減少とテンションなどを考慮して、これ以上やりすぎるのはかえって良くないと判断し、今週は軽めの調整にとどめています。先週時点でいい状態に仕上がっていますので、何とか芝で走らせたいと考えていたのですが、やはり短距離は1鞍のみとあって、かなり節が空いてなければ使えない状況。来週以降も厳しい見通しとなりそうなため、ダートの牝馬限定戦に向かうことにしました。今春の新潟ダ1200m戦のレースぶりから、砂でも展開ひとつだと思います」(和田雄二調教師)
2021/12/3 (美浦トレセン)
12月1日(水)にWコースで5ハロン71.2-54.2-39.4-11.9を単走で強めに追い切りました。「水曜日はかなりの悪天候とあって、ウッドもそれなりに重かったのですが、早い時間帯に馬場に入れて追い切っていて、終い1ハロンは11秒台をマーク。追われてからの反応も上々で、出走が延びている影響は感じられませんね。ただ、やはり今週も目標としていた芝のレースが混み合ってしまい、想定段階で除外ほぼ確実でしたので、もう1週スライドすることにしました。来週12/11(土)中京・3歳上1勝クラス(芝1200m・混)での出走が叶って欲しいところですが、頭数を見てそこも入らないようであれば、ダートも視野に入れるつもりです」(和田雄二調教師)
2021/11/26 (美浦トレセン)
24日(水)にWコースで6ハロン85.4-68.6-53.3-39.0-11.8を単走で馬ナリに追い切りました。「先週でも使える状態でしたし、あとはレースまでテンションを上げたくはないので、水曜日の追い切りは終い重点にサッと済ませています。来週12/04(土)中京・3歳上1勝クラス(芝1400m)で4節空くものの、この時期の芝短距離は番組数がかなり少なく、3場開催でも1勝クラスの1400m以下は毎週中京に1鞍組まれているのみ。かなり混み合うことが予想されますが、このままデキの良さをキープして出走に漕ぎ着けられればと思います」(和田雄二調教師)
2021/11/18 (美浦トレセン)
11/21(日)福島・二本松特別(芝1200m)加藤祥太騎手 除外(非抽選)

17日(水)にWコースで5ハロン70.5-54.0-38.4-11.7をゴール前仕掛けて追い切りました。「水曜日の追い切りは、終いだけ気合いを入れる形でおこないましたが、反応よく動けていましたね。硬さも見られないように、いい状態をキープすることが出来ています。予定通り先週末には特別登録も済ませていたのですが、平場戦ともに権利持ちの馬が多く、想定の段階でどちらも除外対象。特別戦に投票したものの、目標を再来週12/04(土)中京・3歳上1勝クラス(芝1400m)に切り替えました。輸送はありますが、レース間隔を空けて調整できるのはプラス材料と考えています」(和田雄二調教師)
2021/11/12 (美浦トレセン)
★11/06(土)福島・ 3歳上1勝クラス(芝1200m)黛弘人騎手 結果13着

「レース後も馬体に目立ったダメージはなく、今週の福島も芝1200mが3鞍組まれていて連闘でも入りそうな番組はあったのですが、無理をさせませんでした。やはりテンションが上がってしまうことを考慮すると、中1週はレース間隔を空けた方がいいでしょう。来週11/20(土)福島・3歳上1勝クラス(芝1200m)または11/21(日)福島・二本松特別(芝1200m)から投票をおこなっていく予定です」(和田雄二調教師)
2021/11/6 (福島競馬場)
馬体重:434kg
★11/06(土)福島・ 3歳上1勝クラス(芝1200m)黛弘人騎手 結果13着

「この馬にしてはテンションも上がらず、落ち着いてレースに臨めたようですし、今回も駐立は特に問題なかったですね。ペースが流れてくれて、直線は大外から伸びてきてはいたのですが、開幕週で前有利の競馬になってしまいました。どうしても展開に左右されてしまいますね」(和田雄二調教師)
2021/11/4 (美浦トレセン)
11/06(土)福島・飯坂温泉特別(芝1200m・混)黛弘人騎手 除外(非当選)
☆11/06(土)福島・ 3歳上1勝クラス(芝1200m)黛弘人騎手

11月3日(祝)にWコースで5ハロン67.6-51.7-37.6-12.0を単走で強めに追い切りました。「両睨みしていた芝1200mの頭数の動きを見て、投票締め切り直前に特別戦に入れたのですが、他もこちらへ移ったために抽選で除外。平場戦に再投票をおこない、出走に漕ぎ着けています。先週コースで長めから一杯に追っていますし、直前であまりテンションを上げたくはないので、今週はそれよりもいくらか控えた内容。ただ、ここ最近は稽古でも以前ほどピリピリした面を見せなくなり、精神面で大人になってきたかなといった印象を受けますね。しっかり折り合って走れていましたので、レース本番も上手く脚を溜めることが出来れば前進可能と見ています」(和田雄二調教師)
2021/10/29 (美浦トレセン)
27日(水)にWコースで6ハロン81.6-65.0-50.2-37.4-12.6を単走で一杯に追い切りました。「輸送とレースで減った馬体重も戻っていますし、一度使った後も変わらず元気な様子なので、今週はコースで長めから追い切りました。単走ながら脚色一杯の内容でしっかりと負荷を掛けています。引き続き状態もキープしていますし、予定通り中2週で来週の福島開幕週へ向かえそうですね。あとは節の関係で使えるかどうかでしょうが、想定を見て若手競走以外の平場戦か特別戦の芝1200mどちらか出走可能な方へ投票をおこなうつもりです」(和田雄二調教師)
2021/10/22 (美浦トレセン)
★10/16(土)新潟・3歳上1勝クラス(芝1400m)黛弘人騎手 結果8着

「馬込みを避けて行くか下げるかといった極端な戦法が良さそうなので、どうしても展開に左右されてしまいますが、後方でしっかり脚を溜めればこれくらいの着順にはきてくれますね。近走のレース振りから、どこかで嵌まる可能性は多いにあるのではないでしょうか。優先出走権はありませんが、次走は2回福島開催(11/06~)の開幕週に3鞍組まれている芝1200m戦いずれかを目標にしたいと思います」(和田雄二調教師)
2021/10/16 (新潟競馬場)
馬体重:432kg
★10/16(土)新潟・3歳上1勝クラス(芝1400m)黛弘人騎手 結果8着

「ゲート内で立ち上がることもなく、ジッと我慢できていたのですが、かえってスタートは良すぎましたね。ただ、外枠でしたので、道中はあまり揉まれることなく運べましたし、直線も馬群がバラけてくれました。この距離でも最後までジリジリと伸びてきてはいたのですが、今日は前が止まらない展開でした」(和田雄二調教師)
2021/10/14 (美浦トレセン)
☆10/16(土)新潟・3歳上1勝クラス(芝1400m)黛弘人騎手

10日(日)に坂路コースで4ハロン56.2-40.3-25.7-12.4を単走で末強めに追われ、13日(水)にも坂路コースで4ハロン53.2-38.1-24.7-12.4を単走で強めに追い切りました。「最終追い切りはあまりいい馬場状態ではなかったのですが、下を気にすることなく最後もよく伸びていましたね。ゲートは先週しっかりと予習済み。今週は輸送もあるため、直前であまり詰めすぎてテンションを上げてしまわないよう控えました。おそらく本番も大丈夫かと思います。千直を本線に番組を検討していましたが、ミーハの気性的なことも踏まえて考えると、ここで距離を短縮するより、1ハロン延長させた方がいいのではないかと判断させていただきました。今回が2回目となる黛ジョッキーには末脚勝負に徹してもらいます」(和田雄二調教師)
2021/10/8 (美浦トレセン)
3日(日)に坂路コースで4ハロン56.0-40.8-26.9-13.5を単走で馬ナリに追われ、6日(水)にも坂路コースで4ハロン54.9-40.4-26.9-14.0を単走で馬ナリに追い切りました。「水曜日の追い切りは終い2ハロン目がやや速くなったために、最後の1ハロンは時計が掛かりましたね。もうテンションが若干高いですし、仕上がりも早いタイプなので、あと2本やれば出走態勢は整いそうです。一度千直を試してみたい考えから、来週10/17(日)新潟・稲光特別(芝1000m直・混)を本線に、10/16(土)新潟・3歳上1勝クラス(芝1400m)との両睨みで番組を検討しています。前走はゲート内で行儀が悪かったため、この中間は北海道でも調教をつけてもらっていた黛ジョッキーを背にゲート練習もおこなっており、レース本番もクセを分かっている黛ジョッキーで臨む予定です」(和田雄二調教師)
2021/10/1 (美浦トレセン)
馬体重:456kg
ブルーステーブルで調整され、10月1日(金)に帰厩しました。

「この中間も15-15を織り交ぜながら、しっかりと乗り込みを重ねられていました。水曜日に和田調教師が確認されていきましたが、『この感じなら大丈夫そうですね』と話していました。態勢も整った感じですし、いい状態で送り出せたと思います」(担当者)
2021/9/24 (ブルーステーブル)
馬体重:452kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(18~20秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。乗り込みながら徐々に良くなってきましたよ。速いところを織り交ぜていますが、この馬はこれくらいのペースで大丈夫そう。この感じを維持しながらしっかり態勢を整えていこうと思っています」(担当者)
2021/9/17 (ブルーステーブル)
馬体重:454kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(18~20秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き速いところを消化しながら進めていますが、先週と比べて体に張りが出てきました。状態が段々と上がってきている印象なので、来週から少しピッチを上げていきたいと思っています」(担当者)
2021/9/10 (ブルーステーブル)
馬体重:450kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(18~20秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。今週も速いところを織り交ぜながら進めていますが、本当にいい頃と比べると体の感じがもう一つといったところ。このまま乗り込みながら良化を促していきたいと考えています」(担当者)
2021/9/3 (ブルーステーブル)
馬体重:437kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(18~20秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。今週から15-15を織り交ぜながら進めています。涼しくなってきたことで、大分過ごしやすそう。この後も徐々に負荷を掛けていきたいと考えています」(担当者)
2021/8/28 (ブルーステーブル)
馬体重:426kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(20秒ペース)のメニューで調整中です。大きな疲れは見られなかったので、今週から軽めに乗り出しています。体がまだ細く映るので、まずは様子を見ながら進めていき、問題ないようなら徐々にピッチを上げていく予定です」(担当者)
2021/8/20 (ブルーステーブル)
★8/14(土)札幌・3歳上1勝クラス(芝1200m・混)丹内祐次騎手 結果6着
この後はトレセン近郊のブルーステーブルで調整することになり、本日20日(金)に移動しました。

「洋芝も合っているのでしょうが、終いはあれだけの脚を使えるのですから、もう中途半端に出して行くより極端な競馬に徹した方がいいですね。ただ、スタートしてからの内容は良かったものの、今回はゲート内でかなり煩く、何度か立ち上がって危うい場面がありました。本来ならこのまま札幌滞在でもう1戦させたいところだったのですが、あまり詰めて使ってゲートが酷くなっても困るので、17日(火)に一旦美浦へ戻した後、本日リフレッシュ放牧に出させてもらいました。この後は秋のローカル開催を目標にしたいと思います」(和田雄二調教師)
2021/8/14 (札幌競馬場)
馬体重:432kg
★8/14(土)札幌・3歳上1勝クラス(芝1200m・混)丹内祐次騎手 結果6着

「前残りの競馬でも最後はよく脚を伸ばしてくれましたね。予定通り、丹内騎手には末脚勝負に徹してもらい、上がり3ハロンは最速をマーク。ただ、レース前は馬場入りしてからテンションが高く、今までこんなことはなかったのですが、ゲート内で何度か立ち上がってしまいました。ジョッキーは『これまで駐立は大人しい馬だったのに、今日は我慢できなかったようです』と話していました」(和田雄二調教師)
2021/8/12 (札幌競馬場)
☆8/14(土)札幌・3歳上1勝クラス(芝1200m・混)丹内祐次騎手

8日(日)に札幌競馬場のダートコースで4ハロン55.7-39.8-12.9を単走で強めに追われ、11日(水)にもダートコースで5ハロン70.2-53.4-38.9-12.4を単走で一杯に追い切りました。「滞在競馬になり、飼い葉も食べているので、この中間の稽古もしっかりと負荷を掛けておこなうことが出来ています。いい具合に仕上がりましたし、来週だと芝1200m戦が組まれていないため、今週土曜の番組に入らないようであれば、日曜牝馬の芝1500m戦へ向かうことも検討するつもりでしたが、3節あれば心配いらなかったですね。今回は同じ洋芝の函館で未勝利を勝ち上がった丹内ジョッキーとのコンビ。何度も乗っていてミーハの性格を把握しているでしょうし、後方でジックリ構える競馬をしてもらう予定ですが、上手く運んでくれると思います」(和田雄二調教師)
2021/8/6 (札幌競馬場)
8月4日(水)に札幌競馬場のダートコースで5ハロン68.5-52.0-38.0-12.3を単走で一杯に追い切りました。「前走後はじめての追い切りでしたが、動けているようですね。今週でも使える状態にはあったのですが、中1週となってレース間隔が詰まりますし、北海道もかなり暑いようなので、馬体とテンション面を考慮して、再度の函館競馬場への輸送は避けることにしました。無理せずこのまま札幌競馬場滞在でレースを迎えるのがベストでしょう。引き続き芝1200m戦での出走を目標に進めていきます」(和田雄二調教師)
2021/7/30 (札幌競馬場)
★7/24(土)函館・3歳上1勝クラス(芝1200m・牝)秋山稔樹騎手 結果12着

「レース後は27日(火)に再度札幌競馬場へ移動しており、現地スタッフからは『目立った疲れなどはなさそうです』との報告を受けているので、この後は北海道でもう1回使う予定を立てています。番組についてはもう少し状態を確認してから決めるつもりですが、他も滞在競馬で同じようなメンバー構成になる可能性がありますし、前走は勝ち馬から0.7秒差だったように、着順ほど大きくは負けていませんからね。難しい面を見せずに展開が嵌まれば、前進を見せてくれると思います」(和田雄二調教師)
2021/7/24 (函館競馬場)
馬体重:432kg
★7/24(土)函館・3歳上1勝クラス(芝1200m・牝)秋山稔樹騎手 結果12着

「最内枠を引いたので懸念してはいたのですが、やはり最後は揉まれ弱い面が出てしまいましたね。騎乗した秋山ジョッキーは『直線に向いてからも手応えはあったのですが、外から一気にこられたところで気持ちが切れてしまいました。前回乗せてもらったときのように、この1番枠でも思い切って後方から競馬をした方が良かったかもしれません』と話していました」(和田雄二調教師)
2021/7/22 (函館競馬場)
☆7/24(土)函館・3歳上1勝クラス(芝1200m・牝)秋山稔樹騎手

18日(日)に札幌競馬場のダートコースで5ハロン68.5-52.7-38.6-12.5を単走で一杯に追われ、21日(水)には函館競馬場のWコースで5ハロン68.5-52.1-38.2-12.9を単走で強めに追い切りました。「日曜日に札幌競馬場でビッシリと追い、火曜日に函館競馬場へ移動。最終追い切りとなる水曜日は週末よりいくらか控えたものの、現地スタッフからは『ややテンションは高めでも、素軽い脚捌きで動き自体は悪くなかったです』との報告を受けています。馬体重は前走と同じくらいになるかもしれませんが、今回は輸送減りではなく、短期のリフレッシュを挟みしっかり攻めたうえでの出走。12頭立ての牝馬限定戦で、展開次第ではチャンスがありそうです」(和田雄二調教師)
2021/7/16 (札幌競馬場)
11日(日)に札幌競馬場のダートコースで4ハロン53.4-39.6-12.4を単走で一杯に追われ、14日(水)にもダートコースで5ハロン67.8-52.4-38.7-12.5を単走で一杯に追い切りました。「牧場から体を大きく増やして戻してもらいましたので、この中間の2本は遠慮せずに攻め込むことが出来ています。今週の出走も見据えての追い切りでしたが、さすがに太めなので、もうひと追いした方が良さそうですね。来週7/24(土)函館・3歳上1勝クラス(芝1200m・牝)または7/25(日)函館・3歳上1勝クラス(芝1200m)のどちらかを目標にしましょう。函館競馬場までの輸送はありますが、今の様子なら馬体・精神面ともにいいコンディションでレースを迎えられそうとの報告を受けていますよ」(和田雄二調教師)
2021/7/9 (札幌競馬場)
ノルマンディーファームで調整され、7日(水)に札幌競馬場に入厩しました。

「2週間の短期放牧でしたが、ミーハディビーナにとってはいいリフレッシュになったようですね。どうしても体はすぐに減る傾向にありますが、6日(火)時点での馬体重は465kgと聞いていますので、この後の札幌~函館競馬場間の輸送を考慮しても、次はプラス体重で出走できそうです。今週末に追い切った後の状態を見て、目標を決めたいと思います」(和田雄二調教師)
2021/6/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:431kg
現在は坂路2本(上限22~23秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「到着時の馬体チェックで特に気になるところもなく、早速24日(木)から騎乗を開始しています。調教後には日中放牧をおこなっていて、馬体重の増加とリラックス効果が期待できると思うので、競馬場へ戻るまではこの形で調整を進めていきます」と話していました。
2021/6/25 (ノルマンディーファーム)
★6/20(日)札幌・3歳上1勝クラス(芝1200m・牝)黛弘人騎手 結果9着
この後は一旦、北海道・ノルマンディーファームで調整することになり、23日(水)に移動しました。

「レースによる目立ったダメージはありませんが、次走は1回函館開催(7/03~)での出走を目標にしており、減った馬体をフックラさせる目的で一旦牧場に戻させていただきました。すぐに仕上がるタイプのように、速いところは競馬場でやれば十分でしょうから、馬体回復を促しつつ長めをジックリ乗ってもらう予定です。また、日中放牧も取り入れてもらって、精神面でのリフレッシュも図ってもらえればと考えています」(和田雄二調教師)
2021/6/20 (札幌競馬場)
馬体重:426kg
★6/20(日)札幌・3歳上1勝クラス(芝1200m・牝)黛弘人騎手 結果9着

「最終追い切りと函館競馬場からの輸送もあって、休み明けでも体が減ってしまいました。それに先週、今週と洋芝とは思えないくらい時計が速いですね。その辺りとスタートが良かったこともあり、ジョッキーは前目のポジションで運んでくれたようです。勝ち馬は強かったものの、2着馬からはコンマ2秒差だったように、展開ひとつといった内容でしたが、直線で狭くならなければもう少し上の着順もあったと思います」(和田雄二調教師)
2021/6/17 (函館競馬場)
☆6/20(日)札幌・3歳上1勝クラス(芝1200m・牝)黛弘人騎手

13日(日)に函館競馬場のWコースで4ハロン56.0-40.2-12.6を単走で一杯に追われ、16日(水)にもWコースで5ハロン71.7-54.7-39.8-12.7を単走で強めに追い切りました。「函館競馬場に到着後も体調面などに気になるところはないため、この中間の2本はしっかりと負荷を掛けて追い切っています。仕上りが早いタイプのように、これで出走態勢は整ったと見て良さそうですね。昨日の想定メンバーから頭数が減って12頭立てになりましたし、札幌コースは初めてになりますが、洋芝は2歳時に勝ち上がった舞台。鞍上はあちらで調教をつけてもらっている黛ジョッキーに依頼しました。本来なら3走前に芝を使ったときのように、控える形を取りたいところですが、先週の時計が速くて前が止まらない流れを見ると、ある程度のポジションで運んでもらった方がいいでしょう。札幌競馬場にはレース前日に移動する予定です」(和田雄二調教師)
2021/6/11 (函館競馬場)
6日(日)に坂路コースで4ハロン55.2-40.5-26.7-13.4を単走で馬ナリに追い切りました。「先週末にトレセンで速いところを消化し、8日(火)にこちらを出発。翌9日(水)に函館競馬場へ無事到着しています。今週の札幌開幕週の芝1200mの登録状況を見ても、1勝クラスは比較的使いやすそうですね。この後は13日(日)に追い切る予定で、来週6/20(日)札幌・3歳上1勝クラス(芝1200m・牝)に向かうつもりです」(和田雄二調教師)
2021/6/4 (美浦トレセン)
ブルーステーブルで調整され、6月2日(水)に帰厩しました。

「1回札幌開催(06/12~)の2週目もしくは3週目の芝1200m戦を目標に帰厩させました。気性的にすぐ仕上がると思うので、本線は6/20(日)札幌・3歳上1勝クラス(芝1200m・牝)と考えています。来週初めに一旦函館競馬場へ移動させるプランを立てており、今週末にトレセンで1本時計を出す予定ですが、輸送前にテンションを上げないよう、軽めの内容にとどめておきましょう」(和田雄二調教師)
2021/5/28 (ブルーステーブル)
馬体重:445kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2600m、坂路1本(20秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も順調に乗り込めていますし、馬の格好も良くなってきました。全体的にも良化傾向が窺えますし、帰厩の態勢は整った感じ。声が掛かるまでこの感じをキープして進めていきたいと考えています」(担当者)
2021/5/21 (ブルーステーブル)
馬体重:442kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2600m、坂路1本(20秒ペース)のメニューで調整中です。テンションが高くなりやすいところがあるので、この中間から坂路での調教も織り交ぜて進めています。先日和田調教師が来場されて、『近いうちに戻したいと思います』と話していました。声が掛かるまでにしっかり態勢を整えておきます」(担当者)
2021/5/14 (ブルーステーブル)
馬体重:444kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで4200m(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。今週から調教量、ピッチともに上げて乗り込んでいます。しっかり対応していますし、いい動きを見せていますよ。体重は先週から微増ながらも、体には幅が出てきた印象。入場当初の細さは完全に払拭しました。毛艶が良いように体調面も良好なので、このまま負荷を掛けていきます」(担当者)
2021/5/7 (ブルーステーブル)
馬体重:440kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m(20秒ペース)のメニューで調整中です。まだペースアップこそしていませんが、じっくりと乗り込んでいることで徐々に良くなってきました。そろそろ速いところも織り交ぜていきたいと考えているところ。来週あたりから調教進度を上げていく予定です」(担当者)
2021/4/30 (ブルーステーブル)
馬体重:440kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m(20秒ペース)のメニューで調整中です。体はもう少し増えてきてほしいのですが、細すぎるという感じはなく、悪くない状態。今日和田調教師が確認していきましたよ。体調は問題ありませんし、体の感じを見ながら徐々にピッチを上げていきたいと考えています」(担当者)
2021/4/23 (ブルーステーブル)
馬体重:442kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400m(20秒ペース)のメニューで調整中です。まだ体の細さは感じるのですが、体調面は問題なく、じっくりと乗り込みを重ねています。近々坂路での調教も織り交ぜながら進めていきたいと考えているところ。徐々にペースアップを図りながら良化を促していきます」(担当者)
2021/4/16 (ブルーステーブル)
★4/11(日)新潟・4歳上1勝クラス(ダ1200m・若手)服部寿希騎手 結果7着
この後はトレセン近郊のブルーステーブルで調整することになり、14日(水)に移動しました。

「マイナス体重での出走でしたし、レース後も馬体が寂しくなっていますね。3戦させてトモにも疲れが窺えるため、ここで一旦放牧に出させてもらいました。まずは馬体回復を優先に進めてもらいましょう。今時点でまだはっきりとは言えませんが、馬房の都合などがつけば、北海道での滞在競馬も視野に入れたいと思います」(和田雄二調教師)
2021/4/11 (新潟競馬場)
馬体重:438kg
★4/11(日)新潟・4歳上1勝クラス(ダ1200m・若手)服部寿希騎手 結果7着

「2走前と同様に最後はしっかり脚を使ってくれましたね。こういうパターンを身につけていけば、いずれ嵌りそうです。騎乗した服部ジョッキーは『向正面で位置取りを上げようとしたところで前の馬が下がってきてしまい、考えていたよりも後ろからの競馬になりました。思い切って直線勝負に徹し、大外に進路を取りましたが、そこからはよく追い上げてくれました』と話していました」(和田雄二調教師)
2021/4/8 (美浦トレセン)
☆4/11(日)新潟・4歳上1勝クラス(ダ1200m・若手)服部寿希騎手

8日(木)に坂路コースで4ハロン53.3-39.1-25.7-12.8を単走で強めに追い切りました。「特別登録をおこなった平ヶ岳特別(芝1200m・混)は、頭数的に出走が厳しい状況でしたね。直近だと2週間後の新潟に芝1200m戦が1鞍ありますが、そこまで待ったとしても節の関係で除外される可能性が高いため、今週再度ダート戦に向かうことにし、ジョッキーを押さえてほぼ確実に出走できそうな若手限定レースを選択しました。今朝も私が跨って感触を確かめており、全体時計としては先週よりも遅かったのですが、状態は変わりなくきていますよ。馬体も維持しているので、あとは輸送で減らさないことを願いたいと思います。前走は重馬場を考慮して前に行きましたが、今回騎乗する服部ジョッキーには控える競馬を指示するつもりです」(和田雄二調教師)
2021/4/2 (美浦トレセン)
3月31日(水)に坂路コースで4ハロン52.7-38.5-25.2-12.8を単走で末強めに追い切りました。「前走後も変わりなくきているので、今週は単走ながら終い重点にやや強めに追い切っています。馬体コンディションも問題なく、いつでも使える状態にありますね。4/10(土)新潟・平ヶ岳特別(芝1200m・混)に特別登録をおこないますが、かなり混み合うことが予想されますし、除外濃厚の場合は目標をダ1200m戦に切り替えましょう。いずれにしても、来週の出走を予定しています」(和田雄二調教師)
2021/3/26 (美浦トレセン)
★3/21(日)中山・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)小林凌大騎手 結果15着

「レース後も馬体に大きなダメージはなく、昨日25日(木)から動かし始めたところですが、テンションも思ったほど高くなってはいませんね。ただ、気性的に連闘はプラスにならないことと、輸送で体が減ることも考慮し、今週3/27(土)中京・4歳上1勝クラス(芝1400m・混)はフルゲートに満たなかったものの、投票はしませんでした。1回新潟開催(4/10~)もしくは3回中山開催(3/27~)での出走を目標に、芝・ダートの両睨みで番組を検討していきます」(和田雄二調教師)
2021/3/21 (中山競馬場)
馬体重:446kg
★3/21(日)中山・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)小林凌大騎手 結果15着

「今日のような重馬場のダートでは後方からだと厳しいと思い、ジョッキーにはある程度のポジションで進めるよう指示しました。騎乗した小林騎手は『スタートが良く、内の馬の出方を窺いながら好位につけようと出していきましたが、他に行く馬がいなかったのでハナに立ちました。一生懸命に走りすぎるところがありますし、マークされて息が入らず、直線は早々に手応えが怪しくなってしまいました』と話していました。道中もっと力を抜いて走れればいいのですが、現状では気持ちの面での課題が大きいようです」(和田雄二調教師)
2021/3/18 (美浦トレセン)
☆3/21(日)中山・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)小林凌大騎手

17日(水)に坂路コースで4ハロン54.4-39.7-25.9-12.7を単走で強めに追い切りました。「昨日の稽古にも私が跨って状態を確認しています。強めに追ってみたところ、最後も余力が感じられるマズマズの内容でしたね。馬体とテンションに関しても前走時とほぼ変わりないことから、今週末の番組を検討することにしました。芝の適鞍は中京に1400mと1200mの2鞍があり、日曜の1200mであれば出走が叶う登録状況でしたが、同日は3場ともにあいにくの雨予報。それであれば、脚抜きのいいダートになりそうなことと輸送も考慮して、日曜中山のダ1200m戦に向かうことにしました。鞍上には減量の利く小林凌大ジョッキーを起用し、この条件を試してみます」(和田雄二調教師)
2021/3/12 (美浦トレセン)
10日(水)に坂路コースで4ハロン60.2-43.2-27.8-13.8を単走で馬ナリに追い切りました。「今週は15-15程度ですが、騎乗再開後に感じられたトモの疲れも徐々に解消されてきたようですね。今はテンションも許容範囲内といったところですし、レースと輸送で減った馬体重も回復傾向にありますよ。あとは次に使うタイミングですが、福島開催がなくなった影響もあり、芝はかなり混雑するでしょうし、以前のようにダートに向かうのも手かと思います。引き続き想定の出馬状況を見ながら番組を検討していきます」(和田雄二調教師)
2021/3/5 (美浦トレセン)
★2/28(日)小倉・4歳上1勝クラス(芝1200m・牝)秋山稔樹騎手 結果8着

「小倉競馬場から美浦トレセンへは3月3日(水)に無事戻ってきています。到着後は輸送とレースによる疲労が窺え、テンションもやや高めですが、飼い葉食いは徐々に良くなってきましたね。明日6日(土)からは馬場入りして運動を再開する予定です。この後の状態と出馬状況を見て、2回中京開催(3/13~)で使えたらと考えています」(和田雄二調教師)
2021/2/28 (小倉競馬場)
馬体重:446kg
★2/28(日)小倉・4歳上1勝クラス(芝1200m・牝)秋山稔樹騎手 結果8着

「一昨日の雨の影響が残っていましたが、開催後半の馬場状態と外目の枠だったことも考慮して、ジョッキーには思い切って控える競馬を試してもらいました。秋山君は『ちょっと構えすぎたところはありますが、直線は外々からいい脚を使ってくれました。今日のような控える競馬を覚えさせていけば、次第に形になってくると思います』と話していました。着順こそ8着でしたが、上位とは大きな差もなかったように、展開ひとつでチャンスはありそうですね」(和田雄二調教師)
2021/2/25 (小倉競馬場)
☆2/28(日)小倉・4歳上1勝クラス(芝1200m・牝)秋山稔樹騎手

21日(日)に坂路コースで4ハロン55.3-40.0-25.9-12.6を単走で一杯に追い切りました。「先週末にトレセンで速いところを消化し、23日(祝)に美浦を出発。翌24日(水)に小倉競馬場へ到着しています。今回も私が追い切りに騎乗して状態を確認しましたが、以前との比較は出来ないものの、今週の出走に向けて動きに気になるところはなく、体の方も前走からプラス10kgくらいで送り出しています。輸送を考慮しても同じくらいの馬体重でレースに臨めると思いますし、あとは本番までにテンションが上がらなければといったところでしょう。跨った感触では脚先の軽いフットワークをしていたので、芝の短いところから使ってみます」(和田雄二調教師)
2021/2/19 (美浦トレセン)
松風馬事センターで調整され、13日(土)に美浦・和田雄二厩舎に入厩しました。

17日(水)にPコースで5ハロン71.0-56.1-42.8-14.7を単走で馬ナリに追い切りました。「1本目の追い切りには私が跨ってみました。育成場から聞いていたように、状態はかなり良さそうですし、2~3本やればすぐに仕上がりそうですね。また、どちらかというとレースまでにあまりビッシリやりすぎない方がいいタイプなのではないかという印象も受けました。最終的には21日(日)に予定している追い切りの動きで判断しようと思いますが、転入初戦は2/28(日)小倉・4歳上1勝クラス(芝1200m・牝)を目標にしたいと考えています」(和田雄二調教師)
2021/2/12 (松風馬事センター)
馬体重:471kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(15~18秒ペース)のメニューで調整中です。先ほど和田調教師から、『明日13日(土)に入厩させます』と連絡がきました。この中間も順調に進められていましたし、体重も減らさずにきています。うちにいた中では一番フックラとした状態で送り出せそう。新しい環境で頑張ってもらいたいと思っています」(担当者)
2021/2/5 (松風馬事センター)
馬体重:470kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(15~18秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も順調に進められています。和田調教師から連絡があり、『今馬房の調整をおこなっているところで、早ければ来週には厩舎に入れたいと思っています』と話していました。もういつでも送り出せる態勢は整っていますし、この感じのままバトンタッチしたいと思っています」(担当者)
2021/1/29 (松風馬事センター)
馬体重:470kg
ここまで順調に進められていることから、牧光二調教師に帰厩の打診をおこなったところ、すぐには馬房の都合がつかないとのことだったため、今後のスケジュールや出走方針を勘案した結果、このタイミングで他厩舎に環境を変えて再出発を図ることになりました。
なお、転厩先は美浦・和田雄二(ワダユウジ)厩舎に決定しています。

「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(15~18秒ペース)のメニューで調整中です。いつでも送り出せるような状態に持ってこられました。ミーハディビーナにしては珍しく、しっかりと負荷を掛けられていますし、その割に体重を減らすこともないので、新しい環境でも問題ないと思います。馬体も良い張り感を保っていますし、この状態で送り出せるようにしておきます」(担当者)
2021/1/22 (松風馬事センター)
馬体重:468kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。乗り込みながら、この中間も体重が増加傾向。微増ですが、見た目にも体はフックラとしてきました。大分良化が窺えて、懸念材料もありませんよ。この感じであれば、次のレースにはしっかり対応してくれるでしょう。このまま声が掛かるまで積み重ねていきます」(担当者)
2021/1/15 (松風馬事センター)
馬体重:463kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。馬体に痛いところはありませんし、レース体重と比べると+20kgで推移しています。可能であれば気持ちもう少しフックラとさせたいところですが、この体重はキープさせたいと思っています。ペースも上げてこられて、そろそろ声が掛かっても良さそう。この流れのまま進めていくつもりです」(担当者)
2021/1/8 (松風馬事センター)
馬体重:463kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。昨年末には体重が470kg台まで増えたので、騎乗運動を開始。しかし、時間経過に準じてネジを巻き始めたら少し減らしてしまいました。それでも、レース時と比べて20kgくらい増えているので安心できると思っています。このまま乗り込みながら積み重ねていくつもりです」(担当者)
2020/12/25 (松風馬事センター)
馬体重:454kg
「現在は20~30分の程度のロンジングの運動で調整中です。入場時は445kgと体が細く映ったので、21日(月)までウォーキングマシンの運動にとどめて、22日(火)より現状のメニューで様子を見ながら進めています。もう少し数字のアドバンテージができたら、騎乗運動に移行する予定です」(担当者)
2020/12/18 (松風馬事センター)
★12/12(土)中京・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)丹内祐次騎手 結果7着
この後はトレセン近郊の松風馬事センターで調整することになり、17日(木)に移動しました。

「是が非でも権利の欲しかった一戦ですが、最後の最後で踏ん張りがきかず後続に交わされてしまいました。それでも実戦感はだいぶ戻り、ミーハ自身キッカケを掴めた内容だったと思います。次はもっと粘りの増す走りが期待できるはずですよ。レース後も状態面は特に変わりありませんが、一旦近郊で節を稼ぎ、次走は年明けの小倉開催を目標にしていきましょう」(牧光二調教師)
2020/12/12 (中京競馬場)
馬体重:442kg
★12/12(土)中京・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)丹内祐次騎手 結果7着

「乗り込みながらも体が大きく増えていたように、具合は良かったと思います。外枠も味方してくれて、道中揉まれず砂を被らずに進められたものの、坂を上がってから脚色が鈍ってしまった。やはりもっとトモ周辺をパンプアップさせていかなければと課題が残る内容でしたが、ダートの走り自体は悪くありません。ミーハもよく頑張って走っている。今後に向けての選択肢が広がっただけに、どうにか権利が欲しかったのですが…スミマセン。努力します」(牧光二調教師)
2020/12/10 (美浦トレセン)
☆12/12(土)中京・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)丹内祐次騎手

9日(水)に坂路コースで4ハロンから0.3秒先行して併せ、54.2-39.8-26.2-13.3を馬ナリに追い切りました。「芝の短い距離の番組に投票を考えていましたが、出馬状況が大変混み合っていて年内は使えそうにありません。水曜日の追い切りでも軽快な動きで調子自体はずっといいですし、このタイミングで一度ダートを試させてください。適性可否はやってみなければ分かりませんが、スピードの出る軽い馬場なら踏ん張りが利くと見ており、ミーハの特徴を理解している鞍上へのスイッチも魅力。是非とも状態の良さを走りでアピールしたいですね。楽しみにしています」(牧光二調教師)
2020/12/4 (美浦トレセン)
12月2日(水)に坂路コースで4ハロン55.4-40.8-26.7-13.4を単走で馬ナリに追い切りました。「できるだけ芝の短いところにと考えているのですが、混み合っていて厳しい出馬状況です。今週の中京芝1400m戦では11節(ミーハディビーナは4節)必要でした。そのため、中間はややセーブした稽古内容で調整しています。中身はもうしっかりできているので、いつでもレースに臨める態勢。使って息遣いもグンと良化。状態がいいだけに、なるべく今開催で使いたい気持ちです」(牧光二調教師)
2020/11/27 (美浦トレセン)
25日(水)にWコースで5ハロンから1.2秒先行して併せ、70.5-55.6-41.4-14.1を馬ナリに追い切りました。「水曜日の追い切りは馬場状態を考慮して、70-40のところを指示していました。自分のペースを守って走った内容ですので、併せた相手に遅れを取ったのは気にしなくて大丈夫です。叩いて状態自体は上がっていますし、先週も長目から時計を消化して中身はほぼ整っている。権利がないので流動的にはなりますが、来週の番組から投票していく予定です」(牧光二調教師)
2020/11/20 (美浦トレセン)
18日(水)にWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、67.9-53.1-39.1-12.4を馬ナリに追い切りました。「順調です。レース後も硬さがなく、肉体面の疲労は残っていなかったですし、元気いっぱいの様子。水曜日に長目から併せ馬の追い切りを消化しましたが、動きも抜群で好調を維持していると思います。優先がないので適鞍を使えるか読みづらい状況ではありますが、状態が良いだけになるべく早めに出走させられたらと考えています」(牧光二調教師)
2020/11/13 (美浦トレセン)
★11/07(土)福島・3歳上1勝クラス(芝1200m)菱田裕ニ騎手 結果10着

「久々が影響してか最後は止まってしまいましたが、やはりいいスピードを持っている馬。今回ビッシリと追われたことで次は息持ちも違ってくるはずです。レース後も脚元などに異常は見られませんので、このまま続戦していきましょう。東京は節的に厳しい出馬状況。中山も芝の適鞍があまり組まれていないため、次は3回中京開催(12/05~)での出走になると思います」(牧光二調教師)
2020/11/7 (福島競馬場)
馬体重:430kg
★11/07(土)福島・3歳上1勝クラス(芝1200m)菱田裕ニ騎手 結果10着

「このクラスで考えれば平均よりやや速いペースで流れましたが、スタートから無理せずとも好位で競馬を進められていた。4角の手応えも抜群に映ったので、直線を向いてこれならと思ったんですけどね…『最後止まってしまったのは久々の分が影響したでしょうか』とジョッキーも話していました。馬の状態をよく見て、またこの後のことを考えます」(牧光ニ調教師)
2020/11/5 (美浦トレセン)
☆11/07(土)福島・3歳上1勝クラス(芝1200m)菱田裕ニ騎手

11月1日(日)にWコースで5ハロン73.4-58.2-44.1-14.4を単走で馬ナリに追われ、4日(水)にもWコースで5ハロン67.9-53.0-39.0-12.5を単走で一杯に追い切りました。「順調です。体はそう大きく変わっていませんが、歩様にゴトゴト感がなくなって、帰厩してここまでだいぶハードにやり込めました。久々でも仕上がりに不安はありません。春よりもだいぶ体質面でしっかりしてきている。週末は天気も晴予報ですし、良い馬場コンディションで競馬ができればやれていいと思います」(牧光二調教師)
2020/10/30 (美浦トレセン)
28日(水)にWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、69.1-54.5-39.2-12.5を強めに追い切りました。「追い切り本数を重ねるごとに素軽さが増してきました。状態は着実に上向いてきている。体調面の不安もないですし、帰厩当初やや太めに映っていた馬体も徐々に引き締まりつつありますよ。来週11/07(土)福島・3歳上1勝クラス(芝1200m)を菱田裕ニ騎手で予定。休み明けでも初戦から動けるようにしっかり仕上げていきます」(牧光二調教師)
2020/10/23 (美浦トレセン)
ノルマンディーファーム小野町で調整され、先週17日(土)に帰厩しました。

18日(日)に坂路コースで4ハロン58.9-43.3-28.3-14.3を単走で馬ナリに追われ、21日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、52.3-38.9-26.0-13.4を馬ナリに追い切りました。「自厩舎で期待している2歳馬と併せたのですが、そこは年長馬の貫禄でミーハが楽々と追走併入。休み明けでも動きはいいですね。メンタルの部分が成長しているし、息遣いや体つきに太目感もありません。福島開催二週目(11/07.08)は芝の1200m戦が特別含め3つ組まれていますので、そのいずれかに向かう予定です」(牧光二調教師)
2020/10/16 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:446kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。週2回の追い切りも問題なくこなせており、ここまでは理想通りにペースアップを図ってくることが出来ました。飼い葉食いなども問題ありませんが、欲を言えば馬体にもう少し張りが出てくればといったところです。それでも移動してきた時と比べれば、背腰のラインは筋肉が付いてガラッと変わってきましたし、この後トレセンで進めていける態勢は整ってきたように感じられます。なお、明日17日(土)の検疫で帰厩することが決まりました。
2020/10/9 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:446kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。調教を強めていく中でもこれといった課題はなく、まだ3歳馬ですがドッシリとしてきた印象を受けます。追い切り後の息の戻りも本数を重ねるごとに良化しているように感じられ、今月中旬あたりの帰厩へ向けて順調に進めることが出来ています。この後も厩舎から声が掛かるまでしっかりと負荷を掛けて、筋力強化を図っていきます。
2020/10/2 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:448kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。引き続き状態は良化傾向で、馬体にも張りツヤが出て見映えがするようになってきました。調教の動きにも良かった頃の躍動感が戻ってきて、坂路もしっかりとした脚取りで駆け上がることが出来ています。息遣いに関してはまだ良化の余地を残している現状なので、この後もきっちりと負荷を掛けながら乗り込み、帰厩態勢を整えていきたいと思います。
2020/9/25 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:442kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。予定通り、先週末からは15-15を織り交ぜたメニューで進めています。背腰の筋肉も徐々に戻ってきて、良かった頃のラインに近づきつつありますし、この馬らしい逞しさが出てきました。毛ヅヤも良化しており、このまま帰厩目標に向けて更にペースを上げていけそうです。この後もコンスタントに追い切りを消化しつつ、更に状態を上げていければと思います。
2020/9/18 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:439kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。登坂本数を増やしてからもここまで順調に進めることが出来ており、日に日に体調も良くなっているように感じられます。ただ、背腰のラインはまだ下がり気味。早く筋肉が戻ってきて欲しいところですが、坂路主体で乗り込みながら痛みや違和感も出ていないようので、このまま鍛えていけば良かった頃のフォルムに変わってきそうです。今週末からは追い切りを開始する予定です。
2020/9/11 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:443kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。馬体に関してはまだ大きく変わってきてはいませんが、毛ヅヤはかなり良くなってきたように、体調面は上向き。坂路主体のメニューへ移行後も飼い葉食いが落ちることはありません。残暑が続いていても夏バテの兆候はないので、ここから更に負荷を強めていけそうです。今のところ、10月半ばあたりの帰厩目標となりそうですが、これから涼しくなるにつれて筋肉も戻ってくれば、良かった頃の状態で秋を迎えられるのではないかと思います。
2020/9/4 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:437kg
現在は馬場1周と坂路2本を18~20秒ペースのメニューで調整しています。相変わらずお腹にはかなり余裕がありますが、背腰が寂しく映るのも変わらないため、この中間から坂路主体のメニューに切り替え、筋力強化とお腹回りのシェイプアップを意識しながら調教をおこなっています。飼い葉食いが落ちることはないように、レースを多く経験していることもあって、体質はしっかりしているようです。今後も坂路主体に乗り込み、全体的にバランスよく筋肉を戻していくイメージで進めていこうと思います。
2020/8/29 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:436kg
現在は馬場2周と坂路1本を18~20秒ペースのメニューで調整しています。北海道からの輸送で体は減ったものの、お腹回りには余裕が感じられます。背中のトップラインの形を見ても今は体型が崩れていますし、乗りながら脂肪を筋肉に変えていく過程で馬体重も増やしていければと考えています。
2020/8/21 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:437kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。週明け17日(月)より騎乗を開始しました。ジックリと休養に充てていた分、馬体が緩んで背腰のラインが下がり気味に映りますし、息遣いも良化途上といった感じを受けるため、しばらくは現状メニューで体づくりをおこない、筋肉量を増やしていこうと思います。
2020/8/15 (ノルマンディーファーム小野町)
今後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整を進めることになり、本日15日(土)に移動しました。

長距離輸送による疲れや熱発もなく、深夜に無事到着しています。早速、今朝からはウォーキングマシンでの運動をおこなっており、この後は状態を見ながら騎乗開始のタイミングを探っていきます。
2020/7/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:463kg
現在は坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「今月下旬より騎乗調教を開始しました。乗り出しも特に問題なく、ここまで順調に進めることが出来ています。調教後も飼い葉食いは良好ですし、体調面に気になるところもありませんが、夜間放牧中に増えた馬体重が減少傾向にあるため、馬体維持を心掛けながら乗っていこうと思います」と話していました。
写真
2020/7/15 (ノルマンディーファーム)
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。13日(月)で夜間放牧を終了し、翌14日(火)からはマシン運動をおこなっています。直近の計測で馬体重が481kgありましたが、単にフックラしただけでなく、成長分も大きいと捉えて良さそうです。下旬からは坂路で騎乗を開始する予定です。
2020/6/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:474kg
現在は夜間放牧をおこなっています。担当者は「馬体重が更に20kg増えたように、お腹回りだけでなく全体的にフックラしてきました。放牧地でも青草を摂取しながらのんびり過ごしているようですし、馬にとっていいリフレッシュ休養になっていると思います」と話していました。なお、この中間に牧光二調教師が来場し、馬体と歩様のチェックをおこなっています。
2020/6/15 (ノルマンディーファーム)
現在は夜間放牧をおこなっています。馬体の成長を促す目的で、この中間も夜間放牧を継続しています。もともと大人しい性格の馬でしたし、レース経験を重ねてもその辺りは変わらないようで、スタッフの手を焼かせることもなく、馬房内でものんびりとした様子で過ごしています。
2020/5/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:454kg
現在は夜間放牧をおこなっています。担当者は「今月下旬に日中放牧から夜間放牧へ切り替えました。それから約1週間で馬体重が20kgほど増えているので、放牧地では青草をたくさん摂取しているようです」と話していました。
写真
2020/5/15 (ノルマンディーファーム)
現在はパドック放牧をおこなっています。こちらには輸送熱などの異常もなく、無事到着しています。レースによる疲労もだいぶ抜けてきたようですが、しばらくの間はリフレッシュ休養に充てて、心身の成長を促していく予定です。
2020/5/8 (ノルマンディーファーム)
★5/02(土)福島・しゃくなげ賞(芝1200m・混)柴田大知騎手 結果12着
この後は北海道・ノルマンディーファームで調整を進めることになり、7日(木)に移動しました。

「変わらず状態は良かっただけに期待していたのですが、ハイペースに巻き込まれて早々失速してしまいました。前へ行けるスピードはあっても、脚を溜める競馬というのを今後覚えさせていきたいですね。全体的にまだ緩さが目立つ感じなので伸びしろはありそう。ここで一息入れて成長を促せば、グンと良くなるんじゃないかと思っています」(牧光二調教師)
2020/5/2 (福島競馬場)
馬体重:426kg
★5/02(土)福島・しゃくなげ賞(芝1200m・混)柴田大知騎手 結果12着

「柴田大は上がってきて『スタートよく好位を確保できたのですが、前半行き過ぎると脚がなくなってしまうため、意識的に少し控えて運びました。ペースを考えれば、結果的に今日はもっと脚を溜める形が良かったかもしれません』と謝っていました。前半ハイペースの中、少し競られたのも勿体なかったです。この後は馬の状態を見てまた相談させてください」(牧光二調教師)
2020/4/30 (美浦トレセン)
☆5/02(土)福島・しゃくなげ賞(芝1200m・混)柴田大知騎手

4月29日(水)に坂路コースで4ハロンから0.4秒先行して併せ、55.0-39.1-24.8-12.3を馬ナリに追い切りました。「追い切りは坂路でサラっと流す程度の内容でしたが、古馬相手に馬ナリのまま良い動きでした。中1週の競馬を考慮したものなので、時計もこれくらいで十分。飼い葉をしっかりと食べれており、体つきが細く映らないのもいいですね。良馬場が見込める今回は、出たなりである程度のポジションを確保できるはず。一度使った上積みも見込め、やれるのではないかと期待しています」(牧光二調教師)
2020/4/24 (美浦トレセン)
★4/18(土)福島・雪うさぎ賞(芝1200m・混)斎藤新騎手 結果7着

「タフな馬場コンディションの中で競馬してきましたが、今朝乗った感じも疲れは残っていない。飼い葉食いも安定しており、状態は変わらず良好です。馬場さえ良ければ先行できるスピードはあるし、今回のように道中我慢して脚を使う形も可能となってきました。もともとセンスが高いミーハですから、競馬の幅が広がったことは今後に向けて大きいと思う。来週5/02(土)福島・しゃくなげ賞(芝1200m・混)を柴田大知で予定しています」(牧光二調教師)
2020/4/18 (福島競馬場)
馬体重:426kg
★4/18(土)福島・雪うさぎ賞(芝1200m・混)斎藤新騎手 結果7着

「体重減でもデキは最高に良かったんですけどね…今日は馬場がミーハに向きませんでした。ジョッキーもいい所を選んで回ってきてくれたのですが、下が緩くてジリジリとしか伸びず。馬場状態さえ違えば、もっと鋭い脚を使えていたと思います。それでも競馬に幅は出てきたので、これから良くなってくるはずです」(牧光二調教師)
2020/4/16 (美浦トレセン)
☆4/18(土)福島・雪うさぎ賞(芝1200m・混)斎藤新騎手

12日(日)に坂路コースで4ハロン61.8-44.6-29.4-15.3を単走で馬ナリに追われ、15日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、54.8-39.7-25.8-13.1を末強めに追い切りました。「フットワークがしっかりしていましたし、最後まで手応えにも余力がありました。今回は休み明けのぶんテンションも高くなっておらず、馬の雰囲気がいい。毛ヅヤや馬体の張りから、体調面もすこぶる良さそうですよ。当日の雨予報がちょっと懸念材料にはなりますが、前走同様に馬場のいい所を選んで走ってくれば問題ない。ハナに拘らずともやはり前々の競馬で」(牧光二調教師)
2020/4/10 (美浦トレセン)
8日(水)に坂路コースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、56.6-41.0-26.3-13.0を馬ナリに追い切りました。「追い切りは坂路コースで相手を2馬身追走する形。楽な手応えのまま並び掛けていましたし、ミーハにはまだだいぶ余裕が感じられましたね。先週と比べてもう一段フットワークに素軽さが増してきた印象です。休み明けですが、気合乗りも含めてちょうどいい雰囲気。仕上がり良好でしょう。けっこう前から丹内には依頼していたのですが、今回はフラれてしまいました。来週4/18(土)福島・雪うさぎ賞(芝1200m・混)は斎藤新で行かせてもらいます」(牧光二調教師)
2020/4/3 (美浦トレセン)
3月29日(日)に坂路コースで4ハロン60.4-45.0-29.8-15.3を単走で馬ナリに追われ、4月1日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、55.6-40.1-25.8-13.1を馬ナリに追い切りました。「追い切りは坂路コースで2馬身後ろから追走する形。楽な感じで相手に並び掛けて、手応えにも余裕が感じられました。体調面を含め、中間の状態はすこぶる良好に映ります。ミーハ自身ここにきてPowerがUpしている。次走は4/18(土)福島・雪うさぎ賞(芝1200m・混)を予定していますが、頭数が多くなる見込みなので除外だけが不安要素ですね」(牧光二調教師)
2020/3/27 (美浦トレセン)
松風馬事センターで調整され、24日(火)に帰厩しました。

26日(木)に坂路コースで4ハロンから0.3秒追走して併せ、55.2-40.1-26.5-13.2を馬ナリに追い切りました。「小倉遠征の後で一息入れ充電させたことが功を奏し、体つきからもここにきて一段成長しているように見受けられます。稽古の動きも変わらずいいですね。4/18(土)福島・雪うさぎ賞(芝1200m・混)に向かいましょう。1200mならこのクラスでやれることも前走証明してくれましたが、馬場が良ければ尚のこと走れるタイプだと思いますよ」(牧光二調教師)
2020/3/20 (松風馬事センター)
馬体重:448kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。こちらにいた時の最高体重が449kgなので、ある意味この馬のキャパまで増やせたと思います。ただ、もう少し増えそうな雰囲気もあるので、ここを打ち破ってくれたら一段階成長したと言えるのではないでしょうか。少しずつ体力が付いてきましたし、乗り越えられる下地はあると思います」(担当者)
2020/3/13 (松風馬事センター)
馬体重:441kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。もう少し馬体をフックラとさせたいのですが、体はどこも傷んでいませんし問題もありません。それでもこの馬にしては+10kgにするのは早かったですし、回復は早かったと思います。このまま量を増やしながら乗り込んでいくつもりです」(担当者)
2020/3/6 (松風馬事センター)
馬体重:435kg
「現在は20~30分の程度のロンジングの運動で調整中です。到着後に馬体を確認したところ、体重がかなり減ってしまっていたので、1週間はウォーキングマシンの運動にとどめて馬体の回復に専念しました。その甲斐あってか、10kg以上の増加が見られたので、現状のメニューに移行しています。増えづらいところがある馬ですが、可能な限り体を膨らましながら進めていきたいと思います」(担当者)
2020/2/28 (松風馬事センター)
★2/23(祝)小倉・あざみ賞(芝1200m・混)丹内祐次騎手 結果4着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、26日(水)に移動しました。

「丹内がこの馬を手の内に入れてくれているし、なにより今回は外枠が良かったですね。やはり馬場コンディションさえ合えば、現級を突破できる力は十分ある。そう再確認できる内容の一戦だったと思います。火曜日に小倉から無事トレセンに帰厩。さすがに体つきが寂しく映りますし、一旦休養させてまた1回福島開催(4/11)を目標にしましょう」(牧光二調教師)
2020/2/23 (小倉競馬場)
馬体重:432kg
★2/23(祝)小倉・あざみ賞(芝1200m・混)丹内祐次騎手 結果4着

「滞在のわりにはパドック、返し馬とうるさい面を見せていましたが、馬体重の増減がなかったように、デキに関しては問題なかったと思います。良の発表でしたが、この荒れ馬場に脚を取られないように留意しました。とにかく、馬場のいいところを選んで。そういった意味で7枠は良かったですよね。目処が立ったのではないでしょうか」(丹内祐次騎手)
2020/2/20 (小倉競馬場)
☆2/23(祝)小倉・あざみ賞(芝1200m・混)丹内祐次騎手

19日(水)に小倉競馬場のダートコースで4ハロンから1.4秒先行して併せ、56.1-41.0-12.8を馬ナリに追い切りました。「ミーハにとって滞在競馬はもう慣れたもの。イレ込む部分が軽減されて、稽古でも走りに集中できています。毛ヅヤや馬体の張りなど、一度使って状態面も確実に良くなっていますね。今回は特徴をしっかり掴んでいる丹内がパートナー。前々から運ぶ競馬のスタイルは同じでも、前走は内枠でラチ沿いの荒れた馬場が影響しましたし、なるべくいい進路を選んで走ってきてもらいたい。スムーズに流れに乗れれば、人気ほど差はないと思っています」(牧光二調教師)
2020/2/14 (小倉競馬場)
★2/08(土)小倉・かささぎ賞(芝1200m・混)松若風馬騎手 結果15着

「番手で構えた勝ち馬を除けば、先行馬総崩れの決着。ペースが前半速かったこともありますが、内枠で終始馬場の悪いところを走らされたというのも大きく影響している。前々から進めるスタイルは変えずとも、真ん中より外めの枠が引けていればまた違う内容だったのではと思います。レース後もそのまま滞在しており、状態面は特に変わりありません。来週2/23(祝)小倉・あざみ賞(芝1200m・混)で巻き返しを狙いましょう」(牧光二調教師)
2020/2/8 (小倉競馬場)
馬体重:432kg
★2/08(土)小倉・かささぎ賞(芝1200m・混)松若風馬騎手 結果15着

「押していくとスッと加速して楽に前のポジションが取れる。気持ちが強くて、いいスピードを持っている馬ですが、途中からノメッてノメッて直線を向く際にはもう手応えがありませんでした。こういう荒れた馬場は合っていない印象です。今日は内枠というのも余計に可哀想でしたし、開幕週のパンパン馬場だったら全然違う走りができると思います」(松若風馬騎手)
2020/2/6 (小倉競馬場)
☆2/08(土)小倉・かささぎ賞(芝1200m・混)松若風馬騎手

5日(水)に小倉競馬場のダートコースで5ハロンから0.9秒先行して併せ、69.2-54.4-39.6-12.4を一杯に追い切りました。「帰厩してそう時間を置かずに小倉へ移動しましたが、滞在競馬はミーハにとってお手のもの。トレセンとは環境の違う現地でも、普段通りにしっかり調整ができています。水曜日は長目から終い重点でビッシリの追い切り。ダートコースで全体時計こそかかったものの、跨った丹内騎手からは『息遣いや反応は上々。レースで十分動ける態勢にある』と報告を受けました。平坦小回りで時計のかかる馬場も合うタイプ。窮屈な競馬となった前走の鬱憤を晴らしたいですね」(牧光二調教師)
2020/1/31 (小倉競馬場)
松風馬事センターで順調に調整され、25日(土)に帰厩しました。

「全休明け28日(火)にウッドチップで70-40目安の時計を消化。水曜日にトレセンを出発し、昨日30日(木)に小倉競馬場に無事到着しています。ミーハにとって長距離輸送は慣れたものでも、『今朝はさすがに体が少し寂しく映る』とスタッフから報告を受けているため、今週いっぱいは軽めの調整にとどめて整えていきます。来週2/08(土)小倉・かささぎ賞(芝1200m・混)を松若騎手で予定します」(牧光二調教師)
2020/1/24 (松風馬事センター)
馬体重:442kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。体は傷んでいなかったものの、到着時の体重が423kgでしたし飼い葉食いが細かったのですが、ここにきてようやく増えてきました。次戦は小倉と聞いていますので、こちらにいる間は輸送に備えて体重を増やすことをメインに進めています。反動もありませんし、しっかり態勢を整えていきたいと思います」(担当者)
2020/1/17 (松風馬事センター)
★1/11(土)中山・朱竹賞(芝1200m・混)石橋脩騎手 結果12着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、12日(日)に移動しました。

「直線を向いてスペースが狭くなっていなければという内容。レース後に鞍上も『脚色から2着はあった』と話していましたし、非常に勿体なかったですね。それでも1200m戦なら、これくらい高いパフォーマンスを発揮できることが分かりましたので、次の競馬に向けて準備していきたいと思います。一旦近郊で馬体を回復させ、小倉競馬場に連れていきましょう。また長距離輸送にはなるものの、滞在競馬で臨むのはミーハにとってプラスに働くはず。2/08(土)小倉・かささぎ賞(芝1200m・混)を次走予定とします」(牧光二調教師)
2020/1/11 (中山競馬場)
馬体重:432kg
★1/11(土)中山・朱竹賞(芝1200m・混)石橋脩騎手 結果12着

「直線で前が開いてくれなかったのが残念でした。勝負所で進路が確保出来れば、勝ちまではないまでも、2、3着はあったと思います。スタートをポンと出ていい位置につけられただけに、もったいない競馬でした。初めて乗りましたが、スピードがある馬ですし、1200mが合いますよ」(石橋脩騎手)
2020/1/9 (美浦トレセン)
☆1/11(土)中山・朱竹賞(芝1200m・混)石橋脩騎手

6日(月)に坂路コースで4ハロンから0.3秒追走して併せ、57.3-39.9-26.1-13.2を馬ナリに追われ、9日(木)にも坂路コースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、55.5-39.7-26.5-13.0を一杯に追い切りました。「稽古でも前進気勢は感じられるものの、なかなかフットワークが弾んでこない。全体的に非力なためかペタペタした走りをするんですよね。今後まだまだ成長してくるはずですが、現時点で休養前に比べて大きく変わったという強調材料には乏しい印象です。それでも1勝クラスなら能力的に十分通用すると思いますし、距離もマイルより短い方がミーハには合っていそう。仕上がりに関しても態勢は整っていますので、今週から投票させてもらいました」(牧光二調教師)
2019/12/27 (美浦トレセン)
22日(日)に坂路コースで4ハロンから0.2秒先行して併せ、57.2-40.2-25.9-13.0を馬ナリに追われ、25日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.2秒先行して併せ、56.6-40.0-26.2-13.3を馬ナリに追い切りました。「体重は前走時と比べてあまり変わりないものの、精神面はだいぶ大人びてきた印象を受けます。稽古で頭を上げる素振りや、テンションの高さというのも今はもう気にならない程度。坂路主体で調整していますが、体も上手に使えるようになってきていますよ。ここまではいたって順調。態勢が整いつつあるため、1/18(土)中山・菜の花賞(芝1600m・牝)目標ではあっても、メンバーの薄い番組があるようなら前倒して投票を検討します」(牧光二調教師)
2019/12/20 (美浦トレセン)
15日(日)に坂路コースで4ハロンから0.2秒追走して併せ、56.0-40.9-27.2-14.2を強めに追われ、18日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.3秒追走して併せ、54.4-39.1-25.6-13.0を追い切りました。「キリの影響で動きを確認できませんでしたが、乗り手の感触は悪くありませんでした。ややピリッとしたところはあるものの、人の指示に従順で特に乗り難しさというのもないタイプ。普段の稽古でもキビキビと動けていますし、体調面含め状態は良好に映りますよ。一応、年明け1/18(土)中山・菜の花賞(芝1600m・牝)を目標にしていますが、どこから始動するかはまだ未定とさせてください。ミーハの状態や相手関係を見て、よりベストな番組にと考えています」(牧光二調教師)
2019/12/13 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、11日(水)に帰厩しました。

「夏の函館デビュー以来、コンスタントにレースを使わせてもらっていたため、今回は少し成長を促す期間を設けました。見た目にそれほど大きく変わった印象はないものの、立ち振る舞いなどやはり精神面では成長が窺える。一応、年明け1/18(土)中山・菜の花賞(芝1600m・牝)を目標に進めていきますが、やれば仕上がりの早いタイプですので、状態次第で予定を前倒しするかもしれません」(牧光二調教師)
2019/12/6 (松風馬事センター)
馬体重:440kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。体重が増加傾向にあったので、今週少しペースを上げたらまた減らしてしまいました。ネジを巻くとすぐ影響で出てしまうので、こちらでは量を乗って体をフックラさせることをメインに進めていくことにします。年明け1/18(土)中山・菜の花賞(芝1600m・牝)を目標にすると聞いたので、しっかり態勢を整えていきます」(担当者)
2019/11/29 (松風馬事センター)
馬体重:446kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。順調に乗り込めていますし、体も減らさずに堪えてくれています。大きくは増えないタイプなので、現状維持が出来ていれば良いと思いますので、このままボディコンディションをキープしながら進めていきたいと考えています」(担当者)
2019/11/22 (松風馬事センター)
馬体重:443kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。先週の感じから今週はようやく450kgを超えてきそうな感じがしたのですが、減らしてしまいました。水曜日は中日にしてウォーキングマシン運動のみにしたりしているんですけどね。状態は安定しているので、このまま乗り込んでいきます」(担当者)
2019/11/15 (松風馬事センター)
馬体重:449kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。まだ速いところをおこなっていませんが、この中間も体重は微増傾向にあり、いい流れの中で進められています。もう少しボディコンディションを上げたいところですが、仕上げやすい馬なので、ピッチを上げていけば、そう時間が掛からずに帰厩に向けての態勢が整うと思います」(担当者)
2019/11/8 (松風馬事センター)
馬体重:445kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。ピリッとした雰囲気はあるものの、体重を減らさなくなってきた点は良いですね。メンタル面も何とか保っていますので、あとはしっかり量を乗りながら、体をフックラとさせていきたいと考えています」(担当者)
2019/11/1 (松風馬事センター)
馬体重:444kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。先週から引き続き、同様のメニューで進めていますが、まだ軽めということもあって体重は僅かながら増加してくれています。ただ、もう少しガツンと増えてくれないと積み重ねていけないので、体重の増加は促したいところ。それ以外に気になるところはありませんし、問題もないのでこのままじんわりと進めていく予定です」(担当者)
2019/10/25 (松風馬事センター)
馬体重:439kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間は446kgまで体重が増えたので、今週から騎乗を始めて昨日時計消化をおこなってみたところ、また減らしてしまいました。しばらくは現状のペースで進めてみようと思います。食欲はまずまずありますが、体を減らしやすいので、様子を見ながら乗り込んでいきます」(担当者)
2019/10/18 (松風馬事センター)
馬体重:434kg
「現在は20~30分の程度のロンジング運動にとどめています。回復期間を長く置いて今週から一段階調教進度を上げましたが、張り感が取れて徐々に柔軟性が戻ってきました。こういうところが出てきて体がふっくらしてきたので、やっぱりキツかったんだと思います。もう少し安定して、この状態を維持できるようなら騎乗運動に移行したいと考えています」(担当者)
2019/10/11 (松風馬事センター)
馬体重:425kg
「現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。局所的にどこっていうわけではありませんが、全体的に硬さが感じられます。飼い葉食いもあまり良くなく、体重が全然増えてこないので現状のメニューで進めています。今週いっぱいは回復優先で考えたいと思います」(担当者)
2019/10/4 (松風馬事センター)
★9/29(日)中山・サフラン賞(芝1600・牝)木幡巧也騎手 結果9着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、10月3日(木)に移動しました。

「稽古の動きも抜群でしたし、凄くいいデキでレースに臨めたとは思うんです。でも今回スタート自体は良かったものの、そこからダッシュよく前目に付けて脚を溜めるといった形ができず、いいところのまったくない内容だった。現状ではマイルの距離が少し長かったかもしれませんし、前へ行くにしても後ろで我慢させるにも、もっとメリハリの利く乗り方で競馬させるほうがミーハには合っているのかもしれません。一旦近郊でリフレッシュを図り、また次走予定を考えていきましょう」(牧光二調教師)
2019/9/29 (中山競馬場)
馬体重:422kg
★9/29(日)中山・サフラン賞(芝1600・牝)木幡巧也騎手 結果9着

「スタートをポンと出てくれたので、流れに乗りたかったのですが、前が速かったですね。もう一列前でレースを進めたかったのですが、マイルという距離が頭にあったので、脚を溜めようと考えました。それがかえって折り合いを欠くことになってしまって。具合の良さを上手く生かし切れず、申し訳ありませんでした」(木幡巧也騎手)
2019/9/26 (美浦トレセン)
☆9/29(日)中山・サフラン賞(芝1600・牝)木幡巧也騎手

22日(日)に坂路コースで4ハロンから0.8秒追走して併せ、55.9-39.6-25.3-12.7を馬ナリに追われ、25日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.2秒追走して併せ、53.5-38.1-24.6-12.5を馬ナリに追い切りました。「まだ華奢な体つきで若干細くは映るものの、攻めていっても飼い葉食いが落ちるようなことはありません。稽古では左に張る癖も徐々に解消してきています。牝馬でも精神的にどっしりと構えられている点は頼もしいですし、今回メンバーは揃いましたが牝馬同士のマイル戦でどんな競馬ができるか楽しみにしています」(牧光二調教師)
2019/9/20 (美浦トレセン)
18日(水)に坂路コースで4ハロンから0.2秒追走して併せ、53.8-39.4-25.4-12.7を強目に追い切りました。「水曜日の追い切りは終いをしっかり追うように指示。ここまで順調ですし、この一追いで気持ちの面でもだいぶピリッとしてくると思います。豊富なスピ―ドで1200m戦を勝ち上がったものの、体型や血統面から本質的にはマイルくらいが合っていそうなタイプ。来週は中山の9/28(土)カンナステークス(芝1200m)、9/29(日)サフラン賞(芝1600・牝)と両番組に特別登録させてもらう予定で、相手関係なども吟味したうえでどちらに向かうか決めたいと考えています」(牧光二調教師)
2019/9/13 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、11日(水)に帰厩しました。

13日(金)に坂路コースで4ハロン54.1-38.9-25.5-12.9を単走で強目に追い切りました。「数字はそれほど変わっていないと思いますが、体のシルエットなんかはどんどん良くなって映り、逞しさが出てきた印象です。帰厩してすぐ1本目の追い切りからしっかり動けていましたし、このまま順調に進めば中山開催のうちに使えそう。9/29(日)中山・サフラン賞(芝1600m・牝)およびその前日に組まれているカンナステークス(芝1200m)も視野に入れて調整していきます」(牧光二調教師)
2019/9/6 (松風馬事センター)
馬体重:437kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。体重増加を促しながらまだ軽めのメニューで乗り込んでいます。負荷はそんなに掛けていませんが、継続して量はしっかり確保している中で体重が減らないのは良いところ。涼しくなって大分状態が上向いてきました。このまましっかり進めて、送り出しに向けて態勢を整えられればと思います」(担当者)
2019/8/30 (松風馬事センター)
馬体重:432kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。ボディコンディションを上げるメニューで進めているのですが、なかなか体重が増えてきません。馬体はどこか傷んでいたりするわけではないのですが、何でか現状維持なんですよね。骨格的にも増える材料はあるのでいろいろ工夫してみますが、もしかしたら夏場に弱いタイプかもしれません。経験上、こういう馬は秋になるとグッと良化を見せることがあるので、そこらへんも見極められればと思います」(担当者)
2019/8/23 (松風馬事センター)
馬体重:432kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。疲れも抜けて、調教での動きも問題ありませんよ。あとは少しでも体重を増やしてアドバンテージ作りをしたいと考えています。牧調教師からは、そんなに長い滞在ではないと聞いているので、こちらもそのつもりで進めています。飼い葉もしっかり食べていて、体調面は良好です」(担当者)
2019/8/16 (松風馬事センター)
馬体重:427kg
「現在は角馬場で長めのダクのメニューで調整中です。先週いっぱいは楽をさせて、今週から動かし始めました。こちらに入場時は、体重が414kgで体が薄っぺらくなってしまっていましたが、体重が徐々に増えてきましたね。北海道から新潟と移動してレースを使ってきたのでさすがに疲れもありましたが、今はもう問題ありませんよ。最低でも430kgは超えたいと思っているので、調教進度を上げるのはそれからになると思います」(担当者)
2019/8/9 (松風馬事センター)
★8/03(土)新潟・ダリア賞(芝1400m)木幡巧也騎手 結果4着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、7日(水)に移動しました。

「今後のことも考えて、テンからあまり積極的には出して行かないようにと指示。それでも前半位置取りがやや後ろ過ぎましたし、勝負どころからポジションを上げてでも4角で前を射程圏に入れる必要はありました。また、ミーハは左に張る癖があるため、直前で今回ハミを替えたのですが、それも逆効果に働いてしまって申し訳ありません。距離に関しては1400mに延ばしても緩急の利いた走りができていたように、1600mまではいけそうですね。デビューからここまでノンストップで4戦。レース後も特に変わりなく、まだ2歳ということを考えれば本当にタフな馬ですよ。この後は一旦近郊で夏休みとさせてやり、状態次第でまた番組を考えていきましょう」(牧光二調教師)
2019/8/3 (新潟競馬場)
馬体重:424kg
★8/03(土)新潟・ダリア賞(芝1400m)木幡巧也騎手 結果4着

「前走は勝つには勝ちましたが最後はいっぱいいっぱいという感じでしたし、先生とも話をして、今回は控える競馬をしようということになりました。スタートはポンと出たので抑えましたが、いつもと違う形だったので結構力んでしまいましたね。それでも最後は脚を使っていますし、こういう競馬を教えていけば1600mくらいまでは保つんではないでしょうか。今日も良い雰囲気でしたが、これからまだ成長しそうな感じですよ」(木幡巧也騎手)
2019/8/1 (新潟競馬場)
☆8/03(土)新潟・ダリア賞(芝1400m)木幡巧也騎手

31日(水)に函館競馬場のWコースで4ハロン56.1-41.8-13.5を単走で馬ナリに追い切りました。「この中間もクタッときた感じはありませんし、変わらず順調に調整できています。追い切りはサラッと単走の内容でも、キビキビしていて走りのバランスが良かった。本日、新潟競馬場に向けて函館を出発しています。長距離輸送を挟むハードなローテーションとなりますが、当日落ち着いて臨めれば頑張れると思います」(牧光二調教師)
2019/7/26 (函館競馬場)
★7/21(日)函館 2歳未勝利(芝1200m・混)丹内祐次騎手 結果:優勝

「鞍上の進言もあって当日はメンコを着用。上手に乗ってくれましたし、デビューから3戦よくミーハも我慢して状態維持できていた。連れて行く時から函館で勝たせたいと思っていたので、ひとまず結果を出せて最高の気分です。レース後も特に変わらず、いまのところ疲れやダメージを感じさせません。あくまでひとつの次走案としてですが、このまま函館競馬場に滞在させて、来週8/03(土)新潟・ダリア賞(芝1400m)に向かうことも検討しています。ただ、そこはこの後の状態を見て慎重に判断させてください」(牧光二調教師)
2019/7/21 (函館競馬場)
馬体重:430kg
★7/21(日)函館 2歳未勝利(芝1200m・混)丹内祐次騎手 結果:優勝

「今日はあまり競りかけてくる馬がおらず、道中は息を入れて逃げることができました。3~4コーナーのアプローチも上手くいきましたね。使いながら良くなっていますし、気持ちの面も我慢できていました」(丹内祐次騎手)
写真
2019/7/18 (函館競馬場)
☆7/21(日)函館 2歳未勝利(芝1200m・混)丹内祐次騎手

17日(水)に函館競馬場のWコースで5ハロン70.7-56.3-42.4-13.8を単走で馬ナリに追い切りました。「やや間隔の短い臨戦過程でも、目立った疲れは感じられません。滞在競馬が合うタイプで飼い葉食いも落ちていませんし、好調子を維持できていますよ。けっしてハナにはこだわりませんが、スピードがあるので今回も前々から運ぶ競馬を徹底してもらうつもり。3戦目でそろそろ実戦慣れも見込めるだけに、いい結果を出せればと期待しています」(牧光二調教師)
2019/7/12 (函館競馬場)
★7/06(土)函館・2歳未勝利(芝1200m・牝)丹内祐次騎手 結果4着

「テンからは主張せずジワッとハナに立てましたが、途中から絡まれてしまってハイペースに。息の入らぬ展開で、直線を向いて勝ち馬が早めに動いてきたのも厳しかったな。ただ、稽古の感じからはもっとやれていい馬ですよ。レース後も特にダメージは見られませんので、来週もう一回使うつもり。やや忙しい印象はあるものの、再度1200mの距離でと考えています」(牧光二調教師)
2019/7/6 (函館競馬場)
馬体重:430kg
★7/06(土)函館・2歳未勝利(芝1200m・牝)丹内祐次騎手 結果4着

「前半やや速いペースではあったものの、前有利の馬場傾向に変わりはないので、気分よく行かせた判断は悪くなかったと思います。勝ち馬は強かったですが、2着からは差がないですし、ミーハも変わり身を見せてくれましたね。本質的には距離が少々忙しいんだろうなとも感じます。この後は馬の状態を見ながら決めていくつもり。また頑張ります」(牧光ニ調教師)
2019/7/4 (函館競馬場)
☆7/06(土)函館・2歳未勝利(芝1200m・牝)丹内祐次騎手

3日(水)に函館競馬場のWコースで5ハロンから併せ、72.0-55.8-41.0-13.5を馬ナリに追い切りました。「滞在効果が窺えて非常に落ち着きが見られますね。この中間も飼い葉食いは落ちておらず、中1週でも長目からしっかりと時計を消化できました。函館開催後半に入り、芝コースの内側部分がだいぶ荒れてきている印象。馬場のどのあたりが伸びるのか、そこは現地で乗っている丹内が把握していますし、スムーズな競馬ができれば慣れも見込める今回は前進を期待できるでしょう」(牧光二調教師)
2019/6/28 (函館競馬場)
★6/22(土)函館・2歳新馬(芝1200m・牝)丹内祐次騎手 結果8着

「追走に苦労している感じはなかったものの、直線では思いのほか伸びを欠いてしまいました。インの狭いところでスペースが開くまでに少々時間がかかりましたし、ビュンと脚を使うタイプではないので、本質的には距離ももう少しあった方がいい。ただ、けっして悲観するような内容ではなく、経験を重ねていけばガラッと変わってくるように思えます。レース後も状態は特に変わりありませんので、このまま滞在で続戦していきましょう。来週7/06(土)函館・2歳未勝利(芝1200m・牝)に向かう予定です」(牧光二調教師)
2019/6/22 (函館競馬場)
馬体重:430kg
★6/22(土)函館・2歳新馬(芝1200m・牝)丹内祐次騎手 結果8着

「向正面の手応えから、もっと勝負になっても良さそうな感触でしたが、直線で追ってからが伸びませんでした。もう少し体力が付いてきて欲しいところですね。この距離でもそんなに忙しいことはありませんが、延ばしてみてもいいかもしれません。デビュー戦としては悪くない内容でしたし、クセもなくて乗りやすい馬ですよ」(丹内祐次騎手)
写真
2019/6/20 (函館競馬場)
☆6/22(土)函館・2歳新馬(芝1200m・牝)丹内祐次騎手

19日(水)に函館競馬場の芝コースで5ハロンから0.6秒追走して併せ、66.1-50.1-37.0-11.8を馬ナリに追い切りました。「水曜日の追い切りでは丹内に芝の感触を確かめてもらいましたが、『軽快なフットワークで凄く良かった』と報告を受けています。美浦の稽古でもセンスある動きを評価していた馬ですし、抜けた能力があるかはまだ未知でも、初戦からやれるだけの仕上がりにはある。頭数はやや揃いましたが期待したいですね」(牧光二調教師)
2019/6/14 (函館競馬場)
8日(土)に坂路コースで4ハロン58.3-41.6-27.2-13.4を単走で馬ナリに追われ、12日(水)には函館競馬場のWコースで5ハロン65.3-51.2-38.4-13.4を単走で一杯に追い切りました。「9日(日)に函館競馬場に移動しています。輸送でガタっと体が減ることはなく、初めての環境にも堂々とした様子。さっそく水曜日から追い切りを消化しましたが、跨った丹内のコメントも悪くありませんでしたよ。マズマズ仕上がったと思いますし、攻めていって飼い葉食いが落ちるようなこともないので、レースまでにもう1~2本は時計消化を行えそう。予定どおり来週の番組に使いたいと考えています」(牧光二調教師)
2019/6/7 (美浦トレセン)
5日(水)に坂路コースで4ハロンから0.1秒先行して併せ、56.0-39.8-25.9-13.0を馬ナリに追い切りました。「攻めていってもへこたれないし、筋もなかなかいいですよ。スクリーンヒーロー産駒で血統的には1600mくらいからスタートしたいタイプでも、洋芝や滞在競馬はミーハに合っていそう。函館に連れて行ってデビューさせたいと思います。頭数が揃わなくメンバーが弱いようなら開幕週も考えますが、仕上がり具合としては二週目あたりがベストでしょう。6/22(土)函館・2歳新馬(芝1200m・牝)を丹内で予定します」(牧光二調教師)
2019/5/31 (美浦トレセン)
29日(水)に坂路コースで4ハロンから0.3秒追走して併せ、57.8-40.8-26.5-13.4を馬ナリに追い切りました。「入ってきた当初の印象は華奢に映りましたし、攻めていけば体が減ってしまうかなと思っていましたが、この中間もへばるようなことなく元気いっぱい。水曜日の追い切りでも、年長馬を相手にして楽な感じで動けていましたからね。気持ちも前向きでなかなか良さそうですよ。まだ具体的な予定は立てていませんが、デビューに向けて徐々にピッチを上げていくつもりです」(牧光二調教師)
2019/5/24 (美浦トレセン)
22日(水)にゲート試験を受験し、無事に合格しました。

「扉が開く音にやや怯む面はあったものの、センス良くゲート試験を一発クリアしてくれました。トレセンではあまり練習期間を設けませんでしたが、入りや駐立なども特に問題なかったです。坂路コース主体で調整を進めており、今朝は終いだけ13-13の時計を消化。前向きな性格で、稽古でもスピードに乗ってさえしまえばちゃんと自分からハミを取っていますし、体の割にストライドが大きくて力強い走りをしますよ。あとはピッチを上げていって体力面がどうかでしょうが、デビューに向けてこのまま進めていくつもりです」(牧光二調教師)
2019/5/17 (美浦トレセン)
ノルマンディーファーム小野町で順調に調整され、15日(水)に美浦・牧光二厩舎に入厩しました。

「まだ入ってきたばかりなので特徴を掴みきれていませんが、環境の変化に戸惑うことなく、今のところうるさい面なども見られません。大きくない馬ですが、体調も良さそうですし元気もあって雰囲気は悪くないですよ。まずはゲート練習を主体に進めていますが、特に問題はなさそう。今後はミーハディビーナのことを把握するためにもしっかりコンタクトを取っていきたいと考えています」(牧光二調教師)
2019/5/10 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:430kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も順調に進めることが出来ており、週2回の追い切りのうち1回は後半ビッシリと追って、かなり負荷の掛かるメニューもしっかりとこなしています。追い切りを重ねるごとに反応も良化。早期デビューへ向けて、育成レベルでは最終段階に入ったと言って良さそうです。今後も強めを乗り込みながら、入厩へ備えていきます。
2019/4/26 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:430kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。ここまでコンスタントに追い切りを消化しながらもガタっとくることはなく、順調に調教を進めることが出来ています。15秒ペースでもしっかりとした脚取りで登坂。精神的に参っている様子も見受けられません。物見も殆どなくなり、ゲートの枠入りも難なくこなしてくれるので、トレセンへ入厩してからもスムーズにいくのではないかと思います。
写真
2019/4/19 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:432kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。先週末より15秒ペースの追い切りも織り交ぜた調教をおこなっています。乗り込みが進んで全体的に筋肉量が増え、馬体も逞しくなってきました。到着時とは別馬のようなフォルムに変わってきています。やや疲れが溜まってきた印象も受けますが、休むほどではありませんし、これから本数を重ねていく過程でどこまで変わってくるか、楽しみです。
2019/4/12 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:428kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。調教を強化していく中でもへこたれることはなく、ここまで順調。疲れが出るのを心配していましたが、見た目以上に中身がしっかりしてきました。馬体重こそ若干減ったものの、トモの張りなどは坂路で走り込んでいる成果も表れており、スクリーンヒーロ―産駒らしい成長を見せてくれています。今週末にこちらに来て初めての15秒ペースでの追い切りをおこなう予定ですが、現時点でどれくらい反応できるのか楽しみです。
2019/4/5 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:430kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。コース周辺の環境に慣れてきたこともあり、物見も気にならなくなってきました。それにこちらでの調教も1ヶ月が経過し、見た目にも鍛えられた効果が表れてきています。胸前とトモは筋肉量が明らかに増えて大きく見せるようになり、馬体に幅も出てきました。背が高い方ではなく、ここからもそれほど上には伸びてこないと思いますが、筋力的なものにはまだまだ伸びしろが感じられます。ただ、そろそろ疲れが出始める頃なので、体調面にも気を配りながら進めていきます。
2019/3/29 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:431kg
現在は馬場1周と坂路2本を18~20秒ペースのメニューで調整しています。引き続き順調に乗り込めており、馬体面の成長も窺えます。併走時でも他馬に臆することなく走れていますが、脚元の影やハロン棒などを見るような仕草はまだあります。それでも精神的に参っている様子はなく、飼い葉もペロリと平らげており、まだまだ体は大きくなりそうです。今後も体力面と相談しながら負荷を強めていこうと思います。
写真
2019/3/22 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:428kg
現在は馬場1周と坂路2本を18~20秒ペースのメニューで調整しています。この中間も順調に乗り込めていることから、20日(水)より坂路の登坂本数を増やしたメニューで調整しています。こちらの環境に慣れたこともあり、周りが見える余裕が出てきたようで、時折、物見をするようになってきました。ただ、手に負えないような状態ではないので、しばらくすれば大丈夫かと思います。引き続きしっかり乗り込み量を確保していく予定です。
2019/3/15 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:434kg
現在は馬場2周と坂路1本を18~20秒ペースのメニューで調整しています。こちらでの調教にもしっかり対応できており、馬体重も徐々に戻ってきました。乗りながら飼い葉も食べて、体重が増加してくれるのはいい傾向と言えます。同時期に来た2歳馬にも遅れることなく走れていますし、このまま筋力面が強化されれば、まだモサっとしている背腰や胸前のラインも、競走馬らしく変わってくるのではないかと見ています。
2019/3/8 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:420kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。小柄な牝馬らしく気持ちはすごく前向きで、無理に促すことをしなくても走れている点には好感が持てます。ただ、馬体や顔つきにも幼さを残している現状なので、しばらくはジックリ乗り込み、体力強化を第一に進めるつもりです。少しずつ体も増やしていきたいので、引き続きその辺りにも気を配っていこうと思います。
2019/2/28 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:421kg
今後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整を進めていくことになり、23日(土)に移動しました。

現在は馬場2周と坂路1本(ハッキング)のメニューで調整しています。長距離輸送による疲れや熱発もなく、無事到着しています。ただ、出発前に聞いていた馬体重よりずいぶんと減ってしまったようです。25日(月)から調教を開始しましたが、まずは馬体をフックラさせることに重点を置いて、ジックリ進めたいと思います。
写真
2019/2/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(ハッキング)のメニューで調整しています。この中間も馬場と坂路を併用して乗られていましたが、馬場の積雪量が多くなってきたことから、屋根付きの坂路主体で進められています。相変わらず調教中もドッシリ落ち着いていますが、まだ前向きさには欠ける印象。ただ、少しずつ体力は付いてきているようで、以前と比べると騎乗スタッフが促さなくても登坂できている様子が窺えます。
2019/1/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:439kg
現在は馬場1周と坂路2本(ハッキング)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間から坂路の本数を増やし、負荷を強めたこともあってか、馬体重はやや減ってしまいました。ただ、飼い葉は残さず食べていますし、現状のメニューに慣れてくれば、また増えてくると思います。小柄な牝馬ながらもトモは立派。父スクリーンヒーローの産駒らしく、時間を掛けて乗り込んでいけば、着実に良化してくれそうです」と話していました。
写真
2018/12/28 (ノルマンディーファーム)
馬体重:448kg
現在は夜間放牧と並行しながら、馬場2周と坂路1本のメニューで調整しています。騎乗担当者は「えりも分場からこちらへは10月上旬に移動してきました。すでに馴致を終了し、今は騎乗運動で基礎体力の強化に努めています。多少周りを気にするところはあるものの、まったくと言っていいほど手が掛からず、大人しい馬。見学に来られた会員さんに顔を撫でられてもジッとしています。運動中の操縦性も高いですが、もう少し前向きさは出てきて欲しいところ。上手く気持ちを引き出してあげられるよう、気を配りながら乗り込んでいきます」と話していました。
写真