現在表示しているページの位置

リュードマン
牡馬 黒鹿  2017/5/31生
カタログPDF

父:フリオーソ × 母:オープンシャッセ(母の父:ダンスインザダーク)

生産:青森・風ノ丘ファーム  所属:美浦・中川公成厩舎

 

総口数 400口 募集総額 1,080万円
募集状況 申込受付終了 1口出資額 27,000円

近況

詳細

2022/5/13 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:481kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。今週からは週2回15秒ペースも取り入れて負荷を強めています。今週の体重測定でも増加していたように、体つきも段々と立派になってきました。騎乗者の感触としても状態は確実に上向いているようで、乗り込みながらまだ上昇してきそうな雰囲気も感じられます。多少の捌きの硬さはありますが、追い切った日の午後もコズミの症状などはなく、このまま帰厩へ向けて更にピッチを上げていく予定です。
2022/5/6 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:479kg
現在は馬場1周と坂路2本を15~18秒ペースのメニューで調整しています。しっかりと汗を掻きながらも馬体重を増やすことが出来ており、ここにきて中身が詰まってきた印象を受けます。脚捌きも許容範囲内で、馬も違和感を持っている様子はなく、騎乗者の感触も悪いものではありません。3日(火)には坂路の後半を15秒くらいまで伸ばしてみましたが、上がり運動の歩様なども問題ありませんし、今週末には前半から出していく追い切りをおこなう予定です。
2022/4/29 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:470kg
現在は馬場1周と坂路2本を16~18秒ペースのメニューで調整しています。この中間も順調に進めることが出来ており、以前と比べて脚捌きは大分スムーズになってきました。体の形に関しても、少しずつ余裕のあるつくりに変わってきているように映ります。この後も引き続き坂路主体に乗りながら、フックラとした感じの見た目に近づけていければと考えています。
2022/4/22 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:471kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今週も休まずに乗れており、飼い葉の配合もいい方に向いたのか、馬体重も徐々に増加してきました。雨で馬場状態が悪いなかでも脚元は問題ありませんし、坂路での脚の運びもだんだんと良くなってきたように映ります。このまま更に乗り込みを進めて、筋力面の強化とともに動きもいい方に変わってくればと考えています。
2022/4/15 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:465kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。乗り込んでいくなかで、脚捌きの硬さが悪化してくることはありません。毛ヅヤなども良好なので、あとは数字が増えてきてくれればいいのですが、食べている割にまだ平行線といったところです。少しずつでも増加してくれば、追い切りを開始する予定です。
2022/4/8 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:469kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。脚捌きに硬さは見せるものの、調教の前後や午後の馬体チェックでも異常はなく、骨折箇所の触診反応などもありません。飼い葉もしっかり食べていて、あとは筋力強化から馬体重の増加につながって欲しいところですが、このあたりは以前の状態に戻りきるのにやや時間がかかっているようです。この後も坂路主体に乗り込み、徐々に負荷を強めていきます。
2022/4/1 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:472kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今週からは登坂本数を2本に増やして、徐々に負荷を強めています。脚捌きに硬さはあるものの、患部に熱感はありません。歩様にも異常はないことから、休まずに調教を継続することが出来ています。馬体に関しては筋肉がかなり落ちていたこともあり、調教再開後は馬体重が減少傾向にあるため、坂路で筋肉量が増えてくるような形で馬体重も増加させていければと考えています。
2022/3/25 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:483kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。患部には若干腫れが残るものの、この中間も歩様が悪化することはありません。周回コースと坂路を併用しながら順調に乗り込むことが出来ています。引き続き騎乗後には水冷によるケアをおこなって、獣医の意見も伺いつつ、ペースアップの時期を探っていきます。
2022/3/18 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:497kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今週も休まずに乗れていますが、前脚の硬さが解消されてこないので、念のため左前骨折箇所のレントゲン検査をおこないました。獣医からは「患部は調教を継続していくことに支障ないレベルまで回復していますが、ジョイントとなる部分なので馬自身も何かしら違和感があって、それが歩様に出ているのかもしれません」との見解でした。今以上に悪くなるようなら、一度トレッドミルなどにペースダウンして立て直すことも検討していきます。
2022/3/11 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:510kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗開始後も休まずに乗れていますが、歩様には若干硬さが見受けられます。体の使い方などからも、どこかに痛みがあるような動きではないのですが、まだ極端なペースアップはおこなわず、ジックリと進めていった方が良さそうです。
2022/3/4 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:522kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。トレッドミルで立ち上げたとはいえ、久しぶりに運動を開始したことで全身に硬さが窺えますが、左前に異常はありません。乗り込みを継続しながら徐々に体もほぐれてくるのではないかと思います。しばらくは軽めに動かしながら、体づくりをおこなっていきます。
2022/2/25 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:540kg
現在は馬場3周(ハッキング)のメニューで調整しています。今週から周回コースでの騎乗を開始しました。トレッドミルで体をほぐしてから馬場入りしていますが、馬道からコースでの動きに問題はなく、スムーズに調教をおこなえています。歩様も特に気になるところはありませんが、休養期間も長かったので、ゆっくり進めていこうと考えています。
2022/2/18 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:540kg
現在はトレッドミルで調整しています。この中間も脚元に異常はありませんし、到着当初と比べると大分落ち着きも出てきたように見受けられます。トレッドミルのペースも徐々に上げていますが、難なく対応しており、この感じなら騎乗開始も視野に入れていけそうです。まずは近日中に角馬場で跨って、歩様を確認する予定です。
2022/2/11 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:542kg
現在はトレッドミルで調整しています。曳き馬の際などはまだ煩い仕草も見せていますが、トレッドミルは変わらずスムーズにこなせています。このまま運動を継続してある程度ガス抜きが出来れば、落ち着きも出てきそうです。患部の状態を見つつ気持ちにゆとりが出てくれば、トレッドミルの負荷を強めていく予定です。
2022/2/4 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:547kg
現在はトレッドミルで調整しています。本日2月4日(金)からトレッドミルでの運動を開始しました。少し煩いところは相変わらずですが、トレッドミルは問題なくこなせています。ここから徐々にペースを上げていき、歩様などに異常がなければ、騎乗調教へ移行する予定です。
2022/1/28 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:550kg
現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。相変わらず馬っけが強く、馬房から外を見ては頻繁に嘶いています。ただ、トレッドミルなどで動かせる段階になれば、もう少し落ちついてくるのではないでしょうか。この後は獣医とも相談しながら運動強度を高めていく方向で進めていきます。
2022/1/21 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:542kg
現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。引き続きマシンでの運動を継続しており、脚元も異常なく進めることが出来ています。ただ、馬っけの強い面が見られるようになってきたので、念のため注意しながら扱っていった方が良さそうです。来週からは運動時間を延ばして患部の状態を確認していく予定です。
2022/1/14 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:538kg
現在はウォーキングマシン30分のメニューで調整しています。大分落ち着きが出てきたので、曳き運動からマシン運動へメニューを切り替えました。念のため、他の馬とは時間をずらして1頭でマシンを使用していますが、チャカついたりすることもなく運動をおこなえています。この後も患部の経過を見ながら、マシンの時間を延ばしていく予定です。
2022/1/7 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:537kg
12月27日(月)に福島県・ノルマンディーファーム小野町へ移動しました。

現在は曳き運動をおこなっています。歩様が特別悪いわけではありませんが、休んでいる分やや煩くなっており、マシンの中で暴れる可能性も考慮して、入場後は曳き運動にとどめています。しばらくは現状メニューで様子を見ていく予定です。
2021/12/24 (ブルーステーブル)
この後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整することになり、来週27日(月)に移動する予定です。

「現在は10~15分のウォーキングマシンの運動にとどめています。運動開始後も反動なくきています。徐々に立ち上げていった方が良いので、まだ軽く動かしている程度ですが、ボディコンディションはそこまで落ちておらず、相変わらずいい体付きだなと感じるところ。来週移動予定なので、準備をしておきます」(担当者)
2021/12/17 (ブルーステーブル)
「現在は10~15分のウォーキングマシンの運動にとどめています。今週おこなったレントゲン検査の結果が問題なかったことから、今週より軽めに動かし始めています。もうしばらくは慎重に進めた方が良さそうなので、様子を見ながら徐々に前進させていくのが良いでしょう。来週か再来週には福島県・ノルマンディーファーム小野町に移動予定なので、いい形でバトンタッチをしたいと思っています」(担当者)
2021/12/10 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。この中間も健康的に過ごしています。今週レントゲンを撮る予定にしていましたが、大雨などもあって延期になっています。来週検査をおこなうつもりです」(担当者)
2021/12/3 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。変わらず元気のある状態で過ごしています。今週末か来週はじめにレントゲンを撮る予定にしていて、状態次第で今後のことを考えるつもりです」(担当者)
2021/11/26 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。この中間もいい意味で変わりなく過ごせています。療養中ですがいつも通りの元気がありますし、体を動かしたくてウズウズして様子。12月に入ったら、今後の方針を決めるつもりにしています」(担当者)
2021/11/19 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。変わらず元気のある状態ですが、馬房の中では落ち着いて過ごせています。辛抱の時期が続きますが、今は英気を養ってもらいたいと思っています」(担当者)
2021/11/12 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。今週も変わりなくきています。運動開始にはもう少し時間が必要ですが、12月には曳き運動を始められればと思っています。引き続き体調面は良好です」(担当者)
2021/11/5 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。この中間もいい意味で変わりなくきていて元気のある状態。秋も深まり、朝晩は大分気温が下がって肌寒いくらいですが、リュードマンにとっては過ごしやすいようで良好な体調を保っています」(担当者)
2021/10/29 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。先週末におこなったレントゲン検査の結果を見ると、開いてしまった骨が幾分塞がってきた感じ。もう少しの辛抱ですが、順調にいくようなら、あと1ヵ月ほどでウォーキングマシンの運動を開始することも考えています」(担当者)
2021/10/22 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。体調が悪化することなどなく、健康そのものといった感じです。患部もいい意味で変わりありません。今週末にレントゲン検査をおこなう予定です」(担当者)
2021/10/15 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。現状の生活が続きますが、筋肉こそ落ちているものの、ボディコンディションは保っていますし、体調面も引き続き良好。今週末か来週には再度レントゲンを撮って様子を見る予定にしています」(担当者)
2021/10/8 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。この中間もいい意味で変わりなくきています。今はまだ我慢の時期ですが、リュードマン自身は、馬房内で変なことをしたりしませんし、落ち着いて過ごせていますよ」(担当者)
2021/10/1 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。涼しくなってきて大分過ごしやすくなってきた様子。引き続き元気はありますし、体調面も良さそう。このまま経過を観察していきます」(担当者)
2021/9/24 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。引き続きこの馬なりに順調に過ごせています。大きな変わり身こそありませんが、今は変化がないことが良い証拠。暑い日が戻ってきましたが、体調を崩すことなどもありません」(担当者)
2021/9/17 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。この中間もいい意味で変わりなく過ごせています。これだけ休養期間が長くなっても体型がほとんど変わらないのがこの馬のすごいところ。痩せないですし、太りもせず、健康体を維持しています。もうしばらくは現状の生活で回復を待つつもりです」(担当者)
2021/9/10 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。本日レントゲン検査をおこないましたが、大きな変化こそないものの、悪化は見られず安定した状態を保っています。経過は良好と言って良いでしょう。まだ運動をおこなうには時期尚早なので、引き続き経過を見ながら回復を待つ予定です」(担当者)
2021/9/3 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。もともと夏負けの兆候は見られませんでしたが、今週は涼しい日が多いので過ごしやすそう。来週レントゲン検査をおこない、その結果次第で今後の方針を決める予定です」(担当者)
2021/8/28 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。暑さが戻ってきましたが、体調を崩すことなくこの馬なりに順調に過ごせています。もうしばらくは現状の生活を続けて、患部の回復を待つつもりです」(担当者)
2021/8/20 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。3ヵ月以上、現状の生活が続いていますが、イライラする様子などもなく、馬房内で落ち着いて過ごしています。今週は気温が落ち着いていたこともありますが、元気いっぱいですし、体調面にも全く不安はありません」(担当者)
2021/8/13 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。いい意味で変わりなくきていますし、引き続き体調面は良好で、元気もある状態です。9月に入ったらレントゲン検査をおこなってみて、その結果次第で今後の方針を決めたいと思っています」(担当者)
2021/8/6 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。2日(月)にPRP治療をおこないました。これで最後となるので、あとは回復を待ちたいところ。レントゲン検査もおこないましたが、患部は徐々に良くなっています。厳しい暑さが続きますが、体調を崩すこともなく元気いっぱいです」(担当者)
2021/7/30 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。この中間もいい意味で変わりなくきています。体調面に不安はありませんし、脚元も悪化することはありません。馬房で元気に過ごしていますよ。PRP治療は来週におこなうことになりました」(担当者)
2021/7/23 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。暑い日が多くなってきましたが、涼しい馬房内で快適に過ごしています。元気もありますし、脚元以外は心配するところはありません。来週には再度PRP治療を施す予定です」(担当者)
2021/7/16 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。先週のPRP治療後も変わりなくきています。健康状態は全く問題ありませんし、広い馬房の中でストレスなく過ごせている様子。元気いっぱいですよ。来週末か再来週に3度目の治療をおこなうことを考えています」(担当者)
2021/7/9 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。5日(月)に2回目のPRP治療をおこないました。すぐに変化があるわけではありませんが、これを地道に続けて少しずつ回復を促していきたいところ。悪化は見られませんし、引き続き元気いっぱいですよ」(担当者)
2021/7/2 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。来週5日(月)にPRP治療をおこなう予定にしています。相変わらず体調面に不安はありませんし、元気もあって馬房内でウズウズしている様子です」(担当者)
2021/6/25 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。今週も変わりなくきていて、馬房内でイライラしたりすることもありません。休養の馬房なので、通常の場所より広いということもあるかもしれません。引き続き元気はありますし、来週またPRP治療を実施し、併せてショックウェーブ治療もおこなうつもりです」(担当者)
2021/6/18 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。この中間もいい意味で変わりなくきています。引き続き体調面は問題ありませんし、健康そのものといった感じ。来週か再来週に2回目のPRP治療をおこなうことを考えています」(担当者)
2021/6/11 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。今週1回目のPRP治療をおこなっています。1ヵ月程間隔を空けて、状態を確認しながら再度実施する予定。元気があるように、体調面は良好ですし、脚元を痛がったりすることもありません。もう少し我慢の時期が続くと思うので、馬房内での対応も慎重にしていくつもりです」(担当者)
2021/6/4 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。今週レントゲン検査をおこないましたが、骨折箇所に動きはなく、現状維持といった感じ。痛みも落ち着いています。馬運車で移動させたりするにはもう少し時間を要しそうなことから、患部の回復促進のために、このタイミングでPRP療法(自身の血液から抽出した多血小板血漿《PRP》を、患部に注射する再生医療)を実施しようと考えています。右肘靱帯の部分断裂をした楽天イーグルスの田中将大投手がおこなったことでも知られていますが、馬の世界でも徐々に取り入れられてきているところ。在厩馬でも実施していますが、保存療法より回復が早くなる馬もいるので、少しでもリュードマンの良化に繋がればと思っています」(担当者)
2021/5/28 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。依然として患部には腫れと熱感が残っていることから、現状の生活で回復を待っています。馬房の中での生活が続きますが、毛艶は良いですし、体調面も良好そのもの。いい意味で変わりはありません。とにかく今は時間が薬となるので、安静に過ごさせたいと考えています」(担当者)
2021/5/21 (ブルーステーブル)
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。患部にまだ腫れは残っているものの、浮腫は出てきませんし、この状態なりに安定しています。反対脚に負担が掛かるのを軽減するために、そちらもバンテージを巻いていて、今のところ問題は出ていません。痛み止めはもう投与していませんが、痛みは落ち着いています。元気があるのは安心できるところなので、このまま様子を見ていくつもりです」(担当者)
2021/5/14 (ブルーステーブル)
「今回は誠に申し訳ありませんでした。先週の土曜日の調教後は問題なかったので、どこかでミスステップをした際にジワッと変に力が掛かって、捻挫みたいな形から骨に剥離が生じてしまったのではないかと思っています。実績も残している馬ですし、ここにきてどんどん良くなってきていただけに、こちらでこのようなことになってしまい、本当に心苦しい限りです。現在は舎飼にとどめて様子を見ています。消炎剤の効果もあって今は痛みはほとんどない状態ですが、歩様は押さえた感じがあります。反動が怖いので、そろそろ薬の投与はやめてみようと思っています。元気があるのは少し安心できるところですが、当面は現状の生活で回復を待つつもりです」(担当者)
2021/5/13 (ブルーステーブル)
8日(土)に調教(1ハロン20~23秒ペース)をおこない、上がり運動は問題なかったものの、午後の歩様チェックで左前を押さえるような素振りを見せました。球節の内側に腫れを確認したので、念の為レントゲン検査をおこなったところ、種子骨の内側の部分に剥離骨折が判明。躓くなどして亀裂が入るような骨折ならすぐに歩様にも出るところですが、時間を置いて腫れ、熱感という症状が出ているため、ミスステップをして捻ったか、馬房で寝違えたか、そういう類である可能性が高いと考えられます。現在も腫れ、熱感が続いているため、冷やしてテーピングを巻いて様子を見ている状態です。獣医師によると外科的手術はおこなえないため、自然治癒により患部がかたまってくるのを待つのが最善の策との見立て。経過を見ながら今後の移動予定等を決めていくつもりです。

「6月の東京での出走を見据えてそろそろ帰厩させようと考えていたタイミングでしたが、このようなこととなり申し訳ありません。レントゲンを元に複数の獣医師に意見を求め、時間をかけて待つのが現実的であろうとの見立てです。まだ痛みがあり、痛み止めを投与しておりますので、すぐの移動は難しいためもうしばらくはブルーステーブルにて落ち着くのを待つことになります。このクラスでの勝ち上がりも意識するには十分な力があるだけに、このような報告をしなければなりませんこと重ねてお詫び申し上げます」(中川公成調教師)
2021/5/7 (ブルーステーブル)
馬体重:498kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで4000m(18秒ペース、週1回は16~17秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から少しずつ速いところも織り交ぜて進めています。相変わらず状態は良いですし、問題なく対応していたので、このままどんどんペースアップしていけそうな感じ。馬の形も良くなってきて、まだまだ上積みがありそうですよ」(担当者)
2021/4/30 (ブルーステーブル)
馬体重:498kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで4000m(18秒ペース)のメニューで調整中です。この中間より少しピッチを上げましたが、問題なく対応していて順調に進められています。ここ最近の中では一番良い状態ですね。この感じであれば更にペースを上げて進めていけそう。今週は馬場が悪いので、来週から徐々に負荷を強めていきます」(担当者)
2021/4/23 (ブルーステーブル)
馬体重:488kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで4000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。体重が減って入ってくることが多いのですが、今回は減っていませんし、状態面も前回入場時より良いと思います。長めをじっくりと乗っていますが、今のところ大きな問題はありません。このまましっかりと負荷を掛けていくつもりです」(担当者)
2021/4/16 (ブルーステーブル)
★4/11(日)中山・印西特別(ダ2400m・混)柴田善臣騎手 結果2着
この後はトレセン近郊のブルーステーブルで調整することになり、15日(木)に移動しました。

「今回はパドックでいつもより発汗していましたね。しっかり走りきった分、クタッとしていて疲れを見せますので、このタイミングでひと息入れましょう。ジョッキーは『極端に他馬を気にすることはないけど、寄ってくるとハミをとらないね。砂かぶらせて我慢させた後に外に出すとスッと反応するはずなのにな』と話していました。変な意味でレース慣れしてきているのでしょう。次については刺激を与える意味で一度距離を短縮するか等色々検討していくつもりです」(中川公成調教師)
2021/4/11 (中山競馬場)
馬体重:482kg
★4/11(日)中山・印西特別(ダ2400m・混)柴田善臣騎手 結果2着

「以前よりもズブさを見せるようになった印象。向正面では促してもスッとハミをとって進んで行かなかったようで、レース後にジョッキーも首をひねっていました。内をついて2着まできたものの、課題が残るレースでした。こういう距離を使ってきているが故ですが、一度忙しい距離を挟んでもいいかもしれませんね」(中川公成調教師)
2021/4/8 (美浦トレセン)
☆4/11(日)中山・印西特別(ダ2400m・混)柴田善臣騎手

4日(日)にWコースで5ハロン75.0-58.9-43.5-13.5を単走で馬ナリに追われ、7日(水)にもWコースで5ハロンから1.1秒先行して併せ、67.6-53.2-40.3-13.2を馬ナリに追い切りました。「昨日はパートナーのギガバッケンに追い掛けさせる内容。状態や調教での動きに関しては大きな波もなくここまでこれたと思います。これまでの傾向や鞍上を探す中でも頭数が揃うのではないかと読んでいましたが、実際は10頭に落ち着きました。少頭数ですとダラけた展開になるだろうことが予想されるので、リュードマンにとっては歓迎すべき点だといえるでしょう。あとはなるべく嫌気をさすことがないように鞍上には上手く導いてもらいます」(中川公成調教師)
2021/4/2 (美浦トレセン)
4月1日(木)にWコースで5ハロンから1.0秒先行して併せ、69.7-53.9-40.3-13.3を馬ナリに追い切りました。「昨日は相手を先導する形で、最後は併入という予定していた通りの時計消化を終えられています。前走で大きなダメージがないぐらいでしたので、一戦したことで動きや状態についてガラリと変化をもたらすということもありません。レース後からここまでは順調と言って差し支えないでしょう。前回は頭数割れという状況だったものの、目標とする次のレースは特別戦となり頭数も増えることが予想されます。3節で出走が叶うかは微妙なラインかもしれませんが、まずはやれることをして送り出しの態勢を整えるだけです」(中川公成調教師)
2021/3/26 (美浦トレセン)
★3/21(日)中山・4歳上2勝クラス(ダ2400m・混)戸崎圭太騎手 結果9着

「レース直後より息も乱れていないくらいでしたので、やはり大きなダメージはありません。馬場状態によって脚元を痛めているということもないですね。周りを気にすることからブリンカーで対応してきましたが、根本の解決にはいたっていません。引き続き馬具だけでなく運び方、位置取りでサポートする必要があります。この後は4/11(日)中山・印西特別(ダ2400m・混)を目指す考えです」(中川公成調教師)
2021/3/21 (中山競馬場)
馬体重:480kg
★3/21(日)中山・4歳上2勝クラス(ダ2400m・混)戸崎圭太騎手 結果9着

「ジョッキーは『状態は良かったと思います。内枠は嫌だなというのは感じていたので、本当であれば外に出したかったのですが次々と後ろからきて思うような競馬はできていません。揉まれて砂を被っているうちに嫌気を差してしまっています』と。ほとんど競馬はしておらず息の戻りも早かったですし、今日は力を出し切れなかった印象です」(中川公成調教師)
2021/3/18 (美浦トレセン)
☆3/21(日)中山・4歳上2勝クラス(ダ2400m・混)戸崎圭太騎手

14日(日)にWコースで5ハロンから0.5秒先行して併せ、69.0-55.4-41.3-13.5を馬ナリに追われ、17日(水)にもWコースで5ハロンから1.9秒追走して併せ、66.6-52.5-39.5-13.7を馬ナリに追い切りました。「ダート2400m戦で淡々と走ることが主となりますので、速い時計はそこまで必要ないと考えています。それでも昨日はWコースは時計の出る傾向だったこともあり、これまでと比較してもいい時計が出ました。稽古からのタイプではないことはこれまでもお伝えしてきましたが、状態面含め問題ないことを感じられる動きであったといえます。1勝クラスを勝ち上がらせた戸崎くんが跨りますので、上手く導いてくれるでしょう」(中川公成調教師)
2021/3/12 (美浦トレセン)
7日(日)にWコースで5ハロンから0.6秒先行して併せ、68.4-53.6-39.9-12.8を馬ナリに追われ、11日(木)にもWコースで5ハロンから0.6秒追走して併せ、70.3-54.5-40.7-13.3を強めに追い切りました。「昨日は前にいる目標を追いかけて、終い反応させるような内容。これまで同様に悪くない動きでしたし、着実に前進しているのが感じられました。体つきも本数を重ねてきたことにより、段々とイメージしている姿に近づいてきています。ここまではイレ込むような素振りも見せませんし、馬自身に余裕が出てきたのかもしません。来週に向けていい流れを作れていますよ」(中川公成調教師)
2021/3/5 (美浦トレセン)
2月28日(日)にWコースで4ハロン57.6-42.8-14.1を単走で馬ナリに追われ、3月4日(木)にもWコースで5ハロンから0.8秒先行して併せ、71.7-56.4-41.8-13.6を馬ナリに追い切りました。「昨日もイメージしていた内容で時計消化を終えられています。もともと稽古で動くタイプでないのはあっても、徐々にペースアップできていることが、順調に調整過程を踏めている証です。少しばかり体に余裕が感じられるので、その辺りはしっかりと意識して進めていきます。まだレースまで時間はありますから十分に態勢は整うでしょう。変にイレ込むこともありませんので、このままいきたいですね」(中川公成調教師)
2021/2/26 (美浦トレセン)
ブルーステーブルで調整され、24日(水)に帰厩しました。

「予定している3/21(日)中山・4歳上2勝クラス(ダ2400m・混)に合わせて戻しています。ブルーステーブルにも毎週定期的に様子を見に行ってましたが、疲れも取れて順調にペースアップできているのを感じられました。目標とするレースに向けて、いい状態でスタートをきれるのではないでしょうか。今回は戸崎くんに騎乗をお願いしてあります」(中川公成調教師)
2021/2/19 (ブルーステーブル)
馬体重:484kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(17~20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。元気いっぱいに調教に取り組めていて、いい意味で変わりはありません。この馬は本当に手が掛かりませんし、進めやすいですよ。帰厩までこのまましっかりと負荷を掛けていきます」(担当者)
2021/2/12 (ブルーステーブル)
馬体重:484kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(17~20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。今週も速いところをコンスタントに消化しながら進めていますが、問題なくきていますよ。もう大分態勢は整ってきましたし、帰厩に向けて準備ができているところ。声が掛かるまで、しっかりと積み重ねていきたいと思っています」(担当者)
2021/2/5 (ブルーステーブル)
馬体重:486kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(17~20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。今週から負荷を強めて乗り込んでいますが、疲れが出ることもなく順調に進められています。この感じをキープしながら、更なる良化を促していきたいと考えています(担当者)
2021/1/29 (ブルーステーブル)
馬体重:486kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(17~20秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。今週から乗り込み量を増やしつつ、15-15も織り交ぜながら進めています。全く反動などはありませんし、いい感じで動けていますよ。このまま問題ないようなら、更にピッチを上げることを検討しています」(担当者)
2021/1/22 (ブルーステーブル)
馬体重:485kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2600m、坂路1本(17~20秒ペース)のメニューで調整中です。長い距離を走ってきましたが、入場後も大きなダメージなどは見受けられませんでしたし、乗り込みを進めても問題が出てくることもありません。以前よりも随分と力を付けている印象を受けます。このまま更に負荷を掛けながら態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2021/1/15 (ブルーステーブル)
★1/11(祝)中山・成田特別(ダ2400m・混ハンデ)田辺裕信騎手 結果4着
この後はトレセン近郊のブルーステーブルで調整することになり、14日(木)に移動しました。

「しっかり走ってきた分、やはり疲れた様子を見せます。飼い食いも落ちていますので、このタイミングで回復する時間を設けた方が、次のレースでいいパフォーマンスができるはずです。脚元等を痛めていたりということはありませんので、疲労がとれた後は乗り込みを課してもらい、3/21(日)中山・4歳上2勝クラス(ダ2400m・混)を目指して帰厩させます」(中川公成調教師)
2021/1/11 (中山競馬場)
馬体重:482kg
★1/11(祝)中山・成田特別(ダ2400m・混ハンデ)田辺裕信騎手 結果4着

「よく走ってくれたと思います。安定したレースはできるようになってきていますが、現状は勝つにはもう一歩、ワンパンチ足りません。砂を被ってどうこうというのはないので、内で脚を溜めてロスなくというのも悪くなかったとは思います。いざ上がっていこうとする時にモタつくというか、自分からハミをとっていかないので、その辺りがスムーズになってくれば一つ上に行けるはずです」(中川公成調教師)
2021/1/7 (美浦トレセン)
☆1/11(祝)中山・成田特別(ダ2400m・混ハンデ)田辺裕信騎手

1月3日(日)にWコースで4ハロン59.9-44.5-14.8を単走で馬ナリに追われ、7日(木)にもWコースで5ハロンから0.8秒先行して併せ、69.1-54.5-40.6-12.5を馬ナリに追い切りました。「前走からそう間隔は空いていませんので、レースでの疲れをとってからはビッチリと負荷をかけての調教というよりも微調整するようなイメージで進めてきました。稽古から良く見せるタイプではないのですが、今朝は終いまで非常に楽に動けていて好印象です。今回も納得いく状態での送り出しで、いい意味で前走と変わらずと言えますね。鞍上も続けての騎乗となりますので、同様に上手く導いてくれるはずです」(中川公成調教師)
2020/12/25 (美浦トレセン)
★12/20(日)中山・香取特別(ダ2400m・混)田辺裕信騎手 結果2着

「ジョッキーが上手く乗ってくれたのもあって昇級緒戦から悪くない内容で終えられましたし、しっかり次につなげてくれました。レース後も使ったなりの疲れですので、いつものように少し楽をさせる時間を設ければ問題なく回復してくれるでしょう。このまま1/11(祝)中山・成田特別(ダ2400m・混ハンデ)に向かう予定です」(中川公成調教師)
2020/12/20 (中山競馬場)
馬体重:480kg
★12/20(日)中山・香取特別(ダ2400m・混)田辺裕信騎手 結果2着

「ジョッキーは『かかることなくリズム良く淡々と走れています。道中もコーナーもなるべく内を通ってロスをなくすよう努めて直線に向かいましたが、今日は相手が強かったですね』と話しています。上手く立ち回ってくれましたし、このクラスでも十分に通用することは見せられました」(中川公成調教師)
2020/12/17 (美浦トレセン)
☆12/20(日)中山・香取特別(ダ2400m・混)田辺裕信騎手

16日(水)にWコースで5ハロンから0.9秒追走して併せ、67.5-53.3-39.4-12.6をゴール前仕掛けて追い切りました。「昨日も変わらずの動きで、いつも通りと言っていいでしょう。戻ってからここまで乗り込みを進めながらも波がなくこれているのは順調さの証かと思います。クラスが上がってどうかというところですが、前走の内容は評価できますし、同じような競馬ができればこのクラスでもやれていいはずです。これまでと比較しても落ち着いて過ごせていますので、たとえ当日イレ込む姿を見せたとしても上手く対策をとれればと思います」(中川公成調教師)
2020/12/11 (美浦トレセン)
6日(日)にWコースで5ハロン72.6-57.8-43.1-13.5を単走で馬ナリに追われ、9日(水)にもWコースで5ハロンから0.5秒追走して併せ、70.1-54.0-39.7-13.1を強めに追い切りました。「水曜は少し負荷を強めておこないましたが、稽古でそれほど動くタイプでないというのを考えるとなかなかいい動きだったと言っていいでしょう。イレ込んだりもせず、時おりバタバタする様子は見せても、すぐに落ち着きを取り戻しています。いい流れでここまでこれていますので、来週のレースに向けてキッチリ態勢が整う見込みです」(中川公成調教師)
2020/12/4 (美浦トレセン)
12月3日(木)にWコースで5ハロンから1.1秒先行して併せ、70.2-55.2-40.6-13.2を馬ナリに追い切りました。「調教を進めた分、動きの重ったるい感じも抜けてきて、徐々に素軽さも出てきました。もともと稽古からビシビシ動くタイプではないので、これまで同様の調整過程と言っていいでしょう。体調面でも気に掛かる点はありませんし、何よりも今回はイレ込んだりイライラすることなく過ごせているのはいいですね。そういったいい部分を維持しながら仕上げていきましょう」(中川公成調教師)
2020/11/27 (美浦トレセン)
22日(日)にWコースで5ハロン68.7-53.6-40.0-13.3を単走で馬ナリに追われ、26日(木)にもWコースで5ハロンから0.6秒先行して併せ、68.6-53.8-40.4-13.4を馬ナリに追い切りました。「戻ってきて最初の追い切りなので仕方ありませんが、まだ動きに重ったるい印象を受けました。とはいえ目標としているレースには十二分に時間はありますので、心配はいりません。徐々にペースアップしていけば、それに比例して良くなってくるでしょう。未勝利戦、前走とリュードマンを勝ちに導いたジョッキーはいずれも当日は中山にいないということなので、鞍上を確保すべく動いていたところ田辺騎手に託すことになりました」(中川公成調教師)
2020/11/20 (美浦トレセン)
ブルーステーブルで調整され、18日(水)に帰厩しました。

「レースの疲れが完全に抜けきるには時間を要したものの、そこで焦ることなくじっくり構えた結果、この期間は有意義なものになったという実感があります。ひと回り成長した姿で帰ってきてくれました。12/20(日)中山・香取特別(ダ2400m・混)を目指して態勢を整えていきましょう」(中川公成調教師)
2020/11/13 (ブルーステーブル)
馬体重:488kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2600m、坂路1本(17~20秒ペース、週2回は14~15秒ペース)のメニューで調整中です。10日(火)に残り7Fくらいから15-15を消化しています。コンスタントに乗り込めていて、無理なペースで進めなくてもいい状態をキープできていますよ。体調面も良さそうですし、このままいつでも送り出せるようにしておきたいと思います」(担当者)
2020/11/6 (ブルーステーブル)
馬体重:488kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2600m、坂路1本(17~20秒ペース、週2回は14~15秒ペース)のメニューで調整中です。今週からペースを上げて乗り込んでいますが、しっかり対応できています。リフレッシュが図れたようで、全体的にすごく良くなってきました。このまま負荷を掛けつつ、態勢を整えていきたいと考えています」(担当者)
2020/10/30 (ブルーステーブル)
馬体重:484kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2600m、坂路1本(17~20秒ペース、週1回は14~15秒ペース)のメニューで調整中です。今週から速いところを織り交ぜて進めています。疲れはもうすっかり取れましたし、動きが良くなってきましたよ。このままピッチを上げながら、更なる良化を促していくつもりです」(担当者)
2020/10/23 (ブルーステーブル)
馬体重:480kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2600m、坂路1本(16~17秒ペース)のメニューで調整中です。大分疲れが抜けてきたので、今週からペースを上げて進めています。その後も反動などはありませんし、体調面も良好。このまましっかりと負荷を掛けながら態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2020/10/16 (ブルーステーブル)
馬体重:490kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで4000mのメニューで調整中です。ここまで軽めに進めてきたことで、大分疲れは取れてきました。この感じであれば、今週から少しペースを上げて乗り込んでいけそう。坂路調教を取り入れたりしながら負荷を強めていきたいと思います。馬は以前と比べて胴が伸びた感じがしますし、まだ成長が望めそうですよ」(担当者)
2020/10/9 (ブルーステーブル)
馬体重:484kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで4000mのメニューで調整中です。まだ少し疲れが残っている感じなので、じっくりと進めているところです。全体的に肉の乗りが良くなく、もう少し体の張りが欲しい状態。もう少ししたら坂路調教も開始したいと思っているので、このまま良化を待つつもりです」(担当者)
2020/10/2 (ブルーステーブル)
馬体重:479kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで4000mのメニューで調整中です。入場後は右半身に少し疲れが見られましたが、脚元は問題ありませんでした。レースの疲れが感じられますね。体も少し寂しい印象なので、もう少しフックラとさせたいところ。元気はあるので様子を見ながら進めていくつもりです」(担当者)
2020/9/25 (ブルーステーブル)
★9/21(祝)中山・3歳上1勝クラス(ダ2400m)戸崎圭太騎手 結果:優勝
この後は美浦近郊のブルーステーブルで調整を進めることになり、23日(水)に移動しました。

「レースを終えて脚元だったりに大きなダメージは見られません。先月の札幌からここまで4戦と詰めて使ってきたのもありますので、たまってきた疲れをとるためにここで一旦リフレッシュ期間を設けることにします。肉体的な面はもちろんですが、フワッと気を楽に持てる時間により次に向けてのいい流れを作れるはずです」(中川公成調教師)
2020/9/21 (中山競馬場)
馬体重:474kg
★9/21(祝)中山・3歳上1勝クラス(ダ2400m)戸崎圭太騎手 結果:優勝

「パドックでは多少チャカつく場面はあったものの、すぐに落ち着きましたし発汗も特別目立ったものではありませんでした。ジョッキーは『すごく手応え良くて、狭いところからよく伸びてきてくれたと思います』と。以前だったら周りを気にしていたところですが、その辺りから成長が感じられますね。結果だけでなく内容としても満足いくものではないでしょうか」(中川公成調教師)
2020/9/17 (美浦トレセン)
☆9/21(祝)中山・3歳上1勝クラス(ダ2400m)戸崎圭太騎手

17日(木)にWコースで5ハロンから1.0秒先行して併せ、69.3-54.0-40.1-12.2を馬ナリに追い切りました。「今朝は2歳の誘導馬の役目もあったため、そこまで強くやらずにさらっとした内容でまとめています。この馬の動きというのはできていました。近頃は涼しくなってきたのもあり、他の馬と比べて目立つ発汗も徐々に落ち着いてきていますね。楽をさせる時間を設けた分、前走からここまでは上手く流れに乗れたのではないでしょうか。このまま当日もイレこむことなく臨んで、まずは自分のリズムで走らせることを大事にしたいですね」(中川公成調教師)
2020/9/11 (美浦トレセン)
9日(水)にWコースで5ハロンから0.6秒先行して併せ、70.2-54.6-40.0-12.2を馬ナリに追い切りました。「来週のレースに向けて時計消化を再開し、これまでと変わらない動きを見せてくれました。息遣いも息の入りも問題なし。気になる点としては発汗が目立つことですね。ただ、イレこんだり折り合いを欠いたりということもなく、落ち着いていますので、暑さからとも考えられます。これまでも発汗が目立つこともありましたので気に掛けながら進めていきましょう」(中川公成調教師)
2020/9/4 (美浦トレセン)
「こちらに戻してからも楽をさせる期間を設けたのもあって、順調に疲れがとれてきましたね。これであれば9/21(祝)中山・3歳上1勝クラス(ダ2400m)に向けて進めていっていいだろうと判断して乗り出しを開始しています。坂路で乗ってからダートコースというこれまでの調教パターンの中でも普段通りの姿。徐々にペースを上げて上手いこと流れに乗せていきましょう」(中川公成調教師)
2020/8/29 (美浦トレセン)
★8/23(日)札幌・3歳上1勝クラス(ダ2400m・混)亀田温心騎手 結果2着

「札幌では適鞍がありませんので、水曜日に出発して翌日の木曜にこちらに戻ってきています。レース後にはひどく消耗した様子を見せていたのもあるため、慎重に様子を見ながら次の予定を決めていくつもりです。進めていくのに問題がないと判断した場合には9/21(祝)中山・3歳上1勝クラス(ダ2400m)に向かうことを考えます。少し時間をかけて様子を見させてください」(中川公成調教師)
2020/8/23 (札幌競馬場)
馬体重:476kg
★8/23(日)札幌・3歳上1勝クラス(ダ2400m・混)亀田温心騎手 結果2着

「逃げた馬に上手くやられてしまったのはありますね。ジョッキーは『これくらいの長い距離だと自分のリズムで走れていいですね』と。長い距離で走らせたいと連闘という選択となった中で、馬自身が最後まで頑張ってくれたのは確かです。その分、レース後にはこれまでと比べてもひどくイレ込んでいますので、この後については様子を見ながら判断していければと思います」(中川公成調教師)
2020/8/20 (札幌競馬場)
★8/16(日)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m)大野拓弥騎手 結果7着
☆8/23(日)札幌・3歳上1勝クラス(ダ2400m・混)亀田温心騎手

「レースを終えて大きなダメージなく変わりない様子を見せてくれています。この後にどこに向かうか考える中で、1700で同じ競馬をしても仕方ないというのもあり少し前から視野に入れていた2400m戦に落ち着きました。周りの出方によるところもありますが、ゆったり行く方がいいように思いますし自然とそうなるのではないでしょうか。距離延長と減量ジョッキーの起用が前進につながればと思います」(中川公成調教師)
2020/8/16 (札幌競馬場)
馬体重:478kg
★8/16(日)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m)大野拓弥騎手 結果7着

「ジョッキーは『テンはある程度押していったのですが、周りも早くてあの位置からに。リズム重視で運んだ分終いはしっかり脚を使ってくれました』と話しています。来週の2400m戦というのも視野に入れますが、あくまで状態次第で判断させてください」(中川公成調教師)
2020/8/13 (札幌競馬場)
☆8/16(日)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m)大野拓弥騎手

12日(水)に札幌競馬場のダートコースで5ハロン70.6-55.2-40.3-13.0を単走で馬ナリに追い切りました。「前走での疲れもとれて順調に回復していたため、今週の出走を意識しての時計消化です。さらっと流してという内容ではあっても、申し分のない状態であることは感じられ、一度使っての前進を期待できるのではないかと今週の出走としています。このタイミングで芝の長いところに挑戦するのも一つの選択肢で、芝2600m戦も魅力的でした。番組選択に関してなかなか悩んだところはありますが、最終的には相手関係という面からもう一度1700m戦に向かうことに落ち着いています」(中川公成調教師)
2020/8/7 (札幌競馬場)
★8/02(日)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m)横山典弘騎手 結果7着

「レースを終えて大きな変わりはなく、この様子であれば中一週での出走を考えてもいいでしょう。個人的には1700よりも距離を延ばしてもいいのではないかという考えもあり、そうなると中二週で8/23(日)札幌・3歳上1勝クラス(ダ2400m・混)が魅力的に映ります。この機会に長い芝を試すのであれば来週の8/15(土)札幌・3歳上1勝クラス(芝2600m)でしょう。今回の札幌はあまりガチっと縛られずに、可能性を、選択肢を広げていける機会だと思っていますので、もう少し時間をかけて考えていくつもりです」(中川公成調教師)
2020/8/2 (札幌競馬場)
馬体重:468kg
★8/02(日)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m)横山典弘騎手 結果7着

「最後までしっかり走れていて悪くなかったと思います。ジョッキーは『パサパサすぎる馬場よりも少し湿ったような馬場の方が良さそう』と。この後についてはジョッキーの意見もあらためて聞いてみて、長い芝を選択肢に入れるかどうか考えていくつもりです』(中川公成調教師)
2020/7/30 (札幌競馬場)
☆8/02(日)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m)横山典弘騎手

29日(水)に札幌競馬場のダートコースで5ハロンから1.0秒追走して併せ、67.5-52.7-39.6-13.0を馬ナリに追い切りました。「土曜日に無事に到着して札幌での調整にスムーズに移行できています。太め感もなく息も悪くありません。今週の出走を視野に入れながらの移動でしたので、追い切りの動きを見てこれであるならと出走を決めました。まだ緩さを残している分、これからさらに良くなってくるだろうというのはあります。ただ、現状での成長ぶりというのをレースでも見せたいですね。鞍上も継続しての騎乗となりますから率直な意見を元に今後にもつなげられるでしょう」(中川公成調教師)
2020/7/24 (美浦トレセン)
19日(日)にWコースで5ハロンから0.8秒先行して併せ、71.2-55.4-39.8-12.4を馬ナリに追われ、22日(水)にもWコースで5ハロンから1.0秒先行して併せ、69.8-54.5-40.2-12.6を馬ナリに追い切りました。「上手く馬運車のスケジュールが合いましたので、本日の午後に札幌に向けて出発しており明日到着する予定です。水曜の追い切りでは楽な手応えで動けていて好印象。現地に到着後の状態にもよりますが、時計消化の動きを見る限りは来週からの出走も視野に入れていいかもしれませんね。最終的には向こうでの追い切りでの動きを見ながら判断するつもりです」(中川公成調教師)
2020/7/17 (美浦トレセン)
ブルーステーブルで調整され、17日(金)に帰厩しました。

「目標としていた札幌に合わせて帰厩させました。先ほど戻ったばかりではあるものの、見た目には体調面含め良好に映りますね。この週末に動かしてみて移動のタイミングを決めようかと思いますが、問題ないようでしたらすぐに札幌に移してもいいかもしれません」(中川公成調教師)
2020/7/10 (ブルーステーブル)
馬体重:478kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(20秒ペース、週3回は15秒ペース)のメニューで調整中です。今週も馬場が悪い日が多かったのですが、しっかりと速めのところを消化しながら乗り込めています。変わりなく順調にきていますよ。札幌開催が目標と聞いているので、もうそろそろ帰厩の声が掛かるはず。この状態で送り出せるように進めていきます」(担当者)
2020/7/3 (ブルーステーブル)
馬体重:484kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(20秒ペース、週3回は15秒ペース)のメニューで調整中です。しっかりと負荷を掛けていますが、へこたれることもなく、順調に調教が進められています。今週は馬場が悪い日が多かったのですが、緩めることもなくしっかり取り込めています。そろそろ送り出しに向けて問題ない状態になってきたと思います」(担当者)
2020/6/26 (ブルーステーブル)
馬体重:480kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(20秒ペース、週3回は15秒ペース)のメニューで調整中です。調教進度を上げながら負荷を掛けています。馬がしっかりしてきた印象で、ハードな調教でも音を上げる事はありません。そろそろ態勢が整ってきそうなので、このまま仕上げに入っていきたいと思っています」(担当者)
2020/6/19 (ブルーステーブル)
馬体重:480kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。引き続きコンスタントに速いところを織り交ぜながら乗り込んでいますが、状態面を含めて全体的にも全く問題ありません。順調に進められていますし、このまましっかりと負荷をかけながら態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2020/6/12 (ブルーステーブル)
馬体重:478kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。今週もコンスタントに15-15を消化しながら、順調に乗り込みをおこなえています。すぐに回復が窺えましたし、いい状態をキープしています。このまま速いところを消化しながらどんどん負荷を掛けていきたいと思います」(担当者)
2020/6/5 (ブルーステーブル)
馬体重:480kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。そこまで疲れは感じられなかったので、今週から速いところも織り交ぜながらどんどん乗り込んでいます。厩舎からは、『しっかりと競馬をした分お疲れモードです』と聞いていましたが、思っていたより回復は早かったですよ。体力が付いてきたんでしょうね。このまましっかり負荷を掛けながら進めていく予定です」(担当者)
2020/5/29 (ブルーステーブル)
★5/23(土)東京 3歳1勝クラス(ダ2100m・混)横山典弘騎手 結果10着
この後は美浦近郊のブルーステーブルで調整することになり、本日29日(金)に移動しました。

「レース後は脚元等には大きなダメージはありませんが、しっかりと競馬をした分お疲れモードではありますね。ノリちゃんも『変な言い方になるかもしれないけど、今は楽に構えて使っていった方がいいかもしれない。今回も2100を目一杯走って、長いとこばっか使っていくと馬も嫌気を差しちゃうだろうから次は距離を縮めた方がいいだろうね。競馬は苦しいものって思ってほしくないからね』とも話していました。このタイミングでひと呼吸おいて、次は札幌でと考えています。札幌であれば芝というのも選択肢に入れていいでしょうね」(中川公成調教師)
2020/5/23 (東京競馬場)
馬体重:470kg
★5/23(土)東京 3歳1勝クラス(ダ2100m・混)横山典弘騎手 結果10着

「今日は発汗はしていましたが、落ち着いていましたしイライラする様子も見られませんでしたね。最後までしっかりと走り切っています。ノリちゃんも『最後まで気持ちが途切れずに走れていたし、徐々に良くなっているよね。こうやって使いながら成長していけばいい。馬によって成長のスピードは違うのだから何よりも合わせてやってあげることが一番の近道』と。しっかり競馬をしたので疲労の回復具合を見ながら予定を決めていきましょう」(中川公成調教師)
2020/5/21 (美浦トレセン)
☆5/23(土)東京 3歳1勝クラス(ダ2100m・混)横山典弘騎手

17日(日)にWコースで5ハロンから併せ、69.0-54.2-40.6-12.6を馬ナリに追われ、20日(水)にもWコースで5ハロンから0.4秒追走して併せ、70.5-55.1-40.5-13.2を馬ナリに追い切りました。「昨日は誘導馬を追いかけて、最後は少し気合いつけて半馬身ほど先着。動きはいつも通り悪くありません。ノリちゃんは『まだ全体的に緩さがあって足りないところがあるのは確か。例えば少し気を抜くと前のめりな走りになるところとかね。成長途上だから焦らずにじっくり取り組んでいけばいいだけ』と率直な感想を聞かせてくれました。今回は未勝利戦を勝ち上った舞台ですし、引き続き当日の競馬はジョッキーにある程度任せるつもりです」(中川公成調教師)
2020/5/15 (美浦トレセン)
10日(日)にWコースで5ハロンから0.8秒追走して併せ、68.3-53.1-39.3-13.1を馬ナリに追われ、13日(水)にもWコースで5ハロンから先行して併せて追い切りました。「水曜は靄のため計測はできていませんが、5ハロンから68秒くらいを意識して追い切るよう指示は出しています。併せた相手に抜かされることなく、最後まで走り切りました。進めていっても気持ちの面で煮詰まってきているような印象は受けませんし、このままのテンションでいきたいところです。来週は本番でも跨がるノリちゃんに稽古をつけてもらうよう予定を組んでいます」(中川公成調教師)
2020/5/8 (美浦トレセン)
3日(日)にWコースで4ハロンから1.0秒先行して併せ、55.4-39.8-13.1を馬ナリに追われ、6日(水)にもWコースで5ハロンから0.6秒追走して併せ、68.5-53.7-40.1-13.5を馬ナリに追い切りました。「水曜日は前にいる馬を追いかけてしっかりと併入。楽に動けている様子には好感が持てました。このままの調子でいければ、いい状態でレースに向かえると思いますよ。先週もお伝えしたように全体的にこの馬なりに落ち着きが出てきているのもいいですね。準備運動でたまにバタつくことはありますけど、それでもしっかりと歩けていますし我慢がきいています」(中川公成調教師)
2020/5/1 (美浦トレセン)
ブルーステーブルで調整され、4月29日(水)に帰厩しました。

「気持ちの面でいいリフレッシュになったようですね。トレセンの環境にも慣れてきたようですし、今回は戻ってきてからもイレこむようなこともなく落ち着いて過ごせています。進めていけばうるささを見せることもあるでしょうから、その辺りは気を配りながら5/23(土)東京・3歳1勝クラス(ダ2100m・混)に向けてめていきましょう」(中川公成調教師)
2020/4/24 (ブルーステーブル)
馬体重:484kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路2本(20秒ペース、週2~3回は15秒ペース)のメニューで調整中です。日に日に状態は上向いてきていますし、そろそろ声が掛かってもいい感じです。おそらく来週あたりには帰厩の運びになると思いますので、しっかりと態勢を整えておきます」(担当者)
2020/4/17 (ブルーステーブル)
馬体重:484kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路2本(20秒ペース、週3回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間もしっかりと負荷を掛けていますが、堪えることもなく元気いっぱいに調教に励んでいます。体重が減ったりすることもありませんし、馬がしっかりしていますね。このまま継続的に乗り込んで、積み重ねていく予定です」(担当者)
2020/4/10 (ブルーステーブル)
馬体重:484kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路2本(20秒ペース、週3回は15秒ペース)のメニューで調整中です。徐々にペースを上げながら乗り込んでいますし、元気いっぱいなので週3回速いところをおこなって負荷を掛けていますよ。体をフックラと見せますし、精神的にもドッシリとしていい状態を保っていると思います。現状のペースを保ちながら進めていく予定です」(担当者)
2020/4/3 (ブルーステーブル)
馬体重:484kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路2本(20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。レース後の状態も良いですし、馬は前回こちらにいた時よりも更に良くなっていますね。既に速いペースにも対応出来ていますし、馬が大分しっかりとしてきたんでしょうね。競馬にムラがあるので、今回は違ったことをやってみることも考えています」(担当者)
2020/3/27 (ブルーステーブル)
★3/20(祝)中山 3歳1勝クラス(ダ1800m・混)横山典弘騎手 結果10着
この後は美浦近郊のブルーステーブルで調整を進めることになり、24日(火)に移動しました。

「中山よりも東京の方がいい印象を受けますね。東京でゆっくり流れるような展開が理想でしょう。今回はこれまでと比べてテンションが高かったこともありますし、目標とするレースに向けて今このタイミングでひと息入れてあげましょう。レースを終えて脚元がどうだったりというのはありませんから、ガス抜きをした後にはスムーズに調教を再開できるはずです」(中川公成調教師)
2020/3/20 (中山競馬場)
馬体重:472kg
★3/20(祝)中山 3歳1勝クラス(ダ1800m・混)横山典弘騎手 結果10着

「ジョッキーは『ゲートでも煩さを見せたね。ただ、全体を見てみたなら昇級初戦で内容は悪くない。道中で我慢もできたし、外に出してからはしっかりと脚を使えている。いい経験になったのは間違いないから、これがこの先に生きてくれば』とのこと。これまでと比較して今回はテンションが上がっていたことを考えると、ここでひと息入れてもいいのかもしれません」(中川公成調教師)
2020/3/19 (美浦トレセン)
☆3/20(祝)中山 3歳1勝クラス(ダ1800m・混)横山典弘騎手

17日(水)にWコースで6ハロンから1.3秒先行して併せ、83.8-67.8-53.6-39.6-12.8を強目に追い切りました。「稽古での動きとしてはいつも通りと言っていいでしょう。調教と競馬とでは動きであったりうるささであったりも変わってくるリュードマンなので問題ありません。飼い食いも安定していますし、いい意味で大きな変化がなくレースに向かえていますよね。競馬は上手ですし、これまでも跨っている鞍上なので、当日の競馬はジョッキーにある程度任せてもいいのではないかと思います」(中川公成調教師)
2020/3/13 (美浦トレセン)
12日(木)にWコースで5ハロンから0.6秒先行して併せ、68.0-53.2-39.3-12.9を強目に追い切りました。「終いだけ気合いを入れるようなイメージでの追い切り。しっかり自身の動きというのはできていますよ。調教から抜群に動くというタイプではありませんし、ブリンカーもつけていませんからね。うるささを見せることはあっても、前走から特に状態が落ちることなく安定しているのはいいですね。今週末の沈丁花賞も視野には入れましたがある程度相手関係が揃った印象がありましたので、引き続きノリちゃんでの来週の出走に落ち着きました」(中川公成調教師)
2020/3/6 (美浦トレセン)
5日(木)にWコースで5ハロン69.0-54.2-40.2-12.6を単走で馬ナリに追い切りました。「少し時間を空けてからドッと疲れが出てくることもありますが、リュードマンは前走後から順調に疲れを抜きながら調教を再開できています。飼い食いも落ちるどころか逆に旺盛になっているほどです。うるささというのは出てきていますが、これまでもレースにいっては落ち着いて臨めていますので、その点は過度に気にする必要もないように思えます。再来週のダート1800m戦を目標にしながらも場合によっては来週というのも視野に入れてもいいかもしれません」(中川公成調教師)
2020/2/28 (美浦トレセン)
★2/22(土)東京・3歳未勝利(ダ2100m)横山典弘騎手 結果:優勝

「きっちり結果を出すんだからジョッキーの提案をもとにしての選択がハマりましたね。リュードマンもパドックを落ち着いて周回できていましたし、使われながら成長しているのがありありと感じられます。ノリちゃんもコンスタントにレースに向かうスタイルが合うのではないかと話していて、極端に疲れを見せない限りはそのつもりで進めていってみましょう。昨日から乗り始めてみても問題はありませんので、もう少し進めてから具体的な番組を考えてみます」(中川公成調教師)
2020/2/22 (東京競馬場)
馬体重:472kg
★2/22(土)東京・3歳未勝利(ダ2100m)横山典弘騎手 結果:優勝

「中間乗った時も状態良くなってるのは感じられたし、ここは距離を延ばしてみてはという提案をさせてもらいました。入厩当初はイライラしてたそうだけど、不思議と使いながら落ち着きが出てきて、今日もドッシリと構えてられてたよね。本気を出してないというか、他を気にしながら走っていて、まだ余裕がある分、着差以上に強いと思う。フリオーソ産駒だけど頭数が少ないようだったら芝を試してみてもいいかもしれない。どんな芝でもいいわけではなく、速いのは合わないからこれから始まる中山の2000、1800とか。どんなレース選択をするにしろ、持ってる素材自体は悪くないからしっかり育ててあげればいい成長をするだろうね」(横山典弘騎手)
写真
2020/2/20 (美浦トレセン)
☆2/22(土)東京・3歳未勝利(ダ2100m)横山典弘騎手

16日(日)にWコースで4ハロン57.7-43.3-14.9を単走で馬ナリに追われ、19日(水)にもWコースで5ハロンから1.0秒先行して併せ、70.0-54.7-40.5-13.1を馬ナリに追い切りました。「昨日は3頭併せの真ん中での時計消化で、最後は流しています。ノリちゃんも『レースの時よりも良くなっているね』といいイメージを持ってる様子。稽古での動きについて言うことはありませんが、元々イレ込むところがあるのでテンションが上がらないようにというのは注意しながら進めています。今回はジョッキーの提言もあり距離を延ばしてみますが、挑戦してみる価値は大いにあるのではないでしょうか。まだ幼いところもある中で、レースでもジョッキーに育ててもらいながらというのも結果的に近道になるのではないかとも感じています」(中川公成調教師)
2020/2/14 (美浦トレセン)
12日(水)にWコースで5ハロン70.9-55.5-41.2-13.5を単走で馬ナリに追い切りました。「水曜日は軽めに単走で、動き自体はまずまずといったところ。状態が落ちることもなく変わりなくこれていますよ。今週の出走というのも考えなくはなかったですが、来週の方がより良いパフォーマンスができるのではないかと思います。ノリちゃんは『2100で逃げ切ってみるというのはどうだろうか』なんて話していて、この馬のことは気になってる様子。いずれにしろ京都含めて来週の想定を見ながら最終的には判断するつもりです。京都の場合は頭数割れである必要がありますし、東京でも3節で出れるかどうかというのもありますからね」(中川公成調教師)
2020/2/7 (美浦トレセン)
★2/01(土)東京・3歳未勝利(ダ1600m)横山典弘騎手 結果9着

「スタート良かったですよね。外で運んでも良かったのではないかと思うところはあります。ジョッキーも持っている能力は高く評価してくれていますが、まだまだ子供とも言っていて、その辺りもレースに影響しているのでしょう。もちろん本人の成長に期待する部分はありますが、今回ブリンカー着用のようにこちら側が上手くフォローしながら進めていければと思います。レースを終えて大きなダメージや疲れは感じられません。出馬状況を見ると東京は節を必要とする中、京都でなら出走のチャンスを狙えますので来週、再来週の京都を当面の目標とすることにしました」(中川公也調教師)
2020/2/1 (東京競馬場)
馬体重:470kg
★2/01(土)東京・3歳未勝利(ダ1600m)横山典弘騎手 結果9着

「まだユルいけど、いい収縮力をしていますね。ブリンカーの効果もあってか、スタートも決まって、追い出しのゴーサインへの反応も良かった。結果論ですが、抱える感じで脚を溜めようとしたけど、外に進路を取った方が良かったかもしれませんね。着順は振るいませんでしたが、決して悲観する内容ではなく、フットワークからも能力を感じましたよ」(横山典弘騎手)
2020/1/30 (美浦トレセン)
☆2/01(土)東京・3歳未勝利(ダ1600m)横山典弘騎手

29日(水)にWコースで5ハロンから1.4秒追走して併せ、68.5-53.5-39.9-13.3を強目に追い切りました。「今週も3頭併せの一番後ろから。動く馬を相手に半馬身遅れた程度で、リュードマン自身の動きはできていますし問題ありません。輸送が気になる点はあるものの、相手関係次第では京都というのは選択肢にいれるつもりでありました。ただ、昨日の想定のメンバーを見る限りは東京がベストに映り、頼もしい鞍上も確保できたので、結果的には当初の予定通りの番組に落ち着いています。ブリンカー着用で稽古の動きからも変わってきていますから、本番でもそのままの走りができれば言うことはありません」(中川公成調教師)
2020/1/24 (美浦トレセン)
23日(木)にWコースで5ハロンから1.2秒追走して併せ、66.9-52.6-39.7-13.1を強目に追い切りました。「昨日はブリンカーを着用して追い切りに臨みました。3頭併せの一番後ろからいく形です。これまでも極端に他の馬を避ける様子は見られませんでしたが、前の2頭にスンナリと迫っていてブリンカーをつけた効果が感じられましたね。これであれば本番での着用もプラスに働くでしょう。この中間は一時飼い食いが落ちましたが、歯の生え変わりでうずうずしていたことが原因で、すでにいつも通りよく食べてくれています。調教での動き含めて順調に良くなってきていますので、このまま来週に向かう予定です。上位のジョッキーは既に先約があることからも、ある程度相手や頭数はそろうかもしれません。京都にもダート1800戦が2つ組まれていますし、今週の出馬状況を見る限りは頭数も落ち着いていますので、その辺りも含めて想定を見て決めるつもりです」(中川公成調教師)
2020/1/17 (美浦トレセン)
12日(日)にWコースで4ハロン57.8-43.0-15.0を単走で馬ナリに追われ、16日(木)にもWコースで5ハロンから0.8秒先行して併せ、69.4-54.4-40.4-13.0を強目に追い切りました。「帰厩して一本目だと考えれば悪くはありませんが、昨日の追い切りの率直な感想としてはまだ重ったるいですね。もう少し本数を重ねて次に臨みたいため、来週よりも再来週の出走が現実的ではないかと考えます。周りを気にしながら走るというのは調教の中では見られませんが、ジョッキーの感覚をもとにまずは来週の調教の中でブリンカーを試してみるつもりです。合わない馬はからきし駄目ですからね」(中川公成調教師)
2020/1/10 (美浦トレセン)
ブルーステーブルで順調に調整され、本日10日(金)に帰厩しました。

「昨日ブルーステーブルに様子を見に行き、具合が良さそうなのを確認して本日帰厩させました。短期間の放牧とはいえ、いいリフレッシュになったはずです。前走をふまえて今回は馬具も検討してみようと思ってます。乗り込みながら試していきましょう」(中川公成調教師)
2019/12/27 (ブルーステーブル)
馬体重:470kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。馬体は少し寂しいですし、もう少し張りも出てきてほしい印象なので、フックラさせることを重点に置いて進めています。体のラインが綺麗で良い馬だなと感じますし、まだしっかりしていない部分こそありますが、芯が入ってきたら走りそうですね。トモにもまだ緩さが感じられますので、そういう部分も鍛えていきたいと思います」(担当者)
2019/12/20 (ブルーステーブル)
★12/15(日)中山・2歳未勝利(ダ1800m)大野拓弥騎手 結果6着
この後は美浦近郊のブルーステーブルで調整することになり、18日(水)に移動しました。

「かなり周りの馬に気を遣っていたようですが、調教ではそういった面は見せなかったんですよね。ジョッキーが言うように次はブリンカーを試してみてもいいかもしれません。レースによって大きくどこかにダメージは負っていませんが、入厩からここまで一気にきましたのでこのタイミングでひと息入れます。そう長くは置かずに戻して年明けの中山開催の後半で出走させる予定です」(中川公成調教師)
2019/12/15 (中山競馬場)
馬体重:468kg
★12/15(日)中山・2歳未勝利(ダ1800m)大野拓弥騎手 結果6着

「ポンとゲートは出れたものの、周りを気にしてしまって進んでいけなかった。砂を被ってというより、今日はレースに集中し切れていませんでしたね。バラけてからは直線物凄い脚を使っていたし、この距離でも問題はないです。少し臆病なところがあるので、次は馬具を試してみてもと思います」(大野拓弥騎手)
2019/12/12 (美浦トレセン)
☆12/15(日)中山・2歳未勝利(ダ1800m)大野拓弥騎手

11日(水)にWコースで5ハロンから0.6秒先行して併せ、69.6-53.5-39.1-12.4を馬ナリに追い切りました。「昨日も刺激を与えすぎないようにというのは念頭に置いての時計消化。そこまでやらずとも反応良く動けていて、なかなかだったと思いますよ。三場開催の方が相手関係は落ち着くはずで、稽古での動きも良かったことから今週の出走としました。中京よりは中山が合うでしょうし、ギリギリまでメンバーを見て2つある番組から選択をしたつもりです。一度使っての上積みも感じられますし、何とかいいところを見せてほしいですね」(中川公成調教師)
2019/12/6 (美浦トレセン)
4日(水)にWコースで5ハロンから0.8秒追走して併せ、69.0-54.3-40.1-13.8を馬ナリに追い切りました。「今週より時計消化を再開しています。変に刺激を与えないよう意識して馬ナリで、動きについては問題なし。レースを使ったことによりイレこみがきつくなったりということもありませんね。子供っぽさを残してチャカつくところは変わらずありますけどね。毎週毎週でガラッと出馬状況も変わってきていますので、基本的にはここと番組を決めつけずに想定のメンバーを見て向かうべきところを決めようと思っています」(中川公成調教師)
2019/11/29 (美浦トレセン)
★11/23(祝)東京・2歳新馬(ダ1600m・混)大野拓弥騎手 結果3着

「イレこみを懸念していましたが、競馬場に到着しても大丈夫でしたし、念のためにパドックとレースではメンコを変えて臨みましたが、心配していた面とはいうのは出ませんでしたね。ジョッキーの言ってたように良馬場だったらというのはありますが、デビュー戦の内容としては悪くなかったと思います。レース後にどこかに極端なダメージはありません。あのタフな馬場だったのでさすがに中一週での競馬は可哀想ですので、中二または三週あけて次に向かうつもりです」(中川公成調教師)
2019/11/23 (東京競馬場)
馬体重:468kg
★11/23(祝)東京・2歳新馬(ダ1600m・混)大野拓弥騎手 結果3着

「イレこみを心配していましたが、その必要がないくらいに落ち着いていましたね。ゲートもパッと上手に出てくれましたし、出てから強く砂を被って嫌がりながらも最後まで一生懸命走ってくれています。良馬場であったらとは思いますが、今回の経験は必ずこの先に生きてくるはずです」(大野拓弥騎手)
写真
2019/11/21 (美浦トレセン)
☆11/23(祝)東京・2歳新馬(ダ1600m・混)大野拓弥騎手

20日(水)にWコースで6ハロンから1.1秒追走して併せ、84.9-69.7-55.8-41.0-12.9を直線強目に追い切りました。「馬場が荒れた時間帯だったこともあり時計こそ目立つものではありませんが、稽古でよく動くパートナーについていけて見ているこちらの感触は悪くありません。デビュー戦からしっかり動ける状態にもってくることができたといえますよ。あとは当日落ち着いて臨めればというところ。環境の変化に敏感な面があるので、イレこむことなくレースに行ければいい走りをしてくれるはずです」(中川公成調教師)
2019/11/15 (美浦トレセン)
10日(日)にWコースで5ハロンから0.8秒先行して併せ、69.3-54.4-40.2-13.0を馬ナリに追われ、14日(水)にもWコースで5ハロンから0.8秒先行して併せ、69.9-54.7-39.9-12.4を馬ナリに追い切りました。「今週も相手を先導する形での追い切り。レース経験のある馬を相手によく動けていましたし、全体時計としては目立つものではありませんが、終いは特にいいのではないでしょうか。ここまでとても順調に調整できていますよ。来週はタイミングが合えばジョッキーにも稽古で跨ってもらうつもりです。今週の新馬戦は頭数も割れていましたが、来週は二場となってどれだけ変わってくるかですね」(中川公成調教師)
2019/11/8 (美浦トレセン)
6日(水)にWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、69.0-54.6-40.2-13.0を馬ナリに追い切りました。「水曜には今週デビューする馬を誘導するように先行しての追い切り。時計で見るよりも実際の動きはよく映りましたし、この調子であればデビューを意識してもいいだろうと判断しています。毎週の想定を見る中でも週によってバラツキがあり読めないところはあるのですが、ひとまずの目標は東京最終週としました。ただ、その週は2場開催となりますので、混み合って除外となった場合には翌週の中山となる見込みです」(中川公成調教師)
2019/11/1 (美浦トレセン)
10月27日(日)にWコースで5ハロンから0.9秒追走して併せ、67.8-53.3-38.8-13.4を馬ナリに追われ、30日(水)にもWコースで5ハロンから併せ、70.9-53.3-40.5-13.4を馬ナリに追い切りました。「馬場状態を考慮して木曜に追い切るプランもありましたが、馬場が徐々に回復してきた後半の組だったのもあって、予定通り水曜日に時計消化をおこなっています。最後まで楽な手応えで動けていて良かったですよ。もう少し本数を重ねていく必要はありますが、このままのペースで順調にいければ東京開催のうちにデビューを迎えられるでしょう」(中川公成調教師)
2019/10/25 (美浦トレセン)
20日(日)にWコースで5ハロンから併せ、74.5-58.2-43.9-14.5を馬ナリに追われ、24日(木)にもWコースで5ハロンから0.2秒併せ、72.2-55.8-41.7-13.7を馬ナリに追い切りました。「いよいよ時計消化を開始しました。これくらいのペースであれば楽に動けますね。ゲート練習でまいってしまっている様子もなく、現時点では調教のペースアップにも対応できていますので、このままデビューに向けて進めていって問題ないでしょう。本数をこなしていきながら具体的な目標を定めていきます」(中川公成調教師)
2019/10/18 (美浦トレセン)
18日(金)にゲート試験を受験し、無事に合格しました。

「ゲート練習を積んできた甲斐もあり前扉が開いた時の反応も先週に比べて良くなっていましたので、本日試験を受けて無事にパスしました。これまでは飛び出してからモタモタするところもあったのですが、本番ではしっかりと決めてくれていて悪くないんじゃないでしょうか。今のところ練習を重ねてきてしんどそうには映りませんが、他の馬と比べると練習後はイレこんでますよね。入厩まもない頃に発汗が目立ったことも含めて気性的なものなのでしょう。もうしばらく様子を見ながら今後のスケジュールを考えていきます」(中川公成調教師)
2019/10/11 (美浦トレセン)
「入厩してきた当初は新しい環境のためか発汗が目立ちましたが、今週には落ち着いており新しい場に馴染んできたといっていいでしょう。坂路とダートコースを使った乗り込みとゲート練習を中心としたメニュー。予定通りに手動から機械での扉の開閉に段階を進めて、徐々に反応できるようになってきているところです。この調子で進められたら来週には試験を受けてみてもいいかもしれませんね」(中川公成調教師)
2019/10/4 (美浦トレセン)
ノルマンディーファーム小野町で順調に調整され、2日(水)に美浦・中川公成厩舎に入厩しました。

「まずは新しい環境に慣れさせながら、デビューに向けての第一歩であるゲート試験合格を目指して練習を開始。素直にゲートに向かって行きますし枠内での駐立も大人しくしています。手動での扉の開閉は問題なさそうなので、来週はさらに段階を進めて機械での開閉をおこなう予定です。ここまでの流れとしては順調といえるのではないでしょうか」(中川公成調教師)
2019/9/27 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:465kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整しています。引き続き、週2回の追い切りを織り交ぜながら順調に進めています。相変わらず走りに力強さが感じられますが、更に馬体重が増えてくればグッと良くなりそうな気配。近日中に入厩予定とのことなので、こちらでは現状メニューを継続して態勢を整えていきます。
写真
2019/9/20 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:462kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整しています。相変わらず順調そのもの。もう一回りシルエットを大きく見せてくれてもいい体ですが、追い切りでは力強いフットワークで坂路を駆け上がっています。欲を言えばもう少し脚の回転が上がってきて欲しいところなので、スピード調教に重点を置いて進めていこうと考えています。
2019/9/13 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:466kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。追い切りでも真っすぐ走れていますし、動きもパワフルで、調教に関しては特に問題ありません。食べたものが身になりにくく、お腹回りはまだ寂しく映りますが、肩回りやトモなどはひと回り大きくなった印象です。ただ、無駄肉が付きにくいタイプとはいえ、これからどんどん負荷を強めていくためにも、やはりお腹にはもう少し余裕があっていいように思います。強い調教と楽をさせるところのメリハリをつけながら進めていきます。
2019/9/6 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:467kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整しています。今週3日(火)より追い切りを開始しました。最初からそこそこ動けていたので、本日6日(金)は終いを伸ばしてみたところ、切れる脚というよりは力強く最後までジワジワといった感じで、パワータイプの走りを披露。素直な性格なので、追い切りに関しても何も注文をつけるところはありません。ただ、今後もコンスタントに速いペースをおこなっていくためにも、もう少し馬体を増やしたい考えです。
2019/8/30 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:475kg
現在は馬場1周と坂路2本を17~18秒ペースのメニューで調整しています。先週と同様のメニューで進めていますが、坂路での動きも上々で、しっかりと地面を捉えるパワフルな走りを見せています。乗り手とのコンタクトも優秀で、操作性も問題なし。体つきもいい具合にフックラしていて、体調面も良さそうです。今週末または来週はじめに15-15程度の追い切りを開始して、どんどん負荷を強めていきたいと思います。
写真
2019/8/23 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:484kg
現在は馬場1周と坂路2本を17~18秒ペースのメニューで調整しています。調教をおこなっていくうえで、今のところ何の問題もありませんし、素直な馬。ここまで順調なことから、本日23日(金)より坂路主体のメニューへと切り替えて進めています。大人しいこともあり、なかなか特徴は掴みづらいですが、この後もスムーズに進めていけそうです。
2019/8/16 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:472kg
現在は馬場2周と坂路1本を18~20秒ペースのメニューで調整しています。予定通り10日(土)より騎乗を開始し、初日は軽めのキャンターまでおこないました。輸送で減った馬体重も回復傾向にあり、環境の変化に戸惑っている雰囲気も感じられないので、このまま進めていけそうです。今週からは坂路も1本登坂。この後も問題ないようであれば、どんどんピッチを上げていく予定です。
2019/8/9 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:464kg
今後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整を進めていくことになり、7日(水)に移動しました。

現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。輸送熱などの異常もなく、7日(水)深夜に無事こちらへ到着しています。飼い葉食いも安定しており、明日10日(土)から騎乗を開始する予定です。
2019/7/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:480kg
現在は坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間より週2回は15-15のペースで登坂させています。今月の計量では20kgほど増えていますが、元々が無駄肉の付きづらい体型の持ち主で、これでもまだスッキリと映ります。数日前から気温がグンと上がってきましたから、体調管理には留意しながら乗り込みを継続していきます」と話していました。
写真
2019/7/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本を18秒ペース(週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。外傷明けから順調に乗り込んでおり、不定期ながらハロン15秒台までペースアップする日もあります。立ち上げ時は多少緩んでいる印象を受けましたが、乗り込みを重ねて徐々にシャキッとしてきました。今後は定期的に速めのメニューを取り入れながら、負荷を強めていきます。
2019/6/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:460kg
現在は坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「左前外傷箇所も完治したため、トレッドミル運動から立ち上げ、24日(月)より騎乗を再開しました。初日は走りたくてウズウズしている様子でしたが、現在は平常心で調教に臨むことができています。小休止を挟む形になったものの、いい意味でフックラとした体つき。これから徐々に元のペースへ戻していきます」と話していました。
写真
2019/6/15 (ノルマンディーファーム)
現在はパドック放牧をおこなっています。定期的に15-15のメニューを消化しながら順調に乗り込んでいましたが、この中間の放牧中に左前を外傷したため、一旦小休止を挟んでいます。傷自体は軽度のものですが、完全に乾いてくるまでは調教を控える方針です。なお、11日(火)に中川公成調教師が来場し、馬体と歩様のチェックをおこなっています。
2019/5/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:455kg
現在は坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「速いところを進める日は3頭併せで調教をおこなっていますが、手応えも良く体力が向上している様子が窺えます。日中は放牧地で青草を摂取させているため、多少水っぽさがあるものの、体の張りや毛ヅヤは日増しに良化しており、これから良質な筋肉へと変わっていくことでしょう」と話していました。
写真
2019/5/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。引き続き週2回は15-15を消化しており、無駄にテンションが上がることもなく、前向きな走りを披露しています。父フリオーソの主戦場はダートでしたが、体つきや動きを見るかぎり素軽さがあってオールラウンドにこなしそうなタイプ。もう少し乗り込んでいけば、グンと横幅が伴ってくると思います。
2019/4/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:448kg
現在は坂路2本を18秒ペース(週1~2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間もハロン15秒ペースのスピード調教をおこなっていますが、徐々に馬体が絞れて身のこなしに素軽さが出てきました。気温が上昇し、汗を良く掻くようになってからは毛ヅヤがグンと冴えてきましたし、筋肉の輪郭もハッキリと見えます。これから初夏にかけて馬が変わってくる時期ですから、成長を促しつつ更なる体力の向上を目指していきます」と話していました。
写真
2019/4/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本を18秒ペース( 週1~2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。引き続き週1~2回はハロン15秒ペースで元気良く駆け上がっていますが、前へ進もうとする気持ちが強いため、横からの動きを見るとスピード感があります。冬毛がほとんど抜けて毛ヅヤも冴えてきており、これから心身ともに益々充実していくことでしょう。
2019/3/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:464kg
現在は坂路2本を18秒ペース(週1~2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「徐々に体力強化が実感できるため、この中間より終い重点ながらハロン15秒台のメニューを取り入れています。まだ若干ハミに頼る傾向にあるものの、ひと頃よりは重心が後ろめになってきている印象。継続的に鍛えて後躯にしっかりと力が付いてくれば、走りのバランスがもっと良くなるでしょう」と話していました。
写真
2019/3/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(上限20~23秒ペース)のメニューで調整しています。引き続きフォーム改善に重点を置き、上体を起こしながら坂路を登坂させています。普段は穏やかな性格ですが、いざ調教に臨むといい意味でスイッチが入り、走ることに対して前向き。競走馬にとって大きな武器となるはずですから、今後も気持ちと体がしっかりと連動するように取り組んでいきたいと考えています。
2019/2/28 (ノルマンディーファーム)
馬体重:465kg
現在は坂路2本(上限20~23秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「まだ後躯の力が不足しているからでしょうか、どうもハミに頼ってしまい、前のめりの走りになりがちです。ペースは若干セーブして意図的に上体を起こすようにしていますが、根気良く教育していけばフォームも変わってくるでしょう。いい素質を感じるだけに、焦らずに取り組みたいと考えています」と話していました。
写真
2019/2/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(ハッキング)のメニューで調整しています。この中間も脚元や体調面の不安はなく、順調にトレーニングをおこなっています。勾配がキツい部分にさしかかるとモタれ気味になる点が課題ですが、体力面を含め基礎がしっかりと固まってくれば、ゴールまでブレのない走りを繰り出せるようになると思います。引き続き丹念に乗り込み、中身の充実を目指していきます。
2019/1/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:468kg
現在は馬場1周と坂路2本(ハッキング)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「年明けに軽い挫石を発症し、2週間ほど小休止を挟みましたが、下旬より騎乗調教を再開しています。まだ背腰に力が付き切っていないため、乗り込みを継続していくと背中が張りやすい傾向にありますが、毎日ケアして疲労の蓄積を防いでいます。いかにもダート適性の高そうな造りをしていますし、もう少しハミ受けが安定してくれば走りの質は高まってくるでしょう」と話していました。また、29日(火)に来場した中川公成調教師は「前回視察した時より馬が大きく見えます。雰囲気も上々ですし、まだまだ良くなりそうです」と話していました。
写真
2018/12/28 (ノルマンディーファーム)
馬体重:466kg
現在は夜間放牧と併行しながら、馬場2周と坂路1本のメニューで調整しています。騎乗担当者は「オカダスタッドから14日(金)に移動してきました。向こうで馴致を済ませてきたため、数回試し乗りをおこなってから本馬場へ入れています。鞍を置き腹帯を締める際にピクッと反応していましたが、今は嫌がる素振りも見せていません。見た目から受ける印象以上にパワーがありますし、これからどんどん変わってきそうな馬だと思います」と話していました。なお、この中間に中川公成調教師が来場し、馬体と歩様のチェックをおこなっています。
写真