現在表示しているページの位置

パラダイムチェンジ
牡馬 鹿  2017/1/26生
カタログPDF

父:タイムパラドックス × 母:ヴイプラド(母の父:El Prado)

生産:新ひだか・岡田スタッド  所属:南関東・今井輝和厩舎

  •  
  •  
総口数 100口 募集総額 880万円
募集状況 満口 1口出資額 88,000円

近況

詳細

2021/7/23 (ゴリンファーム)
馬体重:486kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター5000mのメニューで調整中です。先週末に15-15、今週はじめに20-20を消化していますが、走るリズムが良くなってきています。19日(月)には今井調教師が確認していきました。飼い葉食いは良いのですが、欲を言えばもう少し体重を増やしたいと考えています」(担当者)
2021/7/16 (ゴリンファーム)
馬体重:483kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター5000mのメニューで調整中です。今週は馬場があまり良くなかったので、速いところはおこなわずに、長い距離を乗り込んでカバーしています。元気は有り余っている感じですし、来週は天気が良さそうなので、時計消化を織り交ぜながら進めていくつもりです」(担当者)
2021/7/9 (ゴリンファーム)
馬体重:486kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター4500mのメニューで調整中です。6日(火)に20-18を消化しています。本当はもう1本速いところを消化したかったのですが、馬場が悪かったので1本のみになってしまいました。先週から更に良くなってきましたし、このまましっかり負荷を掛けていきます」(担当者)
2021/7/2 (ゴリンファーム)
馬体重:486kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター4500mのメニューで調整中です。この中間から調教量を増やしていて、火曜日には少し速いところを消化しています。大分体の状態が良くなってきましたが、もう少しバランスが良くなってきそう。様子を見ながら進めていきたいと思います」(担当者)
2021/6/25 (ゴリンファーム)
馬体重:485kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター4000mのメニューで調整中です。まだ時計は出さずに長めをじっくりと乗り込んでいます。右トモに緩さを感じますし、左手前が苦手で少し不器用なところがあります。そういう面の改善しつつ、良化を促していきたいと思っています」(担当者)
2021/6/18 (ゴリンファーム)
馬体重:482kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター4000mのメニューで調整中です。徐々に良化が見られることから、今週より調教進度を上げて乗り込んでいます。体調面も良くなってきましたし、この感じであれば徐々にピッチを上げながら乗り込んでいっても良さそう。様子を見ながらペースアップの判断をしていきます」(担当者)
2021/6/11 (ゴリンファーム)
馬体重:480kg
「現在は丸馬場で30分の騎乗運動で調整中です。今週も先週と同様のメニューで進めています。距離にしたらまだ2000m超という感じですが、大きな問題もなく乗り込めているところ。徐々に脚捌きが軽くなってきましたし、フットワークも良くなってきましたよ。もう少し様子を見た後に、ペースアップしていきたいと考えています」(担当者)
2021/6/4 (ゴリンファーム)
馬体重:475kg
「現在は丸馬場で30分の騎乗運動で調整中です。テンションが大分落ち着いてきたことから、今週より乗り運動を始めています。飼い葉をしっかりと食べるのですが、体重が増えてこないあたり、まだ先週までの感じを引きずっているのかもしれません。ペースアップのタイミングは、様子をよく見ながら判断していきたいと思います」(担当者)
2021/5/28 (ゴリンファーム)
馬体重:477kg
「現在は1時間のウォーキングマシンの運動で調整しています。まだ少しカリカリしたところを見せていますが、体は大分楽になった様子。少しずつ動かし始めていますよ。ゆったりさせながら余裕を持って進めていきたいところ。様子を見ながら騎乗運動に移行できればと考えています」(担当者)
2021/5/21 (ゴリンファーム)
馬体重:472kg
「現在は舎飼にとどめて様子を見ています。疲れが溜まっていると聞いていましたが、入場後も覇気がなく、体が少し細く見える現状。早速、先週末に笹針治療をおこなっています。右トモが特に悪かった感じですが、体は大分楽になった様子です。まずは体重を戻していきたいところですが、この感じなら来週半ばからウォーキングマシンの運動を始められそうです」(担当者)
2021/5/14 (ゴリンファーム)
この後は千葉県・ゴリンファームで調整することになり、本日14日(金)に移動しました。

「2回川崎開催(5/24~)での出走を目標に据えてはいましたが、季節の変わり目ということも影響しているのでしょうか、ここに来て溜まっていた疲れがドッと出てきてしまったようです。歩様に関しては特に問題ないものの、ハッキングキャンターでトモがついてこないですね。運動開始時に、時折つまづいてしまう場面もありました。昨年夏からコンスタントに11戦に出走してきましたから、ここでの小休止は致し方のないところでしょう。7月以降もB3クラスのままですから、焦る必要はないですよね」(今井輝和調教師)
2021/5/7 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「今週からは若干ペースを上げて騎乗運動をおこなっていますが、それでも状態を整える程度。思ったほど調子が上がってこないため、あまり急かさない方が良さそうです。目標の2回川崎開催(5/24~)まで中2週となりますが、もう少しの間は状態優先で進めさせてもらいます」(今井輝和調教師)
2021/4/30 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「疲労回復を優先に軽めの調教メニューで進めていますが、そこまで大きなダメージはなく、許容範囲内といったところですね。歩様に硬さは残るものの、先週と比べて良化傾向にありますし、もう1週間もすれば問題なく改善されると思います。2回川崎開催(5/24~)での出走に向けて、その辺りからピッチを上げていけば、間隔的にもちょうどいいのではないかと考えています」(今井輝和調教師)
2021/4/23 (川崎競馬場小向厩舎地区)
★4/20(火)川崎・プロキオン賞 B2B3選定馬(ダ2000m)左海誠二騎手 結果4着

「大崩れなく、堅実に走れるようになりましたね。獲得賞金もあと少しで1,000万円です。レース後の状態ですが、デキ落ちといった感じは見受けられないものの、歩様が硬いですね。ここに来てのローテーションがこたえているのでしょう。まずはダメージを抜くことに注力したいと思います。次走は2回川崎開催(5/24~)を予定したいと考えていますが、中4週の間隔がありますので、回復にもたっぷりと時間を割けますからね。出走態勢は整えられると思います」(今井輝和調教師)
2021/4/20 (川崎競馬場)
馬体重:483kg
★4/20(火)川崎・プロキオン賞 B2B3選定馬(ダ2000m)左海誠二騎手 結果4着

「勝ち馬は中央2勝クラスでの入着実績を持つ実力馬で、前走もアッサリの競馬をして、今日は単勝1.9倍の圧倒的1番人気に支持されていました。1頭違った感じで、横綱相撲での競馬。仕方ありません。ただ、上り3ハロン最速(38.8秒)はパラダイムチェンジでした。それだけに、2着からハナ+ハナ差の4着は余計に悔しいですね。また、5着馬に並ばれるかなと思った瞬間、グイっとひと伸びしてくれました。間違いなく、次につながると思います。鞍上の左海誠二ジョッキーも『末脚がたくましくなりましたね。勝負根性も感じましたし、このまま無事にいけばB1クラスでも通用しそうですよ』と頼もしいコメントをくれました」(今井輝和調教師)
2021/4/16 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「来週の開催2日目、4/20(火)川崎・プロキオン賞 B2B3選定馬(ダ2000m)での出走を予定。昨日4/15(木)に5ハロンから69.7-53.3-39.3の時計で最終追い切りを済ませました。レース間隔が詰まり気味ですが、追い切りでしっかりと動いて、本番でも力を出し切ってくれるところがパラダイムチェンジの持ち味。今回も大崩れすることなく、好勝負に持ち込んでくれることを期待しています」(今井輝和調教師)
2021/4/9 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「先週末から軽めに騎乗を再開し、現在は普通キャンターを乗っています。次走は4/20(火)川崎・プロキオン賞 B2B3選抜馬(ダ2000m)が目標。前走の浦和戦と同条件となり、再度B2クラスの格上馬たちも相手になりますが、ここも展開ひとつでチャンスは十分あるはずです。来週後半にサッと1本追い切ってレース本番に臨みましょう」(今井輝和調教師)
2021/4/2 (川崎競馬場小向厩舎地区)
★3/31(水)浦和・花見月特別 B2B3選抜馬(ダ2000m)左海誠二騎手 結果2着

「どこまで通用するか半信半疑の部分がありましたし、道中では一瞬、追走一杯かとヒヤッとしましたよ。それにしても、B3クラスでの昇級緒戦からアタマ差の2着に食い込めたのですから、相手なりに崩れず走れるのは魅力ですよね。今後もひと脚使える強みを生かしての競馬を心掛けたいと思います。中2週で1回川崎開催(4/19~)での出走を予定しましょう」(今井輝和調教師)
2021/3/31 (川崎競馬場小向厩舎地区)
馬体重:482kg
★3/31(水)浦和・花見月特別 B2B3選抜馬(ダ2000m)左海誠二騎手 結果2着

「惜しかったですね。B3クラスでの昇級緒戦、そのうえ格上のB2クラスとの混合戦でしたが、勝ち馬にアタマ差まで迫りました。斤量2kgのハンデがあったとはいえ、C1クラスを卒業するのにモタモタしましたから、今日は負けたとはいえ通用の目処が立ち、安心しましたよ。鞍上の左海誠二ジョッキーは『重々わかっていることですが、直線が短かったですね。最後の脚色は勝ち馬より優っていたのではないでしょうか。一気に全体のラップが上がり、瞬発力が要求される場面で置かれてしまいましたが、渋太くひと脚が使えるようになりましたね』と話していました」(今井輝和調教師)
2021/3/26 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「来週の3/31(水)浦和・花見月特別 B2B3選抜馬(ダ2000m)に申し込んでいます。先週の追い切り、今週の中間の状態からも、B3クラスでの昇級緒戦、そのうえ格上のB2クラスとの混合戦とはなりますが、前向きに出走を検討していますよ。明日3/27(土)に追い切りをおこなってみて、最終的に出否を決めましょう」(今井輝和調教師)
2021/3/19 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「当初は1回川崎開催(4/19~)を目標にじっくり進めるつもりでしたが、この中間もデキ落ちはなく状態をキープしていることから、13回浦和開催(3/29~)、1回浦和開催(4/01~)での出走を視野に入れています。それを見据えて、本日3/19(金)には小向の調教馬場で5ハロン71.3-54.7-39.7の時計を出しており、動きに気になるところもありません。浦和を使って中2週で川崎というローテーションを想定しています」(今井輝和調教師)
2021/3/12 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「他場での出走も視野に入れていましたが、昨夏からほぼ自場開催ごとに使ってきましたので、ここで少しレース間隔を空けることにしました。次走は1回川崎開催(4/19~)を目標に進める予定です。それまでにまだ時間もあることから、じっくり調整を進めていきたいと思います」(今井輝和調教師)
2021/3/5 (川崎競馬場小向厩舎地区)
★3/01(月)川崎・プリマヴェーラ賞 C1選定馬(ダ2000m)左海誠二騎手 結果:優勝

「川崎ダ2000m戦の自身の持ち時計を2.3秒と大幅に詰めることに成功しました。じっくりと腰を据えてパラダイムチェンジと向き合ってきた成果だと思います。また、今後のレース選択の幅が広がったことは言うまでもありません。この勝利でB3クラスに昇級しますが、相手なりに走れる安定感は抜群ですから、好勝負してくれると思います。1回川崎開催(4/19~)に続戦しますが、状態次第では浦和や船橋開催での出走も視野に入れましょう」(今井輝和調教師)
2021/3/1 (川崎競馬場)
馬体重:490kg
★3/01(月)川崎・プリマヴェーラ賞 C1選定馬(ダ2000m)左海誠二騎手 結果:優勝

「ゆったりと競馬させることでの変わり身を求めて、昨年9月以来の2000m戦に挑みましたが、この選択が大正解でした。鞍上の左海誠二ジョッキーは『距離延長の一戦でしたが、C1クラスのマイル戦ではテンに行けていませんでしたし、そのうえ今回は少頭数の大外枠。揉まれることなくマイペースで運べたことが、勝因のひとつだと思います。最後の最後で前を交わした感じですが、内容的には横綱相撲。最終コーナーで4頭の叩き合いを、内からこじ開けたわけですからね』と話してくれました」(今井輝和調教師)
2021/2/26 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「先週2/20(土)に小向の調教馬場にて5ハロン67.5-51.5-38.2の時計をマーク。また、昨日2/25(木)には同じく小向の調教馬場で最終追い切りをおこない、4ハロン56.1-38.3を脚色一杯の内容で計時しています。距離についてはいくつか選択肢があったものの、勝ちきれない競馬が続いているので、今回は久々に2000mへ戻してみることにしました。昨夏に休み明けでこの距離を2戦使ったときとは状態も違うと思いますし、変わり身を期待して3/01(月)川崎・プリマヴェーラ賞 C1選定馬(ダ2000m)に左海誠二騎手で向かいます」(今井輝和調教師)
2021/2/19 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「今週頭の激しい降雨の影響で小向は馬場が悪く、川崎競馬場の本馬場にも連れていけてはいないのですが、ビッシリやる必要もないため、調整過程に影響はありません。再来週から始まる14回川崎開催(3/01~)に向けて、近いうちにサッと時計を出したいと考えており、場合によっては明日2/20(土)に追い切る予定です」(今井輝和調教師)
2021/2/12 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「本日2/12(金)に5ハロンから72.6-56.2-41.0の追い切りを掛けています。前走後はじめて時計を出しましたが、コンスタントに使ってきていますし、あまりビッシリと攻める必要はなさそうですね。目標の14回川崎開催(3/01~)に向けて、上手く加減しながら調子を整えていきたいと思います」(今井輝和調教師)
2021/2/5 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「この中間から軽めの騎乗運動を再開していますが、大型馬でいつもながら疲労が残りやすいため、まずは疲れを取ってあげることに専念しています。それに、ここまで使い詰めできているので、14回川崎開催(3/01~)というローテーションは理想的ではないでしょうか。1月に2回使っていますし、来週後半あたりから徐々にピッチを上げていこうと考えています」(今井輝和調教師)
2021/1/29 (川崎競馬場小向厩舎地区)
★1/28(木)川崎・C1(一)(二)(三)(ダ1500m)左海誠二騎手 結果5着

「前走の勝ち馬に逆転の可能性も感じていただけに、今回の結果は本当に悔しいですね。大崩れすることなく、堅実に走ってくれているのですが、求められているのはもっと上のレベルですから。次回の地元開催である14回川崎開催(3/01~)まで中4週。十分に時間がありますので、立て直しを図りたいと思います」(今井輝和調教師)
2021/1/28 (川崎競馬場)
馬体重:483kg
★1/28(木)川崎・C1(一)(二)(三)(ダ1500m)左海誠二騎手 結果5着

「前走と同じ時計(1.35.9)で走れていれば、再度勝ち馬に肉薄することが出来たのですが。1~2コーナーにかけて外に出し、向正面から進出を開始。そこまでは良かったのですが、パラダイムチェンジの内にいた馬が外に外に張ってきて進路をカット、減速せざるを得ない不利を受けてしまいました。流れに乗り切れず置かれてしまったのですが、直線で盛り返してよく挽回してくれたと思います」(今井輝和調教師)
2021/1/22 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「当初からの予定通り、今週の1/18(月)に5ハロンから75.4-58.6-43.1の時計で追い切りました。全くの馬ナリでしたが、しっかりとしたフットワークでラップを詰めていくことが出来ましたね。来週の1/28(木)川崎・C1(一)(二)(三)(ダ1500m)での出走を予定しましょう。鞍上は引き続き左海誠二ジョッキーです。もう順番でしょうし、スカッと決めたいところですね」(今井輝和調教師)
2021/1/15 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「痛いところはないのですが、全体的に疲労が抜け切れていないようですね。あくまで13回川崎開催(1/25~)での出走が目標ですが、まずは時計を出してみて、その際の動きを含めた内容で出否を決めたいと思います。週明け1/18(月)の追い切りを予定しています」(今井輝和調教師)
2021/1/8 (川崎競馬場小向厩舎地区)
★1/03(日)川崎・千客万来賞 C1(一)(二)(ダ1500m)左海誠二騎手 結果2着

「4勝目まであと少しでしたね。2着の賞金が加算されても、次走も現状のC1クラスでの出走になりますから、引き続き期待できると思います。この勢いに乗って今月末の13回川崎開催(1/25~)に向かいたいところですが、昨年8月から通算7戦に出走しました。そのうえ、今回も一生懸命に走っていますし、そろそろ疲労のピークが来てもおかしくありませんので、コンディションをしっかりと見極めたいと思います」(今井輝和調教師)
2021/1/3 (川崎競馬場)
馬体重:482kg
★1/03(日)川崎・千客万来賞 C1(一)(二)(ダ1500m)左海誠二騎手 結果2着

「馬群が縦長となりバラけたことで、展開が向いてくれました。とはいえ、勝ち馬をアタマ差まで追い詰めましたからね。昨年9月以来の1500m戦、大外8枠14番とマイナス要素が揃っていましたから、パラダイムチェンジを熟知している鞍上の左海誠二ジョッキーの手腕によるところは大きいでしょう。上り3ハロンは出走メンバー中の最速をマーク。力強い伸び脚だったと思います。あと10mあれば差し切っていたかもしれませんね」(今井輝和調教師)
2020/12/25 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「来年元旦からの12回川崎開催(21/1/01~)での出走を予定。中1週での競馬になりますので、直前にサッと3ハロンから軽めの追い切りをおこない、本番にスタンバイします。年明けの降級はなく依然C1クラスのままですが、変わらず力を出してくれるタイプですので、崩れることはないでしょう。あとはB3クラスからの降級組の頭数が同じレースにどのくらい揃うか、相手関係だけですね」(今井輝和調教師)
2020/12/18 (川崎競馬場小向厩舎地区)
★12/16(水)川崎・川崎競輪郡司浩平KEIRIN GP杯 C1(一)(二)(三)(ダ1600m)左海誠二騎手 結果4着

「一生懸命に頑張って走って、堅実な成績を残してくれてはいるのですが。やはり、勝利を挙げるには、前半でいかに前目のポジションを取り、流れに乗るかでしょう。ただ、一戦一戦少しずつレース振りが進化してきて、今回も新境地を開いてくれたような気がしますね。来週前半までは軽めの運動で様子を見て、コンディションに問題がなければ、毎年の年始恒例となっている12回川崎開催(21/1/01~)に向かいたいと思います」(今井輝和調教師)
2020/12/16 (川崎競馬場)
馬体重:482kg
★12/16(水)川崎・川崎競輪郡司浩平KEIRIN GP杯 C1(一)(二)(三)(ダ1600m)左海誠二騎手 結果4着

「鞍上の左海誠二ジョッキーは『向正面でゴチャゴチャしてしまって、上手くスペースを探して捌けていれば、直線で大外に出す必要はなかったと思います。上位とももう少し際どい勝負になっていたかもしれません。申し訳ありませんでした』と話していました。14頭立てと頭数が多かったのは事実で、スタートから出していってくれてはいるのですが。十分な見せ場はあったと思いますし、上り3ハロン最速タイの38秒9の脚が使えたことは次につながるはずです」(今井輝和調教師)
2020/12/11 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「来週12/16(水)川崎・川崎競輪郡司浩平KEIRIN GP杯 C1(一)(二)(三)(ダ1600m)を予定。本日12/11(金)に5ハロンから70.0-53.2-39.2の時計で追い切りました。12/7(月)にも4ハロン54.7-40.0を一杯に追い切っています。上積みという点は薄いものの、もともと状態の変動が少ないタイプですし、実戦でも手を抜くことなくきっちりと走ってくれるので、態勢は万全と言ってもいいと思います。昨年はこの開催からの使い出しで、ポンポンと2連勝を挙げることが出来ました。条件は違えど、今年も毎年恒例のお正月開催の12回川崎開催(21/1/1~)に弾みをつけたいですね」(今井輝和調教師)
2020/12/4 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「予定通りに先週11/28(土)に川崎競馬場の本馬場に移動し、4ハロン55.4-40.5の時計で追い切りました。これまでと同様の時計で馬ナリですからね。馬体も大きく見せていますし、好調子をキープしているといったところでしょうか。11回川崎開催(12/14~)に向かいましょう」(今井輝和調教師)
2020/11/27 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「この中間は小向の調教馬場にて普通キャンターで調整。3000~4000mの距離を乗り込めています。来月の地元11回川崎開催(12/14~)での出走を予定し、そろそろペースアップしていきますね。明日11/28(土)に3ハロンから時計を出しましょう。次で休み明けから6戦目で年内最終出走となるでしょうから、結果を出していい形で年を越したいですね」(今井輝和調教師)
2020/11/20 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「復帰して目一杯の競馬を5戦消化してきましたが、コンディションは安定していますね。それなりの疲労は見え隠れするものの、このまま在厩して次走を予定しても問題ないと思います。来月の地元11回川崎開催(12/14~)での出走を予定しましょう。来週より馬場入りしての普通キャンターをおこなっていきます」(今井輝和調教師)
2020/11/13 (川崎競馬場小向厩舎地区)
★11/12(木)川崎・白妙菊賞 C1(一)(二)(三)(ダ1600m)町田直希騎手 結果5着

「掲示板は死守しているものの、歯がゆい競馬で申し訳ありません。そろそろ先頭でゴールインするところをお見せしないといけませんね。昨日の今日ですが、シャキッとしていますよ。飼い葉もしっかりと食べていますし、次走に向けて来週早々から立ち上げていけると思います」(今井輝和調教師)
2020/11/12 (川崎競馬場)
馬体重:480kg
★11/12(木)川崎・白妙菊賞 C1(一)(二)(三)(ダ1600m)町田直希騎手 結果5着

「前目のポジションを取るために出していってはいるのですが、外の馬が速くて内に切れ込まれて。あと一列前が欲しいですよね。上り39秒台の脚で走れているだけに、余計にそう思います。他場から遠征してきた7連勝馬を含めてまずまずのメンバーが揃ったなかで、大崩れしませんでした。長くいい脚を使って追い込んでこれたことは、今後への収穫だと感じています」(今井輝和調教師)
2020/11/6 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「来週11/12(木)川崎・白妙菊賞 C1(一)(二)(三)(ダ1600m)での出走を予定。本番から逆算して中4日の明日11/7(土)に最終追い切りをおこないます。復帰5戦目となりますので、このあたりでバシッと結果を出したいですね。ベストと思えるマイル戦ですし、前走では脚質にも幅が出てきた印象を受けました。ただ、スパッという脚は使えないので、やはり前々で自分から動いての積極的な競馬をしたいですね」(今井輝和調教師)
2020/10/30 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「本日10/30(金)に川崎競馬場に移動し、本馬場にて5ハロン69.0-53.0-38.3を強めに追い切りました。気合いを乗せる感じである程度の負荷を掛けましたが、それに呼応するようにしっかりと動けたと思います。涼しくなり体も楽になってきたのでしょうが、逞しく映りますね。来週は体調を整える程度の追い切りをおこない、10回川崎開催(11/09~)での出走に備えたいと思います」(今井輝和調教師)
2020/10/23 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「今週一杯は軽めのメニューで調整。今回で復帰4戦を消化していますから、疲労を取り切ってあげることが一番です。飼い葉食いも安定してきたことですし、来週より立ち上げていきましょう。それでも10回川崎開催(11/09~)での出走には十分間に合うと思いますよ」(今井輝和調教師)
2020/10/16 (川崎競馬場小向厩舎地区)
★10/14(水)川崎・「かながわコロナ医療・福祉等応援基金」支援 C1(一)(二)(三)(ダ1600m)和田譲治騎手 結果3着

「こちらで連勝をしてくれたレースのように、もちろんハナもしくは番手での競馬がベストに変わりはないと思います。ただ、今回の一戦をきっかけとして、新たな面を引き出せたかもしれません。脚質に幅が出てきてくれれば、展開に大きく左右されずにすみますからね。レース後の上り、本日のコンディションも問題ありませんので、10回川崎開催(11/09~)での出走を予定しましょう」(今井輝和調教師)
2020/10/14 (川崎競馬場)
馬体重:483kg
★10/14(水)川崎・「かながわコロナ医療・福祉等応援基金」支援 C1(一)(二)(三)(ダ1600m)和田譲治騎手 結果3着

「8頭立てで、超がつくスローペースの展開。結果論ですが、パラダイムチェンジのワンペースの脚質からすると、勝ち馬の前に位置できていれば、もっと際どい勝負に持ち込めたかもしれませんね。テン乗りとなった鞍上の和田譲治ジョッキーが、スタートがいま一つだったことで、ハナにこだわることをやめ、折り合い重視で上手く壁をつくって脚を溜め、直線勝負に懸けました。この戦法はきっと次につながってくれると思いますし、現状、このマイル戦がベストディスタンスかもしれません」(今井輝和調教師)
2020/10/9 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「川崎競馬場の本馬場で、10/4(日)に3ハロン40.2を、昨日10/8(木)にも4ハロン52.7-38.0を一杯に追い切りました。次走が10/14(水)川崎・「かながわコロナ医療・福祉等応援基金」支援 C1(一)(二)(三)(ダ1600m)を予定しているので、本番4日前の明日10/10(土)に最終追い切りをおこなうのが通常のパターンなのですが、台風の接近では致し方のないところでしょう。その分、小向調教場の馬場でしっかりと乗り込んでおきます。次で休み明け4戦目になりますが、まだまだ上積みを感じていますので、接戦に持ち込めると思いますよ」(今井輝和調教師)
2020/10/2 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「9/29(火)に川崎競馬場に移動し、本馬場にて5ハロン72.3-55.8-41.2を馬ナリで追い切りました。明日10/3(土)にも追い切りをおこなう予定で、9回川崎開催(10/11~)での出走に向けて、順調に調整が進んでいるといったところです。きっちりとこちらの思惑通りに追い切りを課せるのは、休み明けから3戦を消化後も元気の良さが目立っているからで、この時季の気候が合っていると思いますよ」(今井輝和調教師)
2020/9/25 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「前走から1週間強ですが、前回の同じタイミングより、疲労回復のスピードが明らかに上がっているようですね。ここのところで一気に涼しくなってきたおかげもあり、過ごしやすいのでしょう。中3週で来月の地元9回川崎開催(10/11~)に向かいたいと思います。前走で現状のC1クラス上位の古馬との対戦で入着できたことは、通用の目処が立っているということですし、自信にもつながりますよ」(今井輝和調教師)
2020/9/18 (川崎競馬場小向厩舎地区)
★9/17(木)川崎・C1(一)(二)(三)(ダ1500m)左海誠二騎手 結果5着

「自身の持つ川崎ダ1500m戦のベストタイムには及ばなかったものの、1分36秒台で上り3ハロン39秒台でまとめられたことは評価していいと思いますよ。今朝、馬体チェックを入念におこなったところ、これまでのレース後と変わりありませんので、次走は9回川崎開催(10/11~)を予定しましょう。復帰4戦目ですし自己条件に戻っていますので、勝ち負けに持ち込まねばと思っています」(今井輝和調教師)
2020/9/17 (川崎競馬場)
馬体重:477kg
★9/17(木)川崎・C1(一)(二)(三)(ダ1500m)左海誠二騎手 結果5着

「理想は最初のコーナーを番手で回ることでしたが、休み明けから2000m戦を使ってきたことで、他馬と比べてスタートしてからが少しモタモタしているように映りましたね。その後は鞍上の左海誠二ジョッキーが上手く外に出してくれて、流れに乗ってスムーズに運べたと思います。ペースが上がって馬群がバラけた際に、スッと内に潜り込んで直線では最内に。スタミナを最後まで温存でき、きっちりと使い切る形で掲示板を確保することが出来ました。渋太さが目立つ内容だったと思います」(今井輝和調教師)
2020/9/11 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「来週の9/16(水)川崎・戸塚記念(S1・ダ2100m)に登録はしていますが、十中八九で除外。自己条件の9/17(木)川崎・C1(一)(二)(三)(ダ1500m)の予定となるでしょう。3戦に出走して走り慣れている1500m戦です。中1週のローテーションですのでビシッとした追い切りはおこないませんが、しっかりと動けるでしょうし、重苦しさが抜けて素軽い走りがお見せ出来ると思いますよ」(今井輝和調教師)
2020/9/4 (川崎競馬場小向厩舎地区)
★9/01(火)川崎・芙蓉賞(準重賞・3歳オープン・ダ2000m)橋本直哉騎手 結果6着

「最低でも掲示板を確保したかったですね。本当に悔しいです。レース後の上がり、今日までのコンディション、馬体いずれも問題ありませんね。中1週で8回川崎開催(9/14~)での出走となるでしょうか。次走で復帰3戦目ですので、ピークに近い状態に持っていきたいと思います」(今井輝和調教師)
2020/9/1 (川崎競馬場小向厩舎地区)
馬体重:485kg
★9/01(火)川崎・芙蓉賞(準重賞・3歳オープン・ダ2000m)橋本直哉騎手 結果6着

「最内の1番枠がかえってアダになってしまいましたね。スタートで後手を踏んで、最初のコーナーで狭くなってポジションを下げざるをえなくなりました。その後はソツなく経済コースを回って、バテない強みを生かす競馬が出来たとは思います。最後まで渋太くしっかりと走ってくれただけに、前半で3~4番手につけ、流れに乗ってスムーズな競馬が出来ていれば、入着はあったのではないでしょうか」(今井輝和調教師)
2020/8/29 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「船橋競馬場所属の騎手について、新型コロナウイルス感染症の陽性が確認され、8/25(火)の開催が取り止めとなってしまいました。ただ、代替開催がおこなわれることが決定し、改めて9/01(火)川崎・芙蓉賞(準重賞・3歳オープン・ダ2000m)での出走を予定しています。鞍上については、陽性が確認された騎手6名を始め、検査結果は陰性ながらも、濃厚接触の可能性が高い騎手では出馬投票が出来ませんので、橋本直哉ジョッキーに依頼しました。本日8/29(土)に3ハロン39秒7の時計をしっかりとやっていますし、あとは暑さとの戦いですね」(今井輝和調教師)
2020/8/21 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「9/16(水)川崎・戸塚記念(S1・ダ2100m)のトライアルレースである来週の8/25(火)川崎・芙蓉賞(準重賞・3歳オープン・ダ2000m)に出走申込をさせていただきました。そこに向けて、本日8/21(金)に川崎競馬場本馬場にて3ハロン40.2を一杯に追い切っています。中1週での出走となりますので、この1本で十分ですし、この一追いで太めも解消されるでしょう。心肺機能も完全に出来上がってくると思います。前走の川崎ダ2000mの経験を生かして、最後までしっかりと走り、力を出し切れれば、結果がついてくるでしょう」(今井輝和調教師)
2020/8/14 (川崎競馬場小向厩舎地区)
★8/11(火)川崎・メリッサ賞 C1(下)選定馬(ダ2000m)左海誠二騎手 結果8着

「13kg増での出走。今回の一戦で、次はきっちりと絞れてくると思います。来週の8/19(水)大井・黒潮盃(S2・ダ1800m)に登録をしていたものの、連闘は回避して、6回川崎開催(8/24~)に向かいましょう。自己条件であるC1クラスも踏まえながら、9/16(水)川崎・戸塚記念(S1・ダ2100m)のトライアルレース、8/25(火)川崎・芙蓉賞(準重賞・3歳オープン・ダ2000m)での出走を本線に考えています」(今井輝和調教師)
2020/8/11 (川崎競馬場)
馬体重:487kg
★8/11(火)川崎・メリッサ賞 C1(下)選定馬(ダ2000m)左海誠二騎手 結果8着

「約1周半のこの川崎ダート2000mでどういった競馬が出来るのかを計りたくて、鞍上の左海誠二ジョッキーにはハナに行って欲しいとリクエスト。その通りに騎乗してくれましたが、『これまで騎乗した3戦と比べると、返し馬がおとなしかったですね。これで気が入ってくるでしょうし、絞れてもくるでしょうから、この距離もこなせると思いますよ』とのことでした。隣の8番の馬がもう少し遠慮してくれていれば、末の粘りが違っていたかもしれませんね」(今井輝和調教師)
2020/8/7 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「8/5(水)に川崎競馬場本馬場にて5ハロン69.1-52.8-39.2を一杯に追い切りましたが、真っ直ぐに走れていましたね。ピーク時から比べると、もちろん良化途上の印象はありますが、来週8/11(火)川崎・メリッサ賞 C1(下)選定馬(ダ2000m)での出走を予定したいと思います。中1日前の8/9(日)にサッと追い切っておき、出走態勢を整えましょう。3歳限定の重賞レース、8/19(水)大井・黒潮盃(S2・ダ1800m)や9/16(水)川崎・戸塚記念(S1・ダ2100m)、そのトライアルレースなど、今回のレース後の選択肢が色々と考えられますが、まずは復帰初戦に全力投球ですね」(今井輝和調教師)
2020/7/31 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「本日7/31(金)に川崎競馬場本馬場にて4ハロン53.9-40.2を強めで追い切りました。先週より2秒近く全体の時計を詰めた形ですが、終いまでしっかりとしたフットワークを維持して動けていたと思います。ただ、まだ重めの印象。来週に予定している追い切りの内容次第で、最終的な復帰戦のスケジュールを決めたいと考えています。地元川崎開催最終日の自己条件8/11(火)メリッサ賞(C1下選定馬・2000m)と8/19(水)大井・黒潮盃(3歳S2・ダ1800m)との兼ね合いがありますからね」(今井輝和調教師)
2020/7/24 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「来月の5回川崎開催(8/07~)での出走を予定し、この中間2本目の追い切りを7/22(水)におこなっています。川崎競馬場本馬場にて4ハロン55.6-40.4を末強めという内容です。追い切りの1本ごとにグッと良くなってきますね。息遣いやフットワーク、馬体の締まりや気配、どの点を取っても先週と比べて一段階も二段階も上がっていると思います。あと2本いけますので、来週はビッシリとやって心肺機能を仕上げて、最終追いは馬なりの予定で考えています」(今井輝和調教師)
2020/7/17 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「先週7/11(土)に川崎競馬場本馬場にて3ハロン42.8を馬ナリで追い切りました。心肺機能がどこまで仕上がってきているのかが気になっていたのですが、この1本をおこなったことで、息遣いも良化を見せていますね。ここからのさらなるペースアップで、重め残りも解消してくるでしょう。5回川崎開催(8/07~)での出走を予定していますが、十分に間に合うと思います」(今井輝和調教師)
2020/7/10 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「この中間は大雨の影響で馬場状態が良くないため、あえて無理せず、普通キャンターにどどめて調整してきました。次走を予定している5回川崎開催(8/07~)まで1ヵ月を切りましたので、来週よりペースアップを図っていきます。以前と比べて、堂々とした感じで常歩をしているので、なんだか頼もしく映りますよ」(今井輝和調教師)
2020/7/3 (川崎競馬場小向厩舎地区)
ノルマンディーファーム小野町で調整され、1日(水)に帰厩しました。

「この2ヵ月の休養の効果からか、落ち着いていて、ゆったりと構えていますね。これまでは、他馬を怖がったり、ソワソワしてダクをサササッと終わらせようとするところがあったのですが。精神的に成長してきて、大人になってきているのでしょう。5回川崎開催(8/07~)での出走を予定して調整を進めていきます。3歳限定の重賞レース、8/19(水)大井・黒潮盃(S2・ダ1800m)と地元の9/16(水)川崎・戸塚記念(S1・ダ2100m)も密かに狙っていますよ」(今井輝和調教師)
2020/6/26 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:468kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。馬場でも落ち着いた状態を保てていますが、やはり他馬の動きをまったく気にしていないようではなさそうです。それでも多少力むくらいで、走りに影響を及ぼすほどではありません。7月1日(水)に帰厩予定とのことなので、こちらでもう1本速めを消化してから送り出そうと思います。
2020/6/19 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:466kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。馬場に馬が多く出ている中での調教でも特に周りを気にすることはなく、こちらの環境にも随分と慣れてきた様子。それもあって、今週から週に2回の追い切りも開始し、帰厩へ向けてペースを上げて進めています。早ければ来週もしくは再来週の帰厩を予定していると伺っており、体つきにそれほど余裕があるわけではありませんが、緩さも目立ってきたので、しっかりと負荷を掛けて馬体に張りを出していければと考えています。
2020/6/12 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:464kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今週からは坂路を2本に増やしていますが、ここまでほとんど休まずレースを使えていたように、体がかなり丈夫で攻め込んでいってもこたえた様子は窺えません。この後は坂路主体にどんどんペースを上げていこうと思います。体のつくりなどを見てもまだ伸びしろがありそうで、この先もレースを使いつつ成長してくれそうです。
2020/6/5 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:468kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。やや怖がりな性格も考慮して、今はまだ基本単走で進めていますが、周りに馬がいる中での調教にも対応できており、トレーニングをおこなっていく中で問題はなさそうです。暑い中での調教をこなしつつ、徐々に体が増加傾向にあるのは頼もしいところ。ここからは緩んだ馬体をつくり直しながら、ボリュームアップしていければと思います。
2020/5/29 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:462kg
現在は馬場3周(ハッキング)のメニューで調整しています。疲労が取れて体調も問題なさそうでしたので、25日(月)からトレッドミルで立ち上げ、27日(水)よりコースに出て騎乗を開始しています。やや臆病な面があると聞いていたように、他馬の動きを気にしているところはありますが、こちらでの調教は初めてでも環境の変化には動じていない様子です。集団調教に少しでも慣れてくれるよう、工夫しながら乗り込みを進めていきたいと思います。
2020/5/22 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:473kg
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。引き続きマシン運動を継続しています。到着時の馬体チェックでは、背腰からトモにかけて多少張っているような印象も受けましたが、1週間ほど楽をさせたことで、いい意味での緩みが出てきたように思います。今週いっぱいは現状のメニューで調整し、来週の馬体の状態次第ではトレッドミルでの軽めの運動を開始することも検討しています。
2020/5/15 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:467kg
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。こちらへ来たのは初めてになりますが、環境の変化に戸惑っている様子はなく、飼い葉食いも旺盛です。ただ、馬体に関してはレースに使ってきた分、牧場レベルでは細く映るので、まずは体全体の緊張がほぐれてフックラしてくるのを待ちたいと思います。
2020/5/8 (ノルマンディーファーム小野町)
この後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整することになり、7日(木)に移動しました。

「レースから1週間が経過しました。軽めの運動に終始し、こちらで出来うる限りのケアをしましたので、とりあえずの疲労の回復は図れたのではないでしょうか。しっかりと充電して、成長とともに元気いっぱいの帰厩を楽しみにしています」(今井輝和調教師)
2020/5/1 (川崎競馬場小向厩舎地区)
★4/30(木)大井・東京ダービートライアル(ダ2000m)左海誠二騎手 結果7着

「結果論ですが、東京ダービー出走を意識して造り過ぎてしまったかもしれません。最終追い切りをもう少し軽めにして、お釣りを残した状態で本番を迎えておけばと猛省しているところです。そうすれば、イレ込むこともモタれることもなかったのではないかと思いますよ。さすがにお疲れモードのようで、今朝は馬房から顔を出す余裕がないほど。午後の馬体チェックでも、やはりコズみが目立ちました。特に両肩および右トモの筋肉に硬さが見られます。約1年前の門別でデビューし、ここまで14戦を消化、それも大きな休みなく。致し方ないところでしょう。ここで一旦、小休止を考えています」(今井輝和調教師)
2020/4/30 (大井競馬場)
馬体重:474kg
★4/30(木)大井・東京ダービートライアル(ダ2000m)左海誠二騎手 結果7着

「鞍上の左海ジョッキーからは『思い切って行く』と聞いていたのですが、二の脚がつかず、後方のポジションに。その後も先行集団になかなか取り付くことが出来ませんでした。珍しくパドックや返し馬でイレ込みを見せていましたし、そのあたりが影響してしまったのではないかと思います。最後の直線では右ムチを入れたものの、どんどん内にモタれていってしまったとのことで、トモも疲れているのでしょう。残念ながら入着はかないませんでしたが、3着馬とはコンマ4秒差ですからね。今後も楽しみです」(今井輝和調教師)
2020/4/24 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「本日24日(金)に5ハロンから66.6-51.6-38.7を一杯に追い切りました。馬場コンディションが良かったこともありますが、5ハロン、4ハロンともに自厩舎でのベストタイムではないでしょうか。今までで1番動いたと思いますよ。4/29(水)大井・羽田盃(S1・ダ1800m)と5/06(水)船橋・東京湾カップ(S3・ダ1700m)は、現状の持ち賞金である557.5万円では、残念ながらボーダーラインにも届かず。左海誠二ジョッキーが騎乗可能ということもあり、来週の4/30(木)大井・東京ダービートライアル(ダ2000m)での出走が大本命です」(今井輝和調教師)
2020/4/17 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「先週末から今週頭にかけて状態の経過観察につとめ、前走から中1週のローテーションとなる4/15(水)川崎・クラウンカップ(S3・羽田盃TR・ダ1600m)と昨日の4/16(木)川崎・木蓮特別(3歳二・ダ1500m)での出走はさすがに厳しいと判断。次走の出走目標を4/30(木)大井・東京ダービートライアル(ダ2000m)とすることにしました。昨日16日(木)に5ハロンから68.3-53.4-40.4を一杯に追い切っています。動きはマズマズで、上がりもこれまでと変わりありませんね。大井のダ2000m戦は非常にタフなコースですが、パラダイムチェンジにとって長い印象はありませんし、むしろペースが落ち着いて流れが向くのではないかと思いますよ」(今井輝和調教師)
2020/4/10 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「来週からの地元川崎開催で組まれている4/15(水)川崎・クラウンカップ(S3・羽田盃TR・ダ1600m)と翌日の自己条件戦である4/16(木)川崎・木蓮特別(3歳二・ダ1500m)に登録しました。ただ、中1週では前走の船橋からの疲れが取り切れていないというのが正直なところです。そのうえ、クラウンカップは除外確実。ですので、あえて自己条件戦を使うことは避けて、今月末の大井開催(4/27~)もしくは来月の船橋開催(5/4~)にスライドする方が、後々のことを考えても得策ではないかと思います。まずはコンディションを戻すことに注力します」(今井輝和調教師)
2020/4/3 (川崎競馬場小向厩舎地区)
★4/01(水)船橋・ブルーバードカップ(準重賞・ダ1700m)左海誠二騎手 結果3着

「久しぶりのナイター、川崎と船橋の往復、目一杯の競馬をしたことで、さすがにお疲れモードですね。当初は中1週で地元の1回川崎開催(4/13~)での出走を視野に入れていましたが、この後のことを考えても、パスした方がいいかもしれません。とにかく、ここからの回復次第です。今回は門別以来のダ1700m戦でしたが、前半がゆったりいけるので、このくらいの距離か、むしろもっと距離が延びた方が、大崩れなく成績が安定するでのはないかという印象を持ちました。ですので、次走を含めて今後の番組については、さまざまな選択肢があると思います。すでにこちらでも5戦を消化しているように、長い休みを取ることなくコンスタントに出走してきているので、状態最優先で決めていきましょう」(今井輝和調教師)
2020/4/1 (船橋競馬場)
馬体重:474kg
★4/01(水)船橋・ブルーバードカップ(準重賞・ダ1700m)左海誠二騎手 結果3着

「最後に1・2着馬に差をつけられたものの、この大雨の中の不良馬場でよく頑張ってくれたと思います。3~4コーナーにかけての手応えからは、一発あるのではないかと鳥肌が立ちましたよ。連続騎乗となる鞍上の左海誠二ジョッキーが、ワンペースの脚質を逆に生かすために、スタートを決めて1コーナーを単騎2番手で回ってくれたことが非常に大きかったですね。直線で4着馬に並びかけられても、やめずに一伸びしてくれたこともうれしい限りですよ。2着までに入れば東京湾カップ(S3・船橋ダ1700m)への優先出走権が与えられたのですが、それだけが心残りです」(今井輝和調教師)
2020/3/27 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「22日(日)に5ハロン73.3-58.0-43.3を馬なりで、本日27日(金)には4ハロンを一杯に追い切り、53.0-38.7の時計を出しました。もちろん、来週の東京湾カップ(3歳S3・船橋ダ1700m)トライアルである4/01(水)船橋・ブルーバードカップ(準重賞・ダ1700m)もしくはその翌日の4/02(木)船橋・チューリップ特別 3歳(一)(ダ1500m)での出走を踏まえてのものです。いつも通りの動き、時計ではあるものの、これまで通りの状態を維持し続けることが出来るところが、パラダイムチェンジの強みかもしれませんね。ブルーバードカップが大本命で、除外の場合にはチューリップ特別に回るか、地元の1回川崎開催(4/13~)までスライドするかを決めたいと思っています」(今井輝和調教師)
2020/3/19 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「週明けより普通キャンターで調整しています。昨日18日(水)には終い1ハロン15秒を切るところをおこないました。13回船橋開催(3/30~)、1回船橋開催(4/01~)、1回川崎開催(4/13~)での出走を予定していますが、クラシックトライアルの重賞に挑戦するか、自己条件である3歳の1~2組を使うか、悩みどころですね。もちろんコンディションが最優先です。ここまでくると、相手関係が非常に大きなカギを握ってきますので、しっかりと精査して決定したいと思います」(今井輝和調教師)
2020/3/13 (川崎競馬場小向厩舎地区)
★3/06(金)川崎・春一番特別(3歳2・ダ1500m)左海誠二騎手 結果3着

「一戦一戦キャリアを重ねるごとに、精神面の成長がうかがえますよね。怖がりは怖がりなのですが、それでも我慢がきくようになってきました。引き続き楽しみです。今週一杯は軽めの運動のみで調整。疲労回復に充てました。週明けの状態を確認して、次走のスケジュールを立てましょう。現時点では1回船橋開催(3/30~)と1回川崎開催(4/13~)のいずれにも出走したいと考えています」(今井輝和調教師)
2020/3/6 (川崎競馬場)
馬体重:473kg
★3/06(金)川崎・春一番特別(3歳2・ダ1500m)左海誠二騎手 結果3着

「内めの2枠2番を引いたので、ハナもしくは2~3番手の外でという指示を鞍上の左海ジョッキーには出していました。ところが、他馬のダッシュが良く、内々に閉じ込められる形に。繊細で怖がりな面があるので、浅いブリンカーを装着していたものの、さすがに冷や汗が出ましたよ。最終コーナーまで良く踏ん張ってくれました。直線ではジョッキーの瞬時の判断で外に。最後までキックバックを受けることは、今後のメンタルにダメージを残すと考えてのことのようです。3着という結果ながら、これまでの4戦で内容的には一番良かったのではないでしょうか。持ち時計もコンマ7秒短縮していますしね。今後につながるはずですよ」(今井輝和調教師)
2020/2/28 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「来週の14回川崎開催(3/2~)の最終日に組まれているダ1500mの自己条件戦に登録しました。本日5ハロンから67.8-52.2-38.8の時計で一杯に追い切っています。終いがもう少しキレて欲しかったところですが、動きそのものは迫力満点でしたね。ワンペースなのはパラダイムチェンジの短所でもあると同時に長所でもありますからね。内枠を引いて積極的に前々で運べれば、おのずと活路が見い出せると思います」(今井輝和調教師)
2020/2/21 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「14回川崎開催(3/2~)での出走に向けて、18日(火)に4ハロン56.2-41.6を馬なりという内容で追い切りました。自分からハミを取って、フットワークも大きく、推進力を感じる走り。順調そのものだと思います。本番まであと一本は追い切れますから、仕上がりに関しての不安はありません。あとは、トライアルに向かうか、自己条件戦に向かうか。前走と同様、しっかりと登録メンバーを見極め、決定したいと考えています」(今井輝和調教師)
2020/2/14 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「14回川崎開催(3/2~)での出走を予定しての調整。川崎小向の調教馬場をキャンター3周の強めという内容で乗り込みを図っています。調子落ちのようなところは見られず、飼い葉もしっかりと食べてくれていますね。来週より15-15を織り交ぜながら、ペースアップしていきましょう」(今井輝和調教師)
2020/2/7 (川崎競馬場小向厩舎地区)
★1/31(金)川崎・キュープラザ二子玉川杯(3歳2・ダ1500m)矢野貴之騎手 結果7着

「来週の2/11(火)船橋・フリオーソ・メモリアル(3歳一・ダ1600m)に登録はしたものの、登録馬45頭というフルゲート必至の状況。実際はふたを開けてみたら少頭数ということもありますが、地元の14回川崎開催(3/2~)を次走の目標に据える予定です。中4週となりますから、前走で味わった苦杯のリベンジをなんとかして図りたいと思っています。もちろん、3/18(水)大井・京浜盃(S2・ダ1700m)や4/15(水)川崎・クラウンカップ(S3・ダ1600m)に向けての重要な一戦となることも重々承知していますよ。クラウンカップトライアルも組まれる予定ですので、地に足をつけてしっかりと調整していきましょう」(今井輝和調教師)
2020/1/31 (川崎競馬場)
馬体重:469kg
★1/31(金)川崎・キュープラザ二子玉川杯(3歳2・ダ1500m)矢野貴之騎手 結果7着

「8枠13番がこたえましたね。理想は真ん中より内枠をひいて好位追走、もしくは馬場を考慮してハナだったのですが。スタートは良かったものの、ポジションを取りに内に切れ込んでいく際に、脚を使ってしまいましたね。人気を背負っていましたし、向正面で動かざるを得ず、それが最後の直線に響いたと思います。脚が上がってしまって、バテてしまいました。3歳の上の組では、枠や展開に左右されたりと、なかなか思うようにはいかないものですね」(今井輝和調教師)
2020/1/24 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「20日(月)に1週前追い切りとして、4ハロンから一杯におこないました。55.1-40.0という時計です。予定通り来週の13回川崎開催(1/27~)での出走になりますが、JRA交流戦が2レース組まれている中で、3歳2組という自己条件戦を本命に考えています。中央馬もそうですが、船橋などの他場からの予定馬が不気味ですし、春の大舞台に駒を進めるために、賞金を加算できる可能性が高いレースを選択することに重きを置く考えです。あとは本番までしっかりと調整するだけですよ」(今井輝和調教師)
2020/1/17 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「13回川崎開催(1/27~)での出走を予定しての調整。12日(日)に5ハロン73.2-57.4-42.9をサッとやっておきました。休みなくコンスタントに出走してきていますが、ガタっと大きく崩れるような雰囲気は感じませんね。レースごとに心身ともに成長し、体幹が強化されてきているのでしょうか。この状態を上手にキープしていき、次走に臨みたいと思います」(今井輝和調教師)
2020/1/10 (川崎競馬場小向厩舎地区)
★1/02(木)川崎・凧揚げ賞 3歳3(ダ1500m)矢野貴之騎手 結果:優勝

「100mの距離延長もなんのそのでしたね。見事に2連勝を飾ってくれました。まずは疲労回復につとめていますよ。とはいえ、次走は13回川崎開催(1/27~)を予定していますので、来週より馬場入りしての本格的な騎乗運動を再開しましょう。次はクラスが上がり、当然ながら相手も揃ってきますが、春が待ち遠しくなるような結果を出したいですね」(今井輝和調教師)
2020/1/2 (川崎競馬場)
馬体重:468kg
★1/02(木)川崎・凧揚げ賞 3歳3(ダ1500m)矢野貴之騎手 結果:優勝

「内枠(2枠2番)だったので、積極的に前々での競馬を指示。スタートを決め上手くペースを落として、よどみないの流れを自ら作り出した矢野ジョッキーの手腕が見事でしたね。前走から連続しての騎乗も大きかったと思います。最後の直線を先頭で迎えたわけですが、追い上げてくる後続を振り切ってよくしのいでくれました。正直なところ、今回は入れ替わりの激しくない展開に恵まれたところがあると思います。もう一段階ギアが上がって、直線で弾けるような感じでさらに突き放してくれるようになれば、大きいところでも十分に通用するはずです。まずは年始から幸先の良いスタートを切ることが出来て本当に良かったですし、パラダイムチェンジの2連勝も本当にうれしく思います」(今井輝和調教師)
写真
2019/12/27 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「まだ登録馬の詳細や確定の番組表が発表されていませんが、年明け12回川崎開催(1/01~)での出走の申し込みは完了しており、1/02(木)のダ1500m戦になると思います。中1週での出走になりますので、ビシッとした追い切りをおこなう予定はなく、普通キャンターで長めを乗り込み、中身を整えていきます。来年はパラダイムチェンジにとって飛躍の年になれば最高ですし、そうなるよう気を引き締めて調整を進めていきましょう」(今井輝和調教師)
2019/12/20 (川崎競馬場小向厩舎地区)
★12/19(木)川崎・丘の上の開放感!よみうりランド丘の湯賞 2歳(六)(ダ1400m)矢野貴之騎手 結果:優勝

「いきなりの白星スタート、本当にうれしく思います。昨日のメンバーでは馬体はパラダイムチェンジが抜けていると思っていましたし、圧倒的な1番人気に支持されていました。ただ、6枠の出走ということで、正直なところ、馬群で揉まれて怖がりな面が出ないことを祈るばかりでした。矢野ジョッキーのコース取りが見事でしたね。今回の一戦でこちらでも通用することが証明できたと感じています。次走は中1週で年明けの12回川崎開催(1/01~)での出走を予定したいと思いますが、是非とも連勝を飾りたいですね」(今井輝和調教師)
2019/12/19 (川崎競馬場)
馬体重:467kg
★12/19(木)川崎・丘の上の開放感!よみうりランド丘の湯賞 2歳(六)(ダ1400m)矢野貴之騎手 結果:優勝

「怖がりなところがあるので、ブリンカーを装着し、矢野ジョッキーには多少ロスしても番手で馬群の外につけるように指示しました。『バテる感じがなく、長くいい脚が使えますね。まだ心身ともに幼い印象を受けるので、今後の伸びしろにも期待していいのではないでしょうか』と矢野ジョッキーのコメント。転入初戦から結果を出すことができて、まずは一安心です。1400mに対応できたことも大きいと思いますよ」(今井輝和調教師)
写真
2019/12/13 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「来週12/19(木)川崎・丘の上の開放感!よみうりランド丘の湯賞 2歳(六)(ダ1400m)での出走を予定。鞍上は矢野貴之ジョッキーに打診しています。9日(月)に4ハロン58.7-43.6を馬ナリという内容で追い切っており、あと1本追い切って本番に臨む予定です。息遣いから中身はしっかりと出来上がっている印象を受けますので、あとはここ川崎の1400mという距離をいかにこなすかでしょう。少し忙しいかもしれませんが、今後の選択肢を広げる意味でも、上手く対応して欲しいと思っています」(今井輝和調教師)
2019/12/6 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「どうも怖がりのようで、併走だとモゾモゾとした印象の走りをするので、今週は単走でやりました。2日(月)に4ハロン56.0-40.6を強めという内容で追い切っています。自分のリズムを保ってのびのびと走っているので、自然とフットワークも大きくなりますよね。こちらに来た当初から比べて、コンディションも上がり、しっかりとしてきたように映ります。11回川崎開催(12/16~)に向けて軌道に乗ってきました」(今井輝和調教師)
2019/11/29 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「27日(水)に4ハロン58秒のところをやりました。馬ナリでしたが、自分からハミを取っていっていましたし、コンディションそのものは良さそうですね。中身も追いついてくれた印象を受けています。11回川崎開催(12/16~)に予定通り向かいましょう」(今井輝和調教師)
2019/11/22 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「速いところはやっていませんが、総体的に乗り込み量を増やしてペースアップを図りました。身が入っていくような感じに変わってきてほしいですよ。ただ、この中間で目立ち始めたのは、後ろから他の馬が近付いてくると過剰なほど反応することです。少し臆病なのでしょうか。本番ではブリンカーを装着して、逃げの戦法でいった方が力を出せるかもしれませんね」(今井輝和調教師)
2019/11/15 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「この中間も引き続き普通キャンターで調整しています。軽めのペースなので状態そのものは決して悪くはなく、馬体も立派の一言なのですが、トモがゆるく、踏み込みが浅いですね。もちろん疲れが抜け切れていないこともあるのでしょうが、飛節も頼りない印象です。来月の11回川崎開催(12/16~)までに少しでも改善できるよう留意して調教メニューを組んでいきましょう」(今井輝和調教師)
2019/11/8 (川崎競馬場小向厩舎地区)
「今週から川崎競馬場でのキャンターを開始しましたが、ここまで使ってきたダメージが背腰に残っているようなので、そちらのケアと馬体回復を優先しながら調教を進めています。そのため、10回川崎開催(11/17~)はスキップし、無理せず11回川崎開催(12/16~)を目標にすることにしました。幸い、来週からは小向トレセンの調教馬場が通常通り使えるようになるので、短い距離とはいえ移動しなくてすむ分、余計な疲れなどは心配する必要はなさそうです」(今井輝和調教師)
2019/11/1 (川崎競馬場小向厩舎地区)
10月30日(水)に川崎競馬場小向厩舎地区・今井輝和厩舎に入厩しました。

「大きなアクシデントもなく、無事にこちらに到着しています。昨日、スクーリングのため厩舎の外周を30分の引き運動で、今日は1時間の乗り運動で調整しました。今のところ、歩様の乱れは見られませんね。タイミングを見計らって、来週のいずれかの日に川崎競馬場に移動してキャンターをおこなってみましょう。ただ、すでに8戦を消化していますので、少なからず目に見えない疲れや傷みがあると思います。長距離輸送後ということもありますが、馬体も細く映ります。10回川崎開催(11/17~)での出走はスケジュール的にもタイトなので、11回川崎開催(12/16~)での出走が現実的になると思います。まずは2勝目を目指してスタッフ一同、精一杯頑張らせていただきますので、よろしくお願いいたします」(今井輝和調教師)
2019/10/25 (門別競馬場)
★10/23(水)門別・2歳3組(ダ1700m)服部茂史騎手 結果7着
この後は門別競馬より南関東競馬に移籍することになりました。
新たな預託先は川崎・今井輝和(イマイテルカズ)厩舎に決定しており、早ければ来週中に入厩する予定です。

「状態としては前走時の出来をキープしていたので、連勝させたい考えで臨んだ一戦だったのですが…。門別での最終戦が不甲斐ない結果となり、申し訳ありません。ただ、今回のような厳しい競馬もパラダイムチェンジにとっていい経験になったはず。新天地での活躍を期待しています」(田中淳司調教師)
2019/10/23 (門別競馬場)
馬体重:468kg
★10/23(水)門別・2歳3組(ダ1700m)服部茂史騎手 結果7着

「思ったより前に行く馬が多かったですし、ペースも流れていないようで息の入らない展開になってしまいました。それに道中ずっと外に馬がいて、3コーナー辺りで嫌気がさしたようです。直線はいくらか盛り返してくれましたが、結果からいうと今日は後ろで脚を溜めてジックリ運んだ方が良かったです」(服部茂史騎手)
2019/10/18 (門別競馬場)
「今週初めからチップコースでの調教を再開しました。今のところ、背腰に疲れはなさそうですし、歩様など他に気になるところもありません。状態もキープ出来ているようなので、次走は間隔を空けず、中1週で出走させたいと思います。明日19日(土)に坂路で追い切り、問題がなければ登録をおこないます」(田中淳司調教師)
2019/10/11 (門別競馬場)
★10/10(木)門別・2歳未勝利(ダ1700m)服部茂史騎手 結果:優勝

「7日(月)の最終追い切りの動きが良かったですし、無理をさせずレース間隔を空けたことが吉と出たようで、ようやく結果を出すことが出来ました。ここまでレース経験を積んできて、馬自身も着実に成長してくれていますね。今のところ、目立った疲れはなさそうですが、週明けまで状態を確認してから今後の予定を立てたいと思います」(田中淳司調教師)
2019/10/10 (門別競馬場)
馬体重:468kg
★10/10(木)門別・2歳未勝利(ダ1700m)服部茂史騎手 結果:優勝

「真ん中の枠からのスタートでしたが、馬群に包まれず3番手のいい位置取りで運ぶことが出来ました。勝負処から進出を開始したものの、レース間隔が空いた分、反応はイマイチでしたが、最後まで頑張ってくれましたね。ひと叩きして次は反応も良くなると思います」(服部茂史騎手)
写真
2019/10/4 (門別競馬場)
「今週から坂路調教も再開し、昨日3日(木)には服部が跨って時計を出しました。『前回と違ってトモの踏み込みに問題はなく、力強さも戻ってきました』とのことでしたし、今朝も歩様などに異常は見られませんでした。このまま来週のレースに向けて進めていく考えで、7日(月)に最終追い切りをおこない、10/10(木)門別・2歳未勝利(ダ1700m)に臨むつもりです」(田中淳司調教師)
2019/9/27 (門別競馬場)
「22日(日)に坂路で最終追い切りをおこなったところ、時計的にはこれまでと変わりなく上がってきましたが、跨った服部からは『トモが踏み込んでこないような感じで、力強さに欠ける印象です』とのことでした。追い切り後も跛行などは見られなかったものの、ここで無理をさせると後を引くことも考えられるため、投票締め切り前に出走を取り止めることにしました。ただ、その後も歩様は問題ありませんので、調教は休むことなく進めています。おそらく、原因は背腰の疲れからくるものでしょうが、前回とは違ってダクもスムーズですし、馬場でキャンターを軽めに乗る分には気にならないようです。あとはペースを上げてどうかでしょう。来週からは徐々に負荷を強めていって、状態を確認していきたいと思います。出走が延びてしまい、申し訳ありません」(田中淳司調教師)
2019/9/20 (門別競馬場)
「今週末に予定している本追い切りの前に、背腰の状態を確認する意味も込めて、昨日19日(木)に坂路で併せて軽めに1本消化しました。馬ナリでサッと流した程度ですが、動きに問題は見られなかったですし、この馬の走りは出来ていましたね。その後も疲れは出ていませんので、22日(日)に最終追い切りをおこなって、25日(水)のレースに向かいたいと思います。1開催空きましたが、今度こその気持ちです」(田中淳司調教師)
2019/9/13 (門別競馬場)
「予定通り先週末から乗り出し、現在は本馬場内側にあるウッドチップコースで3000mを軽めに周回させています。背腰の疲れは抜けたようですし、ダク、キャンターともに歩様は問題ありません。来週中には坂路入りする予定で、このまま順調なら9/25(水)門別・2歳未勝利(ダ1700m)を目標に進めていけそうです。少し楽をさせたことで、体つきはフックラしましたね。太りやすいタイプなので、キッチリ仕上げていきましょう」(田中淳司調教師)
2019/9/6 (門別競馬場)
「今週から馬場入りを再開したところ、背腰にやや疲れが窺え、常歩だと問題なかったものの、ダクはスムーズではなかったため、現在はウォーキングマシンでの運動にとどめています。まだ前走のダメージが残っているようなので、無理せず来週の競馬には向かわないことにしました。ただ、今日の運動後の様子などから、疲労は徐々に抜けてきている印象です。週末からは調教を再開し、状態を確認しながら進める予定です」(田中淳司調教師)
2019/8/30 (門別競馬場)
★8/29(木)門別・2歳未勝利(ダ1700m)服部茂史騎手 結果3着

「前回は8頭立ての大外枠と恵まれた印象でしたので、この距離2戦目の今回がカギと見ていました。その時より着順は1つ下げたものの、だんだんと馬がしっかりしてきましたね。目処の立つ走りだったと思いますし、ここを使われたことで、次はゲートもスムーズに出てくれるでしょう。状態面などに問題がなければ、中1週での出走を検討します」(田中淳司調教師)
2019/8/29 (門別競馬場)
馬体重:470kg
★8/29(木)門別・2歳未勝利(ダ1700m)服部茂史騎手 結果3着

「今週は雨で前有利、内有利の馬場状態なので、この枠は良かったです。ただ、久々もあってかゲート内でソワソワしてしまい、いいスタートを切ることが出来ませんでした。普段はゲート内でも大人しいだけに大丈夫と思っていたのですが…。この距離は合っていて、最後はしっかり脚を伸ばしてくれたものの、とどきませんでした」(服部茂史騎手)
2019/8/23 (門別競馬場)
「本日23日(金)に追い切りとなっているところもあるようですが、実際は昨日22日(木)におこなっています。13-13で登坂させましたが、この馬なりに動けていましたし、一頓挫あった影響も感じられませんね。右後肢については念のため今朝もしっかりチェックして、歩様も異常ありませんでした。来週26日(月)にもう一本速めを消化し、8/29(木)門別・2歳未勝利(ダ1700m)に向かいます」(田中淳司調教師)
2019/8/16 (門別競馬場)
「引き続きウッドチップコースで軽めに調教をおこなっていますが、もう歩様はまったく問題ありませんね。今後はどんどん進めていけそうなので、今週末からは坂路入りを再開して乗り込む予定です。暑さが厳しい時にハードな調教を控えたこともあって、馬自身は元気いっぱい。夏バテなど体調面の変化は見られませんし、予定通り再来週の競馬には間に合いそうです」(田中淳司調教師)
2019/8/9 (門別競馬場)
「今週に入り歩様に改善が見られましたので、6日(火)から本馬場内側にあるウッドチップコースでの調教を再開しています。ただ、まだ様子を見ながら軽めにキャンターを乗っている段階。そのため、今開催での出走は自重し、次開催後半の8/29(木)門別・2歳未勝利(ダ1700m)を目標に進めることにしました。間隔が空くことにもなり、申し訳ありません。この後も状態を確認しつつ、レースに向けしっかり態勢を整えていく考えです」(田中淳司調教師)
2019/8/2 (門別競馬場)
「まだ右トモの歩様には若干見せてはいるものの、その後も腫れたりすることはなく、今日からウォーキングマシンに入れて軽く歩かせています。念のため、獣医による診察も受けましたが、やはり寝違えたのでしょうとのこと。何とか再来週の1700m戦に間に合って欲しいところですが、馬の状態を最優先に歩様がスムーズになるまでは調教を控え、現状メニューで様子見しながら進めていきます」(田中淳司調教師)
2019/7/31 (門別競馬場)
8/01(木)門別 2歳未勝利(ダ1700m)服部茂史 出走取消

「今朝、馬房から出した際に、右後肢の歩様に違和感がありました。すぐに確認をおこないましたが、目立った傷や腫れなどは見られなかったので、おそらく馬房内で寝違えたのではないかと思われます。大変申し訳ありませんが、明日の出走は取消させていただきます。29日(月)にはレースに向けて最終追い切りをおこない、昨日は何も問題なかったのですが...。程度としてはそんなに重くはなさそうですが、数日の間は様子を見ることにします」(田中淳司調教師)
2019/7/26 (門別競馬場)
「この中間も状態面に変わりないことから、予定通り中1週で8/01(木)門別・2歳未勝利(ダ1700m)に向かうことにしました。現在は本馬場内側にあるウッドチップコースで軽めのキャンターを乗っており、レースに向けての最終追い切りは、週明け29日(月)におこなう予定です。前回は頭数と枠順にも恵まれたところがありましたので、あまり強気にはなれませんが、次で何とか結果を出したいですね」(田中淳司調教師)
2019/7/19 (門別競馬場)
★7/18(木)門別・2歳未勝利(ダ1700m)服部茂史騎手 結果2着

「当初は1鞍だった1700m戦が2鞍組まれることになりましたので、引き続き服部とのコンビで登録をおこないました。これまでの経験も生きたみたいですし、この距離でいい方に変わってくれましたね。直線は勝ち馬とビッシリ併せる形になりましたが、怯んで後退することもなく、ゴールまでよく喰らいついていたと思います。昨日のようなレースが出来るのであれば、次も1700mを使いましょう。週明けまで状態を確認し、中1週での出走を検討します」(田中淳司調教師)
2019/7/18 (門別競馬場)
馬体重:472kg
★7/18(木)門別・2歳未勝利(ダ1700m)服部茂史騎手 結果2着

「ゲートをマズマズ出てくれたので、前目につけて運びました。3~4コーナーで外から来られると逃げるところはありましたが、直線で一旦差し返す場面も見られたように、最後までよく頑張ってくれました。次は期待できると思います」(服部茂史騎手)
2019/7/12 (門別競馬場)
「来週の出走に向けて、今週からは坂路主体の調教メニューで進めており、2本目は16~17秒くらいのところを乗っています。次走については、このまま1200mで続戦させることも検討しましたが、このタイミングで一気に距離を延ばしてみることにしました。7/18(木)門別・2歳未勝利(ダ1700m)に登録をおこなうつもりです。なお、今回は服部に先約があったため、鞍上については明日13日(土)までに決め、最終追い切りは15日(祝)の予定。これまでの経験と距離延長で違った一面を見せてくれればと思います」(田中淳司調教師)
2019/7/5 (門別競馬場)
「現在は本馬場内側にあるウッドチップコースで軽めのキャンターを乗っています。前走後もまったくと言っていいほど疲れがないタフな馬。来週からは坂路入りも再開し、次走については予定通り中2週で、再来週の出走を考えています。ただ、どの番組に向かうかはもう少し検討してから決めるつもりです」(田中淳司調教師)
2019/6/28 (門別競馬場)
★6/27(木)門別・2歳未勝利(ダ1200m)服部茂史騎手 結果6着

「多頭数のうえに真ん中の枠でしたので、出来ればこの際に馬込みも経験させたかったのですが、スタートが良くなかったですね。そこは考えていたようにいきませんでしたが、後方を追走してゴールまでジリジリと伸びてはいたので、展開次第では掲示板もあったように思います。今回は中1週だったため、次走は中2週ほど間隔を空けましょう。距離延長も検討します」(田中淳司調教師)
2019/6/27 (門別競馬場)
馬体重:478kg
★6/27(木)門別・2歳未勝利(ダ1200m)服部茂史騎手 結果6着

「スタートがイマイチでしたし、もう少し競馬を覚えて欲しいところですね。ただ、一戦ごとに内容に良化が窺えるようにはなってきています。前回は直線で内を突きましたが、今回は14頭立てと頭数も多く、大外を回した分の差が出てしまいました」(服部茂史騎手)
2019/6/21 (門別競馬場)
「レース経験を積ませたい考えから、中1週になりますが、来週6/27(木)門別・2歳未勝利(ダ1200m)を目標に、現在は本馬場内側にあるウッドチップコースで調教を再開しています。間隔が詰まっているので軽めの調整で進めていますが、24日(月)に予定している最終追い切りではある程度のところを乗るつもり。気合いを付けて少しでもピリッとした面を出させたいですね。本番も前走同様、ブリンカーを装着して臨む予定です」(田中淳司調教師)
2019/6/14 (門別競馬場)
★6/13(木)門別・2歳未勝利(ダ1200m)服部茂史騎手 結果3着

「最終追い切りでブリンカーを試した感じでは、あまり効果はないようでしたが、本番では効いたようですね。上位2頭からは離されたものの、上がり3ハロン39.0のタイムはメンバー中で最速。4着馬には5馬身差をつけるマズマズの内容でした。レース後も特に変わりありませんが、次走については来週まで考えたいと思います」(田中淳司調教師)
2019/6/13 (門別競馬場)
馬体重:482kg
★6/13(木)門別・2歳未勝利(ダ1200m)服部茂史騎手 結果3着

「ブリンカー着用の効果もあり、デビュー戦ほど他馬を怖がっていくような感じはなかったですね。最内枠でスタート後に内へ逃げるようなところはあったものの、道中はマズマズついていけたと思います。今日も直線はいい脚を使ってくれましたが、まだトモが緩いですし、レース経験を積みながら力が付いてくればもっとやれそうです」(服部茂史騎手)
2019/6/7 (門別競馬場)
「目標としていた今週5日(水)のアタックチャレンジ競走は登録頭数が多く、賞金を持っていないことから除外になりました。また、他のアタックチャレンジの出走頭数もだんだんと増えてきましたし、来週だと1000mのアタックが1鞍組まれているだけで、投票しても再度除外される可能性が高いです。そのため、一般競走の未勝利戦に向かうことにしました。相手関係は大きく変わらないでしょうが、まだ競馬を覚えさせなければならない段階。少しでも数を使っていこうと思います。なお、追い切りは10日(月)におこなう予定です」(田中淳司調教師)
2019/5/31 (門別競馬場)
「昨日30日(木)は坂路コースで15-15程度を乗り、最終追い切りは6月2日(日)に同じく坂路でおこなう予定。目標としている来週5日(水)のダ1200m戦に向かいたいと思います。他馬を怖がる面がありますが、今の時点では実戦でもまだ馬具に頼らず慣らしていった方がいいと考えており、引き続き服部鞍上で競馬を覚えさせたいと思います」(田中淳司調教師)
2019/5/24 (門別競馬場)
「前走の疲れやダメージもなく、この中間は次走に向けて調整を進めています。来週でも使えそうな状態にあるので、2鞍組まれている1000mのアタックチャレンジのうち、どちらかへ登録することも検討しましたが、次は距離を1ハロン延ばしてみることにしました。再来週6/05(水)門別・JRA認定アタックチャレンジ競走(2歳未勝利・ダ1200m)に向かう予定です。翌6日(木)には1700m戦もありますが、現時点で1周ゆったり回るようなレースを使っても、競馬を覚えることにはならないと思います。ゆくゆくはこれくらいの距離でと考えていますが、もう少しの間は短距離中心に走らせましょう。1000mよりテンに忙しくない分、前半の追走もやや楽になるはずです」(田中淳司調教師)
2019/5/17 (門別競馬場)
★5/15(水)門別・JRA認定フレッシュチャレンジ競走(2歳新馬・ダ1000m)服部茂史騎手 結果6着

「スタート後のペースは速かったと思いますが、ポンと出てくれた割についていけませんでした。ただ、終いは差を詰めていたように、この距離でもまるっきりダメというわけではありません。気性面での幼さが解消されて、馬混みにも慣れてくれば、前半の行きっぷりも変わってくると思います。とにかくパラダイムチェンジには経験が必要。今はテンからガシガシいくような厳しい流れなどを経験させ、どんどん使っていって競馬を覚えさせたいと思います」(田中淳司調教師)
2019/5/15 (門別競馬場)
馬体重:484kg
★5/15(水)門別・JRA認定フレッシュチャレンジ競走(2歳新馬・ダ1000m)服部茂史騎手 結果6着

「スタートは真っ先に切ってくれたのですが、内外から他馬に来られると怖がって、すぐに後退してしまいました。1000mが忙しいこともありますが、直線は伸びてくれましたし、しばらくはこれくらいの短い距離で厳しい流れなどを経験させていった方が良さそうです。今日は真ん中の枠で、レースを覚えさせる意味では良かったと思います」(服部茂史騎手)
写真
2019/5/10 (門別競馬場)
「先週2日(木)に本馬場でゲートから出し、4頭で併せてみたところ、動きはマズマズ。ただ、能検時ほど他馬を気にしてヨレたりすることはなかったものの、これで競馬となるとまた流れも違ってきますから、その辺りの不安は残る内容でした。これまでお預かりした馬とはタイプが異なり、初戦からといった感じではありませんので、レースに使いつつ競馬を覚えさせる方向で進めたいと思います。3回門別開催(5/15~)でのデビューを予定していますが、今週末の追い切りの動き次第では来週の出走も検討するつもり。距離はあった方がいいとは思いますが、まずは1000mの短いところを経験させ、それから徐々に延ばすイメージで考えています。丈夫そうな馬なので数は使えるでしょうし、馬体は良くゆくゆくは走ってくる馬だと見ています」(田中淳司調教師)
2019/4/26 (門別競馬場)
「この中間も坂路と本馬場を併用しながら調教をおこなっていますが、今週からは本馬場メインに乗り込み、徐々にペースアップも図っています。ペースが上がった状態でもコーナリングはスムーズ。外に大きく膨れたり内にササることなく周回できており、それ以外に気になるところもありません。来週いっぱいくらいまでは現状メニューで進めようと考えており、更なる良化を促していきます」(田中淳司調教師)
2019/4/19 (門別競馬場)
「この中間は坂路2本を17~18秒ペース(週に2回は15~16秒ペース)、また週に2回は本馬場に入れて長めをジックリ乗るメニューをおこなっています。調教が進んでも煩くはなっていませんが、とにかく元気いっぱい。馬体に張りがありますし、体調面で気になるところもありません。もう2~3週間ほど乗り込み、来月にはデビューさせたいと考えていますので、引き続きしっかり鍛えていきます」(田中淳司調教師)
2019/4/12 (門別競馬場)
「体調面も良さそうなことから当初の予定を変更し、6日(土)に坂路で軽く時計を出してみたところ、しっかり動けていましたので、今後は追い切りも織り交ぜていくことにしました。昨日11日(木)にも15-15程度をおこなっており、その後も疲れが出たり飼い葉食いが落ちたりすることはありません。このまま順調に進めていけそうです。デビュー目標については、もう何本か追い切りを消化してから考えたいと思います」(田中淳司調教師)
2019/4/5 (門別競馬場)
「今週から坂路の調教ペースを徐々に上げており、現在は16~17秒ペースで2本。また、週に2回は本馬場で長めをジックリ乗り込み、調教内容にメリハリを付けながら進めています。体調面など特に気になるところはありませんが、もう少しの間は現状メニューを継続して心身の成長を促すつもり。それから15-15の時計を出そうと考えています」(田中淳司調教師)
2019/3/29 (門別競馬場)
「今週から調教を再開し、現在は坂路2本を20~22秒ペースでジックリ乗っています。まだ軽めの内容ですが、今後は徐々にペースアップを図っていく予定です。能検の際は他馬を気にする面が見られましたが、普段の調教では併走馬を気にしたりすることはありませんよ」(田中淳司調教師)
2019/3/22 (門別競馬場)
「先週の能検後も馬体・体調面ともに変わりありませんが、ここで一度リフレッシュを図る目的で、現在はウォーキングマシンでの運動のみにとどめています。今週いっぱいは楽をさせて、来週からはまた調教を再開予定。徐々にペースを上げつつ、しっかり鍛えていこうと考えています」(田中淳司調教師)
2019/3/15 (門別競馬場)
馬体重:492kg
昨日14日(木)の競走能力・発走調教検査を受験し、54.7(ダ800m)のタイムで合格しました。

「ゲート内では大人しく、スタートもポンと出たものの、他馬に外から来られると怯んでしまいました。怖がって内にササったり、顔を上げたりしてハミを噛まず、今日は競馬という感じではなかったです。精神面での幼さが出てしまいましたが、調教もまだバリバリ攻め込んではいませんし、これからもう少し時間を掛けてどんどん鍛えていくつもり。デビュー目標については、それから考えることにしましょう。まともに走れば動きはいいモノがあるので、変わってくるはずです」(田中淳司調教師)
2019/3/8 (門別競馬場)
「先週2日(土)、そして今週は6日(水)に本馬場で14-14程度を消化。また、昨日7日(木)に2回目の発走練習(ゲート試験)を受験し、今回も問題なく合格しています。この後は来週14日(水)におこなわれる能力検査を目標に進める予定です。まだそれほど攻め込んではいませんが、ウチにいる2歳馬の中では体質が強い方ですね。デビュー時期などについては能検のタイムと動きを見てから検討しますが、距離の融通が利きそうなので、いろいろと選択肢がありそうです」(田中淳司調教師)
2019/2/28 (門別競馬場)
馬体重:502kg
「今週、競走馬登録を完了し、この中間は坂路調教と並行しながらゲート主体に進めています。また、昨日27日(水)に1回目の発走練習(ゲート試験)を受験。入り、駐立、発馬といずれも問題はなく、無事に合格しています。来週中に2回目を受ける予定(ホッカイドウ競馬の場合、発走練習に都合2回受験し、合格することが義務付けられている。2回目は主催者が立ち会う)で、そこをパスできれば3月中旬の能検を目標に進めていく考えです」(田中淳司調教師)
2019/2/15 (門別競馬場)
「この中間も連日坂路2本のメニューで調整しており、速い日で16~17秒ペースを消化。まだ通過だけになりますが、調教と並行してゲート練習もおこなっています。今のところ、来月上旬の発走練習(ゲート試験)を受験したいと考えており、今後は入り、駐立、発馬といったところも進めていこうと考えています」(田中淳司調教師)
2019/1/31 (門別競馬場)
馬体重:500kg
「現在は連日坂路2本の調教メニューをおこなっており、速い日で16~17秒ペースを消化しています。この中間も変わりなく順調ですし、馬体に張りが出てきて体調面も良好そうに映ります。本格的に攻めていくのはまだこれからになりますが、大型馬でも脚元は特に気になりませんので、問題なく強い負荷を掛けていけそうです」(田中淳司調教師)
2018/12/28 (門別競馬場)
馬体重:511kg
「現在は坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。こちらの環境にもすぐに慣れて、数日ほどで坂路入りすることが出来ました。牧場である程度乗り込みを進めてもらってからの移動でしたので、ペースアップにもスムーズに対応できています。今のところ調教中も扱いやすく、これといった注文はありません。立派な馬格で頼もしいですし、鍛えられて無駄肉も少なくなってきました。この後も基礎体力の向上を図りながら、徐々に進めていきます」(田中淳司調教師)
2018/11/30 (門別競馬場)
馬体重:532kg
現在は馬場1周と坂路2本のメニューで調整しています。騎乗担当者は「今月に入ってからも順調でしたし、移動前にひと息入れることになり、2週間ほどウォーキングマシンでの運動にとどめて、リフレッシュに充てました。そして下旬より騎乗を再開しています。楽をさせた分、お腹回りがフックラして動きはいくらか重たい印象ですが、これから乗り込み量を増やしていくことになると思うので、今はこれくらいで良さそうです」と話していました。なお、今後は預託先であるホッカイドウ競馬・田中淳司厩舎で調整を進めることになり、本日30日(金)に移動しました。
写真
2018/10/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:506kg
現在は馬場2周と坂路1本のメニューで調整しています。騎乗担当者は「馬格があることから早めに始動することになり、9月初旬にえりも分場からこちらへ移動してきました。10月中旬には問題なく馴致を終了し、その後すぐに馬場入りを開始しています。すでに500kgを超す大型馬。いかにもダートのパワータイプといった見た目の印象通り、騎乗していても力強さが感じられ、自ら推進していくところにも好感が持てます」と話していました。なお、来年の早期デビューを見据え、早ければ年内にもホッカイドウ競馬・田中淳司厩舎へ移動させる予定です。
写真