現在表示しているページの位置

トゥインクルリーフ
牝馬 鹿  2016/3/16生
カタログPDF

父:ヘニーヒューズ × 母:ウエスタンデンコー(母の父:ジェネラス)

生産:新ひだか・ウエスタンファーム  所属:栗東・吉岡辰弥厩舎

  •  
  •  
総口数 400口 募集総額 1,080万円
募集状況 満口 1口出資額 27,000円

近況

詳細

2021/7/23 (栗東トレセン)
★7/17(土)小倉・岩国特別(ダ1700m・混)松山弘平騎手 結果5着

「休養明けで久々の実戦。+14kgでも太め感はなく、仕上がり万全でレースに臨めました。松山騎手がロスなく立ち回ってくれたのは大きかったと思いますし、この距離なら追走もスムーズ。自厩舎で預かってからはずっと1400m戦を使ってきましたが、持久力を生かして最後まで踏ん張りきれた内容から、こういう競馬に慣れさせていけばもっと差は詰まってくるはずです。今朝の計量で470kg。レース後も大きなダメージは見られませんので、中3週で8/15(日)小倉・八女特別(ダ1700m・混)に向かいましょう」(吉岡辰弥調教師)
2021/7/17 (小倉競馬場)
馬体重:472kg
★7/17(土)小倉・岩国特別(ダ1700m・混)松山弘平騎手 結果5着

「松山騎手は『揉まれないようテンに脚を使った分、最後やや甘くなってしまいました。もう少し外めの枠からスムーズな競馬ができていれば、着順もまた違っていたと思う』とコメントしていました。久々で+14kgの馬体重でもしっかり中身は出来ていましたし、体調面も今回凄く良く映りました。厳しい展開の中でも頑張って権利を取ってくれたことは大きい。レース後の状態を見て問題ないようなら、中3週でまた8/15(日)小倉・八女特別(ダ1700m・混)に向かいたいと考えています」(吉岡辰弥調教師)
2021/7/15 (栗東トレセン)
☆7/17(土)小倉・岩国特別(ダ1700m・混)松山弘平騎手

14日(水)に坂路コースで4ハロン56.4-40.3-26.6-13.1を単走で馬ナリに追い切りました。「小倉までの輸送も考慮して、最終追いは軽めの内容にとどめています。この馬らしくキビキビとした動きで状態面の良さが伝わってきましたね。疝痛発症後の回復が幸い早かったですし、その影響なく今はもう完全に立ち直っている。今回は体も大きく見せて、万全の態勢で競馬に臨めると思います。前掛かり気味に走る面が見受けられるため、道中はキックバックでうまくそういったところを抜きながら運ばせたい。コース実績もあり、距離さえこなせれば十分勝負になっていいはずです」(吉岡辰弥調教師)
2021/7/9 (栗東トレセン)
7日(水)に坂路コースで4ハロンから0.6秒追走して併せ、53.5-38.4-24.8-12.7を馬ナリに追い切りました。「今朝の計量で476kg。体がいつもより大きいため、その分この中間もやや負荷を強めて調整しています。水曜日は併せ馬で追い切りを消化。硬さがなくスムーズな脚捌きで、乗り手が軽く仕掛けると最後までしっかり脚を伸ばして動けていました。息遣いも重い感じはしませんし、雰囲気も徐々に上向いてきている。来週7/17(土)小倉・岩国特別(ダ1700m・混)を松山騎手で予定。キックバックでうまく気を抜かせながら追走できれば、小回りコース1700mの距離も対応可能と見ています」(吉岡辰弥調教師)
2021/7/2 (栗東トレセン)
吉澤ステーブルWESTで調整され、6月29日(火)に帰厩しました。

7月1日(木)に坂路コースで4ハロン59.3-43.2-28.7-14.2を単走で馬ナリに追い切りました。「今朝の計量で478kg。筋肉にメリハリが付いたパンパンのいい状態を維持できています。この時期を得意としているようで、体面調も凄く良さそうに映る。疝痛のため一旦リセットさせてもらいましたが、だいぶリフレッシュできた様子。休ませた効果は大きいと思います。次走は7/17(土)小倉・岩国特別(ダ1700m・混)を予定。これまで左回りの1400m戦に良績は集中しているものの、右回りの走りがけっして悪いわけではありません。キックバックにだいぶ慣れてきましたし、ある程度タメを利かせる競馬なら距離延長も十分対応可能でしょう」(吉岡辰弥調教師)
2021/6/25 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:488kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター1500m、600mの坂路を2本(17秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。来週29日(火)の帰厩が決まりましたが、引き続き硬さが出ることはありませんし、体調面も安定しています。乗り込みながらも体重は増加傾向なように、いい状態で送り出せると思います」(担当者)
2021/6/18 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:484kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター1500m、600mの坂路を2本(17秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。コンスタントに速いところを消化しながら乗り込んでいますが、硬さが出ることはなく、体調面も良好。息遣いも徐々に良くなってきましたよ。早ければ来週には帰厩となるようなので、このまま本数を重ねながら、コンディションアップを目指していきたい考えです」(担当者)
2021/6/11 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:480kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター1500m、600mの坂路を2本(17秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。今週から更にピッチを上げて乗り込んでいます。硬さは感じられませんし、体調面も問題ないところ。息遣いはまだ重いのですが、ここから進めていくことで解消してくるでしょう。どんどん乗り込んで、良化を促していきたいと思っています」(担当者)
2021/6/4 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:480kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター1500m、600mの坂路を2本(17秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も体調は問題なく、速いところを織り交ぜながらコンスタントに乗り込めています。硬くなりやすい体も悪くない状態ですし、このまま負荷を掛けていくつもり。来週から13-13を織り交ぜることも検討しています」(担当者)
2021/5/28 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:468kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター1500m、600mの坂路を2本(17秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。今週から速いところを織り交ぜながら進めていますが、硬さも抜けてきていい感じで動けています。疝痛の件も、そういう事があったと聞いていなければ、全く分からないほどの状態。負荷を掛けながらどんどん乗り込んでいきたいと考えています」(担当者)
2021/5/21 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:468kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター1500m、600mの坂路を2本(17秒ペース)のメニューで調整中です。先週こちらに帰ってきましたが、疝痛の影響は全くありませんし、体調面は問題なさそう。念の為まだ軽めに乗っているところですが、この感じであれば進めていっても良さそう。仕切り直しの気持ちで、あまり無理をさせないように立ち上げていきます」(担当者)
2021/5/14 (吉澤ステーブルWEST)
この後はトレセン近郊の吉澤ステーブルWESTで調整することになり、本日14日(金)に移動しました。

「状態が安定したことから、9日(日)の夕方に退院。週明け火曜日からフラットワーク主体で軽めの騎乗運動を再開しています。このまま進めていくうえで問題ない様子には映るものの、捻転した際に腸がダメージを受けていますし、獣医師からも『レースに向けてペースを上げていくのは時期尚早では』とのアドバイスがありました。大変申し訳ありませんが、一旦近郊に出して仕切り直しとさせてください。昨日の計量で460kg。毛ヅヤや馬体の張りなども落ちておらず、問題ないようならすぐに帰厩させたいと考えています」(吉岡辰弥調教師)
2021/5/7 (栗東トレセン)
今朝5:30頃に疝痛を発症。腸が捻じれて痛みが強くなり、トレセン内の診療所に緊急搬送されました。変位疝の疑いから開腹手術を行う可能性もありましたが、幸い処置が早かったため自立で回復しています。現在は入院馬房で経過観察中です。

「今朝の調教前に疝痛を発症してしまい、見る見るうちに痛みが激しくなったため、診療所に緊急で運ばせてもらいました。エコー画像でも変位を確認し、一時は開腹手術を行う可能性もあったのですが、トゥインクルリーフ自身が自らゴロゴロと寝返りを繰り返して自立。腸が捻じれて変位した箇所に炎症は見られるものの、幸い大事に至ることなく現在は回復傾向にある様子です。今日一日はこのまま入院馬房で過ごすことになり、状態が安定していれば明日には退院できる見込みとさきほど獣医から説明を受けました。このようなご報告をすることになり、大変申し訳ありません」(吉岡辰弥調教師)
2021/4/30 (栗東トレセン)
25日(日)に坂路コースで4ハロン59.1-43.0-28.2-14.4を単走で馬ナリに追われ、28日(水)にも坂路コースで4ハロン57.3-42.2-27.4-13.5を単走で馬ナリに追い切りました。「この中間も順調に調整を進められています。短期でも休ませた効果は十分といった印象で、馬に活気が感じられるデキ。激しく接触するなど不利を受けた前走時のダメージはもう残っていません。今朝の計量で460kg。飼い葉食い良好で体調自体も徐々に上向いてきている。本調子であればこのクラスで勝ち負けできるはずですし、しっかり力を発揮できるように仕上げていきたいと思います。次走は5/15(土)中京・4歳上2勝クラス(ダ1400m・混)を予定。鞍上は3kg減の角田大和騎手に依頼しています」(吉岡辰弥調教師)
2021/4/23 (栗東トレセン)
吉澤ステーブルWESTで調整され、本日23日(金)に帰厩しました。

「ごく短期の放牧ではありましたが、ガス抜きできたのか落ち着きが見られますね。少しまだ体が細い印象を受けるので、その点は注意しながらメニューを組み立てていくつもりです。トゥインクルリーフは今週で3節。やや混み合っていて読みづらい出馬状況にありますが、進めていって問題ないようなら、5/15(土)中京・4歳上2勝クラス(ダ1400m・混)から投票を検討していきましょう」(吉岡辰弥調教師)
2021/4/16 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:464kg
「現在は1時間のウォーキングマシンの運動をおこなっています。入場後は体が少し細くなっていましたし、まだ冬毛も残っていて、見栄えが良くない状態でした。全体的に硬さも感じられ、背腰にも痛みがあったので、ケアをおこなっているところ。暖かくなればコンディションは上がってきそうですし、まずはしっかりリフレッシュさせることを念頭に置いて進めています。来週頭から騎乗運動をおこなうつもりで、ここから立ち上げていきたいと考えています」(担当者)
2021/4/9 (吉澤ステーブルWEST)
★4/04(日)阪神・4歳上2勝クラス(ダ1400m・混)C.ルメール騎手 結果6着
この後はトレセン近郊の吉澤ステーブルWESTで調整することになり、8日(木)に移動しました。

「スタートから出して行ってもらったのですが、前半はペースの速さに戸惑い促し促しの追走に。また向正面から他馬にぶつけられ、直線も何度か接触する場面がありました。上りの息遣いからも走り切った感じはせず、馬に可哀想な内容の競馬となってしまった印象です。申し訳ありません。馬体や脚元に大きなダメージは残っていませんので、あまり節を空けずに次走を考えていけると思います。5/15(土)中京・4歳上2勝クラス(ダ1400m・混)もしくは翌週5/22(土)東京・4歳上2勝クラス(ダ1600m・牝)を予定させてください」(吉岡辰弥調教師)
2021/4/4 (阪神競馬場)
馬体重:458kg
★4/04(日)阪神・4歳上2勝クラス(ダ1400m・混)C.ルメール騎手 結果6着

「トゥインクルリーフは揉まれたり被されるのを極端に嫌がるタイプ。ルメール騎手もその点は十分理解してくれていて、『スタートからある程度出して行って、あまりキックバックを受けないよう距離を取って運んだ』とコメントしていました。ただ、今日は強い雨が降りしきる中で流れも速くなり、道中追っ付け追っ付けステッキを入れながらの追走。直線でもストームガストが壁となって外へ持ち出せずにタイトな競馬を強いられてしまった。体が戻って雰囲気良く臨めたのですが、権利を外してしまって申し訳ありません。レース後の状態を見てまた番組を決めていければと思います」(吉岡辰弥調教師)
2021/4/1 (栗東トレセン)
☆4/04(日)阪神・4歳上2勝クラス(ダ1400m・混)C.ルメール騎手

3月27日(土)にCWコースで5ハロンから0.4秒追走して併せ、74.8-59.0-43.9-13.6を馬ナリに追われ、31日(水)には坂路コースで4ハロンから0.8秒追走して併せ、57.3-41.8-27.1-13.5を馬ナリに追い切りました。「先週末に長目から強い負荷をかけているので、水曜日はサラッと坂路で追い切りを消化。背中やトモの筋肉が戻り、動きにも力強さが感じられるようになりました。暖かくなるにつれてコンディションもグングン上がってきています。今朝の計量で462kg。休み明けでも体に太め感はありません。権利持ち5頭でメンバー的にはやや揃った印象ですが、今の感じならチャンス十分。いい競馬をしてくれると思います」(吉岡辰弥調教師)
2021/3/26 (栗東トレセン)
20日(土)に坂路コースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、54.0-39.1-25.1-12.5を末強めに追われ、24日(水)にも坂路コースで4ハロン58.1-42.3-27.3-13.4を単走で馬ナリに追い切りました。「やはり寒い時期はあまり得意としないタイプだったようで、ここにきてグンと気配が上向いてきています。今朝の計量で466kg。前後のボリューム感がいい状態に戻っていますし、動きに関しても弾んでいる。週末また馬場で追い切る予定ですが、仕上がりもいいのでもうそれほど強い負荷をかけなくて大丈夫だと思います。来週4/04(日)阪神・4歳上2勝クラス(ダ1400m・混)にC.ルメール騎手で向かいます」(吉岡辰弥調教師)
2021/3/19 (栗東トレセン)
吉澤ステーブルWESTで調整され、16日(火)に帰厩しました。

「今朝の計量で464kg。毛ヅヤも良くなり、だいぶ状態が上向いて戻ってきましたね。稽古ではこの馬らしく活気ある動きが目に付き、お尻や肩周りの筋肉にもボリュームが感じられる。得意の1400m戦なら牡馬相手に十分やれる力を持っていますし、前走からの一変が見込めそうです。4/04(日)阪神・4歳上2勝クラス(ダ1400m・混)をC.ルメール騎手で予定しています」(吉岡辰弥調教師)
2021/3/12 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:466kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター1500m、600mの坂路を2本(17秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。今週も速いところを織り交ぜながら乗り込んでいます。順調に進められていますし、今週は体重こそ減らしてしまったものの、コンディションも上がってきたので、そろそろ帰厩も視野に入ってくるのではないかと思っているところ。声が掛かるまでこのまましっかりと乗り込んでいきます」(担当者)
2021/3/5 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:480kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター1500m、600mの坂路を2本(17秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間より調教進度を強めて乗り込んでいますが、体重が増加傾向にあるように、状態、体調面ともに非常に良好。それに伴って動きも良い感じなので、このままどんどん積み重ねていきます」(担当者)
2021/2/26 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:470kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター1500m、600mの坂路を2本(17秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。今週から15-15を取り入れて進めていますが、それでも体重は減ることなく、いい流れの中で調教を進められています。来週から更にピッチを上げていく予定で、このままコンスタントに速いところを織り交ぜながら積み重ねていきたいと思っています」(担当者)
2021/2/19 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:466kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター1500m、600mの坂路を2本(17秒ペース)のメニューで調整中です。今週から騎乗運動をおこなっていますが、疲労が抜けてきたのか先週と比べて体重が10kg以上増加しています。状態が良くなってきましたし、近々15-15も織り交ぜながら更なる良化を促していきたいと考えています」(担当者)
2021/2/12 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:454kg
「現在は1時間のウォーキングマシン運動をおこなっています。前走で減っていた体重がなかなか戻ってこないことから、到着後は現状のメニューで馬体をフックラさせることを念頭に置いて進めています。毛も伸びていて少し長い状態ですし、内面の疲労があるかもしれないですね。今週いっぱいはこのまま回復に努め、来週から騎乗運動に移行する予定です」(担当者)
2021/2/5 (吉澤ステーブルWEST)
★1/31(日)中京・4歳上2勝クラス(ダ1400m・牝)坂井瑠星騎手 結果5着
この後はトレセン近郊の吉澤ステーブルWESTで調整することになり、2日(木)に移動しました。

「当日の馬体重-14kgは数字が示す通りでさすがに寂しく映りました。しっかり後肢を踏み込めてはいたものの、パドックでの歩様もいつもに比べて覇気が感じられず、気合乗りが今ひとつの印象。時期的なものもあるかもしれませんが、最後ジリジリとしか伸びなかったのは今回大幅な馬体重減少による影響が大きかったと見ています。この後は馬体回復を目的に一旦近郊に出させてもらい、3/28(日)中京・四日市特別(ダ1400m・混)を目標とさせてください。中京ダ1400mの条件自体は合っていますので、もう一度得意の舞台で巻き返したいと思います」(吉岡辰弥調教師)
2021/1/31 (中京競馬場)
馬体重:452kg
★1/31(日)中京・4歳上2勝クラス(ダ1400m・牝)坂井瑠星騎手 結果5着

「トレセンを出発する前の計量で460kg。そこから輸送で多少減らした分もあったと思うのですが、この中間は良い頃に比べると飼い葉食いも細く活気にやや欠けるようにも映りました。砂を被らずにうまく外へ持ち出せたものの、直線伸びずバテずの内容。条件的にはベストの舞台で、本来はもっと終い切れる脚が使える馬ですし、5着でも体調がまだ本物ではないんだと思います」(吉岡辰弥調教師)
2021/1/28 (栗東トレセン)
☆1/31(日)中京・4歳上2勝クラス(ダ1400m・牝)坂井瑠星騎手

23日(土)にCWコースで6ハロンから1.1秒先行して併せ、86.9-69.4-53.6-39.2-12.6を馬ナリに追われ、27日(水)には坂路コースで4ハロン60.0-43.8-29.1-14.7を単走で馬ナリに追い切りました。「稽古の動きはけっして悪くないのですが、いまひとつ状態面が上がってこない印象です。今朝の計量で460kg。夏場に比べると飼い葉食いも細く、体つきが若干寂しく映ります。本来はもっと体の張りや毛ヅヤもいい馬なので、寒い時期をあまり得意としないタイプかもしれませんね。それでも最終追いに跨った坂井騎手の感触は上々でしたし、自厩舎の開業初勝利を飾ってくれたのが今回と同じ中京ダ1400m戦。条件自体はトゥインクルリーフに合っていると思います。牝馬限定でもあるので、好走を期待できるでしょう」(吉岡辰弥調教師)
2021/1/22 (栗東トレセン)
14日(木)に坂路コースで4ハロン56.9-41.3-26.9-13.3を単走で馬ナリに追い切りました。「稽古の動き自体は悪くないのですが、冬毛が抜けきらずにモサッとして映りますし、そういった代謝の面や飼い葉食いの量からも、暑い時期に比べて冬場はあまり得意としないタイプかもしれません。実戦に行って近走のようなパフォーマンスをしっかり発揮できるか、今回は少々不安材料も抱えているのが正直なところです。来週1/31(日)中京・4歳上2勝クラス(ダ1400m・牝)を坂井瑠星騎手で予定。長目から実質的な最終追い切りを明日やるつもりですが、今回パシュファイヤーは外してシャドーロールのみで臨みたいと考えています」(吉岡辰弥調教師)
2021/1/15 (栗東トレセン)
14日(木)に坂路コースで4ハロン56.9-41.3-26.9-13.3を単走で馬ナリに追い切りました。「目標の番組がスライドとなった分、フラットワーク主体でじっくり乗り込めています。体調面は徐々に上がってきていますし、動きの方もパワフルさが以前より増してきているように映る。充実一途の成長が見られ、もう1つクラスが上がってもという手応えを感じています。1/31(日)中京・4歳上2勝クラス(ダ1400m・牝)を予定。鞍上は坂井瑠星騎手に声をかけています」(吉岡辰弥調教師)
2021/1/7 (栗東トレセン)
1/11(祝)中京・尾頭橋特別(ダ1400m・混)坂井瑠星騎手 除外(非抽選)

「今年から2勝クラスも前走5着内の馬に優先が与えられるルールとなり、今週の変則三日間開催までは若干読みづらい出馬状況でした。そのため除外も考慮しながら調整を進めてきましたが、仕上がり自体は今週でも使えたほどで悪くありません。コース適性や条件面からは、1/31(日)中京・4歳上2勝クラス(ダ1400m・牝)に向かうのがベターと考え、そこから逆算して仕上げていくつもりです。ただ、近走内容からも牡馬相手に十分勝ち負けできる力を持っていると判断できますので、状態次第では番組を前倒しすることも検討させてください」(吉岡辰弥調教師)
2020/12/25 (栗東トレセン)
20日(日)に坂路コースで4ハロン58.5-42.4-27.7-14.0を単走で馬ナリに追われ、23日(水)にも坂路コースで4ハロン56.9-40.4-25.6-12.7を単走で馬ナリに追い切りました。「今朝の計量で462kg。馬の雰囲気は中間凄くいいですね。前走でもキックバックを嫌って道中怯む場面が見られましたので、普段の稽古からそこは工夫しながらやっています。1/11(祝)中京・尾頭橋特別(ダ1400m・混)を坂井瑠星騎手で予定。パシュファイヤーの効果はあまり窺えないため、次はシャドーロールのみ装着してレースに臨みたいと考えています」(吉岡辰弥調教師)
2020/12/18 (栗東トレセン)
吉澤ステーブルWESTで調整され、本日18日(金)に帰厩しました。

「あまり緩めないよう放牧先でもしっかりと乗り込んでもらいました。さきほど厩舎に到着しましたが元気いっぱいの様子。体もフックラして映り、状態面は良さそうですね。年明け1/11(祝)中京・尾頭橋特別(ダ1400m・混)を坂井瑠星騎手で予定させてください。前走は牡馬相手に3着。左回りのダ1400mはもっとも安定して走れる条件だと思いますし、また良い競馬ができるように態勢を整えていきます」(吉岡辰弥調教師)
2020/12/11 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:476kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、600mの坂路を2本(17秒ペース、週2本は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。速いところを消化しながらも体重が減ることはありませんし、好調をキープしています。体調面も良好ですし、これであればそろそろトレセンに送り出しても問題なさそう。来週には帰厩となる見込みなので、この状態で引き継げればと思っています」(担当者)
2020/12/4 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:476kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、600mの坂路を2本(17秒ペース、週2本は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。今週からは先週より更に負荷を強めて乗り込んでいます。どこも悪いところはありませんし、ここまで順調に進められています。吉岡調教師からは、『近々戻したいと思います』と言われています」(担当者)
2020/11/27 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:476kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、600mの坂路を2本(17秒ペース、週1本は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から速いところを織り交ぜながら進めています。緩めないように乗り込んでいて、12月のどこかで帰厩の声が掛かると思うので、このまま仕上げていきたいと思っています」(担当者)
2020/11/20 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:476kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、600mの坂路を2本(17秒ペース)のメニューで調整中です。到着後は使ったなりの疲れが感じられ、両トモにもクモズレを負っていましたが、大きな問題もなかったことから、今週から17秒ペースで乗り込んでいます。おそらく長い滞在にはならなそうなので、緩めないように進めているところ。今の状態をキープしていけるよう心掛けていきます」(担当者)
2020/11/13 (吉澤ステーブルWEST)
★11/08(日)東京・3歳上2勝クラス(ダ1400m)北村宏司騎手 結果3着
この後はトレセン近郊の吉澤ステーブルWESTで調整することになり、12日(木)に移動しました。

「外枠からスムーズに運べているように映ったのですが、『前走より脚は溜まっていなかった』とジョッキーは話していました。馬具の効果はあるものの、まだキックバックを執拗に嫌がって怯んでいますし、そういったメンタル面を鍛えていければもっと強くなる馬だと思います。レース後のダメージが今回いつもより大きい印象ですので、一旦近郊でひと息入れてやり、次走は年明けの中京開催を目標にしていきましょう」(吉岡辰弥調教師)
2020/11/8 (東京競馬場)
馬体重:466kg
★11/08(日)東京・3歳上2勝クラス(ダ1400m)北村宏司騎手 結果3着

「北村騎手からは『前走と違って抱える場面がなく、道中あまり脚が溜まっていなかった。状態の良さを感じていましたし、牡馬相手に最後まで頑張って走り切ってくれているのですが、ゴール前は止まってしまいました』と話されています。今日は外枠からスムーズに運べているように映ったのですが、内に進路を求めるとやはりキックバックを嫌い、自らブレーキをかけてしまっている。なるべく砂を被らないように、次は前半もう一列前から競馬をしてみてもいいかもしれませんね」(吉岡辰弥調教師)
2020/11/5 (栗東トレセン)
☆11/08(日)東京・3歳上2勝クラス(ダ1400m)北村宏司騎手

10月31日(土)に坂路コースで4ハロン58.1-41.9-27.2-13.3を単走で馬ナリに追われ、11月4日(水)にも坂路コースで4ハロン54.3-39.0-25.2-12.7を単走で馬ナリに追い切りました。「トゥインクルリーフが後ろから追走する形でしたが、3勝クラスの格上相手を煽るくらいの動き。非常にいい内容の追い切りができたと思います。乗っていたスタッフも『一度使って反応の面がだいぶ鋭くなってきた』と褒めていましたし、前走から試している馬具(パシュファイヤーにシャドーロール)の効果も大きいよう。牡馬相手でも十分やれる力はありますので、ここは良い結果を期待しています」(吉岡辰弥調教師)
2020/10/30 (栗東トレセン)
28日(水)に坂路コースで4ハロン59.5-43.1-28.2-14.3を単走で馬ナリに追い切りました。「水曜日は15-15程度で軽めに追い切りました。今朝の計量で466kg。飼い葉食い旺盛で体はもうしっかり回復していますし、疲れも残っていません。いい状態をキープできていると思います。来週11/08(日)東京・3歳上2勝クラス(ダ1400m)を北村宏司騎手で予定。次は牡馬との混合戦になりますが、パシュファイヤーにシャドーロール装着の馬具による効果も大きいようなので、スムーズな競馬さえできれば差はないはず。週末にまた坂路コースで時計消化を行うつもりです」(吉岡辰弥調教師)
2020/10/23 (栗東トレセン)
★10/18(日)東京・3歳上2勝クラス(ダ1400m ・牝)北村宏司騎手 結果3着

「最内枠に苦しみながらも、パシュファイヤーとシャドーロールで今回は我慢が利いていました。展開さえ向けばもっとやれていたでしょうし、やはりこのクラスでは能力上位。今朝の計量で470kgと体がすぐに回復し、レース後も特にダメージは見られませんので、このまま続戦していきましょう。中二週で11/08(日)東京・3歳上2勝クラス(ダ1400m)に向かいたいと思います。鞍上は再度、北村宏司騎手に依頼しました」(吉岡辰弥調教師)
2020/10/18 (東京競馬場)
馬体重:462kg
★10/18(日)東京・3歳上2勝クラス(ダ1400m ・牝)北村宏司騎手 結果3着

「今日は最内という枠順、それに前残りの展開でよく頑張っていると思います。鞍上の話では『キックバックは馬混みの厳しいところで多少、気にする程度だった』とのことでしたから、馬具の効果はあったと思います。レース後の状態を見てまたどこに向かうか相談させてください」(吉岡辰弥調教師)
2020/10/15 (栗東トレセン)
☆10/18(日)東京・3歳上2勝クラス(ダ1400m ・牝)北村宏司騎手

10日(土)にCWコースで6ハロンから1.0秒追走して併せ、81.9-66.1-52.1-38.9-13.2を強めに追われ、14日(水)には坂路コースで4ハロンから0.5秒追走して併せ、56.0-40.8-27.1-13.6を馬ナリに追い切りました。「この中間も落ち着きが見られますし、馬の雰囲気は凄くいいですね。昨日の追い切りでも引っ張り切りの手応え。パシュファイヤーにシャドーロールの装備がプラスに働いていて、最後まで気持ちを切らさずに走れていましたよ。以前ルメール騎手から左回りのほうがスムーズと進言を受けたことがあるのですが、右手前でより上手に走れるタイプ。直線の長い東京コースも合っていると思います。道中スムーズに自分のタイミングで動いていければ、久々でもいい競馬になるでしょう」(吉岡辰弥調教師)
2020/10/9 (栗東トレセン)
3日(日)に坂路コースで4ハロン53.2-38.7-25.1-12.7を単走で馬ナリに追い切りました。「この中間も坂路コースでコンスタントに15-15を消化しています。馬の後ろに付けて我慢させる稽古を重ねていますが、並び掛けると瞬時に相手を抜いていける。キックバックに怯むような場面も見られませんし、パシュファイヤーとシャドーロールの効果は大きいようですね。飼い葉もちゃんと食べれていますので、週末またコースでビッシリと追い切る予定。来週10/18(日)東京・3歳上2勝クラス(ダ1400m・牝)に北村宏司騎手で向かいます」(吉岡辰弥調教師)
2020/10/2 (栗東トレセン)
9月27日(日)に坂路コースで4ハロン58.0-41.9-28.1-14.3を単走で馬ナリに追われ、30日(水)にも坂路コースで4ハロン56.0-41.3-27.4-13.8を単走で馬ナリに追い切りました。「今週の追い切りからパシュファイヤーと大きめのシャドーロールを着用しています。前の馬のチップが掛かるくらいの位置で単走の内容でしたが、キックバックに怯むような場面も見られず終始落ち着いて走れていました。この馬装に慣れてくれば実戦でも効果は大きいと思います。今朝の計量で470kg。程よくフックラ映る馬体でコンディションも良さそうですよ。10/18(日)東京・3歳上2勝クラス(ダ1400m・牝)を北村宏司騎手で予定しています」(吉岡辰弥調教師)
2020/9/25 (栗東トレセン)
吉澤ステーブルWESTで調整され、23日(水)に帰厩しました。

「昨日から坂路コースを終い15-15ペースで1本乗っています。今朝の計量で馬体重が466kg。体は程よくフックラして映りますし、非常に落ち着いていて、メンタルの部分もリフレッシュさせた効果が十分感じられますね。3走前のダート戦、前半の位置取りのまま競馬できていれば勝ち負けになっていたと思います。まだ馬混みやキックバックに怯む面があるので、次走に向けてはパシュファイヤーと一番大きなシャドーロールを着用してみたいと考えています。10/18(日)東京・3歳上2勝クラス(ダ1400m・牝)を北村宏司騎手で予定しています」(吉岡辰弥調教師)
2020/9/18 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:480kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、600mの坂路を2本(17秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。13秒ペースを消化しながら順調に乗り込みを重ねられています。コンディションも良好ですし、昨日来場した吉岡調教師は、『来週にはトレセンに戻すつもりです』と話していました。このままいい状態で送り出せるよう、進めていきます」(担当者)
2020/9/11 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:478kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、キャンター600mを2本(17秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き速いところを織り交ぜながら乗り込んでいます。先週と比べても大分態勢が整ってきた様子。体調面も良好ですし、帰厩に向けてしっかり準備ができていると言っても良いでしょう」(担当者)
2020/9/4 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:486kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、キャンター600mを2本(17秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。硬さはもう感じなくなってきたことから、今週から更にピッチを上げて乗り込んでいます。十分対応できていますし、反動が出ることもありません。そろそろ声が掛かっても良さそうな状態に持っていけると思います」(担当者)
2020/8/29 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:482kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、キャンター600mを2本(17秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。ここまで順調に乗り込めていることから、今週からペースを上げています。しっかりと対応できていますし、硬さももうほとんど取れてきていますよ。いい感じになってきたので、このまま本数を重ねていきたいと思います」(担当者)
2020/8/21 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:484kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、キャンター600mを2本(17秒ペース)のメニューで調整中です。硬さが抜けてきて疲労感もなくなってきたことから、この中間よりペースを上げて乗り込んでいます。それでも、まだ暑さが厳しいので、18日(火)に来場した吉岡調教師からも『じっくりと進めていってください』と言われています。現状のペースでしっかりと負荷を掛けていくつもりです」(担当者)
2020/8/14 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:482kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、キャンター600mを2本(20秒ペース)のメニューで調整中です。先週と比べると、全体的に筋肉痛がほぐれてきて、硬さも取れてきた感じがすることから、少しずつペースを上げて進めているところです。ほぐしながら乗り込んでいますが、状態は良くなってきているので、このままペースを上げていければと思っています。飼い葉をしっかりと食べているように、体調面も良好です」(担当者)
2020/8/7 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:470kg
「現在は角馬場でハッキングのメニューで調整中です。到着後は全身の筋肉に張りがあり、首と背中がガチガチな状態だったため、ほぐしながら乗り進めているところです。疲れも顕著に見られますし、元気もない状態。昨日吉岡調教師が来場されましたが、馬の状態に合わせながらじっくりと進めていく、ということで意見が一致しています。調子が良くなってきたら、少しずつピッチを上げていく予定です」(担当者)
2020/7/31 (吉澤ステーブルWEST)
★7/25(土)新潟・豊栄特別(芝1400m・混)M.デムーロ騎手 結果8着
この後は滋賀県・吉澤ステーブルWESTで調整することになり、29日(水)に移動しました。

「直線を向いて一瞬伸びかかってはいたものの、勝ち馬に交わされて他馬と一緒の脚色になってしまった。道中ずっと並びの外を回らされていたので、見た目より脚が溜まるところがなかったのかもしれませんね。ミルコはダート向きとコメントしていましたが、条件さえ合えばこのクラスの芝でもやれる力は十分あると私は思います。レース後は全身筋肉がガチガチに硬くなっている状態。ここで一息入れてやり、秋季番組の競馬に向けて立て直しましょう。年齢的にも若く、まだもう一段成長が見込めるはずです」(吉岡辰弥調教師)
2020/7/25 (新潟競馬場)
馬体重:464kg
★7/25(土)新潟・豊栄特別(芝1400m・混)M.デムーロ騎手 結果8着

「ミルコは上がってきて『4角を回る際は勝ち負けの手応えだったが、時計の速い良馬場の芝だとやや切れ負けてしまう。ダートのほうが合っているように思う』と話していました。前走比+8kgの馬体重。張りがあって良い状態に映りましたし、スタートも上手でレースの流れに乗ることはできていた。頑張って走ってるんですけどね。この後はまた厩舎で馬の様子を見て決めていきましょう」(吉岡辰弥調教師)
2020/7/23 (栗東トレセン)
☆7/25(土)新潟・豊栄特別(芝1400m・混)M.デムーロ騎手

18日(土)に坂路コースで4ハロン53.7-38.6-25.4-12.7を単走で一杯に追われ、22日(水)にも坂路コースで4ハロン54.9-39.8-26.4-13.1を単走で馬ナリに追い切りました。「馬場コンディションが荒れている時間帯での追い切りとなりましたが、キビキビと軽快な走りを見せて好調をキープ。今朝の計量で馬体重462kg。前走時よりも体つきが締まって映りますし、その分レースでキレが増せばと思っています。ただ、週末の雨予報は少々気がかりですね。開幕週だけに多少渋るくらいは問題なくても、前走ややノメる場面が見られましたので、できるだけ加速しやすい良い馬場での競馬が理想です」(吉岡辰弥調教師)
2020/7/17 (栗東トレセン)
15日(水)に坂路コースで4ハロン56.9-41.2-27.0-13.6を単走で馬ナリに追い切りました。「暑さにへばる様子はなく、帰厩後も順調に調整を進められています。稽古でも自分からハミを取っていく姿勢に変わってきましたし、まだまだこれから力を付けていきそう。飼い葉食いが安定していて体つきも程よく映ります。明日またコースでしっかりと時計を消化し、最終追いは輸送も考慮して坂路でサラッとやるつもりです。来週7/25(土)新潟・豊栄特別(芝1400m・混)にM.デムーロ騎手で向かいます」(吉岡辰弥調教師)
2020/7/10 (栗東トレセン)
吉澤ステーブルWESTで調整され、9日(木)に帰厩しました。

「レースの疲れを抜くために、放牧先では馬体のケア優先で調整してもらいました。ごく短期間でも良いガス抜きにはなったようで、非常に落ち着いていますし、ここからさらに状態が上がってきそうな雰囲気です。次走は7/25(土)新潟・豊栄特別(芝1400m・混)をM.デムーロ騎手で予定。週末から徐々にピッチを上げていくつもりです」(吉岡辰弥調教師)
2020/7/3 (吉澤ステーブルWEST)
★6/28(日)阪神・舞子特別(芝1400m・混)C.ルメール騎手 結果3着
この後は一旦、トレセン近郊の吉澤ステーブルWESTで調整することになり、2日(木)に移動しました。

「他から被されないように、道中はルメール騎手が外目を丁寧に運んでくれました。結果は前へ行った2頭の決着となりましたが、トゥインクルリーフも上り最速の脚を使って走れていましたし、芝もこなしてくれたことは今後に向けても大変意義があったと思います。レース後も特に大きなダメージは見られないものの、腰の十字部を起点に強く張りが感じられるため、一旦ガス抜きも兼ねて近郊でよくケアしてもらい、7/25(土)新潟・豊栄特別(芝1400m・混)にまた向かいたいと考えています」(吉岡辰弥調教師)
2020/6/28 (阪神競馬場)
馬体重:456kg
★6/28(日)阪神・舞子特別(芝1400m・混)C.ルメール騎手 結果3着

「ルメール騎手は『芝、ダートは問わないタイプ。ただ、左に張る面があるので、右回りよりも左回りのほうが断然いいと思う』と話していました。久々の芝でもメドの立つ内容で走ってくれましたし、レース後の状態をよく確認して、問題ないようであれば次走は新潟開催の番組を目標にできればと思っています」(吉岡辰弥調教師)
2020/6/25 (栗東トレセン)
☆6/28(日)阪神・舞子特別(芝1400m・混)C.ルメール騎手

20日(土)にCWコースで6ハロンから1.1秒追走して併せ、88.4-71.3-55.4-40.9-12.7を馬ナリに追われ、24日(水)には坂路コースで4ハロン55.6-40.3-26.1-13.0を単走で馬ナリに追い切りました。「週前半の雨で坂路コースは非常に重い馬場コンディション。時計自体は平凡でも、ブレが少なく体幹のしっかりした脚捌きで登板し、変わらず好調子をキープしていると思います。揉まれずスムーズな競馬ができれば、現級のダート戦でも能力上位の存在。ただ、キックバックを極端に嫌う現状ですから、今後の路線をより明確にするためにも、今回は芝のこの条件を試させてください。どれだけやれるかトゥインクルリーフにとって試金石の一戦になるでしょう」(吉岡辰弥調教師)
2020/6/19 (栗東トレセン)
17日(水)に坂路コースで4ハロン58.4-41.8-27.1-13.7を単走で馬ナリに追い切りました。「この中間も15-15のところをコンスタントに乗り込めており、順調に調整できています。昨日の計量で464kgですから、前走時と比べ数字はさほど変わらないものの、一回使って体つきが更に引き締まっている印象。稽古の動きからも活気が感じられますし、暑さにへこたれず好調キープの状態です。来週6/28(日)阪神・舞子特別(芝1400m・混)をC.ルメール騎手で予定。明日は坂路コースでしっかり時計を出すつもりです」(吉岡辰弥調教師)
2020/6/12 (栗東トレセン)
★6/06(土)東京・3歳上2勝クラス(ダ1600m・牝)C.ルメール騎手 結果8着

「レース後もダメージはまったく見られませんし、馬自身が今回走り切っていなかったと思います。ルメール騎手からの進言もあり、今後の選択肢を拡げる目的で次走は芝にチャレンジさせてください。今開催の最終週に組まれている6/28(日)阪神・舞子特別(芝1400m・混)を予定。しっかり負荷をかけながらコンディションを整えていきます」(吉岡辰弥調教師)
2020/6/6 (東京競馬場)
馬体重:458kg
★6/06(土)東京・3歳上2勝クラス(ダ1600m・牝)C.ルメール騎手 結果8着

「スタートが決まり、勝ち馬のすぐ後ろに付ける絶好のポジションを確保。終始手応えも楽だったようですが、先に動かれて前との差が開くとキックバックに過敏なくらい反応して嫌気が差し、突っ張って自らブレーキをかけていたようです。直線スペースが開いてからはまたジリジリと伸びてはいるものの、かなり脚を余してしまっている。『極端にキックバックが苦手。芝部分のスタートは問題なかったし、軽い走りをするので1400m芝にチャレンジするのはどうだろう』とレース後にルメール騎手は話していました。そういった選択肢も含めてまた次走を検討させてください」(吉岡辰弥調教師)
2020/6/4 (栗東トレセン)
☆6/06(土)東京・3歳上2勝クラス(ダ1600m・牝)C.ルメール騎手

5月30日(土)にCWコースで6ハロンから1.5秒追走して併せ、90.3-72.6-56.2-40.7-12.5を馬ナリに追われ、6月3日(水)には坂路コースで4ハロン58.4-41.9-27.6-14.1を単走で馬ナリに追い切りました。「実質的な最終追い切りは先週末に行い、当該週は微調整で感触を確かめる程度の内容にとどめています。帰厩後もここまで至って順調に進めてこれましたし、昨日も唸るような勢いで坂路を登板していた。状態に関しては前走以上のデキに映ります。輸送を考慮してもレース当日はプラス体重での出走となりそうですが、まったく太め感なく仕上がっているのでその点は心配要りません。道中折り合って1600mの距離さえ克服できれば、昇級緒戦から好勝負できると期待しています」(吉岡辰弥調教師)
2020/5/29 (栗東トレセン)
23日(土)にCWコースで5ハロンから0.6秒追走して併せ、74.2-57.4-41.9-12.9を馬ナリに追われ、27日(水)には坂路コースで4ハロン59.0-41.9-27.3-13.9を単走で馬ナリに追い切りました。「先週末のコース追いで素晴らしい動きを披露。毛艶や馬体の張りからも体調面の良さが窺えますし、状態は前走以上に映ります。動きや反応を見ても能力的には2勝クラスで十分通用すると思いますので、あとは競馬にいっての精神状態だけ。ここからは輸送も考慮して、なるべくソフトに調整していくつもりです。来週6/06(土)東京・3歳上2勝クラス(ダ1600m・牝)にC.ルメール騎手で向かいます」(吉岡辰弥調教師)
2020/5/22 (栗東トレセン)
16日(土)にCWコースで6ハロンから2.2秒追走して併せ、86.5-70.1-54.7-40.5-12.4を強めに追われ、20日(水)には坂路コースで4ハロン58.8-42.5-27.0-13.6を単走で馬ナリに追い切りました。「帰厩後も至って順調に調整が進められています。今朝の計量で464kg。筋肉の付き方からも見た目にだいぶパワーアップしているのが分かりますし、体に太め感はなくほぼ成長分と考えていいでしょう。当初は来週の競馬を予定していましたが、関西地区は緊急事態宣言が解除となり、関東もこれに続くようならブロックの移動制限が次開催からは解かれるよう。もともと使いたかった条件が組まれていることもあり、一週スライドさせてもらって、6/06(土)東京・3歳上2勝クラス(ダ1600m・牝)にC.ルメール騎手で向かいたいと思います」(吉岡辰弥調教師)
2020/5/15 (栗東トレセン)
10日(日)に坂路コースで4ハロン64.0-46.0-29.8-14.2を単走で馬ナリに追われ、13日(水)にも坂路コースで4ハロン58.4-42.2-27.8-14.0を単走で馬ナリに追い切りました。「全体的にパワーアップしており、冬毛が抜けて見栄えもしますし、放牧前とは別馬で戻ってきた印象です。今朝の計量で462kgありますから、数字的にもかなり増えていますよね。そのぶん稽古でも煩いところが出てきましたので、そこはテンションなど注意しながら進めていくつもりです。次走は5/30(土)京都・4歳上2勝クラス(ダ1400m・混)を斎藤新騎手で予定しています」(吉岡辰弥調教師)
2020/5/8 (栗東トレセン)
吉澤ステーブルWESTで調整され、本日8日(金)に帰厩しました。

「さきほど厩舎に戻ってきました。一息入れてやったことで体がグンと膨らみ、毛ヅヤもだいぶ良化が窺えますね。本来ならば左回りの東京ダ1600mという条件を使いたかったのですが、他ブロックへの出走を制限されている状況ですので、5/30(土)京都・4歳上2勝クラス(ダ1400m・混)を次走目標に進めていきましょう。まだまだ奥深さを感じさせますし、2勝クラスでも十分やれる能力を持っている馬だと思います」(吉岡辰弥調教師)
2020/5/1 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:470kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、キャンター600mを2本(17秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き週1回は13-13を織り交ぜながら乗り込んでいますが、体重が増加傾向にあることは良いこと。来週には帰厩の予定と聞いているので、このままの状態で送り出したいと考えています」(担当者)
2020/4/24 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:456kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、キャンター600mを2本(17秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き速いところを織り交ぜながら乗り込んでいますが、いい感じで進められていますよ。疲労感は抜けてきましたし、状態も上向いてきました。そろそろ声が掛かっても良さそうなので、準備をしていきます」(担当者)
2020/4/17 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:460kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、キャンター600mを2本(17秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。数字こそさほど変わりはありませんが、見た目はフックラとしてきました。毛艶が多少良くありませんが、歩様に硬さはありませんし、態勢はほぼ整っていますよ。声が掛かればいつでも送り出せるようにしていきたいと思います」(担当者)
2020/4/10 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:458kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、キャンター600mを2本(17秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。今週から週中に13-13、週末に15-15を織り交ぜながら進めています。体調面は良好で、速いところをおこないながらも体重が増えている点に好感が持てます。このまま負荷を掛けつつ、更に体をフックラとさせていきたいと思います」(担当者)
2020/4/3 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:452kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、キャンター600mを2本(17秒ペース)のメニューで調整中です。もう少し体をフックラとさせたいことから、今週は速いところを控えています。体のダメージはなく、毛艶も良いのですが、見た目のコンディションを整えていくつもり。あと20kgくらい増やしたいと考えています」(担当者)
2020/3/27 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:450kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、キャンター600mを2本(17秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。こちらに入場時は体が少し寂しい印象でしたが、大きなダメージは見られなかったことから、すぐに騎乗運動を開始しました。もう速いところも取り入れながら乗り込んでいますよ。こちらにきて1週間で体重が10kg増えましたが、もう少し体をフックラとさせながら進めていくつもりです」(担当者)
2020/3/19 (吉澤ステーブルWEST)
★3/15(日)中京・4歳上1勝クラス(ダ1400m・牝)C.ルメール騎手 結果:優勝
この後はトレセン近郊の吉澤ステーブルWESTで調整することになり、18日(水)に移動しました。

「山内元調教師がいい状態で引き継ぎしてくれましたし、この一戦に臨むスタッフたちの熱量もすごかった。何より、その期待に応える走りをしてくれたトゥインクルリーフには本当に頭が下がる思いです。ここ2戦の加速力を見ても、本質的に距離は1400m戦が最適なんでしょうが、ルメール騎手はマイルでも問題なくこなせると話していました。ポテンシャルはまだ相当秘めているように感じられ、今後もっと上を目指していける馬だと思います。昨年12月に中央再転入してからここまで6戦。レース後はさすがに疲れている様子ですので、ここで一息入れてやりましょう。あくまで回復状況を見ながらではあるものの、今のところ5/23(土)東京・4歳上2勝クラス(ダ1600m・牝)を次走予定に考えています」(吉岡辰弥調教師)
2020/3/15 (中京競馬場)
馬体重:440kg
★3/15(日)中京・4歳上1勝クラス(ダ1400m・牝)C.ルメール騎手 結果:優勝

「ルメール騎手は『物見しながらの競馬で今日は完勝。追い出しを待つ余裕があったし、距離がもう1ハロン伸びても問題はない』と話していました。直線は物凄い加速力を見せて強い競馬をしてくれましたね。上のクラスでも十分やれそうな内容でしたし、今後が楽しみです。チャンスのある馬を預けていただいて大変感謝しています」(吉岡辰弥調教師)
写真
2020/3/12 (栗東トレセン)
☆3/15(日)中京・4歳上1勝クラス(ダ1400m・牝)C.ルメール騎手

8日(日)に坂路コースで4ハロン66.5-46.9-29.4-14.4を単走で馬ナリに追われ、11日(水)にも坂路コースで4ハロン56.3-40.4-25.7-12.9を単走で馬ナリに追い切りました。「前走時と比べて体が減ったりはしていませんが、レース間隔も詰まっていますので、最終追い切りはサラッと流す程度の調整。重たい馬場状態でも楽な手応えのまま、終始集中して走れており、強く追っていれば終いもっと弾けていたと思います。この距離だと前半マイペースの追走にはならなくても、坂を苦にせずしっかり最後まで脚が使えるはず。ある程度のポジションで器用に立ち回れれば、今回も好勝負可能ではないでしょうか。自厩舎にとってはこれが開業して初めての出走となります。トゥインクルリーフの近走成績からもある程度の人気を背負うでしょうし、期待に応えられる走りができればという気持ちです」(吉岡辰弥調教師)
2020/3/6 (栗東トレセン)
★2/29(土)阪神・4歳上1勝クラス(ダ1400m・牝)松山弘平騎手 結果3着

26日(水)に坂路コースで4ハロンから併せ、59.1-40.5-24.9-12.3を馬ナリに追い切りました。「山内厩舎でも担当していたスタッフがそのままこの馬をやってくれています。やや細身に映る体つきですが、飼い葉を残さずにしっかりと食べれており、今朝も元気いっぱいの様子。詰めて使ってきている割に硬さが感じられませんし、精神面もなかなかタフな印象を受けます。来週3/15(日)中京・4歳上1勝クラス(ダ1400m・牝)を予定させてください。前走のパフォーマンスを見る限りは、1400m戦が現状ベストのように感じられる。すでに先約はあるようですが、万が一調整が付くようなら藤岡康太騎手に依頼したいと考えています」(吉岡辰弥調教師)
2020/2/29 (阪神競馬場)
馬体重:440kg
★2/29(土)阪神・4歳上1勝クラス(ダ1400m・牝)松山弘平騎手 結果3着

なお、山内研二調教師が定年引退を迎えられるため、3月4日(水)からの所属先は栗東・吉岡辰弥(ヨシオカタツヤ)厩舎に決定いたしましたので、お知らせいたします。レース後の状態を確認したうえで、3月3日(火)午後にトレセン内で厩舎間移動する予定です。

「テキ(山内調教師)が中京に臨場しているため、私からのコメントでスミマセン。ちょっと小倉から戻す輸送で減っていたので、マイナス体重での出走とならずよかったです。今日はスタートのタイミングが合わずにやや出負けしてしまいましたが、距離短縮にもちゃんと対応できていましたね。ローカルだと1700mくらいまで距離も持つのでしょうが、弘平(松山騎手)は『これくらいの距離でも流れには乗れて、最後までしっかりと脚を使える』と話していました。このクラスでは安定していますので、新しい厩舎でも変わらず頑張ってくれると思います」(上籠勝仁調教助手)
2020/2/27 (栗東トレセン)
☆2/29(土)阪神・4歳上1勝クラス(ダ1400m・牝)松山弘平騎手

26日(水)に坂路コースで4ハロンから併せ、59.1-40.5-24.9-12.3を馬ナリに追い切りました。「中間も状態落ちは特に見られず、体調面が安定している。なんとか平坦小回りの小倉で勝たせたかったけどね…。やってみなければ分かりませんが、一発あるなら距離短縮しかないだろう。前々でうまく流れに乗って、あとは直線どれだけ踏ん張れるか。何とかするよう弘平にも発破をかけておく。立ち回りひとつで好勝負できると思っているよ」(山内研二調教師)
2020/2/21 (栗東トレセン)
★2/15(土)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m・牝)西村淳也騎手 結果7着

「今回は道中ちょっと窮屈そうな走りに映った。もちろん時計の限界はあるんだろうけど、揉まれ弱いタイプだけにもう少し前目から運んでもらいたかったな。輸送で少し体が減ってしまったため、昨日から角馬場を長目のメニューで調整しています。無理をさせるつもりはないし、この後はあくまで馬の状態次第としましょう」(山内研二調教師)
2020/2/15 (小倉競馬場)
馬体重:440kg
★2/15(土)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m・牝)西村淳也騎手 結果7着

「すみません…。時計が速かったですね。位置取りは悪くなかったと思いますし、道中もリズム良く運べて自分としては思い描いていた競馬はできたのですが、最後は伸びきれずで申し訳ないです」(西村淳也騎手)
2020/2/13 (栗東トレセン)
☆2/15(土)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m・牝)西村淳也騎手

12日(水)に坂路コースで4ハロン57.5-40.1-24.2-12.2を単走で末強めに追い切りました。「当初は来週を予定していましたが、馬の状態と相手関係を吟味してここへ。中一週の間隔でも調子がすこぶるいいからね。ゴチャゴチャ揉まれなければ、ハナに拘らずとも競馬のできる馬。詰めが甘く、もうひと押し足りない印象でも、今回も前々から運ぶ形で好勝負を期待したい。なんとかここで決められればと思ってます」(山内研二調教師)
2020/2/7 (栗東トレセン)
★2/02(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m・牝)藤岡康太騎手 結果3着

「ハナに拘らずというのは作戦通り。揉まれないよう外々を回ったのが最後に影響したかもしれませんが、抜け出すタイミングを図って上手く乗っていたと思うけどね。今回は絶好の展開だっただけに勝ちたかった。今朝から坂路に入れて乗っていますが、レース後も状態は変わりありません。次走は2/23(祝)小倉 4歳上1勝クラス(ダ1700m・牝)を予定。小倉も開催最終週となるだけになんとか次で決めないとね」(山内研二調教師)
2020/2/2 (小倉競馬場)
馬体重:446kg
★2/02(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m・牝)藤岡康太騎手 結果3着

「先頭に立つフワフワするタイプなので、揉まれない番手から進めたのは作戦通り。テンよし、道中のリズムよしで、直線を向いての手応えも抜群だっただけに、あれで勝てないかぁ…という感じです。ちょっと時計が速かったですし、外々を回った分もあるかもしれませんね。馬は頑張っていますし、もう一押しが利けば勝ち切れる。また乗せてください」(藤岡康太騎手)
2020/1/30 (栗東トレセン)
☆2/02(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m・牝)藤岡康太騎手

26日(日)に坂路コースで4ハロン59.8-42.5-27.6-13.9を単走で馬ナリに追われ、29日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.7秒先行して併せ、58.9-41.0-25.1-12.5を馬ナリに追い切りました。「想定段階では10頭未満の見立て。ただ、投票の締め切り直前で頭数が一気に増えてしまったね。前走先着を許した相手も出てきますし、同型との兼ね合いでそう楽な競馬にはならないでしょうが、デキは変わりなく順調にきている。今はメンタルの部分でも落ち着いているだけに、再度の輸送さえクリアできれば好勝負になっていいだろう。前残りの馬場状態ではあっても、今回は仕掛けどころをギリギリまで我慢してもらうつもり」(山内研二調教師)
2020/1/24 (栗東トレセン)
★1/18(土)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m・牝)横山武史騎手 結果4着

「勝ち馬の決め手が一枚上だったからね。今回トゥインクルが勝つには、あのタイミングで仕掛けるしかなかったとは思う。ただ、仕掛けをもう少しだけ我慢していれば、ゆうに2.3着はあったという内容。少々評価が分かれる騎乗だったんじゃないかな。いずれにしても、平坦小回りダ1700mという条件自体は合っているね。昨日から乗り始めていますが、レース後も特に状態は変わりありません。このまま飼い葉食いが落ちないようなら、来週2/02(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m・牝)に向かうつもりです」(山内研二調教師)
2020/1/18 (小倉競馬場)
馬体重:448kg
★1/18(土)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m・牝)横山武史騎手 結果4着

「前回の中京で康太さんが乗った時の競馬を見て臨みました。揉まれたくないなと思っていましたが、いい形で2番手につけられましたし、理想的な展開になりましたね。強い馬が後ろにいるのは分かっていたので、早めに差を広げようと思い、少し強気な競馬をした分最後は厳しくなりましたが、勝ちを狙うにはこれしかなかったと思います。中京の1800mよりはこういった平坦コースの方が合いそうですね。決して逃げに拘らなくても良いですし、こういう形で運べれば、今開催のどこかで勝てるのではないでしょうか」(横山武史騎手)
2020/1/16 (栗東トレセン)
☆1/18(土)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m・牝)横山武史騎手

12日(日)に坂路コースで4ハロン60.9-42.0-25.3-12.6を単走で馬ナリに追われ、15日(水)にも坂路コースで4ハロン56.6-39.3-24.8-12.3を単走で末強めに追い切りました。「馬場入りをゴネたり、稽古でも時折まだ気難しい面を見せる馬ですが、再転入初戦から見せ場を作ったように力はあるからね。一度使ってデキはグンと上向いているし、前走以上の状態で臨める。相手関係というより、ここも揉まれず自分のペースで行けるかどうかでしょう。直線の短い小倉コースはドンピシャなんじゃないかな。期待しています」(山内研二調教師)
2020/1/10 (栗東トレセン)
6日(月)に坂路コースで4ハロン61.0-42.3-26.1-12.8を単走で馬ナリに追われ、8日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.7秒追走して併せ、60.5-41.1-25.5-12.7を馬ナリに追い切りました。「この中間も稽古でしっかり動けていますし、一度使って状態が上向いているように感じられる。秀逸なスピードを持っているのは認めるところだけど、1200や1400mの短距離タイプではなく、1800mだと距離が若干長い印象。そこで当初は予定していた今週の番組を見送らせてもらい、来週から始まる小倉開催にスライドしたいと思います。優先が消滅しても出走は叶う見込みで、直線短い平坦コースの1700m戦ならチャンスはより大きくなるはず。メンバーも吟味していきなり結果を求めていきたい」(山内研二調教師)
2019/12/27 (栗東トレセン)
25日(水)に坂路コースで4ハロンから0.5秒先行して併せ、59.6-41.2-25.1-12.2を末強めに追い切りました。「乗り手が仕掛けるとスーッと脚を伸ばして、動きは変わらずいいな。前走はダ1800m戦で好走してくれましたが、本質的にはスピードタイプに思えるので、距離を詰めても十分対応できるだろう。まだメンタルの部分で不安定な分、飼い葉食いの細さは改善されてきませんが、パンとしてくればもっと上を目指せそうな馬ですよ。次走は年明け1/11(土)京都・4歳上1勝クラス(ダ1800m・牝)もしくはメンバー次第で、同日のダ1400m戦に向かうつもりです」(山内研二調教師)
2019/12/20 (栗東トレセン)
★12/14(土)中京・3歳上1勝クラス(ダ1800m・牝)藤岡康太騎手 結果4着

「スタートが決まってハナに立つことはできましたが、前半競りかけられた分だけ最後甘くなってしまった。それでも気分よく運べれば、このクラスで通用するだけのポテンシャルは確認できたからね。あの内容ならチャンスも近いはずです。坂や距離がどうというより、この馬の場合は持ち味のスピードを生かす競馬ができるかどうかだろう。少し飼い葉食いが細いタイプなので、その点はなんとか解消させたいと思っている。年明け1/11(土)の京都にダ1400mとダ1800mの牝馬限定が組まれているので、次走はそのどちらかに向かう予定です」(山内研二調教師)
2019/12/14 (中京競馬場)
馬体重:440kg
★12/14(土)中京・3歳上1勝クラス(ダ1800m・牝)藤岡康太騎手 結果4着

「行けるようだったら行こうと思っていましたが、まずまずのスタートを切れたので、スムーズに先手を奪うことが出来ました。ただ、2番手の馬に終始突かれる展開だった分、最後は厳しくなってしまいました。スピードがありますし、もう少し楽に運ぶことが出来れば粘れると思いますよ。あとは体が寂しいので、今後はそこが課題ですね」(藤岡康太騎手)
2019/12/12 (栗東トレセン)
☆12/14(土)中京・3歳上1勝クラス(ダ1800m・牝)藤岡康太騎手

8日(日)に坂路コースで4ハロン61.4-42.4-25.3-12.3を単走で馬ナリに追われ、11日(水)にも坂路コースで4ハロンから1.5秒先行して併せ、54.4-37.9-24.4-12.4を馬ナリに追い切りました。「食いが細いタイプのため、ややセーブ気味に調整。ただ、今週は体重の軽い森裕に依頼(レースは藤岡康太騎手)したせいもあって、追い切りでやたら動いたな。気難しい面は普段から覗かせているものの、持っている能力自体は相当高いと思っている。園田で勝ったのが1400m戦ですし、距離に関してはまだ把握できていませんが、この条件をこなせれば番組選択がだいぶ楽になるからね。被されたり揉まれたりせずにと条件は付くでしょうが、まともなら通用していいはず」(山内研二調教師)
2019/12/6 (栗東トレセン)
1日(日)に坂路コースで4ハロン64.9-46.1-28.4-13.9を単走で馬ナリに追われ、4日(水)には坂路コースで4ハロン59.0-41.7-25.9-12.9を単走で馬ナリに追い切りました。「園田で勝った二走がそうでしたが、稽古の感じからも長くいい脚を使ってくれそうなイメージ。1勝クラスでも通用するだけの能力はあると思います。ただ、一旦スイッチが入ると随所に気難しいところが見られ、促し促しでないと進んで行かなかったり、耳を絞って苦しがって走るのをやめようともする。現状アテにはしづらいタイプかもしれません。状態面だけ考えれば、来週の番組からでも投票できる態勢にはありますよ」(山内研二調教師)
2019/11/29 (栗東トレセン)
「水曜日にゲート試験は無事パスしています。時期的なものか毛ヅヤが悪いし、馬体のハリも少々物足りなく映るな。飼い葉は残さず食べれているようだし、稽古なんか見ていても坂路でオッという動きはするので、これからどこまで状態を上げていけるかでしょう。ダート1400~1800mあたりに適性を感じさせるタイプの馬。間に合うようなら年内の番組というスタンスでやっていきます」(山内研二調教師)
2019/11/22 (栗東トレセン)
預託先は栗東・山内研二(ヤマウチ ケンジ)厩舎に決定し、21日(木)に入厩しました。

「今朝の計量で434kg。年内の番組から使えるよう早めに入れさせてもらいましたが、体つきがまだ細く映るし、テンションもだいぶ高い様子。煮詰めるとよくないタイプなのは見ているだけで伝わってくるから、焦らず状態を見ながら進めていきます。ダート適性は高く見込めるだけに、距離をこなせるようなら番組にも困らない。園田での時計や勝ちっぷりからは、1勝クラスに入ってもやっていけると期待している」(山内研二調教師)
2019/11/15 (島上牧場)
★11/12(火)園田・C2 一(3歳以上・ダ1400m)下原理騎手 結果:優勝
この後は栗東近郊の島上牧場で調整することになり、14日(木)に移動しました。

「3戦2勝という、それほど時間を要さずお戻しすることが出来て、良かったと思います。一安心しました。勝利を挙げた2戦ともに、直線で鮮やかな伸びを見せ押し切るという非常に強い内容でした。砂を被らず気分を害さなければ、きっちりと力を出してくれるでしょう。初戦ではマクりも決まっていますし、自在な競馬で、返り咲いた後も結果を出して欲しいですね。中央競馬での活躍を応援しています」(坂本和也調教師)
2019/11/12 (園田競馬場)
馬体重:447kg
★11/12(火)園田・C2 一(3歳以上・ダ1400m)下原理騎手 結果:優勝

2勝目を挙げ、JRAへの再登録の要件を満たしました。
このレースを最後にNARの競走馬登録を抹消し、JRAへの再登録をおこないます。
なお、新たな所属厩舎につきましては、決定し次第、お知らせいたします。

「良馬場で出走できれば前走のリベンジ可能と願っていただけに、本当にうれしい限りです。スタートして少しゴチャつきましたが、鞍上の下原ジョッキーが上手くさばいてくれて、2番手で最初のコーナーを回ることが出来ました。手応えが残っていたのでしょう、スパートのタイミングも絶妙だったと思います。今回がコンマ6秒差、2走前がコンマ8秒差と、砂を被らず気分良くスムーズに走れれば、今後の実戦でも能力をしっかりと出してくれるはずです。中央競馬復帰が決定しましたので、それまでしっかりとケアして、無事に送り出しましょう」(坂本和也調教師)
2019/11/8 (西脇馬事公苑)
「今週の18回園田開催前半(11/06~)での出走も視野に入れながら進めていましたが、動きが今ひとつだったことから、来週の18回園田開催後半(11/12~)にスライドすることにしました。前走の疲れはしっかり取れたと思いますし、いい状態で出走させられるように態勢を整えていきます」(坂本和也調教師)
2019/11/1 (西脇馬事公苑)
「来週の18回園田開催前半(11/06~)での出走を視野に調整を進めています。悪天候の日に馬場にできた水溜まりが気になるようで、下を見ながら走っていますよ。そういった面も考慮すると、とにかく次は良馬場でやりたいですね。ですので、中1週での出走が続いてしまうこともありますし、天気予報とメンバー次第で開催後半(11/12~)に向かう選択肢もありますよ」(坂本和也調教師)
2019/10/25 (西脇馬事公苑)
★10/24(木)園田・C2 3歳以上牝馬特別(ダ1400m)杉浦健太騎手 結果7着

「2連勝を決められれば良かったのですが。いずれの出走馬にも、昨日の馬場は本当につらかったです。特にトゥインクルリーフには、かわいそうな気持ちを抱きましたね。追い切りの走りからも、パサパサの乾いた馬場で時計が掛かる方が良さそうです。引き続き18回園田開催(11/06~)を予定していますが、状態次第で開催後半(11/12~)へのスライドも視野に入れています。いずれにしても、コンディション最優先で、あとは相手関係を見て次走を決めましょう」(坂本和也調教師)
2019/10/24 (園田競馬場)
馬体重:445kg
★10/24(木)園田・C2 3歳以上牝馬特別(ダ1400m)杉浦健太騎手 結果7着

「激しく雨が降り、水が浮くバシャバシャの特殊な馬場でした。キックバックを浴びないポジションで進めましたが、道中のラップが速過ぎて追い通しとなりましたね。前走はひと溜めが出来てのマクりだったので、最後の直線の伸びにつながりました。今回は溜めるタイミングが全くありませんでしたね。1番人気に支持されていましたし、コンディションは申し分なく、連勝を期待して送り出しただけに、この天気を恨みますよ。ただ、前走(1:30.8)から持ち時計を1秒以上詰めた(1:29.5)ことは、次につながると思います」(坂本和也調教師)
2019/10/18 (西脇馬事公苑)
★10/11(金)園田・C2 一 3歳以上(ダ1400m)杉浦健太騎手 結果:優勝 

「転入初戦でしたし、今後のスケジュールを考慮した際に、馬体重450kg台で出走したかったというのが正直なところですが、いきなりから決めることが出来て、とりあえずは一安心。まずは馬体回復を図りながら、軽めの乗り運動で調整しています。次走の本線は17回園田開催後半(10/30~)ですが、牝馬限定戦が組まれている来週の17回園田開催前半(10/23~)での出走も視野に入れていますよ。調教をこなしながらの馬体の回復と予定メンバー次第で決めたいと考えています」(坂本和也調教師)
2019/10/11 (園田競馬場)
馬体重:447kg
★10/11(金)園田・C2 一 3歳以上(ダ1400m)杉浦健太騎手 結果:優勝

「最終追い切りが動いていましたし、具合が本当に良かったので、鞍上の杉浦ジョッキーには強気の競馬を指示。メンバーが揃っていましたが、『砂を被らなければ通用するはずだから、スタート次第ではマクれ』と言って送り出しました。多少強引で紙一重の仕掛けでしたが、見事に作戦成功。転入初戦から初白星、好発進を決めることが出来ましたね」(坂本和也調教師)
写真
2019/10/4 (西脇馬事公苑)
「昨日3日(木)に3頭併せでの追い切りを消化。降雨の影響で馬場状態は良くありませんでしたが、終い2ハロンは24秒台で、スピードに乗っていましたね。3頭の中で一番動きが目立っていたように思います。来週10/11(金)園田・C2(ダ1400m)を下原理ジョッキーで予定しています。まだ相手関係が全くわかりませんが、いずれにしても見処のあるレースが出来ると思いますよ」(坂本和也調教師)
2019/9/27 (西脇馬事公苑)
「16回開催(10/09~)での出走に向けて順調に来ていますよ。下原理ジョッキーを予定しています。すでにこの中間で14-13を消化し、先週から乗り込みのピッチを一気に上げていますが、飼い葉の吸収率がいいのか、フックラと見せてくれていますね。気分良く走っているようにも映り、メンタル的な部分が非常に落ち着いているのではないでしょうか。初戦から動けそうなので、今から楽しみですよ」(坂本和也調教師)
2019/9/20 (西脇馬事公苑)
「飼い葉食いが旺盛なのは牝馬としては強みですし、調教の動きからも本当にいい馬だと思いますね。すでに終い1ハロン15秒を切るところをおこなっていますが、単走、併せ馬に関わらず、こちらの課すメニューにしっかりと応えて、ついてきてくれています。このまま順調に進めば、16回園田開催(10/09~)での出走を迎えることが出来るでしょう」(坂本和也調教師)
2019/9/13 (西脇馬事公苑)
ブルーステーブルで順調に調整され、11日(水)に園田競馬西脇・坂本和也厩舎に入厩しました。

「昨日よりダク2000m、軽めのキャンター1600mでの乗り運動をスタートしています。今日は2頭併せをおこないました。早くもこちらの環境に慣れたようで、飼い葉食いは良好ですし、カリカリする様子もなく落ち着いていますので、手が掛からず扱いやすいですよ。これまでの成績から察するに、何かキッカケひとつで変わるのではないかと思いますし、なんとか立て直したいですね。中央復帰に向けて厩舎スタッフ一同、頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします」(坂本和也調教師)
2019/9/6 (ブルーステーブル)
「到着後は特に悪いところは見られませんが、ウォーキングマシンの運動にとどめています。来週には園田に移動予定と聞いていますので、状態を見て騎乗を開始します」(担当者)
2019/9/4 (ブルーステーブル)
★8/31(土)札幌・3歳未勝利(ダ1700m)石川裕紀人騎手 結果14着
この後は美浦近郊のブルーステーブルで調整することになり、本日9月4日(水)に移動しました。

これまでの戦歴および現状を踏まえ、矢野英一調教師と協議をおこなった結果、ここで中央競馬登録を抹消して地方競馬に移籍することになりました。
今後については一旦、ブルーステーブルで馬体および疲労の回復を図った後、西脇馬事公苑の坂本和也(サカモトカズヤ)厩舎に入厩する予定です。
なお、今後は園田競馬から始動して、採算性等を考慮した運用継続(規定の条件を満たした際のJRA再登録を含む)をおこないます。

「美浦を出発する前に比べて、馬体重はそれほど増減なくレースに臨むことができました。ただ、メンタルの部分でまだ完全には戻り切っておらず、スタートからの行きっぷりも悪かったですし、砂を被ってまた走るのを止めようとして気難しい面も覗かせていた。期間内最後の未勝利戦でしたが、このような結果となり大変申し訳ありませんでした。ここ数戦は思うような成績を残せていないものの、心身ともに状態万全ならば、中央に戻ってきてもやれるだけの力は持っている馬だと思います」(矢野英一調教師)
2019/8/31 (札幌競馬場)
馬体重:442kg
★8/31(土)札幌・3歳未勝利(ダ1700m)石川裕紀人騎手 結果14着

「状態は決して悪くはなかったと思いますが、ハミを取っていかないですね。ゲートの中でもなんだかソワソワしていましたし、最初からレースそのものに集中できていない感じ。そのうえ少しでも砂を被ったら、自らブレーキをかけて止まりそうになりました。能力や素質は感じるのですが、メンタル面が不安定でそれを上手く出し切れない現状。もどかしいですし、もったいないですね」(石川裕紀人騎手)
2019/8/29 (札幌競馬場)
☆8/31(土)札幌・3歳未勝利(ダ1700m)石川裕紀人騎手

28日(水)に札幌競馬場のダートコースで4ハロン54.9-40.9-13.6を単走で馬ナリに追い切りました。「輸送で少し体を減らしましたが、到着後はボチボチ飼い葉を食べれているのでそう細くは映りません。追い切りの動きも悪くなかっただけに、あとはなんとか出走枠に入ればと祈るような気持ちで抽選結果を見守りましたよ。気性に難しさを抱えており、現状まだレースに行ってアテにできない面はあるものの、上のクラスでもやっていけるだけのポテンシャルは秘めている馬。厳しい出馬状況で抽選突破したツキもありますし、スムーズな競馬でいい結果を出してほしいと期待しています」(矢野英一調教師)
2019/8/23 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、21日(水)に帰厩しました。

22日(木)に坂路コースで4ハロンから0.1秒先行して併せ、56.2-40.0-25.9-12.7を馬ナリに追い切りました。「テンションが少々高いのはネックですが、前走時と比べて状態は変わらずきており、脚元に関しても今のところ特に気になりません。専門紙記者を集めて今週の想定や過去実績から検討した結果、どこを使うにしても3節では抽選必死というのが最終週の出馬状況。そのため、クラブ側とも相談して札幌競馬場へ明日移動させることにしました。少し早めから滞在させて、来週のダート1700m戦に向かうつもりです。ここ数戦は気難しさを出しているため、今回パターンを変えてレースに臨みたい狙いがまずひとつ、また新潟への直前輸送から競馬するよりはトゥインクルリーフにとって良い方に出るのではという期待もある。それもこれも投票して入ればの話でイチかバチかの賭けにはなってしまいますが、最後まで諦めるつもりはありませんよ」(矢野英一調教師)
2019/8/16 (松風馬事センター)
★8/10(土)新潟・3歳未勝利(芝1800m)大野拓弥騎手 結果17着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、14日(水)に移動しました。

「体調面云々ではなく、久々の芝も影響あってかまた気の悪さを出してしまったのが敗因。まったく走っていないので、レース後も脚元含めてダメージは見られませんよ。例年の出馬状況からは3節で最終週に未勝利戦を使えるかは微妙なライン。しかしながら内容が中途半端でしたし、もう一戦入ることに賭けたいと思います。新潟か札幌どちらかの番組を使うつもりで、来週早々には帰厩させる予定です」(矢野英一調教師)
2019/8/10 (新潟競馬場)
馬体重:444kg
★8/10(土)新潟・3歳未勝利(芝1800m)大野拓弥騎手 結果17着

「乗り味のいい馬ですし、跨った感触から能力があるのは分かります。ただ、今日は返し馬から下(硬い馬場)を気にしていて集中力も散漫。あの位置からの追走でも気持ちに余裕がなかった。成績を見てもダートだったり、距離を縮めたりと条件を模索してやればもっと走れるはずですが、今回に限れば体調が本調子になかったのかもしれませんね」(大野拓弥騎手)
2019/8/8 (美浦トレセン)
☆8/10(土)新潟・3歳未勝利(芝1800m)大野拓弥騎手

7日(水)にPコースで4ハロン53.0-38.1-11.9を単走で馬ナリに追い切りました。「当該週はサラッと単走で追い切りましたが、先週のレースを使えたくらいで仕上がりは申し分なし。この中間も日によっては左前球節に若干熱を帯びることがあるものの、そこは運動後の水冷で念入りにケアしています。だいぶ暑さが堪えてきている様子でも、体調自体はいいので何とか踏ん張ってここで決めてほしい。鞍上には道中の折り合いを重視して、終いに脚を使う競馬をしてもらう予定です」(矢野英一調教師)
2019/8/2 (美浦トレセン)
28日(日)に坂路コースで4ハロン58.0-42.5-27.1-13.2を単走で馬ナリに追われ、31日(水)にはPコースで4ハロン52.8-38.9-11.5を単走で馬ナリに追い切りました。「メンタルの部分がリフレッシュできて安定しており、中間の稽古でも動きは抜群にいいですし、本当なら今週の競馬を使いたかったんですけどね…狙っていた芝1600m戦は残念ながら節がもう1週(ボーダー9節)足りませんでした。戸崎騎手のエージェントさんから想定後に逆オファーがあり、一旦はダート1800m戦に投票も検討したのですが、やはり勝負するなら脚元が落ち着いている今回だろうという結論から見送らせてもらいました。来週8/10(土)新潟・3歳未勝利(芝1800m)に向かいます。夏バテの兆候はいまのところ見られないものの、攻めていくと飼い葉食いが落ちやすいタイプなので、そこは状態を確認しながら、日によってメニューにも強弱のメリハリをつけて対応していきます」(矢野英一調教師)
2019/7/26 (美浦トレセン)
21日(日)に坂路コースで4ハロン56.6-41.0-26.8-13.0を単走で馬ナリに追われ、24日(水)にはPコースで4ハロンから1.1秒先行して併せ、54.8-39.5-12.2を馬ナリに追い切りました。「この中間はポリトラックと坂路コースを併用して調整を進めています。稽古はもともと動く馬なので、あまりビシッとはやらずにフワッと仕上げていきたい考え。そうしたメニューでも追い切った後は球節のあたりに若干熱を持ちますし、まだ体質面がしっかりしてこないですね。今くらい脚元が落ち着いているようなら芝を使いたい気持ちですが、時期的にもそこはなんとも判断しにくい状況です。ただ、休ませたことでリーフ自身はだいぶメンタルの部分に余裕が出てきた印象を受ける。息遣いも悪くなく、もう1~2本あれば態勢は整うでしょうし、状態次第で来週の番組から投票を検討していきます」(矢野英一調教師)
2019/7/19 (美浦トレセン)
馬体重:457kg
松風馬事センターで順調に調整され、本日19日(金)に帰厩しました。

「歩様に硬さも感じられないし、少しの期間でも充電できた分、体つきは前回よりだいぶいい。メンタル面を考えて滞在競馬で臨む札幌へ連れていくか、そのままこちらで調整して新潟開催を目指すか、どうにか一発で決めたいのでもう少し考えさせてください。右前ソエの症状がだいぶ治まっていますし、もちろん相手関係を吟味しながらであっても、次は芝のレースを選択肢に入れられそう。日曜日に半マイルから追い切りを消化する予定です」(矢野英一調教師)
2019/7/12 (松風馬事センター)
馬体重:456kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。少しメンタル的に落ちている感じがしたので、ロンジングを長めにしっかりやってきましたが、その甲斐あってか大分安定してきました。乗りながらも体重は維持していますし、大分フックラと見せていますよ。欲を言えばもう少し増やしたいところですが、及第点には持ってこれました。昨日来場した矢野調教師からは、『来週戻しますよ』との話をいただいています。この流れで送り出したいと思います」(担当者)
2019/7/5 (松風馬事センター)
馬体重:456kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。トレセンへの送り出しに備えて先週末から騎乗運動をおこなっています。今のところ体重は着実に増えていますし、首の張り感もなく、いい感じで進められています。来週か再来週には帰厩と聞いているので、可能な限り体を膨らませたいと考えています」(担当者)
2019/6/28 (松風馬事センター)
馬体重:457kg
「現在は20~30分の程度のロンジング運動にとどめています。着実に体重は増えていますが、まだ細く映りますし、少しでもアドバンテージを作りたいので現状のメニューで進めています。ただ、残された時間も長くはありませんし、そろそろ調教進度を上げていかなければならないので、明日29日(土)から騎乗運動をおこなっていこうと思います。リフレッシュは図れましたし、引き続きボディコンディション重視のメニューで乗り込んでいく予定です」(担当者)
2019/6/21 (松風馬事センター)
馬体重:446kg
「現在は20~30分の程度のロンジング運動にとどめています。体はどこも痛んではいないのですが、体の細化の方が気になります。なので、まずはボディコンディションを上げることを優先に考えて進めているところです。とにかく体重を少しでも増やして、そこから乗り込んでいく予定です。硬さは見られませんし、動きは悪くないと思います」(担当者)
2019/6/14 (松風馬事センター)
★6/08(土)東京・3歳未勝利(ダ1600m・牝)三浦皇成騎手 結果15着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、12日(水)に移動しました。

「パドックではそれほどイレ込みも目立ちませんでしたが、馬場入場して一気に気持ちがワーッとなって舞い上がってしまったよう。もともとそういった難しい面はあるタイプなので、ちょっと詰め込んでしまったことが今回の敗因です。人気していたのに裏切る結果となり申し訳ありませんでした。レース後も脚元含めて特に異常はありませんが、体も細く映るので、心身ともに一旦リセットさせて1回札幌開催(7/27~)を目指すつもりです」(矢野英一調教師)

※他の馬の影響(ベイオブレインボー号が発走後まもなく内側に斜行)を受けた被害馬となったため、「3走成績による出走制限」(3歳以上の未勝利馬が2019年1月1日以降に出走した中央競馬の平地競走において3回連続して8着以内の着順を得なかった場合は、当該3回目の競走の実施日の翌日から起算して2ヵ月間平地競走に出走できない)の1回目のカウントの適用が除外となっています。
2019/6/8 (東京競馬場)
馬体重:438kg
★6/08(土)東京・3歳未勝利(ダ1600m・牝)三浦皇成騎手 結果15着

「返し馬の段階から情緒不安定な感じがして…。ゲートは普通に出てくれたものの、その後は行く気を見せてくれないので、だいぶ促しましたよ。道中のポジションは前走と比べて悪くない位置につけていたと思いますが、極端にキックバックを嫌がっていました。チークピーシズの着用の効果もこの精神状態ではわからずじまいですね。2月からコンスタントに出走してきていますし、ここで小休止してあげるのもいいかもしれません」(三浦皇成騎手)
2019/6/6 (美浦トレセン)
☆6/08(土)東京・3歳未勝利(ダ1600m・牝)三浦皇成騎手

5日(水)にWコースで4ハロン54.2-38.9-13.2を単走で馬ナリに追い切りました。「依然として両前ソエが燻ぶっており、左前球節付近にも若干熱を持っていることから、当該週はサラッと単走で流す内容の追い切りにとどめました。体つきはこの中間そう細く映らないですし、馬自身も頑張って稽古でよく動けていますよ。まだ全体的に華奢ではあるものの、以前に比べるとだいぶ力強さが増してきたように感じられますね。番組に関しては脚元のことを考慮して、やはりダート戦を選択させてもらいました。デキ落ちは見られず、スタート五分でスムーズな競馬さえできれば期待に応えてくれるはずです」(矢野英一調教師)
2019/5/31 (美浦トレセン)
26日(日)にWコースで3ハロン39.5-12.7を単走でゴール前仕掛けて追われ、29日(水)にもWコースで4ハロン53.9-39.1-13.1を単走で馬ナリに追い切りました。「馬場状態が悪くてトモを落とすような場面はあったものの、最後まで走りのリズムが乱れるということはなかったです。両前ソエをまだ気にはしていますが、前走時から極端に調子が落ちた印象もありませんし、ある程度の状態はキープできている。あとは馬体を減らさないように気をつけて、来週の競馬に臨むつもりです。相手関係はもちろんですが、使った後の反動も考えなければならない時期。芝、ダートどちらの番組に向かうかは、当該週ギリギリまで結論を待ってください」(矢野英一調教師)
2019/5/24 (美浦トレセン)
一旦、18日(土)にトレセン近郊の松風馬事センターに移動し、23日(木)に帰厩しました。

「胸前の筋肉がガチガチ、両前ソエも燻ぶっているため、先週末に一旦近郊に出してオゾン治療を施しました。優先期間内に使いたい考えから、ひとまず3回東京3日目(6/08)の番組を目標に進めていきますが、今朝の稽古の感じでも前走の疲れが完全にはまだ取り除けていない印象です。ケアしながら慎重にやっていくつもりです」(矢野英一調教師)
2019/5/17 (松風馬事センター)
★5/11(土)東京・3歳未勝利(ダ1600m・牝)三浦皇成騎手 結果3着
この後は一旦、美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、明日18日(土)に移動予定です。

「前回スタートしてから逃げる形となり、今回は控えてという競馬で馬が戸惑い、前半は突っ張って止まりそうな格好に。キックバックでさらに嫌気を出してしまいましたが、日頃はけっしてそう気難しい素振りは見せない。あの位置からよくポジションを上げて追い込んできてくれたと思います。なんとか権利を取れたので、次は芝を使いたいのはやまやまですが、レース後は右前ソエの症状が悪化して触診反応も強く見られる。ひとまず近郊でケアしてもらい、次走は権利期間内ギリギリの3回東京二週目(6/08.09)を予定とさせてください。今回騎乗した皇成が『どの番組でも乗せてほしい』と言っていますので、脚元の状態次第で芝・ダートどちらに向かうかを判断するつもりです」(矢野英一調教師)
2019/5/11 (東京競馬場)
馬体重:442kg
★5/11(土)東京・3歳未勝利(ダ1600m・牝)三浦皇成騎手 結果3着

「返し馬から周りを気にして耳を立てていて、集中できていない感じでした。レースでもゲートを出て行かず、道中もずっと追っつけ通しで、砂を被ると嫌がって余計に置かれてしまった。外へ出してからようやく加速してくれましたが、流れも落ち着いていたのでちょっと厳しかったですね。今日は気持ちが競馬の方に向いていなかった印象ですが、いつ未勝利を勝ってもという力は感じられました。ダートは問題ないですし、軽い走りをする馬なので芝でもやれると思います」(三浦皇成騎手)
2019/5/9 (美浦トレセン)
☆5/11(土)東京・3歳未勝利(ダ1600m・牝)三浦皇成騎手

8日(水)にWコースで4ハロンから0.9秒先行して併せ、52.8-37.6-12.7を馬ナリに追い切りました。「稽古の動きは上々で、昨日の追い切りでも反応抜群に軽く仕掛けただけでバッキューンな伸び脚を披露。工夫を凝らしてミネラルを多く添加してからは、飼い葉もモリモリ食べるようになってきている。くすんでいた毛ヅヤが一瞬で輝きを取り戻して、光沢を帯びて映るほどです。本来ならばこのタイミングで芝を使いたいのですが、右前ソエの上部にまだ若干痛みと触診反応が残っている現状。使った後の反動も心配しなければならない時期ですので、ここは無理させずもう一度ダート戦に向かわせてください。馬の後ろに入れると折り合いは付いて、ラストも鋭く追い込んでこれる馬。皇成にキッチリ決めてもらいたいですね」(矢野英一調教師)
2019/4/26 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、昨日25日(木)に帰厩しました。

「育成場ではソエに治療をおこなった後、週明けからはロンジング運動を進めてもらいました。両前ともにソエはだいぶ良化したようなので、まずは今週末に15-15程度の追い切りをおこなってみましょう。次走は5/11(土)東京・3歳未勝利(ダ1600m・牝)または5/12(日)東京・3歳未勝利(芝1800m・牝)のいずれかを検討。当該週のメンバーを考慮して、最終決定したいと考えています」(矢野英一調教師)
2019/4/19 (松風馬事センター)
★4/14(日)中山・3歳未勝利(ダ1800m・牝)福永祐一騎手 結果4着
この後は一旦、美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、17日(水)に移動しました。

「普段の稽古でもそうですが、単走だとまだフラつきながら走ってしまう面がある。馬の後ろにつけて競馬していれば最後の粘りも違ったと思いますし、ちょっと勿体ない内容でした。レース後は背中に強い張りが感じられ、両前もソエ気味で敏感に触診反応があります。そのため一旦近郊に出させてもらいましたが、24日(水)の検疫で帰厩させるつもりです。あまり悠長に構えられる時期ではありませんので、優先の権利(~5/12)は行使したいですからね。週末にかけてはひとまず積極的な治療を施し、来週からまた次走に向けて調整していきたいと思います」(矢野英一調教師)
2019/4/14 (中山競馬場)
馬体重:444kg
☆4/14(日)中山・3歳未勝利(ダ1800m・牝)福永祐一騎手 結果4着

「馬が本当に良くなっていたので、今日はゲートを出ましたし、ああいう形で運ぶことにしました。ただ、ハナに立ったらフワフワして左に飛んで行きそうな感じだったので、ずっとハミを掛けながら慎重にならざるを得なくなってしまったのが誤算。スローペースで運べたのに、最後粘れなかったのはそれが影響しましたね。二番手だったらそんなこともなかったでしょうし、力はあるのであとは展開ひとつだと思います」(福永祐一騎手)
2019/4/11 (美浦トレセン)
☆4/14(日)中山・3歳未勝利(ダ1800m・牝)福永祐一騎手

10日(水)にWコースで4ハロンから1.0秒追走して併せ、56.1-40.2-13.1をゴール前仕掛けて追い切りました。「この時期まだ毛ヅヤがいまひとつに映る点は気になるものの、稽古でシュッと動けていて状態面は悪くありません。飼い葉を残さずちゃんと食べれていますし、輸送時間が短い中山なら、前回と同じくらいの馬体重で臨めるはずです。あとはこれまで3戦がいずれも左回りの競馬でしたから、右回りの舞台となってどうか。稽古でモタれず真っ直ぐに推進できており、リングハミに替えた効果も窺えるので、スムーズに運んで今回決められたらと期待しています」(矢野英一調教師)
2019/4/5 (美浦トレセン)
4日(木)にWコースで4ハロンから0.9秒先行して併せ、54.0-38.8-12.7を馬ナリに追い切りました。「リーフを先行させて、相手に並ばれてから終いだけ少し伸ばす内容の追い切りを消化。乗り手の指示にシュッと反応できていましたし、状態は変わりなくきています。飼い葉もバクバクとはいかないまでも、安定して量を食べれていますので、体もちゃんと維持できていますよ。あとはこれ以上テンションを高めないよう、攻め過ぎずといった内容で調整して、レースまで持っていくつもりです。来週4/14(日)中山・3歳未勝利(ダ1800m・牝)を福永騎手で予定しています」(矢野英一調教師)
2019/3/29 (美浦トレセン)
★3/24(日)中京・3歳未勝利(ダ1800m・牝)福永祐一騎手 結果3着

「勿体ない競馬!!ゲートは五分に出れたものの、まだトモが緩いので一完歩目の踏ん張りが利かず、スタートダッシュを決められなかった。直線でも前をフラフラ走っている馬の不利を受けましたし、もう少し前目のポジションで運べていたら、ゴール前もっと際どい決着になっていたと思います。馬体の回復がカギとなりますが、状態に変わりないのでこのまま続戦していきます。中2週で4/14(日)中山・3歳未勝利(ダ1800m・牝)を予定。福永騎手にもう一度依頼しました」(矢野英一調教師)
2019/3/24 (中京競馬場)
馬体重:446kg
★3/24(日)中京・3歳未勝利(ダ1800m・牝)福永祐一騎手 結果3着

「ダートの走りもいいし、このくらいの距離が合っていますね。追い出してからまだ若干、左へ行こうとする癖が見られるので、リングハミに替えた判断も正しかったと思います。内容的にもチャンスは近いはずですよ」(福永祐一騎手)
2019/3/21 (美浦トレセン)
☆3/24(日)中京・3歳未勝利(ダ1800m・牝)福永祐一騎手

20日(水)にWコースで4ハロン57.7-41.7-13.8を単走で馬ナリに追い切りました。「輸送も考慮して、当該週はサラッとした内容での追い切りを消化。動き自体は変わりなく、ようやく最近になってしっかり飼い葉を食べ始めているので、体調面に関しても問題ありません。あとはテンションが高くなりがちなため、当日変にイレ込んだり、輸送で体をあまり減らさなければと期待できると思います。まだまだ良化途上でも、能力的に未勝利クラスはいつ卒業してもいい馬。ここで決められたらという気持ちです」(矢野英一調教師)
2019/3/15 (美浦トレセン)
10日(日)にWコースで3ハロン43.0-13.5を単走で馬ナリに追われ、14日(木)にもWコースで4ハロンから1.5秒追走して併せ、53.3-38.0-12.6を馬ナリに追い切りました。「ある程度は体つきにアドバンテージを持たせて戻しても、攻めていくだけ減っていってしまうのがネック。それでも今週の追い切りなんかは、仕掛けてからスーッと反応して抜群の動きに映りましたし、まともに競馬させてもらえれば未勝利戦はすぐ卒業できるレベルです。来週3/24(日)中京・3歳未勝利(ダ1800m・牝)に福永騎手で向かいます。距離についてはそれほど問題ないはずなので、あとは輸送やコース適性がどうかだと思います」(矢野英一調教師)
2019/3/8 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、6日(水)に帰厩しました。

7日(木)にWコースで4ハロンから1.3秒先行して併せ、56.9-41.5-13.2を馬ナリに追い切りました。「シルエットがまだ細く映るので、そうバリバリとは稽古も攻めていけないのがネック。それでも一度使って緩い部分は解消してきていますし、昨日の追い切りも楽な手応えのままで動けていました。気候が暖かくなってきて体調面も良好に映るので、飼い葉を工夫してなるべく体を減らさないように進めていきたい。3/24(日)中京・3歳未勝利(ダ1800m・牝)を予定しており、鞍上はデビュー戦にも騎乗した福永に依頼しています」(矢野英一調教師)
2019/3/1 (松風馬事センター)
馬体重:445kg
「現在は角馬場でダクとハッキングキャンターのメニューで調整中です。レース後に見られた硬さは解消してきたものの、飼い葉食いがひと息で馬体の回復がスロー。ひとまず週明けまでウォーキングマシン運動のみにとどめ、26日(火)から騎乗運動を再開しました。まずは馬体の回復を最優先に、馬体重を逐一チェックしながら徐々にペースアップを図っていくつもりです」(担当者)
2019/2/22 (松風馬事センター)
★2/17(日)東京・3歳未勝利(ダ1600m・牝)戸崎圭太騎手 結果6着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、19日(火)に移動しました。

「ゲートを出てから過敏な反応を示してしまい、まだトモに緩さを残す中でしっかりと踏ん張れなかった。前半のロスさえなければ、最低限権利は取れていたはずの内容でしたから、ちょっと勿体なかったですね。ダートの走り自体は問題なしで、メンバーの層を考えれば、むしろ勝ち上がりはその方が早いようにも感じます。あとは直線でやはり内に刺さるようなところが見られたので、そこはしっかりと修正して次戦に臨みたいと考えています。例年の出馬状況だと、5節空けて2回中京開催の最終週(3/23.24)には出走チャンスがありそう。ひとまず馬体回復を目的に、一旦短期で近郊に出させてもらいます」(矢野英一調教師)
2019/2/17 (東京競馬場)
馬体重:450kg
★2/17(日)東京・3歳未勝利(ダ1600m・牝)戸崎圭太騎手 結果6着

「出遅れてしまいましたし、出てからも驚いてなのか怖がってなのか、一旦自分でブレーキをかけるような形に。流れに乗ってからはいいリズムで走れてましたし、最後も脚を使えています。ただ、聞いていた通り内にささる面も見られたので、その辺りが解消すればもっといいパフォーマンスができるでしょう」(戸崎圭太騎手)
2019/2/14 (美浦トレセン)
☆2/17(日)東京・3歳未勝利(ダ1600m・牝)戸崎圭太騎手

13日(水)にWコースで4ハロンから2.3秒先行して併せ、55.3-40.1-13.4を直線一杯に追い切りました。「水曜日の追い切りはウッドチップでの3頭併せを先行する形。重い馬場ではマズマズといった動きですが、先週と比べて息遣いにも良化が窺え、もうレースを使える態勢は十分整っています。当初は芝1600m戦を予定していたものの、投票後に抽選または除外される可能もあったため、急遽ダート戦に矛先を向けました。華奢で非力さの残る現状から、本来はまだ芝を使うのがベターだとは思います。それでもデビュー当時に比べたらだいぶ芯が通ってきましたし、けっしてダートが走れない印象は持っていません。道中揉まれずにリズムよく進められれば、久々の競馬でもちゃんと走れるはずですよ」(矢野英一調教師)
2019/2/8 (美浦トレセン)
7日(木)にWコースで4ハロンから3.2秒先行して併せ、53.3-38.9-12.9を馬ナリに追い切りました。「追い切りはトゥインクルが先行する形での3頭併せ。手前をスッと替えてギアチェンジができ、コントロールに関しても特に問題はなかったですね。追うごとにグングン状態が上がってきています。これなら来週には出走態勢が整いそう。前走から15節間隔が空けば、いくらなんでも除外されることはないでしょうし、当初は芝一本のつもりでレース選択を考えていました。しかしながら、芝マイル戦は今週の想定を見てもあまりにも権利持ちが多く投票している印象。そのためメンバーが与しやすいと判断すれば、牝馬限定のダ1600m戦も視野に入れるつもりです。以前と比べて全体的にパワーアップしている感じですので、今ならダートもこなせるでしょう」(矢野英一調教師)
2019/2/1 (美浦トレセン)
1月27日(日)にWコースで3ハロン42.8-14.0を単走で強目に追われ、31日(木)にもWコースで4ハロンから1.2秒先行して併せ、55.7-39.9-12.5を馬ナリに追い切りました。「今週のひと追いでようやく良化してきたなって感じです。先週までは自分で跨ってもアレアレ?って感触で、デビュー戦を使った後のグンと上向いて、これから行くぜ!みたいな状態には程遠かった。あまり寒い時期は得意としないタイプにも映りますが、素質馬ですのでこれからどんどん動きも変わってくるでしょう。当初の予定からは一週スライドさせてもらい、2/17(日)東京・3歳未勝利(芝1600m)を目標にします」(矢野英一調教師)
2019/1/25 (美浦トレセン)
20日(日)にWコースで3ハロンから1.3秒追走して併せ、39.7-13.2を強目に追われ、24日(木)には南Pコースで4ハロンから併せ、53.4-38.7-12.8を馬ナリに追い切りました。「息遣いがまだ重く、現状ではマズマズといった動き。それでも精神面などはだいぶ幼さが抜けてきた印象を受けます。緩さが解消してもう少し芯が通ってくれば、1800mくらいまでは距離も持ちそうなタイプでしょうね。2/10(日)東京・3歳未勝利(芝1600m・混)を目標に進めていきます」(矢野英一調教師)
2019/1/18 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、16日(水)に帰厩しました。

「体が増えて成長を感じられますし、とても良い雰囲気で帰厩してくれましたね。今朝跨った感触からはまだ緩い印象を受けたので、当面の目標は早くても2/10(日)東京・3歳未勝利(芝1600m・混)あたりになりそう。力を発揮できれば、牡馬相手でも臆することはないと思っていますので、きっちり乗り込んで態勢を整えていきます」(矢野英一調教師)
2019/1/11 (松風馬事センター)
馬体重:471kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。蹄の方は亢進症状もなく引き続き安定しているため、年末年始も休まず乗り込みを進めてきました。帰厩に向けてネジを巻き始めたことで気持ちの面が少しキリキリしてきましたので、燃え過ぎないように緩急を付けて調整しています。欲を言えば馬体をもうひと膨らましさせたいところ。10日(木)に矢野調教師が視察に訪れ、『そろそろ厩舎に戻すつもり』とおっしゃっていましたから、いつ声が掛かってもいいように態勢を整えていきます」(担当者)
2018/12/28 (松風馬事センター)
馬体重:467kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。蹄の方は引き続き安定しており、あとはもう伸びるのを待つだけ。調教に支障をきたすこともなく、乗り込みの方も至って順調です。来年の1回東京開催(1/26~)での復帰に向けて、今後は更なるペースアップのタイミングを探りつつ、送り出しに備えて態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2018/12/21 (松風馬事センター)
馬体重:468kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。蹄の方は引き続き安定していて、亢進症状は見られません。17日(月)に改装(蹄鉄を打ち替えること)をおこなった際に装蹄師から『右前の蹄底の内側に挫跖痕があって、中が空洞になっていた』と指摘がありましたが、新しい組織が出てきているのですぐに埋まると思います。今週末に再び獣医の診察を受けるつもりですが、今の感じなら問題ないでしょう。確実に良化していますね。馬体も膨らんできて、いいサイクルに入ってきた印象。引き続きジックリ乗り込みつつ、ぶり返しがなければ更なるペースアップを図るつもりです」(担当者)
2018/12/14 (松風馬事センター)
馬体重:463kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。獣医さんからは『(挫跖による)圧痛が全くない訳ではないから、念のため注意しながら進めてください』と言われていましたが、ペースアップしても亢進症状(ぶり返し)は見られませんから、もう心配は要らないでしょう。牧場レベルでは、あと20kgくらい体を増やしておきたいところ。今後は馬体増を促しつつ、時間経過に応じて更なるペースアップを図っていくつもりです」(担当者)
2018/12/7 (松風馬事センター)
馬体重:463kg
「現在は角馬場でダクとハッキングキャンターのメニューで調整中です。挫跖の症状は先週末の時点でほぼ解消。獣医による検査の結果も『乗り出してもOK』と太鼓判をもらったことからロンジング運動を開始し、4日(火)から騎乗運動も再開しています。今のところ亢進症状(ぶり返し)は見られないため、今後は時間経過に応じて調教進度を上げていくつもり。週末からは走路での調教も再開する予定です」(担当者)
2018/11/30 (松風馬事センター)
馬体重:466kg
「現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。まだ挫跖の症状を払拭し切れていない現状ですが、常歩レベルではほとんど気になりませんし、速歩での歩様のかばいも解消傾向。『(騎乗再開は)もう少し待った方がいい』という獣医のジャッジがあったため、もう少しマシン運動で経過観察に努めるつもりで、騎乗運動再開のタイミングは慎重に探っていきたいと思います」(担当者)
2018/11/23 (松風馬事センター)
馬体重:458kg
「現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。先週にクッションプレートが入ったラバー鉄に替えて以来、歩様のかばいは見られなくなりました。その後も経過も順調なことから、この中間よりウォーキングマシン運動に移行。引き続き様子を見ながらにはなりますが、騎乗運動再開のタイミングを探っていくつもりです」(担当者)
2018/11/16 (松風馬事センター)
馬体重:454kg
10日(土)に松風馬事センターへ移動しました。

「現在は20分程度の引き運動のみにとどめています。入場日に鉄橋蹄鉄を外して装蹄師による検査をおこなったところ、どうも蹄の内側に痛みがあったようです。12日(月)に蹄鉄を履かせて経過観察したところ数日で良化が窺えたため、クッションプレートが入ったラバー鉄に替えて様子を見ています。歩様の方も徐々にスムーズになってきたことから、今日16日(金)から引き運動を開始。ある程度の回復期間が必要になりそうですが、水冷治療を継続しながら騎乗運動再開のタイミングを探っていくつもりです」(担当者)
2018/11/9 (美浦トレセン)
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、明日10日(土)に移動予定です。

「右前を跛行した原因については、獣医師から正式に挫跖によるものと診断を受けました。湿布で保護した甲斐あって、今朝はいくらか歩様に良化が見られたものの、鉄橋蹄鉄を履かせてみたところ、しっくりこないのか気にしてしまって前掻きが治まらない様子。首のあたりにも強い張りが感じられますし、このまま進めていくよりも、完治を待って仕切り直した方が近道だと思います。ひとまず一旦近郊に出させてもらって様子を見ましょう。レースの当該週にこのようなアクシデントで出走させられず申し訳ありません」(矢野英一調教師)
2018/11/8 (美浦トレセン)
右前跛行が見られたため、今朝の追い切りを自重しました。首のあたりに強い張りは感じられるものの、蹄底に熱をもっている状態で挫跖が疑わしいと診断され、現在は患部を湿布保護して治療しています。
今週予定していた11/11(日)東京・2歳未勝利(芝1600m・牝)への出走は見送ることになりました。
2018/11/2 (美浦トレセン)
★10/28(日)東京・2歳新馬(芝1400m・混)福永祐一騎手 結果5着

「稽古で跨って能力はあるなと感じていましたが、物見の激しさや歪んで走る面が実戦でどう出るかと少々心配していました。直線まだフラフラと真っ直ぐ推進できていなかったものの、鋭い脚を使って伸びてきたように、高い資質は窺える内容。福永騎手も『お母さんのウエスタンデンコーにも騎乗していましたが、比べて随分と切れる脚があるなという印象。距離も持ちそうだし、能力は相当高いですね』と手放しに誉めていましたよ。レースを使ったなりの疲れはありますが、特にダメージも見られませんので、中1週で11/11(日)東京・2歳未勝利(芝1600m・牝)に向かう予定です」(矢野英一調教師)
2018/10/28 (東京競馬場)
馬体重:452kg
★10/28(日)東京・2歳新馬(芝1400m・混)福永祐一騎手 結果5着

「スピードがあって軽い走りをしますね。素直な気性で、追い出してから重心がしっかりと沈みました。ただ少し怖がりなのか、思ったより置かれてしまったし、直線では左にもたれたり。切れる脚が使えるので、もっと距離があってもいいかもしれませんよ。むしろ2000mくらいの方がレースがしやすいと思います」(福永祐一騎手)
写真
2018/10/25 (美浦トレセン)
☆10/28(日)東京・2歳新馬(芝1400m・混)福永祐一騎手

24日(水)にWコースで4ハロンから1.1秒先行して併せ、55.5-39.8-12.6を直線強目に追い切りました。「今週はやり過ぎず、それでいて軽過ぎずといった内容の追い切りを消化。先週に比べると体がやや細く映る点は気になるものの、稽古の動きは引き続きGoodですよ。牡馬混合戦ですし、この距離になるとメンバー中に強い馬も出てくるでしょうが、ここまで十分に量を乗り込んできたので仕上がりに関しては問題ないと思います。フルゲート18頭立てで多頭数のデビュー戦となりますが、発馬五分でスムーズな競馬をしてほしいですね」(矢野英一調教師)
2018/10/18 (美浦トレセン)
10/21(日)新潟・2歳新馬(芝1600m・牝)津村明秀騎手 除外(非当選)

17日(水)にWコースで5ハロンから1.0秒先行して併せ、69.6-53.7-39.6-12.5を馬ナリに追い切りました。「まだ全体的に緩くて、ペースが上がると頼りない部分も多く感じられるものの、ここにきてトントントンと力を付けてきている。昨日の追い切りの動きも抜群でしたし、稽古通りならいい競馬ができるはず!と期待していたのですが…残念ながら抽選除外です。平坦コースならマイルでもと強気になれますが、東京だともう少し短い距離のほうが良さそうなので、来週10/28(日)東京・2歳新馬(芝1400m・混)に福永祐一騎手で向かいます。あとは敏感なタイプで物見が激しい点と、多頭数の競馬だけに道中揉まれる形となった際にどうか。そのあたりがクリアできれば、初戦から十分動ける状態にありますよ。一週延びたことで調子など崩さぬよう、引き続き注意していきます」(矢野英一調教師)
2018/10/12 (美浦トレセン)
8日(月)にWコースで4ハロンから0.8秒追走して併せ、55.7-39.5-12.8を馬ナリに追われ、11日(木)にもWコースで4ハロンから1.6秒追走して併せ、52.8-38.4-13.1を馬ナリに追い切りました。「今週でもレースを使える状態にはありましたが、日頃から稽古に跨っている初也、津村の意見も参考にして、平坦コースの新潟デビューに切り替えさせてもらいました。ここ2週の追い切りの動きが抜群で、初戦から勝負に行けるのではと、多少欲目はあっても手応えを感じるほどに状態面も上がってきています。まだまだ未完成な部分が目につく馬ですし、将来が本当に楽しみ。来週10/21(日)新潟・2歳新馬(芝1600m・牝)に津村で向かいます」(矢野英一調教師)
2018/10/5 (美浦トレセン)
10月1日(月)にWコースで3ハロンから併せ、39.6-12.3を馬ナリに追われ、4日(木)にもWコースで4ハロンから0.6秒先行して併せ、54.8-39.1-12.9を馬ナリに追い切りました。「動かしはじめは緩い感じが否めませんが、それでも徐々にトモ嵌りが良くなって、3ハロンくらいの追い切りではパンパンパンとギアを上げて動けています。苦しくなると左に差さっていく癖も右後肢にもっと力が付いてくれば、じきに解消してくる課題だと思っています。それより現状で問題なのは、1頭になると物見が激しいところ。他馬を抜いて先頭に立つと前方視界要注意な感じですので、レースではチークなど何か馬具を着ける策も検討していくつもりです。背中の感じは抜群だし、持っている能力が高いのも確か。あとは長目からやった際、同じようにトップギアまで加速して動けるかでしょうね。来週10/14(日)東京・2歳新馬(芝1600m・牝)に津村騎手で向かいます」(矢野英一調教師)
2018/9/28 (美浦トレセン)
27日(木)にWコースで4ハロンから0.9秒先行して併せ、53.9-38.8-13.7を強目に追い切りました。「一週間でも楽をさせたことで、だいぶ背腰の苦しいところが抜けてきたのか、状態面に関してはむしろ上向いてきましたね。左肩の擦過傷も治りつつあるのでもう心配いりません。乗り味の良さは跨ったスタッフ誰もが認めるものの、その反面ウィークポイントである右トモの甘さ緩さが目につく現状。今週の追い切りでも左へ左へと差さって行ってしまいました。軽い走りで力の要る馬場は合わないと思いますし、デビュー戦に関しては悩みましたが芝から使っていきましょう。あと2~3本速めをやれば態勢も整いそうですので、10/14(日)東京・2歳新馬(芝1600m・牝)を予定します」(矢野英一調教師)
2018/9/21 (美浦トレセン)
17日(月)にWコースで3ハロン42.0-12.9を単走で馬ナリに追い切りました。「20日(木)にも坂路コースで追い切る予定でしたが、ウォーミングアップの際に他馬に驚かされて立ち上がり、そのままバランスを崩して転倒してしまいました。念のためレントゲン検査をしたところ骨に異常はなく、獣医からは左肩の擦過傷と診断されました。歩様もいまのところスムーズなのですが、今週いっぱいは大事をとって様子見するつもりでいます。週明けから動かしていって問題がなければ、4回東京開催(10/06~)でのデビュー予定のまま進めていきます」(矢野英一調教師)
2018/9/14 (美浦トレセン)
9日(日)に坂路コースで4ハロンから0.2秒追走して併せ、58.8-41.8-26.8-12.9を馬ナリに追われ、13日(木)にも坂路コースで4ハロンから0.6秒追走して併せ、54.8-40.2-26.4-12.9を馬ナリに追い切りました。「坂路ではやればやるだけ時計を出せるタイプです。背中の感触は跨ったスタッフ誰しもが『抜群』と評しているし、やはりいいスピードを持っているものの、稽古でまだ左へ左へと行こうとする面が目につきます。口向きなども若干影響しているように感じましたが、右トモがまだ左に比べて弱いため、苦しがってささっていくのだと思います。ダートで固めていっていずれは芝も走らせたいイメージ。芯がしっかり入ってくればバッキューンと脚を使えそうですので、4回東京開催(10/06~)でのデビューを目指して、このままじっくり進めていくつもりです」(矢野英一調教師)
2018/9/7 (美浦トレセン)
2日(日)に坂路コースで4ハロンから0.9秒追走して併せ、60.2-41.0-25.9-12.6を強目に追い切われ、5日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.1秒先行して併せ、56.2-40.9-27.0-13.9を馬ナリに追い切りました。「3頭併せで先行する形の追い切りを消化。前日の雨で馬場が重かったので、時計的にはこのくらいで問題ないと思います。まだ後肢がだいぶ緩く、体幹もしっかりしていないので、もともとウッド素材の馬場では鬼時計の出るタイプではなさそう。それでもスピードや乗り味の良さは感じられるので、これから進めていってどれだけ変わってくるか楽しみですよ」(矢野英一調教師)
2018/8/31 (美浦トレセン)
30日(木)にゲート試験を受験し、無事に合格しました。

「寄りつきから枠内での駐立、発馬にいたるまでひと通りの流れを無難にこなし、ゲート試験は一発でクリアしてくれました。まだスタートが普通でそれほど速くはないものの、センスはあるので少なくともディスアドバンテージになることはないでしょう。ただ、この時季の2歳馬にそう求めるものでもないのですが、走りに安定感がないというか、全体的にまだ芯が入っていません。このままデビューまで持っていけるかは体力次第でも、当面は追い切りを重ねて鍛えていくつもりです。乗り味の良さは高く評価できますし、緩さは多分に感じるけれど、グンと行けるいいスピードを持っていますよ」(矢野英一調教師)
2018/8/24 (美浦トレセン)
ノルマンディーファーム小野町で順調に調整され、18日(土)に美浦・矢野英一厩舎に入厩しました。

「環境慣れに時間を要するタイプなのでしょうか、トレセンのピリピリした雰囲気にまだ戸惑っている様子。そのため、先ずは色々なコースで脚慣らしさせながら調整しています。並行してゲート練習も行っていますが、まだ出がデレっとした感じで反応が鈍いですね。気持ちの面でパニックにならぬよう、そこはあまり焦らず時間をかけて進めていくつもりです。今朝の稽古で実際に跨ってみて、まだだいぶ緩さを残す中でも、乗り味やスピードなんかはやはりいいモノを持っているなと感じましたよ。まずは今週末に、坂路コースで現状どれだけ動けるかを確認してみます」(矢野英一調教師)
2018/8/17 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:460kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限16~18秒ペース)のメニューで調整しています。今週より坂路を2本に増やしています。ここにきて良い意味で力の抜けた走りが出来るようになり、首から背中にかけての使い方も大きくなってきました。物見も少なくなり、集中して走れています。なお、明日18日(土)の検疫でトレセンに入厩することになりました。まだトモが頼りない感じもあり、坂路2本目はしんどそうなところもありますが、走法が変わってきたことにより、更に乗り込んでいけば背腰もしっかりした造りに変わってくると思います。
2018/8/10 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:462kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限17~18秒ペース)のメニューで調整しています。今週よりややペースアップを図って調教を進めています。どちらかというと坂路コースの方が集中して走れており、周回コースだと内外の違いや、後方から追い抜いてくる馬に緊張するようなところが見受けられます。それでも来た時に比べれば落ち着いてきているので、このまま進めていくことに問題はなさそうです。乗り込まれながら体も大きくなっており、食べたものがしっかり身になっている印象。来週からは坂路の本数を増やすなど入厩へ向けて、さらにペースを上げていく予定です。
2018/8/3 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:456kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今週から緊張状態の緩和のためにハミをトライアビットと呼ばれるものに変えてみたところ、随分とリラックスした走りが出来るようになってきました。それに伴い、物見も軽減されていて、想像していた以上の効果が窺えます。特に力みがちだった首から背中にかけてもいい意味で力が抜けており、今後は体を大きく使えるようになってくると思います。来週からは坂路の本数も増やす予定で、入厩を意識できるようなメニューに移行していきたいと考えています。
2018/7/27 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:451kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。先週と同様のメニューを消化していますが、相変わらず物見がひどく、常に何かを見て緊張しているような体勢になってしまっています。もう少し前のめりなくらいで良いのですが、ちょっと慣れが必要かもしれません。このまま緊張状態が続くようであれば、調教メニューや馬具で何かしら工夫をしてみることも検討しています。
写真
2018/7/20 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:445kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今週16日(月)からは坂路も1本登坂。ただ、まだ周りを気にするところがあり、物見をして止まったりするような仕草が目立ちます。長めを乗っていくにももう少し集中力を高めていきたいので、今はあまり煮詰めすぎず、ジックリなだめながら進めたいと思います。
2018/7/13 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:448kg
現在は馬場3周のメニューで調整しています。今週10日(火)より騎乗を開始しました。初めての環境ということもあり、周りを確認しながら恐る恐るといった感じですが、慣れてくれば特に問題なさそうです。まだペースはゆっくりなものの、トレーニングセールで動けていただけあって、芯はしっかりしている印象。やれば動くのは分かっているので、長めを乗り込んで主に心肺機能の強化をおこない、セール仕様からレース仕様に切り替えていけるようメニューを組んでいきます。
2018/7/6 (ノルマンディーファーム小野町)
今後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整を進めていくことになり、昨日5日(木)に移動しました。現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しており、この後は様子を見ながら騎乗運動開始のタイミングを図っていく予定です。