現在表示しているページの位置

エルズリー
牝馬 栗  2016/3/31生
カタログPDF

父:Graydar × 母:Miss Luna(母の父:Henny Hughes)

生産:米国  所属:栗東・吉岡辰弥厩舎

  • 血統図
  •  
総口数 400口 募集総額 2,200万円
募集状況 満口 1口出資額 55,000円

近況

詳細

2020/9/18 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:538kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、600mの坂路を2本(17秒ペース、週1本は15秒ペース)のメニューで調整中です。今週から速いペースを織り交ぜながら乗り込んでいます。問題点もないのでこのままどんどん進めていけそう。昨日来場した吉岡調教師は、『新潟の最後で使いたいと思っています』と話していました」(担当者)
2020/9/11 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:526kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、キャンター600mを2本(17秒ペース)のメニューで調整中です。馬体に傷みはありませんし、順調にペースアップが図れているところ。乗りながらも体重が増えているように、体調面の良さも窺えます。どのあたりで出走に持っていくか、吉岡調教師とも相談しながら今後の調教メニューを考えていきたいと思っています」(担当者)
2020/9/4 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:510kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、キャンター600mを2本(20秒ペース)のメニューで調整中です。到着後も大きな問題はなく、乗り込みを開始しています。短期での放牧と聞いているので、緩めないように進めていくつもり。暑い日が続いていますが夏負けなどの兆候は見られません」(担当者)
2020/8/29 (吉澤ステーブルWEST)
★8/23(日)小倉・3歳上1勝クラス(芝1200m・混)北村友一騎手 結果18着
この後はトレセン近郊の吉澤ステーブルWESTで調整することになり、27日(木)に移動しました。

「水曜日に再度パトロールを確認しながら北村騎手からも意見を聞いたのですが、『馬場にノメっていたのもあるが、フットワークがバラついてしまって安定感を欠く走りだった。ダートの方が合っていると思う』と話されました。申し訳ありません。レース後もそれほど疲労感やダメージは残っておらず、小倉ダ1000m戦に連闘策で臨めるならと準備して想定段階までは粘ったのですが、1勝クラスの短距離ダートは最低10節以上必要な出馬状況です。一旦短期で近郊に出させてもらい、次は地方交流競走なども視野に入れていきたいと思います」(吉岡辰弥調教師)
2020/8/23 (小倉競馬場)
馬体重:516kg
★8/23(日)小倉・3歳上1勝クラス(芝1200m・混)北村友一騎手 結果18着

「鞍上は『走りのバランスが悪かった』と話していましたが、午前中の降雨で下がかなり緩くなり、道中ノメりながら走っていました。ただ、内枠で仕方がない部分はあるものの、もっと外へ持ち出すアクションをしてほしかった。不甲斐ない結果となり申し訳ありません。週明けの状態を見てまた相談させてください」(吉岡辰弥調教師)
2020/8/20 (栗東トレセン)
☆8/23(日)小倉・3歳上1勝クラス(芝1200m・混)北村友一騎手

19日(水)に坂路コースで4ハロン55.3-40.1-26.0-13.0を単走で馬ナリに追い切りました。「順調に調整を進められており、体も維持できています。最終追いは本番でも騎乗予定の北村友一騎手に依頼。『メンタル面にまだ課題が残りますが、素材は確かなものを持っていますね』と感触を口にしていました。フラットワークはリラックスできているのに、馬場へ出ると急にテンションが高まり、終始力みがちの走りになってしまっている。成績が安定しないのはそういったメンタルの部分が大きく影響していると思いますし、稽古からもっと上手に走れるようにしていきたいですね。直線スムーズに外へ持ち出せれば、芝でもいい脚を使って差してこれると思います」(吉岡辰弥調教師)
2020/8/14 (栗東トレセン)
★8/09(日)新潟・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)岩田望来騎手 結果8着

「レース後も目立ったダメージは残っておらず、水曜日から通常メニューで乗り始めています。前走に関しては馬場状態と枠が影響しただけで、まったく悲観しなくていい内容と思っている。ポテンシャルの高さは間違いないので、脚を溜める形が板に付いてくれば、もっと上を目指せるはずの馬です。優先がなく次走はどこを使えるかまだ分からないものの、例年の実績からは小倉芝1200m戦なら節のない馬でも入っています。3歳時に一度だけ芝を経験したのが京都芝1600mですから、条件的にもまったく異なりますし、試してみる価値はあるでしょう。来週8/23(日)小倉・3歳上1勝クラス(芝1200m・混)から投票していく予定です」(吉岡辰弥調教師)
2020/8/9 (新潟競馬場)
馬体重:516kg
★8/09(日)新潟・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)岩田望来騎手 結果8着

「最内枠を引いてしまいましたが、揉まれ弱さがある馬なので、今日に関しては外へ持ち出すことだけを意識して乗ってほしいと鞍上に指示しました。前が止まらないタフな馬場でも直線最後までバテている感じはなく、距離はまったく問題ないと思います。+16kgの馬体重もほぼ成長分ですし、こういった競馬をマスターさせられればもっと飛躍できるはず。蹄の形からは芝も走れると見ていますので、色々と経験させていきましょう」(吉岡辰弥調教師)
2020/8/6 (栗東トレセン)
☆8/09(日)新潟・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)岩田望来騎手

8月1日(土)にCWコースで6ハロン87.2-71.7-55.9-40.7-12.5を単走で馬ナリに追われ、5日(水)にも坂路コースで4ハロン58.1-42.6-27.2-13.1を単走で強めに追い切りました。「ボーダーギリギリ15節での出走。今週も新潟は出馬状況が大変混み合っていましたから、まずは予定通り投票できて良かったです。暑さには強いタイプで、与えた飼い葉をしっかりと食べれており、この中間も元気いっぱいの様子。ここまで順調に調整できています。最週追いでは本番も騎乗予定の岩田望来に反応を確かめてらいましたが、促さずともスーッとギアチェンジして加速でき、本人も好感触を掴んでくれたよう。揉まれず直線外へ持ち出せさえすれば、稽古の感じから鋭い脚を使ってこれると思います。けっして1000mダ専用タイプではないはずですし、ここにきて精神面の成長も窺えるので、徐々に活躍の幅を拡げていきたいですね」(吉岡辰弥調教師)
2020/7/31 (栗東トレセン)
25日(土)にCWコースで5ハロンから0.2秒追走して併せ、68.8-53.1-38.8-12.6を馬ナリに追われ、29日(水)にも坂路コースで4ハロン59.9-44.1-29.3-14.9を単走で馬ナリに追い切りました。「毎週しっかりと追い切りを消化していますが、飼い葉食いはまったく落ちずに、むしろ馬体重も522kgと増えてきているほど。暑さが堪えている感じはなく、元気いっぱいの様子で状態面は良好に映ります。ただ、今週組まれている同条件の番組がボーダー13節(エルズリーは14節)。来週の新潟はブロック制なしの最終週となるだけに、無事出走枠に入れるかがひとつ不安な点ではありますね。レースに向けてさらにコンディションを上げていければと思います」(吉岡辰弥調教師)
2020/7/24 (栗東トレセン)
19日(日)に坂路コースで4ハロン57.5-42.6-28.6-14.6を単走で馬ナリに追われ、22日(水)にも坂路コースで4ハロン59.5-43.4-28.7-14.5を単走で馬ナリに追い切りました。「昨夏も小倉で好成績を挙げていましたが、暑さに強いタイプのようで体調面は良好に映ります。稽古でもキックバックや他馬とのスペースに敏感なところが見られるので、対策としてどこかでブリンカーを試してみようと考えています。次走は8/09(日)新潟・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)を岩田望来騎手で予定。広いコースでゆったり外を回して走らせれば、終い脚を使って伸びてくるイメージはありますね」(吉岡辰弥調教師)
2020/7/17 (栗東トレセン)
吉澤ステーブルWESTで調整され、17日(金)に帰厩しました。

「小倉のダ1000m戦では現級で2着が2回。好成績を挙げている条件なのは承知しているものの、キックバックに脆くて内枠だと走りの安定感に欠けてしまう現状です。エルズリーの今後のことを考えれば、溜めて終いに脚を使う形を覚えさせていきたい。今回クラブ側ともその意見が一致したため、次走は8/09(日)新潟・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)を目標とさせていただきました。コーナーの角度はキツい新潟競馬場ですが、高低差が少なく直線の長いコースで、そういった競馬を経験するにはうってつけだと思います。距離に関しては1200mでも問題ないと思っていますが、やはり少し縮めた1000m戦がよりベターなのかもそこでハッキリするはずです」(吉岡辰弥調教師)
2020/7/10 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:526kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、キャンター600mを2本(17秒ペース、週2回は13秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き順調に進められていて、本数を重ねて息遣いも良くなってきました。来週には帰厩の予定と聞いているので、このままいい状態で送り出せるように乗り込んでいきます」(担当者)
2020/7/3 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:530kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、キャンター600mを2本(17秒ペース、週2回は13秒ペース)のメニューで調整中です。今週から更にペースを速めて乗り込んでいますが、いい状態まで上がってきました。入場当初の疲れはもうありませんし、体調面も良好。もうそろそろ帰厩の予定と聞いていますので、送り出しに向けてしっかり態勢を整えていきます」(担当者)
2020/6/26 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:526kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、キャンター600mを2本(17秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き今週も速いところを消化しながら乗り込んでいますが、動きはかなり良くなってきました。疲れは完全に取れましたし、毛艶も良好。状態が上がってきたので、このまましっかり負荷をかけて更なる良化を促していきます」(担当者)
2020/6/19 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:528kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、キャンター600mを2本(17秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。今週から週1回は13-13までペースを上げて乗り込んでいます。先週に比べてもコンディションは上がってきていますし、状態に関してはもう問題ないと言えるでしょう。このまま速いところを消化しながら整えていきたいと考えています」(担当者)
2020/6/12 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:528kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、キャンター600mを2本(17秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。今週も速めのところを織り交ぜながら乗り込んでいます。ここにきて大分コンディションが上がってきましたし、体重も落ち着いてきました。今週末か来週には13-13を織り交ぜながら進めていくつもりです」(担当者)
2020/6/5 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:530kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、キャンター600mを2本(17秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間よりペースアップを図って乗り込んでいます。疲れは大分取れてきた様子。体重が大幅に増加していますが、まだ本来の調子にはない感じなので、乗り込みながら状態を上げていきたいと考えています」(担当者)
2020/5/29 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:508kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400~3200m、600mの坂路を1本(17秒ペース)のメニューで調整中です。この中間より少しペースを上げて乗り込んでいます。トモの患部の状態はもう心配しなくてもいい感じ。ただ、体重が減っているように内面はまだ本調子ではない様子なので、無理をしないようにじんわりと上げていくつもりで考えています」(担当者)
2020/5/22 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:518kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2400~3200m、600mの坂路を1本(20秒ペース)のメニューで調整中です。今週から騎乗運動を始めましたが、まだ全体的に疲れが残っている感じです。本調子にもない様子なので、このまま乗り込みながら状態を上げていこうと考えています。調子が上がり次第ピッチを上げて対応していくつもりです」(担当者)
2020/5/15 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:504kg
この後は滋賀県・吉澤ステーブルWESTで調整することになり、昨日14日(木)に移動しました。

「現在は30分ほどのウォーキングマシン運動のみにとどめています。交突による打撲は名残がある程度です。吉岡調教師からは、回復が見られ次第すぐに戻すつもりと言われています。問題がなければ来週から騎乗運動に移行したいと考えています」(担当者)
2020/5/8 (栗東トレセン)
6日(水)に坂路コースで4ハロン55.4-41.4-27.8-14.0を単走で末強めに追い切りました。「水曜日の追い切りは無事終えたのですが、午後の歩様チェックで右後肢の運びにやや違和感を覚えたため、昨日は運動を控えました。今朝もまだ若干庇うような歩様に映り、球節の内側に腫れも残っていたため、診療所でレントゲン検査を実施したところ、交突の原因による打撲と診断されました。幸い大事には至らず、痛み止めの投与のみで今は様子を見ている状況ですが、ここで無理させては後々に響いてきますので、一度仕切り直すことも検討させてください」(吉岡辰弥調教師)
2020/5/1 (栗東トレセン)
★4/26(日)福島・4歳上1勝クラス(ダ1150m・混)和田竜二騎手 結果14着

「凡走の理由がハッキリとしませんが、今回デキは良かっただけにメンタルの影響している部分が大きいのかもしれません。内枠だと他馬を気にしたり、キックバックに怯むなどまだ脆い面を抱えている。運よく外ばかりの枠が引けるわけでもありませんから、次走に向けてはブリンカーなどの馬具も試してみるつもりです。レース後も状態は変わらずきており、今朝はプールに入れてみたところ、リラックスできている様子でとてもいい雰囲気でした。来週5/09(土)京都・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)を小崎綾也騎手で予定します」(吉岡辰弥調教師)
2020/4/26 (福島競馬場)
馬体重:500kg
★4/26(日)福島・4歳上1勝クラス(ダ1150m・混)和田竜二騎手 結果14着

「ゲート内で頭を上げてしまって、うまく態勢が整ってない状態でのスタート。立ち遅れてしまい、内からポジションを上げていこうとしても、他馬の間を割れずに進んで行けませんでした。向正面で一旦怯んで下がる場面がありましたし、キックバックに嫌毛を示した懸念はあるものの、『直線も1頭分スペースが開いていたのに、狭いところへは入っていこうとしない』と和田騎手は話しており、気難しさが出てしまった印象です。具合は良かったのですが、このような結果となり申し訳ありません」(吉岡辰弥調教師)
2020/4/23 (栗東トレセン)
☆4/26(日)福島・4歳上1勝クラス(ダ1150m・混)和田竜二騎手

18日(土)にCWコースで6ハロンから0.7秒追走して併せ、88.1-71.0-55.2-41.1-12.6を馬ナリに追われ、22日(水)には坂路コースで4ハロン54.7-38.7-24.7-12.5を単走で馬ナリに追い切りました。「感触を確かめてもらうため、水曜日は和田騎手に依頼して追い切りを消化しました。四肢をしっかりと伸ばして、持ったまま楽な手応えで坂路を登板。馬の雰囲気は凄くいい感じに映りますね。今朝の計量で514kg。除外もあってだいぶ乗り込めましたし、輸送を考えれば体つきもこれくらいでちょうど。スピードは十分通用するはずですから、初の福島コースも心配ないでしょう。道中揉まれずに運べれば期待が持てると思います」(吉岡辰弥調教師)
2020/4/17 (栗東トレセン)
15日(水)に坂路コースで4ハロン58.7-42.3-27.7-13.7を単走で馬ナリに追い切りました。「中間も坂路では15ペースを週2回乗り込み、強めの追い切りはコース追いで週1回消化しています。除外でスライドとなりましたが変わらず飼い葉食いは安定しており、体をフックラと見せて体調面も良さそう。心身ともにフレッシュな状態で、日頃の稽古からやる気が感じられますね。来週4/26(日)福島・4歳上1勝クラス(ダ1150m・混)に和田竜二騎手で向かいます」(吉岡辰弥調教師)
2020/4/9 (栗東トレセン)
4/12(日)福島・4歳上1勝クラス(ダ1150m・混)横山武史騎手 除外(非抽選)

4日(土)にCWコースで6ハロン89.8-73.1-57.3-42.2-13.1を単走で馬ナリに追われ、8日(水)には坂路コースで4ハロン53.7-38.7-25.3-12.9を単走で馬ナリに追い切りました。「この中間も飼い葉食いは安定していますし、追い切りを終えた昨日の計量で508kg。競馬場までの輸送も考えれば太目感なく仕上がったと思います。ただ、山内厩舎から引き継ぎさせてもらった後、ここを目標に進めてきたのですが、残念ながら今週は節が足らずに除外となってしまいました。無理くり番組を見つければ、来週の阪神にダ1400mの混合戦は組まれているものの、これまでの成績を見ても坂のあるコースよりは平坦向きの印象を持っている。スピードタイプですし、距離も1200mまでがエルズリーに合っているでしょう。申し訳ありませんが、再来週に組まれている同じ条件の4/26(日)福島・4歳上1勝クラス(ダ1150m・混)に向かわせてください。さらに状態を上向かせられるようしっかり乗り込んでいきます」(吉岡辰弥調教師)
2020/4/3 (栗東トレセン)
3月28日(土)にCWコースで4ハロン61.2-45.1-13.0を単走で馬ナリに追われ、4月1日(水)には坂路コースで4ハロン59.3-43.1-28.4-14.2を単走で馬ナリに追い切りました。「今週は水曜日に坂路で15-15ペースを追い切り、明日またウッドチップで長めからしっかりとやる予定です。体力があるので思うように調整ができていますし、エルズリー自身も今充実しているのか、非常に雰囲気がいいんですよね。背中の良さからも、これからまだまだ強くなっていける可能性が感じられる。来週4/12(日)福島・4歳上1勝クラス(ダ1150m・混)を横山武史騎手で予定しています」(吉岡辰弥調教師)
2020/3/27 (栗東トレセン)
25日(水)に坂路コースで4ハロン59.1-43.0-28.6-14.5を単走で馬ナリに追い切りました。「帰厩後も順調に乗り込めています。メンタルの維持が難しいタイプと聞いていましたが、今のところは特に煮詰まった様子も見られず元気いっぱい。スピードが秀でていますし、角馬場でのフラットワークも上手に走れている。中間何度か跨らせてもらった感触は上々で、引継ぎの際に山内元調教師が能力を高く評価していたのも納得できます。今後まだまだ変わってきそうな雰囲気がありますよね。4/12(日)福島・4歳上1勝クラス(ダ1150m・混)を目標に進めていきます」(吉岡辰弥調教師)
2020/3/19 (栗東トレセン)
吉澤ステーブルWESTで調整され、本日19日(木)に帰厩しました。

「短期の放牧でも回復傾向にあったため、少し早めのスケジュールで戻させてもらいました。次走は4/12(日)福島・4歳上1勝クラス(ダ1150m・混)に向かう予定。外国産馬ゆえ選択できる番組が限られますし、きっちり初戦から力を発揮できるよう仕上げていきます」(吉岡辰弥調教師)
2020/3/13 (吉澤ステーブルWEST)
馬体重:510kg
7日(土)に吉澤ステーブルWESTに移動しました。

「現在はダートコースでダクとハッキングキャンター4000~4500m、キャンター600mを2本(20秒ペース)のメニューで調整中です。まだ冬毛が長く疲れも残っている状態なので、馬の雰囲気が良くなるのを待ちながら進めています。それでも回復はしているので、このまま乗り込みながらほぐしていきたいと考えています」(担当者)
2020/3/6 (栗東トレセン)
★3/01(日)阪神・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)松山弘平騎手 結果7着
この後はトレセン近郊の吉澤ステーブルWESTで調整することになり、明日7日(土)に移動予定です。

「レース後も馬体や脚元に大きなダメージは見られませんが、全体的に硬さは感じられる状態。今朝乗った感じからも精神的にやや煮詰まっている様子が窺えるため、一旦近郊に出して心身のリフレッシュを図りましょう。2週間程度で帰厩させられたらと考えており、次走は4/12(日)福島・4歳上1勝クラス(ダ1150m・混)を予定させてください。山内調教師からもお聞きしていたように、背中が良くて能力の高さというのは十分伝わってくる馬です」(吉岡辰弥調教師)
2020/3/1 (阪神競馬場)
馬体重:500kg
★3/01(日)阪神・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)松山弘平騎手 結果7着

なお、山内研二調教師が定年引退を迎えられるため、3月4日(水)からの所属先は栗東・吉岡辰弥(ヨシオカタツヤ)厩舎に決定いたしましたので、お知らせいたします。レース後の状態を確認したうえで、3月3日(火)午後にトレセン内で厩舎間移動する予定です。

「無観客でもパドックから落ち着きを欠いていたように、まだまだ精神面が幼い。脚質を転換して今日もそれなりに脚は使っているのですが、坂で鈍って止まりましたね。けっして1000mだけとは思っていないし、この馬の能力はこんなもんじゃないはずなんだ。新しい厩舎ではフラットワークを多く取り入れると聞いているので、素質が開花するよう期待しています」(山内研二調教師)
2020/2/27 (栗東トレセン)
☆3/01(日)阪神・4歳上1勝クラス(ダ1200m・混)松山弘平騎手

「海外セリで自分も目を付けていた馬だったから、預託の話があった時は嬉しかったな。本当に感謝しています。それだけに現状、あまり結果を出せていないのが心苦しいね。けっして気難しいタイプではないけど、プレッシャーに弱いためかまだアテにできない走り。控える競馬で前走兆しが見えたし、この形をしっかり覚えさせればじき安定してくるんじゃないか。連闘になるけど疲れは特に感じられません。スムーズに外へ持ち出せれば、今回も直線鋭い脚が使えるはず。上へ行ってもやれるだけの能力は間違いなく秘めている馬ですよ」(山内研二調教師)
2020/2/22 (小倉競馬場)
馬体重:498kg
★2/22(土)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)藤岡康太騎手 結果2着

「この距離だとどうしてもテンに置かれますね。1200~1400mがベターだと思います。ただ、今日は上手く馬群を縫いリカバリーがきいて、スムーズに外に出すことが出来ました。頑張ってくれていますし、いい時計で走れていますが、勝ち馬が強かったですね。今後もこの差す形であれば大崩れすることなく、安定した成績を残していけるのではないでしょうか」(藤岡康太騎手)
2020/2/20 (栗東トレセン)
☆2/22(土)小倉 4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)藤岡康太騎手

19日(水)に坂路コースで4ハロンから0.6秒先行して併せ、56.7-39.1-24.4-12.3を馬ナリに追い切りました。「良い頃はもっと楽な感じで時計が出せていたし、まだこの馬自身の本調子にはないかもしれません。それでも稽古の動きは徐々に上向きつつあり、煮詰まっていたり変に気負っている感じも見られない。揉まれると持ち味を発揮できないタイプなので、あとはいかにスムーズに外へ持ち出せるか。この距離だと展開次第ではどこさもないが、逆もしかり。嵌ってくれれば勝ち負けできるはず」(山内研二調教師)
2020/2/14 (栗東トレセン)
★2/09(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)藤岡康太騎手 結果4着

「テンはスピードに乗らず付いて行けませんでしたが、向正面あたりからエンジン全開で直線の伸び脚は良かった。嵌るか嵌らないか展開次第ではあっても、やはり外へ持ち出せさえすれば崩れないよね。1000m戦は少々忙しく、むしろ距離を延ばしたほうがやれるんじゃないかという内容。来週2/22(土)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)または翌週の阪神ダ1200m戦に向かいます」(山内研二調教師)
2020/2/9 (小倉競馬場)
馬体重:500kg
★2/09(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)藤岡康太騎手結果4着

「昨年夏に松山で好走したときのVTRを見ても、少し揉まれ弱いイメージがありました。テンから猛然とダッシュが付くタイプではないので、前半は自分のペースで進めて、とにかく直線スムーズに外へ持ち出せたらと考えての騎乗。本質的にこの距離は若干短い印象ですが、大外に出してからはやはり物凄い伸び脚。今後もこういった形の競馬を覚えていけば前進できる馬だと思います」(藤岡康太騎手)
2020/2/6 (栗東トレセン)
☆2/09(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)藤岡康太騎手

2日(日)に坂路コースで4ハロン60.4-43.3-27.7-13.5を単走で馬ナリに追われ、5日(水)にも坂路コースで4ハロンから1.3秒追走して併せ、59.0-41.2-25.0-12.2を末強めに追い切りました。「メンタル面が煮詰まってくると、逍遥馬道の常歩でさえフラフラしだすタイプ。ただ、今回は競馬を使った後も状態は変わりなくきているし、稽古の感じからもまだ余裕が感じられるね。出遅れ気味のスタートで、道中揉まれてしまった前走は参考外だと思っている。テンに速いタイプではないから外枠が理想ですが、スンナリ運べれば巻き返せるはずです」(山内研二調教師)
2020/1/31 (栗東トレセン)
★1/26(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)藤田菜七子騎手 結果9着

「レース前の気配から若干嫌な予感というのはあった。パドックでも物見する様子が目に付き、まったく集中して歩けていなかったし、引いたのが最内枠だったから余計にね。鞍上も外へ出そうと奮闘してはいたものの、出負けしてあのポジションからの競馬では厳しい。今回はエルズリーの力を発揮できないまま終わってしまった感じです。まったく走り切っておらず、レース後もダメージは残っていない状態。出馬状況を見ながら、来週2/09(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)もしくは開催最終週(2/22)の同じ条件に向かうつもりです」(山内研二調教師)
2020/1/26 (小倉競馬場)
馬体重:500kg
★1/26(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)藤田菜七子騎手 結果9着

「スタートしてからの二の脚がそれほど速いタイプではないので、馬群の外に出すタイミングをうかがいながら乗っていました。最終コーナーまでバラけることがなく、出せるタイミングが見つからないままで、中途半端な競馬になってしまいました。申し訳ありません。出来れば真ん中より外目の枠が欲しかったです」(藤田菜七子騎手)
2020/1/23 (栗東トレセン)
☆1/26(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)藤田菜七子騎手

19日(日)に坂路コースで4ハロン57.9-42.5-27.2-13.4を単走で馬ナリに追われ、22日(水)にも坂路コースで4ハロンから1.1秒追走して併せ、52.6-38.1-24.9-12.8を馬ナリに追い切りました。「帰厩してそれほど本数は積んでいませんが、今週の追い切りは抜群にいい動きだったね。精神的に煮詰まると良くないタイプなので、一戦だけでも前走後リフレッシュを挟んだのは正解だった。鉄砲は利くし、小倉ダ1000mも昨夏に2.3着と好走している条件。スタートを決めて前々で運べれば好勝負可能だろう。鞍上とこの馬の相性の良さにも期待している」(山内研二調教師)
2020/1/17 (栗東トレセン)
12日(日)に坂路コースで4ハロン58.0-42.0-26.4-12.8を単走で末強めに追われ、15日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.2秒先行して併せ、51.7-37.8-25.1-13.2を一杯に追い切りました。「心身ともに間隔を空けてやったほうがいいタイプ。体つきはそれほど変わっていないものの、気持ちがリセットできたからか、追い切りの動きも抜群に良かったですね。来週1/26(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)を藤田菜七子騎手で予定。跨った助手の感触では『息遣いがまだ少し重く感じた』ようですが、あと2本速めをやれば態勢は整うと見ています」(山内研二調教師)
2020/1/10 (栗東トレセン)
宇治田原優駿ステーブルで順調に調整され、9日(木)に帰厩しました。

「能力自体は相当なモノだと思うけど、今ひとつ適性が掴めない現状。昨年夏に好走した小倉ダ1000m戦をもう一度使いたい考えから、このタイミングで帰厩させることにしました。体つきはいくらかフックラして戻ってきたし、リフレッシュさせた効果で精神面も落ち着きが窺える。間隔を詰めるとあまりよくないタイプで、鉄砲の利く馬だからね。1/26(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1000m・混)は、エルズリーを初勝利に導いた菜七子騎手に再度依頼をかけました」(山内研二調教師)
2019/12/27 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:524kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを2本(18秒ペース)のメニューで調整中です。引き続きしっかりと乗り込み量を確保しながら、順調に進められています。体重も増加傾向にあって、この時期でもいいコンディションをキープ出来ていますよ。帰厩の声が掛かるまではしっかりと積み重ねていきたいと考えています」(担当者)
2019/12/20 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:518kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを2本(18秒ペース)のメニューで調整中です。厩舎の方針で速いところこそやっていませんが、この中間もしっかりと量を乗り込んでいます。負荷を掛けながらも体重は安定しているように、体調面は良好。このままどんどん進めていこうと考えています」(担当者)
2019/12/13 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:516kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを2本(18秒ペース)のメニューで調整中です。この中間はペースを上げましたが、引き続き順調に乗り込めています。体調面にも大きな変化は見られませんし、このままの感じで進めていけそうです。声が掛かるまでは、しっかりと負荷を掛けていきたいと考えています」(担当者)
2019/12/6 (宇治田原優駿ステーブル)
★11/30(土)阪神・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)松山弘平騎手 結果11着
この後は京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整することになり、5日(木)に移動しました。

「鞍上からは『この距離でも長い』と進言を受けましたが、促し促しながらの追走でも、稽古の感じから終いは伸びてきていいはずなので、状態面が本物ではないのかもしれません。体も少し減っていましたし、一旦またリフレッシュさせて年明けの1回小倉開催(1/18~)を目標にしましょう。能力的にこんなはずではないという思いがあり、心身ともにまだ伸びしろ十分とも見込んでいます」(山内研二調教師)
2019/11/30 (阪神競馬場)
馬体重:504kg
★11/30(土)阪神・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)松山弘平騎手 結果11着

「ややイラついてはいたものの、休み明けの方が力を発揮できるタイプ。追っ付けながらの追走でも、この距離なら脚を伸ばせるはずなのに、直線を向いてから反応できませんでした。能力的にもっとやれていいはずですし、まだ本調子にないのかもしれません」(松山弘平騎手)
2019/11/28 (栗東トレセン)
☆11/30(土)阪神・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)松山弘平騎手

24日(日)に坂路コースで4ハロン60.1-42.8-27.2-13.2を単走で馬ナリに追われ、27日(水)にも坂路コースで4ハロン55.1-39.7-26.3-13.1を単走で馬ナリに追い切りました。「いい頃に比べてまだ反応は鈍い印象ですが、一息入れて気持ちの面はリセットできたと思います。時計をバリバリ消化せずとも、放牧先でも緩めず乗り込んでもらっていたので息もちゃんと出来ている。同じ条件を使った前々走は、持つところなく脚が溜まらない内容の競馬だった。それでも戦績から距離は合っているはずだし、落ち着いた精神状態で臨めれば巻き返せるのではないか」(山内研二調教師)
2019/11/22 (栗東トレセン)
17日(日)に坂路コースで4ハロン58.8-41.8-25.9-12.9を単走で馬ナリに追われ、20日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.7秒先行して併せ、54.7-38.8-25.1-12.8を馬ナリに追い切りました。「来週11/30(土)阪神・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)を弘平で予定しています。稽古の動きは悪くないし、鉄砲も利くタイプだからもちろん初戦から期待はしている。ただ、リフレッシュさせた効果で精神面は落ち着いているのだけれど、欲を言えば体はもう少しフックラしてきてほしかった。飼い葉はしっかり食べれていますが、トレセンだとあまり数字が増えてこないタイプだからね。前走とそれほど変わらぬ馬体重で出走になりそうです」(山内研二調教師)
2019/11/15 (栗東トレセン)
宇治田原優駿ステーブルで順調に調整され、14日(木)に帰厩しました。

「放牧先では時計消化よりもテンション重視で量を乗り込んでもらった。理想を言えばもう少しフックラして戻ってきてほしかったが、イライラしている様子もなく馬は凄く落ち着いている。煮詰まりやすいタイプだけに、短期間でもいいリフレッシュになったと思います。外国産馬で番組は限られているから、まずは11/30(土)阪神・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)を狙ってやっていきたい」(山内研二調教師)
2019/11/8 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:518kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18秒ペース)のメニューで調整中です。しっかり積み重ねられていて、いい状態を維持していますよ。もういつでも戻せる感じになってきたなと思っていたところ、来週には帰厩させるとの話をいただきました。しっかり送り出せるように準備を進めていきます」(担当者)
2019/11/1 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:522kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18秒ペース)のメニューで調整中です。体調面も良好で、毎日元気いっぱいに調教をこなしています。速いところはおこなっていませんが、長めにじっくり乗り込んでいるので馬体は大分出来上がってきています。山内先生から声が掛かるまでこの感じで進めていこうと思います」(担当者)
2019/10/25 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:516kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18秒ペース)のメニューで調整中です。この中間は少しペースを上げて乗り込んでいます。15-15もいけるくらいの状態になってきているのですが、山内先生は育成場では速いところを求めていないので、今後も現状のメニューでじっくりと進めていきます。全体的にもう大丈夫と言えるレベルに戻ってきたので、帰厩に向けて態勢を整えていきます」(担当者)
2019/10/18 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:520kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(20秒ペース)のメニューで調整中です。先週いっぱいはウォーキングマシン運動のみで様子を見ていましたが、問題なさそうなので今週から騎乗運動に移行しています。飼葉食いも問題なく、このまま順調にペースアップしていけそうなので、しっかり負荷を掛けていく予定です」(担当者)
2019/10/11 (宇治田原優駿ステーブル)
★10/05(土)京都・3歳上1勝クラス(ダ1800m・混)秋山真一郎騎手 結果12着
この後は京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整することになり、9日(水)に移動しました。

「稽古でも折り合いが付くタイプで、前々から一度試してみたい考えはありました。ただ、内容的に見せ場がなく、1800mの距離が長かったことはまず明白。結果につなげることができず、大変申し訳ない気持ちです。それにしても前走、今回とエルズリーらしくない走りだった。夏の休養前もそうでしたが、精神的に煮詰まってくると力を発揮できないタイプなのだろう。ひとまず近郊で馬体回復と立て直しを図り、暮れの中京開催を目指します」(山内研二調教師)
2019/10/5 (京都競馬場)
馬体重:510kg
★10/05(土)京都・3歳上1勝クラス(ダ1800m・混)秋山真一郎騎手 結果12着

「向正面から徐々に手応えが怪しくなって、直線ではもうスカスカでした。そのため最後は無理させていません。操縦性もよく、けっして折り合いに苦労するタイプではないですが、短距離ダートで決めつけていいタイプだと思いますよ」(秋山真一郎騎手)
2019/10/3 (栗東トレセン)
☆10/05(土)京都・3歳上1勝クラス(ダ1800m・混)秋山真一郎騎手

10月2日(水)にCWコースで4ハロンから0.7秒追走して併せ、55.5-40.4-12.6を馬ナリに追い切りました。「週末あたり歩様が少し硬くてコズミ気味に映ったが、それもすっかり解消されて最終追いの動きは良かった。気持ちの面でもいくらか落ち着いてきたので、このタイミングで今回距離を延ばしてみます。鞍上にはテンから急かさず後方待機の策を指示する予定。4角まで死んだふりで末脚を炸裂させられるかはやってみないと分からないが、こなせるようなら今後の選択肢が大きく広がるので期待しましょう」(山内研二調教師)
2019/9/26 (栗東トレセン)
9/28(土)阪神・3歳上1勝クラス(ダ1400m・混)秋山真一郎騎手 除外(非抽選)

22日(日)に坂路コースで4ハロンから0.7秒先行して併せ、62.6-43.9-27.5-13.1を馬ナリに追われ、25日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.9秒追走して併せ、51.3-37.4-24.6-12.7を馬ナリに追い切りました。「併せた相手に合わせる形の内容でしたが、追い切りは楽な感じで動けていました。この中間は落ち着きが見られるし、この時計もけっして無理に出したわけではなかったのだから、具合がいい証拠でしょうね。除外覚悟でも投票だけはしたように、今週の番組でも使えたくらいの状態にある。稽古の感じからは後方待機で終いに脚を使う競馬が合いそうに感じているので、次は距離を延ばしてみるつもりです」(山内研二調教師)
2019/9/20 (栗東トレセン)
★9/15(日)阪神・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)松山弘平騎手 結果7着

「終始外々を回る形で追走に脚を使わされたせいか、直線はジリジリとしか伸びなかった。レース後に鞍上から『促しつつでも短い距離の方が合っていそう』と言われましたが、厩舎スタッフたちは以前から距離延長を進言していたくらいだし、俺もそうは思えないんだよね。レース後も特に変わりありませんが、今回ややイライラしている様子がパドックから窺えたので、精神面もケアしながら次走に向けて調整していきます」(山内研二調教師)
2019/9/15 (阪神競馬場)
馬体重:512kg
★9/15(日)阪神・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)松山弘平騎手 結果7着

「ペースが厳しくなるのはわかっていたので、脚を溜めながら進めたのですが、最後に伸びを欠いてしまいました。外枠の分なのか、最後の坂なのか、正直なところ敗因がわかりません。小倉ダ1000mの2戦では距離不足を感じていたので、1200m戦を楽しみにしていたのですが、今日に限って言えば、この条件も忙しい印象を受けました」(松山弘平騎手)
2019/9/12 (栗東トレセン)
☆9/15(日)阪神・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)松山弘平騎手

8日(日)に坂路コースで4ハロン60.0-42.8-27.3-13.2を単走で馬ナリに追われ、11日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.5秒追走して併せ、52.5-38.3-25.2-12.5を馬ナリに追い切りました。「小倉で2.3着と善戦してきたものの、1000m戦ではやはり若干距離が忙しい印象だった。間隔を空けたことで体が程よくフックラして映るし、体調面も上向いているね。中京で勝ち上がったように坂があるコースは歓迎のクチ。良い状態でレースに送り出せるから、ここも流れひとつ相手次第だと思ってる」(山内研二調教師)
2019/9/6 (栗東トレセン)
9月4日(水)に坂路コースで4ハロンから0.5秒先行して併せ、53.3-38.8-25.5-13.0を末強目に追い切りました。「併せ馬で遅れはしたものの、相手は格上の古馬で稽古も滅法走るタイプ。番組が組まれていれば今週でも使えたくらいだし、特に調子落ちは見られませんよ。来週9/15(日)阪神・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)を松山弘平で予定しています。小回り小倉の1000m戦よりは、ゴール前で急坂がある阪神コースの方がエルズリーにとって歓迎なはず。オールダートの1200m戦も向いているだろうから、流れひとつ相手次第でまた勝ち負けになるだろう」(山内研二調教師)
2019/8/30 (栗東トレセン)
28日(水)に坂路コースで4ハロン56.0-40.7-27.2-14.0を単走で強目に追い切りました。「今週も追い切りの動きは軽快でけっして悪くなかった。ただ、小倉への遠征続きで体が少し細く映るため、予定をスライドすることにしました。使おうと思えば使えたのだけれども、中1週続きで無理して競馬させることはないからね。少し間隔は空きますが、9/15(日)阪神・3歳上1勝クラス(ダ1200m・混)に向かいます。1000m戦を使ってきたことで、テンからの行き脚もこれまでより付くだろう。距離もどちらかと言えば1200mの方が向いているはずですよ」(山内研二調教師)
2019/8/23 (栗東トレセン)
★8/18(日)小倉・3歳上1勝クラス(ダ1000m・混)松山弘平騎手 結果3着

「スタートでやや出負けしてしまいましたが、前半揉まれずにポジションを挽回しに行けた。今回は内枠に救われた形だよね。この距離でも安定して走れていますし、現級を卒業するのは相手ひとつで時間の問題だろう。状態に変わりないようなら、来週8/31(土)小倉・3歳上1勝クラス(ダ1000m・混)に向かうつもりです」(山内研二調教師)
2019/8/18 (小倉競馬場)
馬体重:506kg
★8/18(日)小倉・3歳上1勝クラス(ダ1000m・混)松山弘平騎手 結果3着

「スタートでやや出負けしてしまいましたが、今日は内枠も良かったですし、前走より流れには乗れていい形でレースはできたと思います。このクラス卒業はメンバーや展開ひとつだと思いますが、1000mの速いペースにもしっかり対応できるようになっていますね」(松山弘平騎手)
2019/8/15 (栗東トレセン)
☆8/18(日)小倉・3歳上1勝クラス(ダ1000m・混)松山弘平騎手

11日(日)に坂路コースで4ハロン58.7-42.2-26.9-13.1を単走で馬ナリに追われ、14日(水)にはCWコースで4ハロンから0.8秒先行して併せ、53.4-39.2-12.0を稍一杯に追い切りました。「中1週の競馬となるため、最終追い切りは半マイルからサラッと。稽古駆けする相手とも互角に動けていたし、状態はいい意味で変わらないね。先々を考えてどこかで1700mを試してみたい気持ちはあるのですが、今回は前走と同じ条件に向かわせてください。久々を叩いてテンの行きっぷりも良化してくるはずですから、再度勝ち負けになるだろうと期待していますよ」(山内研二調教師)
2019/8/9 (栗東トレセン)
★8/03(土)小倉・3歳上1勝クラス(ダ1000m・混)松山弘平騎手 結果2着

「前半は追走にモタモタしていたけど、最後よく詰め寄っていたね。あの感じなら1700mに距離を延ばしてもと思ったんだが、乗り役のコメントは『次は慣れが見込めるだろうし、コーナーを4つ回る競馬よりも1000m戦のほうが合っていそう』とのことだった。使った後も変わりなくきているので、来週8/18(日)小倉・3歳上1勝クラス(ダ1000m・混)から投票を検討していきます」(山内研二調教師)
2019/8/3 (小倉競馬場)
馬体重:502kg
★8/03(土)小倉・3歳上1勝クラス(ダ1000m・混)松山弘平騎手 結果2着

「キックバックに怯むことなく、道中は内々をロスなく立ち回れました。1000mはやや忙しいかもしれませんが、最後もジリジリと脚を使って差を詰められたし、目処は立つ競馬だったと思います」(松山弘平騎手)
2019/8/1 (栗東トレセン)
☆8/03(土)小倉・3歳上1勝クラス(ダ1000m・混)松山弘平騎手

28日(日)にCWコースで4ハロンから0.6秒追走して併せ、57.8-41.0-12.5を馬ナリに追われ、31日(水)にもCWコースで4ハロンから0.6秒追走して併せ、54.0-39.0-11.7を一杯に追い切りました。「先週と比べれば息遣いがだいぶ良化してマズマズの状態に仕上がった。休養を挟んでやや煮詰まっていた精神面もリセットできているので、あとは古馬との力関係やダ1000m戦がどう出るかでしょう。本来ゲートも悪くない馬ですし、スタートを決められれば前に行けるはず。立て直した今回どれくらいやれるか楽しみにしています」(山内研二調教師)
2019/7/26 (栗東トレセン)
21日(日)に坂路コースで4ハロン56.7-39.8-24.9-12.7を単走で馬ナリに追われ、24日(水)にはCWコースで4ハロン52.4-37.9-12.3を単走で一杯に追い切りました。「今週から投票するつもりでいましたが、まだ息遣いがいまひとつで追い切りの動きも重苦しく感じられた。時計的には合格点であっても、もう1~2本は速めを消化させたいため、来週以降の番組にスライドさせてもらいます。折り合いに苦労するタイプではないけど、本質的には1400mくらいまでの距離がいい馬。自ブロックでない新潟(ダ1200m)は頭数割れしないでしょうし、仕上がり具合とメンバーによっては来週8/03(土)小倉・3歳上1勝クラス(ダ1000m・混)も検討することにしましょう」(山内研二調教師)
2019/7/19 (栗東トレセン)
14日(日)に坂路コースで4ハロン63.8-43.8-26.3-13.3を単走で馬ナリに追われ、17日(水)にも坂路コースで4ハロン55.6-39.0-24.9-12.7を単走で一杯に追い切りました。「追うごとに動きは鋭くなっているし、毛ヅヤがピカピカで体調面も良好に映る。仕上がるようなら、来週7/28(日)小倉・3歳上1勝クラス(ダ1700m・混)から投票していくつもり。血統的には短いところ向きだけど、引っ掛かるタイプではないからある程度までなら距離持ちしそうだけどね。いずれにしても試してみる価値はありだと思いますよ」(山内研二調教師)
2019/7/12 (栗東トレセン)
愛知ステーブル小松分場で順調に調整され、本日12日(金)に帰厩しました。

「まだまだ成長してきそうだから秋まで充電も考えていましたが、状態がいい旨の報告を受けて予定を変更しました。たしかに体つきがひと回り大きくなって戻ってきたよね。ただ、自ブロックの夏番組はダ1000か1700mしか番組がない。カッカする気性ではないので距離は融通しそうだけど、やはりスピードタイプだから1000mが合うかなぁ…どちらにしても進めていきながら考えましょう」(山内研二調教師)
2019/7/5 (愛知ステーブル小松分場)
馬体重:535kg
「現在は600mの馬場をキャンターで2400m、坂路コースを2本(15~20秒ペース)のメニューで調整中です。順調に乗り込めていて、15-15も織り交ぜながら進めています。気持ちの面ではゆったりとしていて、本当にいい雰囲気ですよ。暑さに堪えている様子もありませんし、体の張りもある状態。この感じをしっかりキープしていきたいと思います」(担当者)
2019/6/28 (愛知ステーブル小松分場)
馬体重:538kg
「現在は600mの馬場をキャンターで2400m、坂路コースを2本(15~20秒ペース)のメニューで調整中です。引き続きリフレッシュの効果があり、カリカリしたところを見せることなくリラックスして調教に取り組めています。落ち着きがあって飼い食いも良好。いい雰囲気ですよ。このまましっかり乗り込んでいけそうです」(担当者)
2019/6/21 (愛知ステーブル小松分場)
馬体重:530kg
「現在は600mの馬場をキャンターで2400m、坂路コースを2本(17~20秒ペース)のメニューで調整中です。プール調教の効果で大分リフレッシュが出来た様子です。体重が随分増えたように、元気一杯で体調面も良好。体は太いということはなくフックラとしていい感じに映ります。このままピッチを上げていこうと考えています」(担当者)
2019/6/14 (愛知ステーブル小松分場)
馬体重:509kg
「現在は1周40mのプールで8周程度泳ぐ調整をおこなっています。午前中はウォーキングマシン運動と鞍を着けて常歩での運動を消化。午後のプールでは右回り、左回りと4周ずつ泳がしていますよ。少し落ち着きのないところがあったので、大分リフレッシュできている感じです。体は良くなってきたので、来週は騎乗運動を再開しようと考えています」(担当者)
2019/6/7 (愛知ステーブル小松分場)
馬体重:508kg
「現在は角馬場をダクとハッキングキャンターで10~15分、坂路コースを1本のメニューで調整中です。飼い葉はしっかり食べているのでもう少し体重が増えてきて欲しいところですが、ようやくレース体重には戻ってきました。状態も徐々に上がってきている感じなので、このまま進めていこうと考えています。少しずつ元気になってきたらピッチを上げていく予定です」(担当者)
2019/5/31 (愛知ステーブル小松分場)
馬体重:504kg
「現在はパドック放牧とウォーキングマシンの運動にとどめています。レース体重からそこまで減っているわけではないのですが、体付きが少し寂しく映ります。また、疲れも抜け切れない様子なので、まずは状態を上げていくことをメインに進めていこうと思います。週明けに騎乗を開始する予定です」(担当者)
2019/5/24 (愛知ステーブル小松分場)
★5/19(日)京都・3歳500万下(ダ1200m・混)藤懸貴志騎手 結果14着
この後は石川県・愛知ステーブル小松分場で調整することになり、23日(木)に移動しました。

「スタートで出遅れてしまって、流れに乗れなかったのが全て。ただ、特に癖のある馬ではないし、テンから行こうとする気持ちが自身に欠けているようにも映ったので、少し煮詰まってきているんだと思う。レース後も特に変わりありませんが、このタイミングで一息入れさせてもらいます。昇級後の成績は冴えないけれど、奥手のタイプでまだまだ上積みがあるはずですよ」(山内研二調教師)
2019/5/19 (京都競馬場)
馬体重:508kg
★5/19(日)京都・3歳500万下(ダ1200m・混)藤懸貴志騎手 結果14着

「出遅れてレースの流れに乗ることができず、今日はまったく競馬をしていません。鞍上の話では『イライラしていて、メンタルが煮詰まってきている』と。勝ち馬は強かったが、こんなに負ける馬ではないからね。申し訳ありません」(山内研ニ調教師)
2019/5/16 (栗東トレセン)
☆5/19(日)京都・3歳500万下(ダ1200m・混)藤懸貴志騎手

12日(日)に坂路コースで4ハロン59.8-42.6-26.5-13.1を単走で馬ナリに追われ、15日(水)にも坂路コースで4ハロンから1.0秒追走して併せ、55.9-40.8-26.3-13.2を馬ナリに追い切りました。「レースの間隔は詰まっているけど、特に堪えている様子はうかがえない。芝はまったく合わなかったが、ダート戦ならこのクラスでも十分やれる力を持っていると思います。折り合いに苦労するタイプではないから、ゲートを出たなりでポジションが確保できれば理想。無事抽選を潜り抜けての出走ですし、この後は一息入れる予定なので頑張ってほしいね」(山内研二調教師)
2019/5/10 (栗東トレセン)
★5/04(土)京都・3歳500万下(芝1600m・混)岩田康誠騎手 結果10着

「稽古の感じからはこなせるように思えたんだけど、レースを見ると完全にダート向き。距離というよりも芝がダメだったね…申し訳ありません。レース後も状態は特に変わらず、昨日から坂路入りを再開しています。フレグモーネで少し楽をさせた期間があったから、馬自身は元気いっぱい。ただ、入厩してからここまで結構長く在厩しているので、ひとまず来週まで様子を見てから今後どうするか決めたいと思います」(山内研二調教師)
2019/5/4 (京都競馬場)
馬体重:508kg
★5/04(土)京都・3歳500万下(芝1600m・混)岩田康誠騎手 結果10着

「良いスピードを持っている馬で、内枠から流れに乗って運べていたけど、ペースが上がっていざ追い出しても伸び切れなかった。折り合いは付くので距離は現時点でまだ分からないけど、適性はダートですね」(岩田康誠騎手)
2019/5/2 (栗東トレセン)
 5/05(日)京都・3歳500万下(ダ1400m・混)藤懸貴志騎手 除外(非当選)
☆5/04(土)京都・3歳500万下(芝1600m・混)岩田康誠騎手

4月28日(日)に坂路コースで4ハロン56.8-40.5-25.7-12.6を単走で馬ナリに追われ、1日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.1秒追走して併せ、52.7-38.9-25.8-13.5を馬ナリに追い切りました。「右前脚の状態はもう問題なく落ち着いており、この中間も順調に乗り込んでいます。昨日の追い切りは雨で馬場が重く、ラストは相手の動きに合わせる形でやや軽めとしましたが、それでも全体52秒台ならマズマズ。先に投票したダ1400m戦は大抽選会の末に除外となり、クラブ側とも相談した結果、想定段階から頭数割れしていたこの番組に再投票させてもらいました。折り合いに心配のないタイプなので、いずれは距離を延ばす考えでいましたし、こればかりはやってみなければ分かりませんが、稽古の感じから芝を試してみたい気持ちも持っていた馬。昇級戦でメンバーも楽ではないだろうけど頑張ってほしいね」(山内研二調教師)
2019/4/26 (栗東トレセン)
25日(木)に坂路コースで4ハロン59.8-42.7-27.1-13.1を単走で馬ナリに追い切りました。「右前脚の状態が落ち着いてきたので今週から時計を出し始めました。まだ軽めの段階ですが、このまま在厩で進めていけそうな感じですね。徐々にペースを上げていって態勢を整えていきましょう。一応現時点では、5/4(土)東京・3歳500万下(ダ1400m・混)か5/5(日)京都・3歳500万下(ダ1400m・混)あたりに照準を定めて進めていこうと考えていますが、最終的には馬の状態を見て決めるつもりです」(山内研二調教師)
2019/4/19 (栗東トレセン)
14日(日)に坂路コースで4ハロン61.2-43.0-26.7-12.8を単走で馬ナリに追われ、17日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.5秒追走して併せ、53.4-38.1-24.7-12.7を一杯に追い切りました。「右前が傷腫れしてしまい、昨日はけっこうボンボン膨らんでいましたが、今朝には腫れも治まってだいぶ引いてきています。来週まで様子を見て、問題ないようなら騎乗運動を再開する予定です。その感じで続戦するか一旦放牧に出すかを決めましょう」(山内研二調教師)
2019/4/18 (栗東トレセン)
「レースに向けて昨日追い切りを無事に済ませましたが、今朝馬房から出した際に右前が少し腫れていて、獣医からは軽いフレグモーネの症状と診断されました。大変申し訳ありませんが、今週の出走は取りやめしばらく経過を観察します」(山内研二調教師)
2019/4/12 (栗東トレセン)
10日(水)に坂路コースで4ハロンから1.0秒先行して併せ、55.9-40.1-26.1-13.4を馬ナリに追い切りました。「先週でも使えたくらいですが、結果的に使わなくて正解だったかもしれない。状態がさらに上向いているし、すこぶる順調に調整できています。体質が弱くてデビューの遅れた馬だけど、ここまでトントン拍子にきているのだから大したものだよね。来週4/20(土)京都・3歳500万下(ダ1200m・混)にコウヘイ(松山弘平騎手)で向かいます」(山内研二調教師)
2019/4/5 (栗東トレセン)
3月31日(日)に坂路コースで4ハロンから0.5秒先行して併せ、59.8-41.8-26.8-13.4を馬ナリに追われ、3日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.3秒追走して併せ、56.3-40.6-25.4-12.4を馬ナリに追い切りました。「今週でも使えたくらいに準備はできていましたよ。ただ、メンバーを見ても旨味がなかったので、中1週続きで無理はさせずに投票を見送っています。使った後もガタっとくることはなかったし、ここにきてだいぶ体質面がシッカリしてきたよね。次走は4/20(土)京都・3歳500万下(ダ1200m・混)を予定。このまま軌道に乗っていってほしいと期待しています」(山内研二調教師)
2019/3/29 (栗東トレセン)
★3/23(土)中京・3歳未勝利(ダ1200m・混)藤田菜七子騎手 結果:優勝

「スピードのある馬なので、揉まれたり極端に砂を被ったりしなければ、距離短縮には対応できると思っていました。テンはスッと控えて五番手から追走、3~4コーナーの中間で行きたがるのをジッと我慢させた判断なんかも冴えていたね。鞍上の好騎乗を評価していいレースだと思います。デビューは遅れましたが、無事に勝ち上がってくれたし、まだまだ奥を感じさせるので楽しみ。レース後も特に変わりなくきており、すでに木曜日から坂路コースに入れて乗り始めています。飼い葉も旺盛でそれほど疲れている様子はありませんが、もう少し状態を見たうえで、次またどこへ向かうかを決めたいと思います」(山内研二調教師)
2019/3/23 (中京競馬場)
馬体重:512kg
★3/23(土)中京・3歳未勝利(ダ1200m・混)藤田菜七子騎手 結果:優勝

「行きたい馬が多かったし、前に行く馬を行かせて、その後ろで運ぼうと。最後に前が開いた時にスッと反応してくれました。力のある馬だと思います」(藤田菜七子騎手)
写真
2019/3/21 (栗東トレセン)
☆3/23(土)中京・3歳未勝利(ダ1200m・混)藤田菜七子騎手

17日(日)に坂路コースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、61.2-42.5-25.6-12.6を馬ナリに追い切り、20日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.3秒追走して併せ、54.1-39.2-25.2-12.2を馬ナリ追い切りました。「前走時があと気持ち1~2本足らない状態でしたので、使って型通りに良化しています。最終追い切りでもなかなか鋭い動きを見せていたし、中1週の競馬となるのは問題なさそうです。ただ、外国産馬ゆえに使う番組が限られてくるのが少々厄介。ここはA(優先出走権所持)の馬が多く目につくが、たとえ今週をスキップしたとして、二場開催となる来週の阪神ダ1400mもメンバーは揃うだろうからね…。前走騎乗した西村には先約があったため、鞍上は藤田騎手に依頼しました。同じ3kg減で臨めるのも魅力ですし、スタートを決めて積極的に前々から運んでもらうつもり。スピードがあるので距離短縮にも十分対応できるでしょう」(山内研二調教師)
2019/3/15 (栗東トレセン)
★3/09(土)中京・3歳未勝利(ダ1400m・混)西村淳也騎手 結果4着

「最後は少し止まってしまいましたが、経験馬相手に先手を奪えるスピードを見せてくれた。初出走で楽な条件ではなかったと思いますし、十分評価していい内容でしょう。距離に関しても1400mまでなら問題ないはずですよ。使った後も状態は特に変わりないので、来週もしくは再来週の番組から投票していくつもり。次で決めたいですね」(山内研二調教師)
2019/3/9 (中京競馬場)
馬体重:518kg
★3/09(土)中京・3歳未勝利(ダ1400m・混)西村淳也騎手 結果4着

「すごくいい馬ですね。本当は3番手あたりにつけたかったのですが、枠が枠だったのであの位置になりました。自分が上手く切り替えることができて、理想的な位置どりができていれば、最後にもうひと粘りできた気がします。本当にいい馬ですし、一度使った次というのはさらに期待できるはずです」(西村淳也騎手)
写真
2019/3/7 (栗東トレセン)
☆3/09(土)中京・3歳未勝利(ダ1400m・混)西村淳也騎手

3日(日)に坂路コースで4ハロン59.9-42.3-26.6-12.7を単走で馬ナリに追われ、6日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.3秒追走して併せ、51.0-37.0-24.1-12.3を一杯に追い切りました。「もう1~2本速めを追い切ってからとも思いましたが、ここ二週くらいでグンと動きが良化している。コテツ(小林徹弥騎手)が一杯に追ってのものでも、昨日の坂路で51.0秒は破格だと思うし、時計だけ見たら経験馬相手でも十分通用していい。ただ、調教をバリバリやっても脚元に問題はないけど、体質的にまだ弱さを抱えているからね。なるべく詰めたローテーションにはせず、成長も促しながら鍛えていきたいと思っています。厩舎のスタッフによっては『芝の方が向いていそうな走りをする』という声もあるけど、セプテンバーのセリで一目見た時からダ1400mをイメージしていた馬だから。まずはこの条件から使わせてもらいます」(山内研二調教師)
2019/3/1 (栗東トレセン)
2月24日(日)に坂路コースで4ハロン59.0-41.5-25.9-12.7を単走で馬ナリに追い切り、27日(水)にはCWコースで4ハロンから併せ、52.3-38.3-11.9を一杯に追い切りました。「まだ体質的に弱いところがあるから、そうバンバンとは攻めていないつもり。それでも徐々に素軽さが出てきているし、追ってから脚を使えるタイプなのは好感が持てるね。走ってきそうな馬だと思います。本音を言えばもう少しジックリ乗り込んでから番組を選びたいところだけど、外国産馬だけにそう適鞍も組まれていない。来週も追い切りでマズマズ動けるようならば、少々早くても3/09(土)中京・3歳未勝利(ダ1400m・混)でデビューというのを考えています」(山内研二調教師)
2019/2/22 (栗東トレセン)
20日(水)に坂路コースで4ハロン57.1-39.7-25.2-12.6を単走で強目に追い切りました。「日によって飼い葉食いの量が安定せず、体質的にもまだ少し弱い面が窺えるね。それでも今週は入厩してから初めて追い切りを消化しましたが、一本目にしては〇をあげられる動き。仕掛けてからの反応も悪くなかったし、内容を濃くしていけばこれからもっと良化が見込めて◎を打てるかもしれない。現状の仕上がり具合から考えると、ちょっと新馬戦には間に合いそうもない感じですが、能力的には経験馬相手でもと思っている。距離に関しては1400~1600mに向きそうなタイプに映ります」(山内研二調教師)
2019/2/15 (栗東トレセン)
「まだ速いところをやっていないので何ともジャッジはしづらいが、乗り役の感触は悪くないね。大人しくて扱いやすいし、体質的な弱さというのも今のところは感じられない。ただ、大型馬の割にシルエットは華奢に映るな。体を絞りつつも、必要なところにもっと筋肉を付けていかなければならないね。なかなかスピードは持っていそうだし、イメージしていたよりも短い距離に適性があるのではと見ているよ」(山内研二調教師)
2019/2/8 (栗東トレセン)
本日8日(金)にゲート試験を受験し、無事に合格しました。

「ここまでは扱いやすいし、割と物覚えが早くて利口な馬ですね。マズマズの発馬で俊敏性はどうかに映りましたが、行儀よく試験を受けられました。あとはこのまま坂路主体に乗り込みを進めて、もう少しトモの非力感を解消させたいな。距離適性などはまだ掴めないけど、パンとしてくれば走ってきそうな雰囲気を持っているよ」(山内研二調教師)
2019/2/1 (栗東トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、1月31日(木)に栗東・山内研二厩舎に入厩しました。

「セプテンバー(米国セリ)でも目に付いたくらいの好馬体の持ち主で、いつ入ってくるかと待ちわびて楽しみにしていたんだ。一見、毛色が違くないか?なんて思ったけど、時季的に代謝を上げる目的で丁寧に毛刈りしたようだね。さっそく今朝からゲート練習をやってみたところ、変な癖がなくて反応もマズマズいい。あの感じならば早いうちに試験もパスできるだろう」(山内研二調教師)
2019/1/25 (松風馬事センター)
馬体重:535kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。代謝が上がって毛ヅヤは更に良化。小さく見えたトモはだいぶボリュームアップしてきた印象で、走りのバランスも良くなってきましたね。発馬の俊敏性も高まり、ゲートに関してはもう合格レベルに達していると言えそうです。引き続き乗り固めのイメージで入念に乗り込んで体力強化に努めつつ、送り出しに向けて態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2019/1/18 (松風馬事センター)
馬体重:525kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。練習を重ねるに連れて発馬の俊敏性は上がっており、今の状態でもゲート試験を受ければ何とか合格できるレベルまで来ていると思います。入場当初に比べればだいぶ解消されてきたとはいえトモがまだ小さく見るため、その辺を払拭できるようにジックリ乗り込んでいるところ。それでも毛ヅヤが良くなって体調面は確実に上向いており、1月末~2月上旬頃に入厩のイメージで態勢を整えていきたいと思います」(担当者)
2019/1/11 (松風馬事センター)
馬体重:521kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。馬体重を過度に増やさないように注意しつつ、まだ前躯に比べて後躯が小さいイメージだったため、トモを強化するイメージで年末年始も休まずジックリ乗り込んでいます。その甲斐あって全体的に徐々にしっかりしてきましたし、トモにもいい筋肉が付いてきた印象。並行しておこなっているゲート練習でも発馬の俊敏性が上がり、出脚の鈍さが払拭されてきましたね。引き続き乗り固めていくイメージで入念に乗り込み、送り出しに備えていきたいと思います」(担当者)
2018/12/28 (松風馬事センター)
馬体重:515kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。先週から開始したゲート練習は、この中間から発馬の俊敏性を求めて入念におこなっています。まだポンと出る感じではありませんが、その辺も練習を重ねていけば改善されるはず。走路での調教とゲート練習で負荷が掛かっているせいか馬体重がやや減っていますし、冬毛も伸びてきて見栄えはしませんが、引き続きしっかり乗り込みつつ、更なる馬体増を促してボディコンディションを上げていければと思っています」(担当者)
2018/12/21 (松風馬事センター)
馬体重:523kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。週明けから騎乗運動を再開して、今は通常メニューに移行しています。ただ、トモを小さく見せていて前駆が勝った体つき。馬格がある割に非力な印象は否めません。それでも気性は前向きで一生懸命走ってくれますから、体力が伴ってくればしっかり動けるようになるでしょう。並行してゲート練習もおこなっていますが、今のところ特に問題はなく初めてにしては上出来の部類。脚元や体調面に関して気になるところは特にありませんから、当面は乗り固めていくイメージでしっかり本数を重ねていきたいと思います」(担当者)
2018/12/14 (松風馬事センター)
馬体重:523kg
今後は美浦近郊の松風馬事センターで調整を進めることになり、13日(木)に移動しました。

「現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。輸送熱もなく到着後も順調。歩様を見る限りゴツゴツした感じもなく、強いて言えば大型馬にありがちなトモの緩さが感じられるくらい。ひとまず今週一杯はウォーキングマシン運動のみにとどめ、問題がなければ週明けから騎乗運動を再開する予定です」(担当者)
2018/11/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:539kg
現在は坂路3本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間も坂路主体の内容で進め、若干ペースアップを図りました。まだ大きく変わった印象こそありませんが、1本目から併せ馬で気合いを入れながら動かし、トモだけでなく全身の筋肉を使うよう促しています。再び本州へ移動させるにはもう少し乗り込みが必要でしょうが、なるべく早く送り出すことが出来るよう、しっかり調整していきたいと考えています」と話していました。
2018/11/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路3本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も同様の調教メニューですが、フットワークには良化が窺え、以前よりトモを使えている様子。徐々にですが、坂路メインで乗り込んできた効果が表れてきました。もう少しの間はこのまま鍛錬していき、更なる脚力強化を図る考えですが、まだ馬体はあまり絞れてこないことから、引き続きその辺りも意識しながら進めていく予定です。
2018/10/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:540kg
現在は坂路3本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間はトモの強化を目標に、坂路主体のメニューに切り替えて調教を進めています。パンとしてくるにはまだ時間は掛かりそうですが、前躯はボリュームがあって筋肉の付きが良く、前捌きもしっかりしていて、坂路の走り自体は悪くありません。鍛えられて後躯にも力強さが増してくれば、ガラッと変わりそうな印象です」と話していました。
2018/10/15 (ノルマンディーファーム)
現在は馬場2周と坂路2本(上限22秒ペース)のメニューで調整しています。この中間もトモの状態確認をおこないながら、徐々に調教を進めています。休むことなく乗られていますし、歩様が悪化することはないものの、まだ踏み込みが浅い印象。そのため、改善が見られるまでは現状メニューでジックリ乗り込み、良化を促していく予定です。
2018/9/29 (ノルマンディーファーム)
馬体重:543kg
現在は馬場2周と坂路2本(上限22秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間に2回目の電気針治療を施す予定でしたが、1回目の数日後におこなった馬体チェックでは、疲労が蓄積していた箇所の痛みもなくなった様子でしたので、針は打たないことになりました。ただ、疲れは取れたと思われますが、しばらく楽をさせていたこともあって、跨った感触からはまだトモをしっかり使えていない印象です。今後も引き続き状態確認をおこないながら、徐々に進めていきます」と話していました。
写真
2018/9/15 (ノルマンディーファーム)
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。この中間は状態確認のため、馬場と坂路で数日間ほどダクを乗られました。最初のうちは違和感がなかったようで、このまま調教を進めていけそうにも思われましたが、だんだんとトモの踏み込みが浅くなったことから、12日(水)に電気針治療を施しました。どちらかというと右トモに疲労が蓄積されていたよう。症状としてはそれほど酷いわけではないものの、それを庇って左トモの歩様にも影響が出ていたようです。来週中にもう一度電気針をおこなう予定で、それまではウォーキングマシンでの運動のみにとどめるつもりです。
2018/8/31 (ノルマンディーファーム)
現在はパドック放牧をおこなっています。担当者は「長距離輸送による影響もなく、無事到着しています。2日ほどゆっくりさせた後、ロンギ場で周回させて歩様を確認しましたが、右回り・左回りともに異常は見られませんでした。そのため一度こちらでも跨ってみて、実際に状態を把握したうえで、この先どう立て直しを図るか考えたいと思います」と話していました。
写真
2018/8/24 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:510kg
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。今週も朝に運動のみをおこない、日中はサンシャインパドックで自由に歩けるようにしています。普段の歩様は変わりなく、ダクにならない限りは特別痛みもなさそうなのを考えると、放牧地で動かしながらトモの改善を図った方が良さそうなことから、一旦北海道へ戻して立て直しを図ることになりました。一見遠回りのようですが、その方が良化も早いと思います。明日25日(土)にこちらを出発し、翌26日(日)に北海道・ノルマンディーファームへ到着の予定で、あちらでは針治療を施し、馬体の更なる成長も促す予定です。
2018/8/17 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:511kg
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。左後脚の踏み込みが良化してこないため、今週はウォーキングマシンでの運動のみにとどめています。常歩は問題ないのですが、速歩になるとトレッドミルでも踏み込みの浅さが顕著に出てしまう状況です。どこか痛めている訳でもない中で、調教をおこなえないのは歯がゆいですが、もうしばらくはこのまま様子見しつつ、運動を継続していきます。
2018/8/10 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:510kg
現在はウォーキングマシン1時間とトレッドミルで調整しています。どうもトモがしっかりしてこないため、今週はトレッドミル主体で運動をおこなっています。獣医とも相談しながら進めていますが、特別どこか悪いわけではなさそうなので、何かケアを施すよりも軽めの運動にとどめて、身が入ってくるのを待つのが良いのではないかとのことでした。来週以降もトモの状態を確認しながら進めていく考えです。
2018/8/3 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:512kg
現在は馬場2周と坂路1本またはトレッドミルで調整しています。周回コースで騎乗開始後も異常なく、今週より坂路も1本登坂させています。ただ、坂路を交ぜるとトモに疲れが溜まってくるようなので、状態次第で週に2~3回はトレッドミルで調整し、特に疲れやすい左の背中から腰にかけてのラインには、電気針でケアを施しています。しっかりと土台を固めてからペースアップを図りたいので、来週もこのパターンの調整でトモの良化を促しながら、状態をこまめに確認して進めていきたいと思います。
2018/7/27 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:515kg
現在は馬場3周のメニューで調整しています。トレッドミルでペースを上げてからも順調で、23日(月)より騎乗調教へ移行しました。左トモの入りは以前と比べて違和感はありませんが、長く休んでいたので慎重に立ち上げていくつもりです。触診反応などもありませんが、定期的に電気針などでケアをおこないながら、全体的な筋力強化も図っていく予定。トモのこともあるので、まずはダートフラットコース中心のメニューを消化しながら、ペースアップの時期を考えていきたいと思います。
写真
2018/7/20 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:512kg
現在はトレッドミルで調整しています。まだ騎乗は再開していませんが、16日(月)よりトレッドミルではキャンターまでペースを上げています。左トモの動きには良化が見られるので、このまま問題がなければ、来週からは騎乗再開を考えても良さそう。まずは角馬場で跨ってみて、数日乗って大丈夫そうなら、周回コースへ出してみたいと思います。
2018/7/13 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:511kg
現在はトレッドミルで調整しています。引き続きトレッドミルでの軽めのメニューですが、運動後に歩様が乱れるようなことはなく、背腰に変な張りも出てきたりはしていません。今週一杯は現状のメニューで調整を進め、来週からキャンターへ移行、その後に騎乗再開の時期を探るといった流れになる予定です。
2018/7/6 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:504kg
現在はトレッドミルで調整しています。先週末に両後肢球節が腫れたため、3日間ほど舎飼にとどめて様子見ました。背腰とは別に、ここ数日の異常な暑さから疲れが出たのかもしれません。その後の経過は良好で、腫れが引いた本日6日(金)には獣医に歩様とショックウェーブを当てた箇所の経過を診てもらい、その結果、まずは軽めのトレッドミルから立ち上げることになりました。現在はダクまでのゆったりとした立ち上げですが、このまま問題がなければキャンター、そして角馬場での騎乗へと移行していきたいと思います。
2018/6/29 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:509kg
現在はトレッドミルで調整しています。昨日28日(木)に三回目のショックウェーブ治療をおこない、本日29日(金)よりトレッドミルでの運動を開始しました。まずは歩様確認のための常歩、速歩までをおこないましたが、常歩は問題ないものの、速歩になると左トモの踏み込みがかなり浅くなります。ショックウェーブの際に、患部の状態は良化傾向にあるとの診断をもらっていますが、まだ一気にペースアップすることは難しそうです。今後も左の背腰、トモのケアを継続しながらペースアップのタイミングを図っていきたいと思います。
写真
2018/6/22 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:500kg
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。19日(火)に二回目のショックウェーブ治療をおこないました。先週よりは良化傾向にあるものの、まだ背腰、トモにかけて身が入りきっていない中での疲労の蓄積なので、少し時間を掛けて疲れを取り除いてあげる方が、今後のためにも良いのではないかと考えています。来週にもう一度ショックウェーブをおこない、その後の経過次第でトレッドミルもしくは角馬場でのダク運動から再度立ち上げていく予定です。
2018/6/15 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:490kg
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。今週から坂路を2本にした影響もあってか、背中の左側から左トモにかけて疲れが出たため、13日(水)からはウォーキングマシンでの運動にとどめて様子見しています。また、同日にショックウェーブ治療をおこない、獣医の診断でも「背中から腰にかけてケアしながら進めていった方が良い」とのことでした。どこか悪いというわけではなく、まだ筋力的に対応しきれないところもあったという状態なので、しばらくは楽をさせて、疲れが抜ければまた鍛えなおしていきたいと思います。
2018/6/8 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:491kg
現在は馬場2周と坂路1本を18秒ペースのメニューで調整しています。先週と同じメニューで乗り進めていますが、こちらの調教量でも疲れを見せず、飼い葉もきちんと食べています。ダートコース、坂路コースともにハミを自ら取ってグイグイ進んでいく馬で、いかにも短距離ダートをパワーで押しきるようなタイプに映ります。登坂後の息の入りなどはまだ物足りませんが、これも乗り進めていけば良化してくるでしょうから、現状は問題視することはないかと思います。来週から坂路の本数を増やして、トモを中心に負荷を強化し、アメリカ血統らしい筋骨隆々の馬体に近づけていきたいと考えています。
2018/6/1 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:495kg
現在は馬場2周と坂路1本を18秒ペースのメニューで調整しています。到着時は480kg台後半まで馬体重が減っていましたが、決して細くは映らず、水っぽさが抜けての体重減だったのではないかと見ています。本日6月1日(金)より騎乗を開始し、先にこちらへ来ている2歳馬の組に入って調教をおこなっていますが、自らハミを取ってグイグイ前へ進んでおり、先に来たパートナーと遜色ない動きを見せています。
2018/5/31 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:517kg
今後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整を進めていくことになり、26日(土)に移動しました。現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しており、この後は様子を見ながら騎乗運動開始のタイミングを図っていく予定です。
写真
2018/5/15 (ノルマンディーファーム)
現在は馬場1周と坂路2本(上限16~18秒ペース)のメニューで調整しています。調教内容は特に変わりありませんが、この中間も休むことなく順調に乗られています。坂路では騎乗者の指示に従って動けており、促されるとスッと反応。キビキビとした身のこなしで坂路を駆け上がっています。このまま徐々に負荷を強めていく予定ですが、馬体もしっかりしていることから、今後は小野町への移動も見据えて調教を進めていくつもりです。
2018/4/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:496kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限16~18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「前脚の捌きに硬さは感じられるものの、馬体そのものはしっかりしているので、この中間は徐々にペースアップを図って進めています。以前は他馬を怖がるようなところもありましたが、ここ最近はグループ調教にも落ち着いた雰囲気で取り組めるようになってきました。ペースが上がってからも煩い面は見せていませんし、素直な性格なので、操縦性も高いです」と話していました。
写真
2018/4/16 (ノルマンディーファーム)
現在は馬場1周と坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も馬場と坂路を併用してコンスタントに乗り込まれており、ややペースアップも図って進められています。寒い時期でもそれほど冬毛は伸びていませんでしたが、春を迎えて雄大で垢抜けた馬体が一際目を引くようになってきました。毛ヅヤも良くなり、栗毛の馬体がピカピカに映ります。調子自体も上がってきた印象なので、今後は更に調教メニューを強化していく予定です。
2018/3/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:494kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限25秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「左前脚の外傷は順調に回復したことから、この中間より騎乗を再開しています。走りはダート馬っぽい硬い動きですが、力強さがありますし、前向きな気性には好感が持てます」と話していました。また、26日(月)に来場した山内研二調教師は「これだけ体があるのは頼もしい限り。怪我が治ったようだし、今後はドンドン進めてもらいましょう」と話していました。
写真
2018/3/15 (ノルマンディーファーム)
引き続きトレッドミルでの調整を進めていましたが、この中間に放牧地で左前脚に外傷を負ったため、現在はパドック放牧のみにとどめて様子見しています。これまでは少頭数で放牧をおこなっていましたが、集団にも慣れさせるために広い放牧地へと移し、新しい仲間とじゃれ合った際に出来た傷のよう。ただ、患部は回復傾向にあるので、近日中には日中放牧を再開できる見込みです。
2018/2/28 (ノルマンディーファーム)
馬体重:494kg
現在はトレッドミルでの運動をおこなっています。担当者は「両トモの腫れは引いてスッキリしましたが、まだ顔の皮膚病が治まらないため、この中間はトレッドミルでのダクとキャンター調整を進めています。トレッドミルでの動きを見る限りは、パワー型でいかにもダート向き。牝馬ながら馬格もあるので、牡馬に負けない逞しい馬に成長してくれそうです」と話していました。
写真
2018/2/15 (ノルマンディーファーム)
この中間はトレッドミル運動と併行しながら坂路2本のメニューで調整を進めていましたが、疲れの影響から両トモが腫れ、顔にも皮膚病が出たため、現在はパドック放牧のみにとどめて様子見しています。トモの腫れは運動を再開できるまでに引きましたが、まだ顔の皮膚病は治まっておらず、馬具を着けると嫌がることから、もう少しの間はパドック放牧を継続し、塗り薬などで症状の回復を促していきます。
2018/1/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:493kg
現在は坂路2本(ハッキング)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「騎乗馴致を終了し、1月中旬から本格的な調教へと移行しています。体がしっかりしているし、まだ乗り出してから日は浅いものの、バランスの良いフットワークを披露。ハッキングの段階ながら、坂路を手応え良く駆け上がっています。ただ、普段は大人しいですが、気性的にあまり詰めないほうが良さそうに見受けられるので、その辺りに気を配りつつ、徐々に乗り込んでいきます」と話していました。
写真
2017/12/29 (ノルマンディーファーム)
馬体重:480kg
現在はノルマンディーファームで日中放牧と併行しながら初期馴致をおこなっています。担当者は「キーンランドセプテンバーセールで購買した後、11月中旬にこちらへ移動してきました。到着当初から皮膚病は出ていましたが、体調面は特に心配なく12月下旬から馴致を開始しています。初めてのことに対してやや敏感な性格なので、無理せず徐々に慣らしながら進めるつもりです」と話していました。また、18日(月)に来場した山内研二調教師は「キーンランドで見て好みの馬だったので、私から声を掛けさせてもらいました。見た目は細く映るけど、体があってしっかりした馬。毛色もそうだけど、母父のヘニーヒューズが出ていて、日本の競馬に合いそうだね」と話していました。
写真