現在表示しているページの位置

ミスティネイル
牝馬 栗  2016/4/13生
カタログPDF

父:ハーツクライ × 母:テメリアイランド(母の父:Montjeu)

生産:新ひだか・前川勝春  所属:岩手・櫻田康二厩舎

  • 血統図
  •  

 

総口数 400口 募集総額 1,400万円
募集状況 満口 1口出資額 35,000円

近況

詳細

2022/5/13 (盛岡競馬場)
盛岡競馬場・櫻田康二厩舎に11日(水)に入厩しました。

「これまでの経験もあるのでしょうが、ミスティネイルの性格が大きいと思います。すぐにこちらの環境に慣れて、飼い葉も完食。手が掛からず、優等生といった印象です。今朝は厩舎周りの常歩運動にとどめましたが、明日から馬場入りを開始しましょう。状態ありきですが、来月6/19(日)一條記念みちのく大賞典(重賞・M1・ダ2000m)を目標に、その前に一走させたいと。5回水沢開催(5/29~)での出走が当面の目標となります」(櫻田康二調教師)
2022/5/6 (船橋競馬場)
★5/05(木)船橋・ターコイズ2200 B3選抜馬(ダ2200m)森泰斗騎手 結果7着

現状およびこれまでの戦歴を踏まえて、今後の出走方針およびスケジュールについて山中尊徳調教師と協議した結果、ここで他競馬場に所属を変更して再出発を図ることになりました。
岩手競馬・櫻田康二(サクラダコウジ)厩舎への転厩が決定しています。
近日中に盛岡競馬場への入厩を予定しています。

「タラレバを言っても仕方がありませんが、最終コーナーから直線に入った際に、2、3着馬による壁が出来てしまったことが非常にもったいなかったですね。鞍上の森泰斗ジョッキーが最内に進路を取りましたが、あのスペースしかなかったと思います。スムーズさを欠いた、悔やまれる一戦。ただ、年明け初戦で2着となったものの、その後の4戦で上位人気に支持されるも入着できていないことは事実。中央競馬からの出戻りを挟み、自厩舎で20戦8勝2着3回3着2回。本当に頑張ってくれました。飼い葉食いが旺盛で、環境に左右されるタイプではありませんし、新天地でもう一花咲かせることも可能かと思います。陰ながら更なる活躍を応援させていただきます」(山中尊徳調教師)
2022/5/5 (船橋競馬場)
馬体重:514kg
★5/05(木)船橋・ターコイズ2200 B3選抜馬(ダ2200m)森泰斗騎手 結果7着

「大外枠でしたが、好スタートから鞍上の森泰斗ジョッキーが気合いをつけてハナへ。ただ、ミスティネイルの外から2番人気馬が多少強引な感じでハナを奪いにきて、3番手に控える形に。その後は内々の経済コースを折り合い良く運び、最終コーナーへ。2、3着馬の外、勝ち馬のインに進路が取れていれば、入着はあったかもしれません。入れ替わりの激しい競馬で、他馬に振り回されてしまったという印象です」(山中尊徳調教師)
2022/4/29 (船橋競馬場)
「来週の5/05(木)船橋・ターコイズ2200 B3選抜馬(ダ2200m)に森泰斗ジョッキーで出走を予定。明後日5/1(日)に最終追い切りをおこない、抜かりなく仕上げたいと思います。予定通り、格上B2クラスとの混合戦ではなく、純粋に現B3クラスだけでの2200m戦となりました。前走は入着を逃したものの、見処十分の内容。今回はそれ以上を求めなければいけませんね」(山中尊徳調教師)
2022/4/22 (船橋競馬場)
「前走から週明けまで疲労感がありましたが、旺盛な飼い葉食いに支えられて、週後半からガラッと復調モードに。2回船橋開催(5/02~)での自己条件のダ2200m戦に向かわせてください。中2週の出走間隔なので、今週は追い切りをせず、来週末にしっかりと追い切りますね」(山中尊徳調教師)
2022/4/15 (船橋競馬場)
★4/13(水)船橋・ハルジオン2200 B2B3選抜馬(ダ2200m)森泰斗騎手 結果7着

「中2週で2回船橋開催(5/02~)があり、現B3クラスだけの2200m戦が組まれています。せっかくですし、ここを逃す手はないかと。今回も入着は叶いませんでしたが、5着馬とはコンマ2秒差でしたからね。その次の3回船橋開催(6/20~)が中6週空いてしまうので、次走で今後の進退を考えても遅くはないのではないでしょうか」(山中尊徳調教師)
2022/4/13 (船橋競馬場)
馬体重:518kg
★4/13(水)船橋・ハルジオン2200 B2B3選抜馬(ダ2200m)森泰斗騎手 結果7着

「2頭の大逃げで非常に縦長の展開。勝負処の3コーナーで2番手に上がった際は、ハマったと思ったのですが。結果から言うと、動くのがワンテンポ早かったかもしれません。ただ、ミスティネイルを熟知している森泰斗ジョッキーが、勝ち負けに持ち込むにはあのタイミングで動くしかないと判断。入着は逃しましたが、見せ場タップリの競馬だったのではないしょうか」(山中尊徳調教師)
2022/4/8 (船橋競馬場)
「来週の4/13(水)船橋・ハルジオン2200 B2B3選抜馬(ダ2200m)での出走を予定しています。引き続き森泰斗ジョッキーが騎乗可能。明日、最終追い切りをおこないます。昨年9月に12勝目を挙げてから半年以上勝ち星から遠のいてしまいました。格上B2クラスとの一戦ですが、今後を占う意味で重要な試金石のレースと捉えています。なんとか食い下がりたいですね」(山中尊徳調教師)
2022/4/1 (船橋競馬場)
「ハロン18~20秒で2000~3000mのキャンターで調整中。飼い葉食いもこれまで通り旺盛で、毛ヅヤも一段と良化してきているように映ります。次走に予定している1回船橋開催(4/11~)のダ2200戦でなんとかしたいですね。おそらく開催中日での出走となりますので、来週末に最終追い切りをおこないましょう」(山中尊徳調教師)
2022/3/25 (船橋競馬場)
★3/23(水)船橋・デルフィニウム2200 B3C1選抜馬ア(ダ2200m)森泰斗騎手 結果12着

現管理厩舎の山中尊徳調教師と協議した結果、このまま現役を続行することとなりました。

「今回の敗因がハッキリとわかっているだけに、なんとか出来たのではないかと余計に悔しい気持ちでいっぱいです。中2週で1回船橋開催(4/11~)がありますので、再度ダ2200m戦でリベンジさせてください。ただ、近走の足踏みを考えて、そこが船橋競馬でのラストチャンスだと捉えています」(山中尊徳調教師)
2022/3/23 (船橋競馬場)
馬体重:520kg
★3/23(水)船橋・デルフィニウム2200 B3C1選抜馬ア(ダ2200m)森泰斗騎手 結果12着

「対応できない時計での決着ではないので、展開につきますね。鞍上の森泰斗ジョッキーは『1番人気馬にピタッと外に張り付かれて、終始プレッシャーを掛けられ、息が入りませんでした。結果論になりますが、控えて2番手で進めても良かったかもしれません』と話していました。これまで、この船橋ダ2200m戦で3戦1勝2着2回と連を外したことがなく、2番人気に支持されていました。ご期待に沿えず申し訳ありません」(山中尊徳調教師)
2022/3/18 (船橋競馬場)
「来週3/23(水)船橋・デルフィニウム2200 B3C1選抜馬ア(ダ2200m)での出走。鞍上は森泰斗ジョッキーに戻る予定です。先週3/12(土)に4ハロン53.9-39.9の時計を馬ナリで出しておきました。明日3/19(土)に最終追い切りをおこない、万全を期したいと思います。格下C1クラスとの2200m戦、自然と力が入りますね」(山中尊徳調教師)
2022/3/11 (船橋競馬場)
「残念ながら、昨日の3/10(木)大井・ゴールデンステッキ賞(ダ1800m)に投票しましたが除外。出走馬全頭が大井競馬所属馬でした。こればかりは仕方ありませんね。来週の13回浦和開催(3/14~)の自己条件ではダ1400m戦になってしまうので、12回船橋開催(3/21~)のダ2200m戦を改めて目標にしたいと思います」(山中尊徳調教師)
2022/3/4 (船橋競馬場)
「今朝、4ハロンから51.5-38.4の時計を馬ナリで。いつもそれなりの時計が出ますし、しっかりと動いてくれますよね。今回が叩き3戦目で、好状態をキープしているといった印象。まずは、来週の3/10(木)大井・ゴールデンステッキ賞 B3選抜馬選定騎手特別(ダ1800m)に投票します。除外の場合は13回浦和開催(3/14~)のダ2000mもしくは12回船橋開催(3/21~)のダ2200m戦のいずれかに回りましょう」(山中尊徳調教師)
2022/2/25 (船橋競馬場)
「2/28(月)川崎・シリウス特別 B2B3選定馬(ダ2000m)に申し込みましたが、残念ながら抽選漏れ。3/02(水)の川崎・B3(二)(ダ1600m)に回されてしまいました。地元の船橋開催であれば仕方がないのですが、前走の反省から、他場であればあえてマイル戦に出走する必要はないかと。次走は18回大井開催(3/07~)のダ1800m、13回浦和開催(3/14~)のダ2000m、12回船橋開催(3/21~)のダ2200m戦のいずれかでと考えています」(山中尊徳調教師)
2022/2/18 (船橋競馬場)
★2/16(水)船橋・野島崎特別 B2(三)B3(一)(ダ1600m)本橋孝太騎手 結果7着

「結果的に現状のクラスのマイル戦でのスピード不足を実感させられる一戦となりました。悩ましいところですが、相手関係を気にせず、2200m戦に投票した方が良かったのではなかったかと反省しています。申し訳ありませんでした。まずは、中1週で13回川崎開催(2/28~)のダ2000m戦に申し込んでみましょう」(山中尊徳調教師)
2022/2/16 (船橋競馬場)
馬体重:514kg
★2/16(水)船橋・野島崎特別 B2(三)B3(一)(ダ1600m)本橋孝太騎手 結果7着

「船橋ダ1600mを1分41秒台で競馬できたこともあったのですが。自分のリズムで前々で進めないとモロさを見せますね。鞍上の本橋孝太ジョッキーにそのあたりの事は伝えてあったので、スタートから出ムチを入れてポジションを取りにいってはいるのですが、いかんせん周りが速かったです。3コーナーから盛り返してはくれたのですが、最後は脚が残っていませんでした」(山中尊徳調教師)
2022/2/11 (船橋競馬場)
「先週2/5(土)に4ハロン55.1-40.2、昨日2/10(木)には5ハロンから65.8-49.1-36.4の時計で追い切っています。自厩舎の格上馬を相手にびっしりとやりました。来週2/16(水)船橋・野島崎特別 B2(三)B3(一)(ダ1600m)に向かいましょう。こちらも格上B2クラスとの混合戦となるのですが、同日のセントポーリア2200 B2B3選抜馬(ダ2200m)の方が選抜戦だけあって、相手関係は上。前走の勝ち馬も2200m戦に向かうとのこと。昨年10月末以来の船橋のマイル戦となりますが、十分対応可能だと思いますし、これまでと変わらず前々で強気な競馬をするだけです」(山中尊徳調教師)
2022/2/4 (船橋競馬場)
「来週の開催3日目、2/9(水)大井・日向坂賞 B3(一)選抜特別(ダ1800m)での出走プランもありましたが、申込頭数が多く除外が確実なため、パスさせていただきました。地元の11回船橋開催(2/14~)での出走を本線に据えましょう。格上B2クラスとの選抜戦であるダ2200m戦、もしくは自己条件の1600m戦のいずれかになります。まずは明日2/5(土)に一週前追い切りをおこなっておきましょう」(山中尊徳調教師)
2022/1/28 (船橋競馬場)
「来週の2/04(金)川崎・アークトゥルス賞 B3C1選定馬(ダ2000m)に出走申込をおこないましたが、補欠の3番目。除外の可能性が大なので、今朝1/28(金)の追い切りはサッと済ませました。4ハロン57.3-42.2です。ギリギリまで回避馬を待ってみて、正式に除外の場合は、17回大井開催(2/07~)のダ1800m戦を視野に入れましょう。地元の11回船橋開催(2/14~)のダ2200m戦が、格上のB2クラスとの選抜戦になってしまうんですよね」(山中尊徳調教師)
2022/1/21 (船橋競馬場)
「まだ速いところはやっていませんが、前走を使ったことでグッと気持ちが乗ってきていますね。オーバーワークを心配するほど、自分からハミを取ってグイグイいっていますよ。まずは12回川崎開催(1/31~)の2000m戦に申し込んでみましょう。除外の場合は11回船橋開催(2/14~)に回りたいと思います」(山中尊徳調教師)
2022/1/14 (船橋競馬場)
★1/12(水)船橋・スキー2200 B3C1選抜馬(ダ2200m)笹川翼騎手 結果2着

「B3クラスに降級して、最終追い切りもいつものミスティネイルの走りでしたが、明け6歳となりましたし、帰厩して間もなかったので、正直なところ、終いがバタバタになるのではないかという不安もありました。杞憂に終わってくれてホッとしましたし、気持ちで走る馬ということを改めて思い知らされましたね。今回を使ったことでグッと良くなってくるでしょう。来月中旬の11回船橋開催(2/14~)に向かいたいと思います」(山中尊徳調教師)
2022/1/12 (船橋競馬場)
馬体重:518kg
★1/12(水)船橋・スキー2200 B3C1選抜馬(ダ2200m)笹川翼騎手 結果2着

「休み明けでも馬体重の増減なしですから、馬体はきっちりと出来ていたと思います。勝ち馬は使ってきていますからね。心肺機能の仕上り具合の差だけだったと思います。堅実に走って、2番人気の3着馬を6馬身離しているのですから、本当にたいしたもの。頭が下がりますよ」(山中尊徳調教師)
2022/1/7 (船橋競馬場)
「昨年大晦日12/31(金)に4ハロンから55.4-40.6を、昨日1/6(木)には同じく4ハロンから48.7-36.1の時計で追い切っています。昨日はしっかりと負荷を掛けましたし、それにこたえてよく動いてくれました。真面目な気性の持ち主で気持ちで走ってくれるので、休み明けでもスンナリと仕上がりますね。予想以上の降雪となりましたが、首尾よくその前にやっておきましたので、スケジュールに狂いは生じません。当初からの予定通りで、来週の開催3日目、1/12(水)船橋・スキー2200 B3C1選抜馬(ダ2200m)に向かいたいと思います。骨っぽい相手もチラホラいますが、それでもこのダ2200mという条件では崩れていませんからね。B3クラス降級初戦ですし、楽しみにしています」(山中尊徳調教師)
2021/12/24 (船橋競馬場)
ゴリンファームで調整され、22日(水)に帰厩しました。

「来年早々の10回船橋開催(1/10~)での出走を目標に調整を開始しています。現在はB2クラスですが、年明けにはB3クラスに降級の予定。いい循環ですよね。いきなりから勝ち負け出来るよう、しっかりと仕上げていきます」(山中尊徳調教師)
2021/12/17 (ゴリンファーム)
馬体重:529kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター4500mのメニューで調整中です。週2回速いところを消化していて、昨日も半マイルから15-13くらいのところを消化しています。態勢は整った印象ですし、そろそろ声が掛かっても良いと思っていましたが、来週の帰厩が決まったとのこと。いい感じでバトンタッチができるよう、準備を進めておきます」(担当者)
2021/12/10 (ゴリンファーム)
馬体重:533kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター5000mのメニューで調整中です。月曜日に大量に雨が降って、火曜日はかなり馬場が悪化したため、少しペースを落としています。それでも長めをじっくりと乗り込んでいて、しっかり負荷は掛けられています。馬場が回復するようなら、明日速いところを消化する予定。そろそろ態勢が整いそうな感じです」(担当者)
2021/12/3 (ゴリンファーム)
馬体重:537kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター4500mのメニューで調整中です。先週の土曜日に半マイルを18~20秒くらいまで脚を伸ばしています。体調面は良好で、いい流れの中で調教をおこなえています。今週は馬場が悪い日があったため少しペースを緩めていますが、来週からまたピッチを上げていくつもりです」(担当者)
2021/11/26 (ゴリンファーム)
馬体重:537kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター4500mのメニューで調整中です。今週は馬場があまり良くなかったので、速いところは控えています。明日は半マイルから15-15まで伸ばすことを考えているところ。乗り込みながらも体重が増加傾向で、体調面の良さが窺えます。しっかりと積み重ねていきます」(担当者)
2021/11/19 (ゴリンファーム)
馬体重:533kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター4500mのメニューで調整中です。先週末に残り1000mから15-14を消化しています。速いところをおこなっても体重が増加傾向なように、体調面は良好。このままピッチを上げながら進めていきます」(担当者)
2021/11/12 (ゴリンファーム)
馬体重:525kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター4500mのメニューで調整中です。先週6日(土)、9日(火)と残り1000mから15-15をおこなっています。いい感じで動けていますし、ここまで順調に進められています。体重が大幅に増えましたが太くは見せませんし、この状態をキープしながら乗り込みを重ねていきます」(担当者)
2021/11/5 (ゴリンファーム)
馬体重:513kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター4500mのメニューで調整中です。大きな疲れが見られなかったことから、3日(水)より現状のメニューで進めています。その後も反動などは見られませんし、緩めないように進めていくつもり。状態を確認しながらピッチを上げていきます」(担当者)
2021/10/29 (ゴリンファーム)
★10/26(火)船橋・クイーンズオーディション(クイーン賞TR・準重賞・B1以下選抜牝馬・ダ1600m)森泰斗騎手 結果8着
この後は千葉県・ゴリンファームで調整することになり、昨日28日(木)に移動しました。

「レース後の馬体面には何も問題ありません。2戦連続で着外となったことでのメンタル面を考慮して、放牧に出させていただきました。いつも一生懸命なので、一息入れてあげて、仕切り直したいと思います。現状の賞金であれば、年明けにはB3クラスに降級。もう一つ勝ち星が計算できますからね」(山中尊徳調教師)
2021/10/26 (船橋競馬場)
馬体重:518kg
★10/26(火)船橋・クイーンズオーディション(クイーン賞TR・準重賞・B1以下選抜牝馬・ダ1600m)森泰斗騎手 結果8着

「メンバーが揃う準重賞で2番人気に支持されるとは、正直驚きましたね。ぬかるんだ不良馬場でなければ、もう少し上の着順があったかもしれません。森泰斗ジョッキーは『ミスティネイルにとって、全体の流れが速すぎました。向正面から3コーナーにかけて追走一杯の感じでしたが、そこから盛り返す根性を見せてくれて。本当に頑張り屋さん、改めて感心しました』と話していました」(山中尊徳調教師)
2021/10/22 (船橋競馬場)
「本日10/22(金)に降雨の中、最終追い切りをおこないました。これまでと変わらない動きを見せてくれて、馬場は重かったのですが、4ハロンから50.3-37.4の時計が出ましたね。来週の開催2日目、10/26(火)船橋・クイーンズオーディション(クイーン賞TR・準重賞・B1以下選抜牝馬・ダ1600m)に向かいたいと思います。準重賞ですから今まで以上に相手は揃うものの、今開催のB2クラスに2000m戦が組まれていませんし、森泰斗ジョッキーが騎乗を予定してくれていますからね。胸を張って本番に送り出しますし、純粋にいい競馬がしたいと思っています」(山中尊徳調教師)
2021/10/15 (船橋競馬場)
「来週からの8回浦和開催(10/18~)に申し込みをおこなってはいたものの、8回船橋開催(10/25~)での出走一本に照準を絞っています。前走の敗戦のショックというか、メンタル面での落ち込みは全く見られませんね。元気いっぱいで、張り切って走ってくれています。このあたりがこれまで12勝できている要因、ミスティネイルの長所のひとつではないでしょうか」(山中尊徳調教師)
2021/10/8 (船橋競馬場)
★10/04(月)大井・オパール賞 B2(二)選抜特別(ダ1800m)笹川翼騎手 結果12着

「今回がミスティネイルにとって、地方競馬では初めての二桁着順でした。ただ、この一戦で一皮むけて、もう一段階の成長を見せてくれたらと思います。まずは自場である8回船橋開催(10/25~)での出走に向けて調整し、その後に改めて川崎や浦和への遠征を計画しましょう」(山中尊徳調教師)
2021/10/4 (大井競馬場)
馬体重:521kg
★10/04(月)大井・オパール賞 B2(二)選抜特別(ダ1800m)笹川翼騎手 結果12着

「今後の選択肢を増やしたいとの考えから大井遠征に踏み切ったのですが、あまくはありませんでしたね。笹川翼ジョッキーは『最内枠でスタートを上手く切れたので、ハナに立ってスローペースに落とそうと思ったのですが、その瞬間に外から勝ち馬に交わされてしまって。その後も後続が速くて、内で控える形になりました。3~4コーナーで押し上げていった際には、それに応えられずズルズルといくものですが、盛り返すようにしっかりとハミを取ってくれました。初めて騎乗させていただきましたが、いい根性をしてますね。今日は最後の脚が残っていませんでしたが、自分のリズムで運べれば、末の粘りが違うのではないかと感じました』とコメントしてくれました」(山中尊徳調教師)
2021/10/1 (船橋競馬場)
☆10/04(月)大井・オパール賞 B2(二)選抜特別(ダ1800m)笹川翼騎手

「来週10/04(月)大井・オパール賞 B2(二)選抜特別(ダ1800m)に笹川翼ジョッキーで出走が確定しました。1枠1番の最内です。除外の可能性がありましたが、出走を見越して、昨日9/30(木)に4ハロンから50.0-36.5の時計で追い切っておきました。未知のB2クラス、初めての大井競馬ですが、不安や心配よりも期待しかありません。ここでの内容次第で先々が楽しみになりますからね」(山中尊徳調教師)
2021/9/24 (船橋競馬場)
「前走で勝ってなければ来週からの7回船橋開催(9/27~)での出走を前向きに検討したのですが、勝ったご褒美ということではありませんが、1週でも余裕を持ったローテーションにしてあげようとの考えから、今開催はパスさせていただきます。11回大井開催(10/04~)もしくは8回川崎開催(10/11~)での出走を本格的に考えていますよ。金沢競馬での4連勝の実績も示す通りで、右回りコースも苦にしないでしょうから、大井での走りも見てみたいですよね。クラスやタイミングによっては、船橋より相手関係が落ちることも十分にありますよ」(山中尊徳調教師)
2021/9/17 (船橋競馬場)
★9/16(木)川崎・ポルックス賞 B3C1選定馬(ダ2000m)森泰斗騎手 結果:優勝

「休み明けながら、先頭を一度も譲ることなく、2番手以下を3馬身離す快勝。鞍上の森泰斗ジョッキーの万全の溜めが効きました。内ピッタリの砂が深い部分は通らず、内から1頭分空けての馬場を選んだ走り。ハナで主導権を握っているからこそ出来得る芸当ですし、操縦性の高さに裏打ちされたものだと思います。次走については、中1週で地元7回船橋開催(9/27~)もしくは中3週で相性の良い8回川崎開催(10/11~)に向かうかを考えていますが、今週末から来週頭までの状態次第で決めさせてください。いずれにしても、来週中には決めたいと考えています」(山中尊徳調教師)
2021/9/16 (川崎競馬場)
馬体重:519kg
★9/16(木)川崎・ポルックス賞 B3C1選定馬(ダ2000m)森泰斗騎手 結果:優勝

「ミスティネイルを含めたB3クラスが6頭、一つ下のC1クラスが7頭という計13頭での一戦となりました。休み明けでしたが、こちらの予想以上のパフォーマンスを見せてくれましたね。好スタートからペースを握ったままで最後の直線へ。そのうえ、追い出されて一伸びするのですから、後続は差せませんよね。鞍上の森泰斗ジョッキーは『とにかく性格がいいですね。今日も一生懸命に走ってくれました。操作性も申し分ありませんよ』と話してくれました」(山中尊徳調教師)
2021/9/10 (船橋競馬場)
「抽選に漏れることなく選出されましたので、当初からの青写真通り、来週9/16(木)川崎・ポルックス賞 B3C1選定馬(ダ2000m)に森泰斗ジョッキーで向かいたいと思います。最終追い切りは明後日9/12(日)を予定。少し太めなので、重めが残らないよう、しっかりと負荷を掛けます。叩き良化のタイプですが、休み明けのいきなりから結果を出したいですね。中1週で7回船橋開催(9/27~)での出走も視野に入れています」(山中尊徳調教師)
2021/9/3 (船橋競馬場)
「今週頭の8/30(月)に5ハロンから66.8-51.8-38.5という時計を出してみました。馬ナリでまだまだ手応え的にも余裕のある動きでしたが、昨日9/2(木)には間に合わなかったでしょう。ただ、7回川崎開催(9/13~)での出走であれば、あと2本は追えますので、十分な態勢に持っていけると思います。川崎ダ2000m戦になんとか出走したいですね」(山中尊徳調教師)
2021/8/28 (船橋競馬場)
「来週からの6回船橋開催の2日目、9/02(木)船橋・サルビア特別 B3(二)(ダ1600m)に出走申込を済ませてはいたものの、さすがに帰厩からの日が浅く、もう少し乗り込みが必要と判断したため、スライドしたいと思います。地元7回船橋開催(9/27~)が本線ですが、7回川崎開催(9/13~)も視野に入れていますよ。休養に入る前の前走が川崎ダ2000m戦で、結果(2着)を残していますからね。暑さと相談しながら、ペースアップを図っていきます」(山中尊徳調教師)
2021/8/20 (船橋競馬場)
ゴリンファームで調整され、17日(火)に帰厩しました。

「6回船橋開催(9/01~)での復帰を目標に、こちらに戻しました。フックラと見せていますし、まだ速いところはやっていませんが、張り切って走っていますよ。リフレッシュして充電完了といった印象で、この度の休養の効果は大きいようです。帰厩後1本目の追い切りの動きや息遣い次第で、7回船橋開催(9/27~)にスライドするか否かを決めたいと考えています。実りある秋にしたいですね」(山中尊徳調教師)
2021/8/13 (ゴリンファーム)
馬体重:550kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター5000mのメニューで調整中です。引き続き順調に進められています。今週前半は天気も良かったので速いところを消化しています。今日から天気が悪く、馬場が悪化してきたので、様子を見ながら進めていきたいと思います」(担当者)
2021/8/6 (ゴリンファーム)
馬体重:550kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター5000mのメニューで調整中です。先週末、昨日と15-14くらいのところを消化しています。今週は体重が少し増えてきていますが、夏負けは見られませんし、飼い葉の量は減らさずこのままいきたいと思っています。今週は強めのところを2本おこなったので、来週は天気も崩れるということですし、馬場の状況を見ながら進めていくつもりです」(担当者)
2021/7/30 (ゴリンファーム)
馬体重:547kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター4500mのメニューで調整中です。先週末、昨日と15-15を消化しています。ピッチを上げてもコズむことはありませんし、飼い葉食いも良好。暑い日が多いですが、夏負けの兆候はありませんよ。体重がかなり増えてきたので、絞るためにもここから更にピッチを上げていきたいと思っています」(担当者)
2021/7/23 (ゴリンファーム)
馬体重:535kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター4500mのメニューで調整中です。先週末と今週頭に17~18秒くらいのところを消化しています。飼い葉食いは良いのですが、まだ少し体が太いところ。帰厩の声が掛かったらしっかり負荷を掛けて、少し絞ろうと思っています」(担当者)
2021/7/16 (ゴリンファーム)
馬体重:533kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター4000mのメニューで調整中です。今週は馬場があまり良くなかったですし、先々週に見られたコズミのことも考えて、無理をさせないよう進めています。その甲斐あってか反動などは出ていませんし、来週からは元のペースに戻していけそう。徐々に負荷を強めていきます」(担当者)
2021/7/9 (ゴリンファーム)
馬体重:532kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター4500mのメニューで調整中です。火曜日に20秒くらいまでペースを上げて乗り込んでいます。馬場が悪い日が多かったのですが、予定通りの調教をこなせています。歩様が安定してきましたし、徐々にピッチを上げながら進めていきたいと考えています」(担当者)
2021/7/2 (ゴリンファーム)
馬体重:524kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター4500mのメニューで調整中です。背腰の状態がいまひとつだったので、先週末に筋注処置を施しています。その後は徐々に良化が見られますが、今週は馬場も良くなかったので、無理はさせずに現状のメニューで進めています。様子を見ながら進めていくつもりです」(担当者)
2021/6/25 (ゴリンファーム)
馬体重:531kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター4500mのメニューで調整中です。時計消化をしながら順調に乗り込んでいましたが、今週に入って疲れが出てきたため、一旦ペースを落としています。獣医師からは、『背腰が辛そうですね』と言われており、明日また見てもらう予定なので、その診断次第で今後のメニューを考えていくつもりです」(担当者)
2021/6/18 (ゴリンファーム)
馬体重:533kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター4500mのメニューで調整中です。週2回は時計消化を織り交ぜていて、先週末に20-20、昨日は15-15まで脚を伸ばしています。いい意味で変わりなくきていますが、乗り込んできたことで少し疲れが感じられるところ。様子を見つつ、場合によってはペースダウンすることも考えます」(担当者)
2021/6/11 (ゴリンファーム)
馬体重:530kg
「現在は屋外ダートコースにてダクと軽めのキャンター4500mのメニューで調整中です。8日(火)に騎乗運動を開始し、問題もなかったことからピッチを上げて進めています。至って順調といった感じですし、このままどんどん負荷を掛けていくつもり。体調面も良好ですし、元気もある状態ですよ」(担当者)
2021/6/4 (ゴリンファーム)
「現在は30分のウォーキングマシンの運動にとどめています。入場後は発汗が酷くて、心身ともにダメージがあるようだったので、すぐに三日針をおこなっています。その後は少し楽になったようで、1日(火)から動かし始めています。馬場が良ければ明日から騎乗運動に移行しようかと思っていたのですが、今日の雨で回復は見込めなさそうですし、今のところ週明けから乗っていくつもりにしています」(担当者)
2021/5/28 (ゴリンファーム)
★5/25(火)川崎・フォーマルハウト賞 B3C1選定馬(ダ2000m)森泰斗騎手 結果2着
この後は千葉県・ゴリンファームで調整することになり、本日28日(金)に移動しました。

「単勝1.8倍の圧倒的1番人気に支持されましたが、今回は勝ち馬が強かったですね。それでも大きく崩れることはなく、安定した成績で頑張ってくれているのですから、大したものだと思います。年明けからコンスタントに6戦使ってきましたので、ちょっと早いですがここで心身のリフレッシュを兼ねて、夏休みを挟んであげましょう」(山中尊徳調教師)
2021/5/25 (川崎競馬場)
馬体重:515kg
★5/25(火)川崎・フォーマルハウト賞 B3C1選定馬(ダ2000m)森泰斗騎手 結果2着

「パドックで蹄鉄を打ち直しましたが、アウェーとなる川崎競馬場のパドックでもおとなしく出来ていました。敗因には全く関係ないと言ってもいいでしょう。今日は勝ち馬に出し抜けを食らってしまいましたね。鞍上の森泰斗ジョッキーは『前を行く2頭を最終コーナーで交わしたら、2番人気の馬が一気に差を詰めてきて。それを封じ込め、勝ったと思った瞬間、内にもう1頭いて。勝ち馬に併せにいけば、あるいは逆転もあったかもしれませんが、脚色が違いましたね。連勝がストップしてしまい、申し訳ありません』とのコメントでした」(山中尊徳調教師)
2021/5/21 (船橋競馬場)
「来週5/25(火)川崎・フォーマルハウト賞 B3C1選定馬(ダ2000m)に出走を予定しており、鞍上は引き続き森泰斗ジョッキーで調整中です。川崎への遠征は昨年1月の転入初戦以来となりますが、そこでいきなり勝利を収めてくれたように、他場でも不安はありません。前走はB3同士で勝っていますし、ここは格下もいるメンバー構成なので、自信を持って臨みます」(山中尊徳調教師)
2021/5/14 (船橋競馬場)
★5/07(金)船橋・しゃち特別 B3(三)(ダ1600m)森泰斗騎手 結果:優勝

「改めて通算11勝(金沢4勝・南関東7勝)ですか。本当に大したものです。前走から今日でちょうど一週間ですが、いつもと変わりませんね。そのあたりも、勝ち星を積み上げることが出来ている大きな要因の一つだと思いますよ。次走について、来月の自場開催である3回船橋開催(6/21~)が本線ですが、中6週の間隔がありますので、2回川崎開催(5/24~)もしくは3回浦和開催(5/31~)のダ2000m戦へ申し込んでみましょう」(山中尊徳調教師)
2021/5/7 (船橋競馬場)
馬体重:517kg
★5/07(金)船橋・しゃち特別 B3(三)(ダ1600m)森泰斗騎手 結果:優勝

「さすがの森泰斗ジョッキーでした。8番の馬の逃げでペースが乱れても、落ち着いてしっかりと周囲の相手の動向を見据えての仕掛け。嫌気が差さないよう、上手にミスティネイルをなだめていました。そのおかけで2着馬の追い上げをクビ差でしのげたと思います。もちろん、森ジョッキーの操縦にしっかりと応えたミスティネイルも凄いですよ。昇級初戦ながら単勝1.4倍の圧倒的支持を受けていましたし、僚馬ホウロクダマのアクシデントもありましたから、本当に良かったです」(山中尊徳調教師)
2021/4/30 (船橋競馬場)
「来週の開催最終日、5/07(金)船橋・しゃち特別 B3(三)(ダ1600m)での出走を予定しています。前日の5/06(木)に2200m戦が組まれているのですが、格上のB2クラスとの混合戦ですので、今回もマイル戦をチョイスしました。先週4/24(土)に4ハロンを馬ナリで51.9-39.0という時計で追い切っており、最終追い切りを週明けの5/3(月)に予定。好時計で動けると思いますよ。昇級初戦となりますが、具合の良さでカバーし、いきなりから結果を出したいですね」(山中尊徳調教師)
2021/4/23 (船橋競馬場)
「レース後も飼い葉食いがいいように、馬体減りの心配もないことから、予定どおり2回船橋開催(5/03~)での出走に向けて調整を進めています。明日4/24(土)にサッと流す程度に1本乗って、最終追い切りは来週後半を予定。相手関係は強化されますが、この馬の力を出せる状態に持っていけると思います」(山中尊徳調教師)
2021/4/16 (船橋競馬場)
★4/09(金)船橋・フォークソング賞 C1(一)(ダ1600m)森泰斗騎手 結果:優勝

「今年に入り4戦しましたが、前走優勝後も特に疲れはなさそうなことから、このまま2回船橋開催(5/03~)での出走を目標に進めることにしました。コンスタントに使ってきているので、あまりビッシリ攻めなくてもいい仕上がりに持っていけると思います。あとは以前に在厩していた時を含め、昇級して未知のB3クラスになりましたので、その辺りがどうかでしょう。ただ、船橋ダ1600m戦の持ち時計(1.41.7)を前走で1.2秒詰めていますから、引き続き期待できると思います」(山中尊徳調教師)
2021/4/9 (船橋競馬場)
馬体重:517kg
★4/09(金)船橋・フォークソング賞 C1(一)(ダ1600m)森泰斗騎手 結果:優勝

「まずは久々の船橋ダ1600m戦に対応できたことにホッとしてます。それもこれも、ミスティネイルの前向きな気性の賜物だと思います。ハナに立とうとしていた1番人気の馬が出遅れてくれたことも大きかったですね。鞍上の森泰斗ジョッキーは『真面目ないい子ですね。操作性が高いので、前走の2200mも今回のマイルも、本当に上手にこなしてくれます。人気は割れていましたが、最後は後続を突き放して、終わってみれば横綱相撲での完勝。昇級しても引き続き楽しみですね』とコメントしてくれました」(山中尊徳調教師)
2021/4/2 (船橋競馬場)
「来週の開催最終日4/09(金)船橋・フォークソング賞 C1(一)(ダ1600m)に森泰斗ジョッキーで出走を予定しています。最終追い切りは4/5(月)におこないますが、先週3/27(土)に5ハロンから71.8-56.3-42.0の時計を馬なりで出していますし、至って順調といったところ。今開催の自己条件戦が1600m戦のため、4/7(水)の格上B3クラスとの混合の2200m戦への出走か否か迷っていましたが、鞍上の森泰斗騎手の都合もあり、マイル戦を選択しました。近走2戦連続2200m戦に出走してきた影響は少なからずあると思いますが、鞍上もそのあたりは重々わかっているでしょうから、対応してくれると思いますよ」(山中尊徳調教師)
2021/3/26 (船橋競馬場)
「明日3/27(土)に前走からの初時計を出す予定にしています。1回船橋開催(4/05~)での出走に向けて、来週の追い切りを含めて2本で臨む予定。すでに3戦を消化していますし、それで十分に仕上がるでしょう。ここ2戦で実績を残している2200m戦が組まれてはいるのですが、格上B3クラスとの混合のハンデ戦となりました。自己条件の1600m戦と天秤をかける予定で考えています」(山中尊徳調教師)
2021/3/19 (船橋競馬場)
★3/16(火)船橋・YELL2200 C1選抜馬(ダ2200m)森泰斗騎手 結果2着

「勝ち馬の末脚に屈してしまいましたが、当面はこの距離にこだわっていきましょう。すでに飼い葉食いの量は回復していますし、馬体および歩様チェックでの問題はありません。このまま在厩を継続して、1回船橋開催(4/05~)に向かいたいと思います」(山中尊徳調教師)
2021/3/16 (船橋競馬場)
馬体重:510kg
★3/16(火)船橋・YELL2200 C1選抜馬(ダ2200m)森泰斗騎手 結果2着

「敗れはしたものの、前走の船橋ダ2200mの持ち時計を3秒も短縮しました。折り合いに難があるタイプではないので、この距離がハマりますね。大きな前進を見せてくれたと思います。鞍上の森泰斗ジョッキーは『縦長の展開になり、逃げ馬を捉えて交わした瞬間は勝ったと思いましたよ。勝ち馬はこちらを見ながらの競馬で、上手くやられましたね。ただ、勝ち馬も自身の時計を詰めての勝利ですから、相手のポテンシャルが一枚上だったということでしょう。ミスティネイルにもすぐに順番が来ると思います』と話していました」(山中尊徳調教師)
2021/3/12 (船橋競馬場)
「開催2日目の3/16(火)船橋・YELL2200 C1選抜馬(ダ2200m)での出走を予定。本日3/12(金)に最終追い切りをおこないました。直線で仕掛けて4ハロン49.4-37.2の時計をマーク。この時計が示す通りで、絶好の動きを見せてくれました。こちらに来て3戦目、コンディションも上々のようで、連勝を決めたいですね。2200m戦に矛先を向けてポンポンといけば、新境地開拓成功ですからね。鞍上は前走から引き続き森泰斗ジョッキーで調整中です」(山中尊徳調教師)
2021/3/5 (船橋競馬場)
「先週2/27(土)は予定通り15-15程度で流しており、明日3/06(土)の追い切りではもう少し速い時計を出すつもりです。この中間から徐々に負荷を強めてきていますが、状態面に気になるところはありませんね。目標の12回船橋開催(3/15~)では、昇級緒戦をいい形で迎えられそうです」(山中尊徳調教師)
2021/2/26 (船橋競馬場)
「来月の12回船橋開催(3/15~)での出走を目標に定めての調整。コンスタントに馬場入りして、普通キャンターを長めのメニューで乗り込んでいます。まずは太り過ぎないよう、軽めの負荷で運動時間を多めにして運動量を稼いでいます。明日2/27(土)にサッと3ハロンから時計を出しましょう」(山中尊徳調教師)
2021/2/19 (船橋競馬場)
★2/12(金)船橋・レトルトカレー2200 C2選抜馬(ダ2200m)森泰斗騎手 結果:優勝

「先週は本当にきついレースだったと思います。疲労回復を図るため、来週までは軽めの騎乗運動にとどめましょう。12回船橋開催(3/15~)に向かいたいと思いますが、C1クラスに昇級しました。昨年はこのクラスを勝ってここ船橋を卒業でしたが、今年は通過点にしないといけませんね。今回の2200戦はもちろんのこと、マイル戦でも対応可能ですから、頼もしい限りですよ」(山中尊徳調教師)
2021/2/12 (船橋競馬場)
馬体重:510kg
★2/12(金)船橋・レトルトカレー2200 C2選抜馬(ダ2200m)森泰斗騎手 結果:優勝

「まさに手に汗握るマッチレースになりましたね。2着馬が渋太くて、なかなか振り切れず、再度盛り返して差を詰めてきたので、最後までハラハラさせられましたよ。レースキャリアと地力の差がものを言ったのでしょうか。鞍上の森泰斗ジョッキーは『マイペースで運ぶことだけを考えていましたが、スタートが決まってスッと折り合ってくれたので、この距離でもやれる自信はありました。終始乗りやすかったです。ただ、矢野貴之ジョッキーの厳しいマーク、プレッシャーを受けましたからね。本当に最後までよく頑張ってくれました。この1勝で今後の選択肢の幅が広がりましたね』と話してくれました」(山中尊徳調教師)
2021/2/5 (船橋競馬場)
「来週の開催最終日2/12(金)船橋・レトルトカレー2200 C2選抜馬(ダ2200m)での出走を予定しています。デビュー2戦目(阪神芝2200m)で経験済みの距離ですが、前走の1500m戦から一気の距離延長戦になります。ただ、ハナもしくは番手につけ、ゴチャゴチャせずに揉まれないポジションで進めることが出来ると思いますので、良い方向に転ぶはずですよ。本番4日前にあたる来週2/8(月)に最終追い切りを予定しています」(山中尊徳調教師)
2021/1/29 (船橋競馬場)
「馬体、コンディションに関しての心配は全くありませんね。もちろん精神的にへこんでいるようなところも見られませんし、むしろその逆で元気いっぱい、うるさいくらいですよ。来月11回船橋開催(2/08~)での出走に向けて、明日1/30(土)に前走後からの初時計を出す予定にしています」(山中尊徳調教師)
2021/1/22 (船橋競馬場)
「予定通り、11回船橋開催(2/08~)を目標に調整を進めています。前走は久々でもペースに対応できていましたし、一度使われたことで次は調子もさらに上向いてきそうですね。このクラスは昨年勝ち上がっていますし、もちろん能力上位と考えていますので、2戦目であっさり勝利を決めて、今年も通過点にしたいですね」(山中尊徳調教師)
2021/1/15 (船橋競馬場)
★1/12(火)船橋・馬い!?海ブドウサラダを食べよう C2(三)(四)(ダ1500m)達城龍次騎手 結果3着

「勝ち馬からコンマ3秒、2着馬とはコンマ1秒のクビ差ですから、上々の結果だったのではないでしょうか。大外でしたから、なおさらだと思います。11回船橋開催(2/08~)でなんとか半年振りの勝利を挙げて、本当の返り咲きを果たしたいですね」(山中尊徳調教師)
2021/1/12 (船橋競馬場)
馬体重:514kg
★1/12(火)船橋・馬い!?海ブドウサラダを食べよう C2(三)(四)(ダ1500m)達城龍次騎手 結果3着

「番手での競馬の指示を出しましたが、鞍上の判断でハナに。その達城龍次ジョッキーは『この馬のことを熟知している森泰斗ジョッキーに外からプレッシャーを掛けられましたが、渋太く抵抗できたと思います。行き脚が良かったのでハナに立ちました。スタートから1コーナーまでに脚を使ってしまったことで、最後は脚があがってしまいましたが、内枠だったら逆転まであったのではないでしょうか。今回が復帰戦ですから、次につながると思います』と話してくれました。自身の持ち時計をコンマ9秒詰めていますし、復活への力強い一歩が踏み出せたと思います」(山中尊徳調教師)
2021/1/8 (船橋競馬場)
「来週1/12(火)船橋・馬い!?海ブドウサラダを食べよう C2(三)(四)(ダ1500m)での復帰が決まりましたね。本日1/8(金)に最終追い切りをおこないました。5ハロンから直線で強めに追って、68.8-52.5-38.9の時計です。飼い葉食いが旺盛で、時季的に絞り込み辛いので、少し重めの印象を受けましたが、元気いっぱいですので、力は出せると思います。流れに乗ってスムーズに進めることが出来れば、結果もついてくるでしょう」(山中尊徳調教師)
2020/12/25 (船橋競馬場)
「当初からの予定通り、12/22(火)に船橋競馬場でおこなわれた再調教試験を受験。馬体重516kg、ダ1000mを1.04.9で走破、もちろん一発で合格です。5頭立ての4着ですが、好スタートから全くの馬なりで進め、中間の追い切り代わりとして流してきただけですので、着順は気にしないでください。来年の10回船橋開催(21/1/11~)に向かう予定で、C2クラスでの出走になります。勝っているクラスですから、来年も通過点にしたいですね」(山中尊徳調教師)
2020/12/18 (船橋競馬場)
「来週12/22(火)の能力・調教試験に向けて、本日12/18(金)に4ハロン57.8-43.9という時計で追い切りをおこないました。息を整える程度で十分に合格できると思いますので、サッーと流した感じの馬なりです。受験がひと叩きとなって十分な良化も見込めるでしょうし、来年年明けの10回船橋開催(21/1/11~)での出走ということになると思います」(山中尊徳調教師)
2020/12/11 (船橋競馬場)
松風馬事センターで調整され、7日(月)に船橋競馬場・山中尊徳厩舎に入厩しました。

「こちらを覚えているようですね。相変わらずの旺盛な飼い葉の食べっぷりには感心しますよ。12/22(火)におこなわれる能力・調教試験を受験しなければいけませんので、まずはそこが目標になります。あとは、その後の状態と相談になりますが、来年年明けの10回船橋開催(21/1/11~)に向かいたいと考えています。C2クラスに格付けされる予定なので、好条件ではないでしょうか。改めてよろしくお願いいたします」(山中尊徳調教師)
2020/12/4 (松風馬事センター)
馬体重:521kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。今回は大分歩様が良いので、今週から騎乗運動に移行しています。硬さも抜けてきましたし、冬毛は長くなってきているものの、いい状態を保っています。今週末から更にピッチを上げる予定ですが、7日(月)の入厩が決まりましたし、少しでもいい状態で送り出せるよう進めていきます」(担当者)
2020/11/27 (松風馬事センター)
馬体重:520kg
「現在は20~30分の程度のロンジングの運動で調整中です。歩様は以前より良いのですが、左トモが疲れている状態。両背腰も疲れていたので筋注処置をおこないました。先週末に蹄型修正もおこなっています。先週いっぱいはウォーキングマシンでの運動にとどめて、今週から現状のメニューに移行しています。注意していたのですが、体重が入場時より10kg以上増えてしまったので、ここから絞っていくつもりです」(担当者)
2020/11/18 (松風馬事センター)
★11/14(土)東京・3歳上1勝クラス(ダ1600m)内田博幸騎手 結果16着
ここで中央登録を抹消し、今後は南関東競馬への転入をおこないます。
預託先は以前管理していた船橋競馬・山中尊徳(ヤマナカタカノリ)厩舎を予定しており、本日18日(水)に松風馬事センターに移動することになりました。

「稽古の動きからもポテンシャルの高さは感じられるものの、蹄壁の薄さやトモの嵌りの悪さが影響して力を発揮できていない現状。うまく仕上げられず申し訳ない気持ちです。テンから出して行ったとはいえ、このクラスでハナを奪えるくらいのスピードは持っていますし、後肢のゆるさ、甘さが解消してくればまだまだ伸びてくる馬だと思います。診療所で馬体を今朝チェックしてもらいましたが、レース後も脚元等に大きなダメージは見られません。新天地での活躍を祈っております」(尾形和幸調教師)
2020/11/14 (東京競馬場)
馬体重:504kg
★11/14(土)東京・3歳上1勝クラス(ダ1600m)内田博幸騎手 結果16着

「テンから気合を付けて出して行ってもらい、自部の型の競馬はできたと思います。上がってきて内田騎手は『3番手の馬にずっと突っかけられて息が入らなかった』と怒っていましたが、大型馬でもスピードがありますし、もう少し短い距離であれば前進できる可能性は否定できません。ただ、トモの嵌りであったり、蹄であったりとなかなか順調にいかず、攻めきれない現状が悩ましいですね。本調子に持っていければまた内容も違ってくると思うのですが…」(尾形和幸調教師)

※「タイムオーバーによる出走制限」のため、2020年12月14日まで平地競走に出走できません。
2020/11/12 (美浦トレセン)
☆11/14(土)東京・3歳上1勝クラス(ダ1600m)内田博幸騎手

11日(水)に坂路コースで4ハロン56.2-41.6-27.5-13.6を単走で馬ナリに追い切りました。「出掛けの歩様は良くなってきませんが、走りだしてしまえば違和感もありません。蹄の状態は中間だいぶ落ち着いており、雰囲気自体も上向いてきている。走れるデキに持ってこれたと思います。前走はコース適性がまったく合いませんでしたし、その後は脚元のトラブルでここまで出走が延びてしまいました。やれば時計を楽に出せているように、歯車さえ噛み合えばもっとやれるポテンシャルを秘めている馬なので、ここで力を発揮してもらいたいですね。枠次第にはなりますが、少々強引にでも前半から揉まれない位置まで押し上げていってもらいます」(尾形和幸調教師)
2020/11/6 (美浦トレセン)
11月1日(日)に坂路コースで4ハロン57.6-42.5-28.5-14.5を単走で馬ナリに追われ、4日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.3秒先行して併せ、52.3-38.7-25.5-12.9を馬ナリに追い切りました。「歩様はいまひとつ良くなってこないものの、稽古でもやれば楽にこれくらいの時計が出てしまう。やはり前走内容がこの馬の能力ではないと思います。息遣いも徐々に良化してきており、マズマズ動ける態勢は整いました。左回り、ワンターンのコースなら巻き返せていいはず。来週11/14(土)東京・3歳上1勝クラス(ダ1600m)をウチパクさんで予定しています」(尾形和幸調教師)
2020/10/30 (美浦トレセン)
25日(日)に坂路コースで4ハロン56.2-41.1-26.8-13.3を単走で馬ナリに追われ、28日(水)にも坂路コースで4ハロン53.4-39.5-25.9-13.0を単走で強めに追い切りました。「相変わらず出掛けの歩様が5分程度は心許なく映ります。それでもほぐれてキャンターにおろしてからは走りもスムーズですし、やればもっと時計を出せるタイプ。坂路主体の調整ではあるものの、中身がだいぶ整ってきましたので、11/14(土)東京・3歳上1勝クラス(ダ1600m)に向かいましょう。鞍上は現在調整中です」(尾形和幸調教師)
2020/10/23 (美浦トレセン)
21日(水)に坂路コースで4ハロン56.9-41.5-26.9-13.2を単走で馬ナリに追い切りました。「稽古の動き自体はいいのですが、左前の蹄を気にしてしまって後肢の踏み込みが浅く映ります。今はなんとか我慢が利いているといった状態ですね。蹄壁が薄いため、挫石などにも注意しながら進めていかなければなりません。もう少しジックリ乗り込んでからピッチを上げていきたいので、次走は5回東京開催(11/07~)にスライドさせてください」(尾形和幸調教師)
2020/10/16 (美浦トレセン)
松風馬事センターで調整され、13日(火)に帰厩しました。

「蹄壁の薄さがやっぱりネックになっていて、運動後は歩様も若干ぎこちなく映ります。痛いと思われる部分には粘土を詰めて対処していますが、今回も気を付けながら調整を進めていかなければなりません。稽古の動きは依然いいですし、札幌での競馬の内容がこの馬の実力とは思っていない。左回りでワンターンの東京ダ1600戦で巻き返しを図りましょう。間に合うようなら、10/31(土)東京・3歳上1勝クラス(ダ1600m・牝)を目標にしていきます」(尾形和幸調教師)
2020/10/9 (松風馬事センター)
馬体重:522kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18秒ペース)のメニューで調整中です。少しペースを上げて乗り込んでいますが、歩様はここのところいい感じです。右前が硬くなったりすることもありませんよ。蹄型は今ひとつなので、来週か再来週にはまた改装をしたいと思っています。今週尾形調教師が来場して確認していきましたが、ここまでは安定した乗り込みができていますよ」(担当者)
2020/10/2 (松風馬事センター)
馬体重:526kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。右前の歩様が硬かったのですが、先週末に装蹄師が来て、改装をおこなっています。完全に馴染むまでにはあと1、2回必要かもしれませんが、現状はクッションプレート着けて高さつけています。それに伴って庇い歩様は解消していますよ。こちらにいる間は蹄型修正、乗り込みを強化して、馬体をもうひと引き締めさせたいと思っています。20秒を切るくらいのところまできていて安定して乗り込めているので、経過観察もおこないながら進めていきます」(担当者)
2020/9/25 (松風馬事センター)
馬体重:526kg
「現在は角馬場でダクとハッキングキャンターのみにとどめています。この中間も蹄の状態が今ひとつなので、ペースを上げずに乗り込んでいます。もう一度改装が必要そうなので、来週おこなう予定。ただ、大きな問題はありませんし、徐々に良化は窺えるところなので、様子を見ながら進めていくつもりです」(担当者)
2020/9/18 (松風馬事センター)
馬体重:524kg
「現在は角馬場でダクとハッキングキャンターのみにとどめています。先週末に騎乗運動に移行し、14日までは本馬場での調教をおこなっていたのですが、蹄が原因か歩様がコトコトするので、現状は少し調教をセーブしています。歩様の硬さが改善しませんが、完全に休ませなければならないほどではないので、このまま様子を見ながら進めていきます」(担当者)
2020/9/11 (松風馬事センター)
馬体重:530kg
この後はトレセン近郊の松風馬事センターで調整することになり、8日(火)に移動しました。

「現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。到着後は輸送熱などはありませんでしたが、少し歩様が良くなく、蹄鉄が少し窮屈そうだったので、改装をしました。その後は改善が見られるので、今週いっぱいは馴染むのを待って、来週から本格的な調教をおこなうつもりです」(担当者)
2020/8/31 (オカダスタッド)
馬体重:511kg
現在は坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「予定通り17日(月)から騎乗調教を開始しました。その後も特に気になるところはありませんが、札幌競馬場の検疫がかなり混み合っていたため、次走目標を4回中山開催(9/12~)に切り替えたとのことなので、本州への送り出しに向けて調整を進めていきます」と話していました。
2020/8/15 (オカダスタッド)
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。到着翌日の7日(金)よりウォーキングマシンでの運動をおこなっています。最初の2~3日はややテンションが高かったものの、すっかり落ち着きましたし、レースによる目立った疲労もなさそうです。17日(月)からは坂路入りして調教を開始する予定です。
2020/8/7 (オカダスタッド)
★8/02(日)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m)石川裕紀人騎手 結果12着
この後は北海道・オカダスタッドで調整を進めることになり、8月6日(木)に移動しました。

「稽古通りなら十分勝負になると見込んでいたのですが、まだ揉まれ弱いためか、向正面ではもう走りがバラバラになってしまいました。極端にキックバックを嫌う素振りも見られ、自分の形で競馬ができないと脆いタイプに映りますし、芝を一度試してみるのも手かもしれませんね。札幌の馬房調整が付けば、制裁による期間明けの開催最終週(9/5.6)で使いたいと考えています」(尾形和幸調教師)
2020/8/2 (札幌競馬場)
馬体重:508kg
★8/02(日)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m)石川裕紀人騎手 結果12着

「『速い流れに対応できなかった』というのがレース後のジョッキーコメント。稽古では動ける馬ですし、能力的にこのクラスでやれないとは思えない。南関東でも自分の形で競馬できないと脆い面を見せていましたし、今日はそういった揉まれ弱さが影響したかもしれません」(尾形和幸調教師)

※「タイムオーバーによる出走制限」のため、2020年9月02日まで平地競走に出走できません。
2020/7/30 (札幌競馬場)
☆8/02(日)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m)石川裕紀人騎手

29日(水)に札幌競馬場のダートコースで5ハロン70.2-54.2-39.8-12.8を単走で馬ナリに追い切りました。「札幌競馬場に到着してからも変わらずいい雰囲気を保てています。水曜日の最終追いではパワフルな脚捌きを披露し、体の張りも上々。接着装蹄で心配していた左前の蹄もいまのところ問題なさそうですね。JRA再転入初戦の今回、ミスティネイルがどれくらいの走りを見せてくれるのか私自身も非常に楽しみにしている。ある程度前々のポジションから競馬を進めるよう石川には指示を出すつもりです」(尾形和幸調教師)
2020/7/24 (札幌競馬場)
19日(日)に坂路コースで4ハロン61.9-45.4-30.2-14.8を単走で馬ナリに追われ、22日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.3秒追走して併せ、53.7-39.0-25.1-12.1を強めに追い切りました。「水曜日の追い切りはミスティネイルが約2馬身ほど追走する形。力強い脚捌きを披露し、楽な手応えを保ったまま併せた相手を圧倒する内容でした。稽古はかなり動きます。左前の蹄がぺたっとしていて平たく、釘付装蹄が困難で接着装蹄(蹄壁補修材を用いて固定する)とさせていただきましたが、脚元に関しても今のところ問題はなさそう。本日、札幌競馬場に無事到着しています。来週組まれている土日どちらかのダ1700m戦に向かう予定です」(尾形和幸調教師)
2020/7/17 (美浦トレセン)
12日(日)に坂路コースで4ハロン57.2-41.9-27.9-14.0を単走で馬ナリに追われ、15日(水)にも坂路コースで4ハロン54.2-39.8-26.0-12.6を単走で馬ナリに追い切りました。「ゲート試験は問題なく今朝合格しています。落ち着いて枠入りできましたし、駐立もちゃんと我慢が利いていました。飛び出しの反応自体はマズマズでしたが、気になるような癖も特にありません。稽古の感じからやや一本調子な走りではあるものの、ストライドが大きく、パワーで押し切るタイプだと思います。来週23日(木)に札幌競馬場に移動を予定。開催二週目(8/01.02)の番組を目標にしていきましょう」(尾形和幸調教師)
2020/7/10 (美浦トレセン)
松風馬事センターで調整され、9日(木)に美浦・尾形和幸厩舎に入厩しました。

「雄大な馬格で見栄えのする馬ですよね。今朝の稽古で動きを確認したところ、若干まだ緩くて大味なところはあるものの、走りがパワフルでいい感じに映りました。戦績からミスティネイルに一番合いそうなダ1700mの番組が豊富に組まれていますし、洋芝も適性を試してみたいので、1回札幌開催(7/25~)に向かう予定です。まずは来週チャチャチャっとゲート試験をパスさせて、追い切りを重ねていきたいと思います」(尾形和幸調教師)
2020/7/3 (松風馬事センター)
馬体重:527kg
預託先は美浦・尾形和幸(オガタカズユキ)厩舎に決定しました。
早ければ来週に美浦トレセンに入厩し、1回札幌開催(7/25~)での出走に向けて進めていく予定です。

「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。来た時は歩様の硬さがありましたが、今は柔軟性が出てきました。部分的に痛んでいるところもなく、時間経過に準じて順調に進めることができています。今後は北海道に連れていくとのことで、来週には入厩する予定です。以前は左前肢帯が弱かったり、トモが緩いところがあったのですが、かなり良くなっています。体も大分纏まってきて感じは上々ですよ」(担当者)
2020/6/26 (松風馬事センター)
馬体重:525kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。通常メニューで運動を開始していますが、入場時にあった歩様の硬さや首の張り感は、乗ってみても屈撓のポイントにはまりづらいですね。以前と比べてトモの感じがしっかりしてきているなと思うのですが、基本大味っぽい感じがします。あれだけ使って勝ってきたので、以前より体幹やトモがしっかりしてきているなと思うのですが、地方だとこういう作りなのか、全体的に伸びている感じがします。ただ、他に大きな問題はありませんし、求めても受け入れてくれているところ。改善したいところも見つかったので、このまま進めていきたいと思っています」(担当者)
2020/6/18 (松風馬事センター)
★6/15(月)船橋・馬い!パセリをたべよう記念 C1(六)(七)(ダ1600m)森泰斗騎手 結果:優勝

本日18日(木)付でNARの馬登録を抹消し、JRAへの再登録をおこないます。
預託先は美浦の厩舎を予定しており、本日18日(木)に松風馬事センターに移動することとなりました。

「こちらで6戦を要しましたが、4勝を挙げることが出来ました。これで金沢での4連勝を合わせて通算8勝目です。きっちりとしたローテーションで出走してきたものの、昨年9月からずっと在厩調整が続いていましたので、多少なりともダメージや疲労が溜まっていることと思います。コンディションを整えて、中央競馬でのリベンジを図って欲しいですね」(山中尊徳調教師)
2020/6/15 (船橋競馬場)
馬体重:513kg
★6/15(月)船橋・馬い!パセリをたべよう記念 C1(六)(七)(ダ1600m)森泰斗騎手 結果:優勝

「見事にマッチレースを制し、8勝目を挙げることが出来ました。相手も相当に渋太かったですが、よくぞ競り勝ってくれましたね。そのうえ3着馬を8馬身離してますよ。最終追い切りの時計が示す通り、具合に関しては太鼓判を押せるデキでした。またそれ以上に、ここまでの全レースで手綱を取ってくれている森泰斗ジョッキーの落ち着いた騎乗のおかげですね。完璧なレース運びだったと思います。勝ち時計(1:42.9)も申し分ないですね」(山中尊徳調教師)
2020/6/12 (船橋競馬場)
「当初からの予定通り、来週6/15(月)船橋・馬い!パセリをたべよう記念 C1(六)(七)(ダ1600m)に向かいます。鞍上は森泰斗ジョッキーに打診中ですよ。先週の6/6(土)に4ハロン52.6-39.4、昨日6/11(木)には同じく4ハロン48.9-36.0での追い切りを消化しました。特に昨日はテンからビッシリと追うこともなく持ったまま、好時計以上の破格の時計と言ってもいいのではないでしょうか。ここに来てしっかりしてきたのか、ミスティネイルの成長力の為せる業なのか。いずれにしても、8勝目に向けて状態は万全です」(山中尊徳調教師)
2020/6/5 (船橋競馬場)
「3回船橋開催(6/15~)での出走に向けて、明日6/6(土)の追い切りを予定しています。来週の追い切り分も含めてあと2本追えますので、余裕を持った調整が出来ますね。日中の気温が高くなっており、大型馬なので多少の心配はありましたが、牝馬ということもあって、コンディションを崩したりなど、体調面の変動はなさそうですよ」(山中尊徳調教師)
2020/5/29 (船橋競馬場)
「先週5/23(土)に4ハロン57.8-42.3を馬ナリで、本日5/29(金)にも4ハロン55秒を切るところを追い切っています。最後までしっかりとしたフットワークを維持、力強くゴールまで駆け抜けていきました。この中間もバテるようなことはなく、3回船橋開催(6/15~)での出走に向けて、至極順調に過ごせていると思いますよ」(山中尊徳調教師)
2020/5/22 (船橋競馬場)
「この中間は普通キャンターに終始。その効果もあって、前走からの疲れは抜けたようですね。硬さも取れてきました。しっかりとした飼い葉食いに支えられて、コンディションは安定していますので、明日23日(土)に15-15を少し切る追い切りを予定しています。3回船橋開催(6/15~)に向かいたいと思います」(山中尊徳調教師)
2020/5/15 (船橋競馬場)
「変わらず飼い葉を完食していますので、元気な証拠ですね。コンディションは問題ないと思います。ただ今回はこれまでのレース後以上に、硬さが残っている印象を受けますね。次走を予定している3回船橋開催(6/15~)までは、ちょうど1ヵ月近くあります。筋肉疲労の回復の時間がしっかりと残されているので、心配はしていません。汗をかきやすい時季になって、血流等も促されるでしょうからね」(山中尊徳調教師)
2020/5/8 (船橋競馬場)
★5/04(月)船橋・C1(四)(五)(六)(ダ1600m)森泰斗騎手 結果6着

「今回の結果次第では中央復帰の予定があり、会員の皆様のご期待が高かったろうことを考えると本当に申し訳ないです。昇級初戦、外々を回りそのうえ時計が速かったことが大きな敗因でしょう。このクラスではミスティネイルでも展開に左右されてしまい、少しのロスやアクシデントが致命的になるということがわかりました。とはいえ、勝ち馬とは1秒の差もなく、引き続き勝ち負けを期待できると思います」(山中尊徳調教師)
2020/5/4 (船橋競馬場)
馬体重:516kg
★5/04(月)船橋・C1(四)(五)(六)(ダ1600m)森泰斗騎手 結果6着

「大外枠がこたえました。そのうえスタートで後手を踏んでしまったのも痛かったですね。鞍上の森泰斗ジョッキーは『速い流れを外々で追走したために、上手く脚を溜めることが出来ませんでした。もう少しペースが落ち着いて、時計が掛かる展開であれば、結果は違っていたはずです。そういう意味でも1500mよりは1600m戦の方が合うと思っていたのですが。最後の直線ではガス欠のような状態で、完全に伸び切って走っていました』と話していました」(山中尊徳調教師)
2020/5/1 (船橋競馬場)
「来週の開催初日、5/04(月)船橋・豊四季賞 C1(四)(五)(六)(ダ1600m)での出走を予定。それを逆算して、昨日30日(木)に5ハロンから66.4-49.8-37.4を強めに追い切りました。同格C1クラスの同厩馬との併せ馬でしたが、1馬身先着してのゴール。手応えもこちらの方が余裕がありましたよ。鞍上はもちろん森泰斗ジョッキーですし、ジョッキーのオススメであるマイル戦。8勝目を挙げて、無事に卒業といきたいところです」(山中尊徳調教師)
2020/4/24 (船橋競馬場)
「明日25日(土)に2回船橋開催(5/04~)での出走を見据えての1週前追い切りを予定しています。元気一杯、至って順調といったところです。次走で金沢競馬での初戦から数えて11戦目になりますが、調子落ちは見られず、むしろ状態が上がってきているように映りますよ。きっちりとローテーションを守って出走してきた賜物なのでしょうか」(山中尊徳調教師)
2020/4/17 (船橋競馬場)
「本日17日(金)に4ハロン56.5-42.7を馬ナリで追い切っておきました。2回船橋開催(5/04~)まであと2本は追えますので、今日のところはこれで十分でしょう。自分からハミを取っていましたし、活気がみなぎってきている印象。この調子を本番までキープしていきたいですね」(山中尊徳調教師)
2020/4/10 (船橋競馬場)
「来月の2回船橋開催(5/04~)の1600m戦を目標にすることにしました。普通キャンターでの乗り込みを進めながら、来週末に速いところをやる予定です。毛ヅヤが一段と良化していますし、馬体の張りも落ちませんね。具合のいい証拠ですよ。C1クラスに昇級するものの、引き続き楽しみにしていてください」(山中尊徳調教師)
2020/4/3 (船橋競馬場)
★3/30(月)船橋・のえるはペルちゃんの抹殺を企む C2(三)(四)(ダ1500m)森泰斗騎手 結果:優勝

「今回で4戦続けての騎乗となった森泰斗ジョッキーが、ダラダラとワンペースになってしまう弱点を熟知している点が非常に大きいと思います。連勝がストップしてしまったもののリベンジに成功、これでまた勢いに乗れるのではないでしょうか。ただ、今回の勝利でC2クラスを通過してしまったので、次走はC1クラスでの昇級初戦となります。C1クラスの下の組とはいえ、より一層メンバーは骨っぽくなりますね。2回船橋開催(5/04~)の概定番組によるとマイルの1600m戦が組まれていますので、是非ともそこを狙っていきたいですね」(山中尊徳調教師)
2020/3/30 (船橋競馬場)
馬体重:523kg
★3/30(月)船橋・のえるはペルちゃんの抹殺を企む C2(三)(四)(ダ1500m)森泰斗騎手 結果:優勝

「これが鞍上の森泰斗ジョッキーの真骨頂だと思います。南関東競馬の圧倒的なリーディングジョッキーたる所以でしょう。前走の敗戦を糧に、しっかりと修正してきてくれましたね。無理に先行争いには加わらず4番手につけ、ミスティネイルのリズムを大事に脚を溜めながら、レースの流れをきっちりと読んでいました。直線で先頭に立って抜け出してからも、最後まで気を抜かせないように工夫してくれていましたね。おかけで7勝目を挙げることが出来ましたよ」(山中尊徳調教師)
2020/3/27 (船橋競馬場)
「本日27日(金)に5ハロンから追い切り、69.3-50.9-37.2という時計でした。気合をつけたらグンと加速して、上り3ハロン37秒台前半が出ましたね。これなら本番でも問題なく動けると思いますし、自身の持っている力を十二分に発揮できるでしょう。来週の3/30(月)船橋・のえるはペルちゃんの抹殺を企む C2(三)(四)(ダ1500m)に森泰斗ジョッキーで向かいます。1600m戦が自己条件にあればベストだったのですが、こればかりは仕方がありません。頼もしい鞍上の手腕でカバーしてもらいましょう。前走で残念ながら連勝が途切れてしまったものの、その鬱憤を晴らせるような快走を期待していますよ」(山中尊徳調教師)
2020/3/19 (船橋競馬場)
「飼い葉食いの量も落ちることなく、この中間のコンディションも至って良好ですね。当初からの予定通り、再来週の13回船橋開催(3/30~)、1回船橋開催(4/01~)に向かいましょう。連勝が止まってしまったことは残念ですが、引き続きこのC2クラスでも勝負になることはわかっていますので、次こその気持ちでいます」(山中尊徳調教師)
2020/3/13 (船橋競馬場)
★3/11(水)船橋・C2(四)(五)(ダ1500m)森泰斗騎手 結果3着

「枠の有利不利はレース結果を大きく左右する要因ですが、とはいえ、ここも決めたかったですね。C2クラスに昇級しての初戦でつまづいてしまいましたが、時計的には通用するものだったと思います。ただ、ここをあっさりと通過するには1分36秒台で走破しなければならないのも事実。中2週で1回船橋開催(3/30~)を予定したいと思いますが、次走が今後のカギを握りそうですね」(山中尊徳調教師)
2020/3/11 (船橋競馬場)
馬体重:525kg
★3/11(水)船橋・C2(四)(五)(ダ1500m)森泰斗騎手 結果3着

「鞍上の森ジョッキーからは『内枠だったら、もっと際どかったかもしれませんが、前走の1600mの方が合っていますね。今日の1500mは忙しい印象を持ちました。脚が溜まるところがなかったです』とのこと。1、2着馬との差はほとんどないのですが、連勝がストップしてしまいました。申し訳ありません」(山中尊徳調教師)
2020/3/6 (船橋競馬場)
「来週の3/11(水)船橋・C2(四)(五)(ダ1500m)に森泰斗ジョッキーで予定しています。先週2月29日(土)に3ハロン39.9秒を強めに追い切っていますし、出走日から逆算して明日7日(土)に最終追い切りをおこない、出走態勢を整えていきましょう。C2クラスでの昇級初戦となりますが、ここまでの勝ちっぷりや時計面から、いきなりから通用しても不思議ないと思います。7連勝、決めたいですね」(山中尊徳調教師)
2020/2/28 (船橋競馬場)
「12回船橋開催(3/10~)での出走に向けて、この中間も順調に調整中です。まずは明日29日(土)と来週のいずれかのタイミングで追い切って、本番に臨みましょう。寒暖の差が激しいですが、飼い葉食いが落ちないのが本当に助かりますし、それがミスティネイルの最大の強み。すっかり左前肢の張りも引きましたし、ここから一気にペースアップしていきます」(山中尊徳調教師)
2020/2/21 (船橋競馬場)
★2/14(金)船橋・ホテル旅館洗剤専門店・スリーエス3S賞(C3特選一・ダ1600m)森泰斗騎手 結果:優勝

「まずは6連勝を達成できて、ホッとしたというのが正直なところでしょうか。レース後の体調そのものはこれまでと変わらない感じで問題ありませんが、左前肢に少し張りが見られますね。普段から左前肢を振って歩くところがあるのですが、それが原因で負担が掛かったのでしょう。ただ、中3週の12回船橋開催(3/10~)での出走に関しては大丈夫ですよ。このまま継続してこちらでの続戦が決まったことですし、左前肢の状態にしっかりと気を配りつつ、仕上げていきます。C2に昇級し、ここからが正念場。7連勝を飾りたいですね」(山中尊徳調教師)
2020/2/14 (船橋競馬場)
馬体重:528kg
★2/14(金)船橋・ホテル旅館洗剤専門店・スリーエス3S賞(C3特選一・ダ1600m)森泰斗騎手 結果:優勝

「テン良し、中良し、終い良しでしたね。鞍上の森ジョッキーとの息もピッタリで、ゴーサインへの反応も良く、直線の伸び脚は非常にしっかりとしたものでした。これで金沢4勝、川崎・船橋2勝を合わせて6連勝です。ミスティネイルと同じパターンでこちらに転入してきた2番の馬との一騎打ちムードでしたが、終わってみれば2着以下に1秒4差をつける圧勝劇でした。走破時計も優秀ですよ」(山中尊徳調教師)

今後について、引き続き南関東競馬・山中尊徳厩舎に在籍のまま、中央競馬1勝クラスでの再登録(1着本賞金合計500万円以下)、同時に南関東競馬再転入要件(5歳:通算8勝)を満たすことを目標といたします。
2020/2/7 (船橋競馬場)
「予定通り、来週2/14(金)船橋・ホテル旅館洗剤専門店・スリーエス3S賞(C3特選一・ダ1600m)に向かいます。中1週ですので、最終日に組まれたのは大きいですね。10日(月)に軽めのものですが、サッと追い切れますからね。登録の段階での想定ですが、骨っぽいメンバーになりそうですよ。まずはしっかりとミスティネイルの力を最大限に出し切れるよう調整して、その結果、6連勝を飾ることが出来れば最高ですね」(山中尊徳調教師)
2020/1/31 (船橋競馬場)
★1/28(火)川崎・C3 六七八(ダ1400m)森泰斗騎手 結果:優勝

「まずはレース後から今日まで、馬体、歩様ともに問題ありませんね。中1週で自場11回船橋開催(2/10~)を予定しています。とにかく、飼い葉を残さず食べてくれるので、本当に助かりますよ。しっかりと負荷を掛けた調整メニューが組めますからね。次までに馬体も締まってくるはずです。上位の組になり、メンバーは強力になっていくものの、再度C3クラスでの出走になりますので、次も落としたくないですね」(山中尊徳調教師)
2020/1/28 (川崎競馬場)
馬体重:527kg
★1/28(火)川崎・C3 六七八(ダ1400m)森泰斗騎手 結果:優勝

「ゲートが開くギリギリまで隣の馬がうるさくて、それにつられてワンテンポ遅れてのスタートになってしまいました。不良馬場ということもあって出ムチを入れ、なかば強引に鞍上の森泰斗ジョッキーがよくぞハナを取り切ってくれたと思います。前走の金沢戦から2ヵ月弱の出走間隔が空いたことと中1週の自場11回船橋開催(2/10~)での出走を見据えての調整で、幾分余裕残しで造ったので、最後の直線でフラついたようですが、2着馬の追い上げをよくしのいでくれましたよ。追い切り時に、並ばれたらいい勝負根性を見せるとは思っていましたが、よく持ちこたえてくれました。これで5連勝ですし、転入初戦を勝利で飾ることが出来てホッとしています。次はもっと良くなるでしょうし、勝って兜の緒を締めたいと思います」(山中尊徳調教師)
写真
2020/1/24 (船橋競馬場)
「先週18日(土)に5ハロン68.1-52.8-39.3を強めに、本日24日(金)にも65.8-51.5-38.3を一杯に追い切っています。出走申込をしてある来週からの13回川崎開催(1/27~)での出走の場合でも、力を出せるデキに持ってこれましたね。冬毛が伸びてこないところを見ると、内臓などの器官を含めた中身が充実していると思いますし、コンディションがすこぶる良好なのでしょう。除外の可能性も十分考えられますが、その場合にはもちろん地元の11回船橋開催(2/10~)に向かいたいと思います」(山中尊徳調教師)
2020/1/17 (船橋競馬場)
「12日(日)に4ハロン54.6-40.8を追い切りました。自分からハミを取ってヤル気を見せてくれて、好感の持てる内容でしたね。11回船橋開催(2/10~)での出走に向けて順調ですし、天候次第ですが、明日も追い切りを予定しています。コンディションアップが見て取れれば、13回川崎開催(1/27~)での出走に予定を繰り上げることも検討しましょう」(山中尊徳調教師)
2020/1/10 (船橋競馬場)
「年明け4日(土)に4ハロン56.0-42.0を追い切りました。こちらでの初時計となったわけですが、疲れも取れてきているようで、入厩直後から比べると、走りのフォームが良くなった印象を受けますね。走る気力も感じるようになりました。このままこの雰囲気をキープしながら、上げ潮に乗せていきたいですね。あと2~3本やれば、11回船橋開催(2/10~)での出走態勢は十分に整うと思います」(山中尊徳調教師)
2019/12/27 (船橋競馬場)
「こちらの環境に慣れてきて落ち着いていますし、飼い葉もしっかりと食べてくれています。ただ、元気がないわけではないのですが、なかなか疲れが取り切れていない様子。牝馬ということもあり、多少うるさいところを見せるはずがおとなし過ぎますし、トモもクタクタしている印象を受けますね。年末年始のいずれかのタイミングで強めの追い切りをおこなってみて、その動きとその後の状態で出走目標を定めたいと考えています」(山中尊徳調教師)
2019/12/20 (船橋競馬場)
15日(日)に船橋競馬場・山中尊徳厩舎に入厩しました。

「牝馬ながら500kgを超す馬体重を誇るように、馬っぷりが非常にいいですね。飼い葉食いも旺盛で、手がかかりません。一通りこちらでのスクーリングを終えて、削蹄も終えたところです。ただ、この半年休みなくきているので、さすがに背腰に疲れが見られますね。来年の10回船橋開催(1/07~)を目標に調整を進めていくプランですが、状態次第で11回船橋開催(2/10~)にスライドさせてください。まだ速いところをやっていませんし、手探りな状況ではありますが、金沢に続きこちらの南関東競馬も通過点に出来ればと考えております。厩舎スタッフ一同、頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします」(山中尊徳調教師)
2019/12/13 (金沢競馬場)
★12/08(日)金沢・C1 四(ダ1500m)中島龍也騎手 結果:優勝

4勝目を挙げ、南関東競馬転入条件(年内本賞金100万円以上)を満たしました。
このレースを最後に金沢競馬から南関東競馬への転入をおこないます。
預託先は船橋競馬・山中尊徳(ヤマナカタカノリ)厩舎を予定しており、15日(日)に船橋競馬場に移動することになりました。

「こちらに来た当初は、酷暑のため夏負け気味の状態で、シェイプアップしなければいけないことはわかりつつも、運動をセーブする日がありました。それが、涼しくなって体への負担が軽減したのか、日に日に元気になって、うるさいくらいに変わりました。そこからでしょうか、連勝街道が始まりましたね。大型馬ということもありますが、使いつつ状態が上がり、成績が伴ってきたベストに近い形。現状、脚元などこれといった不安要素もなく、無事に手元から送り出せると思いますし、ここまでの流れからも感慨深いものがありますね。競馬を覚えてきて自信がついてきているので、南関東競馬のレベルにも対応してくれるものと思います。新天地での活躍を応援しています」(高橋優子調教師)
2019/12/8 (金沢競馬場)
馬体重:518kg
★12/08(日)金沢・C1 四(ダ1500m)中島龍也騎手 結果:優勝

「スタートから不良馬場を逆に味方にして、あっさりと逃げ切り勝ちを決めることが出来ました。本当に力を付けてきていますね。鞍上の中島ジョッキーからは『前走より楽でしたよ』と頼もしいコメント。コンディションは良かったものの、昇級初戦の1500m戦ですし、骨っぽいメンバーもいたので、正直なところ半信半疑でした。4連勝は本当に立派です」(高橋優子調教師)
2019/12/6 (金沢競馬場)
☆12/08(日)金沢・C1 四(ダ1500m)中島龍也騎手

「明後日8日(日)で出走が確定しています。状態面はいい意味で平行線をキープしていますが、なんだか相手が揃いましたね。クラスが一つ上がっていますので、これまで戦ってきたメンバーとはひと味もふた味も違います。テンからラップが違ってくるので、そう簡単にハナは取り切れないでしょうし、展開も厳しくなってくるでしょう。もちろん対応して欲しいと思っています。これまでの経験を糧に前進あるのみです」(高橋優子調教師)
2019/11/29 (金沢競馬場)
「来週19回金沢開催3日目の12/08(日)金沢・C1 四(ダ1500m)に入りました。鞍上は前走で勝利を挙げてくれた中島龍也ジョッキーを予定しています。C1クラスに昇級、当地2戦目で3着に敗れた1500m戦。試金石の一戦と位置付けていいと思います。うるさいくらいに元気一杯、状態面に不安はありません。4連勝といきたいものですね」(高橋優子調教師)
2019/11/22 (金沢競馬場)
★11/19(火)金沢・C2 三(ダ1400m)中島龍也騎手 結果:優勝

「レース後、脚元を含めた馬体に異常はなく、大きくコンディションを崩していることもありませんね。本当にしっかりとしてきました。8月末にこちらに来た時と比べると、雲泥の差、ウソのようです。明日から馬場入りしますが、多少うるさくはなってきていますね。泣いても笑っても年内残り2開催。あと2勝を積み上げ、有終の美を飾れるよう、しっかりと調整していきましょう」(高橋優子調教師)
2019/11/19 (金沢競馬場)
馬体重:520kg
★11/19(火)金沢・C2 三(ダ1400m)中島龍也騎手 結果:優勝

「出ムチを入れて気合いをつけ、ハナを主張しました。その後、上位人気馬達にマークされる形となりましたが、よくぞしのいでくれましたね。4角で後続を振り切った中島ジョッキーの騎乗も見事でしたし、『2着馬が追い込んできた際にもしっかりと反応してくれた』と中島ジョッキーのコメント。一瞬ヒヤッとしましたが、終わってみれば走破時計は自己最速(1:31.3)でした。内容的には完勝と言ってもいいのではないでしょうか。3連勝を飾ることが出来て良かったです」(高橋優子調教師)
2019/11/15 (金沢競馬場)
「来週の11/19(火)金沢・C2(ダ1400m)を中島龍也ジョッキーで予定することとなりました。これまでの4戦でコンビを組んできた池田敦ジョッキーが、調教師試験を受ける関係で乗れないため、仕方ありません。引き続きコンディションは好調をキープしていますので、しっかりと力は出せるはずです。3連勝といきたいですね」(高橋優子調教師)
2019/11/8 (金沢競馬場)
★11/05(火)金沢・C2 六(ダ1400m)池田敦騎手 結果:優勝

「こちらで続戦することが決まり、火曜日のレース後も特に変わりないことから、中1週で18回金沢開催(11/18~)に向かうことにしました。次で5戦目になりますし、レース間隔も詰まっているため、あまり強い調教を課さなくても出走態勢は整うと思いますが、3連勝を目指して抜かりのない仕上げで臨む考えです」(高橋優子調教師)
2019/11/5 (金沢競馬場)
馬体重:519kg
★11/05(火)金沢・C2 六(ダ1400m)池田敦騎手 結果:優勝

本馬はJRAへの再登録要件(年内2勝以上)を満たしましたが、南関東競馬転入条件(年内本賞金100万円以上)を目標として、このまま高橋厩舎に在厩し続戦することとなりました。
なお、12月27日の金沢競馬開催終了の時点で、3歳での条件を満たすことが出来なかった場合は、他場に移籍して、南関東競馬転入(通算6勝以上)を目標といたします。

「今回で4走目になりますが、パドックでは今までで一番テンションが高かったので、多少心配していました。ただ、それも全くの杞憂に終わり、しっかりと力を出してくれましたね。スタートを決めてハナに行った分、外からのプレッシャーはキツかったと思います。それでも勝負処からギアを上げて、直線で後続を突き放し、2着馬に1.3秒差をつけてくれました。馬体重の数字にも表れていますが、重苦しさが一戦毎に抜けてきている印象を受けます。また、きっちりと学習してレースそのものを覚えてきましたね。2連勝を決めることが出来てまずは一安心といったところですが、まだまだ良くなる余地が十分にあると思いますよ。今回で卒業資格は得ましたが、もう少しキャリアを積んで一歩ずつステップアップしていきながら、南関東競馬から最終的に中央への再登録を検討したいというクラブサイドの意向で、続戦することとなりました。もうしばらくお付き合いさせていただくことになりましたので、改めましてよろしくお願いいたします」(高橋優子調教師)
2019/11/1 (金沢競馬場)
「来週の11/05(火)金沢・C2 六(ダ1400m)を池田敦ジョッキーで予定しています。前走を勝ったことでこれまで戦ってきたメンバーからとは、もちろん一枚も二枚も上になりますが、勝ちっぷりからすると即通用してもおかしくないと思いますよ。普段から跨っている鞍上も、状態に関しては自信を持って臨むと言っていますし、ポンポンと連勝を決めたいですね」(高橋優子調教師)
2019/10/25 (金沢競馬場)
★10/20(日)金沢・C2 十三(ダ1400m)池田敦騎手 結果:優勝

「前走からまだ1週間が経っていませんが、シャキシャキとした歩様を見せてくれています。絞れたこともあるのでしょうが、素軽くなった印象を受けますね。そういう意味でも、今回の1勝は大きかったのではないでしょうか。中1週で17回金沢開催(11/03~)を予定しています。連勝を飾れるよう、気を引き締めてしっかりと調整していきます」(高橋優子調教師)
2019/10/20 (金沢競馬場)
馬体重:521kg
★10/20(日)金沢・C2 十三(ダ1400m)池田敦騎手 結果:優勝

「先手は奪えませんでしたが、2番手追走で早目に動き、4角先頭の競馬。直線に入って後続馬を一気に突き放し、その後も脚色が衰えることなく、2着馬に5馬身差をつける圧勝でしたね。この不良馬場の走破時計1:31.5も優秀な方だと思います。何はともあれ、前走から10kg減まで絞れましたからね。夏負け気味の状態でお預かりしてから今回まで3戦を要しましたが、なんとか初勝利を挙げることが出来て、本当にうれしいです」(高橋優子調教師)
2019/10/18 (金沢競馬場)
☆10/20(日)金沢・C2 十三(ダ1400m)池田敦騎手

「20日(日)の第2レースの2枠2番で確定しましたね。当地3戦目ですし、着順を上げてきていますから、なんとか決めたいところです。ビシッとした追い切りは必要ないので15-15を切るところをサッとおこないましたが、随分と素軽さが目立つようになってきました。いい方向に変わってきた手応えを実感していますよ。もう一絞りして本番に臨みましょう」(高橋優子調教師)
2019/10/11 (金沢競馬場)
「これまでと同じ運動量をこなしていても、発汗しづらい季節になってきましたね。ですので、飼い葉の種類や量を微調整しながら、太らせないよう注意して調整しています。引き続き順調にいけば、16回金沢開催(10/20~)に向かいたいと思います」(高橋優子調教師)
2019/10/9 (金沢競馬場)
馬体重:531kg
★10/09(水)金沢・C2 十五(ダ1500m)池田敦騎手 結果3着

「前走の上積みからパドックで落ち着いていたので、折り合い面の心配はしていませんでした。先手を主張する馬もいなかったですし、自然とハナに立つ形になりましたが、手の内に入れている鞍上の池田ジョッキーがマイペースに持ち込み、上手く向正面まで進めてくれたと思います。一気にスピードアップする勝負処で手応えが一瞬怪しくなったようですが、そこから渋太かったですね。重馬場にも対応できましたし、粘り強い走りでした。やはりこの1400m前後の距離が合っているようですね」(高橋優子調教師)
2019/10/4 (金沢競馬場)
「来週10/09(水)金沢・C2(ダ1500m)を予定しています。この中間、大分うるさくなってきましたね。その分、動きも良くなっていますよ。涼しくなって元気が出てきた証拠でしょう。次走は距離を延長しての1500m戦。前走(900m)はさすがに忙しい印象を受けました。今回は叩き2戦目ということもあり、試金石の一戦となるでしょうね」(高橋優子調教師)
2019/9/27 (金沢競馬場)
★9/23(月)金沢・C2 十六(ダ900m)池田敦騎手 結果5着

「こちらでの初戦(1R)の後の3Rから中止になったように、暴風の中で良く頑張って走ってくれました。急仕上げの感があった後なので、多少心配しましたが、ガタガタにはなっていませんね。コズみのような馬体に硬さも見られませんし、歩様もそれなりです。この状態であれば15回開催(10/08~)を目指しても問題ないと思います。来週から乗り込みを進めて、絞っていきましょう」(高橋優子調教師)
2019/9/23 (金沢競馬場)
馬体重:536kg
★9/23(月)金沢・C2 十六(ダ900m)池田敦騎手 結果5着

「スタートで少し置かれて、前を行く馬のキックバックの砂を被ってしまって。頭を上げて嫌がり、ブレーキが掛かるような感じになってしまったのが、もったいなかったですね。やはり、この距離は忙しそう。1400~1700m戦への出走で前進が見込めそうですね。コンディションも夏負け後の良化途上といったところで、16kg増の馬体重も次は絞れてくるでしょうし、もっと動けるようになると思います。まずは、こちらへの転入初戦を入着という形で無事終えられて一安心しました」(高橋優子調教師)
2019/9/20 (金沢競馬場)
☆9/23(月)金沢・C2 十六(ダ900m)池田敦騎手

「古馬との混合クラスですが、3歳だけの9頭立てで組まれましたね。これまでの出走過程からは、ミスティネイルにとって900mという距離は決して適性ではないかもしれません。ただ、この距離でビシッと追われることで、気持ちもピリッとしてくるでしょうし、その上積みは大きいと考えており、それが必ず今後に生かされるはずです。まずはこの距離でどういった走りが出来て、どこまで対応できるか、そしてどこまで通用するか。もちろん期待して送り出しますよ」(高橋優子調教師)
2019/9/13 (金沢競馬場)
「先週から比べると良くなってきましたよ。随分と脚が上がるようになりましたし、頼りなかったキャンターもしっかりとしてきた印象を受けます。ここまでは夏負けの影響もあってか良化度がスローですが、乗り込み量を増やしてきたことで、ピリッとして気も入ってきました。14回開催(9/23~)での出走が具体的に見えてくるよう、ピッチを上げていきましょう」(高橋優子調教師)
2019/9/6 (金沢競馬場)
「こちらがまだまだ暑いことが影響していると思いますが、おとなし過ぎるんですよね。息遣いの良化が見られませんし、脚が上がらない。シャキッとして欲しいというのが素直な感想です。ただ、馬っぷりの良さは目立ちますし、もう少し絞り込んでいけばガラッと変わりそうな雰囲気も感じています。先週から変わらず、9月内の出走を大目標にして調整を進めていきます」(高橋優子調教師)
2019/8/30 (金沢競馬場)
愛知ステーブル小松分場で順調に調整され、28日(水)金沢競馬・高橋優子厩舎に入厩しました。

「昨日は自分が、今日はジョッキーが騎乗しました。まだ夏負けの影響を引きずっているような印象を受けますね。常歩、ダクともにコトコトしています。少し太めということもありますので、長めをゆったりと乗りながら全体的な良化を図りましょう。ここから涼しくなってコンディションも整うでしょうし、9月内の開催でのデビューを目指したいと思います。まずは初勝利を挙げられるよう厩舎スタッフ一同、懸命に取り組んでまいりますので、よろしくお願いいたします」(高橋優子調教師)
2019/8/23 (愛知ステーブル小松分場)
馬体重:532kg
「現在は角馬場をダクとハッキングキャンターで10~15分、坂路コースを1本のメニューで調整中です。お盆を過ぎて涼しくなってきたこともあり、大分状態が上向いてきました。体重が増加傾向にあるように、疲れも抜けてきたようで体調面も良くなってきましたよ。この感じであれば大丈夫そうなので、来週から坂路での調教を2本に増やして、再来週には入厩の目処を立てたいと考えています」(担当者)
2019/8/16 (愛知ステーブル小松分場)
馬体重:512kg
「現在は1周40mのプールで8周程度泳ぐ調整をおこなっています。プール調教にも慣れて、大分リフレッシュしてきた感じですが、今週いっぱいは現状のメニューにとどめて、来週から乗り出していこうと考えています。暑さもかなり厳しくて今週半ばまで35度を超えていたくらい。免疫が弱って四肢が浮腫んだりするようなところまではきていませんが、夏バテ気味です。体重がレース時より落ちているのが少し心配なところです」(担当者)
2019/8/9 (愛知ステーブル小松分場)
馬体重:516kg
「現在はパドック放牧とウォーキングマシン1時間の運動にとどめています。金沢もかなり暑く、明らかに夏バテしているのが分かる状態なので、まずはリフレッシュさせたいと思います。そのためにプール調教を取り入れたいと考えているので、練習をおこないながら進めていますよ。今週末から本格的にプール調教を始めて、再来週くらいから騎乗運動に移行する予定を組んでいます。あと3週間くらいで入厩の目処を立てたいですね」(担当者)
2019/8/2 (愛知ステーブル小松分場)
馬体重:518kg
「現在はパドック放牧とウォーキングマシン1時間の運動にとどめています。到着後はそれほどでもなかったんですが、少し楽をさせたらドッと疲れが出てきた感じがします。目の周りが黒ずんでいるので、急激に暑くなった影響もあってバテ気味なんだと思います。近々プールに入れることを視野に入れて、今練習しているところです。高橋調教師は到着した翌日に見に来ていて、問題ないようなら入厩を考えると言われています。疲れが取れたら騎乗運動を開始しようと考えています」(担当者)
2019/7/24 (愛知ステーブル小松分場)
★7/20(土)福島・3歳未勝利(ダ1700m・牝)柴田大知騎手 結果12着
この後は石川県・愛知ステーブル小松分場で調整することになり、本日24日(水)に移動しました。

現状を踏まえて清水英克調教師と協議をおこなった結果、本日24日(水)付で中央競馬登録を抹消して、地方競馬に移籍することになりました。デビューから3戦、ここまで思うような成績は残せていませんが、まだ今後の伸びしろを多分に期待できると判断してのものです。
今後については馬体回復を図った後、金沢競馬・高橋優子厩舎から始動して、採算性等を考慮した運用継続(規定の条件を満たした際のJRA再登録を含む)をおこないます。

「初騎乗の大知も返し馬では好感触を掴んでくれたみたいですが、久々の競馬が影響したようですし、まだレース経験も浅く、実戦だと能力をフルに発揮できていない印象。何とか出走制限だけは回避してもう一回使えれば、今回とは違った結果が得られたようにも思います。せっかくお預かりする機会をいただいたのに、ご期待に添えず申し訳ありません。大型馬でも脚元は丈夫そうですし、地方でキャリアを重ねつつ全体的な緩さが解消されてくれば、もっと走れる馬。ミスティネイルの新天地での活躍を心より願っています」(清水英克調教師)
2019/7/20 (福島競馬場)
馬体重:520kg
★7/20(土)福島・3歳未勝利(ダ1700m・牝)柴田大知騎手 結果12着

「スタートしてから2~3完歩目が他馬より遅いので、置かれてしまいました。そこからどうしても追い通しで、追走で手一杯になってしまうのでワンペースになってしまいますね。大型馬でキャリアも少ないゆえ、全体的なユルさがまだまだ残っています。ただ、返し馬の走りからはやれそうな印象を受けましたし、今後の変わり身、伸びしろも期待できそうなのですが。今回に限って言えば、前半をマイペースでこなせる条件であれば、もう少し上の着順が望めたかもしれません」(柴田大知騎手)

※「3走成績による出走制限」のため、2019年9月20日まで平地競走に出走できません。
2019/7/18 (美浦トレセン)
☆7/20(土)福島・3歳未勝利(ダ1700m・牝)柴田大知騎手

14日(日)にPコースで5ハロンから併せ、66.5-52.2-39.0-12.5を馬ナリに追われ、17日(水)にもPコースで5ハロンから併せ、68.4-52.9-38.5-12.5を馬ナリに追い切りました。「こちらがレース当該週ということもあるでしょうが、昨日の最終追い切りは併走馬が直線一杯に追われたのに対し、馬ナリで楽に動けていたように映りましたね。稽古を重ねる毎に良化が窺えますし、馬体に太め感もなくなって、このひと追いで力を出せる状態に仕上がったと見て良さそうです。結果が求められる時期でもあるため、今日の想定まで他2鞍あるダ1700mも検討しましたが、最終的にチャンスが大きいのは予定していた牝馬限定戦と判断しました。なお、先週時点から鞍上が変更になり、柴田大知騎手で投票させてもらっています。最後まで一生懸命に追ってくれるジョッキーですから、テン乗りでも特に心配はしていませんよ」(清水英克調教師)
2019/7/12 (美浦トレセン)
7日(日)に坂路コースで4ハロンから0.5秒先行して併せ、54.9-40.7-26.4-13.6を馬ナリに追われ、10日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.1秒先行して併せ、56.7-41.1-26.2-12.6を強目に追い切りました。「水曜日は終い重点に強目に追い切り。まだ体は若干太めですが、動きは馬格通り力強く映りました。今週末そして来週の最終追い切りで体もちょうどいい具合に仕上がると思いますし、聞いていたようにダートが向きそうな走りをしているので、予定通り牝馬限定のダ1700m戦に向かいましょう。鞍上は先週福島で初重賞Vと勢いのある菊沢一樹に依頼しています」(清水英克調教師)
2019/7/5 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、昨日4日(木)に美浦・清水英克厩舎に入厩しました。

「早速、今朝は北Cコースに入れて調教をおこないました。まだ体つきは太めですが、動き自体はそれほど重苦しいといった印象はなく、乗り込んでもっと絞れてくれば順調に良化してくれそうな気配が感じられました。福島最終週を目標に進めようと考えており、もうレースに使える回数も限られてきますので、いきなりからでも動けるよう態勢を整えていきましょう」(清水英克調教師)
2019/6/28 (松風馬事センター)
馬体重:542kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。腹回りの部分に少し長い毛が残っているものの、首や腰回りは大分毛艶が良くなってきました。動きもいい感じになってきましたよ。清水調教師からは来週トレセンに戻す予定と聞いています。ここまで時間が掛かりましたが、ようやく安心できるレベルになったと言えるでしょう」(担当者)
2019/6/21 (松風馬事センター)
馬体重:540kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。速めのところを取り入れて乗り込めているように、状態は以前と比べて間違いなく良くなってきました。この感じでいけば帰厩はそう遠くはないですし、清水調教師も定期的に見に来られているので、良化具合を肌で感じられていると思います」(担当者)
2019/6/14 (松風馬事センター)
馬体重:538kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間は体重が大幅に増加したように、ようやくきつい時期を乗り越えた感があります。この暑い中でもまだ冬毛が若干残っていますが、良化傾向にあるのは確かです。体付きも良くなってきましたし、帰厩に向けてあと2週間ほどで仕上げたいと考えています。今週来場した清水調教師にも、その旨は伝えてありますよ」(担当者)
2019/6/7 (松風馬事センター)
馬体重:525kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。先週末から騎乗運動を始めましたが、良いバランスで動けています。ただ体重が思っていた以上に減ってしまったので、ボディコンディションを上げることも考えながら進めていきます。体が増えてくる頃には帰厩できる態勢になっていると思います」(担当者)
2019/5/31 (松風馬事センター)
馬体重:535kg
「現在は20~30分の程度のロンジング運動で調整しています。左前の首から膝にかけて針治療の影響でボヤーッとしていますが、大分良化が窺えます。体の張りが出てきましたし、柔軟性も戻ってきた感じ。当面は現状のメニューで進めながら、騎乗運動への移行のタイミングを探っていこうと思います」(担当者)
2019/5/24 (松風馬事センター)
馬体重:533kg
「現在は20~30分程度の曳き運動のみにとどめています。先週から状態が落ちていましたが、先週末にガタッときてしまったので、回復を促すために針治療をおこないました。左側の首や右肩あたりに疲れが溜まっていたようで、治療で大分楽になった様子です。22日(水)まで舎飼で回復を待ち、昨日より運動を始めました。様子を見ながらになりますが、来週半ばからウォーキングマシンの運動で立ち上げ、ロンジング再開の予定で進めていきたいと考えています」(担当者)
2019/5/17 (松風馬事センター)
馬体重:524kg
13日(月)に茨城県・松風馬事センターに移動しました。

「現在は20分程度のロンジング運動のみにとどめています。輸送の疲れを取るために到着翌日はウォーキングマシンの運動で様子を見て、15日(水)から現在のメニューで進めています。前の育成場からの申し送りでは15ー15もやっていると聞いていたのですが、環境の変化に戸惑っているのか少し状態が落ちてきている感じがしたので、まずは元に戻すことを念頭に置いています。ところどろこに皮膚病が見られますし、まだ冬毛も残っているので本調子ではないんでしょうね。いい状態に持っていけるよう取り組んでいきます」(担当者)
2019/5/10 (山岡トレセン)
馬体重:516kg
今後の出走方針およびスケジュールについて河内洋調教師と協議した結果、ここで他厩舎に環境を変えて再出発を図ることになりました。
美浦・清水英克(シミズヒデカツ)厩舎への転厩が決定しています。
来週13日(月)に美浦近郊の松風馬事センターに移動予定で、この後は3回東京開催(6/01~)を目標に進めていく予定です。

「現在は周回700mのウッドコースをダクとハッキングキャンターで2100m、700mの坂路2本(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間より坂路も取り入れて乗り込んでいます。速いところを消化しながらビシビシやっていますが、へこたれることはありませんし、体も締まってきました。緩さは多少残りますが、脚元も問題あありません。いつでもトレセンに戻せる状態になったと思いますが、関東に転厩とのことで関東の育成場に移動するようなので、しっかりした状態で送り出せるように明日11日(土)にも15ー15をやっておきます」(担当者)
2019/4/26 (山岡トレセン)
馬体重:520kg
「現在は周回700mのウッドコースをハッキングキャンターで3000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。飼い葉をよく食べるからか太りやすいですね。今後は増やさないようにビシビシ進めていこうと考えています。脚元は問題ありませんし、疲れもないので真面目に走っていないような感じもしますが、少しでも良くして戻せるようにやっていきたいと思います」(担当者)
2019/4/19 (山岡トレセン)
★4/13(土)阪神・3歳未勝利(芝2200m・混)松山弘平騎手 結果18着
この後は岐阜県・山岡トレセンで調整することになり、17日(水)に移動しました。

「トモに力が付ききっていない現状では、鞍上の言うようにダートがベターなのかもしれない。とはいえ稽古通りならあんなに負ける馬ではないし、一旦立て直して巻き返したいと思います。坂路主体に緩めず本数を乗り込んでもらうよう、放牧先にも指示を出させてもらいました」(河内洋調教師)
2019/4/13 (阪神競馬場)
馬体重:518kg
★4/13(土)阪神・3歳未勝利(芝2200m・混)松山弘平騎手 結果18着

「今日はスタートが決まり、ある程度前のポジションを取りに行きました。序盤はなんとかキープできたものの、ペースが上がると追走に手一杯。トモにまだ力がないので、自分の感触としてはやはりダート向きの印象。もっとやれる馬のはずですよ。前回は砂を被ってパニックになってしまっただけで、次は変わると思うのですが…」(松山弘平騎手)
2019/4/11 (栗東トレセン)
☆4/13(土)阪神・3歳未勝利(芝2200m・混)松山弘平騎手

「やはり使いつつのタイプで、まだそう大きく変わってきませんが、今朝の動きは良かったですね。重い馬場を苦にせずちゃんとストライドが伸びていたし、気持ちの面でもいくらかピリッとしたところが出てきています。当初はダート戦を予定していたものの、芝を試すならこのタイミングでとクラブ側とも意見が一致したため、矛先を変えて投票させてもらいました。ハーツクライ産駒で距離に関しては問題ないと見ており、条件替わりで今回どういった走りができるのか楽しみにしています」(河内洋調教師)
2019/4/5 (栗東トレセン)
3日(水)に坂路コースで4ハロンから0.2秒追走して併せ、53.3-38.7-25.4-13.1を一杯に追い切りました。「けっこうハードに乗り込んでいるんだけど、なかなか体が絞れてこない。体力的にへこたれている様子はないし、追い切りの動きがまだちょっと渋いのも、そのあたりが影響していると思います。混み合っている出馬状況も、来週にはガラッと変わってきそうなので、稽古を重ねるよりも積極的に競馬を使っていきましょう」(河内洋調教師)
2019/3/29 (栗東トレセン)
★3/23(土)阪神・3歳未勝利(ダ1800m・牝)松山弘平騎手 結果11着

「スタートしてからのダッシュがひと息で、砂を被ると怯んでしまって道中ポジションを上げていけなかった。レース後の息の入りも早かったし、今回はまったく走れていない印象やね。鞍上は『瞬発力のあるタイプではないので、芝よりはダート向き』と話していましたが、稽古通りの走りが実戦でもできれば、ガラッと違う評価になるのではと思っています。疲れはまったく感じられないですし、いずれにしてもこのまま続戦していきましょう。中1~2週で投票していくつもりです」(河内洋調教師)
2019/3/23 (阪神競馬場)
馬体重:522kg
★3/23(土)阪神・3歳未勝利(ダ1800m・牝)松山弘平騎手 結果11着

「スタートも少し立ち遅れてしまったし、道中もハミを取ったり取らなかったり。典型的な牝馬のデビュー戦という感じになりましたね。もちろん砂を被ってしまったのも、その要因の一つです。乗り味は決して悪くありませんので、経験を積んでいけば、いずれかでチャンスは巡ってくると思いますよ。ユルさが残る大型馬ですから、現状は瞬発力勝負は分が悪いでしょう。当面はダートでいいのではないでしょうか。いずれにしても、次は変わってきますよ」(松山弘平騎手)
写真
2019/3/21 (栗東トレセン)
☆3/23(土)阪神・3歳未勝利(ダ1800m・牝)松山弘平騎手

20日(水)にCWコースで6ハロンから併せ、82.0-66.7-52.6-38.7-12.6を一杯に追い切りました。「徐々に絞れてはいるものの、まだ体つきには余裕が感じられるので、レース当該週でも併せ馬で長目からビッシリと追い切りました。これまで時計を出していたのは山(坂路)だけでしたが、下(CWコース)でもちゃんと動けたんだから大したもんやね。瞬発力を求めるよりは、血統的にも距離が長くなっていいタイプだと思います。大型馬だけに一度使えばさらに良くなりそうですが、だいぶ気も入ってきているので、まずはダートのこの条件でどういった走りができるか期待して臨みましょう」(河内洋調教師)
2019/3/15 (栗東トレセン)
13日(水)に坂路コースで4ハロンから0.3秒追走して併せ、53.3-38.4-25.3-12.7を一杯に追い切りました。「一緒に進めてきたパートナー(メグスタサンライズ)と同メニューで、追い切りは坂路主体ですが、ウッドチップ長目の稽古も課して運動量は稼いでいる。乗り込んで息遣いはだいぶ良化してきたものの、それでもまだ腹回りが絞れてこない。体力面や動きも悪くないけど、素軽さがもうひと息に映るのはそのあたりが影響しているからかもしれません。まずはダートから使っていきたいと思います。来週3/23(土)阪神・3歳未勝利(ダ1800m・牝)でデビューさせる予定です」(河内洋調教師)
2019/3/8 (栗東トレセン)
6日(水)にゲート試験を受験し、無事に合格しました。

8日(金)に坂路コースで4ハロンから併せ、53.0-38.2-25.0-12.8を一杯に追い切りました。「今朝の追い切りもリズム感よく力強いフットワークで動けていましたよ。ただ、試験は合格できたものの、まだ枠内での駐立がガタガタしていて発馬もモッサリ。実戦に向けてはもう少しゲートの練習を重ねる必要があるため、予定していたスケジュールを少しスライドすることにします。その分ちゃんと乗り込んで体を絞れますし、万全の状態でデビューさせましょう。2回阪神開催(3/23~)の前半でと考えています」(河内洋調教師)
2019/3/1 (栗東トレセン)
2月24日(日)に坂路コースで4ハロン58.7-42.5-28.5-14.3を単走で馬ナリに追われ、3月1日(金)にも坂路コースで4ハロンから併せ、54.5-39.2-25.4-12.8を馬ナリに追い切りました。「水曜日にパートナーを従えてゲート練習しましたが、出てからの反応がまだ鈍い。そのため今週は試験を見送りました。ただ、特に矯正すべき癖があるわけではないので、来週もう一度練習すれば問題なく合格レベルに達するはずです。予定を変更して、今朝はそのパートナーと坂路で併せ馬の追い切りを消化。終始楽な手応えに映り、それでいてちゃんとそれなりの時計で動けている。なかなかええんちゃうかな。体つきやフットワークを見て、自分は芝向きの印象を受けるのだけど、乗り役からは『ダートが合いそう』と感触を伝えられている。芝の新馬戦はもう期間内に組まれていないので、もし間に合うようなら、3/16(土)阪神・3歳新馬(ダ1800m・混)でのデビューを考えていいかもしれないね。息遣いなんかはもう少し乗り込んで体を絞っていけば、もっと良くなってきそうですよ」(河内洋調教師)
2019/2/22 (栗東トレセン)
17日(日)に坂路コースで4ハロン55.5-40.9-27.3-13.7を単走で一杯に追い切りました。「先週末に坂路で追い切ってみたけど、なかなかの動きをするんだよなぁ。510kgくらいの大型馬でまだ体に重めが残るから、絞れてくればこれからもっと良くなるはず。距離も持ちそうなタイプで楽しみやね。今週末にも追い切りを消化する予定ですが、来週の水曜日にゲートをもう一度練習して、発馬が問題なければ金曜日に試験を受ける。悠長には構えていられないから、並行して進めていかないとね」(河内洋調教師)
2019/2/15 (栗東トレセン)
「ギアが上がると全身を使った大きなフットワークで、なかなか躍動感のある動きをするね。稽古はまだ一息でガーッと走ってしまうところがあるけど、オンオフの切り替えはしっかりできている。ゲートも特に悪い癖は無さそうですし、このまま発馬まで練習を重ねて、来週もしくは再来週には試験を受ける予定です」(河内洋調教師)
2019/2/8 (栗東トレセン)
NSRで順調に調整され、本日8日(金)に栗東・河内洋厩舎に入厩しました。

「栗東への輸送もあったからか、フレームの割には腹回りがややスッキリして映るね。トレセンの環境に慣らしながら、まずはゲート試験合格を目指します。馬房の中でもどっしり構えて、入厩初日から落ち着きがあるようにも見受けられるので、そう手こずることはなさそうですよ」(河内洋調教師)
2019/2/1 (NSR)
馬体重:520kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2500~3000m(17~18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き週2回の時計消化を織り交ぜて順調に乗り込んでいます。ここにきてだいぶ楽に動けるようになってきましたし、古馬と併せても手応えでは見劣りしません。毛ヅヤも良くなって体調は上向きで、態勢は整いつつありますね。厩舎からいつ声が掛かってもいいように、引き続き入念に乗り込んでいくつもりです」(担当者)
2019/1/25 (NSR)
馬体重:520kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2500~3000m(17~18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も週2回の時計消化を織り交ぜて順調に乗り込んでいます。本数を重ねるに連れて動き、息の入り共に良くなっていますし、腹回りもスッキリして体つきもだいぶ引き締まってきた印象。早ければ来週か再来週にも入厩の予定と聞いていますので、送り出しに向けてこのまま進めていくつもりです」(担当者)
2019/1/18 (NSR)
馬体重:529kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2500~3000m(17~18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き週2回の時計消化を織り交ぜて、順調に乗り込みを進めています。数字(馬体重)は更に増えていますが、太め感は全くありません。以前に比べてむしろスッキリ見せるくらい。道中の行きっぷりが良くなり、だいぶ体力も付いてきた印象です。上がりの息の入りが少し遅いことを除けば気になるところはなく、1月末頃の入厩をイメージして入念に乗り込みを進めていきます」(担当者)
2019/1/11 (NSR)
馬体重:520kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2500~3000m(17~18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き週2回の時計消化を織り交ぜながら、年末年始も休まず乗り込みを進めています。数字(馬体重)こそ増えているものの、馬体は逆に引き締まってきた印象。息持ちが良くなり、それに伴って動きの方も良くなってきました。脚元への反動もなく、引き続き順調そのものですね。1月中に入厩のイメージで調整を進めていきたいと思います」(担当者)
2018/12/28 (NSR)
馬体重:512kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2500~3000m(17~18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から15秒ペースの時計消化を週2回に増やし、更なるペースアップを図っています。まだ終いが若干甘くなるものの前進気勢は旺盛ですから、本数を重ねていけば変わってくるでしょう。引き続き入念に乗り込んで馬体のシェイプアップに励みつつ、送り出しに向けて態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2018/12/21 (NSR)
馬体重:514kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2500~3000m(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。19日(水)に初めて15秒ペースの時計消化をおこないました。こちらに来てから初めての時計消化ということもあって終いは若干甘くなったものの、パートナーに最後まで食らいついていたように前向きなタイプですね。これから本数を重ねていけばもっと楽に動けるはずですし、時間経過に応じてスムーズにピッチを上げているでしょう」(担当者)
2018/12/14 (NSR)
馬体重:522kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2000~2500m(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。17秒ペースでもだいぶ余裕を持って動けるようになってきましたね。前進気勢もありますし、息遣いの方も良化が窺えます。欲を言えば、もう少し腹回りを引き締めたいところ。ただ、牝馬ですから馬体重を極端に減らすようなことはしたくありません。脂肪を筋肉に変えることに重きを置いてジックリ乗り込んでいくつもりです」(担当者)
2018/12/7 (NSR)
馬体重:522kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2000~2500m(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。まだ腹回りに余裕が感じられますし、息遣いも含めて重苦しさが残る現状。脚元に関しては何ら問題なく、まずは体力強化に重点を置いて普通キャンターでジックリ乗り込んでいくつもりです。良化の余地を多分に残しており、入念に乗り込んで良さを引き出していこうと思います」(担当者)
2018/11/30 (NSR)
馬体重:525kg
今後は美浦近郊のNSRで調整を進めることになり、27日(火)に移動しました。

「現在は屋外ダートコースでダクとハッキングキャンターを2000mのメニューで調整中です。輸送熱などもなく到着後も順調だったことから、翌日より早速騎乗運動を開始。まだ余裕残しなのは確かですが、横に幅があって見栄えのする体つき。牝馬らしからぬ好馬体の持ち主で鍛えがいがありそうですね。様子を見ながら進めていき、問題がないようならピッチを上げて乗り込みを強化していきたいと思います」(担当者)
2018/11/15 (ノルマンディーファーム)
現在は馬場2周と坂路3本(週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も同様の調教内容で進められており、特に疲れが出ることもなく15-15を織り交ぜながら順調に乗られています。この分なら、追い切りを週2回に増やしても良さそうですが、今月末の移動を目標にしていることもあって、それまでは現状メニューで進めていくつもり。ただ、もう少しペースアップを図っても問題なさそうなことから、近日中には終い1ハロンを13秒台まで伸ばしてみる予定です。
2018/10/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:537kg
現在は馬場2周と坂路3本(週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間は毎週火曜日に追い切り、そして週末はややセーブ気味のメニューといった調教内容で、引き続き強弱を付けながら乗り込んでいます。週1回は15-15を消化するようになって、太めだった馬体もだいぶ絞れてきました。馬自身、徐々に走る気が出てきたところにも好感が持てます。いいモノは持っていそうなので、この後も疲れが溜まらないよう注意しながら、更に良化を促していこうと考えています」と話していました。
2018/10/15 (ノルマンディーファーム)
現在は馬場2周と坂路3本(上限16~18秒ペース)のメニューで調整しています。この中間は15-15の追い切りを控え、一旦ペースも緩めて乗られています。調教を休ませるほどの疲れは窺えませんが、まだ体質がしっかりしていないこともあり、やはり軽めのメニューも取り入れてあげた方が良さそう。この後も調教内容にメリハリを付けて進める考えです。
2018/9/29 (ノルマンディーファーム)
馬体重:552kg
現在は馬場2周と坂路3本(週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間は徐々にペースアップを図って乗り込んでおり、週に1回は15-15も開始しています。ただ、若干トモに疲れが窺えますし、馬自身も少し元気がないように見受けられるため、今はあまりやり過ぎない方が良さそうです。状態を見ながら、上手く調教メニューに強弱をつけて進めていこうと考えています」と話していました。
写真
2018/9/15 (ノルマンディーファーム)
現在は馬場2周と坂路3本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も週に1回はトレッドミルを織り交ぜながら進められていましたが、6日(木)に発生した地震の影響で節電する必要があるため、同日以降、騎乗調教のみのメニューに切り替えました。その後ここまで疲れが出ることもなく、日々のトレーニングに励んでいます。今後は状態確認しながら、ペースアップのタイミングを探っていきます。
2018/8/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:535kg
現在は馬場2周と坂路3本(上限20秒ペース)のメニュー、もしくはトレッドミルで調整しています。騎乗担当者は「この中間より騎乗を再開しましたが、また疲れが出ないよう週に1~2回はトレッドミルを織り交ぜたメニューを組んでいます。徐々に負荷を掛けつつ馬体を絞ることができており、この後は騎乗日を増やし、更に体を引き締めていきたいと考えています」と話していました。
写真
2018/8/15 (ノルマンディーファーム)
現在はウォーキングマシン1時間とトレッドミルで調整しています。ここ3ヶ月ほど休むことなく調教を進めてきましたし、夏バテとまではいかないものの、若干疲れが窺えることから少し楽をさせることになり、この中間は軽めの運動のみにとどめています。運動後はパドック放牧をおこなっており、暑い日はアブが多いために煩い仕草を見せる馬もいますが、本馬はイライラした様子もなく、ジッと我慢して過ごしています。
2018/7/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:552kg
現在は馬場2周と坂路3本(上限16~18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間も休むことなく調教を進めていますが、馬体はかなり立派に映ります。そのため坂路の登坂本数を3本に増やし、調教後の上がり運動にも時間を掛けて、毎日大量の汗を掻かせています。調教の動きにも重苦しさが感じられるので、これから徐々に馬体重を減らして、力強く走れるようにしていきたいと考えています」と話していました。
写真
2018/7/15 (ノルマンディーファーム)
現在は馬場2周と坂路2本(上限16~18秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も徐々にペースアップを図りつつ、引き続き体力強化に重点を置いて進められています。日々の鍛錬をきちんとこなしながらも食欲は旺盛。牝馬にとって飼い葉食いが落ちない点は好材料と言えますが、だいぶお腹回りがフックラしてきた印象なので、体力強化とともに今後は更に負荷をかけて馬体を引き締めていく考えです。
2018/6/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:537kg
現在は馬場2周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間も特に問題なく、順調に調教を消化しています。徐々にペースアップも図って進めていますが、正直、まだまだ乗り込み不足なために、体力や息遣いは物足りない印象です。ただ、体の使い方は以前よりも上手になっているので、このまま乗り進めていけば自然としっかり走れるようになると思います。今後もうしばらくは体力強化をメインにおこなっていく考えです」と話していました。
写真
2018/6/15 (ノルマンディーファーム)
現在は馬場2周と坂路2本(上限21秒ペース)のメニューで調整しています。この中間より坂路入りする前の馬場周回数を増やし、キャンターのペースも上げるなど少しずつ負荷を強めています。同期生と比較すると調整過程はやや遅れ気味ですが、これから順調に乗り込みを重ねていけば差は縮まってくると見ています。内に秘めた素質を前面に引き出せるようじっくりと調整していきます。
2018/5/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:516kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限23秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「この中間より騎乗運動を再開しました。順調さを欠いていたぶんまだ乗り込みが不足していますが、背中の感触や綺麗なトビは、磨きを掛ければキラリと光りそうなモノを感じます。当面はジワジワと負荷を強めていくイメージで遅れを取り戻そうと考えています」と話していました。
写真
2018/5/15 (ノルマンディーファーム)
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。右トモの外傷箇所は完治したため、この中間よりウォーキングマシン運動を立ち上げました。休養期間が長くなったぶん軽く動かしながらリハビリを行っており、近日中に騎乗運動を再開する予定です。まだ毛ヅヤが本物ではありませんが、トレーニングを継続し代謝が活発になってくると、ガラリと変わってくるでしょう。
2018/4/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:495kg
現在はパドック放牧にとどめて様子を見ています。担当者は「まだ右トモの外傷箇所が完治していないため、引き続き洗浄と治療を行いパドック放牧にとどめています。当初の見立てより長引いてしまいご心配をお掛けしますが、来月には始動させたいと考えています」と話していました。
写真
2018/4/16 (ノルマンディーファーム)
現在はパドック放牧にとどめて様子を見ています。周回コースと坂路を併用し軽いペースでじっくりと慣らしてきましたが、この中間放牧中に右トモに外傷を負ったため、大事を取って騎乗運動を控えています。傷口の洗浄と治療を継続していますが、騎乗運動の再開までもう少し時間が必要。粗削りながら良いモノを秘めているだけに、これから徐々に良さが前面に出てくるでしょう。
2018/3/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:485kg
現在はトレッドミル運動と併行しながら坂路2本(キャンター)のメニューで調整しています。担当者は「徐々に環境に慣れてきたため、23日から坂路の登坂回数を2本に増やしました。オカダスタッドでは遅めに坂路入りしたグループの1頭と聞いていましたし、脚取りや息遣いはまだまだ。みっちりと乗り込み、当面は基礎体力の向上を目指していきます」と話していました。ひと冬を越し背丈や胴部が伸びやかに。夏を境にガラリと変わってきそうなイメージを持っています。
写真
2018/3/15 (ノルマンディーファーム)
今後はノルマンディーファームで調整することになり、14日(水)に移動しました。翌日から早速、洗い場や周回コース及び坂路へと順次スクーリングを行い、環境に馴染ませることを優先させています。オカダスタッドでは、やや遅めに坂路入りしたグループの1頭であったため、少しずつメニューアップを図ろうと考えています。
2018/2/28 (オカダスタッド)
馬体重:489kg
現在は丸馬場と坂路を併用しながら騎乗運動を行っています。担当者は「この中間より坂路入りを開始しました。コース脇に放牧中の他牧場の馬に気を取られるケースがありましたが、現在はダクとハッキング程度ながらしっかりとした脚取りで登坂しています。健康状態の不安はないため乗り込み量を増やしつつ基礎体力とフォームの向上を目指していきます」と話していました。まだ尻の高さが目立つ体型、暖かくなるにつれ成長曲線が右肩上がりになっていくことでしょう。
写真
2018/2/15 (オカダスタッド)
現在は夜間放牧と併行しながら丸馬場にて騎乗運動を行っています。左前膝の傷腫れは完治したため、この中間より馴致のおさらいをし、現在丸馬場にて乗り慣らしを行っています。目立った癖もなく鞍上の指示には素早く反応してくれるため、本格的に乗り込んでいけばどんどん変わってきそうな馬だと思います。
2018/1/31 (オカダスタッド)
馬体重:486kg
現在は夜間放牧と並行しながらウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。担当者は「馴致の最終段階として丸馬場での乗り慣らしまで進めていましたが、この中間放牧中に左前膝を外傷したため、一旦舎飼にとどめて様子を見ていました。腫れもひき歩様も問題ないためマシン運動を再開していますが、やや間隔が空いたため、来月から馴致のおさらいをしたのち坂路コースへ入れたいと考えています」と話していました。
写真
2017/12/29 (オカダスタッド)
馬体重:486kg
現在はオカダスタッドにて夜間放牧と併行しながら初期馴致を行っています。担当者は「この中間よりごく初歩的な馴致を立ち上げました。ウォーキングマシン運動を手始めに洗い場と腹帯を馴染ませており、これから順次本格的なメニューに挑みたいと考えています。血統はもとより馬体面も魅力的なモノを持っていますから、本格的に動かしどのような引き出しを持っているか楽しみです」と話していました。
写真