現在表示しているページの位置

ローゼンブリッツ
牡馬 黒鹿  2016/5/27生
カタログPDF

父:ロージズインメイ × 母:ナショナルフラワー(母の父:アグネスタキオン)

生産:新ひだか・岡田スタッド  所属:南関東・小久保智厩舎

  •  
  •  
総口数 100口 募集総額 760万円
募集状況 満口 1口出資額 76,000円

近況

詳細

2020/9/23 (浦和競馬場)
馬体重:540kg
★9/23(水)浦和・住めばなっとく、南区!賞 C2(四)(五)(ダ1500m)笹川翼騎手 結果3着

「出走取消を挟み、約3ヵ月ぶりの実戦で12kg増での出走。馬体的にはもうひと絞り欲しかったところですが、パドック、返し馬、本番と落ち着いて臨めたと思います。勝ち馬と一緒にマクって上がっていったものの、最終コーナーでの手応えが違いましたね。休み明けの影響でしょう。今回で心身ともにピリッと変わってくると思います」(小久保智調教師)
2020/9/18 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「帰厩当初は少しうるさい素振りを見せていましたが、日を追うごとに落ち着きを取り戻してきました。先週一杯は軽めに、今週頭からは距離を延ばして乗り込みを図っています。明日9/19(土)に追い切りをおこなう予定ですが、気になるのはその後のトモの踏み込みだけでしょうか。問題なければ、来週9/23(水)浦和・住めばなっとく、南区!賞 C2(四)(五)(ダ1500m)に笹川翼ジョッキーで向かいます」(小久保智調教師)
2020/9/11 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
ホースサポート櫻で調整され、本日11日(金)に帰厩しました。

「放牧先で、ショックウェーブ治療後にペースアップをして15-15をおこなったところ、グンと良化したとの報告を受けました。多少ですが、朝晩が涼しくなってきたことも良い方向に影響しているのでしょう。早速ですがこちらに帰厩させ、6回浦和開催(9/22~)での出走を目標にすることにしました。まずは来週しっかりと追い切ってみましょう」(小久保智調教師)
2020/9/4 (ホースサポート櫻)
馬体重:530kg
「現在は角馬場で20分の運動の後、1周500mの周回コースを3500m(20秒ペース)のメニューで調整中です。大分馬の雰囲気が良くなってきたので、今週から乗り込み量を増やしています。左トモに疲れが出やすいので、調教後はケアをおこなっていますが、来週頭にショックウェーブ治療を施す予定。その感じを見てからになりますが、18秒ペースまで上げることも検討しています」(担当者)
2020/8/29 (ホースサポート櫻)
馬体重:530kg
「現在は角馬場で20分の運動の後、1周500mの周回コースを2000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。まだトモの状態がピリッとしてこないので、現状のペースのまま進めているところです。来週またショックウェーブ治療を施し、その状態次第でピッチを上げていければと考えています。夏バテというわけではないのですが、暑さの影響があって状態の上がり方がスローな印象。今ここで無理をさせるのは得策ではないので、徐々に上げていきたいと考えています」(担当者)
2020/8/21 (ホースサポート櫻)
馬体重:530kg
「現在は角馬場で20分の運動の後、1周500mの周回コースを2000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。トモの状態があまり良くなく、今ひとつパンとしてきません。もう少しこのまま乗り込んでいく予定です。診てもらった獣医師からは、今すぐ必要というわけではありませんが、もう少し乗り込んだ後にショックウェーブ治療を施してリセットしてから、再度進めていくのが良いのではないかと言われています」(担当者)
2020/8/14 (ホースサポート櫻)
「現在は角馬場で20分の運動の後、1周500mの周回コースを2000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。全体的に体が硬くなっていますし、暑さの影響もあってかなかなか良化してきません。夏バテの兆候はありませんが、かなり暑いのでいつもよりはペースを落として乗り込んでいます。もう少し現状のメニューで様子を見ていきたいと思います」(担当者)
2020/8/7 (ホースサポート櫻)
この後は茨城県のホースサポート櫻で調整することになり、本日7日(金)に移動しました。

「こちらで出来得る限りの治療をしっかりとおこない、近郊に出させていただきました。先週から比べて、歩様は明らかに良化しています。早期発見で大事に至らず、本当に良かったと思っています。前肢に比べて原因を把握しづらい分、後肢の方がやっかいですし、後々に響きますからね。猛暑を迎えていることですし、ひと息入れましょう」(小久保智調教師)
2020/7/31 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「大外枠の8枠12番に入ったことで、馬込みで揉まれることなくスムーズに流れに乗ってレースを進めることが出来ればと期待していたのですが。4着、2着と着順を上げてきていましたから、なおさら今回の出走取消は本当に残念です。ただ、幸いなことに精密検査の結果、骨に関しての異常は見つかりませんでした。すでに跛行も治まっており、ハマりが悪いといった感じです。背腰へのレーザー治療を継続していますが、必要であれば簡易の針治療も施し、もう少し状態観察に努めたいと思います」(小久保智調教師)
2020/7/27 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
7/27(月)浦和・別所沼公園メタセコイア賞 C2(五)(ダ1400m)張田昂騎手 出走取消

今朝27日(月)の厩舎作業中に左後肢に跛行の症状が見られたため、本日の出走を取り消しいたしました。

「担当厩務員から左トモの違和感の申告があり、歩様確認をおこなったところ、いまひとつ送りが良くありません。一言でいうと、ぎこちないといった表現になるでしょうか。大事を取って、本日の出走を取り消しさせていただきました。触診したところ、激しい痛みを伴う箇所は見当たらないため、骨折ではなく、いずれかでひねってしまい、腱もしくは筋肉がダメージを負ったものと思われます。ただ、跛行の原因や負傷箇所がはっきりしないため、獣医師立ち合いのもと、レントゲン検査等の精密検査を改めておこないます。いずれにしても、出走直前でのアクシデント、申し訳ありません」(小久保智調教師)
2020/7/24 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「昨日7/23(木)に4ハロンから併せて、60.7-41.3を直線強めで追い切りました。終い重点の内容でしたが、フットワークも大きく、追われてスッと反応できていましたね。攻め馬をしっかりと積めて、前走以上の状態をキープできています。来週の7/27(月)浦和・別所沼公園メタセコイア賞(ダ1400m)に張田昂ジョッキーで向かいましょう。前走は向正面から長くいい脚を使っての2着、耐久力の高い走りを見せてくれました。今回は1400m戦ですが、機動力を生かす競馬で勝ち負けに持ち込みたいですね」(小久保智調教師)
2020/7/17 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
ホースサポート櫻で調整され、先週11日(土)に帰厩しました。

「5回船橋開催(8/03~)も視野に入れつつ、5回浦和開催(8/12~)での出走を目標にこちらに戻しました。ダク1000m、キャンター2000mを日々乗り込みながらの調整ですが、飼い葉食いも変わらず旺盛ですね。調子や気配も前走時と遜色ない印象を受けています。短期放牧を挟みましたが、リフレッシュも完了し、デキをキープできていると思います。天候や馬場状態と相談しながら、ペースアップしていきましょう」(小久保智調教師)
2020/7/10 (ホースサポート櫻)
馬体重:526kg
「現在は角馬場で20分の運動の後、1周500mの周回コースを2500~3000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。今回は大きく疲れていない感じです。飼い葉もしっかりと食べていますし、問題はありませんよ。体調面も良好なのでこのまましっかりと負荷を掛けていきたいと思います」(担当者)
2020/7/3 (ホースサポート櫻)
★6/30(火)浦和・C2(五)(六)(七)(ダ1500m)張田昂騎手 結果2着
この後は茨城県のホースサポート櫻で調整することになり、本日3日(金)に移動しました。

「張田昂ジョッキーの懸命な追い出しも大きいですが、レースパフォーマンスが良くなってきました。本番でしっかりと力を出し切れていると思います。引き続きといきたいところですが、ここで1開催パスしましょう。黒鹿毛の大型牡馬で、若干夏負けの症状を見せています。昨年11月から月一走ペースでコンスタントに出走してきた疲れもあると思いますよ。5回浦和開催(8/12~)での出走を目標にこちらに戻す予定で考えています」(小久保智調教師)
2020/6/30 (浦和競馬場)
馬体重:528kg
★6/30(火)浦和・C2(五)(六)(七)(ダ1500m)張田昂騎手 結果2着

「一戦一戦、成長を感じる内容ですね。張田昂ジョッキーは『デキは前走と変わらない印象。返し馬の感じからも、今日は動ける気がしました。両隣が速かったこともあり、スタートで後手になってしまって。ただ、向正面で追い始めると、面白いくらいジワジワと伸びてくれました。展開も向いただけに決めたかったです』と話してくれました」(小久保智調教師)
2020/6/26 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「昨日6/25日(木)に4ハロンから併せて、55.0-39.5を馬ナリで追い切りました。C1の格上馬を相手に余裕のある動きでしたね。少し蒸し暑さを気にしている印象を受けますが、力は出せると思います。来週の6/30(火)浦和・C2(五)(六)(七)(ダ1500m)に向かいましょう。前走は超がつくスローペースとなりヨーイドンの流れでも4着に食い込んでくれました。自場はもちろんのこと、船橋勢の動向がカギとなりますが、スムーズに追走できれば前進が可能とみています」(小久保智調教師)
2020/6/19 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
ホースサポート櫻で調整され、本日19日(金)に帰厩しました。

「3回浦和開催(6/29~)での出走を予定しています。前走からユルめず乗り込んでいることで、馬体も締まって見えますね。同時にリフレッシュも図れたようで、歩様からは体調の良さがうかがえます。早速、こちらでも馬場入りを開始しましょう。前走の内容から脚質に幅が出てきていますので、次こそ際どい勝負に持ち込みたいですね」(小久保智調教師)
2020/6/12 (ホースサポート櫻)
馬体重:520kg
「現在は角馬場で20分の運動の後、1周500mの周回コースを2500~3000m(20秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。週1回は終いだけ速いところを織り交ぜながら乗り込んでいるところです。暑い日が続いていますが夏バテなどなく元気いっぱい。体調面も良好なのでどんどん進めていきたいと思います」(担当者)
2020/6/5 (ホースサポート櫻)
馬体重:530kg
この後は茨城県のホースサポート櫻で調整することになり、5月30日(土)に移動しました。

「現在は角馬場で20分の運動の後、1周500mの周回コースを2500~3000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。レース後の疲れなどもほとんど感じられず、今週から騎乗運動をおこなっています。調教は順調にこなせていますし、次の開催に使う予定と聞いていますので、このまま緩めないように乗り込んでいくつもりです」(担当者)
2020/5/29 (浦和競馬場)
★5/26(火)浦和・C2(五)(六)(ダ1500m)張田昂騎手 結果4着

「船橋開催を除外されてから、ここを目標にじっくりと乗り込んできたので、状態は良かったと思います。今回をきっかけに差す競馬を覚えて、それが板についてくれば、枠や展開に大きく左右されることなく、安定して力を出せるようになるかもしれませんね。スロースターターということもあって、次走はダ2000m戦も視野に入れましょう」(小久保智調教師)
2020/5/26 (浦和競馬場)
馬体重:526kg
★5/26(火)浦和・C2(五)(六)(ダ1500m)張田昂騎手 結果4着

「タラレバを言っても仕方がありませんが、今日のデキであれば、真ん中より外の枠だったらと思ってしまいますね。鞍上の張田昂ジョッキーも、スタートからある程度出してくれているのですが、その後が極端なスローの展開となって、馬群の内で身動きが取れなかったとのこと。最後の直線で追い込んできて、前半のロスを挽回してくれているだけに、余計にもったいなかったですね。今回の内容から、このC2クラスでも通用する目処が立ったのではないでしょうか」(小久保智調教師)
2020/5/22 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「先週16日(土)4ハロン54.9-40.0を馬なりで、昨日21日(木)にも4ハロン55.9-39.4を直線強めで追い切りました。抑えきれない手応えでグイグイと伸びて、迫力ある動きを見せてくれましたね。余裕もありましたし、重心も低かったですよ。この中間の飼い葉食いも旺盛で、上積みが期待できる仕上げだと思います。クラス2走目となりますし、スムーズな立ち回りで巻き返しに期待しましょう。来週26日(火)の浦和・C2・ダ1500mを予定しています。鞍上は4戦連続騎乗となる張田昂ジョッキーです」(小久保智調教師)
2020/5/15 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「汗をかきやすく、絞り込みやすい時季になってきましたね。それに合わせるかのように、動きにも軽快さが出てきた印象を受けています。2回浦和開催(5/25~)に向けて順調と言ってもいいでしょう。明日16日(土)に15-15を予定しています。次走が昇級2戦目で試金石の一戦となるでしょうから、本番できっちりと力を出せるように持っていきます」(小久保智調教師)
2020/5/8 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「先週2日(土)に4ハロンから52.5-38.4を一杯に追い切って、5/06(水)船橋・C2(六)(七)(ダ1500m)に本橋孝太ジョッキーで投票しましたが、抽選漏れとなってしまいました。船橋出走後に中2週で自場の2回浦和開催(5/25~)のローテーションを思い描いていただけに残念ですが、こればかりは仕方ありませんね。引き続き乗り込みを継続していき、しっかりと仕上げていきます」(小久保智調教師)
2020/5/1 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「ハロン16~18秒ペースのキャンターで乗り込みを図っていますが、いい意味で変わりありませんね。調整のピッチが進むにつれて、力強さに加えて素軽さも感じさせる動きになってきていますよ。明日2日(土)に速いところをやってみて、出走態勢にあると判断できた場合は、来週の船橋開催3日目の5/06(水)船橋・C2(六)(七)(ダ1500m)に向かいたいと思います。鞍上は本橋孝太ジョッキーに依頼しています」(小久保智調教師)
2020/4/24 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
ホースサポート櫻で調整され、本日24日(金)に帰厩しました。

「レース体重から10kg前後のプラス体重での帰厩となりましたが、前走からちょうど1ヵ月ですし、その間も豊富に乗り込んでもらったので、心肺機能に関しては問題ないでしょう。2回浦和開催(5/25~)での出走が本線ですが、ここからの中間の具合、気配等良ければ、2回船橋開催(5/04~)を視野に入れることも考えています」(小久保智調教師)
2020/4/17 (ホースサポート櫻)
馬体重:535kg
「現在は角馬場で20分の運動の後、1周500mの周回コースを3500~4000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。今週は量を乗ることを重点において、週1回は終いの2ハロンを15-15まで上げています。体重がいくらか絞れてきたように、徐々にではありますが状態は上向いてきました。ようやく態勢を整えていけるかなといったところなので、ここから仕上げていきたいと考えています。飼い葉を減らしているわけではないので、体重はもう少し落とせるはずです」(担当者)
2020/4/10 (ホースサポート櫻)
馬体重:544kg
「現在は角馬場で20分の運動の後、1周500mの周回コースを3000~4000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。週2回は終いの2ハロンを15-15まで上げています。調教量を増やして乗り込んでいるのに、体が大きくなって絞り切れないので、午前・午後と1時間ずつのウォーキングマシンの運動も取り入れていますよ。代謝が落ちているような感じがしますし、今回も精神的にも気が立っていて、悪い意味でうるさいですね。そういう面も気をつけながら進めていくつもりです」(担当者)
2020/4/3 (ホースサポート櫻)
馬体重:533kg
「現在は角馬場で20分の運動の後、1周500mの周回コースを2000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。レースで負った右トモ球節の外傷をケアしながら進めています。傷自体は大したことないのですが、よく動く部分なので治りが良くないんですよね。様子を見ながら進めていくつもりですが、来週くらいから調教量を増やしていこうと考えています」(担当者)
2020/3/27 (ホースサポート櫻)
★3/25(水)浦和・幸手市古川橋開通記念賞 C2(七)(八)(ダ1400m)張田昂騎手 結果10着
この後は茨城県のホースサポート櫻で調整することになり、26日(木)に移動しました。

「近走で相手なりに走れて安定感が増していただけに、案外な結果に終わってしまい、期待外れというか残念でした。内枠を引いた時から、後方のポジションから馬群の外を回してのマクりの展開は予想していたのですが、終始追い通しになるとさすがに厳しいものがありますね。なんとか次でリベンジしないといけません。1回浦和開催(4/20~)をでの出走を予定しています」(小久保智調教師)
2020/3/25 (浦和競馬場)
馬体重:527kg
★3/25(水)浦和・幸手市古川橋開通記念賞 C2(七)(八)(ダ1400m)張田昂騎手 結果10着

「前走を勝った勢い、最終追い切りの動き、今日の気配からも、昇級も問題ないと思っていたのですが、スタートから追走で手一杯でした。現状では1400mが少し忙しいのかもしれません。内枠もこたえましたね。ただ、これまでの浦和ダ1400mの持ち時計を1秒近く短縮しているのも事実で、次でなんとか策を練って巻き返しを図りたいですね」(小久保智調教師)
2020/3/19 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「予定通り先週14日(土)に4ハロン56.7-41.4を単走で馬なり、本日19日(木)には4ハロン55.2-39.9を併せ馬で一杯に追い切りました。B3クラスの格上馬相手に半馬身遅れをとったものの、自身はジワジワと渋太く伸びてくれましたね。動きも力強い印象、仕上がったと思います。来週の3/25(水)浦和・幸手市古川橋開通記念賞 C2(七)(八)(ダ1400m)を予定しています。C2クラスでの昇級初戦ですが、これまでのキャリアを生かして活路を見い出したいですね」(小久保智調教師)
2020/3/13 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
ホースサポート櫻で調整され、7日(土)に帰厩しました。

「週前半はキャンター2周、後半からキャンター3周にペースアップ。明日14日(土)には馬なりでサッと15-15をおこなう予定です。依然として飼い葉食いも旺盛で、コンディションはいい意味で平行線といったところでしょうか。脚元も問題なく、このまま順調に進めていきたいですね。14回浦和開催(3/23~)での出走を予定しています」(小久保智調教師)
2020/3/6 (ホースサポート櫻)
馬体重:529kg
「現在は角馬場で50分の運動の後、1周500mの周回コースを2500~3000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。週1~2回は終いの1ハロンを15秒ペースまで伸ばしています。しっかり対応できていますし、体も使えていますよ。以前と比べて馬がしっかりしていますし、いい状態を保っています。体も丸々としていなくて、良いボディコンディションをキープ。明日7日(土)に帰厩の運びとなりました」(担当者)
2020/2/28 (ホースサポート櫻)
「現在は角馬場で20分の運動の後、1周500mの周回コースを4000m(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。到着後は馬房で寝ている時があったように、この馬なりに一生懸命走ってきて少し疲れがある状態でした。ウォーキングマシンの運動にとどめて回復を待ちましたが、疲れも抜けて今週から騎乗運動に移行しています。飼い葉はしっかり食べていますし、運動後はしっかり汗もかいていて問題はありません。このまましっかり進めていけそうです」(担当者)
2020/2/21 (ホースサポート櫻)
★2/17(月)浦和・特選C3(ダ1500m)張田昂騎手 結果:優勝
この後は茨城県のホースサポート櫻で調整することになり、19日(水)に移動しました。

「小休止からここまで5戦を消化、初勝利を挙げたことですし、リフレッシュと馬体調整を兼ねて近郊に出させていただきました。まずは背腰やトモを中心としたケアに重点を置きましょう。飼い葉食いが旺盛ですので、エネルギーの蓄積についての心配はなく、疲労回復も順調にはかどると思います。入着を繰り返したことで、ジワジワと組が上がっていき、それにつれメンバーも強化、二桁着順も味わいました。ただ、一戦ごとにレース内容が良化してきていましたので、いずれはと思っていましたが、今回の巡ってきたチャンスをものに出来て、ひと安心しました。C2クラスに昇級しますが、相手なりにやれる地力の強化は図れていると感じていますので、通用して欲しいですよ」(小久保智調教師)
2020/2/17 (浦和競馬場)
馬体重:525kg
★2/17(月)浦和・特選C3(ダ1500m)張田昂騎手 結果:優勝

「稍重馬場のうえ大外枠という、これまでハンデになっていた要因を見事跳ね返してくれましたね。ローゼンブリッツの長所短所を把握している鞍上の張田昂ジョッキーの連続騎乗も大きかったと思います。その張田ジョッキーは『状態は前回も良かったし、今回も申し分なし。ゴーサインへの反応が良かったですし、最後までしっかりと脚を使ってくれました。道中が渋いですが、逆に今日はその良さを生かし切れたのではないでしょうか。これまで1500mより長い距離には出走歴がありませんが、もっと延びても我慢がきくと思いますよ』とのことでした。ここまで10戦と時間が掛かってしまいましたが、なんとか初勝利をもぎ取ることが出来て、本当に良かったです」(小久保智調教師)
写真
2020/2/14 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「昨日13日(木) に4ハロンから併せて、54.6-39.5を馬ナリという内容で追い切りました。直線で終いだけ仕掛けましたが、反応が良かったですよ。馬体のシルエットも良く、昨年11月以降の中で一番のデキに映りました。ここのところ、右肩上がりにグングンと上昇しているのは間違いないところだと思います。来週2/17(月)浦和・特選C3(ダ1500m)に向かいますが、今回も引き続き勝ち負けが期待できるでしょう」(小久保智調教師)
2020/2/7 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「普通キャンターでの乗り込みを継続しながらの調整を図っています。11月の浦和での一戦を境にしてというわけではないのですが、体質が強くなったというか、傷みの度合いが明らかに低くなりました。ですので、中間もユルめることなく、しっかりと負荷をかけた調教が課せるので、それに伴ってレースでのパフォーマンスが上がっていますよね。飼い葉食いが旺盛な点もそれに拍車をかけていると思います。ただ、気を許すとカロリーオーバーになってしまうので、飼い葉量を加減していますよ。13回浦和開催(2/17~)での出走を予定しています」(小久保智調教師)
2020/1/31 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
★1/29(水)川崎・C3 三四五(ダ1500m)張田昂騎手 結果3着

「なかなか勝ち切るまでにはいかないものの、明らかに地力強化されてきていますよね。今回のレース後もそうですが、トモの極端な疲れを見せなくなっています。ベストは良馬場でしょうが、前走からすると馬場コンディションに大きく左右されることはなくなってきていると思いますので、あとは本番での出走枠と展開次第といったところになるでしょうか。中2週で13回浦和開催(2/17~)を次走目標にしましょう」(小久保智調教師)
2020/1/29 (川崎競馬場)
馬体重:526kg
★1/29(水)川崎・C3 三四五(ダ1500m)張田昂騎手 結果3着

「スタートから張田ジョッキーが積極的なレース運びをしてくれたと思います。ただ、キレる脚が使えるタイプではなく、手応えにダマされてしまうところがあるので、3コーナーからマクり気味にもっと強引に仕掛けて欲しかったですね。この不良馬場は不利だったと思いますが、よくぞはね返してくれましたし、ここにきて力をつけている証拠でしょう。ようやくレース内容が安定してきましたね」(小久保智調教師)
2020/1/24 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「時季的なもので絞りづらいこともあって、飼い葉量を微調整しながら乗り込みを継続中です。コンディションはいい意味で平行線を保っており、明日25日(土)に15-15をおこなう予定で考えています。来週からの13回川崎開催(1/27~)に出走申込をしておきました。抽選漏れにならなければ、もちろん出走したいと思います。除外の場合には13回浦和開催(2/17~)に向かいましょう」(小久保智調教師)
2020/1/17 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
★1/14(火)浦和・C3特選(ダ1500m)落合玄太騎手 結果3着

「近走のなかでは納得がいくというか、上々の内容だったのではないでしょうか。馬場だったり、スタートで出負けしたりと、不完全燃焼の部分がありましたからね。少し安心したというのが正直なところでしょうか。ここのところ回復のスピードが上がっているのか、それほどトモにクタクタといった疲れが見られませんね。引き続き13回川崎開催(1/27~)、11回船橋開催(2/10~)、13回浦和開催(2/17~)のいずれかでの出走を予定しましょう」(小久保智調教師)
2020/1/14 (浦和競馬場)
馬体重:529kg
★1/14(火)浦和・C3特選(ダ1500m)落合玄太騎手 結果3着

「スタートして一完歩目がモサッとならず普通に出てくれれば、今日のようにレースとして形になるんですよね。天候に恵まれ良馬場で競馬が出来たのも大きかったですし、チークピーシズの効果もあって最後まで集中していました。枠がもう少し内側だったら、2着はあったかもしれませんね。まだまだ色々と好走に至るには条件が必要にはなりますが、このクラスならチャンスは巡ってきますね」(小久保智調教師)
2020/1/10 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「来週1/14(火)浦和・C3特選(ダ1500m)での出走を予定しています。年明け4日(土)に15-15、今朝は併せ馬で4ハロン55.7-39.6をビッシリとやっておきました。併走馬の外で、根性を見せ粘り強く走っていましたね。アクションも大きかったですよ。あとは、トモがクタっとこなければ、力は出せると思います。古馬となって、南関東競馬では一番下のC3クラスに格付けされていますので、今回が試金石の一戦ということは重々承知しています。是が非でも結果を出したいですね」(小久保智調教師)
2019/12/27 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
★12/24(火)浦和・3歳(三)(ダ1500m)山崎誠士 結果11着

「もどかしいというか、歯がゆいというか。2戦連続で二桁着順になるような状態ではなかったですし、相手関係からしても持っている能力で太刀打ち出来たはずなのですが。馬場に恵まれなかったりと不運な面は否めず、あと一戦の猶予をいただければと思います。中2週の年明け12回浦和開催(1/14~)での出走を本線に据え、年末年始としっかりと乗り込んでいきます」(小久保智調教師)
2019/12/24 (浦和競馬場)
馬体重:538kg
★12/24(火)浦和・3歳(三)(ダ1500m)山崎誠士 結果11着

「530kg台まで絞れての出走が叶いましたが、あとひと追いが足りなかったようです。中身の方が完調とまでは出来ていませんでした。申し訳ありません。前走に続いての重馬場も、やはり大跳びのローゼンブリッツには向きませんでした」(小久保智調教師)
2019/12/20 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「18日(水)に4ハロンから併せて、55.1-40.0を馬ナリで追い切りました。同厩の2歳馬相手でしたが、1秒程先着しています。時季的なものもあり、なかなか馬体を絞り込むところまではいきませんが、今回は追い切り後のトモの状態が良く、クタクタした印象を受けないんですよね。前走はスタートで出遅れて泥を被り、全くと言っていいほど力が出せませんでした。追走がスムーズであれば前進できると思います。来週12/24(火)浦和・3歳(三)(ダ1500m)を山崎誠士騎手で予定しています」(小久保智調教師)
2019/12/13 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「11回浦和開催(12/23~)での出走に向けて順調に調整が進んでいます。まだ速いところはやっていませんが、前走を叩いた上積みでしょうか、しっかりとした脚取りでのキャンターを見せてくれていますね。息の戻りも早いですし、中身も心配要りません。本番まで残り2週間弱、力を出し切れるようしっかりと仕上げていきます」(小久保智調教師)
2019/12/6 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「以前と比べて体がしっかりとしてきましたかね。前走を使った反動は見られません。絞り辛い時季ですが、ユルめずに乗り込みを図り、次の11回浦和開催(12/23~)では引き締まった馬体で出走させたいと思います。この中間からゲート練習をおこなっていますが、本番で見せる出遅れ癖を解消させましょう」(小久保智調教師)
2019/11/29 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
★11/25(月)浦和・3歳(三)(ダ1400m)五十嵐冬樹騎手 結果11着

「前進を期待しての一戦でしたが、今回は馬場に泣きましたね。休み明けの成長分も見込めたので、本番でどういった走りをするのか、そのあたりも楽しみにしていました。ゲート内での駐立という課題も依然として残りましたね。11回浦和開催(12/23~)までになんとか修正を図り、巻き返したいですね」(小久保智調教師)
2019/11/25 (浦和競馬場)
馬体重:551kg
★11/25(月)浦和・3歳(三)(ダ1400m)五十嵐冬樹騎手 結果11着

「ゲートへの進入はスンナリでしたが、駐立中がうるさくて、出負けしてしまいました。不良馬場のうえ、よりベチャベチャなコース内側を通らざるをえない2番枠。大トビのこの馬にとっては、本当にかわいそうな馬場状態でした。道中もマクろうと促しましたが、ギアが上がっていくようなところもありませんでしたね。前走からひと息入った大型馬ですし、この次が大事になってくるのではないでしょうか」(五十嵐冬樹騎手)
2019/11/22 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「前走後に間隔を空けた効果で馬体が締まり、昨日21日(木)の追い切りの最後の直線ではしっかりと反応できていましたね。3頭併せの真ん中で、4ハロン57.1-40.7の時計。内の馬に遅れはとったものの、外の馬には大きく先着しています。やや重心が高い走りは相変わらずですが、最後まで集中していましたし、ジワジワと伸びてくれました。飼い葉食いも旺盛で、充電完了といった感じで元気一杯ですよ。前走時から比べて馬体もしっかりとしてきましたし、自分からハミも取るようになってきた印象を受けます。浦和コース戻りでスタートを決めて、スムーズな立ち回りを期待しましょう。来週11/25(月)浦和・3歳(三)(ダ1400m)を五十嵐冬樹ジョッキーで予定しています」(小久保智調教師)
2019/11/15 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
ホースサポート櫻で順調に調整され、本日15日(金)に帰厩しました。

「10回浦和開催(11/25~)での復帰を目標に、こちらに戻しています。ホースサポート櫻で1ヵ月強しっかりと乗り込んでもらっているので、あとはこちらで追い切りを課して造っていきましょう。いきなりから待望の初勝利を挙げ、結果を出したいものです」(小久保智調教師)
2019/11/8 (ホースサポート櫻)
馬体重:537kg
「現在は角馬場で20分の運動の後、1周500mの周回コースを4000m(20秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。体付きはまだポテッとした状態ですが、動きは今までになく良くなってきました。そろそろ帰厩という話も出てくるかと思いますが、あと1~2本ビッシリとやって、どんな風に変わってくるか見てみるつもりです」(担当者)
2019/11/1 (ホースサポート櫻)
馬体重:540kg
「現在は角馬場で20分の運動の後、1周500mの周回コースを4000m(20秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。距離を延ばして乗り込んでいますが、へこたれていませんし、順調に進められていると思います。前走より絞れてきましたが、太りやすい体質ですし、もっとスッキリさせていきたいと考えています。状態もどんどん上がってきましたよ」(担当者)
2019/10/25 (ホースサポート櫻)
「現在は角馬場で20分の運動の後、1周500mの周回コースを3000m(20秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。しっかり乗り込めていることで、この馬なりに体付きがスッキリしてきたと思います。大分良くなってきたのではないでしょうか。息遣いもいい感じですし、着実な良化が窺えますよ。このまましっかり態勢を整えていきます」(担当者)
2019/10/18 (ホースサポート櫻)
「現在は角馬場で20分の運動の後、1周500mの周回コースを3000m(20秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。体はまだ見た目がボテッとしている状態ですが、息遣いは大分良くなってきました。体がもう少しスッキリとしてくればもっと動けるようになってくるはずですし、この感じであればどんどん進めていけそうです。疲れも抜けていますし、順調にきていますよ」(担当者)
2019/10/11 (ホースサポート櫻)
この後は茨城県のホースサポート櫻で調整することになり、5日(土)に移動しました。

「現在は角馬場で20分の運動の後、1周500mの周回コースを3000~4000mのメニューで調整中です。少し疲れがあるかもしれませんが、飼い葉食いは良好ですし、順調に進められています。ずんぐりした体型なので、引き締めたいところ。このまま乗り込んで、どんどん負荷を掛けていこうと思います」(担当者)
2019/10/4 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「この中間、来週からの地元8回浦和開催(10/7~)での出走を視野に調整してきましたが、歩様の良化が見られません。今夏の酷暑のなか、3戦を消化した疲労の蓄積が抜け切れないようですね。これでは状態を上げていくにも、在厩のままでは逆に時間が掛かると思います。一旦ここで心身ともにリフレッシュを図り、立て直しましょう。来月11月末の10回浦和開催(11/25~)での復帰になるでしょうか」(小久保智調教師)
2019/9/27 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
★9/25(水)船橋・3歳(三)(四)(ダ1500m)笹川翼騎手 結果8着

「船橋まで持って行ったにもかかわらず、結果を出せず申し訳ありませんでした。勝利は挙げていないものの、賞金を稼いできたことで、現状の3歳クラスでの組が上がってきて、骨っぽいメンバーが相手だったことも事実でしょう。レース後、トモの疲れが顕著に出ているように、それが本番でのスタートの悪さにつながっているのかもしれません。歩様もゴトゴトしていますので、まずは疲労回復に重点を置いて調整していきます」(小久保智調教師)
2019/9/25 (船橋競馬場)
馬体重:543kg
★9/25(水)船橋・3歳(三)(四)(ダ1500m)笹川翼騎手 結果8着

「スタートで後手を踏んで、前の馬のキックバックの砂を被ってしまって、行きっぷりがいまひとつ。鞍上の笹川ジョッキーが促しても、先行集団に取り付くことが出来ませんでした。コンディションそのものは前走と変わらない印象を受けたのですが、初めての競馬場ということもあったのでしょうか。最後までバテずにジリジリとは伸びているのですが。巻き返したいですね」(小久保智調教師)
2019/9/20 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「この中間はあと一歩の差を埋めるため、チークピーシズを装着して乗り込みを図っています。来週9/25(水)の船橋・ダ1500m戦への出走を見据え、今日、4ハロンから59.8-43.5の終い15秒を切る時計で追い切っておきました。出走予定メンバーを精査したうえで出馬投票し、除外の場合は地元の8回浦和開催(10/07~)で出走するプランです。決して悪いことではなく、大変喜ばしいことなのですが、飼い葉食いが旺盛過ぎですよ」(小久保智調教師)
2019/9/13 (浦和競馬場)
馬体重:535kg
★9/13(金)浦和・3歳(十)(ダ1400m)笹川翼騎手 結果2着

「ゲートの中でバタバタしてしまって、スタートのタイミングが合わず出負けしてしまいました。遅れを取り返すべくステッキを使って出して行き、そのうえスローペースで前を行く馬の手応えが楽な感じだったので、3コーナー手前から早めに捕まえにいったのですが。追走している際は手応え良く、前に前に行こうとハミを取るのですが、並びかけるとソラを使いますね。最後は決してバテているわけではありません。今日で4戦目というキャリアの浅さがツメの甘さにつながっているのでしょうか。全てがこちらの思う通りに上手くいかなかった中での惜敗ですし、返し馬での走りや背中の感触からも能力を感じました。精神面の幼さ、それを補う馬具やゲート入りを工夫することで活路が見い出せるはずです」(笹川翼騎手)
2019/9/6 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「元気一杯で飼い葉を食べ過ぎるくらいですよ。それでも、しっかりと体を使って走れていますので、今回は絞れてくると思います。31日(土)に4ハロン56.6-42.0の追い切りをおこないましたが、トモの状態も良く上昇気配を示していました。明日7日(土)には最終追い切りを予定しており、来週9/13(金)浦和・3歳(十)(ダ1400m)に笹川翼ジョッキーで向かいたいと思います。登録の段階では相手関係にも恵まれ持ち時計も優位ですので、前走以上の走りが期待できるでしょう」(小久保智調教師)
2019/8/30 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「前走を使った大きな反動は見られませんね。7回浦和開催(9/9~)での出走に向けて、緩めていませんよ。長めをじっくりと乗り込みながら中身をしっかりと造り、絞り込みも図っています。涼しくなってくれば自然と調子も上がってくるでしょうし、次こそなんとかしないといけませんね」(小久保智調教師)
2019/8/23 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
★8/20(火)浦和・3歳(六)(ダ1400m)森泰斗騎手 結果2着

「太めでの出走となり、申し訳ありませんでした。攻めていくとどうしてもトモがクタクタしてしまうので、そのサジ加減が難しいんですよね。また、せっかくの最内枠にもかかわらず、トモの踏ん張りがきかないのか、スタートダッシュを決めて、レースの主導権を握ることが出来ませんでした。ただ、現状の弱点をしっかりと把握するという意味では収穫のある一戦だったと思います。コンディションに問題がなければ、次の7回浦和開催(9/9~)でリベンジを図りましょう」(小久保智調教師)
2019/8/20 (浦和競馬場)
馬体重:543kg
★8/20(火)浦和・3歳(六)(ダ1400m)森泰斗騎手 結果2着

「馬体の張りは前走より良くなっていたと思いますが、重め残り(前走から24kg増)だったかな。外枠の馬のおかげで、ゲートの中で待たされたことも痛かったです。出負け気味のスタートで立ち遅れて、先手を奪うことが出来ませんでした。そのうえ、この前残りの重馬場ですからね。よく2着を死守したと思いますよ。引き続きゲート(入りとスタートダッシュ)が課題ですね」(森泰斗騎手)
2019/8/16 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「来週8/20(火)浦和・3歳(六)(ダ1400m)を予定しています。鞍上は引き続き森泰斗ジョッキーで調整中です。12日(月)に3ハロン44.6秒を馬なりで、昨日15日(木)には併せ馬で4ハロン56.3-40.5を強めで追い切りました。鞍上のゴーサインに対しての反応はいまひとつでしたが、しっかりと動けていたと思います。今回でデビューから3戦目、100mの距離延長、なんとか決めなければいけませんね」(小久保智調教師)
2019/8/9 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「キャンター3000m(16~20秒ペース)をベースに週1回15-15をおこなっています。先週よりペースアップしたことで、ピリッとして気持ちが入ってきましたね。大型の真っ黒い馬なので、早朝の涼しい時間帯に乗り込んでいますので、元気もいいですよ。次の6回浦和開催(8/16~)の番組が今週末にはハッキリとしますので、逆算して追い切りをかけていきます」(小久保智調教師)
2019/8/2 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「大型馬の男馬ということもあり、暑さなりのバテは見られますが、キャンター3000m(16~20秒ペース)をしっかりと乗り込めています。ここにきて体つきが随分と大人びた印象を受けますね。次開催の6回浦和開催(8/16~)に向けて順調ですので、ペースアップを図り、追い切りもおこなっていきましょう」(小久保智調教師)
2019/7/26 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「今週の5回浦和開催(7/24~)での出走を視野に入れていましたが、先週から今週の前半にかけての天候と野田トレセンの馬場状態、脚元等のアクシデントを考慮して、追い切りを控えました。ですので、次開催の6回浦和開催(8/16~)での出走に目標を仕切り直します。気も入ってきていますし、動きの緩慢さも随分と解消されてきたように思います。この状態をキープしながら仕上げていきましょう」(小久保智調教師)
2019/7/19 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「この中間も16~22秒のキャンターでトータル3000mの乗り運動で調整しています。今週も馬場が良い日が一日もありませんでしたので、先週から引き続きのメニュー。5回浦和開催(7/24~)での出走を視野に入れてはいますが、追い切り本数の不足で動きや息遣いに納得がいかなければ、次開催の6回浦和開催(8/16~)へのスライドも致し方ないと考えています」(小久保智調教師)
2019/7/12 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「5回浦和開催(7/24~)での出走を視野に、引き続き16~22秒のキャンターでトータル3000mの乗り運動で調整しています。悪天候でトレセンの馬場状態が決して良くはなかったことから、今週の追い切りは控えました。徐々にピリッとしてきていますし、ここまでは順調に乗り込みを進めることが出来ていますね」(小久保智調教師)
2019/7/5 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「引き続き16~22秒のキャンターでトータル3000mの乗り運動で調整しています。乗り運動のメニューそのものは先週同様のものですが、段々と気が入ってきましたね。それに合わせるかのように、絞れてきた印象を受けます。5回浦和開催(7/24~)に向かいましょう。来週は3ハロンから速いところをおこないたいと考えています」(小久保智調教師)
2019/6/28 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「16~22秒のキャンターでトータル3000mの乗り運動で調整しています。フットワークが以前より力強くなってきていますし、鞍上に反抗するシーンが増えてきました。背腰がしっかりとしてきたことが影響していると思います。心身両面の幼さの解消は一朝一夕にはいかないものの、少しずつピリッとしてスイッチが入ってきたようです。5回浦和開催(7/24~)に向けてネジを巻いていきましょう」(小久保智調教師)
2019/6/21 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「軽めのキャンターで調整していますので、5回浦和開催(7/24~)に目標を仕切り直します。申し訳ありません。ただ、針治療の効果は本当に大きかったようで、元気一杯に映りますね。いい意味で、どっしりとした雰囲気も維持してますので、体調が着実に良化してきているのだと思います。来週から普通キャンターに移行し、ピッチを上げていきましょう」(小久保智調教師)
2019/6/14 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「両トモの疲れが抜け切らずクタクタして映るので、針治療をおこないました。3日間は安静にしていたのですが、飼い葉もしっかりと食べていますし、コンディションは良好のようですね。歩様も良化して、随分と楽に動けている印象を持ちました。ここからはどんどん進めていけそうですよ。次走で3戦目ですし、きっちりと決めたいところですので、4回浦和開催(6/27~)での出走については慎重に考えたいと思います」(小久保智調教師)
2019/6/7 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「2戦を消化したことによる疲労の蓄積とここのところの暑さもあり、少しバテ気味に映りますね。4回浦和開催(6/27~)を目標にはしていますが、トモの疲れが顕著なため、この中間はは軽めの運動で状態観察につとめてきました。週明けのトモの回復次第では、針治療を取り入れるプランも考慮しています」(小久保智調教師)
2019/5/31 (浦和競馬場)
馬体重:519kg
★5/31(金)浦和・3歳(七)(ダ1300m)森泰斗騎手 結果2着

「トモに力が付き切っていないため、スタートしてからもゴーサインを出してからも、なかなか推進していかなかったですね。ただ、砂を被ってもひるまなかったし、外を回ったけど最後よく差を詰めてくれました。前走(1.26.2)から走破時計も短縮(1.25.3)出来ましたし、一戦ごとにレース内容は良くなってきたのではないでしょうか。もっと距離があった方が良さそうですね」(森泰斗騎手)
2019/5/24 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「前走と同条件で最終日に組まれている5/31(金)浦和・ダ1300m戦への出走を予定しています。21日(火)に3ハロン44秒のところを追い切っていますし、明日もしくは明後日に予定している併せ馬できっちりと出走態勢に持っていけるでしょう。鞍上は引き続き森泰斗ジョッキーで調整中。今度は違うと思いますし、前進を期待しています」(小久保智調教師)
2019/5/17 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「レースを経験したことで、大分ピリッというかシャキッとしてきた印象を受けています。現在は3000m前後の距離をハロン20秒ペースのキャンターで乗り込んでいますが、平均気温の上昇もあり、締まってきましたね。心身ともに良化傾向にあると思います。予定通り3回浦和開催(5/27~)に向かいましょう」(小久保智調教師)
2019/5/10 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
★5/03(金)浦和・3歳(八)(ダ1300m)森泰斗騎手 結果4着

「挫跖というアクシデントがあったものの、ひと追いごとに動きが良化していたし、潜在能力の高さもうかがえて、初戦から好レースを期待していたのですが。バランスのいいフットワークですが、もっさりとした面が抜け切れていませんでしたね。3回浦和開催(5/27~)に続戦しましょう。経験馬相手のデビュー戦を消化したことによる、大型馬の変わり身と上積みに期待したいですね」(小久保智調教師)
2019/5/3 (浦和競馬場)
馬体重:515kg
★5/03(金)浦和・3歳(八)(ダ1300m)森泰斗騎手 結果4着

「まだまだ心身ともに幼いですね。全体的にユルいうえに手先に重さがあるし、今日がレースということが分かっていない感じ。バテてるわけではなく、気持ちが入っていないんですよね。今回で多少身に付いてくれたと思います。レースや追い切りなどのキャリアを積み重ねることで、学習し変わってきてくれれば、チャンスはいずれ回ってきそうです」(森泰斗騎手)
写真
2019/4/26 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「来週5/03(金)浦和・3歳(八)(ダ1300m)でのデビューを予定することになりました。今日、半マイルから15-15を少し切る追い切りをおこないましたし、あと1本やれば出走態勢は十分に整うでしょう。飼い葉食いも旺盛で、追い切り後も落ち着いていることはなによりの証拠。念のため右後肢挫跖部の消毒治療も継続しています。今度こその気持ちですし、いきなりから結果を出したいですね」(小久保智調教師)
2019/4/19 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「1回浦和開催(4/30)、2回浦和開催(5/1~3)でのデビューに向けて、ハロン16~18秒のキャンターで調整中です。明日には15-15を切るところを予定しています。先週より一段階ギアを上げましたが、その反動は見られませんし、右後肢の蹄の状態にも影響はないと思います。目標に向けてしっかりと仕上げていきましょう」(小久保智調教師)
2019/4/12 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「現在は3000m前後の距離をハロン20秒ペースのキャンターで調整を進めています。右後肢挫跖部の膿みがきれいに取り切れたので、本格的な馬場入りを再開しました。来週にはハロン16~18秒までペースアップできるでしょう。ただ約2週間、患部の治療のため調整をゆるめたのは事実。1回浦和開催(4/30)、2回浦和開催(5/1~3)に間に合うようここからネジを巻いていきましょう」(小久保智調教師)
2019/4/5 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「右後肢の挫跖した患部の排膿がいまひとつの状態なので、軽めの運動で経過を観察しています。歩様には見せないのですが、若干ながら熱を持っている状態です。ここでペースアップすると逆に長引いてしまう可能性が高いので、無理は禁物。1回浦和開催(4/30)、2回浦和開催(5/1~3)にはなんとか間に合わせられるよう調整メニューを組んでいきましょう」(小久保智調教師)
2019/3/29 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「27日(水)の調教後、右後肢に軽度の跛行が見られたため、予定していたレースを回避することになりました。デビューを心待ちにされていた会員の皆様に深くお詫びいたします。幸い挫跖の症状は軽度で回復も早く、歩様の方はもう問題ありません。今週末に一度跨ってみて、その感触や蹄の様子を見ながら調整を進めていくつもり。1回浦和開催(4/30)、2回浦和開催(5/1~3)に向けて仕切り直します」(小久保智調教師)
2019/3/27 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
本日の調教後、右後肢に軽度の跛行が見られ、同箇所の蹄底に挫跖を発症していることが判明。3/29(金)浦和・3歳未出走 未受賞(ダ1300m)に出走を予定していましたが、出馬投票を見送り、出走を回避いたします。
なお、1回浦和開催(4/30)、2回浦和開催(5/1~3)に向けて、患部の様子を見ながら調整を進めていく予定です。
2019/3/22 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「3/29(金)浦和・3歳未出走 未受賞(ダ1300m)に出走予定です。この中間は馬場で2000~2500mの距離を普通キャンターでジックリ乗り込んできました。馬体はだいぶ引き締まり、冬毛も抜けて体調はグンと上向いています。本追い切りは明日、ゲートから出してやる予定。このひと追いで概ね態勢は整うでしょう。能検合格後も順調に来ましたし、登録のメンバーの顔ぶれを見ても能力は上位のはず。初戦から期待しています。なお、鞍上については鋭意調整中です」(小久保智調教師)
2019/3/15 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「普段の調教でも乗り手が油断するくらいボーッとしている感じですが、何かの拍子にスイッチが入ると体を大きく使って走りが一変します。馬体のシルエットも締まってきて、徐々に態勢は整ってきた印象。再来週のレースに向けて、そろそろピッチを上げていくつもりです。心身共にまだまだ幼さを残している現状ですが、なかなかいいモノを持っている馬。恐らく3歳の一番下のクラスに組まれるでしょうから、初戦から勝ち負けを意識できるように抜かりなく調整していきたいと思います」(小久保智調教師)
2019/3/8 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「普段は馬場で3000mを18~20秒ペースのキャンターで乗り込み、週1回は軽めの運動にとどめてメリハリを付けて調整しています。まだレースまで時間があるのでそれほど負荷を掛けていませんが、ジックリ乗り込んできたことでだいぶ体力が付いてきた印象。相変わらず飼い葉食いは旺盛ですが、食べ過ぎると太ってしまいますし、かといって量をセーブすると馬にストレスを与えてしまうため、乾草や切り草を多めに食べさせるなど工夫しています。いずれにしても、第13回浦和開催(3/25~)でのデビューに向けて順調そのものです」(小久保智調教師)
2019/3/1 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「現在は3000m前後の距離をハロン20秒ペースのキャンターで調整を進めています。この中間から距離を延ばし、長めからジックリ…のスタンスで入念に乗り込んでいるところです。目標の第13回浦和開催(3/25~)まで少し時間がありますし、急激にペースアップして疲れが出てしまっては元も子もありません。心身共にまだ子供で、脚元や馬体に関しても完全にパンとした訳ではないですからね。様子を見ながら進めていき、ペースアップのタイミングを探っていくつもりです」(小久保智調教師)
2019/2/22 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「この中間は馬場で2000~2500mの距離を普通キャンターでジックリ乗り込んでいます。20日(水)の攻め馬は保園ジョッキーが騎乗。最初はあまり進んでいかなかったのですが、見せムチをしたら一気にスイッチが入りました。オンとオフが極端なような気はするものの、その辺をうまく生かして心身共にピリッとさせたいですね。飼い葉をペロッと平らげるくらい食欲は旺盛。逆を言えば与えたら与えた分だけ食べてしまいますから、太らないように飼い葉の量を調整しつつ、攻め馬でしっかり負荷を掛けて鍛えていくつもり。来月の第13回浦和開催(3/25~)でのデビューに向けて、様子を見ながら徐々にピッチを上げていきます」(小久保智調教師)
2019/2/15 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
馬体重:524kg
本日15日(金)に浦和競馬場での能力検査を受検し、1.30.4(ダ1300m)のタイムで合格しました。

「前日にゲートの入り、駐立、発馬と本番さながらの予行演習をおこなったところ、問題ありませんでした。能試でも五分に出てくれましたし、道中の走りも悪くなかったですよ。まだ気持ちの面がピリッとしていませんし、馬体もまだ重めが残っているだけに、これから調教でしっかり負荷を掛けてシェイプアップに励んでいきたいと思います。今後は来月の第13回浦和開催(3/25~)でのデビューに向けて、鋭意調整を進めていくつもりです」(小久保智調教師)
2019/2/8 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「この中間も併せ馬でジックリと乗り込みつつ、ゲート練習も並行しておこなっています。今のところ、進入・駐立・発進のいずれも手を焼くことなくスムーズですね。本番になると雰囲気の違いを察知してやることがあるので油断はできませんが、練習のように出てくれれば問題はないですし、次で浦和競馬場本馬場も2度目になるので、前回のように戸惑って硬直するようなこともないと思います。15日(金)の再検に向けて鋭意調整を進めていきましょう」(小久保智調教師)
2019/2/1 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「この中間は心身両面でピリッとさせる意味でも、普段の調教からパートナーをつけて併せ馬で乗り込んでいます。どうも単走だとノンビリと走ってしまって負荷が掛かりませんからね。ゲート練習も並行してやってはいるものの、あまりやり過ぎてトラウマになってしまっては元も子もありません。その辺の塩梅がなかなか難しいところではありますが、次回の能検では五分のスタートが切れるように色々工夫していくつもりです」(小久保智調教師)
2019/1/25 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「昨日24日(木)に浦和競馬場本馬場で能力試験を受けました。ゲートの扉が開いた瞬間にビックリして硬直、戸惑ってしまったようで、他2頭から3秒近く遅れてゲートを出ていく始末。タイム的には十分合格ラインの1:31.7でしたが、残念ながら不合格となってしまいました。野田トレセンでゲート練習を積んでいたのですが、初めての場所でもあり、繊細な面がアダになってしまったようです。だた、スタートしてから加速し、前を行く2頭にスッと取りついた走りには好感触を持ちましたね。2週間後の再試験に向けて仕切り直します。申し訳ありません」(小久保智調教師)
2019/1/18 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「まだコーナーで気を抜く面が見られますし、少しビビりなところもあるため、先週末からメンコを着用して調教に臨んでいます。まだ体つきが立派な気はするものの、それを除けば気になるところはありません。この中間も入念に乗り込んでおり、ここまでは至って順調ですね。明日19日(土)に15-15のところをサッとやって息を作り、24日(木)の能力試験を受ける予定です」(小久保智調教師)
2019/1/11 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「この中間も乗り込み自体は順調。トモの疲れも概ね解消されてきましたね。飼い葉食いが旺盛過ぎて馬体重の調整に苦労しているのと、促さないと進んでいかないほど前向きさに欠けるのが目下の課題でしょうか。ただ、見せムチでピリッとさせればしっかり走ってくれますから、それほど心配はしていません。変にピリピリして馬体をすぐに減らしてしまうよりは、これくらい図太いくらいが今の時期はちょうどいいのかもしれないですね。今後は24日(木)の能力試験を受ける予定で、来週に15-15のところをサッと流すつもりです」(小久保智調教師)
2018/12/28 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「当初は26日(水)の能検を受ける予定でしたが、トモの疲れが少し気になったのと、もう少し乗り込んで更なる良化を促したいという判断から自重することにしました。能検を受けた反動でトモがクタクタになってしまっても困りますからね。この中間は軽めの運動中心の調整で、若干ペースを落としています。決してどこかが悪いという訳ではなく、しっかり乗り込んでいく中でのインターバル的な意味合い。今後は乗り固めていくイメージで入念に乗り込み、様子を見ながら徐々にピッチを上げていくつもりです」(小久保智調教師)
2018/12/21 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
「毛ヅヤがひと息で体のラインが少しぼやけて見えますし、トモに若干疲れが出ている印象。ただ、毛ヅヤに関しては時季的に仕方がありません。トモの疲れは、ノルマンディーファーム小野町で入念に乗り込まれてきた証拠。調教を休まなくてはならないほどの重篤なものではありませんから、心配はご無用です。とにかくおとなしくて扱いやすく、担当厩務員は大のお気に入り。飼い葉食いも旺盛で、全く手が掛かりませんね。入厩した次の日から早速馬場入りを開始し、順調に乗り込んでいます。今朝、3頭併せで初めての本格的な追い切りを消化。半マイル55.2-40.6-13.9を馬ナリで計時しました。4コーナーでモタついて半馬身ほど遅れたものの、乗り役が促して併入に持ち込んでいます。これくらいの時計で動けば能検は問題なくパスできるはず。予定通り26日(水)の能検を受けるつもりです」(小久保智調教師)
2018/12/14 (浦和競馬野田トレーニングセンター)
ノルマンディーファーム小野町で順調に調整され、本日14日(金)に浦和競馬野田トレーニングセンター・小久保智厩舎に入厩しました。

「まだ到着したばかりで、細かいチェックはこれから。それでも出発直前までかなりハードに乗られていたようですし、気持ちの面もだいぶピリッとして、ようやく心身共に競走馬らしくなってきましたね。ひとまず明日から乗ってみて、その感触を確かめてから今後のメニューやスケジュールを決めるつもりですが、順調にいけば26日(水)の能検を受けようと思っています」(小久保智調教師)
2018/12/7 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:534kg
現在は馬場3周と坂路1本を18秒ペース(週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間は体が引き締まってきたこともあってか、動けるつくりに変わってきたようで、追い切りの際は無理に追っつけたりすることもなく13秒台まで伸ばせるようになってきました。トモの状態は変わらず安定していて、どんどん攻めることが出来、しっかり身にもなっている印象です。来週中には入厩予定とのことですが、気性的にもピリッとしてきた感じで、心身ともに順調に良化していると言えそうです。引き続きしっかり乗り込んで入厩に備えたいと思います。
2018/11/30 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:533kg
現在は馬場3周と坂路1本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。先週末に15-15をおこなった後も順調に乗り込めており、今週からは追い切りを週に2回に増やし、入厩へ向けた調整に移行しています。トモの不安はまったく感じられず、負荷を強めたメニューにも対応できており、ここにきて体そのものがしっかりしてきた印象を受けます。今後も速いところを消化しながら、もう1、2段階パワーアップを図っていければと思います。
2018/11/23 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:533kg
現在は馬場3周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今週は周回コースメインに調教をおこなっています。ここ最近は大分体力も付いてきて、体も締まってきました。欲を言えばもう少し自分からハミを取って、グイグイ前へ行って欲しいところですが、今週末からは15秒ペースの追い切りも織り交ぜていく予定なので、おそらく変化が出てくるものと思います。来週からは週に2回の時計消化をおこないながら、入厩へ向けピッチを上げていく考えです。
2018/11/16 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:540kg
現在は馬場3周と坂路1本もしくは馬場1周と坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。先週より更に負荷を強めていますが、調教量を増やしながら体も締まってきた印象。筋肉量も増加傾向に映ります。坂路を2本登坂させている日は2本目をやや速めのペースで走らせるなど、メリハリを付けていることで前進気勢の強化や、気合乗りを良くする効果も見られます。来週末辺りを目処に坂路で15秒ペースまで上げた追い切りをおこなおうと考えており、そこで問題がなければ入厩を意識したメニューへ移行していく予定です。
2018/11/9 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:533kg
現在は馬場2周と坂路1本もしくは馬場1周と坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。今週より週に2回は坂路を2本登坂する日を設けていますが、トモに違和感が出ることもなく、順調に進めることが出来ています。まだ前進気勢に物足りなさは感じられるものの、坂路の本数を増やして攻め込んでいくことにより、その辺は改善されてくるものと思われます。今後もトモの状態に問題がなければ、どんどんペースを上げていく予定です。
2018/11/2 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:533kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。今週より毎日坂路に入れてトモの強化を図っています。調教後もトモの状態は問題なく、今後は坂路で徐々にペースアップしていけるものと思います。ペースを上げていけば、馬自身気合いが乗ってくる部分も出てくるでしょうし、入厩へ向けた調教へスムーズに移行できればと考えています。ジワジワと負荷を強めながら進めていくつもりです。
2018/10/26 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:527kg
現在は馬場3周もしくは馬場2周と坂路1本(上限25秒ペース)のメニューで調整しています。週に2回は坂路も織り交ぜながら調教をおこなっていますが、トモの状態は安定しており、来週からは坂路の本数を増やしてメニューを強化していく予定です。性格的なものもあるのか、落ち着きすぎているところがあり、騎乗者の扶助への反応も決して良いとは言えない感じです。普段の曳き馬の歩様もモッサリしているところがあるので、騎乗時以外でも常に促しながらピリッとした面を引き出していけるよう調整していきます。
2018/10/19 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:524kg
現在は馬場3周もしくは馬場2周と坂路1本(上限25秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗開始後も後脚に異常が見られるようなこともなく、立ち上げに関しては問題なくおこなえたと言えそうです。ただ、重苦しい感じは相変わらずで、どこかに異常があるとかではなく、全体的な平均値がまだ足りていないように映ります。基礎的な体力、筋力が必要で、周回コース3周を主におこないながら、週に2~3本は坂路も登坂させ、土台を固めてから次の段階へ移行していく時期を検討していきたいと思います。
2018/10/12 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:535kg
現在は馬場3周のメニューで調整しています。10日(水)に角馬場での騎乗を再開し、翌11日(木)からは周回コースでダク、ハッキングキャンター合わせて3000mの調教をおこなっています。歩様に異常などはありませんが、しばらく休んでいたこともあり、全体的に筋肉が緩み、ダートコースを走っている姿は重苦しく映ります。脚元もトレッドミルのベルトとダートでは必要な力が違ってくるので、しばらくは現状のメニューを消化しながら、基礎的な筋力の回復を図っていきたいと思います。
2018/10/5 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:528kg
現在はウォーキングマシン1時間とトレッドミルで調整しています。引き続きトレッドミル主体でかなり負荷の掛かるメニューを課していますが、運動中、運動後ともに歩様に異常などはなく、ここまで順調にきています。来週には騎乗を開始しても問題なさそうな状態なので、角馬場での軽めの運動から開始し、その後に周回コースでの調教へと移行していきたいと思います。
2018/9/28 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:533kg
現在はウォーキングマシン1時間とトレッドミルで調整しています。先週に引き続きトレッドミル主体で進めていますが、今週よりキャンターも取り入れたメニューに切り替えています。当初は角馬場での騎乗も検討していましたが、トレッドミル上でのキャンターをもう少し安定させてから次の段階へ進めていく方が良さそうな印象なので、もうしばらく継続することにしました。体も立派に映るので、シェイプアップも図りながら進めていきます。
2018/9/21 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:525kg
現在はウォーキングマシン1時間とトレッドミルで調整しています。騎乗時の歩様確認のため、19日(水)に角馬場でダクまでおこないました。まだ全体的に筋肉量が少ないのもあってか、一歩一歩が重苦しい感じです。しばらく楽をさせていたこともあり、今回騎乗した感じでは異常なまでの歩様の乱れは感じなかったので、トレッドミルをメインに週に数日は角馬場で騎乗し、基礎体力を付けながらトモの状態を確認していこうと思います。
2018/9/14 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:506kg
この後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整を進めることになり、10日(月)に移動しました。

現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。こちらへ到着後は馬体のチェックをおこない、歩様にも異常が見られなかったため、連日ウォーキングマシンに入れて歩かせています。曳き運動での速歩の動きもチェックしていますが、左トモが真っ直ぐ踏み込めておらず、痛みもあるのかもしれませんが、全体的にトモが非力に映ります。毛艶も良いとは言えず、溜まっていた疲労が表に出てきているのかもしれません。まずは体調面の回復を促し、その後に角馬場で騎乗しての歩様確認をおこなって、今後の方針を決めていきたいと思います。
2018/9/7 (NSR)
馬体重:510kg
「現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。この中間、速歩になると歩様に違和感があり、乗り手も『乗っていてグラグラする』と言っていたほど。触診反応も見られたため、一旦ペースを落としました。脚元には問題なく、股関節か後膝あたりに疲れが出ているのではないかと思われます。念のため今週一杯はウォーキングマシン運動のみにとどめ、少し楽をさせるつもり。今週末に獣医さんにチェックしてもらい、相談したうえで今後のメニューを決めようと思っています」(担当者)
2018/8/31 (NSR)
馬体重:510kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを3500~4000m(17秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き15秒ペースの時計消化を織り交ぜて入念に乗り込んでいます。本数を重ねながら確実に良くなっているのは間違いありませんが、欲を言えば背腰にもう少し筋肉を付けて欲しいのと、まだのんびりししているところがあるだけに気持ちの面でもピリッとさせたいところ。脚元や体調面に関しては何ら問題ありませんし、まだまだ変わる余地を残していますから、引き続きジックリ乗り込んで心身両面の良化を促していきたい考えです」(担当者)
2018/8/24 (NSR)
馬体重:510kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを3500~4000m(17秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。馬体が絞れてシルエットがスッキリ見えるようになってきました。欲を言えばもう少し筋肉を付けたい気もしますが、それでも競走馬らしい体つきになりつつありますね。気持ちの面もだいぶスイッチが入ってきた印象で、単走でも自分からハミを取るくらいの前向きさが出てきました。引き続き時計消化を織り交ぜながらジックリ乗り込みつつ、入厩に向けて態勢を整えていければと思っています」(担当者)
2018/8/17 (NSR)
馬体重:515kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを3500~4000m(17秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から15秒ペースの時計消化を週2回に増やし、乗り込みを更に強化しています。まだ腹回りに多少余裕はありますが、背腰に筋肉が付いていい体つきになってきましたね。普段はおとなしくて扱いやすいですし、調教では併せ馬になると前進気勢が窺えます。オンとオフの切り替えが上手な馬。引き続き乗り込みを進めつつ、入厩に向けて態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2018/8/10 (NSR)
馬体重:520kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを3500~4000m(17秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も17秒ペースでコンスタントに乗り込んでいますが、だいぶ背腰に筋肉が付いて体つきが変わってきた印象。逞しさが出てきましたね。今週末に15秒ペースの時計消化をおこない、来週からは水曜と土曜の週2回に増やして更に負荷を掛けていくつもり。仕上がりはだいぶ進んできましたから、これで馬が耐えてくれるようなら入厩の目処が立つのではないでしょうか」(担当者)
2018/8/3 (NSR)
馬体重:515kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを3500~4000m(17秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。先週末に15秒ペースの時計消化をおこなう予定でしたが、台風の影響を考慮して1日(水)にスライドしました。ガラッと変わった感じこそないものの、普段の17秒ペースでは楽に行けるようになったあたり、だいぶ体力が付いてきたように思います。引き続き時計消化を織り交ぜながらジックリ乗り込んでいくつもりですが、今後は良質な筋肉を付けることに重きを置いて進めていこうと思っています」(担当者)
2018/7/27 (NSR)
馬体重:520kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを3500~4000m(17秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。予定通り先週末に15秒ペースの時計消化をおこないました。動き自体は決して悪くなかったものの、終いはやや一杯に。飼い葉を食わし込んで体力を付けたいですし、背中からトモにかけてもっと筋肉が欲しいところ。今回、初めて速い時計を出したことで新たな課題が見つかりました。その辺を払拭するために、今後も時計消化を織り交ぜながらジックリ乗り込んでいくつもりです」(担当者)
2018/7/20 (NSR)
馬体重:512kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを3500~4000m(17秒ペース)のメニューで調整中です。この中間、トモが若干浮腫んだものの、今はすっかり解消しています。乗り込みの方も至って順調。今週末に装蹄後、15-15の時計消化を予定しています。その動きや息遣いで入厩に向けての見通しが立つのではないでしょうか。どんな動きをしてくれるのか、我々も楽しみにしています」(担当者)
2018/7/13 (NSR)
馬体重:508kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを3500~4000m(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間は順調にペースアップを図りながら乗り込みを進めています。ここまでは至って順調ですし、だいぶ素軽さが出てきたように良化も顕著。今の感じなら、来週には15-15の時計消化を織り交ぜて更なるペースアップを図ることができるでしょう。おっとりしていて気持ちがまだ入っていない印象なので、併せ馬で乗り込んでピリッとさせたいですね」(担当者)
2018/7/6 (NSR)
馬体重:495kg
今後は美浦近郊のKSトレセン内NSRで調整を進めることになり、1日(日)に移動しました。

「現在は屋外ダートコースでダクとハッキングキャンターを2400mのメニューで調整中です。輸送熱などもなく到着後も順調だったことから、翌日から騎乗運動を再開しました。おとなしくて従順、全く手が掛かりませんね。動きの方も上々で、仕上がりは早そうなタイプ。ただ、まだスイッチが入っていない感じなので、気持ちの面をピリッとさせたいところです。全体的な緩さもまだ感じられるだけに、これからしっかり乗り込んで鍛えていきたいと思います」(担当者)
2018/6/30 (オカダスタッド)
馬体重:496kg
現在はトレッドミル運動と併行しながら坂路2本(上限13~15秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「体質がしっかりとしてきたため、この中間より週2回は15-15のメニューをこなしています。そのうち1本は終い13秒台まで時計を詰めており、飼い葉をしっかりと完食して前向きさも出てきました。ようやく軌道に乗り始めてきたところで、もう少し乗り込んでいけばまだまだ変わってくるでしょう」と話していました。なお、今後は入厩に向けてトレセン近郊のNSRで調整を進めることになり、本日30日(土)に北海道を出発しました。
写真
2018/6/15 (オカダスタッド)
現在はトレッドミル運動と併行しながら坂路2本(上限15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も週1回は15-15のペースで登坂し、スピード調教を消化した翌日はトレッドミル運動にとどめるなど強弱をつけたメニューで対応しています。徐々に体質が強化され体重が減らなくなった点は成長の証し。これからスピード調教の回数を増やし、ひと山乗り越えることが可能になれば、今後の方向性が見えてくると思います。
2018/5/31 (オカダスタッド)
馬体重:498kg
現在はトレッドミル運動と併行しながら坂路2本(上限15~16秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「この中間も週1回はハロン15秒台のペースで登坂させています。体質面にやや課題を残していた馬でしたが、飼い葉食いや毛ヅヤの良化が物語るようにしっかりとしてきた印象を受けます。今後も良く食べさせ負荷を強めていくことで、もうワンランク中身を向上させたいと考えています」と話していました。尚、23日(水)に小久保調教師が来場して馬体と歩様のチェックを行っています。
写真
2018/5/15 (オカダスタッド)
現在はトレッドミル運動と併行しながら坂路2本(上限15~16秒ペース)のメニューで調整しています。この中間は週1本ハロン15~16秒台のペースで気合をつけ、週2回はトレッドミル運動を挟むなど強弱を付けたメニューで対応しています。ハリという点に物足りなさを残していた馬体も少しずつ膨らんできており、肌ツヤも目に見えて良化。状態が上がってきていることは間違いなく、この調子でさらなる上積みを目指していきます。
2018/4/30 (オカダスタッド)
馬体重:485kg
現在はトレッドミル運動と併行しながら坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「標準以上の体格があるわりには、まだパワーが付き切っていない印象を受けます。トモに疲労が蓄積しないよう所々でトレッドミル運動を挟みながら適切な負荷で対応していきます」と話していました。冬毛がほぼ抜けて肌ツヤがガラリと良化。これから成長曲線に弾みがついてくるでしょう。
写真
2018/4/16 (オカダスタッド)
現在は坂路2本(上限17~18秒ペース)のメニューで調整しています。この中間は脚元や体調面の不安もなく順調に乗り込みを重ねており、馬場コンディションも安定してきたことで徐々にキャンターのペースを上げています。立ち姿を見ると前躯の勝った体型、調教時の動きもまだトモに甘さを感じるため、今後もじっくりと鍛えていけば、少しずつトモに力がついてくると思います。
2018/3/31 (オカダスタッド)
馬体重:487kg
現在はトレッドミル運動と併行しながら坂路2本(キャンター)のメニューで調整しています。担当者は「外傷した左前球節部は完治したため、24日より坂路調教へ移行しました。少々煩いくらいの仕草は彼本来のもの。一旦調整メニューを落としたことが良いリフレッシュとなったようです。様子を見て徐々にキャンターのペースを上げていきます」と話していました。冬毛は完全に抜けきってはいませんが、大型連休の前後にはビジュアルがガラリと変わってくるでしょう。
写真
2018/3/15 (オカダスタッド)
現在はウォーキングマシン運動とトレッドミル運動を併行したメニューで調整しています。この中間、左前球節部に軽い外傷を負ったため、一週間程度ウォーキングマシン運動のみにとどめて様子を見ていました。現在は傷口も乾きトレッドミル運動へ移行しており、徐々に通常メニューへ戻している段階です。一旦調整を緩めたことがプラスに働いたようで、だいぶピリッとした面が出てきました。
2018/2/28 (オカダスタッド)
馬体重:495kg
現在はトレッドミル運動と併行しながら坂路1本(キャンター)のメニューで調整しています。担当者は「徐々に覇気が戻ってきたため、この中間より坂路調教を再開しました。ペースや登坂回数は軽めに終始していますが、無駄なことに気をとられず真っすぐに駆け上がっています。まだ毛艶が冴えませんが、時期的な部分も少なからず影響しているはず。与えたカイバは完食してくれるため神経質になる必要はないでしょう」と話していました。明け2歳としては十分な馬格。ひと山乗り越え馬格に見合ったボリュームが出てくれば力感が増してくるでしょう。
写真
2018/2/15 (オカダスタッド)
現在は夜間放牧と併行しながらトレッドミル運動で調整しています。この中間は疲労の兆候が表面化してきたことと大雪の影響により、坂路入りを控えてトレッドミル運動をメインに進めてきました。飼い葉は完食しているものの、やや覇気に欠ける様子が窺えるため、適度にリフレッシュを挟みながら強弱をつけたメニューで対応したいと考えています。
2018/1/31 (オカダスタッド)
馬体重:488kg
現在はトレッドミル運動と併行しながら坂路2本のメニューで調整しています。担当者は「この中間より週1~2回はトレッドミル運動に挑んでいます。最初は狭いところに入りランニングベルトの上に乗ることを躊躇していましたが、現在は3500mのメニューをスムーズにこなしています。もちろん騎乗運動と併行しながら走りの質を高めていきたいと考えています」と話していました。
写真
2017/12/29 (オカダスタッド)
馬体重:464kg
現在はオカダスタッドにて夜間放牧と併行しながら騎乗運動を行っています。担当者は「この中間も休みなく調教を行っており、坂路1~2本のメニューを日課としています。日によっては2本目をハロン18~20秒ペースで登坂させていますが、ムキになって走りのリズムが乱れることもありません。以前はやや反抗的でしたが、乗り進めていくうちに人との信頼関係が深まってきた印象を受けます」と話していました。
写真
2017/11/30 (オカダスタッド)
馬体重:479kg
現在はオカダスタッドにて夜間放牧と併行しながら騎乗運動を行っています。担当者は「やや神経質な面を覗かせていたものの馴致は一通りクリアしたため、この中間より坂路コースにて本格的なトレーニングを行っています。ダク1本とハッキング1本を日課としていますが、先ずはハミ受けを安定させつつ走り方を覚えさせている段階です。今後もじっくりと乗り込み基礎体力の強化に努めていきます」と話していました。
写真
2017/10/31 (オカダスタッド)
馬体重:466kg
現在はオカダスタッドにて夜間放牧と併行しながら騎乗馴致を行っています。馴致を開始するにあたり馬格も十分あることから、この中間より騎乗馴致を立ち上げました。先ずは腹帯装着からスタートし、洗い場でのシャワーを経験させたのち丸馬場でのロンジングへと移行していますが、若干テンションの高揚が見受けられます。将来のトラウマとならぬよう警戒心が薄れるまで慎重に接していこうと考えています。
写真