現在表示しているページの位置

ファイナルマズル
牡馬 鹿  2016/3/25生
カタログPDF

父:ホワイトマズル × 母:リスティアエーデル(母の父:フジキセキ)

生産:新ひだか・岡田スタッド  所属:美浦・岩戸孝樹厩舎

  •  
  •  
総口数 400口 募集総額 800万円
募集状況 満口 1口出資額 20,000円

近況

詳細

2021/5/14 (美浦トレセン)
★5/08(土)東京・4歳上2勝クラス(ダ1400m)内田博幸騎手 結果5着

「これまで同様にレースを終えて大きなダメージはなく、いつもと変わらぬ姿を見せてくれています。ファイナルマズルのタフさは皆さんご存知ですよね。今回はなかなか収穫のあるレースでした。前目のポジションにこだわるあまりに、スタートを決めたいのがあり、それがもしかするとプレッシャーになってたのかもとも考えられます。決めつけずに出たなりの競馬でもいいのかもしれません。この後は5/29(土)東京・富嶽賞(ダ1400m・混)に向かいたい気持ちはあるものの、クラブ側からは翌週のレースも視野にという話も出ているため、もう少し時間をください」(岩戸孝樹調教師)
2021/5/8 (東京競馬場)
馬体重:480kg
★5/08(土)東京・4歳上2勝クラス(ダ1400m)内田博幸騎手 結果5着

「枠内ではうるさくしていたよう。出遅れた時はどうなることかと思いましたが、新たな面を引き出せましたね。行け行けというのではなく、脚をためてという競馬でもいいのかもしれません。前回の東京ではハナにたってという形でしたし、今回はまた違ったもので何かと収穫のある東京です」(岩戸孝樹調教師)
2021/5/6 (美浦トレセン)
☆5/08(土)東京・4歳上2勝クラス(ダ1400m)内田博幸騎手

2日(日)にBコースで4ハロン54.2-39.9-12.7を単走で強めに追われ、5日(水)にもBコースで6ハロンから1.2秒追走して併せ、84.0-68.6-53.4-39.1-12.4を馬ナリに追い切りました。「昨日はジョッキーを乗せての追い切りで、『特にクセもなく乗りやすい』と評していました。見ていても調子の良さが感じられる動きでしたし、納得のいく最終調整だったと言えるでしょう。引き続き定期的にゲートにいって駐立の確認をしています。練習の中では何をするということもなく大人しくできているんですよね。レース当日も早めにゲート裏に移動して、念には念を入れて対策をとりましょう。クラスが上がってなかなかいいところを見せられていないので、東京に場所を移しての前進に期待しています」(岩戸孝樹調教師)
2021/4/30 (美浦トレセン)
28日(水)にBコースで6ハロンから0.8秒追走して併せ、86.4-70.5-54.8-40.0-12.4を強めに追い切りました。「今週も長めからしっかりと負荷をかけて、前にいる目標を追いかけさせました。進める毎に良くなっているのが感じられて、順調な調整過程と言っていいのではないでしょうか。体調自体も良さそうに映りますし、このままの流れでいきたいところですね。これまで同様に気持ちの面で極端に追い詰めるようなことはせずに、ある程度余裕を持たせるようなイメージで最終調整へと移行していきます」(岩戸孝樹調教師)
2021/4/23 (美浦トレセン)
須藤ステーブルで調整され、20(火)に帰厩しました。

22日(木)Bコースで6ハロンから1.3秒先行して併せ、85.6-70.4-55.6-41.2-12.7を馬ナリに追い切りました。「元気な様子で戻ってきています。昨日の追い切りもずいぶんと楽に動けていましたし、これまでと比較してもいい動きだったと素直に思いました。今回は未勝利戦を勝ち上り好走歴のある東京ダート1400m戦。何とかいいところを見せられるようしっかり仕上げていきましょう」(岩戸孝樹調教師)
2021/4/16 (須藤ステーブル)
馬体重:498kg
「現在は馬場ダクとハッキングを5000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も長めからじっくりと乗り込んでいて、順調に進められています。コンスタントに乗っていますが、体重をキープしているのは好感が持てるところ。元気いっぱいに調教に取り組めていますし、送り出しに向けてこのまましっかりと負荷を掛けていくつもりです」(担当者)
2021/4/9 (須藤ステーブル)
馬体重:498kg
「現在は馬場でダクとハッキングを5000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も順調に進められていて、いい意味で変わりなくきています。体が引き締まってきて、ボディコンディションも上々。送り出しに向けて態勢は整いつつありますよ。声が掛かるまでしっかり乗り込んで、いい状態に仕上げていきたいと思っています」(担当者)
2021/4/2 (須藤ステーブル)
馬体重:497kg
「現在は馬場でダクとハッキングを5000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き長めをじっくりと乗り込んでいて、ここまでは何も問題なくきています。体調面も良好ですし、いい流れの中で進められていますよ。5月頭の東京が目標と聞いているので、そろそろ声が掛かってもおかしくなさそう。送り出しに向けて準備しておきます」(担当者)
2021/3/26 (須藤ステーブル)
馬体重:496kg
「現在は馬場でダクとハッキングを5000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。状態面に変わりはなく、順調な乗り込みをおこなえています。コンスタントに使われていますが、へこたれたりしませんし、本当にタフな馬ですね。元気いっぱいですし、このままどんどん進めていけそう。このまま長めをじっくりと乗り込みながら、態勢を整えていきます」(担当者)
2021/3/19 (須藤ステーブル)
馬体重:500kg
「現在は馬場でダクとハッキングを5000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。長めのところをコンスタントに乗り込んでいますが、疲れた様子を見せることもなく、元気いっぱいに調教に取り組んでくれています。ここまで順調にきていますし、暖かくなってきたことで体調面も良さそう。このまましっかりと乗り込んで、更なる良化を促していきます」(担当者)
2021/3/12 (須藤ステーブル)
馬体重:494kg
「現在は馬場でダクとハッキングを5000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間より、調教量を増やして乗り込んでいます。長めをじっくりと乗っていることで、息遣いも良くなってきましたし、それに伴って動きも上々。元気いっぱいで、体調面も良さそうなので、このままどんどん負荷を掛けていくつもりです」(担当者)
2021/3/5 (須藤ステーブル)
馬体重:490kg
「現在は馬場でダクとハッキングを4000m(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。入場後は大きな疲れなどが見られなかったことから、翌日に騎乗を開始。1週間乗り込んでも反動はありませんし、引き続きしっかりと乗り込んでいけそう。元気があって体調面も良さそうなので、良い調教ができています。このまま更なる良化を促していきます」(担当者)
2021/2/26 (須藤ステーブル)
★2/20(土)小倉・皿倉山特別(芝2600m・混ハンデ)西村淳也騎手 結果9着
この後はトレセン近郊の須藤ステーブルで調整することになり、25日(木)に移動しました。

「初めての芝でしたが、それにより脚元を痛めたりということもなくレースを使っての疲れが感じられる程度で済んでいます。まずは小倉での4戦分の疲労をとることを優先しましょう。この後向かうべき方向としては、障害というのも一つの道かと思いますが、その前にもう一度だけこれまで戦ってきた舞台で走らせて、その内容を見て改めて判断するつもりです」(岩戸孝樹調教師)
2021/2/20 (小倉競馬場)
馬体重:480kg
★2/20(土)小倉・皿倉山特別(芝2600m・混ハンデ)西村淳也騎手 結果9着

「思い切って乗っていいとは言ったものの、結果から見るとあそこまで競らずに前半はじっとして捲っていった方が良かったのではないかと思ってしまうのが正直なところです。見ている分には芝での走りも悪くなく映りましたが、ジョッキーは下を気にしながら走っていたとも言っています。申し訳ないことにタイムオーバーとなってしまったため、この後は美浦に連れて帰って、次の目標については少し時間をかけて考えさせてください」(岩戸孝樹調教師)

※「タイムオーバーによる出走制限」のため、2021年3月20日まで平地競走に出走できません。
2021/2/18 (小倉競馬場)
★2/13(土)小倉・和布刈特別(ダ1700m・混)丹内祐次騎手 結果14着
☆2/20(土)小倉・皿倉山特別(芝2600m・混ハンデ)西村淳也騎手

「前走を終えて矛先を変えてみようと考えていました。連闘になりますのであくまで状態優先。レース後も問題なくいつものように元気にしていますし、今日になっても変わりない様子でしたので出走の判断をさせてもらいました。今回向かうのは芝2600m戦で初めての距離ですし、初の芝でもあります。距離に関していえば延長することにより自分のリズムで走れるのはファイナルマズル向きです。今日の雪が影響して時計のかかる馬場状態になるのではと読んでいるので、芝に挑戦してみる価値はあるでしょう。ジョッキーには置きに行くような競馬ではなく、表現としてはおかしいかもしれませんが奇をてらった乗り方をしてほしいと指示するつもりです」(岩戸孝樹調教師)
2021/2/13 (小倉競馬場)
馬体重:480kg
★2/13(土)小倉・和布刈特別(ダ1700m・混)丹内祐次騎手 結果14着

「何もできずに終わってしまった感があります。前にも行けませんでしたし、速い流れの中だと脚も溜められません。自分のリズムで走れてこそなので、そういった意味でも自分のレースができなかったですよね。これを繰り返しても仕方ありませんので、一度目先を変えることも検討します」(岩戸孝樹調教師)
2021/2/11 (小倉競馬場)
☆2/13(土)小倉・和布刈特別(ダ1700m・混)丹内祐次騎手

10日(水)に小倉競馬場のダートコースで5ハロン75.3-57.4-41.2-12.9を単走で馬ナリに追い切りました。「引き続き元気一杯のよう。こちらでも向こうでも稽古をつけている丹内も状態の良さや滞在がマッチしていることを改めて感じているとのこと。ゲート練習についてもほぼほぼ毎日おこなっています。特別登録や昨日の想定の段階では今週の出走は厳しいかと思っていましたが、投票の段階では抽選対象となり、そのうちに抽選になることなく出走が叶いました。状態としては万全ですのであとは上手く導いてほしいですね」(岩戸孝樹調教師)
2021/2/5 (小倉競馬場)
★1/31(日)小倉・開聞岳特別(ダ1700m・混ハンデ)藤岡康太騎手 結果8着

「レースを終えてどこかを痛めているということもありません。疲労の度合いもいつも通りですし、馬自身が元気ですので乗り出しもスムーズに開始できています。前走でも枠内ではソワソワした様子を見せていたので、引き続き必要であればゲート練習もコンスタントにおこなう予定です。来週の2/13(土)小倉・和布刈特別(ダ1700m・混)を目標に調整していきましょう」(岩戸孝樹調教師)
2021/1/31 (小倉競馬場)
馬体重:482kg
★1/31(日)小倉・開聞岳特別(ダ1700m・混ハンデ)藤岡康太騎手 結果8着

「ジョッキーは『今日は特に周りが速く、行こうとはしたのですが行けなかったため中団で進めることにしました。向いたとはいえない展開の中でも頑張れていましたし、後ろからと決め打ちしていればもう少し前にこれていたはずです』と話しています。このクラスでも十分にやれる感触を掴んでくれたようなので、また地道に経験を積みながら結果につなげていきましょう」(岩戸孝樹調教師)
2021/1/28 (小倉競馬場)
☆1/31(日)小倉・開聞岳特別(ダ1700m・混ハンデ)藤岡康太騎手

27日(水)に小倉競馬場のダートコースで4ハロン56.5-40.8-12.8を単走で馬ナリに追い切りました。「これまで同様に丹内が跨っての時計消化でしたが、『動きがシャープになっている』と感触を話してくれています。ゲートについても引き続きコンスタントに練習をしており、当日もゲート裏に早めにいって最終確認をおこなう予定です。体調も良く、元気な姿を見せてくれて、やはり滞在競馬はファイナルマズルに合っていますね。クラスが上がってどうかというところですが、まずは何よりも気分良くいけさえすれば力は出してくれるはずです」(岩戸孝樹調教師)
2021/1/22 (小倉競馬場)
★1/16(土)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m・混)丹内祐次騎手 結果:優勝

「レース後も大きな変わりはなく、元気一杯な様子を見せてくれています。水曜までは運動で、昨日から乗り出しを開始しました。次の1/31(日)小倉・開聞岳特別(ダ1700m・混ハンデ)に向けていいスタートを切れているのではないでしょうか。勝ちに導いた丹内は先約があるとのことで、藤岡康太騎手に依頼しました。乗り手が変わることでまた違った一面を見せてくれるかもしれませんね」(岩戸孝樹調教師)
2021/1/16 (小倉競馬場)
馬体重:478kg
★1/16(土)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m・混)丹内祐次騎手 結果:優勝

「体重も戻していましたし、いい状態であったことは間違いありません。入念にゲート練習を積んでいましたので、ジョッキーにはスタートを決めて積極的に運ぶよう指示していました。二番手くらいで運ぶのかと思っていましたが、ハナにいった判断は正解といえます。他の馬にあわせてダラダラと走るよりも、自分のリズムでいけたのが良かったのでしょう。ファイナルマズルの頑張りだけでなく、ジョッキーが上手く運んでくれての結果です」(岩戸孝樹調教師)
2021/1/14 (小倉競馬場)
☆1/16(土)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m・混)丹内祐次騎手

13日(水)に小倉競馬場のダートコースで4ハロン60.7-44.7-13.3を単走で馬ナリに追い切りました。「週末のうちに無事に小倉に到着しています。輸送の分、馬体重を減らしはしましたが、輸送熱等もなくスムーズに向こうでの調教に移行。こちらでしっかり仕上げて送り出していましたので、昨日も微調整のイメージで時計消化をおこないました。状態自体いいですし、力をしっかりと発揮できる態勢にあります。ゲートについても直前までしっかり確認の時間を設けるつもりです。あとはスタートを決めて、鞍上が上手く導いてくれればというところでしょう」(岩戸孝樹調教師)
2021/1/8 (美浦トレセン)
1月3日(日)にBコースで5ハロンから0.5秒追走して併せ、70.9-55.2-40.4-12.8を馬ナリに追われ、7日(木)にもBコースで6ハロンから1.4秒追走して併せ、81.5-66.8-52.5-38.7-12.5を馬ナリに追い切りました。「昨日はダートコースで長めに乗って、いい調教ができたと思います。すぐにでも出走できるのではないかと思えるほど具合がいいんですよ。ゲートの駐立の確認もして、こちらでの態勢づくりは十分におこなえました。今週末に小倉競馬場に移動しますが、輸送で馬体重を減らすことも考えられますので、到着後の状態を見ながら現地でのメニューを組んでいくことになるでしょう。向こうでも引き続き丹内が稽古をつけてレースに向かいます」(岩戸孝樹調教師)
2020/12/25 (美浦トレセン)
須藤ステーブルで調整され、23日(水)に帰厩しました。

「目標としている小倉開催から逆算して戻しました。前走を終えてからそこまでゆっくりする時間はありませんでしたが、しっかりリフレッシュできたようで元気な様子を見せています。頼もしいかぎり。いい状態で小倉に送り出せるよう努めます」(岩戸孝樹調教師)
2020/12/18 (須藤ステーブル)
馬体重:482kg
「現在は馬場でダクとハッキングを5000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。全体的な疲れや硬さも取れたことから、今週より調教量を増やしています。大きな問題はありませんし、飼い葉食いが良好で元気もある状態。結構走っているのにタフな馬だと思います。目標である年明けの小倉開催に向けて、このまましっかりと態勢を整えていきたいと考えています」(担当者)
2020/12/11 (須藤ステーブル)
馬体重:480kg
「現在は馬場でダクとハッキングを4000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。入場後は使ったなりの疲れが感じられ、背腰も少し硬くなっているのですが、今週から軽めに乗り始めています。まだペースは上げずに長めをじっくりと乗り込んでいるところですが、このままペースを上げていっても問題なさそうなので、タイミングを見て負荷を強めていこうと思います」(担当者)
2020/12/4 (須藤ステーブル)
★11/29(日)東京・3歳上1勝クラス(ダ1400m)松山弘平騎手 結果2着
この後は美浦近郊の須藤ステーブルで調整することになり、本日12月4日(金)に移動しました。

「レースによる大きなダメージはありません。中京でもう一戦というのはもちろん検討はしたものの、これまでの流れを考えたならここはひと息つくべきだろうということに落ち着きました。惜しい内容だった分、その勢いのままに行ってもいいですが、こんな時だからこそ冷静さが必要ですよね。それに次に向かうところは小倉とはっきりしていますので、このタイミングで備えましょう」(岩戸孝樹調教師)
2020/11/29 (東京競馬場)
馬体重:474kg
★11/29(日)東京・3歳上1勝クラス(ダ1400m)松山弘平騎手 結果2着

「今日こそは勝つと思ったんですけどね。適度に気合いも入って馬の雰囲気も良かったですし、ジョッキーも上手く乗ってくれました。ゲートだけは注意してもらって、あとは行ってみての判断としたのですが、ハナにいったのが功を奏したのでしょう。やはり気分良く走れてこそファイナルマズルも力を出せますね」(岩戸孝樹調教師)
2020/11/26 (美浦トレセン)
☆11/29(日)東京・3歳上1勝クラス(ダ1400m)松山弘平騎手

26日(木)にBコースで5ハロン71.7-55.9-41.0-12.5を単走で強めに追い切りました。「今朝は終いを意識した時計消化としました。動きもまずまずといったところで、間隔をあけずに出走してきたことにより調子を落とすようなことはありません。体調だったりも安定していますね。今回はビッシリ追うジョッキーに任せたく松山騎手に依頼しました。最近は気持ちを切らすことなく走れていますし、そこは今回もキープしたいところ」(岩戸孝樹調教師)
2020/11/20 (美浦トレセン)
★11/14(土)福島・3歳上1勝クラス(ダ1700m)菅原明良騎手 結果4着

「レースを終えて大きな変わりはありません。滞在とはいえ三連闘した経験もあるファイナルマズルなので、そのタフさというのは皆さんもわかっていますよね。昨日より乗り出しを開始し、まずは森林馬道で2時間ほど乗るところから動き出しました。間隔をあけずに2戦していますので、次に向けてもそう強い調教は必要ないでしょう」(岩戸孝樹調教師)
2020/11/14 (福島競馬場)
馬体重:468kg
★11/14(土)福島・3歳上1勝クラス(ダ1700m)菅原明良騎手 結果4着

「ジョッキーは前と比べてテンに行けなくなっていると言ってましたね。それでもある程度前目の位置を取って、遅れをとらないように動き出して、と悪くなかったと思います。今回は相手が強かったのが大きかったです」(岩戸孝樹調教師)
2020/11/12 (美浦トレセン)
☆11/14(土)福島・3歳上1勝クラス(ダ1700m)菅原明良騎手

11日(水)にBコースで5ハロンから1.1秒先行して併せ、 70.4-54.3-40.3-12.2を強めに追い切りました。「前走からここまで、いい意味で変わりなくこれています。ファイナルマズルの気持ちも煮詰まっている様な感はありません。2節であるため出走できるか微妙なラインと考え、東京も選択肢に加えていたことはお伝えしていたかと思います。昨日の想定で東京の方が除外確実だったため、福島に絞って土日のどちらでも動けるよう鞍上を確保。上手いこと抽選を突破し、元々狙っていた福島での出走となりました。いい流れがきていますので、あとは馬自身が変に気負うことなく当日臨んでほしいですね」(岩戸孝樹調教師)
2020/11/6 (美浦トレセン)
★10/31(土)福島・3歳上1勝クラス(ダ1700m)菅原明良騎手 結果6着

「昨日より乗り出しを開始して大きなダメージがないのを確認しています。レースと輸送の分、馬体重は4kg減らしていますが許容範囲。次はどこに向かうか考える中で、正直なところ権利がありませんので難しいですよね。福島最終週はダート1700m戦が牝馬限定戦含め3鞍組まれていますので、大丈夫だろうというのもありますが、権利をとった馬たちがどっと押し寄せる可能性もあります。東京も視野に入れた方がいいでしょうし、その日はジョッキーが少ないだろうと読んで先に鞍上を確保しておきました」(岩戸孝樹調教師)
2020/10/31 (福島競馬場)
馬体重:468kg
★10/31(土)福島・3歳上1勝クラス(ダ1700m)菅原明良騎手 結果6着

「なるべく前々で、それが難しいようだったら途中から動かしていくように指示していました。何らかのアクションは欲しかったというのが正直なところです。ジョッキーも『思うような位置で運べず申し訳ありません』と反省しきり。状態良く送り出せただけに思うところはありますが、引き続きやるべきことをやるだけです。出走のチャンスを積極的に探っていきましょう」(岩戸孝樹調教師)
2020/10/29 (美浦トレセン)
☆10/31(土)福島・3歳上1勝クラス(ダ1700m)菅原明良騎手

25日(日)にBースで5ハロンから0.2秒先行して併せ、71.0-56.2-42.3-13.1を馬ナリに追われ、28日(水)にもBコースで5ハロンから0.9秒先行して併せ、70.9-54.5-39.8-11.8を馬ナリに追い切りました。「終いまで気分良さそうに走れていましたし、いい雰囲気で昨日の時計消化を終えられています。帰厩からここまで一貫して追い込まないようにというのは意識した調整をおこなってきました。それが上手く作用しているのを感じます。福島1700mという条件自体マッチしていますし、鞍上も未勝利戦を勝ち上がらせただけあって相性も悪くないはず。ここ2週跨ってコンタクトもとれていますからね。あとは当日にいっての展開、周りの動き次第です」(岩戸孝樹調教師)
2020/10/23 (美浦トレセン)
18日(日)にPコースで5ハロンから0.6秒先行して併せ、69.3-53.5-39.5-12.8を強めに追われ、21日(水)にはBコースで4ハロンから0.4秒先行して併せ、54.2-40.0-12.2を馬ナリに追い切りました。「先週の時点で好感触でしたから、そこからいい意味で変わりなしと言っていいですね。久々に跨った菅原も『以前よりもしっかりと力をつけてきているのを感じます』と悪くない感触を掴んだよう。馬体重の面からするともっと増えてもいい、増やしてほしいと思うところはあるものの、進めていって減るということはなくキープできています。いい流れでこれているのは確かなので、このまま気分良くレースに向かえるよう仕上げていきましょう」(岩戸孝樹調教師)
2020/10/16 (美浦トレセン)
吉澤ステーブルEASTで調整され、10日(土)に帰厩しました。

14日(水)にBコースで5ハロンから0.8秒先行して併せ、71.5-55.3-40.9-12.2を馬ナリに追い切りました。「帰厩して一本目から悪くなく、いい雰囲気で終えられています。今朝はゲート練習をし、これまで同様に西田が跨ったのですが、いい感触を掴んだようで『すぐにでもレースにいけそうですね』と話していたほどです。追い込み過ぎないようにというのはこれまでも意識してきたことですし、強い調教を課していくというよりも淡々と今週ぐらいのペースで進めていった方がいいかもしれませんね」(岩戸孝樹調教師)
2020/10/9 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:480kg
「現在は内馬場でダクとハッキングを2400mの後、外馬場でキャンターを2000m(17秒ペース)のメニューで調整中です。今週からペースを上げて乗り込んでいます。来週には帰厩となりそうと聞いていたので、移動前に15秒ペースを入れようと考えていましたが、急遽明日10日(土)の帰厩が決まりました。まずまずの状態で送り出せそうです」(担当者)
2020/10/2 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:480kg
「現在は内馬場でダクとハッキングを2400mの後、外馬場でキャンターを2000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。連戦続きだった割には大きな問題はありませんし、今週から騎乗運動をおこなっています。今のところ何も異常はありませんし、元気もある状態。このまましっかりと乗り込んでいきたいと考えています」(担当者)
2020/9/25 (吉澤ステーブルEAST)
この後は美浦近郊の吉澤ステーブルEASTで調整することになり、23日(水)に移動しました。

「現在は1時間のウォーキングマシン運動をおこなっています。到着後は38.5度と、少し熱が高い状態でしたが、すぐに落ち着いています。体調面は問題ありませんが、今週いっぱいは輸送疲れなどを取るために現状のメニューで進めて、来週から騎乗運動をおこなっていきたいと思います」(担当者)
写真
2020/9/15 (オカダスタッド)
現在は坂路2本(上限25秒ペース)のメニューで調整しています。到着後1週間ほどはウォーキングマシンでの運動のみにとどめて、本日15日(火)より調教を開始しました。福島そして札幌と短い期間で6戦しましたが、馬体に目立ったダメージは見受けられません。もう少し状態を確認して問題ないようであれば、目標の3回福島開催(10/31~)に向けて今月中にも本州の育成場へ移動する予定です。
2020/9/11 (オカダスタッド)
★9/05(土)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m)団野大成騎手 結果3着
この後は北海道・オカダスタッドで調整を進めることになり、8日(火)に移動しました。

「レース当日は北海道といえど気温も高く、湿度もあってまとわりつくような暑さだったと現地のスタッフから聞いています。そんな中でよく頑張ってくれたなとあらためて関心しているところです。この後は遅めの夏休みではありませんが、少し楽をさせてから秋の始動に向けて徐々に立ち上げていければと思います。次は10月末から始まる福島を目指すつもりです」(岩戸孝樹調教師)
2020/9/5 (札幌競馬場)
馬体重:474kg
★9/05(土)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m)団野大成騎手 結果3着

「道中をもう一列前で運べていればなというのはあるものの、内容そのものは良かったと思います。ジョッキーも『馬自身の精神面の成長が感じられて我慢もきいてました』と話すように、内で嫌気差すことなく走れていましたね。さらに着順を上げられていればというのはありますが、それでも札幌での5戦よく頑張ってくれています」(岩戸孝樹調教師)
2020/9/3 (札幌競馬場)
☆9/05(土)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m)団野大成騎手

2日(水)に札幌競馬場のダートコースで5ハロン67.2-52.0-38.3-12.8を一杯に追い切りました。「昨日は団野を背にしての追い切りで、終い仕掛けた程度でいい動きでしたよ。ここまでの疲れが出てもいいようなものですが、状態としては良好です。先約があった団野も予定が変わって乗れるようになったのも悪くない流れではないでしょうか。手が合うというかファイナルマズルとの相性が妙にいいですよね。さすがに最終週は権利持ちが多くなっていますが、気分良く走れさえすれば結果はついてくるはず」(岩戸孝樹調教師)
2020/8/29 (札幌競馬場)
★8/23(日)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m)団野大成騎手 結果2着

「木曜より乗り出しを開始しています。いつもだと乗り出しは硬さを残してたりするのですが、今回はそんなこともなく疲れもいい具合に抜けているように感じられました。滞在とはいえ決して楽なスケジュールとはいえない中で、申し分ない状態をキープできているのはよっぽどこの形が合っているのだと思いますよ。引き続き団野でとは思うものの当初より先約があるとのことですので、鞍上については少し時間をください」(岩戸孝樹調教師)
2020/8/23 (札幌競馬場)
馬体重:476kg
★8/23(日)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m)団野大成騎手 結果2着

「ジョッキーは『小倉や福島で跨った時よりもゲート内での様子も良くなっていましたし、連闘でもヘタっていることはありませんでした』と話しています。外を回ることにはなりましたが、砂を被らない分、気分良く走れていましたよね。やはり気持ち一つでレースぶりが変わってきます」(岩戸孝樹調教師)
2020/8/20 (札幌競馬場)
★8/15(土)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m・混)丹内祐次騎手 結果6着
☆8/23(日)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m)団野大成騎手

「レース後より連闘を視野に入れながら進めてきました。日曜日の夕方の毎回の獣医によるチェックでも中身の疲れはなさそうという見解で、あとはこれまで通り背腰をケアしながら実際に乗ってみての感触で判断することに。乗り出してみても特に変わりがない様子だったので今週の出走を決めています。3kgの減量騎手にあたることも考えましたが、1kgであっても以前跨って上手く導いた団野がいいだろうと再び託すことにしました」(岩戸孝樹調教師)
2020/8/15 (札幌競馬場)
馬体重:472kg
★8/15(土)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m・混)丹内祐次騎手 結果6着

「なんだかだらしかなかったですよね。ジョッキーはこれまでと比較すると行けなくなっているように感じたよう。追い切りでいい感触を掴んでいただけにスンナリとは受け入れがたい結果です。真剣に走っていないようにも感じられましたし、やはり気分良く走らせるというのが重要になってきます。この後については減量の起用も含めて検討しましょう」(岩戸孝樹調教師)
2020/8/13 (札幌競馬場)
☆8/15(土)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m・混)丹内祐次騎手

12日(水)に札幌競馬場のダートコースで5ハロンから1.0秒追走して併せ、68.6-52.7-39.1-12.2を直線強めに追い切りました。「昨日の丹内が跨っての時計消化はなかなかいいものでした。気持ちも乗っているのかリズム良く走れていましたし、終いの反応も良好です。予定通り中一週での出走を納得のいく状態で迎えられるでしょう。相手がどうというよりもというのはこれまでもお伝えしてきたかと思いますが、それでも今週は比較的落ち着いたメンバーと言えるのではないでしょうか。札幌での2戦は安定して力を出せていますので、さらに上を目指したいですね」(岩戸孝樹調教師)
2020/8/7 (札幌競馬場)
★8/01(土)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m・混)丹内祐次騎手 結果4着

「レース前までは今回使って中一週と考えてはいたものの、レース後だとやはり悔しさというのもあり、念のため頭の片隅に今週というのも入れておこうとは思っていました。ただ、さすがに今回は疲れが感じられましたので、当初のプラン通りに来週としています。1700m戦は2つ組まれていますので、想定を見てどちらに向かうか決めるつもりです」(岩戸孝樹調教師)
2020/8/1 (札幌競馬場)
馬体重:468kg
★8/01(土)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m・混)丹内祐次騎手 結果4着

「枠内での態勢が悪くてスタートが決まらず行き脚がつかなかったですね。ジョッキーは『連闘ではありましたが、状態としては前走よりもいいのではと感じられたほどです。思ったようにはスタートは決まらなかったものの、違う形の競馬をできたのは良かったと思います』と。展開一つですよね」(岩戸孝樹調教師)
2020/7/30 (札幌競馬場)
★7/25(土)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m・混)丹内祐次騎手 結果3着
☆8/01(土)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m・混)丹内祐次騎手

「レースが終わった時点で連闘も視野に入れるつもりではありました。ただ、あくまで状態次第。昨日乗ってみてもダメージは感じられませんでしたので、これであればと出走を決めています。以前もお伝えしたように、メンバーどうこうというよりも自身が気分良く走れるかというのが大きく影響するファイナルマズル。それであっても我々ができることとして、より良い環境を提供するためにも相手関係を見た上で番組を選んだつもりです」(岩戸孝樹調教師)
2020/7/25 (札幌競馬場)
馬体重:468kg
★7/25(土)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m・混)丹内祐次騎手 結果3着

「ジョッキーは『指示されていたような前々の位置で自分で動いていくような競馬はできたと思いますし、それに応えて馬も頑張ってくれました』と話しています。勝ちを意識できた分、最後もうひと頑張りしてほしかったなと思ってしまうところはありますね」(岩戸孝樹調教師)
2020/7/23 (札幌競馬場)
☆7/25(土)札幌・3歳上1勝クラス(ダ1700m・混)丹内祐次騎手

22日(水)に函館競馬場のダートコースで4ハロン58.2-43.0-14.8を単走で馬ナリに追い切りました。「向こうに到着してからも調子が落ちることもなく、飼い葉もしっかり食べていて輸送で多少減った分を戻しています。現地での普段の運動から追い切りまで全て丹内がつけていて、昨日はイメージしていた15-15を消化。気持ちも感じられたし手応え良好と報告を受けています。今週からでもの気持ちで整えていたのと、メンバーから見ても行ってもいいと判断しました。ただ、ファイナルマズルの場合は相手どうこうというよりも自身の走りができるかというのが大きいのはありますよね。前回の小倉でも感じたように滞在は合うはずですので、それを結果でも示せれば言うことはありません」(岩戸孝樹調教師)
2020/7/17 (函館競馬場)
★7/11(土)福島・3歳上1勝クラス(ダ1700m・混)藤田菜七子騎手 結果8着

「レース後もケロリとしていて大きなダメージはなし。元々タイミングが合えば北海道へと考えていましたので、色々とやりくりをして札幌開催での出走を目指すことに落ち着きました。本日、函館競馬場に到着しており、来週札幌競馬場に移動する予定です。開幕週からでもの気持ちではいますが、今回の福島でもそうだったように輸送により馬体重を減らしますので、その辺りも見ながら決めていければと考えています」(岩戸孝樹調教師)
2020/7/11 (福島競馬場)
馬体重:464kg
★7/11(土)福島・3歳上1勝クラス(ダ1700m・混)藤田菜七子騎手 結果8着

「ゲートも出ていい流れでいけたと思ったんですけどね。ジョッキーも『ある程度前目のいい位置が取れたと思いますし、手応え良く直線に向かえました。それなのに感触ほどには伸びきれずで、難しいところがある馬なのでそこが出てしまったのか…はっきりとわからず申し訳ないです』と話しています。気になった点としてはいつもよりも気負い気味だったことでしょうか。気合いが空回りしてしまった印象です」(岩戸孝樹調教師)
2020/7/9 (美浦トレセン)
☆7/11(土)福島・3歳上1勝クラス(ダ1700m・混)藤田菜七子騎手

5日(日)にPコースで4ハロン54.8-39.4-11.6を単走でゴール前仕掛けて追われ、8日(水)にはBコースで5ハロン72.3-55.6-40.3-12.4を単走でゴール前仕掛けて追い切りました。「昨日はジョッキーが跨っての時計消化。『雰囲気も悪くありませんでしたし、気分良さそうに走れていました』と話すように、先週感じたいい流れはそのまま今週もキープできています。あとは当日にいってみてどうかというところ。ゲートも練習では何も問題なくクリアできていますが、本番になるとレースとわかって煩さを見せたりするんですよね。そこはこれまで跨って鞍上もわかっているでしょうから、上手く導いてもらいましょう」(岩戸孝樹調教師)
2020/7/3 (美浦トレセン)
1日(水)にPコースで5ハロン71.8-54.7-39.2-12.9を単走で馬ナリに追い切りました。「ファイナルマズルの場合はWコースで追い切ると疲れが残りやすいため、ここのところはダートかPコースでの時計消化が主となっています。水曜はダートの馬場状態が今ひとつだったため、Pコースを使っての追い切り。入りはゆっくりめでしたが、動きそのものは良いですね。追い込んでいいタイプではないので、やり過ぎないようにというのはこれまで稽古をつけている西田もわかっていますから、上手いこと調整しながらやっています。雰囲気もいいですし、充実していると言っていいのではないでしょうか」(岩戸孝樹調教師)
2020/6/26 (美浦トレセン)
吉澤ステーブルEASTで調整され、本日26日(金)に帰厩しました。

「少し難しさのある馬なので、追いつめることなくひと息入れられたのは良かったと思います。体調も良さそうに映りますし、向こうでもそう緩めることなく乗っていてもらいましたので問題なくペースアップしていけるでしょう。福島の2週目に向けてキッチリ仕上げていきます」(岩戸孝樹調教師)
2020/6/19 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:486kg
「現在は内馬場でダクとハッキングを2400mの後、外馬場でキャンターを1200m(17秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間からペースを上げて乗り込んでいけるように、ここまでは順調に進められています。ここ最近は暑い日が続いていますが、夏バテもなくきています。福島開催での出走に向けて、このまま仕上げに入っていきたいと思います」(担当者)
2020/6/12 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:486kg
「現在は内馬場でダクとハッキングを2400mの後、外馬場でキャンターを2000m(17~20秒ペース)のメニューで調整中です今週からペースを上げて乗り込んでいます。体重が増えてきて体が充実してきましたし、レースの反動も見られません。体調面も問題ないのでこのままどんどん負荷を掛けていく予定です」(担当者)
2020/6/5 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:480kg
「現在は角馬場でダクとハッキングのメニューで調整中です。到着後も異常はありませんでしたが、先週いっぱいはレースの疲れを取り、今週から軽めに乗り始めています。ここ数日は暑い日が続いていますが馬自身は元気いっぱいです。特に心配事はありませんし、体調面も問題ないので、このままピッチを上げていきたいと考えています」(担当者)
2020/5/29 (吉澤ステーブルEAST)
★5/23(土)東京 4歳上1勝クラス(ダ1400m・混)D.レーン騎手 結果9着
この後は美浦近郊の吉澤ステーブルWESTで調整することになり、本日29日(金)に移動しました。

「ゲートはこれまでも注意してきて、今でも定期的に練習をしているファイナルマズルにとっての課題です。練習では本人もわかってて悪さはしないんですよね。ここのところ安定した成績だった分、しっくりこないところはあります。ここで切り替えたいのもあるため一度ガス抜きの時間を設けましょう。次は福島と考えてはいますが、もう一度東京1400mという気持ちがあるので毎週の出馬状況と合わせて考えていくつもりです」(岩戸孝樹調教師)
2020/5/23 (東京競馬場)
馬体重:472kg
★5/23(土)東京 4歳上1勝クラス(ダ1400m・混)D.レーン騎手 結果9着

「状態の良さというのはパドックからも感じ取れたかと思います。枠内では煩ささを見せ、出だしの躓きが最後まで響く形に。最低でも権利という思いで臨んだだけに今は何とも言い難いのが正直なところです。消化不良な感がありますが、権利がない身ですので次走については少し考えさせてください」(岩戸孝樹調教師)
2020/5/21 (美浦トレセン)
☆5/23(土)東京 4歳上1勝クラス(ダ1400m・混)D.レーン騎手

17日(日)にBコースで4ハロンから0.6秒先行して併せ、52.1-38.4-12.4を馬ナリに追われ、20日(水)にはPコースで5ハロンから1.0秒先行して併せ、67.6-52.8-39.1-12.1を馬ナリに追い切りました。「昨日は雨の影響で馬場が良くなかったため、いつものダートコースではなくPコースを使用して追い切っています。終い伸ばすようなイメージで、体調や状態の良さが感じられる動きでした。元々、前走にも満足いく状態で送り出せましたし、一度使ってべらぼうに良くなっていますよっていうことはなく、いい流れを崩さずにここまでこれているという方がしっくりきます。あとは相手の出方だったり当日の乗り方ひとつですね」(岩戸孝樹調教師)
2020/5/15 (美浦トレセン)
9日(土)にBコースで5ハロンから1.0秒先行して併せ、73.8-57.3-41.5-12.6を馬ナリに追われ、13日(水)にもBコースで5ハロンから0.3秒先行して併せ、68.5-53.5-39.4-12.8を馬ナリに追い切りました。「来週に向けて時計消化を再開しています。あまり強い調教は必要ないと思っていますので、やりすぎないようにというのを意識。西田もその辺りは重々わかっていますので、疲れがたまらないような塩梅で稽古をつけてくれています。ゲート練習については定期的にやっていますが、ファイナルマズルもわかっているのか練習の中で悪さをしようというのは感じられません」(岩戸孝樹調教師)
2020/5/8 (美浦トレセン)
「先週のうちは楽をさせたのもあってレースの疲れもとれましたし、元気な様子を見せてくれていますよ。今週はダートコースでの乗り込みを中心にして、長めに距離を乗っての調整。時には坂路も取り入れたり、プールにも行かせたりというメニューを消化中です。いい意味で変わりなしと言っていいと思います。週末より時計消化をおこない、レースまでに4本こなして態勢を整えるプランです」(岩戸孝樹調教師)
2020/5/1 (美浦トレセン)
★4/25(土)福島 4歳上1勝クラス(ダ1700m)団野大成騎手 結果3着

「馬群の中での競馬というのにもスンナリと対応できていましたし、乗り方1つで着順を上げられただろうと思う気持ちはあっても収穫のあるレースであったことは間違いありません。レース直後より連闘は念のため視野には入れてはいました。とはいっても滞在競馬の小倉とはわけが違いますので、あくまでも状態優先で。火曜、水曜の様子を見る限りはすっかり疲れもとれてという状態ではなかったため、無理はせずに5/23(土)東京 4歳上1勝クラス(ダ1400m・混)に向かうことに落ち着いています」(岩戸孝樹調教師)
2020/4/25 (福島競馬場)
馬体重:472kg
★4/25(土)福島 4歳上1勝クラス(ダ1700m)団野大成騎手 結果3着

「もう少し主張していっても良かったかもしれませんね。『馬に囲まれながらでも問題なく追走できていた思います。前にいた馬が一緒に上がっていければ良かったのですが、追い出しを待つ形となってしまったのが悔やまれます』と団野は話しています。ここのところは安定した成績で勝ちまであと少しというところ。乗り方一つですぐにでも結果は出てもおかしくはありません」(岩戸孝樹調教師)
2020/4/23 (美浦トレセン)
☆4/25(土)福島 4歳上1勝クラス(ダ1700m)団野大成騎手

19日(日)にPコースで5ハロン70.6-54.7-39.9-12.2を単走で馬ナリに追われ、22日(水)にはBコースで5ハロンから0.8秒先行して併せ、70.8-54.3-40.4-12.8を馬ナリに追い切りました。「昨日は無理をしない程度の内容でまとめています。しっかりこれまでの過程でできあがっていますし、稽古をつけてる西田もよくわかっていて疲れを残さないような最終調整です。その中でも先週感じた具合の良さというのはキープできていますので、いい状態で週末を迎えられるでしょうね。ダート1700戦が1つ減ったことによりどうなるかと思いましたが、ふたを開けてみれば頭数割れという状況。結果を期待して送り出します」(岩戸孝樹調教師)
2020/4/17 (美浦トレセン)
12日(日)にBコースで5ハロン70.5-54.1-39.6-11.5を単走でゴール前仕掛けて追われ、15日(水)にもBコースで5ハロンから0.5秒先行して併せ、70.2-54.0-39.5-12.4を馬ナリに追い切りました。「これまでも、小倉でも稽古をつけていた西田が跨っての追い切りでしたが、正直なところ驚くほど良かったんですよ。西田もいい感触を伝えてくれたのはもちろんのこと、見ているこちらとしても十分に感じられました。このままいければ来週のレースでもいいところを見せられるのではないかなと思います。番組変更があり組まれていた若手限定戦がなくなった分、相手関係はぐっと凝縮されるかもしれませんね。いずれにしろやることは1つで、しっかり納得できる形に持っていくだけです」(岩戸孝樹調教師)
2020/4/10 (美浦トレセン)
8日(水)にBコースで5ハロンから1.2秒先行して併せ、54.9-40.0-12.2を馬ナリに追い切りました。「テンの入りはゆっくりめでしたが、素直にいい動きだったと思えるものでした。戻ってきた時の少しばかり緩んだ感じも完全に解消とまではいきませんが、徐々に締まってきていますよ。目標とするレースまではあと4本は重ねられるでしょうから、その頃にはいい塩梅に仕上がっている見込みです。体調も良さそうに写りますので、この流れのままにいきたいですね」(岩戸孝樹調教師)
2020/4/3 (美浦トレセン)
吉澤ステーブルEASTで調整され、4月1日(水)に帰厩しました。

「1か月程ではありましたが、しっかり体重も増やして戻ってきていますし、見た目に良く映りますね。動かしてみると多少緩んだ感はありますので、そのことを考えると福島開催の3週目あたりでの出走が現実的ではないでしょうか。小倉で上手く乗ってくれた荻野、団野に声をかけてありますので、いずれかのジョッキーに跨ってもらう予定です」(岩戸孝樹調教師)
2020/3/27 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:488kg
「現在は内馬場でダクとハッキングを2400mの後、外馬場でキャンターを2000m(17~20秒ペース)のメニューで調整中です。まだ背腰に少し疲れが残っていますが、それ以外はフレッシュな状態です。具合は上向いてきましたし、そろそろ送り出しに向けて整えていきたいところ。岩戸調教師からは、1回福島開催(4/11~)に向けて帰厩させる予定と聞いています」(担当者)
2020/3/20 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:488kg
「現在は内馬場でダクとハッキングを2400mの後、外馬場でキャンターを2000m(20秒ペース)のメニューで調整中です。乗りながらも体重が大幅に増えていますし、3連闘したにも関わらず今回が一番回復は早いので、この中間よりペースを上げて乗り込んでいます。飼い葉をしっかり食べていますし、毛艶も戻ってきたように体調面は良好。表情もキリッとして良くなってきました」(担当者)
2020/3/13 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:470kg
「現在は角馬場でダクとハッキングのメニューで調整中です。体重が470kgに乗ってきたので、軽めですが騎乗運動に移行しました。まだトモがクタクタしているので、乗りながら回復を促しているところです。それでも元気が戻って、いい具合になってきたので、この感じで進めていくつもりです」(担当者)
2020/3/6 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:468kg
「現在はパドック放牧と1時間のウォーキングマシンのみにとどめています。到着後はかなり体が寂しかったですし、岩戸調教師からも、まずは体を戻してほしいと言われていたので、まずは回復期間に充てています。1週間経ってようやく前走体重までもってこられました。470kgを超えるまでは様子を見て、その後に今後のメニューを考えていくつもりです」(担当者)
2020/2/28 (吉澤ステーブルEAST)
★2/23(祝)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m)団野大成騎手 結果2着
この後は美浦近郊の吉澤ステーブルEASTで調整することになり、本日28日(金)に移動しました。

「相手が強かったのを認めるしかありません。3連闘でもキッチリいい状態で送り出せたと思いますし、ファイナルマズルもそれに応えてくれたと思います。ゴチャゴチャするのは向いていないのでスムーズにというこちらからの指示にジョッキーも意識して乗ってくれましたよね。こちらに戻ってきて大きなダメージはなくとも、いつものように背腰に疲れは感じさせますので、ここ一旦リセットしましょう」(岩戸孝樹調教師)
2020/2/23 (小倉競馬場)
馬体重:468kg
★2/23(祝)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m)団野大成騎手 結果2着
※横山武史騎手より乗り替わりとなっています。

「ヨーイドンにならないように、流れに乗ってスムーズな競馬を心掛けました。最終コーナーの手応えが抜群だったのですが、今日は相手が強かったですね。それでも、同じくらいの脚を使ってくれたのではないでしょうか。3連闘でしたが、落ち着いた雰囲気で、力を出せるデキにあったことが大きいと思います。それもこれも、岩戸調教師をはじめ厩舎スタッフの方々や西田ジョッキーの状態把握と調整力の高さのおかげですよね。テン乗りでしたが、結果を出すことができて、本当に良かったです」(団野大成騎手)
2020/2/20 (小倉競馬場)
★2/15(土)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m・若手)荻野極騎手 結果4着
☆2/23(祝)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m)横山武史騎手

「ジョッキーが意識してくれたのもあってゲートも辛抱してくれたよう。最後までしっかり脚を使えてましたし、リズムを崩さないよう上手く乗ってくれたのではないでしょうか。レース後より連闘というのは頭にあって、ただそうなると3連闘となるわけなので何よりも状態を優先して判断することに。火曜日からこれまでも稽古をつけている西田が跨っての状態確認。いつも通りの疲労具合といったところで、あとは気持ちの面でリラックスさせるように意識していけば問題なく向かうことができると判断しています。荻野に引き続いて乗ってもらいたかったのはありましたが、当日は京都ということでここのところ特に好調な武史に依頼しました」(岩戸孝樹調教師)
2020/2/15 (小倉競馬場)
馬体重:472kg
★2/15(土)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m・若手)荻野極騎手 結果4着

「前目につけてという指示の中で内のいいところでレースができたと思います。前がつまって追い出しが遅れる形にはなりましたが、結果的にはそこで脚が溜まって良かったように感じました。急かしていいタイプではなさそうですよね。まだトモがかっちりしきれていないので、コーナーでの加速が難しく、しっかりと直線に向いてからグンと加速することを考えると、小回りはよりは大きい競馬場、直線の長いところがいいように感じました。乗り味もいいですし、まだ良くなりそうですね」(荻野極騎手)
2020/2/13 (小倉競馬場)
★2/09(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m)丹内祐次騎手 結果6着
☆2/15(土)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m・若手)荻野極騎手

「無理矢理に急かして急かしてがいいとは思いませんが、それでももう少し前で進める競馬をイメージしていただけに何とも。前に行けた時はいい結果につなげていますから、最初の位置取り次第ではもっとやれていいはず。週が明けての疲労具合も走った分という程度で、いつも左腰に疲れが出やすいので、そこはしっかりと気を配ってケアしています。レース直後より連闘というのは視野にありましたし、今週は牝馬限定戦含め3つあるためか頭数も落ち着いている状況。最終週となるとまた変わってくるでしょうから、ここは連闘を選ばせてもらいました」(岩戸孝樹調教師)
2020/2/9 (小倉競馬場)
馬体重:474kg
★2/09(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m)丹内祐次騎手 結果6着

「出たなりであまり促さずにレースの流れに乗りたかったのですが、最初のコーナーまでがスムーズでなく最後方からの競馬に。脚を溜めていったつもりでも、向正面で手応えのわりに反応が鈍く、最後は5着馬と脚色が同じになってしまいました。1700mという距離が少し長いのもあるとは思いますが、もっと前々から運ぶ形で良かったかもしれません。申し訳ないです」(丹内祐次騎手)
2020/2/6 (小倉競馬場)
☆2/09(日)小倉・4歳上1勝クラス(ダ1700m)丹内祐次騎手

2日(日)にBコースで5ハロンから1.4秒先行して併せ、72.6-56.8-41.5-12.4を強目に追い切りました。「先週出走のつもりでしっかり仕上げていましたので、小倉に到着してからはコンディションを整えるイメージで。こっちでも稽古をつけていた西田が引き続いて跨っているので、良さも難しさもわかっているので安心して託せます。先週の除外により最初のプランではそのまま東京の1300戦と考えていたのを、節から見て厳しいと読んで小倉に切り替えたわけですが、やはり東京だったら抽選にもかかりませんでしたね。流れが向いているとも捉えられますし、今回の選択が吉と出る結果を望むところ。行け、待て、行けのようなのはファイナルマズルは嫌がりますので、スムーズな競馬ができればと思います」(岩戸孝樹調教師)
2020/1/30 (美浦トレセン)
2/01(土)東京・4歳上1勝クラス(ダ1400m)木幡巧也騎手 除外(非抽選)

26日(日)にWコースで5ハロンから0.6秒追走して併せ、67.0-52.6-39.2-12.9を一杯に追われ、29日(水)にもWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、69.9-54.5-40.1-12.5を一杯に追い切りました。「昨日は終いを意識しての追い切り。馬場が重く時計の掛かる傾向にあった中では、悪くない時計だったと思います。念のためにおこなったゲート練習でも中で大人しくして、悪さをする素振りもありません。しっかり態勢を整えられてこれであれば期待できるぞと思っていたわけですが、昨日の想定の時点で9節は抽選にもかからない状況。来週になることも念頭に1300m戦のジョッキーも確保していました。ただ、結局今週のボーダーは11節。となると来週も厳しいのではないかと予想され、再来週となるとダ1400m戦は牝馬限定のみ。左回りにこだわりたい気持ちもあります。ただ、せっかくいい状態に仕上げられても出走できなければ意味がありません。1700でも2着にきたことがありますし、ここは小倉に矛先を向けることにします」(岩戸孝樹調教師)
2020/1/24 (美浦トレセン)
19日(日)にWコースで5ハロンから併せ、69.3-55.0-40.7-13.0を馬ナリに追われ、22日(水)にもWコースで5ハロンから0.6秒追走して併せ、68.5-53.2-39.2-12.6を一杯に追い切りました。「先週と比べて動きの重さの解消は見られますが、本来の動きにはあともう一歩というところ。週末と来週とでキッチリ整えましょう。馬体に関しては前走と比較してプラス10kgといい具合に増やせています。ファイナルマズルの場合には輸送で減らすところがあるので、やはりある程度は余裕を持って送り出す必要があるでしょうね。追い詰めていいタイプではありませんから、そういった気持ちの面というのも意識しながらさらに状態を上げていければと思います」(岩戸孝樹調教師)
2020/1/17 (美浦トレセン)
12日(日)にWコースで4ハロン56.7-42.9-15.9を単走で馬ナリに追われ、16日(木)にもWコースで5ハロン72.0-56.0-40.6-12.4を単走で強目に追い切りました。「昨日の追い切りの動きに関して言うと正直なところモサモサとしたもので、まだ重さがあるなと感じました。ただ、前走からそこまで間隔が空いているわけではなく、すぐに感覚を取り戻してくれると思っていますし、レースに向けてはまだ時間もあるので心配はしていません。今週末も長めから追ってさらなる良化を狙えればと思っているところ。見た目なんかはいい具合なので、それに動きを連動させていきましょう。巧也にもレースまでの間に跨ってもらうつもりです」(岩戸孝樹調教師)
2020/1/10 (美浦トレセン)
吉澤ステーブルEASTで順調に調整され、9日(木)に帰厩しました。

「前走で1400が現状ベストというのを再認識しましたので、目標である東京開催のタイミングに合わせて戻しています。馬体重から見たならもう少し増やしたいのは本音ですが、体調は良さそうですね。東京開催一週目を目指して乗り進めながら、極端に減らすことがなければ問題ないでしょう」(岩戸孝樹調教師)
2019/12/27 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:480kg
「現在は内馬場でダクとハッキングを2400mの後、外馬場でキャンターを1200m(17~20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も馬体回復に重点を置いて、強弱をつけたメニューで進めています。数字は乗り込みながらもキープしていますし、これから増えていくのではないかと見ています。飼い葉はしっかり食べていますし、体調面も良好ですよ」(担当者)
2019/12/20 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:480kg
「現在は内馬場でダクとハッキングを2400mの後、外馬場でキャンターを1200m(20秒ペース)のメニューで調整中です。馬体回復に重点を置いて進めていますが、元気一杯に調教に取り組めていますし、ここまでは問題なく進められています。まだ次走は決まっていませんが、このままペースを上げていった感じを見て、岩戸調教師と相談したいと思います」(担当者)
2019/12/13 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:476kg
「現在は内馬場でダクとハッキングを2400mのメニューで調整中です。到着後は460kg台でレース体重を下回っていたので、先週はゆっくり休ませて、今週からじんわりと立ち上げました。まだ体が細く見えるので、飼い葉をしっかり食べさせながら、体をフックラとさせていきたいと考えています。体が増えてきたら周回コースも併用して、通常メニューにする予定です」(担当者)
2019/12/6 (吉澤ステーブルEAST)
★11/30(土)中京・3歳上1勝クラス(ダ1400m)藤田菜七子騎手 結果6着
この後は美浦近郊の吉澤ステーブルEASTで調整することになり、5日(木)に移動しました。

「先週の追い切り後の計測で486kgだったので輸送により減らしましたが、それでも前走よりはしっかり増やして出走できましたし、上向いた状態で臨めたと思います。空馬の影響があったのは確かで、ただそれでも前回に比べてのチグハグ感はなかったですよね。今回で4戦目となったジョッキーも1400mが合っていると話していたように、マッチ具合もわかりましたし次に生かしていきましょう」(岩戸孝樹調教師)
2019/11/30 (中京競馬場)
馬体重:476kg
★11/30(土)中京・3歳上1勝クラス(ダ1400m)藤田菜七子騎手 結果6着

「ゲートも無難に出れましたし、3コーナーまではいい感じで進んでいましたよ。ジョッキーに聞くとやはり空馬を気にしてのロスがあったよう。もったいない部分はありましたが、終いもよく伸びていましたし前回のようなことはなく力があるところは見せてくれたと思います」(岩戸孝樹調教師)
2019/11/28 (美浦トレセン)
☆11/30(土)中京・3歳上1勝クラス(ダ1400m)藤田菜七子騎手

24日(日)にPコースで5ハロン72.0-55.9-41.1-12.4を単走で馬ナリに追われ、27日(水)にもPコースで5ハロンから1.2秒先行して併せ、71.7-55.4-40.3-12.3を馬ナリに追い切りました。「昨日の追い切りでの動きはなかなかのもの。前走より動き含めいい具合に仕上げられたのを感じますし、馬体重も増えて体つきも良く映りますね。あとは輸送を上手くこなしてほしいところ。それに前走での当日の変な気負いさえなければと思います。ジョッキーにはさーっと流れに乗るように、上手く導いた時のイメージを持ってというのは伝えるつもりです」(岩戸孝樹調教師)
2019/11/21 (美浦トレセン)
11/24(日)東京・3歳上1勝クラス(ダ1400m)菅原明良騎手 除外(非当選)

17日(日)にPコースで4ハロンから1.2秒先行して併せ、54.3-39.0-12.3を馬ナリに追われ、20日(水)にもPコースで5ハロンから1.2秒先行して併せ、71.2-56.0-41.3-12.7を馬ナリに追い切りました。「今週は出走が叶うか微妙なラインというのは予想できましたし、レースも使っていますので追い切りはさらっと。なかなかの動き。毛ヅヤも良いですし、雰囲気なんかも前走に向けてよりも上向いてきているのを感じますよ。今回はゲート練習をおこなう予定はありません。馬自身もわかっているのか練習の中で悪さをしようっていうのはないように感じます」(岩戸孝樹調教師)
2019/11/15 (美浦トレセン)
13日(水)にPコースで5ハロンから1.7秒先行して併せ、72.6-55.7-39.8-12.4を馬ナリに追い切りました。「次に向けて時計消化を始めています。稽古での動きなんかは悪くありませんよ。レースを使ったことによる大きな上積みというのはありませんが、調子や状態も崩すこともなく変わらずにこれています。来週出走の気持ちでいますが、二場開催となり混み合うことが予想される中で叶うかどうかですね。いずれにしろしっかりと態勢を整えていくだけです」(岩戸孝樹調教師)
2019/11/8 (美浦トレセン)
★11/3(祝)福島・3歳上1勝クラス(ダ1700m・混)藤田菜七子騎手 結果11着

「競馬場での姿を見てもいつもよりピリピリしていて、気負っているのを感じたのはあります。ただ、それだけでなくチグハグな競馬でしたよね。自分の流れでいけてこそ力を出せるタイプ。それを考えると今回のような『行け!待て!行け!』というのでは、気分をそがれてしまいます。難しさがあるのは確か。気を取り直して、次は東京最終週か翌週の中京に向かうつもりです」(岩戸孝樹調教師)
2019/11/3 (福島競馬場)
馬体重:468kg
★11/3(祝)福島・3歳上1勝クラス(ダ1700m・混)藤田菜七子騎手 結果11着

「ゲートから集中力を欠く感じでした。それでも、向正面までは行く気を見せてくれたのですが、3コーナー過ぎからすでに手応えが怪しくなってしまって…。休み明けの影響でしょうか。スタートがいまひとつで裏目裏目なレース運びになってしまったのは事実ですが、正直なところ、ここまで負ける敗因が特定できません。気性的に難しい面があるようですね」(藤田菜七子騎手)
2019/10/31 (美浦トレセン)
☆11/3(祝)福島・3歳上1勝クラス(ダ1700m・混)藤田菜七子騎手

27日(日)にPコースで5ハロンから0.2秒追走して併せ、73.5-57.1-41.8-12.7をゴール前仕掛けて追われ、30日(水)にもPコースで5ハロンから0.8秒追走して併せ、70.3-54.2-40.0-13.0を強目に追い切りました。「昨日はこれまで何度も稽古をつけている西田を背にしての追い切り。『息遣いもいいですしモタれることもありませんでした。ゴールしてからも余裕ある手応え。以前と比較してガツガツしてなくて自分としては物足りなくも感じますが、冷静になっているのは大人になった証拠ともいえますね』と話していました。悪くない状態に仕上げられたと思いますよ」(岩戸孝樹調教師)
2019/10/25 (美浦トレセン)
23日(木)にPコースで5ハロンから1.0秒追走して併せ、69.5-53.5-39.2-12.5を馬ナリに追い切りました。「まだ動きにモサっとしたところはありましたが、今回しっかり終い動かしたのでこれで変わってくるでしょう。レースを来週に控えた一週前と考えるといい調教ができたと思います。あまり追い込むのは良くないというのもありますからね。馬体重についてはこちらに戻ってきて調教を進めても減らすことなくキープできています。前走時とそう変わらない数字で出走できるのではないでしょうか」(岩戸孝樹調教師)
2019/10/18 (美浦トレセン)
14日(月)にPコースで4ハロンから1.3秒先行して併せ、54.3-39.9-12.5を馬ナリに追われ、17日(木)にもPコースで5ハロンから0.2秒先行して併せ、71.6-55.0-39.8-12.0を馬ナリに追い切りました。「状況と状態に合わせたコース選びをしながら時計消化をこなす予定で今回はPコースを選択。ポリだと疲れも溜まりにくいですし、へたりませんよね。昨日の追い切りでの動きも悪くありませんでした。この馬に関してはそこまで追い込む必要もありませんし、性格的にもしない方が良いと考えています。ただ、ゲートについては念には念を入れと定期的に練習を課すつもりで、来週もおこなう予定です」(岩戸孝樹調教師)
2019/10/11 (美浦トレセン)
吉澤ステーブルEASTで順調に調整され、8日(火)に帰厩しました。

「馬体重の面から見ればもう少し増えて戻ってきてほしかったというのは正直なところではあります。ただ、状態自体は良いように映りますし、体重も徐々に増やせてるように上向き傾向にあるのは間違いないでしょう。福島開催の1週目を目指すイメージで進めていきます」(岩戸孝樹調教師)
2019/10/4 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:478kg
「現在は内馬場でダクとハッキングを2400mの後、外馬場でキャンターを1200m(17秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き順調に進められています。ここまで問題なく15-15を重ねられてきているので、そろそろ帰厩させられる状態になっていますよ。岩戸調教師と相談の上、帰厩のタイミングを決めていこうと思います」(担当者)
2019/9/27 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:478kg
「現在は内馬場でダクとハッキングを2400mの後、外馬場でキャンターを1200m(17秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も速めのところを消化しながら進められています。ここにきて大分前進気勢が戻ってきましたし、状態も上向いてきました。この感じであればそろそろトレセンへの移動も視野に入ってくると思いますよ」(担当者)
2019/9/20 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:474kg
「現在は内馬場でダクとハッキングを2400mの後、外馬場でキャンターを1200m(17秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。15-15を織り交ぜながら継続的に乗り込んでいます。体調面は良好ですし、前進気勢も高まってきたのはいい傾向。この感じであれば問題なさそうなので、帰厩に向けて最終調整に入っていこうと考えています」(担当者)
2019/9/13 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:472kg
「現在は内馬場でダクとハッキングを2400mの後、外馬場でキャンターを1200m(17秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。週末に15-15をおこなっていますが、水曜日には17-15と最後だけ脚を伸ばしています。ここ最近の暑さでこの数日はトモが浮腫む日もありましたが、今日はスッキリとしていました。状態は悪くないので、このまま負荷を掛けていきたいと思います」(担当者)
2019/9/6 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:472kg
「現在は内馬場でダクとハッキングを2400mの後、外馬場でキャンターを1200m(17秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。体調や脚元に問題なく今週から15-15を取り入れながら進められています。夏バテをすることもなく、今週に入ると調教前に跳ねたりするようになって元気が出てきた感じがします。このまましっかり乗り込んでいきます」(担当者)
2019/8/30 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:468kg
「現在は内馬場でダクとハッキングを2400mの後、外馬場でキャンターを1200m(17秒ペース)のメニューで調整中です。先週に比べると元気がない感じがしますが、決して夏負けをしているわけでもなく、順調に乗り込めています。大きな問題はなさそうなので、今週末より15-15を始めていく予定です。体はなかなか増えてきません」(担当者)
2019/8/23 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:468kg
「現在は内馬場でダクとハッキングを2400mの後、外馬場でキャンターを1200m(20秒ペース)のメニューで調整中です。夏バテの兆候もなく元気いっぱいで調教に取り組んでいます。来週から少しずつペースを上げていきたいと考えていますが、気温が高くなるようだったら控えることも考えます。あとは、もう少し体をフックラさせていきたいですね」(担当者)
2019/8/16 (吉澤ステーブルEAST)
★8/10(土)新潟・3歳上1勝クラス(ダ1800m)戸崎圭太騎手 結果15着
この後は美浦近郊の吉澤ステーブルEASTで調整することになり、本日16日(金)に移動しました。

「1800mという距離の長さというよりも、レースでの対応力というのが今回大きかったと思います。1400、1700の場合には一つの流れになっていて、その流れに乗れさえすればというのがある一方、1800だとそうではありません。メリハリが必要となってきて、ジョッキーからのゴーサインやストップに臨機応変に対応していくのが求められます。ファイナルマズルの場合はまだその対応力が備わりきっていないというのが今回の敗因であり、能力で負けたとは思っていません。煮詰めていいタイプではありませんし、一回フレッシュな状態にしてからまた挑戦していきましょう」(岩戸孝樹調教師)
2019/8/10 (新潟競馬場)
馬体重:474kg
★8/10(土)新潟・3歳上1勝クラス(ダ1800m)戸崎圭太騎手 結果15着

「本質的にこの距離は長い印象を受けましたが、前走のようにスタートからポンと番手で構えられていれば、また違った結果になっていたかもしれません。今日みたいな揉まれる展開になると、押して引いてといった緩急をつけた走りがまだできず、ペースが上がった時にも対応できない。4角ではキックバックで戦意喪失気味でしたし、後々を考えてもそのあたりは慣れが必要だと思います」(戸崎圭太騎手)
2019/8/8 (美浦トレセン)
☆8/10(土)新潟・3歳上1勝クラス(ダ1800m)戸崎圭太騎手

4日(日)にPコースで4ハロン54.5-40.0-12.1を単走で強目に追われ、7日(水)にもPコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、68.7-53.7-39.6-12.2をゴール前仕掛けて追い切りました。「当初の予定通りこの2本でしっかりと態勢を整えられたと思います。状態もいい意味で平行線。ただ、ここのところの暑さはさすがに辛いようで、他の馬と比べても汗をかく量が多いですね。発汗量であったり、新潟への輸送のことを考えると前走よりもマイナス体重での出走となるのではないかと現時点では見ています。今回も1800mという距離が鍵。いくぶん長い印象はあるものの、上手くこなせたら大きな収穫です」(岩戸孝樹調教師)
2019/8/2 (美浦トレセン)
「帰厩させてからはダートコースを中心に乗り込んでいます。トモや腰が疲れやすいタイプなので坂路は入れていません。コンスタントに出走してきていますので、週末、来週の2本で態勢は整うでしょう。それにファイナルマズルの場合は追い込んでいいタイプではありませんからね。昨日は確認程度にゲート練習。跨っていた西田は『最初の頃と比べて良くなっているし、まだまだ変わってきそうですね』と話していましたよ」(岩戸孝樹調教師)
2019/7/26 (美浦トレセン)
吉澤ステーブルEASTで順調に調整され、昨日25日(木)に帰厩しました。

「次の競馬が具体的に決まっている中での短期の放牧でしたので、緩めることなく継続して乗り込んでもらっていました。気持ちの面でも競馬モード継続中という感じではありますが、一時でもトレセンという環境から離れたのは気分転換にはなったはず。再来週のレースに向けて仕上げていきましょう」(岩戸孝樹調教師)
2019/7/19 (吉澤ステーブルEAST)
★7/14(日)福島・3歳上1勝クラス(ダ1700m)藤田菜七子騎手 結果2着
この後は美浦近郊の吉澤ステーブルEASTで調整することになり、本日19日(金)に移動しました。

「以前の福島のレースとは違うもので、勝利こそ逃しましたがこちらの期待にしっかり応えてくれたのではないでしょうか。ジョッキーも前に跨った時よりもしっかりしてきたと話しており、そこからもファイナルマズルの成長を感じることができます。レースを終えてどこかに極端にダメージあるわけではないので、一瞬息抜きの時間を設けてリフレッシュさせてから新潟に向かいましょう」(岩戸孝樹調教師)
2019/7/14 (福島競馬場)
馬体重:476kg
★7/14(日)福島・3歳上1勝クラス(ダ1700m)藤田菜七子騎手 結果2着

「気合いが乗っていて、気配が良かったですね。周りが速くてハナには行けなかったので、無理せず番手での競馬に切り替えました。砂を被っても大丈夫でしたよ。府中(4/21・ダ1400m・2着)で乗せていただいているのですが、気性面の成長がうかがえました。このクラスでもやれる目処の立つ内容だったと思いますし、この距離を上手にこなしてくれたことで、今後のレース選択の幅も広がるのではないでしょうか」(藤田菜七子騎手)
2019/7/11 (美浦トレセン)
☆7/14(日)福島・3歳上1勝クラス(ダ1700m)藤田菜七子騎手

7日(日)にPコースで4ハロンから1.0秒追走して併せ、52.7-39.0-12.3を強目に追われ、10日(水)には芝コースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、68.2-53.0-38.8-12.2を馬ナリに追い切りました。「引き続きPコースでの追い切りも考えていましたが、水曜は湿り気のある芝コースを使用し、先輩として誘導馬の役割を果たしてくれています。動きも悪くありませんでしたし、状態も安定しているといえるでしょう。調教を進めて飼い食いが落ちるということもなく一定で、例えば楽をさせて調教を緩めて馬体重がグンと増えるということもないんですよね。将来的には馬体重を増やしての競馬が理想とは考えていますが、今のこの時期はこれがファイナルマズルにとってのベストだと受け止めています。今回は過去2戦している福島が舞台。距離がキーにはなりますが、前とは違うっていうところを見せてほしいですね」(岩戸孝樹調教師)
2019/7/5 (美浦トレセン)
3日(水)にPコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、70.5-54.8-40.3-11.6を馬ナリに追い切りました。「追い切りでの動きは変わらず悪くありませんよ。現時点では絶好調とまではいきませんが、来週に向けてさらに状態は上がってくるはず。先週確認したようにゲートも問題ありませんし、あとは出走できるかどうかというところ。今週も牝馬限定戦は3節で出走できているのに対して、一般戦は8節抽選でしたからね。今週混み合った分、来週は何とか落ち着いてほしいです」(岩戸孝樹調教師)
2019/6/28 (美浦トレセン)
吉澤ステーブルEASTで順調に調整され、昨日27日(木)に帰厩しました。

「疲れをとるのにそこまで時間は要しませんでしたね。元気な様子で戻ってきていますので、難なくペースを上げていけそうです。今朝はゲートの復習をしてみましたが、本人はケロッとして苦しがったりというのもなく問題なさそうですね。ここのところメインの追い切りをしていたWコースは使用できなくなったので、馬場状態等を見ながらその都度で適したコースを使って、福島3週目を目指して調整していきましょう」(岩戸孝樹調教師)
2019/6/21 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:476kg
「現在は内馬場でダクとハッキングを2400mの後、外馬場でキャンターを1200m(17秒ペース)のメニューで調整中です。先週から速めのところを織り交ぜて乗り込んでいますが、順調にきています。体調面も良好で、いつでも戻せそうな状態にあることから先日岩戸調教師と話をし、近々帰厩の運びとなることになりました。それまではしっかり乗り込んでいきたいと思います」(担当者)
2019/6/14 (吉澤ステーブルEAST)
馬体重:478kg
「現在は内馬場でダクとハッキングを2400mの後、外馬場でキャンターを1200m(17秒ペース)のメニューで調整中です。レース後の疲れはほとんど抜けて、元気一杯です。今週からしっかり乗り込んでいますが、このままいけそうな感じなので、どんどん進めていきたいと思います。今週末から15-15をやっていく予定です」(担当者)
2019/6/7 (吉澤ステーブルEAST)
★6/01(土)東京 3歳上1勝クラス(ダ1400m・混)菅原明良騎手 結果9着
この後は美浦近郊の吉澤ステーブルEASTで調整することになり、4日(火)に移動しました。

「勝った時のような競馬が理想でしたが、クラスが上がっての一発目ではそう簡単にはやらせてもらえませんでしたね。ただ、慣れていけばいいだけの話。イライラした様子を見せ、3月に戻ってきてここまで4戦。このタイミングでひと息入れるのがいいでしょう。その後は福島開催を目標と考えています」(岩戸孝樹調教師)
2019/6/1 (東京競馬場)
馬体重:478kg
★6/01(土)東京・3歳上1勝クラス(ダ1400m・混)菅原明良騎手 結果9着

「スタート自体は悪くはなかったのですが、中では左を気にして 気にして…。道中では砂を被るとそれを嫌がって浮くような感じになってしまいました。ただ、そこから辛抱してくれましたし、直線で馬群がバラけると良く伸びてくれたと思います。機動力があるので、もう少し距離を延長しても対応可能でしょう」(菅原明良騎手)
2019/5/30 (美浦トレセン)
☆6/01(土)東京・3歳上1勝クラス(ダ1400m・混)菅原明良騎手

5月26日(日)にWコースで4ハロンから0.8秒追走して併せ、51.5-37.5-12.5を強目に追われ、29日(水)にもWコースで5ハロンから1.5秒先行して併せ、69.1-52.8-39.1-12.9を馬ナリに追い切りました。「昨日は菅原を背に感触を掴んでもらいましたが、『前回よりいいです!』と感想をもらしていました。またスタートを決められれば本人も自信を持って導くでしょう。状態自体は変わらずに良いですから、クラスが上がるとはいえ恥ずかしい競馬にはならないはず。火曜日の計測では478kgでしたので前走とそう変わらない数字での出走となるでしょう。将来的にはもう少し馬体を増やしての競馬が理想ですね」(岩戸孝樹調教師)
2019/5/24 (美浦トレセン)
「3月からここまで3戦して体はできていますので、今週末、来週と時計消化をおこなって態勢は十分に整うでしょう。それまでは乗り込みとプール調教というメニューを主体にしています。うちはわりとプールを積極的に取り入れていて、普段の調教では使わない部分を使って刺激を与えることもできますし、気分転換の効果もあるでしょうからね。ファイナルマズルについても入厩して間もない段階から取り入れて上手いこと活用できているのを感じています」(岩戸孝樹調教師)
2019/5/17 (美浦トレセン)
★5/12(日)東京 3歳未勝利(ダ1400m)菅原明良騎手 結果:優勝

「最終追いに跨ってファイナルマズルの動きの良さがわかってるだけに、菅原も自信を持って乗っていましたよね。このダート1400mという条件にたどり着くまでに時間を要したのはあるかもしれませんが、それまでの一戦一戦があっての今回の結果。内容も悪くなく、この先にも期待を持てるものだったと思います。レース後も極端に疲れを見せてるわけではありませんので、このままもう一戦させるつもりです」(岩戸孝樹調教師)
2019/5/12 (東京競馬場)
馬体重:472kg
★5/12(日)東京 3歳未勝利(ダ1400m)菅原明良騎手 結果:優勝

「ゲートの中でガタガタしていましたが、上手くスタートが切れて良かったです。今週の最終追い切りに跨らせてもらった際に具合の良さは感じていましたので、自信を持って騎乗しましたし、番手につけて道中をスムーズに運べたことで、それを発揮させることが出来たと思います。直線で抜け出すのが少し早かったかなと思いましたが、最後まで気を抜かずにしっかりと走ってくれましたね。勝ち時計(1:26.2)もいいですし、上のクラスでも十分やれるのではないでしょうか」(菅原明良騎手)
写真
2019/5/9 (美浦トレセン)
☆5/12(日)東京 3歳未勝利(ダ1400m)菅原明良騎手

5日(日)にWコースで4ハロン54.2-38.9-12.5を単走で直線強目に追われ、8日(水)にもWコースで5ハロンから追走して併せ、70.4-54.3-39.6-12.7を馬ナリに追い切りました。「前走の好走は適性のある舞台であったことや外枠というのもあると思いますが、減量が効いたというのも一つの要素だったでしょう。今回も減量騎手を起用して、昨日は菅原を背にしての時計消化。ここのところで一番じゃないかと思える動きでしたし、菅原自身も『とても良かったです!』と話していましたよ。今週と来週のどちらかでと考えていましたが、この追い切りの内容と想定のメンバーをもとに日曜の出走を決めています」(岩戸孝樹調教師)
2019/4/26 (美浦トレセン)
★4/21(日)東京 3歳未勝利(ダ1400m)藤田菜七子騎手 結果2着

「思惑通りにスタートも決まりいい流れで運べましたね。前走で津村がビッシリやったのも生きてきてるのではと思います。あそこまできたなら勝ちたかったのはありますが、力を出せる場を見つけられたのは大きな収穫といえるでしょう。レース後も脚元含め馬体に問題はありません。中2または中3週で同じ東京のダート1400m戦に向かうつもりです」(岩戸孝樹調教師)
2019/4/21 (東京競馬場)
馬体重:476kg
★4/21(日)東京 3歳未勝利(ダ1400m)藤田菜七子騎手 結果2着

「ゲートに難があると聞いてましたが、今日跨ってみてもそう感じることはなく、ポンっと出ていいポジションがとれました。ペースも遅くて楽についていけたというのだけでなく、この馬自身最後にもうひと伸びしてくれています。外で揉まれなかったのも良かったのでしょう。長くいい脚が使えてバテないのがこの馬の強みなので、それを生かすような競馬ができればチャンスがあるはずです。1400という距離も合ってましたし、1300でも対応できそうな感触はありました」(藤田菜七子騎手)
2019/4/18 (美浦トレセン)
☆4/21(日)東京 3歳未勝利(ダ1400m)藤田菜七子騎手

14日(日)にWコースで4ハロンから0.6秒追走して併せ、53.6-38.6-12.7を馬ナリに追われ、17日(水)にもWコースで4ハロンから0.8秒先行して併せ、53.2-39.1-12.7を強目に追い切りました。「最終追いの動きも問題なく、体調面含めて気になるところはありません。前走もいい具合に態勢を整えて送り出すことができましたが今回も同様です。いいものは持っているので条件さえ合えばというところですから、前走を踏まえての距離短縮。この馬の場合には特にスタートが重要な要素です。今回はスタートが上手でかつ減量を効かせられる鞍上に依頼しています」(岩戸孝樹調教師)
2019/4/12 (美浦トレセン)
「レースでの疲れも抜けてきて元気な様子を見せてくれています。今週はダートコースで長めに乗り込むメニューでの調整。週末から時計消化をおこないながら、態勢を整えていくプランです。前走でのジョッキーの感覚をもとに今回は距離を縮めてと考えており、4/21(日)東京・3歳未勝利(ダ1400m)を目標としています。鞍上を手配しようと動く中で感じるのは、もしかしたら3節で出走が叶うかどうかは微妙なラインかもしれません」(岩戸孝樹調教師)
2019/4/5 (美浦トレセン)
★3/31(日)中山・3歳未勝利(ダ1800m・混)津村明秀騎手 9着

「津村にも気合を入れてもらうよう指示をして、返し馬からビッチリとやってくれました。これまでの課題だったスタートも決まり、道中の流れなんかも悪くありません。手応えも十分に感じられたのに、あのタレ方はいただけないですよね。正攻法でやって今回の内容ですから、距離の適性の問題なのではないかと考えます。このまま厩舎に置いて出走のチャンスを狙っていきましょう」(岩戸孝樹調教師)
2019/3/31 (中山競馬場)
馬体重:478kg
★3/31(日)中山・3歳未勝利(ダ1800m・混)津村明秀騎手 9着

「先生とはゲートをうまく出たらある程度前につけようと話をしていたので、思っていた通りの競馬はできました。ただ、追い出してからが案外で、ジリジリとしか伸びず。大きくバテているわけではないのですが、距離が若干長いのかもしれません」(津村明秀騎手)
2019/3/28 (美浦トレセン)
☆3/31(日)中山・3歳未勝利(ダ1800m・混)津村明秀騎手

24日(日)にWコースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、54.5-39.2-13.1を馬ナリに追われ、27日(水)にもWコースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、53.0-39.0-12.9を馬ナリに追い切りました。「先週よりも確実に良くなっていますよね。モタつき感が少なくなっているというんでしょうか。ジョッキーも悪くない感触をつかんだよう。何よりも事前に跨って癖を掴んでもらったのはプラスに働くはずですよ。今回は3つある番組の中で相手関係を見て、またパサパサの馬場よりもと天気予報も考慮して日曜日の番組に投票しています。まずはスタートを決めてほしいですね。そこさえクリアできればと思っています」(岩戸孝樹調教師)
2019/3/22 (美浦トレセン)
17日(日)にWコースで4ハロンから0.6秒先行して併せ、54.8-39.7-13.3を馬ナリに追われ、20日(水)にもWコースで5ハロンから0.6秒追走して併せ、68.3-52.8-38.5-12.5をゴール前仕掛けて追い切りました。「終いまでしっかりと動けていて悪くありません。まだ多少緩さはありますが、あと2本消化することにより態勢は整うと見ています。ゲート練習も週に何度か取り入れていて、駐立は問題ありません。何かやってやろうみたいな雰囲気もなく行儀良くできていますよ。来週に向かう中でも引き続き要所要所で確認しながら進めていきましょう。3つ組まれているダート1800m戦のいずれかを津村で向かう考えです」(岩戸孝樹調教師)
2019/3/15 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、13日(水)に帰厩しました。

「今回もいい状態で戻ってきました。リフレッシュ期間を設けてしっかりと気持ちの面でリセットできているように映りますよ。時計を消化してから最終的には判断しますが、現時点では3月の最終週での出走になる見込みです。鞍上については今回はあたりの柔らかいタイプがいいのではないかと考えています」(岩戸孝樹調教師)
2019/3/8 (松風馬事センター)
馬体重:485kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで、障害練習も平行しておこなっています。ようやく前後がつながり、理にかなった動きができるようになってきましたね。障害練習がいい方に作用しているように思います。脚元は問題ありませんし、乗り込みの方も至って順調。トモの緩さを払拭し、乗り固めるイメージで調整を進めていくつもりです」(担当者)
2019/3/1 (松風馬事センター)
馬体重:478kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで、障害練習も平行しておこなっています。先週末からロンジング運動で立ち上げ、26日(火)から騎乗運動を再開。岩戸師から注文があり、27日(水)に確認のためゲート練習をおこないました。発馬は若干モッサリしていたものの、入り、駐立は問題なし。発馬の俊敏性さえ高まれば問題ないでしょう。折り返し手綱を使用してハミ受けの改善に努めつつ、どうしてもトモの緩さが目につくため、それを払拭させるために障害練習も開始しました。今後は走路と障害練習を両立しておこない、ウィークポイントの解消に努めていきたいと思います」(担当者)
2019/2/22 (松風馬事センター)
★2/19(火)船橋・ベストレイン特別(ダ1600m)森泰斗騎手 結果4着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、21日(木)に移動しました。

「返し馬を終えてレース前にゲートに入れてと念には念を入れて臨んだのですが…。ジョッキーも出遅れさえなければ勝ち負けのレベルだったと言ってましたからね。道中でも集中力散漫なところも見受けられ、なかなか一気に前進とはいきません。それでも今回の競馬の形がいい刺激となり、キッカケになってもいいはず。レースを終えて特定の箇所に大きなダメージはありませんが、ほぼ連闘のスケジュールでしたし、さすがに疲れを感じさせます。それにファイナルマズルの場合には煮詰まることにより変なスイッチを入れたくないので、ここでガス抜きをしましょう」(岩戸孝樹調教師)
2019/2/19 (船橋競馬場)
馬体重:484kg
★2/19(火)船橋・ベストレイン特別(ダ1600m)森泰斗騎手 結果4着

「駐立は大人しくできてたので、これならと思ったのですが…のんびりとした出になってしまいました。向正面で脚を使った割に最後もジリジリ伸びてきていて、だからこそスタートとさえ決めてればというのがありますよね。道中はフワフワと遊んでたり集中しきれてないところもあり、まだ緩さも残してますから、これから良くなっていく余地は十分にあるはずです」(森泰斗騎手)
2019/2/15 (美浦トレセン)
★2/11(祝)東京・3歳未勝利(ダ1600m・混)内田博幸騎手 結果10着

「スタートのタイミングが合いませんでしたね。ただ、ゲートの中でうるさくしていたわけでなく大人しくできていたので、その辺りは前進していると思います。ジョッキーの言っていたレース慣れ。それを踏まえて、その日のうちに交流戦に申し込みをかけています。もちろん状態次第というのは大前提で、昨日から乗り出してみても気にかかることはなく、これであればと思っていたところに補欠から繰り上がりの連絡。来週の2/19(火)船橋・ベストレイン特別(ダ1600m)に森泰斗騎手で出走予定です。そこまでに向かう中でもし疲れを感じさせたりするようなことがあれば、必要なケアを施しましょう」(岩戸孝樹調教師)
2019/2/11 (東京競馬場)
馬体重:482kg
★2/11(祝)東京・3歳未勝利(ダ1600m・混)内田博幸騎手 結果10着

「スタートが出負けしてしまったけど、ゲートの中でモタれたりする面はなかった。道中は砂を被ると上へ上へと抜ける感じで、まだ前に推進して行こうとする気持ちに欠けている。直線でも手応えは悪くないのに、体の使い方がぎこちなくて集中力散漫なためフットワークがバラバラ。距離はこれぐらいで問題ないし、乗り味や背中の感じも悪くないけど、経験が必要だと思います」(内田博幸騎手)
2019/2/7 (美浦トレセン)
☆2/09(土)東京・3歳未勝利(ダ1600m・混)内田博幸騎手

3日(日)に坂路コースで4ハロンから1.0秒追走して併せ、52.5-38.5-25.7-13.0を一杯に追われ、6日(水)にはCコースで5ハロンから0.4秒追走して併せ、70.4-54.6-40.2-13.0を馬ナリに追い切りました。「ここのところのチップは上の部分は乾燥してフカフカしていて、下の部分は硬くて非常に滑りやすいんですよね。まだトモに緩さを残しているファイナルマズルなので、今回の追い切りはWコースは避けてダートコースでおこないました。持ったままの手応えで、見た感じは終い12秒台できたんじゃないかと思えるほど。時計で見るよりもだいぶ動けています。中間におこなったゲート練習も問題なし。あとは本番にいってどうかというところで、普通に出られればいい勝負をしてくれるのではないかと思っています」(岩戸孝樹調教師)
2019/2/1 (美浦トレセン)
1月27日(日)に坂路コースで4ハロンから0.9秒追走して併せ、57.6-41.2-26.4-12.7を馬ナリに追われ、30日(水)にはWコースで5ハロンから1.0秒追走して併せ、71.7-56.1-41.8-13.2を馬ナリに追い切りました。「水曜は終い軽く伸ばすようなイメージでの追い切り。時計がかかる傾向にあった中で、楽に動けていて悪くありませんよ。先週と比べてもずいぶんと良くなっています。ゲート練習もはさみながら。練習ではコントロースが効いていても、本番の競馬にいってみてどうかというのはありますが、ここまでは順調にきてるといえるでしょう」(岩戸孝樹調教師)
2019/1/25 (美浦トレセン)
20日(日)に坂路コースで4ハロン59.9-43.1-28.1-13.9を単走で馬ナリに追われ、23日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.9秒先行して併せ、58.1-43.1-28.0-13.2を強目に追い切りました。「戻ってきて1本目の追い切りは正直まだ物足りないですね。ただ、前走からリフレッシュ期間をはさみながらゲートをメインにしてきましたから、時計消化での動きが良くなるのはこれからのこと。バランスが整ってきている中で、動きも変わってくるでしょうから私としても期待しているんですよ。目標の2/9(土)東京・3歳未勝利(ダ1600m・混)までにキッチリ仕上げていきましょう」(岩戸孝樹調教師)
2019/1/18 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、本日18日(金)に帰厩しました。

「ゲート練習をする中で左右のバランスが気になったので、松風ではそこを整えるイメージで調整してもらいました。この後はゲートの確認をしながら追い切りを重ねていき、進み具合にもよりますが東京開催の3週目あたりでの出走となるのではないかと見ています」(岩戸孝樹調教師)
2019/1/11 (美浦トレセン)
馬体重:481kg
今後は美浦近郊の松風馬事センターで調整を進めることになり、4日(金)に移動しました。

「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。首、特に右首に硬さや張りが見られたため治療を施し、先週一杯は楽をさせました。その効果もあって、首にはだいぶ柔らかみが出てきた印象。週明けからロンジングで立ち上げて、週中から騎乗運動を再開していますが、どうも左に逃げる素振りが見られるため、折り返し手綱を装着して矯正しながら乗り込みを進めています。ゲート練習でも中で左にモタれているように、どうも癖になっている印象。その辺の改善に務めながら徐々にピッチを上げていくつもりです」(担当者)
2018/12/28 (美浦トレセン)
「昨日はゲートの最終確認。西田を背に、まずは普通にゲートを出して、その後にもう一度ゲートに。その時はすぐに扉は開けずに、ガタガタせずに我慢できるかをチェック。大人しくはしていましたが、私の感覚としてはまだ完全には納得していないように思えますね。西田が言うにはゲートに入れる時がポイントとのこと。反抗して左に逃げようとするので、その時に乗り手がしっかり怒って指示してあげさえすれば問題ないようです。念のため年明けにもう一度やってみて、そこでしっかり卒業させましょう」(岩戸孝樹調教師)
2018/12/21 (美浦トレセン)
「今週もゲート中心。今朝は癖のある馬の扱いが上手い西田を背にしての練習。反抗しようと立ち上がって入るのを嫌がってみたりする場面もありましたね。それでも中に入れば徐々に大人しくなり我慢がきくようになってきています。初日に厳しめにやったのが効果的だったのでしょう、ある程度は納得してきている様子です。来週は発進の練習をして最後の仕上げといきます。そこでガタガタするようなところがあれば、またその時にプランを考えましょう」(岩戸孝樹調教師)
2018/12/14 (美浦トレセン)
NSRで順調に調整され、昨日13日(木)に帰厩しました。

「年内にゲートに決着をつけようと思い昨日帰厩させました。早速、今朝からゲートに集中。枠内で10分位は我慢できるのですが、そこから思い出したようにモゾモゾと動き出し、前から後ろから出ようとしたり、座り込もうとしたりと抵抗する様子を見せています。一回外に出して馬装を整えて、再度ゲートへというのを繰り返して、大人しく駐立できていたところで終了。こういうのは終わり方が大事になってきますからね。来週も引き続きゲート克服をメインにおこなっていきます」(岩戸孝樹調教師)
2018/12/7 (NSR)
馬体重:480kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2000~3000m(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き同様のメニューで緩めず乗り込んでいますが、動きについては何ら問題ありません。体調自体は良さそうです。ただ、飼い葉をしっかり食べている割に馬体重が増えてこないのが気になるところ。前回の送り出しの際は500kg近くあったことを考えると、もう20kgくらいは増やしておきたいところ。早ければ来週、遅くとも再来週には入厩の運びとなるでしょうから、それまでに馬体増を促しながらしっかり乗り込んでいきたいと思います」(担当者)
2018/11/30 (NSR)
馬体重:480kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2000~3000m(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。入場当初は体を細く見せていたため、先週一杯は軽めにとどめて馬体回復に専念。ひとまずレース体重まで戻したこともあって週明けから徐々にペースを上げており、今は17~18秒ペースで緩めずジックリ乗り込んでいます。疲れは見られませんし、脚元についても問題なし。精神面でもいいリフレッシュになっているのではないでしょうか。3週間程度の短期放牧と聞いていますので、今後は送り出しに向けて態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2018/11/23 (NSR)
★11/18(日)福島・2歳未勝利(ダ1700m・混)木幡巧也騎手 結果14着
この後は美浦近郊のNSRで調整することになり、昨日22日(木)に移動しました。

「中間にゲート練習をして臨んだレースだっただけに何とも。枠内でソワソワと落ち着かない様子で、いざゲートを出ても普段の稽古で見せる力を上手く発揮できていません。真面目に取り組むタイプの分、気持ちの面で苦しい部分があったのではないかと考えてしまいますね。入厩からゲート試験を経て2戦してますから、息をつかせてあげる時間が必要なのでしょう。ここで一度体も心もリセットしてもらって、戻ってきた後はゲート練習に時間を割いて、しっかり克服させてから次に向かうつもりです」(岩戸孝樹調教師)
2018/11/18 (福島競馬場)
馬体重:478kg
★11/18(日)福島・2歳未勝利(ダ1700m・混)木幡巧也騎手 結果14着

「叩き2戦目ですし、砂を被るのは平気なタイプなので、もう少しやれると思ったのですが…。左(外)に逃げるように、もこもこした走りになってしまって。追い切りではそんなところはないのですが。スタートしてダッシュがつかなかったですし、もう少しゲートも含めて稽古が必要のようです」(木幡巧也騎手)
2018/11/15 (美浦トレセン)
☆11/18(日)福島・2歳未勝利(ダ1700m・混)木幡巧也騎手

14日(水)にWコースで4ハロンから0.2秒先行して併せ、54.3-40.0-13.2を一杯に追い切りました。「一杯表記になっていますが、こちらの感覚としては持ったままの手応えでしたし、やれば動けるのでそこまでは追っていません。巧也も『具合いいですね』と好感触のよう。前走を踏まえてゲートにはもちろん注意してもらいますし、今回はレースでもメンコをつけて臨む予定です。メンバーはさすがに権利持ちが多いですが、ファイナルマズルだって遜色ありませんし、やっつけられる力がありますよ」(岩戸孝樹調教師)
2018/11/9 (美浦トレセン)
★11/04(日)福島・2歳新馬(ダ1700m・混)木幡巧也騎手 結果5着

「出遅れが痛かったですね。巧也も私も自信があったので悔しいですが、それでもしっかり権利をとって次につなげられたのはホッとしています。ジョッキーは『調教の時は芝もと感じたが実際のレースに行ってみると断然ダートが合いますね。距離が延びても対応できそうです』とも話していました。私としては芝というのも捨てきれていないので、どこかのタイミングでとは考えています。レース後は特に悪いところはありませんので、状態や相手関係によっては来週の番組から出走を検討していきましょう」(岩戸孝樹調教師)
2018/11/4 (福島競馬場)
馬体重:476kg
★11/04(日)福島・2歳新馬(ダ1700m・混)木幡巧也騎手 結果5着

「稽古から跨っていて動けるのはわかってたので自信を持って乗ったんですけど…スタートで失敗してしまいすみません。確かに勝った馬は強かったです。でも、この馬だってそれに迫るくらいやれてもいいと思ってます。力はありますし、まだまだ良くなるはずです」(木幡巧也騎手)
写真
2018/11/1 (美浦トレセン)
☆11/04(日)福島・2歳新馬(ダ1700m・混)木幡巧也騎手

28日(日)にWコースで4ハロンから1.3秒追して併せ、57.3-41.0-12.7を一杯に追われ、31日(水)にもWコースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、54.3-39.3-12.9を馬ナリに追い切りました。「先週の時点では抽選になるのではないかと思っていましたが、心配はいりませんでしたね。無事に目標としていたレースに出走できます。本番に備えておこなったゲート練習では、ポンっと出て鞍上の巧也が促すとしっかり反応して、いい加速を見せてくれましたよ。追い切りでも勢いのある動きを見せてくれて、描いていた通りに態勢を整えられたと感じています。巧也もここまでの調教の中でいい感触を掴んでるはずですから、自信を持って乗ってもらいましょう」(岩戸孝樹調教師)
2018/10/26 (美浦トレセン)
21日(日)にWコースで4ハロンから併せ、54.9-39.3-13.1を馬ナリに追われ、24日(水)にもWコースで5ハロンから1.1秒追走して併せ、70.6-54.4-40.1-13.5を馬ナリに追い切りました。「週末よりWコースで追い切りをおこなっています。水曜は時計のかかる時間帯であったので数字から見ると感じないかもしれませんが、楽に動けていて持ったままの手応えです。気合いに満ち溢れている走りは褒めてもいいのではないでしょうか。疲れが出たり脚元がどうこうということもなく、入厩からここまで順調にこれていますよ。あとは希望するレースへの出走が叶うと信じて、デビューへ向けての最終調整をしていきましょう」(岩戸孝樹調教師)
2018/10/19 (美浦トレセン)
14日(日)に坂路コースで4ハロンから0.1秒先行して併せ、58.5-42.9-28.7-14.7を馬ナリに追われ、17日(水)にも坂路コースで4ハロンから1.0秒追走して併せ、54.1-39.4-26.2-13.3を馬ナリに追い切りました。「水曜の追い切りではパートナーが稽古から動くタイプでないため、相手に併せた分、時計としてはそこまで出ていません。ただ、促せば動けるだけの手応えは十分にあります。何よりも気持ちが入った走りを見せてくれるのがいいんですよ。巧也もいい感触を掴んだよう。この後は坂路だけでなく、コースでの調教も取り入れたメニューに切り替えるか検討していくことにします」(岩戸孝樹調教師)
2018/10/12 (美浦トレセン)
「ゲート練習、試験を終えて反動が出るかと懸念していましたが、そこまで疲れた様子を見せないため、このままデビュー戦に向けて進めていきます。体力がもう少し欲しい気持ちがあるので、毎日のように坂路を駆け上がらせて体力強化を図っているところです。昨日は唸るような走りで行きっぷりもなかなかのもの。普段調教をつけることが多い西田も『ふと走るのを止めようとするような子供っぽいところは残しているけど、いいものを持っていますね。2歳の時のララパルーザみたい』と話しています。約1ヶ月後の福島でのデビューを目指して、バシバシ鍛えていきましょう」(岩戸孝樹調教師)
2018/10/5 (美浦トレセン)
NSRで順調に調整され、9月29日(土)に美浦・岩戸孝樹厩舎に入厩し、本日10月5日(金)にゲート試験を受験し無事に合格しました。

「まだまだ幼さが全面に出ていますね。他の馬が通ると鳴いてみたりと所作が子供です。動きなんかはいいものを持っているのを感じさせますから、これからつきあっていく中での成長に期待します。今週はゲート練習がメイン。枠内でガタガタして見せたりすることもありましたが、本日一発合格です。思いの外スムーズに進められていますよ。週末か来週かに速いところをやってみて、そこでの動きや息遣いを見た上で今後のプランを考えていきましょう」(岩戸孝樹調教師)
2018/9/28 (NSR)
馬体重:492kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2500~3500m(17秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。先週末は雨で馬場が悪化したため時計消化は控えましたが、週明けからはこれまでと同様のメニューで順調に乗り込んでいます。数字が示す通り馬体もフックラ見せており、概ね態勢は整った印象。明日29日(土)の検疫で入厩の予定ですが、いい状態で送り出せるでしょう」(担当者)
2018/9/21 (NSR)
馬体重:484kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2500~3500m(17秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き時計消化を織り交ぜながら順調に乗り込んでいます。19日(水)の時計消化でも素軽い動きを見せており、だいぶバネが出てきた印象。いい走りをするようになってきましたね。厩舎からいつ声が掛かってもいいように、送り出しに向けて態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2018/9/14 (NSR)
馬体重:485kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2500~3500m(17秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。馬体にメリハリが出て、体つきがだいぶ良くなってきましたね。それに、怖がりな面もこちらではほとんど気になりません。賑やかなトレセンの環境に変わってどうかという点に一抹の不安は残るものの、ここにきて気性面の成長が顕著。早ければ再来週にも入厩の予定で、送り出しに向けてこのまま進めていくつもりです」(担当者)
2018/9/7 (NSR)
馬体重:485kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2500~3500m(17秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。今週は台風の影響を考慮して週中の時計消化は控えましたが、乗り込み自体は至って順調。体つきがシャープになってきましたし、心身共にだいぶ幼さが抜けてきた印象。普段は物音に過敏に反応するなど女馬のような繊細さを見せることがありますが、調教で支障をきたすことは全くありません。むしろ集団調教で先頭を走らせても大丈夫なほど。以前のような横に逃げたり他馬を気にしたりする面は解消しています。ゲートにも慣れてきたようで、今は開く音に驚くようなこともなくなりました。ここにきての精神面の成長、進境ぶりが著しい1頭です。いつ声が掛かってもいいように、送り出しに向けて態勢を整えて行こうと思います」(担当者)
2018/8/31 (NSR)
馬体重:488kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2500~3500m(17秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き15秒ペースの時計消化を織り交ぜ、距離を延ばしてジックリ乗り込んでいます。体つきがシャープになり、だいぶメリハリも出てきた印象。馬体に関しては、この1週間でグンと良くなりましたね。ペースアップと共に精神面がピリピリしてきた感じで、洗い場で繋がれている時に周りが騒がしいと気にする素振りを見せることがあります。それでも併せ馬で他馬を気にする面や、ゲート練習の時にゲートが開く音に驚くようなところは徐々に解消されてきただけに、課題をひとつずつ克服しつつあるのは確か。今後は変にスイッチが入らないように注意しながら乗り込みを進め、9月中旬~下旬頃の入厩を目標に態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2018/8/24 (NSR)
馬体重:488kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2000~3000m(17秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。ここまでジックリ乗り込んできたことで息遣いが良くなり、だいぶ体力が付いてきた印象。併せ馬で他馬を気にするようなところも気にならなくなり、気性面の成長も感じられます。現状の課題といえば、ゲート練習の際にゲートが開く音に驚いて発馬がワンテンポ遅れてしまうことくらい。スタートはむしろ速い方なので、その辺が解消すればゲート試験即合格レベルに達するでしょう。引き続きジックリ乗り込みつつ、ゲート練習も入念にやっていくつもりです」(担当者)
2018/8/17 (NSR)
馬体重:488kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2000~3000m(17秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き時計消化を織り交ぜながら順調に乗り込んでいます。この中間に岩戸調教師が視察に訪れ、『入厩に向けてビシビシ乗っておいて欲しい』とのこと。今の感じなら間隔を詰めても問題なさそうで、来週からは時計消化を週2回に増やして更に負荷を掛けていくつもりです。今は調教で砂を被っても平気ですし、他馬を気にするようなところも影を潜めてきました。併せ馬を毎日こなして馬も慣れてきたのでしょう。また、岩戸調教師からは『ゲートもしっかりやっておいて欲しい』とも指示がありましたから、今後はゲート練習も入念にやっていく予定。音に敏感なところがあるので、細心の注意を払いながら進めていきます」(担当者)
2018/8/10 (NSR)
馬体重:490kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2000~3000m(17秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。予定通り先週末に15秒ペースの時計消化をおこないました。初めての15-15でしたが、上々の動きだったと思います。併せ馬で急に下がるような面はなくなってきたものの、横に逃げるようなところはまだ残っている現状。怖がりな面が完全に払拭できたとは言い難いですね。今は併せ馬の内に入れて、前にも馬を置く形で慣れさせているところ。引き続き時計消化を織り交ぜてジックリ乗り込みつつ、他馬を気にする面の解消に努めていくつもりです」(担当者)
2018/8/3 (NSR)
馬体重:495kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2000~3000m(17秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き先週と同様のメニューでジックリ乗り込んでいます。併せ馬で内に入ると怯んでしまうことがあり、ちょっと気の小さいところがあるようです。その辺を解消すべく、日々の調教はパートナーとピッタリ併せています。今週末から15秒ペースの時計消化をおこなう予定で、様子を見ながら徐々にペースアップを図っていくつもりです」(担当者)
2018/7/27 (NSR)
馬体重:495kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2000~3000m(17秒ペース)のメニューで調整中です。乗り込み自体は順調で、徐々にペースアップを図りながら負荷を掛けています。動きにもだいぶ素軽さが出てきた印象で、今の感じなら態勢が整うのにそれほど時間は掛からないでしょう。ただ、特に出だしはキョロキョロしていて集中力に欠ける感じ。それにより頭が上がって推進力が逃げているだけに、気持ちの面をピリッとさせて集中して走らせたいところ。こちらの環境や調教に慣れてくれば解消する類のものだと思うので、引き続きジックリ乗り込んでいくつもりです」(担当者)
2018/7/20 (NSR)
馬体重:488kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2000~3000m(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。輸送による疲れはすっかり解消したことから、先週末より騎乗運動を再開。週明けから徐々にペースアップを図っています。若干カリカリしやすいところがあり、男馬にしては繊細な印象を受けますが、フットワークに素軽さがあって仕上がりは早そうなイメージ。まだお腹周りに余裕があるので引き締めつつ、全体的に筋肉量を増やしていきたいですね。引き続き入念に乗り込んで鍛えていきたいと思います」(担当者)
2018/7/13 (NSR)
馬体重:480kg
今後は美浦近郊のKSトレセン内NSRで調整を進めることになり、11日(水)に移動しました。

「現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。輸送熱こそありませんでしたが、初めての長距離輸送、到着日がかなり暑かったこともあって若干お疲れモード。飼い葉食いも今ひとつだったため、ひとまず2~3日はマシン運動のみにとどめて様子を見ています。今は飼い葉もしっかり食べていますし、だいぶ活気も出てきたので、様子を見ながらにはなりますが今週末か週明けにも騎乗運動を再開する予定です」(担当者)
2018/6/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:478kg
現在は馬場2周と坂路2本(上限15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「坂路では気合いが乗って動けてはいるのですが、まだトモに甘いところがあり、ペースが上がるとややフォームが崩れてしまいます。そのため、当初は今月末の移動も考えていましたが、予定を変更し、もう少しこちらで乗り込むことになりました。坂路での脚力強化を重点的におこない、しっかり力を付けてから送り出したいと思います」と話していました。
写真
2018/6/15 (ノルマンディーファーム)
現在は馬場2周と坂路2本(上限15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間は馬場での周回数を増やし、坂路では15-15の登坂本数を増やして乗られています。相変わらず馬体のバランスが良いですし、乗り込みが進んで体つきが更に引き締まってきました。徐々に中身も詰まってきた印象で、早ければ今月末にも小野町へ移動させる予定です。
2018/5/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:488kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間から15秒ペースの調教を再開しましたが、特に疲れた様子は見受けられません。状態も良さそうなことから、今後は徐々に15-15の本数を増やして登坂させる考えです。牡馬にしては繊細なところがあった本馬も、ここ最近は精神面での成長が窺え、ドッシリしてきました。放牧地では仲間相手にヤンチャな一面も見せており、だんだんと頼もしくなってきました」と話していました。
写真
2018/5/15 (ノルマンディーファーム)
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。繋部の皮膚炎が綺麗になってきたことから、この中間より騎乗を再開しています。まだ乗り出してから日は浅いものの、楽をさせる前は15-15の追い切りも進めていた馬。体つきに余裕はありますが、現状メニューではしっかりとした脚取りで坂路を登坂しています。調教に前向きですし、この後も順調ならそれほど時間は掛からずに元のペースへと戻していけそうです。
2018/4/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:481kg
現在はウォーキングマシン1時間とトレッドミルで調整しています。担当者は「この中間も速いペースでの調教を取り入れながら進めていましたが、脚元にケイクン(繋部皮膚炎)の症状が見られたため、一旦騎乗を控えて様子見しています。洗浄と薬剤で治療を施しながら運動は継続させており、繋部が綺麗になるまではこのままのメニューで調整をおこなっていきます」と話していました。
写真
2018/4/16 (ノルマンディーファーム)
現在は馬場1周と坂路2本(上限15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も徐々にペースアップを図って進められており、週に1~2回は15-15も開始しています。以前から均整の取れた体つきで、全体的にバランスが良く成長している印象ですが、ここ最近は張りが出てきて、好馬体が一段と目を引くようになってきました。10日(火)に来場した岩戸孝樹調教師は「この一ヶ月で見た目も随分と良くなりましたね。調教も順調そうですし、このままどんどん進めてもらいましょう」と話していました。
2018/3/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:467kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「雪解けが進んで馬場が使用できるようになりましたので、この中間から乗り込み量を増やし、坂路でのペースも徐々に上げて進めています。相変わらず少し繊細なところはあるものの、ここ最近は精神面での成長が感じられ、以前よりも前向きな姿勢で調教に取り組んでいます。まだ体に緩さはありますが、調教メニューを強化した分、強い負荷も掛けられるので、これから徐々にしっかりしてくると思います」と話していました。
写真
2018/3/15 (ノルマンディーファーム)
現在はトレッドミル運動と併行しながら坂路2本(上限20~22秒ペース)のメニューで調整しています。この中間より夜間放牧を終了して日中放牧に切り替えており、ややペースアップも図って進められています。6日(火)に来場した岩戸孝樹調教師は「母のリスティアエーデルはうちの厩舎にいましたが、この馬はどちらかというと父ホワイトマズルに似ているようですね。お母さんの仔にしては体がありますし、全体のバランスも良く映ります」と話していました。
2018/2/28 (ノルマンディーファーム)
馬体重:468kg
現在はトレッドミル運動と併行しながら坂路2本のメニューで調整しています。騎乗担当者は「体がとても柔らかくて上手に使えていますし、動きに力強さも感じられます。少し気の小さいところは見受けられますが、走ることに対しては前向きで、日々のトレーニングをしっかりとこなしています。母自身が大きい馬ではなく、これまでの兄姉もそれほど馬体は目立ちませんでしたが、この馬は立派な体つき。違うタイプに成長してくれるのではないかと見ています」と話していました。
写真
2018/2/15 (ノルマンディーファーム)
現在はトレッドミル運動と併行しながら坂路2本のメニューで調整しています。この中間は大雪のため二日ほど坂路が使用できませんでしたが、現在は調教を再開。週に1~2回はトレッドミルでのダクとキャンターを取り入れています。環境にはすっかり慣れた様子ですが、トレッドミルに乗る際に躊躇するなど、牡馬にしてはやや繊細なタイプ。ただ、乗りさえすれば上手にこなしています。馬体の成長とともに精神面でも次第にドッシリと構えられるようになってくれることでしょう。
2018/1/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:470kg
現在は坂路2本(ハッキング)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「7日(日)にオカダスタッドから移動してきましたが、馬運車内でぶつけたのか右トモに外傷が見られたため、数日間ほど舎飼。順調に回復した矢先、今後は熱発したので再度舎飼にとどめて、23日(火)より調教を開始しています。まだこちらの環境に慣れていないこともあり、調教中は物見をしますが、徐々に集中して走れるようになってきました」と話していました。
写真
2017/12/29 (オカダスタッド)
馬体重:478kg
現在はオカダスタッドにて夜間放牧と併行しながら騎乗運動を行っています。担当者は「ハミ受けが徐々に安定してきたため、この中間より坂路の登坂回数を2本に増やしています。ペースも速い日でハロン18秒台に上げていますが、左右にもたれることもなく現時点では合格点を与えられる動き。シルエットがまだ四角く映り、これからどんどん体型も変わっていきそうですし、丹念に乗り込みつつ馬体の成長を促したいと考えています」と話していました。
写真
2017/11/30 (オカダスタッド)
馬体重:479kg
現在はオカダスタッドにて夜間放牧と併行しながら騎乗運動を行っています。担当者は「一通りの馴致メニューを無難にクリアしたため、この中間より坂路コースで騎乗運動を行っています。ダク1本にハッキング1本と軽めのメニューですが、ハミ受けを安定させることに主眼を置いています。度胸が据わっていて教えたことをしっかりと吸収してくれるため、この調子で一段一段レベルアップさせたいと考えています」と話していました。
写真
2017/10/31 (オカダスタッド)
馬体重:475kg
現在はオカダスタッドにて夜間放牧と併行しながら騎乗馴致を行っています。バランスよく見栄えするシルエットで、馴致に耐えうる体つきと判断したため、この中間より騎乗馴致を立ち上げました。手始めとして腹帯装着や洗い場に繋ぎシャワーを経験させたあと、丸馬場でのロンジングへと移行しており、調馬策を使い左右に周回させながら基本動作を教育しています。今のところ反抗的な面は見せておらず、この様子であれば本格的メニューも無難にこなしてくれるでしょう。
写真