現在表示しているページの位置

グラウシュトラール
牡馬 芦  2016/5/1生
カタログPDF

父:スウェプトオーヴァーボード × 母:フォーミー(母の父:アドマイヤマックス)

生産:日高・碧雲牧場  所属:美浦・大竹正博厩舎

  •  
  •  
総口数 400口 募集総額 1,000万円
募集状況 満口 1口出資額 25,000円

近況

詳細

2020/9/24 (美浦トレセン)
★9/21(祝)中山・3歳上1勝クラス(ダ1200m)田辺裕信騎手 結果2着
レース後、右前第三中手骨近位掌側面の剥離骨折が判明したため、明日25日(金)に美浦トレセン内診療所にて剥離した骨片の摘出手術および内部のクリーニングを行う予定です。

「上りの歩様に異常はなかったのですが、昨日の午後から右膝が腫れて熱感を持っていたためレントゲン検査を行ったところ、剥離骨折が見つかりました。術後の経過を見てからになりますが、剥離した骨片の大きさからは全治6ヶ月(競走復帰できるまでの目安)ほどの診断になる見込みです。レース中に落鉄したのは左前脚ですが、直線物凄い脚を使いましたので、少なからず影響してのものと考えられます。ここにきてようやく心身ともにバランスが整いつつあり、前走ダート替わりでキッカケを掴みかけた矢先に申し訳ありません。術後の様子などまたご報告させていただきます」(大竹正博調教師)
2020/9/21 (中山競馬場)
馬体重:474kg
★9/21(祝)中山・3歳上1勝クラス(ダ1200m)田辺裕信騎手 結果2着

「初ダート戦で変わり身を見せてくれましたね。メンバー最速の上り3ハロン36.4秒の脚を使っています。田辺ジョッキーは『ダート替わりは全く問題なしでしたね。3~4コーナーにかけて6番の馬がズルズルと後退してきて、それを交わすためにブレーキが掛かったのが痛かったです』と話していました。最後の直線入り口で左前を落鉄していました。蹄の裏の状態および上り運動を見る限りは大丈夫だと思いますが、トレセンに戻り次第、再度しっかりと確認しておきます」(大竹正博調教師)
2020/9/17 (美浦トレセン)
☆9/21(祝)中山・3歳上1勝クラス(ダ1200m)田辺裕信騎手

16日(水)に坂路コースで4ハロン60.6-43.2-28.1-13.3を単走で馬ナリに追い切りました。「追い切りはやや軽めの内容にとどめていますが、硬さも感じられず伸びやかなフットワークで調子自体は良いと思います。札幌からの輸送疲れはまだ若干残っているものの、稽古の動きを見る限りレースに行って影響するほどではありません。初ダートの今回、キックバックにうまく対応できるかなど少なからず課題も抱えているので、 頭数が比較的落ち着いた点はよかったですね。テンからスピードを生かして、前々主張の競馬ができればと思っています」(大竹正博調教師)
2020/9/11 (美浦トレセン)
★9/06(日)札幌・3歳上1勝クラス(芝1200m・混)古川吉洋騎手 結果12着

「水曜日に美浦に無事戻ってきました。長距離輸送の後なので、今週いっぱいは楽をさせて様子を見ていますが、飼い葉食いも落ちておらず状態面に変わりありません。乗り始めてこのまま問題ないようであれば、来週の番組から投票を検討していきます」(大竹正博調教師)
2020/9/6 (札幌競馬場)
馬体重:480kg
★9/06(日)札幌・3歳上1勝クラス(芝1200m・混)古川吉洋騎手 結果12着

「鞍上は『好位で流れに乗れればと考えていたのですが、力んでハミを噛んでしまい控える形に』とのコメントでした。ゲートを出たなりの指示ではあったものの、前半の位置取りがちょっと後ろ過ぎましたね。それでも前に壁を作れていればまた違う結果になっていたと思うのですが、ちょっと引っ張り過ぎて今日は持ち味のスピードを殺してしまった印象です。この後は美浦に戻して馬の状態をよく確認します」(大竹正博調教師)
2020/9/3 (札幌競馬場)
☆9/06(日)札幌・3歳上1勝クラス(芝1200m・混)古川吉洋騎手

8月30日(日)に札幌競馬場のダートコースで4ハロン56.7-41.1-12.8を単走で馬ナリに追われ、9月2日(水)にもダートコースで5ハロンから1.0秒先行して併せ、69.0-52.3-37.8-12.2を馬ナリに追い切りました。「札幌競馬場も二度目となるので、前回に比べて馬の雰囲気が落ち着いています。水曜日は先行する形の追い切りでしたが、終始リラックスして走れており、相手が並びかけてくるとスッと反応して手応え優勢。エンジンがかかってからの伸び脚は上々でしたし、仕上がりに不安はありません。スムーズな競馬ができればチャンスもあるはずです」(大竹正博調教師)
2020/8/29 (札幌競馬場)
ノルマンディーファームで調整され、27日(木)夜に札幌競馬場に入厩しました。

「馬房は早い段階で確保できていたのですが、キャンセル待ちしていた検疫もなんとかギリギリで順番が回ってきました。木曜夜には札幌競馬場に入っており、10日競馬の規定は大丈夫です。来週9/06(日)札幌・3歳上1勝クラス(芝1200m・混)を予定。週末から時計を出していくつもりです」(大竹正博調教師)
2020/8/14 (ノルマンディーファーム)
★8/09(日)札幌・3歳上1勝クラス(芝1200m)田辺裕信騎手 結果6着
この後は一旦、ノルマンディーファームで調整することになり、12日(水)に移動しました。

「道中は外々を回りながらも脚は溜められていましたし、直線の手応えから突き抜けてもおかしくない内容の競馬。位置取りやコーナーリングのロスを勿体なく感じた反面、実戦ではまだグラウシュトラールの操作性が安定していないようにも映りました。馬自身どうしても気持ちが高ぶってしまい、ハミに反発してしまう現状です。使った後は連闘も視野に入れていたのですが、背腰に強い張りと疲労が残っており、さすがに無理は避けた方がいいと判断しました。検疫が取れるようならまたすぐ札幌競馬場に戻して、開催最終週の番組(9/05.06)に向かいたいと考えています」(大竹正博調教師)
2020/8/9 (札幌競馬場)
馬体重:484kg
★8/09(日)札幌・3歳上1勝クラス(芝1200m)田辺裕信騎手 結果6着

「トモの状態が良くなって、だいぶ溜めの利いた走りができるようになってきました。ただ、『前半押してあれ以上のポジションを求めてしまうと、まだ引っ掛かって行きそうな面を抱えている』というのがジョッキー談。四角でかなり外目を回りましたし、道中のポジション含め、上位とはそのあたりの差だったと見ています。権利が取れなかったのは本当に痛い。まずは馬の状態を確認してから、来週の想定なども見てまた番組を相談しましょう」(大竹正博調教師)
2020/8/6 (札幌競馬場)
☆8/09(日)札幌・3歳上1勝クラス(芝1200m)田辺裕信騎手

8月5日(水)に札幌競馬場のダートコースで4ハロン51.9-38.8-12.1を単走で馬ナリに追い切りました。「札幌到着後に体温が若干高くなったのですが、抗生剤を投与して翌日には平熱に戻り、中間は飼い葉もしっかりと食べれています。水曜日の追い切りではスピード感満点の走りを披露。フットワークの軽快さには、見ていてこちらも惚れ惚れするほどです。地面をしっかり掴んで走ることが出来ていましたし、パサパサでなく少し脚抜きのいい馬場コンディションであれば、一度ダートを試してみるのも手かもしれませんね。スタートは出たなりで無理に行かせなくても、ある程度前々のポジションから運べるはず。前走から少し間隔は空いていますが、持ち味のスピードを生かすことができれば、好レースになると思っています」(大竹正博調教師)
2020/7/30 (美浦トレセン)
8/01(土)新潟・3歳上1勝クラス(芝1000m直・混)戸崎圭太騎手 除外(非抽選)

26日(日)に坂路コースで4ハロン56.8-42.3-27.8-13.7を単走で馬ナリに追われ、29日(水)にはWコースで4ハロン52.4-37.6-12.0を単走で一杯に追い切りました。「いくぶん子供っぽさが抜けて普段から落ち着きが見られ、稽古で物見することも少なくなり集中して走れている。馬は凄くいい雰囲気に映ります。ただ、二場開催の新潟で適距離を使うには、予想していたよりも節が必要な出馬状況。比較的メンバーが手薄でしたし、状態も良かっただけに痛恨の除外です。今週投票した千直がボーダー11節ですから、来週の芝1400m戦ではもっと必要になるかもしれません。模索していたところ、申し込んでいた札幌競馬場での二週貸し付けの馬房が回ってきましたので、明日の便で美浦を出発する予定。来週8/09(日)札幌・3歳上1勝クラス(芝1200m)に向かいます」(大竹正博調教師)
2020/7/24 (美浦トレセン)
松風馬事センターで調整され、先週18日(土)に帰厩しました。

23日(木)にWコースで4ハロン53.0-38.7-12.7を単走で馬ナリに追い切りました。「年齢的なものなのか、前回に比べて一段乗りやすくなっている印象を受けます。ウォーミングアップでも高く脚をあげて軽快にダクが踏めている。馬っ気は変わらず強いのですが、普段からだいぶ落ち着きが見られるようになりましたね。この雰囲気のままレースに向かえればと思います。来週8/01(土)新潟・3歳上1勝クラス(芝1000m直・混)を予定。鞍上は戸崎騎手に依頼しました」(大竹正博調教師)
2020/7/17 (松風馬事センター)
馬体重:515kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。左前の繋靱帯は落ち着いているのですが、先週負った擦過傷を少し気にしている感じ。獣医師に診てもらったところ、右前の骨瘤と深管部に若干の触診反応があると話していました。ただ、歩様には出ていませんし、調教メニューを落とすほどのレベルではありません。対処療法をしっかりとおこない、明日7/18(土)にトレセンに送り出します」(担当者)
2020/7/10 (松風馬事センター)
馬体重:507kg
「現在は角馬場で長めのメニューで調整中です。ハミ受けの修正のために、この馬としては長い間ロンジングでの運動をおこなっていましたが、先週末に騎乗運動を開始。初日、2日目は気持ちがかなり高ぶっていました。右前に骨瘤があるのですが、馬房で負ったのか少しひっかき傷を作っていて、触診反応があります。ただ、歩様には出ていないので大きな問題はなさそうですよ。もうそろそろ帰厩になると思うので、このまま注意しながら進めていくつもり。先週末には515kgまで増えましたし、今まではこの体重まで持ってこられなかったので、馬が大分しっかりしてきたのだと思います。来週には帰厩の予定と聞いているので、可能な限りいい状態で送り出したいと思います」(担当者)
2020/7/3 (松風馬事センター)
馬体重:505kg
「現在は20~30分の程度のロンジングの運動で調整中です。先週の土曜日に積極的な蹄形修正をしたところ、午後になって歩様がコトコトしたのですが、これは完全な改装後の影響というのが分かっていたので、様子を見ました。日曜日までに歩様は馴染んできて、今週に入っても休まず調教を消化できています。大竹調教師からは、ハミ受けのことを念押しされているので、まだ現状のメニューで進めているところですが、バランスはかなり良いんですよね。走りの感じも良くなってきているので、もうそろそろ騎乗運動をおこなっていこうと思っています。厩舎に入ると気持ちが高ぶってしまうところがあるので、メンタルもコントロールしつつしっかり乗り込んでいく予定です」(担当者)
2020/6/26 (松風馬事センター)
馬体重:503kg
「現在は20~30分の程度のロンジングの運動で調整中です。大竹調教師から、『この際ハミ受けを徹底的にやってください』と言われているので現状のメニューを継続しています。首の張り感はあり、ハミの反発もあったのですが、大分走りのバランスが良くなってきました。ただそこが良くなってくるとトモの弱いのがはっきりと見えてくるんですよね。右トモを庇っていたためか左前脚に少し硬さがあったのですが、張り感とかそういったものは改善してきています。『少し左前の繋靱帯に触診反応が残っていて、スッキリ仕切れないですね』と獣医師も話していました。要所要所で治療をおこないながら対処していきます。歩様は全然問題ないのですが、触診上は払拭し切れていない部分があるので、その辺の改善を待ちながら進めていきます」(担当者)
2020/6/19 (松風馬事センター)
馬体重:500kg
「現在は20~30分の程度のロンジングの運動で調整中です。改装後は左前の蹄が少しチクチクしていましたが、大分良くなって、先週いっぱいは調教を再開しないで経過観察をおこないました。週明けに装蹄師から『これなら大丈夫ですね』と許可が出たことから、現状のメニューにて調教を再開しています。15日(月)、16日(火)はそんなに求めもしなかったので行儀よく動いていたんですが、水曜日から求めを強くしたら反発し出したんですよね。動き自体は全然問題ないのですが、大竹先生からもハミ受けがすごい悪いと聞いていたので、なるほどという雰囲気を見せ始めました。しっかり教育的な求めをしたら、昨日は大分我慢できていたので、この感じを維持しながら進めていくつもりです。脚元の様子もしっかり見ていくつもりです」(担当者)
2020/6/12 (松風馬事センター)
馬体重:495kg
「現在は1時間のウォーキングマシンの運動で調整中です。蹄型が悪かったので、先週末に積極的な蹄型修正をおこなってもらいました。今週はじめぐらいまでは歩様が今ひとつの状態でしたが、水曜日から大分ナチュラルになってきました。体重は増えてきましたし、今週末からロンジングでの運動をおこなう予定です」(担当者)
2020/6/5 (松風馬事センター)
馬体重:486kg
「現在は1時間のウォーキングマシンの運動で調整中です。レースの疲れとして、体が全体的に多少張っているような感じがありました。また、古いものなのですが右前の骨瘤の後進症状の動きが見られました。触診反応もあり、右前、左トモを中心に疲れが出ている状態でした。ただ、入場時は477kgだった体重が1週間で10kgぐらい増え、以前は500kgまで膨らますのに苦労していましたが、この増え方を見ると以前より早く膨らみそう。体力がついてきた印象が持てますね。触診痛のある箇所の反応がもう少し和らいでから運動を開始したいと思います。今週末ないし、週明けから本格的な調教をおこなっていく予定です」(担当者)
2020/5/29 (松風馬事センター)
★5/23(土)新潟・4歳上1勝クラス(芝1000m直・混)丸田恭介騎手 結果7着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、本日29日(金)に移動しました。

「スタートの遅れが今回も致命的。後半リカバリーできていただけに、もう少しゲートをちゃんと出ていればというレース内容でした。練習だとそういった素振りはまったく見られないものの、実戦に行くと駐立の際にどうも集中力を欠いてしまうようなので、次に向けてはまたしっかり対策を練って臨むつもりです。昨日乗り運動を再開しましたが、使って背腰がバキバキに硬くなっている状態。この後は一旦リセットさせて、福島または新潟開催で走らせたいと考えています」(大竹正博調教師)
2020/5/23 (新潟競馬場)
馬体重:474kg
★5/23(土)新潟・4歳上1勝クラス(芝1000m直・混)丸田恭介騎手 結果7着

「前回ゲート内で潜るような素振りを見せていたため、なるべく顔を横に向けてスタートのタイミングを計ったようですが、今回は真っ直ぐ出れずにあの位置から。稽古とは違って掛からず折り合っていましたし、『ゲートさえ互角なら掲示板はあった内容』と丸田も話していました。脚を溜めるこの形の競馬を覚えてくれば、いずれ成績が安定してくると思います」(大竹正博調教師)
2020/5/21 (美浦トレセン)
☆5/23(土)新潟・4歳上1勝クラス(芝1000m直・混)丸田恭介騎手

17日(日)に坂路コースで4ハロン57.6-42.7-28.1-13.6を単走で馬ナリに追われ、20日(水)にはWコースで4ハロン53.1-39.1-12.8を単走で馬ナリに追い切りました。「相変わらずテンションの高さがネックではあるものの、この中間脚元に関しては問題なく調整できており、状態面も悪くありません。レースでちゃんと力を出せるデキにはあると思います。今回は1000mの直線競馬ですし、前走のような乗り方の注文は特に付けないつもり。それでも枠は絶対的に外が欲しいですけどね。豊富なスピードを生かせるこの条件はグラウシュトラールにとって最適な舞台。うまく喧嘩せずに流れに乗ってくれればと期待しています」(大竹正博調教師)
2020/5/15 (美浦トレセン)
14日(木)にWコースで4ハロン52.2-37.8-12.9を単走で馬ナリに追い切りました。「右前球節部分の腫れがだいぶ引いてきており、この中間は順調に調整を進められています。まだ気持ちの面が幼くて、稽古でもテンションは依然高くなりがちですが、だいぶコントロールは利くようになってきましたね。スピードに乗った際のフットワークが素晴らしく、やはりポテンシャルの高さを感じさせます。来週5/23(土)新潟・4歳上1勝クラス(芝1000m直)を予定しており、今回鞍上はグラウシュトラールのことをよく分かっている丸田に依頼しました」(大竹正博調教師)
2020/5/8 (美浦トレセン)
ノルマンディーファーム小野町で調整され、5日(火)に帰厩しました。

「放牧明けもテンションの高さは変わらず。帰厩直後から右前球節部分が若干モヤッとしているため、ケアしながら慎重に進めています。今朝はAコースで体をほぐしてから、ウッドコースを軽めに一周。調教メニューにもなるべく強弱のメリハリを付けながら調整していくつもりです。いまのところ次走は5/23(土)新潟・4歳上1勝クラス(芝1000m直)を予定。千直の舞台で一度大敗を喫していますが、グラウシュトラールにとっては最適の条件だと見込んでいますので、そこに向けて態勢を整えていきます」(大竹正博調教師)
2020/5/1 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:507kg
現在はウォーキングマシン1時間とトレッドミルで調整しています。右前球節の腫れが引き、熱感や触診反応もなくなったことから、4月29日(祝)よりトレッドミルでの運動を再開しました。思っていた以上に早く立ち上げることが出来たので、これなら当初の予定通り1回新潟開催(5/09~)に向けて進めていけそうです。一旦楽をさせたことで、トレッドミルの上でも力があり余っているような動きを見せており、脚元の痛みなどはまったく残っていない様子。新潟最終週の番組を目標に、来週中には帰厩する予定です。
2020/4/24 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:498kg
現在は舎飼されています。この中間も順調に乗り込めていましたが、21日(火)の調教後に右前球節が腫れてしまいました。おそらく週明けからの雨で馬場状態が良くなかったこともあり、調教中に捻挫してしまったものと思われます。その後は舎飼にとどめて様子見していますが、腫れ自体は良化傾向にあるので、引き続き患部のケアをしっかりおこない、早く通常メニューへ戻していけるよう努めていきます。帰厩が近づいている時期に休ませないといけない状態になってしまい、申し訳ありません。
2020/4/17 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:498kg
現在はトレッドミルもしくは馬場3周と坂路1本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。継続して馬場に出るとどうしても気持ちが乗ってきてしまい、フォームが上ずってきていましたが、中間にトレッドミルを入れることで、精神的に落ち着いた状態で進めることが出来ているように思います。右前骨瘤も痛みが出ることなく安定しており、目標の新潟開催へ向けてここまで順調。今後も現状のメニューを継続し、帰厩に備えていきます。
2020/4/10 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:492kg
現在はトレッドミルもしくは馬場3周と坂路1本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。この中間に右前に小さな骨瘤が出ており、歩様には見せないまでも今後痛くなってきてもおかしくなさそうなので、調教後は水冷でケアをおこなうなど注意しながら進めています。来週以降も脚元の状態を確認しつつ、トレッドミルを併用したメニューを組んでいく予定です。
2020/4/3 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:492kg
現在はトレッドミルもしくは馬場3周と坂路1本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。先週末より騎乗を開始しました。その後は日によってトレッドミルを挟みながらの調整で、帰厩までは前回在厩時と同じような形で進めていく予定です。ただ、今回は繋ぎの炎症を気にしなくていい分、前回よりも攻めた状態でトレセンへ帰厩させたいと考えています。ハミの取り方など課題の多い馬ではありますが、競走能力を上手く引き出していくために少しでも改善して送り出せるよう調整していきます。
2020/3/27 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:490kg
現在はウォーキングマシン30分とトレッドミルもしくは角馬場で調整しています。先週同様、トレッドミルでの運動を継続しており、この中間は角馬場でのハミ受けの確認もおこなっています。騎乗者が跨るとどうしても背中を少し落としてしまうような姿勢になってしまい、それがハミ受けにも影響しているようです。その辺りの改善次第で競馬で発揮できる能力を高めていけそうなので、いろいろな角度から体のバランス、ハミの取り方の改善をおこない、周回コース、坂路コースの走りへ生かしていこうと考えています。
2020/3/20 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:482kg
現在はウォーキングマシン30分とトレッドミルで調整しています。先週末からマシン運動を開始したところ、前回在厩時のような背腰の硬さも感じられなかったため、今週よりトレッドミルでの運動もおこなっています。次走目標が5月の新潟開催と聞いているので、来週中には騎乗調教へ移行する予定です。
2020/3/13 (ノルマンディーファーム小野町)
★3/08(日)中京・4歳上1勝クラス(芝1200m・混)黛弘人騎手 結果8着
この後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整することになり、12日(木)に移動しました。

「けっして重たい馬場が得意なわけではなく、前半ちゃんと溜められれば終いに脚を使うことができる。グラウシュトラールの場合はいかに折り合いをつけるかが稽古でも課題となっており、当たり前のように思えてこれがまだなかなか難しい現状。結果はともかく、こういう競馬を続けていければというのはイメージできましたし、久々でも今回は内容のある一戦だったと思います。レース後は両前が若干張っており、背腰にも使ったなりの疲れが感じられる状態。ここは無理せず一息入れてリフレッシュさせ、1回新潟開催(5/09~)の直線競馬に向かいましょう」(大竹正博調教師)
2020/3/8 (中京競馬場)
馬体重:476kg
★3/08(日)中京・4歳上1勝クラス(芝1200m・混)黛弘人騎手 結果8着

「今日は特にこう乗ってみたいな指示はしていなくて、出たなりで気分よく運んでほしいとだけ伝えていました。静かな環境でいつもと比べればイレ込みはマシでしたが、休み明けということもあってかゲートの中で何度も前扉に突進し掛かる素振り。顔を斜めに向けたタイミングでスタートが切られたので、やや出負けして後ろからの競馬になってしまいました。それでもこれまでになく馬の後ろで我慢して折り合っていましたし、直線は大外からいい脚を使って伸びてきてくれた。黛は『背中の感じがとてもいい馬ですね。今日のような不良馬場でもそれほど苦にはしていませんでしたが、掻き込むフットワークで所々ノメっていましたし、もっとパンパンの馬場の方が鋭い脚を使えそう』と話していました。今後に向けて収穫のある内容のレースだったと思います」(大竹正博調教師)
2020/3/5 (美浦トレセン)
☆3/08(日)中京・4歳上1勝クラス(芝1200m・混)黛弘人騎手

1日(日)に坂路コースで4ハロン57.6-41.8-26.9-12.8を単走で馬ナリに追われ、4日(水)にはWコースで4ハロン52.2-38.7-13.2を単走で馬ナリに追い切りました。「久々も影響しているでしょうが、単走の追い切りでも馬が行く気を見せてしまい、道中掛かり気味でなかなかコンタクトが上手くいっていない。本数を重ねるにつれて良化を遂げているものの、まだ腰からトモが流れてしまいますし、馬体や筋肉はだいぶ緩い印象。今回ここを使ってどれだけ変わってくるかだと思います。あとはイレ込んでテンションが高くなりがちなグラウシュトラールだけに、当日どれだけ落ち着いてレースに臨めるかがカギ。不謹慎な表現にはなりますが、無観客での競馬で気性の激しさが少しでも解消されればとの期待は持っています」(大竹正博調教師)
2020/2/28 (美浦トレセン)
27日(木)にWコースで4ハロン52.3-38.3-12.5を単走で馬ナリに追い切りました。「昨日の追い切りはあえてコントロールにこだわらず、グラウシュトラールが気の向くままに伸び伸びと走らせました。誰しもが目に付くほどの素晴らしいフットワークですし、やれば当たり前に好時計は出せる。ただ、背腰の状態なんかはけっして悪くないのですが、久々でまだ全体的に筋肉が緩々。息遣いなんかもさすがに重く、一度使ってからの良化待ちというのが現状、正直なところの印象です。来週3/08(日)中京・4歳上1勝クラス(芝1200m・混)を予定しています」(大竹正博調教師)
2020/2/21 (美浦トレセン)
20日(木)にWコースで5ハロン69.4-54.4-39.6-13.4を単走で馬ナリに追い切りました。「指示した時計では回ってきたものの、キャンターになるとハミ受けなんかもやはり我慢が利かない。いわゆるコントロール不能になってしまいます。それでも以前に比べればだいぶ精神面の落ち着きが見られますし、惚れ惚れするくらいにスピード感溢れる走りのできる馬。直近で組まれていれば、やはり間違いなく直千競馬に食指が動きますね。背腰に疲れが溜まりやすいタイプですし、あまりテンションも高めないよう今回はソフトに仕上げていくつもりです。3/08(日)中京・4歳上1勝クラス(芝1200m・混)を目標に進めていきます」(大竹正博調教師)
2020/2/14 (美浦トレセン)
ノルマンディーファーム小野町で順調に調整され、13日(木)に帰厩しました。

「背腰に疲れが溜まりやすいタイプですし、今回はトレッドミルから立ち上げてほしいと牧場側に依頼していました。まだ昨日帰厩したばかりですが、以前に比べてだいぶ気持ちが落ち着いている点は成長を感じるところ。歩様に柔らかみが感じられて状態面も良さそうですね。順調に調整が進めば、3/08(日)中京・4歳上1勝クラス(芝1200m・混)に向かいたいと考えています」(大竹正博調教師)
2020/2/7 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:511kg
現在はトレッドミルもしくは馬場3周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今週はトレッドミルを週に3日、騎乗を3日の形で調教をおこなっています。気合乗りが良く、背腰の問題もなさそうで体を大きく使えている様子。あとは帰厩へ向け、息を整えておけば大丈夫ではないかと思います。来週中にも帰厩予定とのことなので、繋ぎ部分の腫れがぶり返さないよう、引き続きケアを施しながら送り出しに備えていきます。
2020/1/31 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:507kg
現在は馬場3周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今週も周回コース中心に乗り込んでいます。繋ぎに関してはまだケアを続けながら完治を待つ必要がありますが、走りに影響が出るようなことはありません。周回コース、坂路コースともに前向きさが窺える点は好印象ですが、力みやすい気性なので、あまり詰めすぎないようにしています。背腰の状態も良く、このまま乗り込んでいけば更に調子が上向いてくると思います。
2020/1/24 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:502kg
現在は馬場3周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。右前繋ぎ部分がだいぶ良化してきたことから、今週は周回コースと坂路を併用して騎乗をおこなっています。気持ちの入りやすいタイプですが、今のところは落ち着いて調教に臨むことが出来ています。背腰に関してはまったく問題なさそうですし、繋ぎの不安が解消したこともあり、今後は帰厩時期を相談しながらメニューを組み立てていくことになるかと思います。
2020/1/17 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:497kg
現在は馬場3周(ハッキング)のメニューで調整しています。引き続き右前繋ぎの回復を待ちながら、軽めの内容で進めています。荒れていた部分は良化傾向にありますが、毛が生えそろっていないため、同じ症状が出ないよう注意しながら馬場での運動と、その後のケアをおこなっています。楽をさせていることで馬体にはいい意味で緩さが出ているものの、そろそろ攻めていきたいのも正直なところ。この後も脚元の状態に注意しながら、早く通常メニューへ戻していけるよう努めていきます。
2020/1/10 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:508kg
現在はトレッドミルもしくは馬場3周(ハッキング)のメニューで調整しています。年末に騎乗を再開しましたが、繋ぎは皮膚が見えている分、凍結防止剤で傷みやすくなっているようです。繋ぎを保護する馬具も着けてはいるのですが、毛が生えてくるまでは無理しない方が良さそうです。体調面に不安はないので、騎乗とトレッドミルを交互におこないながら、回復を促していく考えです。
2019/12/27 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:497kg
現在は馬場3周(ハッキング)のメニューで調整しています。脚元がスッキリしてきたので、23日(月)にトレッドミルで歩様を確認した後、翌24日(火)より騎乗を再開しました。相変わらず馬場には大量の凍結防止剤が撒かれているため、普段の洗浄と消毒はもちろん、騎乗時は繋ぎを保護する馬具を使うなど、再度荒れた箇所が痛まないよう注意しながら進めていきます。
2019/12/20 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:502kg
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。脚回りは回復傾向にあり、今週末からトレッドミル、来週半ばから後半を目処に騎乗を再開する予定を組んでいます。まずは動かしてみての繋ぎの荒れている箇所次第といったところではありますが、おそらく問題なく騎乗まで進められるのではないかと考えています。
2019/12/13 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:502kg
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。調教と並行しながら右前繋ぎの荒れている部分にケアをおこなっていましたが、10日(火)の騎乗後に若干の出血が見られたため、大事を取って翌11日(水)より調教を控えています。数日で回復すると思うので、来週中には騎乗を再開できるのではないかと考えています。
2019/12/6 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:498kg
現在は馬場3周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。先週同様のメニューで調整しており、背腰の痛みもなく、ハミの取り方にも安定感が出てきました。ただ、ダートコースに撒いている凍結防止剤の影響からか、右前繋ぎに少し荒れている部分があるので、しっかりとケアもおこないつつ、帰厩を意識できる状態へ上げていければと考えています。
2019/11/29 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:493kg
現在は馬場3周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。坂路に入れ始めてからも背腰に痛みが出ることもなく、ここまで順調にきています。元々、気の入りやすい馬で仕上がるのにも時間を要することはないと思うので、こちらでは背腰の状態の安定、精神面のリフレッシュを完了した状態で厩舎へ返せることを一つの区切りとして進めていく予定です。
2019/11/22 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:493kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗開始後も順調に進めることが出来ており、18日(月)からは坂路も1本登坂しています。ただ、頭の高い走法で伸縮性がある方ではないため、周回コースの方がハミの取り方は安定している様子。背中への負担も軽くなっているように映ります。乗り進めていく中で痛めていた背腰の良化具合も見ていきたいので、今後も周回コース主体にメニューを組み立てていく予定です。
2019/11/15 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:491kg
現在は馬場3周(ハッキング)のメニューで調整しています。この中間も順調に調整できており、11日(月)より騎乗を開始しました。トレッドミルとは違い、人が跨るとピリッとした面も見せますが、休養の原因となった背腰の痛みは改善されたように思います。念のため今後も状態を確認しながら、ジックリ進めていく予定です。
2019/11/8 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:500kg
現在はウォーキングマシン1時間とトレッドミルで調整しています。トレッドミル開始後も特に問題はなく、先週よりも速度、傾斜ともに負荷を強めるメニューへと移行しています。笹針からここまでは思っていた以上に順調に進めることが出来ており、今後は騎乗しての調教へと切り替えていくこともスムーズにおこなえるのではないかと考えています。
2019/11/1 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:502kg
現在はウォーキングマシン1時間とトレッドミルで調整しています。ここまでマシン運動を進めてきても背腰の状態は良好で、28日(月)よりトレッドミルでの運動も開始しました。開始当初はかなり背中に力が入っていましたが、数日でガス抜きが出来たのか、今は随分と落ち着いて走れています。強いて言えば、左前の出が硬いかなとも思いますが、運動後の歩様に異常はなく、脚元や肩回りに痛みが出ることもありません。今後しばらくは現状メニューで様子を見ながら進めていく予定です。
2019/10/25 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:487kg
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。先週同様、朝にウォーキングマシンでの運動をおこなっています。背腰に関しては笹針と休養効果が感じられ、日に日に良化傾向にあると言えそう。四肢の蹄にはケアを継続していますが、そちらも問題はなさそうです。今後もうしばらくは現状のメニューで調整し、立ち上げはトレッドミルからおこなっていく予定です。
2019/10/18 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:491kg
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。笹針後の経過も良く、14日(祝)からマシン運動を再開しました。ただ、背中の触診反応はまだ残っており、完調まで時間を掛けた方が良さそうなので、もうしばらくは現状メニューで様子見しながら進める予定です。
2019/10/11 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:487kg
現在は舎飼されています。この中間もウォーキングマシンでの運動を継続していましたが、疲労回復を促すため、昨日10日(木)に笹針をおこないました。もうしばらくはこのまま舎飼で楽をさせ、状態を見てマシン運動を再開する予定です。
2019/10/4 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:482kg
この後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整することになり、1日(火)に移動しました。

現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。こちらで立て直すことになり、移動してきました。歩様を確認したところ、トモの踏み込みが若干ぎこちないため、しばらくはこのままマシン運動のみにとどめて様子見していく予定です。また、四肢の蹄が少し痛んでいるので、そちらもケアしていきます。
2019/9/27 (松風馬事センター)
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、25日(水)に移動しました。

22日(日)に坂路コースで4ハロン56.8-41.5-26.5-12.7を単走で馬ナリに追い切りました。「先週末に追い切った後から、左後肢の踏み込みがより浅く感じられるようになり、火曜日の稽古でも両背腰に力が入らず引きずるような歩様を見せていました。レースに向けてこのまま進めていくのは厳しい状態と判断しましたので、ここで一旦休養させて立て直しを図りたいと思います。前走後、在厩のまま新潟開催に続戦できると見込んでいただけに、こちらの見通しが甘く引っ張るような形となり申し訳ありません」(大竹正博調教師)
2019/9/20 (美浦トレセン)
15日(日)に坂路コースで4ハロン58.1-42.6-27.9-14.0を単走で馬ナリに追われ、19日(木)にも坂路コースで4ハロン54.5-39.3-25.5-12.5を単走で馬ナリに追い切りました。「まだトモのかったるさが完全には解消してこないものの、レースに向けて進めていけるレベルまでは状態が上向いてきました。このまま新潟開催の番組を目標にしていきましょう。精神面は成長を見せて、稽古でも走りのコントロールはだいぶ利くようになっている。能力を考えれば満足いかない現状の成績ですし、体のメンテナンスを入念に行いながら、より状態を上げていきたいと思います」(大竹正博調教師)
2019/9/13 (美浦トレセン)
「この中間はまだ前走の疲れを取ることに専念して軽めのメニューで調整しています。ようやく昨日から坂路入りを再開しましたが、背腰の感じは可もなく不可もなくといった状態で、このまま進めていってどちらに転ぶかまだ判断しかねている状況。問題ないようなら続戦とし、3回新潟開催(10/05~)に向かうつもりです」(大竹正博調教師)
2019/9/6 (美浦トレセン)
★9/01(日)新潟・雷光特別(芝1000m直・混)津村明秀騎手 結果13着

「前半からフットワークがバラバラでグラウシュトラール本来の走りではなかった。内枠だったり様々なところに敗因は求められますが、結果的にやや追い不足で今回は仕上がり途上の状態だったかもしれません。期待を裏切る結果となり申し訳ない気持ちです。レース後は緩さが多少解消されて、使う前よりむしろ状態面が上向いている。このまま在厩で調整していって、次走目標を立てれたらと考えています」(大竹正博調教師)
2019/9/1 (新潟競馬場)
馬体重:484kg
★9/01(日)新潟・雷光特別(芝1000m直・混)津村明秀騎手 結果13着

「スピードがあるので内枠からでもスッと前に付けられましたが、今日は最初から走りがバラバラでした。直線半ばで他の馬に寄られてバランスを崩すと、もう手応えもなくなってしまいました。こんな馬ではないはずですし、いい頃の状態ではないのかもしれません」(津村明秀騎手)
2019/8/29 (美浦トレセン)
☆9/01(日)新潟・雷光特別(芝1000m直・混)津村明秀騎手

25日(日)に坂路コースで4ハロン55.7-40.8-27.0-13.5を単走で馬ナリに追われ、28日(水)にも坂路コースで4ハロン53.5-38.9-25.5-12.5を単走で馬ナリに追い切りました。「終いの伸び脚も良かったですし、追い切りの動きは上々。それでも小倉で勝った時に比べるとまだ本調子には及ばない印象を受けますね。背腰の疲れが抜けてこないためか、全体的に歩様の硬さが目につき、左トモの踏み込みも若干浅く映ります。万全とは言わないまでも状態が悪いということはなく、力を出せるデキに持ってこれたと思うので、あとは古馬との力関係がどうかでしょう。開催最終週ともなれば、枠は前回同様にできるだけ外が欲しいですよね」(大竹正博調教師)
2019/8/23 (美浦トレセン)
18日(日)に坂路コースで4ハロン56.8-41.6-27.7-13.7を単走で馬ナリに追われ、21日(水)にも坂路コースで4ハロン54.6-39.9-26.2-13.3を末強目に追い切りました。「精神的にも成長してきて、普段からだいぶ落ち着きが見られるようになってきました。具合もなかなか良さそうです。もっとコントロールさえ利くようになれば、本来はマイルあたりを走らせたい大きなフットワーク。それでも現状はスピード優先で押し切れる距離を使っていった方が結果につながるので、次も千直の条件に向かいたいと思います。来週9/01(日)新潟・雷光特別(芝1000m直・混)は予定していた丸田が騎乗停止となったため、津村に依頼しました」(大竹正博調教師)
2019/8/16 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、14日(水)に帰厩しました。

「トモの踏み込みなんかはまだ本調子とまでいかない印象を受けましたが、今朝は馬場入りもスムーズでしたし、以前よりコントロールが利いている。一段とまた体に幅も出てきたので、成長を促すにはいい期間になったのではないでしょうか。やれば仕上がりにはそれほど時間を要さないタイプ。ここからピッチを上げていき、9/01(日)新潟・雷光特別(芝1000m直・混)を予定しています」(大竹正博調教師)
2019/8/9 (松風馬事センター)
馬体重:502kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。2日(金)に歩様が少しコツコツするところがあって蹄を気にしている感じがしました。どうやら前日におこなった装蹄が原因のようで、気にしている部分の釘を抜いたところ、翌日には歩様が改善。今週始めまでは少し硬さも見られましたが、問題なさそうだったことから通常メニューに戻しています。左トモの腫れは良化しているので、今後は暑さを見ながら負荷を掛けていきたいと思います」(担当者)
2019/8/2 (松風馬事センター)
馬体重:503kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。背腰の張り感は取れてきて、いい感じで進められています。左トモの球節に小さな傷が出来て、その影響で少し腫れが見られますが、大きな問題ではありません。脚元の感じは暑さが厳しいこともあるかと思いますが、体調面は良好ですよ。気持ちがキリッとしているところがあるのでメニューに強弱をつけて、メンタル面を保ちながら乗り込んでいきます」(担当者)
2019/7/26 (松風馬事センター)
馬体重:499kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き右腰を起点として張り感があるのですが、痛んでいる歩様ではないので心配ないと思います。一旦緩めた後に負荷を強めた中で、乗り越えなければいけないところであるので、このまましっかり乗り込んでいきたいと思います」(担当者)
2019/7/19 (松風馬事センター)
馬体重:499kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。先週から一段階上げて調教を進めていましたが、腰回りに亢進症状とは違った張り感や、歩様の硬さが出てきました。ただ、乗り込んでいくうちに大分馴染んできましたよ。背腰の感じや歩様には柔軟性が戻ってきたので、このままいけそうですね。軌道に乗ってきた様子なので、大竹調教師にもそろそろプッシュしていこうと思います」(担当者)
2019/7/12 (松風馬事センター)
馬体重:496kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き大きな問題なく乗り込めています。歩様はいい意味で小康状態を保っていますし、悪化することはありません。両背腰に進めていく中で乗り越えなければならない張りが出てきましたが、このまま負荷を掛けていきたいと考えています。しっかり乗り越えてほしいですね」(担当者)
2019/7/5 (松風馬事センター)
馬体重:496kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。裸馬だとトモの歩様がおぼつかないところがありましたが、今はほとんど気にならないレベルまで持ってこれたと思います。調教で人が跨るとキリッとする馬なので気付きにくいのですが、馬装を取るとリラックスしてそういう部分が出るんでしょうね。先週から調教量を増やして乗り込んでしますが、問題なさそうなのでこのまま進めていきたいと思います」(担当者)
2019/6/28 (松風馬事センター)
馬体重:492kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。トモの感じが大分良くなってきて、裸馬での歩様も騎乗時の歩様とリンクするようになってきました。調教量を増やして乗り込んでいますが、新たに問題が出ることもありません。健康体に戻ってきましたし、着実に回復しているのは何よりです。通常メニューに持っていけるように進めていきます」(担当者)
2019/6/21 (松風馬事センター)
馬体重:491kg
「現在は角馬場でダクとハッキングキャンターのメニューで調整中です。先週末から30分程度のロンジング運動で進め、調教進度を上げても問題なさそうだったことから、18日(火)より騎乗運動に移行しています。乗った感じは歩様に大きな問題は見られないのですが、馬装を外して裸馬で歩かせると、若干左トモが頼りなく感じますね。それでも良化は窺えますので、このまま様子を見ながら進めていきたいと考えています」(担当者)
2019/6/14 (松風馬事センター)
馬体重:487kg
「引き続き30~40分程度の曳き運動の後1時間のウォーキングマシンの運動で調整しています。体はフックラとしてきていい感じになってきたのですが、歩様はいまひとつですね。それでもトモの状態は徐々にであるが良化傾向にある、と獣医師は言っています。なかなか進められずにもどかしいところなんですが、力はある馬なので慎重に判断していきたいと考えています。あと1週間様子を見た感じで、方針を決めさせて下さい」(担当者)
2019/6/7 (松風馬事センター)
馬体重:483kg
「現在は30~40分程度の曳き運動の後1時間のウォーキングマシンの運動で調整しています。常歩の感じは大分良くなってきましたが、速歩だとまだぎこちない感じですね。体重が増えてきているように体調面は良いと思います。来週またショックウェーブ治療を施した感じを見て、その後の方針を決めたいと考えています」(担当者)
2019/5/31 (松風馬事センター)
馬体重:473kg
「現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。両背腰に疲れが見られたことから、昨日ショックウェーブ治療を施しています。歩様も全体的に硬めに映るので、現状のメニューで解しながら進めているところです。経過を見ながら今後の方針を決める予定です」(担当者)
2019/5/24 (松風馬事センター)
馬体重:472kg
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、21日(火)に移動しました。

「現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。厩舎で様子を見ていたのですが、回復には時間が掛かりそうとのことで、こちらで様子を見ることになりました。右側の背腰の筋肉も硬くなっていますし、良化を促しながら進めていこうと思います。場合によっては来週末あたりに再度ショックウェーブ治療を施すことも考えています」(担当者)
2019/5/17 (美浦トレセン)
★5/11(土)新潟・はやぶさ賞(芝1000m直・混)丸山元気騎手 結果4着

「絶好枠が引けましたし、スタートも決まって逃げる形に。いいタイミングで手前も替えられたし、もう伸びてしてくれそうな感じに映ったんですけどね…。左に張っていくところがあるので、並ばれてからやや苦しがってしまいました。この後は1回函館開催(6/15~)を目指す予定でしたが、思いのほかレース後のダメージが大きく、獣医立会いの下で今朝ショックウェーブ治療を施しました。午後のチェックでも右トモが遅れるような歩様を見せているので、もう少し厩舎で様子を見てから今後を決めさせてください」(大竹正博調教師)
2019/5/11 (新潟競馬場)
馬体重:466kg
★5/11(土)新潟・はやぶさ賞(芝1000m直・混)丸山元気騎手 結果4着

「テンションが高いのですが、返し馬で好きなように走りたいように走らせたので、ポケットではだいぶ落ち着いてましたね。スタートも決まりスピードに乗って前へ。いいタイミングで手前も替えて、悪くなかったんですけど伸び負けましたね。左に張るところやテンションの課題もあるのは確か。馬体重が増えたのは成長分でしょうし、課題と上手く向き合っていきながら、これからまだ良くなっていくと思いますよ」(丸山元気騎手)
2019/5/9 (美浦トレセン)
☆5/11(土)新潟・はやぶさ賞(芝1000m直・混)丸山元気騎手

5日(日)に坂路コースで4ハロン56.5-40.5-26.2-13.2を単走で馬ナリに追われ、8日(水)にも坂路コースで4ハロン53.7-38.9-25.3-12.4を単走で馬ナリに追い切りました。「ケガの功名という表現はけっしてふさわしくありませんが、フレグモーネを発症してしまい楽させた期間が、グラウシュトラールにとっては気持ちに余裕が持てて良かったんでしょう。この中間は稽古でもちゃんとコントロールが利いて、スムーズな調整ができている。こちらとしてもアプローチの仕方を変えて、時計を求めるよりもジックリジックリと長めに乗り込み、エネルギーを無駄に浪費させず息や中身を作ってきたつもり。直線競馬への対応力があるか否かはやってみなければ分かりませんが、昇級戦でもポテンシャルの高さから十分通用すると思っています。無事抽選を突破した運も味方に頑張ってほしいですね」(大竹正博調教師)
2019/4/26 (美浦トレセン)
25日(木)に坂路コースで4ハロン57.4-42.0-27.7-13.6を単走で馬ナリに追い切りました。「時間がかかりましたが、問題なく追い切りを再開させることができました。動き自体に気になるところはなく、楽をさせた期間があった分テンションもこの馬にしては落ち着きが感じられます。スイッチをオフにできた瞬間があったのはいい影響を与えているよう。5/11(土)新潟・はやぶさ賞(芝1000m直・混)に向けて問題なくペースを上げていけるでしょう。鞍上については現在調整中です」(大竹正博調教師)
2019/4/19 (美浦トレセン)
「先週は出走取消となってしまい、大変申し訳ありませんでした。まだ腫れは完全に引いていないものの、歩様はもう問題ありませんので、火曜日から調教を再開しています。今回はアプローチの仕方を変えて、ウォーミングアップ後はダートコースに入り、ゆっくりゆっくりと長目で乗るように調整している。少しでもテンションが落ち着き、もっと操縦性も良くなればいいのですが…。来週4/27(土)新潟・ゆきつばき賞(芝1200m・混)も特別登録するか検討しているところですが、一週間とはいえさすがに緩んでしまっているので、次走は5/11(土)新潟・はやぶさ賞(芝1000m直・混)を本線に考えています」(大竹正博調教師)
2019/4/12 (美浦トレセン)
4/13(土)福島・雪うさぎ賞(芝1200m・混)丸田恭介騎手 出走取消

「今朝馬房から出そうとした時に少し躊躇するような面が見られたため、馬体のチェックを行ったところ、右トモを跛行していました。フレグモーネとまではいかないまでも、球節から菅の半分くらいにかけて腫れと痛みを確認し、すぐに獣医を呼んだところ、『感染症による疑いが強い』との診断。現在は抗生物質と消炎剤を投与して様子を見ている状況です。追い切り後の歩様もスムーズで問題なかっただけに、骨や腱などのトラブルではないと思います。大変申し訳ありませんが、今週の出走は取りやめしばらく経過を観察します」(大竹正博調教師)
2019/4/11 (美浦トレセン)
☆4/13(土)福島・雪うさぎ賞(芝1200m・混)丸田恭介騎手

10日(水)にWコースで4ハロン54.2-38.6-12.5を単走で馬ナリに追い切りました。「飼い葉をしっかり食べれているので、体調面に関しては問題ありません。普段からテンションが高い割に、あまり体を減らさなくなった点も、この馬なりに成長が窺えます。ただ、稽古でも一旦スイッチが入ってしまうとノーコン気味。ポテンシャルの高さは認めているだけに、そこが本当に歯痒い現状です。当日いかに落ち着いた状態でレースに臨めるか、昇級戦で相手云々というより、今回もグラウシュトラールが好走できるかのカギはそこに尽きると思います」(大竹正博調教師)
2019/4/5 (美浦トレセン)
3月31日(日)に坂路コースで4ハロン58.0-43.3-28.6-14.1を単走で馬ナリに追われ、4日(木)にはWコースで4ハロン55.2-39.5-12.8を単走で馬ナリに追い切りました。「普段は角馬場からAコース(ダート)長め。ウッドチップまたは坂路コースで追い切るというパターンで調整しています。どこに入れても引っ掛かる引っ掛かる。少しハードワークとなっても、それで飼い葉食いが落ちるようなことはないので、もうそこは割り切って進めています。少し反った走りをするため、背腰に疲れが溜まりやすいタイプ。いまのところは許容範囲に収まっているものの、その点は入念にケアしながらいきたいと思います。来週4/13(土)福島・雪うさぎ賞(芝1200m・混)を丸田恭介騎手で予定しています」(大竹正博調教師)
2019/3/29 (美浦トレセン)
28日(木)に坂路コースで4ハロンから単走で馬ナリに追い切りました。「坂路の時計がエラーで計測できませんでしたが、全体を56秒くらいで終いは13秒台前半。馬ナリのままで、乗り役が手綱を譲ればビューンと弾けそうなほど手応えも抜群に映りました。ただ、いかんせんテンションが高く落ち着きに欠ける現状。追い日以外はフラットコース長目でゆっくりじっくりと乗り込み、なるべくソフトに仕上げてうまくレースまで持っていければと思います。4/13(土)福島・雪うさぎ賞(芝1200m・混)を予定しています」(大竹正博調教師)
2019/3/22 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、本日22日(金)に帰厩しました。

「先週末に状態確認した際、松風馬事には両背腰と右前の深管へのショックウェーブ治療を依頼しました。その効果もあって苦しいところが抜けたためか、馬体重もグンと増やしていい感じ。メンタル面も安定していますね。小倉から戻ってきて満身創痍という感じで放牧に出しましたが、2週間でよくここまで持ち直したと感心します。まだまだ化けてきそうな雰囲気ですし、どれだけ強くなっていくのか今後が本当に楽しみ。4/13(土)福島・雪うさぎ賞(芝1200m・混)を目標に進めていきます」(大竹正博調教師)
2019/3/15 (松風馬事センター)
馬体重:470kg
「現在は30分程度のロンジング運動のみにとどめています。両背腰と右前の深管に若干の触診反応が出ているため、今週末にショックウェーブによる治療を施す予定。厩舎へ行くとハミ受けが今ひとつになるとのことでしたので、ロンジング運動で基礎部分のおさらいをしています。トモのボリューム感がひと息ですし、ダメージが出ている箇所もありますから、当面はロンジングにとどめて回復期間とさせていただき、様子を見ながら騎乗運動再開のタイミングを探っていくつもりです。メンタル面に余裕が出てくれば距離も持つはず。一介の短距離馬で終わる馬ではないと思っていますから、こちらにいる間にその土台をしっかり作っていきたいですね」(担当者)
2019/3/8 (松風馬事センター)
★3/02(土)小倉・3歳未勝利(芝1200m)丸田恭介騎手 結果:優勝
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、5日(火)に移動しました。

「レースの内容が良かったですし、丸田も上手く乗ってくれました。滞在効果で精神的に落ち着いており、グラウシュトラール自身が力を発揮できたことがなにより大きい。出走枠を抽選突破できるツキも持っていましたね。ずっとこの馬の能力を評価してきただけに、まずは一つ勝たせることができて正直ホッとしています。レース後は日曜日に小倉競馬場を出発して、その深夜に美浦に無事到着しました。くまなく馬体チェックをしましたが、輸送もあって体は減ってしまっているものの、特にダメージなどは見られません。一旦近郊で馬体回復を図り、次走は4/13(土)福島・雪うさぎ賞(芝1200m・混)を目指しましょう。今回の経験が糧となって一皮むけてくるはず。昇級しても能力的に十分やれると思っています」(大竹正博調教師)
2019/3/2 (小倉競馬場)
馬体重:452kg
★3/02(土)小倉・3歳未勝利(芝1200m)丸田恭介騎手 結果:優勝

「滞在効果もあって、前回よりも馬の状態は格段に良くなっていた。少々ハイペースでも、この馬にとっては道中ユッタリとリズムよく運べたのが大きかったですね。その分、余裕を持って直線に入れましたし、最後もしっかりと凌いでくれました」(丸田恭介騎手)
写真
2019/2/28 (小倉競馬場)
☆3/02(土)小倉・3歳未勝利(芝1200m)丸田恭介騎手

24日(日)に小倉競馬場のダートコースで4ハロン58.4-42.5-14.3を単走で馬ナリに追い切り、27日(水)にも小倉競馬場のダートコースで5ハロン69.0-53.2-38.4-12.7を単走で馬ナリに追い切りました。「先週の時点から危うい出馬状況でしたので、萌黄賞(芝1200m)にも特別登録は考えたのですが、ここで無理に格上挑戦してまでという気持ちもあって今週の出走に賭けました。結果的に抽選のリスクまで背負いましたが、無事に入ってくれてホッとしています。グラウシュトラールにとっては滞在効果が大きく、水曜日も長目からの追い切りでしっかりと時計が出せています。今回はもう一度芝のレースに向かいますが、ダートの走りも感じが良さそうでしたね。能力的には未勝利クラスにいる馬ではなく、ここも自分との闘い。いつもどおりのストライドで走れれば期待できると思います」(大竹正博調教師)
2019/2/21 (小倉競馬場)
2/24(日)小倉・3歳未勝利(芝1200m)藤岡康太騎手 除外(非当選)

20日(水)に小倉競馬場のダートコースで5ハロン73.0-56.2-40.8-12.7を単走で馬ナリに追い切りました。「気性面を考えれば滞在効果は少なからず窺えて、騙し騙しの調整ではあっても、ちゃんと長目から追い切りが消化できています。落ち着きは相変わらず見られませんが、飼い葉食いが変に細くなったりもしていない。ただ、状態的には今週からでもと出馬投票したものの、残念ながら1/4の確率で抽選除外。使えるようなら芝1200m戦を本線としますが、今週の感じだと状況次第でダ1000m戦も検討しなければならないでしょう。いずれにしても、このまま小倉競馬場に滞在させて来週の番組を目指します」(大竹正博調教師)
2019/2/15 (小倉競馬場)
★2/10(日)小倉・3歳未勝利(芝1200m)丸田恭介騎手 結果14着

「持っている能力は高く評価しているし、自分のストライドでリズムよく走れさえすれば、あんなに負ける馬ではないはずです。気性的にまだ落ち着くポイントがなく、常に舞い上がってレースを走ってしまっている感じで、なんとも歯痒い思いですね。それでも滞在効果は精神的に大きいようで、角馬場で乗ってからだとテンションが上がりやすいものの、直接ダートコースに入れれば現地でも落ち着いて稽古に臨めている。優先がないのでどこを使えるかは分かりませんが、入るようなら来週の番組から投票していきます」(大竹正博調教師)
2019/2/10 (小倉競馬場)
馬体重:462kg
★2/10(日)小倉・3歳未勝利(芝1200m)丸田恭介騎手 結果14着

「フワーっと行きたかったんですけど…思うように運べず申し訳ないです。以前は右にモタれたと聞いてますが、今日は完全に左に張っていました。他の馬が怖いのかもしれませんね。落ち着くポイントがなく、ひと息で走ってしまっている状態。常に慌てて走っているので、脚が地面に着いて蹴り切る前にもう次の動作に入っているという具合です。自分のストライドでリズム良く走れれば違うと思います」 (丸田恭介騎手)
2019/2/7 (美浦トレセン)
☆2/10(日)小倉・3歳未勝利(芝1200m)丸田恭介騎手

2日(土)にWコースで6ハロン85.1-68.7-52.3-37.5-13.4を単走で馬ナリに追われ、6日(水)には坂路コースで4ハロン58.6-43.5-28.6-14.2を馬ナリに追い切りました。「翌日の小倉への輸送も考慮した最終調整。動きとしては問題ありません。なかなか乗り手とのコンタクトが取りにくいタイプなので苦労している部分はありますが、力がある馬という評価は変わらず。緩急つけた調整をおこなって小倉へ送り出す態勢は整えられたと思います。明日現地に到着して日曜日の競馬に備えるスケジュールです。今のところ前半は余計なことをせずに終いを生かすような競馬をイメージしています」(大竹正博調教師)
2019/2/1 (美浦トレセン)
1月27日(日)に坂路コースで4ハロン57.5-42.4-27.2-13.4を単走で馬ナリに追われ、30日(水)にはWコースで6ハロン84.7-68.6-53.2-38.7-13.7を馬ナリに追い切りました。「水曜はWコースは時計のかかる馬場でした。その中でも悪くない動きだったと言っていいと思います。ただ、張り切り過ぎな感があるのは否めません。調教を進めていくと、そういう面が出てきますよね。緩めるところは緩めて、上手く加減しながら調整していくほかありません。難しいところがある馬なので、最終調整はこちらでおこない、それから小倉に送り出すプランを組んでいます」(大竹正博調教師)
2019/1/25 (美浦トレセン)
24日(木)にWコースで5ハロン70.9-55.3-40.1-13.5を単走で馬ナリに追い切りました。「普段馬房にいる時は大人しく、人懐っこくて可愛がられるタイプ。跨るとスイッチが入るのは決して悪いことではないのですが、それでももう少し精神的に大人になればレースでも力を発揮できるはず。動けるのはわかっているので、調教の中ではあまりプレッシャーをかけないように注意しています。それが作用したのか昨日の追い切りでは落ち着いて取り組めていて良かったですよ。気持ちのバランスを上手いこととってあげるのを優先して進めていきましょう」(大竹正博調教師)
2019/1/18 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、本日18日(金)に帰厩しました。

「本当はもっと増えても、520kgあってもいいんじゃないかと思うのですが、それでもここまで増やせたのは悪くありません。今回目指すのは小倉開催。移動日やどのレースかは進めていった感触をもとに決めていきましょう」(大竹正博調教師)
2019/1/11 (松風馬事センター)
馬体重:491kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から騎乗運動に特化してジックリ乗り込んでいます。だいぶ落ち着きが出てドッシリ構えられるようになってきましたし、体にも柔軟性が出てハミ受けも良化。心身両面に余裕が出てきたことで、いいサイクルに入ってきた印象を受けます。数字(馬体重)が示す通り、体はだいぶフックラしてきましたが、欲を言えばもう10~20kgくらい増やして送り出したいところ。引き続き入念に乗り込みつつ、更なる馬体増を促していければと思っています」(担当者)
2018/12/28 (松風馬事センター)
馬体重:483kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18~20秒ペース)のメニューで、30分程度のロンジング運動を併用して調整中です。先週と同様、水曜と土曜はロンジング運動のみにとどめてメリハリを付けた調整を継続しています。調教の開始時に少しうるさい仕草を見せている点を除けば特に気になるところはありません。テンからドッシリ構えられるようになれば、馬体重も更に増えてくるはず。馬体のバランスはだいぶ良くなり、ロンジングを継続していることでハミ受けの理解も深まっています。入場時に見られた背腰やトモの疲れ、精神面の崩れは概ね解消されているだけに、今後は現状のメニューを継続しつつ、更なる馬体増を促していきたい考えです」(担当者)
2018/12/21 (松風馬事センター)
馬体重:481kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18~20秒ペース)のメニューで、30分程度のロンジング運動を併用して調整しています。普段は通常メニューを普通キャンターでジックリ乗り込みつつ、水曜と土曜はロンジング運動のみにとどめるメリハリを付けた調整。ようやく体調が整ってきたこともあると思いますが、このサイクルの調整がうまくマッチしているようで、この1週間でグンと馬体重を増やしました。この中間に来場した大竹調教師曰く、『500kgくらいで厩舎に戻して、今くらいの体でレースに使えたらいいね』とのこと。以前なら程遠いと思っていましたが、今の充実ぶりなら十分届きそうな数字。引き続き馬体増を促しながら調整を進めていくつもりです」(担当者)
2018/12/14 (松風馬事センター)
馬体重:468kg
「現在は30分程度のロンジング運動のメニューで調整中です。先週まで通常量での乗り込みを消化していたのですが、どうも馬体重の増加が鈍かったため、大竹調教師とも相談した結果、馬体増を促すアプローチとして週明けからロンジング運動に切り替えました。『少なくとも480kgは欲しい』と大竹師もおっしゃっているように、牧場レベルでは骨格的に480~490kgくらいは欲しいところ。入場当初に根を詰めてロンジングをやった甲斐があって、今はこちらの指示を理解して楽に動いていますね。乗り運動は乗り手からの指示が多い分、フラストレーションが溜まりやすいのかもしれません。そうならないように緩急を付けてガス抜きしながら調整しつつ、更なる馬体増を促していければと思っています」(担当者)
2018/12/7 (松風馬事センター)
馬体重:460kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。駈歩で走りたがる面や集団調教で右に逃げる面はだいぶ解消されてきましたし、動きの方も前後がつながってきた印象で、全体的に良化傾向なのは間違いありません。腰回りに若干の張りが出てきたものの、調教を強化していく中で当たり前に出る類のもので心配は要らないでしょう。ただ、まだ気性面で幼さが残るせいか馬体を増やし切れないのがネック。あと20kgくらい増やしてアドバンテージを作っておきたいですね。今後は馬体増と体力強化に重点を置いてジックリ乗り込んでいくつもりです」(担当者)
2018/11/30 (松風馬事センター)
馬体重:460kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間からは乗り運動のみに移行しています。ロンジング運動でしっかり復習したのですが、トモが緩いせいか常歩、速歩では我慢が利かず、駈歩で走りたがる傾向があります。また、集団調教では右に逃げる素振りが見られ、もしかしたら他馬を気にするところがあるのかもしれません。素質の高さは感じますし、少し楽をさせたことで疲れや苦しいところは抜けてきた一方で、まだ非力な印象は否めない現状。今後はウィークポイントの解消に努めながらしっかり乗り込んでいきたいと思います」(担当者)
2018/11/23 (松風馬事センター)
馬体重:460kg
「現在は30分程度のロンジング運動のみにとどめています。騎乗運動再開後も亢進症状は見られなかったものの、乗っていてトモの甘さやハミ受けの難しさが感じられたため、走りのメカニズムを復習する意味でロンジング運動に特化しています。効果が窺えるようになってから騎乗運動を再開する予定。しばらくは修正のための期間として、その間に心身両面の成長も促したい考えです」(担当者)
2018/11/16 (松風馬事センター)
馬体重:452kg
「現在は角馬場で長めのダクとハッキングキャンターのメニューで調整中です。少し楽をさせたことで右トモや背腰の疲れは良化傾向にあり、14日(水)に診察した獣医からも『疲労はだいぶ抜けてきたね』とお墨付きをもらいました。15日(木)から騎乗運動を再開。様子を見ながら徐々にペースアップしていければと思っています。まだ心身共に幼さが残る現状。短いスパンで二度レースを使われたことでガス欠になり、メンタル面の崩れも見受けられるだけに、その辺のケアをしながらジックリ進めていきたいですね」(担当者)
2018/11/9 (松風馬事センター)
★11/04(日)京都・2歳未勝利(芝1200m・混)森泰斗騎手 結果8着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、6日(火)に移動しました。

「調教ではコントロールがきいていても、競馬場といういつもと異なる環境に置かれるとスイッチが入りっぱなし。オンオフの切り替えができること自体は悪いことではないんですけどね。右回りの芝の短いところという適した条件の中で、上手く運べなかった責任を感じています。グラウシュトラールも気持ちの面でいっぱいいっぱいな状態。背腰もバキバキに硬くなっていますので、ここでリセットさせます。体の疲れをとって一度頭を空っぽにしてあげて、それから次に向かいましょう」(大竹正博調教師)
2018/11/4 (京都競馬場)
馬体重:452kg
★11/04(日)京都・2歳未勝利(芝1200m・混)森泰斗騎手 結果8着

「パドックでもチャカチャカしていて、落ち着きを欠いていましたね。馬場入場は先出して返し馬に臨みましたが、その際からムキになって走っていて制御不能気味。口向きの問題もあると思うのですが、もう少しレース前の消耗を抑えないと力が発揮できません。控える競馬も慣れていけばと思いますし、未勝利クラスではスピードも上なので、芝とかダートとかでなく、そういった精神面の幼さが解消されてくればでしょう」(森泰斗騎手)
2018/11/1 (美浦トレセン)
☆11/04(日)京都・2歳未勝利(芝1200m・混)森泰斗騎手

28日(日)に坂路コースで4ハロン56.9-42.2-27.4-13.1を単走で馬ナリに追われ、31日(水)にはWコースで4ハロン52.6-37.2-12.8を単走で馬ナリに追い切りました。「時計でもわかるようによく動けています。クロス鼻革に変えたこともあり、調教の中ではコントロールできていますし操作しやすくなっていると感じるほど。課題に取り組みながら、前走での疲れを上手いことケアして態勢を整えられたと思っています。平坦な芝の短距離というのは持ち前のスピードを生かすベストな条件でしょう。前走で右にモタれたことを考えると、右回りコースを試すということも今回譲れないところだったので、福島での出走が厳しいとみて京都に切り替えました。競馬場という普段と違う環境に置かれても、落ち着いていつもの動きができるかどうかだけだと思っています」(大竹正博調教師)
2018/10/26 (美浦トレセン)
21日(日)に坂路コースで4ハロン56.9-42.3-27.5-12.9を単走で馬ナリに追われ、25日(木)にはWコースで5ハロン69.5-53.3-38.5-13.3を単走で馬ナリに追い切りました。「追い切りでの動き自体は悪くなく、やはりいいものを持っているのは感じさせます。課題の操縦性というのはガラッと良くなるというのを望むのは酷ですから、じっくりと根気よく取り組んでいくほかありません。疲れによる背腰の硬さも緩和されてきていますので、来週のレースに向けて状態がさらに上向くよう働きかけていくだけです」(大竹正博調教師)
2018/10/19 (美浦トレセン)
18日(木)に坂路コースで4ハロン59.3-44.0-29.3-14.0を単走で馬ナリに追い切りました。「レースを終えて背腰に硬さを感じさせていた先週から、時間経過に応じて徐々に解消されてきています。この馬の場合、操縦性の面で課題がありますし、精神的にあまり追い詰めないよう調整していく必要があるでしょう。馬房にいる時なんかは変わらずに人懐っこい姿を見せてリラックスできていますよ。普段と調教とでのオンオフの切り替えができるのはいいことですので、オンの時のスイッチの入り具合があまりに極端にならないようになればもっといいでしょうね」(大竹正博調教師)
2018/10/12 (美浦トレセン)
★10/08(祝)東京・2歳新馬(芝1600m)石橋脩騎手 結果10着

「ゲートを反応良く飛び出し、二の脚も速いので自然とハナに。ジョッキーも抑えようとするのですが、そうするとモタれて、その動きを嫌ってか他馬も絡んでこずに、前に馬を置いてという思い描いていたものとは程遠いものです。真っ直ぐ走れていませんでしたし逆手前でコーナーを回ったりと完全に自分の力を出せていません。能力があるのは確かなだけに、上手く導けず申し訳なく感じています。力を出しやすいように次は距離を縮めて臨む考えです」(大竹正博調教師)
2018/10/8 (東京競馬場)
馬体重:450kg
★10/08(祝)東京・2歳新馬(芝1600m)石橋脩騎手 結果10着

「距離を持たせたいと思って前半は前に壁を作って我慢させたかったのですが、ハミが掛かってからずっと右にモタれていました。普通、ゴールを過ぎてスピードダウンすればハミが抜けるんですけど、ゴールを過ぎてからも右にモタれたまま。どうにもコントロールが利きませんでした。テンから放してしまえば折り合いが付いたかもしれませんが、我慢させようと思って抑えたら余計にハミを噛んでしまって…。調教に乗せていただいて、少し口向きの難しいところがあるのは分かっていたつもり。うまく乗ることができず申し訳ありません。いいスピードがあって能力を感じるだけに、競馬を覚えてくれば変わるはずです」(石橋脩騎手)
写真
2018/10/4 (美浦トレセン)
☆10/8(祝)東京・2歳新馬(芝1600m)石橋脩騎手

10月1日(月)に坂路コースで4ハロン56.9-41.9-27.4-13.4を単走で馬ナリに追われ、4日(木)にはWコースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、52.2-37.2-12.8を馬ナリに追い切りました。「今朝は古馬を相手に抜群の動き。これが本番でもできればというところで、集中力を切らさずに我慢できるかどうかが鍵になってきます。ジョッキーも跨ったことにより良い感触を掴んでくれたかとは思いますが、今回は内容にこだわりたい思いが強いですね。これから先のことを考えたのなら、最初の一歩であるデビュー戦というのは非常な重要なポイント。ここで実戦での力の抜きどころ、出しどころをきちんとものにしてほしい。最初から短距離と決めつけずに1600から使えるというのも、この後のことを考えたのならプラスに働くと信じています」(大竹正博調教師)
2018/9/28 (美浦トレセン)
27日(木)にWコースで6ハロン85.7-70.1-54.9-39.7-12.8を単走で馬ナリに追い切りました。「元気を取り戻したので通常のメニューで調整しています。先週は馬を前に置いての追い切りでひっかかったので、今週は前に置かずに走らせました。すると今度は物見をするんですよね。課題がある中でも動けてはいますし、まだ持っている力を出し切れていないのではないでしょうか。進めるにつれ徐々に体力がついてきていますし、態勢が整うまでそう時間はかからないでしょう。来週または再来週のデビューを目標としています」(大竹正博調教師)
2018/9/21 (美浦トレセン)
17日(月)に坂路コースで4ハロン57.8-42.6-27.8-13.5を単走で馬ナリに追われ、20日(木)にはWコースで6ハロン87.4-71.5-55.2-40.7-14.1を単走で馬ナリに追い切りました。「昨日の追い切りでは動きは悪くないのですが、ひっかかってしまいましたね。もう少し乗り手が上手くコントロールできたのではないかと思ってしまいます。これまでの調教の中で一番負荷をかけたのもあり、また最近は一気に涼しくなり寒暖差の影響もあってか昨晩は熱発を発症しました。今はもう熱は下がっていますが、さすがに元気いっぱいとまではいきません。週末は少し楽をさせて様子を見ながら進めていきましょう」(大竹正博調教師)
2018/9/14 (美浦トレセン)
「ゲート試験を無事にクリアしたので、今週は坂路コースでの調整をメインにおこなっています。終いも余裕を感じさせる動きで悪くありませんよ。キックバックを嫌がったり、ハミ受けの面では課題は感じさせますが、それでも調整過程としては順調ではないでしょうか。来週から速めの時計を消化していき、現時点では新潟開催でのデビューをイメージしています」(大竹正博調教師)
2018/9/7 (美浦トレセン)
ノルマンディーファーム小野町で順調に調整され、1日(土)に美浦・大竹正博厩舎に入厩し、
本日7日(金)にゲート試験を受験し、無事に合格しました。

「こちらに到着して間もなくは新しい環境のためかキョロキョロとしていましたが、時間経過に応じて落ち着いてきましたね。早速今週よりゲート練習を開始し、特段課題らしい課題もなく今朝試験に合格しています。入厩からここまでは順調のひと言ではないでしょうか。あとは実際に動かしてみてどうかというところ。動きや息遣いを見た上で今後のプランを立てていきましょう」(大竹正博調教師)
2018/8/31 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:453kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。調教内容に変化をつけたことにより、随分とハミに対しての集中力が高まってきました。最初は苦しくて頭が上がってしまっていた15秒ペースの追い切りも、しっかりハミを持っていくような走りに変わってきました。体が出来てきて、走っているうちに苦しくなるところもなくなってきているようです。なお、明日9月1日(土)の検疫でトレセンへ入厩することが決まりました。
写真
2018/8/24 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:457kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。引き続き順調に乗り込めており、筋力、体力面ともに強化されてきました。幼さが残るのと性格的なものもあり、調教中に他馬を気にするようなところが見受けられるので、今週は日替わりで周回コースを増やし、ハミや乗り役の指示に集中力を途切れさせないようなメニューも織り交ぜています。体力が付いてきたことから、馬自身にも余裕が出てきたところがあると思うので、甘やかすことなく更に体力面の強化を図っていきたいと考えています。
2018/8/17 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:463kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。追い切りを重ねるにつれて、全体の筋肉量が増えてきました。馬体重こそ大きな変化はありませんが、トモのシルエットなどは筋肉が増えたことにより、幅が出てきた印象を受けます。追い切りのペースに参ってしまうこともないですし、しっかり体力が付いたことで、坂路の後半の脚取り、フォームともに良化傾向にあります。暑い日が続く中でも飼い食いが落ちることもなく、しっかり攻めることが出来る状態なので、遠慮なく負荷をかけ鍛えていきたいと思います。
2018/8/10 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:464kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。予定通り4日(土)にこちらへ来て最初の15-15を消化しました。3ハロンおこない、後半にもう少し余裕が出てきて欲しいところでしたが、一度追い切ったことで気合いも乗ってくるでしょう。今後は週に2回追い切りを織り交ぜ、ペースアップを図っていく予定。今週末は台風の影響もあり、馬場状態次第では追い切りを控えるかもしれませんが、来週以降は入厩へ向けどんどん攻めていきたいと思います。
2018/8/3 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:459kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。徐々に力も付いてきたようで、走りのフォームも整ってきました。このタイミングで一度15秒ペースの追い切りをおこなってみることになり、明日4日(土)に坂路で時計を出す予定です。こちらに来て初めての追い切りになりますが、一ヶ月ほどじっくり乗り込んできたので、トモの物足りなさはあっても、対応できるところまで来ているのではないかと考えています。しっかり動けるようであれば、来週以降も追い切りをどんどん重ねていき、入厩へ向けて進めていきたいと思います。
2018/7/27 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:456kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。先週来場した原田和真騎手のコメントにもあったように、まだ背腰が非力で、どうしてもトモの踏み込みが浅くなってしまう分、頭が上がってしまうといった現状です。周回コースよりは坂路コースの方が前向きに走っている印象ですが、四肢がバラバラな動きになって、上手くかみ合っていないような走りになってしまっています。それほどペースを上げずにハミを取って、そこで我慢できるようになれば走るフォームは良くなってくると思うので、ハミを起点に形を整えていきたいと考えています。
写真
2018/7/20 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:458kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今週より坂路の本数を2本に増やし、背腰の更なる強化を図っています。16日(月)には原田和真騎手が来場して調教に騎乗し「坂路の後半は力んで頭が上がってくる面もありましたが、背腰がパンとしてくれば改善されてくると思います」と話していました。今後も全体的な筋肉量の増加と、坂路をしっかり駆け上がれるトモの強化をテーマに乗り込んでいく予定です。
2018/7/13 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:454kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。こちらへ来て2週間が経ちますが、この短期間でも体に張りが出て、成長を感じさせます。ただ、調教中に気になる物があると急に立ち止まったりすることがあり、性格的には慎重に行動するタイプのように見受けられます。適性は短距離戦にありそうですが、首から背腰にかけての使い方などはしなやかな馬。血統的にダート寄りですが、芝をこなしても不思議ではないと見ています。
2018/7/6 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:458kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。一緒に移動してきたサンディレクションと同じ組で、2日(月)より騎乗を開始しています。こちらは初めての環境にまだ慣れないのか、周りを気にしながら走っている感じです。表情や体の造りを見てもまだ幼さが残りますし、慣れるまでにはもう少し時間が必要かもしれません。まずは長めをジックリ乗り込むことになるかと思いますが、ここ数ヶ月での馬体重の増加などから、今が大きく変わっている時なのかもしれないので、馬体の成長を阻害しないようなメニューを組んでいこうかと思います。
2018/6/29 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:460kg
今後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整を進めていくことになり、昨日28日(木)に移動しました。現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しており、この後は様子を見ながら騎乗運動開始のタイミングを図っていく予定です。
写真
2018/6/15 (ノルマンディーファーム)
現在は馬場2周と坂路2本(上限15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間は馬場での周回数を増やし、坂路では15-15の登坂本数を増やして乗られています。コンスタントに速めを消化するようになり、少しずつ動きも良化。走りからはスピードがありそうで、短いところが向きそうに見受けられます。ここ最近は順調に調教を進められており、そろそろ小野町への移動を視野に入れても良さそうな状態になってきています。
2018/5/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:458kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間から15-15を織り交ぜて進めています。まだ本数こそ多くないものの、以前にもこのペースで乗られていたこともあって、しっかり対応。ここ最近は走ることに対してだいぶ集中できるようになり、前向きさも出てきました。キャンターの動きも徐々に力強くなり、やや硬めの歩様・立ち気味の繋ぎからも、どちらかというとダートで力を発揮してくれるタイプだと思います」と話していました。
写真
2018/5/15 (ノルマンディーファーム)
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。5月初旬から騎乗調教を再開し、この中間は徐々にペースアップを図って進められています。休養効果で馬体はひと回り大きくなった印象ですが、だいぶ緩さも感じられるので、もう少しの間はこれくらいのペースでジックリ進めた方が良さそう。7日(月)に来場した大竹正博調教師は「遅生まれですし、この先もまだ変わってくるでしょうから、今後も成長を促しながら進めてもらいましょう」と話していました。
2018/4/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:434kg
現在はウォーキングマシン1時間とトレッドミルで調整しています。担当者は「右前脚の外傷は傷口が塞がりましたので、この中間よりトレッドミルでダクとキャンターを開始しました。近日中には騎乗調教へと移行する予定です。どちらかというと大人しいタイプの本馬も、休ませていた分うるさいくらいに元気一杯。体調面も良好そうなので、騎乗再開後は順調に15-15までペースを戻していけそうです」と話していました。
写真
2018/4/16 (ノルマンディーファーム)
この中間も馬場1周と坂路2本のメニューで調整を進めていましたが、4日(水)に右前脚に外傷を負ったため、現在はパドック放牧にとどめて様子見しています。ただ、患部は回復傾向にあることから、近日中には日中放牧を再開する予定です。だんだんと春らしい陽気になってきましたし、パドックでは日光を浴びてのんびりした様子。馬体の冬毛も抜けてきて、芦毛っぽい色に変わってきています。
2018/3/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:438kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18~20秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「まだ体が小さくて幅もないため、成長を促しながら進めている段階ですが、馬場が使用できるようになりましたので、この中間から乗り込み量を増やしました。また、坂路では更にペースアップを図って進めています。調教に前向きですし、ペースが上がってからもこたえた様子はなく、体力的には他の牡馬と比べても見劣りしません。馬体やトモがしっかりしてくればもっと動きも良化してくるでしょうから、今後もしっかりと負荷を掛けて乗り込んでいきます」と話していました。
写真
2018/3/15 (ノルマンディーファーム)
現在はトレッドミル運動と併行しながら坂路2本(上限20~22秒ペース)のメニューで調整しています。この中間より夜間放牧を終了して日中放牧に切り替えました。また、やや調教ペースも上げて乗られています。馬体は目立つ方ではありませんが、ここまで休むことなく乗り込めており、見た目よりもしっかりしている印象。ペースアップ後も疲れた様子は見られませんし、今後も乗り込みながら着々と力と付けてくれそうです。
2018/2/28 (ノルマンディーファーム)
馬体重:445kg
現在はトレッドミル運動と併行しながら坂路2本のメニューで調整しています。騎乗担当者は「先月よりも馬体は減りましたが、この中間も体調面は問題なく、順調に乗り込みを進めています。体が大きい方ではありませんが、全体のバランスが良く、騎乗していて安定感がありますし、動きに力強さが出てきました。少し気の小さいところがあって、調教中は物見をすることがあるので、馬体の成長とともに精神面でも大人になってくれればと思っています」と話していました。
写真
2018/2/15 (ノルマンディーファーム)
現在はトレッドミル運動と併行しながら坂路2本のメニューで調整しています。この中間は大雪の影響で二日ほど坂路が使用できませんでしたが、現在は調教を再開。週に1~2回はトレッドミルでのダクとキャンターを取り入れています。まだ体の使い方に課題は残るものの、以前よりも頭を上げて走ることは少なくなり、徐々にフォームは改善されてきました。それに伴い、動きも良化してきた印象です。引き続き馬体の成長を促しながら乗り込みを進めていきます。
2018/1/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:456kg
現在は坂路2本(ハッキング)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「調教ではまだ体を上手く使えておらず、すぐに頭を上げてしまうところがあります。その辺りが課題ですが、走りにはスピード感がありますし、良いものを持っていそう。全身を使って動けるよう教え込みながら進めていきます。半兄フォーマイセルフがデビュー2戦目で圧勝しましたので、やはりこの馬も楽しみです」と話していました。
写真
2017/12/29 (ノルマンディーファーム)
馬体重:448kg
現在は坂路2本(ハッキング)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「初期馴致はスムーズでしたが、騎乗に慣れるまでやや時間と手間が掛かり、馬場入りは12月中旬になりました。ただ、馬自身が納得してくれると問題ありませんので、徐々に慣らしながら進めていこうと考えています。先日の中山ダ1800m戦で1つ上の半兄フォーマイセルフがデビュー。当場の生産馬ではありませんが、母の初仔だったので、どのような走りをするのか注目していたところ、初戦から2着に好走。この馬の成長もますます楽しみになってきました」と話していました。
写真
2017/11/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:452kg
現在はノルマンディーファームにて夜間放牧と併行しながら初期馴致を行っています。担当者は「20日にえりも分場から移動してきましたが、さっそく腹帯装着と洗い場に繋いで四肢にシャワーをかける訓練を行っています。とても素直な馬で環境の変化にもまったく動じていませんから、本格的なメニューに挑んでも早めにクリアしてくれそうなタイプと見ています」と話していました。
写真
2017/10/31 (オカダスタッド)
馬体重:430kg
現在はオカダスタッドにて日中放牧を行っています。募集馬見学ツアー終了後、もう少し体を膨らませる目的で一旦えりも分場へ移動させましたが、左前脚に砂のぼりの兆候が見られるため、再度オカダスタッドにて調整しています。現在装蹄師のチェックを受け日中放牧にとどめて運動量をセーブしていますが、蹄の状態が良くなり次第、昼夜放牧を再開する予定です。父の産駒らしく俊敏さが目についており、騎乗運動を開始してどの様な変わり身を見せてくれるか楽しみな一頭です。
写真