現在表示しているページの位置

ファントムメナス
牡馬 黒鹿  2015/5/20生
カタログPDF

父:ゴールドアリュール × 母:エスワンスペクター(母の父:シャンハイ)

生産:日高・広富牧場  所属:美浦・石栗龍彦厩舎

  •  
  •  
総口数 400口 募集総額 2,160万円
募集状況 満口 1口出資額 54,000円
綴り Phantom Menace
由来・意味 見えざる脅威。見えざる程の走りで他馬に脅威を与えてほしい

近況

バックナンバーはこちら

2020/1/8 (引退)
★1/05(日)中山・4歳上1勝クラス(ダ1800m・混)菅原隆一騎手 15着

レース後より歩様に少し乱れが見られたため、本日トレセン診療所でレントゲン検査をおこなったところ、骨折などは確認されなかったものの、左前脚の蹄骨が下がり気味であることが判明しました。現状では競走能力に支障をきたすことはありませんが、今後更に沈下してしまう可能性もあり、完治させるためには一定期間の休養が必要となってくることから、これまでの戦歴および現状を踏まえて石栗龍彦調教師と協議をおこなった結果、誠に残念ではございますが、ここで中央競馬登録を抹消することとなりました。
なお、本馬は明日1月9日(木)に開催されるサラブレッドオークションに出品する予定で、出資会員の皆様には追って書面にてご連絡させていただきます。
ファントムメナス号にお送りいただいたこれまでの温かいご声援、誠にありがとうございました。

「レース後に歩様が少し気になったので検査をしてみたところ、左前脚の蹄骨が下がっていることが判明。今まで蹄に不安が出たことはないので全く気付きませんでしたし、正直なところ硬さが見られる球節の方を心配していました。獣医師からは、『すぐにレースが出来なくなるということはないものの、蹄骨をしっかり元の位置に戻すなら、ある程度休養させた方が良いのではないでしょうか』と言われたことから、クラブ側とも相談してこのタイミングで今回の決断に至りました。こちらに転厩してきてから、昨年2月の交流競走、4月の福島、10月の東京と、何度かこのクラスでもやれそうなところを垣間見せていましたし、障害転向も視野に入れたりして中央での現役継続の可能性を見出そうとしてきましたが、結果的にファントムメナスの能力を発揮してあげることが出来ずに申し訳ない気持ちです」(石栗龍彦調教師)