現在表示しているページの位置

ギガバッケン
騙馬 鹿  2015/2/18生
カタログPDF

父:アイルハヴアナザー × 母:ウインディーヒル(母の父:マンハッタンカフェ)

生産:新ひだか・岡田スタッド  所属:美浦・中川公成厩舎

  •  
  •  
総口数 400口 募集総額 1,280万円
募集状況 満口 1口出資額 32,000円

近況

詳細

2021/6/15 (ノルマンディーファーム)
現在はパドック放牧をおこなっています。今後も競走生活を続けるうえで、このタイミングで去勢することになり、9日(水)に手術をおこないました。術後の経過は良好で、感染症の心配もなさそうです。この後もしばらくは休養に充てて、しっかりと英気を養う予定です。
2021/5/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:538kg
現在はパドック放牧をおこなっています。担当者は「こちらに到着後も脚元含め馬体に異常はありません。今後しばらくはパドック放牧でのんびりさせて、心身のリフレッシュを図る予定です」と話していました。
2021/5/28 (ノルマンディーファーム)
★5/23(日)東京・丹沢ステークス(ダ2100m・混ハンデ)永野猛蔵騎手 結果10着
この後は北海道・ノルマンディーファームで調整することになり、27日(木)に移動しました。

「このクラスではなかなか思うような着順にはまだ至ってはいないものの、レース内容そのものからは徐々に前進が感じられます。レースを終えて脚元を痛めているようなことはなく、使ったなりの疲れが感じられる程度です。とはいってもここまで中二週、中二週で3戦していますし、この後の東京では適鞍がないため、ここで一度リフレッシュ期間を設けることにしましょう」(中川公成調教師)
2021/5/23 (東京競馬場)
馬体重:542kg
★5/23(日)東京・丹沢ステークス(ダ2100m・混ハンデ)永野猛蔵騎手 結果10着

「砂の被らないような位置でスムーズな競馬ができたと思います。ジリジリ伸びてはいますし、着順ほど内容は悪くありません。現状だと勝ち負けとはいかないまでも、もう少しやれていいように感じますが、ある程度の展開の助けが必要なのはあるでしょう」(中川公成調教師)
2021/5/20 (美浦トレセン)
☆5/23(日)東京・丹沢ステークス(ダ2100m・混ハンデ)永野猛蔵騎手

16日(日)にWコースで5ハロン71.7-55.7-41.0-13.2を単走で馬ナリに追われ、19日(水)にもWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、66.8-51.3-37.4-12.5を馬ナリに追い切りました。「予定通りに週末にはWコースでの追い切りを消化した上で、昨日は相手を先導する形での最終調整としました。これまでと変わらずに悪くない動きだったといえます。コンスタントに出走を重ねていますので、極端な上積みというのはないものの、自身の力を出せる状態にあるでしょう。3月から除外もありながらも上手いこと調整を進められています。無事抽選を突破したこの東京ダート2100mという舞台で今度こそキッカケを掴むレースにしましょう」(中川公成調教師)
2021/5/14 (美浦トレセン)
12日(水)に坂路コースで4ハロンから0.7秒先行して併せ、 54.8-38.9-25.2-12.6を馬ナリに追い切りました。「前走からの回復ぶりも良好で、時計消化を再開させました。終いを意識した内容でおこない、坂路でも余裕ある手応えでさらっと駆け上がれていて悪くありません。今週末にはWコースを使用しての追い切りも行う予定でいます。状態面に関してはこれまで同様に大きな波はなくキープできていますので、いいところはそのままに来週に向けてさらなる良化を狙っていきましょう」(中川公成調教師)
2021/5/7 (美浦トレセン)
★5/01(土)東京・春光ステークス(ダ2100m・混)宮崎北斗騎手 結果11着

「そこまで消耗するレースではなかったため大きなダメージはありません。脚元を痛めているということもないので、少し楽をさせた後はもう一戦と考えています。5/23(日)東京・丹沢ステークス(ダ2100m・混ハンデ)を本線にしつつ、万が一に頭数が多くて除外となった場合には翌週の中京にもレースが組まれていますので、そちらに向かうプランです」(中川公成調教師)
2021/5/1 (東京競馬場)
馬体重:538kg
★5/01(土)東京・春光ステークス(ダ2100m・混)宮崎北斗騎手 結果11着

「もう少し前が流れてくれると良かったですよね。自分の競馬はできましたが、現状だと展開の助けというのも必要なのかもしれません。ただ、クラスが上がって2戦目ですし、悲観する必要はなく、まだこれからと言っていいと思います」(中川公成調教師)
2021/4/29 (美浦トレセン)
☆5/01(土)東京・春光ステークス(ダ2100m・混)宮崎北斗騎手

25日(日)にWコースで5ハロン72.7-57.8-43.3-14.3を単走で馬ナリに追われ、28日(水)にもWコースで5ハロンから0.8秒追走して併せ、66.3-51.8-38.4-13.2を馬ナリに追い切りました。「先週と同じパートナーとの時計消化としました。ゴーサインに合わせてビューンと反応して、申し分のない稽古内容だったと思います。前走から順調にくることができましたので、抽選を無事に突破できてまずは安心しました。分のいい抽選ではありましたが、先月も除外となっていましたので不安がなかったとは言えませんからね。相性のいい東京ダート2100m戦での出走。結果はもちろんのことしっかりと走りきって見どころのあるレースを期待します」(中川公成調教師)
2021/4/23 (美浦トレセン)
22日(木)にWコースで6ハロンから1.0秒追走して併せ、82.6-66.7-53.9-39.7-13.3を馬ナリに追い切りました。「昨日の時計消化での動きが良かったですね。いい反応でしっかり相手をとらえています。一度使われての良化が感じられたと言っていいですし、この感じであれば来週のレースに向けて納得いく形で送り出せるでしょう。あとは出走が叶うかどうかというところ。今週の阪神を除外になった馬たちがどれだけ回ってくるか。得意の東京という舞台ですから何とか出走させたいです」(中川公成調教師)
2021/4/16 (美浦トレセン)
★4/11(日)阪神・梅田ステークス(ダ1800m・混)藤岡佑介騎手 結果14着

「レースでの疲れはそれほど大きくありません。ギアが上がりきっていなかったのもあって、そこまで消耗しなかったのもありますね。この後は東京での出走にこぎつけたいのがありますが、ここのところの3勝クラスは混み合っていて今週も15頭が除外。ただ、東京ですと1600mと2100mとで向かうところが分かれるので、今と状況が変わるのではないかと読んでいます」(中川公成調教師)
2021/4/11 (阪神競馬場)
馬体重:536kg
★4/11(日)阪神・梅田ステークス(ダ1800m・混)藤岡佑介騎手 結果14着

「直線の距離が中山より阪神がある分、阪神を選んだのですが、坂がある中山の方がいいのかもしれません。同じ距離でも関西の方が流れが早くなる傾向がありますからね。ジョッキーによると馬自身の行く気は感じられたようですし、今回はハマらなかったですが、場を変えればまた違うはずです」(中川公成調教師)
2021/4/8 (美浦トレセン)
☆4/11(日)阪神・梅田ステークス(ダ1800m・混)藤岡佑介騎手

4日(日)にWコースで4ハロン58.5-43.3-14.6を単走で馬ナリに追われ、7日(水)にもWコースで5ハロンから1.1秒追走して併せ、66.5-52.0-39.9-13.2を馬ナリに追い切りました。「昨日は相手を追いかけて併入という思い描いていた形で終えられました。もともと先々週のレースに向けて仕上げていましたので動ける土台はできています。予定が後ろにずれはしましたが、状態面でも変わりなくこれていますし、送り出しの状態は申し分ありません。あとは1800という距離の中で上手くギアを上げられればというところだと思います。クラスが上がっていきなりからと欲張り過ぎてもいけませんが、この後に向けてのいい流れとなるレース内容にしたいですね」(中川公成調教師)
2021/4/2 (美浦トレセン)
3月31日(水)にWコースで5ハロンから0.7秒先行して併せ、69.0-53.9-39.7-12.2をを馬ナリに追い切りました。「引き続きギガバッケンを前に置いて相手に追い掛けさせています。パートナーは稽古から動くタイプの馬でしたので、手応えこそ見劣りましたが、動きそのものは悪くありません。予定していたレースより2週延びたことをプラスと捉えて本数を重ねて鍛えていくだけです。今のところいい意味で大きな変わりはありませんし、この流れを崩さないようにいきましょう。藤井くんに騎乗依頼をかけましたが新潟ということでしたので、鞍上確保に動いているところです」(中川公成調教師)
2021/3/25 (美浦トレセン)
3/28(日)中京・鈴鹿ステークス(ダ1900m・混ハンデ)酒井学騎手 除外(非当選)

21日(日)にWコースで5ハロン71.0-54.5-40.0-12.5を単走で強めに追われ、24日(水)にもWコースで5ハロンから1.2秒先行して併せ、67.7-52.6-38.2-12.0を馬ナリに追い切りました。「今週もパートナーを先導する形をとりました。以前であれば先頭に立たせるとフワフワするなんてこともありましたが、今ではそんな様子を見せることもなく集中して走れています。年を重ねて、経験を積んでの成長と捉えていいでしょう。動きそのものも悪くありませんでしたし、帰厩からここまでいい流れで調整を進めてくることができたと思います。53kgという斤量も魅力でしたし何とか抽選突破を願ったのですが、残念なことに除外となりました。除外1の権利を持ってどこに向かうか。2週間後の阪神が現実的かとは思いますが少し時間をください」(中川公成調教師)
2021/3/19 (美浦トレセン)
14日(日)にWコースで5ハロンから0.5秒追走して併せ、68.5-55.1-41.0-13.5を馬ナリに追われ、17日(水)にもWコースで5ハロンから2.7秒先行して併せ、68.5-54.1-40.5-13.7を馬ナリに追い切りました。「水曜は三頭併せの先頭に置いて、ギガバッケン、リュードマン、もう一頭の順でおこないました。終いまで楽に動けていましたし、乗り手の感触としても十分に余裕があったとのこと。順調といっていいのではないでしょうか。しっかり汗もかいていましたし、戻ってからここまでは太く映るようなことはありません。藤井くんは阪神ということでしたので今回は酒井くんに依頼してあります」(中川公成調教師)
2021/3/12 (美浦トレセン)
7日(日)にWコースで5ハロン71.5-56.0-41.5-12.8を単走で馬ナリに追われ、11日(木)には坂路コースで4ハロンから1.3秒先行して併せ、54.0-38.3-25.0-12.6を馬ナリに追い切りました。「稽古から動くタイプの馬をパートナーにしての時計消化。余裕のある動きでしたし、時計自体もまずまずで悪くない内容でした。今週末はWコースで追い切る予定で、さらにもう一段階攻めていきましょう。へこたれずに調教をこなして、その分しっかり飼い葉も食べて吸収するギガバッケン。暖かくなり汗をかきやすい時期になってきたので、馬体重の面でも上手いことコントロールしていきます」(中川公成調教師)
2021/3/5 (美浦トレセン)
ブルーステーブルで調整され、3月3日(水)に帰厩しました。

「向こうでも緩めずに乗ってもらっていました。見た目に太い感じもありませんし、いい流れで調整を経て戻ってきたのを感じます。目標とするレースまで十分に時間はありますので、今週末より時計消化を開始して昇級緒戦に向けてしっかりと整えていきましょう」(中川公成調教師)
2021/2/26 (ブルーステーブル)
馬体重:560kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000~4000m、坂路1本(17~20秒ペース、週3回は15~17秒ペース)のメニューで調整中です。相変わらずタフな馬で、調教進度を上げてもへこたれるようなところはありません。もう少し絞っていきたいところなので、このペースでどんどん乗り込んでいくつもりです」(担当者)
2021/2/19 (ブルーステーブル)
馬体重:558kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000~4000m、坂路1本(17~20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。今週から速いところを取り入れて進めています。坂路だけだと体が太くなってしまうので、ダートコースを長めに乗ったりするなどメリハリを付けて乗り込んでいるところ。このまましっかりと負荷を掛けていきます」(担当者)
2021/2/12 (ブルーステーブル)
馬体重:556kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2600m、坂路1本(20秒ペース)のメニューで調整中です。入場後は歩様に少し硬さがありましたが、翌日から軽めに乗りながらほぐしています。脚元には大きな問題はありませんし、今週に入って大分疲れも取れてきたところ。あの脚が使えれば上のクラスでも楽しみだと思うので、次のレースでも力が出せるよう、しっかりと態勢を整えていきます」(担当者)
2021/2/5 (ブルーステーブル)
★1/30(土)東京・4歳上2勝クラス(ダ2100m・混)藤井勘一郎騎手 結果:優勝
この後はトレセン近郊のブルーステーブルで調整することになり、2月4日(木)に移動しました。

「中一、中一で3戦重ねましたので、いつもと比べてゴツゴツとした硬さが見られますね。それでも馬体自体にはまだ余裕がありますので、レースでの疲れをとった後はしっかりと乗り込んでもらうつもりです。汗がかきにくい季節のため苦労する部分ではありますが、強く意識して進めていきましょう。3/28(日)中京・鈴鹿ステークス(ダ1900m・混ハンデ)に合わせて帰厩させる予定です」(中川公成調教師)
2021/1/30 (東京競馬場)
馬体重:554kg
★1/30(土)東京・4歳上2勝クラス(ダ2100m・混)藤井勘一郎騎手 結果:優勝

「展開がハマりましたね。午前中のレースが前に行った馬で決まる傾向だったからどうしようかという話も出たのですが、今まで通りの競馬をしようということに。ジョッキーは『中京の時はギアが上がり切る前にゴールだったのですが、東京の長い直線だともう一段階ギアが上がりますね』と。なかなか思うような結果が出ない日々もありましたので、なおさら今日の結果を嬉しく受け止めています」(中川公成調教師)
2021/1/28 (美浦トレセン)
☆1/30(土)東京・4歳上2勝クラス(ダ2100m・混)藤井勘一郎騎手

27日(水)にWコースで5ハロン71.1-55.5-41.3-13.2を単走で馬ナリに追い切りました。「ここまで2戦していますので、ビシビシというよりもコンディションを整えるようなイメージでこの中間は調整しています。前走から大きな変わりなくいたって順調と言っていいでしょう。昨日の追い切りでの動き含めて、いい意味で平行線ですね。東京と中京とで考える中で、やはり長い直線だったり東京の方が競馬がしやすいだろうというのもあって、予定通りのレースで落ち着いています。前走で跨ってギガバッケンにいい印象を持っているはずですから、今回も同じように上手く導いてくれるでしょう」(中川公成調教師)
2021/1/22 (美浦トレセン)
★1/17(日)中京・4歳上2勝クラス(ダ1800m・混)藤井勘一郎騎手 結果4着

「ジョッキーによると最初は行きたがるような面があったとのことで、そこを我慢させて砂を被ったのもあって折り合いがついたと話しています。レース後も特に大きな変わりはありません。長い直線は合いそうですし、来週の1/30(土)東京 4歳上2勝クラス(ダ2100m・混)を本線に考えています。ただ、今週の中京を見てみても全体的に頭数が落ち着いていますし、相手関係の面で魅力的に映れば中京というのも選択肢に加えるかもしれません」(中川公成調教師)
2021/1/17 (中京競馬場)
馬体重:548kg
★1/17(日)中京・4歳上2勝クラス(ダ1800m・混)藤井勘一郎騎手 結果4着

「前半は砂を被って嫌がるような面は見せていましたね。それでも我慢して最後はしっかりと脚を使ってくれています。前走ではまだこの形が馴染んでいませんでしたが、今回でだいぶ板についてきたような印象を受けました。上手く対応してくれていますよね」(中川公成調教師)
2021/1/14 (美浦トレセン)
☆1/17(日)中京・4歳上2勝クラス(ダ1800m・混)藤井勘一郎騎手

14日(木)にWコースで5ハロン68.0-52.8-39.5-12.8を単走で強めに追い切りました。「大きなダメージはありませんでしたので前走での疲れも取れ、スムーズに時計消化を再開しています。今朝も今週の出走を見据えてイメージしていた通りの追い切りをおこなえました。状態もいい意味で変わりありません。2鞍組まれている今回がチャンスと読んでいたため、もし今週相当な節を必要とするなら、しばらく出走が叶うのは難しいでしょう。そうなった場合には芝も検討するつもりで特別登録をしていましたが、無事にダート戦での出走が叶っています。前半はプレッシャーを受けずにじっくり運びたいですね」(中川公成調教師)
2021/1/7 (美浦トレセン)
★1/05(火)中山・4歳2勝クラス(ダ1800m・混)江田照男騎手 結果8着
1/11(祝)中山・成田特別(ダ2400m・混ハンデ)宮崎北斗騎手 除外(非抽選)

「収穫のあった一戦だと思います。この形を覚えさせるためにもすぐにでも出走できればいいのですが、2勝クラスも5着まで権利が発生することになったため、これまでと比較すると節が必要になってきます。実際に今回ギガバッケンが出走したレースも9節を必要としていました。チャンスがあればと成田特別にも登録はしたものの現実は厳しかったですね。来週は中山と中京とでダート1800m戦が組まれていますので、そこで叶うかどうかでしょう」(中川公成調教師)
2021/1/5 (中山競馬場)
馬体重:554kg
★1/05(火)中山・4歳2勝クラス(ダ1800m・混)江田照男騎手 結果8着

「最後までしっかり走ってくれたと思います。ジョッキーは『砂を被っても怯むこともありませんでしたしフワフワするようなこともなかったですね。今日のような形の競馬の方が案外いいのかもしれません』と。後方からの競馬で本人も戸惑った場面もあったかもしれませんが、今回である程度の感覚を掴めたはずです」(中川公成調教師)
2021/1/3 (美浦トレセン)
☆1/05(火)中山・4歳2勝クラス(ダ1800m・混)江田照男騎手

12月30日(水)にWコースで5ハロン70.5-54.3-40.0-13.9を単走で馬ナリに追われ、1月3日(日)にもWコースで5ハロンから1.5秒追走して併せ、67.3-52.7-39.1-13.0を強めに追い切りました。「戻ってきてから順調に進めてくることができました。先週の動きも明らかに良かったですし、今朝も誘導馬を追いかける形をとりしっかりと追いついて併入まで持ってきています。調教の動きと調子の善し悪しが直結するタイプですので、状態含めて納得いく形での送り出しと言えるでしょう。今回はあえて1800を選んで、これまでと違う形での競馬にチャレンジするつもりです」(中川公成調教師)
2020/12/25 (美浦トレセン)
20日(日)にWコースで5ハロン72.1-56.7-42.4-13.2を単走で馬ナリに追われ、24日(木)には坂路コースで4ハロンから1.1秒追走して併せ、55.0-40.2-26.1-13.0を馬ナリに追い切りました。「時計消化では相手を追いかける形をとりたかったため、パートナーの関係もあり昨日は坂路コースでおこないました。動き自体はいいものがあり、進める毎に良さが出てきていると言っていいでしょう。週末にはコースで長めに乗ってしっかりと負荷をかけるつもりです。まだ絞りたいのもありますし、年始のレースに向けてどんどんやっていきましょう」(中川公成調教師)
2020/12/18 (美浦トレセン)
ブルーステーブルで調整され、12日(土)に帰厩しました。

17日(木)にWコースで5ハロン73.3-57.8-44.3-15.5を単走で馬ナリに追い切りました。「外厩でもしっかり負荷をかけた追い切りを課してもらいました。帰厩翌日から坂路入りし、昨日はWコースで15-15という内容から時計消化の一本目をスタート。この週末にはもう一段階上げるようなイメージで動かすつもりですので、それが刺激を与えてくれるはずです。汗をかきにく季節ですので、引き続き馬体重についても意識して進めていきましょう」(中川公成調教師)
2020/12/11 (ブルーステーブル)
馬体重:564kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2600m、坂路1本(17~20秒ペース、週3回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も順調に進められていて、今週は周回コースで1600mから16-15くらいのところを消化。先週よりも1段負荷を掛けています。坂路でも13-13を消化していて、動きは素軽くいい感じです。明日12日(土)の帰厩が決まりましたが、いい状態で送り出せると思います」(担当者)
2020/12/4 (ブルーステーブル)
馬体重:562kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2600m、坂路1本(17~20秒ペース、週3回は15秒ペース)のメニューで調整中です。昨日は周回コースで1600mから17-15くらいのところを消化していますし、週末は坂路コースで15-15をおこなう予定。夏と違ってしっかりと攻められていますし、体が大分絞れていい雰囲気になってきました。帰厩の声が掛かるまで、この感じで負荷を掛けていきます」(担当者)
2020/11/27 (ブルーステーブル)
馬体重:568kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2600m、坂路1本(17~20秒ペース、週3回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間もしっかりと負荷を掛けていますが、へばることもなく調教をおこなえています。夏場と違って馬は元気いっぱいですし、いい状態をキープしています。中川調教師は頻繁に来場されますし、そろそろ帰厩となりそうな感じなので、このまま更なる良化を促していきます」(担当者)
2020/11/20 (ブルーステーブル)
馬体重:568kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2600m、坂路1本(17~20秒ペース、週3回は15秒ペース)のメニューで調整中です。継続的に速いところを織り交ぜながら進めていますが、堪える様子もないので、どんどん乗り込んでいるところです。体調面も本当に良さそうですし、いつでも送り出せる状態。このペースを維持しながら、声が掛かるのを待つつもりです」(担当者)
2020/11/13 (ブルーステーブル)
馬体重:566kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2600m、坂路1本(17~20秒ペース、週3回は15秒ペース)のメニューで調整中です。到着後も問題なかったので、翌日から坂路コースで20秒ペースくらいで乗り始めました。その後も反動は出なかったですし、ペースを上げて緩ませないように負荷を掛けています。次の中山開催が目標と聞いているので、いつ声が掛かっても良いように進めていきます」(担当者)
2020/11/6 (ブルーステーブル)
★10/31(土)東京・昇仙峡特別(ダ2100m・混ハンデ)宮崎北斗騎手 結果14着
この後は美浦近郊のブルーステーブルで調整を進めることになり、4日(水)に移動しました。

「今回のレースに必要だった節から見ても、引き続いて東京で出走するには権利をとる必要のある一戦でしたが、思うような結果とならず申し訳ない気持ちです。砂をかぶらず、揉まれずにを意識して前にいくのではなく、プレッシューを受けない後ろからの形でも良かったのかもしれません。苦しい競馬ではあったものの、大きなダメージはありませんので、出走に必要な節を稼ぎながら目標を定めて帰厩させるつもりです」(中川公成調教師)
2020/10/31 (東京競馬場)
馬体重:556kg
★10/31(土)東京・昇仙峡特別(ダ2100m・混ハンデ)宮崎北斗騎手 結果14着

「今日はメンバー構成に苦しめられた感があります。前に行った強烈な2頭についていって落ち着けるところがありませんでした。『思い切って後ろから行くような競馬でも良かったかもしれない』とジョッキーも話しているように、そういう形をとるのも一つの手かもしれません」(中川公成調教師)
2020/10/29 (美浦トレセン)
☆10/31(土)東京・昇仙峡特別(ダ2100m・混ハンデ)宮崎北斗騎手

25日(日)にWコースで4ハロンから0.6秒追走して併せ、57.7-42.0-12.3を馬ナリに追われ、28日(水)にもWコースで5ハロンから1.0秒追走して併せ、68.2-53.0-39.0-12.2をゴール前仕掛けて追い切りました。「昨日は北斗くんが跨っての時計消化です。稽古から動く相手を追いかけて、最後追ってという内容。馬場が荒れて時計がかかる傾向ではあった中でも動き自体は問題なし。しっかり負荷をかけた追い切りができたと思います。汗をかきにくくなっているものの火曜の計測で560kgでしたので、時計消化を終えてもう少し絞れているでしょう。好走歴のある東京ですからいいところを見せてほしいですね」(中川公成調教師)
2020/10/23 (美浦トレセン)
18日(日)にWコースで5ハロン69.4-54.6-39.2-12.8を単走で馬ナリに追われ、21日(水)にはWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、67.8-53.0-39.3-12.9を馬ナリに追い切りました。「進めるごとに確実に動きが良くなっていますね。水曜日は先行した分、フワフワするようなところはありましたが、動きそのものはなかなかでした。馬体についてはもう少し引き締めたいのもあるため、そこは意識的に取り組んでいくつもりです。これまでも稽古で跨ってきた宮崎が乗れるのはプラス材料ですので、あとは出走枠に入れるかどうかでしょう。ハンデ戦を狙っている陣営も少なくないはずです」(中川公成調教師)
2020/10/16 (美浦トレセン)
11日(日)にWコースで4ハロン59.1-43.0-13.9を単走で馬ナリに追われ、15日(木)にはWコースで4ハロンから先行して併せ、53.5-39.8-12.9を馬ナリに追い切りました。「昨日の稽古での動きはまずまずといったところです。動きにもう少し軽さが出てほしいですし、馬体も絞りたいのがありますね。これまでと変わらない動き出しともいえますので、レースに向けて徐々に納得いく内容にしていきましょう。前回戻ってきた時には暑さがこたえている様子を見せていたため、いつもより多少立ち上げに時間を使いましたが、今回は状態の良好さも感じますし息遣いも悪くないので順調にペースアップしていけるかと思います」(中川公成調教師)
2020/10/9 (美浦トレセン)
ブルーステーブルで調整され、7日(水)に帰厩しました。

「前走を終えてすぐに楽をさせる期間を設けられたのはいい方向に作用しており、脚元も落ち着いて回復が早かったですね。向こうでも15-15で乗り込んでもらっていましたし短期間でしたので、そこまで緩むことなく戻ってきています。再来週のレースに向けてさらに状態を上げていきましょう」(中川公成調教師)
2020/10/2 (ブルーステーブル)
馬体重:567kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで2600m、坂路1本(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。先週いっぱいは様子を見ていましたが、今週に入ってから回復が早かったため、15-15を織り交ぜながら進めています。元気もありますし、聞いていた左前の骨瘤も大きな問題はありません。このまましっかりと負荷を掛けながら乗り込んでいきます」(担当者)
2020/9/25 (ブルーステーブル)
★9/19(土)中山・松戸特別(ダ2400m・ハンデ)内田博幸騎手 結果9着
この後は美浦近郊のブルーステーブルで調整を進めることになり、本日25日(金)に移動しました。

「タフな競馬だった分やはり消耗していますね。脚元についても左前の外側に骨瘤が出てきていますので、東京開催を前に短期間ではあっても一度楽をさせる時間を設けた方がいいでしょう。10/31(土)東京・昇仙峡特別(ダ2100・混ハンデ)に合わせて逆算して帰厩させる予定です。ハンデ戦を狙ってくる陣営も少なくないと思いますが、ここに向けて状態を上げていければと思います」(中川公成調教師)
2020/9/19 (中山競馬場)
馬体重:562kg
★9/19(土)中山・松戸特別(ダ2400m・ハンデ)内田博幸騎手 結果9着

「けっこうキツイ競馬でしたね。今回は相手関係の面からも前に行きたい馬も多かったですし、最初のコーナーまでの距離が短いのでポジションが取りにくいという状況です。着順から見れば喜べるものではなくても、外々を回されて、砂を被って嫌がってという厳しい中で頑張ってくれたと思います」(中川公成調教師)
2020/9/17 (美浦トレセン)
☆9/19(土)中山・松戸特別(ダ2400m・ハンデ)内田博幸騎手

13日(日)にWコースで4ハロン56.8-40.8-13.0を単走で馬ナリに追われ、16日(水)にはWコースで5ハロンから0.8秒先行して併せ、67.1-52.7-39.1-12.4を強めに追い切りました。「昨日は先行する形をとった分、やはりフワフワするところを見せて、動き自体はまずまずといったところです。状態としては随分と持ち直してきたなという印象で、帰厩時の暑さに参った様子だったところから上手く流れに乗れている印象。今週なんかは涼しいのもあって、それも助けとなっているのでしょう。中山の2400は動きのあるレースとなることが予想されますが、この後の東京に向けていい動き出しとなれればと思います」(中川公成調教師)
2020/9/11 (美浦トレセン)
6日(日)にWコースで5ハロン73.5-57.8-43.5-13.7を単走で馬ナリに追われ、10日(木)にもWコースで5ハロンから0.8秒追走して併せ、66.6-52.0-38.8-12.0を強めに追い切りました。「戻ってきた当初は夏バテ気味というか暑さがこたえている様子も見られたため、いつもと比べてペースアップのタイミングを遅らせています。調整を加減したのが上手く作用したのか昨日の追い切りでは悪くない動きで、これまでも跨ってきた宮崎も変わりない様子を感じ取ってくれたようです。このまま来週のレースを目標に状態を確認しながら進めていきましょう」(中川公成調教師)
2020/9/4 (美浦トレセン)
ブルーステーブルで調整され、3日(木)に帰厩しました。

「当初は新潟をと考えていましたが中山以降の番組が発表され、東京開催に向けていいタイミングで9/19(土)中山・松戸特別(ダ2400m・ハンデ)が組まれていましたので、そこに合わせて戻しました。まだ馬体に余裕がありますし、少しばかり硬さも感じられたと担当者は話しています。進めていきながら状態を上げていきましょう」(中川公成調教師)
2020/8/29 (ブルーステーブル)
馬体重:556kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間もコンスタントに速いところを織り交ぜてながら順調に乗り込めていて、暑さも乗り越えてきた様子。猛暑と言われていた頃と比べると幾分暑さが和らいだので、その分楽になったのではかないでしょうか。もういつ帰厩になってもおかしくないので、いい状態で送り出せるよう整えておきます」(担当者)
2020/8/21 (ブルーステーブル)
馬体重:558kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。暑い日が続いているので少しペースを緩めて乗り込んでいますが、体は絞れてきましたし、いい引き締まりも見せています。もうそろそろ帰厩になると思うので、このまましっかりと態勢を整えていきます」(担当者)
2020/8/14 (ブルーステーブル)
馬体重:563kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。連日厳しい暑さが続いていますが、馬は元気いっぱいでバテたりすることはありませんよ。しっかりと負荷を掛けられていますし、状態面に関しても問題ありません。声が掛かるまでこの感じで乗り込んでいくつもりです」(担当者)
2020/8/7 (ブルーステーブル)
馬体重:562kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。先週末から暑い日が続いているので、この中間は少しペースを落として進めています。朝の早い時間に乗っているので、まだ夏バテの兆候はありませんし、ギガバッケン自体は元気いっぱい。帰厩に向けてしっかり態勢を整えておきます」(担当者)
2020/7/31 (ブルーステーブル)
馬体重:562kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(20秒ペース、週3回は15秒ペース)のメニューで調整中です。ここまでは比較的涼しい日が続いているため、活気ある調教を積み重ねられています。緩めないようにペースを上げて乗り込んでいますが、いい動きを見せていますし、体も張りがあっていい状態ですね。いつ声が掛かってもいい状態にしておきます」(担当者)
2020/7/24 (ブルーステーブル)
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路1本(20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。こちらに到着後は元気いっぱいで疲れもほとんど感じさせないことから、今週より速いペースを織り交ぜながら乗り込んでいます。馬の感じは良いですし、今のところ涼しい環境もこの馬にとったら良いのかもしれません。このまましっかりと負荷をかけていきます」(担当者)
2020/7/17 (ブルーステーブル)
★7/11(土)函館・渡島特別(ダ1700m・混)大野拓弥騎手 結果13着
この後は美浦近郊のブルーステーブルで調整を進めることになり、16日(木)に移動しました。

「レースによって脚元だったりに大きなダメージを負うことなく、水曜に無事に美浦に戻ってきています。来週から始まる新潟は関西勢がくるのもあって混み合うことは避けられませんし、後半の新潟開催を目指すことに落ち着きました。短い期間にはなりますが、ここで少しリフレッシュの時間を設けて、目標から逆算したタイミングで戻す予定です」(中川公成調教師)
2020/7/11 (函館競馬場)
馬体重:572kg
★7/11(土)函館・渡島特別(ダ1700m・混)大野拓弥騎手 結果13着

「ジョッキーは『合わなかったように感じますね。距離も小回りというのだけでなく流れも含めてです』と。例えば当初イメージしていた、後ろからいって捲るというのも、今日の流れから見るとギガバッケンには厳しかったかもしれません。このまま函館、札幌での出走を狙うよりも、新潟に向かう方がいいのではないかと考えています」(中川公成調教師)
2020/7/9 (函館競馬場)
☆7/11(土)函館・渡島特別(ダ1700m・混)大野拓弥騎手

8日(水)に函館競馬場のWコースで5ハロンから0.6秒先行して併せ、68.8-54.3-40.4-13.7を一杯に追い切りました。「週末のうちに函館競馬場に移動しています。輸送によりいくらか馬体重を減らしてもすぐに戻すのは、よく食べるというのはあると思いますが内臓が強いという証拠でしょう。輸送熱などもなくすんなりと向こうでの調整を開始。昨日は後輩を誘導する形で前を走らせていて、Wコースは狭く大型馬のギガバッケンにはコーナーもきついので、さらっと流すようなイメージで指示しています。上手くここまでこれたと思っていますので、あとは本番でも見せられれば言うことはありません。今回もブリンカーを着用して臨みます」(中川公成調教師)
2020/7/3 (美浦トレセン)
6月28日(日)にWコースで5ハロン73.1-58.1-43.5-14.5を単走で馬ナリに追われ、2日(木)にもWコースで5ハロンから0.6秒追走して併せ、64.8-50.5-37.7-12.4をゴール前仕掛けて追い切りました。「昨日は三頭併せの一番後ろからで、しっかりと負荷をかけた追い切りができたと思います。集中を切らさずに走れていて動きもこれまで同様に悪くありませんし、使ってからここまでの調整過程としては順調と言っていいでしょう。明日函館に向けて出発する予定で、まずは輸送を難なくこなして、向こうでの調教にスムーズに移行させましょう。よく食べる分、体重も増えやすいのでその辺りは現地でも意識して進めていくつもりです」(中川公成調教師)
2020/6/26 (美浦トレセン)
「レースでの大きなダメージはありませんでしたので、次に向けてペースアップを図っているところです。坂路やWコースを使ってコンスタントに乗り込みを重ねていて、今週末より時計消化をおこなうつもりで進めています。週半ばまではあいにくの天気が続いてはいましたが、涼しいのはどの馬にとっても過ごしやすく、ギガバッケンも先週少し楽をさせたのもあって体調も良さそうですよ。函館への移動のタイミングは調整中で、週が明けた頃にはおおよそのプランが見えてくるでしょう」(中川公成調教師)
2020/6/19 (美浦トレセン)
★6/14(日)東京 八王子特別(ダ2100m・混)宮崎北斗騎手 結果3着

「レース後も変わりなく元気な様子で、相変わらず食欲も旺盛です。この後にはついては福島、阪神、函館と選択肢があります。1800という距離は魅力でも関西では動きのあるレースになる可能性が高いでしょう。福島と函館は小回りという点では同じですが、レースの流れというのはまた違ってきます。函館なら例えば後ろに構えて、自分で競馬を作っていくような、まくっていくような競馬がいいかもしれません。現時点では函館を本線に考えています」(中川公成調教師)
2020/6/14 (東京競馬場)
馬体重:560kg
★6/14(日)東京 八王子特別(ダ2100m・混)宮崎北斗騎手 結果3着

「揉まれない理想的な位置を取れたのも大きかったですが、ブリンカーも効果的だったようですね。ジョッキーも『4コーナーで外からこられても怯むようなことはなかったのはブリンカーが効いたのだと思います。2100mという距離が合うというよりもコースの特性がギガバッケンにマッチしてるのでしょうね』と話しています。途中で動きがあるようなのは合いませんし、まくってこられるとスッと反応できないタイプなので、そういった面で東京は合いますよね。この後のレースとしてはどこに向かうべきか難しいのが正直なところで、少し考えさせてください」(中川公成調教師)
2020/6/11 (美浦トレセン)
☆6/14(日)東京 八王子特別(ダ2100m・混)宮崎北斗騎手

7日(日)にWコースで5ハロンから1.1秒追走して併せ、67.6-51.7-37.5-12.0を馬ナリに追われ、10日(水)にもWコースで5ハロンから2.3秒追走して併せ、66.6-52.1-38.0-12.5を一杯に追い切りました。「昨日は三頭併せの一番後ろから追いかけて、最後は強めに追っています。前から離れるとフワフワするところはありましたが、追いついて前との間隔が狭まってくるとグッと集中した走りを見せてくれました。本数を重ねるごとにしっかりと時計をつめて順調に調整を進めてこれたといえるでしょう。前走を踏まえて今回は調教の中でもブリンカーを着用するということをやっており、今回は久々にレースでも効果を狙って着用して臨みます」(中川公成調教師)
2020/6/5 (美浦トレセン)
5月31日(日)にWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、70.1-55.0-40.3-13.1を馬ナリに追われ、6月3日(水)にもWコースで5ハロンから0.8秒追走して併せ、70.1-54.1-39.2-12.1を馬ナリに追い切りました。「日曜日は先行して、水曜日は相手を追いかけてとやりましたが、前に目標がある方がフワフワすることなく走れていました。動きとしては悪くないものの、もう少し時計をつめたかったのはあるので、週末にもしっかりと追って刺激を与えられればと考えています。馬体についてはまだ余裕がありますが、進める毎に絞れていますので、来週のレースに向けてさらにもう一歩進んだところにいきたいですね」(中川公成調教師)
2020/5/29 (美浦トレセン)
24日(日)にWコースで5ハロン74.4-58.6-44.1-14.8を単走で馬ナリに追われ、28日(水)にもWコースで5ハロン73.6-58.1-43.9-14.0を単走で馬ナリに追い切りました。「15-15を切る程度の追い切りから始動しています。まだ動きにモッサリとしたところがありますので、週末にも70秒程度の時計消化をおこなう予定。暑さに参って食欲が落ちるということがないので、絞るためにもさらなる乗り込みが必要ですね。意識的に汗をかかせるようにしていますし、気温も上がってきているので、レースまでにキッチリと間に合うでしょう」(中川公成調教師)
2020/5/22 (美浦トレセン)
ブルーステーブルで調整され、本日22日(金)に帰厩しました。

「向こうでも緩めずに乗っていてもらったのが見た目にも表れているように感じます。外身だけでなく内面、体調も良さそうに映りますので、このまましっかりと乗り込んで仕上げていきましょう。去年のこの時期に勝利している舞台ですから、納得いく結果を出せるよう努めます」(中川公成調教師)
2020/5/15 (ブルーステーブル)
馬体重:548kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路2本(20秒ペース、週2~3回は15秒ペース)のメニューで調整中です。絞れてきた体はいい状態でキープできていますし、ここまで至って順調に進められています。体調面も良好ですし、もうそろそろ声が掛かっても良さそうですよ」(担当者)
2020/5/8 (ブルーステーブル)
馬体重:542kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路2本(20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。しっかり負荷を掛けていることで体重は徐々に減り、見た目にもシュッとしてきました。体調面は良好そのもので、元気もある状態。このまましっかりと乗り込んで更なる良化を促していく予定です」(担当者)
2020/5/1 (ブルーステーブル)
馬体重:548kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路2本(20秒ペース、週3回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も調教量を増やして、かなり攻めていることで、一気に体重を落とすことができました。それでも食欲旺盛ですし、元気一杯。今後もビシバシ負荷を掛けて体重を増やさないように進めていくつもりです」(担当者)
2020/4/24 (ブルーステーブル)
馬体重:564kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路2本(20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。入場後もレースを使ったダメージは感じられません。元気が有り余っている様子で、体に余裕が出てきているので、15-15を織り交ぜながらしっかりと負荷を掛けています。継続的に乗り込んで体を絞っていきたいと考えています」(担当者)
2020/4/17 (ブルーステーブル)
★4/12(日)中山 印西特別(ダ2400m・混)宮崎北斗騎手 結果14着
この後は美浦近郊のブルーステーブルで調整を進めることになり、15日(水)に移動しました。

「ジョッキーも揉まれないように砂を被らないようにというのは意識して乗ってくれたと思います。次に向けてはブリンカーはもちろんですが積極的に刺激を与えていく方向で考えた方がいいかもしれません。一旦レースの疲れをとるために外に出しましたが、東京開催を狙いますのでそう長くはおかずに戻すつもりです。去年勝った舞台でいい姿を見せられるよう努めます」(中川公成調教師)
2020/4/12 (中山競馬場)
馬体重:562kg
★4/12(日)中山 印西特別(ダ2400m・混)宮崎北斗騎手 結果14着

「モタれながら走っていましたね。ジョッキーも『道中は内にモタれながらで手前替えもなかなかスムーズにはいきませんでした。若かった頃の、以前のズブさが戻ってきているような印象です』と言っています。ブリンカーをつけたり、はずしたりというような刺激を与える必要があるかもしれません」(中川公成調教師)
2020/4/9 (美浦トレセン)
☆4/12(日)中山 印西特別(ダ2400m・混)宮崎北斗騎手

5日(日)にWコースで5ハロン71.2-56.3-42.8-13.9を単走で馬ナリに追われ、8日(水)にもWコースで6ハロンから0.8秒追走して併せ、82.8-67.6-52.8-39.3-12.6を直線強目に追い切りました。「素直にいい動きだったと思います。フワフワすることもありませんでしたし、一回使っての素軽さというのが出てきましたよ。体調も変わらずに良さそうに映りますから、前走からここまで順調に態勢を整えられたと言っていいでしょう。ここを狙って頭数が集まり節的にどうだろうかと懸念していましたが、ふたを開けてみればそんな心配は必要なく予定通りの出走となりました。北斗はこれまでも稽古で跨っていてギガバッケンのことを理解していますから、その上で上手く導いてくれればと思います」(中川公成調教師)
2020/4/3 (美浦トレセン)
4月2日(木)にWコースで5ハロンから1.2秒追走して併せ、67.7-53.1-38.9-12.8を馬ナリに追い切りました。「昨日は水曜の雨が残っている中でも、朝一のハロー明けだったため比較的しまった馬場での時計消化でした。これまで通りの悪くない動きでしたし、終いもモタモタした感じもなく好印象です。前に目標を置いているのもやはり効果的に働いているのもあるかと思いますが、一度使ったことにより良くなっているのを感じられますね。このいい流れのまま来週の4/12(日)中山・印西特別(ダ2400m・混)につなげていきたいところです」(中川公成調教師)
2020/3/27 (美浦トレセン)
★3/21(土)阪神 川西特別(ダ2000m・混ハンデ)酒井学騎手 結果13着

「関西だと特に今回のような一気に動いたりという競馬になることが多いように感じます。そういうゴチャゴチャっとするのはギガバッケンは好みませんからね。レース後も大きな変わりはなく、すでに乗り運動を開始しています。次は4/12(日)中山・印西特別(ダ2400m・混)を目指す考えです。ここを狙ってくる陣営も少なくはないでしょうから、節的に出走が叶うかどうかというのはありますが、より良い状態で臨めるよう整えていきます」(中川公成調教師)
2020/3/21 (阪神競馬場)
馬体重:550kg
★3/21(土)阪神 川西特別(ダ2000m・混ハンデ)酒井学騎手 結果13着

「ジョッキーは『スタートも反応良く出ましたし、二の脚もつきました。揉まれないような位置に持っていけたのはいいのですが、向正面で一気にこられた時に対応できず、ゴチャゴチャっとなるとハミをとらずフワフワとしてしまいましたね」と。途中はいい形でいけたと思ったのですが、一気に動きがあるような展開はギガバッケン向きとは言えません」(中川公成調教師)
2020/3/19 (美浦トレセン)
☆3/21(土)阪神 川西特別(ダ2000m・混ハンデ)酒井学騎手

17日(火)にWコースで6ハロンから1.3秒追走して併せ、82.5-66.8-53.0-39.0-12.8を馬ナリに追い切りました。「今週も前に目標を置いての時計消化。先週もよく動けていたと思いますが、引き続きなかなかのものでしたよ。本数を重ねた分がきちんと稽古内容に反映されています。中山と阪神とどちらに向かうか考えた中で相手関係や斤量から考えて今回は阪神を選択しました。注文のつく馬なので御せて、タイプ的にも合うだろう鞍上に依頼しています。枠次第なところではありますが、これまでと同様に砂を被らず、揉まれずというのは意識した競馬を指示するつもりです」(中川公成調教師)
2020/3/13 (美浦トレセン)
8日(日)にWコースで4ハロン55.0-40.4-13.2を単走で馬ナリに追われ、12日(木)にもWコースで5ハロンから0.6秒追走して併せ、67.4-52.6-38.7-12.9を馬ナリに追い切りました。「昨日は3頭併せの一番後ろからで、軽く仕掛けただけでしっかりと反応していました。だいぶ動けるようになってきましたし息も出来上がってきています。これまで何度も稽古をつけてきている北斗も動きの良さを話していました。これであれば来週の出走を意識してもいいでしょう。3/20(祝)中山・市原特別(ダ1800m・混)と3/21(土)阪神・川西特別(ダ2000m・混ハンデ)のいずれかに向かう考えで、最終的には相手関係を見て判断するつもりです」(中川公成調教師)
2020/3/6 (美浦トレセン)
1日(日)にWコースで5ハロンから併せ、69.5-54.5-41.4-12.4をG前仕掛けて追われ、4日(水)にもWコースで5ハロンから0.6秒追走して併せ、67.1-52.5-38.5-12.9を強目に追い切りました。「前にいる馬を追いかけての時計消化。動きはまだまだですが、やはり前に目標を置くとしっかりと集中して走れますね。重さもありますし息が出来上がるにはもう少し時間が必要でしょう。ギガバッケンの場合には稽古の動きがそのまま競馬にダイレクトにリンクするので、稽古での動きに納得ができるまで本数をこなすだけです」(中川公成調教師)
2020/2/28 (美浦トレセン)
ノルマンディーファーム小野町で順調に調整され、22日(土)に帰厩しました。

27日(木)にWコースで5ハロンから1.6秒追走して併せ、72.3-57.0-42.4-13.9を馬ナリに追い切りました。「見ない間に体型が変わったような気がしますね。胴長のイメージでしたが上背が伸びてつまったように見えて、この期間に成長したのではないでしょうか。戻ってきて一本目の追い切りはさすがにまだ動きにモタつき感はありますし、体に余裕もありますしもう少し絞る必要がありますね。毛ヅヤの感じからも体調の良さは感じられますので、これから問題なく本数を重ねて仕上げていけるでしょう」(中川公成調教師)
2020/2/21 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:563kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間から坂路を2本に増やして、追い切りを織り交ぜながら進めています。大型馬でフットワークも大きいため、元々それほど切れのある動きをするタイプではないですが、それにしてももう少し走りに軽さが出てきて欲しいところです。体調面などはそれなりに上がってきてくれているので、引き続き調教を積み重ねていって中身を詰めていきたいと考えています。
2020/2/14 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:563kg
現在は馬場3周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。だいぶ冬毛が抜けてきて、毛ヅヤも良くなってきました。シルエットもスッキリ見せており、調子は上向きのようです。ただ、馬体の良化にまだ動きが追いついてきていない状態で、トモの緩さが抜けてこないですし、力強さも今ひとつといったところ。少し強めの調教も織り交ぜて、馬に刺激を与えてあげるのもいいかもしれません。脚元に注意しつつ、追い切りを課していこうと思います。
2020/2/7 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:562kg
現在は馬場3周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今週も脚元の皮膚炎は変わりなく、乾いた状態をキープ出来ています。このまま同様のケアを継続しながら調教していけば、帰厩まで頓挫することなく進められそうです。まだ冬毛が抜け始めたところで、毛ヅヤはパッとしないのが正直なところですが、それでも馬体にシャープさが出てきていますし、緩さは抜けつつあります。もう少しトモがパンとしてきて欲しいですが、だいぶ体の使い方が良くなってきたところなので、これから改善してくると思います。
2020/1/31 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:557kg
現在は馬場3周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。心配された皮膚炎は多少モヤモヤすることはあるものの、腫れたりすることなく調教を進められています。昨年末に立ち上げた後は、走行中の力みが抜けてくるまで時間が掛かりましたが、今回休養を挟んだことでまた少し力みがち。トモも重たい感じなので、もっと乗り込みが必要です。右トモに若干疲れが感じられますが、騎乗を控えるほどではないため、様子を見つつ現状のペースで乗っていきます。
2020/1/24 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:563kg
現在は馬場3周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今週からは坂路も併用しており、徐々にペースも上げています。馬自身は元気いっぱいですし、馬体もフックラと見せていて、状態は良さそう。歩様なども問題ありませんが、調教をおこなうと皮膚炎だった箇所が荒れてきてしまうので、そこだけが気掛かりです。前脚の捌き方など繋ぎにダメージを受けやすいフォームなのかもしれませんが、また腫れることのないよう注意しながら進めていきます。
2020/1/17 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:566kg
現在は馬場3周(ハッキング)のメニューで調整しています。皮膚炎による腫れも治まったことから、15日(水)より騎乗を再開しました。1週間ぶりとあってかなり元気な様子です。歩様も特に問題ないので、このままケアをおこないながら乗り進めていく予定です。
2020/1/10 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:564kg
現在は舎飼にとどめて様子見しています。年末年始も順調に乗られていましたが、左前に皮膚炎の症状が出てしまい、脚元が腫れたため、8日(水)からは無理せず一旦休養に充てています。体調面には良化が窺え、精神的にも落ち着きが出てきていたところだったのですが、調教再開まではそれほど時間は掛からない見込みです。ただ、腫れが引いても皮膚炎自体はなかなか治りにくいので、再開後もしっかりケアしながら進めていきます。
2019/12/27 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:559kg
現在は馬場3周と坂路1本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。先週と同じメニューを継続して乗っています。騎乗開始当初はトモがついてこず、全体的にバランスが悪い状態で走っていたため、馬が変に緊張してしまっていたようですが、少しずつ動けるようになり、リラックスして走ることが出来るようになってきました。それでもまだ右に張りながら走るため、トモがしっかりハマってくるのにも時間が掛かりそうです。飼い葉をよく食べながらも馬体は徐々にスッキリとしてきていますし、状態は着実に戻ってきています。
2019/12/20 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:555kg
現在は馬場3周と坂路1本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。少しずつ落ち着いてきてはいるものの、走り始めるとまだ力みが目立ちます。元気がないわけではないのですが、馬体に張りがなく毛ヅヤもあまり良くないので、本調子にはまだほど遠い状態です。体調が上向いてきてくれるまで、ジックリ乗っていこうと思います。
2019/12/13 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:555kg
現在は馬場3周と坂路1本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。周回コースで調教をおこなってきましたが、元気があって走りもしっかりしていることから、今週より坂路に入れ始めました。普段なら促さないと進まないような、良い意味でも悪い意味でもリラックスした馬ですが、今は力みが目立っていてハミの取り方もあまり良くはありません。まだ体力的に余裕がなく、体がついてきてくれないので、気持ちばかり焦ってしまっている状態です。体力が戻ってくるには、もう少し時間が掛かりそうです。
2019/12/6 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:571kg
30日(土)に福島県・ノルマンディーファーム小野町へ移動しました。

現在は馬場3周(ハッキング)のメニューで調整しています。到着後は輸送熱もありませんでしたし、飼い葉の食いも良く、疲れはそこまで感じられなかったため、4日(水)から乗り運動を始めています。緩い状態で馬体の張りツヤは今ひとつですが、歩様など気になるところもないので、これからジックリ乗って休養で落ちた体力を戻していきたいです。
2019/11/30 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:576kg
現在は坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間から坂路の本数を2本に増やしており、徐々にペースも上げています。療養期間が短かったのは幸いですが、さすがに体は緩んでいるため、小野町へ移動するまでは現状メニューでジックリ乗り込んでいく予定です」と話していました。なお、今後はノルマンディーファーム小野町で調整を進めることになり、本日30日(土)に移動しました。
写真
2019/11/15 (オカダスタッド)
現在は坂路1本(上限22~23秒ペース)のメニューで調整しています。今月初旬に獣医による患部のレントゲン検査を実施し、経過が良好なことから丸馬場でロンジング運動と試し乗りをおこなった後、坂路調教を開始しました。脚元や歩様に違和感もないため、スムーズに立ち上げることが出来ています。この後も順調なら徐々にペースを上げていき、今月末には小野町へ移動させたい考えです。
2019/10/31 (オカダスタッド)
馬体重:564kg
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。担当者は「この中間も患部の状態は変わりなく、連日、ウォーキングマシンでの運動をおこなっています。もう少しの間は現状メニューで様子見しながら進め、それから立ち上げようと考えています」と話していました。
2019/10/15 (オカダスタッド)
馬体重:552kg
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。この中間に再度獣医の診察を受け、運動開始の許可も下りたことから、ウォーキングマシンでの運動を開始しました。その後も歩様に問題は見られないため、このまま運動を継続していく予定です。
2019/9/30 (オカダスタッド)
21日(土)に北海道・オカダスタッドへ移動しました。

現在はパドック放牧をおこなっています。担当者は「到着時に馬体と歩様のチェックをおこないましたが、輸送熱や目立った疲れもなく、跛行もありませんでした。その後、数日は舎飼にとどめ、24日(火)に獣医の診察を受けたところ、パドック放牧開始の許可が下りましたので、しばらくはこのまま経過を観察していきます」と話していました。
2019/9/20 (美浦トレセン)
本日、北海道・オカダスタッドに向けて出発しており、明日到着予定です。しばらくの間は患部の回復に努めることになります。
2019/9/18 (美浦トレセン)
★9/14(土)中山・松戸特別(ダ2400m・混ハンデ)内田博幸騎手 結果4着

馬体チェックの際に右前脚の球節部分に熱感があったため、トレセン診療所内でレントゲン検査を行ったところ、球節の内側部分に薄らと骨折線が確認され、右前脚第一指骨の骨折が判明いたしました。
全治3ヶ月の診断(競走復帰できるまでの目安)を受けたため、近日中に北海道・オカダスタッドに移動予定です。

「まずはこのようなご報告をしなければならず申し訳ございません。日曜日に患部に熱感が見られ検査を受けましたが、その時点では骨折の診断は下りませんでした。本日改めて検査を受けたところ右前脚第一指骨の骨折が判明。手術が必要なものではなく自然治癒できる見込みですので、重度ではないのが救いです。このクラスでも勝ちを意識してもいいだろうと感じていただけに、このタイミングでの足踏みは残念ではありますが、いい休息となり成長を促す期間になればと思います」(中川公成調教師)
2019/9/14 (中山競馬場)
馬体重:550kg
★9/14(土)中山・松戸特別(ダ2400m・混ハンデ)内田博幸騎手 結果4着

「前目の位置というのは意識してましたし、外枠だったのもあり砂を被らない、この馬にとっていい位置で運べたとは思います。ズブさのある馬だから早めに仕掛けてはいても、勝負所でもう少し楽にスピードを上げられるといいのだけど…。最後も決してバテてるわけじゃないし、上手いことギアが上げられるようになれば」(内田博幸騎手)
2019/9/12 (美浦トレセン)
☆9/14(土)中山・松戸特別(ダ2400m・混ハンデ)内田博幸騎手

11日(水)にWコースで5ハロンから1.4秒追走して併せ、66.8-52.4-39.2-12.5を馬ナリに追い切りました。「以前より主体としていたWコースでの追い切りに戻して、やはりWでの方がやりやすいなというのは感じています。昨日の稽古でも順調さを感じられる内容で、一度使ったことによって動きに素軽さが出て悪くない状態に持ってくることができました。今回狙っていたハンデ戦は頭数も手頃で競馬がしやすいのではないかと思っています。前走はスタートが大きく影響してしまったので、今回はまずそこをクリアしてから上手く流れに乗りたいですね」(中川公成調教師)
2019/9/6 (美浦トレセン)
4日(水)にWコースで5ハロンから1.4秒先行して併せ、68.4-53.3-39.3-12.8を馬ナリに追い切りました。「使用できるようになったWコースで早速水曜日から走らせました。動き自体はまずまずといったところです。調整過程として特に不安に感じる点はありません。暑い時期に無理をさせなかったのも良かったのか、ギガバッケン自身元気な様子を見せていますよ。今回はハンデ戦というのが魅力な9/14(土)中山・松戸特別(ダ2400m・混ハンデ)に内田ジョッキーで向かうことに落ち着きました。前走が生きてくると思いますので、引き続いての騎乗は大きなプラスとなるはず」(中川公成調教師)
2019/8/30 (美浦トレセン)
★8/24(土)新潟・瀬波特別(ダ1800m・混)内田博幸騎手 結果10着

「中でガタガタうるさくしてたというわけでもなくジッとしてたのですが、トモを落としてのスタートとなってしまい、それが最後まで響くという形に。出だしが勿体なかったのはあるものの、道中、脚を使ってポジションを上げていくようなところは必ず次につながってくるはずです。レース後も大きな変わりはありません。次は節を見ながらという形になるので、はっきりとは定まらないもののハンデ戦というのは魅力に映ります」(中川公成調教師)
2019/8/24 (新潟競馬場)
馬体重:544kg
★8/24(土)新潟・瀬波特別(ダ1800m・混)内田博幸騎手 結果10着

「ゲートの中でガタガタうるさくすることもなく、大人しく待てていたけどトモを落として、結果から見るとそれが大きかったですね。腹をくくってゆったりと、徐々にポジション上げていくイメージで。あとは砂被らない位置を意識して、ゴーサインを出すとしっかり脚使って位置を上げてくれただけに…やはり出だしが悔やまれる。ただ、次に向けてはいい刺激を与えられたはず」(内田博幸騎手)
2019/8/22 (美浦トレセン)
☆8/24(土)新潟・瀬波特別(ダ1800m・混)内田博幸騎手

18日(日)にBコースで5ハロンから0.6秒先行して併せ、72.4-56.4-41.3-13.7を馬ナリに追われ、21日(水)にもBコースで5ハロンから1.1秒追走して併せ、67.6-52.3-38.4-12.7を馬ナリに追い切りました。「先週感じられた動きの重さというのも解消傾向にあり、昨日の追い切りでも悪くない動きを見せてくれています。ギガバッケンも夏の暑さに負けることなく元気な様子ですし、これまで走ったことのない新潟に挑戦してみる価値はあるでしょう。太くも映りませんし、おそらく前々走と同じくらいの馬体重での出走となるのではないかと見ています。毎回のことですが揉まれない位置で運んでもらうよう鞍上には指示するつもりです」(中川公成調教師)
2019/8/16 (美浦トレセン)
ブルーステーブルで順調に調整され、10日(土)に帰厩しました。

15日(木)にBコースで5ハロンから0.6秒先行して併せ、69.5-54.8-40.7-14.0を一杯に追い切りました。「暑さに参る馬も少なくない中、ギガバッケンはそこまで辛そうには映らずに元気な様子を見せています。帰厩一本目はさすがにまだ動きに重さは感じられますが、これはいつもと変わりがあるわけではないので気にする必要はありません。週末にもビシっと追い切りをかけることも検討中で、そこでの動きを見ながら新潟か中山かを決めようと考えています」(中川公成調教師)
2019/8/9 (ブルーステーブル)
馬体重:548kg
「現在はダートコースでダクとキャンターを2600m、坂路1本(20秒ペース)のメニューで調整中です。暑さが厳しくなってきて速いところは控えていますが、暑さに堪えている感じはありませんし、夏バテの兆候もありません。ペースを落とした分体重が増えていますが太目感はありませんし、いい状態を保っていると思いますよ。もう帰厩の声が掛かってもおかしくないはずなので、体調を崩さないように注意していきます」(担当者)
2019/8/2 (ブルーステーブル)
馬体重:540kg
「現在はダートコースでダクとキャンターを4000m、坂路2本(17~18秒ペース、週に1~2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。暑い日が続いているので、あまり負荷を掛けすぎないようにして進めています。ただ、そんなに堪えている感じはしませんし、馬は元気いっぱいで体調面も良好。そろそろ帰厩となるはずなので、しっかり態勢を整えていきます」(担当者)
2019/7/26 (ブルーステーブル)
馬体重:542kg
「現在はダートコースでダクとキャンターを4000m、坂路2本(17~18秒ペース、週に1~2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。急に暑くなりましたが、体調を崩すこともなく元気一杯に調教に取り組んでいます。そうは言えども、これからどんどん暑くなってくると思うので、しっかり様子を見ながら進めていこうと考えていますよ」(担当者)
2019/7/19 (ブルーステーブル)
馬体重:545kg
「現在はダートコースでダクとキャンターを4000m、坂路2本(20秒ペース)のメニューで調整中です。入場時から馬体に傷みはなく、前走はほとんど走っていないのではないかと思える感じです。疲れもありませんし、体調面も良好。今週は馬場が悪かったので坂路メインの調教でしたが、しっかり乗り込まれていますよ。脚取りもしっかりしていますし、このままどんどん進めていけそうです」(担当者)
2019/7/12 (ブルーステーブル)
★7/06(土)中京・濃尾特別(ダ1800m・混)小崎綾也騎手 結果14着
この後は美浦近郊のブルーステーブルで調整を進めることになり、10日(水)に移動しました。

「コース形態がどうというよりも、次から次へとこられるので動きのある展開になりやすい中京は向かなかったように感じましたね。状態的には申し分なかったですし、ジョッキーが感じ取ったようにこのクラスでも通用するはず。展開一つですよね。この後は新潟開催の後半での出走を目指す考えで、一旦息抜きの期間を設けています」(中川公成調教師)
2019/7/6 (中京競馬場)
馬体重:544kg
★7/06(土)中京・濃尾特別(ダ1800m・混)小崎綾也騎手 結果14着

「前半は悪くなかったと思いますが、3、4コーナーあたりで馬に囲まれると苦しくて、砂を被ると嫌がって走り方も変わります。具合も良かったですし、力を引き出せていれば、いいレースができたはず…だからこそ申し訳ない気持ちです。乗り味も良くて、感触からはこのクラスでもやれると思います」(小崎綾也騎手)
2019/7/4 (美浦トレセン)
☆7/06(土)中京・濃尾特別(ダ1800m・混)小崎綾也騎手

6月30日(日)に坂路コースで4ハロン57.9-43.4-28.9-14.4を単走で馬ナリに追われ、7月3日(水)にはBコースで5ハロンから1.2秒追走して併せ、71.0-55.5-40.9-13.9を馬ナリに追い切りました。「馬場状態を確認しながらのダートコースでの追い切り。先週同様に集中した走りで、いい動きでしたね。今週か来週かを考える中で水曜の想定時点で5節がボーダーライン。来週も同様か、1900mとハンデという条件を好んで増える可能性があると考えました。それに何よりもギガバッケン自身の状態がいいことがあって、そういう時に走らせてあげる方が良いだろうと判断して今週の出走としています。今回も念頭に置くことは同じで、砂を被らない揉まれないような位置でレースを運んでもらうつもりです」(中川公成調教師)
2019/6/28 (美浦トレセン)
27日(木)にPコースで5ハロンから1.0秒追走して併せ、66.0-51.6-38.0-12.1を馬ナリに追い切りました。「今週はポリトラックコースでの追い切り。やはり前に馬を置くと集中して走れますし、動きそのものも良かったと言えますよ。Wコースが工事で使用できなくなったためPコースでとなったわけですが、コースを固定してというよりも坂路も使いながら、その時その時に合わせて仕上げていこうと考えています。今のダートコースは変に時計が出て、故障馬も出ているという話ですからコース選びは慎重にならざるを得ませんよね。予定通り登録頭数を見ながら来週か再来週か決める考えです」(中川公成調教師)
2019/6/21 (美浦トレセン)
20日(木)にWコースで5ハロンから1.7秒先行して併せ、71.3-55.2-40.6-13.4を馬ナリに追い切りました。「楽をさせる期間を設けたことにより両前の張りも解消。昨日は軽めの内容ではありましたが、その中でも状態、調子の良さが感じられました。中京2、3週目と考えている中で、7/6(土)中京・濃尾特別(ダ1800m・混)だと優先出走権がありますが、3週目の7/13(土)中京・インディアトロフィー(ダ1900m・混ハンデ)では権利がないんですよね。ハンデ戦の場合にはそこを狙って頭数が多くなることも考えられます。馬の状態はもちろんのこと、2週目の登録頭数を見ながら判断していくつもりです」(中川公成調教師)
2019/6/14 (美浦トレセン)
★6/09(日)東京・3歳上1勝クラス(ダ2100m・混)D.レーン騎手 結果:優勝

「ジョッキーには砂をかぶるとハミの取りが悪くなるから外目の位置で、動き出しは自分のタイミングでと伝えてありました。ギガバッケン自身の力とジョッキーの技量はもちろんのこと、展開も全てが上手く噛み合っての結果でしょう。外からきた16番の馬がスッとそのまま流れて前に行ってくれたのは良かったですよね。いい勝ちっぷりだったと思います。レース後は使ったなりの疲れがあり、両前が張っていますが、いつものように楽をさせる時間を設ければ問題ありません。次は中京の2、3週目を考えています」(中川公成調教師)
2019/6/9 (東京競馬場)
馬体重:550kg
★6/09(日)東京・3歳上1勝クラス(ダ2100m・混)D.レーン騎手 結果:優勝

「かぶされないようなポジションは意識しました。速い時計も苦にせず、追ってからもしっかりと伸びてます。何よりもスタミナがすごいですね」(D.レーン騎手)
写真
2019/6/6 (美浦トレセン)
☆6/09(日)東京 3歳上1勝クラス(ダ2100m・混)D.レーン騎手

2日(日)にWコースで4ハロン55.9-41.5-15.2を単走で馬ナリに追われ、5日(水)にもWコースで5ハロンから0.9秒追走して併せ、68.8-52.6-39.4-12.7をゴール前仕掛けて追い切りました。「昨日も後ろから追いかけ相手にしっかりと先着。抜かしてからは多少フワっとすることはあっても以前ほどではありません。戻ってきてから本数を重ねる毎に動きも良化していますし、ここまでいい具合に態勢を整えられたと思います。状態としては申し分なく、鞍上についても頼もしいレーンジョッキーを確保できました。あとは当日の馬場が気になるところで、前日の雨予報がどれくらい影響するかでしょう」(中川公成調教師)
2019/5/31 (美浦トレセン)
30日(木)にWコースで4ハロン52.4-38.4-12.6を単走で馬ナリに追い切りました。「単走表記にはなっていますが前に目標を置いて後ろから突いてもらいながらの真ん中での追い切り。斤量の軽いジョッキーが跨ったとはいえよく動けていましたよ。一本調子でなく緩急のついた走りができていたのが良かったです。気温が上がっても変わらずに食欲旺盛ではありますが、体も絞れてきています。いい調整課程を描けているのではないでしょうか」(中川公成調教師)
2019/5/24 (美浦トレセン)
19日(日)にWコースで4ハロン58.0-42.4-14.0を単走で馬ナリに追われ、23日(木)にもWコースで6ハロンから0.8秒追走して併せ、81.0-65.1-51.2-37.7-13.1を直線強目に追い切りました。「長めからしっかりと。後ろから追いかける形だと真面目に走れています。ゴール板を過ぎてから相手より前にいかせてみると多少フワフワしますね。ただ、止めてしまうような感じはありません。動きも時計も良かったと思いますし、先週と比較してもモタつき感がなくなっています。6/9(日)東京・1勝クラス(ダ2100m・混)に向けて状態を上げていきましょう」(中川公成調教師)
2019/5/17 (美浦トレセン)
ブルーステーブルで順調に調整され、14日(火)に帰厩しました。

16日(木)にWコースで5ハロンから0.8秒先行して併せ、68.9-54.0-40.1-13.3を直線強目に追い切りました。「昨日は帰厩して一本目というのもあってまだモタモタしたような印象は受けましたね。前に置いたのもあってソワソワともしています。ただ、これがまた刺激となってピリっと変わってくるでしょうし、調整を進めていこうとする中で不安に感じる要素はありません。本数を重ねていきながら仕上げていきましょう」(中川公成調教師)
2019/5/10 (ブルーステーブル)
馬体重:560kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3200m、坂路2本(17~20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。食欲旺盛なので飼い葉を少なめにしているんですが、体重がなかなか減ってきません。絞っていきたいので汗取りを着けて調教をやってみようと思います。体調面は全く問題ありません」(担当者)
2019/4/26 (ブルーステーブル)
馬体重:560kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで4000m、坂路2本(17~20秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。体重がなかなか減らないので調教量を増やしてペースも上げて乗り込んでいますが、絞れてきません。飼い葉量も減らしているので何か対策を考えないとなんですが…。でも逆に体調がいい証拠でもあるので、どんどん進めていきましょう。しっかり負荷を掛けていきますよ」(担当者)
2019/4/19 (ブルーステーブル)
馬体重:558kg
「現在はダートコースでダクとハッキングキャンターで3000m、坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。先週いっぱいはレースの疲れを取って今週から乗り始めました。見た目にも体に余裕があり絞れる余地が残っているので、積極的に乗り込んでいこうと思います。昨日18日(木)に中川師が見て行かれましたが、しっかり動かしていって欲しいと指示を受けています」(担当者)
2019/4/12 (ブルーステーブル)
★4/06(土)中山・4歳上500万下(ダ2400m・混)三浦皇成騎手 結果7着
この後は美浦近郊のブルーステーブルで調整を進めることになり、10日(水)に移動しました。

「枠も枠でしたし狙っていたようなレースはできていないですね。捲くられないようなペースで運んだつもりでも動かれてしまいましたし、展開が読みにくいというのが正直な感想です。それであれば中山なら1800m戦で後ろからいくのもいいかもしれません。いずれにしろ今後に生かすだけです。このタイミングでひと息入れて、東京開催での2100m戦を目指そうと思います」(中川公成調教師)
2019/4/6 (美浦トレセン)
馬体重:562kg
★4/06(土)中山・4歳上500万下(ダ2400m・混)三浦皇成騎手 結果7着

「先頭に立つあるいは外にポジションを構えれば、ハミをグイグイ取って行く気になってくれる。その反面、馬の後ろにつけると妙に落ち着いてしまって動かないタイプですね。向正面からいい感じで上がっていけたのに、何を思ったか裕紀人の馬までマクってきてしまって…。入れ替わりの激しい競馬や急にペースが上がった際に対応できる器用さはないので、ちょっと苦しくなってしまいました。この距離でも長いとは感じず、あくまで展開次第だと思います」(三浦皇成騎手)
2019/4/4 (美浦トレセン)
☆4/06(土)中山・4歳上500万下(ダ2400m・混)三浦皇成騎手

3月31日(日)にWコースで5ハロン74.7-59.0-44.2-15.9を単走で馬ナリに追われ、4月3日(水)にもWコースで6ハロンから1.0秒先行して併せ、85.8-69.8-55.3-41.2-13.8を強目に追い切りました。「追っつけながらも、最後まで真面目にしっかりとした脚取りで動けていましたから悪くありませんよね。1月末にこちらに戻して今回は3戦になりますが、状態に大きな波がなくここまでこれています。前走を終えてから今週を目標としている中で1800も候補として残してはいたものの、2400の方が競馬がしやすいのではないかという考えのもと、本線であった2400m戦に落ち着きました。ある程度動きやすいポジションにつけて、動き出しのタイミングを上手いこと図りたいですね」(中川公成調教師)
2019/3/29 (美浦トレセン)
27日(水)にWコースで6ハロンから0.6秒先行して併せ、84.9-68.7-54.4-40.5-12.9を強目に追い切りました。「促さないとというズブいところというのは変わらずありますけど、動き自体は悪くないんですよね。前走の疲れも抜けてきていますので、状態としても問題なく目標としている来週に向かえるでしょう。2400mと1800mの2つが組まれている中で、私としてはもう一度長い距離に挑戦したいという気持ちが大きいです」(中川公成調教師)
2019/3/22 (美浦トレセン)
★3/17(日)阪神・4歳上500万下(ダ1800m)M.デムーロ騎手 結果3着

「デムーロ自身納得いっていないのか、レース後はブツブツと言ってましたね。枠が枠でしたし、外枠だったらもっと運びやすかったのだろうとは思います。阪神からこちらに戻ってきて大きなダメージはなく、軽くではありますが既に坂路を駆け上がっています。使ったなりの疲れというのを上手いこと取り除いてあげながら次に向かいましょう。現時点では中2週での出走を考えています」(中川公也調教師)
2019/3/17 (阪神競馬場)
馬体重:556kg
★3/17(日)阪神・4歳上500万下(ダ1800m)M.デムーロ騎手 結果3着

「550kgを超す大型馬。出来れば外枠が良かったですね。最内枠で、スタートから最後の直線までスペースが狭いので、なかなか思うように進んでいけなかった。結果からすると、ハナにこだわって逃げた方が良かったのかもしれません。直線に向いて馬群がバラけてからはしっかりと伸びてくれました」(M.デムーロ騎手)

2019/3/14 (美浦トレセン)
☆3/17(日)阪神・4歳上500万下(ダ1800m)M.デムーロ騎手

13日(水)にWコースで5ハロンから1.2秒先行して併せ、71.0-55.7-40.6-13.3を強目に追い切りました。「一度レースを使っていますので、変に無理はさせずにスイッチをいれるようなイメージで追い切っています。動き自体は相変わらず悪くありませんし、皮膚が薄く感じられのは良い兆候ではないでしょうか。2節でそもそも出走できるかというのはありましたが、昨日の想定の段階では三場いずれも出走可能。阪神に関しては7頭でしたので、その時点で候補に加えていました。最終的に頭数は増える形にはなりましたが、心強い鞍上を確保できたのが後押しとなり阪神への出走を決めています」(中川公成調教師)
2019/3/8 (美浦トレセン)
★3/03(日)中山・4歳上500万下(ダ2400m)大野拓弥騎手 結果8着

「内に閉じ込められてしまうよりは、今回でいえば9番の位置で揉まれずに運んだ方がベターでしょう。2400mという距離ならいつでもまくっていけますからね。ジョッキーは今回の距離にいい感触を掴んでいるようですが、次に組まれているのは4/6です。間隔があきすぎな感がありますので状態によっては来週からでも出走のつもりで考えています。大きなダメージもありませんし疲れもとれてきて、昨日から坂路入りしているくらいですから問題なく向かえるでしょう」(中川公成調教師)
2019/3/3 (中山競馬場)
馬体重:566kg
★3/03(日)中山・4歳上500万下(ダ2400m)大野拓弥騎手 結果8着

「いい感じで運べていたのですが、他の馬が動いてからの展開が合いませんでしたね。それだけでなく、前目のどこでも動けるような位置で運んだ方が良かったかもしれません。2400という距離自体はしっくりきますし、1800よりも安定して走れると思いますよ」(大野拓弥騎手)
2019/2/28 (美浦トレセン)
☆3/03(日)中山・4歳上500万下(ダ2400m)大野拓弥騎手

24日(日)に坂路コースで4ハロン56.5-41.1-27.1-13.6を単走で馬ナリに追われ、27日(水)にはWコースで6ハロンから0.6秒追走して併せ、83.7-67.6-52.9-38.9-13.2を一杯に追い切りました。「稽古から動くタイプの相手との長めからの追い切り。しっかり目標をとらえて併入して内容も悪くありませんね。帰厩から本数を重ねていい流れで態勢を整えてくることができましたし、昨日の追い切りもまた刺激になったことでしょう。今回は1800mと2400mという2つの選択肢がある中で、相手関係次第では1800mに向かう気持ちもあったため昨日の想定を見て最終的に決断しました。ジョッキーも2400mの印象も悪くないようでしたし、私としても距離を延ばして挑戦したい気持ちがありましたからね。前目のポジションは狙いたいところで、もちろん揉まれない位置でというのはジョッキーもわかっているはずです」(中川公也調教師)
2019/2/22 (美浦トレセン)
17日(日)に坂路コースで4ハロン55.9-40.9-27.0-13.3を単走で馬ナリに追われ、20日(水)にはWコースで5ハロンから1.2秒追走して併せ、68.0-53.0-38.8-13.1を末一杯に追い切りました。水曜は斤量の軽いジョッキーが跨ったとはいえ動けていて良かったです。このひと追いでまたさらに上向いてきそうな感触はつかめています。今週出走のプランもありましたが、この感触があるもんですから来週を目標に定めました。1800mと2400mが組まれているのも魅力に映りますしね。まだ腹回りに余裕を残していますが、ここのところの暖かさで発汗が促進されて、いい作用をもたらしてくれてると思います」(中川公成調教師)
2019/2/15 (美浦トレセン)
13日(水)にWコースで5ハロンから1.2秒追走して併せ、68.7-53.2-39.6-13.3を強目に追い切りました。「今週は相手の三馬身後ろを追いかけ、直線でしっかり相手に並んでそのままゴール。徐々に重さも取れてきて、いい流れで進められているのではないでしょうか。食欲旺盛でよく食べるのでまだ馬体に余裕がありますね。しっかり食べているのは体調がいいという証拠だと思いますし、食べないよりは調整がしやすいですよ。追い切りでの動き次第では来週の出走も考えています」(中川公成調教師)
2019/2/8 (美浦トレセン)
3日(日)にWコースで5ハロンから0.6秒追走して併せ、71.0-54.8-40.7-13.8を馬ナリに追われ、6日(水)にもWコースで5ハロンから0.4秒追走して併せ、70.7-55.4-40.7-13.3を馬ナリに追い切りました。「ここのところは前に馬を置いて相手をつつく形をとっています。週末の追い切りではまだモタモタとした印象で、水曜はいく分解消されてきた感はあってもまだ重いですよね。相手と並んでもソラを使うことなく集中して走れていて、気持ちの面から見ると順調といって差し支えないでしょう。今の感じですと中山開催の1、2週目での出走となる見込みです」(中川公成調教師)
2019/2/1 (美浦トレセン)
ブルーステーブルで順調に調整され、1月30日(水)に帰厩しました。

1月31日(木)にWコースで5ハロンから0.2秒追走して併せ、71.6-55.8-41.4-14.8を馬ナリに追い切りました。「帰厩後、早速乗り出しを開始。昨日は前にいる馬をつつく形をとり、ギガバッケンは最後まで真面目に走れていて良かったですよ。この週末に速いところをやって、そこでの感触を元に目標とするレースを定めていきましょう」(中川公成調教師)
2019/1/25 (ブルーステーブル)
馬体重:558kg
「現在はダートコースでダクとキャンター4000m、坂路1~2本(20秒ペース、週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き普段は長めからジックリ乗り込みつつ、この中間から時計消化を週2回に増やして更なるペースアップを図っています。体つきは数字以上にスッキリしてきた印象で、馬にも活気があって状態は良さそうですね。早ければ来週にも帰厩の予定で、送り出しに向けて態勢を整えていきます」(担当者)
2019/1/18 (ブルーステーブル)
馬体重:560kg
「現在はダートコースでダクとキャンター4000m、坂路1本(20秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。引き続きこれまでと同様のメニューでジックリ乗り込んでいます。馬体は数字以上に引き締まってきた印象ですが、欲を言えばもうひと絞りしたいところ。脚元には特に問題ありませんし、中川調教師から『近いうちに厩舎へ戻すつもり』と伺っていますので、こちらにいる間は入念に乗り込んで馬体のシェイプアップに励んでいくつもりです。なかなか能力のある馬だと思いますから、きっかけさえ掴めば更なる出世が期待できるのではないでしょうか」(担当者)
2019/1/11 (ブルーステーブル)
馬体重:563kg
「現在はダートコースでダクとキャンター4000m、坂路1本(20秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。まだ体がコロンとしていて、馬体にメリハリがない感じ。脚元は問題ありませんし、体のバランスは良好。今後はしっかり乗り込んでムダ肉を削ぎ落としていきたいですね。シルエットがスッキリして体を上手に使えるようになれば、ひと皮剥けてくると思いますよ」(担当者)
2018/12/28 (ブルーステーブル)
★12/23(祝)中山・3歳上500万下(ダ1800m)大野拓弥騎手 結果7着
この後は美浦近郊のブルーステーブルで調整を進めることになり、26日(水)に移動しました。

「ジョッキーの手がずっと動いてたように、息を入れられる場面がなくて苦しい展開でありました。もう少し時計がかかる馬場が理想ですからね。大野から提案のあった以前も着用したことのあるブリンカーについては、次なる目標の調整過程の中で検討してみましょう。まずは一旦仕切り直すこととします」(中川公成調教師)
2018/12/23 (中山競馬場)
馬体重:558kg
★12/23(祝)中山・3歳上500万下(ダ1800m)大野拓弥騎手 結果7着

「脚を溜められる場面がなく…。ここのところの速い馬場は合わないので、今日はこの馬にとっては厳しかったですね。もしかするとブリンカーをつけてみてもいいかもしれません」(大野拓弥騎手)
2018/12/20 (美浦トレセン)
☆12/23(祝)中山・3歳上500万下(ダ1800m)大野拓弥騎手

19日(水)にWコースで5ハロンから1.0秒追走して併せ、69.5-53.0-39.3-14.1を馬ナリに追い切りました。「昨日はピッタリ併せるのではなく1頭だとフワフワするところがあるので、前に目標を置いて追い切っています。動きも悪くなく既に二走してますので走れる態勢はできていますし、中1週での出走に合わせて順調に調整を進めることができました。ここ最近は馬に真面目さが出てきて、精神面での成長が感じられるだけに、すぐに直結とはいかずともレースで生きてくれば、また一段階上にいけるでしょう」(中川公成調教師)
2018/12/14 (美浦トレセン)
★12/09(日)中山・3歳上500万下(ダ1800m・混)大野拓弥騎手 結果3着

「勝ち上がった舞台で相性がいいのは確かですから、ここで勝ち上がりたかった気持ちがあるのは確かです。幸いなことにレースを終えて馬体や脚元には大きなダメージはありません。ここまで2戦していますが、レースの疲れというのもそれほど感じさせないため、このままもう一戦いくことにしました。鞍上は引き続き大野に依頼してあります」(中川公成調教師)
2018/12/9 (中山競馬場)
馬体重:554kg
★12/09(日)中山・3歳上500万下(ダ1800m・混)大野拓弥騎手 結果3着

「前走も具合が良かったですけど、今回は一度使ったことによりさらに状態が上がってましたね。勝ち上がった舞台だけあって、1800も上手くこなせてたと思います。ちょうど去年の今頃が2着だったので、その上を狙ってたんですけど、着を1つ下げる形になって申し訳ないです」(大野拓弥騎手)
2018/12/6 (美浦トレセン)
☆12/09(日)中山・3歳上500万下(ダ1800m・混)大野拓弥騎手

2日(日)にWコースで4ハロンから1.0秒追走して併せ、54.0-40.5-13.4を馬ナリに追われ、5日(水)にもWコースで5ハロンから0.4秒追走して併せ、70.5-53.9-38.8-12.7を馬ナリに追い切りました。「昨日は予定通りに終いを意識した追い切りを課し、いい内容でまとめられたのではないでしょうか。一度使ったことにより動きに素軽さが出てきていて、状態自体も上向いてきているのを感じますよ。枠次第で作戦も変わってきますが理想は外目の枠。以前よりはましになったとはいえ砂を被るのは好みませんし、揉まれるのも嫌がりますからね。その辺りは前回からの引き続いての騎乗となるためジョッキーも心得ていることでしょう」(中川公成調教師)
2018/11/30 (美浦トレセン)
25日(日)にWコースで5ハロンから1.0秒追走して併せ、69.1-52.9-39.0-13.1を強目に追われ、29日(木)にもWコースで5ハロンから1.0秒追走して併せ、68.8-53.3-39.6-14.2を馬ナリに追い切りました。「追い切りは日曜日、木曜日共にパートナーを追い掛ける形。最後まで集中して走っていましたね。木曜日は上がりが少し掛かりましたが全く無理をしていませんし、前走の最終追い切りもこんな感じでしたから気にする必要はないでしょう。来週の最終追いは終いを伸ばす形で追い切る予定。12/09(日)中山・3歳上500万下(ダ1800m・混)に向けて、引き続き順調そのものです」(中川公成調教師)
2018/11/23 (美浦トレセン)
「先週は軽めにとどめて少し楽をさせましたが、この中間から本格的に乗り込みを開始。一度使ったことでだいぶ体が引き締まってきましたし、何より前進気勢が出てきたのが大きいですね。心身共にピリッとしてきた印象で、大型馬らしく休み明けを一度叩かれて確実に良くなっています。飼い葉食いが旺盛ですし、時季的に汗をかきにくいこともあり、馬体が増え過ぎないように注意しながらしっかり乗り込んでいきたいと思います。12/09(日)中山・3歳上500万下(ダ1800m・混)に向けて、今後はピッチを上げていくつもりです」(中川公成調教師)
2018/11/16 (美浦トレセン)
★11/10(土)東京・3歳上500万下(ダ2100m)大野拓弥騎手 結果3着

「砂を被ることなく、揉まれずにスムーズな競馬ができましたね。ジョッキーもうまく乗ってくれて、この馬の持ち味をフルに生かすことができたと思います。休み明けでこれだけやれれば上等。500万クラスに目処が立ったという意味でも収穫の多い一戦だったのではないでしょうか。幸いレース後も特に変わりはなく順調そのもの。せっかく権利も取ったことですし、在厩して続戦させたいと思います。次走は12/09(日)中山・3歳上500万下(ダ1800m・混)の予定で、鞍上は大野君を確保しました。昨年末に初勝利を挙げた得意のコースでもうひと押しを期待したいですね」(中川公成調教師)
2018/11/10 (東京競馬場)
馬体重:544kg
★11/10(土)東京・3歳上500万下(ダ2100m)大野拓弥騎手 結果3着

「前に行く馬がいなければ逃げてもいいかと思ってましたが、他にも主張する馬がいたので無理はしていません。前々の競馬で、砂を被らないようにというのを意識したのもあって、馬もハミをとってしっかり走ってくれています。休み明けでも渋太くがんばってくれましたし、一度使っての次も楽しみですね」(大野拓弥騎手)
2018/11/8 (美浦トレセン)
☆11/10(土)東京・3歳上500万下(ダ2100m)大野拓弥騎手

7日(水)にWコースで5ハロンから1.0秒追走して併せ、68.2-53.5-39.8-13.9を馬ナリに追い切りました。「水曜日は前日の雨でウッドチップがかなり荒れていましたし、1週前にしっかり追っていることもあり、最終追い切りは無理せず馬ナリで。馬場状態を考慮するとジョッキーを乗せて負荷を掛けるのは得策ではないと思い、今回は敢えて乗せませんでした。それでも時計的には上々で、僚馬を追い掛ける形でしたので最後まで集中して走っていましたね。このひと追いで概ね態勢は整ったのではないでしょうか。大型馬の休み明けゆえ、本来はひと叩きした方がベターかもしれませんが、ここまで入念に乗り込んできましたし、頭数も比較的落ち着いてレースはしやすいはず。どんな競馬をしてくれるのか楽しみにしています」(中川公成調教師)
2018/11/2 (美浦トレセン)
28日(日)にWコースで4ハロンから1.9秒追走して併せ、52.5-39.5-12.6を馬ナリに追われ、31日(水)にもWコースで5ハロンから0.8秒追走して併せ、68.6-52.8-38.4-13.0を末一杯に追い切りました。「日曜、水曜とパートナーを追い掛けましたが、やはりこの形だと最後まで集中して走ってくれますね。最後の1ハロンも自分からハミを取っていたように、いい追い切りを消化できたと思います。状態面はひと追いごとに上向いている印象で、先週のレースをパスしたのは正解だったのではないでしょうか。予定通り、来週の11/10(土)東京・3歳上500万下(ダ2100m)に向かうつもりです。なお、懸案だった鞍上は大野君に決まりました。タイミングが合えば来週の追い切りに跨って感触を確かめてもらおうと思っています」(中川公成調教師)
2018/10/26 (美浦トレセン)
21日(日)にWコースで5ハロンから1.0秒追走して併せ、69.4-53.8-40.5-13.7を馬ナリに追われ、24日(水)にもWコースで5ハロンから1.2秒先行して併せ、68.1-52.4-38.9-12.9を強目に追い切りました。「水曜の追い切りは乗り手が途中でステッキを落としてしまい、そこで気を抜いてしまいましたね。それでも手綱をしごいてしっかり動かすことができましたし、時計的にも悪くありません。このひと追いで更に良くなるのではないでしょうか。今週の10/27(土)東京・3歳上500万下(ダ2100m)が比較的頭数も少なく、相手関係を見ても魅力ではあったのですが、やはりもう何本か追っておきたい…というのが正直なところ。万全を期して再来週の11/10(土)東京・3歳上500万下(ダ2100m)に向かう予定でいます。なお、鞍上については鋭意調整中です」(中川公成調教師)
2018/10/19 (美浦トレセン)
14日(日)にWコースで4ハロン60.0-44.1-14.0を単走で馬ナリに追われ、18日(木)にもWコースで5ハロンから0.8秒追走して併せ、71.7-55.8-41.6-13.9を馬ナリに追い切りました。「昨日の追い切りは3頭併せで、前の2頭を後ろから追い掛ける形。やはり前に馬を置くと最後まで集中して走りますね。今週末にも時計を出す予定で、出走に向けて徐々にピッチを上げていくつもりです。なお、復帰戦となる具体的なレースに関しては、今週末や来週の動きを見てから決めたいと思います。大型馬の休み明けですし、やはりある程度仕上げておかないと実戦で動けませんからね。相手関係も含め、番組選びは慎重におこないたいものです」(中川公成調教師)
2018/10/12 (美浦トレセン)
ノルマンディーファーム小野町で順調に調整され、11日(木)に帰厩しました。

「前走時に捻ったと思われる左飛節の腫れを含めた不安な箇所はすっかり解消。馬体にも張りが出て逞しさが出てきた印象です。思いのほか休養が長引き、図らずも夏場は全休する形になってしまいましたが、いい休養になったと前向きに捉えたいですね。馬場入り初日の今日は運動中にイレ込むなどヤンチャな面を見せていたとはいえ、以前に比べればだいぶマシ。気性面の成長も窺えます。ひとまず今日は坂路で軽く一本乗りましたが、今週末に15-15のところをやってみて、その動きを見てから今後のスケジュールを決めるつもりです」(中川公成調教師)
2018/10/5 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:540kg
現在は馬場3周と坂路1本、もしくは馬場2周と坂路1本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。来週に帰厩予定とのことなので、引き続きビッシリ攻めています。ここまで強い負荷を掛けながらも飼い葉食いの落ちや、バテている様子は全く見受けられません。トモの入りも何の問題もなく、フォームも安定しています。先週末と今週2日(火)には15秒ペースの追い切りを消化しており、息遣いも良化傾向。今後トレセンでの調教に耐えられるだけの下地は固まってきたので、帰厩日まで怪我などないよう進めていきます。
2018/9/28 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:539kg
現在は馬場3周と坂路1本、もしくは馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。ここまで周回コース主体で乗り込んできましたが、体力面や体の使い方も良化し、トモの不安も解消されたことから、今週より変則で坂路を2本登坂する日を設けています。パワータイプの本馬ですが、まだまだ伸びしろを感じさせますし、この先どこまで変わってくるか楽しみ。今後は追い切りも織り交ぜていく予定ですが、早ければ来週にも帰厩の予定とのことなので、いい状態で戻せるよう態勢を整えていきます。
2018/9/21 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:545kg
現在は馬場3周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。引き続き馬体面で不安な箇所はなく、今週より周回コースでの乗り込み量を増やしています。坂路でのフォームのバランスは日々良化しており、ここにきて芯がしっかりしてきた印象。騎乗担当者も「背中の感触は抜群に良いので、この先もっと走ってくれる馬だと思います」と話しており、今回の休養を機に更に成長してくれるのではないかと期待しています。今後は追い切りを織り交ぜながら、帰厩へ向け負荷を強めていく予定です。
2018/9/14 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:543kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。先週同様のメニューで進めていますが、促しながらしっかり走らせていることもあり、気合乗りは良くなってきました。飛節にも不安はなく、坂路にも入れていますが、馬体重を絞りたいことも含め、今回は周回コースでビッシリ乗り込むメニューで進めていきたいと思います。来週からは周回コースを増やし、心肺機能の向上をおこないつつ、週末からは15秒ペースでの追い切りも織り交ぜたメニューに移行していく予定です。
2018/9/7 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:540kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。坂路を毎日1本登坂しながらも飛節の不安はなく、順調にペースアップが出来ています。ただ、気合乗りに乏しいところがあり、促していないと気を緩めてしまう面があるので、しっかり馬を動かせる騎乗者を担当にしています。来週以降も体を引き締めていくことと、気性面をもう少しピリッとさせることに重点を置いた調教をおこなっていく予定。念のため、飛節の状態も確認しながら進めていきますが、順調なら再来週には15秒ペースの追い切りを織り交ぜていけるのではないかと考えています。
2018/8/31 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:540kg
現在は馬場2周と坂路1本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。今週も先週同様に周回コース中心のメニューを消化してきましたが、飛節の悪化もないことから、本日31日(金)より坂路も1本登坂させています。調教後の歩様も問題なく、この分なら次の段階へ進めても大丈夫そうです。騎乗を開始してからここまでは順調にきていますが、楽をさせていた分、動きはまだ重苦しい感じなので、しっかり動かして体を引き締めていきたいと思います。
2018/8/24 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:540kg
現在は馬場3周のメニューで調整しています。先週と同様の内容で進めていますが、左飛節は騎乗開始後も悪化することはなく、ここまでは順調に立ち上げることが出来ています。かなり体に余裕があることと、飛節への負担を考慮し、まだ坂路入りは控えていますが、来週いっぱいくらいまで現状メニューを継続して問題がなければ、坂路を交えたメニューへと移行し、少しずつペースを上げていく予定です。
2018/8/17 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:543kg
現在は馬場3周のメニューで調整しています。トレッドミルではキャンターも異常はなかったため、昨日16日(木)より騎乗を開始しました。騎乗担当者によると「常歩から速歩への移行は問題ないものの、キャンターになるとトモを落とすことがありました。長く休んでいるので、力が入りにくいところもあったのかもしれません。ただ、このまま進めていけば、徐々にしっかりしてくるのではないでしょうか」とのことで、来週以降も状態を見極めながら進めていきたいと思います。
2018/8/10 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:547kg
現在はウォーキングマシン1時間とトレッドミルで調整しています。トレッドミルでダクを進めても歩様は気にならないことから、8日(水)よりキャンターも進めています。その後も特に問題はないことから、来週中にも一度角馬場で騎乗し、歩様を確認する予定です。トレッドミルでのフリー走行と、人が騎乗してでは脚元への負担の掛かり方はまた違うと思うので、乗ってみないとわからない部分も多いですが、歩様に違和感がないようであれば、復帰へ向けて進めていきたいと思います。
2018/8/3 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:550kg
現在はウォーキングマシン1時間とトレッドミルで調整しています。今週よりトレッドミルを開始し、ダク運動までおこなっています。飛節自体の腫れや触診反応はなく、歩様も特に問題なさそう。強いて言うなら、常歩からダクへの一歩目が浮かしているかなと言ったくらいです。ダクに入ってしまえば問題ないのですが、念のため状態を見ながら進めていきたいと思います。
2018/7/27 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:560kg
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。今週も運動のみのメニューですが、左飛節は特に異常ありません。もう少しスッキリしてくるのかもしれませんが、現状でもトレッドミルへの移行は可能だと思われるので、来週前半からダクまでの運動を開始してみるつもりです。その際の歩様次第で今後の方針を考えたいと思います。
2018/7/20 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:545kg
14日(土)に福島県・ノルマンディーファーム小野町へ移動しました。

現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。予定通り14日(土)にこちらへ到着し、この中間は朝の比較的涼しい時間帯にウォーキングマシンで歩かせています。左飛節は触診では痛がるような素振りもなく、それほど心配はなさそうですが、しばらくは慎重に経過を観察しつつ、運動再開の時期を探っていきたいと思います。
2018/7/13 (NSR)
馬体重:550kg
今後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整を進めていくことになり、明日14日(土)に移動予定です。

「現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。左飛節に関しては先週に比べて良化は窺えるものの、若干ながら張りが残っている状態。12日(木)に獣医の診察を受けたところ、『触診上は問題ないが、動く箇所なので無理はしない方がいい。2~3週間程度は様子を見た方がいい』とのことでした。歩様には出ていませんし、相変わらず体調自体は良さそうなので乗りたくなるところですが、やはり無理は禁物。明日14日(土)にノルマンディーファーム小野町へ移動予定で、しばらくは患部の治療と経過観察に努めることになると思います」(担当者)
2018/7/6 (NSR)
馬体重:548kg
「現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。改装の効果もあってか、左後脚を浮かせるような感じの走りは解消。この中間は20秒ペースまで上げて徐々にペースアップを図っていたのですが、5日(木)の朝に左飛節が若干熱を持っていたため、大事を取ってウォーキングマシン運動のみにとどめています。今日6日(金)に獣医の診察を受けたところ、『骨には異常なく、歩様にも問題はないが、前走のレース中に捻った箇所がぶり返しているようなので、今は無理をしない方がいい』という所見でした。毛ヅヤが冴えて体調自体は良さそうなだけに残念ですが、ひとまずウォーキングマシン運動にとどめて経過観察に努めます」(担当者)
2018/6/29 (NSR)
馬体重:545kg
23日(土)にNSRへ移動しました。

「現在は屋外ダートコースでダクとハッキングキャンターを2400mのメニューで調整中です。左飛節の腫れ自体は引いていますし、痛みもなく歩様も問題ないことから、2~3日はウォーキングマシン運動のみにとどめた後に騎乗運動を再開。ただ、左後肢を浮かせたまま4~5完歩ほど走ることがあるのは気になるところ。前回滞在時にはもちろん見られませんでしたし、腫れていた左の飛節とは直接関係なさそうで、原因が特定できていない現状。ちょうど改装(蹄鉄を打ち替えること)の時期を迎えているだけに、もしかしたら蹄が気になっているのかもしれません。今日29日(金)に削蹄と蹄鉄の打ち替えをおこなったので、これで解消してくれればいいのですが…。いずれにしても休ませるほどではありませんから、様子を見ながら乗り込みを進めていきます」(担当者)
2018/6/22 (美浦トレセン)
★6/16(土)東京 3歳上500万下(ダ2100m)西田雄一郎騎手 結果7着
この後は美浦近郊のNSRで調整を進めることになり、明日23日(土)に移動予定です。

「ジョッキーも言うように、前走はかなり外を回らされるロスがありました。それに時計も速かったですしね。それを考えれば悪くない内容で、古馬相手でも目処は立ったといえるのではないでしょうか。ただ、レース中に捻ったのか左の飛節が腫れていて、速歩になると若干ぎこちなさがあったため、この中間は軽い運動にとどめて経過観察していました。今日22日(金)に獣医師の診察を受けたところ、『歩様違和はなく、触診上も大きな問題はない。動く箇所なのでどうしても腫れが残ってしまうが、少し楽をさせれば完治するだろう』という所見だったことから、近郊に一旦出してリセットさせてください。順調なら次の福島開催の予定でしたが、2回新潟開催(7/28~)に目標を切り替えます」(中川公成調教師)
2018/6/16 (東京競馬場)
馬体重:542kg
★6/16(土)東京 3歳上500万下(ダ2100m)西田雄一郎騎手 結果7着

「本当はもう一列前でレースを運びたかったのですが、前の馬が外に張ってきて余計に外々を回らされるロスが響きましたね。それに、脚抜きのいい馬場で時計も速かっただけに、パサパサに乾いた馬場で時計がある程度掛かってくれれば、もっとやれたと思います。距離については問題ありませんが、距離が長くなると隙ができるというか、ヤネが上で休むと馬も気を抜いてしまうので、むしろ千七や千八あたりで馬を怒らせながら運んだ方がいいかもしれません。確実に力を付けていますし、気性面も以前に比べれば成長が窺えます。今回の競馬で新たな課題や教えるべきところも発見できたので、そういう意味でも収穫のある競馬だったのではないでしょうか」(西田雄一郎騎手)
2018/6/14 (美浦トレセン)
☆6/16(土)東京 3歳上500万下(ダ2100m)西田雄一郎騎手

10日(日)にWコースで5ハロンから0.6秒追走して併せ、70.5-54.2-40.4-13.3を馬ナリに追われ、13日(水)にもWコースで4ハロンから1.5秒追走して併せ、51.2-37.8-12.7を一杯に追い切りました。「水曜日の追い切りは、予定通り西田君に跨ってもらってビッシリやりました。パートナーを大きく追走する形でしたが、相手を交わしてからも最後まで集中して走っていたように気性面の成長が顕著。だいぶ若さが抜けてきましたね。動き自体も上々で、概ね態勢は整ったと思います。西田君も『コーナーでブレるような感じがなくなってきましたね。しっかりハミを取って集中して走っていましたし、以前に比べてだいぶ良くなってきていると思います』と感触を掴んでくれた様子。初めての古馬相手、ましてや降級馬もいて相手関係は決して楽ではありませんが、距離延長は歓迎ですし、自身の成長を加味すればそれほど差はないと見ています。どんな競馬をしてくれるのか楽しみですね」(中川公成調教師)
2018/6/8 (美浦トレセン)
3日(日)にWコースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、52.7-38.9-13.0を馬ナリに追われ、6日(水)にもWコースで5ハロンから0.7秒追走して併せ、67.5-52.2-39.4-13.3を馬ナリに追い切りました。「水曜日の追い切りはマズマズの動き。やはりパートナーを追い掛ける形だと集中して走ってくれますね。ひと追いごとに状態は確実に上向いている印象ですが、ちょっと腹回りに余裕が出てきたため、今週末もある程度負荷を掛けて馬体を引き締められればと思っています。なお、鞍上は西田君に決定しており、来週の追い切りにも跨ってもらう予定です」(中川公成調教師)
2018/6/1 (美浦トレセン)
27日(日)にWコースで5ハロンから0.8秒追走して併せ、69.8-53.9-39.6-13.1を馬ナリに追われ、30日(水)にもWコースで4ハロンから0.6秒追走して併せ、55.2-40.0-12.9を直線一杯に追い切りました。「水曜日の追い切りは僚馬を追い掛ける形。帰厩してから2本目ということもあり、まだ動きには若干重さがありますが、追い掛けた分だけ最後まで集中して走っていました。疲れや硬さが出ることもなく、ここまでは順調そのもの。今週末にもある程度やるつもりです。6/16(土)東京・3歳上500万下(ダ2100m)での出走に向けて、徐々に態勢を整えていこうと思っています」(中川公成調教師)
2018/5/25 (美浦トレセン)
NSRで順調に調整され、24日(木)に帰厩しました。

「外厩でも緩めず乗り込んでいましたし、それでいて硬さが出ることもなく、心身共にリフレッシュしていい形で送り出してもらったと思います。馬体もだいぶしっかりしてきた印象で、放牧前に比べて確実に良くなっているのではないでしょうか。早速今日から馬場入りを再開しており、6/16(土)東京・3歳上500万下(ダ2100m)での出走に向けて調整を進めていくつもりです」(中川公成調教師)
2018/5/18 (NSR)
馬体重:540kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2400m(17~18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。予定通り12日(土)に15-15の時計消化をおこないました。硬さもなく反動は見られないことから、今週から週2回に増やして更なるペースアップを図っています。気持ちの面でもだいぶピリッとしてきた印象。先日、視察に訪れた中川調教師も『だいぶいい体つきになってきたね』と目を細めていました。今後は送り出しに向けてしっかり態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2018/5/11 (NSR)
馬体重:540kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2400m(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も至って順調。9日(水)に15-15の時計消化をおこなう予定でしたが、雨で馬場が悪かったため自重しました。今週末に改めて時計を出すつもりです。硬さもありませんし、とにかく馬体の張りが良く、付くべきところにいい筋肉が付いてきた印象。自分からハミを取って行くくらいの前向きさも出てきました。今後、15-15を数本やれば概ね態勢は整いそうで、送り出しに向けてこのまま進めていくつもりです」(担当者)
2018/5/4 (NSR)
馬体重:540kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2400m(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。徐々にペースアップを図っており、硬さが出ることもなくここまでは至って順調。毛ヅヤが良く、相変わらず体調も良さそうですね。来週からは15-15の時計消化を織り交ぜて、乗り込みを更に強化するつもり。このまま順調に進めることができれば、あと2~3週間くらいで厩舎へお返しできるのではないでしょうか」(担当者)
2018/4/27 (NSR)
馬体重:543kg
「現在は屋外ダートコースでダクとキャンターを2400m(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。先週末から騎乗運動を再開しましたが、硬さが出ることもなく順調にメニューを消化しています。先週まで楽をさせたことで筋肉痛もすっかり解消したようで、馬体にも張りが出て全体的に良化傾向。この中間に来場された中川調教師にも、回復ぶりをしっかり確認していただきました。筋疲労予防のサプリを飼い葉に混ぜるなど工夫しつつ、更なるペースアップのタイミングを探っていくつもりです」(担当者)
2018/4/20 (NSR)
馬体重:540kg
「現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。首、肩周りを中心に張りがあったため、入場から1週間程度はマシン運動のみにとどめて楽をさせました。その甲斐あって、硬さはだいぶほぐれてきた印象。見栄えのする体つきで、毛ヅヤがいいので体調自体はいいと思います。今週末から馬場入りを再開する予定。まずは乗った感触を確かめたうえで、問題がなければ徐々にペースアップを図るつもりです。体調はいいので、軌道に乗るまでにそれほど時間は掛からないと思います」(担当者)
2018/4/13 (NSR)
★4/08(日)阪神・3歳500万下(ダ1800m)荻野極騎手 結果7着
今後は美浦近郊のNSRで調整を進めることになり、12日(木)に移動しました。

「(1分)52秒台という時計の速い決着ではさすがに分が悪かった印象。パサパサに乾いた、ある程度時計の掛かる馬場が理想でしょう。それでも勝ち馬からコンマ6秒とそう差はありませんでしたし、最後まで集中して走ってくれたのは収穫だったと思います。ただ、美浦に帰ってきてからは若干スクみ気味で、獣医さんに診てもらったところ『全身に筋痛症状が出ている』とのこと。目一杯走った反動が少なからず出ているのでしょう。外厩に一旦出して疲れを抜いてあげるのが得策と考え、昨日12日(木)に移動しました。短期で帰厩できるようなら、5/19(土)東京・3歳500万下(ダ2100m・混)を目指すつもり。間に合わなかった場合は、古馬との混合戦にはなりますが3回東京開催(6/2~)のダ2100m戦に矛先を向けようと思っています。これまでのレース内容からも、距離延長は間違いなくプラスに出るはず。適鞍に万全の態勢で臨みたいですね」(中川公成調教師)
2018/4/8 (阪神競馬場)
馬体重:530kg
★4/08(日)阪神・3歳500万下(ダ1800m)荻野極騎手 結果7着

「前回乗せていただいた時よりも走りがしっかりしていて、馬は本当に良くなっていますね。だいぶレースにも慣れてきた印象で、道中でハミを取ったり取らなかったという気ムラな面も見せませんでした。砂を被っても大丈夫。ただ、勝負所でペースが上がると置かれてしまって…。それでも最後までバテていませんし、着差もそれほどなかったので、このクラスでもやれる目処は立ったと思います」(荻野極騎手)
2018/4/5 (美浦トレセン)
☆4/08(日)阪神・3歳500万下(ダ1800m)荻野極騎手

1日(日)にウッドチップコースで5ハロンから0.5秒追走して併せ、70.1-54.1-39.6-13.3を馬ナリに追われ、4日(水)にもウッドチップコースで追い切りました。「水曜は濃霧のため時計を採時することはできませんでしたが、やはりパートナーを追い掛ける形なら真面目に走ってくれますね。手綱を取った菅原君も『変にハミを抜くことなく、最後まで集中して走っていました』とコメントしてくれました。ここまで至って順調ですし、久々を一度叩いた上積みも見込めるでしょう。4/08(日)中山・3歳500万下(ダ1800m・混)と、4/08(日)阪神・3歳500万下(ダ1800m)の両睨みでメンバーを吟味した結果、阪神の方が与し易いと判断して遠征することにしました。ジョッキーも騎乗経験があって癖を掴んでいる荻野極君を確保できたのは何より。色々と注文が付くのは確かですが、能力を遺憾なく発揮することができれば500万クラスでも十分やれるはず。変わり身を期待したいですね」(中川公成調教師)
2018/3/30 (美浦トレセン)
28日(水)にウッドチップコースで5ハロンから0.7秒先行して併せ、56.1-41.1-28.0-14.6を馬ナリに追い切りました。「水曜日の追い切りは今週出走予定の馬と併せました。今回はパートナーを先導する形になりましたが、前半は4~5馬身離れていたこともあって集中力を欠いていた印象。最後は鞍上に促されて何とか併入に持ち込みましたが、元々それほどやる予定もなかったので問題はないと思います。一度レースを使っているので速い時計は必要ありませんし、今週末と来週の2本で概ね態勢は整うでしょう。4/08(日)中山・3歳500万下(ダ1800m・混)と、4/08(日)阪神・3歳500万下(ダ1800m)の両睨みに変わりはありませんが、西田君がこの日は福島で騎乗予定があるため、鞍上については鋭意調整中です」(中川公成調教師)
2018/3/23 (美浦トレセン)
★3/17(土)中山・3歳500万下(ダ1800m・混)西田雄一郎騎手 結果11着

「前2走は砂を被らずにスムーズな競馬ができての結果。今回は前半からまともに砂を被ってしまい、早々に自分からやめる悪い癖が出てしまいました。クラスが上がると当然周りの馬も速い訳で、今回のようなキックバックを受ける形になっても集中力を切らすことなく走れるかが今後の課題ですね。休養前が重め残りの状態で使っていただけに、馬体重や体つきに関しては今回くらいスッキリしていた方がむしろいいと思います。レース後は使ったなりの疲れこそ見られたものの、少し楽をさせてすっかり回復。今日も坂路で1本乗りました。引き続き在厩させて続戦するつもりです。次走については、現時点では4/08(日)中山・3歳500万下(ダ1800m・混)と、4/08(日)阪神・3歳500万下(ダ1800m)の両睨みで考えています。現状では頭数が少ないに越したことはないでしょうし、相手関係も吟味したいところ。輸送を苦にするタイプでもないので、仮に阪神に向かうことになったとしても心配は要らないと思います」(中川公成調教師)
2018/3/17 (中山競馬場)
馬体重:526kg
★3/17(土)中山・3歳500万下(ダ1800m・混)西田雄一郎騎手 結果11着

「速い馬がいたので無理はしませんでしたが、砂を被ると嫌がってしまって…。1コーナーあたりでもうやめようとしていましたからね。休み明けのせいか、前回までに教えたことをちょっと忘れているのかもしれません。向正面でペースが上がった時に外に出そうと思えば出せたのですが、今後のことを考えてそのまま我慢させました。それでも最後は盛り返していましたし、体が減っていたとはいえ馬はすごく良くなっています。今日の経験も今後の糧になると思うので、決して悲観する内容ではありませんよ」(西田雄一郎騎手)
2018/3/15 (美浦トレセン)
☆3/17(土)中山・3歳500万下(ダ1800m・混)西田雄一郎騎手

11日(日)にウッドチップコースで4ハロンから0.6秒追走して併せ、56.3-40.6-13.6を馬ナリに追われ、14日(水)にもウッドチップコースで5ハロンから0.6秒追走して併せ、65.9-50.8-37.5-12.8を馬ナリに追い切りました。「水曜日の追い切りは併走馬を追い掛ける形で、最後は半馬身から1馬身ほど先着。西田君も『最後までハミを取って、しっかり走っていましたよ』と好感触だった様子。少しずつではありますが、レース経験を積みながら着実に成長していますね。時計、動き共に上々で、出走態勢は概ね整ったと見て良さそうです。かなり骨っぽいメンバーが揃っただけに、今後に向けて試金石の一戦になるでしょう。久々を差し引いても状態面は良く、鞍上も手の内に入れている西田君。どんな競馬をしてくれるのか楽しみにしています」(中川公成調教師)
2018/3/9 (美浦トレセン)
4日(日)にウッドチップコースで4ハロンから0.8秒追走して併せ、53.7-39.3-12.8を馬ナリに追われ、7日(水)にもウッドチップコースで5ハロンから0.8秒追走して併せ、68.8-52.7-38.4-13.3を馬ナリに追い切りました。「水曜日は余力残しでいい時計が出ましたし、動きにもだいぶ素軽さが出てきた印象。跨った菅原君も『フワフワすることなく、真面目に走っていましたよ』と言っていたので、だいぶ気持ちも入ってきたのではないでしょうか。来週の3/17(土)中山・3歳500万下(ダ1800m・混)に向けて、ここまでは順調そのもの。来週の最終追い切りは西田君が騎乗する予定で、実戦の前に感触を確かめてもらおうと思っています」(中川公成調教師)
2018/3/2 (美浦トレセン)
2月25日(日)にウッドチップコースで5ハロンから1.1秒追走して併せ、68.2-51.9-38.4-13.6を馬ナリに追われ、28日(水)にもウッドチップコースで5ハロンから1.9秒先行して併せ、69.3-53.7-39.6-13.0を馬ナリに追い切りました。「水曜日の追い切りはパートナーと離れた分、集中力を欠いてフワフワしてしまいましたが、追い切りを重ねるごとに動き自体はだいぶ良くなっています。もうあと数本追い切れば、概ね態勢は整うでしょう。次走については、3/17(土)中山・3歳500万下(ダ1800m・混)を本線に考えています。鞍上は引き続き西田君にお願いしたいと思っていますが、この時期は中京で騎乗していることが多いので、彼が小倉から戻ってくる来週に打診してみるつもりです」(中川公成調教師)
2018/2/23 (美浦トレセン)
18日(日)にウッドチップコースで5ハロンから1.0秒先行して併せ、71.7-55.9-41.1-14.2を馬ナリに追われ、22日(木)にもウッドチップコースで5ハロンから1.3秒先行して併せ、70.2-53.8-39.6-13.7を強めに追い切りました。「動き自体は決して悪くありません。馬自身もまだ余力はあるけど、物見をするなど集中力が今ひとつ。その辺は休養前と変わらないですね。ただ、こういう性格の馬ですし、実戦で真面目に走ってくれればいいので、それほど気にする必要はないのかもしれません。入厩してから時計はまだ2本だけ。今後の具体的なスケジュールについては、もう少し追い切り本数を重ねてから考えたいと思います」(中川公成調教師)
2018/2/16 (美浦トレセン)
クリーンヒットホースランチで順調に調整され、15日(木)に入厩しました。

「何とか検疫が確保できて、昨日帰厩しました。牧場には毎週、視察に行っていましたが、疲れはすっかり取れてリフレッシュされていますし、体つきもだいぶ良くなってきましたね。集中力に欠ける面は相変わらずなので、気性面の成長があればもっと良くなるでしょう。早速、今日9日(金)から馬場入りを開始しています。ひとまず、2回中山開催(2/24~)での出走を目標に調整を進めていくつもりです」(中川公成調教師)
2018/2/9 (クリーンヒットホースランチ)
「現在は角馬場でハッキングキャンターの後、ダートコースをキャンターで4000m(18~20秒ペース)、坂路コース2本を週2回(15~16秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き先週と同様のメニューで乗り込みを進めています。6日(火)に15-15の時計消化をおこないました。楽な感じで上がってはいるのですが、相変わらず集中力に欠けますね。気性面が成長して、最後まで集中して走れるようになれば、もっと良くなるのではないでしょうか。中川調教師からは『検疫が取れれば来週にも厩舎へ戻すつもり』と聞いていますので、送り出しに向けて態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2018/2/2 (クリーンヒットホースランチ)
「現在は角馬場でハッキングキャンターの後、ダートコースをキャンターで4000m(18~20秒ペース)、坂路コース2本を週2回(15~16秒ペース)のメニューで調整中です。今週から坂路での調教を増やして負荷を掛けていますが、走り自体には力強さを感じさせる反面、どうも集中力が今ひとつ。併せ馬でも相手に合わせて走っている感じで、前向きさに欠けますね。脚元を含めて他に気になるところはありませんし、先日視察に訪れた中川調教師も『馬房の都合がつき次第、入厩させようと思っているので、どんどん進めていって欲しい』とおっしゃっていましたので、しっかり乗り込みながら送り出しに向けて態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2018/1/26 (クリーンヒットホースランチ)
「現在は角馬場でハッキングキャンターの後、ダートコースをキャンターで4000m(18~20秒ペース)、坂路コース1~2本を週2回(15~16秒ペース)のメニューで調整中です。大雪の影響で24日(水)、25日(木)は軽めの調整程度にとどめていますが、先週とほぼ同じメニューで順調に乗り込んでいます。先週末に併せ馬で15-15の時計消化をおこなった際も、楽な感じで坂路を駆け上がっていました。動きにも素軽さが出て、状態は確実に上向いていると思います。今後はいつ声が掛かってもいいように、引き続き乗り込みを進めていくつもりです」(担当者)
2018/1/19 (クリーンヒットホースランチ)
「現在は角馬場でハッキングキャンターの後、ダートコースをキャンターで4000m(18~20秒ペース)、坂路コース1~2本を週2回(15~16秒ペース)のメニューで調整中です。背腰の疲れはすっかり解消したことから、この中間から更なるペースアップを図って負荷を掛けています。休ませて馬体が緩んだせいか動きが若干重い印象ですが、その辺もこれからしっかり乗り込んでいけば解消するはず。今日19日(金)に中川調教師が視察に訪れ、『入厩に向けて、乗り込みをどんどん進めていって欲しい』とおっしゃっていました。引き続き入念に乗り込みつつ、送り出しに向けて態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2018/1/12 (クリーンヒットホースランチ)
「現在は角馬場でハッキングキャンターの後、ダートコースをキャンターで3000~4000m(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。6日(土)に獣医さんに診てもらったところ、『これなら乗り込みを進めても問題ない』とお墨付きをもらったことから、週明けからキャンターで長めをジックリ乗り込んでいます。まだトモを含めて全体的に緩さが感じられますが、その辺はこれから調教で攻めていけば解消してくるはず。今後は様子を見ながらペースアップのタイミングを探っていくつもりです」(担当者)
2018/1/5 (クリーンヒットホースランチ)
この後はトレセン近郊のクリーンヒットホースランチで調整することになり、12月26日(火)に移動しました。

「現在は角馬場でハッキングキャンター3000~4000mのメニューで調整中です。連戦の疲れからか入場当初はトモがクタクタしていて、歩様にも硬さがありました。獣医さんと中川調教師で話し合った結果、年末に消炎剤を投与。その効果もあって、トモのクタクタ感や歩様の硬さはだいぶ解消されてきましたね。年末まではウォーキングマシン運動のみにとどめて楽をさせ、年明けの2日(火)から騎乗運動を再開しています。明日6日(土)に獣医さんに再度診てもらう予定で、そのジャッジを仰いでから今後の調教方針を決めるつもりです」(担当者)
2017/12/24 (中山競馬場)
馬体重:544kg
★12/24(日)中山・2歳未勝利(ダ1800m)西田雄一郎騎手 結果:優勝

「前回以上に気が入っていて、控えると掛かる可能性があったのでハナへ行きました。道中も抑えるのに苦労するくらいの行きっぷり。何度か物見をしていましたし、4コーナーでもハミを抜くようなところがあったのですが、直線は後ろから来られたら二の脚を使ってもうひと伸びしてくれました。まだ余力があったくらいで、完勝だったと思います。前走で教えたことをしっかり覚えてくれていて、少しずつ着実に階段を上がっている印象。これからが楽しみですね」(西田雄一郎騎手)
写真
2017/12/21 (美浦トレセン)
☆12/24(日)中山・2歳未勝利(ダ1800m)西田雄一郎騎手

17日(日)にウッドチップコースで4ハロンから59.8-44.8-15.1を単走で馬ナリに追われ、20日(水)にもウッドチップコースで5ハロンから1.1秒先行して併せ、71.2-55.2-40.7-13.6を馬ナリに追い切りました。「水曜日の追い切りは、いつもと変わらないこの馬本来の動き。先週のウッドチップコースは走りづらい馬場状態でしたから、トモの蹴っぱりが今ひとつだったのはその影響もあったかもしれないですね。これで4戦目になるのでさすがに大きな上積みこそありませんが、状態面に関してはいい意味での平行線といえるでしょう。中間の調整過程や一連の動きを見ても、先週自重して間隔を空けたのは正解だったと思います。土曜日の混合戦と日曜日の両睨みで、相手関係を吟味してジックリ検討した結果、日曜日を選択しました。前回くらい走れば自ずと勝ち負けになるはず。手の内に入れている西田君が、うまく力を引き出してくれるでしょう」(中川公成調教師)
2017/12/15 (美浦トレセン)
13日(水)にウッドチップコースで5ハロンから1.0秒先行して併せ、70.2-54.8 -40.6-13.9をG前仕掛けて追い切りました。「水曜日にウッドチップコースで軽くやりました。普段乗っている分には気にならないのですが、速い時計を出すとどうもトモの蹴っぱりが今ひとつ。前走で初めて目一杯走った分、まだトモの疲れが抜け切っていない印象を受けます。休ませるほどのものではありませんが、ひとまず今週は自重しました。12/23(祝)中山・2歳未勝利(ダ1800m・混)、12/24(日)中山・2歳未勝利(ダ1800m)、12/28(木)中山・2歳未勝利(ダ1800m・混)のいずれかに、馬の状態と相談しながら相手関係を吟味して決めようと思います。西田君には3鞍とも空けてもらうようにお願いしました」(中川公成調教師)
2017/12/8 (美浦トレセン)
★12/03(日)中山・2歳未勝利(ダ1800m)西田雄一郎騎手 結果2着

「外枠で揉まれずにスムーズな競馬ができましたし、西田君が何度か跨って癖を掴んでくれていたのも大きかったと思います。期待通り変わってくれましたね。5日(火)は引き運動にとどめ、6日(水)から騎乗運動を再開。飼い葉もしっかり食べており、ここまでは変わりなく順調に来ています。目一杯に走ったのは初めてだったので反動が出ないか心配しましたが、今のところは大丈夫。次走については流動的ですが、優先出走権があるうちにもう一度使いたいと思います。来週、再来週、そして12/28(木)のダート1800m戦のいずれかに、相手関係や出馬状況などを勘案したうえで投票するつもりです」(中川公成調教師)
2017/12/3 (中山競馬場)
馬体重:542kg
★12/03(日)中山・2歳未勝利(ダ1800m)西田雄一郎騎手 結果2着

「最終追い切りで自身が跨って気合を入れておいたことで、多少なりとも馬はピリッとしていましたね。流れも向いてくれましたし、外枠だったので砂を被ることなく、うまく流れに乗ってスムーズな競馬ができたのが大きかったと思います。まだ馬の後ろに入れると走るのをやめようとしたり、1頭になると物見をしたりと気難しい面を見せるので、道中は馬を怒りつけながら走らせました。直線も最後までバテずにしっかり伸びていたあたりは、能力の高さでしょう。まだ砂を被った時や馬群で揉まれた時にどうなるか不安はありますが、スムーズな競馬をして自身の能力を出し切れればチャンスは十分あるはずです」(西田雄一郎騎手)
2017/11/30 (美浦トレセン)
☆12/03(日)中山・2歳未勝利(ダ1800m)西田雄一郎騎手

26日(日)にウッドチップコースで5ハロンから1.0秒追走して併せ、71.0-55.7-41.9-14.0を馬ナリに追われ、29日(水)にもウッドチップコースで5ハロンから0.4秒追走して併せ、69.5-53.8-39.4-13.2を一杯に追い切りました。「水曜日の最終追いは併走馬を2~3馬身ほど追い掛ける形で、直線で内に入れて一杯に追い切りました。抜け出すまでは集中して走っていたものの、パートナーを交わしてからフワッとしましたね。それでも跨った西田君は『前回乗った時よりも馬は良くなっていますね。それに、気性面も成長していると思います』と言っていましたし、『道中でフワッと乗るよりも、テンからある程度気合を付けて遊ばせないように乗った方がいい』ということを理解してくれているのも心強い限り。しっかり手の内に入れてくれているようです。同じダート1800mの土曜中山2Rと日曜中山2Rの両睨みでしたが、最終的には西田君が騎乗可能(土曜日は中京で騎乗)な日曜2Rへ向かうことになりました。時計、動き共に上々で状態面に関して不安はありませんから、癖を掴んでいる鞍上の騎乗で変わり身を見込みたいですね。なお、今回はブリンカーを外してシャドーロールを装着する予定。シャドーロールにはキックバック(前を走る馬が蹴り上げた砂)を嫌がる馬にも効果があります。調教で嫌がる素振りを見せている訳ではありませんが、実戦で砂を被って嫌気が差してしまう可能性がない訳ではありませんから、万全を期す意味で装着させるつもりです」(中川公成調教師)
2017/11/24 (美浦トレセン)
22日(水)にウッドチップコースで5ハロンから0.4秒追走して併せ、70.0-54.7-40.0-13.1を馬ナリに追い切りました。「今週の追い切りは併せ馬でパートナーを追い掛ける形でしたが、動き自体も良かったですし、何より自分からハミを取って走っていたのは好材料。精神面の成長が窺え、少しずつですが常識に掛かってきたといえるのではないでしょうか。やはり危惧していた通り、今週の東京ダート1400m~1600mの未勝利戦は想定の段階から頭数が多く、結局2節では出走できませんでしたが、その辺は織り込み済み。来週の12/02(土)中山・2歳未勝利(ダ1800m)か、12/03(日)中山・2歳未勝利(ダ1800m)のいずれかに、相手関係などを勘案したうえで使うつもりです」(中川公成調教師)
2017/11/17 (美浦トレセン)
★11/11(土)東京・2歳未勝利(芝1600m)荻野極騎手 結果10着

「レース後も疲れはなく元気一杯。芝を使ったのでダメージが残らないか心配していたのですが、全くの杞憂でしたね。騎乗した荻野君も『乗り味がいい。能力はあると思います』と褒めていましたし、西田君も気にしてレースを見てくれていたようです。疲れや反動は微塵も見られませんから、引き続き続戦したいと思います。11/26(日)東京・2歳未勝利(ダ1600m・混)を西田ジョッキーで予定していますが、今週の出馬状況を見る限り、2節で出走できるかどうかは微妙なところ。翌週の12/02(土)中山・2歳未勝利(ダ1800m)や、12/03(日)中山・2歳未勝利(ダ1800m)も視野に入れて調整を進めていくつもりです。馬具については調教で色々試してみたうえで、何も装着しないことも選択肢のひとつに含めて直前で判断したいと思います」(中川公成調教師)
2017/11/11 (東京競馬場)
馬体重:540kg
★11/11(土)東京・2歳未勝利(芝1600m)荻野極騎手 結果10着

「ゲートの中で馬っ気を出していた分、スタートが若干鈍かったですね。3コーナーでゴチャついて位置取りを下げる形になりましたが、ああなった時に突っ張れるだけの力がまだ付き切っていません。馬っぷりがいいし、乗り味も抜群。いいモノを持っていると思いますが、まだまだ子供っぽいですね。真面目に走ってさえくれれば、十分勝ち負けになると思いますよ。初騎乗なので比較は付きませんが、今日乗った感じだとブリンカーは必要ないかもしれません」(荻野極騎手)
2017/11/9 (美浦トレセン)
☆11/11(土)東京・2歳未勝利(芝1600m)荻野極騎手

5日(日)に坂路コースで4ハロンから0.1秒先行して併せ、56.8-41.5-27.1-13.6を馬ナリに追われ、8日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.5秒追走して併せ、55.2-40.0-25.9-12.8を一杯に追い切りました。「水曜の最終追いは前にリードホースを付けて、古馬に1馬身後ろから追い掛けさせる実質3頭併せの形で追い切りました。後ろから突かれているうちはハミを取るのですが、少しでも離れるとハミを外してしまいます。まだ遊び遊び走っている感じで、もっと前向きさが欲しいですね。当初は予定通り11/11(土)福島・2歳未勝利(ダ1700m)に西田ジョッキーで向かうつもりだったのですが、水曜の想定の段階から頭数が多く、木曜の最終想定でも3節では入らない状況。そこで、11/11(土)京都・2歳未勝利(ダ1800m)と、11/11(土)東京・2歳未勝利(芝1600m)を天秤にかけた結果、土曜東京の芝千六に回ることになりました。相手関係を見ると京都も魅力的ではあったのですが、京都のダート千八はハイペースになりやすく、大型馬で器用さに欠ける面があるゆえ、追走に手間取ってしまう可能性は否定できません。その点、東京の芝千六は頭数が少ないこともあってペースはユッタリ流れるはず。時季的に今後は芝のレースも減ってくるので、芝を試すにはちょうどいいタイミングと思い、最終的にこちらを選択した次第です。関西の若手のホープ・荻野君が空いていたのもラッキーでした。追えるジョッキーですし、馬が気を抜かないようにしっかり追ってもらいたいですね」(中川公成調教師)
2017/11/3 (美浦トレセン)
2日(木)にウッドチップコースで5ハロン72.2-56.8-42.8-15.0を単走で馬ナリに追われました。「先週もお伝えした通り、前走のダメージは全くありませんでしたし、相手関係も考えて11/04(土)東京・2歳未勝利(ダ1600m)も視野には入れていました。ただ、やはりレースまでに追い切りでジョッキーに跨って癖を掴んで欲しいので、当初の予定通り11/11(土)福島・2歳未勝利(ダ1700m)に向かうつもりです。ジョッキーは西田雄一郎騎手にお願いしています。彼は癖のある難しい馬に数多く乗っているので手慣れたものですし、この馬の闘志に火をつけてくれることを期待して、クラブ側とも相談して決定しました。早速、昨日2日(木)の追い切りに跨ってもらったのですが、『背中の感触がいいし、動きもダイナミック。能力はあると思います。ただ、いかんせん馬がまだお子様ですね』と言っていました。飼い葉もガツガツ食べているように体調面に関しては申し分ないので、来週もジョッキーと密にコンタクトを取ってもらい、手の内に入れてくれれば変わり身が期待できると思います」(中川公成調教師)
2017/10/27 (美浦トレセン)
「レース後、脱鞍して競馬場の厩舎に引き上げてからもビービー鳴いていました。25日(水)にレース後の馬体チェックをおこないましたが、心臓や脚元を含めて全く問題なし。『連闘で使ってもいいくらい』と獣医が言っていたように、やはり実戦で全く走っていませんね。ダメージは見られないので、引き続き在厩して続戦したいと思います。今のところ11/11(土)福島・2歳未勝利(ダ1700m)が本線で、翌週の11/19(日)福島・2歳未勝利(ダ1700m・混)も視野に入れて、出馬状況や相手関係などを勘案したうえで使うつもりです」(中川公成調教師)
2017/10/22 (東京競馬場)
馬体重:538kg
★10/22(日)東京・2歳新馬(ダ1600m・混)吉田隼人騎手 結果14着

「返し馬からずっと鳴いていましたし、ゲートを出てからも終始ハミを取ってくれなくて…。ステッキを入れても反応こそするものの、前に進んでいこうとはしませんでした。まだまだ馬が子供。気性面の成長が欲しいですね」(吉田隼人騎手)
写真
2017/10/19 (美浦トレセン)
☆10/22(日)東京・2歳新馬(ダ1600m・混)吉田隼人騎手

15日(日)にウッドチップコースで4ハロンから1.0秒追走して併せ、52.6-39.2-13.4を馬ナリに追われ、18日(水)にもウッドチップコースで5ハロンから0.4秒追走して併せ、69.3-54.0-39.7-13.3を馬ナリに追い切りました。「水曜の本追い切りはシャドーロールを着用しました。跨ったジョッキー(吉田隼人騎手)は『周囲の馬に気を取られていて、なかなか集中してくれない』と言っていましたが、時計は出ているし、動き自体も悪くはないので、出走態勢は整ったと見ていいでしょう。何度も言うように、あとはもう気持ちの面だけ。レース当日に装着する馬具についてはクラブ側とも相談して慎重に検討した結果、ブリンカーを着用することになりました。新馬戦からブリンカーというと荒療治のように思われるかもしれませんが、今日着けた感じでは集中していたように少なからず効果はあるはず。能力さえ出し切れば十分やれると思うので、あとはレースに行って集中して走ってくれるかどうかですね」(中川公成調教師)
2017/10/13 (美浦トレセン)
8日(日)にウッドチップコースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、53.1-38.9-12.5を馬ナリに追われ、12日(木)にもウッドチップコースで4ハロンから併せて馬ナリに追い切りました。「木曜日の追い切りはリードホースを努めた古馬を2馬身ほど追走し、2馬身後ろから2歳馬に突かせる形の3頭併せで、直線で真ん中に入れる形で追い切りました。霧で動き自体は確認できなかったのですが、跨ったジョッキー(吉田隼人騎手)によると『後ろから突かれているうちは良かったのですが、前の馬に追いついた途端にハミを取らなくなってしまって…。どうも集中し切れませんね』とのこと。最近は馬っ気を出すようになるなど、ここにきて子供っぽいところを全面に出すようになってきましたね。いい走りをする馬で能力は感じるだけに、あとは気持ちの問題だけ。日曜追いでシャドーロールを着用しましたが、馬が少ない時間帯だったとはいえ集中して走っていたので、実戦で何らかの馬具を着けることも検討したいと思います。ひとまず、10/22(日)東京・2歳新馬(ダ1600m・混)を目標に調整を進めていくつもり。鞍上は稽古にも跨っている吉田隼人君にお願いしました。ただ、今週のダート千四の新馬戦で14頭の除外が出ただけに、出走できるかどうかは微妙な情勢。除外された場合は11/05(日)東京・2歳新馬(ダ1600m)、もしくは11/04(土)福島・2歳新馬(ダ1700m・混)あたりを視野に入れたいと思います」
2017/10/6 (美浦トレセン)
1日(日)にウッドチップコースで5ハロン70.7-54.6-40.4-13.6を単走で馬ナリに追われ、5日(木)にもウッドチップコースで4ハロンから0.8秒追走して併せ、53.5-39.6-13.8を馬ナリに追い切りました。「時計上は馬ナリになっていますが、手綱をある程度動かしてのもの。道中の手応えを見るともっと動けるはずなのですが、跨ったジョッキー(吉田隼人騎手)も言っていたように、まだ集中力に欠ける印象は否めません。もっと自分からハミを取って行くくらいの前向きさが欲しいですね。それでも最近は馬場入り前にバタバタしたり嘶いたりすることが少なくなって、だいぶこちらの環境に慣れてきたようですし、精神面の成長も感じられます。引き続き4回東京開催(10/7~)の後半、もしくは3回新潟開催(10/14~)の後半あたりのデビューを目標に調整を進めていくつもりです」(中川公成調教師)
2017/9/29 (美浦トレセン)
24日(日)に坂路コースで4ハロン59.5-44.4-29.4-14.5を単走で馬ナリに追われ、21日(木)にもウッドチップコースで4ハロンから併せ、55.1-40.7-14.3を馬ナリに追い切りました。「この中間も坂路とコースを併用して乗り込んでいます。予定通り先週末に15-15を消化。木曜日は馬場が悪かったので無理せず終いをセーブしたものの、終始楽に動けていました。ここまでは至って順調ですね。現状ではダートの方が良さそうな気もしますが、もう少し本数を重ねてからレースを決めるつもりです。ひとまず4回東京開催(10/7~)の後半、もしくは3回新潟開催(10/14~)の後半あたりのデビューを目標に調整を進めていきます」(中川公成調教師)
2017/9/22 (美浦トレセン)
22日(金)にゲート試験を受験し、無事に合格しました。

「予定通り、今日22日(金)にゲート試験を受けました。まだ集中力に欠けるので入りは今ひとつでしたがゴネた訳ではありませんし、中の駐立も問題なし。出は速い方だと思います。無事に合格し、まずは第一関門突破ですね。普段の調教は坂路とウッドチップコースを併用しておこなっています。動きの方は相変わらずダイナミックな反面、まだキョロキョロしたり鳴いたりして集中力に欠ける感じ。逆に台風の影響で風が強かった日や、日の出前の暗い時間帯は却っておとなしいですね。逆を言えば、それだけまだ気持ちに余裕があるということなのでしょう。今週末に15-15をやってみて、徐々にピッチを上げていこうと思っています。具体的なデビュー時期やレースについては、今後の動きや仕上がり具合を見極めながら決めていくつもりです」(中川公成調教師)
2017/9/15 (美浦トレセン)
ノルマンディーファーム小野町で順調に調整され、9日(土)に美浦・中川公成厩舎に入厩しました。

「入厩後はゲート練習を中心に、坂路コースでの調教も並行しておこなっています。コースに出るまでは無駄な仕草が多く、嘶くなど2歳馬らしい若さを見せていますが、調教では集中して走っているので心配ないでしょう。大トビで豪快なフットワーク。動きも良く、なかなかいいモノを持っていると思います。ゲートに関しても今のところ問題はないので、20日(水)に予行演習をおこない、21日(木)か22日(金)にゲート試験を受ける予定です」(中川公成調教師)
2017/9/8 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:542kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整しています。馬体に張りが出て成長が窺えますし、トレセンでの本格的な調教にも耐えられるだけの体力もだいぶ備わってきた印象。まだ緩さは残っているものの、トレセンの施設で調教を積み重ねていけば解消していくでしょう。明日9日(土)の検疫で入厩の予定で、いい状態で送り出せそうです。
写真
2017/9/1 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:540kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整しています。まだ体を持て余している印象は否めませんが、しっかり負荷を掛けてもへこたれることはなく、調整そのものは至って順調。トレセンでの本格的な調教でピリッとしてくれば、更なる良化が見込めるでしょう。早ければ来週にも入厩の予定で、送り出しに向けて態勢を整えていきます。
2017/8/25 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:535kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は13~15秒ペース)のメニューで調整しています。スピードに乗るまでに多少時間を要すように俊敏性には若干欠けるものの、それでもこちらに来た当初に比べて調教の動きは格段に良くなってきました。体調自体も良さそうですし、脚元や蹄に関しても何ら不安はないことから、引き続き速い時計消化を織り交ぜながらしっかり乗り込んで入厩に備えたいと思います。
2017/8/18 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:538kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。12日(土)に初めて15-15の時計消化をおこないました。若干重苦しい感じの動きでしたが、本数を重ねていけば動けるようになるでしょう。馬体重ほど太くは見えないものの、まだトモの力強さに欠ける印象で、引き続き坂路でしっかり乗り込んで強化していくつもりです。なお、18日(金)に改装(蹄鉄を打ち替えること)をおこないましたが、蟻洞の症状があった右前の蹄は全く問題ありませんでした。早ければ8月末~9月上旬にも入厩の予定で、今後も速い時計消化を織り交ぜながら乗り込みを進め、態勢を整えていきます。
2017/8/11 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:541kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペースのメニューで調整中です。引き続き順調に乗り込まれており、馬体重こそほとんど変わらないものの体つきは以前に比べてだいぶ引き締まってきた印象。体幹がしっかりして動きにも力強さが出てきました。明日12日(土)に15-15の時計消化を予定しており、今後は入厩に向けて更なるペースアップを図っていくつもりです。
2017/8/4 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:540kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペースのメニューで調整中です。2日(水)から坂路の本数を増やして乗り込みを強化していますが、脚元や蹄を含めて気になるところは全くありません。ここまでは至って順調。まだ緩さが残る体つきゆえ、来週からは15-15程度の速い時計消化を織り交ぜながらシェイプアップに励んでいくつもりです。
2017/7/28 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:545kg
現在は馬場2周と坂路1本を18秒ペースのメニューで調整中です。休ませて体が緩んでいる分、まだ動きには重苦しさが残るものの、この中間も歩様が乱れることはなく、引き続き順調に調整を進めることができています。蹄の方も痛がる素振りを見せたり熱を持ったりすることはなく、この中間に改装(蹄鉄を打ち替えること)をおこないましたが、その後も特に異常はありません。ようやく軌道に乗ってきた印象で、来週からは坂路の本数も増やしつつ、速い時計消化も織り交ぜて更なるペースアップを図るつもりです。
写真
2017/7/21 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:540kg
現在は馬場2周と坂路1本を18秒ペースのメニューで調整中です。週明けから坂路を取り入れてペースアップを図りましたが、蹄や脚元を含めて今のところ異常はなく、順調に調整を進めています。今の感じなら更にピッチを上げても問題なさそうで、引き続き蹄のケアを入念におこないつつ、入厩に向けてネジを巻き直すつもりです。
2017/7/14 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:542kg
現在は馬場3周をハッキングキャンターのメニューで調整しています。週明けからウォーキングマシン運動を開始。12日(水)に蹄を触診したところ痛がる素振りは見せませんでしたし、13日(木)にロンギ場で歩様を確認したところ問題なかったことから、14日(金)に馬場入りを再開しています。症状は峠を越した印象で、様子を見ながらにはなりますが問題がないようなら週明けから坂路での乗り込みを開始する予定です。まだ体をうまく使い切れていない分、蹄だけではなく様々な箇所に負担が掛かってしまうのでしょう。前回は坂路での調教を開始してすぐに歩様が乱れたこともあり、慎重に進めていくつもり。蟻洞に関してはどうやら広範囲ではなさそうで、抜け切ってしまえば問題ないようなレベル。引き続き蹄は入念にケアしていきます。
2017/7/7 (ノルマンディーファーム小野町)
現在は舎飼い休養中です。右肩の跛行はすっかり治まったものの、3日(月)の朝になって右前の蹄を痛がる素振りを見せたため、詳しく調べたところ蟻洞の症状が確認されました。特に内側に顕著な触診反応が出ているため、騎乗運動再開の予定を白紙に戻し、現在は舎飼いで様子を見ています。蹄が伸びて抜け切ってしまえば問題はないと思いますが、ひとまず当面の間は回復に専念し、様子を見ながらウォーキングマシン運動から再度立ち上げていくつもりです。
2017/6/30 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:537kg
現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。右前の肩の出に若干ぎこちなさが残るものの、歩様が乱れた先週末に比べればだいぶ緩和されている印象で、触診反応や熱感もないことから、26日(月)からウォーキングマシン運動を再開しました。29日(木)に馬房内で右トモに外傷を負いましたが幸い軽症で、休ませるほどのものではありません。30日(金)からはマシン運動に加えて速歩での引き運動もおこなっています。速歩でも歩様の乱れは見られないことから、週明けから騎乗運動を再開する予定です。
写真
2017/6/23 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:532kg
小野町に移動後も順調に乗り込まれていましたが、16日(金)になって歩様が乱れたため、週明けまでは1時間のマシン運動のみにとどめました。20日(火)に馬場へ出したところ痛がる素振りを見せたことから、現在は舎飼いで様子を見ています。2歳のこの時期で530kgもある大型馬ですし、小野町に移動して運動量が増えたことで負荷が掛かり過ぎたのかもしれません。今は引き馬の段階から歩様が乱れており、その辺が改善されるまでは休ませることになるでしょう。長引くようであれば獣医さんと相談したうえで積極的な治療を施すつもりです。
2017/6/15 (ノルマンディーファーム小野町)
大型馬で体つきにはまだ余裕がありますが、ここ最近はさらに幅が出てきてより力強い雰囲気に変わってきました。走りもパワフルでスピードがあり、ダートの短いところもこなしてくれそうな印象です。なお、今後は入厩に向けて福島県のノルマンディーファーム小野町で調整を進めることになり、9日(金)に北海道を出発。翌10日(土)に長距離輸送による疲れや熱発もなく無事に到着しました。すでに今週から馬場入りを開始し、現在は馬場2周と坂路1本のメニューで調整しています。
2017/5/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:552kg
現在は馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週に2回は14~15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「現状のメニューで乗り込まれるようになってからは良い意味で煩くなってきて、調教では前向きさが出てきました。馬体重が550㎏を超えており、まだまだ体に緩さを残しますが、脚元に特に不安はありません」と話していました。近日中の移動予定は変わりなく、今後も早期デビューを目標に進めていく方針です。
写真
2017/5/16 (ノルマンディーファーム)
現在は馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週に2回は14~15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間より週に二度は坂路でハロン14秒台まで時計を詰めていますが、徐々にペースにも慣れてきたようで、動きに良化が窺えます。ただ、これだけの馬格の割にはまだガツンとくるほどの手応えが感じられず、良くも悪くも抑えが利いてしまいます。前進気勢にも欠けるため、上手く気持ちの面でピリッとしたところを引き出せればと考えていますが、調教自体は順調に進められているので、早期デビューを視野に入れて、近日中にノルマンディーファーム小野町へ移動させる予定です。
2017/4/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:540kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限16~17秒ース)のメニューで調整しています。腹回りにまだだいぶ余裕が感じられますが、調教ペースを強めたことで徐々に馬体は引き締まってきています。騎乗担当者は『この中間より週に二度はハロン16秒台のキャンターで坂路を登坂させています。乗り込みつつ中身がしっかりしてきた印象を受けます。トモの脚力も強くなっていますし、力んで無駄な体力を使うようなことはなく、以前よりもスムーズに坂路を登板できていますよ』と話していました。体力面が伴ってきたことから、今後も定期的に速めのキャンターを消化させて、早期移動に向けて鍛錬していくつもりです。
写真
2017/4/15 (ノルマンディーファーム)
現在は馬場1周と坂路2本を(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。休養を挟んだことで右前脚の爪の状態は順調に回復し、痛みも引いたため今月に入って調教を再開しました。現在はトレッドミルも併用して乗り込みを進めています。馬格はありますが、まだトモに筋肉が付ききっていないため、メインの坂路調教で脚力強化を図りながら鍛えていきます。
2017/3/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:547kg
坂路2本(上限18秒)のメニューで調整していましたが、中間に右前脚の爪を痛がる素振りが見られたため、現在はパドック放牧のみで様子見しています。雄大な馬格を誇り、気性面でも特に煩くなるようなことはなく、休む前までは前進気勢旺盛に馬力優位の脚力で推進できていました。乗り手をグイグイと引っ張っていく力強さは見られるものの、掛かって行くタイプではないため、距離が長くなるのも有利に運びそう。状態を見ながら騎乗再開のタイミングを図っていきます。
写真
2017/3/16 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(上限18秒)のメニューで調整しています。大型馬にありがちな重苦しさをまったく感じさせない動きで、パワフルかつ俊敏に坂路を駆け上がっています。本馬には血統的にもダートの中距離を中心に活躍してくれそうなイメージを持っていますが、心肺機能が高く、もっとも稽古の進んでいる組で乗り進められていることから、早期デビューも視野に入れてピッチを上げていくつもりです。騎乗担当者は『見た目に違わず馬力があり、特に首や腰の強さを感じます。反応よくスッと動けるし、精神面も今のところまったく不安はないですね』と話していました。
2017/2/28 (ノルマンディーファーム)
馬体重:545kg
現在は坂路2本(キャンター)のメニューで調整しています。ハミ受けなどにはまったく問題がなく、稽古でも騎乗者の指示に従順で手のかからない優等生タイプです。体つきの割にまだパワー不足の感は否めませんが、しっかりとトレーニングを積むことで、今後トモに力が付いてくればその点は解消されてくるでしょう。この時期でも皮膚感がよく、見ているだけで内臓面の強さや代謝の良さも窺えます。
写真
2017/2/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(キャンター)のメニューで調整しています。重心のブレない走りで、坂路を駆け上がる姿も日増しに迫力感が出てきています。7日(火)に中川調教師が視察に訪れ、『筋肉質で見栄えする馬体をしていますね。前回見たときよりもグンとバランスが良くなった印象です。アイルハヴアナザー産駒は早い時期から丈夫に数を使えているので楽しみです』と話していました。
2017/1/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:540kg
現在は坂路2本(キャンター)のメニューで調整しています。馬体重が示すとおりに大きくゆったりとした馬体の造りをしており、可動域も広いため豪快でフットワークに迫力を感じさせます。継続して乗り運動を行っていることで、以前よりもだいぶしっかりと動けるようになってきました。性格が穏やかで調教からは折り合いに苦労するイメージはなく、距離の融通性も利くタイプで、芝・ダート問わず安定した走りが期待できそうです。体力強化に重点を置き、早い時期からの始動も視野に入れて乗り進めていきます。
写真
2016/12/28 (ノルマンディーファーム)
馬体重:536kg
現在は坂路2本(キャンター)のメニューで調整しています。体質が強く馬格にも恵まれているため、早い時期から馴致を行って、ここまでの乗り込み量は同世代の育成馬の中でも多い部類に入ります。全体的にまだまだ緩さを残しているものの、騎乗者の指示に従順で扱いやすく、日頃の調教でも落ち着いて臨めており、気性面に不安はありません。アイルハヴアナザー産駒は初年度から芝・ダートを問わず勝ち星を量産していますが、歩様や走りに柔らかみを感じる本馬もまた芝に対応できそうなタイプに映ります。
写真