現在表示しているページの位置

ペキノワ
牝馬 鹿  2015/4/17生
カタログPDF

父:カネヒキリ × 母:アンローランサン(母の父:フサイチコンコルド)

生産:新ひだか・岡田スタッド  所属:岩手・櫻田康二厩舎

  •  
  •  
総口数 100口 募集総額 720万円
募集状況 満口 1口出資額 72,000円
綴り Pekinois
由来・意味 フランスの画家マリー・ローランサンの代表作のひとつ。母名より連想

近況

バックナンバーはこちら

2020/1/10 (引退)
★1/07(火)水沢・スプリント特別(ダ1300m)鈴木祐騎手 結果8着

これまでの戦歴およびレース内容と経緯を踏まえて櫻田康二調教師と協議をおこなった結果、誠に残念ではございますが、ここで匿名組合契約を終了することといたしました。
なお、本馬は来週1月16日(木)に開催されるサラブレッドオークションに出品する予定で、出資会員の皆様には追って書面にてご連絡させていただきます。
ペキノワ号にお送りいただいたこれまでの温かいご声援、誠にありがとうございました。

「盛岡で3戦、水沢で2戦、そのうち芝のレースが2戦と計5戦に出走させていただきました。昨年9月の牝馬限定の準重賞ヴィーナススプリントでは、転入初戦のいきなりから結果を出すことが出来ました。ただ、そこから不完全燃焼というか消化不良のレースが続いてしまい、申し訳ありませんでした。明け5歳となって、岩手競馬の開催オフ期間ということもあり、このタイミングでの引退は致し方ないと思います。半年弱と短い間でしたが、預託していただき、ありがとうございました」(櫻田康二調教師)