現在表示しているページの位置

ミラビリア
牝馬 栗  2015/3/31生
カタログPDF

父:マツリダゴッホ × 母:タニノエクセレント(母の父:ブライアンズタイム)

生産:新ひだか・岡田スタッド  所属:美浦・伊坂重信厩舎

  •  
  •  
総口数 400口 募集総額 880万円
募集状況 満口 1口出資額 22,000円

近況

詳細

2021/6/11 (松風馬事センター)
馬体重:500kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。484kgで入場しましたが、1週間で10kg以上増加し、リフレッシュができている感じ。今週から乗り出しましたが、問題なく進められていますよ。昨日から通常メニューに移行しましたし、時間経過に準じて負荷を掛けていくつもりです」(担当者)
2021/6/4 (松風馬事センター)
★5/30(日)中京・障害4歳上未勝利(芝3000m・混)森一馬騎手 結果3着
この後はトレセン近郊の松風馬事センターで調整することになり、本日4日(金)に移動しました。

「レースを使ったなりに背腰には疲れが残っており、自分で跨ってみても右肩の出にやや硬さが感じられました。権利を取ってくれたのですが、ここは無理させずに一旦近郊でケアする時間を設けてやれればと思います。今夏の予定については、ひとまず小倉開催を選択肢に入れたいと考えているところ。例年頭数が落ち着いていますし、障害競走が毎週組まれている点も大きい。冬コクとは違って滞在にも暑さを懸念するリスクはありますが、美浦で仕上げて新潟へ輸送することを考えれば、そちらの方がむしろ調整しやすいかもしれません。8/14(土)小倉・3歳上未勝利(芝3000m・混)を目標に、勝ち切れるようなら滞在のまま小倉サマージャンプ(J・G3)に向かうプランも描ける。もう勝利に近いところまではきていますので、次こそ決められるように頑張ります」(伊坂重信調教師)
2021/5/30 (中京競馬場)
馬体重:474kg
★5/30(日)中京・障害4歳上未勝利(芝3000m・混)森一馬騎手 結果3着

「森騎手は『金曜日に跨った際より肩の出が硬く、道中はあまり余裕がなく推進して行けなかった。ちょっと入念に飛越を確認し過ぎて、疲れを残してしまったかもしれません』と謝っていました。相変わらず上手に飛んでいましたし、負けたとはいえこれまで自身に速い時計での実績がない中で、今日もレコード決着に近い時計で走れている。ちゃんと頑張っていると思います。この後は馬の状態をよく見て。またミラビリアが調子いいタイミングのときに、レースを使えたらと思います」(伊坂重信調教師)
2021/5/27 (美浦トレセン)
☆5/30(日)中京・障害4歳上未勝利(芝3000m・混)森一馬騎手

26日(水)にWコースで5ハロン68.4-53.2-39.1-12.4を単走で馬ナリに追い切りました。「追い切りの動きは上々。状態面に不安もなく、いいデキを維持してレースに臨めると思います。先週末の競馬でパートナーの金子光希が頭部を負傷。残念ながら今週は騎乗を見合わせるため、森一馬騎手に白羽の矢を立てました。言わずと知れた障害No.1ジョッキーですし、『ビデオで確認しただけでも置き障害の中京コースに向いていそう。騎乗するのが楽しみです』と本人も良いイメージを持ってくれているよう。明朝一番で美浦に駆けつけ、ミラビリアとコンタクトを取ってくれる予定です。新潟開催に比べるとメンバーはいくらか揃った印象ですが、なんとかここで決めたいですね」(伊坂重信調教師)
2021/5/21 (美浦トレセン)
20日(木)にWコースで5ハロン70.4-55.4-41.2-13.9を単走で馬ナリに追い切りました。「しっかりと負荷を掛けて追い切りましたが、抜群の動きを披露。手応え十分で反応も良かったですね。いい状態をキープできていると思います。飼い葉食いも安定していますし、この感じなら問題なく来週の競馬に向かえそう。相手関係や馬場状態も吟味して最終判断するつもりですが、光希からは『中京コースの適性が高い』と進言を受けているため、5/30(日)中京・障害4歳上未勝利(芝3000m・混)を本線に考えています」(伊坂重信調教師)
2021/5/14 (美浦トレセン)
★5/08(土)新潟・障害4歳上未勝利(芝2890m・混)金子光希騎手 結果2着

「レース後も馬体や脚元に大きなダメージは見られません。若干肩の出に硬さが感じられるものの、ほぐしながらケアしていけば問題はなさそう。メンバーの薄い新潟でもう一戦使うことも考えはしたのですが、開催が進んで馬場コンディションが悪くなる一方ですし、そこはパスさせてください。5/29(土)東京・障害4歳上未勝利(ダ3000m・混)または5/30(日)中京・障害4歳上未勝利(芝3000m・混)のどちらかに向かう予定です」(伊坂重信調教師)
2021/5/8 (新潟競馬場)
馬体重:478kg
★5/08(土)新潟・障害4歳上未勝利(芝2890m・混)金子光希騎手 結果2着

「良馬場でも芝のコンディションが悪く、いつもより一歩踏み込んで跳んでいました。いつもは飛越でリカバリーするミラビリアですが、きょうは飛越するたびロスを重ねていく内容。内外の馬場差もなくなっているため、勝ち馬とは回ったコースの違いだけだと思います。今回は具合も良かっただけに、なんとかここで勝ち切りたかったのですが…。上りの状態を見てまた次走を考えていきます」(伊坂重信調教師)
2021/5/6 (美浦トレセン)
☆5/08(土)新潟・障害4歳上未勝利(芝2890m・混)金子光希騎手

5月2日(日)にWコースで5ハロン70.5-55.0-41.3-13.5を単走で馬ナリに追われ、5日(水)にもWコースで5ハロン69.3-54.3-40.4-13.2を単走で馬ナリに追い切りました。「レース当該週は輸送も考慮して、コースで単走の追い切りのみ消化しています。柔らかみのあるフットワークで躍動感に溢れ、状態の良さが感じられる走り。跨った金子も『デキは申し分ない』と好感触を口にしていましたし、自信を持ってレースに臨んでくれるでしょう。置き障害の新潟コースはスピードに乗りやすく、ミラビリアに向いているはず。スムーズに先行できれば好勝負が期待できると思います」(伊坂重信調教師)
2021/4/30 (美浦トレセン)
25日(日)にWコースで5ハロン72.1-56.0-41.8-14.5を単走で馬ナリに追われ、28日(水)にもWコースで5ハロンから1.2秒追走して併せ、65.5-50.8-37.6-13.1を強めに追い切りました。「今週の追い切りで態勢はほぼ整ったと思います。相変わらず障害練習でも飛越が安定しており、あとは当該週に微調整できれば万全と胸を張れる状態。活気があって元気一杯といった様子で馬体もふっくらと見せていますよ。来週2つ組まれている新潟の障害競走どちらか、相手関係や馬場状態も考慮して番組選択するつもりです」(伊坂重信調教師)
2021/4/23 (美浦トレセン)
18日(日)にWコースで4ハロン56.2-41.3-13.3を単走で馬ナリに追われ、21日(水)にもWコースで5ハロン68.3-53.5-40.1-13.2を単走で馬ナリに追い切りました。「順調にきていますね。昨年お預かりした当初よりも体に幅が出て、一段と逞しいシルエットに変貌してきた印象。年齢的なものは度外視して、ここにきてまだ成長しているように感じられます。追い切りに騎乗した金子も『障害練習ではいつも安定した飛越を見せてくれている。緩さは感じませんし、息遣いも悪くないですよ』と悪くない感触を話していました。背腰や半腱半膜様筋の張りやすいタイプですが、いまのところはその点も問題ありませんので、来週もまた長目からビッシリと負荷をかけるつもり。このまま進めていって、2回新潟開幕週(5/08.09)の番組を予定します」(伊坂重信調教師)
2021/4/16 (美浦トレセン)
松風馬事センターで調整され、14日(水)に帰厩しました。

「背腰の張りや硬さが抜けていい状態で戻ってきてくれました。体つきも程よくフックラして映ります。まだ時計は消化していませんが、歩様にも活気がありますし、自分で跨った感触からは2回新潟の開幕週(5/08.09)から目指していけそう。競馬まで少し時間があるので、このくらいの体をしっかり維持していければいいと思います」(伊坂重信調教師)
2021/4/9 (松風馬事センター)
馬体重:498kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース、週2回は17~18秒ペース)のメニューで調整中です。順調に乗り込みをおこなえていて、安心できる状態になってきました。しっかりと積み重ねられていますし、態勢が整ってきましたよ。もうそろそろ送り出せそうなので、声が掛かるまではこの感じを維持しながら進めていくつもりです」(担当者)
2021/4/2 (松風馬事センター)
馬体重:494kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース、週2回は17~18秒ペース)のメニューで調整中です。しっかりした乗り込み態勢を取れていて、もういつ声が掛かっても良さそうな状態になってきました。欲を言えばもう少し毛艶を良くしていきたいところ。このままの流れをキープしながら進めていくつもりです」(担当者)
2021/3/26 (松風馬事センター)
馬体重:494kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース、週2回は17~18秒ペース)のメニューで調整中です。今週からピッチを上げて乗り込んでいます。もう少し増えても良い体付きをしていますが、大分いい感じになっていきました。昨日来場した伊坂調教師も、『良い具合ですね』と話していました。この感じであればあと2~3週で態勢が整いそうです」(担当者)
2021/3/19 (松風馬事センター)
馬体重:491kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。入場時に476kgだった体重が、1週間弱で15kgも戻りました。先週末から乗り出してこの数字なので、体重面に関しては心配することがありませんね。このまま乗り込んでいき、様子を見ながら通常メニューに移行していきたいと思っています」(担当者)
2021/3/12 (松風馬事センター)
★3/06(土)小倉・障害4歳上未勝利(芝2860m・混)金子光希騎手 結果3着

近走の内容などを踏まえて、本馬はこのまま現役を続行することになりました。
この後はトレセン近郊の松風馬事センターで調整を進めることになり、本日12日(金)に移動しています。
「節的に抽選となる出馬状況ではあったものの、メンバーレベルや馬場状態からは、当初予定していた日曜日の方が走りやすかったかもしれません。それでも飛越にほぼミスはなかったですし、鞍上との呼吸も合っていた。内容自体も非常にポジティブなものだったと思います。美浦には10日(水)に無事戻ってきており、体調面に問題はありません。ただ、体がまた大きく減っていて背腰起点に硬さも目につく状態。優先期間内にレースを使うのは少々厳しく映りますので、申し訳ありませんが一ヶ月ほど外厩に出させてください。よくケアしてもらって、2回新潟開催(5/08~)の開幕週からを目指せたらと考えています。スピードの乗りやすい置き障害で、かねてから新潟コースはミラビリアにピタリとくる印象を持っている。そこで次キッチリ決められるよう調整していきます」(伊坂重信調教師)
2021/3/6 (小倉競馬場)
馬体重:464kg
★3/06(土)小倉・障害4歳上未勝利(芝2860m・混)金子光希騎手 結果3着

「馬場が悪く走りづらそうな格好をしていましたが、固定障害でも上手に飛越して、レースの内容は前回よりも良かったと思います。金子騎手は『1周目の3コーナーでノメるような場面があり、2周目はロスを承知でこなせるところを通りました。折り合いがスムーズでバランスも乱れませんでしたし、今日は力む面もだいぶ抜けていた。成長していますよ』と話していました。美浦に帰って状態に問題がなければ、次は中山開催を目標にしていいかもしれません」(伊坂重信調教師)
2021/3/4 (小倉競馬場)
☆3/06(土)小倉・障害4歳上未勝利(芝2860m・混)金子光希騎手

3日(水)に小倉競馬場のダートコースで5ハロン74.0-57.4-42.2-13.1を単走で馬ナリに追い切りました。「小倉到着後にガッツリと体が減ってしまって心配していたのですが、この中間は飼い葉食い良好。今朝の計量でも468kgありましたので、なんとか数字を戻せています。現地で稽古を付けている金子騎手からは『調子自体は美浦出発前と変わらずいい状態をキープ。週末おこなった障害練習でも上手に飛べていました』と報告を受けており、明日またコースをスクーリングさせる予定です。権利持ちが4頭とはいえ、メンバー的にやや揃った印象を受けますが、ミスなく飛越できればここでも好勝負になるはず。平地の脚は上位ですからね。呼吸が合うよう人馬しっかり練習してきたので、その成果を見せられたらと思います」(伊坂重信調教師)
2021/2/26 (小倉競馬場)
21日(日)に北Cコースで3ハロン40.7-13.3を単走で馬ナリに追われ、24日(水)には坂路コースで4ハロンから0.6秒追走して併せ、51.6-37.8-24.7-12.3を一杯に追い切りました。「翌日に輸送を控えていましたが、レース本番一週前となるため、それなりに負荷をかける内容で追い切らせてもらいました。非常にいい動きに映りましたし、金子騎手からは『手応え抜群。気持ちの入った走りで息遣いも良かった』と好感触を伝えられています。輸送熱などなく、本日昼過ぎに小倉競馬場に無事到着。明日から徐々に体を動かし、万全の態勢でレースに臨めるよう調整を進めていくつもりです」(伊坂重信調教師)
2021/2/19 (美浦トレセン)
14日(日)に坂路コースで4ハロン55.7-42.8-29.1-14.3を単走で馬ナリに追われ、17日(水)にはWコースで5ハロン67.3-52.8-39.3-13.7を単走で馬ナリに追い切りました。「水曜日はウッドチップ長目からの追い切りを行いましたが、じつに軽快でキビキビした動き。馬がフレッシュな状態に映りますし、前回に比べても体調が良さそうですね。週末また障害を飛ばし、来週の追い切りを終えてから小倉に運ぶ予定。現地でも金子にしっかり稽古を付けてもらって環境慣れさせ、最終週の競馬に臨みたいと思います」(伊坂重信調教師)
2021/2/12 (美浦トレセン)
7日(日)に坂路コースで4ハロン56.9-41.2-27.1-13.5を単走で馬ナリに追われ、10日(水)にはWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、69.3-54.9-40.9-13.9を馬ナリに追い切りました。「コンスタントに乗り込みをおこなえていて、中身もだいぶしっかりしてきた印象を受けます。全身を使ったバランスのいい走りができていますし、この感じなら来週から走路障害での練習を取り入れていけそうですね。現地でも入念にスクーリングさせたいと考えていますので、小倉最終週(3/07.08)での出走から逆算して移動予定を立てるつもりです」(伊坂重信調教師)
2021/2/5 (美浦トレセン)
松風馬事センターで調整され、3日(水)に帰厩しました。

「帰厩翌日からさっそく金子騎手に稽古を付けてもらっていますが、雰囲気はだいぶいいですね。落ち着きが見られますし、メンタルの部分でもいいリフレッシュができたと思います。もう少ししっかりコースで乗り込んでから障害練習を取り入れる予定。2回小倉開催(2/13~)の後半戦に向かうスケジュールでと考えています。置き障害でスピードを生かせる新潟あたりがミラビリアにはドンピシャの条件と見ていますが、小倉は他場に比べれば難所の少ないコース。小回りでもうまく立ち回れるよう飛越の精度を上げていきます」(伊坂重信調教師)
2021/1/29 (松風馬事センター)
馬体重:495kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も順調に乗り込みをおこなえていて、今週からペースアップを図っていますが、反動などはありません。伊坂調教師からは、『来週帰厩させます』と話を受けたので、現状のペースで積み重ねていき、少しでもいい状態で送り出したいと考えています」(担当者)
2021/1/22 (松風馬事センター)
馬体重:498kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。調教進度を上げて積み重ね態勢に入っていますが、トモの張りも反動が出ることはありません。前捌きにも柔軟性が出てきていい感じですね。今週伊坂調教師と連絡を取りましたが、早ければ来週には帰厩させると話していました。小倉に持っていくには十分なボディコンディションだと思います」(担当者)
2021/1/15 (松風馬事センター)
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。体の硬くなっていた箇所は良化が窺えてきたので、先週末から現状のメニューで乗り込みをおこなっています。その後も反動が出たりすることはないので、小倉開催に向けてこのままネジを巻いていきたいと考えています」(担当者)
2021/1/8 (松風馬事センター)
馬体重:493kg
「現在は20~30分の程度のロンジングの運動で調整中です。入場時に、伊坂調教師から『トモを中心に疲れがあります』と言われていて、見てみると背腰も結構張っていて全体的に頑張ってきたんだなという感じでした。筋痛症状が和らぐまでは様子を見ていましたが、改善してきたことから4日(月)現状のメニューで進めています。それでも、まだ若干硬さが感じられたので、6日(水)に筋注処置をおこなったところナチュラルに動けています。小倉に行くとのことなので、ゆったり目につくっていますが、体は太く見えません。タイミングを見て騎乗運動に移行したいと考えています」(担当者)
2020/12/25 (松風馬事センター)
★12/20(日)中京・障害3歳上未勝利(芝3000m)金子光希騎手 結果3着
この後はトレセン近郊の松風馬事センターで調整を進めることになり、24日(木)に移動しました。

「二周目の向こう正面で1つ飛越ミスがあり、そこで位置を少し下げてしまったのが痛かったですね。4角でも落馬を避けるロスがありましたし、スムーズならもっと差のない競馬ができていたと思います。久々の障害戦で、レース後はさすがに走り切ったなという状態。脚元はスカッとしているものの、だいぶ背腰からトモにかけて疲れが窺えます。金子騎手は『福島、新潟の置き障害コースならOPでも十分戦える』と話していましたので、馬の状態を見ながら春までのローテーションを立てていきたい。フィジカル面もメンタルの部分も若々しいですし、何よりセンスが感じられ、まだ強くなっていける馬だと私は思います。まずはしっかりと馬体を回復させてから次戦に臨みましょう」(伊坂重信調教師)
2020/12/20 (中京競馬場)
馬体重:466kg
★12/20(日)中京・障害3歳上未勝利(芝3000m)金子光希騎手 結果3着

「もう少し経験が必要と見ていましたが、飛越のミスは1回だけ。さすが2勝クラスを勝ち上がっただけのことはあります。馬もだいぶ良くなっているのでしょうね。二周目第4障害で落馬のアオリを受けましたが、道中も外々追走で後手後手に回っていましたので、そのあたりが今日のところは上位馬との差だと思います。障害再スタート初戦でメドは立てられました。次戦もっといい競馬ができるように尽力いたします」(伊坂重信調教師)
2020/12/17 (美浦トレセン)
☆12/20(日)中京・障害3歳上未勝利(芝3000m)金子光希騎手

13日(日)に坂路コースで4ハロン57.0-41.6-27.3-13.4を単走で馬ナリに追われ、16日(水)にはWコースで5ハロン68.5-53.1-39.3-13.4を単走で馬ナリに追い切りました。「来週の阪神ならば頭数が落ち着く見込みではあるものの、まだボリュームある固定障害では飛越した後に完歩が遅れてしまい、道中追走に苦労する不安が残ります。最終的には今週も5節抽選となったのですが、なんとか出走枠に入ることができて良かった。ミラビリアのスピードを生かすには、やはり置き障害のコースの方が現状はいいと思います。今回は障害に再転向しての初戦。無事に飛んできてほしい気持ちはもちろんのこと、だいぶ調教でも力みが取れてきましたし、これがレースでも生きれば前進できると期待しています」(伊坂重信調教師)
2020/12/10 (美浦トレセン)
12/13(日)中京・障害3歳上未勝利(芝3000m)金子光希騎手 除外(非抽選)

9日(水)に坂路コースで4ハロン57.0-42.5-27.9-14.0を単走で馬ナリに追い切りました。「除外の可能性を考慮して、水曜日は坂路でやや軽めの追い切りにとどめています。今朝もWコースを15-15ペースでしっかり乗っていますので、状態面と中身に関しては問題ありません。稽古では飛越時に完歩の遅れる場面が徐々に少なくなっていますし、普段の飛越を見ていても上達しているのは分かります。何よりも金子騎手がミラビリアのセンスを高く買ってくれている。残念ながら今週は除外となったため、来週以降の番組でまた投票を検討します。再度の障害挑戦になるので、次はいいところを見せたいですね」(伊坂重信調教師)
2020/12/4 (美浦トレセン)
11月29日(日)にWコースで5ハロンから0.6秒先行して併せ、70.3-54.6-40.1-12.5を馬ナリに追われ、12月2日(水)にもWコースで5ハロンから0.8秒先行して併せ、69.8-53.6-39.4-13.0を馬ナリに追い切りました。「今朝の稽古でも金子騎手が跨り、実際に走路コースに出して障害を飛ばしました。障害競走のキャリアが少ないため、ミラビリア自身まだ障害物をよく見ながら跳んではいるものの、鞍上の感触も悪くありませんでしたし、先週に比べれば飛越時に完歩が遅れる場面も少なかった。着実に上達していると思います。日曜日にもしっかり障害練習を行い、来週は輸送に備えて追い切りのみでレースに臨むつもり。金子騎手には土日どちらも空けてもらっているので、メンバーをよく吟味したうえで投票したいと考えています」(伊坂重信調教師)
2020/11/27 (美浦トレセン)
「今週は障害飛越の反復練習に時間を使わせてもらっています。金子光希騎手が熱心に稽古を付けていますが、右トモの運びがウィークポイントであることは理解できました。身体の柔軟性というのも影響してはいますが、左トモに比べて右が弱いため、どうしても飛越する際に一完歩遅れてしまう。そのロスがなければ平地の脚からも勝負できる力は十分持っていますので、来週から走路で実際に飛ばしつつ、弱点を克服していければと思います。3回中京開催の二週目(12/12.13)を目標に進めていきます」(伊坂重信調教師)
2020/11/20 (美浦トレセン)
★11/14(土)阪神・摩耶ステークス(ダ1800m・混ハンデ)原優介騎手 結果16着

「輸送の疲れはまだ若干残っているものの、レースで走り切っていないのでダメージはまったく見られません。ただ、今回の内容からも3勝クラスだと少々荷が重いのは確か。ミラビリアの年齢を考えたときに、このまま繁殖入りという話も現実的ではあり、また地方移籍というのも一つの選択肢として挙がるでしょう。それでも自厩舎に来てからの充実度やポテンシャルを考えれば、まだ十分活躍できるのではというのが私の見解です。障害競走に再度1~2戦チャレンジしてみて、もし進展が見られないならそこで考えようという結論でクラブ側とも話をさせてもらいました。この中間から早速、金子光希騎手をパートナーに練習に励んでいますよ。順調に調整が進めば、3回中京開催二週目(12/12.13)の番組には向かえると思います」(伊坂重信調教師)
2020/11/14 (阪神競馬場)
★11/14(土)阪神・摩耶ステークス(ダ1800m・混ハンデ)原優介騎手 結果16着

「指示していた形とはまったく真逆の乗り方で、脚を溜めることができませんでした。気持ちよく走れてはいたのですが、正攻法の競馬で押し切れるほど3勝クラスは甘くないですね。申し訳ありません。ここにきて馬は充実していますし、障害競走に再度チャレンジしてみてもいいと思います」(伊坂重信調教師)
2020/11/12 (美浦トレセン)
☆11/14(土)阪神・摩耶ステークス(ダ1800m・混ハンデ)原優介騎手

7日(土)に坂路コースで4ハロン53.5-39.2-26.0-12.1を単走で馬ナリに追われ、11日(水)には坂路コースで4ハロンから0.5秒追走して併せ、52.4-37.9-24.8-12.6を強めに追い切りました。「週半ばに川須騎手から51kgでは騎乗できそうにないと連絡が入ったため、鞍上は原優介騎手に急遽変更しています。状態面に関しては前走と同じかそれ以上のデキ。3勝クラスともなればメンバーレベルも一気に上がりますが、それでも通用するのではと期待しているほどです。とにかく具合いいですよ。だいぶバランスよく走れるようになってきましたし、今回はリングハミからノーマルのものに馬具を替えて臨みましょう。しっかり前に出して積極的な競馬ができれば、力を発揮してくれるでしょう」(伊坂重信調教師)
2020/11/6 (美浦トレセン)
11月1日(日)に坂路コースで4ハロン54.5-40.0-26.3-12.9を単走で馬ナリに追われ、4日(水)にはPコースで5ハロン68.2-52.5-38.1-11.8を単走で馬ナリに追い切りました。「ここ最近のWコースはウッドチップの入れ替えなどでコンディションが重く、馬に負担がかかりやすいように思えます。もともと背腰にウィークポイントを抱えているミラビリアですから、そういった事情もあって今週はポリトラックコースを選択して追い切らせてもらいました。終いは凄いキレのある走りを披露していましたし、今回も調子自体はいいですね。あとはクラスが上がっての力関係がどうかだけでしょう。来週11/14(土)阪神・摩耶ステークス(ダ1800m・混ハンデ)を予定しており、鞍上は川須栄彦騎手に依頼しています」(伊坂重信調教師)
2020/10/30 (美浦トレセン)
28日(水)に坂路コースで4ハロン57.3-42.0-27.6-13.4を単走で馬ナリに追い切りました。「牧場で少し緩ませた分、まだ内へモタれたりとフォームに歪みが見られますね。体調面は良好に映り、飼い葉食いも安定していますので、徐々にピッチを上げながら矯正していくつもりです。次走は11/14(土)阪神・摩耶ステークス(ダ1800m・混ハンデ)を予定。中山でも勝ち星を上げているように右回り自体は問題ないでしょうし、昇級緒戦で比較的斤量にも恵まれるはずですから、ハンデ差を生かしていい走りができればと思います。鞍上については現在調整中です」(伊坂重信調教師)
2020/10/23 (美浦トレセン)
松風馬事センターで調整され、21日(水)に帰厩しました。

「だいぶ体がフックラして戻ってきましたね。毛ヅヤや馬体の張りからも、前走の疲れはもう残っていないように映ります。クラスが上がって力関係的にどうかの懸念はありますが、次走は11/14(土)阪神・摩耶ステークス(ダ1800m・混ハンデ)に向かわせてください。地方交流競走とはいえ、前走がダート戦で後続に差をつける好内容の競馬。軽ハンデを味方に現状どれくらい太刀打ちできるかで、今後のプランもまた違ってくるでしょう。そのあたりをしっかり見極めたいと思います。週末から徐々にピッチを上げていく予定です」(伊坂重信調教師)
2020/10/16 (松風馬事センター)
馬体重:494kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。今週から騎乗運動に移行していますが、体重が増加傾向にあるように、体調はすこぶる良いですよ。乗り始めて少しハミ受けが屈撓のポイントになかったのですが、性格が良いので以前いた時のことを思い出してくれたようで、すぐに修正できています。そう遠くなく帰厩になりそうだと伊坂調教師から言われているので、このまましっかりと進めていきます」(担当者)
2020/10/9 (松風馬事センター)
馬体重:481kg
3日(土)に松風馬事センターに移動しました。

「現在は20~30分の程度のロンジングの運動で調整中です。-14kgで出走した前走後、先週末にこちらに入場してきた時は469kgまで回復していましたが、今週に入って更に10kg以上増えました。体重を増やしてきたので、動かしても問題ないと思い、今週から調教進度を上げています。もう少しの間は現状のメニューで、リフレッシュを図りながら進めていくつもりです」(担当者)
2020/10/2 (美浦トレセン)
★9/28(月)盛岡・東京カップけやき賞(ダ1800m)山本聡哉騎手 結果:優勝
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整を進めることになり、明日10月3日(土)に移動予定です。

「完勝と言える強い内容の競馬でしたね。お預かりしたばかりなので前との比較はつきませんが、まだトモに力が付き切っていない印象ですし、障害練習の効果も大きかったんだと思います。前のめりな姿勢で、フォーム矯正に取り組んでいけばもっと推進力が増すはずですから、クラスが上がっても今後楽しみですよ。しっかり走り切った様子でレース後はさすがに疲れが窺えます。馬体回復も兼ねて一旦近郊で一息入れてやり、次走に向けて仕切り直したいと思います」(伊坂重信調教師)
2020/9/28 (盛岡競馬場)
馬体重:456kg
★9/28(月)盛岡・東京カップけやき賞(ダ1800m)山本聡哉騎手 結果:優勝

「-14kgの馬体重でしたが意識的に絞ったわけではなく、飼い葉もちゃんと食べれている中での数字でしたから、むしろこれくらいが適正なのかもしれません。ハナには拘らずともなるべく前目に付けてほしいとジョッキーには指示を出していましたが、好位のインでジッと我慢して、勝負どころから一気にスパート。さすが地元のエースと唸らせる好騎乗でしたね。2着以下を大きく引き離す強い内容の競馬で、ミラビリアも本当によく頑張ってくれました。転厩初戦で前との比較はできませんが、石毛厩舎のもとで障害練習を重ねてきた効果も大きいのだと思います。私の厩舎も開業してこれが嬉しい初勝利となりました。良い馬を預けてくださり本当に感謝しています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします」(伊坂重信調教師)
2020/9/25 (美浦トレセン)
☆9/28(月)盛岡・東京カップけやき賞(ダ1800m)山本聡哉騎手

20日(日)に坂路コースで4ハロン56.9-41.6-27.2-13.4を単走で馬ナリに追われ、23日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.7秒追走して併せ、51.7-37.6-24.7-12.4を一杯に追い切りました。「指示していたよりも速い時計になってしまいましたが、実際それくらい状態面の良さが感じられます。走るフォームもだいぶ良くなってきましたし、中身に関してはもう十分出来上がっている。満足いく仕上がりでレースに臨めそうです。想定段階では中山の番組と両睨みで検討していましたが、メンバー構成を吟味し、また地元のトップジョッキーも確保できたため、最終的に盛岡の交流競走のほうを選択させていただきました。条件や距離に関しては心配していませんので、あとは輸送を無事こなしてレースに臨めたらと思っています」(伊坂重信調教師)
2020/9/18 (美浦トレセン)
13日(日)に坂路コースで4ハロン57.3-42.8-27.7-14.2を単走で馬ナリに追われ、16日(水)にはWコースで5ハロンから1.2秒先行して併せ、67.1-51.5-38.0-11.9を馬ナリに追い切りました。「お預けいただいた際から馬体の良さは目に付いていましたが、乗り込むにつれてより見栄えするシルエットに変貌してきましたね。調教後の乳酸値測定でも数値が安定しており、日頃からいい負荷をかけて稽古に臨めています。このクラスでやれるだけのポテンシャルは秘めていると思います。今週末期限の地方交流競走9/28(月)盛岡・東京カップけやき賞(ダ1800m)に申込する予定で、もし選出されないようなら来週9/26(土)中山・3歳上2勝クラス(ダ1800m・牝)に3kg減の小林凌大騎手で向かうつもりです」(伊坂重信調教師)
2020/9/11 (美浦トレセン)
6日(日)に坂路コースで4ハロン60.2-44.2-29.0-15.1を単走で馬ナリに追われ、9日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.8秒追走して併せ、52.6-38.8-25.2-12.4を馬ナリに追い切りました。「口向きにやや難しさを抱えているものの、やれば時計は出てしまうタイプ。水曜日の追い切りに跨らせてもらった感触からは、もっと体全体を使って走れるようになれば、このクラスでも十分やっていけるだけの資質を持っていると思います。休み明けを叩いて中身自体はほぼ整っていますので、次走に向けてはフォーム矯正に重点的に力を入れていくつもりです。今週末が期限の地方交流競走9/28(月)盛岡・東京カップけやき賞(ダ1800m)に申込を入れさせてもらいます」(伊坂重信調教師)
2020/9/4 (美浦トレセン)
8月30日(日)に坂路コースで4ハロン56.2-41.1-27.5-13.8を単走で馬ナリに追われ、9月2日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.2秒追走して併せ、55.4-40.2-26.2-12.7を馬ナリに追い切りました。「障害競走を使った後も特に大きなダメージは残っていません。やや前のめりな走りでフォームを矯正していく必要はありますが、乗り込んでトモがしっかりしてくればまだ変わってきそうですよ。少しでも涼しい時間帯に乗るようにして、暑さにバテないようケアしながら進めていきます。9/26(土)中山・3歳上2勝クラス(ダ1800m・牝)または9/28(月)盛岡・東京カップけやき賞(ダ1800m)を予定しています」(伊坂重信調教師)
2020/8/29 (美浦トレセン)
松風馬事センターで調整され、28日(金)に美浦・伊坂重信厩舎に入厩しました。

「厩舎に来たばかりでまだ手探りの状況ですが、牝馬の割にどっしりと構えられているので扱いに困るところはありません。使った後の疲労やダメージも残っていないようですし、自厩舎で調整を進めさせてください。入障後の2戦を見る限りでは、フワフワしていて飛越がそれほど上手ではないタイプ。2勝クラスはそれほど節を必要としなくても出走が叶いますし、牝馬限定の番組が組まれているのも魅力なため、一旦平地に戻して9/26(土)中山・3歳上2勝クラス(ダ1800m・牝)を次走目標に据えましょう。クラブサイドから要望のあった9/28(月)盛岡・東京カップけやき賞(ダ1800m)にも申込を入れるつもりです」(伊坂重信調教師)
2020/8/21 (美浦トレセン)
★8/16(日)新潟・障害3歳上未勝利(芝2850m・混)蓑島靖典騎手 結果7着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、19日(水)に移動しました。
また、今後の出走方針およびスケジュールについて石毛善彦調教師と協議した結果、ここで他厩舎に環境を変えて再出発を図ることになりました。
美浦・伊坂重信(イサカシゲノブ)厩舎への転厩が決定しています。

「結果につなげられればの思いで小倉での滞在競馬、次に障害と挑戦してきましたが、思い描くような成績を出せていないのは事実です。また違う手法で取り組むことにより馬の力が引き出せるということは大いに考えられますので、今回の転厩という話になりました。馬自身はまだ前進していけるだけの力はあるのは感じていて、新しい障害というものに挑戦できたこともそうです。どうしても疲れが溜まりやすいところがあるミラビリアですが、意識して進めてきた分、前走時よりは幾分かはダメージは少ないように感じられます。レースでの疲れをとる時間は必要になるものの、今回はそこまで時間を要さないでいいかもしれません。少しでもいい形で次の厩舎に渡せればと思います」(石毛善彦調教師)
2020/8/16 (新潟競馬場)
馬体重:470kg
★8/16(日)新潟・障害3歳上未勝利(芝2850m・混)蓑島靖典騎手 結果7着

「ジョッキーは『他の馬が近づいてくるとそちらに気を取られてフワフワするところがあるので、飛越の際には周囲との距離を気に掛けながら飛ばしてあげた方が良さそうです』と話しています。課題は残るものの2戦目の分、慣れたのもあって良くなってきたのを感じられました」(石毛善彦調教師)
2020/8/13 (美浦トレセン)
☆8/16(日)新潟・障害3歳上未勝利(芝2850m・混)蓑島靖典騎手

12日(水)にPコースで5ハロン68.4-52.5-38.5-12.4を単走で馬ナリに追い切りました。「先週末は障害練習をビッチリおこなっています。ボンボンと安定した飛越を見せてくれましたよ。昨日の追い切りでもやはりいい動きで、そこからもここまでの過程の順調さが感じられるのではないでしょうか。跨ったジョッキーも前走時と比較して状態の良さを感じてくれたようです。悪くなかった入障緒戦を経て2戦目である今回は前進を期待しましょう」(石毛善彦調教師)
2020/8/7 (美浦トレセン)
5日(水)にPコースで5ハロン66.8-52.5-39.2-12.2を単走で馬ナリに追い切りました。「トモへの疲労の蓄積を避けるために今週はPコースを使用しての時計消化。先週同様に直線でいい脚を見せてくれています。障害練習については追い切りから間隔を空けて週末におこなう予定です。前回は障害試験からレースまで一気にいきましたが、今回は疲れが溜まらないように対策をとりながら進めてこれている分、前走よりも一段階いい状態で向かえそうですよ」(石毛善彦調教師)
2020/7/31 (美浦トレセン)
31日(金)にBコースで5ハロン71.6-56.2-41.8-12.4を単走で馬ナリに追い切りました。「水曜日に障害練習をおこなっています。角馬場とスタンド前の障害をそつなくこなしてくれました。やはり飛越については苦手意識というのもなく、淡々と数をこなせば上達していけるでしょう。トモに疲れが溜まらないように障害練習から一日空けて、追い切りは本日おこなっています。先週よりも一段階上げて、その中でも特に直線での動きが良かったのが印象的でした。このままの流れでいきましょう」(石毛善彦調教師)
調教師)
2020/7/24 (美浦トレセン)
22日(水)にCコースで5ハロン74.2-58.2-43.4-15.5を単走で馬ナリに追い切りました。「火曜日から障害練習を再開しています。まずは角馬場の障害物からスタートして問題ないことを確認したので、この後はスタンド前等の障害に移行していく予定です。元々飛越自体に大きな心配はしていません。スタミナがついてくればいいパフォーマンスができるはずなので、しっかりと負荷をかけながら乗り込んでいければと考えています」(石毛善彦調教師)
2020/7/17 (美浦トレセン)
ケイツーステーブルで調整され、15(水)に帰厩しました。

「前回は障害試験から障害デビューと一気に駆け抜けたのもあって、疲れが顕著に出ましたよね。しっかり立て直すのに時間をかけた後、丹念に乗り込みを重ねて戻ってきています。レースまであと1か月、2戦目で大きく前進できるよう態勢を整えていきましょう」(石毛善彦調教師)
2020/7/10 (ケイツーステーブル)
馬体重:486kg
「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター2000~3000m(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。ペースを変えずに乗り込んでいますが、背腰の張りは乗り越えつつあります。この中間はどこか治療おこなったりしていませんし、順調に進められていると思います。8月半ばの新潟開催が目標と聞いているので、逆算しながら仕上げていきます」(担当者)
2020/7/3 (ケイツーステーブル)
馬体重:486kg
「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター2000~3000m(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。今週は更にペースを上げて乗り込んでいます。ここまで乗ってきたなりに背腰に張りが出てきたので、どこかのタイミングで治療をおこなおうと考えています。ただ、大きな問題はありませんし、それなりに順調にきているので、このままケアをしながらしっかり乗り込んでいくつもりです」(担当者)
2020/6/26 (ケイツーステーブル)
馬体重:488kg
「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター2000~3000m(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から少しペースを上げて乗り込んでいます。背腰が張りやすいところはありますが、この馬にしては良い方。体重が少しずつ増加しているように体調面も良好なので、このまましっかり負荷を掛けていきます」(担当者)
2020/6/19 (ケイツーステーブル)
馬体重:484kg
「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター2000~3000m(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。今週から本格的な騎乗運動をおこなっています。背腰の硬さが取れて、動きもだんだんとスムーズになってきました。状態は徐々に戻ってきている感じがします。このままペースを上げて乗り込んでいくつもりです」(担当者)
2020/6/12 (ケイツーステーブル)
馬体重:480kg
「現在は角馬場でダクの運動にとどめています。長針治療の効果で疲労は取れてきていて、硬さも大分抜けてきたので、昨日から軽めの騎乗運動をおこなっています。体重も戻りつつあるので、痛いところが取れて体が少しずつ楽になってきているのでしょう。順調な回復を見せていますよ。様子を見ながら徐々にピッチを上げていきたいと考えています」(担当者)
2020/6/5 (ケイツーステーブル)
馬体重:478kg
「現在は30分程のウォーキングマシンの運動にとどめています。到着後はかなり疲れが見られたので、念のため血液検査をおこないましたが数値は問題ありませんでした。全体的に疲労感があり、左トモや背中も痛かったので、長針治療を施しています。もともと背中に筋肉が付きにくく、張りやすいタイプなので障害を経験したこともあり、一気に疲れが出たんでしょう。昨日まで舎飼にとどめ、今日からウォーキングマシンでの運動をおこなっています。1週間ぐらいは様子を見て、全体的な硬さが取れてきたら騎乗運動に移行したいと考えています」(担当者)
2020/5/29 (ケイツーステーブル)
★5/24(日)新潟 障害4歳上未勝利(芝2890m)蓑島靖典騎手 結果10着
この後は美浦近郊のケイツーステーブルで調整することになり、27日(水)に移動しました。

「さすがにトモに顕著な疲れが見えますので、ここで一旦楽をさせる時間を設けます。どこかを痛めているというのではなく疲れさえとれればスムーズに次に向けて調整を再開できるでしょう。ミラビリアに関しては飛越のさらなる練習というよりは、障害というタフなレースに対応できる体力をつけることが優先かと思います。乗り込んだ先にはさらにいいレースができるはずです」(石毛善彦調教師)
2020/5/24 (新潟競馬場)
馬体重:474kg
★5/24(日)新潟 障害4歳上未勝利(芝2890m)蓑島靖典騎手 結果10着

「初めての障害戦でしたのでやはり戸惑ったところがあるようですね。蓑島は『飛越は基本的には無難にこなせていたと思います。初めてだからか気を遣いながらというのが感じ取れたので、まずは慣れが必要ですね』と話しています。確かに馬自身がまだペースをわかっていないところがありますね。最初の方は行きたがる感じがあって、道中はフワっとするようなところもありました。真っすぐ飛べていましたのでペースさえ掴めれば悪くないのではないでしょうか」(石毛善彦調教師)
2020/5/21 (美浦トレセン)
☆5/24(日)新潟 障害4歳上未勝利(芝2890m)蓑島靖典騎手

17日(日)にWコースで5ハロン68.1-52.6-39.2-12.2を単走で強めに追われ、20日(水)にはCコースで5ハロン74.3-58.5-44.1-14.3を単走で馬ナリに追い切りました。「週末のうちにある程度しっかりと負荷をかけた追い切りを消化し、水曜日はレースでコンビを組む蓑島に特徴を掴んでもらうことに重きを置いています。角馬場とスタンド前の障害を飛ばしてからの15-15程度の追い切りで、最初は様子を見ながらという具合でしたが、後半にいくにしたがって形になっていましたね。レースにいってみると練習とはまた勝手も違ってミラビリアも戸惑うことがあるかもしれません。鞍上にはそこを上手くなだめながら導いてもらいましょう」(石毛善彦調教師)
2020/5/15 (美浦トレセン)
13日(水)に障害試験を受験し、無事合格しました。

「火曜日に予行練習をして、水曜の試験に臨みました。無事に一発で合格。一緒に試験を受けたパートナーにペースを合わせる形をとったので、114秒という時計は目立つものではありませんが、手応え自体には余裕がありました。もう少し時計を詰められるだけの感触はあったので、まずまず悪くないのではないでしょうか。飛越も無難にこなせていましたよ。ここで反動が出れば一旦小休止をはさむことも検討していましたが、このまま変わりなくいければ来週の出走を考えています」(石毛善彦調教師)
2020/5/8 (美浦トレセン)
「今週も順調に障害練習をこなしています。スタンド前にある3つの連続した障害もクリアしたので、昨日はさらに一段階進めて水壕、竹柵、小さなバンケットにも挑戦しました。思っていた以上にすんなりと進められていると言えるでしょう。それを表すかのように来週火曜日に予行練習をして、翌日に試験を受けるプランでいこうとジョッキーとも話しています。気持ちが途切れることなくこれていますので、このままの流れでいきたいですね」(石毛善彦調教師)
2020/5/1 (美浦トレセン)
北総ファームで調整され、4月29日(水)に帰厩しました。

「中間に様子を見に行った時よりもさらにいい馬体になって戻ってきています。昨日より早速障害練習を開始。角馬場の障害を飛ばして、スタンド前にある3つの障害のうちの1つも飛ばしています。上野に稽古をつけてもらいましたが、スタートとしては悪くない評価をもらえました。ミラビリア自身も真面目に取り組んでいます。難易度が高くなっていくと嫌気を差すようなことがあるかもしれませんので、その辺りには気を配りながら着実に進めていきましょう」(石毛善彦調教師)
2020/4/24 (北総ファーム)
「現在は500mの馬場をダクとキャンター3000m(上限20秒ペース)を右回りと左回りで各1セットのメニューで、障害練習も並行しておこなっています。この中間も障害調教を織り交ぜながら、至って順調に進められています。体調面も良好ですし、そろそろ声が掛かっても問題なさそう。帰厩までしっかりと積み重ねていきたいと思います」(担当者)
2020/4/17 (北総ファーム)
「現在は500mの馬場をダクとキャンター3000m(上限20秒ペース)を右回りと左回りで各1セットのメニューで、障害練習も並行しておこなっています。今週も週1回は走路障害での調教を取り入れながら進めています。外傷部はもう全く気になりませんし、順調そのもの。石毛調教師から確認の連絡が来たので、『問題なく進められている』と伝えてあります。声が掛かるまでしっかりと進めていきます」(担当者)
2020/4/10 (北総ファーム)
「現在は500mの馬場をダクとキャンター3000m(上限20秒ペース)を右回りと左回りで各1セットのメニューで、障害練習も並行しておこなっています。先週末から走路障害での調教を取り入れていて、本日もおこないました。無難にこなしていますし、飛越も安定していますね。飛節部の外傷も乾いていて問題ない状態です。このまましっかりと態勢を整えていきます」(担当者)
2020/4/3 (北総ファーム)
「現在は500mの馬場をダクとキャンター3000m(上限20秒ペース)を右回りと左回りで各1セットのメニューで、障害練習も並行しておこなっています。角馬場での障害練習は3回おこないましたが、飛越はいい感じなので、今週末から走路での障害練習に切り替えるつもりです。左飛節部の外傷はもう問題なさそうなので、このまま進めていきたいと考えています」(担当者)
2020/3/27 (北総ファーム)
「現在は500mの馬場をダクとキャンター3000m(上限20秒ペース)を右回りと左回りで各1セットのメニューで、障害練習も並行しておこなっています。23日(月)に障害を飛ばしてみましたが、素直に飛んでいて上手でしたよ。体調面も良好ですし、このまま週1回の障害練習をおこないながら進めていく予定です」(担当者)
2020/3/20 (北総ファーム)
「現在は角馬場でダクとハッキングのメニューで調整中です。左飛節の外傷部は、まだ完全な状態とは言えませんが、大きな問題もありません。今週末から障害練習を取り入れながら進めていこうと考えているところ。体調面も良好ですし、元気がある状態ですよ」(担当者)
2020/3/13 (北総ファーム)
「現在は角馬場でダクとハッキングのメニューで調整中です。左飛節の外傷はそこまで大したことはなく、大きな問題もないので軽めの騎乗運動に移行しました。もう少し様子を見ながら進めていくつもりですが、この分であればどんどん進めていけそうです」(担当者)
2020/3/6 (北総ファーム)
この後は北総ファームで調整することになり、2月29日(土)に移動しました。

「現在は30分のウォーキングマシンのみにとどめています。輸送中に負ってしまったようで、到着後は左飛節に外傷が見られたので、現状のメニューで回復を待ちながら進めています。獣医師からは1週間ほどは様子を見た方が良いとのことでした。来週11日(水)から軽めの騎乗運動をおこなっていく予定です」(担当者)
2020/2/28 (美浦トレセン)
★2/22(土)小倉・早鞆特別(ダ1700m・混)柴田大知騎手 結果16着

「ジョッキーも手応えが良かったと言っていますので、その中で心房細動の発症となり何とも申し訳ない気持ちです。当日の夕方と翌日にも心電図を撮って異常がないことは確認済みで、一過性のものではないかという見立て。火曜日に小倉を出発し馬運車の中でぶつけたのか飛節の部分に軽い傷を負っていますが、それ以外は問題なくこちらに到着しています。それでもここまでの過程の中で蓄積してきた疲れがありますので、近日中に近郊に出して疲れを取ってから障害練習をおこなう予定です」(石毛善彦調教師)
2020/2/22 (小倉競馬場)
馬体重:468kg
★2/22(土)小倉・早鞆特別(ダ1700m・混)柴田大知騎手 結果16着

「前走同様にチークピーシズ着用。その前走から3週にわたって追い切りに跨らせてもらって、具合の良さ、叩き2走目の上積みを感じていました。スタートからスムーズに最初のコーナーを迎え、1番人気の馬の外のポジションで、向正面まではリズム良く追走できていたのですが。3コーナー手前から手応えが怪しくなり始め、バタバタになってしまいました。脚元の故障ではないと思いますが、詳細な原因はわかりません。申し訳ありませんでした」(柴田大知騎手)

※競走中に疾病〔心房細動〕を発症。「タイムオーバーによる出走制限」の適用は除外されます。
2020/2/20 (小倉競馬場)
☆2/22(土)小倉・早鞆特別(ダ1700m・混)柴田大知騎手

19日(水)にダートコースで5ハロンから0.7秒追走して併せ、67.5-52.9-38.8-12.2を強目に追い切りました。「向こうでの追い切りの動きも良くなっているのは時計からも感じられますが、実際に跨っているジョッキーもその良化具合を感じて伝えてくれていますよ。先週の芝を見送って今週のダートのチャンスを狙っていたものの、昨日の段階で抽選対象。今日になって動きがあり締め切り間際でミラビリアでぴったりという状況。他から回ってくるのではないかとヒヤヒヤしましたが、何とか希望のレースでの出走が叶っています。状態が上がってきているところなのでしっかりと力を出してもらいましょう」(石毛善彦調教師)
2020/2/14 (小倉競馬場)
12日(水)にダートコースで5ハロンから0.6秒追走して併せ、68.2-54.3-40.7-12.9を馬ナリに追い切りました。「体調も良さそうに映りますし、水曜日の追い切りでも楽に動けていましたね。使って良くなってきているのを感じているところです。今週も特別登録はさせてもらい、ここで芝を試してみようかとも考えてはみました。ジョッキーとも意見を交わしてみましたが、馬場状態を考えたらやはりダートがいいだろうとのこと。最終週になって希望する番組で出走できるかどうかというと非常に微妙なラインだとは思います。それであってもより適した条件での出走できる可能性があるのなら、そこに挑戦させてください」(石毛善彦調教師)
2020/2/6 (小倉競馬場)
2/09(日)小倉・和布刈特別(ダ1700m・混ハンデ)山田敬士騎手 除外(非抽選)

5日(水)にダートコースで5ハロン74.3-58.1-43.0-13.3を単走で馬ナリに追い切りました。「疲れを感じさせた腰は先週の時点でしっかりとケアを施しておいたので、問題なく今週より通常メニューに戻しての調整をしています。特別登録の頭数的にはかなり厳しい状況であることは感じていました。ただ、わずかでも可能性があるのならと50kgで騎乗できるジョッキーを先に確保。昨日の想定の時点では1頭でも他に回れば抽選対象になると希望が見えた気がしたのですが、今日になってまた頭数が増えて抽選にもかからず。50kgで走らせてみたかったですよね。最終週にあるダート1700m戦を目指すつもりです。ただし、場合によっては来週の特別登録をして選択肢を残しておきたい考えもありますので、登録頭数を見ながら判断しましょう」(石毛善彦調教師)
2020/1/31 (小倉競馬場)
★1/25(土)小倉・響灘特別(ダ1700m・牝)柴田大知騎手 結果15着

「しっかりと作り込めた分、もう少しやれていいはずと思ってしまいます。怯んだりという面も見られなかったと聞くと、なおさらもっと前につけたかったですよね。今回は時計が早かったのももちろんありますから、ここから馬場状態等が変わってくればミラビリアに向く流れになってもおかしくありません。レース後は腰に疲れを感じさせたので、必要な処置を施しています。それ以外は気にかかる点はありませんので、このまま滞在しながら調子を上げていきましょう」(石毛善彦調教師)
2020/1/25 (小倉競馬場)
馬体重:462kg
★1/25(土)小倉・響灘特別(ダ1700m・牝)柴田大知騎手 結果15着

「チークピーシズの効果で集中力も高まっているようでしたし、前々で進めたかったのですが、他馬が速過ぎましたね。このクラスに昇級後の結果からも、なんとか一つでも上の着順をと思って、砂を被るリスクを覚悟で、距離ロスのない経済コースのインを選びました。多少の砂を被っても大丈夫でしたし、馬込みの中でもヒルんだりする面もなかったですよ。このまま小倉に滞在する予定と聞いていますので、次はガラッと変わってきても不思議ではないと思います」(柴田大知騎手)
2020/1/23 (小倉競馬場)
☆1/25(土)小倉・響灘特別(ダ1700m・牝)柴田大知騎手

22日(水)にWコースで5ハロン74.7-59.1-44.1-13.6を単走で馬ナリに追い切りました。「先週の土曜日にこちらを出発して日曜日に到着。輸送熱が出ることもなく、飼い食いが落ちることもなくスムーズに小倉での調教に移行できています。現地ではジョッキーに付きっきりで稽古をつけてもらって、昨日の追い切りではイメージしていた内容で最終調整ができました。こちらでビッシリと仕上げたので、向こうではあえて軽めの内容。時間経過に比例して良くなってきましたから、合うであろう小倉のコースでいいところを見せてほしいですね」(石毛善彦調教師)
2020/1/17 (美浦トレセン)
16日(木)にWコースで5ハロン66.9-53.2-40.5-12.5を単走で一杯に追い切りました。「小倉への移動前のこちらでの最終調整。ビッチリと追ってよく動けていましたよ。最初にミラビリアを見た時はちょうどガタっときてる時でしたので、その頃と比較して当然全ての点において良くなっていますし、トモの感じも見違えるほどです。元々稽古から動けるとは聞いていましたが、それを実感している最近。週末に小倉に移動して2週目のレースに備えます。ジョッキーをあたる中で感じるのは頭数がそろっているかもしれないということ。いずれにしろより良い状態で臨めるようまずは輸送をクリアしてもらいたいですね」(石毛善彦調教師)
2020/1/10 (美浦トレセン)
9日(木)にCコースで5ハロンから0.3秒追走して併せ、69.9-54.2-40.3-12.8を馬ナリに追い切りました。「昨日は馬場が悪い中での時計消化。年明けから併せ馬を取り入れて、動きはもちろんのことトモの具合もずいぶんと良くなってきましたね。最初は集中してるのですが、最後になるとフっと気を抜くところがあるので、前に目標を置くことで最後まで持続するようにというのを意識しています。徐々に態勢は整ってきていますので、小倉開催の2週目を目指す考えです」(石毛善彦調教師)
2019/12/27 (美浦トレセン)
25日(水)にCコースで5ハロン74.4-57.9-43.3-14.9を単走で馬ナリに追い切りました。「ケイツーステーブルで見た時には背中を丸めて歩いているようなところがありましたが、しっかりケアされた分、解消されていますね。走らせてみると走り始めはグッと集中できていますが、もしかすると併せると引っかかるのかなという印象。まだトモが本物ではありませんので最低でもあと2本はやりたいですね。年明けの具合を見て目標を定めていこうと考えています」(石毛善彦調教師)
2019/12/20 (美浦トレセン)
18日(水)にCコースで馬ナリに追い切りました。「靄により計測はできていませんが、入厩して1本目はダートから動かしています。外厩では治療をメインにしていたのもありますので、まずは15-15程度で様子を見ているところです。テンはハミをとってグングンいくのですが、向こう正面になると緩めてと、緩急のついた走りができるのは悪くないと思いますよ。週末の様子を見ながらペースアップの度合いを検討していくつもりで、まだ1本だけですしもう少し進めていってから目標を定めていくのがいいでしょう」(石毛善彦調教師)
2019/12/13 (美浦トレセン)
ケイツーステーブルで順調に調整され、12日(木)に美浦・石毛善彦厩舎に入厩しました。

「中間にケイツーステーブルに様子を見に行っていました。そこではあと少しケアにかける時間が欲しいという話で、私としてもトモに力強さがほしいと感じたので、状態が上がってきているこのタイミングで入厩させています。まずは動きを見ながら具体的な目標を定めていくつもりです」(石毛善彦調教師)
2019/12/6 (ケイツーステーブル)
馬体重:485kg
今後の出走方針およびスケジュールについて中舘英二調教師と協議した結果、ここで他厩舎に環境を変えて再出発を図ることになりました。
美浦・石毛善彦(イシゲヨシヒコ)厩舎への転厩が決定しています。
このまま調整を進めて年内の検疫での入厩を予定しています。

「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター3000~4000m(18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。多少硬さが残っていますが、概ね順調にきています。背腰が硬くなりやすいのでケアをしながら進めていますよ。年内にはトレセンに移動と聞いているので、しっかりと態勢を整えていきます」(担当者)
2019/11/29 (ケイツーステーブル)
馬体重:485kg
「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター3000~4000m(18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。騎乗運動を続けていくと背腰が張りやすい馬ですが、今回は筋肉が付いてきた分以前と比べても大分良い感じですね。緩さは取れてきましたし、いい状態になりつつありますよ」(担当者)
2019/11/22 (ケイツーステーブル)
馬体重:485kg
「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター3000~4000m(18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。負荷を強めて乗り込んでいますが、クタッとくることはありません。毛艶が良くなってきたように、体調面も問題ないと思います。腹袋も出てきましたし、着実に良化していますよ。このまましっかり進めていきたいと考えています」(担当者)
2019/11/15 (ケイツーステーブル)
馬体重:490kg
「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター3000~4000m(18秒ペース)のメニューで調整中です。11日(月)に2回目のショックウェーブ治療を施しています。大分柔らかみが戻ってきましたし、いい動きをするようになってきましたよ。飼い葉をよく食べ、毛艶も良好ですし、体調も上向いてきたと思います。もう心配のいらないレベルまできたはずなので、今後は様子を見ながらペースアップを図っていく予定です」(担当者)
2019/11/8 (ケイツーステーブル)
馬体重:490kg
「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター3000~4000m(18秒ペース)のメニューで調整中です。飼い葉食いが良くなってきて、体重も着実に増加しています。体調面も良くなってきたことで、全体的に大分柔らかみが戻ってきました。じっくりと進めていることで代謝が良くなって毛艶も良好。内面から充実してきた感じがします。どこかのタイミングでもう1度ショックウェーブ治療で出来ればもう問題ないと思います」(担当者)
2019/11/1 (ケイツーステーブル)
馬体重:476kg
「現在は屋外ダートコースと坂路を併用して、ダクとキャンター2000~3000mのメニューで調整中です。こちらに入場してきてまず感じたことが、全体的な体の硬さ。翌日にショックウェーブ治療を施しています。大分柔らかみは出てきましたが、この感じだとこの1回では完全に解れないと思うので、もう1度処置が必要かもしれません。体も細いのでフックラとさせながら、まずは体をつくっていくことを重点に置いて進めていきます」(担当者)
2019/10/25 (ケイツーステーブル)
この後は美浦近郊のケイツーステーブルで調整を進めることになり、本日25日(金)に移動しました。

「今週は別のジョッキーを乗せての障害練習。飛越も無難にこなせていて悪くありません。ただ、歩様のガタガタ感が抜けきりませんし、このまま進めていくには状態も心許ない印象。ここのところレースを一度使っての消耗というのが以前と比べて大きくなっているのを感じています。一旦仕切り直す時間を設けた方が良いでしょう」(中舘英二調教師)
2019/10/18 (美浦トレセン)
「水曜日には石神に障害を飛ばしてもらって、昨日は自分が跨って通常の乗り込み、今朝は障害というメニュー。自分で乗った感触としてはやはりガタガタ感が抜けきっていないのは否めません。それでも芝のレースの後と比較するといくらかは緩和されています。石神も悪くない印象をつかんでるようなので、できることならこのまま障害試験までいきたいところです。ただ、そのまま障害に一直線というよりも選択肢を多くしておこうという考え。1回1回の状態を確認しながら進めていきます」(中舘英二調教師)
2019/10/11 (美浦トレセン)
★10/06(日)新潟・菅名岳特別(ダ1800m・牝)藤田菜七子騎手 結果13着

「もう少し楽に前に行かせてもらえればというのはありますけど、レースというのはそれをどうこう言えるものではありません。自分自身で跨ってみても稽古ではよく動けているのを感じています。だからこそ、これまで距離だったり馬具だったり、レース選択だったりと考えてきたのですが、結果は結果として受け止めるほかありません。こちらに戻ってきて、前回の芝ほどではないけどもガタガタと硬さを見せています。今日まで楽をさせた分、回復傾向にはあるので、もう少し様子を見た上でこの後のプランを考えるつもりです」(中舘英二調教師)
2019/10/6 (新潟競馬場)
馬体重:470kg
★10/06(日)新潟・菅名岳特別(ダ1800m・牝)藤田菜七子騎手 結果13着

「キックバックを嫌がるとは聞いていましたが、少しでも砂を被ると過剰な反応を見せたので、だからこそ余計に位置を取りに行きました。ただ、前走は楽に前に行けたのに、今日はポジションを取るのに脚を使ってしまって…。けっこう頑張って押していってという具合なので、それが影響して早めに苦しくなってしまいました。もう少し楽に取れれば、最後もうひと頑張りできると思います」(藤田菜七子騎手)
2019/10/3 (美浦トレセン)
☆10/06(日)新潟・菅名岳特別(ダ1800m・牝)藤田菜七子騎手

「モヤにより計測はできていませんが、Wコースで単走で追い切っています。先週の時点でしっかり動けるのはわかっていますので微調整のイメージ。乗り手の感触としても悪くなかったよう。飼い葉も食べてますし、この調子で新潟への輸送までにもう少し増やせればというところです。見た目に少しばかり細く感じられても、調教での動きは変わらないように自身の力を出せる状態にはあります。今回もブリンカー着用で臨みましょう」(中舘英二調教師)
2019/9/27 (美浦トレセン)
26日(木)にWコースで5ハロンから0.2秒先行して併せ、67.8-53.3-39.4-12.2を馬ナリに追い切りました。「やっぱり攻め馬での動きはいいですね。時計で見ても、実際の動きを見ても褒めていい内容だったと思います。調整過程としてはいい流れなので、あとはもう少し馬体重を増やして送り出したいというのがあるので、そのあたりは意識しながら仕上げていきます。新潟への輸送もありますからね。稽古の動きには文句はありませんので、あとはそれがレースでにしっかり直結さえすればというところでしょう」(中舘英二調教師)
2019/9/20 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、18日(水)に帰厩しました。

20日(金)にWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、73.8-58.4-42.7-13.1を馬ナリに追い切りました。「前走後は芝を使った分ゴトゴトの解消までには時間を要しましたが、疲れもとれたいい状態で戻ってきています。今日は脚ならしなので軽めに。次走に向けてのスタートとしては順調と言えるでしょう。跨った感触としては馬体重よりも細く感じられますが、特段どこが悪いというのはなさそうです」(中舘英二調教師)
2019/9/13 (松風馬事センター)
馬体重:492kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き障害練習と両立したメニューで進めていて、順調にこなせていますよ。安定した積み重ねが出来ているので、このままの感じで乗り込んでいきたいと思います。帰厩はそう遠くない感じですので、しっかり態勢を整えていきます」(担当者)
2019/9/6 (松風馬事センター)
馬体重:489kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。安定した乗り込みを継続できていて、いい感じで進めることが出来ています。障害練習も引き続きおこなっていて、今は蓄積させているところですが、飛越もしっかり覚えていて全く問題ないレベル。このままどんどん進めていきましょう」(担当者)
2019/8/30 (松風馬事センター)
馬体重:486kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。背腰の張りが取れて馬体は安定した状態になってきました。疲れももうありませんよ。今は障害の復習も兼ねながら進めているところですが、以前練習した内容を覚えていますし安心できるレベルで推移しています。このまましっかり乗り込んでいきたいと思います」(担当者)
2019/8/23 (松風馬事センター)
馬体重:486kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。体のあちこちが疲れていましたが、ロンジング運動から立ち上げ、ゴツゴツ感が取れてきたので騎乗運動を開始しました。もう心配ないレベルまで回復してきましたよ。このまま乗り込みを継続しながら、障害の復習もおこなっていきたいと思います」(担当者)
2019/8/16 (松風馬事センター)
馬体重:483kg
「現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。背腰を重点にトモもかなりくたびれていたので、ここまでは回復の期間に充てています。徐々に回復してきた様子なので、週末から騎乗運動を始めていこうと考えています。夏バテの兆候はありませんし、硬さも見られないので、このまま進めていけると思います」(担当者)
2019/8/9 (松風馬事センター)
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、本日9日(金)に移動しました。

「疲れを取りながら進めていくのをイメージしていましたが、まだ体の硬さが完全には抜けません。芝を走った分というのだけでなく、ミラビリアが一生懸命走ったからというのもあるのでしょう。障害のセンスを確かめてもらおうと石神に跨ってもらっても、『今のこのゴトゴトした感じでは正確な判断は難しいです』と話していましたから、一度しっかりと立て直す時間を設けることにします」(中舘英二調教師)
2019/8/2 (美浦トレセン)
★7/28(日)新潟・月岡温泉特別(芝1600m・混)藤田菜七子騎手 結果12着

「元々は短いところを使ってきたのもあって、前に行けるスピードはありますよね。ただ、常に隣に他の馬がいながらというのは決して楽な流れではありません。元来の体の硬さというのもありますから、それを考えると現状ダートの方が良いのではないでしょうか。レースを終えて乗り出しを開始していますが、やはり芝を使った分、全体的に硬くなっているのは否めません。一度障害センスの確認をしてみたいのもありますので、もう少し様子を見て今後のプランを考えるつもりです」(中舘英二調教師)
2019/7/28 (新潟競馬場)
馬体重:472kg
★7/28(日)新潟・月岡温泉特別(芝1600m・混)藤田菜七子騎手 結果12着

「3~4角で前をカットされてしまい、今日はそこで消耗して気持ちの面でも切れてしまいました。このクラスの芝でも前に行けるスピードはありますし、単騎で逃げれる展開ならばまた違う結果を求められると思います」(藤田菜七子騎手)
2019/7/25 (美浦トレセン)
☆7/28(日)新潟・月岡温泉特別(芝1600m・混)藤田菜七子騎手

24日(水)に坂路コースで4ハロンから併せ、馬ナリに追い切りました。「計測が上手くなされていませんが全体の時計は53.5でまとめています。新馬が相手なので当然そうあってほしいところですが、余裕のある動きで引っ張ったきり。ものすごく体調、状態がいいんですよ。馬自身落ち着きが見られますし、体のこなし方も良く映ります。この状態で狙っていた番組にいきたかったのはありますが残念ながら抽選の結果は除外。過去2戦している芝をまたどこかのタイミングで試してみてほしいというのはクラブからもリクエストがありましたし、1600mという距離ならやってみてもいいかもしれないというのもあっての出走です。今回は再びブリンカーを着用して臨みます」(中舘英二調教師)
2019/7/19 (美浦トレセン)
18日(木)に芝コースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、67.1-51.3-37.5-11.9を馬ナリに追い切りました。「Pコースで追い切るリスクも感じられるので、今週は馬場が柔らかそうな芝コースで時計消化をおこないました。自分で跨ってみましたが、シャキっとしていて動きとしては満足のいくもの。一度使ったことにより確実に良くなっていますよ。7/27(土)新潟・苗場特別(ダ1800m・混ハンデ)を本線と考えていますが、3節で出走が叶うかどうかですね。ミラビリア自身は上昇中ですので出走にこぎつけたいところ」(中舘英二調教師)
2019/7/12 (美浦トレセン)
★7/07(日)福島・天の川賞(ダ1700m・混)津村明秀騎手 結果12着

「最後は少し苦しい走りになりましたが、前半はいい流れで運べていたと思います。久々の分というもあるでしょう。あとの要因としては、これまでと異なるコースでの調整が影響したのではないかと考えます。Wコースが工事により使用できないため、ダートコースでの追い切りをおこないましたが、なかなかビッチリとは追えないんですよね。うちの厩舎でも故障馬が出て、脚元に不安がない馬でも慎重にならざるえません。その辺りの調教内容も影響していることを考えると申し訳なく感じています」(中舘英二調教師)
2019/7/7 (福島競馬場)
馬体重:468kg
★7/07(日)福島・天の川賞(ダ1700m・混)津村明秀騎手 結果12着

「上手く前のポジションにつけられて、良い感じで運べていたんですけどね。勝ち馬に外から来られたら、もう手応えがなくなってしまいました。砂を被ると嫌がると聞いていたので、そういう部分が出たのかもしれません」(津村明秀騎手)
2019/7/4 (美浦トレセン)
☆7/07(日)福島・天の川賞(ダ1700m・混)津村明秀騎手

6月30日(日)にPコースで4ハロン55.9-40.6-13.1を単走で馬ナリに追われ、7月3日(水)にはCコースで4ハロン52.2-37.7-12.4を単走で強目に追い切りました。「先週感じたモタモタ感はすっかりと解消され、水曜の追い切りではいい動きを見せてくれました。調教の中でもブリンカーを着用してみましたが、少しばかり効きすぎている感がありますね。昇級緒戦の今回はまずはチークで臨むことにしました。稽古通りに動けばというところですが、クラスが上がればそう簡単にはさせてもらえないことは覚悟しなければなりませんよね。馬自身の成長にも期待したいところ」(中舘英二調教師)
2019/6/28 (美浦トレセン)
26日(水)にCコースで5ハロン72.5-56.5-42.4-13.6を単走で馬ナリに追い切りました。「戻ってきて一本目の追い切りは正直なところ少しモタモタした印象を受けましたね。進めていけば変わってくるでしょうし、ミラビリア自身の状態は悪くありませんので、これからなのでしょう。来週を目標に定めてはいますが、追い切りの動きによっては予定を後ろにずらすことも検討する必要があるかもしれませんね。そこはしっかり判断したいところ」(中舘英二調教師)
2019/6/21 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、19日(水)に帰厩しました。

「いい状態で元気に戻ってきています。松風で取り入れた障害練習も効果的に作用しているのでしょう。クラスが上がると、例えば自分の形でなくても臨機応変に対応できたりといった万能さが求められてきますよね。ミラビリアの場合は揉まれ弱いところがある中で、ここのところの馬自身の成長というのに期待したいところです」(中舘英二調教師)
2019/6/14 (松風馬事センター)
馬体重:498kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。10日(月)に寝違えて起き上がった際に、馬房の壁にぶつかって左肩から腰角にかけて軽い擦過傷を負ってしまいました。念の為抗生剤を投与しましたが、調教を緩めたりするようなことはなく、通常メニューで乗り込んでいます。状態は安定していて、いつでも送り出せる感じには持ってこれたと思うので、あとはこのいい状態のまま厩舎に引き継げるよう進めていきます」(担当者)
2019/6/7 (松風馬事センター)
馬体重:494kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き17秒に近いところも消化しながら乗り込んでいます。継続して障害練習をおこなってきたので、ずいぶん馬がしっかりしてきて、今本当に充実している感じがしますよ。この状態のまま送り出したいと考えているので、あとは維持していくことを重点に置いて進めていきます」(担当者)
2019/5/31 (松風馬事センター)
馬体重:490kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間は20秒を切るくらいの感覚で17~18秒くらいにペースを速めて乗り込む日もあります。進めながらも体重は増加傾向にあり、この馬のキャパまで増やせたと思います。引き続き障害練習もおこなっていますが、飛越は安定していますよ。もうそろそろ競馬に行けるような態勢が整うと思います」(担当者)
2019/5/24 (松風馬事センター)
馬体重:485kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。相変わらず飛越はすごい安定していますね。ただ、体の使い方などを見ると物凄く障害適性があるかと言われると、そうではない気もするのですが、ここまでは何も問題なく進められています。前から思っていることですが、昇級しても平地で十分にやれるはずですし、まずはいい状態にすることを目標に乗り込んでいきます」(担当者)
2019/5/17 (松風馬事センター)
馬体重:487kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き障害練習もおこなっていますが、無難に飛んでいるというよりは、むしろどんどん上手くなっている感じがします。現在は火曜日と金曜日に平地の走路で乗り込んで、それ以外の日に障害を飛ばすというメニュー。トモの強化をしっかり図れている感触はありますし、しばらくはこのまま進めていく予定です」(担当者)
2019/5/10 (松風馬事センター)
馬体重:481kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。到着後はウォーキングマシンの運動で体をほぐしてから低障害を飛ばしてみましたが、首がカチカチになっていたので筋注を打ってロンジング運動で様子を見ました。今は問題なくなっていて、障害メニューも併用しながら進めているところです。わりかし飛べていると思いますし、全くセンスがないということはありませんね。体が逞しくなってきていますし、平地でもまだやれるとは思いますが、トモを強化していく意味でもしばらくは現状のメニューで乗り込んでいきたいと考えています」(担当者)
2019/4/26 (松風馬事センター)
馬体重:465kg
昨日25日(木)に松風馬事センターへ移動しました。

「現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。以前はレース後にガタっと来るところがありましたが、今回はそういったところは見られません。ここ最近は帰ってくる度に馬が良くなっていますし、体力も付いてきているのではないでしょうか。まだ上積みが見込めそうなですし、トモの強化のために低障害を飛ばしながら鍛えていくことも視野に入れています。今の感じを見ると1000万下クラスでもやれると思いますよ」(担当者)
2019/4/19 (美浦トレセン)
★4/13(土)中山・4歳上500万下(ダ1800m・牝)大野拓弥騎手 結果:優勝
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、近日中に移動する予定です。

「レース前の木、金の稽古は自分でつけたのですが、特に勝ちというのをを意識して跨がりました。やはり連闘するからには結果を求められますからね。揉まれずに上手いこと運べましたし、ジョッキーの言うように最後まで渋太くがんばってくれました。1200mで勝ったミラビリアですが、こうして新たに適した場で結果を出せて良かったです。レースを終えて疲れが感じられないようであれば、このまま東京開催をと考えていましたが、今朝跨ってみたところゴトゴトでした。連闘というのだけでなく一生懸命走った分が出ているのでしょう。一旦疲れをとる時間を設けます」(中舘英二調教師)
2019/4/13 ( 中山競馬場)
馬体重:466kg
★4/13(土)中山・4歳上500万下(ダ1800m・牝)大野拓弥騎手 結果:優勝

「砂を被るのは嫌がると聞いたので、その辺りは意識して乗りました。揉まれない距離というのが良かったのと、あとは今日はペースが楽だったのも上手くいった要因の一つでしょう。追ってからも渋太くがんばってくれました」(大野拓弥騎手)
写真
2019/4/11 (美浦トレセン)
☆4/13(土)中山・4歳上500万下(ダ1800m・牝)大野拓弥騎手
★4/06(土)福島・4歳上500万下(ダ1700m・牝)西村淳也騎手 3着

「少しもったいない競馬だったなと思います。前に行ききってしまっても良かったのではという気もしましたから。それでも1700mをこなせたのは収穫で、距離を延ばして成績が安定しているのはいいですね。当初は新潟を目指すつもりでいましたが、昨日の想定の段階で土曜の中山ダ1800m戦が3頭。今朝乗ってみての感触も悪くなかったのと相手関係も手薄に感じ今週の出走としました。前走の印象としては1800mでもいけるのではと思ってますので、連闘するからにはという気持ちで臨みます」(中舘英二調教師)
2019/4/6 (福島競馬場)
馬体重:464kg
★4/06(土)福島・4歳上500万下(ダ1700m・牝)西村淳也騎手 3着

「行こうとは思ってたんですけど、今回は距離も延びていますし、あれ以上行ってたら最後に影響すると思って控えました。脚をためられた分、直線で脚を使ってくれましたし、こういう形もできれば今後のレースの幅も広がります。前回1400に乗って今回1700に延びて、どうだろうというのはありましたが、こなせたことは収穫です。ただ、個人的にはどちらかというと1400の方が合うんじゃないかと思います」(西村淳也騎手)
2019/4/4 (美浦トレセン)
☆4/06(土)福島・4歳上500万下(ダ1700m・牝)西村淳也騎手

3日(水)にWコースで5ハロン74.2-57.8-42.8-12.9を単走で馬ナリに追い切りました。「先週、先々週とビシッとやっているので昨日の追い切りでは意識的に軽めの内容としています。いい状態であることを感じられる動きで、しっかりと態勢を整えられた感触は十分です。今回は前走の1400よりも距離を延長し、比較してもらいたいのもあって引き続いての鞍上。当初は日曜の番組にしか乗れなかったのですが、土曜も騎乗可能ということで牝馬限定に切り替えました。今回は前走よりも浅いブリンカー着用で臨みます」(中舘英二調教師)
2019/3/29 (美浦トレセン)
27日(水)にWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、69.0-54.0-40.5-12.5を馬ナリに追い切りました。「先週、今週と自分で跨って稽古をつけています。相変わらずのいい動き。ペースをしっかりコントロールできるので、後輩の追い切り相手としても頼もしい働きをしてくれているんですよ。状態も安定していますし、あとはどれだけ体重をプラスに持っていけるかでしょう。福島への輸送もありますから、その分の余裕をもたせられるようにというのを意識しています」(中舘英二調教師)
2019/3/22 (美浦トレセン)
21日(木)にWコースで5ハロンから0.2秒先行して併せ、71.2-55.3-40.0-12.5を馬ナリに追い切りました。「少し楽をさせた後は今週から時計消化を開始。すごくいい動きでした。元々稽古でよく動いてますからね。前走の輸送時に減った馬体重も徐々に戻してきていますので、次走に向けての間になるべく増やせるよう取り組んでいるところです。過程としては順調ですから、このままの流れでいきましょう」(中舘英二調教師)
2019/3/15 (美浦トレセン)
★3/10(日)中京・4歳上500万下(ダ1400m・牝)西村淳也騎手 結果3着

「最内をひいた時はどうかと思いましたが、今回は着用したブリンカーが上手く作用していつもとは違いましたよね。稽古で動けているんだから馬の能力を疑うことはありませんでしたが、こうしてレースで皆さんに伝えられてまずは良かったです。ジョッキーはブリンカーが効きすぎていると言っていたものの、この走りができたのはブリンカーによるものが大きく感じられます。次は距離を延ばすので今回のより浅めのものを着用する考えです。まずは馬体を戻して、それから次の目標に向けて調整していきましょう」(中舘英二調教師)
2019/3/10 (中京競馬場)
馬体重:464kg
★3/10(日)中京・4歳上500万下(ダ1400m・牝)西村淳也騎手 結果3着

「内枠だったこともあり積極的に行きました。砂を被らない芝スタートだったからかブリンカーの効果なのか、スムーズにハナへ。道中も決して無理はしてませんし、最後まで踏ん張ってくれたと思います。1400は現状ベストだと思いますが、延ばすのならブリンカーをはずしてもいいかもしれません。効果的に作用した反面、効きすぎな印象も受けたので」(西村淳也騎手)
2019/3/7 (美浦トレセン)
☆3/10(日)中京・4歳上500万下(ダ1400m・牝)西村淳也騎手

3日(日)にWコースで4ハロン57.0-42.0-13.9を単走で馬ナリに追われ、6日(水)にもWコースで5ハロン71.0-54.5-39.6-12.3を単走で馬ナリに追い切りました。「今週はブリンカーを着用しての追い切り。動きも良かったですし、着けてマイナスになる感じはありませんでしたね。ブリンカーが合わない馬だと自らブレーキをかけてしまったり、ビクビクしたりがある中、ミラビリアはそういった面も見せなかったので本番でも着用してみましょう。以前から言っているように稽古ではいい動きを見せてくれています。それが出せるよう現状の走りに合わせて距離を延長し、馬具を工夫しての今回です。何とか力を発揮してくれることを願って送り出します」(中舘英二調教師)
2019/3/1 (美浦トレセン)
2月28日(木)にWコースで6ハロンから0.4秒先行して併せ、85.7-69.6-54.4-39.5-12.7をゴール前仕掛けて追い切りました。「昨日も余裕のある動きを見せてくれました。やはり攻め馬ではいい具合なんですよね。何とか巻き返しを図りたいところなので、まずは来週の調教の中でブリンカーを試してみようと思っています。逆効果になるようであればチークを検討してみましょう。稽古をつけた松岡も馬が変わってきているのを感じ、距離延長には納得のよう。今回は1400ですが将来的にはもっと延ばしてみてもいいのかもしれません」(中舘英二調教師)
2019/2/22 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、20日(水)に帰厩しました。

22日(金)に坂路コースで4ハロンから0.1秒追走して併せ、52.5-39.3-26.5-13.5を馬ナリに追い切りました。「ここ最近の暖かさも味方しているのか体調も良さそうに映りますね。前走からそこまで楽をさせたわけではないので、帰厩してからの動きもスタート地点としては悪くありません。今回は前走を踏まえて距離を延ばしたい考えがあり1400mを目指します。過去に一度東京で走らせた距離ではありますが、その頃から変化、成長した今ならやれるのではないでしょうか」(中舘英二調教師)
2019/2/15 (松風馬事センター)
馬体重:481kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から15秒ペースの時計消化を織り交ぜて、更なるペースアップを図っています。特に反動が出ることもなく、引き続き順調そのもの。送り出しに向けてこのまま進めていくつもりです」(担当者)
2019/2/8 (松風馬事センター)
馬体重:481kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。徐々にペースアップを図りながら順調に乗り込みを消化しており、現状で気になるところはありません。ここにきてだいぶ逞しさが出てきた印象。暖かくなれば更に良くなりそうですね。引き続きジックリ乗り込み、厩舎からいつ声が掛かってもいいように態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2019/2/1 (松風馬事センター)
馬体重:473kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。レースによる疲れはほとんど見られなかったため、1月25日(金)から騎乗運動を再開。その後は時間経過に応じてペースアップを図っていますが、全く問題はなく順調そのものです。今後は調教本数を積み重ねてネジを巻いていくつもり。以前とは馬がいい方に変わっている印象で、結果にリンクして欲しいものです。今後は厩舎からいつ声が掛かってもいいように、送り出しに向けて態勢を整えていきます」(担当者)
2019/1/25 (松風馬事センター)
★1/19(土)中山・4歳上500万下(ダ1200m・混)木幡巧也騎手 結果8着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整を進めることになり、22日(火)に移動しました。

「狙っていた外枠も引けて、スタートも決まったし悪くなかったですよ。他馬がくるとハミを取ったり取らなかったりと、どうも内枠だった時のレースがクセになってしまった印象があります。距離を延ばしてみてもいいのではないかと考えていて、例えば1700、1800あたりで楽に前につけれれば最後までいい走りをしてくれそうです。ただ、いきなりぐっと延ばすよりは、まずは1400をと考えています」(中舘英二調教師)
2019/1/19 ( 中山競馬場)
馬体重:474kg
★1/19(土)中山・4歳上500万下(ダ1200m・混)木幡巧也騎手 結果8着

「他の馬に囲まれてから全くハミを取らなくて…。終いは良く伸びていただけに、前半スムーズだったらもっとやれたはず。もう少し距離があった方がレースはしやすいかもしれません」(木幡巧也騎手)
2019/1/17 (美浦トレセン)
☆1/19(土)中山・4歳上500万下(ダ1200m・混)木幡巧也騎手

16日(水)にWコースで5ハロンから0.5秒先行して併せ、70.0-53.5-39.8-13.3を馬ナリに追い切りました。「動きに素軽さが出てきて攻め馬はバッチリです。調子がかんばしくない時期もありましたが、ここのところは安定した状態で調教の内容も良くなっています。いつもこう言っていても、それがレースで見せられていないのが私としても歯がゆいところなんです。先月のクラブのパーティーでもミラビリアについて質問されることが多く、皆さんの期待を感じられただけに余計にね。真ん中より外枠がひければ力を出せるはず。しっかり自分の走りをしてきてもらいましょう」(中舘英二調教師)
2019/1/10 (美浦トレセン)
1/14(祝)中山・4歳上500万下(ダ1200m)木幡育也騎手 除外(非当選)

9日(水)にWコースで5ハロン73.5-57.0-41.2-12.9を単走で馬ナリに追い切りました。「先週もよく動けていましたが、今週も悪くなかったですね。バランス良く真っ直ぐ走れていて、今なら左回りでもいいかもしれないと思えるほど。今うちの厩舎にいる馬たちの中でも攻め馬でかなり動ける部類ですよ。今週は除外となりましたが、あと1本追い切りを重ねられるのはむしろプラスに働くと感じていますから悲観はしていません。来週に切り替えて進めていきましょう」(中舘英二調教師)
2018/12/28 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、26日(水)に帰厩しました。

「向こうでも乗り込まれていたので、緩んだりということもなく戻ってきています。状態がすこぶる良くも悪くもないように感じられますので、調整を進めていきながら良化を促しましょう。ひとまずは中山の2週目を目標とします」(中舘英二調教師)
2018/12/21 (松風馬事センター)
馬体重:496kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も入念に乗り込んでいますが、背腰の疲れがぶり返すこともなく順調そのもの。年明けの1回中山開催(1/05~)が目標とのことで、そろそろ帰厩の運びとなるはず。いつ声が掛かってもいいように、送り出しに向けて態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2018/12/14 (松風馬事センター)
馬体重:490kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き通常量を消化して入念に乗り込んでいますが、亢進症状(ぶり返し)もなく至って順調そのもの。そう遠くないうちに声が掛かると思いますから、送り出しに向けてキッチリ態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2018/12/7 (松風馬事センター)
馬体重:486kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。通常メニューに移行して乗り固めの態勢に入っていますが、引き続き背腰の張りがぶり返すこともなく、至って順調な経緯と言えるでしょう。厩舎からいつ声が掛かってもいいように、送り出しに向けてこのまま進めていくつもりです」(担当者)
2018/11/30 (松風馬事センター)
馬体重:482kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。背腰の張りも亢進症状はなく、減っていた馬体もすっかり回復して状態は総じて安定しています。予定通り先週末から騎乗運動を再開し、通常メニューへスムーズに移行して順調に乗り込んでいます。恐らくそう遠くないうちに声が掛かるでしょうから、送り出しに向けて態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2018/11/23 (松風馬事センター)
馬体重:464kg
20日(火)に松風馬事センターへ移動しました。

「現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。右を起点に背腰が張りやすい傾向にあり、今回も同様。それでも使ったなりの疲れという感じであまり気にする必要はないでしょう。ひとまず今日まではウォーキングマシン運動のみにとどめ、明日24日(土)から騎乗運動を再開する予定。2週間程度の短期放牧の予定と聞いていますので、時間経過に応じてペースアップを図っていくつもりです」(担当者)
2018/11/16 (美浦トレセン)
★11/10(土)福島・3歳上500万下(ダ1150m・牝)木幡育也騎手 結果11着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、近日中に移動する予定です。

「内枠というのも仇になりましたが、外に出せなかったのが痛かったですね。全然走っていませんし、納得のいく内容とはいえなかったため、レース直後より連闘も視野に入れていました。さすがに1節では入りませんでしたが、週半ばに少しばかりゴトゴト感が見られたので結果的には出走とならなくて良かったのかもしれません。様子を見た上で、近日中に松風に移動させ、年内に中山でもう1戦と考えています」(中舘英二調教師)
2018/11/10 (福島競馬場)
馬体重:462kg
★11/10(土)福島・3歳上500万下(ダ1150m・牝)木幡育也騎手 結果11着

「今日は返し馬の際から出していく意識で動かしていたのですが、スタートの反応ひと息で伸び上がるような格好に。そうなると内枠だったこともあり、他馬に外から被されてキックバックを受け、前へと推進しなくなってしまいます。具合の良さは感じられましたし、直線は物凄い脚を使ってくれていただけに本当に勿体ない競馬をしてしまいました。注意して乗ったにもかかわらず、スタートで前回と同じミスを繰り返してしまい大変申し訳ありません」(木幡育也騎手)
2018/11/8 (美浦トレセン)
☆11/10(土)福島・3歳上500万下(ダ1150m・牝)木幡育也騎手

7日(水)にWコースで5ハロン73.1-57.0-42.0-14.3を単走で馬ナリに追い切りました。「今週は自分で跨ってはいませんが、納得できる動きを見せてくれましたよ。帰厩させてからここまで不安を感じることなく進められたように、具合が良いので今回こそはという気持ちです。夏に福島で4着にきた時はまだ良化途上という状態でした。それでも好走できたのは右回りと外枠という要素が大きかったのだと思います。中山で勝った時もそうでしたからね、やはり今回も外枠がほしいところ。そうすれば、この具合の良さというのをレースで見せられるはずです」(中舘英二調教師)
2018/11/2 (美浦トレセン)
11月1日(木)にWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、67.1-52.9-39.2-13.5を馬ナリに追い切りました。「馬ナリでこれだけ動ければ上々ですよ。しかも、相手にあわせただけで、ミラビリア自身はまだ余裕がありましたからね。自分で跨って稽古をつけることも多いですが、その中で一番の動きだったと言ってもいいくらい。モタれることなく真っ直ぐ走れているのも具合の良さを表しています。飼い葉も食べて精神状態も落ち着いているし、体は少しばかり硬いのだけど、それすらも程よいと感じられるくらいです」(中舘英二調教師)
2018/10/26 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、20日(土)に帰厩しました。

26日(金)にWコースで5ハロンから0.4秒追走して併せ、70.6-54.3-39.9-13.1を馬ナリに追い切りました。「そこまで長く楽をさせたわけではありませんので、緩まずにフレッシュな状態で戻ってきています。今日はまだ軽めの内容とはいえ動きも悪くありません。来週はしっかりと負荷をかける予定なので、その土台作りというイメージで週末も乗り込んでいくつもりです。11月から始まる福島開催の2週目での出走を目標に進めていきましょう」(中舘英二調教師)
2018/10/19 (松風馬事センター)
馬体重:488kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。引き続き通常メニューでジックリ乗り込んでいますが、背腰に張りが出ることもなく、この中間も順調そのもの。明日20日(土)の検疫で帰厩の予定ですが、いい状態で送り出せるでしょう」(担当者)
2018/10/12 (松風馬事センター)
馬体重:485kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。入場当初に見られた背腰の張りはすっかり解消。調教を強化してもぶり返すことはありませんし、何より心身共にドッシリとして逞しさが出てきた印象で、これが競馬にリンクしてくれれば…と思えるくらいの充実ぶり。今後は送り出しに向けて態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2018/10/5 (松風馬事センター)
馬体重:479kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。1日(月)まではウォーキングマシン運動のみにとどめ、2日(火)から騎乗運動を再開。2日間は角馬場のみにとどめ、4日(木)から走路での調教に移行しています。入場当初に見られた背腰の疲れは解消傾向にあり、時間経過に応じてペースアップを図っていけるでしょう。今の感じなら節稼ぎのスタンスで調整を進めていけそうです」(担当者)
2018/9/28 (松風馬事センター)
★9/23(祝)中山・3歳上500万下(ダ1200m)木幡育也騎手 結果8着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整を進めることになり、昨日27日(木)に移動しました。

「稽古での動きだけでなくお尻に丸みが出てきて、見た目にだいぶ良くなっていると感じての送り出しでした。反応良くスタートが決められなかったところを見ると、中間にゲート練習を強化するべきだったのではないかと反省しています。私自身楽しみにしていただけにね。気持ちを切り換えて次なる目標を福島に定めました。新潟も考えなくはありませんでしたが、やはり右回りで走らせたい気持ちが大きくあります」(中舘英二調教師)
2018/9/23 ( 中山競馬場)
馬体重:466kg
★9/23(祝)中山・3歳上500万下(ダ1200m)木幡育也騎手 結果8着

「スタートが決まらずに、その後も上手く前につけられなくて…。砂を被るのは嫌がるので、本来であれば被らない位置で運びたかったのですが、思うように進められず申し訳ないです。最後の直線でしっかり脚を使ってくれていますし、もう少し上手い位置取りができていればと思ってしまいます」(木幡育也騎手)
2018/9/20 (美浦トレセン)
☆9/23(祝)中山・3歳上500万下(ダ1200m)木幡育也騎手

19日(水)にWコースで6ハロンから0.3秒先行して併せ、86.4-70.2-55.5-41.2-14.2を馬ナリに追い切りました。「今週はレース当該週なので軽めの追い切りです。チップを入れ替えたばかりで、あまり馬場状態は良くなかったのですが、そんな中でも動きは悪くありません。攻め馬の動きや精神状態等トータルで見て、今までで一番いい調整過程を踏めていると思いますよ。未勝利戦で勝利をおさめた舞台で条件も揃っていますし、送り出しの態勢としては申し分ありませんので、あとは当日の競馬にいってどうかというだけです」(中舘英二調教師)
2018/9/14 (美浦トレセン)
12日(水)に坂路コースで4ハロンから0.2秒追走して併せ、56.3-40.8-26.1-12.7を馬ナリに追い切りました。「水曜の追い切りの動きもなかなか良いですよ。先週感じた重さというのも調教を進めていくにつれてしっかり解消されてきています。もう1本追った方がより良い状態で向かえる感触ですので、9/23(祝)中山・3歳上500万下(ダ1200m)に向かいましょう。鞍上は福島で跨って相性も良く感じた、減量も魅力的な育也に依頼しました」(中舘英二調教師)
2018/9/7 (美浦トレセン)
5日(水)にWコースで5ハロンから0.6秒先行して併せ、71.2-55.5-40.4-13.1を直線強目に追い切りました。「まだ動きが重いかなというのが正直なところ。ただ、それでも具合としては状態がなかなか上がってこない頃と比較して圧倒的にいいんですよ。今回の追い切りでまた変わってくるでしょうね。現時点では中山3週目を本線と考えています。来週の追い切り次第では2週目というのも考えたいので、ここは決めつけずにミラビリアがいいパフォーマンスができると感じたらゴーサインを出すつもりです」(中舘英二調教師)
2018/8/31 (美浦トレセン)
31日にWコースで5ハロン75.6-59.5-43.5-14.4を単走で馬ナリに追い切りました。「動きがこの一週間で随分と変わって良くなっていますよ。やはり先週感じたバランスの悪さは乗り込むことによって解消できるものですね。なかなか調子が上がってこない時期もありましたが、ここのところはいい状態と言えます。涼しくなりつつあるのも手助けになってるのでしょう。来週併せ馬をおこない、その時の動きや感触をもとに中山開催の2、3週目のいずれかに向かうかを決めたいと思っています」(中舘英二調教師)
2018/8/24 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、22日(水)に帰厩しました。

「松風ではケアを中心におこなっていたので緩んだ感はありますね。自分で跨ってみてもバランスがシックリきません。腰が、脚元がどうこうということではなくケアを優先していた分、乗り込み量が足りていないことによるものです。調整を進めていって解消してくることですので心配の必要はないでしょう。速い時計を消化してから具体的な目標が定まってきますが、現時点では中山の2、3週目を考えています」(中舘英二調教師)
2018/8/17 (松風馬事センター)
馬体重:471kg
「現在は角馬場で長めのダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。皮膚病は回復傾向にあることから、週明けより騎乗を再開。脚元を含めて馬体に問題はありませんし、何より前回入場時に比べてダメージが少ないこともあり、節稼ぎのスタンスで調整を進めていけそうです。順調な経緯といえるでしょう。今後は時間経過に応じて徐々にペースアップを図っていくつもりです」(担当者)
2018/8/10 (松風馬事センター)
馬体重:465kg
4日(土)に松風馬事センターへ移動しました。

「現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。針治療が必要だった前回入場時ほどの傷みはありませんが、左前脚の下肢部から腕のあたりにかけて皮膚病が出ており、2回使ったなりの疲れは残っている印象。ひとまず今週一杯はウォーキングマシン運動のみにとどめて回復期間とさせてもらい、皮膚病が良化してから乗り出す予定です。いずれにしても前回ほどのダメージや傷みは見られず、立ち上げにそれほど時間は掛からないと思います」(担当者)
2018/8/3 (美浦トレセン)
★7/28(土)新潟・3歳上500万下(ダ1200m)津村明秀騎手 結果10着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、明日8月4日(土)に移動する予定です。

「左回りよりは右回りの方がいいかもしれませんね。映像を見てもらうとわかりますが、走りのバランスがぶれるところがあって、外にモタれる場面が見られました。そこを矯正しながらの走りだと、どうしてもスピードが殺されてしまいます。からきし駄目というわけではなく、より良いパフォーマンスと考えるのなら右回りなのでしょう。レース後は跨ってみて大きなダメージがないことは確認しました。それでもこのタイミングでひと息入れてあげることが、大きく調子を崩さないことにつながってきます。4回中山開催(9/08~)を目指して戻すつもりです」(中舘英二調教師)
2018/7/28 (新潟競馬場)
馬体重:464kg
★7/28(土)新潟・3歳上500万下(ダ1200m)津村明秀騎手 結果10着

「雰囲気も悪くなく、落ち着いたいい状態に感じました。結果的には前に行った馬たちには厳しい展開になってしまいましたが、上手く前に行けたようにいいスピードを持ってますね。まずはこのクラスに慣れていって、あともうひと踏ん張りがきくようになってくれば期待できますよ」(津村明秀騎手)
2018/7/26 (美浦トレセン)
☆7/28(土)新潟・3歳上500万下(ダ1200m)津村明秀騎手

25日(水)に坂路コースで4ハロンから併せ、54.9-39.5-25.6-12.6を馬ナリに追い切りました。「昨日もまあまあの動きで悪くありませんし、何よりも前走に向かう時よりもいい具合といえますよ。以前は追い切りでも唸るような手応えがあって、ここ最近はもう一つと感じていたのがようやく感覚を取り戻してきている印象です。前走を終えてから鞍上を探す中でメンバーがそろうのは感じていました。そんな中、軽い乗り方でミラビリアに合いそうな津村を確保できたのは大きいですね。うちの厩舎にもよく乗っている信頼できるジョッキーの一人だと思いますよ」(中舘英二調教師)
2018/7/20 (美浦トレセン)
「この中間も順調そのもの。今のところ夏負けの兆候などは見られませんが、いかんせんこの暑さなので、今週は時計消化を控えて長めからジックリ乗り込んできました。併せ馬も消化してしっかり乗っているので、時計が出ていないからといって心配は要りません。来週の7/28(土)新潟・3歳上500万下(ダ1200m・牝)、もしくは7/28(土)新潟・3歳上500万下(ダ1200m)のどちらかに、相手関係などをしっかり吟味したうえで向かいたいと思います」(中舘英二調教師)
2018/7/13 (美浦トレセン)
★7/07(土)福島 3歳上500万下(ダ1150・混)木幡育也騎手 結果4着

「前が残る馬場、枠順、展開、そして49kgの斤量…。様々な要素がうまく噛み合った気もしますが、それでも休み明けで決して本来のデキにはなかったことを考えたら良く頑張ってくれたと思います。ジョッキーもうまく乗ってくれました。幸いレース後も疲れや反動は見られず、今のところ問題はなさそう。一度跨ってみてから正式に決めようと思っていますが、せっかく権利を取ったことですし、現時点では中2週で7/28(土)新潟・3歳上500万下(ダ1200m・牝)、もしくは7/28(土)新潟・3歳上500万下(ダ1200m)のどちらかに向かうつもりです」(中舘英二調教師)
2018/7/7 (福島競馬場)
馬体重:460kg
★7/07(土)福島 3歳上500万下(ダ1150・混)木幡育也騎手 結果4着

「未勝利を勝った頃のグンとくるような状態にはまだ稽古でも及ばないが、追い切りで水準の時計を出せていたので、今日どれくらい走れるのか注目していました。馬場や枠順、49kgの斤量も味方したと思いますが、体が増えていたように、リフレッシュさせたことで馬自身が立ち直ってきたのが大きいですね。スッと前へ行けていたように、現状はダート短距離が一番合うように思えます」(中舘英二調教師)
2018/7/5 (美浦トレセン)
☆7/07(土)福島 3歳上500万下(ダ1150m・混)木幡育也騎手

1日(日)にWコースで3ハロン41.5-13.8を単走で馬ナリに追われ、4日(水)には坂路コースで4ハロン56.7-41.2-27.1-13.4を単走で馬ナリに追い切りました。「まだ息の入りという点では若干物足りなさが残りますが、それでも先週よりは確実に上向いていますね。まだ未勝利を勝ち上がった当時のデキには及ばないものの、概ね態勢は整ったと見ていいのではないでしょうか。現状ではダートの方により適性を感じるので、ダートに戻るのはいいと思いますし、3kg減起用で49kgの軽量も魅力。久々、初の古馬相手になるので決して楽観はできませんが、まずは目処の立つ内容の競馬を期待したいですね」(中舘英二調教師)
2018/6/29 (美浦トレセン)
28日(木)に坂路コースで4ハロンから0.1秒先行して併せ、59.6-43.2-27.8-13.7を馬ナリに追い切りました。「ひと追いごとに上向いてはいますが、まだ良化途上といった印象。今週末にもある程度やるつもりで、最終追い切りと合わせてもう2本でグンと上向いてくれることを期待したいですね。念のため7/08(日)福島・彦星賞(芝1200m・混)の特別登録をおこなうつもりですが、当初の予定通り7/07(土)福島・3歳上500万下(ダ1150m・混)に向かう公算が高く、鞍上は3kg減の木幡育也騎手を予定しています」(中舘英二調教師)
2018/6/22 (美浦トレセン)
22日(金)に坂路コースで4ハロン54.8-39.7-26.1-12.8を強めに追い切りました。「今日、帰厩後初めての時計を出しましたが、動き、息遣い共にもうひとつといった印象。正直なところ、未勝利を勝った時の状態にはまだ戻り切っていませんね。それでもひと追いごとに変わってくるでしょうから、今後の良化に期待したいところです。もう2~3本しっかりやれば態勢は粗方整うと思うので、復帰戦は福島の2週目、7/07(土)福島・3歳上500万下(ダ1150m・混)を予定しています」(中舘英二調教師)
2018/6/15 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、9日(土)に帰厩しました。

「前走でかなりのダメージがあっただけに、立て直すのに時間を要しました。週明けからジックリ乗り込んでおり、14日(木)には15-15の時計消化をおこないましたが、全体的にまだ緩さが残りますし、背腰の感じももうひとつの印象。様子を見ながら慎重に進めていき、時計消化を織り交ぜつつ徐々にピッチを上げていくつもりです。次走については今後の状態や仕上がり具合を見て決めようと思っています」(中舘英二調教師)
2018/6/8 (松風馬事センター)
馬体重:484kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。先週と同様のメニューで引き続き乗り込んでおり、状態はすっかり安定。馬体もだいぶボリュームアップして、見栄えのする体つきになってきました。満身創痍という感じだった入場当初から、ここまでよく回復してくれたと思います。明日9日(土)の検疫で入厩の予定ですが、納得のいく状態で送り出せそうです」(担当者)
2018/6/1 (松風馬事センター)
馬体重:480kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。この中間から15-15の時計消化を織り交ぜて、更なるペースアップを図っています。本数を重ねるにつれてだいぶ素軽さが出てきた印象。ツヤ感が一気に良くなり、体調はグンと上向いていますね。ピッチを上げた割に体が減っていないのはいい傾向。これでもう少し馬体がフックラして力強さが出てくれば、言うことはないのですが…。いずれにしても入厩をイメージできる状態に近づきつつあるのは事実で、様子を見ながら進めていきます」(担当者)
2018/5/25 (松風馬事センター)
馬体重:479kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。毛ヅヤが良くなって体調は確実に上向き。攻め馬を強化したことで馬体が若干減っていますが、これで数字(馬体重)を跳ね返してくれれば帰厩に向けてネジを巻いていけるでしょう。引き続き緩めずジックリ乗り込みながら、ボディコンディションが上がるのを待ちたいと思います」(担当者)
2018/5/18 (松風馬事センター)
馬体重:485kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。予定通り先週末から騎乗運動を再開し、時間経過に応じて徐々にペースアップを図っています。トモの筋痛症状はすっかり解消しており、もう心配は要らないでしょう。笹針をしてジックリ立て直した甲斐がありましたね。引き続き入念に乗り込みつつ、更なるペースアップのタイミングを探っていくつもりです」(担当者)
2018/5/11 (松風馬事センター)
馬体重:485kg
「現在は20~30分程度のロンジング運動のみにとどめています。オーバーホールに専念した甲斐があり、左トモの筋痛症状が緩和されて引きつけの甘さも解消されつつあります。まだ細く見せるとはいえ馬体も回復傾向で、付くべきところにしっかり筋肉が付いてきた印象。今週末から騎乗運動へ移行し、様子を見ながら徐々にピッチを上げていくつもりです。笹針の効果はてきめんで、ここまでは至って順調な経緯といえるでしょう」(担当者)
2018/5/4 (松風馬事センター)
馬体重:476kg
「現在は朝夕各1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。この中間は回復期間という位置づけでウォーキングマシン運動のみにとどめていましたが、左トモ股関節下の大腿二頭筋あたりに筋痛症状が若干残っている感じで、トモの引きつけも若干甘いですね。毛ヅヤがあまりパッとしませんが、少しずつ活気は出てきた印象ですし、飼い葉食いもだいぶ良くなってきました。馬はセオリー通り良くなっているのは間違いないでしょう。ひとまず今週末から騎乗運動を再開する予定ですが、無理せず徐々に立ち上げていきたいと思います」(担当者)
2018/4/27 (松風馬事センター)
馬体重:468kg
「現在は20分程度の引き運動のみにとどめています。入場翌日の20日(金)に笹針治療をおこないました。担当した獣医によると、『両背腰や左トモ、首、右肩など、ほぼ全身が傷んでいる状態』とのこと。血も黒ずんでいて、こういう積極的な治療が必要なくらいダメージが大きかったようです。ひとまず26日(木)まで舎飼で休ませ、今日27日(金)から引き運動を開始。様子を見ながら進めていき、騎乗運動再開のタイミングを探っていくつもりです」(担当者)
2018/4/20 (松風馬事センター)
★4/14(土)福島・雪うさぎ賞(芝1200m・混)黛弘人騎手 結果16着
今後は美浦近郊の松風馬事センターで調整を進めることになり、19日(木)に移動しました。

「絶好調とはいかないまでも、動ける状態で送り出せたと思ったのですが…。福島への輸送で体が大きく減っていたのが応えたのかもしれません。道中の行きっぷりからして本来のものではなく、全く走っていないのは間違いありません。今回に関しては参考外の一戦。レース後は左トモを中心に疲れが顕著に出ており、前捌きも硬くなっているため、放牧に出して立て直すことにしました。まずは笹針治療を施してオーバーホールに努めます」(中舘英二調教師)
2018/4/14 (福島競馬場)
馬体重:452kg
★4/14(土)福島・雪うさぎ賞(芝1200m・混)黛弘人騎手 結果16着

「芝のデビュー戦は馬群の中で競馬ができていましたし、内枠からスタートを決めて2、3番手で進めるつもりでした。今日のような馬場は返し馬から合っている感触で、道中なにか不利があった訳ではないだけに、あれだけ追走に精一杯だったのはちょっと原因が分かりません。最後は余力が残っていませんでしたし、10kgの体重減が大きく響いたのではないでしょうか」(黛弘人騎手)

※「タイムオーバーによる出走制限」のため、2018年5月14日まで平地競走に出走できません。
2018/4/12 (美浦トレセン)
☆4/14(土)福島・雪うさぎ賞(芝1200m・混)黛弘人騎手

11日(水)にWコースで5ハロンから併せ、68.5-53.2-38.9-12.5を一杯に追い切りました。「追い切りはマズマズの動き。ここ目標にジックリ乗り込み、やるだけのことはやってきました。レース間隔が空いている分、絶好調とまではいかないものの、概ね態勢は整ったと思います。特別登録の段階では34頭もの登録がありましたが、何とか出走枠に入ることができてまずはひと安心。中山と阪神に同条件のレースが組まれていたこともあり、うまく分散してくれましたね。新馬の走りからも芝はこなせますし、スムーズな競馬ができれば恥ずかしいレースにはならないでしょう」(中舘英二調教師)
2018/4/6 (美浦トレセン)
5日(木)にWコースで5ハロン72.9-57.4-42.4-12.9を単走で馬ナリに追い切りました。「この中間も順調に乗り込んでいます。木曜日に私自身が跨り、帰厩後の初時計を出しました。全くの馬なりで、外目を回って体全体を使わせ、気分良く走らせることに念頭を置いての調整。1週前としてはマズマズの動きだったと思います。前捌きに若干の硬さが感じられるものの、筋肉を形成する過程で出るものだと思うので心配は要らないでしょう。変にテンションが上がることもなく、飼い葉食いもずっと安定しています。状態自体は決して悪くありませんよ。これから徐々にネジを巻きにかかり、今週末と来週の2本で仕上がるように調整を進めていくつもりです」(中舘英二調教師)
2018/3/30 (美浦トレセン)
「この中間も17~18秒ペースの普通キャンターで入念に乗り込んでいます。レースまであと2週間あるので、まだネジを巻きに掛かってはいないものの、ここまでは順調そのものです。次走については色々と考えましたが、福島、中山、阪神のなかでこの馬に一番合うのは福島コースだと思うので、除外のリスクを承知で4/14(土)福島・雪うさぎ賞(芝1200m・混)へ当初の予定通り向かいたいと思います。なお、鞍上は黛弘人騎手に決まりました。癖などは一切なく、乗り役を選ぶタイプの馬ではないので、全くのテン乗りでも心配はありません。今後に向けて試金石の一戦になるでしょうから、あと2週間でしっかり造っていきたいですね」(中舘英二調教師)
2018/3/23 (美浦トレセン)
「レースまでまだ時間があるので速い時計こそ出していませんが、この中間は17~18秒ペースの普通キャンターでジックリ乗り込んでいます。休まずコンスタントに乗っていますし、どこも悪いところはありません。ここまでは至って順調ですね。引き続き4/14(土)福島・雪うさぎ賞(芝1200m・混)が本線には変わりませんが、例年このレースは登録頭数が多く、除外の可能性は否定できません。同じ日に中山と阪神で組まれている同条件も視野に入れつつ、相手関係を吟味して決めたいと思います。全体的に弱さが残っているだけに、阪神への長距離輸送はなるべく避けたいところですが…。まだ時間はありますから、その辺も含めてジックリ考えたいと思います」(中舘英二調教師)
2018/3/16 (美浦トレセン)
ジョイナスファームで順調に調整され、13日(火)に帰厩しました。

「レースの疲れも取れて、うまくリフレッシュして戻ってきましたね。休養前に比べて馬は確実に良くなっていると思います。とはいえ、全体的にまだ弱さがありますし、馬体にも緩さが残っている現状。明日土曜日に自身で跨ってみて、その感触で今後のメニューを決めたいと思います。いずれにしても、4/14(土)福島・雪うさぎ賞(芝1200m・混)での出走に向けて、これから調整のピッチを上げていくつもりです」(中舘英二調教師)
2018/3/9 (ジョイナスファーム)
馬体重:472kg
「現在はダートコースでハッキングキャンター600m、キャンターを2000m(17~18秒ペース)、ハッキングキャンター600mのメニューで調整中です。7日(水)に15-15の時計消化をおこないましたが、いい動きだったと思います。オゾン治療の効果もあってか毛ヅヤが良くなり、馬体にも張りが出てきた印象。精神面でもリラックスしており、疲れもだいぶ抜けてきたように思います。今週末にオゾン治療を再度おこなう予定。今後も時計消化を挟みながらジックリ乗り込み、送り出しに向けて態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2018/3/2 (ジョイナスファーム)
馬体重:465kg
「現在はダートコースでハッキングキャンター600m、キャンターを2000m(20秒ペース)、ハッキングキャンター600mのメニューで調整中です。まだ毛ヅヤが今ひとつの印象で、馬体の張りという点でも物足りなさが残りますが、中舘調教師のお話では『首の皮膚病も回復傾向で、毛ヅヤもだいぶ良くなっている』とのこと。まだまだ良化の余地がありそうです。その辺の良化を促す意味でオゾン治療をおこない、帰厩までにもう一度やる予定。3月中旬くらいに入厩の予定と聞いていますので、来週から15-15の時計消化を織り交ぜながらピッチを上げていくつもりです」(担当者)
2018/2/23 (美浦トレセン)
★2/18(日)東京・3歳500万下(ダ1400m)真島大輔騎手 結果14着
この後は美浦近郊のジョイナスファームで調整することになり、明日24日(土)に移動する予定です。

「いい状態で送り出せたと思います。手強いメンバーもいたのは確かですが、現時点だとまだ体力不足の感は否めないため、もう少し馬の成長を待ってあげた方がいいかもしれません。距離も結果を出した1200がベストですね。ただ、内容自体は良かったと思っていますし、この経験が今後につながってくるでしょう。レース後は脚元等に問題なく、実際に乗ってみて状態を確認した上で明日ジョイナスファームに移動させます。少し楽をさせた後は4/14(土)福島・雪うさぎ賞(芝1200m・混)を目指して帰厩の予定です」(中舘英二調教師)
2018/2/18 (東京競馬場)
馬体重:462kg
★2/18(日)東京・3歳500万下(ダ1400m)真島大輔騎手 結果14着

「できれば前の位置で、ただ決めつけずにスタート出てからの流れ次第でという指示でした。あともう1つ、今後につなげるためにもあえて砂を被る位置でと言われていましたので、理想的なポジションでの競馬はできたと思います。3コーナーのあたりで砂を被ってビックリしていましたが、その後は徐々に慣れて走れていましたから、今回の経験が今後にいきてくるはずです。距離についてはまだパワー不足であることを考えると、1400よりも1200が良さそうです」(真島大輔騎手)
2018/2/15 (美浦トレセン)
☆2/18(日)東京・3歳500万下(ダ1400m)真島大輔騎手

14日(水)にWコースで4ハロンから0.2秒先行して併せ、54.5-40.2-13.4を馬ナリに追い切りました。「先週しっかりと追った分、昨日はレースに向けて疲れを残さないよう優しい内容でまとめています。その中でもまあまあ動けていて悪くありませんよ。クモズレができやすかったり、皮膚病だったりと健康優良児ではありませんが、それでもこの中間は順調に態勢を整えられたと思っています。今のこの良い状態の中で、クラスが上がってどれくらいやれるか期待を持って送り出します」(中舘英二調教師)
2018/2/9 (美浦トレセン)
8日(木)にWコースで5ハロンから0.7秒先行して併せ、68.0-52.6-39.0-13.5を強目に追い切りました。「追った分に対してしっかりと反応して動いてくれました。前走も良い状態で向かえましたが、今回もいい具合ですよ。使って良くなっているというのだけでなく、適度な間隔をあけられているのも要因の一つでしょうね。先週のダート1400m戦でも除外馬が出ていましたし、乗り役を探す中でも頭数がそろいそうな印象はあります。真島ジョッキーは手が合いそうですし、こちらとしては今のこの良い状態で送り出せるよう態勢を整えるだけです」(中舘英二調教師)
2018/2/2 (美浦トレセン)
1日(木)にWコースで4ハロン60.5-44.2-14.4を単走で馬ナリに追い切りました。「昨日は軽めに15-15程度で追い切り、動き自体は悪くありませんが右前にソエが出かかっているのが気掛かりです。2/11(祝)東京・3歳500万下(芝1400m・混)に向けて調整してきたものの、正直なところ今のこの硬い芝で使うのは得策ではないと思います。今週も雪が降ってさらに馬場状態は悪くなりますからね。もちろん芝へ挑戦したい気持ちは変わりませんが、今のこのタイミングではなく馬場状態の良い時に走らせてあげましょう。今回は予定を変更して2/18(日)東京・3歳500万下(ダ1400m)に向かいます」(中舘英二調教師)
2018/1/26 (美浦トレセン)
★1/21(日)中山・3歳未勝利(ダ1200m・牝)田辺裕信騎手 結果:優勝

「1回使って良くなっていたのは感じていましたし、普通に回ってくれば勝てる力はあると信じて送り出しました。ジョッキーが上手いこと導いてくれたのもあって、結果につながって良かったです。レース後も大きな変わりはなく、飼い食いも落ちません。このまま2/11(祝)東京・3歳500万下(芝1400m・混)に向けて調整していきます。デビュー戦ぶりの芝になりますが、その頃から成長している今なら挑戦してみる価値はあるでしょう」(中舘英二調教師)
2018/1/21 ( 中山競馬場)
馬体重:458kg
★1/21(日)中山・3歳未勝利(ダ1200m・牝)田辺裕信騎手 結果:優勝

「おとなしくて、乗りやすいですね。スタートも上手でしたし、あとはスムーズな競馬を心掛けただけですよ。前にいった2頭が速かったけど、射程に捉えてからの伸び脚は力強かったですね。伸びしろもありそうというか、奥がありそうというか、まだまだ多分に成長の余地を残していると思いますので、今後が楽しみです。現状はダートの方がいいのでしょうか」(田辺裕信騎手)
写真
2018/1/18 (美浦トレセン)
☆1/21(日)中山・3歳未勝利(ダ1200m・牝)田辺裕信騎手

17日(水)にWコースで5ハロン70.8-55.0-40.4-13.0を単走で馬ナリに追い切りました。「レース当該週のためそこまで速い時計は出していません。それでも抜群の動きであったのを自分で跨って感じています。デビュー戦の後は飼い食いが落ちたのですが、今回の過程ではそういったことはなく、馬体重もそこまで変動せずに臨めるのではないでしょうか。皮膚病の部分は以前は汗をかくと痒がっていたものの、今はだいぶ薬も効いて良化傾向で完治まであと一歩。体調面含めしっかりと態勢を整えられたと思いますよ。前回は一旦位置を下げてしまったものの、その後伸びてきたように能力があることは確かなので、今回こそはという気持ちが強いです」(中舘英二調教師)
2018/1/12 (美浦トレセン)
11日(木)にWコースで5ハロン68.9-53.6-39.8-13.2を単走で一杯に追い切りました。「昨日の追い切りは正直なところまだ少し動きが重いです。ただ、これはいつもの調整過程と同様なので、今週しっかり追った分、来週にはイメージ通りに態勢が整うと思っていますよ。治りかけの皮膚病の部分が黒くなっていて、見た目にはあまりよろしくないかもしれませんが、体調自体は良好です。この調子で来週の1/21(日)中山・3歳未勝利(ダ1200m・牝)に向けて進めていきます」(中舘英二調教師)
2018/1/5 (美浦トレセン)
★12/23(土)中山・2歳未勝利(ダ1200m・牝)松岡正海騎手 結果4着

「私としてもだいぶ自信を持って送り出したので残念な結果ではありました。不利を受けたのや内で砂を被ったという敗因がはっきりしているだけに、しっかりと次につなげたい考えです。レース後も脚元にも問題なく、飼い食いも落ちることはありません。ただ、右の首の皮膚病が悪化したので、その部分は毛を刈りました。まだ治りかけのため痒がってはいるものの、それ以外に気になる点はなく、一度使って良くなっているのを感じますよ」(中舘英二調教師)
2017/12/23 ( 中山競馬場)
馬体重:462kg
★12/23(土)中山・2歳未勝利(ダ1200m・牝)松岡正海騎手 結果4着

「スタートも上手いですし、センスの良さはデビュー戦同様です。砂を被ったのと、4コーナーで寄せられて怯んでしまい位置を下げてしまいましたが、前があいてからはしっかり脚を使って伸びてくれています。臆病な面が出てきてるかもしれないので、外をスムーズに回してあげる方が良いですね。緩さが徐々にとれて、馬の完成度が高くなってきてますし、勝てるだけの力はつけてきていますよ」(松岡正海騎手)
2017/12/21 (美浦トレセン)
☆12/23(土)中山・2歳未勝利(ダ1200m・牝)松岡正海騎手

20日(水)にWコースで6ハロンから0.4秒追走して併せ、88.1-71.8-56.7-41.6-13.8を馬ナリで追い切りました。「松岡を乗せて3頭併せの一番外側。先週感じた重さも解消され、こちらの見立通りレースに合わせて、いい状態に持ってくることができました。自分で跨った感覚や決め手があるタイプではないということを考えると、結果を出すならダートではと思っています。前走からここまでの期間で着実に動きが良くなっていますので期待を持って送り出しましょう」(中舘英二調教師)
2017/12/15 (美浦トレセン)
13日(水)にWコースで5ハロンから0.2秒先行して併せ、69.2-53.2-39.8-13.0を馬ナリで追い切りました。「時計のかかる日であったもののミラビリア自体はだいぶ良いですよ。それでも少しばかり動きが重いかなという印象も受けたので、来週でちょうどいい具合に態勢を整えられるでしょう。ダート1200m戦が3つありますが、前走から間隔を十分にあけているだけに、節から見て番組が選べる状況ならば牝馬限定戦に向かいたい気持ちが強いです。稽古もつけている松岡に引き続き依頼していて、いいイメージを持って乗ってくれると思っています」(中舘英二調教師)
2017/12/8 (美浦トレセン)
7日(木)にWコースで4ハロンから0.2秒先行して併せ、54.9-40.0-12.8を馬ナリで追い切りました。「約1か月ぶりのトレセンでの調教だからか、週明けは背腰の状態が今ひとつだったためマイクロ波治療器でケアしました。その効果か跨った時には背腰は気になりませんでしたね。昨日は時計のかかる傾向だったためミラビリアもモタモタするかと思っていたら、終いはビャーっといいスピードを見せてくれました。なかなか12秒台は出ないですよ。この調子で再来週のレースに向けて進めていきましょう」(中舘英二調教師)
2017/12/1 (美浦トレセン)
松風馬事センターで順調に調整され、本日1日(金)に帰厩しました。

「元々いい馬ではありましたが馬体もフックラと見せリフレッシュできた良い状態で戻ってきてくれました。疲れが溜まってしまう前に、このタイミングで小休止をはさめたのはプラスに働くはずですよ。次走について芝かダートかは実際に跨ってから、その感触で決めたいと思っていますが、いずれにしろ5回中山開催の4週目を目指す考えでいます」(中舘英二調教師)
2017/11/24 (松風馬事センター)
馬体重:481kg
「現在は角馬場でダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。先週末から走路での調教に移行し、時間経過に応じて徐々にペースアップを図っています。右前肢帯の硬さも今はほとんど見られないことから、今後も乗り固めるイメージでしっかりと調整を進めていくつもりです。様子を見ながらにはなりますが、来週から更にピッチを上げて送り出しに備えていこうと思います」(担当者)
2017/11/17 (松風馬事センター)
馬体重:471kg
「現在は角馬場で長めのダクのみにとどめています。入場当初は右の前肢帯に硬さが見られたので、獣医さんと相談のうえ消炎剤を投与したところ、歩様の硬さはすっかり解消。この中間は角馬場で入念にほぐすイメージで調整していましたが、今の感じなら走路での調教に移行しても問題ないでしょう。全体的に良化傾向にあるのは間違いありません。まだ幼さが残る体つき。今後は乗り固めるイメージでジックリ乗り込み、その辺を解消していければと思っています」(担当者)
2017/11/10 (松風馬事センター)
★11/05(日)東京・2歳新馬(芝1400m・牝)松岡正海騎手 結果6着
この後は美浦近郊の松風馬事センターで調整することになり、昨日9日(木)に移動しました。

「気掛かりだったテンションの高さも見せず、パドックも落ち着いて歩けていましたね。レースぶりもセンスの良さが感じられましたし、直線では一瞬声が出ましたよ。初戦としては悪くない内容だったと思います。レース後は疲れにより飼い食いも一時落ちましたし、球節にも少し腫れが見られましたが、日がたつにつれ解消されてきています。疲れが残っている中で間隔をつめて出走すると大きなダメージとなる可能性もありますし、ある程度の間隔はしっかりとあけてあげましょう。疲れがとれた後は乗り込みを重ねてもらって、来月の出走に向けて帰厩させる予定です」(中舘英二調教師)
2017/11/5 (東京競馬場)
馬体重:466kg
★11/05(日)東京・2歳新馬(芝1400m・牝)松岡正海騎手 結果6着

「攻め馬での感触も良かったので自信を持って乗りましたが…権利とれず申し訳ないです。センスの良さを感じましたし、道中もスムーズに運べたと思います。まだ緩さがある分、追ってからの伸びに上手くつながっていませんが、それは馬が成長して、調教、レース経験を積んで徐々に解消されていくはずです。緩さがとれてくると、緩急つけた競馬もできるようになって幅が広がりますよね。距離はマイル前後が合いそうな印象で、芝だけでなくダートもこなせると思います」(松岡正海騎手)
写真
2017/11/1 (美浦トレセン)
☆11/05(日)東京・2歳新馬(芝1400m・牝)松岡正海騎手

1日(水)にWコースで5ハロンから1.0秒先行して併せ、70.9-55.8-40.9-13.4を馬ナリで追い切りました。「デビューを今週末にひかえ、軽めの内容としたため相手に対して遅れはしましたが、それでもいい具合に動けていましたよ。中間にはゲート練習もおこない、特段速いわけではないものの無難にこなせています。少しばかりテンションが高くなってきているのが気に掛かるので、その辺りはこちらも気を遣って対処しているところです。それ以外は問題なく、帰厩からここまで比較的スムーズに進めてこられました。昨日の想定の段階では抽選になる可能性があったものの、他の番組に回った馬もいて予定していたレースでのデビューとなります。あとは本番でまで良い状態を維持できるよう努めますので、ミラビリアにも輸送をそつなくこなしてもらって、リラックスしてレースに臨んでほしいところです」(中舘英二調教師)
2017/10/27 (美浦トレセン)
25日(水) にWコースで5ハロンから併せ、67.7-52.9-39.1-13.1をゴール前仕掛けて追い切りました。「動きも良かったですし、コースの外側を走ったにもかかわらず、時計は速い部類ではないでしょうか。先週よりも動きの重さというのが解消されてきた印象ですよ。もう1本重ねたい気持ちがありますので、来週もしっかり併せ馬をおこなってレースに向かう考えです。鞍上は普段も稽古をつけている松岡に依頼してあります。クセがあるわけでなく乗りやすいタイプではありますが、それでも普段を知っている安心感というのは大きいですよ」(中舘英二調教師)
2017/10/20 (美浦トレセン)
18日(水) にWコースで5ハロンから0.4秒先行して併せ、68.8-54.1-40.2-13.4を一杯に追い切りました。「水曜には長めからしっかりと乗りました。最後まで動けていましたが、まだ少し重いかなという印象がありますね。それでも外厩に出す前と比較して確実に良くなっているのは、実際に自分で跨ってみても感じました。やった分に比例して良くなりそうな雰囲気がありますよ。現時点での感触だとデビュー戦は5回東京開催(11/4~)の一週目が現実的ではないでしょうか。ただ、毎回の追い切りの動きで判断したいので、内容次第では来週というのも検討するつもりです」(中舘英二調教師)
2017/10/13 (美浦トレセン)
吉澤ステーブルEASTで順調に調整され、11日(水)に帰厩しました。

「昨日より早速坂路入りし、来週から速めの時計消化をおこなっていく予定です。以前と比較してしっかりしてきましたし、体力も徐々に備わってきた印象ですよ。まだ少しハミにぶら下がりながら走ってしまうようなところがあるので、その辺りを修正しながらデビューに向けて進めていきましょう」(中舘英二調教師)
2017/10/6 (吉澤ステーブルEAST)
「現在は800mの周回ダートコースでキャンター3600mを17秒ペース(週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。ここにきて自分からハミを取って行くくらいの前向きさが出てきました。まだトモが頼りない印象ですが、調教でもだいぶ動けるようになってきましたし、動きにも素軽さがあります。総じて良化傾向といえるでしょう。引き続き15-15の時計消化を織り交ぜながら、入厩に向けてピッチを上げていくつもりです」(担当者)
2017/9/29 (吉澤ステーブルEAST)
「現在は800mの周回ダートコースでキャンター3600mを17秒ペースのメニューで調整中です。入場当時に首のあたりを中心に見られた皮膚病は回復傾向。キ甲にも皮膚病があって鞍傷のようになっていたので、注意しながら乗り込みを進めていましたが、今は全く問題ありません。毛ヅヤが良くなり、体もだいぶしっかりしてきた印象です。明日30日(土)に15-15の時計消化をおこなう予定で、入厩に向けて徐々にペースアップを図っていこうと思います」(担当者)
2017/9/22 (吉澤ステーブルEAST)
「現在は800mの周回ダートコースでキャンター3600mを上限20秒ペースのメニューで調整中です。まだ体に緩さがあって、トモの踏み込みにも力強さを欠く印象は正直否めません。全体的にまだ幼さが残りますね。ただ、女馬の割に見栄えのする体つきですし、馬体のバランスもいいので、これで体力が付いてくれば変わってくるでしょう。当面の間はジックリ乗り込んで、基礎体力の強化に努めていくつもりです」(担当者)
2017/9/15 (吉澤ステーブルEAST)
この後は美浦近郊の吉澤ステーブルEASTで調整することになり、明日16日(土)に移動予定です。

14日(木) に坂路コースで4ハロンから併せ、58.5-43.5-28.6-13.8を馬ナリに追い切りました。「速いところをやれば動くのですが、どうしてもフォームがバラバラになってしまいますね。その辺りはやはり体力が足りてないというのが影響しているのでしょう。基礎体力の強化を目的に一度外厩に出して、乗り込んでもらう考えです。ある程度しっかりしてきたら長くはおかずに戻すつもりですし、帰厩してからデビューまではそう時間を要さないのではないかと見ています」(中舘英二調教師)
2017/9/8 (美浦トレセン)
7日(木) にWコースで4ハロンから併せ、57.5-42.6-14.8を馬ナリに追い切りました。「第一関門のゲート試験を突破したので、いよいよ時計消化を始めました。体力が足りていない分、まだ時間が掛かりそうであるというのが正直なところではあります。ただ、乗り味は悪くないので体力がついてくれば楽しみですよ。入厩当初に比べるとトモに徐々に筋肉がついてきましたし、毛ヅヤも良くなってきました。体調だったり脚元に問題はないので、鍛えていってパワーアップさせましょう。場合によっては一度外厩に出すかもしれませんが、もう少し様子を見た上で判断します」(中舘英二調教師)
2017/9/1 (美浦トレセン)
8月30日(水)にゲート試験を受験し、無事に合格しました。

「ゲートへの入りが今ひとつでしたので、その辺りをビシっと練習を積み、これなら合格できそうだと試験に臨んだところ、しっかりと合格してくれました。発進については決して速いとはいえませんので、どこかのタイミングでまた練習をした方が良いでしょうね。ゲート練習以外には毎日坂路コースで調整しています。体力面でもう少しがんばってほしい現状のため、来週速めの時計消化をおこない、そこでの動きによって今後のスケジュールを立てていく考えです」(中舘英二調教師)
2017/8/25 (美浦トレセン)
ノルマンディーファーム小野町で調整され、23日(水)に美浦・中舘英二厩舎に入厩しました。

「やんちゃな面があると聞いていましたが、そんな様子は見せずに素直にちゃんと言うことを聞いてくれていますよ。坂路も真っ直ぐ駆け上がれていますし、手前を替えてもスムーズで、乗り手も『乗りやすい』と評していました。ただ、まだ体力がつききっていない分、最後はトモを落としていましたね。筋肉ももっとついてほしいというのが正直なところではありますが、言い換えれば体力がついてくれば楽しみだということです。ゲート練習も並行しておこなっており、入りは今ひとつなもののスッとは出れますので、来週から試験に向かえるように態勢を整えていきます」(中舘英二調教師)
2017/8/18 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:485kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。今週から15-15の速い時計消化を織り交ぜてペースアップを図ったこともあり、若干うるさい面を見せるようにはなってきましたが、人間の手を煩わせるようなことはありませんし、走りそのものも良化傾向。いい筋肉が付いてきましたし、何より左手前でもしっかり加速できるようになってきたのは心強い限りです。早ければ来週にも入厩の予定ですが、今の充実ぶりならトレセンのハードな調教にも十分対応できるでしょう。
2017/8/11 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:491kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペースのメニューで調整中です。これまでハミ受けの修正に努めてきた効果で、上に抜けることなく下で我慢できるようになってきました。それに、手前の替え方が以前に比べればだいぶスムーズになってきたのもいい傾向。ここまでしっかり乗り込んできましたが、飼い葉食いは相変わらずいいですし、脚元に関しても何ら不安はありません。今週末か来週から15-15の速い時計消化も織り交ぜつつ、入厩に向けてペースアップを図るつもりです。
2017/8/4 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:482kg
現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペースのメニューで調整中です。ハミ受けに関しては多少の改善が見られるものの、まだトモが入ってこないのは相変わらずですし、左手前のキャンターがぎこちない印象は否めません。上にハミが抜けてしまうのを下で我慢できるようになればトモも入ってくるでしょうし、左手前のキャンターもスムーズになるはず。当面の間はハミ受けの修正とフォームの矯正に重きを置いて、引き続き乗り込みを進めていく予定です。
2017/7/28 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:485kg
現在は馬場1周と坂路2本を18~20秒ペースのメニューで調整中です。27日(木)から坂路の本数を増やして負荷を掛けていますが、相変わらずハミが上に抜けてしまう分、トモが入ってこないので前駆だけで走っている印象は否めません。そのせいか前捌きが硬く、躓くこともしばしば。飼い葉食いはいいので、当面の間はハミ受けの矯正と基礎体力の強化に重きを置いてジックリ乗り込んでいくつもりです。
写真
2017/7/21 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:482kg
現在は馬場2周と坂路1本を18秒ペースのメニューで調整中です。まだハミ受けに難があり、頭が上がって前に推進しないフォーム。小野町に入厩して間もなく1ヵ月が経つだけに、そろそろペースアップを図りたいところですが、現状ではハミ受けとフォームの矯正に重きを置いて調整していくことになるでしょう。皮膚病に関してはほとんど気にならなくなり、ほぼ治ったと見て良さそうです。
2017/7/14 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:465kg
現在は馬場2周と坂路1本を18秒ペースのメニューで調整中です。まだハミをしっかり取ることができず、乗り役とうまくコンタクトが取れない分、フラフラしながら走っている感じ。右半身だけで走るようなところがあり、全体的に体力不足の印象も否めません。当面の間はトラックコースでジックリ乗り込みつつ、ハミ受けとフォームの矯正、改善に努めていくつもりです。皮膚病に関しては日々のケアの効果で治りつつあり、毛が生え替わってくれば完治するでしょう。
2017/7/7 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:475kg
現在は馬場2周と坂路1本を20秒ペースのメニューで調整中です。まだまだ馬体が緩く、力強さにも欠ける印象。北海道のノルマンディーファームに比べると砂が深く、週明けからの雨で馬場が悪かったこともあり、しっかり蹴れない分、前に進んでいかない感じ。広範囲に出ている皮膚病のケアに引き続き努めつつ、基礎体力の強化と必要な筋肉を付けるためにトラック主体でジックリ乗り込んでいくつもりです。
2017/6/30 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:471kg
25日(日)にノルマンディーファーム小野町へ移動しました。

現在は馬場2周と坂路1本を上限20秒ペースのメニューで調整中です。到着後からウォーキングマシン運動のみにとどめていましたが、28日(水)から馬場入りを開始しました。馬体のシルエットが良く、見栄えのする体つき。ただ、まだ自分からハミを取っていくような前向きさが見られず、集中力にも欠ける感じ。ハミ受けを矯正しつつ、ジックリ乗り込んで基礎体力の強化に努めていくつもりです。また、環境が変わったせいか皮膚病が出ていて、その辺のケアも並行しておこなっていきます。
写真
2017/6/15 (ノルマンディーファーム)
現在は馬場1周と坂路2本(上限15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も週2回は15~17秒台までペースを上げて元気よく駆け上がっています。もう少しトモの踏ん張りが効くようになれば理想的ですが、動き自体は素軽さを感じ、良いスピードを秘めている印象を受けます。来月上旬には小野町へ移動させたいと考えており、夏競馬でのデビューを視野に入れてピッチを上げていきます。
2017/5/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:471kg
現在は馬場1周と坂路2本を(上限16秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「不定期ながら16秒台のキャンターを取り入れています。数字上は大幅に増えてはいませんが、胸前やトモに厚みが増し逞しくなってきた印象を受けます」と話し、この中間に訪れた中舘調教師は「冬毛がすっかり抜けて良くなりましたね。マツリダゴッホ産駒ですし、秋を目標にすればまだまだ良くなりそう。楽しみです」と話していました。
写真
2017/5/16 (ノルマンディーファーム)
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も健康状態はすこぶる良好で、トレーニングと併行しながら夜間放牧も休みなく進めています。牝馬特有の神経質な部分がなく、与えた飼い葉をきちんと完食しているため、馬体重も月を追う毎に右肩上がりに増えてきています。意図した調教を積むことができるのも本馬の強みで、このまま軌道に乗せていきたいところです。なお、今月1日(月)には中館英二調教師が来場し、馬体と歩様のチェックをおこなっています。
2017/4/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:467kg
現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は『少々のことでは動じない芯の強さを持っており、併走相手が多少バタバタしても涼しげな表情で坂路を真っ直ぐに駆け上がっています。これから徐々にピッチを上げていく予定ですが、この様子であれば速めのキャンターへ移行してもしっかりと対応してくれるタイプではないでしょうか』と話しています。早い時期からの始動を視野に入れられるタイプには映るものの、もうひと回り体が成長してきそうな雰囲気も感じられるため、焦らず状態に合わせたメニューで進めていく方針です。
写真
2017/4/15 (ノルマンディーファーム)
現在は馬場1周と坂路2本を(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。継続して乗り込んできたことで徐々に筋肉量が増し、以前よりもしっかりとした脚取りで坂路を駆け上がれるようになってきました。放牧地でヤンチャな振る舞いを見せるなど、まだ精神面には幼さを残しているものの、調教中はとても素直で騎乗者の意のままに動ける点は本馬の特質すべき点と言えるでしょう。
2017/3/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:472kg
現在は坂路2本(上限20秒)のメニューで調整しています。脚元の不安が解消して順調に乗り進められていることから、稽古でもだいぶ力強い走りで坂路を駆け上がれるようになってきました。同時に約15時間の夜間放牧を日々行っており、丈夫で長く活躍できるよう体力面の強化にも力を注いでいます。併せ馬では余裕があると所々遊びながら走っていて、まだまだ奥行きがあるように感じられ、春先から夏にかけての成長が楽しみな一頭です。
写真
2017/3/16 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(上限20秒)のメニューで調整しています。休ませていた期間があったため、この中間はまだペースアップを控えていますが、両前の状態にもう不安はありません。胸が深く肩回りのボリュームも豊かで、雄大な馬格からも使い減りしないタイプに映ります。騎乗担当者は『気持ちが前向きで背中にバネを感じさせ、乗っていて素質の高さが伝わってきます。まだ体力不足は否めませんが、伴ってくればもっとしっかり力強く動けるようになってくるはず』と話していました。
2017/2/28 (ノルマンディーファーム)
馬体重:479kg
現在は坂路2本(キャンター)のメニューで調整しています。右前上腕部の腫れが引いて乗り始めたものの、今度は左前を気にする素振りが見られましたが、数日だけ休ませて今はもう心配ない状態です。稽古ではまだトモの甘さが目につき、力強さにも欠ける現状ですが、馬格があって安定感のある走りからは素質の高さが窺えます。また、気のいいタイプなので仕上げにはあまり苦労しないはずです。今後も体力強化を図りつつ、2歳戦の早めに始動させられるよう取り組んでいきます。
写真
2017/2/15 (ノルマンディーファーム)
右前上腕部の内側にまだ腫れが残っているため、現在は騎乗を控えていますが、患部に熱感はなく、だいぶ痛みが和らいできたようで触診反応も薄れてきました。今週一杯はウォーキングマシン運動にとどめて様子見し、問題がなければ週明けから騎乗運動を再開する予定です。もともと馬格があり、坂路では牡馬顔負けの力強い走りをする本馬ですが、もうひと回り成長してくれば、さらに良さが際立ってくるでしょう。
2017/1/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:458kg
坂路2本のメニューで順調に調整していましたが、26日(木)の運動後から右前上腕部に触診痛の反応が見られるため、現在はパドック放牧で休養しています。歩様に異常は感じられず熱感もない様子ですが、今回の休養期間がいいリフレッシュと成長促進につながると捉えて、脚元の状態を慎重に見ていきながら騎乗再開のタイミングを図っていきます。
写真
2016/12/28 (ノルマンディーファーム)
馬体重:445kg
3日(土)に馬房で寝違えを起こした影響で左トモを外傷しましたが、14日(月)より乗り運動を再開し、現在は坂路2本(キャンター)のメニューで調整しています。まだまだ非力な印象で自分から前へ行く姿勢にも欠けますが、良質な筋肉は特筆もの。騎乗者の間で乗り味の良さを絶賛する声も多く聞かれ、今後の成長がとても楽しみです。父マツリダゴッホは2歳戦から活躍する産駒も多数輩出しており、本馬にも早期デビューの期待をかけています。
写真
2016/11/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:460kg
現在は馬場2周(ダグ)と坂路1本(キャンター)のメニューで調整しています。乗り運動を開始してから約一ヶ月が経過しました。当初はハミを取らないところも見られましたが、現在は自らグイグイとハミを取って運動ができるように変わってきています。性格は素直で騎乗者を手こずらせることはなく、馬格があるため今後も継続して乗り運動を進めていけそうです。
写真
2016/10/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:470kg
騎乗馴致も無事に終了して、24日(月)より馬場2周、坂路1本を軽めのメニューで乗られています。この中間で馬体重が少し増えたように見え、さらに成長した印象を受けます。牝馬として64年ぶりにダービーを制したウオッカが近親にいる良血馬で、先日デビューした全兄ベルウッドデナリも芝1600mの新馬戦で4着となりました。パワフルかつスピード豊かに走る本馬の姿からは、2歳戦の早い時期からの活躍も期待できそうです。
写真
2016/9/30 (ノルマンディーファーム)
現在はノルマンディーファームで1日に20時間ほどの昼夜放牧をおこなっています。敏捷性に優れたタイプの多いマツリダゴッホ産駒ですが、本馬も放牧地で機敏な動きを見せており、サンデーサイレンス系特有の筋力、柔軟性を受け継いでいる印象です。しっかりとした馬格に豊富な骨量を持ち、現時点でだいぶ体力も付いてきたことから、もうまもなく馴致を開始する予定です。
写真