現在表示しているページの位置

プラチナムバレット
牡馬 芦  2014/5/19生
カタログPDF

父:マンハッタンカフェ × 母:スノースタイル(母の父:ホワイトマズル)

生産:新ひだか・岡田スタッド  所属:栗東・河内洋厩舎

  • 血統図
  • 牝系図
総口数 400口 募集総額 2,400万円
募集状況 申込受付終了 1口出資額 60,000円

近況

詳細

2019/12/5 (栗東トレセン)
☆12/07(土)阪神・リゲルステークス(芝1600m)岡田祥嗣騎手

4日(水)に坂路コースで4ハロン53.0-38.1-24.9-12.3を単走で馬ナリに追い切りました。「当該週は坂路で息を整える程度の追い切り。サーっと上がってきて息遣いも良かったですし、ここ数戦の中では間違いなく一番いい状態に映ります。フルゲート割れで、しかも確固たる中心馬が不在のメンバー構成。正直、まともに走ってくれさえすればバレットの力が一枚上だとも思っている。要は気持ちの問題ですが、復調気配が窺えるので期待しています」(河内洋調教師)
2019/11/29 (栗東トレセン)
28日(木)にCWコースで6ハロン81.6-65.4-50.9-37.2-11.8を単走で一杯に追い切りました。「気持ちに前向きさが窺えて、最後まで気を抜くようなところもなかった。稽古の動きは凄くいいね。出の硬さも許容範囲ですし、もう1~2本やれば態勢はきっちり整いそう。普段から跨っている岡田も『これまでのなかで一番いい』と好感触を伝えてきており、あとはこの状態でどこまでやれるかでしょう。来週12/07(土)阪神・リゲルステークス(芝1600m)に向かいます」(河内洋調教師)
2019/11/22 (栗東トレセン)
宇治田原優駿ステーブルで順調に調整され、20日(水)に帰厩しました。

22日(金)にCWコースで6ハロン81.8-66.0-51.4-38.0-12.3を単走で馬ナリに追い切りました。「体はいい具合にフックラして戻ってきましたね。慢性的な疲労からか左肩の出が若干ぎこちなく映るものの、乗っていて特にどうこうはなく心配いりません。まだ復調途上でも、一戦一戦どこかキッカケを掴みかけ内容自体は良くなっているので、なんとか結果が出せるように前を向いて頑張るしかない。12/07(土)阪神・リゲルステークス(芝1600m)を予定しており、今回も岡田には付きっきりで稽古から面倒を見てもらっています」(河内洋調教師)
2019/11/15 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:502kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。今週も順調に速めのところを消化しながら乗り込んでいます。体もいい感じで引き締まってきましたし、そろそろ帰厩を考えていけると思います。このまま声が掛かるまでしっかりと積み重ねていきます」(担当者)
2019/11/8 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:513kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18秒ペース、週に1回は15秒ペース)のメニューで調整中です。6日(水)に15-15を開始し、ペースを上げながら乗り込んでいます。動きは問題ありませんし、来週やればある程度態勢は整うかなといった印象です。肩の状態はいつもの感じに戻っているので、もう心配ないですよ」(担当者)
2019/11/1 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:507kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18秒ペース)のメニューで調整中です。まだ速いところはやっていませんが、15-15を始めればあと2本くらいで仕上がりそうです。肩の状態は元々の硬さがありますが、問題はないと思いますよ。12/07(土)阪神 リゲルステークス(芝1600m)が目標と聞いていますので、あと1~2週の間で態勢を整えるつもりです」(担当者)
2019/10/25 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:512kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も少しペースアップを図っています。外から見ていると肩の出は違和感を感じないのですが、乗り役は少し気にしているんですよね。本来であれば15-15も取り入れていける頃なんですが、もう少し様子を見ながら進めていきたいと思います。体調は全く問題ありません」(担当者)
2019/10/18 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:504kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間は少しペースを上げて乗り込んでいます。若干前肢の出が硬かったところがありましたが、良化してきて今は問題なく進められています。この感じを継続しながら、負荷を強めていく予定です」(担当者)
2019/10/11 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:506kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。到着後は獣医師に馬体チェックをしてもらいましたが、問題は見られませんでした。先週末から軽めに乗り始めていますが、反動がくることもありません。週末からペースを上げて乗り込んでいく予定です」(担当者)
2019/10/4 (宇治田原優駿ステーブル)
★9/29(日)阪神・ポートアイランドステークス(芝1600m)岡田祥嗣騎手 結果9着
この後は京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整を進めることになり、10月3日(木)に移動しました。

「バレットにとってはちょうどいい外めの枠で、マイル戦の流れにも戸惑うことなく、理想的なポジションから道中運べたと思います。ただ、直線狭くなる場面は二度あったものの、もっと鋭く伸びてこれそうな手応えの割に、上り3Fが35秒台では少々物足りない。日頃の稽古からもようやく芯を感じられる動きになり、調子自体が上向いてきたので、本来持っている力さえ発揮できればもっとやれるはずですわ。今回はさすがに走り切った様子でレース後へばっていますが、落馬アクシデントのあと全力疾走というのはここまでなかったですし、これがいいキッカケになってくれたらと期待を持っています。ひとまず一旦、近郊に出して回復を促しましょう」(河内洋調教師)
2019/9/29 (阪神競馬場)
馬体重:486kg
★9/29(日)阪神・ポートアイランドステークス(芝1600m)岡田祥嗣騎手 結果9着

「スタートして少し手は動かしていきましたが、マイル戦の速い流れでも無理せずにポジションを取ることができますね。道中スムーズな感じで追走できましたし、手応えも十分。あとは後ろにサトノアーサーがいるのは分かっていたので、外から被されないようにと仕掛けていったのですが…ちょっとむこうの脚が違った。ただ、並ばれてスペースが狭くなっても、怯んだりせずにちゃんと我慢は利いていましたよ。稽古で乗せてもらっていても、調子自体が上がっているのを感じますし、落馬による後遺症みたいなものはだいぶ癒えているのではないでしょうか」(岡田祥嗣騎手)
2019/9/26 (栗東トレセン)
☆9/29(日)阪神・ポートアイランドステークス(芝1600m)岡田祥嗣騎手

26日(木)に坂路コースで4ハロンから0.6秒追走して併せ、54.9-39.3-24.6-12.0を一杯に追い切りました。「全体時計はマズマズでも、持ったまま楽な手応えで相手に並びかけ、終いも抜群の反応と伸び脚を見せてくれた。今は歩様に硬さがなく馬の気配も凄くいいから、正直これで走れないと困ってしまう。初のマイル戦になりますが、流れなど距離短縮はむしろ歓迎。満足いく状態に仕上げて送り出せるので、期待を持って今回臨みます」(河内洋調教師)
2019/9/20 (栗東トレセン)
19日(木)にCWコースで6ハロンから0.8秒追走して併せ、83.2-67.4-52.6-38.5-12.6を馬ナリに追い切りました。「昨日の追い切りは後ろから追走して併走馬のインを突く形。相手に気を遣っている素振りは見られず、終始余裕の感じられる走りに映りました。稽古を付けている岡田も『力むことなく道中リラックスできていて、先週よりも数段反応が鋭かった。伸び脚も抜群』と好感触を伝えてきましたよ。最近は稽古の走りも良い頃のバレットの可動域に戻りつつあるし、あの感じなら次は変わっていいと思う。来週9/29(日)阪神・ポートアイランドステークス(芝1600m)を予定しています」(河内洋調教師)
2019/9/13 (栗東トレセン)
12日(木)にCWコースで6ハロンから併せ、83.7-67.8-53.2-39.5-12.7を馬ナリに追い切りました。「こちらは騎手が跨っての併せ馬で先着自体は当然だけど、ここ最近はずっと調子も悪くないんだよなぁ。なるべく競争心をあおる内容で稽古のメニューも組んでいますが、やはり追走する形で気分よく走らせれば、終いは必ずいい脚を使って伸びてこれる。歩様に柔らかみも感じるし、距離を縮めることで次は変わり身があっていいはずです。9/29(日)阪神・ポートアイランドステークス(芝1600m)に向かいます」(河内洋調教師)
2019/9/6 (栗東トレセン)
「中間は坂路主体の調整メニュー。レース後もそれほど硬さは見られませんし、前回と同じくらいの状態を保てています。ただ、いい頃の追い出してからグンと沈み込むようなフォームにはまだ戻りきっていない印象を受ける。気を抜かせると走るのを止めてしまいそうな気配もあるようなので、そこは乗り役にも意識させながら稽古に取り組んでいます。次走は9/29(日)阪神・ポートアイランドステークス(芝1600m)の予定。バレットがなんとかキッカケを掴んでくれるよう精一杯やっていく」(河内洋調教師)
2019/8/30 (栗東トレセン)
★8/25(日)小倉・小倉日経オープン(芝1800m)岡田祥嗣騎手 結果13着

「ようやくギアの上がった直線入り口で他馬と接触してしまい、あそこで今回も終わってしまった。道中は怯むような場面もなく追走できていたので、スムーズに外へ出せていたら結果もまた違っていたと思います。ただ、普段の稽古から色々と対策は練っているものの、実戦に行ってなかなかバレットが本領を発揮できていない現状です。今後についてはたとえば障害競走への挑戦や環境を変えてみるなど、今回クラブ側とも様々な意見交換をした中で、このまま在厩で9/29(日)阪神・ポートアイランドステークス(芝1600m)にもう一戦向かわせてほしいと話させてもらいました。距離短縮でレースの流れが速くなるのは、今のバレットにむしろ向くはずです。なんとか復活の兆しを見出せるよう、厩舎一丸となって尽力いたします」(河内洋調教師)
2019/8/25 (小倉競馬場)
馬体重:484kg
★8/25(日)小倉・小倉日経オープン(芝1800m)岡田祥嗣騎手 結果13着

「スタートは意識してソロッと出し、向正面までは他馬に気を遣わぬ後方の位置からレースを進めました。稽古でも被されると怯む面があるため、ジックリと脚を溜めて3コーナーからステッキを入れ、外めを上げていったのもイメージどおり。ただ、4角で13番(マイネルフラップ)と少し接触してしまったのが痛かったです。スパッとは切れなくても、徐々にギアが上がっていてグンと伸びる感触でしたので、本当に勿体なかった。近走の不振はやはり気持ちの部分が大きく影響しているように思えますが、なんとかバレットにキッカケを掴ませてやろうと厩舎も尽力している。自分が上手く乗ることができずに申し訳ありません」(岡田祥嗣騎手)
2019/8/22 (栗東トレセン)
☆8/25(日)小倉・小倉日経オープン(芝1800m)岡田祥嗣騎手

18日(日)に坂路コースで4ハロン58.6-43.8-28.7-14.6を単走で馬ナリに追われ、21日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、53.8-38.8-25.0-12.6を一杯に追い切りました。「追い切りの動きが悪くありませんでしたし、普段の常歩でも肩の出がスムーズに映り、ここ数戦の中では状態が一番いい。他馬にかわされると走るのをやめようとする現状からは、後方待機でなるべく外を回らせる形の競馬が理想ですが、前走と同じ小回りコースだけに道中どの位置から運ぶかは難しいところ。今回そこは癖を掴んでいる岡田に判断を託したいと思います。あとは小倉までの輸送でなるべく馬体を減らさないよう対策を練って臨みます。なんとか復活の兆しを見せてほしいね」(河内洋調教師)
2019/8/16 (栗東トレセン)
11日(日)に坂路コースで4ハロン60.7-44.6-29.3-14.4を単走で馬ナリに追われ、14日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.9秒追走して併せ、53.7-39.0-24.9-12.3を一杯に追い切りました。「体は十分回復しましたし、夏バテしている様子も見られない。使ってむしろコンディション自体は一段階上がってきている感じやね。追い切りの内容も負荷を強めてしっかり追ってきてもらいましたが、力強い動きに映りました。気合い乗りも程よくあり、そろそろ復調してきていい気配。来週8/25(日)小倉・小倉日経オープン(芝1800m)に向かいます」(河内洋調教師)
2019/8/9 (栗東トレセン)
4日(日)に坂路コースで4ハロン61.2-44.2-28.4-13.8を単走で馬ナリに追われ、8日(木)にも坂路コースで4ハロンから0.6秒追走して併せ、53.4-38.8-25.0-12.3を馬ナリに追い切りました。「岡ちゃんが跨って追い切るのはこれが2度目。フワッとするところがあるバレットの癖を掴んでくれたようで、余力たっぷりに最後まで集中して走れていた。歩様に柔らかみがあるし、前走を使ってグンと状態も上向いているように映るな。いまのところまったくバテている様子はないけど、とにかく暑さが厳しいので、体調面などにも気を配りながら進めていきます。8/25(日)小倉・小倉日経オープン(芝1800m)を予定しています」(河内洋調教師)
2019/8/2 (栗東トレセン)
「次走を予定している8/25(日)小倉・小倉日経オープン(芝1800m)までは少し時間があるため、この中間はややペースを落としたメニューで調整しています。もう少しピリッとしたところが出てきてほしいけど、与えた分しっかり飼い葉を食べていてコンディションは悪くありませんし、夏バテの兆候も今のところ見られない。来週から徐々にペースアップしていくつもりです」(河内洋調教師)
2019/7/26 (栗東トレセン)
★7/21(日)福島・福島テレビオープン(芝1800m)津村明秀騎手 結果10着

「作戦通りにうまく脚を溜めて運んでくれましたが、ペースを考えれば向正面でもう少しポジションを上げていきたかった。中井の馬(ベルーガ)に外から来られた際、『気持ちが怯んで走るのをやめそうになる面があった』と鞍上からは報告を受けています。ただ、今回は輸送でそれほど体が減らなかったし、直線最後までハミを取って伸び脚を見せ、少しづつではあってもメンタルの部分が戻ってきている。時間はかかりますが、バレット本来の能力が発揮できるよう今後も尽力していくつもりです。すでに昨日から運動を開始していますが、ダメージは特に感じられません。次走は8/25(日)小倉・小倉日経オープン(芝1800m)を目指したいと考えています」(河内洋調教師)
2019/7/21 (福島競馬場)
馬体重:480kg
★7/21(日)福島・福島テレビオープン(芝1800m)津村明秀騎手 結果10着

「パドックと返し馬、ゲートの中でも非常に落ち着いていましたね。道中は後方に位置して包まれないよう、スムーズに運んで嫌気を差させないことを心掛けて騎乗しました。馬群がバラけて向正面まではマイペースでリズム良くいったのですが、2番の馬に外から来られた際に、一瞬やめそうな反応を見せました。ただ、直線に向いても手応えは残っていましたし、ハミを取って走る気を出してくれましたよ。やはりスランプの原因は精神的な面が大きいようですが、この一戦がいいキッカケになってくれればうれしいです」(津村明秀騎手)
2019/7/18 (栗東トレセン)
7/21(日)中京・中京記念(G3・芝1600m・ハンデ)岡田祥嗣騎手 除外(非当選)
☆7/21(日)福島・福島テレビオープン(芝1800m)津村明秀騎手

14日(日)に坂路コースで4ハロン59.7-44.3-30.0-14.9を単走で馬ナリに追われ、17日(水)にも坂路コースで4ハロンから0.2秒から先行して併せ、51.3-37.4-25.2-13.0を一杯に追い切りました。「中京記念はトップハンデによる抽選で除外となったため、福島の番組に再投票させてもらいました。追い切りの時計自体は十分合格点を与えられるもので、どこが痛いとかバレットの調子が悪いわけではありません。要は気持ちの部分が大きく影響しており、並ばれると集中力が途切れフワッとなって、併せた相手に後れを取ってしまう。今回は道中後方待機から、外を回ってどれだけ直線で伸びてこれるかの競馬を指示するつもり。今朝の計量で490kg近くあった。長距離輸送と競馬場に前泊する点が鍵を握りますが、体をあまり減らさぬようしっかり対策を練って準備します」(河内洋調教師)
2019/7/12 (栗東トレセン)
宇治田原優駿ステーブルで順調に調整され、6日(土)に帰厩しました。

10日(水)に坂路コースで4ハロンから0.5秒先行して併せ、53.8-38.6-25.4-13.1を一杯に追い切りました。「状態は変わりなくきており、暑さにマイっている様子もありません。ただ、稽古でも併せ馬で相手に交わされるとそのまま手応えに余裕がなくなり、まったく抵抗できていない。気持ちの面が大きく影響しているでしょうから、次は最後方から進めてみたりと思い切った形の競馬をしてキッカケを掴ませたいですね。予定している7/21(日)中京・中京記念(G3・芝1600m・混)は頭数が揃いそうで、出走決定順からも除外の可能性があります。そのため、同日組まれている福島テレビオープン(芝1800m)にも特別登録をさせてもらいます」(河内洋調教師)
2019/7/5 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:502kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間は右肩の状態が大分いい感じで、順調に乗り込めています。まだ本調子にない気もしますが、目標のレースまではもう少し時間がありますし、態勢は整うと思います。明日6日(土)の検疫で帰厩することになりました」(担当者)
2019/6/28 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:498kg
一旦、京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整を進めることになり、23日(日)に移動しました

「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。当初は在厩のまま調整していくつもりだったようですが、7/21(日)中京・中京記念(G3・芝1600m・ハンデ)まで少し間隔が空くからということで、短期でこちらで預からせていただくことになりました。右肩に若干筋肉痛の症状が見られるので、ケアをしながら進めています。大分良くなってはいるので、様子を見ながらペースアップを図りたいと考えています。態勢を整えて送り出したいですね」(担当者)
2019/6/21 (栗東トレセン)
「状態は良い意味で変わりありませんが、この中間もまだ体つきが若干細く映ります。もともと輸送でストレスを抱えるタイプだけに、暑さも影響してさらに体重を落とす不安は否めない。そのため今週の投票は自重して、7/21(日)中京・中京記念(G3・芝1600m・ハンデ)に向かわせてください。レースまで少し間は空きますが、いまのところ夏バテの兆候も見られないので、このまま在厩で調整していきます」(河内洋調教師)
2019/6/14 (栗東トレセン)
12日(水)に坂路コースで4ハロンから1.6秒先行して併せ、55.2-39.7-25.7-12.6を馬ナリに追い切りました。「今週の追い切りは終始余裕ある手応えのまま、一杯に追われる相手の動きに合わせつつといた内容。まったく無理させていませんし、やればまだまだ動けていたと思います。前走時と比べて体はやや細く映るものの、デキ落ちは正直感じられませんので、予定どおりに来週6/23(日)東京・パラダイスステークス(芝1400m・ハンデ)に特別登録するつもりです。使うとなればまた輸送がありますし、ハンデやバレットの状態次第で向かうかを判断しましょう」(河内洋調教師)
2019/6/7 (栗東トレセン)
★6/01(土)阪神・鳴尾記念(G3・芝2000m)和田竜二騎手 結果9着

「テンからの行きっぷりは良かったし、内々でしっかり脚も溜まっていたように見えたのですが、思いのほか直線では伸びなかった。けっしてスペースが狭かったわけでもなく、和田にコメントを求めても『他馬を怖がったり怯んだりする素振りはなかった』とのことですから、彼が助言してきたように次は距離を縮めてみるのがいいかもいれませんね。もう少しピリッとした面を引き出したい考えも持っています。レース後も状態は特に変わらず、昨日からすでに乗り始めています。在厩のまま調整して7/21(日)中京・中京記念(G3・芝1600m・混)に向かうプランもありますが、体の回復次第では6/23(日)東京・パラダイスS(芝1400m・ハンデ)を検討していきます」(河内洋調教師)
2019/6/1 (阪神競馬場)
馬体重:482kg
★6/01(土)阪神・鳴尾記念(G3・芝2000m)和田竜二騎手 結果9着

「パドックから雰囲気は悪くありませんでした。スタートも出て良いポジションに付けられましたし、今日は馬を怖がることなくいい感じで運べたと思います。力んだりすることもなかったですよ。ただ、直線では思いのほか伸びてこず、最後は一杯になってしまいました。前にいた馬(タニノフランケル)は交わせると思ったんですけどね。ハッキリとは断言できないのですが、距離はもう少し詰めてみてマイルくらいでも良いかもしれません」(和田竜二騎手)
2019/5/30 (栗東トレセン)
☆6/01(土)阪神・鳴尾記念(G3・芝2000m)和田竜二騎手

29日(水)にCWコースで6ハロンから併せ、80.6-64.4-50.3-37.9-13.0を一杯に追い切りました。「内に入れて長目からビッシリ併せることで、どれだけバレットの闘争心が戻っているか、その確認が昨日の追い切りで意図するところでした。最後は相手に遅れを取ってしまったものの、ゴール前まで差し返そうとする気持ちが窺えましたし、全体時計も重い馬場を考えればけっして悪くありません。少しづつではあるものの、心身ともに以前の状態に戻ってきていると思います。来週のエプソムCも考えたのですが、やはり再度の輸送で体を減らすのは心配ですから、今週の競馬に向かわせてください。これまで5戦して崩れていない阪神コースだけに、なんとかここでキッカケを掴んでほしいですね」(河内洋調教師)
2019/5/24 (栗東トレセン)
★5/18(土)東京・メイステークス(芝1800m・ハンデ)柴田大知騎手 結果10着

「レース前は後方から極端な競馬をしてもらうことも考えていましたが、当日の馬場傾向を見ても前残りが目立っていましたからね。大知騎手には、外から被されないようにだけ気をつけて運んでほしいと伝えました。坂で止まってしまったのは久々が影響しての分だと思いますし、ちゃんと競馬の形になって復活の兆しは感じられたので良かったですよ。レース後も脚元などは問題なく、相変わらず馬房では食っちゃ寝て食っちゃ寝てしているけど、輸送するとナイーブになって馬体減りしてしまうタイプ…。そのため、状態次第では来週6/01(土)阪神・鳴尾記念(G3・芝2000m)に向かう考えもあり、和田騎手に一応声はかけています」(河内洋調教師)
2019/5/18 (東京競馬場)
馬体重:476kg
★5/18(土)東京・メイステークス(芝1800m・ハンデ)柴田大知騎手 結果10着

「テンからポジションを取りに行けるセンスがある馬なので、今日は前が止まらない馬場でしたし、本来であればもっと内を回るのがベターだったかもしれません。ただ、良い頃との違いを浜中から聞いており、先生からの指示もあって、今日はとにかく他馬に被されないように心掛けて乗りました。坂を上がって最後は止まってしまいましたが、4角を回る際の手応えは抜群。並ばれてからも怯んだり嫌気を出したりはなかったので、スランプを脱出する兆しは見えたのではないでしょうか。是非また乗せていただきたいです」(柴田大知騎手)
2019/5/16 (栗東トレセン)
☆5/18(土)東京・メイステークス(芝1800m・ハンデ)柴田大知騎手

12日(日)にCWコースで5ハロン71.8-55.7-41.0-13.7を単走で馬ナリに追われ、15日(水)には坂路コースで4ハロンから0.5秒先行して併せ、54.0-39.0-24.9-12.5を一杯に追い切りました。「昨日の追い切りはバレットを先行させる形で、途中まではノビノビと気持ちよく走れていましたが、並ばれてからはやや怯んでフラフラしてしまった。ただ、遅れたといっても相手はサンライズソア(OP馬)ですし、下(CWコース)と違って坂路ではもともとそんなに動かないタイプ。全体時計も悪くなく、魂が抜けているような感じに映った昨年の暮れあたりと比べたら、稽古での気配や迫力は雲泥の差に感じます。あとは今朝の計量で490kgあったので、あまり得意としない輸送を無事こなしてほしい。当日は鞍上とも念入りに打合せをして、レースに臨むつもりです」(河内洋調教師)
2019/5/10 (栗東トレセン)
8日(水)にCWコースで6ハロンから0.9秒追走して併せ、81.2-65.5-50.8-37.9-11.5を一杯に追い切りました。「全体としてはバレットならば驚くほどの時計ではありませんが、弾むようなフットワークでラストの伸び脚は鋭かった。今回は柔らかみが感じられるし、復調気配にあるのは確かだと思います。あとは実戦でもメンタルの部分が戻っていればやね。予定どおり、来週5/18(土)東京・メイステークス(芝1800m・ハンデ)に向かいます。鞍上の柴田大知はウチの厩舎でもこれまで幾度となく騎乗依頼していますが、最後までちゃんと追って来れるタイプ。バレットの内面に潜む闘争本能をまた引き出してもらいたい」(河内洋調教師)
2019/4/26 (栗東トレセン)
21日(日)にCWコースで6ハロン90.0-73.8-58.2-43.1-14.3を単走で馬ナリに追われ、24日(水)にもCWコースで6ハロンから0.6秒追走して併せ、82.3-66.5-51.9-38.2-12.3を馬ナリに追い切りました。「稽古の動きを見ると、前回在厩時よりいい状態で戻ってきたと思う。何本か追い切りを消化すれば馬体は順調に仕上がりそうだから、5/18(土)東京・メイステークス(芝1800m・ハンデ)を目標に進めましょう。水曜日に併せた際には先行する相手を追いかけ、最後はきっちり同入。精神面で気になるところは見られなかったですよ」(河内洋調教師)
2019/4/19 (栗東トレセン)
ノルマンディーファーム小野町で順調に調整され、本日19日(金)に帰厩しました。

「さっき厩舎に戻ってきたばかりだけど、程よいシルエットで歩様にも柔らかみがある。心身ともにいいリフレッシュになったと思うし、これからまたバレットと一緒に頑張りますわ。ひとまずはまだどこと目標を立てずに進めていくつもりです」(河内洋調教師)
2019/4/12 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:513kg
現在は馬場3周と坂路1本を18秒ペース(週2回は14~15秒ペース)のメニューで調整しています。普段の調教では体をしっかり使った走りに改善されつつあるので、あとは追い切り時も力まずハミを取れるように心掛けています。14~15秒までなら我慢できるようになってきていますが、レースのペースを考えると今のテンションでもう一段階ギアを上げられるようにしておきたいところ。追い切りを重ねながら乗り味の安定感などは増しているので、良化傾向にあるのは間違いなさそうです。早ければ来週中にも帰厩予定とのことでしたので、いい状態で送り出せるよう態勢を整えていきます。
2019/4/5 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:513kg
現在は馬場3周と坂路1本を18秒ペース(週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。周回コース、坂路コースともに推進を掛けていく中でも、フォームがバラけるようなことはなくなりました。かなり安定感が出てきたこともあり、2日(火)には坂路でこちらへ来てから初めての追い切りをおこないました。久しぶりにビッシリ追われたこともあってか、頭が高めで背中の使い方もこちらの思い描いた感じではありませんでしたが、普段の調教では背中から首を使えている走りが出来ています。今後も背中の状態を確認しながらになりますが、追い切りを織り交ぜながら更なる良化を図っていければと考えています。
2019/3/29 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:510kg
現在は馬場3周と坂路1本を16~18秒ペースのメニューで調整しています。先週からペースアップこそおこなっていませんが、いい走りを継続できるようになってきました。騎乗担当者も手綱から伝わってくる手応えに、状態が日々良化傾向にあるのを感じ取っているようです。前後左右のバランスが良くなってきたことで動きにもまとまりが出て、体全体の筋力を上手く走りに生かせるように変わってきたことも、フォームの安定につながっている印象です。強いて言うなら左手前のキャンターをもう一段階強化したいところなので、引き続きしっかりと乗り込んでいきます。
2019/3/22 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:510kg
現在は馬場3周と坂路1本を16~18秒ペースのメニューで調整しています。この中間も順調に乗り込めており、良化が進んでいるように感じられますし、馬場状態も回復したことから、ペースも多少上げています。体の使い方はかなり良くなっていますが、我の強さもある馬。まだ自分のバランスへ持っていこうとしているところがあり、乗り手としてはもう少しこちらを頼って走ってくれるのが理想です。そうなることで妙なタイミングでキャンターの手前を変える必要もなくなるので、長い距離を走る中でもフォームの崩れがほとんどなくなると思います。
2019/3/15 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:507kg
現在は馬場3周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も順調に乗り込めており、動き・雰囲気ともに良化してきました。欲を言えばもっと力強くハミを持っていってくれても構わないのですが、騎乗開始時に比べると体の使い方や前向きさは、以前の状態に近づきつつあります。今週は馬場の状態も悪く、あまりビシっとは攻めていませんが、脚元が滑りやすい中でもしっかりとした脚取りで、真っすぐ走れている点も好感が持てます。今後はペースアップも検討しながらメニューを組み立てていく予定です。
2019/3/8 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:507kg
現在は馬場3周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。引き続き同様のメニューを消化していますが、調教に対する気持ちの面にも変化が表れてきました。まだ安定こそしていないものの、自らハミをグイっと持っていく走りを見せています。騎乗担当者も「ここまで肉体的、精神的にかなり追い込まれていたようですが、ここにきてそういった面が抜け、うっすらとですが以前の雰囲気が戻ってきた印象です」と話していました。今後も馬の状態に合わせたメニューを組んでいきたいと思います。
2019/3/1 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:507kg
現在は馬場3周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。体の力みや蓄積されていた疲労などが取れてきたことで、キャンター中にフワっとした走りになるなど、ズルさを見せるようになってきました。今までが力み過ぎてそういった余裕もなかった走りに感じていたので、こういった変化が出てきたことは良化傾向と捉えています。上手く緩ませながらバランスも整ってきており、今後は追い切りを織り交ぜることも検討しながら、次の段階へ進めていこうと考えています。
2019/2/22 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:508kg
現在は馬場3周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。ここにきて背中や腰の無駄な力みが取れてきました。今までバランスが崩れていたこともあってか、どこか偏った体重の乗せ方だったのが解消されてきた印象です。今後ペースを上げていくにしても、崩れたフォームのままだとまた同じことの繰り返しになってしまうので、引き続きバランスを整えることを第一に進めていこうと思います。
2019/2/15 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:509kg
現在は馬場3周と坂路1本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。今週より坂路も1本取り入れたメニューを消化。周回コースでジックリ長めのキャンターをおこなって、バランス矯正を求めてから登坂する形を取っています。どうしても良かった時と比べてしまい、まだまだと思うこともありますが、徐々にでも変化は見られるので、こちらもポジティブに捉えていくつもり。今後もペースアップとまではいかなくとも、少しずつでも次の段階へ進んでいけるようにしたいと考えています。
2019/2/8 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:510kg
現在は馬場3周(ハッキング)のメニューで調整しています。今週も周回コースメインで乗り込み、四肢の運びや口向きなどの矯正をおこなっています。だんだんと軸が出来つつありますが、一番時間の掛かりそうな箇所は右手前のキャンター時のバランスの取り方です。引き続き重心の掛け方などを整えながら、ジックリ進めていきたいと思います。
2019/2/1 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:512kg
現在は馬場3周(ハッキング)のメニューで調整しています。相変わらず馬自身は元気いっぱい。ただ、走りに関してはこちらで一番良い動きをしていた時と比べ、脚捌きや口向きに物足りなさを感じます。メンタル面もレースの敗因の一つと思われますが、軸の定まっていない感じの走りになっているのも、最後まで気持ちが続かないことに繋がっているのかもしれません。今後はしっかりしたフォームで長く走るための形づくりをテーマに、一つ一つ矯正をおこなっていこうと思います。
2019/1/25 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:521kg
現在は馬場3周(ハッキング)のメニューで調整しています。ここまでジックリ休養をとり、馬体にも余裕が出てきたので、22日(火)より騎乗を開始しました。周回コースでフォームを確認しながら乗っていますが、休んでいた分もあり、まだモッサリした感じにも映ります。気温がかなり低く、体も硬くなりやすいので、時間をかけてほぐしながら乗り込んでいきたいと思います。
2019/1/18 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:523kg
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。先週同様、朝にマシン運動をおこない、日が出ている間はパドック放牧をおこなっています。楽をさせていることで体は見た目にもフックラしてきましたし、筋肉の緊張は完全に抜けきった印象。歩様に硬さなども見られず、以前骨折した箇所もまったく異常は感じられません。近日中には騎乗運動を開始する予定です。
2019/1/11 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:522kg
現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。この中間も朝にマシン運動をおこない、日中はパドックでリラックスした時間を過ごしています。馬体重が大幅に増えたように、牧場レベルのゆとりある体に変わってきました。元々、性格はのんびりとしたところがあり、休んでいても煩い面を見せることなく、いいリフレッシュ休養になっているようです。あと1週間は現状の生活を続け、それから立ち上げていく予定です。
2018/12/28 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:491kg
この後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整を進めることになり、26日(水)に移動しました。

現在はウォーキングマシン1時間のメニューで調整しています。こちらで立て直すことになり、26日(水)夜に到着。翌27日(木)からウォーキングマシンでの運動をおこなっています。有馬記念出走も視野に調整していただけあって、馬体は仕上がっており、骨折明けに在厩していた時とは別馬のようです。まずは精神面のリフレッシュを第一におこなっていく予定です。
2018/12/20 (栗東トレセン)
12/23(祝)中山・有馬記念(G1・芝2500m)黛弘人騎手 除外(非抽選)

20日(木)に坂路コースで4ハロンから0.1秒追走して併せ、55.1-39.3-25.1-12.8を一杯に追い切りました。「投票はあくまで除外による登録料の返還が目的。次年度の初っ端に目標を切り替えてやっているものの、今朝の稽古でも躍動感や迫力という点において、いい頃のバレットには及ばない動きに映る。後から追いかけたとはいっても、併せて遅れるような相手ではないからね。どこが痛いとか状態が悪いわけではないのですが、寒い時期もあまり得意とはしないように感じるし、ここは一旦リセットを図る意味で放牧に出すことも検討します」(河内洋調教師)
2018/12/14 (栗東トレセン)
12日(水)にCWコースで7ハロンから0.4秒先行して併せ、81.9-65.8-51.1-38.2-12.5を一杯に追い切りました。「併走相手は園田で力を付けてきた再転入馬。ウチの大将(メイショウタチマチ)並みに稽古で動けているのだから、重い馬場状態を考えれば遅れ自体は仕方のないところ。ただ、全体時計はそう悲観するものではないにしても、格下相手にトンコロを喰らう内容ではまだ出走にゴーサインが出せないな。嫌がったり怖がったりする素振りは見られないものの、相手に並ばれるとフワッと気を抜いてしまい、まったく力を発揮できていなかった。登録した有馬記念は補欠の二番手で順番は回ってこないだろうし、1/05(土)中山・中山金杯(G3・芝2000mハンデ)を目標に、しっかり時間をかけて乗り込んでいくつもりです。中間の気配や状態もけっして悪くないので、なにかバレットの自信を取り戻せるようなキッカケを作ってやりたいね」(河内洋調教師)
2018/12/7 (栗東トレセン)
5日(水)に芝コースで6ハロンから1.1秒追走して併せ、80.4-63.5-49.1-36.2-11.4を馬ナリに追い切りました。「水曜日はウッドチップのコンディションが重く悪かったため、バレットの気分を換える目的もあって芝コースで追い切りました。走りやすい馬場で時計自体は鵜呑みにできないものの、持ったままの手応えで気分よく走れていましたよ。稽古の感じからは転倒した後遺症などまったく感じられず、むしろ早く走らせてほしいと自身がうずうずしている様子にも見て取れるほど。関西圏での適鞍が当分組まれておらず、いずれにしても次走はディセンバーSか有馬記念、金杯など中山へ遠征することが濃厚だろう。前々回、前回と不完全燃焼の競馬が続いているので、次こそは力一杯走らせてやりたい。そうできるよう尽力を注いで調整していきます」(河内洋調教師)
2018/11/30 (栗東トレセン)
29日(木)にCWコースで6ハロンから0.6秒追走して併せ、81.9-65.3-50.7-37.8-12.6を一杯に追い切りました。「中間の状態も脚元含めどこが悪いというわけではないし、体調面に関しても至って良好に映る。水曜日の追い切りでも相手を追走して捕らえきれなかったものの、怯んだり気にしている様子はまったく見られなかった。全体時計だって評価できるもの。ただ、迫力や躍動感はいい頃のバレットと比べれば物足らないのもたしか。次走に向けてもう少し時間をかけて調整したいため、来週の中日新聞杯(G3・芝2000m)は見送るつもりです」(河内洋調教師)
2018/11/23 (栗東トレセン)
★11/17(土)京都・アンドロメダステークス(芝2000m・ハンデ)浜中俊騎手 結果15着

「ハナへ行くとは思っていなかったけど、なるべく馬群に入れずに進めるよう鞍上には指示を出していました。前半1000m通過が1.01.6のスローでペースを作っていたのだから、能力を考えても4角でバテて下がっているわけではなく、やはり自分から走るのを止めている感じ。前々走で転倒した後遺症という見方が大半だと思いますし、レース後の様子や状態を見て今後の方針をと今朝までじっくり考えさせてもらいました。まず肉体的な部分においては走り切っていないのでダメージなどまったく見られず、メンタルの部分でも稽古では特に他馬を怖がったり気になるところはありません。なんとか復活のキッカケをバレットに掴ませてやりたい。そういった理由から年内もう一戦だけ使わせてもらって、同じ結果になるようならオーバーホールに切り替えます。実戦に行っての不安を取り除いてやれるような調整ができるかどうかだけだと思っています」(河内洋調教師)
2018/11/17 (京都競馬場)
馬体重:476kg
★11/17(土)京都・アンドロメダステークス(芝2000m・ハンデ)浜中俊騎手 結果15着

「これまでとは違った競馬をしたいと思っていただけに、ハナへ行くことは考えていました。道中の行きっぷりや手応えは良かったのですが、4コーナーで外から来られた時に自分からブレーキを掛けて一気に止まってしまって…。骨折から復帰してからというもの、ずっと硬さが感じられて、重賞を勝った時のようなアクションではないのも確か。マイル~千八くらいに距離を詰めて、終い勝負に徹するくらいの極端な競馬をさせた方がいいかもしれません。いずれにしてもメンタル面の問題。力があるのは分かっていますから、あとはいかにして闘志を引き出すかだけですね」(浜中俊騎手)
2018/11/15 (栗東トレセン)
☆11/17(土)京都・アンドロメダステークス(芝2000m・ハンデ)浜中俊騎手

11日(日)にCWコースで6ハロン86.6-72.5-58.1-43.6-14.1を単走で馬ナリに追われ、14日(水)にもCWコースで6ハロンから0.4秒追走して併せ、81.9-65.6-50.3-37.0-11.6を馬ナリに追い切りました。「和田君が怪我で乗れなくなりましたが、すぐさま浜中騎手を確保できたのは幸いでした。一番バレットの背中を知っている男が、稽古では他馬を気にしたり怖がったりする素振りはまったく感じられなかったと言う。今週も追い切りの動きだけ見れば惚れ惚れするほどだし、トップハンデ57kgとはいえメンバー的にもなんとか頑張って競馬してもらいたい。転倒した後遺症はもう癒えていると信じていますが、念のため今回は浅いブリンカーを着用してレースに臨みます」(河内洋調教師)
2018/11/9 (栗東トレセン)
4日(日)に坂路コースで4ハロン61.1-43.4-27.7-13.6を単走で馬ナリに追われ、8日(水)にはCWコースで6ハロンから0.6秒追走して併せ、84.0-67.4-52.3-38.5-11.6を一杯に追い切りました。「稽古では他馬を怖がるような場面はなく、転倒による影響は感じられないものの、前走騎乗した幸騎手からの進言もあって、この中間は試しに浅いブリンカーを装着しています。効果が窺えたというより、邪魔にはなっていない程度に今は映りますが、実戦に行ってそれがどう作用してくるか。なんとか次は変わってきてほしい。弾けそうなフットワークでバネを感じますし、追い切りの動きからは全体的にだいぶ柔らかみも出てきた印象です。来週11/17(土)京都・アンドロメダステークス(芝2000m・ハンデ)に和田騎手で向かいます」(河内洋調教師)
2018/11/2 (栗東トレセン)
10月28日(日)に坂路コースで4ハロン55.2-40.8-27.2-13.9を単走で馬ナリに追われ、31日(水)にはCWコースで6ハロンから1.3秒追走して併せ、84.8-68.2-52.6-38.3-12.9を強目に追い切りました。「乗り役は『手応えからすれば、もっと楽に並んでいい感触だった』と話していましたが、帰厩後これが初めて長目からやる追い切りでしたので、時計的にも及第点を与えられる内容。息遣いは悪くありませんし、歩様に柔らかみも感じられて状態はいいと思いますよ。あとはこれから負荷を強めていって、もっとバレット本来の迫力感が、走りの前面に出てくればと期待しています。なお、11/17(土)京都・アンドロメダステークス(芝2000m・ハンデ)は和田竜二騎手に依頼しました」(河内洋調教師)
2018/10/26 (栗東トレセン)
宇治田原優駿ステーブルで順調に調整され、25日(木)に帰厩しました。

「今回はもともとリフレッシュがメインの放牧でしたので、宇治田原にもあまり速いところをやらなくていいと指示していました。歩様に硬さが見られないし、体も今朝の計量で490kgあって程よくフックラと映る。短期間でしたがバレットにとっては良いリフレッシュになったと思うね。11/17(土)京都・アンドロメダステークス(芝2000m・ハンデ)を目標に、週末から徐々に時計を出していくつもりです」(河内洋調教師)
2018/10/19 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:500kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(ハッキングキャンター)のメニューで調整中です。多少の硬さは見られるものの、前回入場時のような筋痛症状もなく、大きな崩れは見られません。治療やケアの必要がないため、予定通り先週末から騎乗運動を再開。まだ軽めにとどめてはいますが、今週末あたりから徐々にペースアップしていくつもりです」(担当者)
2018/10/12 (宇治田原優駿ステーブル)
★10/08(祝)京都・京都大賞典(G2・芝2400m)幸英明騎手 結果11着
この後は京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整を進めることになり、本日12日(金)に移動しました。

「稽古では他馬に怯んだり、ハミを取らないなんてことは一度も見せたことがないのですが、前2走の影響からか実戦に行ってそういうメンタルの部分が出てしまいました。ここで休みを与える選択肢もあれば、よりレースを経験させて早くバレットに自信を取り戻させる考え方もあるでしょう。レースに向かうならば現状、長距離輸送のないハンデ戦がベターでしょうから、11/17(土)京都・アンドロメダステークス(芝2000mハンデ)と考えています。どちらにしても、まずは一旦近郊で二週間ほどリフレッシュさせてからプランを決めていきたいと思います」(河内洋調教師)
2018/10/8 (京都競馬場)
馬体重:478kg
★10/08(祝)京都・京都大賞典(G2・芝2400m)幸英明騎手 結果11着

「テン乗りなので過去との比較が出来ないのですが、終始フワフワとした走りでしたね。スマートレイアーに横に並ばれた際に内にヒルんでしまって、そこから全くハミを取らなくなってしまいました。ここ2戦の影響なのでしょうか。少し実戦が怖いのかもしれませんね。ただ、能力が高いことは間違いないので、ここから順調に使っていけば自信を取り戻せると思いますし、変わってくれるはずです」(幸英明騎手)
2018/10/4 (栗東トレセン)
☆10/08(祝)京都・京都大賞典(G2・芝2400m)幸英明騎手

9月30日(日)にCWコースで6ハロン90.0-74.8-59.4-44.1-14.0を単走で馬ナリに追われ、10月4日(木)にもCWコースで6ハロンから1.2秒追走して併せ、81.5-66.1-51.9-38.5-11.9を一杯に追い切りました。「先週は馬場も少なからず影響したとは思いますが、気持ちの面でまだピリッとしたところに欠けている印象でした。週末にも長目から1本消化し、ようやくバレット自体が目覚めてきたようで、今朝は幸騎手を背に本来の弾けるような動きを披露。放牧先での鍼治療も効果は大きく、体に苦しいところなく稽古でも走れていますね。前々走、前走とああいう形の競馬になってしまったので、今回はまずとにかく無事にゴールまで完走をという気持ち。そのうえで、長くいい脚を使える馬ですので、このメンバー相手でも立ち回りひとつだと思っています」(河内洋調教師)
2018/9/28 (栗東トレセン)
27日(木)にCWコースで6ハロンから併せ、85.2-67.6-52.6-39.2-12.8を一杯に追い切りました。「木曜日は馬場が悪かったことも影響していますし、相手はウチの厩舎の中でも稽古で滅法走るタイプ。2馬身ほど遅れはしたものの、動きや時計は十分合格点をあげられるものでした。馬体重が今朝の計量で486kgですので、もう少し数字が増えてきてもいいくらいですが、けっして細くは映りませんし、帰厩してからは硬さが解消して歩様もスムーズ。長目からもう1~2本追えば、もっとピリッとした面が出てくるはずで、態勢も整ってくると思います。来週10/08(祝)京都・京都大賞典(G2・芝2400m)に幸騎手で向かいます」(河内洋調教師)
2018/9/21 (栗東トレセン)
17日(月)にCWコースで6ハロン88.7-72.9-57.9-43.8-14.2を単走で馬ナリに追われ、20日(木)にもCWコースで6ハロンから併せ、82.0-67.0-52.8-39.5-12.5を直線強目に追い切りました。「内目を回ってまだそれほど負荷はかけていないものの、昨日の追い切りも持ったままの手応えで余裕綽々に好タイムをマーク。放牧先での鍼治療が効果的で、帰厩してどこか痛いとか苦しいとかそういった面はまったく見られません。バレット本来の躍動感ある走りができており、いまのところ前走で転倒した後遺症もないと思われます。ただ、復帰戦に関してはまだ流動的で、前日輸送がなく距離に魅力を感じる10/08(祝)京都・京都大賞典(G2・芝2400m)を本線には考えているものの、もう少し状態を見ながら最終的に決めさせてもらえればと思います」(河内洋調教師)
2018/9/14 (栗東トレセン)
宇治田原優駿ステーブルで順調に調整され、12日(水)に帰厩しました。

「帰厩前日に獣医が立ち合いのもとで入念にチェックしましたが、馬体や脚元は『もう大丈夫』とのことでした。放牧先ではまだ速いところをビッシリという訳にはいかなかったものの、ぶり返しや疲れが出ることもなかったし、量をしっかりと乗り込んでもらいました。今朝さっそく坂路コースで跨って感触を確かめてみたところ、トレセンでの本格的な調教に耐えられるだけの下地はできていると思います。とはいえ、次走予定等はまだ立てずに、バレットが力を発揮できると判断したタイミングでプランを練っていくつもりです。まずは状態をしっかり把握していきます」(河内洋調教師)
2018/9/7 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:506kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。左肩については引き続き問題ないですね。馬自身が痛がったり気にしたりする素振りも見られません。念のため獣医さんには定期的にチェックしてもらっていますが、今のところ特に気になるところはなく、乗り込みを進めるにつれて馬の状態も良化傾向にあります。引き続き様子を見ながらにはなるものの、今後は更なるペースアップのタイミングを探りながら進めていくつもりです」(担当者)
2018/8/31 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:501kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。左肩の筋痛症状については、触診上は問題なさそうです。乗った感じは微妙に硬さが残るものの、しっかりほぐせば気にならない程度。『相変わらず問題はなく、このまま進めていっても大丈夫』と獣医さんからもお墨付きをもらっており、引き続き入念にケアしつつ様子を見ながら乗り込んでいくつもりです」(担当者)
2018/8/24 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:495kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで1800m、坂路コースを1本(ハッキング)のメニューで調整中です。この中間も左肩に筋肉痛の症状が出ているものの、それでも治療した甲斐があって先週に比べればだいぶ緩和されています。毎週、獣医の診察を受けていますが、『歩様に出ている訳でもないし、痛がっている訳でもないので、しっかりケアしていれば進めていっても問題ない』とのこと。今回も治療してもらいましたが、獣医のジャッジを仰ぎつつ、その後の経過を見ながら慎重に進めていこうと思っています」(担当者)
2018/8/17 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:495kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18秒ペース)のメニューで調整中です。この中間も右肩を中心に少し硬さが感じられたため、念のため獣医の診察を受けましたが、『左肩が筋肉痛になっていて、それをかばっている影響だろう。ただ、休ませるほどのものではなく、乗りながらケアしていれば進めていっても問題ない』とのこと。ひとまず左肩の筋肉痛を緩和させる処置をおこない、ケアしながら入念に乗り込んでいくつもりです」(担当者)
2018/8/10 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:497kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。筋肉痛の症状が窺えた左肩をかばっているのか、右半身に若干硬さが感じられます。それでも歩様には問題ありませんし、乗っていればほぐれる程度のもの。様子を見ながらにはなるものの、入念にほぐしながらジックリ乗り込んでいくつもりです」(担当者)
2018/8/3 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:498kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで1800m、坂路コースを1本(ハッキング)のメニューで調整中です。予定通り週明けから騎乗運動を再開。笹針の効果でトモはだいぶシャキッとしてきた印象ですが、左肩に筋肉痛の症状が若干窺えたため、獣医による治療をおこないました。『乗りながらケアしていれば問題ない程度』とのことでしたから、それほど気にする必要はないでしょう。今後も様子を見ながら進めていくつもりです」(担当者)
2018/7/27 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:495kg
「現在は1時間のウォーキングマシン運動のみにとどめています。笹針をした獣医の話によると、両トモや尻尾の付け根付近が特に傷んでいたとのこと。予定通り3日間の舎飼の後にウォーキングマシン運動を開始。今のところ特に問題はないので週明けから騎乗運動を再開できる見通しで、すぐに立ち上げることができるでしょう」(担当者)
2018/7/20 (宇治田原優駿ステーブル)
19日(木)に宇治田原優駿ステーブルへ移動しました。

「現在は舎飼にとどめています。入場直後の触診では歩様には問題なかったものの、レース中に転倒していることもあって多かれ少なかれダメージはあった様子。一度リセットする意味で、今日20日(金)に笹針治療をおこないました。3日間は舎飼にとどめ、週明けからウォーキングマシン運動を開始し、再来週から騎乗運動を再開する予定。様子を見ながら進めていくつもりです」(担当者)
2018/7/13 (栗東トレセン)
★7/08(日)福島・七夕賞(G3・芝2000mハンデ)岩崎翼騎手 競走中止
この後は京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整を進めることになり、近日中に移動予定です。

「レースの勝負どころ、鞍上がゴーサインを出して動かした際に起こったアクシデント。スペースを十分に確認せず外へ持ち出して、他馬にも迷惑をかけてしまったし、バレットが無事に上がってきてくれたことがせめてもの救いでした。2戦連続して心配をかける形となってしまい、大変申し訳ない気持ちです。木曜日にトレセン診療所で詳しく検査を受けましたが、馬体には外傷や打撲痕もない状態でノーダメージと診断を受けています。とはいえあれだけ大きく転倒していますので、厩舎を診てもらっている開業の獣医師と、当面は念入りに状態をチェックしていく予定です」(河内洋調教師)
2018/7/8 (福島競馬場)
馬体重:468kg
★7/08(日)福島・七夕賞(G3・芝2000mハンデ)岩崎翼騎手 競走中止

「栗東を出発する前は480kg台を維持できていたのですが、輸送で若干ナーバスになってしまい、競馬場に到着してから少し飼い葉食いが落ちました。それでも、パドックの周回で柔らかみが感じられましたし、調子自体は絶好調で期待を持って臨んだ一戦でしたが…。岩崎がポジションを外へ持ち出そうとした際に、前を行くマイネルフロストの後肢とプラチナの前脚が接触しての転倒。期待してもらっているのに、二度続けてこのような結果となり大変申し訳なく思っています。上がってきて診療所で診てもらいましたが、今のところ大きな怪我など異常はありません。栗東に戻ってからまた、週半ばに詳しい検査を予定します」(河内洋調教師)
2018/7/5 (栗東トレセン)
☆7/08(日)福島・七夕賞(G3・芝2000mハンデ)岩崎翼騎手

4日(水)にCWコースで6ハロンから0.8秒追走して併せ、83.6-66.1-50.8-37.1-11.6を稍一杯に追い切りました。「福島までの輸送を考慮し、最終追い切りは前半ゆっくり入れて、終いだけサッと伸ばす内容で指示。抜群の瞬発力から伸びのあるストライドで相手を抜き去り、こちらが納得できる動きを見せてくれました。少し硬さの感じられた前走時と違い、今回は柔らかみがあって終いの脚もこれまで以上によく伸びている。ハンデは見込まれてしまいましたが、それだけバレットに力があると認められている証拠ですし、そろそろいい競馬をして勝ってもらわないと。自在性のあるタイプなので、小回りコースについては心配していません。また、ウッドチップでしっかりと時計を出せているように、重い馬場もさほど苦にしないはずですよ」(河内洋調教師)
2018/6/29 (栗東トレセン)
27日(水)に坂路コースで4ハロンから0.8秒追走して併せ、51.6-37.2-24.5-12.5を一杯に追い切りました。「今週は坂路コースで追い切りましたが、動き、タイムともに納得できる状態に仕上がってきています。期待を裏切った前走はアクシデントによるもので、あれがバレットの力ではないことを証明しないとね。あとはハンデをどれくらい背負わされるかだけど、おそらく重賞勝ち馬なので55~56kgでしょう。今のデキなら勝負になるはずし、良い結果が出せるようしっかりと調整していきます。来週7/08(日)福島・七夕賞(G3・芝2000mハンデ)を予定しています」(河内洋調教師)
2018/6/22 (栗東トレセン)
21日(木)にCWコースで6ハロンから0.8秒追走して併せ、82.9-65.7-50.6-36.6-11.5を馬ナリに追い切りました。「普段の歩様にも柔らかみが感じられる点が、前回と大きく違う点だと思います。水曜日の追い切りでも抜群の反応でよく伸びてきましたし、今のところ状態面に不安はありません。正式に7/08(日)福島・七夕賞(G3・芝2000mハンデ)を目標としましょう。特に癖があったり乗りづらい馬ではありませんが、クラブ側とも今回はバレットに一番乗り慣れている鞍上で向かおうという意見が一致し、岩崎翼に依頼させてもらいました」(河内洋調教師)
2018/6/15 (栗東トレセン)
10日(日)にCWコースで6ハロン85.8-70.3-55.9-42.2-14.0を単走で馬ナリに追われ、13日(水)にもCWコースで6ハロンから0.6秒追走して併せ、80.5-65.4-51.3-37.3-12.2を馬ナリに追い切りました。「軽い体重の岩崎が騎乗したにせよ、水曜の追い切りは持ったままの手応えで抜群の動きを披露。日頃からバレットに乗り慣れている鞍上が『まったく違和感のない走りだった』と話していましたし、短期間でも一息入れてリフレッシュさせたことで、硬さがほぐれて状態面の不安も払拭できたと思います。この感じならば次走プランを立てられそうですね。あくまで予定ですが、7/08(日)福島・七夕賞(G3・芝2000mハンデ)を目標にしていきます」(河内洋調教師)
2018/6/8 (栗東トレセン)
宇治田原優駿ステーブルで順調に調整され、7日(木)に帰厩しました。

「放牧先でも慎重にメニューを組んで進めてもらいましたが、肉体面のダメージは心配なさそう。硬さがほぐれて、歩様にもだいぶ柔らかみが感じられますね。ひとまず次走予定は立てずに、厩舎でしっかりと状態を見極めながら進めていきます」(河内洋調教師)
2018/6/1 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:496kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(上限20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間は体を入念にほぐしながらジックリ乗り込んできました。その甲斐あってだいぶ柔らかみが出てきた印象で、獣医の診察でも『このまま進めていって問題ない』とお墨付きをもらっています。1週間でだいぶ疲れが抜けて、うまくリフレッシュできているように思います。早ければ来週にも入厩の予定と聞いていますので、今後は送り出しに向けてペースアップを図っていくつもりです」(担当者)
2018/5/25 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:485kg
今後は京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整を進めることになり、19日(土)に移動しました。

「現在は600mの馬場をダクとハッキングキャンターで2400m、坂路コースを1本(ハッキングキャンター)のメニューで調整中です。レースの疲れからか全身が硬く、特に左肩とその対角にある右トモの筋痛症状が顕著。治療と並行して週半ばまではウォーキングマシン運動のみにとどめ、24日(木)から騎乗運動を再開しました。ひとまず硬さをほぐすために軽めのメニューで動かしていく予定で、歩様等をチェックしながら慎重に進めていくつもりです」(担当者)
2018/5/18 (栗東トレセン)
★5/12(土)京都・都大路ステークス(芝1800m)浜中俊騎手 結果14着
この後は京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整を進めることになり、近日中に移動予定です。

「厩舎に通う開業獣医のチェックを受けて、週明け火曜日から厩舎回りの引き運動を開始し、水~金曜日にかけて毎日1本(16~18秒ペース)坂路で軽めに乗って状態を確認しました。ご報告が遅くなりましたが、まず前肢に関してはレントゲン検査を行った結果、骨に異常は見られません。腱の太さがもともと右と比べて左の方が太く映る馬ですが、レース後も熱感や腫れなど見られずスッキリとしており、屈腱部に関しての所見でも特に異常は認められませんでした。特定できた問題は後肢の方にあったようで、左右ともに大腿四頭筋から半腱半膜様筋にかけての筋肉(お尻の筋が入っている近辺)が炎症を起こしているとの診断を受け、筋注治療を施しています。近日中には一旦リフレッシュを兼ねて外厩に出させてもらいますが、深部の筋肉にダメージがないようであれば、そう時間はかからず乗り進めていけそうですので、ひとまず安心しました。ご心配をおかけして申し訳ありませんでした」(河内洋調教師)
2018/5/12 (京都競馬場)
馬体重:484kg
★5/12(土)京都・都大路ステークス(芝1800m)浜中俊騎手 結果14着

河内洋調教師
「やや遅れ気味のスタートでしたが、1000m通過が58秒台と速い流れで、中団の理想的な位置で競馬を進めていたと思う。4角で一番外に持ち出し、さぁここからと追い出した直後に鞍上が脚元を気にする格好だったからね…。『今日は返し馬から硬さがあり、レースでも左右のバランスが悪く庇うような走りで違和感があったため、最後は無理をさせなかった』と浜中は上がってきてコメントしていた。JRA獣医師からは、レース中に左前肢跛行を発症と正式に診断されています。ただ、ゴール入線後も自力で歩いて戻ってきたし、今のところ膝、屈腱部に腫れや熱感、歩様にも乱れなどなく、何処かを痛がっている様子も見られません。とはいえ、週明けにトレセン診療所で精密検査を予定したいと思います。今日は人気を裏切る形となり、ご心配をおかけして申し訳ありません」
2018/5/10 (栗東トレセン)
☆5/12(土)京都・都大路ステークス(芝1800m)浜中俊騎手

9日(水)に坂路コースで4ハロンから0.5秒追走して併せ、53.4-38.5-25.2-13.0を一杯に追い切りました。「最終追い切りは馬場コンディションが悪く、乗り役がゴーサインを出してから二度ノメるような場面がありました。週末は土曜日まで晴れの予報ですから、なんとか良馬場で走らせたいですね。状態面に不安はありませんし、デキは前走以上。馬体重も京都なら490kg台で出走できるはずですよ。この後はクラス再編成で、4歳馬は収得賞金が半分になってしまうからね。今後また大きなレースを狙っていけるように、是が非でもここは勝っておきたいところです」(河内洋調教師)
2018/5/4 (栗東トレセン)
5月2日(水)に坂路コースで4ハロン51.9-37.8-24.5-12.2を単走で馬ナリに追い切りました。「前2走も良い雰囲気でレースに臨めたとは思うけど、やっぱり長く休んでいた影響があったのかもしれないね。稽古での動き、弾け方なんかを見ていても今回は全然違っている。浜中も追い切りに跨って感触を掴んでいる様子だし、これなら次はバレットの実力を発揮できると思うわ。体もあと1本速めを消化すれば、太め感なくきっちり仕上がりそうやね。来週5/12(土)京都・都大路ステークス(芝1800m)に向かいます」(河内洋調教師)
2018/4/27 (栗東トレセン)
宇治田原優駿ステーブルで順調に調整され、21日(土)に帰厩しました。

25日(水)にCWコースで6ハロンから1.1秒追走して併せ、85.0-67.9-53.3-39.1-12.3を一杯に追い切りました。「格下馬相手とはいえ、離れた後ろから追いかけて最後も大きく先着したように、帰厩後初めての稽古だったけど動いたね。いい状態で戻せたと思います。次走は5/12(土)京都・都大路ステークス(芝1800m)を予定しているけど、まだ二週間あるし、この調子ならレースまでにはきっちり仕上がるでしょう。放牧明けでも初戦から結果を残せるように、しっかり態勢を整えていきます」(河内洋調教師)
2018/4/20 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:502kg
「現在は600mの馬場をキャンターで2400m、坂路コースを1本(17~18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。引き続き15-15の時計消化を織り交ぜながら、この中間もジックリ乗り込んできました。脚元を含めて気になるところはなく、ここまでは至って順調です。明日21日(土)の検疫で入厩の予定ですが、いい状態で送り出せるでしょう」(担当者)
2018/4/13 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:500kg
「現在は600mの馬場をキャンターで2400m、坂路コースを1本(17~18秒ペース、週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。河内調教師から『来週末にも入厩の予定なので、ビシビシやっておいて欲しい』と連絡があったことから、この中間から15-15の時計消化を週2回に増やして更に負荷を掛けています。11日(水)に15-15をやりましたが、まだ動きは若干重い印象。それでもひと追いごとに良化が窺えますし、今週末と来週水曜にも追えるので心配は要らないでしょう。脚元を含めて気になるところはなく、帰厩に向けてこのまま乗り込みを進めていくつもりです」(担当者)
2018/4/6 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:500kg
「現在は600mの馬場をキャンターで2400m、坂路コースを1本(17~18秒ペース、週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間から15-15の時計消化を織り交ぜて、更なるペースアップを図りました。乗り込みを進めるにつれて良化が窺えますし、左前の膝裏も相変わらず安定していて、今は気になるところが全くありません。再来週にも帰厩予定とのことでしたので、今後は送り出しに向けて態勢を整えていくつもりです」(担当者)
2018/3/30 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:496kg
「現在は600mの馬場をキャンターで2400m、坂路コースを1本(17~18秒ペース)のメニューで調整しています。この中間もジックリ乗り込んでいますが、左前の膝裏を含めて気になるところはなく、この中間も至って順調ですね。今週末から15-15の時計消化をおこなう予定で、帰厩に向けて更なるペースアップを図るつもりです」(担当者)
2018/3/23 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:494kg
「現在は600mの馬場をキャンターで2400m、坂路コースを1本(18秒ペース)のメニューで調整しています。時間が経つにつれて左肩に若干の疲れが出てきましたが、河内厩舎を担当している獣医さんから指摘があった左前の膝裏を含め、今はほとんど気になりません。体調に関しては全く問題ないと思います。今後は帰厩に向けて更にピッチを上げていくつもりで、15-15の時計消化も来週末くらいにおこなう予定です」(担当者)
2018/3/16 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:486kg
「現在は600mの馬場をハッキングキャンターで1800m、坂路コースを1本(ハッキング)のメニューで調整しています。河内厩舎を担当している獣医さんから『左前の膝が張っていた』と言われていましたが、こちらに来た当初からそのような感じはなく、治療や特別なケアをする必要はなさそうです。レースの疲れや傷んだ様子も見られないことから、今週末には18~20秒ペースまで引き上げる予定。様子を見ながら徐々にペースアップを図っていくつもりです」(担当者)
2018/3/9 (宇治田原優駿ステーブル)
★3/04(日)阪神・大阪城ステークス(芝1800m・ハンデ)浜中俊騎手 結果3着
この後はトレセン近郊の京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整することになり、本日9日(金)に移動しました。

「ハンデ差は2kgありましたが、勝ち馬の決め手が一枚上回った内容。直線追い出して先頭に立ってからも、右へ左へとフラフラしてまっすぐ走れていなかったし、まだ肉体的には本調子でないのかもしれないな。一度使って良くなっていたのは明らかで、今回は自信を持って送り出しただけに少々残念な結果でした。レース後も特に変わりありませんが、少し歩様がゴトゴトして硬いので、ここは一旦ひと息入れてあげたいと思います。一ヶ月程度で帰厩させて、次は5月の番組を視野に入れていきましょう」(河内洋調教師)
2018/3/4 (阪神競馬場)
馬体重:486kg
★3/04(日)阪神・大阪城ステークス(芝1800m・ハンデ)浜中俊騎手 結果3着

「ペースが落ち着いたので、意識的に早めに動いたのですが、最後は決め手の差ですかね。動きそのものは前走より素軽くなっていましたが、ゴーサインを出してからの反応、追い出してからのアクションはまだまだ。もっとしっかりとした走りが出来るはずです。次にもっと良くなってくるのを楽しみにしています」(浜中俊騎手)
2018/3/1 (栗東トレセン)
☆3/04(日)阪神・大阪城ステークス(芝1800m・ハンデ)浜中俊騎手

3月1日(木)に坂路コースで4ハロンから0.9秒追走して併せ、51.0-37.2-25.2-13.2を馬ナリに追い切りました。「最後はやや抑え気味だったものの、最終追いは坂路で好時計をマーク。一度使って体が引き締まってきましたし、体調面も変わらず良い状態をキープできています。ハンデ57kgはこちらが想定していたよりも見込まれた印象ですが、それでも十分やれるだけの力を持っている馬。阪神コースの芝1800mはデビュー戦を勝って、重賞(毎日杯)でも小差4着した条件ですから、バレットの適性自体は高いと思う。いずれまた大きな舞台で戦うために、ここはバシッと決めてほしいですね」(河内洋調教師)
2018/2/23 (栗東トレセン)
21日(水)に坂路コースで4ハロンから0.4秒追走して併せ、52.4-38.2-24.7-12.4を一杯に追い切りました。「追走して少し遅れは取ったものの、相手も同じOP馬(サンライズソア)だからね。『使って状態は型通り上向いている』と跨った浜中もコメントしていましたし、坂路でなく長目からウッドコースでの追い切りであれば、逆に先着を果たしていたと思う。ここまで不安なくきていますので、来週に万全の態勢で臨めるよう調整していきます。3/04(日)阪神・大阪城ステークス(芝1800m・ハンデ)に向かいます」(河内洋調教師)
2018/2/16 (栗東トレセン)
15日(木)にCWコースで6ハロン84.1-68.5-54.0-40.0-12.7を単走で馬ナリに追い切りました。「休養明けだった前走を叩いて、状態は型通り良化しています。レース直後はさすがに飼い葉も少し落ちていましたが、今はもうバリバリと食べていて体もしっかり回復しています。これで来週、再来週と強めの追い切りをかけていけば、仕上がり万全でレースに臨めるはず。あとはハンデをどれだけ背負わされるかですが、おそらく前走と同じ56kgには収まって出走になると見ています」(河内洋調教師)
2018/2/9 (栗東トレセン)
9日(金)にCWコースで6ハロン88.0-72.5-56.9-43.1-14.3を単走で馬ナリに追い切りました。「今週半ばまでは前走の疲れを抜くことに専念して、ウッドと坂路でポックラポックラ乗って調整。今朝は長目からサラッと単走で追い切りました。やればいくらでも動いてしまうタイプだし、次走に予定している3/04(日)阪神・大阪城ステークス(芝1800m・ハンデ)まであと約一ヶ月ありますので、徐々にペースを上げて進めていくつもりです。冬場の寒い時期で歩様が若干硬く映るものの、脚元や体調面に不安はまったく感じていない状態ですよ」(河内洋調教師)
2018/2/2 (栗東トレセン)
★1/27(土)東京・白富士ステークス(芝2000m)浜中俊騎手 結果4着

「追い切り後の計量が496kgでしたので、輸送はあったにせよ前走と増減なしの馬体重(480kg)は正直言って意外でした。ただ、馬運車の中や東京競馬場に到着後も馬の様子は特に変わらず落ち着いていましたし、もしひとつ挙げるとするなら、前日からの飼い葉食いがいつもと比べると少し細かった点。久々の競馬を馬自身が察して、ナーバスになっていたのでしょうか。約9ヶ月ぶりの実戦で古馬相手、長距離輸送にコースと初物づくしで、頭ではそう甘くないと解っていても、結果を出せず本当に悔しいですね。ただ、けっして悲観する内容ではなかったと思いますし、使っての上積みも見込めるはずです。馬体や脚元にも問題ありませんので、次走に向けて仕切り直していきましょう。3/04(日)阪神 大阪城ステークス(芝1800m・ハンデ)を目標とします」(河内洋調教師)
2018/1/27 (東京競馬場)
馬体重:480kg
★1/27(土)東京・白富士ステークス(芝2000m)浜中俊騎手 結果4着

「スタートよく折り合いもピタリと付いて、道中はいつものバレットの走りができていた。ただ、直線を向いて反応はできているものの、動ききれなかった。ゴール前で脚が上がってしまったのも休み明けの分だろう。久々の実戦、輸送やコースなど初ものづくしだった今日は、無事に回ってくることが一番大事。上がりの感じは大丈夫そうですし、ここを使って型通り良化してくると思いますよ」(浜中俊騎手)
2018/1/25 (栗東トレセン)
☆1/27(土)東京・白富士ステークス(芝2000m)浜中俊騎手

24日(水)に坂路コースで4ハロン55.7-40.0-25.2-12.4を単走で馬ナリに追い切りました。「先週ビシッとやっているので、今週は予定通りにサラッと馬ナリの内容で追い切りました。素直な気性は変わらずですし、やればいくらでも時計は出せそう。帰厩してからここまで10本以上の追い切りを消化して、乗り込み量はもう十分足りているはずですから、相手関係よりも久々の実戦でどうかだけだと思います。輸送や左回りのコースに関してはあまり心配していません。まずは無事に回ってきて、その上でまた今後が楽しみになるような走りを期待しています」(河内洋調教師)
2018/1/19 (栗東トレセン)
18日(木)にCWコースで6ハロン78.5-63.9-50.5-37.4-12.0を単走で一杯に追い切りました。「レース一週前追い切りのため、今週は浜中騎手に感触を確かめてもらいました。木曜日が時計の出やすい馬場状態ではあったものの、数字を見たらやっぱり速い。躍動感ある動きで、目にしていた報道陣たちからもやけに長い時間の取材を受けたほど。乗り込みつつ馬体は496kgまで増えて、復帰戦としては自分がイメージしていた通りの状態に持ってこれました。直前の最終追いはサラッとやる内容を予定していますが、仕上がりに関しての不安はまったくありませんね」(河内洋調教師)
2018/1/12 (栗東トレセン)
12日(金)にCWコースで6ハロン79.3-64.5-51.0-38.2-11.7を単走で強目に追い切りました。「追い切りを重ねるごとに鋭さが増してきて、躍動感十分の迫力ある動きに映る。予定している1/27(土)東京・白富士ステークス(芝2000m)まであと二週間ありますし、久々でも仕上がり万全の状態で臨めると思います。この中間、念のため骨折した右前脚のレントゲン撮影をおこなったところ、患部は骨膜など綺麗に取り除けている状態。何の不安もなく、ここまできていますよ」(河内洋調教師)
2018/1/5 (栗東トレセン)
4日(木)に坂路コースで4ハロンから1.2秒追走して併せ、51.7-37.6-25.2-13.0を末強目に追い切りました。「今朝の計量で490kg。乗り進めていきながらも体重が増えているのはいい傾向ですし、ここのところは自身で稽古をつけて感触を確かめていますが、春よりもパワーアップしているのは間違いないですね。早めの帰厩からジックリやらせてもらっているので、初戦から動ける仕上がりに持っていけるはず。1/27(土)東京・白富士ステークス(芝2000m)を浜中俊騎手で予定しています」(河内洋調教師)
2017/12/22 (栗東トレセン)
17日(日)に坂路コースで4ハロン58.4-43.3-29.3-14.8を単走で馬ナリに追われ、20日(水)にはCWコースで6ハロン83.1-67.1-52.7-39.8-12.2を単走で馬ナリに追い切りました。「レースまで約一ヶ月となりましたので、今週は自身で跨って感触を確かめました。うん、動きいいですよ。今朝の軽量で488kgですから、おそらくは春の馬体重と同じくらいで出走ということになるでしょうが、中身は間違いなくパワーアップしている。普段はボーッとしているバレットでも、ここにきて気配がだいぶ上向いてピリッとしてきましたし、これからもっと筋力も増してくるはずなので本当に楽しみ。1/27(土)東京・白富士ステークス(芝2000m)を浜中俊騎手で予定しています」(河内洋調教師)
2017/12/15 (栗東トレセン)
14日(木)にCWコースで6ハロン84.1-69.2-54.0-39.8-12.8を単走で馬ナリに追い切りました。「今週も単走での追い切りでしたが、ここまで至って順調に調整できています。なにより飼い葉食いが旺盛だし、馬房でも元気いっぱいの様子で、筋力がだいぶ戻ってきたかな。馬体重も490kgまでは増えてきているので、来週からはまた併せ馬で闘争心を高めていくつもり。このまま乗り込んでいけば、1/27(土)東京・白富士ステークス(芝2000m)には態勢が整いそうですね。そこを復帰戦としましょう」(河内洋調教師)
2017/12/8 (栗東トレセン)
3日(日)に坂路コースで4ハロン58.3-42.0-28.3-14.3を単走で馬ナリに追われ、6日(水)にはCWコースで6ハロン85.1-70.3-55.4-41.5-14.0を単走で馬ナリに追い切りました。「先週は気合乗りを促す狙いから併せ馬での追い切りを行いましたが、今週は単走で調整しています。乗り進めても飼い葉食いが落ちることはなく、食べた分だけちゃんと体に反映できている印象。稽古の動きに迫力が出てきましたし、筋力もだいぶ戻ってきているように感じられますね。ここまでは至って順調にきていますので、復帰戦に向けてこのままピッチを上げていきましょう」(河内洋調教師)
2017/12/1 (栗東トレセン)
11月26日(日)にCWコースで4ハロンから併せ、59.9-44.8-14.8を馬ナリに追われ、29日(水)にもCWコースで6ハロンから0.7秒先行して併せ、84.2-68.4-53.8-40.6-13.0を馬ナリに追い切りました。「骨折で休養期間が長かったため、全体的に筋力が落ちていて、馬体重の数字やシルエットを見てもまだ物足りなさを感じさせる。長目から追い切りをかけても、ちゃんとキビキビ動けているのだけど、春みたいな迫力感がないんだよな。手元で少し時間をかけて調整させてください。復帰戦はいまのところ、1/27(土)東京・白富士ステークス(芝2000m)もしくは2/11(祝)京都・京都記念(G2・芝2200m)と考えています。浜中騎手からは『どちらも空けて待っています』と返答を貰っていますし、プラチナムバレットの状態に合わせた選択をしていきましょう」(河内洋調教師)
2017/11/24 (栗東トレセン)
「先週末に微熱が出たため、一日だけ馬場入りを休みましたが、今週に入ってからは元気一杯の様子。骨折した膝の個所を含め、脚元にも不安はなく、稽古で連日キビキビした動きを見せていますよ。帰厩時、もし年内に使うとすれば中日新聞杯(中京芝2000m)という考えはあったものの、そこを目標とするには時間が足らない印象。体重自体は春と変わらなくても、全体の筋肉量やトモの筋力が戻り切っていないので少しジックリとやらせてください。来月に入ってから徐々に速めを消化していくつもりなので、復帰戦は年明けの番組で考えていきます」(河内洋調教師)
2017/11/17 (栗東トレセン)
ノルマンディーファーム小野町で順調に調整され、16日(木)に帰厩しました。

「まだそれほど速いところはやっていないようですが、福島でも約一ヶ月半乗り込んでもらいましたので、この後は厩舎でジックリ進めていくつもりで帰厩させました。到着して体は484kg。見た目にそう太くは映りませんが、筋肉のメリハリや迫力という点ではまだまだ春当時に及ばない。骨折明けでもあるので、馬の状態に合わせて目標レースを定めていければ思っています」(河内洋調教師)
2017/11/10 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:501kg
現在は馬場3周と坂路1本を18秒ペースのメニューで調整しています。苦しくなると手前を何度も替えてしまう面はあるものの、調教では抜群の動きを見せており、だいぶ体力が付いてきた印象。今では重心を下げて唸るようなフォームで走っており、少し前までの上体が高くなってしまう面はすっかり影を潜めています。重賞ウィナーらしい雰囲気がようやく戻ってきた印象で、今後は入厩に向けて態勢を整えていくつもりです。
2017/11/3 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:500kg
現在は馬場3周と坂路1本を上限20秒ペースのメニューで調整しています。以前は苦しくなると上体が高くなっていましたが、今では馬場3周をしっかりとしたフォームで走れており、調教から戻ってきた時の息の入りも上々。全体的に良化傾向にあるのは間違いありません。引き続き入念に乗り込み、馬体のシェイプアップと全体的な底上げに努めていくつもりです。
2017/10/27 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:492kg
現在は馬場3周と坂路1本を上限20秒ペースのメニューで調整しています。まだ体力が付き切っておらず、馬場の2~3周目になると上体が高くなってしまいますが、それでも入場当初に比べると動きは格段に良くなっている印象。もう少し時間は掛かるかもしれませんが、これだけの馬なので焦らずジックリ乗り込んで基礎体力の強化に努めていくつもりです。
2017/10/20 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:494kg
現在は馬場3周と坂路1本を上限20秒ペースのメニューで調整しています。調教では頭が高かったり右にモタれたりと、まだフォームが安定していない現状。体力も付き切っておらず、気持ちの面でも前向きさに欠ける印象は否めません。引き続きジックリ乗り込み、心身両面の良化、成長を促していくつもりです。
2017/10/13 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:498kg
現在は馬場3周と坂路1本を上限20秒ペースのメニューで調整しています。骨折の影響は特に感じられないものの、まだ乗り込み不足の印象は否めません。騎乗スタッフも「まだこの馬本来の動きではありません」と言っているように馬場2周目から3周目にかけて苦しくなり、手前を何度も替えてしまいます。重め残りの体つきでメリハリにも欠けるだけに、当面の間は焦らずジックリ乗り込んでシェイプアップに努めていくつもりです。
2017/10/6 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:501kg
今後は福島県・ノルマンディーファーム小野町で調整を進めていくことになり、1日(日)に移動しました。

現在は馬場3周を上限20秒ペースのメニューで調整しています。到着当日に輸送熱(39度8分)を発症したものの、すぐに処置したこともあって翌朝には平熱まで下がったことからウォーキングマシン運動を再開。4日間はマシン運動のみにとどめ、今日6日(金)から馬場入りを再開しました。まだ体が緩んでいますし、動きもモッサリしている現状。脚元の様子を見ながらジックリ進めていく予定です。
2017/9/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:518kg
現在は馬場1周と坂路3本(上限15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間は坂路の本数を1本増やし、徐々にペースアップも図って、週に1~2回は3本目をハロン15秒台で乗られています。騎乗再開後、3~4日は久々の影響で筋肉に硬さがありましたが、今ではほぐれて柔らかくなりました。近日中に小野町へ移動予定なので、今後はあちらで乗り込んでもらいます」と話していました。なお、28日(木)に河内洋調教師が来場し、馬体と歩様のチェックをおこなっており、今後は帰厩に向けて小野町で進めていくため、本日30日(土)に北海道を出発しました。
写真
2017/9/15 (ノルマンディーファーム)
4日(月)から騎乗を開始しており、現在は馬場1周と坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。キャンターを乗り出してからも脚元の状態は問題なく、今後は徐々にペースアップを図っていく方針ですが、復帰戦に向けて更に進めていくため、早ければ来週にも小野町へ移動させる予定です。
2017/8/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:516kg
この中間も夜間放牧を継続していましたが、復帰戦に向けて進めていくことになり、25日(金)からウォーキングマシンでの運動を開始しています。馬体は夜間放牧の効果でフックラとして余裕が感じられますが、成長分もありそう。近日中には騎乗運動へと移行する予定です。
写真
2017/8/15 (ノルマンディーファーム)
引き続き夜間放牧をおこなっています。この中間も夏バテもなく元気一杯の様子で、放牧地ではよく動いており、運動量も豊富なようです。その分、青草もたくさん摂取しているようで、飼い葉の食いも良く体つきが少しフックラしました。もうしばらくはこのまま夜間放牧を継続し、馬体の成長を促していく方針です。
2017/7/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:483kg
この中間もパドック放牧をおこなっていましたが、術後2ヶ月以上が経過し、患部の状態は特に問題なさそうなことから夜間放牧を取り入れることになり、28日(金)より開始しています。念のため、もうしばらくは患部の状態に気を配りつつ、夜間放牧で馬体の成長を促していく予定です。
写真
2017/7/17 (ノルマンディーファーム)
引き続きパドック放牧をおこなっています。この中間も患部の経過は良好のようですし、運動を控えている分、いい意味で煩さが出てきました。もうしばらくは無理をさせず、このまま状態確認していく予定です。
2017/6/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:500kg
引き続きパドック放牧をおこなっています。この中間も患部の経過は良好のようで、変わりなく元気に過ごしています。到着時はやや寂しくなっていた馬体も、徐々にフックラと見せるようになってきました。取り立てて気になるところはなく、このまま回復を促していく予定です。
写真
2017/6/15 (ノルマンディーファーム)
この中間もパドック放牧をおこなっています。患部の経過は良好のようで、歩様も特に問題ありません。今回の休養期間がいいリフレッシュと成長促進につながると捉えて、引き続き状態を確認しながら、今後のプランを考えていきます。
2017/5/31 (ノルマンディーファーム)
28日(日)に長距離輸送による熱発や疲れもなく、無事にノルマンディーファームへ到着しました。現在はパドック放牧を開始しています。骨片を摘出する手術は成功しており、術後の経過もいたって良好ですが、このまましばらくは患部の回復に努める予定です
2017/5/26 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:478kg
現在は舎飼い休養中です。歩様自体は悪くなく、骨折自体が軽症だったのは不幸中の幸い。ただ、休養前に使い込んできたせいか馬体が見た目にも細くなっているだけに、まずは馬体回復が先決になるでしょう。明日27日(土)に北海道・ノルマンディーファームへ移動する予定です。
2017/5/19 (栗東トレセン)
右前脚橈骨遠位端の剥離骨折が判明し、先週12日(金)に栗東トレセン内診療所にて剥離した骨片の摘出手術および内部のクリーニングを行いました。
翌日には退院して厩舎で経過観察しましたが、術後の経過も良好なため、明日20日(土)に福島県・ノルマンディーファーム小野町へ移動予定です。
この後は1~2週間の期間をおいて、ノルマンディーファーム(北海道)へ放牧に出る予定です。
なお、事故見舞金の対象日数については全治6ヶ月と診断(競走復帰できるまでの目安)されています。
2017/5/12 (栗東トレセン)
★5/6(土)京都・京都新聞杯(G2・芝2200m)浜中俊騎手 結果:優勝

レース後、右前脚橈骨遠位端の剥離骨折が判明したため、本日12日(金)に栗東トレセン内診療所にて剥離した骨片の摘出手術および内部のクリーニングを行いました。
術後の経過次第ではあるものの、来週中には一旦、小野町を経てノルマンディーファーム(北海道)へ放牧に出る予定です。

「本来は前めの競馬がいいと思っていましたが、後手に回る形となり、直線ではこれまで以上に馬に負荷がかかってしまいましたね。怪我によるダービー出走の断念、会員様にはガッカリさせてしまい大変申し訳ない気持ちです。今朝、トレセン診療所で骨片の摘出手術を行って無事に終えています。術後の経過によるため休養期間はまだ未定ですが、剥離した骨片が綺麗に飛んでいたこともあり、順調に回復すれば秋には復帰が目指せる見込みです。古馬になってからも活躍を期待できる血統馬ですので、ここは焦らずじっくりと完治を待ちたいと思います」(河内洋調教師)
2017/5/7 (栗東トレセン)
今朝の引き運動時に歩様が跛行気味だったため、さきほどトレセン診療所でレントゲン検査をおこなったところ、右前橈骨遠位端の骨折と診断されました。
全治期間は術後の経過によるためまだ未定ですが、近日中に栗東トレセン内診療所にて剥離した骨片の摘出手術および内部のクリーニングを行う予定です。
2017/5/6 (京都競馬場)
馬体重:480kg
★5/6(土)京都・京都新聞杯(G2・芝2200m)浜中俊騎手 結果:優勝

「よく走ってくれました。できればもう一列前で競馬をしたかったのですが、序盤に不利もあって今日はポジションを取りに行けなかった。それでも道中の折り合いはついていたし、坂を下って四角で外に持ち出すと凄い伸び脚。脚色が違いましたので、ゴールした時は(サトノクロニクルを)交わしたかなと思いました。ここまで三回コンビを組ませてもらっていますが、一戦一戦、成長しているのを感じますし、いつも一生懸命走ってくれます。本当に自在性のある馬です」(浜中俊騎手)

河内洋調教師
「京都新聞杯は騎手時代に二回勝っているけど、(1978年のメジロイーグル、2000年のアグネスフライト)その時はたしか内回りの2000mだったんだよなぁ。エンジンのかかりが早い方ではないので、京都外回りはバレットにとってむしろ歓迎と思っていた。距離延長に関してもまったく心配はしていなかったよ。調教では負けたことのないくらいに動く馬だし、普段はボーっとしていても競り合いになって闘志を燃やすタイプやからね。それにしても四角あの位置から届くとは…まだ成長途上の段階でこれだけ走れるんだから大したもんです。東上最終便に乗れたことでマスコミは騒ぐだろうが、日本ダービーのことはあくまで今後の状態次第。まずは厩舎に帰ってジックリ馬の様子を見てから考えます」
写真
2017/5/4 (栗東トレセン)
☆5/6(土)京都・京都新聞杯(G2・芝2200m)浜中俊騎手

3日(水)にCWコースで6ハロンから0.4秒追走して併せ、85.4-68.4-52.8-38.0-11.5を馬ナリに追い切りました。「けっして楽な競馬ではなかった前走でも、レース後はすぐ息が入ってケロッとしていたほど。心肺機能が相当優れている証拠だと思いますね。二週続けて稽古に跨ってもらった浜中騎手も『疲れは感じられず、いい状態をキープできている』と好感触を掴んでくれているようですよ。まだ一頭になるとフワッと気を抜く面も見られるため、競り合いになった方が集中して頑張れるタイプ。自在性があるので外回りの距離2200mもまったく問題はないでしょう。マスコミからは東上最終便と騒がれていますが、このデキで負けたらしゃぁ―ないくらいの気持ちですし、ここに全力投球のつもりで臨みます」(河内洋調教師)
2017/4/28 (栗東トレセン)
27日(木)にCWコースで6ハロンから0.4秒追走して併せ、84.9-67.1-51.0-36.9-11.6を馬ナリに追い切りました。「浜中騎手に跨ってもらって一週前追い切りを行いましたが、前走の疲れや調子落ちも見られず、スッと反応できて動きは抜群に映りました。上積みはなくても480kg台の馬体重をキープできていますし、状態面に関して不安はまったくありませんよ。来週5/6(土)京都・京都新聞杯(G2・芝2200m)を浜中俊騎手で予定しています。強いサトノ勢(リュウガ、クロニクル)が出走してくると聞いていますが、バレットも力を付けてきていますのでヒケは取らないはずです」(河内洋調教師)
2017/4/21 (栗東トレセン)
★4/15(土)阪神・はなみずき賞(芝2000m・混)浜中俊騎手 結果:優勝

「500万クラスはもっと早く勝っておきたかった馬だけど、前走で強い馬たちに揉まれた経験は大きかったと思います。鞍上も褒めていましたが、レース運びの上手な馬でキッチリと力を発揮してくれる。体つきにまだ幼さも残っているので、今後の伸びしろも期待できそうですね。さて、今後どうする方針かは馬の様子を見て今週中に結論を出すつもりでいました。水曜日までは厩舎周りの引き運動にとどめて昨日が坂路を1本、今朝はCWコースで軽めに乗り始めましたが脚元等に異常はなく、回復が早いため疲れもさほど感じさせない状態です。中二週で5/6(土)京都・京都新聞杯(G2・芝2200m)に挑戦させてください。力んで折り合いを欠くタイプではないし、むしろ距離が延びるのは好都合。鞍上は引き続き、浜中で予定しています」(河内洋調教師)
2017/4/15 (阪神競馬場)
馬体重:478kg
★4/15(土)阪神・はなみずき賞(芝2000m・混)浜中俊騎手 結果:優勝

「強敵と見ていた相手は後ろからくるタイプだけに、直線でエンジンがかかるまでに少しでもアドバンテージを取りたいと戦前から考えていました。道中は気負うことなくリラックスして走れていましたし、抜け出してからも渋太く粘ってくれました。本当にレース運びが上手な馬ですね」(浜中俊騎手)

河内洋調教師
「前走は手応えの割りに思いのほか伸びあぐねたけど、どのレースも強敵はいるもんだからね。ここは逃げずに正攻法の競馬で勝負させてもらいました。今日は乗り役も上手くエスコートしてくれたし、バレットもそれに応えて頑張ってくれた。完勝でしょう。この後のことは厩舎に戻って馬の状態を見てからジックリ考えますわ」
写真
2017/4/13 (栗東トレセン)
☆4/15(土)阪神・はなみずき賞(芝2000m・混)浜中俊騎手

12日(水)に芝コースで6ハロンから0.6秒追走して併せ、83.6-66.7-51.6-37.7-11.8を馬ナリに追い切りました。「当初はCWコースで追い切るつもりでしたが、前日までの雨で馬場が悪く、予定を変更して芝コースで最終追い切りを行いました。本番でも騎乗する乗り役が跨ってのものですが、古馬を相手に余裕十分の手応えで、スーッと反応して文句のつけどころがない動き。稽古では併せ馬で負けた記憶がないくらいに強い。自己条件に戻すここも骨っぽい相手が出てきた印象ですが、素質ではまったくヒケを取らないでしょう。前走で重賞に挑戦した経験値が物を言うはずですし、きっちり勝っておきたいですね。自在性のあるタイプでも、今回は好位から抜け出す正攻法の競馬で勝負させるつもりです」(河内洋調教師)
2017/4/7 (栗東トレセン)
6日(木)にCWコースで5ハロンから1.0秒追走して併せ、68.1-52.7-38.8-12.0を馬ナリに追い切りました。「前走の疲れが抜けて、今週の追い切りでは楽に好時計をマーク。日頃の行動はまだ幼さを覗かせるものの、稽古では併せて負けた記憶がないくらいに動く。飼い葉食いが安定していて体も今朝の計量で486kgと回復しており、この中間も良い状態を維持できています。来週4/15(土)阪神・はなみずき賞(芝2000m・混)を浜中俊騎手で予定しています」(河内洋調教師)
2017/3/31 (栗東トレセン)
★3/25(土)阪神・毎日杯(G3・芝1800m)池添謙一騎手 結果4着

「もう少し前を追いかける形で運べば結果は違ったかもしれませんが、追い出しのタイミングは間違っていなかったと思う。決め手の差もあり、現時点では上位馬たちに力負けを認めます。レース後も馬体や脚元に異常はなく、木曜日から坂路コースに入れて乗り始めています。このまま間隔を開けてダービーTRへという選択肢もありますが、疲れも感じさせないのでひとまず中二週空けて4/15(土)阪神・はなみずき賞(芝2000m・混)を目標にさせてください。鞍上は浜中俊騎手を確保しています」(河内洋調教師)
2017/3/25 (阪神競馬場)
馬体重:480kg
★3/25(土)阪神・毎日杯(G3・芝1800m)池添謙一騎手 結果4着

「金曜日の稽古でWコースを半周跨らせてもらいましたが、それだけで非常に乗りやすい馬だと分かりましたよ。今日もこちらの指示に従順で、抑えるところは抑えられてゴーサインを出してからの反応もじつにスムーズでした。道中いいポジションで運べて、最後もこの馬なりに伸びてはいるんですけどね…。もっと積極的に前を追いかけて行っても良かったかもしれません。素質は感じましたし、これから力をつけていくでしょう」(池添謙一騎手)
2017/3/23 (栗東トレセン)
☆3/25(土)阪神・毎日杯(G3・芝1800m)池添謙一騎手

22日(水)にCWコースで6ハロンから0.6秒追走して併せ、85.8-67.5-51.6-38.0-11.3を馬ナリに追い切りました。「先週からクラブ側と何度も意見交換を重ね、今朝までレース選択を悩み続けましたが、最終的には毎日杯への重賞挑戦を決断させていただきました。自己条件に向かえば人気するのは必至だったでしょうし、収得賞金を加算する大きなチャンスとも理解しています。また、出走メンバーに名を連ねるサトノアーサーはトレセンで一目置いている存在ですが、ここで勝負にならないようではクラシック云々は言えないでしょう。プラチナムバレット自身、一戦ごとに着実に力を付けてきており、今週の追い切りの動きからも満足いく状態に仕上がりました。阪神外回り芝1800mも二戦走った内容からは条件ベスト。あとは現状でどれだけ力が通用するか、強いメンバー相手に思いきりぶつかるだけという気持ちです。素直で乗り難しいタイプではありませんが、逆に折り合いがつきすぎてしまうしまう面もあるため、明日の稽古は池添騎手に感触を確かめてもらうつもりです」(河内洋調教師)
2017/3/17 (栗東トレセン)
16日(木)にCWコースで6ハロンから0.3秒追走して併せ、83.9-66.6-51.3-37.6-12.0を馬ナリに追い切りました。「鞍上にこだわるならば、再来週の中山・山吹賞(芝2200m)もしくは阪神・アザレア賞(芝2400m)がベターかもしれません。ただ、今週の追い切りも抜群の動きで状態面に不安はなく、なによりもバレット自身の気が入ってきているため、できれば来週の競馬に向かいたいと考えています。輸送を苦にするタイプではないと見ていますが、小回りの中山よりは直線が長いコースの方が向くはずなので、3/25(土)阪神・毎日杯(G3・芝1800m)または同日の中京・大寒桜賞(芝2200m・混)に向かう予定です。どちらに向かうか、また鞍上についても直前まで吟味して判断するつもりです」(河内洋調教師)
2017/3/10 (栗東トレセン)
★3/04(土)阪神・3歳500万下(芝1800m・混)浜中俊騎手 結果2着

「上り3ハロンは33秒3の脚を使って、内から一度抜け出しているんだけどね…並んでまた外の馬に差し返されてしまった。本当に悔しいハナ差ですよ。レース後も馬体や脚元に異常は見られませんので、このまま在厩で調整していきます。ダービーに出走させたい器の持ち主だから、次走は是が非でも収得賞金を加算させなければなりません。ローテーション的には3/25(土)阪神・毎日杯(G3・芝1800m)が有力でも、騎乗を依頼するにいたるレベルの鞍上が確保できない状況。そのため、4/1(土)阪神・アザレア賞(芝2400m・混)や同日の中山・山吹賞(芝2200m・混)も視野に入れて検討しています。相手関係なども吟味しながら慎重に決めていくつもりです」(河内洋調教師)
2017/3/4 (阪神競馬場)
馬体重:482kg
★3/04(土)阪神・3歳500万下(芝1800m・混)浜中俊騎手 結果2着

「無駄な動きをせずに乗りやすくて大人しい馬ですね。フワッとする面があるため、道中は馬を前において進めるように陣営から指示を受けていました。内のスペースから直線もよく伸びてくれて、一旦は出たんですが、最後は勝ち馬に差し返されてしまいました。本当に悔しいハナ差です…。力んで走るところもないので、距離は延びても対応可能だと思いますよ」(浜中俊騎手)
2017/3/2 (栗東トレセン)
☆3/04(土)阪神・3歳500万下(芝1800m・混)浜中俊騎手

1日(水)にCWコースで7ハロンから0.5秒追走して併せ、95.6-78.7-63.0-49.8-37.6-12.0を一杯に追い切りました。「長目から終いをビッシリ追うのは予定通りの内容でしたが、併せた相手がテンから引っ掛かってしまったため、思いのほか速い時計になってしまいました。追い切った後も飼い葉食いが落ちるようなことはありませんし、仕上がりに関しては自信を持てるデキで臨めますので、あとは力関係だけでしょう。完成するのはまだまだ先でも、自己条件で足踏みしてほしくないのが正直な気持ちです。前走から着実に成長を見せていますので、もちろん決めたいと思っていますよ」(河内洋調教師)
2017/2/24 (栗東トレセン)
22日(水)にCWコースで6ハロンから0.5秒追走して併せ、82.9-66.5-51.3-37.6-12.2を馬ナリに追い切りました。「先週あたりは馬もしんどかったのか飼い葉食いが少し落ちたけど、昨日の計量で484kgと体を戻してきています。反応や鞍上の手応えも今週はグンと上向いていたようですし、レースまでにもう1本強いところをやればきっちり仕上がってくるでしょう。相手関係はまだ来週になってみなければ分かりませんが、自己条件では何が出てきても正直負けたくないなという気持ち。稽古とはいえなかなかこれだけ動ける馬はいません。3/4(土)阪神・3歳500万下(芝1800m・混)に浜中俊騎手で向かいます。是非、競馬場にその走りを見にきてほしいと思います」(河内洋調教師)
2017/2/17 (栗東トレセン)
12日(日)に坂路コースで4ハロン58.5-42.9-28.7-14.4を単走で馬ナリに追われ、16日(木)にはCWコースで6ハロンから0.4秒先行して併せ、83.7-66.3-51.2-37.7-11.9を馬ナリに追い切りました。「追い切りを重ねる毎に調子を上げていっているね。まだ腰回りからトモにかけての筋肉量が足りず、緩さがあって本格化はだいぶ先と見込んでいますが、それでいてこれだけ動けるのは力のある証拠。どうにかクラシックに乗せたい馬やね。予定通り、次走は浜中俊騎手とのコンビで3/4(土)阪神・3歳500万下(芝1800m・混)に向かいます」(河内洋調教師)
2017/2/10 (栗東トレセン)
5日(日)にCWコースで5ハロン71.4-57.0-43.5-14.4を単走で馬ナリに追われ、8日(水)にもCWコースで6ハロンから併せ、83.3-66.6-51.2-38.0-12.5を馬ナリに追い切りました。「今週は3頭併せの最内に入れる形で併せ、長目から楽な感じで追い切りを消化させました。余力をもって動けて併走した古馬に先着しており、力みもなく伸び伸びとした走りはじつに好感が持てます。左前球節付近のモヤつきもまったく心配なさそうですし、レースまであと三週、この状態なら十分態勢が整うでしょう。次走は3/4(土)阪神・3歳500万下(芝1800m・混)を浜中俊騎手で予定しています」(河内洋調教師)
2017/2/3 (栗東トレセン)
宇治田原優駿ステーブルで順調に調整され、2日(木)に帰厩しました。

「厩舎に戻ってきてからもまだ幼さが随所に残っている印象ですが、あまり長く出すつもりはなかったので、リフレッシュできていれば今回はOK。報告を受けていた左前球節付近のモヤつきもあまり問題なさそうやね。ひとまず3/4(土)阪神・3歳500万下(芝1800m・混)を目標にしており、これからレースに向けてジックリと乗り進めていくつもりです。クラシックを考えたときに、C.ルメール騎手には乗り馬候補が現状でもたくさんいますので…クラブ側とも意見交換した結果、次走の鞍上は浜中俊騎手に依頼しました」(河内洋調教師)
2017/1/27 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:498kg
「現在は600mの馬場をキャンターで2400~3000m、坂路コース1本(上限18秒、週一回は15秒ペース)のメニューで調整中です。相変わらず左前の球節がモヤモヤしていますが、こちらに来た当初からでしたし、痛みや歩様に出ることも一切ないので、気にする必要はないと思います。これなら更なるペースアップを図っても問題ないでしょう」(担当者)
2017/1/20 (宇治田原優駿ステーブル)
馬体重:498kg
「現在は600mの馬場をダクとハッキングで3000m、坂路コースをハッキングで1本のメニューで調整中です。1/16(月)から馬場入りを再開しましたが、左前の球節が若干モヤモヤしています。初めてお預かりする馬なので比較はできないものの、乗っている分には気にならないので問題はないでしょう。来週からペースアップを図る予定ですが、細心の注意を払いながら調整を進めていきます」(担当者)
2017/1/13 (宇治田原優駿ステーブル)
★1/7(土)京都・福寿草特別(芝2000m・混)C.ルメール騎手 結果3着
この後は京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整することになり、11日(水)に移動しました。

「負けたとはいえ内容のあるレースで、現状の力は発揮できたと捉えています。上位2頭とは経験の差でしょう。まだ潜在能力だけで走っていますので、次は巻き返したいですね。レース後も馬体や脚元の状態に異常はありませんが、寒い時期は少し成長期間に充てたい考えから一旦、近郊に放牧に出させてもらいました。一ヶ月ほどで帰厩させて、次走は3/4(土)阪神・3歳500万下(芝1800m・混)から始動する予定です」(河内洋調教師)
2017/1/7 (京都競馬場)
馬体重:492kg
★1/7(土)京都・福寿草特別(芝2000m・混)C.ルメール騎手 結果3着

「無駄なことをせずにオンとオフがハッキリしている。道中もリラックスできて、いい走りをしていましたが、経験が浅い分まだ若さが残っていますね。2000mという距離は問題なかったと思います。これから良くなってくる馬ですよ」(C.ルメール騎手)
2017/1/5 (栗東トレセン)
☆1/7(土)京都・福寿草特別(芝2000m・混)C.ルメール騎手

4日(水)にCWコースで6ハロンから併せ、80.7-64.2-49.8-37.3-12.8を馬ナリに追い切りました。「内外の差があるにせよ併走馬と手応えの違いは歴然で、最終追いでもキレキレの動きを見せてくれました。一度使って動きに素軽さが増しています。デビュー戦の時と数字はあまり変わらなくても、成長著しくシルエットがどんどん大人びてきている。自己条件にしてはメンバーが揃った印象を受けますが、突破しないことにはクラシック云々を言えないからね。距離延長は問題ないし、デキも抜群なので当然期待はしていますよ」(河内洋調教師)
2016/12/23 (栗東トレセン)
★12/18(日)阪神 2歳新馬(芝1800m・混)C.ルメール騎手 結果:優勝

「本番は480kgくらいで出走できると思っていたんだけどね。ここにきてまた成長が見られて、体高も伸びているし幅も出てきている。決してメンバーに恵まれたレースではないので、まだビッシリ仕上げていない中であの勝ち方ができたことは今後の期待が膨らみます。レース後の状態も変わりなく元気一杯の様子ですので、次走は1/7(土)京都・福寿草特別(芝2000m・混)にC.ルメール騎手で向かうつもりです。一度使ったことでピリッとしてくるでしょうし、無駄なことをしないタイプなので距離は延びても対応できると思いますよ」(河内洋調教師)
2016/12/18 (阪神競馬場)
馬体重:490kg
★12/18(日)阪神 2歳新馬(芝1800m・混)C.ルメール騎手 結果:優勝

「スタートが良くてすぐにいい位置につけられたし、道中はリラックスして走れていた。とても乗りやすいですね。まだ若いからか反応するのに少し時間がかかりましたが、ラスト200mはいい脚を使ってくれた。距離は2000mに延びても問題ないと思いますよ」(C.ルメール騎手)

「初戦としてはいい内容だったと思います。直線はモタれたのか反応が少し鈍かったね。もう少し距離は長い方がいいかな。この1~2週でまた体が大きくなっているし、キ甲も抜けていないのでこれからの馬。まだまだ良くなりそうなので、今後は状態を見ながら考えます」(河内洋調教師)
写真
2016/12/15 (栗東トレセン)
☆12/18(日)阪神 2歳新馬(芝1800m・混)C.ルメール騎手

15日(木)に坂路コースで4ハロンから1.0秒先行して併せ、54.2-39.0-25.2-12.7を一杯に追い切りました。「最終追い切りは坂路で終い重点にやりました。乗り手に対して素直で従順に反応できるので、追ってから良さそうなタイプやね。普段からおっとりした気性ですので距離も融通が利きそう。評判になっている良血馬も出走してくるようですが、このメンバーで勝てるようなら来年が楽しみになる。全体的にまだ緩さは残っているものの、初戦から動けるよう仕上げたつもりですので期待していますよ」(河内洋調教師)
2016/12/9 (栗東トレセン)
8日(木)にCWコースで6ハロンから0.2秒追走して併せ、84.6-66.8-51.4-37.8-11.8を一杯に追い切りました。「普段はおっとりしていて動きもそれほど目立たないのですが、速めをやる度に手応えが良くなっていますね。先週同様、今週の追い切りでも抜群の伸び脚を見せてくれました。引っ掛って行くタイプではないので距離の融通も利くと思いますし、まだ腹回りに若干余裕は感じられますが、恐らく480kg台で出走できそう。来週12/18(日)阪神・2歳新馬(芝1800m・混)をC・ルメール騎手で予定しています。血統馬で注目も浴びるはずですが、それに恥じない競馬ができるようにしっかり仕上げていくつもりです」(河内洋調教師)
2016/12/2 (栗東トレセン)
11月27日(日)にCWコースで4ハロンから併せ、58.3-42.4-13.7を馬ナリに追われ、1日(木)にもCWコースで6ハロンから併せ、85.5-67.9-52.5-38.8-11.8を一杯に追い切りました。「岩崎騎手を背に今週は長めからの追い切りで、テンの1ハロンは17秒6とゆっくり入って以後少しずつペースアップ。4ハロンから仕掛けて終いを伸ばしましたが、ラストの1ハロンは11秒8と抜群に動きましたね。まだ全体的な緩さを感じさせるものの、素質は相当高く評価していますよ。折り合いのつくタイプなので距離は問題ないし、あと二週あれば態勢も整うと見ています。デビュー戦は12/18(日)阪神・2歳新馬(芝1800m・混)をC・ルメール騎手で予定しています。これ以上ない鞍上も確保できましたので、初戦から動けるよう仕上げていきます」(河内洋調教師)
2016/11/25 (栗東トレセン)
23日(水)にゲート試験を受験し、無事に合格しました。

20日(日)に坂路コースで4ハロンから併せ、59.3-43.3-28.8-14.7を馬ナリに追い切りました。「もともと練習でも入りをゴネるような面は見せなかったのですが、先週はゲートを前に一頭の状況でたまたま寂しくなってしまったのかな。学習してくれて今週の試験では全てがスムーズに。岩崎騎手を背にゲートから12.5-11.5-12.4と抜群に速かったし、ダッシュも利いて満点の内容でしたよ。普段はおっとりした性格でも、柔らか味のあるキャンターでなかなか鋭い脚が使える。推進力を感じさせるし、この馬は走ってきそうやね。もう数本は速めを消化させる必要がありますが、今の感じからは12/11(日)阪神・2歳新馬(芝1800m)もしくは12/18(日)の同(芝1800m)にはデビューさせられそうですよ」(河内洋調教師)
2016/11/18 (栗東トレセン)
11日(金)にEコースで5ハロン15.3-14.5-14.2-14.7-14.8を単走でゲートナリに追い切りました。「水曜日にゲート試験を受けましたが、二本目でゲートへの侵入に時間がかかってしまい、残念ながら不合格となってしまいました。普段はゴネる様子もありませんし、練習で駐立やダッシュにだいぶ上達が見られますので、慣れも見込める次こそは大丈夫だと思いますよ。乗り込み自体はスムーズにこなせており、体力面でも進めていって問題ありませんので、5回阪神開催(12/3~)でデビューさせたいと考えています」(河内洋調教師)
2016/11/11 (栗東トレセン)
6日(日)にCWコースで5ハロン76.3-60.5-45.0-14.7を単走で馬ナリに追われ、9日(水)には芝コースで6ハロンから併せ、81.6-66.1-51.7-38.1-12.8を馬ナリに追い切りました。「坂路やウッドコースではピリッとしたところに少し欠ける動きでしたが、芝コースに入れて一変しましたね。内目を回ったとはいえ、スピードに乗った走りでなかなかの推進力を感じさせてくれました。おっとりした性格でゲートの出はまだモッサリしているものの、体も徐々に絞れてきており、デビューに向けては着々と調整を進められていますよ」(河内洋調教師)
2016/11/4 (栗東トレセン)
馬体重:488kg
10月30日(日)に坂路コースで4ハロン58.6-42.9-27.7-13.6を単走で馬ナリに追われ、2日(水)にも坂路コースで4ハロン55.1-40.2-26.4-13.4を単走で馬ナリに追い切りました。「現在は坂路コース主体の調整で、ゲート練習も並行して行っています。性格がおっとりしていてなかなか掴みづらいタイプの馬ですが、基本的に悪さはしないので扱いやすいですね。ゲートへの寄りつきから侵入、駐立までは問題がなく、今朝の感じからはダッシュがもう少し速くなれば来週には試験が受けられると思います。なかなかセンスのある走りをしていて素質は高そうですよ」(河内洋調教師)
2016/10/28 (栗東トレセン)
ノルマンディーファーム小野町で順調に調整され、26日(水)に栗東・河内洋厩舎に入厩しました。

「到着時の馬体重は500kgを少し割るくらい。腹回りにまだ余裕が感じられるので、レースは480kg前後での出走になるイメージです。今朝からさっそく坂路コースに入れていますが、大人しくて落ち着きもあるから調整に手を焼くことはなさそう。まずはゲート試験合格を目指して進めていきます」(河内洋調教師)
2016/10/21 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:500kg
現在は馬場2周と坂路2本を17~18秒ペースのメニューで調整中です。おっとりした性格で、まだ促さないと自分からハミを取って動いていく頑張りには欠ける印象です。それでも、体全体を使ってだいぶしっかりと走れるようになってきており、今朝は3ハロンを平均13秒ペースで追い切りましたが、余裕のある手応えで力強く坂路を駆け上がっていました。河内調教師にはすでに入厩を打診しており、早ければ来週の検疫で栗東トレセンに移動する予定です。
2016/10/14 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:495kg
現在は馬場1周と坂路2本を17~18秒ペースのメニューで調整中です。まだ全体的に緩さは残りますが、だいぶ引き締まって体のシルエットが変わってきた印象を受けます。2歳のこの時期を考えれば、調教での動きに合格点を与えられるものの、もう少し前向きさが出てくればさらに推進力が増してくるでしょう。体力がそれなりに付いてきたため、来週からは速めの時計消化も織り交ぜて、今月末にはトレセンに送り出したいと考えています。
2016/10/7 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:498kg
現在は馬場1周と坂路2本を17~18秒ペースのメニューで調整中です。まだ少し集中力に欠ける面は見られますが、乗り手がゴーサインを出すと瞬時に反応して、ピュッと行ける加速力が有ります。まだまだ全体的に緩さを残す現状ですが、順調にペースアップできているので今月末にはトレセンに送り出したいと考えています。
2016/9/30 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:494kg
現在は馬場1周と坂路2本を18~20秒ペースのメニューで調整中です。全体的に緩さが残り、体もまだまだ絞る必要はありますが、素軽い動きで随所に能力の片鱗が垣間見られます。もっとトモに力が付いてくれば、体の軸もしっかりして、走法がブレることなく力強く真っすぐな走りができるようになるでしょう。徐々にペースアップしながら体力面も強化させて、来月下旬にはトレセンに送り出したいと考えています。
写真
2016/9/23 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:494kg
現在は馬場1周と坂路2本を20~22秒ペースのメニューで調整中です。シルエットは良いのですが、まだ全体的に筋肉が付ききっていない印象です。今週からは坂路での乗り込み量を増やしており、しっかりと負荷をかけながら体付きにも厚みを出したいと考えています。スピードがあり、背中の感じもいい馬なので焦らずじっくりと進めていきます。
2016/9/16 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:492kg
現在は馬場1~2周と坂路1本を20秒ペースのメニューで調整中です。移動後も順調で心身ともにコンディションは良好と言えるでしょう。まだ全体的に緩さを感じさせ、体力面にも課題を残しますが、入厩に備えてこれからしっかりと負荷を掛けながら養っていくつもりです。
2016/9/9 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:488kg
この後は福島県のノルマンディーファーム小野町で進めていくことになり、5日(月)に移動しました。初めての長距離輸送となりましたが、輸送熱などもなく体調面に異常は見られません。本日9日から騎乗を開始しており、馬場2周と坂路を1本軽めに登りました。環境と気候に慣らしながらじっくりと進める予定です。
2016/8/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:500kg
引き続き馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週に2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。晩成タイプでここまでじっくりと進めてきましたが、体幹もしっかりとしてきたようで動きも力強くなってきました。入厩までにもう少し時間は掛かりますが、来月早々に小野町へ移動することも検討しています。期待馬が期待通りの成長を見せており、期待は高まる一方です。
写真
2016/8/15 (ノルマンディーファーム)
馬体重:498kg
現在は馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週に2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。休ませたことが功を奏したようで前進気勢に富んだキビキビとした軽快なフットワークを披露しています。まだ良化の余地が残されているだけに、もうしばらくは北海道で鍛える予定です。
2016/7/29 (ノルマンディーファーム)
馬体重:507kg
現在は馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週に2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。外傷部は順当に回復したことから騎乗運動を再開しています。良い息抜きになったようで元気いっぱいです。春先に比べると随分と逞しくなり、力強いキャンターを繰り出しています。素材の良さは間違いないだけにしっかりと基礎を固めてから送り出す予定です。
写真
2016/7/15 (ノルマンディーファーム)
馬体重:497kg
現在はウォーキングマシンの運動をおこなっています。一旦は運動を再開しましたが、放牧地で左前脚の上腕部に外傷を負ったため、騎乗を休止することになりました。馬体重が示すように実が詰まって、体付きに厚みが出てきており、成長力の高さを体現しています。完成はまだ先になりますが、将来性の高さを存分に感じさせる1頭です。
2016/6/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:479kg
現在は広い放牧地での放牧をおこなっています。調教時に右後肢が右前脚に接触して外傷を負ったため休養させていますが、傷は治まってきていることから、間もなく運動を再開する予定です。晩成タイプと見ているだけに大事に進めてきましたが、体付きは逞しくなって走りも力強くなってきました。今後の更なる成長がとても楽しみです。
写真
2016/6/15 (ノルマンディーファーム)
引き続き馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週に2回は12~15秒ペース)のメニューで調整中です。放牧地には青草が生い茂っていることもあり、更に馬体重が増加し、息遣いも良くなって気温の上昇とともに良化してきました。兄弟の同時期と比べてもしっかりとしている印象ですが、遅生まれで伸びしろは残しているので鍛練を重ねながら更なるレベルアップを図ります。
2016/5/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:466kg
引き続き馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週に2回は12~15秒ペース)のメニューで調整中です。1ハロン15秒を切るラップもコンスタントに刻んでいる中でも馬体は一回り大きくなり、ボリューム感が出てきました。秋のデビューを見据えて今後もこの調子で乗り込みながら更なる成長を求めていく予定です。
写真
2016/5/14 (ノルマンディーファーム)
引き続き馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週に2回は12~15秒ペース)のメニューで調整中です。成長途上なのは否めませんが、トップスピードに乗った際には併走馬を置き去りにするなど競走馬として能力の高さを存分に感じさせています。現状でもハイレベルな動きを見せているので完成された際にはどんな走りを見せてくれるのか期待は高まるばかりです。
2016/4/29 (ノルマンディーファーム)
馬体重:450kg
現在は馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週に2回は12~15秒ペース)のメニューで調整中です。まだまだ良化の余地が残っているだけに無理はさせたくないところですが、1ハロン12秒台を楽々とマークするようになってきました。体力は備わってきていますが、あと一回り、二回りは大きくなる馬なので今後も焦らずに進めていきます。
写真
2016/4/15 (ノルマンディーファーム)
引き続き馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週に2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。必要な体力も着実に備わってきた印象で同じペースでも身のこなしが軽やかになってきました。先週は姉のスマートレイアーが重賞3勝目を挙げ、改めてヴィクトリアマイル(G1)の有力候補の1頭と評されています。姉も大事に育てられたことで素質を開花させただけに本馬も焦ることなく、成長に合わせて進めていく予定です。
2016/3/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:459kg
現在は馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週に2回は13~15秒ペース)のメニューで調整中です。ここまで休むことなく乗り込んでいますが、疲れを見せることはほとんどありません。素直な性格で鞍上の指示にもきちんと従っており、毎日まじめに調教メニューを消化しています。まだまだ成長の余地が多く残っている現状ではありますが、今後どんな進化を遂げるのか今からとても楽しみです。
写真
2016/3/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本を20~22秒ペース(週に2回は15~18秒ペース)のメニューで調整中です。やや緩やかな成長曲線を描いていますが、他馬同様のトレーニングも無難にこなしており、着実に体力は備わってきました。本日来場した河内調教師も「以前とは別馬のようになりましたね。晩成でまだまだ良くなるでしょうから、次に会った時にどんな姿に成長しているのかとても楽しみです」と期待を寄せています。今後も馬の成長に合わせてじっくり進める予定です。
2016/2/29 (ノルマンディーファーム)
馬体重:458kg
現在は坂路2本を20~22秒ペース(週に2回は16~18秒ペース)のメニューで調整中です。年明けの頃は筋肉に硬さがありましたが、日々の運動によりほぐれてきた印象で柔軟性が増してきました。まだ成長途上で緩さが残りますが、これからどんどん良さが出てくると見ているので素質の芽を摘まないようにじっくりと育てていきます。
写真
2016/2/15 (ノルマンディーファーム)
現在は馬場1周と坂路1~2本を20~22秒ペース(週に2回は16~18秒ペース)のメニューで調整中です。馬体の充実と比例するように動きはさらに迫力が出てきており、ここまで期待通りの成長を見せています。先日の東京新聞杯(G3)では姉のスマートレイアーが並み居る強豪牡馬を撃破しました。姉にも負けない活躍を期待しており、今後も大事に育てながら素質を開花させたいと考えています。
2016/1/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:465kg
現在は馬場1周と坂路コースを1~2本を20~22秒ペース(週に2回は16~18秒ペース)のメニューで調整中です。ペースアップを図って負荷を強めていますが、疲れた様子もなく、毎日しっかりと調教に臨むことができています。体重も増えてきたように徐々に幼さが抜けて競走馬らしい体付きになってきました。まだ集中力に欠ける面はありますが、それだけ余裕があるのだと前向きにとらえています。脚取りは素軽く、力強い走りで登坂する姿を見ても期待通りの成長を遂げているのは間違いありません。今後も大事に進めながら素質に磨きを掛けていきます。
写真
2015/12/29 (ノルマンディーファーム)
馬体重:448kg
現在は馬場1周と坂路コースを1~2本を20~22秒ペースのメニューで調整中です。体重こそ変化はありませんが、徐々に競走馬らしい体付きになってきており、走りは上質で推進力のある動きを見せています。姉と同様に晩成タイプと見ているので一気に進めることはせず、成長に見合った負荷を掛けながら育てる予定です。成長力豊かな血統なので、まずは土台をしっかりと固めていきたいと考えています。
写真
2015/11/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:447kg
現在は馬場1周と坂路を軽めに1~2本登っています。体全体をしっかりと使った走りは魅力に富んでおり、トレーニングの効果が徐々に表れてきました。登坂時の走法はまだ粗削りですが、動きには光るものがあり、能力はしっかりと感じることできます。今後の成長が大いに見込める馬でもあり、焦らずに調教メニューを消化させていく予定です。
写真
2015/10/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:444kg
中間から開始した騎乗馴致も無事に終了し、現在は軽めの騎乗をおこなっています。遅生まれだけに他馬以上に伸びしろを残している本馬ですが、成長力豊かな血統背景の持ち主だけに今後の成長がとても楽しみです。体をしっかりと使った伸びやかなフットワークは魅力的で早くも非凡な才能を感じさせています。心身双方に不安はないので今後の育成も問題なく進めることができそうです。
写真
2015/9/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:440kg
現在はノルマンディーファームで1日に20時間ほどの昼夜放牧をおこなっています。遅生まれだけにまだまだ幼さが残っている本馬ですが、成長力豊かな牝系の出身なので心配ないでしょう。重賞ウィナーである姉のスマートレイアーは概ね460キロ台で出走していますが、2歳春の時点では400キロそこそこの馬体でした。他の兄弟もある時を境に体重が増加する傾向にあるので本馬にも同様の成長が見込めそうです。全身をしっかりと使った動きを見ていると、さすがは良血馬と思わせる雰囲気を醸し出しています。
写真