現在表示しているページの位置

リルティングインクの20
牝馬 栗  2020/4/22生
カタログPDF

父:ロージズインメイ × 母:リルティングインク(母の父:マツリダゴッホ)

生産:新ひだか・岡田スタッド  美浦・天間昭一厩舎入厩予定

  •  
  •  
総口数 400口 募集総額 880万円
募集状況 募集前 1口出資額 22,000円
 当クラブ所属馬だった母リルティングインクは東京芝マイルで新馬勝ちし、続くフィリーズRでも勝ち馬から僅差の6着に入ったように、名門の一族らしい素質の片鱗を見せました。いっぽう6歳で現役を終えるまで大きな怪我もなく、29戦を走り抜いたタフネス牝馬でもありました。その初仔となる本馬の馬体のつくりは、膝下がやや短めで丈夫な脚元をしています。歩かせてみると可動域が広く、踏み込みも力強い。父ロージズインメイは懐が深い種牡馬で産駒の活躍範囲は芝、ダート不問。本馬も短めの距離で息長い活躍が期待できそうです。

近況

バックナンバーはこちら

2021/12/29 (ノルマンディーファーム)
馬体重:435kg
現在は夜間放牧と並行して馬場1周と坂路1本(上限22~23秒ペース)のメニューで調整しています。担当者は「まだ周囲の動きに感化されやすく、前に馬がいると力んでしまう傾向にあります。闘争心を秘めている様子がヒシヒシと伝わってきますし、走り方をマスターすれば、この気性がプラスに働いてくると見ています。お父さんがロージズインメイですから何とも言えませんが、将来的には母系寄りのスピードタイプに成長しそうなイメージが沸いてきます」と話していました。

MOVIE

バックナンバーはこちら

  • 2021/12/16