現在表示しているページの位置

シンメイミヤビの18
牝馬 黒鹿  2018/3/11生
カタログPDF

父:スクリーンヒーロー × 母:シンメイミヤビ(母の父:Langfuhr)

生産:新冠・飛渡牧場  美浦・和田勇介厩舎入厩予定

  •  
  •  
総口数 400口 募集総額 960万円
募集状況 申込受付中 1口出資額 24,000円

近況

詳細

2020/7/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:474kg
現在は坂路3本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間より登坂本数を3本に増やし、長めをしっかりと乗り込んでいます。ひと頃に比べると随分走りに集中できるようになり、軽快なフットワークで坂路を駆け上がっています。じんわりと負荷を強めながら、スピード調教の開始に向け態勢を整えていきます」と話していました。
写真
2020/7/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。引き続きペースはセーブしているものの、調教に取り組む姿勢が実に冷静。しなやかなキャンターに本馬の素質の高さが垣間見えます。ただ、ビシビシ攻めていくと気持ちが高まってきそうなタイプ。さじ加減ひとつでコントロール出来るため、意思疎通を図りながら進めていきます。
2020/6/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:477kg
現在は坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「やや警戒心が強くてデリケートなタイプなので、馬の気持ちを最優先に日々の調教をこなしています。まだ速いところは進めてはいないものの、首を上手く使ったフォームで『オヤッ?』という動きを披露してくれます。パワーもありますから、課題をクリアしていけば先々は頭角を現してくるでしょう」と話していました。なお、この中間に和田勇介調教師が来場し、馬体と歩様のチェックをおこなっています。
写真
2020/6/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗再開後は少しずつペースを上げながら順調に乗り込んでいます。速いところを進めるにはもう少し時間が必要ですが、鞍上とのコンタクトもしっかりと取れている様子。引き続きテンションの高揚には留意しながら、徐々に負荷を強めていこうと考えています。
2020/5/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:472kg
現在は坂路1本(上限23秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「左前膝の傷腫れがスッキリしてきたため、この中間よりマシン運動を立ち上げ、27日(水)より騎乗を再開しました。久々とあって初日はエキサイトするのではないかと心配していましたが、ある程度我慢が出来ていた点は収穫。いずれにしても、ゆっくりとメニューアップを図ろうと考えています」と話していました。
写真
2020/5/15 (ノルマンディーファーム)
現在はパドック放牧をおこなっています。当初はマシン運動を再開する予定でしたが、まだ左前膝の腫れが万全ではないため、無理せずパドック放牧のみにとどめています。他馬が自身のパドック前を通過するとソワソワしているように、体を動かしたい雰囲気が伝わってきますが、もうしばらくは我慢させる方針です。
2020/4/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:453kg
現在はパドック放牧をおこなっています。担当者は「思いのほか左前膝の腫れが引かず、想定よりも時間が掛かってしまいましたが、間もなくマシン運動を再開する予定です。自己主張の強い馬でエネルギーが漲っている様子ですが、強制運動でガス抜きが完了すれば徐々に落ち着きが増してくるでしょう」と話していました。
写真
2020/4/15 (ノルマンディーファーム)
この中間も順調に進められていましたが、10日(金)に左前膝に傷腫れを発症したため、大事を取って現在はパドック放牧にとどめています。少しずつ腫れは引いてきましたが、ちょうど可動域にあたるため、完治するまでは無理をさせない方針です。
2020/3/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:449kg
現在は坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「急にスイッチが入ったり頭を上げたりと、粗削りな部分が表面化していますが、これはハミ受けに敏感な面が影響している様子。当面は無理なペースアップを控え、馬とのコンタクトを最優先に進めていきますが、背中の感触は悪くありません。課題をクリアし、この馬の良さを引き出していこうと考えています」と話していました。
写真
2020/3/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も休みなく乗り込んでおり、正しいハミ受けでリズム良く走らせることをテーマにしています。まだ気性的に幼い部分が垣間見えますが、これはトレーニングを継続しながら解消されてくるもの。一つ一つ課題をクリアしながらレベルアップを目指していきます。
2020/2/29 (ノルマンディーファーム)
馬体重:448kg
現在は坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「この中間も休むことなく乗り込んでいます。まだ筋力が足りないことと、ハミにモタれる面が課題として挙げられますが、調教中もだいぶドッシリと構えられるようになりました。いずれにしてもこれから良くなってくる馬ですから、焦らずに進めていこうと考えています」と話していました。
写真
2020/2/15 (ノルマンディーファーム)
現在は坂路2本(上限22~25秒ペース)のメニューで調整しています。グループでトレーニングを進める環境にもだいぶ慣れてきた様子で、無駄なことに気を取られるケースが少なくなってきました。まだ走り方をマスターしておらず、手先だけで走っている印象を受けるため、体全体を動かすことに主眼を置いて進めてきます。
2020/1/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:445kg
現在は坂路2本(上限22~25秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「予定通り、この中間から坂路入りして本格的なメニューに取り組んでいます。周囲の物音や動きにやや気を取られていたものの、回数を重ねてだいぶ集中して走れるようになってきました。まだトモの力感がひと息ですが、トレーニングを継続しながら筋力が向上していくはずです」と話していました。
写真
2019/12/27 (ノルマンディーファーム)
馬体重:452kg
現在は夜間放牧と並行しながら、丸馬場にて乗り慣らしをおこなっています。騎乗担当者は「サマーロコガールの18とほぼ同時進行しています。馴致の立ち上げ段階では物音に反応して少し神経質な様子が窺えましたが、馬との相互理解を深めながら冷静に取り組むことが出来ています。今月下旬からは乗り慣らしへと移行していますが、飛び乗りにも抵抗がありませんし、年明けには坂路入りすることが可能になると思います」と話していました。なお、この中間に和田勇介調教師が来場し、馬体と歩様のチェックをおこなっています。