現在表示しているページの位置

ピッツネイルの18
牝馬 鹿  2018/2/18生
カタログPDF

父:スピルバーグ × 母:ピッツネイル(母の父:クロフネ)

生産:新ひだか・岡田スタッド  美浦・松山将樹厩舎入厩予定

  •  
  •  
総口数 400口 募集総額 920万円
募集状況

残り193口

1口出資額 23,000円

近況

詳細

2020/7/31 (オカダスタッド)
馬体重:457kg
現在は坂路2本を18秒ペース(週2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「暑さによる体調面への影響はなさそうなので、今月下旬からは週に2回追い切りを進めることにしました。体力的にも問題なく、15-15開始当初と比べれば力も付いて動きは順調に良化してきています。追い切り回数を増やしたことで、前向きさも出てきてくれそうです」と話していました。
写真
2020/7/15 (オカダスタッド)
現在は坂路2本を18秒ペース(週1~2回は15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も順調なことから、15-15の頻度を更に増やして坂路を登坂させています。以前のように集中力を欠くようなことはありませんが、前進気勢が旺盛といかないまでももう少し前向きさは欲しいところ。もっと動かして気持ちを乗せていけるよう、上手く調教を進めていきます。
2020/6/30 (オカダスタッド)
馬体重:454kg
現在は坂路2本を18秒ペース(週1回は15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「予定通りこの中間から追い切り回数を増やしました。その後も特に疲れた様子などは見受けられません。馬体重も右肩上がりとなっているように、どんどん進めていけそうな体つきに変わってきたので、このまま順調なら更に負荷を強めて乗り込んでいくつもりです」と話していました。
写真
2020/6/15 (オカダスタッド)
現在は坂路2本を18秒ペース(不定期で15秒ペース)のメニューで調整しています。この中間にも一度15-15程度の追い切りをおこなったところ、初回よりもしっかりした脚取りで坂路を上りきっていました。通常ペース同様に頭が高くなることもなく、走りに集中できていたようです。体力面、精神面ともに良化が窺えることから、今後は週1回の頻度で速めを織り交ぜていく予定です。
2020/5/31 (オカダスタッド)
馬体重:435kg
現在は坂路2本を18秒ペース(不定期で15秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「現状の動きを確認する意味も込めて、この中間に一度15-15を試みたところ、まだ力強さには欠ける印象を受けました。ただ、先月から体が2桁増えているように、通常ペースの脚取りは以前よりもしっかりしてきています。この後は状態などを見ながら不定期で追い切りを織り交ぜていく予定です」と話していました。
写真
2020/5/15 (オカダスタッド)
現在は坂路2本(上限16~18秒ペース)のメニューで調整しています。ここにきてようやく集中力が身に付いてきたようで、頭が上がることが減っただけでなく、物見もほとんど見られなくなってきました。それに伴い、ムラになりがちだった走りから安定した走行フォームに変わってきています。ややペースも上げて進めているように、このまま順調なら下旬に一度15-15を試してみる予定です。
2020/4/30 (オカダスタッド)
馬体重:425kg
現在は坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「まだ集中力を欠くことがありますし、ここでもう少し馬体をフックラさせたい考えから、引き続き同様のメニューで精神面、馬体面での成長を促しながら進めています。ただ、ここ最近は頭が高くなることが少なくなってきているので、このまま根気よく乗っていけばいい方向に変わってくれそうです」と話していました。
写真
2020/4/15 (オカダスタッド)
現在は坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。この中間も調教は併せ馬を主体におこない、集中力の強化に努めています。いいスピードを秘めてはいるものの、現状だとどうしても頭が上がったりするため、上手く長所を生かしきれない様子。もうしばらくの間は焦らずに、ジックリ進めた方が良さそうです。
2020/3/31 (オカダスタッド)
馬体重:425kg
現在は坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「予定通りにペースアップを図り、この中間は速い日でハロン18秒台のところを進めています。相変わらず物見したり、頭が高くなったりすることもあるため、走りもムラになりがちですが、背中の感触からいいスピードを持っているように思います。引き続き集中力の向上を目標に取り組んでいきます」と話していました。
写真
2020/3/15 (オカダスタッド)
現在は坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。ハミ受けに問題はなく操縦性は高いようですが、ここ最近は物見することが多くなってきました。現状メニューに余裕が出てきたこともあるでしょうが、最後まで集中して坂路を上りきって欲しいところです。だいぶ動きは良くなってきたようなので、近日中にもう一段階ペースを上げ、体力面の更なる向上とともに集中力強化にも努めていきます。
2020/2/29 (オカダスタッド)
馬体重:433kg
現在は坂路2本(上限20秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「まだ体力面に課題が残るためにそれほどペースは上げていませんが、現状メニューでもまずまずの動きを見せるようになっています。父スピルバーグの産駒はダートで良績をあげているように、どちらかというとこの馬も砂に適性がありそうです」と話していました。
写真
2020/2/15 (オカダスタッド)
現在は坂路2本(上限20~23秒ペース)のメニューで調整しています。2月生まれでも馬体を見るとまだお尻の位置が高いように、今後も伸びしろがありそうなので、この中間もジックリと進められています。ガラッと変わってくるのはもう少し暖かくなってからと思われるため、それまでに基礎をしっかり固めていく方針。ただ、坂路を駆け上がる脚取りは着実に力強さを増してきているようです。
2020/1/31 (オカダスタッド)
馬体重:438kg
現在は坂路2本(上限20~23秒ペース)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「まだ体力面に課題は残るものの、現状ペースに少しずつ慣れてきました。操縦性が高く、指示通りに動いてくれる辺りは優等生と言えるでしょう。もっと全身を上手く使って伸び伸びとしたフットワークに変わってくれば、ワンランク上の走りが期待できそうです」と話していました。
写真
2019/12/27 (オカダスタッド)
馬体重:438kg
現在は夜間放牧と並行しながら、坂路2本(ダク、ハッキング)のメニューで調整しています。騎乗担当者は「今月上旬から坂路入りして調教を開始しました。しばらくの間は基礎体力の向上が目標になりますが、鍛えていけばパワータイプの馬に成長してくれそうな気配が感じられます。調教中も落ち着きがあってドッシリと構えており、今のところ気性面は心配なさそうです」と話していました。
写真
2019/11/30 (オカダスタッド)
馬体重:445kg
今後はオカダスタッドで調整を進めることになり、4日(祝)に移動しました。

現在は夜間放牧と並行しながら、馴致をおこなっています。担当者は「移動後しばらくは日中放牧のみにとどめて、今月中旬から夜間放牧に切り替えました。牝馬多頭数で放していますが、ディスティンダリアの18とはこちらでも一緒に行動しているようです。馴致の進捗具合に差はあるものの、物覚えが良く、乗り慣らしの段階までスムーズに進んでくれました。疲れがすっかり取れて体もグッと増えており、来月上旬には坂路入りする予定なので、どちらも安心するよう同じグループで進めてあげたいと思います」と話していました。
写真
2019/10/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:415kg
現在は日中放牧をおこなっています。担当者は「ウォーキングマシンでの運動と並行して馴致を開始したところ、急に強い負荷が掛かったために疲労が窺えたので、今は日中放牧のみにとどめて楽をさせています。ディスティンダリアの18と同じ放牧地に2頭で放しており、いつも一緒。クラブ馬2世同士、仲良く過ごしています。毛色は違いますが、現時点での馬体のつくりを見ると、母父クロフネの影響が出ている印象です」と話していました。
写真